誰がチェを殺した? CIAの完全犯罪



日本語翻訳版はこちら↓
http://democracynow.jp/video/20120207-2

誰がチェを殺した? CIAの完全犯罪













タグ: CIA チェ・ゲバラ 中南米 経済封鎖 革命 キューバ











放送日: 2012/2/7(火)






再生時間: 40分




1959年1月1日、フィデル・カストロ率いる革命軍が独裁者フルヘンシオ・バチスタ大統領を追放して成立したキューバの革命。米国を中心とした在外資本による大土地所有制度に新政権が改革の大鉈を振うと、歴代の傀儡政権を通じキューバを実質的な植民地として収奪してきた米国との関係は急速に悪化しました。アイゼンハワー政権は亡命キューバ人を組織して革命政府打倒を画策し、その後を継いだジョン・F・ケネディ政権は、1961年4月15日にピッグス湾侵攻作戦を実施して撃退されます。1962年2月7日、ケネディが全面的なキューバ制裁に踏み切って以来、共和党と民主党の一貫した支持のもとで「世界史上最長の経済封鎖」は強化され続け、50年もの長期にわたってキューバ国民に極度の物質的な困窮を強いてきましたが、カストロ政権は盤石の体制を維持したまま今日に至っています。制裁解除を勧告する決議は、1992年以来、国連総会で20年連続採択され、当初は非同盟諸国が賛同の中心だったものの、次第に支持を広げて西欧諸国も一致して賛成に回り、ついに反対するのは米国とイスラエルのみという、米国外交の国際的孤立を対イスラエル政策以上に象徴するものとなりました。憲法上の権利センターのマイケル・ラトナー名誉会長に制裁の歴史と背景を聞きます。ラトナーは、上院議員時代には制裁解除を主張しておきながら大統領就任後は制裁維持を正当化し続けるオバマ大統領の二枚舌を批判します。

キューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラが、ラテンアメリカ革命を目指して遠征した先のボリビアで、軍によって処刑されたのは1967年10月8日。2012年はそれから45年目に当ります。アルゼンチン出身のゲバラは若き日の旅を通じて南米社会の現実と民衆の貧困に接して革命を志向し、やがてメキシコでのフィデル・カストロとの運命の出会いを経て、キューバ革命の中心で活躍しました。キューバ国籍を取得したゲバラは革命政権の要職に就きますが、やがて第三世界革命を推進するためアフリカへ、さらにボリビアへ転戦しました。

ゲストのマイケル・ラトナーとマイケル・スティーブン・スミスは、共著Who Killed Che? How the CIA Got Away with Murder(『誰がチェを殺したのか─CIAの完全犯罪』)で、これまで機密だった米国政府の公文書を含む膨大な文献を分析し、ボリビア軍によるチェの殺害をCIAが指揮した事実を明らかにしました。これまで発表された伝記や研究の多くが踏襲してきた、ゲバラ殺害作戦への関与を否定する米国政府の公式見解を真っ向から否定するものです。数々の証言に基いて、ゲストの二人がゲバラの最期を語ります。若き革命家を抹殺することで社会革新の機運への影響を削ごうとした米国政府の思惑にも拘らず、チェ・ゲバラは忘れ去られるどころか、民衆の大義に殉じた無私の革命家として、むしろ今日もその存在感を増しています。エジプトのタハリール広場でも、ウォール街の占拠現場でも、「1%」を代表する英雄として、チェ・ゲバラは生き続けているのです。かつては秘密裡に遂行された違法な暗殺作戦が堂々と政権の成果として発表される現状を憂える二人は、垂れ流しにされる権力の嘘を疑えと語ります。(斉木裕明)







英語スクリプトはこちら



ゲスト





*マイケル・ラトナー(Michael Ratner) 弁護士。司法関連NPO「憲法上の権利センター」(Center for Constitutional Rights)名誉会長。ウィキリークスのジュリアン・アサンジュ氏の代理人を務める。Who Killed Che? How the CIA Got Away with Murder(『誰がチェを殺した? CIAの完全犯罪』)の共著者。
*マイケル・スティーブン・スミス(Michael Steven Smith) Who Killed Che? How the CIA Got Away with Murder(『誰がチェを殺した? CIAの完全犯罪』)の共著者、弁護士、NPO「憲法上の権利センター」理事







