俺が未だに木村政彦は力道山シンパのCIAに薬でも盛られたんじゃねーのか?と疑ってかかっている根拠の一つがコレ 実際問題桜庭vs秋山のヌルヌル事件については各メディアは触れていてもメリケンサックについては一切触れないしね ドロップキックですらタブー視しているようだし


Renzo Gracie vs. Sanae Kikuta - Pride FC 2 投稿者 mmalife

http://sadironman.seesaa.net/article/406490823.html

ヘンゾ・グレイシー「PRIDEでは酷い目に遭ったことがある」

PRIDEはもう忘れろ!―新時代格闘技のミカタ (kamipro books)
PRIDEはもう忘れろ!―新時代格闘技のミカタ (kamipro books)

Renzo Gracie says PRIDE promoters sabotaged him before Sanae Kikuta fight(MMAFighting)

 ヘンゾ・グレイシーが1998年3月のPRIDE.2で行われた菊田早苗戦での出来事について以下のコメント。なお、試合は10分無制限ラウンド(!)で行われヘンゾが6ラウンド0分43秒ギロチンチョークで勝利しています。


「俺は睡眠時間が短い。2時間半眠れば十分だし、それで仕事をしたり考えたり本を読んだり何でもできる。2時間半で100%だし、4時間でも寝過ぎだと感じてしまう。ところがあの時は18時間も眠ってしまった。ドアをノックする音で目が覚めたのにベッドから出ることができなかった。これまでであんな睡眠は初めてだった。PRIDEのプロモーターが水に何かを仕込んだんだよ。だが翌日は調子が良かったので結果オーライだったかもしれないけどな。俺はその件について彼らを問い詰めたが『ありえない』と言われた。だが彼らはその気になれば何でもできたはずだ。当時の日本はそんな感じだったよ。リングスという団体があったが、リングスのオーナーが立ち上がって『いや、勝ったのはこっちの方だ』と叫んで日本人の方を指差せば、そっちの勝ちになってしまう。それが俺が今でも言ってることの根拠になっている」


 また、2002年6月のPRIDE.21で大山峻護に判定負けした件について以下のコメント。


「彼らは彼を勝たせた。試合が俺が優勢だったにも関わらず、彼らは俺が彼にツバを吐いて侮辱したからという理由で負けにされた。だがそんなことはルールにも書かれてなかった。それだけ黎明期はどの団体もやりたい放題だったんだ」
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3377-c23912b6