カンボジアのボッカタオ ムエタイとルーツを同じくするクメールを源流に持つ格闘技 プラダル・セレイ はムエタイと技術体系は変わらず立ち技オンリーですがボッカタオは一応クリンチとテイクダウンが認められグラウンドでのサブミッションも認められてはいます が それで勝敗は決まらないようですね 何故か?













http://cambodianavi.net/column/bokator.html

カンボジアの伝統格闘技・ボッカタオ
カンボジアの伝統格闘技・ボッカタオ(BOKATOR)



ボックは「激しくたたく」、タオは「ライオン」を意味し、ボッカタオは「ライオンを激しくたたく」を意味します。名前の由来は2000年前にライオンが人々の村を襲った時、ある武人が膝の技でライオンを倒したという伝説に由来するといいます。


アンコールワット建造の頃から伝わる武術とされ、かつてはアンコール王国の軍隊で行われていました。

ボッカタオは東南アジアを支配したアンコール王国の強さの源泉と考えられ、12世紀終盤にはアンコール王国の王であるジャヤーヴァルマン7世によって推奨されており、世界遺産アンコールワットにもボッカタオの技が壁画として多く描かれていますので、アンコールワットに訪れる際には探してみても面白いのではないのでしょうか。

当時アンコール王国は東南アジアで最も大きな国で、クメール王国の軍隊は武器がほとんど素手か槍を持っていただけでしたが接近戦になれば、熟練したボッカタオの使い手たちにより、最強を誇りました。現在の中国よりも広大な領地を有し、現タイやベトナムも領土に収めていました。

しかし、クメール王国の衰退と共にボッカタオは衰退していく事となりました。更にその後のフランスによる植民地支配やポル・ポトやクメール・ルージュ時代の弾圧によってボッカタオは一度絶滅します。

ボッカタオがもともとは戦場での戦闘術であったことや、格闘技を習う余裕がある=それなりの富裕層、知識層であったことから殺されたなど様々な理由がありますが、内戦当時はボッカタオを習っていることが当局に分かると殺されました。

この失われつつあった伝統武術の復興を試みたのがサン・キムサンです。

キムサンはポル・ポト時代にタイに亡命し、その後アメリカ合衆国でハプキドーの師範として暮らしていた。しかし彼は度重なる内戦により経済を始め、弱くなったカンボジアという国に見かねて、アメリカで築いた安定も全て捨てて、カンボジアに戻ります。

2001年に帰国し、師範を集めて組織を整備し、2005年にそれまで名前が忘れられていたこのカンボジア武術を「ボッカタオ」と名付けました。

彼の話によると最も辛かったのは、度重なる内戦とポル・ポトの虐殺の傷が癒えないカンボジアの人にとって、ボッカタオを復活させようという動きは暗黒の歴史を思い出させるものでしかなく、再び当局に殺されることになるかもしれないことを恐れて、『私はボッカタオという格闘技なんて知りません』と全員に断られたことだそうです。

しかし、彼は草の根で活動を続け、現在はカンボジアでTVCMにもなっている程ポピュラーになっています。写真はカンボジア国内のエナジー飲料の広告と雑誌の撮影を受けるキムサン氏。



国民の三分の一が殺されたとも言われる虐殺により傷だらけになったカンボジア、

現在は貧しい国に分類されるカンボジア、

かつては東洋のパリとも言われ、最強を誇ったカンボジア。

ボッカタオのテクニックは全てキムサンによる手書きの鉛筆で書かれています、

『この国が最も輝いていた時代の歴史を後世に残す義務がある』と言いながら白いノートに書き続けます。

ボッカタオとはカンボジアの人にとって、格闘技以上のクメール民族の誇りなのかもしれません。

http://www.thaich.net/ume/konnakoto/005a.htm

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!(前編)|ジジイ梅の「こんなことがしたかった!」 2015年9月23日 配信
twitter
Facebook
Google+
Hatena
Pocket
feedly

