探偵(ホームズ)も、怪盗(ルパン)も…物語から検証する、世界への日本武道普及





http://togetter.com/li/635620


学問・教養
































































 歴史















編集可能


探偵(ホームズ)も、怪盗(ルパン)も…物語から検証する、世界への日本武道普及
日本武道…柔道や柔術が嘉納治五郎、前田光世、谷幸雄などによって幕末・明治から西洋に関心を持たれ、広まっていったことは有名です。
面白いことに、後に永遠のライバルとなるシャーロック・ホームズ、アルセーヌ・ルパンが共に「日本武道の使い手」と設定されたり、映画や戯曲でも「東洋武術のチョップで主人公が失神、ピンチ!」「あの男は東洋の武道家と闘って…」という描写がされたり・・・
そんな大衆娯楽の描写をた続きを読む

柔術 小説 技 ミステリー アルセーヌ・ルパン 武道 創作論 映画 シャーロック・ホームズ 柔道 タグを編集

gryphonjapan 8926view 4コメント 86
27
3
お気に入り


ne_taro akagote kazi_hac yas_mal secilia2010 Ebi_floridus tyousanrisi kagesita mogerico godspeedtetsuma sezmar opinel432 b_miyazaki __oMo__ iwanaga57577 star_orihime tanabematauemon h_rokuyou psl23609900
30



ツイート

86













まとめ

メニュー
























tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-23 11:02:33
1915.2.14 三宅太郎が柔術を語る
http://t.co/6To5sOnrDG
1922.3.22 三宅太郎 対 T・タイ
http://t.co/B1f2SM9Prb
ホームページを更新しました。1922年に三宅太郎がチョップを使用した試合の記事を見つけました。






tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-23 11:07:13
@Leo_thunderbolt @baritsu @gryphonjapan
Morning Oregonian. March 23, 1922
http://t.co/ywluj22Yo8
三宅太郎がテッド・タイにチョップ(手の縁による打撃)を。柔術レスリング混合戦。






Morning Oregonian. (Portland, Or.) 1861-1937, March 23, 1922, Page 15, Image 15




Morning Oregonian. (Portland, Or.) 1861-1937, March 23, 1922, Page 15, Image 15, brought to you by University of Oregon Libraries; Eugene, OR, and the National Digital Newspaper Program.



ちていのき @baritsu 2014-02-23 17:54:02
手刀で神経中枢を撃ってパラライズ、という表現がカッコいいですね。キャプテン・フューチャーのスーパー柔術みたいw RT @tentaQ4: @Leo_thunderbolt @gryphonjapan 三宅太郎がテッド・タイにチョップ(手の縁による打撃)を。柔術レスリング混合戦。





※以前のまとめ記事。ある意味、そこから話題が続いている・・・と考えてください。

「チョップ」という技の起源・歴史研究 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/533836

チョップは何の武術が由来か?英語として定着したのは?日本に逆輸入されたのは? 映画などで「チョップで相手を失神させて…」というパターンが生まれたのはいつ?

といった話題を語っています。



ちていのき @baritsu 2014-02-23 18:49:30
しかし谷幸雄と鹿雄、虎男、あと半田弥太郎にかんしては、いつもモヤモヤが残る。なんか決定打が出てこないかなぁ






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-24 11:48:58
@tentaQ4 @baritsu @gryphonjapan おぉっ、ありがとうございます。
今度追記の形で載っけさせて頂きます。
遂に三宅のソースが付いたかぁ。予想通りやはり延髄部分を打っていた模様ですねぇ。






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-24 11:56:50
@baritsu @tentaQ4 @gryphonjapan つまりは延髄を打って気絶させる、というフィクションのお約束に近い事がプロレスで行われていたという事ですよねぇ。
フィクションのコレはプロレスがルーツなのかなぁ。






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-24 12:35:48
【調査】空手チョップ! 空手チョップ!! 前編
http://t.co/Kofs8Lxv7c
ラバーメン樋上の1920年代から日系レスラーがチョップを使っていたという話が正しかったw






