ロシア武術 コサック システマ の鞭

http://www1.enekoshop.jp/shop/systemajapan/item_list?category_id=85591

http://d.hatena.ne.jp/machida77/20131104/p1
http://d.hatena.ne.jp/machida77/20140103/p1
http://d.hatena.ne.jp/machida77/20130421/p1
http://d.hatena.ne.jp/machida77/20140112/p1


















http://rossianmartialart.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


ロシアの鞭
2013/12/21 08:32


リャブコ系のシステマでは鞭を使うのでたぶんリャブコ系ではないかと推測します。


カドチニコフ系はスコップが多いですから。


鞭自体は日本では特殊な人しか持っていませんが、ベルトで代用していいと思います。


ベルトは武器として使えますからね。


皮製がいいです、特に。


特に相手が長い武器を持っているときは、ベルトを抜いてもいいかもしれません。


相手がナイフを持っているときも、ベルトの方が長いから有利ですよね。


だから、適度に長めのベルトがいいです。

http://ameblo.jp/hsyq-yangming/entry-11621630800.html
ナガイカ(コサックウィップ)2種。

短い方はヴォルチャッカと呼ばれます。

ナガイカはかつてのコサック戦士達が生まれて初めて手にする武器でした。

コサックの家に生まれた少年達はおよそ5歳頃になると親からナガイカを与えられ、遊び道具として過していたとされています。その形状はコサック式サーベル「シャシュカ」とほぼ同じ。つまり遊びがいつしか剣術の訓練になるのです。

もちろん、ナガイカは単なる子供の遊び道具ではありません。
父親の権力の象徴として各家庭に備えられ、剣術の鍛錬具として、護身用具として、そして時に言うことを聞かない子供たちへのお仕置きの道具として使われていました。

システマ創始者ミカエル・リャブコは、「ナガイカとは、敵の身体を折ることなく、心だけを折ることができる唯一の武器である」と語っています。こうした性質から帝政ロシア時代にはコサック兵士が民衆の暴動を鎮圧する際にも使用されていたと言います。

現代のシステマでもナガイカは不可欠。トレーニングからマッサージまで使えるナガイカは、システマを学ぶ者ならぜひ1本はもっておきたい品と言えるでしょう。

今回は日本国内ではほとんど入手不可能なナガイカを2種、今回でひと区切りとなる「集い」のために特別にご用意しました。

本革を一本一本、職人が編み上げた本物のナガイカを入手するまたとないチャンスです。


ナガイカ(長)16,000円

ナガイカ(小/ヴォルチャッカ)15,000円

http://www.sankei.com/world/news/140220/wor1402200018-n1.html
批判演奏中の女性バンドをムチ打ち、妨害 制服姿のコサック20人














(1/2ページ) .

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア南部ソチの五輪会場付近で19日、同国の女性バンド「プッシー・ライオット」がプーチン大統領を批判するパフォーマンスを始めたところ、コサックの一団にムチで打たれるなど暴行を受け、強制的に中止させられる事件があった。ロシアの電子メディアが報じたほか、映像が動画サイト「ユーチューブ」にも公開された。

 報道によると、メンバーら6人が覆面をかぶり、「プーチンが祖国愛を教えてくれる」と題する楽曲を歌い出すと、すぐに制服姿のコサック約20人が割って入った。コサックはバンドのメンバーや撮影クルーにムチを打ち付けたり、唐辛子スプレーを噴射した。映像には、女性らが殴られたり、地面に押し倒されるもようも収められている。

 ソチには五輪の警備要員として800人以上のコサックが投入されており、その一部が今回の暴行に及んだ可能性もある。
同バンドは2012年、ロシア正教会の総本山でプーチン氏批判のパフォーマンスを行い、メンバー2人が服役を経て昨年末に釈放された。この2人は18日、窃盗容疑で地元警察に一時拘束されたばかりだった。

