メタモリス制作 柔術ドラマ The Foundation

The Foundation


かつて元祖グレイシー一族がブラジルのリオデジャネイロの郊外テラズアポレスで柔術のトレーニングを積んでいた時代
柔術宣伝ドラマが制作されました
その時代はグレイシー一族の宗主カーロスの次男ホブソンが主人公だったが

エリオグレイシーのの孫ハレックグレイシー主催のメタモリスがそういった内容の柔術ドラマを現代式にアレンジして復活

のび太がジャイアンにボコられ柔術を始めるという構図は変わらず

柔術はアスリートの為にあるのではなく弱者の為にあるのだという思想は
グレイシー一族が特に強いですねぇ

シセロコスタのアカデミーとかは弱肉強食のアスリートのみしか生き残れない世界の思想ですが

そういった差異がグレイシー(特にホリオン)と競技柔術アスリート育成道場との差なのかも

まぁ
逆にホリオンは他のグレイシーの意見には一切耳を傾けない独裁者でもあった訳なんですけれどもねぇ
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/3009-a4c6e764