悪い冗談でしかない銃剣術の復活である。例の「髭の隊長」「ニヤケ顔した出世亡者の元自衛官」の自民党佐藤議員が「自衛隊では航空と陸上では必須だ」とか言い出したことも影響しているが、まだ自衛隊でやっていることが無駄だ。刃物同士の戦闘でもまるで役に立たないことは、とっくの昔に証明されている。











http://ruhiginoue.exblog.jp/27691226/

柔道とか銃剣術とか役に立たないことを学校でやるのはなぜか


2017年 04月 02日




 学校の体育で武道があることについては、二つの問題がある。一つは安全、もう一つは良心や信条、ということで周知のとおりだ。つまり、もともと人を殺傷する技術だったから、危ないし暴力になるということで忌避されることがあるわけだ。




 かつて宗教上の理由から忌避した生徒が退学処分となって裁判になり、退学はゆきすぎだという判決があった。

 また信仰している宗教が非暴力主義を掲げているので武道に嫌悪感を持った生徒が、柔道なら素手だからと妥協したけど、剣道は武器を持つのでダメだといって先生と対立したことが報じられもした。




 そういう問題とともに、もともと体育で指導力不足の教師や講師のために身体生命に危険が及ぶことがあるけれど、特に柔道では危険が多く、骨折や脱臼をしたりの重症を負ったり頭など急所を打って死亡する事故が相次いでいる。

 このように危険が多く指導が難しいため事故もよく起きている柔道を、どうして必須科目の体育の授業に取り入れるのだろうか。




 しかも、色々な武道をしてきた人に言わせると、柔道は見物している分には面白いが、やるには武道のなかでもとくに危険が多く、しかも武道の中でもっとも喧嘩の役に立たないそうだ。

 そんな柔道に比べると、相撲のほうがやって安全なうえ身体を鍛えられて技術の応用では武道のなかで最も喧嘩にも役立つし、なにより楽しいという。




 あと、悪い冗談でしかない銃剣術の復活である。例の「髭の隊長」「ニヤケ顔した出世亡者の元自衛官」の自民党佐藤議員が「自衛隊では航空と陸上では必須だ」とか言い出したことも影響しているが、まだ自衛隊でやっていることが無駄だ。刃物同士の戦闘でもまるで役に立たないことは、とっくの昔に証明されている。

 もちろん日常の護身術としても役に立たず、棒を使うなら剣道やフェンシングの応用のほうが強い。




 あとはせいぜい無抵抗の人間を殺すことくらいだが、あの池田小学校の児童殺害事件の犯人の元自衛官は次々と子供を突き刺す手際が良かったので自衛隊で習った銃剣術を応用したのではないかと言われていた。しかし、その直後に語ることがタブーみたいになった。

 そのうち、殺人事件を起こした少年が逮捕され「学校の体育で習った銃剣術を応用した」と供述したとしても、これを勇気のないマスコミは追及できず、週刊誌がまたいつもの調子で「少年法が悪い」と騒ぐだけだろう。




 こうなるのも、現実を直視せず浅はかな思い付きだけで勝手なことを言う人たちがいて、それが幅を利かせている日本の社会が原因だ。

http://ruhiginoue.exblog.jp/25128519/


自分より大きい相手と喧嘩して勝つことについて


2016年 04月 16日



 八十年代前半に、ソ連で空手が流行したが色々と問題なり、それで道場は警察か軍の施設内にするよう規制したということが日本でも報道された。勝手に「○○○ノフ流」と称して道場を開く者がいたり暴力事件が相次いだりしたためだが、これが半端ではなく、不良少年に警官が重症を負わされたことまであったということだ。
 
 もともとロシア人などスラブ系は手足が長く、それでバレエが盛んで、手足を伸ばして表現することが日本舞踊とは違うといわれていた。これが柔道とか空手とかの武術だと、同じ身長体重でも有利になる。もともと「リーチ」があるという表現があるけれど、まさにそれだ。