ちていのき @baritsu 2014-02-24 19:19:13
ストーリーのある最初のアメリカ映画とも言われる「大列車強盗」(1903)ですけど、冒頭で事務員を後から拳銃で殴って気絶させてます。フィクションとなるとまた大変そうですねw RT @Leo_thunderbolt: @tentaQ4 @gryphonjapan






ちていのき @baritsu 2014-02-24 19:20:27
これ35秒くらいです http://t.co/v44GQgVCVj  RT @Leo_thunderbolt: @tentaQ4 @gryphonjapan フィクションのお約束に近い事がプロレスで行われていたという事ですよねぇ。フィクションのコレはプロレスがルーツなのかなぁ。








gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-24 20:16:51
振り返ると昨年11月ごろ「チョップ」研究から発展し「相手を一時的に気絶させる」技はご都合主義的にお話に出てくるが、その起源は?」という雑談をしたのだっけ。http://t.co/1iXgA8iwGx(の後半) @baritsu @Leo_thunderbolt @tentaQ4






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-25 13:24:18
@gryphonjapan @baritsu @tentaQ4 そう言えば以前雑談しましたねぇw





【コピーして過去のやり取りを紹介】

gryphonjapan @gryphonjapan
ここから発展し一寸興味があるのが、映画や小説、漫画で「一時的に気絶させる(生かして拉致/仲間を危険な場所から遠ざける など)」のご都合主義的なガジェットとして「東洋の神秘のチョップ→気絶」があったのでは?と。古い映画調べると気が遠くなるな… @Leo_thunderbolt

Leo (「拳の眼」管理人)@Leo_thunderbolt
@gryphonjapan 戦前だと探偵物の映画にチラホラあった様な。戦後だと、「日本人の勲章」という日系人を扱ったアメリカ映画で片手が不自由な主人公が冒頭でチョップを使ってた、というのは今回の調査で知りましたがw

gryphonjapan @gryphonjapan
銃の台尻で殴る、もありまして、いかに物語で、都合のいいときにある人物を「気絶」させられると都合がいいかでしょうね。で、いまリアリティが求められる昨今、これは「フロントチョークをしかけるようにすればいい」、というのが小生長年の持論(続く)。@Leo_thunderbolt

gryphonjapan @gryphonjapan
(続き)「逃げろ!」「あたしも戦うわ!」「相手は魔王だぞ!」「絶対にイヤよ!」「ごめん、今度の敵は今までと違う。君を危険にさらしたくないんだ…」と、ここで従来の「首にチョップ」から「首に飛びつきフロントチョーク」。演技指導、北岡悟(笑) @Leo_thunderbolt

我乱堂@SagamiNoriaki
そういえば男塾の虎丸は猛虎流なる拳法を使うという設定で、驚邏大四凶殺では桃太郎に不意打ちでチョップいれて気絶させてるけど、大威震八連制覇では「猛虎流?聞いたことがない」と言われて「俺が作ったんだから」と答えてる…まあ、男塾ではよくある話ではあるが…。

gryphonjapan @gryphonjapan
ぼくの覚えてる「気絶させる」名場面はエリア88。アフリカ某国の王子キム(戦場に行くのが部族的慣習のため傭兵に)が行く予定だった危険な任務に、いつも彼に憎まれ口を叩く「ベトナムの人喰い虎」グエンがキムをKOし「あいつは気分が悪いとよ、俺が代わる!」 @SagamiNoriaki

gryphonjapan @gryphonjapan
あったあった、エリア88における「その子をかばうために一時的に失神させ安全な場所に…」の典型パターン。でも、これで頭蓋骨にヒビ入れたりしたらまずいよね、と(笑) @Leo_thunderbolt @SagamiNoriaki



gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 03:08:36
再掲載 ぼくが覚えてる「味方を気絶させる」パターンの一例。
(新谷かおる「エリア88」) http://t.co/eXTKtvwQTI








