映画「Satyavati」 同性愛者の子どもを親が強姦…インドで広がる「矯正レイプ」が衝撃的



https://ja.wikipedia.org/wiki/2012%E5%B9%B4%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E9%9B%86%E5%9B%A3%E5%BC%B7%E5%A7%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2012年インド集団強姦事件





移動先: 案内、 検索



2012年インド集団強姦事件

Silent Protest at India Gate.jpg
抗議者がデリーのインド門で政府を訴えていた。


時刻
午後9時54分 (インド標準時)(UTC+05:30)

日付
2012年12月16日

場所
インドデリー

死者
(2012年12月29日)1 (Jyoti Singh Pandey)

罪状
強姦、殺人、誘拐、強盗、暴行[1]





ニューデリーのデモの様子




デモ隊に向けて、放水と催涙ガスを放つ警察
2012年インド集団強姦事件(にせんじゅうにねんインドしゅうだんごうかんじけん)は、2012年12月16日にインドのデリーで発生した強姦事件。



目次 [非表示]
1 経過
2 逮捕と裁判
3 背景
4 インド国内の反応
5 報道 5.1 日本での報道

6 関連項目
7 注脚


経過[編集]

2012年12月16日、ニューデリーで被害者の女性医者実習生Jyoti Singh(当時23歳)[2]は友人男性と無認可のバスに乗った際、6人の男性からレイプされた上、さらに鉄パイプで女性器に激しい性的暴行を受け、友人男性とともに鉄パイプなどで殴られ、車外に放り出された。

女性は内臓に重傷を負い、市内の病院で腸の摘出手術などを受け後、シンガポールの病院で手当てを受けたが、同月29日に死亡した。友人男性は現地の病院を退院した[3][4]。被害者の女性は、死亡する前に一度、意識が戻ったという。その時、「犯人たちが焼き殺されるのが見たい」と言い残した[5]。

2013年3月11日、ニューデリーのティハール刑務所に勾留されていた容疑者の1人が、首を吊って死亡。警察は自殺と判断しているが、容疑者の両親は殺されたと主張している[6]。

2013年5月16日、被告の1人が勾留施設内で収容者らから暴行を受け重体になった事が発覚した。暴行の他、食事に毒が入れられていた疑いも浮上している[7]。

2013年9月13日、ニューデリーの裁判所は4人全員に死刑判決を下した。厳しいインド国内外の世論を背景とした判決となった。被告人の弁護士は、今回のような犯罪では、元来は終身刑が妥当であり、例外的な場合にのみ死刑が適用される事態に懸念を示している[8]。容疑者の少年1人は3年間の矯正施設収容処分となっている。死刑となった容疑者たちは、高等裁判所への控訴を表明している[9]。

2015年3月4日、英BBCによって撮影された死刑判決を受けた男のインタビュー映像が、その内容の過激さによりニューデリー警察によって、混乱を避ける為に放送の禁止が命じられた事が裁判所へのインタビューで明らかになった。[10]。

逮捕と裁判[編集]

地元警察は容疑者の男5人を殺人や強姦などの罪で訴追した。残る1人は未成年と確認され少年院に送致された。地元弁護士会は人道的な立場から、加害者の弁護は担当しないと表明した[11]。

2013年8月31日、少年審判所は未成年の少年の行為を有罪認定し、矯正施設入所3年の判決を出した。なお、今回の事件を担当した裁判長は、以前に担当した強姦事件で、DNAなどの証拠があるにも関わらず、無罪とした経歴がある[5]。

背景[編集]

インド国内には現在も出自の問題(カースト制度)が根強く、階層の高い男性による性的暴行が多く見られ、また当局による関心の低さが背景としてある[12]。

インド国内の反応[編集]





コルカタで、横断幕を掲げてデモを行う人々(2012年12月29日)




