ジュラシック・パークと史上最強の生物ティラノサウルス  ティラノサウルスVSスピノサウルス

http://streamin.to/embed-b3tucvih2ee8-837x437.html





〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン
早川書房
売り上げランキング: 64,901



ジュラシック・パーク〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン
早川書房
売り上げランキング: 36,235



http://manuke.seesaa.net/article/37310122.html

ジュラシック・パーク

[題名]:ジュラシック・パーク
[作者]:マイクル・クライトン


 太古の昔に絶滅してしまった古生物には、とかくロマンをかき立てられるものですね。その中でも最も人気が高いのは、なんと言っても恐竜でしょう。巨大な体躯、バリエーションに富んだ数々の種、二億年程の間地上の覇者でありながら突如として滅んでしまったという悲哀。子供から大人まで、多くの人々を魅きつけて止まない生物です。(私もその一人です(^^;))
 本書『ジュラシック・パーク』は、緻密な状況設定とスピード感溢れるストーリー展開を得意とされるマイクル・クライトン氏の、現代を舞台とする恐竜SFです。そしてもちろん、恐竜映画のエポックメイキング作品である映画版『ジュラシック・パーク』の原作でもあります。
 太古の恐竜達を現代によみがえらせ、見せ物にしようと計画された〈ジュラシック・パーク〉。しかし、そこに潜む危険性を人々は軽視していたのでした。

 コスタリカの西に位置するイスラ・ヌブラル(霧の島)で、何やら怪しいことが起き始めていました。イスラ・ヌブラルに建設中のテーマパークの作業員が、どう見ても咬み傷にしか見えない怪我で命を落としたのです。しかし、管理者は切削機に巻き込まれたのだと言い張ります。
 また、付近の村ではトカゲに子供や赤ん坊が襲われるという事件が頻発していました。けれども様々な関係者の思惑から、事態は世間の目に触れることはありませんでした。
 そうした中、モンタナ州のバッドランドで恐竜の発掘をしていた古生物学者アラン・グラントに対し、ハモンド財団創立者にしてInGen社社長ジョン・ハモンドから連絡が入ります。イスラ・ヌブラルに建設中の自然保護区に関して相談に乗って欲しいと言うのです。莫大な報酬を約束されたグラントは、同僚の古植物学者エリー・サトラーとともに現地へ向かうことにします。
 数学者イアン・マルカム、弁護士ドナルド・ジェナーロ、そしてシステムエンジニアのデニス・ネドリーを加え、一行はイスラ・ヌブラルへと到着しました。そして彼等は驚愕の事実を目の当たりにします。そこには太古に滅んだはずの恐竜達が大地を我が物顔で闊歩していたのです。
 滅亡した恐竜を現代へ復活させ、島丸ごとをテーマパークとして公開しようと目論む〈ジュラシック・パーク〉。それがInGen社の狙いでした。
 しかし、復活させた恐竜を完璧に管理下へ置くことの困難さを、ハモンドを始めとするInGen社の面々は軽視していました。そして、恐ろしく忌まわしい事件が幕を開けるのです。

 本書の注目ガジェットは、恐竜の復元です。
 作中では、琥珀の中に閉じ込められた中生代の蚊の体内から恐竜の血液を取り出し、そこからDNAを復元して恐竜を復活させるという手法が取られています。InGen社が復元したのは以下の恐竜十四種及び翼竜一種です。

・アパトサウルス(竜脚類)
・オスニエリア(鳥脚類)
・ヴェロキラプトル(獣脚類)
・エウオプロケファルス(曲竜類)
・スティラコサウルス(角竜類)
・ステゴサウルス(剣竜類)
・ティラノサウルス(獣脚類)
・ディロフォサウルス(獣脚類)
・トリケラトプス(角竜類)
・ハドロサウルス(鳥脚類)
・ヒプシロフォドン(鳥脚類)
・プロコンプソグナトゥス(獣脚類:※学名抹消)
・マイアサウラ(鳥脚類)
・ミクロケラトプス(角竜類)

・ケアラダクティルス(翼竜)