ちていのき @baritsu 2014-02-24 20:39:02
起源と言うことで19末~20初頭の小説まで捜索するとなると気が遠くw RT @gryphonjapan: 「相手を一時的に気絶させる」技はご都合主義的にお話に出てくるが、その起源は?」という雑談をしたのだっけ。 @Leo_thunderbolt @tentaQ4






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-24 20:46:05
いま思えばシャーロック・ホームズ「最後の挨拶」に、クロロホルムという便利な新兵器を使っての気絶→拉致の記述が登場していたのだな(あんなふーに一瞬で気絶はしないそうですが)。 @baritsu @Leo_thunderbolt @tentaQ4






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 19:11:31
その後、多くのフィクションに登場した「クロロフォルムで一瞬の内に相手を眠らせ拉致」はホームズ最後の物語「最後の挨拶」に登場。
本当に出来るかどうかは…まあ言わぬが花(笑)。
しかし「首に手刀」とか「みぞおちに一撃」だって難しいよね? http://t.co/o0aghXUdTj








gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 19:12:29
“【実用養蜂便覧】。彼がこの奇妙で場違いな書名を睨みつけていたのはほんの一瞬だった。次の瞬間、彼は首の後ろをしっかりとつかまれ、もだえる顔の正面にクロロホルムを浸したスポンジが…” / “最後の挨拶 Page. 6” http://t.co/9fr32VLyVp






最後の挨拶 Page. 6


最後の挨拶 Page. 6:探偵を引退し、静かに養蜂業をいとなんでいたホームズに再び事件が依頼される&。第一次世界大戦前夜の緊迫したヨーロッパ情勢を背景に国際的スパイと対決するホームズの運命とは&



tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-25 03:02:37
@gryphonjapan @baritsu @Leo_thunderbolt
フィクションなら、ホームズに続く柔術の使い手はルパン?
スリムじゃない生活 ルパン:柔術
http://t.co/uzX0hcb35N
後頭部ではありませんが、頚動脈への打撃で敵を失神させています。






ルパン:柔術: スリムじゃない生活



tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-25 03:07:51
@gryphonjapan @baritsu @Leo_thunderbolt
原文はこちら(真ん中の絵の右上から左下にかけて)。
Je sais tout 1906/02/15 “Le Mysterieux voyageur”
http://t.co/NVhQ86ZGQt.






ちていのき @baritsu 2014-02-24 20:35:03
サバットの技はアバッシュに有効ではあったが、アバッシュ達もサバットを知っているのが問題だった。柔術が紹介されるとサバットとのハイブリッドで対アバッシュに新しい武器ができた、と。  http://t.co/1VFUETXhWo








ちていのき @baritsu 2014-02-25 02:57:53
イラストレイテッド・ポリス・ニュースというタブロイドの記事を探して眺めてるけど、なかなか面白い。これは「黒人の切り裂きジャック」森の中で若い女性が惨殺されたが、抵抗して引きちぎった犯人のシャツの袖が証拠になったと  http://t.co/hUHkFdi5pN








ちていのき @baritsu 2014-02-25 03:03:13
ナイフ投げ芸の失敗、尼さんの決闘 どっかちゃんと見れるライブラリーないかしら  http://t.co/Be7M5queT5  http://t.co/XQuITCGMNK








ちていのき @baritsu 2014-02-25 03:26:25
ホームズはバリツですから、「柔術」の有名どころとしてはルパンが最初と言ってもいいかもですね  RT @tentaQ4: @gryphonjapan @Leo_thunderbolt フィクションなら、ホームズに続く柔術の使い手はルパン





【緊急一般向け補足】
シャーロック・ホームズの「バリツ」の正体は?



gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 18:42:12
【緊急補足】望外の好評をいただいているtogetterまとめ
http://t.co/sPa6ZPuhLlですが、「バリツが何なのかそこでは誰も語ってないけど、既に界隈では常識なんですか」と聞かれた(笑)。
そうだ、自分だって知ったのは最近。補足しなければ(続く)






