子どもの貧困格差、日本は先進41カ国中34位 教育崩壊:子供の貧困率が先進国でワースト上位

ba39038d.jpg
PK2016041402100037_size0.jpg


http://matome.naver.jp/odai/2138646801131952901

こんなところで見えてしまう日本の「格差」「貧困」社会
世界でも有数の経済大国である一方で、見えない格差に悩まされる日本社会。背景には見えない制約が多く稼ぎづらい社会を作り出していることがあります。親の世代が貧困であるとその子供たちが貧困から抜け出せない社会の階層化が出来つつあるのが日本の社会の現状です。

更新日: 2016年06月07日


egawomsieteさん









111

お気に入り

572481

view
お気に入り追加







■男性が驚愕した「貧困女子」の実態4つ





■パンの耳頼みの生活
・「食事代を浮かすためマジでパンの耳を食べていた」(27歳/医療・福祉/技術職)

・「パンの耳を常備しており、パンの耳のレパートリーをいくつも持っている」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「毎日パン1枚だけ食べていた女性がいました」(31歳/医療・福祉/専門職)



出典
1日パン1枚だけ!? 男性が驚愕した「貧困女子」の実態4つ - デイリーニュースオンライン



















■光熱費をセーブ!
・「光熱費が支払えず、電気が止まったら同僚の家に居候」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「お金の節約のためにお風呂に入らない」(34歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「光熱費を抑えるために真水でお風呂に入る」(34歳/建設・土木/営業職)



出典
1日パン1枚だけ!? 男性が驚愕した「貧困女子」の実態4つ - デイリーニュースオンライン



















■働いているのに低い収入
・「仕事を一生懸命にこなしても時給が安く、貧乏だという話を聞きました」(27歳/運輸・倉庫/専門職)

・「朝から晩まで、コンビニやファミレス、スナックなど、いずれも時給が低いアルバイトをいくつも掛け持ちするも、そのほとんどすべてが生活費に消えていく。赤字に追い込まれることすらもあるという」(35歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「働いても給与が増えず、デートや遊びに使うお金がないと嘆く」(28歳/情報・IT/販売職・サービス系)



出典
1日パン1枚だけ!? 男性が驚愕した「貧困女子」の実態4つ - デイリーニュースオンライン



















■地道すぎる生活を送る
・「化粧品を買うお金がないので、サンプルをもらって使っていると聞いた」(33歳/電機/技術職)

・「定期代をケチって毎日1時間往復徒歩で通勤する人がいます」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いつも同じ服で同じものを食べている」(30歳/医療・福祉/専門職)

派手な女性を苦手に思う男性はいますよね。おしゃれにかけるお金を節約する女子は、男性の目にも堅実な生活を送っているように見えます。でも幸せには見えないようです。



出典
1日パン1枚だけ!? 男性が驚愕した「貧困女子」の実態4つ - デイリーニュースオンライン



















■1世帯の平均貯蓄額「1805万円」にネット震撼





総務省は5月17日、2人以上の世帯を対象にした「2015年家計調査」の速報値を発表した。公表された1世帯当たりの平均貯蓄額「1805万円」の高額ぶりがネットを震撼させ、関連する数値でも議論を呼ぶ事態となっている。

総務省によれば、1世帯当たりの平均貯蓄額は前年比0.4%増の「1805万円」。2002年以降で過去最高を記録した。しかし、年齢別に見ると29歳以下が255万円、30~39歳が666万円、40~49歳が1024万円、50~59歳が1751万円となっており、60歳未満では平均に届かない。60~69歳は2402万円、70歳以上は2389万円で、実に全年齢の約3分の2がその平均を下回っているという事態に…。



出典
1世帯の平均貯蓄額「1805万円」にネット震撼│NEWSポストセブン



















Twitterには、

「『全体の約3分の2が平均を下回っており』だったら、平均値を出しても意味なくね?」
「ただ3分の2の世帯は平均以下の貯蓄。平均値にだまされるな。一部の富裕層の貯蓄額が大幅に増えた分、平均値を押し上げただけだ。」
「どこの貴族を基準にしたんだ?団塊とジュニアの大量退職で退職金で保有額増えただけだろ。預貯金なんてねーよ」
「富が偏在してるから、平均を出すことには、なにも意味がないけどね」

と平均値を出すこと自体に意味をなさないといった怒りの投稿が目立った。一方で、約1割の世帯は世帯貯蓄が「100万円未満」という結果もあることから、



出典
1世帯の平均貯蓄額「1805万円」にネット震撼│NEWSポストセブン



















「世帯貯蓄が最高更新だそうですが全体の約3分の2が平均を下回っており、1割強の世帯は『100万円未満』いかに格差が広がっているかがわかりますね」
「平均が上がったというより、その分格差が広がったということじゃないのか」
「日本人の平均貯蓄額を知ってビックリ。貧富の差は広がっていくばかりだな。貧富の差って言うより高齢者と若者の差だよな」

と貯蓄額から格差拡大を指摘する声も相次いだ。

今回の世帯貯蓄の増加理由として、貯蓄は預貯金のほかにも有価証券などの合計額から算出されることから、株価上昇によって有価証券の保有額が伸びたことも要因とされている。それを加味しても、やはり平均貯蓄額「1805万円」に衝撃を受けた人は多かったようだ。



出典
1世帯の平均貯蓄額「1805万円」にネット震撼│NEWSポストセブン



















■エコノミーの乗客がファーストクラスを通ると…航空機内の「格差」が暴力につながる? トロント大が研究結果





『Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)』誌に5月2日付けで発表された論文で、カナダ・トロント大学のキャサリン・デセレス准教授らは、あまりにも明白な不平等は、暴力の原因になる可能性があると論じている。その例のひとつが、飛行機のエコノミークラスとファーストクラスの乗客が接するときだ。



出典
エコノミーの乗客がファーストクラスを通ると…航空機内の「格差」が暴力につながる? トロント大が研究結果(1/2ページ) - 産経ニュース



















デセレス氏らは、不平等を直に見ることが、人々を乱暴な振る舞いに駆り立てる可能性があると考え、それを航空機のデータで実証しようと考えた。乗客が「暴言または暴行」によって乗務員やほかの乗客を威嚇する「エア・レイジ(Air_rage)」の発生記録に着目したのだ。

エア・レイジが発生する理由の説明としてよく言われるのは、「機内の混雑、フライトの遅れによるいら立ち、座席の小型化」などだが、研究者らは、機内における「社会的格差」がはっきり見えることがエア・レイジを悪化させる原因になるという仮説をたてた。

匿名の航空会社における数百万件を超えるフライトで報告されたすべてのエア・レイジの発生を調べた結果、ファーストクラスがあるフライトでエア・レイジが発生する確率は、ファーストクラスがないフライトの3.84倍だった。この増加率は、「9.5時間の遅れが出たフライト」でのエア・レイジ増加率とほぼ同じだという。



出典
エコノミーの乗客がファーストクラスを通ると…航空機内の「格差」が暴力につながる? トロント大が研究結果(1/2ページ) - 産経ニュース



















また、乗客が直接エコノミークラスに入るのではなく、飛行機の前方から搭乗し、ファーストクラスを通ってエコノミークラスに移動した場合、エコノミークラスにおけるエア・レイジは2.18倍増加した。

しかしこの数字も、自分たちの贅沢な客室を一般の人々が歩いたことが原因と見られる「ファーストクラス乗客の怒り」と比較すると色あせる。エコノミークラスの乗客がファーストクラスを通り抜けるフライトでは、ファーストクラスにおいてエア・レイジが発生する率は11.86倍も高かったのだ。

自分たちの客室をぞろぞろと歩いていくエコノミークラスの乗客を見ると、ファーストクラスの乗客は醜悪に振る舞う傾向がある、と論文には述べられている。「社会的に高い地位にある人が、自分の地位を意識すると、高慢な態度になり、思いやりが薄れる傾向がある」と、ディセレス准教授は述べている。これまでの研究で、豊かな立場の個人が、上から見下ろすかたちの社会的比較によって、不快な振る舞いを見せるようになる場合があることも示されている。



出典
エコノミーの乗客がファーストクラスを通ると…航空機内の「格差」が暴力につながる? トロント大が研究結果(2/2ページ) - 産経ニュース



















■若者を襲う想像を絶する貧困





ブラックバイトでこき使われ、学ぶ時間さえない学生たち。社会に出た途端、奨学金の返済に苦しみ、結婚など夢のまた夢。いや、リスクでしかないという。そうやって、給与も上がらず過重労働を強いられながら家族を養ったり、独身のまま過ごしたりして年を重ねる。やがて、貯蓄もなく年金だけに頼る生活は、生活保護に陥る“下流老人”への道しか見えてこない。つまり、若者の貧困も、現役世代の生活苦も、仕事を失い年金だけに頼る下流老人も、それぞれが点ではなく、「一本の線」で繋がっていることに気付く。



出典
なぜ女子高生は「早く18歳になりたい」と言ったのか



















たとえば、夜間定時制高校に通う女性(17歳)は昼間、アルバイトをしている食品加工工場での給与が9万円程度だという。バイト先の社長名義で借りているワンルームマンションの家賃は5万円。生活さえままならない中、著者に語った台詞が「早く18歳になりたい。風俗店で働けるようになるから、お金に困ることもなくなるでしょう? 風俗店で働いたら、専門学校にも行けるかもしれないし」。

また、「脱法ハウス」で暮らす男性(24歳)、ブラック企業でうつ病を患った男性(27歳)、生活保護を受けている女性(34歳)、所持金13円で野宿していた男性(21歳)などの事例が紹介されている。想像を絶する貧困が、若者たちを襲っているのだ。



出典
なぜ女子高生は「早く18歳になりたい」と言ったのか



















■節約に美容院嫌い…自分で髪を切る人から見える収入格差





髪を切るには美容院や理髪店に行き、お金を払って切ってもらうのが一般的だ。しかし節約などの理由から、自分で切る人も中にはいる。

しらべぇ編集部が調査をしたところ、髪を自分で切ると答えた人は、全体で17.6%。やはり失敗が怖いのか、8割以上の人は美容院や理髪店に行き、プロに任せているようだ。



出典
節約に美容院嫌い…自分で髪を切る人から見える収入格差│NEWSポストセブン



















女性も自分で髪を切っているる!





自分で髪を切る人を男女別で比較してみると、意外とも思える割合に。

昔から「髪は女の命」と言われることもあるように、自分で髪を切るのは男性が大半と思いきや、女性も同じぐらい存在したのだ。

ネットの女性向けメディアでは、セルフカットをあつかった記事が多くある。前髪だけを自分で切る女性は多いが、全体を自分で切る女性はかなり器用といえるだろう。



出典
節約に美容院嫌い…自分で髪を切る人から見える収入格差│NEWSポストセブン



















収入が高いほど美容院や理髪店に行く





収入別でみると、収入による意識の差が顕著に。

年収700万〜1,000万以上の人は、それ以下と比べて自分で切る人が一気に少なくなるのだ。

収入が低いと節約を考え、自分で切る選択をする人もいる。しかし収入が増えると自分で切る手間よりも、美容院や理髪店を選ぶようになるのは自然なことだ。



出典
節約に美容院嫌い…自分で髪を切る人から見える収入格差│NEWSポストセブン



















個人事業主はセルフカット派が多い





商工サービス自営と自営業、個人事業主と呼ばれる人たちは、自分で髪を切る人が多いと判明。髪を切りに行く時間が、なかなか取れないのだろうか?

