安倍政権(生長の家原理主義&神社本庁)、愛国リスト 住民基本台帳で違憲判決を出した竹中省吾裁判官が自殺 平田公認会計士 りそな銀行を監査中に自殺 鈴木啓一 朝日新聞記者 りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺 石井誠 読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書く 事故死 斎賀孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺  松岡農水相、議員宿舎で首吊り自殺  松岡事務所の地元秘書、熊本の自宅で首吊り自殺 緑資源機構の山崎元理事、マンションから転落死  加賀美正人内閣情報調査室参事官 外務省ロシア担当キャリア 練炭自殺 UR所管国交省職員 甘利大臣が入院した後、合同庁舎3号館より飛び降り自殺  自民党山田賢司議員の不正を週刊誌に告発した秘書、「検察に行く」と言い残し、練炭自殺 自民党神戸12人の政務活動費不正取得 取りまとめ役の大野一市議が急死、捜査終了 ガチャ規制を推進していた消費者庁審議官、妻と一緒に飛び降り自殺 特定秘密保護を治安維持法と批判した神原内閣参事官、屋久島の岩場で死体で見つかる 原発と闘った四代正八幡宮の宮司・林晴彦氏突然死(2007年3月) 森友学園、疑惑の小学校から残土搬出を請け負った、田中造園土木の秋山社長自殺











































http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/7789d0878b1df9163634595690c11e60
★ 安倍政権(生長の家原理主義&神社本庁)、愛国リスト

住民基本台帳で違憲判決を出した竹中省吾裁判官が自殺
平田公認会計士 りそな銀行を監査中に自殺
鈴木啓一 朝日新聞記者 りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺
石井誠 読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書く 事故死
斎賀孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺 
松岡農水相、議員宿舎で首吊り自殺 
松岡事務所の地元秘書、熊本の自宅で首吊り自殺
緑資源機構の山崎元理事、マンションから転落死 
加賀美正人内閣情報調査室参事官 外務省ロシア担当キャリア 練炭自殺
UR所管国交省職員 甘利大臣が入院した後、合同庁舎3号館より飛び降り自殺 
自民党山田賢司議員の不正を週刊誌に告発した秘書、「検察に行く」と言い残し、練炭自殺
自民党神戸12人の政務活動費不正取得 取りまとめ役の大野一市議が急死、捜査終了
ガチャ規制を推進していた消費者庁審議官、妻と一緒に飛び降り自殺
特定秘密保護を治安維持法と批判した神原内閣参事官、屋久島の岩場で死体で見つかる
原発と闘った四代正八幡宮の宮司・林晴彦氏突然死(2007年3月)
森友学園、疑惑の小学校から残土搬出を請け負った、田中造園土木の秋山社長自殺

| 未分類 | コメント(0)

RIZIN パンクラスといったジャパニーズMMAの公式動画が無料配信中です

RIZIN
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11087/v00003/

パンクラス
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00895/v00012/

リンク先で動画を無料で配信中
再生ボタンで視聴出来ます

| 未分類 | コメント(0)

七帝柔道記最新刊発売中

七帝柔道記 4 (ビッグコミックス)

小学館 (2017-06-30)
売り上げランキング: 15,159

| 未分類 | コメント(0)

JBJJF西日本新人選手権2017動画








| 未分類 | コメント(0)

プロの格闘家 トップの格闘家が引退後太るわけ リバウンド

01_081.jpg


http://second-fitness.com/column/asadamao

浅田真央選手の引退から考えるアスリートのリバウンドとは

2017.04.11 (火)














フィギュアスケートの浅田真央選手が引退となりました。人気選手の引退報道を見て残念な気持ちもありますが、同時に私が気になるのは、アスリートの競技引退後のリバウンド(体の衰え)です。





特にサッカー選手や野球選手などのアスリートが競技引退後に、体がブクブクと太ってしまうケースもよく見かけます。選手時代はかっこ良かったのに最近テレビで見ると「あれっ、どうしちゃったの?」と思うような選手もいます。浅田真央選手をはじめ、女性アスリートはキレイな方が多いので、引退後も美しいスタイルを維持してほしいと思います。





アスリートが引退後に太ってしまうのにはいくつかの理由があります。まずは現役時代に食事制限などをしていたのが、競技引退後には体作りから解放されてたくさん食べることです。これはダイエットのリバウンドと同じ状態になります。格闘家などの食事制限による体重管理を必要とする競技の選手に多いです。





また、運動量が減ったのに食事量が変わらないのもリバウンドの原因の1つです。一般の人でも、社会人になってからも学生時代と同じような食生活を続けて太ってしまった経験がある人もいるでしょう。太るか痩せるかは、「摂取カロリー」と「消費カロリー」のバランスです。食べた以上に動いていれば、基本的には太ることはありません。





アスリートが引退後に太ってしまうのは、練習や試合などの運動がなくなったにもかかわらず、現役時代と同じ食生活をしているからです。摂取カロリーが上回り、太ってしまうのです。アスリートの体作りも、メカニズムは一般人のダイエットと同じです。





しかし、引退後も体をキープできている選手もいます。筋肉には「マッスルメモリー」というものがあるからです。過去の筋肉の状態を体が記憶しています。そのため、引退後も適度な運動をしていれば、一般の人以上に体作りは簡単に行えるのです。





その証拠に、テレビCMでも有名なライザップでは、元アスリートを起用しています。長い期間トレーニングをしている元アスリートは、体がトレーニングや筋肉を記憶しているので、このマッスルメモリーの効果が発揮されやすいのです。





一般人のダイエットでいえば、学生時代に運動部だった人がこれに当てはまります。社会人になってから運動する機会が減って太ってしまった方も、もう一度トレーニングを始めればすぐに体が元に戻ります。





私がダイエットをしている女性に筋トレを勧める理由はここにあります。ただ痩せるだけなら糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットでも痩せられます。しかし長い目で見たときに、スタイルを維持するには筋肉を引き締めておく必要があるのです。





ダンベル何キロ持てる?

http://urasunday.com/dumbbell/

| 未分類 | コメント(0)