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 18:44:49
続き
ホームズが宿敵モリアーティとの一騎打ちに勝利し、大滝への抱き合い心中をもくろんだ博士を寸前でかわしたのは日本の「バリツ」。20年ー30年前のシャーロック・ホームズ本では「この『バリツ』の正体は謎だが…」と書かれていて、その記憶がある人もいるかもです。(続き)






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 18:46:54
(続き)しかし、多くの人々の研究の末、2014年の現在、すでに「ホームズが学んだ”バリツ”」の正体は既に判明している!と宣言していいと思います!(パチパチ)
結論は「バーティス」。
http://t.co/5ChXKM4ZdT http://t.co/ptta74eF1s






柔道か柔術か(8) バーティツについて: 翻訳blog



バリツ - Wikipedia



gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 18:51:17
もちろん反対論もありますが、論拠は「最後の事件は1891年で、バーティツ創生は1900年だ」という設定厨の言いぐさぐらい(笑)
じゃあ、「ガラスの仮面」の物語設定は何年だ!その時代に携帯電話はあったかっ!…の類です。
まあ、そこをこじつけるのが遊びとしてのシャーロキアンですが。






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 18:59:11
漫画「シャーロキアン!」2巻より、池田邦彦。
この漫画は我々「だけ」に面白いというもので(笑)…だが、はたから見させられると「つくりごとをこんなにまじめに考えなくても」…と、我に返ることも時々ある(笑) http://t.co/Ck56GaK92m








gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 18:53:19
ただ、ホームズのバリツとはこういうものである…という正解は正解の上で、謎としてみんなが推理した時代があったことを、逆に今は記録しておきたい。

■ホームズが学んだ武道「バリツ」が謎だった時代…があった。
http://t.co/sEj7kSdocb






ホームズが学んだ武道「バリツ」が謎だった時代&があった(日曜民俗学)。 - 見えない道場本舗


&永田はグレイシーの2人をリングに呼び込むと、英語と日本語でドームでの対戦を要求。そこに桜庭もアピー..



我乱堂 @SagamiNoriaki 2014-02-28 21:46:40
ちなみにバーティツの原型になった流派は「神伝不動流」というらしい。これは十年ほど前に海外のバリツフォーラムで明らかになって、確か英語版のwikiにも記載されているとかなんとか…この不動流に関してはまた色々とあったんだけど。






我乱堂 @SagamiNoriaki 2014-02-28 21:49:37
↓の記事での@baritsuさんとのやりとりは、十年ほど前の格闘技の歴史スレでのやりとりが前提にあって、私はこのバーティツの情報をこの人から教えてもらったのだった。






我乱堂 @SagamiNoriaki 2014-02-28 22:01:17
バーティツのバートン氏は、神戸で神伝不動流を矢田という人に学んだとか…矢田おんせいさいという人がその矢田先生の師匠だかになるけど、京都で代々伝わってた技を神伝不動流としたとかそんな話…だったのだけど、厄介なことに初見先生や川上先生という「最後の忍者」たちもやってる流派なのだった…






我乱堂 @SagamiNoriaki 2014-02-28 22:02:51
続き)なんで忍者と縁があるのか、名前だけ同じの別の流派なのかとか少し悩んでたけど、@inuchochinさんに伺ったところによると、元々滋賀県の流派だったのを矢田おんせいさいが自分ところの流派だといったものらしい…滋賀県は甲賀…つまり、そういうことだった、という話






我乱堂 @SagamiNoriaki 2014-02-28 22:03:24
この話は何度もツイートしているので古武術クラスタの人はみんな知ってると思うのだけど、まあなんとなく。






tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-25 03:37:06
@baritsu @gryphonjapan @Leo_thunderbolt 1906年はかなり早いです。
「スリムじゃない生活」さんのその前の記事「ルパン:サヴァット」にある「日本式武術の一撃」のほうが有望かもしれません。