バンガロール市庁舎に向けてデモを行う人々(2012年12月29日)
事件をきっかけとして、性犯罪に対する刑事罰の強化や治安対策、犯人に死刑を求め、政府に対する大規模な抗議デモが連日行われた。24日にはマンモハン・シン首相(当時)がテレビ演説で、性犯罪取締り強化を表明、平静を呼び掛けた。30日のシンガポールからの遺体帰国時には、シン首相、ソニア・ガンジー総裁などが空港に出迎え、哀悼の意を表した。各地で行われた抗議集会では、国民がろうそくに火を点して被害者の冥福を祈った[13]。

この事件を受け、2013年2月3日、プラナブ・ムカルジー大統領は強姦罪の罰則を強化する大統領令に署名した。これによって強姦の最高罰則を死刑とする法律が成立した[14]。

この事件を含め、インドで続発する強姦事件や、世界的な景気後退を背景に、インドの観光業は打撃を受けているとの指摘がある。インド商工会議所連合会は、2013年、インドを訪れた外国人観光客が昨年比で25%減少したと発表した。ただし、インド観光当局は昨年比で微増していると発表しており、インド観光事業連合も、インド商工会議所連合会の調査を疑問視している[15]。

報道[編集]

レイプに関してインドの法律は、被害者本人の承諾がない限り実名報道を禁じている。被害者死亡の場合は家族の同意が必要。今回、被害者の父はレイプ被害の苦しみと闘う女性たちに勇気を与えたいとして、娘の実名での報道を求めた[16]。

ショッキングな内容から、欧米や日本のメディアもこの事件に注目し、取材した結果、インドの女性蔑視ともいえる社会情勢が明らかとなり、インドのイメージが低下した。ニューヨーク・タイムズの調査では、2012年にデリーで被害が届けられた事件のうち、犯人の男性が起訴されて有罪になったケースは1件のみだった。また、2011年の調査では、インド男性の4人に1人が性暴力を行ったという結果もある[5]。

日本での報道[編集]

日本の『日刊スポーツ』は、「国内人口の約8割を占めるヒンズー教の戒律では、男性は結婚するまで性行為が禁じられている。外国人観光客も年々増加。外国人女性の薄手の服装が、性犯罪に影響を及ぼしているとの見方もある。」[17]、『朝日新聞』は、「蔑視されがちだった女性の社会進出が進み、大都市では深夜に出歩くことが増えたのも増加の一因だとされる。」[18]と、それぞれ、インドの男性中心社会から女性に原因を帰す主張(セカンドレイプ)がなされていることを紹介した。

関連項目[編集]
インドにおける性に関する問題
インドにおける死刑

注脚[編集]

1.^ Gardiner Harris (2013年1月3日). “Murder Charges Are Filed Against 5 Men in New Delhi Gang Rape”. The New York Times. 2013年1月3日閲覧。
2.^ India gang rape victim's father: I want the world to know my daughter's name is Jyoti Singh Pandey(英語)
3.^ 「姉の名で病院建設を」インド強姦事件被害者の弟が語る
4.^ レイプされたインド女性死亡 入院先のシンガポールで
5.^ a b c 伊吹太歩 (2013年9月19日). “伊吹太歩の時事日想:日本人も要注意、集団レイプ判決から見るインドの闇”. Business Media 誠 (ITmedia) 2013年9月23日閲覧。
6.^ “バス集団強姦事件の被告が自殺、両親は殺人と主張”. CNN. (2013年3月11日) 2013年3月12日閲覧。
7.^ Abhaya Srivastava (2013年5月16日). “インド集団強姦事件、被告1人が重体 勾留中に暴行か”. AFPBB News 2013年5月25日閲覧。
8.^ “インド集団レイプ殺害事件、4人に死刑判決”. CNN. (2013年9月13日) 2013年9月13日閲覧。
9.^ “インドレイプ事件 被告4人全員に死刑”. 産経新聞. (2013年9月13日) 2013年9月13日閲覧。
10.^ “強姦事件の被告、「女は黙ってレイプされろ」”. CNN. (2015年3月4日) 2015年3月4日閲覧。
11.^ 2013年01月04日Worldインド集団強姦事件、男5人を殺人罪などで訴追 死刑求刑も
12.^ インドの女性がレイプされ死亡、高まる抗議運動 下層階級への性犯罪はどうなる? IB Times 2013-1-8
13.^ 殺人容疑で5人訴追 インドの女性レイプ事件
14.^ “インド大統領、レイプの罰則強化-最高刑に死刑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年2月4日) 2013年3月13日閲覧。
15.^ Rachel O'Brien (2013年4月2日). “性的暴行事件相次ぐインド、女性観光客が激減 国際ニュース”. AFPBB News 2013年4月2日閲覧。
16.^ 娘の実名報道と死刑求める 印レイプ事件被害者の父
17.^ 偽バスで集団レイプ、女学生死亡 インド日刊スポーツ2012年12月30日8時23分配信(紙面から)、2013年9月14日閲覧
18.^ 朝日新聞、2012年12月30日付紙面




