ほらな。やっぱりキモオタはみんなネトウヨだ。クリエイターなどのキモオタ業界人にすらこういうのがウジャウジャいるからな。もはや日本のキモオタ文化は表現規制を推進して滅ぼすしかない。

http://blog.livedoor.jp/chuuseijap/archives/65862491.html



【キモオタ=ネトウヨ】ゲームクリエイター鈴木一也「関東大震災時の朝鮮人暴動は事実で日本人による虐殺はなかった」



https://twitter.com/baelzebub/status/775583388400881664

鈴木一也
‏@baelzebub

@tako_ashi 関東大震災で暴動起こしたのは共産党の朝鮮人たちです。殺され、放火され、犯され、盗まれたのは日本人ですよ? 東京と横浜の人はそれに対抗するために自警団を作って戦ったのです。
歴史をちゃんと知らないと、見当違いなことを堂々と主張して恥をかきます。

187 リツイート 85 いいね
23:34 - 2016年9月12日
1f00729e.png




ほらな。やっぱりキモオタはみんなネトウヨだ。
クリエイターなどのキモオタ業界人にすらこういうのがウジャウジャいるからな。
もはや日本のキモオタ文化は表現規制を推進して滅ぼすしかない。

で、ツッコミ。

>殺され、放火され、犯され、盗まれたのは日本人ですよ?

じゃあその「朝鮮人に殺された」っていう日本人の遺骨でも提示してみろよ。
お前らが普段散々南京大虐殺などについては「被害者の遺体・遺骨を出せ!」とうるさく言っているんだから、もちろんそれくらいできるよな?
遺骨を出せないならそんなものは存在しないと見做す。
これも普段お前らが散々言ってることと全く同じことだ。
ダブルスタンダードは許さん。

ちなみに関東大震災朝鮮人虐殺事件で虐殺された朝鮮人の場合、遺骨どころか当時の日本政府が朝鮮人の遺骨の隠蔽を図った記録すら残っている。


その3 「虐殺の証拠はない」は大間違い
http://01sep1923.tokyo/lies-in-20min/article3/

(前略)

●遺骨を判別できないように処置

正確な被害者数が分からない最大の理由は、当時の政府の方針にあります。政府は殺害された朝鮮人の遺骨と一般の震災による死亡者の遺骨を「判明せざる様処置する」ことを関係機関に指示するなど、虐殺の規模が分からないように努めました(「関東地方震災ノ朝鮮ニ及ホシタル状況」)。政府は、虐殺の全貌が明らかになることが、朝鮮本土の朝鮮人たちに動揺を与え、日本の統治を揺るがすことを恐れたのです。

近年の研究書では、殺された朝鮮人の数については「数千人」という幅のある表現をしていることが多いようです。内閣府中央防災会議の専門調査会の報告書では、殺害された朝鮮人と中国人、そして朝鮮人に間違えられて殺された日本人の総数を「震災によって死亡した人数の1%から数%」と推定しています。これはほぼ、1000人から数千人ということになります。状況を総合的に検討したとき、そこまでは言えるということでしょう。同時に、それ以上に明確な数字を示すことは現状では難しいということでもあります。

やはり日本は当時から都合の悪いことを隠蔽する嘘つき国家だったか。
これは山田昭次氏をはじめとする歴史学者らが書いた関東大震災朝鮮人虐殺事件関連の本にも載っている有名な事実だ。
日本政府による朝鮮人の遺骨の隠蔽がなかったと言うならその学術的根拠を出せ。

そして、

>歴史をちゃんと知らないと、見当違いなことを堂々と主張して恥をかきます。

それはお前自身のことだろうが。

こいつに限らずネトウヨって、

「左翼は歴史を知らない」
「韓国人こそ歴史を学べ」
「俺ら日本人こそ真実の歴史を知っている」

などと、相手は何一つ歴史を知らず自分こそが情強で物知りな歴史博士だってことにしてやたらに人を見下したがるよな。
だがあいにくだが本当に歴史を何一つ知らない情弱はお前らクソウヨのほうだ。

「歴史」とは日本のクソウヨが勝手な妄想ででっち上げたワガクニファンタジーの類いではなく歴史学者たちが学問的に実証したもの、つまりお前らが「自虐史観」(大爆笑)とか呼んで執拗に攻撃してるもののことを言う。
お前らが「知っている」のは断じて「歴史」などではない。
それは偽史でありファンタジーでありフィクションだ。