 個人的には竜脚類の代表的存在アパトサウルスが含まれているのが嬉しいですね。
 但し、作中に登場する獰猛で利口なハンター恐竜・ヴェロキラプトルは、どちらかと言うとデイノニクスにするべきだったと専門家からは指摘されています。またプロコンプソグナトゥスは、現在では複数の化石が混ざったものと分かり、学名抹消という憂き目にあっています(^^;) 古生物学も日進月歩ですから仕方のないところではありますが……。
 現実問題として、蚊の体内でDNAはすぐに消化されてしまうため、そこから遺伝情報を取り出すのは困難だと言われているようです。しかしながら、実際に琥珀に閉じ込められた数千万年前のハエDNAを抽出することに成功した例もあり、全くの絵空事とも言い切れません。
 更に、二〇〇五年に米モンタナ州で発掘されたティラノサウルス・レックス化石の中から血管等の軟組織が見つかったという驚くべき報告がありました。将来本当に恐竜が復元される可能性も、ゼロではなくなりつつあります。
 もっとも、本書のようなトラブルまでは実現して欲しくないですけど(笑)

 映画版『ジュラシック・パーク』との違いにも軽く触れておきましょう。
 バイオテクノロジー産業への警鐘を核とする密度の高い原作とは異なり、映画版は社会風刺面がやや控えめでシンプルな構成になっています。とは言うものの、ストーリーのツボが良く押さえられた取捨選択です。
 主役である恐竜達は、巨大竜脚類がアパトサウルスからブラキオサウルスへ変更(ちょっと残念(^^;))された他、遠景でのパラサウロロフス、そしてダチョウ恐竜ガリミムスの躍動的なシーン追加が大きな違いですね。逆に、後半に登場する翼竜ドームの場面はばっさりカットされています(映画三作目で、少々納得のいかない形で映像化されましたが)。
 主要人物はほぼ同じです。一番目につく違いは、アラン・グラント博士が小説版では子供好きなのに対し、映画版は子供嫌いという点ですね。映画ではグラント博士と二人の子供の交流が大きく取り上げられていますが、原作ではそれほど重要な要素ではありません。

 本書及び映画版『ジュラシック・パーク』は〈恐竜もの〉のマイルストーン作品と言えますが、その最大の功績は恐竜温血説を世に広めたことではないでしょうか。
 古生物学者ジョン・オストロム氏やロバート・バッカー氏によってこの説が提唱されたのは一九七〇年代ですが、一般の目に触れる恐竜復元図は相も変わらず鈍重で愚鈍な爬虫類というイメージでした。それが本作のヒットを境に、しっぽを高く持ち上げた躍動的な形で描写されることが多くなったように思います。また、ティラノサウルスに代表される二足歩行恐竜も、某怪獣のような上半身を起こした姿勢ではなく体を水平にした形態で表現されるようになりました。
 本作は娯楽や風刺的側面だけでなく、科学による新しい恐竜像を啓蒙してくれた意味でも大いに意義ある、恐竜SFの傑作です。

http://www.gibe-on.info/entry/dinosaur-strongest/
最強の恐竜はこいつだ!太古の生態系王者に迫る


友達にシェアする





Tweet


Share


Hatena4


Pocket38

. .
恐竜 最強



画像:wallpapersxl

最強の恐竜

絶滅した古代生物の中で最も人気が高い恐竜。恐竜に人気がある理由のひとつが生物としての強大さです。彼らは非常に長い期間に渡って繁栄してきたため、何種類もの生態系の王者が存在します。

今回はそんな王者の中から最強の恐竜について予想してみようかと思います。

合わせて読みたい関連記事
人気の恐竜ランキング!検索数で見る有名な恐竜
恐竜の絶滅はなぜ起こった?怖すぎる大量絶滅の原因
これ本当に存在したの?奇妙で不思議な絶滅動物



スポンサーリンク







最強恐竜の候補たち

一口に恐竜と言ってもその数はおよそ800種類も存在します。ここではその中から最強を語る上で名前が挙がることが多い恐竜たちをご紹介します。

①ティラノサウルス

最強の恐竜といえば間違いなく名前が挙がるのがこの「ティラノサウルス」です。ティラノサウルスは白亜紀の北アメリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜でした。名前の由来は「トカゲの暴君」から来ており、王者の風格は十分です。