字幕翻訳:斉木裕明/全体監修:中野真紀子

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:6EyPrnI013sJ:democracynow.jp/sites/default/files/briefcase/captions/Caption-Che120207-2.pdf+&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


http://democracynow.jp/sites/default/files/briefcase/captions/Caption-Che120207-2.pdf のHTMLバージョンです。
G o o g l eではファイルを自動的にHTMLに変換して保存しています。


Page 1

誰がチェを殺

した? CIA

の完全犯罪

デモクラシー・ナウ!

動画字幕

[2012.02.07]

ボリビア軍に捕らえられ翌日に処刑されてし

まったチェ・ゲバラ。CIA は殺害への関与を

否定しましたが、実は影の主役だったことが

公文書の開示で明らかになりました。処刑さ

れたチェの姿をマスコミにさらせば革命勢力

の士気が衰えると米国政府は踏んでいたので

すが、この作戦は完全に裏目に出てしまい、

チェは革命のキリストとして永遠のシンボル

になってしまいました。



Page 2

1

エイミー・グッドマン(AG):

キューバの話題です

フィデル・カストロ前議長が8カ月ぶりに公の場で

シリアなど世界情勢を論じました

回顧録の出版記念会で発言です

回顧録は 米国が支援する独裁者を

革命で追放するまでを描きます

革命直後から米国は

キューバ制裁を続けています

2012年2月7日で禁輸措置は

50年目を迎えます

世界最長の記録です

1962年2月7日にジョン・F・ケネディ大統領が

キューバとの通商を禁止して以来

民主党も共和党も賛成してきました

1996年には制裁強化の法案が

共和党が多数の議会を通過し

民主党の大統領が署名しました

キューバ制裁は国際的に非難され

国連総会の解除勧告決議は

昨年で連続20回です

投票結果は186対2

反対は米国とイスラエルのみ

キューバ外相は国連総会で

過去半世紀の経済損失は

1兆ドルに迫ると述べました

米国のゴダード国連大使は

総会決議を批難しました

最新の世論調査では米国人の過半数が

政府のキューバ政策に反対です

62%が外交関係再開を支持し

半数が封鎖解除に賛成しています

半世紀を迎えたキューバ封鎖について

二人のゲストと話します

マイケル・ラトナーさんは

憲法上の権利センター名誉会長

封鎖に反対し続けています

マイケル・S・スミスさんは同センター理事です

共著『誰がチェを殺したのか─CIA の完全犯罪』で

ゲバラ殺害への米国の関与を立証しました

マイケル・ラトナーさん

キューバ制裁は50年目ですね

マイケル・ラトナー(MR): 50周年に気づいたのは

報道機関ではエイミーだけかも

ケネディ大統領が1962年に

全面的な経済封鎖に踏み切った

でも すでに一部は実施されていました

キューバ革命政府は大土地資産を接収しました

1954年のグアテマラと同じ政策です

米国は報復として砂糖の輸入をやめ

米国の石油精製所はソ連の原油を扱わなくなった

それが経済封鎖の始まりです

1961年にピッグス湾事件が起きると

商業 金融 渡航を含む

全面的な封鎖に拡大しました

世界で最も長く続く経済封鎖です

なぜ今も続いているのか 成果はあるのか

キューバ国民を苦しめるだけだ

米国の人や物や金だけでなく

第三国も巻き込みます

キューバに寄港した外国籍の船は

6カ月間は米国に入港できません

キューバが医療機器を英国から買おうとしても

部品の1割以上が米国製だと買えません

食料や薬品まで禁輸対象です



Page 3

