七帝柔道記 文庫版 発売! 高専柔道 七帝柔道のパイオニア 岡野 好太郎 先生の著作が復刻!

七帝柔道記 (角川文庫)
増田 俊也
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 30,644




学生柔道の伝統
学生柔道の伝統
posted with amazlet at 17.02.18
岡野 好太郎
黎明書房
売り上げランキング: 336,371



http://www.reimei-shobo.com/ISBN978-4-654-07650-5.htm

学生柔道の伝統






岡野好太郎/著


定価:本体1800円+税
B6判上製/264頁
発刊日 2017年2月1日
ISBN番号 ISBN978-4-654-07650-5

明治、大正、昭和と柔道に生涯を捧げた岡野十段が、柔道の神髄を語った名著の復刻版。人間形成を究極に求める武道としての柔道と、立技と寝技の連続性による緻密で合理的な柔道を併せ説く。


こんな方にオススメ
・柔道関係者。
・寝技を真骨頂とした岡野柔道の神髄を知りたい方。
・学生柔道の歴史を研究されている方。



目 次


はしがき

高専大会縁起
寝技の表現
試合について
試合時間のこと
六高と結ばれた遠因
寝技表現の心構
寝技の形
飛行機稽古
柔道衣の変遷
審判規程の問題
三角緘み
団体試合
分離問題
柔道修業
部生活の体験
部生活の理論
永遠の想い出
柔道部歌
内海地方の気質
修行及び指導について
出場校と優勝校
血のにじむ戦績




著者紹介


● 岡野好太郎

明治40年

武徳会本部柔術部助手

自明治41年至明治44年

香川県警察部・武徳会香川支部・香川県師範学校・香川県工芸学校・高松市立商業学校へ勤務

自明治44年至大正9年

第六高等学校・岡山医学専門学校・岡山県警察部・武徳会岡山支部・矢掛中学校へ勤務

自大正9年至昭和20年

第八高等学校・名古屋高等商業学校・愛知県警察部・武徳会愛知支部・愛知第一中学校・熱田中学校・明倫中学校・昭和中学校へ勤務

昭和22年

柔道九段範士

香川県小豆郡土庄公民館講師

昭和36年

名古屋大学柔道部師範

昭和42年

逝去。

講道館より十段位を贈られる。

http://kodokanjudoinstitute.org/doctrine/palace/yoshitaro-okano/

岡野好太郎 Yoshitaro OKANO(1885〜1967)




生年 1885.4.24
入門 1906.3.30
初段 1906.11.10
二段 1908.5.6
三段 1908.11.15
四段 1910.10.23
五段 1916.1.9
六段 1926.5.31
七段 1933.6.1
八段 1937.12.22
九段 1948.5.4
十段 1967.6.2
没年 1967.6.2

 1885(明治18)年、香川県小豆郡土庄(とのしょう)村に生まれ。17歳の頃より天神真楊流柔術・無双流柔術を学び、3年後、20歳の時に講道館へ入門する。
柔道の面白さに目覚めた岡野は、柔道の専門家を目指し、京都にあった武道の専門家を育てる大日本武徳会武術教員養成所へ、第1期生として入所を果たしている。この武術教員養成所の柔道教授は、磯貝一、永岡秀一らであった。磯貝は、嘉納師範より関西への講道館柔道普及の命を仰せつかり、京へ骨を埋める覚悟で赴き、今や武徳会を束ねている重鎮である。彼は武術教員養成所で育つ生徒の質によって、当時勃興しつつあった武道教育の盛衰が大きく左右されると考え、強い責任感を持って養成所の教育にあたった。岡野も磯貝・永岡を師と仰ぎ、厳しい稽古に耐え、修行を積んでいく。そして1907(明治40)年に武徳会青年演武大会において優勝を果たし、明けて1908(明治41)年の青年演武大会でも優勝を飾り、嘉納師範が所蔵する刀を贈られるなど目覚ましい活躍を遂げ、次第に「岡野強し」と関西に噂される存在となっていくのであった。
 岡野はこの頃、特に寝技の研究に没頭した。身長が人一倍低かったので、寝技を徹底するように勧められたからであった。岡野は寝技について以下の様に語っている。
寝技表現の際、相手が自分の攻撃を阻止しようとしたときは、その防禦を一気に突き破るべく強引に攻撃することもあり、その防禦の鉾先を避けつつ、そのまま現状を保持して攻撃の時機をうかがい、相手の防禦の隙をねらって、機を見て猛然と相手を攻撃しなければならないこともある。誤れば反対に相手に制圧されるから、攻撃の機をとらえた時は相手を制圧するか、制圧されるかという極み立つわけで、この難関をとっさに破るよう、相手の動作に順応して間断なく攻撃しなければならない。自分が守勢にある場合も同様に、常に態勢挽回のチャンスを窺い、絶えず工作して優勢への転位を図るのである。寝技の醍醐味といったものはこうした呼吸の中にある。
またこの頃より、第六高等学校での柔道教授をはじめ、岡山医専・武徳会岡山支部・岡山県警、また第八高等学校、戦後は新制名古屋大学など、特に学生柔道の指導に励んだ。1967(昭和42)年6月2日、岡野は講道館より十段位を贈られ、そして同日82歳でこの世を去った。

参考:「講道館柔道十段物語 学生柔道を牽引した寝技の鬼 岡野好太郎」本橋端奈子
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3436-2f79e029