ティラノサウルス

画像引用:inquisitr.com

ティラノサウルスは全長は13mほどで体重は6トンにもなる巨漢です。頭の大きさは1.5mもあり、その口には非常に鋭い牙が並んでいました。ティラノサウルスの牙は他の大型肉食恐竜と比べても非常に巨大で、その長さは18cmにもなるそうです。この牙で大きな獲物を仕留めていたんですね。

ティラノサウルス

画像引用:dinosaurs.about.com

ティラノサウルスに襲われた痕跡がある恐竜が発見されましたが、その骨は粉々に噛み砕かれていました。そのことからティラノサウルスは非常に強い顎を持っていたことがわかっています。ヴェロキラプトルなどの小型肉食恐竜が爪を武器に獲物を捕らえるのに対し、大型肉食恐竜であるティラノサウルスは顎を武器にして獲物を捕食していました。

ちなみにティラノサウルに羽毛があったことは現在では有名ですが、実は大人のティラノサウルスはその巨体から恒温動物に近かったため羽毛を持たないというのが最近の結論です。後に載せている動画でも子どものティラノサウルスにのみ羽毛があったことが確認できます。この新しい学説により王者の威厳は保たれました。


②アロサウルス

アロサウルスは「異なるトカゲ」の名を持つジュラ紀の大型肉食恐竜です。アロサウルスはティラノサウルスと並んで古くから発見されていた人気恐竜のひとつです。全長は最大で12mとティラノサウルスに比べれば若干小さいものの、巨大な顎と強靭な脚力を持っていたといわれています。

アロサウルス

画像引用:deviantart.com

アロサウルスは全盛期には食物連鎖の頂点に君臨していました。大きな体に加え、草むらから奇襲をしかける狡猾さと共食いをする凶暴さも兼ね備えていました。同じ時期に生息していたステゴザウルスなどの大型草食恐竜も構わず襲い、捕食していたことがわかっています。巨大なラプトルのようなイメージを受けますね。


③ギガノトサウルス

ギガノトサウルスは白亜紀後期の南アメリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜です。ギガノトサウルスはティラノサウルスを超える巨体の持ち主で、全長は13mを超え体重に至っては13.5トンもあったといわれています。全長こそティラノサウルスとほとんど変わりませんが体重に関しては倍もあり、かなりの重量級だったことがわかりますね。ギガノトサウルスの名前は「巨人のトカゲ」を現しており、その巨体から付けられました。

ギガノトサウルス

画像引用:dinopedia.wikia.com

しかし、最近の研究により実はティラノサウルスと同じ程度の体重だったのではないかともいわれています。また、頭の大きさは1.7mと非常に大きいのですが顔付が細長いため、咬む力はティラノサウルスの三分の一程度しかなかったと考えられています。しかし、優れた嗅覚を持っていたこともわかっており、巨体にも関わらず時速40㎞ほどで走っていたとみられています。


④アクロカントサウルス

アクロカントサウルスは白亜紀の北アメリカ大陸に生息していました。当時の北米では最大の肉食恐竜で、全長は13mほどだったと考えられています。アロサウルスの仲間だそうですが、アロサウルスにはない特徴的な背びれを持っていました。この背びれには風を当てて体温を下げる役割があり、温暖化が進んでいた当時の気候に対応していたと考えられています。ステゴサウルスなどの背板と同じ役割だったんですね。

アクロカントサウルス

画像引用:paleoguy.deviantart.com

アクロカントサウルスは、大型肉食恐竜にしては珍しく集団で狩りをしていた可能性があるといわれています。また、時速40㎞を超える速度で走ることもでき、集団で大型の草食恐竜を襲っていたのかも知れません。想像しただけで恐ろしい気持ちになりますね。



スポンサーリンク







⑤カルカロドントサウルス

カルカロドントサウルスは白亜紀前期の北アフリカ大陸に生息した肉食恐竜です。「ホオジロザメのトカゲ」を意味する非常に物騒な名前が付けれています。名前の由来はサメに似た薄いノコギリ状の歯で、獲物の肉を軽々と切り裂くことができました。全長は最大で14mに達し、ティラノサウルスよりも大きな体を持っていました。