 そして、プーチン大統領が柔道五段であるなどロシアでも武道は盛んで、また香港の活劇でもカンフー映画にはロシア人の武術家が悪役の強敵として登場し、それをブルース リーやジャッキー チェンが死闘のすえやっつけていた。

 そうした活劇で思い出すのは中学生三年の冬に目撃した同級生の喧嘩だった。下校のさい学校を出てすぐの場所で自転車に乗ったまま殴り合いになり、片方は学年一の極端な長身だったから同じよう手を出したら勝つに決まっている。
 このとき、なにか言い争いをしているのに気づいた。すると普通の身長のほうが怒って先に手をだした。これを見て思わず「イカン」とつぶやいた。やはりその手が届く前に大柄なほうの拳を顔面に食らって鼻血を出した。

 後に、鼻血を出した人は同情されるのではなく、あんな大きい奴と喧嘩するなんて無謀だと言われていた。
 しかし、見ていた者に言わせると、あれは自転車に乗ったまま手を出したのが失敗だった。攻撃を避けるには身体を動かしたり片手で防いだりしながら、もう片手か足または頂頭部か額で反撃しないといけない。なのに片手はハンドルを握り、身体はサドルに乗っていた。これで手を出せは、腕が長いほうが勝つに決まっている。

 ところが、失敗してしまったという自覚のある彼の発想は違った。再戦は考えず、また自分も手を出したことや騒ぐことで面倒なことになり損なことなどを勘案し、診断書をとって訴えるのも諦めた。
 そしてすぐ入試の時期を迎えたが、彼の進路は、あまり程度が高くはないが育ちのよい人ばかりの私立高校に確実な単願受験で入った。
 一方、殴ってけがさせたほうは、大柄にものをいわせて乱暴だったがスポーツで推薦入学するほどではなかったうえ勉強は最低の水準だったから地元の公立校で不良のたまり場と言われるところに入った。

 「金持ち喧嘩せず」ということだと思った中三の春だった。

http://ruhiginoue.exblog.jp/24079917/

舞の海の言動に表れている大相撲の衰退


2015年 05月 30日



 このところ、舞の海が、原発から憲法まで、安倍政権に追従する発言をしている。引退したスポーツ選手がこの手の商売をするのは今始まったことではないから、むしろ関心は、これで彼は幾ら貰っているか、だ。
 もちろん、なんでも相撲とこじつけている滑稽さも話題にはなっている。これによって大相撲の人気はさらに凋落するだろう。引退したらこんなことをして稼ぐのかということで、プロの相撲取りを目指す人がまた減るはずだ。

 そして、今度はラジオで大沢某が昔からやっている番組に出て、体罰でシゴかないから横綱になれないと説き、これに大沢も迎合していたことで、また批判されていた。死者が出るなどして問題になったのに、よく言うものだ。
 では、舞の海と違って貴乃花は、体罰のお陰で横綱になれたのだろうか。そうではなく、親方の御曹司なので、また、弟に付合わされたと若乃花が恨みごとを言っているが、そんな兄の庇護もあったので、イジメられたり雑用をさせられたりすることが少なく、少ないどころか他の弟子たちに比べれば無に近かったから、伸び盛りの時期に稽古に専念でき、早い昇進ができた、というのが一般的な見方だろう。

 ところが、これは他の元相撲取りも同じだが、死者が出るなど論外の事態になって問題になっているのに、「今の若い子は殴られることに耐えられませんから」などと嘯いている。一昔に比べると人が軟弱になったと言いたいようだ。
 そうではなく、単に、殴られるのを我慢してまで相撲取りになりたいと思う人がいなくなっただけだろう。つまり相撲の人気がなくなってしまったということ。八百長とか、大相撲にはガッカリすることばかりなのだから当然だ。
 