これに文句がある奴はお前が歴史の学術論文を書いて歴史学会に認めさせてみろよ。
まあネトウヨのワガクニファンタジーなんぞ何の学術的根拠もないから100%間違いなく門前払いを喰らうだろうがな。

まあそもそも昨今の日本のネットにしては珍しくこのツイートには批判の声もたくさん寄せられているわけではあるが、ちょっと目に止まった悪質なツイートがあるのでツッコミ。


(上記のツイートと同じリンク先より)

adidasさん (夜もTakeke) ‏@Takeke09  9月13日

@baelzebub @kzhro777 @tako_ashi 朝鮮半島出身者が暴動を起こしたことは当時の新聞に書いてありますけど
歴史を否定してはいけませんね

戦後直後の三国人の土地の不法占拠が無かったとか

そういうことをいう人達こそ怖い
e57effac.png



「当時の新聞に書いてありますけど」(大爆笑)。
「当時の新聞に書いてありますけど」(大爆笑)。
「当時の新聞に書いてありますけど」(大爆笑)。

だからその当時の新聞が垂れ流していた情報自体がデマなんだろうがこのド低能。


その4 震災直後の新聞のデタラメ
http://01sep1923.tokyo/lies-in-20min/article4/

「不逞鮮人1千名と横浜で戦闘 歩兵一個小隊全滅か」―ネット上に、こうした類の、朝鮮人暴動を伝える震災直後の新聞記事をアップしている人々がいます。

彼らは、これらの記事の存在こそが、朝鮮人暴動が流言ではなく事実であった動かぬ証拠だと考えているようです。しかし実際には、それらは交通や通信が途絶えた震災直後に氾濫したデマ記事の類にすぎず、その後、行政機関の報告でも「虚伝」として紹介されているものです。この時期は、「伊豆諸島沈没」「富士山爆発」「名古屋壊滅」など、様々なデマ記事があふれました。富士山の爆発と同じく、新聞がさかんに伝えた朝鮮人暴動も、誰も実際には見ていない「幻」だったのです。

●「朝鮮人暴動記事は虚報」が歴史的評価

東海大学の山本文雄教授(産経新聞の論説委員も務めた方です)が明治以降のメディアの歴史をまとめた『日本マス・コミュニケーション史』(東海大学出版会、1970年)には、関東大震災期のメディア状況について以下のように書かれています。


「当局も信頼できる情報をえられず、流言の波に巻き込まれて、全く手に負えない状態になった。そのうえ新聞も根拠のない風説を事実のように報道して恐怖に拍車をかけている。当局が混乱したばかりでなく新聞報道も混乱していた」

山本教授は、この一文に続けて、当時の風説記事の例として「朝鮮人が放火」「朝鮮人が山本首相を暗殺」「朝鮮人が軍隊と激突」といった記事を並べています。朝鮮人暴動記事は虚報だった―これが歴史的に定まった評価なのです。

このことは、同時代の人々にとっても常識でした。たとえば、明治以降いくつもの新聞で記者として活躍し、記者育成に尽くしたことで、「新聞の鬼」との異名をとった山根真治郎(1884年生まれ)は、震災から18年が経った1941年(太平洋戦争が始まった年)に、著書『誤報とその責任』の中で、関東大震災期の新聞についてこう振り返っています。


「悪質な風説は事変とか争乱とか天災地変のような時に多く発生する。大正12年の関東大震災の時は人心徨惑して風説百出し、さしも冷静を誇る新聞記者も遂に常軌を逸した誤報を重ねて悔を千歳に遺した事は今なお記憶に新たなるところである。いわく在留朝鮮人大挙武器をふるって市内に迫る、いわく毒物を井戸に投入した、いわく徳富蘇峰圧死す、曰く激浪関東一帯を呑む…数えるだにも苦悩を覚える」

(読みやすさを配慮して一部漢字を開いて新かなにした)

●内務省が1926年に否定している「ネットDE真実」

これはまた、当時の行政機関の認識でもありました。警視庁は震災の2年後、1925年に発行した震災報告『大正大震火災誌』のなかで、「災後東京市内の日刊新聞紙が発行不如意なるに乗じ、近県発行新聞紙の競争的移入行われしが、中には流言浮説を不用意に掲載して、人心を動揺せしむるものなきにあらず」と指摘しています。