カルカロドントサウルス

画像引用:dinopedia.wikia.com

カルカロドントサウルスの歯は獲物を切り裂く食べることに向いた形状をしていたことから積極的に狩りをしていたと考えられています。ティラノサウルスを含め多くの大型肉食恐竜は死んだ獲物の肉を食べる機会が多かったとされていますが、カルカロドントサウルスはナイフのような鋭い歯で生きた獲物を仕留めるハンターでした。非常に凶暴な性格だったんでしょうね。


⑥シアッチ・ミーケロルム

シアッチ・ミーケロルムは白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜です。全長は12m、体重は5トンほどのこの恐竜は神話に登場する人食い怪物にちなんでその名前が付けられました。カルカロドントサウルスの仲間にあたるそうです。

シアッチ・ミーケロルム

画像引用:bangaloremirror.com

シアッチ・ミーケロムは当時の北アメリカで食物連鎖の頂点に君臨していました。この時代には原始的なティラノサウルスも生息していましたが、シアッチ・ミーケロムの相手にはなりませんでした。大型のティラノサウルスが出現するのはこの3000万年ほど後になります。当時のシアッチ・ミーケロムとティラノサウルスの関係はライオンとハイエナのような関係だったのではないでしょうか。


⑦スピノサウルス

現在ではティラノサウルスに並ぶ人気者のスピノサウルスです。スピノサウルスは白亜紀のアフリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜でした。名前には「棘のあるトカゲ」という意味があります。全長は17mに達し、ティラノサウルスを超える巨体を持っていました。体重に関しては6トン程度だったとする説もありますが、骨密度が高く水辺で生活していたことから実は20トンを超えていたのではないかともいわれています。体格だけなら候補の中でも最大級ですね。

スピノサウルス

画像引用:devon-dink-dino.wikia.com

スピノサウルスは背中に生えた棘状の突起物に皮膚でできた膜が張られていました。この膜を風に当てることで、同じ時代の他の恐竜たちと同じように体温を下げていたといわれています。頭部はワニに似た細長い形状になっており、魚を主食にしていたと考えられています。また、鼻先にワニに似た知覚器官を持つことから水中や浅い川辺で生活していたことがわかっています。スピノサウルスが潜んでいると考えると白亜紀の水辺はとても危険な場所だったんでしょうね。


ティラノサウルスVSスピノサウルス

これまで何種類か最強の恐竜の候補を挙げてきました。どれも非常に巨大で恐ろしい恐竜でしたが、やはり最強を決める段階になるとティラノサウルスとスピノサウルスを比較することになると思います。ここでは、この二匹の能力解析とイメージ動画をご紹介します。

ティラノサウルスの能力

①咬む力

ティラノサウルスの咬む力は地球史上最強といわれています。その力は現存生物でも最強の顎を持つワニの10倍といわれ、牙1本あたりにかかる力はなんと8トンにもなりました。ティラノサウルスは獲物に咬みついた際に、その肉だけでなく骨まで粉々に粉砕してしまいます。


②嗅覚

ティラノサウルスはその骨格の作りから非常に嗅覚が発達していたといわれています。サメも少量の血の匂いを嗅ぎ分けますが、ティラノサウルスもその嗅覚によって弱った敵を判別していたのかもしれません。

ティラノサウルス

画像引用:animals.howstuffworks.com


③巨大な牙

ティラノサウルスの牙は同じ大型肉食恐竜の中でも特に大きいことがわかっています。この牙は相手に致命的な傷を負わせ、もし運よく逃げ延びたとしても出血多量によって獲物を死に至らしめました。その後ティラノサウルスは血の臭いを追いかけ、ゆっくりと死体の肉にありつくことができました。


④頭の良さ

ティラノサウルスは強力な脚力を持っていましたが、その移動速度は時速30㎞ほどだったといわれています。そのため弱った獲物を狙ったり、草むらに身を潜めて相手に奇襲をかけていたと考えられています。ティラノサウルスは巨大な体格だけでなく狡猾さも兼ね備えていました。


ティラノサウルスのイメージ動画


引用:最強の恐竜



スポンサーリンク







スピノサウルスの戦闘能力

①巨大な体

スピノサウルスの最大の武器はその体格でしょう。大型のティラノサウルスが最大で13mほどなのに対し、スピノサウルスはおよそ1.3倍の17mにまで成長しました。体重に至っては3倍以上です。仮に二匹が同じ種類の恐竜なら勝負するまでもないほどの体格差だと思います。