また、パート・アルバイトでも3割と高い割合に。こちらはどうしても収入が少なくなるので、節約のためだと考えられる。



出典
節約に美容院嫌い…自分で髪を切る人から見える収入格差│NEWSポストセブン



















一方で、経営者/会社役員は、自分で切る人が少ない割合だ。収入別の結果が、反映されているといえる。また会社の顔として表に出る立場なら、髪型もきちんとしておきたい気持ちもあるだろう。

公務員も安定した収入があるからか、自分で髪を切る人は少ない。



近年では1,000円カットと呼ばれる格安理髪店が増え、週末は多くの男性が列をなす。また美容院でも都心部ではリーズナブルなお店もあり、女性はそちらを利用すれば安く済ませられる。

それでも自分で髪を切るのを選ぶ人は、きっと自分なりのこだわりがあるのだろう。



出典
節約に美容院嫌い…自分で髪を切る人から見える収入格差│NEWSポストセブン



















■高校卒業時点で借金6百万…過酷な奨学金返済で貧困転落続出 貧困で路上生活の若者も





金子勝氏(以下、金子) 生田さんは、現在どのような活動をされているのですか。

生田武志氏(以下、生田) ひとつは、野宿している、あるいは野宿生活になりそうな生活困窮者の支援です。最近は、ギリギリまで我慢してから相談に来る人が多いです。たとえば、被災地で仕事をしていたが、大阪に帰ってきたら仕事がなくなり、家賃が払えなくなったという人がいました。釜ヶ崎(大阪市西成区北部の通称)から電車で300円ぐらいかかる市からのSOSの電話だったのですが、そのとき50円しか持っていないと言うので、私が迎えに行きました。寝る場所もないので、西成区役所に一緒に行って相談しました。その後、鬱状態になり自傷して病院に入院。そのような経緯を経て生活保護を受けることになりました。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース



















なお、2008年末から09年初頭に東京・日比谷公園で開設された派遣村以降、生活保護が受けやすくなりました。いわば生活保護が適正化されたので、野宿者の数は減っています。

金子 野宿からアパートに入ることで生活は改善されますか。

生田 野宿者ネットワークの活動の半分は、野宿からアパートなどに入った人への支援です。生活保護を受けて住居に入り職を探そうとしますが、安定的な仕事はなかなか見つかりません。介護職だけはあります。なぜなら介護の現場はひどいので、みんなすぐにやめてしまうからです。50~60歳の人でも介護の学校に通い、介護ヘルパーになるというケースは多いです。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース



















●奨学金が重荷となり生活が困窮する若者たち





金子 最近、若者からの相談が多くなっているようですね。

生田 その大半は、奨学金返済を抱えています。正社員であれば返せますが、非正規雇用では月3~4万円の返済は困難です。奨学金を返済するために家計が圧迫され、毎月少しずつ借金がたまってしまう人が多いのです。高校や専門学校を出た段階で、500~600万円の借金を抱えています。返済の猶予措置があることを知らない人もいます。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース

金子 15~24歳で非正規雇用は48%。つまりほぼ5割だから、奨学金を返済できず生活が困窮する人が増えるのも当然ですよね。

生田 また、ひとり親家庭、虐待家庭で育った人も多いです。いざというときに頼ることのできる家族がいないと、ささいなことでもたちまち生活に困ってしまいます。先日は、住民票を置く住居がないという女性から相談がありました。親との関係がよくないため、実家に帰ることもできない。そのため、住民票の提出を求められないアルバイトばかり選んで働いていたそうです。相談に来たときは、インターネットカフェで生活しており、バイト先にはそこから通っていました。野宿者ネットワークの関係者が運営しているシェルターに入ってもらい、そこを住所にして仕事を見つけることができました。親との関係が悪く非正規雇用、そんな人にトラブルがあると路上生活に直結しかねません。

金子 家庭というセーフティネットがない人は、行き場がないのですね。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





生田 活動の2つめは、野宿者襲撃問題への対応です。野宿者を襲撃するのは主に少年グループで、暴行、エアガン射撃、放火などが全国で日常的に起きています。しかし、公的統計も存在せず、マスコミも報道することが少ないために、ほとんど知られていません。実は1970年代半ばから途絶えることなく続いています。

 背景には、野宿者に対する差別意識と社会の側のストレスの充満があると思われます。「ホームレスは怠け者で働かず、税金も払わずに広い公園を使っている」という思い込みが多くの人にあります。ただそれは、「自分は好きではない仕事をやらされ、狭い家に住み、高い税金を払っている」という意識を投影しているだけなのかもしれません。子供たちにも、「自分たちは学校に行かなくてはいけない、親のもとでしんどい。それに比べてホームレスは働かずのうのうと生きている」といった意識があるのかもしれません。このように考える人たちのストレスを解決しないと、野宿者への差別はなくならないのかもしれません。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース



















●知的障害者に対する社会の偏見





金子 ほかに考えられる要因はありますか。

生田 襲撃した子供たちをみると虐待家庭が多いようです。自分でも抑えきれない怒りやストレスがたまっていて、それが何かのきっかけに放出されるということがあるのです。集団でひとりの弱者を追い詰めるという意味で野宿者襲撃といじめは似ています。特に野宿者襲撃は貧困者に対するヘイトクライムとして、社会的に位置づけられるべきだと思います。

 相談に来る若い人には発達障害のあることが多く、職場で人間関係を築きにくいという面があります。聴覚過敏で職場にいること自体が難しい若者もいます。いま、人間関係をつくったりコミュニケーションをとることが難しいため、バイトすらできない高校生が増えていますが、こういった若者は貧困化していく可能性が高いかもしれません。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース



















金子 人間は本来、多様なものが交じり合い、さまざまなことを体験しながら多くのものを習得するのに、社会の分断が進んで孤立する方向に向かっています。

生田 襲撃への対応として、小学校から大学まで野宿問題に関する授業を2001年から行っています。これは劇的な効果があります。野宿者が実際に話したり、私が経験を話したりします。川崎市では、こういった取り組みの結果、襲撃事件の数が半減しました。私は15年間で400回くらい授業をしていますが、多くの場合、授業のあと子供たちも「夜回りをしたい」と言ってくれるのです。釜ヶ崎では子供夜回りもあって、学習会をしておにぎりをつくり、大人と子供が夜回りをします。襲撃を減らし、野宿者と子供の相互の理解がつくられる効果的な方法です。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース



















金子 生田さんが活動を始めたときにはなかったような問題が増えていますね。

生田 5年たつと風景が一変し、10年たつとほとんど別の問題になっているという感覚です。90年代前半までは、野宿者はほとんどが日雇い労働で、90年代後半には一般の失業者、そしてDVなど家族の問題や失業によって女性や若者が野宿をするようになりました。野宿の現場も、路上や公園からネットカフェ、ファストフード店、個室ビデオなどに変化していきました。精神障害、知的障害の問題も明らかに増えています。

金子 状況が少しずつ変わって、次々に新たな問題が発生し、また別の場所でも同様の問題が発生していくという感じですね。

生田 「釜ヶ崎の全国化」と呼んでいるのですが、釜ヶ崎で起きた問題が全国各地に広がっていくイメージです。



出典
奨学金を返済できず路上生活する若者増加 卒業時に500〜600万円の借金 - ライブドアニュース



















■なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大





「一億総中流」という意識は、どこへ消え去ってしまったのか――。

 「低所得層」「経済格差」「教育格差」といった言葉が喧伝されるようになって久しい。それはフレーズ先行の印象論ではなく、実態を裏付けるさまざまなデータからも明らかになっている。

 4月22日、東京都足立区は、区立小学校(全69校)の1年生5355人の保護者を対象に行なった『子どもの健康・生活実態調査』の結果を公表(有効回答4291人)。これは無記名のアンケート形式で、区が学校を通じて配布・回収し、国立成育資料研究センターが集計・分析したものだ。



出典
なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















その狙いは、子どもの健康と家庭の経済環境・生活習慣との関連を解明するというもの。17項目の質問は、朝食や読書習慣、虫歯の有無、さらには公共料金の支払い状況にまで踏み込んだ。

 また、分析に際しては、「①世帯年収300万円未満」「②子どもの生活に必要な物品や5万円以上の貯金がない」「③経済的理由でライフラインの支払いができない経験がある」の3点のいずれかに該当する層を「生活困難」世帯と定義し、他の世帯との比較を行なっている。

 胸中でドキッとされた方も少なくないのではなかろうか。諸般の事情から貯蓄はゼロ、水道・光熱費や通信料の支払いは督促状持参でコンビニ決済になることも多いという家庭は、いまや珍しくはないだろうから……。事実、調査結果では「生活困難」が1047世帯を数えた。



出典
なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















「生活困難世帯」の子の虫歯は2倍も多い





そして、アンケートの結果、驚くべき結果が明らかになった――。

 「生活困難世帯」の児童は、「虫歯5本以上」が19.7%(その他の世帯10.1%)、「麻疹・風疹の予防接種を受けなかった」のは13.4%(同7.4%)、「朝食を毎日食べる習慣がない」のは11.4%(同3.5%)など、多くの項目で芳しくない数値になった。

 つまり、「生活困難世帯」と「その他の世帯」では、虫歯や予防接種で約2倍、朝食の習慣では約3倍、明らかな「格差」が浮き彫りになったのだ。



出典
なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















ユニセフの通信簿で日本の貧困格差が浮き彫りに





奇しくも足立区の公表に先立つ14日、国連児童基金(ユニセフ)は『子どもたちのための公平性:先進諸国における子どもたちの幸福度の格差に関する順位表』という報告書を発表した。

 この国際通信簿は、EU(欧州連合)ないしはOECD(経済協力開発機構)加盟の41カ国を比較対象したもの。所得分布で下から10%に属する世帯層(底辺)の子どもたちが、標準的(中央値)な子どもたちからどれくらい取り残されているのか? その「底辺の格差」を小さい順から順位づけている。

 その結果、日本は先進41カ国中34位。「格差の小さい順」で下から8番目……。日本が分析・国際比較されるのは今回が初めてのことらしいが、その「格差の大きさ」には、正直、驚愕を禁じえない。



出典
ユニセフの通信簿で日本の貧困格差が浮き彫りに|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















首位のノルウェーなど上位に並ぶ北欧諸国の場合、底辺層の所得が標準的世帯(中央値)の6割前後はある。一方、日本の世帯間比較では、標準所得の4割にも満たない「経済格差」が読み取れたのだ。

 ユニセフの報告書の日本語版解説を担当した首都大学東京子ども・若者貧困研究センター長の阿部彩氏は、独自のデータも加味して、日本の子どもたちの格差事情を述べている。

 それによると、日本の場合、1985年から2012年にかけて「底辺の格差」が拡大。これは中位層の所得が約177万円から211万円へと上昇したのに対して、底辺層の所得が90万円から84万円へと減少したのが要因とのこと。

 また、厚生労働省の『所得再分配調査』からも、1999年以降は「年収299万円以下」と「1500万円以上」の対照層が増加している一方、「300~1499万円」の層が減少傾向にあったことがわかるという。



出典
ユニセフの通信簿で日本の貧困格差が浮き彫りに|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















「学習到達度」でも格差が顕著に





ユニセフの報告書によれば、「学習到達度」に関する格差ランクでも、日本は比較対象の37カ国中、下から11番目という惨憺ぶりだった。

 2015年に日本労働組合連合会が行なった『大学生・院生の保護者の教育負担に関する調査』でも、「(金銭的負担がネックで)子どもの進学希望を十分に叶えてあげられなかった」という設問に、3人中1人の親が「YES」と回答している。

 回答率は世帯年収が低いほどに高くなり、500〜600万円未満の親で50.6%、200〜400万円未満の層では61.6%の悔いが刻まれている。経済的事情から選択肢が狭められた子どもたちは、ややもすれば学習や進学に対する意欲を削がれる。



出典
ユニセフの通信簿で日本の貧困格差が浮き彫りに|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















「仕方なく進学しても女の子はキャバクラに行く」





先日、自民党の赤枝恒雄衆院議員(72)が、貧困の背景について「親に言われて仕方なく進学しても女の子はキャバクラに行く」などと発言したことが話題となった。

 子どもの貧困対策を推進する超党派による議員連盟の会合で、赤枝氏は「高校や大学は自分の責任で行くもの」という趣旨を主張。その上で「とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか」と話し、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になると持論を展開した。