また、内務省が26年に発行した『大正震災志』では


「交通通信がすべて途絶した当時であるから、東京横浜市民さえ、眼前の惨害より他の一切は全く知らなかった。まして他地方の人達はただただ張膽駭目するのみで、あせりにあせってもその被害状況をつまびらかにし得なかったのである。当時各地方新聞が号外もしくは本紙において報道したものの中には、随分思い切ったものがあった。その中より数種を転載して、当初暗黒の状をしのぶ一端とする」

として、震災直後の様々な誤報・虚報を十数種、紹介しています。そのなかには「横浜で1000人の朝鮮人と衝突して一個小隊が全滅」「朝鮮人2000が御殿場を襲撃」といった記事もあります。ちなみに前者はネット上で「朝鮮人暴動の証拠」としてしばしば見かける記事と全く同じ内容です。

戦後まもなく法務府(法務省の前身)特別審査局から発行された吉河光貞『関東大震災の治安回顧』(1949年)でも、「全国各地の新聞紙はいたずらに報道の新奇を競い、這般の情勢を煽情的に映出し、各種の流言的記事を撒付してますます人心不安を助成」したと指摘されています。

なぜ、誤報や虚報がこれほどまでに横行したのでしょうか。

1923年9月1日、東京の中心部は焼失し、交通機関と通信施設は壊滅しました。このとき、都心の新聞社20社のほとんども被災。東京日日、都、報知新聞の3社は焼け残りましたが、わずかな号外を出すのが精一杯という状況でした。大混乱が続き、まともな取材もおぼつきません。こうした中で、とくに地方紙を中心にいい加減な記事が横行したのです。避難民がまことしやかに語る流言をそのまま書いたものも少なくありませんでした。「富士山爆発」「伊豆諸島海中に没す」「山本首相暗殺」「名古屋壊滅」といった記事が氾濫し、ときには実際にそれを目撃した人の証言として、それどころかときには当局の発表と称して掲載されました。

富士山爆発は笑い話で済みますが、「朝鮮人の暴動」という流言記事は治安悪化に拍車をかける可能性がありました。そのため、内務省は9月3日、「朝鮮人の妄動に関する風説は虚伝にわたること極めて多く、非常の災害により人心昂奮の際、かくのごとき虚説の伝播はいたずらに社会不安を増大するものなるをもって、朝鮮人に関する記事は特に慎重に御考慮の上、一切掲載せざるよう御配慮」されたしという内容の「警告書」を各新聞社に送付します。さらに5日には朝鮮人問題についての報道そのものを禁止してしまいました(10月20日に解禁)。7日には、出版を含む「流言」を、罰則をもって取り締まる治安維持令が発せられます。それでも、10日くらいまでは地方紙では流言記事が出ていたようです。

しかし世の中が落ち着く頃には、朝鮮人暴動を伝える新聞記事がデマであったことは常識となりました。

当然の話です。当初の混乱が落ち着いてみれば、「不逞鮮人300余名が手に手に爆弾を携え」て横行するのを目撃した人は誰もいなかったし、「上水道に毒を散布」した事実もなかったし、「碓氷峠の上から列車爆破を企」てたと警察に自白したという朝鮮人も存在していなかったのですから。警視庁がまとめている流言の一覧とつきあわせてみれば、こうした新聞記事の多くが流言を書き写したものにすぎなかったことがよく分かります。

警視庁でまとめた流言については内閣府中央防災会議専門調査会『1923関東大震災報告第2編』第4章「混乱の拡大」にリスト化されて掲載されている

(後略)
こういう「歴史」(=歴史学者たちが学問的に実証したもの)を否定してはいけませんね。
ほんとネトウヨって自分にとって都合がよければどんな怪しい情報でも鵜呑みにする情弱のド低能揃いだよな。

マスコミがネトウヨに都合の悪い事実を報道した時。
ネトウヨ「マスゴミは嘘(ただし嘘だという証拠なし)で日本を貶めてばかり!ネットこそ真実!」

マスコミがネトウヨに都合のいいデマを流した時。
ネトウヨ「ほらみろ、やっぱりチョンはクソだ!偉大なるマスコミ様もそうおっしゃってるぞ!」

まさにこれだからなあ。
しかもこのギャグとしか思えないことを本気でするのがネトウヨ。

>戦後直後の三国人の土地の不法占拠が無かったとか
>そういうことをいう人達こそ怖い

世界最悪の性奴隷制度である日本軍従軍慰安婦制度が無かったとか
そういうことをいう人達こそ怖い。

ついでにもう一つ。


(同じく上記のツイートと同じリンク先より)