②水陸両用

スピノサウルスの陸上と水中での動きには諸説ありますが、水陸に対応できることは大きな強みになります。研究者によるとスピノサウルスは陸上の大型生物を水中に引きずり込んで捕食していた可能性もあるそうです。

スピノサウルス

画像引用:moroccantimes.com


③強靭なアゴ

スピノサウルスの顎は細長いワニのような形状で、非常に強靭な力を持っていたことがわかっています。ティラノサウルスには敵いませんが、2m近くもある顎は十分強力なな武器になりました。


④大きな爪

スピノサウルスは他の大型肉食恐竜に比べて非常に大きく鋭い爪を持っています。この爪は直接的に狩りの役に立ったかはわかりませんが、補助的な武器にはなったはずです。


スピノサウルスのイメージ動画


引用:bbc.com


最強の恐竜はどちらか?

ティラノサウルスとスピノサウルスは繁栄した時代や生息地が違うため、正確な優劣をつけることは難しいといわれています。ここでは、彼らが同じ時代に存在したと仮定し最強の恐竜決定戦をしてもらうことにしましょう。また、状況や戦う場所によっても結果は変わるという前提で考えてみたいと思います。

水辺での最強恐竜決定戦

水を飲みに来たティラノサウルスが水辺にいたスピノサウルスと鉢合わせしてしまいました。ぬかるんだ足元にティラノサウルスの脚力は十分に発揮されません。強靭な顎でスピノサウルスの首元に食らい付こうとしますが、住み慣れた水辺ではスピノサウルスを捕らえることは難しいでしょう。水辺でバランスの取れないティラノサウルスの足などを攻撃し、スピノサウルスは相手を水中に引きずり込みます。こうなればティラノサウルスは何もできないまま水中でスピノサウルスの餌食になってしまうでしょう。

水辺での最強恐竜

画像引用:carnivoraforum.com


森林での最強恐竜決定戦

今度は逆にスピノサウルスが陸地に上がったシチュエーションです。森に流れる川を泳いでいたスピノサウルスは恐竜の死体の臭いに惹かれて陸地に上陸してきます。スピノサウルスはクマのように魚だけでなく陸地でも動物を捕食したり、死体を貪ることがありました。小型の草食恐竜の死体を見つけたスピノサウルスは後からやって来たティラノサウルスに遭遇します。陸地では十分に能力を発揮できるティラノサウルスはほとんど奇襲に近い形でスピノサウルスの首に噛み付きます。スピノサウルスは鋭い手の爪で抵抗しようと試みますが、そのまま首の骨を噛み砕かれてしまうでしょう。後からやってきたティラノサウルスは草食恐竜の死体と新鮮なスピノサウルスの肉も手に入れることができました。

森林での最強恐竜

画像引用:hdimagelib.com


状況や場所に左右されない最強恐竜決定戦

これは本当に難しいのですが純粋に戦闘能力を比べた場合、現在では7割方スピノサウルスが勝つといわれています。これは体格の差によるところが大きいです。自然界では体の大きさというのは重要で、一部の例外はあるにしろ基本的に生物は自分より大きな獲物を捕食しません。それは勝率が低く死につながる怪我をするリスクが高いからです。しかし、ティラノサウルスには強靭な顎があることや、スピノサウルスは背中の構造上激しい動きが苦手という意見もあることからティラノサウルスにも3割の勝率があると予想しました。

最強恐竜

画像引用:herschel-hoffmeyer.deviantart.com

いかがでしたか?人気のティラノサウルスやスピノサウルスもまだまだ解明されていない点が多く、その生態予想は何度も変わるため今後の研究成果によっては違う結果になることもあるかも知れません。また、新種の大型肉食恐竜が見つかる可能性も低くはありません。どんな結果であれ研究が進むことを心待ちにしています。

http://www.kaseki7.com/z_column/rex_spino.html
ティラノサウルスVSスピノサウルスどっちが強い?

ティラノサウルスVSスピノサウルスどっちが強い?

ティラノサウルスVSスピノサウルスどちらが強い?

子供染みた話だとは分かっているけれど、恐竜好きが集まると、ついつい話してしまう、この手の話題。

映画ジュラシックパーク3では、この疑問に答えて、スピノサウルスが激闘を制しました。

ジュラパではスピノサウルスが圧勝!!