ちていのき @baritsu 2014-02-25 04:12:32
06年だとレニェが試合したり、パリ警察が導入したりとフランスで一番話題になった時期ですからルブランも飛びついたんでしょうかね。この点ではドイルと同じかw  RT @tentaQ4: @gryphonjapan @Leo_thunderbolt 1906年はかなり早いです。






ちていのき @baritsu 2014-02-25 04:42:49
The Idler というイギリスの雑誌の記事「Japanese Fighting」から柔術の挿絵。これ1892年(明25)の記事っぽいのだが、中で柔道もかなり正確に紹介されてて十段まであるが誰もここに至ったものはいないとか書いてあるhttp://t.co/CuRVXFJ836








ちていのき @baritsu 2014-02-25 04:45:34
ちなみに「四つの拳で戦う」という題でサバットの記事もある。イラストがすごくモダンだ  http://t.co/knraDhvlZg  http://t.co/iDx3HZHtG2








Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-25 13:29:59
@baritsu @tentaQ4 @gryphonjapan 柔術のフィクションとしての初出はいつでしょうねぇ。
1850年代のジャパンブームの時にも相撲とか紹介されてましたし、黒船の水兵VS力士という異種格闘技戦もありましたが、柔術はもう少し後かな…。






ちていのき @baritsu 2014-02-25 18:24:56
ウェブスターだと初出は1875、OEDは1891らしいので、間を取って1885年頃が狙い目かもですw RT @Leo_thunderbolt: @tentaQ4 @gryphonjapan 柔術のフィクションとしての初出はいつでしょうねぇ。 1850年代のジャパンブーム






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-25 18:43:30
そうか辞書に採録された年代から普及を逆算できるのか。 @baritsu @Leo_thunderbolt @tentaQ4  (柔術は)ウェブスターだと初出は1875、OEDは1891らしいので、間を取って1885年頃が狙い目かもですw






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-25 18:53:12
ルパンやホームズの後ですがB・ショーの1905年の戯曲では、登場人物の強さ自慢として「日本人に勝った」でなく「日本人と17分も闘った」と描写されてたそうですね。
http://t.co/qYzDacv5jG
@baritsu @Leo_thunderbolt @tentaQ4



柔道か柔術か(12): 翻訳blog



gryphonjapan @gryphonjapan 2014-03-03 02:07:08
「ボールズポンドのトッジャー・フェアマイルっていうんだ。ミュージックホールで20ポンドせしめたんだぞ。日本人のレスラーと17分4秒も戦ったんだぞ。」

…(略)…口論は続くが、
「日本人のレスラーと17分4秒も戦った」男の話を持ち出されて乱暴者はすっかりおとなしくなってしまう。






ちていのき @baritsu 2014-02-25 19:28:33
もう少し下りますけどチャタレイ夫人のローレンスの「恋する女たち」1916年執筆にも教える場面が出てきますね 「Then we'll try jiu-jitsu」  RT @gryphonjapan: B・ショーの1905年の @Leo_thunderbolt @tentaQ4






tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-26 00:30:21
@Leo_thunderbolt @baritsu @gryphonjapan
スリムじゃない生活 腕ひしぎ(その1) - アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)
http://t.co/9sC88sQ7Xr
「腕ひしぎ(その5)」まで至る力作。ルパンの柔術について調べてられます






腕ひしぎ(その1) - アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3): スリムじゃない生活



腕ひしぎ(その2): スリムじゃない生活



gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-26 08:01:42
面白い記事ですね。漫画「怪盗ルパン伝アバンチュリエ」の森田崇氏@TAK_MORITA にもリプライでお知らせしておこう
 QT @tentaQ4 スリムじゃない生活『腕ひしぎ(1 ~5)』 http://t.co/jPs6gSps7v  力作。ルパンの柔術について調べてられます






森田崇@アバン奇巌城下巻発売中 @TAK_MORITA 2014-03-02 00:40:10
@gryphonjapan @tentaQ4 @Leo_thunderbolt @baritsu ここ書く前に、「スリムじゃない生活」の方も参考にさせて頂きました~(^^)。






