大企業のペテンに騙されるな!善玉菌も悪玉菌も肉の消火には不可欠である! 防腐剤入りの食事は消火に必要不可欠な腸内細菌を殺してしまい便秘と下痢を引き起こし元気な胃腸を弱体化させる! ロシアンパワー養成法から学べ! 詳しくはロシアンパワー養成法p215~217

ロシアンパワー養成法(復刻版)
足立 弘成
晋遊舎
売り上げランキング: 144,412







http://便が硬い.net/ben/bouhuzai.html


保存料、防腐剤などの添加物が含まれた食事をしがちな方へ








ここでは防腐剤、保存料などの添加物が便秘を引き起こす影響について解説します。昨今、本当に便利な世の中になりいたるところで便利な食品がでています。コンビニ、スーパーで買えるお惣菜などにはどのような物が含まれていて、それが私たちの腸にどのような影響を与えているのでしょうか?避けた方が良い食材も一緒に紹介します。
.







今、私たちの体には様々な添加物が毎日の
ようにとりこまれています。スーパーの総菜
冷凍食品、インスタント食品、レトルト食品
には防腐剤等の添加物が入っています。





保存料などの添加物はたしかに便利です。
食材を腐りにくくしてくれるので日々忙しく
過ごしている私たちには便利なものです。




添加物には怖い影響が!


ソルビン酸という食品が腐りにくくする効果
がある保存料はパン、ケーキ、お菓子、チーズ
かまぼこやハム、ソーセージ等に入ってます。





ソルビン酸などをはじめとした添加物たっぷり
の食品を沢山食べている人は便の量が少ない
という説があります。





保存料、防腐剤などの添加物には腸内細菌が
増えるのを抑えてしまう作用があります。
それ以外にも様々な影響が体に起こるという
説があります。



食品添加物は便利な反面、体への影響もあるのです。
腸内細菌が抑えられ、便秘の元となり得ます。





私たちの大好きなトランス脂肪酸


他にも避けた方がいいのが「トランス脂肪酸」
です。ここ最近テレビの特集などでも組まれ
知っている方も多いのではないでしょうか?





トランス脂肪酸はファーストフードなどで
食べられるフライドポテトやフライドチキン
などにたっぷりはいっています。





これらの食品が作られる過程でショートニング
というトランス脂肪酸が沢山入っているもの
を使っているのです。







他にもお菓子、ビスケット、クッキー、パン
マーガリン、インスタントラーメン、アイス
などにも入っています。意外に沢山あります。





このトランス脂肪酸は体の中での分解にとても
時間がかかってしまうのです。さらにビタミン
ミネラルが沢山消耗され、活性酸素が発生
するので体にとっては良くない事ばかりです。





脳に影響が出て認知症になってしまうとも
言われています。



トランス脂肪酸は、分解に時間がかかる厄介な添加物です。
身近な食品に含まれていますので、ご注意を!




オリゴ糖効果で便秘が治る?の記事に進む



便が出ない時にスッキリする方法の記事に戻る

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:FxmgsETXVQkJ:chounai-flora.net/news/528/&num=1&hl=ja&gl=jp&strip=1&vwsrc=0


これは Google に保存されている http://chounai-flora.net/news/528/ のキャッシュです。 このページは 2017年5月27日 23:40:21 GMT に取得されたものです。

そのため、このページの最新版でない場合があります。 詳細


フルバージョンテキストのみのバージョンソースを表示ヒント: このページで検索キーワードをすばやく見つけるには、Ctrl+F または ⌘-F(Mac)を押して検索バーを使用します。



•お問い合わせ
•免責事項
•運営者情報




添加物が腸内細菌に悪影響を与える!発達障害にも関係 - 最新情報

便秘歴30年以上の主婦(元看護師)が身をもって試してみた乳酸菌サプリと腸内フローラについて学んだことを紹介するサイトです。

•Facebook
•Twitter
•Rss-Feed

•サイトTOPにもどる
•腸内細菌
•美容と腸
•食の知識
•便秘下痢
•腸の病気
•基礎知識
•細菌辞典
•最新情報


HOME > 最新情報 > 添加物が腸内細菌に悪影響を与える!発達障害にも関係



最新情報


添加物が腸内細菌に悪影響を与える!発達障害にも関係
更新日:2016-07-14[現在までの購読者 1124人]最新情報


添加物

今やほぼ毎日口にしている食品添加物、スーパーやコンビニ、ファストフードなど多くの食品に使用され、毎年その数は増え続けています。

そして当然、その影響は腸内細菌にも。食は成長期の子供にとってアレルギー・肥満に大きく関係し、その後の腸内環境も左右してしまいます。添加物が私達の腸内細菌にどのような影響を与えているのか、その真相について説明します。