 こんな当たり前のことがわからない元相撲取りたち。そのうえ、舞の海が引退後の商売をしている姿を見せつけられる。こうして、さらに大相撲は衰退する。
 それでもかまわない。大相撲だけが相撲ではない。興行などしなくても、趣味として楽しみながらやっている人たちが大勢いて、それでも良いのだから。

http://ruhiginoue.exblog.jp/24076234/


また柔道の練習で死者


2015年 05月 29日



 また柔道の練習で死者が出たと報道されている。犠牲になったのは女子中学生だそうだ。
 柔道は日本の国技だから学校の体育でもやることになっているが、よく知らない指導者が多いので死傷者が出ると指摘されている。
 そんな日本と違い、フランスは柔道が世界一盛んになっていてオリンピックでも選手の活躍が目立っているが、練習で生徒が死んだなんていうことは無いそうだ。
 
 また、ロシアのプーチン大統領は柔道が五段だったから、来日したとき黒帯を締めて道場に上がり、畳の感触は良いと言いながら技を披露していたが、子供を相手に投げ技を指導するさい、自ら飛び上がり一回転して受け身を取ることで、投げられて見せた。これは上手だから出来ることだと言われている。
 これで思い出したが、かつて自分の行っていた中学の体育教師は、学生時代からやっていたので特に柔道に熱心だと言うが、それにしては下手糞で、感情的になると生徒が立場上無抵抗でいるところへ足払いをかけるという卑怯なことを恥とも危険とも思わなかった。こういうことは色々な学校で言われているのを耳にする。

 つまり、柔道は国技なのに外国のほうがちゃんとしているということではないか。しかし、昔よりは良くなったこともある。

 前に大学で柔道の指導者をしている人に訊いたら、今ではある有名選手の影響もあって、柔道着の下に薄い下着つけることが普通になり、素肌に直に着るよう強制はしなくなっているという。
 これを聞いて安堵した。かつては、柔道着は素肌に着るものだと強制し、身体に傷跡などがあるなどの事情を訴えても聴いてもらえず、気にしなければいいなどと心ない言葉を浴びせることが普通だった。それでイジメなどに発展しても教師は知らん顔であった。
 さらに、傷跡や火傷など瘢痕ケロイドとなっていると、動くことは出来ても擦れると出血することがある。だから下着はサポターと同じなのだが、やはり教師の無知による強要によって、柔道着の硬い布地と擦れて出血し、そういう生徒の柔道着は血に染まっていた。
 こういうことは、無くなっているようだ。だから少しは良くなっていると言える。改善はまだまだ不充分ではあるが。


http://ruhiginoue.exblog.jp/22171246/

舞の海のせいでまたスポーツ選手を目指す人が減り相撲は衰退する


2014年 05月 30日



 『週刊金曜日』が元相撲力士・舞の海について不適切な記述をしたことが話題となっている。このため同誌が捏造をしたと非難する人もいるけれど、そうではない。
 その記事は、舞の海がある集会で講演したさいに排外主義の発言をした、という見出しだったが、本文を読むと、そんなことは書いていなかった。その記事では、相撲から外人を排斥すべきとの意見があると舞の海が言ったら、それに拍手が起きたと書いてある。
 だから、彼自身が排斥の主張をしたという見出しとは、意味が微妙に違う。これに対して同誌の編集者は、舞の海がこのところ右翼的な発言をしているから、趣旨的には問題がないと言いたいようだ。これを開き直りと受け取る人もいる。

 これをどう解釈したとしても、その記事が不適切であることに変わりはない。ただし、本文を読めば見出しと合っていないことが容易にわかるのだから、同誌を非難するとしても捏造というのは不適切である。また、見出しに釣られて記事本文まで誤読しておいて、同誌に騙されたと言う人は見苦しい。

 では、その記事にはどう見出しをつければ良かったのか。彼が排外主義の発言をしたという見出しだったから、記事と合わなくなってしまった。そうではなく、彼が排外主義を煽動したとでもしておけば、直接は言ってないが、そんな場で発言するから会場が呼応したのだと言えたはずだ。そして、あの人はこれ以外でも機会をとらえてそのような趣旨の発言ばかりしている、と言えたはずだ。