 固定化された経済格差は、低所得、低学力、低学歴という負の連鎖を招き、やがて「非正規社員」の人生へとつながりかねない。皮肉なことに、赤枝氏の主張は、この国のいびつさをリアルに映し出している。



出典
ユニセフの通信簿で日本の貧困格差が浮き彫りに|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS



















■ホームレス、全国に6235人=前年比306人減-厚労省





厚生労働省は28日、全国の公園や河川敷などで生活するホームレスは1月時点で6235人だったと発表した。前年と比べ306人減った。調査を始めた2003年から減少傾向が続いており、自治体による自立に向けた巡回支援などが功を奏しているとみている。



出典
ホームレス、全国に6235人=前年比306人減-厚労省:時事ドットコム



















性別は男性5821人、女性210人、不明204人。都道府県別では、大阪が1611人と最も多く、東京1473人、神奈川1117人と続く。東京23区と政令指定都市で、全体の4分の3を占めている。 
 調査は、東京電力福島第1原発事故の影響を受けた福島の7町村を除く全市区町村で実施。自治体職員が公園や河川敷、路上、駅舎などで生活する人を目視で確認した。



出典
ホームレス、全国に6235人=前年比306人減-厚労省:時事ドットコム



















■親と子それぞれの同居リスクが同時に襲う「三世代同居」





昨年8月に放送されたNHKスペシャル『親子共倒れを防げ』をベースに書籍化した『老後親子破産』が発売1週間で重版がかかるなど、話題を読んでいる。親子同居、三世代同居は「老後親子破産」の大きなリスクを孕んでいる。

 まずは親との同居リスクから見ていこう。「親の介護」によって、離職を余儀なくされるケースが急増している。みずほ総合研究所のレポート(2012年)によると、毎年10万人以上が介護のために仕事を辞めている。中心は40~50代の働き盛りだが、介護離職した後の再就職は難しい。



出典
親と子それぞれの同居リスクが同時に襲う「三世代同居」│NEWSポストセブン



















大手メーカーに勤務していた千葉県在住のA氏(54)は、父親(82)が脳梗塞で倒れたことを機に離職を決意した。

「父と同居する母は体が弱く、自分の世話で精一杯です。介護サービスにも限度があり、年老いた両親のために何ができるか考えていたところ、会社が早期退職を募ったので応募しました。私は知的財産に関する専門知識があったので再就職は容易と考え、失業保険と退職金で当面をしのごうとしたんです」

 だが、その計画はすぐに“下方修正”を迫られた。A氏は父の介護と両立できる仕事を探したが、年齢がネックになり大半は書類選考の段階で落とされた。ようやく面接にこぎつけても「父を介護している」と明かすと断わられてしまったという。



出典
親と子それぞれの同居リスクが同時に襲う「三世代同居」│NEWSポストセブン



















こうしたケースは枚挙に暇がない。NPO法人「パオッコ」理事長で介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子氏は「なかでも最悪のケースがある」という。

「介護について多くの相談を受けますが、最も深刻なのは、親が認知症になっているケースです。徘徊などの目を離すと危ない症状が出ている場合は、親の近くで生活しなければならないため、介護離職を迫られるケースが多い」

 しかも、老親の介護のために離職する世代は、自らの住宅ローンを残しているケースが少なくないため、“ローン地獄”に陥る危険が隣り合わせだ。

 次に子供との同居リスクである。「子供と一緒に住めば、金銭的に助けてくれるのでは?」と思うかもしれないが、現実にはその逆で、いつまでたっても独り立ちできない息子や娘の世話に悩む親が増えているのだ。



出典
親と子それぞれの同居リスクが同時に襲う「三世代同居」│NEWSポストセブン



















総務省の調査では、「親と同居の壮年未婚者(35~44歳)」は2012年に300万人を突破し、そのうち失業者の割合は10.4%を占める。同世代の既婚者や親と同居していない層に比べて、失業率は倍以上だ。

 都内に住むB氏(58)は、定年直前のリストラで退職し、月額およそ18万円の失業給付と同居する両親が受給するわずかな年金で暮らしている。生活はカツカツ。そこに新たな心配が加わりそうだという。

「運送業をしている30代の息子もリストラに遭ったんです。息子は、『家賃が払えなくなるから実家に戻りたい』と話しているが、ただでさえ家計が苦しいところに食い扶持が増えることを考えるとお先真っ暗です。老後は息子が助けてくれると思っていたのですが……」



出典
親と子それぞれの同居リスクが同時に襲う「三世代同居」│NEWSポストセブン



















こうした親と子、それぞれとの同居リスクが同時に襲いかかるのが、「三世代同居」の危険性なのだ。親と子の板挟みで共倒れ寸前の状態になっている人たちの悲鳴が聞こえてくる。

 都内在住のC氏(72)は、高齢の母親を施設に入居させ、夫婦で年金暮らしをしていた。

「ところが昨年、36歳の息子が非正規社員として働いた清掃業をクビになり、精神的ショックでうつ病を発症した。独身で身の寄せ場がなく実家で預かることになったが、息子は再就職先を探すこともできず、家でゴロゴロするだけ。夫婦合わせて月12万円の年金で親子3人が暮らすのは厳しく、高齢の母が病気にでもなって医療費がかさんだ時のことを考えると、不安で仕方がありません」



出典
親と子それぞれの同居リスクが同時に襲う「三世代同居」│NEWSポストセブン



















■セレブ主婦が、たった数年で生活保護に…離婚は貧困の引き金になる





<栗原郁恵さん(仮名・36歳)/無職>





貧困の波は突然やって来て人生を狂わせる。専門学校に通うために18歳で上京した栗原さんは、卒業後にバイト先の飲食店経営者と結婚。世田谷区の高級マンションに住み、誰もが羨む生活を送っていた。

「当時を振り返れば、まだ20歳で世間知らずの子供でしたね。勢いのまま結婚し、即出産。お金には恵まれていたけど、旦那は仕事が忙しくなかなか帰ってこず、東京で一人ぼっちの子育てにずっとストレスが溜まっていて……」

 子供の小学校卒業と同時に離婚。栗原さんは元旦那に慰謝料をもらいながら就職先を探すが、職歴が一切ないためすべて門前払いになった。



出典
セレブ主婦が貧困に陥るまで 一番の望みは「生活保護の申請が通ること」 - ライブドアニュース

「子供を転校させたくないから、生活のために“夜のお仕事”をやり始めました。最初は順調に稼げていましたが、だんだん精神的に病んできてしまい、安定剤を飲みながら必死でしたね」

 子供の中学卒業が決まったとき、栗原さんは耐えていた糸が切れたように倒れてしまった。重度のパニック障害を患い、入退院を繰り返す日々になったという。

「働けないから生活費のためにキャッシングして、借金も100万円ぐらいになった。電気を止められて、一度ロウソクのなかでシャワーを浴びたこともありましたね。さすがに元夫に『みっともないから娘は預かる』と言われ……」



出典
セレブ主婦が貧困に陥るまで 一番の望みは「生活保護の申請が通ること」 - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





◆いま一番の望みは、生活保護の申請が通ること





ケアワーカーからの助言もあり、栗原さんは子供を元夫に預けて生活保護を申請。今春からは一人、板橋区内にある築30年の四畳半アパートで新生活を始めている。

「まだ申請中なのですが、慰謝料をもらっていた経歴があったり、世田谷区に口座があったりしてなかなか役所が認めてくれません。借金返済を親に頼もうかとも思いましたが、もう年金暮らしでこれ以上の迷惑はかけたくないし……。なんとか申請が通ってほしい」



出典
セレブ主婦が貧困に陥るまで 一番の望みは「生活保護の申請が通ること」 - ライブドアニュース



















療養のため部屋で寝ていることが大半だが、調子がいいときは社会復帰を模索しながら密かな内職もしているという。

「フリマアプリでパワーストーンを売っているんです。調子がよければ1か月で1万~2万円稼げます。

 売り上げはポイント変換できるので、そのままお金を使わずほかの出品者の商品を購入。そこで生活品や衣類を買っています。通帳に記載されないから、役所の人間にもバレないみたいなんです」

 離婚や心の病で貧困に――誰にでも起こりうる話だ。



出典
セレブ主婦が貧困に陥るまで 一番の望みは「生活保護の申請が通ること」 - ライブドアニュース



















■<ユニセフ調査>日本の「子供いる世帯」 所得格差が深刻





子供のいる世帯の所得格差は、日本が41カ国中8番目に大きいことが14日公表される国連児童基金(ユニセフ)の報告書で分かった。最も所得の低い層の所得は中程度の所得層の4割で、一般的な子育て世帯の所得の半分にも満たない。この報告書に独自の推計を加えた研究者の分析では、1985年から2012年で格差が11ポイント拡大している。

 ユニセフが経済協力開発機構(OECD)や欧州連合(EU)に加盟する41カ国のデータを分析。子供(0~17歳)のいる世帯について、所得が下から10%の層と中央値の差を比較した。所得のデータは主に13年。日本は下位10%の所得が中位の39.8%にとどまった。格差が最も小さいのはノルウェー(63.0%)だった。



出典
<ユニセフ調査>日本の「子供いる世帯」 所得格差が深刻  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



















貧困に関し、全体の中で貧困層がどの程度いるかを示す「相対的貧困率」がよく用いられているが、ユニセフの報告書は、標準的な世帯との差をみることで、貧困の深刻さを調べている。

 報告書の日本版では、首都大学東京の阿部彩教授が85年以降の格差の変化を推計している。85年は下位10%の所得は約90万円で中位の約177万円の50.9%だったが、12年は約84万円、同約40%に下がった。

 阿部氏によるとこうした数値の公表は国内では初めてで、「貧困の度合いが深刻な場合は、より手厚い支援が必要となる」と指摘している。

 報告書では子供の学力格差の指標も示し、日本はOECD加盟など37カ国中27位だった。詳細な分析をした読解力では、学校教育3.3年分の差があるとされた。



出典
<ユニセフ調査>日本の「子供いる世帯」 所得格差が深刻  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



















■大卒「貧困女子」のリアル 浪費止められず親や男性に依存





「ここ2年くらいは、カップラーメンを食べています。朝・昼・晩と3食ほぼカップラーメンです。ドラッグストアで88円のものを買ってきて、そればかり。給料は手取りで15万円と一向にあがりません」

 こう語るのは、アルバイトをしている大学生ではない。弁理士の事務所に10年勤めているという33歳の女性・Aさん。都内でひとり暮らしをしている“貧困女子”だ。

 数年前から話題になっている貧困女子は、シングルマザーなどやむを得えず困窮した生活になっている女性が対象だったが、最近注目されているのは、大学を卒業して企業などで働く30代女性だ。彼女たちは、そこそこの学歴があり、職に就いているにもかかわらず、常に金欠状態なのだという。



出典
大卒「貧困女子」のリアル 浪費止められず親や男性に依存│NEWSポストセブン



















フリーランス編集者・沢木文氏の著書『貧困女子のリアル』では、Aさんのように、リアルに困窮している30代の女性11人から、そのすさまじい現実と他人には明かせない本音を聞き出している。その中には手取り40万円の月給を手にしていても借金生活に陥っている38歳の女性・Bさんもいる。

「15万円を消費者金融やクレジットカードの返済に充て、10万円が家賃、5万円を母へ仕送り、10万円が生活費。光熱費、通信費、食費を払うとランチ分しか残りません」(Bさん)

 一流企業に勤めるこの女性は、同僚との付き合いでランチの外食を断れず、毎月赤字の状態に。毎月15万円以上の返済に追われる日々を長年過ごすと、精神的にも負担が大きく、摂食障害になってしまったという。

「週に2万~3万円分のジャンクフードを買い込んで、食べては吐くの繰り返し。これをしていないと、心の均衡が保てないんです」(Bさん)