カテゴリ: 性犯罪事件
インドの事件
デリーの歴史
2012年のインド
2012年12月

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%80%A7%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%95%8F%E9%A1%8C

インドにおける性に関する問題





移動先: 案内、 検索



インドにおける性に関する問題(インドにおけるせいにかんするもんだい)については下記で述べる。



目次 [非表示]
1 男女共同参画
2 婚姻・家庭に関わる問題 2.1 結婚持参金「ダヘーズ」の問題

3 「名誉殺人」の問題
4 強姦の問題 4.1 強姦の厳罰化
4.2 ムンバイの病院で発生した強姦事件

5 インドのフェミニズム運動
6 脚注・参照
7 関連項目


男女共同参画[編集]

世界経済フォーラムの「男女格差報告2013年」によれば、インドは対象国136か国中101位。アジアでは中国が69位、日本が105位、韓国は111位で、日本同様にインドは下位圏であった。

婚姻・家庭に関わる問題[編集]

インドの特別婚姻法においては、男性は満21歳、女性は満18歳から結婚できるとしている。近親婚については、3親等以内の直系血族・姻族、および4親等以内の傍系血族との婚姻が禁止されている。また、インドの離婚率は低い事が知られている[1]。

インドではお見合い結婚が主流である。インドでお見合い相手を探す代表的な手段は新聞広告であったが、最近は、インターネット上のお見合い相手探しサイトが大繁盛している。インド人の結婚相手選びの特徴は、カースト・学歴などの諸条件が、同等であることである[2]。

近年、中流層中心に女児中絶や女児堕胎が急増している。性別が判明し次第、出産は男児のみにとどめ、女児の場合は中絶または堕胎するという夫婦が少からず存在するからである。

結婚持参金「ダヘーズ」の問題[編集]

詳細は「ダヘーズ」を参照

「名誉殺人」の問題[編集]

名誉殺人とは、女性の婚前・婚外交渉(強姦も含む)を女性本人のみならず「家族全員の名誉を汚す」ものと見なし、この行為を行った女性の父親や男兄弟が家族の名誉を守るために女性を殺害する風習のことである。

詳細は「名誉の殺人」を参照

アムネスティ・インターナショナルは、名誉殺人が行われている国および地域として、バングラデシュ、トルコ、ヨルダン、パキスタン、ウガンダ、モロッコ、アフガニスタン、イエメン、バングラデシュ、レバノン、エジプト、ヨルダン川西岸、ガザ地区、イスラエル、インド、エクアドル、ブラジル、イタリア、スウェーデン、イギリスを挙げている。

名誉殺人は、主に中東のイスラーム文化圏を中心に行われているため、イスラーム教と関連した風習と見なされることが多い。しかし、実際にはイスラーム教とは無関係で、イスラーム教徒以外の間でも行われており、専ら地域の因習によるものであるとされる。

ヒンドゥー教の伝統において、異カーストでの結婚・性的関係を持つことは固く禁じられていたが、特に経済成長が著しいインドでは、近年異なるカーストの男女が恋愛関係になることが増えている。インドでは、異なるカーストで関係を持ったカップルを親族らが殺害する「名誉の殺人」が相次いでいる。社会学者プレム・チョードリーによれば、インドの名誉殺人の犠牲者数は、あくまでも推計であるが年間数百 - 千人で、近年は増加傾向にあるという。インド政府は、これまで罰則のなかった名誉殺人の「教唆」に罰則を設ける刑法改正案を準備中である[3]。名誉殺人そのものにも厳罰を下せるよう法改正を検討している[4]。

