トライフォースの渡辺直由先生がエディブラボーのノーポイントサブミッションオンリーデスマッチ至上主義に猛反論!



ちなみに個人的にはエディの考えには私も賛同です
ただし色んなスタイルの柔術があってもいいんではないかと

個人的には格闘技も武道も様々なスタイルのマーシャルアーツ
様々なルールが存在するんで

多様性を認めて

皆が皆 同じルール 同じスタイルなんてファシズム 全体主義の思想そのものなんで
気持ちが悪いだけだと思うんですよね

色々 多様性 違いがあるから面白いと思うんで

それぞれが好きなスタイルを追求していくんが一番いいんじゃないかと思うんですよ

俺は

だから競技柔術のルールも一般の俺らみたいな愛好者には大変いいとも言えるんでしょうねぇ

実際問題 短期間でこんだけの人口が普及して欧米じゃやる側のメジャースポーツの一つになったといっていいくらいだしね

だからエディやグレイシーのような時間無制限デスマッチ原理主義も俺から言わせたら必要不可欠なんですよねぇ

皆が皆 競技柔術に走るのはつまらんですよ

競技MMA見てごらんなさい

時間無制限VTデスマッチ失くしてからというものの

皆が皆 競技MMAに走ってしまい

ルールとスタイルの多様性失くしてしまってつまらなくなったでしょうが
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3475-9e5b44c8