添加物市場について

添加物市場について

現在、日本で使用を認められている添加物の数は指定添加物・既存添加物・天然香料・一般食品添加物と4つに分類され、すべてを合わせて約1000種以上(計算方法によって変わるようです)。

色を付けるための着色料であったり、香りを付けるものなど挙げればキリがないくらい添加物を毎日摂取しています。さらに今後、TPPが合意され輸入食品が増えればさらに拍車をかけることは間違いありません。

特に日本の場合は、輸入品に頼っていることも関係しているため、この現状について健康・安全面の観点から懸念を示している方も多くいます。

一部の業界で減らす動きがあるものの…

一部の業界で減らす動きがあるものの...

マックやチョコ菓子で有名なハーシー、そしてネスレなど一部の海外企業では、健康志向の影響もあり添加物を減らす動きを見せています。

また、コンビニでも保存料を使っていなかったりとニーズに合わせ良い方向には向かってはいるようですが、それでも調味料を大量に使ったりと誤魔化し方が沢山あるため、できるだけ避けたほうがいいことは確かです。

さらに、この流れが健康志向に合わせ広がっていけばいいのですが、調理されてしまった後でも見分けることも難しいこともありますし、利益面を考えれば前向きに改善する企業はそこまで急激に増えることもないと思います。

腸内細菌にどう影響するのか

腸内細菌にどう影響するのか

まず添加物のすべてが人にとって害になるわけではありません。もともと食品に含まれる栄養成分で作られた添加物であれば安心安全です。

しかし、同じ添加物であっても有害なもので長期的にそして大量に摂取したりすると、個人差はありますが徐々に体に影響を及ぼす可能性があるのです。※コンビニなどでは商品によっては一度に大量の添加物を摂取してしまうこともあります。

そしてそれらの添加物を長い期間、量を多く摂取することで体の中、腸内細菌にもさまざまな影響を与えてしまいます。

まず、コンビニと言えば、おにぎり。中でも博多の名物、明太子は人気のある商品ですね。この明太子おにぎりによく使われているのが”L-グルタミン酸ナトリウム“という添加物が主で、摂取すると胃と腸の粘膜に刺激を与え下痢や腹痛の原因になることがあります。

おにぎりを食べてそのような症状が出る方は、便を形成し排出する過程になんらかの異常を起こしているのかもしれません。

次に、スクラロースという人口甘味料。コンビニ・スーパーをはじめ多くの菓子類などに使用されているもので、摂取すると免疫力の低下に繋がるとされています。これも長く、そして量を摂り過ぎると善玉菌の働きを抑制し免疫機能に影響する可能性思があります。

他にも次々に挙げていけば終わりがないので省略しますが、まだまだ大量に添加物はあり、それぞれの添加物が腸内細菌に対して何らかの害を与えていることがほとんどです。

もうこれ以上の添加物がどのように影響しているのかを詳しく説明するのは割愛しますが、ここで最後に添加物の代表に防腐剤や着色料について説明しておきます。

防腐剤や着色料、これらの添加物には、抗菌性があり働きを抑制するどころか、細菌を死滅させる効果があるのです。(これでもし腸内フローラが乱れてしまうと便秘や下痢をはじめ肌荒れ、ガン細胞の活性化などを促進させることに)

さらに最悪の場合、悪玉菌も含め腸内に菌たちがいなくなってしまうという大変なことが起こる可能性があります。

以前、悪玉菌の働きについて説明しましたが、悪玉菌は名前こそイメージがよくないものの、人間にとって非常に大切な菌であり、侵入してきた異物に対して攻撃を一番に仕掛けるなど重要な働きをしてくれています。

もし、抗菌性の添加物によってそのような最悪の状況になってしまうと…。悪玉菌の良い部分も引き出せず、病気にかかってしまうのです。

添加物というのは、はじめに説明したように安全なものもありますが、ほとんどできれば接種しないほうがよいものばかりで、せっかく良い状態になった腸内フローラを一瞬にして乱す原因にもなってしまいます。

また、悪玉菌が優勢な腸内フローラが続くと女性であれば子供の発達にも影響する可能性があることもマウスの実験結果で示唆されています。見た目、味を調えるのに非常に便利な添加物、腸内細菌にとってさまざまな影響を与えていると言えます。