 コサックは帝政時代、辺境防備や領土拡張の先兵役を担った軍事集団。ソ連崩壊後、共産政権下で解体されたコサックの復興運動が起き、現在ではコサックの血筋や価値観を受け継ぐと自任する人々が各種の団体を組織している。活動理念にはロシア民族主義やロシア正教の色が濃い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88
プッシー・ライオット





移動先: 案内、 検索



プッシー・ライオット
Pussy Riot

Pussy Riot by Igor Mukhin.jpg
プッシー・ライオットの7人のメンバー


基本情報


出身地
ロシアの旗 ロシア
モスクワ

ジャンル
パンク・ロック
ライオット・ガール

活動期間
2011年 - 現在

公式サイト
http://pussy-riot.livejournal.com

プッシー・ライオット (露: Пусси Райот、英: Pussy Riot) は、ロシアのフェミニスト・パンク・ロック集団。許可を取らずに、モスクワ地下鉄や赤の広場で即興演奏をすることを特徴としている。バンド名は"プッシー(子猫、あるいは女性器)の叛乱"の意。

2012年3月、モスクワの救世主ハリストス大聖堂で、即興の無許可演奏を行い、メンバー3人が逮捕され、「フーリガン行為」の咎で7月下旬から裁判が始まった。バンドのメンバーは、拘束中の虐待や、最長7年の刑が下る可能性のあることを訴えてロシア国内外からの同情を集めたが、他方では、信仰心のあつい人々の感情を害したとして批判もされた。連邦検察官アレクセイ・ニキフォロフは、「神を冒涜した」として3人に実刑を求めている。プッシー・ライオット側の弁護士たちは、この裁判の状況が、ソビエト連邦時代の見世物裁判 (Show trial)(モスクワ裁判)を再現するものであると述べている[1][2]。



目次 [非表示]
1 演奏と影響
2 教会における抗議行動
3 逮捕と訴追 3.1 被告たち
3.2 国際的な支援
3.3 判決

4 控訴審判決
5 出典・脚注
6 外部リンク


演奏と影響[編集]

プッシー・ライオットは、寒さの厳しい天候のときも、演奏中もインタビューに応じるときも、鮮やかな色のドレスとタイツの衣装に目出し帽で顔を隠しており、インタビューには常に偽名で応じている。この集団は10人ほどで演奏を行なうが、これとは別に15人ほどが技術面の裏方や、インターネットにポストされるビデオの撮影・編集などを行なっている[3][4]。

グループによれば、パンク・ロックやオイ!のバンドであるAngelic Upstarts、Cockney Rejects、シャム69、eRa、The 4-Skinsから最も重要な音楽的インスピレーションをうけているという[5][6]

また、アメリカ合衆国のパンク・ロック・バンド、Bikini Kill や、1990年代のライオット・ガール (Riot grrrl) ムーヴメントにもインスピレーションを受けている。プッシー・ライオットによれば、「私たちと共通しているのは、軽率な言行、政治色の強い歌詞、フェミニスト的言説の重要性、非標準的な女性イメージといったところ」だという[7]。

教会における抗議行動[編集]





救世主ハリストス大聖堂の内部
2012年2月21日、ウラジーミル・プーチンが再選された大統領選挙への抗議活動の一環として、グループのメンバーである3人の女性たちがモスクワのロシア正教会救世主ハリストス大聖堂を訪れ、十字を描いて、至聖所前のソレヤ(Soleas)と呼ばれるスペースに上がり頭を垂れてから、「Панк-молебен Богородица, Путина прогони(聖母様、プーチンを追い出してください)」を歌いはじめた。1分もしないうちに、彼女たちは警備員によって建物の外へと連れ出された[8]。この様子を捉えた映像は、後にこの曲のビデオ・クリップに使用された[9]。

この曲の中で、彼女たちは、「テオトコス (Θεοτόκος)」(神の母、すなわち聖母マリア)にあたるロシア語「ボゴロディーツァ (Богородица)」に、「プーチンを辞めさせて」と訴えている。この曲の歌詞は、モスクワ総主教キリル1世のことを、神よりもプーチンを信じているように描いたものだった[10]。総主教は、選挙戦が始まる前から、大統領候補としてプーチンを公然と支持していた[11]。