出典
大卒「貧困女子」のリアル 浪費止められず親や男性に依存│NEWSポストセブン



















一方では、親から甘やかされて育ち、浪費が止められずに借金が400万円もあるのに、高価なバッグなどブランド品を買い続けているという35歳の女性・Cさんもいる。30万円もするトイプードルを購入してSNSに写真を投稿しても、ひと月もしないうちに飽き、放棄されて瀕死の状態だった犬を親兄弟が保護するという始末。

 女性誌の読者モデルとして活躍し、上場企業の一般職として就職した34歳の女性・Dさんも貧困状態に陥った。職場でイジメに遭い退職し、アルバイト生活を強いられても、セレブな生活を断ち切れず、住む場所は世田谷区にこだわってしまうのだという。

 同じ業務をこなしても、給料は正社員の3分の1という契約社員の女性も生活は大変だ。上司の男性からの不倫の誘いを断ったら、職場で変な噂を流され、居づらくなり退職したという35歳の女性・Eさんのケースも悲惨だ。同窓会で出会ったイケメンの男性に惹かれて同棲してしまうが、騙されて貯金もゼロになり借金。消費者金融に返済できなくなり、親に泣きつくことに。自分の容姿に自信がないというコンプレックスから、ついイケメン男性に依存してしまったのだという。



出典
大卒「貧困女子」のリアル 浪費止められず親や男性に依存│NEWSポストセブン



















家電量販店、中古車販売店、墓地管理会社と転々としている34歳の女性・Fさんの場合、失業保険で食いつなぎ、次々と職業を変えていく。学生時代からの盗み癖が治らず、職場での盗みがバレないかと心配しながらの生活だと、ストレスからジャンクフードを月に1万円以上買って食べてしまうという。

 いずれの女性も、様々な理由から厳しい生活になっているにも関わらず、無駄な出費や浪費が止められない。そして親や男性などに依存してしまう。社会に出る時、就活氷河期だったとはいうものの、貧困女子のリアルな話にはやはりどこか甘えが垣間見える。あなたの部下や同僚にも、プライベートではこんな貧困状態に陥っている女性がいるかも知れない。



出典
大卒「貧困女子」のリアル 浪費止められず親や男性に依存│NEWSポストセブン



















■<子育て貧困世帯>20年で倍 39都道府県で10%以上





少子化で子どもの数が減少しているにもかかわらず、生活保護費以下の収入で暮らす子育て世帯が過去20年で倍増したことが、山形大の戸室健作准教授の研究で分かった。戸室氏は都道府県別の「子どもの貧困率」も初めて明らかにした。39都道府県で子育て世帯の10%以上が貧困状態にあり、子どもの貧困が全国的に深刻化していることが浮き彫りになった。



出典
<子育て貧困世帯>20年で倍 39都道府県で10%以上  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



















戸室氏は、総務省が国民の就業実態を調べるため、5年ごとに実施する「就業構造基本調査」のデータなどを分析。生活保護費の受給対象となる最低生活費以下の収入しかなく、かつ17歳以下の子どもがいる世帯数の20年間の推移を調べた。

 その結果、1992年に約70万世帯だった子育て中の貧困世帯数は、直近の2012年調査では約146万世帯に倍増していた。一方でこの間、子育て世帯自体は約1293万世帯から約1055万世帯まで約2割減っているため、「子どもの貧困率」(17歳以下の子どもがいる世帯に占める貧困世帯の割合)は5.4%から約2.6倍の13.8%に悪化した。



出典
<子育て貧困世帯>20年で倍 39都道府県で10%以上  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



















都道府県別では、貧困率が高い順に(1)沖縄(37.5%)(2)大阪(21.8%)(3)鹿児島(20.6%)(4)福岡(19.9%)(5)北海道(19.7%)--と続き、ワースト10のうち8府県が西日本に集中した。10%を切ったのは、最も低い福井(5.5%)など8県にすぎず、残りは10%以上だった。また、1回前の調査(07年)と比較すると、埼玉、千葉、神奈川などの首都圏や三重、静岡などの中京圏で全国平均を上回る貧困率の上昇がみられた。



出典
<子育て貧困世帯>20年で倍 39都道府県で10%以上  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



















■入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」





3年前の春、九州北部のある公立中学校。入学式に新入生の陽介(仮名、12)の姿はなかった。2日目も、3日目も。母親は電話で「体調が悪いから」と説明するばかり。ぴんときた担任教諭は学校指定の制服業者に電話した。
 「ああ、その子、受け取りに来てませんよ」
 採寸して注文はしたが、約3万5千円のお金がなくて取りに行けず、登校させられなかった-。母親は、そう打ち明けた。



出典
入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















校長が立て替え、制服を陽介の家に届けた。担任の勧めで母親は就学援助を申請し、校長に少しずつ返済すると約束した。
 4日目、陽介は真新しい制服に身を包み、ようやく校門をくぐった。
 翌年からこの中学では、制服を取りに来ていない生徒がいないか、入学式前に制服業者に確認するようにした。スタートから子どもがつまずくようなことがあってはならない。



出典
入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















公立校であっても保護者の負担は重い





「制服だけじゃない。収入のある家庭には何でもないことも、貧しい家庭の子にとっては関門なんです」。福岡市の学校関係者は打ち明ける。
 市立中学校に修学旅行をためらっている佳純(同、14)がいた。担任が「旅行代は就学援助で賄えますよ」と説明すると、母親は消え入りそうな声で答えた。
 「でも、きれいな下着やパジャマをそろえてあげられない。お小遣いも1万円なんて無理。惨めな思いをさせるくらいなら」。佳純は結局、参加しなかった。
 〈男子11万2972円。女子12万1572円〉



出典
入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















福岡市のある市立中学校で、入学前後にかかる制服や運動着、通学かばん、校納金(テスト代など)の保護者負担金の合計だ。就学援助を受けても、1年生への年間支給額は約4万8千円で約4割しか賄えない。さらに部活に入れば、例えば野球部ならスパイク、グラブなどで初年度に約15万円かかる。
 「義務教育は、これを無償とする」。憲法26条はこううたうが、実際は公立校であっても保護者の負担は重い。家庭の懐事情によって学びの場に格差が生じる。それを防ぐため、対策に乗り出した自治体もある。



出典
入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















「制服リユース」の取り組みを続ける





福岡県古賀市は2007年度から、中学、高校の卒業生に制服を無償提供してもらい、買うお金がない生徒に回す「制服リユース」の取り組みを続ける。毎年100人前後が制服を残し、すぐなくなってしまう。「小さくなった」と2、3年生がもらいに来る場合も多いが、新入生も30人前後が利用する。
 同県嘉麻市では、小学校で行う単元テストや、年間約4千円かかる中学校の学力分析テストを11年度から全額公費で行っている。部活のユニホームや中学の体育で使う柔道着なども学校が購入して、貸与する。
 旧産炭地の嘉麻市で、小中学生の就学援助率は41・6%と県内2番目の高さ。生活保護家庭も1割近い。
 「家庭環境が厳しい子が途中でつまずくことのないようにしたい。そのために公でできることはする」。同市教育委員会の木本寛昭教育長は力を込めた。



出典
入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















■「生活保護を受けたい」 困窮の裏に障害や浪費…収支に見合わない高額の契約も





「仕事がない。生活保護を受けたい」。優子さん(41)=仮名=は昨年6月、町役場で訴えた。役場は県生活自立支援センターを紹介し、センターの依頼で相談支援員のファイナンシャルプランナー江頭こず恵さん(52)が優子さん宅を訪れた。
 江頭さんは驚いた。一軒家に車が3台。屋根には、太陽光パネルもあったからだ。


 生活の困窮には、浪費や収支に見合わない高額の契約が隠れていることもある。優子さんのケースが、まさにそうだった。



出典
「生活保護を受けたい」 困窮の裏に障害や浪費…収支に見合わない高額の契約も (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















「家計の問題は世帯の問題」





優子さんは同い年の夫と弟との3人暮らし。以前は3人とも働いていたが、数年前に夫が心臓病を患って失業し、自らも昨年初めに軽作業の仕事を辞めた。土木作業員として働く弟の月収約14万円が頼みという。



出典
「生活保護を受けたい」 困窮の裏に障害や浪費…収支に見合わない高額の契約も (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















「優子さんの仕事が見つかるまで、弟さんにもう少し支援をお願いしましょう」。江頭さんは弟に相談したが、弟にも数百万円の借金があることが分かった。
 住宅ローンの残高は約1千万円。月々の支払いに加えて年2回のボーナス払いが1回40万円。優子さん夫婦には、勧誘されるがままに契約した月額7万円の生命保険料代もあった。
 食費は3人で月3万円。貯金に余裕はなく住民税も滞納していた。優子さんと夫は軽度の知的障害で中学、高校は特別支援学級に通っていたが、成人後は障害者福祉の支援を受けていないことも分かった。



出典
「生活保護を受けたい」 困窮の裏に障害や浪費…収支に見合わない高額の契約も (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















知的障害者の自立に取り組む長崎県地域生活定着支援センター(長崎市)の伊豆丸剛史所長(40)は「障害者が貧困になるのは、周囲の理解や適切な支えがなく孤立し、生きづらさを抱えた結果」と指摘する。
 優子さんは「困っていることを人に話せば、悪いうわさになる。話せないと思った」と、追い詰められるまで誰にも相談しなかったという。
 「家計の問題は世帯の問題」と江頭さん。1人の問題を解決しても、他に見落としがあれば改善は難しい。「相談者の話に耳を傾け、世帯全体の問題をひもとくことが大切」と語る。



出典
「生活保護を受けたい」 困窮の裏に障害や浪費…収支に見合わない高額の契約も (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



経費を一つ一つ書き出して家計計画表に





生命保険は一部を解約。借金は住宅ローンを払いながら他の債務を整理する「個人再生」の手続きが決まった。一般的な就職が難しければ障害者福祉の事業所も紹介するよう、関係機関との調整も始まった。
 昨年12月25日、町役場で江頭さんと優子さんは新年の暮らしを話しあった。電気代、水道代、ローンに食費…。経費を一つ一つ書き出して家計計画表にした。
 「正月は、レトルトのカレーば食べます」と言う優子さんに、江頭さんは「正月は良いものを食べて、2月までに月4万円稼げる仕事を探しましょう。もう少しの辛抱、きっと良い方向にいきます」と励ました。
 優子さんは「履歴書ば、用意したがいいでしょうか」と意欲を見せた。



出典
「生活保護を受けたい」 困窮の裏に障害や浪費…収支に見合わない高額の契約も (西日本新聞) - Yahoo!ニュース



















■非正規2割が生活苦で食事回数減 連合調査





連合は17日までに、派遣などの非正規労働者が主な稼ぎ手の世帯のうち、2割程度が生活苦のため食事の回数を減らしているとの調査結果をまとめた。男性の9割近くが未婚で、担当者は「働き方の違いが、生活の根幹に大きな影響を与えている」と分析している。

 調査は昨年10月にインターネットで実施。男女計約2千人から回答を得た。

 自身が世帯収入の半分以上を稼ぐ非正規労働者は33・9%いた。このうち52・7%が世帯貯蓄に関し「ない」「100万円未満」と答えた。生活苦のため過去1年間で切り詰めたことを複数回答で尋ねたところ「食事の回数を減らした」が20・9%だった。



出典
非正規労働者の2割 生活苦のため食事の回数を減らしていると判明 - ライブドアニュース



















■ワケあり中年が暮らす「シェアハウスの現実」





宮内慎さん(39歳・運送会社アルバイト)は家賃2万4000円の3LDKで20代の男女と6人暮らし。建設会社作業員として社員寮に住んでいたが、膝を痛めて退職。傷害事件での逮捕・服役歴もあり、実家から絶縁されているためアパートの保証人探しが難航し、シェアハウスにたどり着いた。



出典
ワケあり中年が暮らす「シェアハウスの現実」 | 日刊SPA!



