2

AG:オバマ大統領も最初は

開放政策への転換を語り

渡航制限を緩和したけれど

民主化の停滞を理由に立場をひるがえし

封鎖を延長しました

2004年には封鎖は失敗だとして

解除を主張していました

MR:彼はいつも発言と行動が違います

グアンタナモ収容所も閉鎖しない

私は解除を期待していました

米国のキューバ人社会も同じです

米国の農業関係者も輸出したい

大統領の行動を期待しましたが

彼は無策のままで

キューバ系米国人の帰郷制限を

少し緩和しただけです

封鎖が続いた50年の間には

行動した大統領もいました

カーター政権の時代には

渡航禁止が解除されましたが

べつに天地はひっくり返らず

人々は革命の真の姿を見に行けた

簡単なことです

まず渡航を解禁し 次に禁輸を解除する

AG:ゲストの2人は共著で

チェ・ゲバラ殺害への米国の関与を語っています

チェ・ゲバラはアルゼンチンに生まれ

キューバ革命の指導者として

国際的な名声を得ました

革命政権の要職に就いた後

世界を舞台に革命を目指しました

1965年にコンゴ反乱軍を支援する

秘密作戦を指導しました

前年の国連演説では

コンゴ民主共和国で初めて民主的に選ばれた

ルムンバ首相が

米国の暗躍で暗殺に倒れた歴史を語りました

その後ボリビアに渡り

親米政権への反乱を支援しましたが

CIA と協力するボリビア軍の

捕虜となって 処刑されました

『誰がチェを殺したのか

─CIA の完全犯罪』は

新たに公開された政府文書を基に

CIA の重大な関与を論じています

どんな事実が判明したのですか

マイケル・スティーブン・スミス(MSS)

最近4冊のゲバラ伝が出て

新事実が明らかになりました

ラトナーが情報公開請求で

入手した情報のおかげです

共著の半分は その情報です

米国の公式な立場は「ボリビア軍が勝手に殺した」

これはウソです

ホワイトハウスが作戦全体を指揮していた

CIA はこの頃には準軍事組織になっていて

大筋の指令を受けるだけで

大統領には報告しない

バレたら聞こえが悪いから

ホワイトハウスの指令は

「ゲバラをしとめろ」でした

ゲバラ伝を書いたメキシコ外交官で

歴史家のカスタニェダが

元 CIA 工作員の証言を取りました

この絵の人物です

彼はボリビアの親米独裁者

バリエントスのもとに急ぎ

「ゲバラ捕獲に全面協力する

捕えたらすぐ殺せ」と伝えた



Page 4

3

バリエントス大統領は

必ず実行すると約束しました

ゲバラ暗殺計画はそれ以前もあり

カストロ暗殺には602回も失敗した

ルムンバを殺したのも

死体を運んだのも CIA です

まさに殺人会社

体制転換がその動機です

キューバ革命では民衆が勝利し

米国に亡命した1%の特権階級は

資本主義の復活を夢見ています

それがキューバ封鎖の目標です

AG:チェ・ゲバラの役割について

お話しください

MR:キューバ革命と

中南米の解放運動の英雄です

米国は1960~70年代に中南米で

次々に政権を転覆しました

チリの歌手ビクトル・ハラも

米国が支援したクーデターで

処刑されました

ゲバラとキューバ革命は

中南米の革命運動の象徴であり

それは今も変わりません

ウォール街でもカイロでも

ゲバラのTシャツを目にします

1%と戦うことの必要性を

理解している印です

今日デモをする人々にとって

ゲバラは永遠の英雄なのです

AG:なぜゲバラはボリビアへ?

MR:キューバ革命が生き残るには

他国で革命を起こす必要がある

特に中南米の革命が不可欠と思ったのです

ボリビアには革命のチャンスがあると見た

2世紀の間に無数の政変が起き

米国が独裁政権を支援して

大多数を占める貧農を搾取した

故国アルゼンチンの革命を夢見たゲバラは

米国の搾取が続く中南米で

革命運動の屋台骨になるのはボリビアだと見た

AG:CIA の関与の証拠は?