 そんな舞の海は、他の場では実際にヘイトスピーチ的発言をしているが、『週刊新潮』今週号に掲載された電事連の広告では、写真入りで登場し、原発を無くしてはいけないと説いている。
 ここで舞の海に先ず問うべきなのは、それが信念によるものなのか、どれくらい考えて結論を出したのか、ということだ。いかにも、言われた通り口移しという内容だし、この広告は依頼のさい破格の報酬を提示される。

 これまで、原発のPRには引退したスポーツ選手がよく出ていた。例えばバレーボールの川合俊一と野球の中畑清の両元選手がテレビで共演し、自分の故郷である新潟と福島の原発が電気を作っていると言っていた。
 この二人はタレントや監督として安定するまで、いろいろなことに手を出していて、中畑元選手の場合は選挙に立候補して落選したこともある。芸能人としての知名度がまだあるうちに選挙に出る元選手は他にもいた。

 こうなるのは、スターも引退すれば失業者だからだ。それで如何わしい商売として過去の名声を切り売りすることがあり、やれ選挙だ原発だと元選手が出てくる。
 そしてまたスポーツ選手を目指す人が減る。引退したら食い扶持のため恥知らずになる。そんな無様な現実を見せつけられたら、若い人は夢を持てなくなる。

 あのとき舞の海が講演で話した内容は、強い力士にガイジンが増えたという傾向を踏まえてのことであった。だからガイジンを排斥しろという人もいるし、それには反対の人もいる
 ただ、どちらにせよ、舞の海が口でなんと言おうと、今彼が見せつけている姿のほうが、相撲の人材難と衰退とガイジンばかり状態を、よほど促進させるだろう。
http://ruhiginoue.exblog.jp/22119833/

さらに柔道指導者の問題


2014年 05月 24日



 柔道指導者に有罪判決という話をしたが、これに引き続き柔道指導者の問題をさらに。
 
 柔道に限らず半可通の指導者は、技量不足によって事故など深刻なことにもなるが、それ自体は極めた専門家でも、指導者としては失格なことがあり、これも柔道に限らない。
 記憶に新しいことだが、オリンピックで金メダルを獲得したことがあるほどの柔道指導者が、教え子の未成年の女性に酒を飲ませ酔わせたうえで強姦したとして有罪となった。
 この男は、教えている大学の構内に来ると、オートバイ乗り入れ禁止の場所と知りながら無視するなど、功績のある自分は特別扱いされて当然という驕った態度があったとも言われ、また教え方が下手で、それをごまかそうとして精神論ばかり説いていたとも言われている。
 こういうのは論外だが、そこまでではなくても、よく「脳まで筋肉と化している」と揶揄される人が、そのため指導者としては失格ということがある。

 例えば、練習の初めと終わりに、先生に礼、生徒が互いに礼、というまでで充分なのだが、神棚があると神前に礼ということにもなり、しかし特定の宗教だから公立学校では神棚がなく、私立学校では有ったり無かったりする。これについて何も考えていない指導者がいて、宗教の違う人に強制して揉めることがある。
 これで、前に直接目撃したのだが、正規科目の体育で柔道をやったさい、柔道の講師と学生とが「僕はキリスト教です」「そんなこというなら隣(青山学院のこと)に行け。ここは國學院だ」と、くだらない喧嘩を授業中にやっていた。
 そもそも、武道は礼儀を重んじるのだから、それについて色々な場合を考えておくのが指導者のであるはずだが、何も考えていないので、そこへ何か言われると怒って「生意気だ」と言うだけの人が少なくない。
 
 また、柔道着は裸の上に直に着るけど、身体に傷跡などがある生徒がそれを隠すためにシャツを着ていると、教師とか講師から脱げと強要され、事情を説明しても「気にするな」で片付けられ、曝しものになり同級生から虐めに遭っても知らんぷり、という人もいる。
 こういうときは、競技に支障がないのだから配慮して当然だし、もし虐めがあったら、身体的な問題をからかうなど人の道に反していると厳重注意をし、そのうえで、からかうほうが悪いのだから気にするなと言うのが指導者たる者の務めだけど、この程度のことすら理解できない「脳筋」が少なくない。