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-26 08:05:49
“『「全く平然と我々の間接をひねりにヨーロッパにやてくる日本人」を皮肉り、ギリシャローマ時代から二千年学んできた正統な格闘技が今や東洋の怪しげな技によってねじ伏せられようとしている、と憤慨…』” / “腕ひしぎ(その2): スリム…” http://t.co/oDdPu90ILE






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 02:41:15
【参考画像】森田崇(@TAK_MORITA )氏の漫画版アルセーヌ・ルパン「アバンチュリエ」1巻より。創元文庫の小説でも「ウデヒシギ」言ってるのね。 @tentaQ4 @Leo_thunderbolt @baritsu http://t.co/PApdvmqbah








gryphonjapan @gryphonjapan 2014-03-03 02:10:12
創元じゃなくてハヤカワ(平岡敦訳)だったわ。 「しびれた右腕が、だらりとたれさがっている。『警視庁で柔道を習っていればわかっただろうけど、これは日本語でウデヒシギっていうんだ…略…もう少しであなたの腕を折ってしまうところでしたよ』」 http://t.co/wlqmX8u6U0








tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-26 00:37:02
http://t.co/kgRQeHflza.
… Lupin, egalement, le professeur de lutte japonaise qui s’etablit a Paris bien avant qu’on ne parlat du jiu-jitsu.






tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-26 00:41:15
http://t.co/HD92t8exgG.
Si l’on vous apprenait le jiu-jitsu au quai des Orfevres…vous sauriez que ce coup s’appelle udi-shi-ghi en japonais.






tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-26 00:45:39
以上、Je sais tout 1906/01/15“La Vie extraordinaire d’Arsene Lupin”より。
「カリオストロ伯爵夫人」でルパンが使った「日本式の技」がどういうものか、残念ながら作者のモーリス・ルブランは具体的には書いていませんでした。






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 20:02:22
そうだ、これも前提的に省略してた。まさにホームズやルパンを「格闘家」と捉えその闘いを描く「シャーロック・ホームズの決闘」 伊吹秀明
http://t.co/ydpytNj60h
「…ホームズは、日本の格闘技バリツを身につけていたために助かった。宿敵5人を相手に繰り広げるバリツ…」






Amazon.co.jp: シャーロック・ホームズの決闘: 伊吹 秀明: 本


Amazon.co.jp: シャーロック・ホームズの決闘: 伊吹 秀明: 本



Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-26 12:42:50
@tentaQ4 @baritsu @gryphonjapan しかし、世界に名だたる探偵と怪盗がいずれも日本発祥の武術をマスターしていたというのは面白いですよねぇ。
1858年頃に西洋で日本が広く紹介され、19世紀後半になると広まり始めた、というのは時流もあったんでしょうけど。






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-26 12:45:08
@baritsu @gryphonjapan @tentaQ4 小泉八雲の「東の国から」が1895年ですから、これも海外に影響を与えたんですかね。






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-26 12:50:53
以前「海を渡った柔術士、東勝熊 前編(1904年)」http://t.co/UF8pTnKz8Fを書いた時は、20世紀初頭の柔術の広がりを日露戦争辺りに絡めてみたけど、体育に関する認識の向上ってのが一番大きいのかな。
「都会の子はもやしっ子」的な議論もあったみたいだしw






ちていのき @baritsu 2014-02-26 17:16:33
ジャポニズムの下地に加え、女性参政権、都市化による犯罪増加、大衆小説の普及、体育観の確立…と柔術に関しては複数の需要、時流がドンピシャでしたね RT @Leo_thunderbolt: @tentaQ4 @gryphonjapan 時流もあったんでしょうけど。






ちていのき @baritsu 2014-02-26 18:08:59
嘉納は「たかが2、3年やったくらいで」と言われたけど、近代における武術に関してビジョンを持ってて、それは大家達には無いモノでしたね。これは「武術論」だけど技術でも同様の事はあるかと RT @shieldno: 知的要素の方が重要な気がしなくもないな。