MR:大統領補佐官だった

ウォルト・ロストウのメモです

ジョンソン大統領の安全保障担当補佐官です

彼の報告はすべて CIA が情報源でした

CIA が上げた情報では

何もかもがゲバラの仕業だった

ロストウが表向き否定しても

彼のメモで明らかです

ゲバラ殺害は米国の希望だった

中南米や世界の革命気運に

とどめを刺そうとしたのです

AG:チェ・ゲバラの最後について

お話しください

MR:1967年10月8日

イゲラ村の近くで捕まった時

銃撃で負傷していました

彼の銃はまだ熱かった

村に連行され 監禁されて

いろんな人に尋問された

CIA の現地工作員フェリックス・ロドリゲスは

翌日に面会したようです

AG:後にイラン・コントラ事件で

有名になった人ですね



Page 5

4

MR:ええ ニカラグアの革命政権を

つぶす工作でした

今は我々の血税で楽隠居の身ですよ

彼は1967年10月9日

イゲラ村でゲバラの部屋にいた

ことの経緯については これまで諸説ありました

有力なのはロドリゲスの証言です

「殺すなと指令されたが

ボリビア政府が処刑命令を出し」

「米国は手出しができなかった」

こんなデタラメが

何十年も通用してきたのが驚きだ

これじゃ 何でもありだ

新たな情報開示でロドリゲス証言のウソが判明した

ゲバラ殺害の指令は受けていないと

米国の直接関与を否定し

現地の指揮官に責任を押しつけた

大事な点は この頃の米国はまだ

捕虜を殺したり公人を暗殺していることが

ばれないよう気遣っていたのです

ルムンバはじめ多数の人を

暗殺していたのですけどね

AG:ゲバラはボリビアのどこに?