全く摂らないことは不可能…ではどうするべきか

全く摂らないことは不可能...ではどうするべきか

世の中が便利になるとともに食品添加物も多くなっています。コンビニの店舗数は増え続け外食チェーン店も見渡せばどこかしらのお店が目に入ってくるほど非常に生活しやすい環境になりました。

それに連れ外食する機会も多くなり手軽にコンビニで済ますことも日常的なものに。もう今の時代添加物を食べない・摂らないなんてことは不可能に近いと思います。

しかし、だからといって開き直って大量に摂取していいわけでもなく、少しでも量を減らすことは大切なことです。腸内細菌にとって良い影響を与えることは間違いありません。絶対に摂らないという考え方よりは、上手に付き合っていくことを意識したほうがいいでしょう。

例えば、若い人・忙しい人にありがちなカップラーメン生活。これもいっきに添加物を摂取することになりますし、一日に2回も3回も食べてしまうと一日に安全と一応されている国の基準をあっという間に超えてしまいます。

すこし面倒ではありますが、そのうちの1食だけは自分で作る、または野菜と果物など手軽に調理せずに食べれる自然のものを取り入れるといった方法に変えるだけでも摂取する量を減らすことができます。

手料理でも調味料を使うと添加物に取ることになるのでは?と思われるかもしれませんが、それでもコンビニ弁当などに比べるとかなりの量と種類を減らすことにも繋がるのです。

ほんの少しの努力と気持ちだけでいいと思います。今日から意識を変えることは腸内環境にとっても必ず良い結果をもたらしてくれるはずです。

さいごに

さいごに

気が向いたとき、もしくは今身近にあるもので構いません。いつも食べている菓子類や弁当、そしてコーヒーなどの飲料水に書かれてある原材料を確認してみてください。そこにはどういったものが含まれていますか?

見たことのない名前のものが大量に含まれていませんか?

おそらく分からないものほぼすべてが添加物です。私達の身の回りにある食べ物だけでもかんたんに目にすることができますよね。そして飲食店ではそういった表示は確認できません。

このように気にしていないだけで、手軽に多種多様の添加物を口にしてしまっています。でも、今日から少しでも意識するだけで添加物による病気へのリスクを軽減させることができます。家族やペットもより健康的な生活を送ることにも繋がります。

私達人間以外の生き物のほとんどが腸内細菌の影響を受けています。少しの気持ちの変化があらゆる面でプラスに働いてくれると考えれば意識も変わってくるのではないでしょうか。多少話しが大きくなってしまいましたが、是非今日から添加物に頼らない生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

確実なことは言えませんが、きっと未来の自分の体にプラスになっていくことは間違いありません。

まとめ
•添加物は色んな食品ほぼすべてに使用されている
•腸を刺激したり、善玉菌の働きを抑制する
•悪玉菌までも死滅させ免疫力に影響することもある
•便秘、下痢、がん細胞の活性化などに影響する
•子供の発達障害に繋がる可能性も示唆されている
•少しの努力と気持ちで添加物の摂取量は抑えることができる
•添加物を減らせば腸内フローラもよくなる!



•ツイート
•ご購読ありがとうございます!


カテゴリ:最新情報

tag:•アレルギー
•悪玉菌
•添加物



こんな記事も読まれています
•悪玉菌は不要ではない?人に与える良い影響があった!悪玉菌は不要ではない?人に与える良い影響があった!
•認知症は腸活で予防できる!ヒミツは水と悪玉菌にあった認知症は腸活で予防できる!ヒミツは水と悪玉菌にあった
•ヨーグルトで下痢気味?原因と改善方法は人それぞれ違う!ヨーグルトで下痢気味?原因と改善方法は人それぞれ違う!
•腸のマッサージ乳酸菌サプリで効果なし?それは選び方とタイミングが原因かも
•ソイチェックの結果が届きました!エクオールの値は...ソイチェックの結果が届きました!エクオールの値は8.2ミクロン
•腸内環境の悪化はセルライトの原因に!?悪玉菌と老廃物の関係腸内環境の悪化はセルライトの原因に!?悪玉菌と老廃物の関係
•悪玉菌を増やす原因と人体に及ぼす影響悪玉菌を増やす原因と人体に及ぼす影響
•善玉菌・悪玉菌・日和見菌の役割と働き善玉菌・悪玉菌・日和見菌の役割と働き


どれを選べばいいのか分からない...