逮捕と訴追[編集]

詳細は「:ru:Дело Pussy Riot」を参照

2012年3月3日、プッシー・ライオットのメンバーとされたマリア・アリョーヒナ(英語版) (Мария Алёхина) と ナジェージダ・トロコンニコワ(英語版) (Надежда Толоконникова) がロシア当局に逮捕され、2人はフーリガン行為の咎で訴追された。当初2人は、グループのメンバーであることを否認し、拘留により幼い子どもたちから引き離されたことに抗議し、4月に裁判が始まる前にはハンガー・ストライキも行なった[12]。

3月16日に、もうひとり、それまでこの事件の目撃者として取り調べを受けていたエカチェリーナ・サムツェヴィッチ(英語版) (Екатерина Самуцевич) が、同様に逮捕、訴追された[13]。

6月4日、彼女たちは2,800ページに及ぶ起訴状により正式に起訴された[14]。7月4日になって、彼女たちは突然、7月9日までに弁論準備を終えるべしとの告げられた。これに対して、彼女たちはハンガー・ストライキを宣言し、事実上2日間(告知された4日は水曜日、9日は月曜日で、平日は木・金の2日しかない)では裁判の弁論準備には不十分だと主張した[15]。7月21日、裁判所はさらに6か月の拘置延長を認めた[16]。

拘束されたプッシー・ライオットの3人のメンバーは、政治犯救援組織 Союз солидарности с политзаключенными (СПП) から政治犯と認定された[17]。アムネスティ・インターナショナルは、「ロシア当局の反応の厳しさ」を理由に彼女たちを良心の囚人と認めた[18]。

ロシア国内では、さらに厳しい見解が大々的に表明された。3月21日、モスクワのリザパラジェーニヤ教会(祭服教会) (Церковь Ризоположения) の聖体礼儀において、モスクワ総主教キリル1世は、プッシー・ライオットの行為は「冒涜的」であるとし、「悪魔が私たちすべてを笑いものにしている ... 偉大な祭壇の前で嘲笑することが許されるなら、また、このような不謹慎が、勇気のある政治的抗議表現であるとか、許容されるべき範囲の行為であるとか、害のない冗談だとされるなら、私たちに未来はない」と述べた[19]。人気歌手アーラ・プガチョワは、女性の声を代弁して、拘束されている3人は投獄されるのではなく、コミュニティへの奉仕活動に従わせるべきだと述べた[20]。BBCの特派員ダニエル・サンドフォード (Daniel Sandford) は、「彼女たちの扱いは—1967年にロック・バンド、ローリング・ストーンズのメンバーが裁判にかけられたときに作られた言い回しで言うならば—彼女たちは「車輪で轢かれる蝶」だと感じる多くのロシアの人々に、深刻な不安を与えた[21]。





ナジェージダ・トロコンニコワ




エカチェリーナ・サムツェヴィッチ




マリア・アリョーヒナ
2012年6月下旬、裁判日程も決定されないまま続いていた3人の拘置への懸念が高まり、過剰かつ恣意的な処置への危惧から、公開状が作成されることになった。この公開状には、反体制運動に連なる主要な人々が署名しただけでなく、プーチン支持者として知られる映画監督フョードル・セルゲーヴィチ・ボンダルチュク (Фёдор Сергеевич Бондарчук) や、プーチンの再選運動のビデオに登場した女優チュルパン・ハマートヴァと俳優エフゲニー・ミローノフまでもが名を連ねた[22]。ロシア映画人同盟 (Союз кинематографистов России) の代表である ニキータ・ミハルコフは、インタビューに応え、彼女たちに「反対」する立場から、この公開状に署名すると述べた[23]。

