FC2ブログ

ロシアの野外MMA STRELKA Уличные Бои  ARROWS Street Fight  なんとリングやケージではなく野外 砂の上 土の上でMMA  屋内の試合場でもコーナーポスト ロープ ケージを利用することを許さないアイテム ツールの利用を禁じた 禁断の野外MMA!












STRELKA Уличные Бои ARROWS Street Fight

https://www.youtube.com/user/TRONMMArts/about?disable_polymer=1

info@tronmma.com tronmma.com 2011年夏、サンクトペテルブルクで「Strela Boys Without Rules」が始まりました。誰もルールなしで通りの戦いに参加する機会があります。アマチュアとセミプロフェッショナルのみの戦闘では、戦闘員のデータと能力を徹底的に分析した後、陪審員は強度のペアがほぼ等しくなります。戦争では、年齢や社会的な異なるグループの男性が関与し、プロジェクトに本当に人気のある民主的なキャラクターを与えました。


Info@ tronmma. Komu tronmma. Komu 2011-nen natsu, Sankutopeteruburuku de `Strela Boys u~izuauto Rules' ga hajimarimashita. Dare mo rūru nashi de tōri no tatakai ni sanka suru kikai ga arimasu. Amachua to semipurofesshonaru nomi no sentōde wa, sentō-in no dēta to nōryoku o tetteiteki ni bunseki shita nochi, baishin-in wa kyōdo no pea ga hobo hitoshiku narimasu. Sensōde wa, nenrei ya shakai-tekina kotonaru gurūpu no dansei ga kan'yo shi, purojekuto ni hontōni ninkinoaru minshu-tekina kyarakutā o ataemashita.

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://thronesmma.com/about-arrows-street-fight&prev=search

ARROWSストリートファイトについて

ARROWSストリートファイトについて

特集選手権ストリートファイト - "ARROWS"

トーナメントの特色は、誰もが参加できるようなものです。 戦闘の日に戦闘機はARROWSトーナメントに来る必要があります。 トーナメントや試合に参加するには、戦闘員は18歳以上でなければならず、試合の日に健康診断を受け、主催者の承認を得る必要があります。

プロジェクトの一意性

主人公:イベントの場合: ストリートファイティングアローズトーナメントの審判員 - 彼はショーのマスターでもあり、チャンピオンシップのメインで最も重要な人物です。 彼は戦いのために出てくる戦闘員を紹介します。 戦いの間に、主人は戦闘の輪の中にとどまり、競技者の近くにいなければならない。 彼は自分の意志で戦いを止め、彼は戦いで一時停止することができます

床コーティング、アース、ファイティングリングの詳細

戦闘機は砂の上で戦う。 砂は堆積岩または岩石でできている人工材料です。 非常に頻繁にそれはほぼ純粋な石英で構成されています。

一般的な天然土

戦闘機が戦うリングの周縁

四つのポストは、四つのロープ、ケーブルなどを用いて四角い四角の四隅の地面または砂から立ち上がる。 これらのポストは戦いの間に矢のトーナメントに参加する戦闘員のためのサポートおよび障壁である。

ストリートファイトチャンピオンシップの技術ルール矢印はここのページを使用

必要な設備

口ガード、ジョックストラップ、包帯。

すべての参加者は戦いの前に無料のTITLEジョックストラップを手に入れます。

両方の対戦相手が合意した場合、彼らは混合武道のためにボクシンググローブまたは手袋を着用して戦うことができます。

審判

戦いは、審判と中央審判によって制御されます。 戦いがネット勝利で終わらない場合(ノックアウトまたは相手が苦しいまたはホックを握った後に放棄した場合)、戦闘の勝者は競技の主要仲裁人である審判によって選ばれる。

戦いには時間制限はありません。

クレームとアピール

すべてのクレームは戦い後15分以内に提起されるべきです。

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/4036-a746b8cd