柔術プリースト 238 日本最強の茶帯ぺザオンを破ったシンガポールの伏兵に植松直哉門下最強の嶋田裕太が破る!

Jiu Jitsu Priest #238


日本国内では最強の茶帯ペザオン〟エリクソン・タケウチがタイの柔術イベントで
シンガポールの無名の選手相手にまさかの判定負け!

アメリカ ブラジルらアメリカ大陸が世界最強なのは当たり前として
近年一流どころが直接指導しているヨーロッパ大陸も
レベルの進歩が凄まじいのですが

なんと日本以外のアジアでも柔術のレベルの進歩が凄まじい!

怪我を押しての出場とはいえ日本で最強のぺザオンがまさかの大番狂わせで判定負け

日本国内の柔術のレベルアップも凄まじいのですが
日本以外のアジアでもレベルアップが凄まじいですねぇ…

正直ぺザオンが負けるとは思って見ていなかっただけに驚きです

そういえば各国の柔術のレベルアップも凄まじいのですが

中東方面
アブダビもアブダビワールドプロを見てもわかるように
世界のトップと渡り合っている黒帯がいますからねぇ

ただアブダビはガードからの巧みなテクニックというものは全く見られず
立ち技でポイント取って上から攻めるというスタイルの柔術ばっかで
どちらかというと柔術というよりはレスリングに近いスタイル

そういえば同じアブダビ王族主催のADCCも引き込みはマイナスポイントでしたっけ
アブダビワールドプロに至ってはダブルガードに関してはムンジアル以上に厳しいようですし

ガード=邪道
スタンド&トップ=王道

という考えなんだろうか?
アブダビの柔術界
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2978-93e9a45a