2012年7月、社会学者アレック・D・エプシテイン (Алек Д. Эпштейн) が、3人を支援するために、ロシアの芸術家多数の作品を集めて編集した『Алек Д. Эпштейн. Искусство на баррикадах: Pussy Riot, «Автобусная выставка» и протестный арт-активизм(バリケードの芸術:プッシー・ライオット、«バス展示»、抗議する芸術活動)』を出版した[24]。

3人の女性たちの裁判は、モスクワのハモーヴニキ(Хамовники)区の地区裁判所で7月30日に始まった[25]。「宗教上の憎悪ないし悪意を動機とする組織的集団によって実行された、事前に準備されたフーリガン行為」の罪で訴追された3人は、最長7年の懲役に処される可能性がある[26]。7月上旬にモスクワで行なわれた世論調査では、回答者のほぼ半数が裁判に反対であるものの、36%は裁判を支持しており、残りは態度を決めかねているという結果が出た[27]。被告たちは無罪を主張し、意図的に法を犯す抗議を行なったものではない、と述べた[26]。7月31日、イギリスの日刊紙『フィナンシャル・タイムズ』は社説を出し、被告たちは既に「これまでに受けた惨い仕打ちのために、国際的にも特別な大事件 (cause célèbre) となっている」と論じた[28]。

被告たち[編集]
マリア・アリョーヒナ (Мария Алёхина) は、モスクワのジャーナリズム文芸学校の4年生で、ロシアのグリーンピースの人道ボランティア、環境活動家としての経歴がある。(起訴時点で)24歳、子は幼児ひとりがいる。彼女は裁判においても積極的な役割を演じており、証人への反対尋問を行なったり、起訴内容や手続きについて、攻撃的な質問を行なっている[29]。
エカチェリーナ・サムツェヴィッチ (Екатерина Самуцевич) は、30歳のコンピュータ・プログラマで、LGBTの諸問題に関心を持っている。彼女はモスクワのロトチェンコ写真マルチメディア学校 (Московская школа фотографии и мультимедиа имени Родченко) の卒業生である。法廷には、祖父スタニスラフ・サムツェヴィッチが傍聴に来ている[30]。
ナジェージダ・トロコンニコワ (Надежда Толоконникова) は、22歳で、モスクワ大学で哲学を学ぶ学生であり、ストリート・アート集団ヴィオナ (Война) とともに政治活動に関わった経歴がある。ピュートル・ヴェルジロフと結婚しており、4歳の娘がいる[31]。

国際的な支援[編集]

被告たちは、以下のような多数のミュージシャンたちからの支持表明を受けている:ケイト・ナッシュ (Kate Nash)[32]、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ[33]、スティング[33][34]、ピーター・ガブリエル[35]、コーナーショップ[32]、フェイス・ノー・モア[36]、フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノス (Alex Kapranos)[32]、 ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナント[32]、パティ・スミス[37][38]、ビースティ・ボーイズ[39]、Refused、Zola Jesus[39]、ダイ・アントワード[39]、ジャーヴィス・コッカー[32]、 ピート・タウンゼント[32][40]、ザ・ジョイ・フォーミダブル[32]、Peaches,[36] マドンナ[41][42]、ジェネシス[43]、Tegan and Sara[44]、ジョニー・マー[32]、コートニー・ラブ[45]、イーロ・ランタラ[43]、Propagandhi[46]、アンタイ・フラッグ,[43]、コリーヌ・ベイリー・レイ[32]、Kathleen Hanna,[47]、ビョーク[48]、オノ・ヨーコ[35]。イギリスのコメディアン、スティーヴン・フライ[49]や、元コメディアンでアイスランド、レイキャビック市長 Jón Gnarr もバンドへの支持を表明している[50]。

ドイツ連邦議会の議員有志121名は、ウラジミール・グリーニン (Владимир Гринин) 在ドイツ・ロシア大使に、拘束されている3人を支持する旨の書簡を送った。この書簡は、彼女たちに対する処遇が当を失した過剰なものであると述べている[51]。2012年8月9日、プッシー・ライオットを支持する400人がベルリンで、鮮やかな色の目出し帽を被って行進し 、バンドへの支持を表した[52]。同様のデモは小規模ながらモスクワでも行なわれ、8月15日には逮捕者4人が出る騒動となった[53]。