「家賃が安いのは助かっています。知人の保証人になって背負った借金450万円のほか、逮捕されたのを機に別れた子供への養育費が月5万円。アパート暮らしをしていたら満額払うのは無理でしたね」

 宮内さんもここに定住する気はないが、現実的には困難が伴う。

「返済が終わったら出ていくつもりです。でも、今の収入では最短でも10年近くはかかりそうで憂うつ。建設会社の寮のように極端にガラの悪いヤツもいないし、刑務所に比べれば天国ですけどね(笑)」



出典
ワケあり中年が暮らす「シェアハウスの現実」 | 日刊SPA!



















仮住まい暮らしをポジティブにとらえる人





ホテルをリノベーションしたオシャレ系シェアハウスに居住する石澤明生さん(58歳・仮名)。住人のほとんどが20代で、賃料は4万5000円。石澤さんは、3年前に都内で経営していたラーメン店が倒産。現在は、夕方から早朝まで働き、約1000万円の借金を返済する毎日だ。そんな状況だが、懲りずに2度目のラーメン店開業を目指している。



出典
ワケあり中年が暮らす「シェアハウスの現実」 | 日刊SPA!



















「厄年明けの63歳での開店を目指しています。そこから20年は働けるでしょう。シェアハウスの中から、弟子を取ってもいいね」



出典
ワケあり中年が暮らす「シェアハウスの現実」 | 日刊SPA!



















その先はどう考えているのか。

「次は絶対に潰さないようにと思っていますから、日夜、味の研究に励んで店に寝泊まりすることも多くなる。なので、ずっとシェアハウスでいいと思っていますよ」

 しかし年を重ねて病気になったり、体が言うことをきかなくなったときはどうするのか。

「年金も払っていないし、任意の保険にも入っていないから、絶対に病気にはなれない。でもそのうち、高齢者ばかりのシェアハウスもできるのでは。グループホームでしたっけ?」

 グループホームにも高い入居費用がかかりそうだが……。



出典
ワケあり中年が暮らす「シェアハウスの現実」 | 日刊SPA!



















■59歳兄と52歳弟さい銭ドロ「お金がなくて年越しに困っていた」





寺のさい銭箱から金を盗もうとしたとして、兵庫県警宍粟(しそう)署は3日までに、窃盗未遂の疑いで同県宍粟市一宮町の無職男(59)と、無職の弟(52)を逮捕した。取り調べに対して、2人は「お金がなくて年越しに困っていたからやった」と容疑を認めているという。逮捕容疑は、2人で共謀して、1日午後4時15分ごろ、同市一宮町下野田の西林寺で、本堂のさい銭箱から金を盗もうとした疑い。

 同署などによると、寺の関係者が、さい銭箱をひっくり返そうとしていた男を見つけ、「あんた何してるんですか?」と声を掛けると立ち去ろうとした。すぐに駆け付けた弓削栄真副住職(33)が男を取り押さえて110番通報した。特に抵抗する様子は見せなかったという。その後、同署員が寺の近くで軽乗用車の中から見張り番をしていた弟を発見した。当時、寺に参拝者はおらず、誰か来たら兄に知らせる役目だったとみられる。



出典
59歳兄と52歳弟さい銭ドロ「お金がなくて年越しに困っていた」 — スポニチ Sponichi Annex 社会



















さい銭箱の中に金が残っている夕方を狙って犯行に及んだとみられ、2人は「リストラに遭ってお金が入らなくなった。生活に困っていた」とも話しているという。3カ月ほど前にも、近くの寺でさい銭箱から金を盗む事件が起きていたほか、西林寺でも被害はなかったものの、さい銭箱の位置が動かされていたことがあった。同署は、当時の事件と2人との関連も調べる。弓削副住職は「住職と“罪を憎んで人を憎まず”という話をしました。さい銭を盗もうとする行為は許せませんが、2人を憎む気持ちはない」と話している。



出典
59歳兄と52歳弟さい銭ドロ「お金がなくて年越しに困っていた」 — スポニチ Sponichi Annex 社会



















■貧困のクリスマス…チキン万引 41歳無職男、所持金1700円





北海道警旭川中央署は24日、スーパーでチキンを万引したとして窃盗の疑いで、自称無職の男(40)=旭川市東光=を現行犯逮捕した。男は「金を使うのがもったいなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は24日午後5時50分ごろ、旭川市旭町1条7丁目のスーパー「ダイイチ旭町店」で、チキンレッグ2点(600円相当)を万引した疑い。同署によると、不審な様子に気付いた警備員が店を出たところで取り押さえた。男の所持金は約1700円だった。



出典
貧困のクリスマス…チキン万引 41歳無職男、所持金1700円 — スポニチ Sponichi Annex 社会



















■【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ





12月12日、長きにわたる駆け引きの末、自民党と公明党はようやく軽減税率の適用範囲について合意した。2017年4月の消費税率10%引き上げ時、これにあわせて導入される軽減税率(8%)の対象品目は生鮮食品に加え、加工食品にも適用されることとなった。

 では、世間の関心はどうなのか。筆者はまず大阪・西成あいりん地区に向かった。師走の年の瀬を迎えたあいりん地区の住民たちは今回の軽減税率の合意をどうみているのか。住民たちの声を拾ってみた。



出典
(1ページ目)【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ - デイリーニュースオンライン



















「税率8%? あまり実感湧かないです。生鮮食料品が8%に抑えられるといっても、私たちが生鮮食料品を購入することなど滅多にありません。むしろ酒類に軽減税率を適用されないことが不思議です。私たちにとっては酒こそ関心事ですからね」

 JR・新今宮駅西口を降りて1分程度歩いたところにある「あいりん労働福祉センター」を根城にする日雇い労働者・タナカさん(仮名・55歳)は今回の軽減税率合意のニュースについてこう語る。自宅を持たず木賃宿と呼ばれる簡易宿泊所、もしくは工事現場内での寝泊まりが多い日雇い労働者にとって、自炊する機会は少ない。生鮮食料品の軽減税率適用はさほど関心事ではないという。タナカさんが続けて語る。

「軽減税率適用といったところで10%と8%ではそんなに大差ない。むしろ飲み屋での食事を軽減して貰ったほうが有り難い。私のような人間は仕事はないときは安居酒屋で飲むのが楽しみなんです。外食は税率10%といわれても。そんなに違いがあるとは思えない」



出典
(1ページ目)【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ - デイリーニュースオンライン



















軽減税率の対象外となった西成地区のある居酒屋は、今回の合意で先々その営業にはさほど影響はないとみている。

「西成では今では500円も出せば十分飲めて食べられます。うちは税別にしてるので、税込みで540円になる。しかし消費税引き上げとなれば550円です。本来、この10円の差は飲食業では大きい。でも、西成に住んでる人はあまりそうした細かいことを気にしない。客入りは変わらないですよ」(居酒屋の店主)

 実際、冒頭部で紹介したタナカさんをはじめ、複数人のあいりん地区労働者に聞いてみたが、「消費税率引き上げといっても10円、20円の差でしかない」とほとんど関心を示さない。西成あいりん地区のメインストリーム、三角公園で暮らす日雇い労働者が語る。

「月収にして10万円も満たない収入での日雇い仕事。ちょっと小銭が減る程度としか思っていない。興味も関心もない」



出典
(1ページ目)【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ - デイリーニュースオンライン



















一方、お金持ちはどうか。富裕層が数多く住む兵庫県芦屋市の住民は今回の合意劇に多大なる関心を寄せる。芦屋マダムたちを直撃した。

「うちは主人と私、大学生の子、3人で食費は月に4~5万円程度です。もちろん外食を除いて、ですが。さほど高級な食材を用いず、スーパーでタイムサービスや賞味期限切れ間近のセール品を狙ってお買い物してます。ゲーム感覚で、いかに手頃な食材を手に入れ、美味しく頂くか。そこだけを考えています」



出典
(2ページ目)【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ - デイリーニュースオンライン



















兵庫県芦屋市生まれで芦屋育ちの主婦・ヨウコさん(44)は、地場企業オーナーの3代目(54)の妻。会社役員の夫の年収は1500万円程度だという。それでも結婚以来、倹約はかかさないという。ヨウコさんが続けて語る。

「食パンなんか例えばヤマザキパンのスーパーブレッドを138円で買っています。この価格は税抜き。だから税を入れると149円。もし今回、生鮮食品の税率が引き上げられていたならば152円。わずか3円ですが、ちりも積もれば、と考えると助かります」

 ヨウコさんをはじめとする30代、40代の芦屋マダムたちのほとんどが今回の軽減税率合意に歓迎と語る。



出典
(2ページ目)【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ - デイリーニュースオンライン



















兵庫県芦屋市の年収1000万円以上世帯と、西成あいちん地区年収100万円以下世帯では、なぜ軽減税率の関心度合いにこうも温度差があるのか。西成あいりん地区を数多く取材した経済ジャーナリスト・秋山謙一郎氏に聞いた。

「低所得層ほどお金への関心が薄いからです。西成あいりん地区でも“白手帳持ち”と呼ばれる日雇労働被保険者手帳を持つ労働者はそれほどでもありませんが、実質、ホームレス状態の日雇い労働者や生活保護受給者は、そもそもお金への執着が希薄。だから軽減税率がどうのといわれてもピンと来ないでしょう。一方で、とくに関西は、お金持ちほど1円、2円の差を気にします」

 富裕層ほど少額でもお金に関する執着を持つ。だが低所得層ほどお金への関心が薄い。だから消費税率や軽減税率といったニュースにも関心を示さないのだろう。本来、軽減税率適用で喜ぶはずの低所得層が、何ら今回の合意劇に興味を持たないというのは何とも皮肉な話である。



出典
(2ページ目)【軽減税率】「1円でも嬉しい」と“合意”歓迎は貧乏人ではなく富裕層なワケ - デイリーニュースオンライン



















■年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない





大学を卒業後、広告代理店に勤務した山口拓男さん(50歳)は順調に出世し、制作部長となった。もちろん賃金も高かったという。

 会社は各種企業のカタログ、ポスター、パンフレットなど紙媒体の広告宣伝物の企画、デザイン、制作や地方テレビ局のCMまで手掛けていた。



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(1/3)



















「社員の総数は20人の小所帯なんですが常にライター、デザイナー、カメラマン、映像作家、たまにですがタレントさんも出入りしていていつも賑やかでした」

 そんな山口さんだったが、東日本大震災で状況は一変する。企業の経費削減傾向が強まり仕事が減り、会社の資金繰りが逼迫。事業を停止する事態となり失業した。そうなると家計は途端に苦しくなる。住宅ローン、税金、2人の子どもの教育費。解約した定期預金は200万円になった。しかし50歳間際では再就職もままならない。

「失業手当が切れてからは、アルバイト、パート、期間限定の非正規労働を継ぎはぎして日銭を稼ぐような感じだね。(略)時給はどれも1000円が目安ですね」

 妻もパートを始めたというが生活費として使えるのは12~13万円。家族4人ではかなりギリギリの生活だ。高脂血症で通院していたが、しかし月4800円ほどかかるので通院をやめたという。



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(1/3)



















工業系大学の情報工学科を卒業した垣沼寛貴さん(44歳)も、卒業後ソフトウェア開発会社に就職し、その後同業他社に引き抜かれ年収600万円ほどの給与を貰っていた。妻もインテリアデザイナーとして働いていたので世帯収入は1千万円以上。しかし勤務から10年目の2008年頃にリストラにあい失業してしまう。

 通算15年のキャリアがあった垣沼さんだが、再就職の活動をする中で糖尿病を発症していたことが判明。このことで、再就職は困難を極めた。そのため健康食品のフランチャイズに手を出したがこれも失敗。

「蓄えを取り崩すだけでなく、子どもの学資保健まで解約したりカードローンで借金を作ってしまったものだから妻がブチ切れてね



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(1/3)



