なお、名誉殺人の被害者の性別は圧倒的で男性である。[要出典]

強姦の問題[編集]

強姦の厳罰化[編集]

強姦はインドにおいても凶悪犯罪であるが、年々増加傾向にある。インドでは、2012年に首都ニューデリーで起きた女学生の集団レイプ殺害事件がきっかけで性暴力に抗議するデモが相次ぎ、強姦事件の厳罰化につながった。

12億人の人口大国ゆえに強姦数が多いが、2008年から2012年の期間にわたって人口10万人あたりの強姦の発生件数は1.9件から2.0件であり、欧米やアフリカ諸国、中南米、東南アジアや韓国に比べはるかに少ない[5]。カースト別の強姦件数は解らないが、留保制度や指定カーストの虐待防止法などの優遇政策対象の指定カーストへの強姦件数は国家犯罪記録局によって記録されている。2010年の2万2172件のうち、指定カーストへの強姦は1374件である[6]。

ムンバイの病院で発生した強姦事件[編集]

1973年11月27日に、インド・ムンバイの病院で、病院に勤務する女性看護師が強姦の被害に遭った。看護師はその際意識を失い、以後40年近くに渡って意識を取り戻さないまま、2015年5月18日に死去した(参照)。犯人の男は7年間の服役の後釈放されている。[7]

インドのフェミニズム運動[編集]

インドのフェミニズム運動は独立前から盛んであった。インド政府は、労働環境の中の女性と子供の問題を解決するための、政策と法律の策定に着手した。労働省内の特別チームが、女性の労働条件・賃金・技能の向上を目指している。均等報酬法に基づき、政府委員会が女性の雇用について中央政府に助言を行っている。また人的資源開発省の女性児童開発局が出来たり、女性の経済的自立を応援し、また、国際的なNGOと組み女性団体が様々な権利を勝ち取っている。

これに対してインド男性の権利運動(英語版)のSave Indian Family(英語版)が逆差別だと運動をしている。

脚注・参照[編集]
1.^ http://www.nattoku-rikon.com/read/world-divorce/002.php
2.^ http://indonews.jp/column/column_fuyuno_01_03.html
3.^ 階級差カップルの悲劇 インド「名誉殺人」続発 (1/2ページ) - MSN産経ニュース 2010年7月20日
4.^ “名誉殺人が増加するインド、刑法改正を検討”. AFPBB News. (2010年2月10日) 2013年5月20日閲覧。
5.^ http://knoema.com/atlas/ranks/Rape
6.^ 国家犯罪記録局[リンク切れ]
7.^ CNN.co.jp 性暴力被害の女性 42年間昏睡の末に死亡 印

関連項目[編集]
家父長制
インドの結婚式(英語版)
持参金禁止法(英語版)
インド女性の堕胎(英語版)
インドの女性(英語版)
インドのフェミニズム運動(英語版)
インド男性の権利運動(英語版)
Save Indian Family(英語版)
ヒンドゥー教徒間での結婚に関する法律(英語版)




カテゴリ: インドの社会

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%AD%BB%E5%88%91

インドにおける死刑





移動先: 案内、 検索



このインドにおける死刑では、インドにおける死刑について解説する。

死刑制度は2017年現在も継続中で死刑執行は増加傾向にある。



目次 [非表示]
1 歴史
2 執行方法
3 死刑執行人
4 関連項目
5 注脚


歴史[編集]

インドでは、1975~1991年に約40人が死刑執行された。1995年以降は2004年8月のw:en:Dhananjoy Chatterjeeの一件だけだった。

1947年のイギリスからの独立以降、インドで死刑執行された人数の正確な数字は不明で、論争になっている。政府の公式発表では、独立以降55人が死刑執行されたとされている。