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!(前編)

君はボッカタオを知っているか?それは、アンコール王朝に発展したというカンボジアの古典格闘技じゃ。クメール語の意味は『獅子を叩く!』だと。格好ええな。

ムエタイのルーツと言われているが、大きな違いがある。ムエタイがルールに乗っ取ったスポーツである一方、ボッカタオは実戦用であること。そのため、多くの格闘技で禁じられている技や特定の場所への攻撃もOKだ。

この伝統の格闘技を現代に復活させたのがサン・キムサン師。彼の経営する道場がシェムリアップにあって、体験入学も出来る。月曜から金曜の午後6~7時、1時間コースでUS$5。1カ月コースもある(US$120)。

出来れば電話して予約した方がいい(012-820-339)。その時、場所を地元の人に詳しく聞いて貰うこと。すごく分かりにくい場所にあるのよ~。

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

一応、町の中心部からの行き方を説明する。

国道6号線を東に向かい、町で一番大きい市場のプサールーを通り過ぎ、右手(南)にスマイリング・ホテルが見えたら、そこのT字路を左折する。そこをバイクかトゥクトゥクで3分くらい行ったら、進行方向左(今度は西側ね)で乗り物を降りる。今度は徒歩で目的の場所を探す。

とぼとぼ歩いていくと、民家に挟まれた小道の先にボッカタオの看板が見える。

で、その看板のある2階建ての家の裏あたりに道場がある!やった~!って、ここに来るまでで疲れてるやん! (次のページへ続く・・・)

次へ

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

次へ

前へ

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

道場の先生の名前はEVENTさん。まず、みんなで合掌をし、準備体操。

手首や足首を回したりするまでは良かったが、太ももをぐるりと回したりすると、バランスが取れずに倒れそうになって、おっとっと状態。ET体型(手足が細いのに腹だけ出てる)のワシには辛い。

その後はスクワット、準備体操なのにもう汗だく。酒飲んでいる訳でもないのに顔が真っ赤になった。

安宿で知り合った大学生の巧樹くんは余裕である。ちっ、若いっていいね!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

次はEVENT先生直々に教わる。

「1日だけだから大切な所を絞って教えてあげよう」と有難い言葉。

両手を構えて、すり足のような進み方を教えてくれるのだが、運動音痴のワシにはこれが難物!

右に進む時、右足を先に出し、左足をその前に持ってくる。今度はその反対・・・ただ、それを繰り返すのだが出来ない!

見かねた先生が、ワシの足を指差して、「この足をファースト、そして・・・」と説明してくれる。幼稚園児みたいじゃ。

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

そして、今度はすり足で後ろ進み!絶対、出来ねえよ!

巧樹くんがスイスイ進んでいく後を、なんだか目茶苦茶な状態で追う。

そしてそして、次はすり足しながらパンチ。え~、とそんなに色んなこと一度に出来ません・・・。

その後、ミット打ち(ワシの優雅な猫パンチの写真を見て欲しい!ミッキー・ロークも真っ青のへなちょこ振りじゃ!)、組み手などを教えてくれた。

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

ここで体験練習は終わったが、続いて、EVENT先生はボッタカオの実戦での凄さを少し見せてくれた。体の急所を少し突くだけで、相手に苦痛を与えることが出来るのじゃ。

ワシにも試しにやってくれたが痛かった…。

最後にまた合掌をし、両手を振り上げ、「ボッタカオ!」と叫んで〆た。

1時間にしてはすごく充実した内容だと思う。ワシは正直時々サボっていたけど・・・。

おしまい

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

カンボジアの伝統武術ボッカタオ道場に行った!