 つまり、色々と例をあげたけれど、要するに、器じゃない人が間違って指導的立場にいることが問題ということで、これも柔道に限らない。

http://ruhiginoue.exblog.jp/22115274/


柔道指導者に有罪判決


2014年 05月 23日



 今月、柔道で小学生に重い障害を負わせた指導者が有罪判決を受けた。安全対策を怠った責任があるということだった。
 これは深刻な問題だと前から言われて来た。負傷だけでなく、30年間で少なくとも118人の子供が柔道の事故で命を落としているそうだが、指導者が半端であるため安全対策がなってないという実態が指摘されている。
 
 半可通の指導者が問題になるのは柔道だけではなく、ただ柔道は事故があった場合に被害が深刻ということではあるが、それにしても、柔道そのものに何か問題があるのではないかと思わされることが多い。
 例えば、今も裁判が続いているオウム真理教では、教祖は柔道が得意だったので、これで信者にリンチのようなことがあって死者も出ているが、似たようなことは学校でも、部活はもちろん体育の授業でも、ある。

 そういう場合は、だいたい教師が半端者で驕った態度をとり無責任である。まえに体育の教師で柔道部の顧問をしている男が、よく、ささいなことで感情的になり、生徒に足払いをかける様子を見て、とても危険だと思ったことがある。
 これについて、従姉妹の夫(柔道3段)に訊いたら、無防備の相手に足払いなんてとんでもないと言うと同時に、そんなことを安易にする奴は、きっと段位なんて取得していない、学生時代にかじっていただけの奴だろうと指摘した。
 確かに、そうだった。その教師は学生時代に熱心だったというだけで、段位はもっていなかった。そして、そういう奴は試合ではろくに勝てなかったから、教師になって、素人なうえ逆らえない立場の教え子に、一方的に技をかけているのだろうとも言われた。なるほど、あの教師の態度から、その指摘は当たっていると思う。
 また、5段のプーチン大統領は、来日したとき実演したが、教える意味で子供を相手に、力を加減したり飛び上がるようにしたりでわざと投げられたうえ受け身をとって見せたけれど、それがほんとうに上手な人なのだそうだ。

http://ruhiginoue.exblog.jp/16942521/

柔道黒帯の人たちに対する話の順序


2011年 12月 12日



 自分には美人の従姉妹がいて、その配偶者は柔道の黒帯なのだが、そのため結婚披露宴で同級生たちから、やっかみ半分で「寝技は得意だよな」と、からかわれていた。

 そんな冗談では済まないのが、柔道の金メダリスト逮捕の報道だ。彼は教え子の女性を酒に酔わせて強姦したとの疑いを持たれている。当人は合意の上だったとし、疑惑を否定している。
 そのように、まだ疑いを持たれた段階なのだが、受けた県民栄誉賞を取り消された。この取り消しは、不起訴であっても変わらないと同県知事は言う。これは、犯罪であったかどうかの問題とは別ということだろう。疑惑を持たれた行為が、教師と教え子の関係なのにけじめが無かったということで、この点が重視されたのだろう。
 その一方で、犯罪として刑事事件になるなら、それはその視点から問題にすべきで、追及されることは当然としても、逮捕までされなくてはいけないか、との点は疑問だ。凶器を持ちうろついているのではないし、逃亡とか証拠隠滅の可能性は、あまり考えられない。
 なのに、これらの話がまぜこぜにされていて、話の順序ということで間違っていないかと感じられる。

 もう一人の柔道黒帯が、ロシアのプーチン首相で、彼は選挙で不正をしたと騒がれている。これについて同国の大統領は、集会やデモは市民の権利だが、そこで言われていることには賛成できないとしたうえ、まず事実を調査すると言っている。
 そのとおりである。不正があったとして首相に退陣を求めている人たちの中には、もちろんアメリカなどにより中東と同様の工作をうけた人たちがいる可能性があり、だから牽制するつもりで中国は、プーチン首相がリビア攻撃に明確に反対したとして孔子賞を与えることにしたのだろうが、それ以前に、話の順序が問題である。
 まず、不正があったとの疑惑には、事実かどうかを調査するべきで、つぎに、事実なら責任は誰にあるのかを調べなければならない。そのうえで、首相に責任ありとの結論なら引責すべきで、さらに、その方法として適切なら、退陣すべき、ということになる。
 