なぜ捕まったのですか

MR:彼はボリビアで革命を起こすため

現地人やキューバ人の手引きで

入国しましたが

もくろみは外れ 1年近い戦闘で

多くの部下を失いました

本人も言っています

「革命か 死か」

突き進むしかないのです

米国もボリビア政府もゲバラが脅威だと考えました

ボリビア政府は米国に支援を乞い

両国は共同安全保障条約を結びました

AG:本の中で興味深いのは元 CIA で

今は批判者のエイジー氏の話です

ゲバラのボリビア入国を阻止し

捕える任務を与えられましたが

ゲバラは実業家に化けて

堂々と空港から入国しました

MR:入国時のチェの写真は傑作です

エイジーが配った人相書きとは

似ても似つかない

ボリビアで ばら撒いたのです

空港とか そこら中に

でもゲバラは普通に通り抜けた

もちろん偽名です

厚い眼鏡で アルゼンチンの実業家に見えた

妻子に別れを告げに行った時

子供たちも気づかなかったそうです

そうやって入国しました

カストロ議長と対立して

ボリビアに行ったと言われるが

じつは何年もかけて準備していた

先遣隊を送り込み 5年も前から

地下組織を築き 訓練を積んでいた

カストロはゲバラの動静を常に把握しており

双方向無線で交信していました

私はチェの戦友と話をしたことがあります

故障した無線機を交換しようと

彼がボリビアを離れた間に

ゲバラが殺されたのです

対立説は根拠がない

当時ソ連はコスイギンの時代でした

キューバが中南米で革命を煽るのをやめさせようと

ソ連はカストロに圧力を掛けました

各国共産党が革命路線を

放棄することを望んでいたのです



Page 6

5

でもカストロは圧力をはね退けゲバラを守りました

2人の間に対立などなかった

ゲバラのその後についてはマイクが話します

MSS:なにもかも うまくいかなかった

ゲバラが設けたボリビアの訓練拠点は

すぐに発見され

彼は持病の薬を奪われました

隊はバラバラになってしまい

二度と合流できませんでした

半数は農民の密告で 川で襲われ

タニアも殺されました

AG:タニアとは誰ですか

MSS:東ドイツ出身の革命家で

両親が共産主義者でした

ゲバラとは東ベルリンで知り合い 意気投合して

地下組織を作るため ボリビアに潜入しましたが

ゲバラの意に反し

野営地にジープでやってきた

政府軍がジープを発見し

車内の資料から作戦を嗅ぎつけ

米軍と CIA の介入が始まりました

この本で公表した米政府の覚え書によれば

「ベトナム帰りの特殊部隊を送り

現地兵を訓練しよう 直接 手を下すのはまずい」

AG:ジョンソン政権は

ベトナム戦争を拡大中だったのに

MSS:ボリビアにも干渉したのです

ボリビアの民主政権は とても弱い立場でした

マイケルが言ったように

ボリビア ブラジル ウルグアイ

チリ アルゼンチンと

キューバ支持の民主政権は次々つぶされ

持ちこたえたのはメキシコのみ

圧倒的な圧力に抗して

キューバが生き残るためには

革命の拡散しかないとゲバラは考えた

中南米ではボリビアが最も

見込みがあると思ったのですが

すべて裏目に出たのです

本ではこの悲劇を詳述しました

包囲 武装解除 捕縛

そして処刑されるまでの経緯です

AG:『誰がチェを殺したのか

─CIA の完全犯罪』の中に

ゲバラ殺害作戦の中心人物

ウォルト・ロストウ氏の発言があります

「ロマンチックな革命家を殺し

ゲリラの士気をくじけ」

「ゲバラを捕えるだけで

ゲリラ撲滅作戦にはプラスだが」

「彼が死ねば 効果は百倍だ」

チェを生かしておきたいと

米国が思ったはずがないと分析していますね

「国益」に反するからです

革命運動への大打撃を期待して

チェの死をマスコミに知らせたのだと

MSS:報道発表では

グスタボ・ビジョルドがこのように

チェの死体の後ろに立っていた

白黒写真が残っています

AG:本の表紙は油彩画ですね

MSS:彼はキューバの大富豪の一族の出で

GM工場や400平米の大農園を

革命ですべて失いました

CIA に雇われ

この作戦を指揮しました

ロドリゲスは彼の部下です



Page 7

6

AG:ボリビアで?

MSS:─ええ

チェの遺体をヘリコプターに縛りつけ

バジェグランデの町に運び

病院の地下にあったセメントの台に置きました

報道陣を集めて写真を撮らせたが

遺体を公開したのは大失敗でした

誇らしげに付き添ったビジョルドは

報道発表が済むと

遺体の両手を切り落として CIA 本部に送りました

本部は指紋を照合し

ゲバラ本人であると確認しました

ところが結果的にはチェ・ゲバラの殺害を

宣伝したのは逆効果でした

チェは社会変革を求める民衆の

永遠の英雄になりました

AG:本の取材でいちばん驚いたことは?

MSS:米国政府が非常に強固な

反革命の意志を持っていた点です

それをとても手際よく実行する

自分たちの利益を正確に知り

何が必要か露骨な意見を交換する

資料を読むと恐ろしい

本の半分は資料の引用です

MR:私は若い頃から

自国政府を信用したことがないので

私の「いちばん驚いたこと」は

ゲバラを扱う作家がほぼ全員

ロドリゲスの説明を受け入れたことです

「米国はゲバラの生存を望んだ」

なんて よくも信じたものです

最近のシリアなどをみても

米国の説明はウソだらけです

この本で本当に伝えたいのは

米国が世界で何をしているのか

政府の説明は まず疑えということ

シリアでもリビヤでも 1973年のチリでも

キューバ封鎖の継続についての

オバマの説明についてもです

残念ながら米国のメディアは過去から学びません

政府の発表を たれ流して 人々を誘導するだけだ

AG:チェは負傷して捕らえられ

ほどなく処刑されました

殺しに来た兵士に言った最後の言葉は

「お前は人間を殺すのだ」

MR:推測でしかないですが

その言葉の意図はたぶん

「私は他の皆と同じ人間だ」

「それをお前は殺そうとしている」

「私は人間だ」と言いたかったのでしょう

MSS:このボリビア人の軍曹は

ゲバラを殺す栄誉をクジで引き当てたものの

最初に部屋に入った時は 緊張のあまり退散した

AG:チェは横になっていた?