判決[編集]

8月17日、モスクワの裁判所は被告となっていた3人に禁固2年の実刑判決を言い渡した。残る2人のメンバーは国外に逃亡したことがわかっており、警察が捜査を開始したことが伝えられた[54]。

控訴審判決[編集]

控訴審判決はモスクワ市裁判所で10月10日に行われ[55]、エカチェリーナ・サムツェヴィッチに「警備員に取り押さえられたために祭壇でパフォーマンスをすることはできなかった」と認定して執行猶予2年を言い渡し、エカチェリーナは釈放された。残る2人は控訴を棄却し実刑判決を維持した[56][57]。釈放されたエカチェリーナは、CNNのインタビューに答え、今後もプーチン大統領への抗議活動を続けると述べた。弁護団は欧州人権裁判所への提訴を検討していると報じられている。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

1.^ Miriam Elder (2012年8月3日). “Pussy Riot trial 'worse than Soviet era'”. The Guardian. 2012年8月8日閲覧。
2.^ Jennifer Rankin (2012年8月9日). “Pussy Riot case likened to Stalin show trials”. Irish Times. 2012年8月9日閲覧。
3.^ Corey Flintoff (2012年2月8日). “In Russia, Punk-Rock Riot Girls Rage Against Putin”. NPR. 2012年2月10日閲覧。
4.^ Miriam Elder (2012年2月2日). “Feminist punk band Pussy Riot take revolt to the Kremlin”. The Guardian 2012年8月8日閲覧。
5.^ Veli Itäläinen (2012年3月26日). “Pimppimellakka omin sanoin” (Finnish). Fifi, Voima 2012年8月8日閲覧。
6.^ Henry Langston (2012年3月). “A Russian Pussy Riot”. Vice 2012年8月8日閲覧。
7.^ Sergey Chernov (2012年2月1日). “Female Fury”. The St. Petersburg Times (1693 (4)) 2012年8月8日閲覧。
8.^ Mark Feigin (2012年4月19日). “Интервью | Гости | Русская служба новостей” (Russian). Rusnovosti.ru. 2012年8月8日閲覧。
9.^ “Панк-молебен Богородица, Путина прогони Pussy Riot в Храме”. Audiosurfx/YouTube (2012年2月21日). 2012年8月14日閲覧。
10.^ Pussy Riot (2012年2月21日). “The text of the song in Russian” (Russian). http://pussy-riot.livejournal.com.+2012年7月31日閲覧。
11.^ Bennetts, Marc (2012年8月13日). “In Putin’s Russia, Little Separation Between Church and State”. The Washington Times. 2012年8月16日閲覧。
12.^ “Russian punk band Pussy Riot go on hunger strike in Moscow”. The Week. (2012年3月6日) 2012年8月8日閲覧。
13.^ “Third member of 'Pussy Riot' charged over punk prayer”. RT. (2012年3月16日) 2012年8月8日閲覧。
14.^ “Участниц Pussy Riot официально обвинили в хулиганстве по мотивам религиозной ненависти” (Russian). rosbalt.ru (2012年6月4日). 2012年8月8日閲覧。
15.^ Jonathan Earle (2012年7月4日). “Pussy Riot Suspects Go on Hunger Strike”. The Moscow Times. 2012年7月4日閲覧。
16.^ Gabriela Baczynska (2012年7月21日). “Russia extends jailing of Pussy Riot activists”. Reuters. 2012年7月21日閲覧。
17.^ “Троих предполагаемых участниц Pussy Riot признали политзаключенными [Three of the alleged participants of Pussy Riot recognized as political prisoners]” (Russian). Росбалт. (2012年3月25日) Google translation.
18.^ “Russia: Release punk singers held after performance in church”. Amnesty International (2012年4月3日). 2012年4月4日閲覧。
19.^ “Pussy Riot reply to Patriarch”. RT. (2012年3月27日) 2012年8月8日閲覧。
20.^ Marc Bennetts (2012年4月16日). “Russia's Pop Queen Wants Freedom for Pussy Riot”. RIA Novosti. 2012年4月16日閲覧。
21.^ Daniel Sandford (2012年7月30日). “Pussy Riot trial: Muscovites reflect on divisive case”. BBC News Online 2012年7月30日閲覧。
22.^ Miriam Elder (2012年6月30日). “Russians join in call for Pussy Riot trio’s release”. The Guardian. 2012年6月30日閲覧。
23.^ “Mikhalkov against Pussy Riot” (Russian). echomsk.spb.ru (2012年7月25日). 2012年8月16日閲覧。 Google translation
24.^ Valery Ledenev (2012年7月23日). “Борьба продолжается!”. artchronika.ru. 2012年7月25日閲覧。
25.^ Meyer, Henry (2012年7月30日). “Punk Girls Sorry Anti-Putin Act Hurt Devout as Trial Starts”. Business Week 2012年8月16日閲覧。
26.^ a b “Pussy Riot trial over Putin altar protest begins”. The Guardian. Reuters. (2012年7月30日) 2012年7月30日閲覧。
27.^ “Pussy Riot trial: A glance case against anti-Putin feminist rockers” (2012年7月30日). 2012年7月30日閲覧。