 このように、物事には正しい順序というものがある。それぞれは正しくても、順番が間違いでは駄目なのだ。

http://ruhiginoue.exblog.jp/9411642/

相撲には「貸し借り」があるそうだ


2008年 10月 18日



 相撲に八百長があったかどうかで裁判になっているが、八百長はどこよりも裁判所がやっていて、相撲など比較にならないほど悪質かつ深刻である。
 それはともかく、前に序の口力士に聞いたことがあるのだが、相撲の世界には「貸し借り」があって、「ここは相手に花を持たせよう」としたり、その借りを返すことをしたりするのが暗黙の了解だそうだ。
 これはプロ野球だと、例えばホームラン王の冠をチームメイトに贈ろうとして、ライバルの打者と対戦するときは、試合の展開から必要が無いのに投手に敬遠を指示するなどの行為に当たるという。
 だから、不正という感覚はまったくないのだが、しかし意図的に結果を操作しているように見えて、これが時には如何様をしていると受け取られてしまうという。
 これを今回、週刊誌に騒がれ相撲協会が訴える事態となり、そこまでする意味があるのかと疑問も出ているが、おそらく外国人力士の問題で神経質になっている状態だったことが影響しているのだう。

http://ruhiginoue.exblog.jp/9053370/

北の湖親方は長年にわたる赤旗の読者


2008年 09月 12日



 ロシア力士2人が、大麻吸引はぬれぎぬだとして解雇撤回の法廷闘争をすると表明した。
 相撲が、柔道のように、国技とされながら外国人選手に圧倒されはじめては大変だとの危機感は角界にすでにあった。そこで外国人力士を追放したがっている者たちがいてもおかしくない。
 また、この力士たちを直ちに処分しないなど対応遅れを批判された北の湖理事長は、しんぶん赤旗に登場して長年の読者であることを公言するなどしている。共産党のシンパというわけではないが、政治経済に強い関心を寄せ、超保守的な相撲界にあっては異端とも言えるほど進歩的である。そうした言動に反感を持つ者がいて当然だが、なんと言っても横綱としてあれだけの実績があった人であるから、楯突くことは容易ではない。
 そこで、陰謀があったと考えることは簡単だが、まだ何もわからない。同時に、検査で陽性だったというのも、罠で無かったとは言い切れない。
 とにかく、当人たちが無実を主張していて、判断しようにも情報が乏しいのだから、そんな状態のうちに結論を決めつけるべきでないとだけは言えるはずだ。

http://ruhiginoue.exblog.jp/8839626/

「柔道には自信ありますが」


2008年 08月 14日



 大学で、体育に柔道があった。武道は「国技」ということで「国教」の神棚を道場に祭っていて、これに礼を拒んだ者がいた。
 彼は高校まで柔道部で、とにかく強かった。ところがクリスチャンなので神道を拒否した。
 「柔道には自信ありますが、神棚に礼はしません」
 そう言う彼は高校までは公立だったから、「政教分離原則」の適用があり神棚に礼を強制はされなかったが、私立大ではそうならなかった。
 それで柔道部には入らなかったし、体育では担当教師とケンカになり、退学して他の大学へ行った。
 こんなよけいな対立をする分の労力を柔道に振り向ければ大選手になっていたかもしれない。
 武道は精神論が幅を利かせていて、それが嫌でやる人が減っているというのもわかる。
 武士道とか騎士道という類いは外国にもあり、スポーツならフェアプレーとか世界共通のものがあるのに、独自性を出そうと無理をするから宗教がかったことをするのだろう。
 それで弱くなってもいいなら、気にすることは無いが。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3537-4231b84d