ティラノサウルスが最後には勝つという、ありがちなストーリーをあえて、スピノサウルスの勝利で終わらせたところあたりが、いかにも演出という感じがしなくもありませんが、非常に見ごたえのあるバトルでしたね。

フィクションと現実を分けておくために、ここで基礎知識を固めておきましょう。

【ティラノサウルス】


生息年代
白亜紀最後期6500万年前

生息地域
北米

体長
13m(最大級)

体重
5t

食性
肉食

われらが英雄ティラノサウルス

【スピノサウルス】


生息年代
中生代白亜紀前期(約9,800万 - 約9,500万年前)

生息地域
アフリカ大陸北部

体長
17m(最大級)

体重
7t

食性
魚食

17m巨体スピノサウルス

どうやって比べる?

現実には、生きた時代、生きた地域が全く異なる両者が戦うことはありませんでした。

まさに時代を超えたパウンドーフォーパウンドを考えてみたいと思います。

細かく各部位を比べて、優劣を決める、という各論もあるかとは思いましたが、やはり、見た目のインパクトから考えてみる必要があります。

最大級13mのティラノサウルスと最大級17mのスピノサウルス、この両者を向かい合わせたらどれほどの違いがあるのか。

両者向かい合ってみる

スピノサウルスでかいなぁ

真横に並べるとどれくらい違うのでしょう?

スピノサウルスはやっぱりデカいなぁ

スピノサウルスでかすぎティラノがんばぁ

頭部のサイズの違いはどうか?

うーん、凄い迫力だ

スピノサウルスはやはりデカい!

やはり、スピノサウルスが思った以上にデカいことが分かりました。スピノサウルスからすれば、ティラノサウルスさえも、子供のようなサイズです。

ただし、頭部の厚みに注目しなければいけません。ティラノサウルスの頭部は横に分厚いことで知られます。アロサウルス等に比べると、同じ獣脚類といえど、まったくサイズが違います。

アロサウルス登場

アロサウルスは比較的華奢2

リーサルウェポンである頭部の厚みはどうか?

頭部のサイズは、強さを測る上でやはり無視できない要素です。獣脚類の面々の最後の武器は、やはりその強烈な咬み付きだったことでしょう。土俵際まで攻めておいて、最後にうっちゃりをくらうように、大どんでん返しを演じうる頭部のサイズは四方から十分に比較しておく必要があります。

ティラノサウルスとスピノサウルスを上から見てみる

顔の大きさはティラノに分があるか

うーん。でもスピノサウルスの顔もかなり大きい。怖い

両雄、甲乙つけがたし

いかがでしょう。ティラノサウルスの頭部はやはり分厚く迫力があります。さすがのスピノサウルスも、このティラノサウルスに、首元あたりに咬みつかれたのでは、絶命することがあったやもしれません。

そもそも、スピノサウルスは魚食性であったとされています。従って、大きな肉塊を噛み切るというよりは、硬いうろこを突き刺すようなムーブメントに適していたのに違いありません。

ティラノサウルスのような大きな肉塊を噛んだとしても、果たして、もだえるティラノサウルスの力強い動きに、その歯は耐えられたのか、やや疑問があります。

その点、ティラノサウルスの歯は肉塊にかみつき、そして、振り回されたとしても、しっかりホールドする構造になっていたと言われています。 鼻先の厚みでは、実際ににティラノサウルスに分がありそうです。

上から睨みつけられるね

しかし、サイズを比較してみると、スピノサウルスのほうが圧倒的にデカいことは事実。映画ジュラシックパーク3においても、スピノサウルスの勝利のシナリオを演出したのは、体全体のサイズから考えれば、自然なことなのかもしれません。

この点を考慮に入れたとしても、やはり、どちらが強い、と簡単に決めつけることはできません。
戦場となる場所等も関係してくるでしょう。

さて、どこまでも果てることのない夢想が続きそうですので、このあたりで、お開きとしたいと思います。

皆さんは、どのようにお考えでしょうか。

本物のスピノサウルスの歯化石の販売はこちら

本物のティラノサウルス・レックスの歯化石の販売はこちら

合わせてこちらもご覧下さい。

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3142-d7bba09d