28.^ Editorial (2012年7月31日). “The Pussy Riot act” ((要登録)). The Financial Times 2012年8月1日閲覧。
29.^ Miriam Elder (2012年8月8日). “Pussy Riot profile: Maria Alyokhina: Unofficial spokeswoman for Pussy Riot, Maria Alyokhina has challenged witnesses and remains defiant over the charges”. The Guardian (Moscow) 2012年8月9日閲覧。
30.^ Miriam Elder (2012年8月8日). “Pussy Riot profile: Yekaterina Samutsevich: Art lover Yekaterina Samutsevich, 29, warns of government campaign to instil fear among Russians with 'opposition' views”. The Guardian (Moscow) 2012年8月9日閲覧。
31.^ Miriam Elder (2012年8月8日). “Pussy Riot profile: Nadezhda Tolokonnikova: Philosophy student Nadezhda Tolokonnikova, 22, has been described as the evil genius behind Pussy Riot”. The Guardian (Moscow) 2012年8月9日閲覧。
32.^ a b c d e f g h i “Jarvis Cocker exhorts Putin over Pussy Riot case”. BBC News (2012年8月2日). 2012年8月10日閲覧。
33.^ a b “'Set them free': Sting calls for Pussy Riot release from 'appalling' detention”. RT (2012年7月26日). 2012年8月10日閲覧。
34.^ “「プッシー・ライオット」逮捕、スティングがモスクワで批判”. 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 (2012年8月7日). 2012年8月16日閲覧。
35.^ a b Henry Meyer (2012年8月8日). “Madonna Urges Freedom For Anti-Putin Punk Girls At Concert”. Bloomberg. 2012年8月10日閲覧。
36.^ a b “Canadian artist Peaches to release 'Free Pussy Riot' video”. Agence France-Presse. Google News. (2012年8月9日) 2012年8月10日閲覧。
37.^ Khristina Narizhnaya (2012年8月7日). “Pussy Riot Trial Nears Verdict in Moscow”. Rolling Stone. 2012年8月10日閲覧。
38.^ “新譜『バンガ』を発売したパティ・スミス、プッシー・ライオット釈放を叫ぶ”. UPLINK (2012年8月9日). 2012年8月16日閲覧。
39.^ a b c “КАК PUSSY Riot СТАЛИ СВОИМИ В МИРОВОМ шоу-бизнесе” (Russian). http://interviewrussia.ru.+2012年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月11日閲覧。
40.^ “ピート・タウンゼントら、ロシア大統領にプッシー・ライオットの釈放を要求”. BARKS (2012年8月8日). 2012年8月19日閲覧。
41.^ “Madonna asks for leniency for Pussy Riot”. Yahoo News (2012年8月7日). 2012年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月8日閲覧。
42.^ “マドンナさん、露「プッシー・ライオット」の釈放求める”. AFPBB News (2012年8月7日). 2012年8月16日閲覧。
43.^ a b c Kira Kalinina (2012年8月1日). “Western artists weigh in on Pussy Riot case”. The Voice of Russia. 2012年8月10日閲覧。
44.^ Tegan and Sara (2012年8月8日). “Twitter”. Tegan and Sara. 2012年8月10日閲覧。
45.^ Love, Courtney (2012年8月12日). “BBC News - Russian girl band Pussy Riot deny hooliganism charge”. Twitter / Courtney. 2012年8月16日閲覧。
46.^ “Support Russian Band PUSSY RIOT!”. Propagandhi (2012年8月1日). 2012年8月10日閲覧。
47.^ Lindsay Eanet (2012年8月9日). “Kathleen Hanna: 'We Are All Pussy Riot'”. BlackBook. 2012年8月10日閲覧。
48.^ “"here comes a statement in defense of pussy riot" - Björk's official Facebook profile”. Björk (2012年8月10日). 2012年8月10日閲覧。
49.^ George Stroumboulopoulos (2012年7月30日). “I Wanna Riot: This Russian Punk Band May Get Seven Years In Prison”. CBC. 2012年8月10日閲覧。
50.^ “Reykjavik Mayor Supports Jailed Pussy Riot”. RIA Novosti (2012年8月11日). 2012年8月11日閲覧。
51.^ “121 German Parliamentarians Support Jailed Pussy Riot Members”. RIA Novosti (2012年8月8日). 2012年8月8日閲覧。
52.^ Nadja Sayej (2012年8月9日). “Quiet Rioters: A Colorful Show of Support in Berlin”. The New York Times. 2012年8月10日閲覧。
53.^ “プッシー・ライオットの支持者がデモ、警察が4人拘束 モスクワ”. AFPBB News (2012年8月16日). 2012年8月16日閲覧。
54.^ “露「プッシー・ライオット」の未拘束メンバー2人、国外に逃れる”. AFPBB News (2012年8月27日). 2012年9月9日閲覧。
55.^ 毎日新聞: ロシア:反プーチン女性バンド メンバー1人を釈放
56.^ AFPBB: プーチン批判で禁錮刑の「プッシー・ライオット」、1人釈放
57.^ CNN日本版: 釈放された反プーチンバンドのメンバー「抗議活動続ける」