小学4年生の娘を連れて実家に帰ってしまった」

 その後離婚となった垣沼さんだが、仕事は月16万円ほどのパートのかけ持ち。家賃も滞納して家を追い出された。

「とりあえず手持ちのお金約2万円とスーパーのポイントカードで貯めた8000円を現金化してここ(山谷)に来たのが去年(13年)の8月でした」

 こうして日雇い労働者が集まる山谷で日雇い労働で月10万円ほどを稼ぎ、ベッドハウスや、マンガ喫茶で生活をする日々だという。



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(2/3)



















数年前まで、IT企業の一線でプログラマーとして年収600万円も稼いでいても、リストラ、そして健康問題が重なればたちまち行き詰まり、家も無くし日雇い労働に頼るしかなくなる。

 また意外に思えるかもしれないが銀行マンも貧困とは無縁ではないという。

 大学を卒業して、中京地域に本社を構える地方銀行に就職した永島圭介さん(26歳)の手取り給与は17万円。ボーナスを含め年収は280万円ほどだ。銀行は初任給が抑えられるが、順調に昇格すれば30代前半で500万円、40代では700万円ほどの年収になる。

 だからといって安泰とは決して言えない。

「1年上の先輩の代は80人中12人くらい辞めているらしい。ノイローゼになったり失踪した人もいるという噂です」



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(2/3)



















銀行の仕事は決して奇麗ことばかりではない。プレッシャーも大きい。そのために辞めていく人も多いのだ。そうしたことを見てきた永島さんは切り詰めた生活を送っている。さらに将来にも漠然とした不安さえある。

「お上は地銀は1県1行体制にする構想を持っている。そうすると下位行のうちなんか飲み込まれる方だからリストラされる確率が高い。そうはならなくともある年齢に達すると関連会社に出されたり取引先に転職させられることもある。最後まで銀行員でまっとうできるのは一握りですから」

 他にも日本郵政の社員アルバイトとなったが5年経っても年収230万円ほどで正社員になれない30代男性、公立図書館に務めているが民間委託された管理運営会社の社員で年収200万円。そのためスーパーでパートもこなす30代の女性など、一見安定して堅い仕事だと思われている職業、職種にも貧困は大きな口を開けて立ちはだかっている。



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(2/3)


危機感の希薄な人たち





「問題なのは中流以上のポジションにいて危機感の希薄な人たちだ。『ふーん、世の中にはこんな貧乏人がいるのか』『こんな稼ぎで恥ずかしくないのかね』『自分の毛並み、経歴は一級品。



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(3/3)



















間違ってもこんな惨めな人間に落ちぶれることはない』『ただ文句を言っているだけ、自己責任でしょ』。こんな感想を持つ人が多いのではないかと思うが、実はこういう人がデッドラインにいることがある」

 しかも彼らはそのことに気づかないばかりか、消費増税、法人減税、社会保障や生活保護の削減といった、自分たちのセーフティネットを断ち切るような安倍政権の格差助長政策を積極的に支持し続けている。

 彼らに、自分たちこそが将来、強者の餌食になってしまうということをわからせるためには、いったいどうすればいいのだろうか。



出典
年収600万円以上の大企業正社員が突然、貧困に! 低所得者を「自己責任」と突き放している中流クラスが危ない - エキサイトニュース(3/3)



















■低所得者ほど穀類摂取=肉野菜少なく、食事に偏り-喫煙者は増加・厚労省調査





世帯所得が低いほど米やパンなど穀類の摂取量が増え、肉や野菜は減少する傾向があることが9日、厚生労働省が公表した2014年の国民健康・栄養調査で分かった。同省は「おかずをそろえ、食事内容のバランスを整える余裕が少ない可能性がある」とし、健康面の格差拡大に懸念を示している。



出典
時事ドットコム:低所得者ほど穀類摂取=肉野菜少なく、食事に偏り−喫煙者は増加・厚労省調査



















調査は毎年行われ、今回は昨年11月に実施。全国約5400世帯を無作為抽出し、約3600世帯から有効回答を得た。摂取品目を詳しく尋ね、所得と食生活の関係を調べたのは初めてという。
 その結果、米やパン、麺など穀類の1日当たり平均摂取量は、世帯所得が600万円以上の男性は494グラムだったのに対し、200万~600万円未満は520グラム、200万円未満は535グラムだった。女性もそれぞれ352グラム、359グラム、372グラムで低所得ほど多かった。



出典
時事ドットコム:低所得者ほど穀類摂取=肉野菜少なく、食事に偏り−喫煙者は増加・厚労省調査



















野菜の摂取量は所得600万円以上は男性322グラム、女性313グラムだったが、200万円未満では男性253グラム、女性271グラムだった。肉の摂取量も低所得ほど少なかった。 
 一方、喫煙者の割合は低所得者ほど高く、特に女性は600万円以上が5.6%だったのに対し、200万円未満は15.3%に上る。健康診断を受けていない人の割合も、男性はそれぞれ16.1%、42.9%で大きな差が見られた。



出典
時事ドットコム:低所得者ほど穀類摂取=肉野菜少なく、食事に偏り−喫煙者は増加・厚労省調査



















■「冬のボーナスが増加」なんてニュースと無縁な人々の叫び





年始の段階では社員8人だったが不渡りの噂が絶えず、2人が見切りをつけて辞めちまった。まあ、こんなクソみてぇな会社に残っていても明るい未来なんてねぇし、来年の年明け早々倒産したとしてもまったく不思議じゃない(苦笑)」

 ただし、少額でも支給されるだけまだマシだ。従業員15人の自動車加工会社「G」で主任を務める安藤尚人さん(仮名・40歳)は、「5年連続でボーナス0円。自動車業界は好況で大手はボーナスも多いみたいだが、孫請けのさらに下のウチみたいな会社には関係ねーよ」とボヤく。



出典
「冬のボーナスが増加」なんてニュースと無縁な人々の叫び | 日刊SPA!



















年始の段階では社員8人だったが不渡りの噂が絶えず、2人が見切りをつけて辞めちまった。まあ、こんなクソみてぇな会社に残っていても明るい未来なんてねぇし、来年の年明け早々倒産したとしてもまったく不思議じゃない(苦笑)」

 ただし、少額でも支給されるだけまだマシだ。従業員15人の自動車加工会社「G」で主任を務める安藤尚人さん(仮名・40歳)は、「5年連続でボーナス0円。自動車業界は好況で大手はボーナスも多いみたいだが、孫請けのさらに下のウチみたいな会社には関係ねーよ」とボヤく。



出典
「冬のボーナスが増加」なんてニュースと無縁な人々の叫び | 日刊SPA!



















話によると、今年は5万円程度だがボーナスを支給するとの噂が流れていたそうで、結果0円と聞いた社員は落胆。「血の気の多い若い連中は、『社長をシメる!』って言い出す奴もいて、なだめるのが大変」と漏らす。

「ただ、社長は社長で『ヤミ金に借りて給料を払っている』との噂もある。部長が尋ねたら『銀行系のカードローン』と言っていたらしいけど、俺ら社員にしてみたらどっちもヤバいのは同じ」

 中小企業にとっては、たとえ少額でもボーナスが支払われているだけマシなのかもしれない。



出典
「冬のボーナスが増加」なんてニュースと無縁な人々の叫び | 日刊SPA!



















■「ネットカフェ難民」の貧しすぎる食生活に密着





日雇い労働者の手嶋達哉さん(仮名・26才)は、いわゆるネットカフェ難民だ。夢を追い求めて6年前に上京するも、ギャンブルに溺れて収入は安定せず。短期派遣を繰り返し、気づけばネットカフェを常宿にして早くも3年目になる。



出典
「ネットカフェ難民」の貧しすぎる食生活に密着 | 日刊SPA!



















「深夜のネカフェってオッサンの加齢臭や足の臭いがヤバいんです。仕事で疲れているのに昼間の現場と同じ臭いがして地獄でした……。けど、今は慣れちゃったし、異臭の中でも普通にメシが食えますね」

 派遣先で食べる昼食はコンビニなどでの買い食いが中心だが、夜はもっぱらネットカフェのフードメニュー。店舗によってフードのメニューは違うが「『この店のメシはうまい』『ここは量が少ない』とかわかってきた」という。



出典
「ネットカフェ難民」の貧しすぎる食生活に密着 | 日刊SPA!



















「ネカフェのフードメニューは基本的に安っぽい味なんですけど、それも食べ続けると“クセ”になるんです。もう、ちょっとした中毒ですよね。あの濃い味が美味く感じ始めて無性に食いたくなる。最近は他のネカフェ住人をマネて、毎朝、魔法瓶に店のホットコーヒーを入れて持ち出しています」

 ただ、不安な点もあるとか。

「ネカフェの住人たちはみんなブクブクと太っているので、健康面が不安です。体が資本の自分は病気で働けなくなるとネカフェにすら住めなくなってしまう。食事のバランスには気をつけて、なるべく野菜を食べるようにしています。最近は納豆やヨーグルトドリンク、トクホ飲料も飲んでいますよ」



出典
「ネットカフェ難民」の貧しすぎる食生活に密着 | 日刊SPA!



















■急増する若年貧困層による犯行の実態|万引きGメンの事件ファイル





都内の大型スーパーでの勤務中、未精算の商品を手に持ったまま店外に出る「持ち出し」と呼ばれる手口を用いて、ふたつのおにぎりを盗んだ一見サラリーマン風の男を捕らえた。被害総額は、二百六十五円。身分確認の結果、身なりのきれいなホームレスであることが判明した二十五歳の男に、お決まりのセリフをぶつけてみる。

「今日は、どうしたんですか?」

「悪いとは思っていたんですけど、腹が減っちゃって我慢できませんでした......」



出典
急増する若年貧困層による犯行の実態|万引きGメンの事件ファイル



















男の所持金は、わずか六円。少し前までは生活保護を受給しながら簡易宿泊所に寝泊まりしていたらしいが、門限破りをしたことで施設を出されてからは、ネットカフェやマクドナルドを拠点にして日雇いの仕事で食いつないでいるという。雨の日が続いて数日に渡り仕事にありつけなかったことから、所持金が底をついて犯行に至ったらしく、今夜は駅の階段か公園のトイレで寝るつもりだったと話した。

 盗んだ商品を買い取れない場合には、商品代金を立て替えてくれる身柄引受人を用意してもらうしかない。誰か助けてくれる人はいるか尋ねてみると、家族とは絶縁状態にあり、助けてくれる友達もいないと答えた。金の切れ目は、縁の切れ目。血肉を分け合った家族や、いくら仲のよかった友人であっても、その基本は不変なのだろう。



出典
急増する若年貧困層による犯行の実態|万引きGメンの事件ファイル



















「日雇いの仕事が決まっているので、明日まで待ってもらえないでしょうか」

 軽微な被害であるし、商品を買い取ってくれれば警察を呼ぶまでもないと店長は話していたが、その支払いを猶予するまではできない。やむなく通報すると、その動きを察知した男が、突然に泣き始めた。なだめつつ話を聞けば、昨日も別の店でおにぎりを盗んで捕まっており、次にやったら逮捕すると担当刑事に脅かされたらしい。

「おれ、刑務所だけは行きたくないです。お願いします、助けてください」

「刑務所に行くことはないだろうけど、罰金刑になるかもしれないですね」

「え? 罰金が払えない場合は、どうなるんですか?」

「労役に行くことになりますよ」



出典
急増する若年貧困層による犯行の実態|万引きGメンの事件ファイル



















窃盗罪の罰条は十年以下の懲役であったが、二〇〇六年の法改正で五十万円以下の罰金刑が新たに制定された。国は罰金を徴収することで犯行を抑止しようと考えたのだろうが、実際の現場では罰金刑の存在を知らないまま捕まってしまう万引き犯ばかりで、さほど周知されていない状況にある。そもそも金に困り、空腹に耐えかねて食品を盗んだ者に対して罰金を科しても、なにひとつ解決しないだろう。