MSS:腰かけていましたが

軍曹を見て立ち上がりました

「座れ」と言われて

「立ったままがいい」と答えた

運命を知っていたのです

軍曹は殺意が失せて処刑ができませんでした

一度外に出て 酒を飲んで戻った軍曹に

ケリをつけさせるため諭すように言いました

「いいか お前は人間を殺すのだ」

顔は撃つなと命じられていたのに

軍曹は緊張のあまり銃を乱射した

ゲバラは肺の出血で絶命しました



Page 8

7

軍曹については後日談があります

後年視力を失い 首都に住んでいました

キューバはボリビアに多くの医師を派遣しています

キューバの医療チームの手術で

男は視力を回復しました

AG:今も存命ですか

MSS:生きています

エルアルトの病院に行き

キューバ人医師の治療を受けた

驚いた話だ

AG:彼は今 どんな思いで?

MR:さあ… 知ってる?

MSS:後悔のためか 酒に溺れ

恥辱の中で生きています

AG:チェ・ゲバラが殺害された時の

フィデル・カストロ氏の反応は?

MSS:打ちのめされていました

メキシコ以来の盟友ですから

カストロは恩赦で釈放され

メキシコに渡り再起を図りました

生かしておいたのが

独裁者バチスタの誤算でした

後にバチスタ政権を倒すことになるグループの

3人目の参加者がゲバラでした

モンカダ兵営襲撃の時に

カストロと一緒に戦ったニコ・ロペスに誘われ

チェとカストロは夕食を共にし

即座に意気投合しました

一晩中 語り明かし チェは約束しました

「どんな独裁者とでも戦う」と

チェは3人目の隊員で 役割は軍医のはずでした

伝説となった船のグランマ号は

このスタジオくらいの大きさです

荒海を渡り キューバに着いたのは

1日遅れで 接岸の場所も間違え

マングローブの湿地で立ち往生し

バチスタ軍の待ち伏せを受けました

80人中60人が殺されたり捕らえられ

残った20人は山地に入り

キューバ革命が始まりました

沼地で機銃掃射を受けたチェ・ゲバラは

機関銃の弾薬と医薬品の

どちらを取るかの選択を迫られ

弾薬を選んだのです

山岳地帯でのゲバラは

優秀な兵士として能力を発揮し

フィデルによって 第4大隊長に任命されました

本当は2隊しかなかったけれど

第4大隊と名付けたのです

ゲバラとシエンフエゴスが

サンタクララの戦いに勝つと

バチスタはマイアミに亡命し

ゲバラは革命の英雄になりました

権力を握ったゲリラたちが最初に制定した法律は

首相の資格年齢の引き下げでした

カストロは弱冠33歳でしたから

ゲバラはもっと若く

2番目の法律で キューバ人になりました

AG:もとはアルゼンチン人ですね

MSS:3番目が大農地改革法で

これで米国のトラの尾を踏んだ

ユナイテッド・フルーツ社の資産を

国有化したからです



Page 9

8

CIA 長官アレン・ダレスは同社の大株主でした

アレンの兄で国務長官のジョン・F・ダレスもです

AG:彼は同社の顧問弁護士でしたね

MR:ええ ゲバラはその5年前に

グアテマラを訪れています

アルベンス政権の転覆に抵抗して

戦って 敗れました

民主的に選ばれた政権が倒されたのは

ユナイテッド・フルーツ社の土地を

接収したためです

全部つながっている

その後メキシコでカストロと出会った

まだあります ゲバラとカストロが

キューバ入りの前に軍事訓練を受けたのは

スペイン内戦を経験した年配の将軍でした

共和国側で戦ったアルベルト・バジョです

歴史は更に遡ります

ダレス兄弟は自ら糸を引いたグアテマラ政変の

直前の1953年に

セオドア・ルーズベルトの孫をイランに送り込んで

民主的に選ばれたモサデク大統領を倒しました

この「楽勝」に味をしめた米国政府は

次の標的をグアテマラに定めました

でもルーズベルトの孫は

任務の途中で降りてしまった

現在のグアテマラとイランの政権が

米国に対して抱く不審の源には

1950年代の政変があります

これは中東と中南米の理解に

非常に重要な視点です

©Democracy Now Japan 2012
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3422-18b07539