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-26 19:19:01
@baritsu @tentaQ4 @gryphonjapan 確かに女性の護身というのは柔術の割と初期からアピールされてましたね。日本では体育を導入しているからロシアに勝ったのだ、的な記事もあったし。
この辺りはNHKで5夜連続放送してもいいくらい面白いと思いますw






Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-26 19:22:39
yawara―知られざる日本柔術の世界 http://t.co/fOOI4dGfuu @さんから






Amazon.co.jp: yawara―知られざる日本柔術の世界: 山田 実: 本


Amazon.co.jp: yawara―知られざる日本柔術の世界: 山田 実: 本



Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt 2014-02-26 19:23:17
海を渡った柔術と柔道―日本武道のダイナミズム http://t.co/PQT75vXE9r @さんから






Amazon.co.jp: 海を渡った柔術と柔道―日本武道のダイナミズム: 古賀 徹, 高木 勇夫, 市場 俊之, 松井 良明, 磯 直樹, 坂上 康博: 本


Amazon.co.jp: 海を渡った柔術と柔道―日本武道のダイナミズム: 古賀 徹, 高木 勇夫, 市場 俊之, 松井 良明, 磯 直樹, 坂上 康博: 本



tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-27 00:52:50
Ju Jitsu, The Japanese Arts of Self Defence - W.H. Garrud 1928
http://t.co/mX8fx7SENv
このファイルの19頁目 “THE FOOT-ON-CHEST ARMLOCK” の章をご覧下さい。(続く)






Ju Jitsu, The Japanese Arts of Self Defence - W.H. Garrud 1928




Professor W.H. GARRUD: Founder of the British and Dominions Ju-Jitsu League



tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-27 00:57:53
(続き)谷幸雄や上西貞一の弟子だと言う筆者は、舞台でルパン役を演じる俳優のために柔術技を教えた由。俳優の娘は小説「レベッカ」の作者ダフネ・デュ・モーリア。
Sir Gerald Du Maurier as ‘Arsene Lupin’
http://t.co/FThJxX4Bvy






National Portrait Gallery - Portrait - NPG x19823; Sir Gerald Du Maurier as 'Arsène Lupin'



tentaQ4 @tentaQ4 2014-02-27 01:00:18
Stage Beauty “Arsene Lupin”
http://t.co/sKIYjJ7YZd
LONDON SEES ‘ARSENE LUPIN.’
The New York Times. August 31, 1909
http://t.co/XYmxELis0J






gryphonjapan @gryphonjapan 2014-02-28 03:27:58
まじめな論議のところ申し訳ないが、こんな「柔道vsボクシング、日米対決」をみっけたもので(笑)。フィスト オア ツイスト。 http://t.co/tJSlteSikr







2016年、再論あり

※なぜ再論されたかというと、まとめた人間がその内容を一部忘れていたからです(笑)



那嵯涼介 @ryosukenasa 2016-02-13 18:14:08
『月刊秘伝』2016年3月号、本日無事発売の運びとなりました。
今号より『キャッチ・アズ・キャッチ・キャン概史』を寄稿しております。
不定期ですが、何回かの連載となります。
ご購読、忌憚ないご感想のほど、よろしくお願い致します。 pic.twitter.com/SdrZfXOdcn








那嵯涼介 @ryosukenasa 2016-02-03 14:30:59
『月刊秘伝』2016年3月号(2月13日発売予定です)に『What is CATCH-As-CATCH-CAN? キャッチ・アズ・キャッチ・キャン概史』とタイトルの拙稿が掲載されます。余程のことがなければ、何回かの不定期連載になるかと存じます。
どうかご笑覧下さい






gryphonjapan @gryphonjapan 2016-02-14 21:39:15
何げにシャーロキアンに注目してほしいところ。ホームズのバリツはバーテイッツ、で決着したようでいて、キャッチの歴史が英国の中に根付いていたとなると再検証が必要になる。
そして純正講道館のルパンともし戦わば。
twitter.com/ryosukenasa/st…
@ryosukenasa







gryphonjapan @gryphonjapan 2016-02-14 21:40:01
あれ?アルセーヌ・ルパンが学んだのは「講道館の柔道」でいいんだよな?