写真撮影協力:藤澤良介

http://bokatorjapan.com/
人間が自然の中で生きていくための手段

ボックは「激しくたたく」、タオは「ライオン」を意味し、ボッカタオは「ライオンを激しくたたく」を意味します。名前の由来は2000年前にライオンが人々の村を襲った時、ある武人が膝の技でライオンを倒したという伝説に由来するといいます。
ボッカタオには竹を尖らせたような武器を使う技があります。その武器を肘に付けて、肘打ちのようにして竹で相手の首を刺します。

これは人間が自然の中で暮らす中で、野生の動物から身を守るために必要であった武器であったようで、カンボジアの遺跡などにはボッカタオを使って動物と戦う壁画なども残っています。

524913_229610717142138_404405274_n
古代インドネシア半島を恐怖に陥れたクメールの覇者に愛される

時は流れ802年にクメール民族による現在のカンボジアの元となるアンコール王国が生まれます。

12世紀末、クメールの覇者と呼ばれ、アンコール・トムを建設したことでも有名なジャヤーヴァルマン7世の時代に最盛期を迎え、現在のタイ東北部、ラオス、及びベトナムのそれぞれの一部をも領有していました。

ボッカタオはジャヤーヴァルマン7世によって軍隊に推奨されており、ボッカタオは東南アジアを支配したアンコール王国の強さの源泉と考えられています。

アンコール王国の軍隊は武器がほとんど素手か槍を持っていただけでしたが、接近戦になれば、熟練したボッカタオの使い手たちにより、めっぽう強かったという史実も残っています。

世界遺産アンコール遺跡群にもボッカタオの技が壁画として多く描かれていますので、訪れる際には探してみても面白いのではないのでしょうか。

299725_116783781840673_1408912376_n
この国の栄光と共にするかのように

しかし、クメール王国の衰退と共に、ボッカタオは衰退していく事となりました。
更にその後のフランスによる植民地支配やポル・ポトやクメール・ルージュ時代の弾圧によってボッカタオは一度絶滅します。

ボッカタオがもともとは戦場での戦闘術であったことや、格闘技を習う余裕がある=富裕層、知識層であったことから殺されたなど様々な理由がありますが、内戦当時はボッカタオを習っていることが当局に分かると殺されました。

この失われつつあった伝統武術の復興を試みたのがサン・キムサンです。
『弱くなった自分の祖国カンボジアを見ていられなかった』

キムサン氏はポル・ポト時代にタイに亡命し、その後アメリカ合衆国に渡り、ハプキドーの師範として暮らしていました。しかし彼は長く続いた内戦により経済を始め、弱くなっていたカンボジアという国に伝統を復活させるため、アメリカで0から築いた全てを捨てて、カンボジアに戻ります。

2001年に帰国し、師範を集めて組織を整備し、2005年にそれまで名前が忘れられていたこのカンボジア武術を「ボッカタオ」と名付けました。

master with student
一度途絶えた伝統はボッカタオという伝説に名前を変える

マスターは国内の名人を訪ね歩き指導を請い、支部の立ち上げに奔走する傍らで、普及の為の執筆、プロモーション活動などすべてを一人で行いました。

彼の話によると最も辛かったのは、度重なる内戦とポル・ポトの虐殺の傷が癒えないカンボジアの人にとって、ボッカタオを復活させようという動きは暗黒の歴史を思い出させるものでしかなく、再び当局に殺されることになるかもしれないことを恐れて、『私はボッカタオという格闘技なんて知りません』と全員に断られたことだそうです。

しかし彼は『この国が最も輝いていた時代の歴史を後世に残す義務がある。』という思いから、粘り強く活動を続け、競技人口も増え、国内大会も開催されるまでになりました。

彼はアメリカに亡命しているときにTV番組のディレクターなども務めていた経験も持ち、カンボジアの政府の大臣にも彼のことを兄弟のように慕うほどの人脈を持っています。

その状況を見て、『あなたはなぜビジネスの分野に進まなかったのか?』と聞いた人がいました。

『ビジネスの分野に進出するのはボッカタオをもっと広めてからにしようと考えていたんだけど。私も68歳だからもうその夢は叶わないかもね。』

続けて、『でも自分のやっていることに誇りは持っている。ボッカタオはこの国の歴史だ。だから自分はトップでもCEOでも何でもない、カンボジア人みんなのものだから。
私はただみんなのマスターっていうことだけだよ。』と答えていました。