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、プッシー・ライオットに関連するカテゴリがあります。
Official website/blog
Pussy Riot - 公式YouTubeチャンネル
Free Pussy Riot website
Closing statement at the trial by Samutsevich
ロシア「反プーチン」バンド、長期拘束…内外から関心
プッシー・ライオットの肖像(紙に赤い口紅)|レナ・ハデスの作品です




カテゴリ: パンク・ロック・バンド
ロシアの政治
ロシアのフェミニスト

※ロシアのシステマと言えばナイフが有名ですが
実は鞭も使う
コサックやらロシア軍には他にもスコップやらサーベルやらの武器も豊富なんだとか
おそらくコサックだった少年時代のビクトル古賀先生なんかも習得されてたんでしょうな
その手のコサック武術を

んでコサックがプーチン批判の女性バンドを鞭で暴行
暴力で女性を黙らせようとかいうのは個人的には全く好きにはなれませんなぁ
プーチンは柔道家としては好きな人物ですが

暴力で弱者を黙らせるのは全く好きにはなれません
この手の暴力は日本の沖縄の機動隊やら(機動隊が信じられないほど横暴なのはお仲間の公安が潜入先で頭を盾でかち割られたという証言からも有名)
中国の民主化運動への暴力だの
アメリカの警察の黒人への無差別暴力など

暴力で人を黙らせるという思想が柔道の自他共栄の思想からは大きく外れてますので
わたしゃ政治家としてのプーチンが好きには絶対になれませんね
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3139-103294be