私が実際に試したサプリ
合計:21種類(サプリ:11種|青汁:10種)

乳酸菌サプリ、青汁ってたくさん種類がありますよね。どれが効きそう?・価格は?・添加物は使ってる?など...。

わたしもそんな悩みをもった一人でした。「そこで自分で見極めたい!!」、「便秘を解消したい!!」と思い、たくさんの乳酸菌入りサプリと青汁を身をもって試してみました!
•私が試した乳酸菌サプリ
•私が試した乳酸菌入り青汁



運営者情報

サイト管理人
サイト管理人

元看護師をしていた便秘歴30年以上の主婦です。腸内フローラ改善と実際に私が試した乳酸菌サプリ・青汁について書いています。

プロフィール詳細



目的から探す乳酸菌サプリ!
•私がおすすめしたいサプリTOP3
•無添加の乳酸菌サプリと青汁(乳酸菌入り)
•お試し価格で購入できる乳酸菌サプリ
•乳酸菌入りのおすすめ青汁サプリ
•乳酸菌に特化したサプリから探す


新しい記事
•2017-05-23l-92乳酸菌の効果特徴と含まれている食品カテゴリ:細菌辞典
•2017-05-01筋トレをしても筋肉が付かない人は腸内環境に問題あり!?カテゴリ:基礎知識
•2017-03-27乳酸菌サプリで下痢になる人の原因と対策カテゴリ:便秘・下痢
•2016-12-25ホコニコ ラクトフェリン+乳酸菌の効果は?便秘歴30年主婦の実体験レビューカテゴリ:乳酸菌サプリ
•2016-12-01すっきりフルーツ青汁を愛用する芸能人とその効果など…カテゴリ:最新情報

ソイチェック試してみました!


同じカテゴリの更新記事
•2016-12-01すっきりフルーツ青汁を愛用する芸能人とその効果など…カテゴリ:最新情報
•2016-09-29便秘歴30年の主婦が試したビフィズス菌サプリの効果!カテゴリ:最新情報
•2016-09-28乳酸菌サプリは本当に効く?質問サイトの罠と手口を紹介!カテゴリ:最新情報
•2016-09-27ヨーグルトは定期的に変えるべき?専門家が教える腸活最新常識カテゴリ:最新情報
•2016-09-20機能性表示食品とは?乳酸菌サプリはある?カテゴリ:最新情報


最新情報 人気の記事
•2,691 viewsめっちゃたっぷりフルーツ青汁が届かない?その理由とは…めっちゃたっぷりフルーツ青汁が届かない?その理由とは…
•2,259 views歯周病と虫歯にはL8020乳酸菌が効く!実験から分かった新事実歯周病と虫歯にはL8020乳酸菌が効く!実験から分かった新事実
•1,194 viewsヨーグルトは定期的に変えるべき?専門家が教える腸活最新常識ヨーグルトは定期的に変えるべき?専門家が教える腸活最新常識
•1,124 views添加物が腸内細菌に悪影響を与える!発達障害にも関係添加物が腸内細菌に悪影響を与える!発達障害にも関係
•691 viewsすっきりフルーツ青汁を愛用する芸能人とその効果など…すっきりフルーツ青汁を愛用する芸能人とその効果など…


私が実際に試したサプリ
合計:21種類(サプリ:11種|青汁:10種)
私が試した乳酸菌サプリ

私が試した乳酸菌入り青汁


よく読まれている記事
•2834 viewラクリス菌の効果特徴と含まれている食品・サプリ細菌辞典
•2691 viewめっちゃたっぷりフルーツ青汁が届かない?その理由とは...最新情報
•2259 view歯周病と虫歯にはL8020乳酸菌が効く!実験から分かった新事実最新情報
•1929 viewカプセル・錠剤・粉末(顆粒)、形状の違いは効果と関係あるのか基礎知識
•1567 viewすっきりフルーツ青汁の効果は?便秘歴30年主婦の実体験レビュー乳酸菌入り青汁

菜善青汁


TOPにもどる




運営者情報

サイト管理人
ごあいさつ

当サイトの訪問ありがとうございます。このサイトは元看護師、便秘歴30年のアラフォー主婦が乳酸菌・青汁・サプリ・腸内フローラについて書いている個人運営のサイトです。


カテゴリー
•基礎知識
•最新情報
•便秘・下痢
•腸の病気
•腸内細菌
•細菌辞典
•食と知識
•美容と健康
•乳酸菌サプリ
•乳酸菌入り青汁


これまで検証したサプリ

合計:21種類(一般サプリ:11種|青汁:10種)
更新情報はこちら
•Facebook
•Twitter
•Rss-Feed
•応援お願いします!

サイトメニュー
•運営者情報
•免責事項
•お問い合わせ
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3616-f9ed4791