「それじゃあ、刑務所に行くのと変わらないですね。もうおしまいだ......」

 警察官が臨場するまでのあいだ、より大きな嗚咽を漏らして泣き続けた男は、あえなく逮捕されることになった。警察庁は万引きを規範意識の問題に落とし込み、万引きは犯罪だと訴え続けているが、貧困や空腹は規範意識を超越する。頻発する高齢者による万引き理由の多くは貧困であるが、高齢者を支える立場にあるはずの若い人達の暮らしも同様だとすれば、この国の先行きが不安でならない。



出典
急増する若年貧困層による犯行の実態|万引きGメンの事件ファイル



















■マイナンバー導入 貧困女子や老後破産問題が深刻化の懸念も





10月中旬から11月にかけて、市区町村から、住民票に記載されている住所に通知カードで送られてくるマイナンバー。社会保障と税を管理する12桁の番号だが、マイナンバーが導入されることで、これまでの生活を見直さなければならない人も出てくる。家計の見直し相談センター代表で、ファイナンシャルプランナーの藤川太さんはこう語る。

「来年以降は、どんな仕事であっても、給料や報酬をもらうときは会社にマイナンバーを伝えなければいけません。そして、会社は税務署に提出する支払調書などに、支払った相手の番号を記載しなければいけません。

 これまですべての収入を正しく確定申告していない人もいましたが、そうした“脱税”はできなくなります」(藤川さん・以下「」内同)



出典
マイナンバー導入 貧困女子や老後破産問題が深刻化の懸念も│NEWSポストセブン



















会社に黙って“副業”をしていた人は、それがバレてしまうことになる。

「会社員であればほとんどの場合、収入に応じた住民税が給料から天引きされています。今後はすべての収入を申告するようになるため、副業の収入を含めて計算された住民税の額が会社に請求されます。その額が、給料から想定される以上に大きければ、“会社以外で何か収入を得ている”ということが発覚してしまうかもしれません」

 たとえば、本業のA社では年間300万円の収入を得ながら、内緒でアルバイトしてB社から100万円もらっていたとする。これまではB社の100万円を申告せずにごまかしていたとしても、それができなくなる。そのため、住民税は、本来の収入とアルバイト代を含めた400万円にかかってくるため、住民税の請求額によって副収入がバレてしまうというわけだ。

「税務署はこれまで、調査費用がかかりすぎることなどを理由に、小さな金額であれば、調査をしていなかった。でもマイナンバーを使えば低コストで調査できるようになるのです」(藤川さん)



出典
マイナンバー導入 貧困女子や老後破産問題が深刻化の懸念も│NEWSポストセブン



















また例えば、日雇い労働、キャバクラや風俗店での接客業などといった仕事では、これまで身元を隠して働くことができたが、マイナンバーの提出と本人確認が必須となってしまう。さらに、そうした職歴もマイナンバーに紐づいて残ることになる。

 なんとか日銭を稼ぎ、ギリギリで生計を成り立たせてきた人たちの中には、マイナンバーの導入と同時に、いろいろな計算が狂ってしまう人も多数出てくるだろう。

 貧困女子や下流老人、老後破産といった社会問題が、ますます深刻化する可能性がある。



出典
マイナンバー導入 貧困女子や老後破産問題が深刻化の懸念も│NEWSポストセブン



















■「お金があっても貧困」「仕事があっても貧困」という“隠れ貧困女子”





25才の吉田由美子さん(仮名)は、都内で一人暮らしをしながらエステティシャンとして働いている。体力仕事で勤務時間は長いが、月収は25万円。貧困とは遠いように思える。しかし、由美子さんが月に使えるお金は、多くても5万円。収入のほとんどは、借金返済に消えている。

「ここ最近は、いろいろな支払いを終えると3万円くらいしか残りません。国民年金は払っていないし、区民税も滞納してます。それを払ったら、生きていけなくなっちゃう。

 なんでお金がないかというと、私、歯の矯正で130万円のローンを組んだんです。半分は貯金で払って、残りは銀行から借りました」

 130万円の半分なら、由美子さんの収入があれば返せない額ではないはずだ。しかし、由美子さんは銀行から借りたお金を“使い果たした”。



出典
貧困女子 元フリーアナ芸人は5000円ギャラとバイトで月収18万│NEWSポストセブン



















「ちょうどその時、彼氏と別れちゃって、同棲を解消して引っ越したんです。通帳を見たら、銀行から借りたお金が振り込まれていて、それでベッドとか買っちゃった。だって、やっぱり彼氏と一緒に使ってたのは使えないじゃないですか。

 それでお金を返せなくなっちゃって消費者金融ローンに駆け込んだんですけど、審査が通らなかったんです。昔、リボ払いで使いすぎて返済が滞ったからかなぁ…。両親は離婚していて頼れないから、おばあちゃんにお金を借りて少しずつ返済しています」

 それでも由美子さんは、実家から送られてくる米、業務用スーパーで買う3パック89円の納豆、500gで399円の格安のソーセージや冷凍ハンバーグがあれば食べ物には困らない、と強気の姿勢を崩さない。

 美容院に行く月は、カット、カラー、トリートメントで2万円はなくなるから大出費だが、“女子力”はあまり下げたくない。つらいけれど、2か月に1回にしている。

 由美子さんの貯金は0円だが、「借金のことも貯金のことも今は考えたくない」と下を向いた。



出典
貧困女子 元フリーアナ芸人は5000円ギャラとバイトで月収18万│NEWSポストセブン



















都内の私立大学を卒業した井上沙織さん(仮名・24才)は、大学で学んだ法律の知識が生かせる企業を探して就活していたが希望は叶わず、スーパーの下請け会社で勤め始めた。

「野菜などの生鮮食品をひたすらパック詰めする作業です。工場には、パートさんや派遣さんもいましたが、そういう人は残業はしない。代わりに遅くまで残業するのは私たち正社員でした。でも、残業代は出ない。上司に言うと、“正社員なんだから当たり前だろ”と怒鳴られた。体はボロボロだし、恐怖心は消えないし、1年で辞めました」



出典
貧困女子 元フリーアナ芸人は5000円ギャラとバイトで月収18万│NEWSポストセブン



















それ以来、沙織さんは“正社員恐怖症”になり、正社員を避けて、バイトや派遣で仕事を続けている。当然、給料は少なく、実家で暮らし、仕事に行く毎日だ。

「今は派遣で、菓子製造工場の仕事をしています。給料は手取りで12万~13万円。残業はない代わりに、ボーナスはもちろんないし、交通費も出ません。

 勤め先が、実家の近くなのが不幸中の幸いです。一人暮らしをしたいと思っていますが、この金額では到底できません。友達と遊ぶお金だって切り詰めないとなくなってしまう。今は年金なども親に払ってもらっています。もし、万が一、親がいなくなったらどうしよう、と不安でたまらなくなる時があるんです」



出典
貧困女子 元フリーアナ芸人は5000円ギャラとバイトで月収18万│NEWSポストセブン



















関西の私立大学を卒業してフリーアナウンサーとして働いていた荒井かなさん(32才)は、海外留学経験もあり、いわゆる“高学歴”だ。しかし現在、月に5000円の給料で働いている。

「留学から帰ってきて、フリーアナウンサーになりました。給料は歩合制で、月に10万円くらいだったかな。他にもバイトをかけもちしてました。

 そんな生活をしているなかで、昔からの夢、“芸人になりたい!”という気持ちが強くなった。それで、4年前に吉本興業に入って、女芸人としてデビューしたんです」



出典
貧困女子 元フリーアナ芸人は5000円ギャラとバイトで月収18万│NEWSポストセブン


かなさんは、女芸人トリオ『ヴァージン』のメンバーとして舞台に立っているが、お笑いで得られる給料は月に5000円もあればいいほうだ。

「月に1回ライブをしますが、チケットが売れないから自分で買い取って、2万円くらいはそれでなくなります。そうすると、その時点で赤字です。だから、ナレーションの仕事をしたり、テレアポのアルバイトをしたり、いろんな仕事をして月に18万円くらいの収入を得ています」

 住まいは都内にあるワンルーム。家賃は6万7000円で、これを払うと手元にはわずかしか残らない。服は友人からのおさがりをもらい、美容院にも行けないので、染毛剤を買ってきて、自分で染める。貯金もなく、健康保険料は実家の親に払ってもらっている。

「友達とご飯や飲みに行くときは、お金がないので、家でご飯を食べてから行くようにしています。せめてもの節約です。

 たまに、大学時代の友人に会うと、みんな正社員として働いています。親も年をとっていくし、いつかブレークして今の状況から抜け出したい、と思いますが、好きなことをしているので今のままでも楽しいです」



出典
貧困女子 元フリーアナ芸人は5000円ギャラとバイトで月収18万│NEWSポストセブン













お気に入り詳細を見る





■「普通の老後」が難しい 年収700万円でも老後は「ギリギリ」





築30年の2LDKの都営団地に病気の妻(77)と暮らす芝宮忠美(72)は、部屋に上げてくれるとこう話した。

「生活に、まったく余裕がありません」

 同志社大学を卒業後、外資系ホテルに入社。アブダビ、イギリス、スウェーデン……。会社員人生の大半を海外で働いてきた。会社員時代の年収は約700万円。当然、「普通の老後を送れる」と思っていた。

 しかし落とし穴があった。海外勤務時に国内の年金に未加入だった期間があり、年金受給額は月7万円足らずだったのだ。収入は妻の障害年金(約10万円)とあわせ月約17万円。東京都の2人世帯がもらう生活保護費とほとんど変わらない。



出典
年収700万円でも老後貧困に陥る落とし穴 海外転勤で国民年金に未加入 - ライブドアニュース



















そこに、妻の介護費が重くのしかかる。週2回のデイケアで月3万円近くかかり、食事制限のある妻に特別な献立を作るため食費は月約6万円。収支は毎月ぎりぎりだ。

「家賃が4千円だから、何とかやっていける状況です」

なぜ、「豊か」と思われていた高齢者が厳しい状況に追い込まれているのか。

「昔はこうした親を、子どもや同居家族が支えたが、雇用が崩壊し3割以上が非正規になり核家族化が進んだ状況では、親は子どもたちに頼ることができなくなっています」(藤田)



出典
年収700万円でも老後貧困に陥る落とし穴 海外転勤で国民年金に未加入 - ライブドアニュース



















■「早く死んでくれたら…」。理不尽すぎる現実を背負い、貧困から逃れられない38歳女性の事情





両親が交通事故を起こしてから、人生が変わってしまった。掛け持ちする2つのパートと母の介護に明け暮れ、カオリさん(38歳=仮名)の日々はまったく先が見えない。

 今年は「貧困」が、ひとつのキーワードになるかもしれない。シングルマザーや高齢者の貧困について、私たちは毎日のように目にしている。

 独身女性の貧困も、見逃されがちなのだが、大きな問題である。

「女はいいよ、結婚すればなんとかなる」



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















男性や、当の女性たちでさえそう思っているのだが、実際はどうにもならないのが現状。結婚したって相手に安定した収入があるとは限らない。相手の会社が倒産することもあり得る。不仲になって離婚することもある。

 誰かに頼って生きていこうとするのは、自分ひとりでがんばって生きていくよりリスクが高いのではないだろうか。

 そしてもうひとつ。今のこの国では、一度「正社員」の道をはずれると、安定収入は得にくくなる。自分のせいでなくても、道をはずれざるを得ない人もいる。

 そんな社会の荒波の中で、つつましく生きているカオリさん。一度は大手企業の正社員だったが、両親が交通事故を起こしてからは、「地べたを這いずり回っているような生活」だそうだ。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















――カオリさんは大学を出て、いい会社に就職したそうですね。

カオリ:ええ。一部上場の大手企業です。社風が自分に合ったのか、仕事も楽しかったんです。

 ――そこを辞めたのはなぜですか?