しかし、w:en:People's Union for Civil Libertiesは1,422人の処刑が1953年から1963年まで16のインドの州で起こったとのw:en:Law Commission of India報告を上げている。そして、いくつかの資料は独立以降の死刑被執行人員数が4300人を超えている可能性を示唆している。

インド最高裁判所は1983年に死刑が科せられる犯罪を以下の通り示した。

「国家反逆罪」、「強盗殺人」、「子供や障害者に対する殺人」、「テロ活動」40人(女性3人を含む)が救命嘆願書により終身刑に減刑されたが、その後は死刑判決は減少傾向となっていった。

西ベンガル州では1993年を最期に死刑停止状態になり、インド全体では1995年以降死刑停止状態が続いて いる。

モハンマド・アフザルw:en:Mohammad Afzalは2001年のインドの議会攻撃と関連して陰謀の有罪判決を受け、死刑を宣告され、その後インドの最高裁判所は死刑判決を確定させた。

アフザルの死刑は2006年10月20日に執行される予定だったが、延期され、アフザル事件は不安定な政治問題のままとなっている。

しばらくは死刑執行停止状態が続いていたが、近年は1990年の少女強姦殺人の容疑で翌1991年に死刑判決を受け、13年間独房に拘禁されていたw:en:Dhananjoy Chatterjeeの死刑が2004年8月14日に執行され、2008年11月またムンバイ同時多発テロの実行犯で2010年5月に死刑判決を受け死刑が確定したムハンマド・アジマル・カサブが2012年11月21日に執行され、死刑判決も増加傾向にある。

2005年には23人 、2006年には77人 、2007年には40人が死刑判決を受けていると発表したが、政府公式統計は発表されていない。

2007年12月にインドは死刑執行停止を求めている国連総会決議に反対票を入れた。

2012年に発生した集団強姦事件を受け、2013年2月3日、プラナブ・ムカルジー大統領は強姦罪の罰則を強化する大統領令に署名した。これによって強姦の最高罰則を死刑とする法律が成立した[1]。これを受け、2013年にムンバイで発生した集団強姦事件では、犯人5人のうち3人に死刑判決が下された[2]。

執行方法[編集]
絞首刑
斬首刑(現在では執行例はほとんどないという)

死刑執行人[編集]
詳細は死刑執行人#インドを参照

関連項目[編集]
死刑存廃問題
死刑

注脚[編集]
1.^ “インド大統領、レイプの罰則強化-最高刑に死刑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年2月4日) 2013年3月13日閲覧。
2.^ “レイプ事件2件で3人に死刑判決、法改正を初適用 インド”. CNN. (2014年4月5日) 2014年4月5日閲覧。



[隠す]

­表 ·
­話 ·
­編 ·
­歴

世界の死刑
東アジア
­日本 ·
­中国 ·
­韓国 ·
­北朝鮮(en) ·
­モンゴル(en) ·
­台湾・香港(en) ·
­マカオ(en)

東南アジア
­シンガポール ·
­フィリピン ·
­マレーシア(en)

南アジア
­アフガニスタン ·
­インド・スリランカ(en) ·
­ネパール(en) ·
­パキスタン(en) ·
­バングラデシュ・ブータン(en)

中央アジア
­タジキスタン(en) ·
­トルクメニスタン(en)

西アジア
­アゼルバイジャン(en) ·
­アルメニア(en) ·
­イスラエル(en) ·
­イラク(en) ·
­イラン ·
­キプロス(en) ·
­グルジア(en) ·
­サウジアラビア ·
­トルコ(en)

東欧
­スロバキア(en) ·
­チェコ(en) ·
­ハンガリー(en) ·
­ブルガリア(en) ·
­ベラルーシ(en) ·
­ポーランド ·
­ルーマニア(en) ·
­ロシア(en)

南欧
­アルバニア(en) ·
­イタリア ·
­キプロス(en) ·
­ギリシャ(en) ·
­クロアチア(en) ·
­サンマリノ(en) ·
­スペイン ·
­スロベニア(en) ·
­セルビア(en) ·
­バチカン ·
­ボスニア・ヘルツェゴビナ(en) ·
­ポルトガル(en) ·
­マルタ(en)