マスターTV 撮影

写真はTV撮影を受けるマスター。
マスターの活動が実り、現在は10個の州で20個の教室にまで広がり、競技人口は3000人を越え、TVCMにもなっている程に国民にもポピュラーな存在になっています。
彼が追い求めたアンコール王国の美しい残像が静かに蘇りつつあります。

http://vn38arts.blog.shinobi.jp/vs%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AA/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E6%AD%A6%E8%A1%93%E3%80%81%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%81%AB%E6%8C%91%E6%88%A6%EF%BC%81

カンボジアの伝統武術、ボッカタオに挑戦!


その日、俺は最高に運がよかった

いや、運だけではない

俺の格闘技に対する情熱がこの出会いを呼び込んだのだ

この旅の中で、俺はとにかく出会った人全てと言っていいほどに「この辺りで格闘技の練習をしているところはないか」と聞きまくった。

タクシーの運転手、屋台のおばちゃん、ゲストハウスのフロント、その辺でたまたま会話を交わした人....



そして彼に出会った。

ナイジェリアからやってきた謎の男、ジョンである。

かつて空手を習っていたという彼は、俺がブラックベルトだと告白すると、なんだか凄いテンションになった。

そして彼はなんと、このシェムリアップでカンボジアの武術「ボッカタオ」を学んでいると言う。

幸運だった。ジョンは、ボッカタオのマスターに俺のことを紹介してくれると約束してくれた。次の日、彼と待ち合わせをして道場に向かう。



"ボッカタオ"

この名前を知っている人は少ないだろう。

知っていたら相当の格闘技マニアか変態である。

クメール王国の軍隊が使っていたとされる武術で、アンコールワットの壁画にも描かれているが知名度は低い。

ポル・ポトの弾圧により使い手の多くは処刑され、衰退の一途をたどっていたのだ。

一度は失われかけたこの伝統武術を、現代に蘇らせた人物こそが、これから向かう道場のマスター・キムサン先生だ。


それにしてもジョンはなかなかの男である。
自転車に乗って出発したのだが、彼はバイクと並走するようにへっちゃらで車道を走る。
そして車が車線変更をするようなノリで、後ろから走ってくる車の前をウロチョロしながら、前から走ってくる車に正面から向かって行くように、道路を横断するのだ。

「ひぃぃぃ!!!!おいおい頭おかしいだろあんた死にてぇのか!」

残念ながら俺の心の声が彼に届くことはない。



暴走する彼の後ろにひっついて、なんとか目的地に到着する。
未知の格闘技に触れ合える幸福。この時、俺の脳からは変な汁がドバドバ出ていた。

挨拶を済ませ、練習に混ざる。

ジョンは、「こっちだ」「彼がマスターだ。こっちは日本からやってきたシン。」「これ、写真に撮りなよ」「(勝手に道具を持ち出して)さぁ、準備運動にまずはこれ」などと、周りの屈強なボッカタオの戦士達をよそに、自由に振舞っていた。

190cmはあろうかという長身と、黒い肌を持つジョンは、道場内でも異質なオーラを放っていた。


空手家の挑戦、第二章が今始まる!

つづく

http://vn38arts.blog.shinobi.jp/vs%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AA/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E6%AD%A6%E8%A1%93%E3%80%81%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%81%AB%E6%8C%91%E6%88%A6%E3%80%80-%E5%BE%8C%E7%B7%A8-