旧姓・広田さくら公認ファンクラブ @sakurahirotafc 2016-02-14 22:47:21
@gryphonjapan  嘉納治五郎は19世紀にマルセイユを訪れていますが、20世紀初頭の段階でパリに道場はまだ存在しないのでは? ルブランは、ロンドンにおける谷幸雄とジュージュツの評判を聞いて書いたのだと思います。違っていたらごめんなさい。






旧姓・広田さくら公認ファンクラブ @sakurahirotafc 2016-02-14 22:48:52
@gryphonjapan @ryosukenasa 谷幸雄はキャッチの選手と戦ってます。そのあたりも那嵯さんがこれからお書きになるのでしょう。楽しみです!






ちていのき @baritsu 2016-02-15 02:17:44
ロンドンで柔術を学んだレニエが1905年にデュボア(サバット等々)と対戦、勝利して大評判になってます。また同時期にシャンゼリゼに柔術道場も開かれてるのでルブランが(谷にしろレニエにしろ)知ってるのは不思議じゃないですね @sakurahirotafc @gryphonjapan






旧姓・広田さくら公認ファンクラブ @sakurahirotafc 2016-02-15 21:09:32
@baritsu @gryphonjapan いずれにしても講道館じゃないと思います。






gryphonjapan @gryphonjapan 2016-02-15 21:56:05
@sakurahirotafc @baritsu ぼくの読んだ子供向けミステリガイドでは「ルパンは柔道の達人」とかかれていたが、当時の研究水準ではやむを得ずか。谷みたいに先行した柔術家を取り込んだりもあるし。






旧姓・広田さくら公認ファンクラブ @sakurahirotafc 2016-02-15 22:36:57
@gryphonjapan @baritsu たぶんですけど、ルパンの原文はjudoじゃなくてjiujitsuだろうと思います。翻訳の段階で柔術じゃわかりにくいので柔道にしたのではないか、と。フランス語詳しい方、ぜひ教えて下さい。






ちていのき @baritsu 2016-02-16 01:12:15
講道館がフランスで広まり始めるのは20年代からですものね @sakurahirotafc @gryphonjapan






那嵯涼介 @ryosukenasa 2016-02-16 01:16:08
@gryphonjapan @sakurahirotafc @baritsu 最近の研究では、検証の上で谷幸雄を「講道館柔道出身」としているものがありますね。






旧姓・広田さくら公認ファンクラブ @sakurahirotafc 2016-02-16 01:22:51
@ryosukenasa @gryphonjapan @baritsu 那嵯さま、連載楽しみにしています!年をとった谷幸雄が講道館二段をもらったということではないんですか? よかったら教えて下さい。ついでですけど、谷幸雄が不遷流ではなく天神真楊流であることは間違いないです。






gryphonjapan @gryphonjapan 2016-02-16 00:51:32
おお、その通りでした!!
というか自分が過去にこれまとめてたのに(笑)、幼い日の刷り込みは強い。
ジウジツが原文でも、わかりやすく「柔道」と意訳するのが正解だった時代ありけり。
togetter.com/li/635620

@sakurahirotafc @baritsu






旧姓・広田さくら公認ファンクラブ @sakurahirotafc 2016-02-16 01:26:13
@gryphonjapan @baritsu ちゃんとまとめてるじゃないですか(笑)。幼い読者にもわかりやすくjiujitsuを柔道と意訳した、ということで確定。よかったです。






那嵯涼介 @ryosukenasa 2016-02-16 01:31:36
@sakurahirotafc @gryphonjapan @baritsu 有難うございます。谷幸雄に関する最新の研究は『対訳 The Game of Ju-jitsu 柔術の勝負 -明治期の柔道基本技術』の前書きに詳しいです。一読をお勧め致します。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3166-066747e9