西欧
­ヨーロッパ(en) ·
­アンドラ(en) ·
­イギリス・オーストリア ·
­オランダ(en) ·
­ドイツ ·
­フランス ·
­ベルギー

北欧
­アイスランド(en) ·
­スウェーデン(en) ·
­デンマーク(en) ·
­ノルウェー ·
­フィンランド(en) ·
­エストニア(en) ·
­ラトビア(en) ·
­リトアニア

北中米
­アメリカ合衆国 ·
­アルバ(en) ·
­カナダ(en) ·
­キューバ ·
­グアテマラ(en) ·
­ジャマイカ(en) ·
­メキシコ(en)

南米
­エクアドル(en) ·
­スリナム(en) ·
­ブラジル(en) ·
­ベネズエラ(en) ·
­ペルー ·
­コロンビア

オセアニア
­オーストラリア(en) ·
­クック諸島(en) ·
­トンガ諸島(en) ·
­ニュージーランド(en) ·
­パプアニューギニア(en)

アフリカ
­ウガンダ ·
­エジプト(en) ·
­カーボベルデ(en) ·
­サントメ・プリンシペ ·
­ジンバブエ ·
­セネガル ·
­ソマリア(en) ·
­トーゴ ·
­ナミビア ·
­ベナン ·
­南アフリカ共和国(en) ·
­モーリタニア ·
­レソト






カテゴリ: インドの死刑
各国の死刑
インドの法
インドの人権

http://archive.fo/L2IBz


同性愛者の子どもを親が強姦…インドで広がる「矯正レイプ」が衝撃的



大航海
大航海


読者になる















シェア

4





ツイート





Bookmark 1




2015年06月04日 17時05分

2015年06月04日 17時05分





タグ

LGBT , インド , コレクティブ・レイプ , 家族



YouTube/Satyavati Tadanki
YouTube/Satyavati Tadanki


「コレクティブ・レイプ」というのをご存じだろうか。これはゲイの男性やレズの女性を、矯正させようとして行われる強姦のこと。実は今、インドではこのような行為が問題化しており、映画まで制作されているという。

娘の性的嗜好を変えるため親戚がレイプ

その映画「Satyavati」は、インド中南部のバンガロールという町で、実際に起こった出来事をモチーフに作られている。

内容は、レズのカップルと共同生活をしていた成人女性が、父親に疑われ、性的嗜好を変えさせるために、頼まれた叔父たちによって強姦される、というものだ。

家庭内の犯罪のため表面化されない

「コレクティブ・レイプ」では、父親や母親、兄弟、親戚まで関わるとされている。だが家族内での事件のため、なかなか表面化しなかったようだ。

映画を手掛けたDeepthi Tadankiさんも、制作資金を募る動画の中で「インドではこのような事件はほとんど報告されません。この事実を知らせるために、自分にも何かすべきことがあると思い(映画を作ることを)決心しました」と語っている。

ゲイの息子を無理やり母親とセックス

被害者は家族との絆を断ち切るため、家から逃亡する。そして支援団体に助けを求めたことがきっかけで、少しずつ詳細が明らかにされているが、それでも闇は深いようだ。

Deepthi TadankiさんはTimes of Indiaの取材でも「調査の時、2つの驚くべき話を耳にしました。1つはゲイの少女を矯正させようとして、いとこがレイプしたこと。もう1つは家族が、ゲイの少年に無理やり母親とセックスをさせたことです」とコメント。

無論、文化や伝統に良い面はあるが、負の面があることも理解し、何が良くて、何がいけないのかを皆で考える態度を身につけることが大切なのかもしれない。







Adobe Flash Player or an HTML5 supported browser is required for video playback.
Get the latest Flash Player
Learn more about upgrading to an HTML5 browser
・出典元:Satyavati – Description - INDIEARTH(5/1)

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3709-f39eb5ea