カンボジアの伝統武術、ボッカタオに挑戦 -後編-


前回の続きです。

謎のナイジェリア人、ジョンに連れ
られてやってきたボッカタオのジムなのだが、なかなか歓迎ムード。

アットホームな印象を受ける。

マスター・キムサンに挨拶をした後は、すぐに練習に混ざる。



カンボジアの格闘技といえば、プラダルセレイが有名だ。

立ち技系格闘技で、パンチやキック、肘、膝、投げなどを駆使して戦う。

プロがあり、プラダルセレイの選手たちは家族を養うために戦っている。そしてもちろん賭けの対象だ。

うん、ムエタイにとても近い。むしろ違いがわからない。


キックボクシングという競技は、ムエタイをヒントに日本で生まれた。

立ち技系格闘技で最強といえば、まずムエタイの名前が上がるだろう。

グラップラー刃牙では散々な目に合っているが、その技術は洗練されていて美しさすら感じる。さらに、本当の意味で"生きる為"に戦う彼らの練習量は、並のものではない。



その人気の影に隠れたプラダルセレイ...おいたわしや。






さて、実際に体験してみた感想だが、ボッカタオは競技として完成されたムエタイやプラダルセレイとは全く違う路線を走っている。

↑技術指導するキムサン


型稽古や約束組手が存在し、どこか空手に近いと感じる。


↑型稽古

ただ、日本の武道に存在する理合いという概念が乏しく、身体能力に任せた半ば強引な技が多い印象を受けた。

↑相手の太ももを踏み台に駆け上がり、肘を見舞う。

これはスポーツとしての格闘技ではなく、まさしく武道だ。


試合間隔が短い本場タイのムエタイ選手は、怪我のリスクからスパーリングというものを殆どしないのは有名な話だが、ボッカタオでは対人組手を多く取り入れている。
ボッカタオの組手は、手で自らの体を打ち音を出しながら、まるで舞踊のように激しくリズムをとり戦う。




前蹴りは基本的にどの格闘技でも足の甲を地面と平行にして、指先を持ち上げ、指の付け根(空手では上足底と呼ぶ)で蹴るものだが、ボッカタオでは踵を押し付けるような前蹴りが存在する。

また、ボッカタオの戦士は蹴りの軌道を空中で内側に変え、回し蹴りから対角線上の膝関節への踏み蹴りをしてみせた。


セオリーから外れた、自分の中の常識にない技の数々。


ちょいちょい、人の関節そんな方向に曲がらないって!!....などと心の中で叫んでみたりもした。


ただ、蹴りの威力と精度でいったら、俺はその場の誰にも負けていなかったと自負している。

写真もパシャパシャ撮られた。

空手とボッカタオの技術交流が生まれた瞬間である!!



3時間に渡る稽古。楽しい時間はあっという間に過ぎる。

もう2、3日通いたかったが、次の予定の為にシェムリアップの町を去らなければならなかった。

マスター・キムサンに別れを告げ、帰路につく。



ボッカタオのジムから帰るとき、なにやらジョンが手頃な石を自転車のカゴへ入れだした。

理由を聞くと

「この辺りは野良犬がめちゃくちゃ多いからね!いざとなったらコイツで...こうするのさ!」

と、石で殴りつける真似をした。




....最後までこいつはぶっ飛んでいた。




その夜、ジョンと一緒にディナー。

ジョンはなぜか異常に顔が広く、道端でいろんな人とハイタッチを交わしていた。

そして、ディナーのメンバーに中国人とドイツ人が加わる。



この俺の隣のドイツ人がやたら格闘技に詳しい!!
普通カリ(フィリピンの格闘技)とかシラット(インドネシアの格闘技)とかシステマ(ロシアの格闘技)とか知ってるか?
俺と同じレベルで格闘技の話ができる外国人にこんな形で出会うとは。

ほんで、向かいに座っている中国人にこれから中国も行くつもりだと伝えると、なにやら色々教えてくれた...のだが、何を言ってるかよくわかんなかった。

短いけれど楽しかったなぁカンボジア!

料理は辛くないタイ料理って感じでとても美味しかったし、あと美男美女が多い!

格闘技ばっかの記事で何の参考にもならないと思うけど、とっても良い所でした☆

ぜひ、旅行の候補に!
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3379-ae42615d