アジア最大の柔術イベントIBJJF アジア柔術選手権2016  まさかの大番狂わせ!優勝候補筆頭のイザッキ・パイヴァが無名のアジア系柔術家チェ・ワンキ に敗れる! 快進撃を続けたチェ・ワンキにストップをかけ黒帯フェザー級優勝を果たしたのはアマゾン白木大輔!



IBJJF アジア柔術選手権2016

イザッキ・パイヴァ vs チェ・ワンキ


白木大輔(アダルト黒帯フェザー級)
00:00 1回戦 vs 大塚博明
11:41 準決勝 vs チャールズ・ガスパー
15:03 決 勝 vs チェ・ワンキ


嶋田裕太(アダルト黒帯ライトフェザー級)
00:00 2回戦 vs 加古拓渡
11:15 準決勝 vs 山田秀之
16:35 決 勝 vs 宮地一裕


ホベルト・サトシ・ソウザ(アダルト黒帯ミドル級)
00:00 準決勝 vs アレッシャンドリ・オガワ
03:42 決 勝 vs ホドリゴ・マルティンス


関根秀樹(アダルト黒帯ウルトラヘビー級)
00:00 1回戦 vs マーティン・ゴベル
07:14 決 勝 vs ジョセフ・モク・カウアイ


フェリッペ・ブエノ vs エリオット・ケリー


※ブルーノ・ブラザドを破ったイザッキ・パイヴァ がまさかの初戦敗退になるのをライブで見た時は
一体何もんだ?コイツ?
と驚いたもんです
イザッキ・パイヴァは柔術界では文句なしの現役バリバリの世界トップ
ムンジアルでも優勝候補の一人です
そんな海外の強豪が無名のアジア人に敗れたんですから驚きです
そんなダークホースにストップをかけアジアを制したのはアマゾン!
全階級を見て感じたことはやはり王者は皆テクニックもそうですがパワー フィジカルが海外勢に劣らない選手たちばかり
そういった選手が優勝したり世界のトップ選手に勝ったことが印象的でした

そしてシャンジを破った事で知られるエリオット・ケリーがアジアオープンに参戦!
その実力を日本でも披露したが無差別級ではまさかの…

シュッレックさんは最重量級でアジア人日本人でありながら堂々優勝!
アジア系は 日本人は メジオ ミドル級以上の階級では世界に通用しないというそれまでの日本 アジアの柔術界のイメージを一新させました!
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3144-af71953f