とっつあん ‏@imp_driver 14 時間前

@baelzebub この問題になると決まった人達が沸きますね。お困りなのでしょう。差別云々ではなく犯罪者を批判することのなにが悪いのか。
沸いてる人達はヘイトスピーチ規制法は犯罪者は対象外ってのを知ってるのかな?(笑)
79cb8f15.png



>差別云々ではなく犯罪者を批判することのなにが悪いのか。
>沸いてる人達はヘイトスピーチ規制法は犯罪者は対象外ってのを知ってるのかな?(笑)

そうだな、韓国朝鮮人という民族全体を叩くのは明らかな差別だがお前らネトウヨやキモオタといった犯罪者の属性を批判することは差別でも何でもないので何も悪くないな。
だからヘイトスピーチ規制法は韓国朝鮮人を保護の対象にしているが犯罪者であるお前らネトウヨやキモオタは保護の対象外なんだよな(大爆笑)。

最後にてきとうコメント欄で核心を突いた書き込みを見つけたのでここに掲載しておく。


関東大震災時の朝鮮人虐殺について横浜市の副読本から軍隊や警察の関与が削除される。こうやって都合の悪い歴史は消され美化されていく
http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51914211.html#comments

19. 名無しの共和国人民 2016年09月14日 15:19 ID:l9GZ7k6F0
この問題で考えることとして、じゃあ、仮に、その「朝鮮人による暴動」とやらが実際に発生していた、としても、日本人の自警団などが殺害してしまった「朝鮮人」の人自身が、その暴動などに加わっていたのか?ということです。

もし、「朝鮮人による暴動」があった、としても、すべての朝鮮人の人々が、その暴動に加わっていたというわけでもないでしょうし、その暴動に参加していない、特に罪のない人々をも、単に「朝鮮人」という属性だけで、殺害の対象としてしまうといのであれば、無法な虐殺と言わざるを得ないでしょう。

もっと言えば、仮に暴動に参加していた人物であったとしても、原則は、その人物を身柄拘束し、裁判にかけ、しかるべき手続きのもと、刑事罰を科すべきであるのであって、取り締まろうとしても、なお暴動を続けて行っており、その人物を殺害しなければ、取り締まる側や市民の安全を確保できない、というような正当防衛の状況でなければ、直ちに殺害してしまうことは原則として許されないはずです。

当時日本は、一応、近代的な法治国家として運営されていたはずなのに、このような状況であったとすれば、やはり、日本人には、朝鮮人に対し、「人間扱い」をせず、レイシズム的、ヘイト的な感情があったのでしょう。

ほんとこれ。

クソウヨが主張するように「当時は朝鮮人による暴動があったから日本人は正当防衛で朝鮮人を殺しただけ」だと言うならその殺された朝鮮人たち一人一人が実際に暴動に加わっていた証拠も同時に出せなければならないわけ。
だが関東大震災朝鮮人虐殺事件を正当化したいクソウヨどもが出すのは当時の新聞のデマ記事ばかりで、殺された朝鮮人たち一人一人が実際に暴動に加わっていた証拠を出せた奴なんてただの一人もいない。

そりゃ、そもそも朝鮮人暴動自体がデマなんだからそんな証拠どこにもあるはずがないわな。
当然、その場で朝鮮人を殺害してしまわない限り日本人の安全が確保できない切迫した状況だったという証拠だって何もない。
そういう証拠がない以上、「正当防衛」という言い訳は成り立たない。

南京大虐殺論争での「虐殺は存在せず日本軍は国際法違反の便衣兵を殺しただけ」というクソウヨの主張についても同様だが、そもそもそういう相手であってもちゃんと裁判にかけてから処刑しなければただの虐殺に過ぎないのに、全員が例外なくそんなことも理解できない無法者犯罪者野郎の集団が日本のクソウヨなんだよな。

もはやこういう「韓国朝鮮人や中国人は問答無用で殺しても正当防衛なのでいくらでも殺していい」という狂った思考のクソウヨの存在自体が韓国朝鮮人や中国人全体に対する脅迫罪だ。
日本の警察はクソウヨどもを韓国朝鮮人や中国人全体への脅迫罪と在日団体や朝鮮学校などへの威力業務妨害罪で全員逮捕しろ。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3126-83e3a17f