カオリ:仕事を始めて6年目、28歳のときに両親が交通事故を起こしてふたりとも入院しまして。父が運転を過って、近所の建物に激突。他にけが人はいなかったんですが、父と助手席の母はしばらく意識不明。ふたりとも、半年ほどで退院できたものの、介助がないと生活できなくなってしまって。

 当時、父がやっていた小さな会社も結局、倒産。もう、どうにもならない状況で、私が会社を辞めてふたりを家で看るしかなかったんです。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















――その後、どうなったんですか。

カオリ:2年後に父が亡くなり、今は公営住宅で母とふたり暮らしです。収入は母の国民年金と私のパート代だけ。母も介助が必要なんですが、相当わがままになっているのか、若干、認知症が入ってきているのか、他人をすごく嫌がるのでヘルパーさんにも頼めない。

 ――カオリさんは、どういう仕事をしているんですか?

カオリ:今は近所の弁当屋さんとファミレス、ふたつをかけもちです。午前中は弁当屋、午後はファミレス。それでも15万にもなりません。家賃と光熱費を払ったら、切りつめてなんとか食べていける程度。

 夜は母にごはんを食べさせて、嫌がるのをなんとかお風呂にいれて寝かしつけて。いつまでこんな生活が続くんだろうと思うと、本当に体だけじゃなくて、気持ちが疲れてしまって。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















――収入的には大丈夫だったんですか?

カオリ:一軒家を売って、社員の方の最後の給料と退職金に充てました。生命保険から若干、保険金が下りましたが、それは両親の入院費に消えた。あとは貯金を取り崩して、細々と生活するしかありませんでした。

 ――大変でしたね。

カオリ:毎日、両親の介護をして1日が終わっていく。私は20代なのに遊びに行くこともなく、恋人もなく、絶望的な日々でした。いや、恋人はいたんですけど、そんな状況だから、当然のように逃げていきましたね。立場が逆なら、私もそうしますよ。支えきれないもの。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















――先が見えないのがつらいですよね。

カオリ:ええ。すべて捨てて逃げ出したくなることもあります。去年だったかなあ、一度、新幹線に乗ってしまったことがあるんです。東京から静岡まで行って1泊して、母をひとりきりにして……。

 だけどやっぱり気になって、すべてを捨てることはできなかった。帰ってきたら、家の中はめちゃくちゃ。母が手当たり次第に物を投げていて。

 ――お母さんは、話ができない?

カオリ:事故で脳をやられたみたいで、こっちが言っていることはわかるんですが、自分が言いたいことがうまく整理できないみたい。ちゃんとリハビリすればよかったけど、父とふたりだったので、私もなかなかそこまで手が回らなくて。支えれば歩けるんですが、私を頼るから、なかなかひとりで歩けるようにならない。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















――日々、何を考えて生活していますか?

カオリ:日常生活を送るだけ手一杯。体が重くてもだるくても、仕事に行かなければ食べられない。頼る人もいないし、息抜きできるほどのお金もない。

 自分が辞めたくて仕事を辞めたわけじゃないけど、もしこの先、母が死んでひとりになっても、おそらく正社員の道なんてないわけですよ。今度は私が生活保護を受けなくてはいけない。お先、真っ暗です。

 ――理不尽な人生だと思ったりします?

カオリ:思いますよ。結婚はおろか、恋愛すらできないんですから。私はもともと母とはあまり折り合いがよくなかった。それなのに、こんな人生を送るはめになるなんて。

 ーーそれでも、なにか先に夢は抱けませんか。

カオリ:先に希望が見えたら、もう少し頑張れるような気もしますけどね、具体的に何がしたいとか思わない。今は、本音を言うと、母に早く死んでほしいと思う。そして、そう思うそばから、私は人間として終わってるとも思います……。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















■貧困女子の実態





人間、どこでどうなるかわからない。ここでカオリさんが倒れたら、母娘共倒れである。大学を出て、意気揚々と社会人になり、生き生きと働いていた10年前の自分を、カオリさんは「もう忘れた。思い出したくもない」と吐き捨てるように言った。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















厚生労働省「国民生活基礎調査の概況(平成25年)」によれば、平成24年の1世帯あたりの平均所得金額が全世帯で見た場合に537万2千円。平均で見ると意外に高いなという印象を受けるかもしれません。

実際には所得の高い方が平均所得を押し上げているのであり、平均所得金額以下に60.8%の世帯が分布しています。この中で、貧困といわゆるレベルは122万円。つまり、世帯で見て年収122万円以下が貧困層と示すことができます。ここに属する世帯員の割合は16.3%。なんと6世帯に1世帯ほどが貧困層に属するのです。



出典
6世帯に1世帯ほどが貧困層 貯金体質になることが脱出のポイント - Peachy - ライブドアニュース



















もっとも生活が大変なのは、母子家庭といえます。働きながら子供を育てるには仕事の幅も限られてくるでしょうし、子育て費用もかかり、極めて生活が困難になる場合も。

ただ、一方でそうではない貧困女子も増加しているのです。これは、単身女性の3分の1が年収114万円未満というデータからも想像できます。
まず、アルバイトや契約社員という働き方を選択、いや選択せざるをえなかった場合。どうしてもアルバイトだと年収100万円をきるケースが出てきます。会社によっては自社の商品を購入する必要がある場合などもあり、手取り収入で考えると「あまり残らない」ケースも貧困女子となる例といえます。



出典
6世帯に1世帯ほどが貧困層 貯金体質になることが脱出のポイント - Peachy - ライブドアニュース



















最近では、正社員でも今後を不安視する女子も。給料はあがるどころか変わらない、場合によっては下がっているというケースもあり、貧困層とはいわないまでも、使えるお金が限られており余裕がないといった女子も多くいます。
こうした状況からか、結婚したくてもできないと捉える女性も少なからずいるのは事実です。結婚して夫婦共稼ぎで有れば貧困からは逃れることができるケースが多いといえるものの、ご自身の年収の低さをマイナスに捉えていること、ファッションや化粧品などにお金が使えなく異性と出会う機会が減るといった要因が根底にあり、結婚はおろか恋愛も難しくしている一面があるのかもしれません。



出典
6世帯に1世帯ほどが貧困層 貯金体質になることが脱出のポイント - Peachy - ライブドアニュース



















――カオリさんはどうやって息抜きしてるんですか。

カオリ:最近は、母が嫌がっても、ヘルパーさんに来てもらうことにしているんです。とりあえず看ててくれる人がいるだけで、気持ちがラクになるから。それで、10年ぶりに友だちに会いました。お金がないからと言って、場所は安い居酒屋にしてもらって。情けないけど、友だちに会えただけで嬉しかった。



出典
父母の介助のため職場をやめた38歳女性の実情「絶望的な日々」 - ライブドアニュース



















■幸せ家族が、たった3年で離散して生活保護に





●友田哲成さん(仮名)47歳のケース

年収:生活保護170万円

 4年前まで18年間勤めていた中小企業の広告代理店では、社内で5番手の地位である次長を務め年収550万円ほどだったのが、突然リストラされてしまったという友田さん。クビ切りに遭う1、2年前までは、奥さんと都内で幸せに暮らしていたのだが、子宝に恵まれた時期から「少しずつ人生の歯車が狂いだした」という。

「子供ができるまではラブラブでしたが、妻が重度の育児ノイローゼになってしまい、僕への愛情は一気に冷めてしまったようでして。そんな頃に東日本大震災が起きたものですから、妻が『東京を離れる!』と言いだし、子供とふたりで実家に帰ってしまったんです」



出典
幸せ家族が、たった3年で離散して生活保護に…【不運のドミノ型貧困】 - エキサイトニュース(1/2)



















ほどなくして妻側から離婚してほしいと言い渡されたそうだ。一方、仕事では、社用車を運転中にトラックに突っ込まれるという交通事故に遭ってしまう。

「震災の影響で会社の業績はだいぶ悪化していて、人員削減をしたかったんでしょうね。過失は10:0でトラック運転手側が悪かったにもかかわらず、給料が高く、ちょうど事故を起こした僕が真っ先にリストラ候補に挙がったんだと思います」

 不当解雇だといって抵抗しなかったのか?

「しませんでしたね。解雇通告書に書かれていた解雇理由が、震災の影響による経営悪化のためだったので、労働基準監督署に相談しても難しいと言われてしまいまして。それに僕の代わりに部下の誰かがクビを切られでもしたらかわいそうだと思い、僕が潔く解雇を受け入れようと」



出典
幸せ家族が、たった3年で離散して生活保護に…【不運のドミノ型貧困】 - エキサイトニュース(1/2)



















不幸の連鎖はまだ続く。2013年のことだ。

「ある日、就活中に突然殴られたような衝撃が胸に走って……。ストレスが原因で、片肺が破裂していたんです」

 緊急入院し一命を取りとめたが、20万円ほどの入院費を払うことができなかった。

「医療保険には入っておらず、貯金もなかったんです。若い頃からずっとバンドをやっているぐらいロック好きだったので、独身時代は宵越しの銭は持たない主義でしたからね」

 入院費が払えない事情を説明すると、病院側が行政の生活保護担当者に働きかけてくれたため、申請が受理され、現在に至る



出典
幸せ家族が、たった3年で離散して生活保護に…【不運のドミノ型貧困】 - エキサイトニュース(1/2)



















「生活保護の受給額は月13万円で、家賃が6万5000円なので、カツカツです。スーパーの値引きシールが貼られるのを待っているときに貧乏を感じます」

 カツカツながら、冷蔵庫の上にはダース買いされた韓国製の第三のビールが並んでいた。「1本70円。一日4本飲みます」というのが、いま唯一の楽しみなのかもしれない。

 天災、リストラ、離婚、事故、病気。ひとつ歯車が狂うと、ここまでドミノ式に不運が連鎖するのか。せめて貯金があればもう少し状況はマシだったかも……。



出典
幸せ家族が、たった3年で離散して生活保護に…【不運のドミノ型貧困】 - エキサイトニュース(2/2)



















■うつ病、金銭トラブル…“アクシデント型貧困”が恐ろしい





心身を壊す、なんとなく会社で居にくくなる、転職しようにも求人が少ない…そんな現実がドッと押し寄せる40代。いま、40代で生活が破綻して「貧困」に陥る人が増えているという。



出典
病気や予想外の出来事をきっかけに困窮 アクシデント型貧困の実態 - ライブドアニュース



















転職の失敗や給与カットに次いで多いのが、病気や予想外の出来事をきっかけに困窮してしまう「アクシデント型」。自分ではどうにもできない発病などもあるが、一方で、若いころから健康的に過ごしていれば防げたものもあるだろう。

 そこで、「40歳を過ぎてから困窮し始めた100人」(全国の41~49歳男性)に、アンケートを取り、今までの生活ぶりを探ってみた。彼氏・夫や、あなた自身に以下のような傾向があれば要注意だ!

 まず、「ストレスに弱い」「健康にあまり気を使っていない」は70%以上がYESと答えている。「食費しか切り詰めどころがなく、夕食を週に一回しか食べずにいたら、栄養失調になって通院費に余計お金がかかった」(49歳・警備員)のような悲しいケースも……。



出典
病気や予想外の出来事をきっかけに困窮 アクシデント型貧困の実態 - ライブドアニュース



















病気のなかでも増えているのが、うつ病だ。

「ずっと過労と不眠が続いていて、42歳のとき、ある朝突然ベッドから起き上がれなくなった。人に会えなくなって会社を辞め、この1年ほど無収入です。本当に突然ドンッと落ちたんです」(44歳・無職)というようなケースを、とてもよく聞く。

 また、約4割が「歯を磨かないで寝てしまうことがよくある」と回答。「今ではほとんど歯がなくなってしまった」(45歳・資材)という声も複数あった。

「新しい会社に慣れた頃、決まって病気になる」(46歳・運送)とくれば、「自分は運が悪いと思う」(83%がYESと回答)と言いたくなるのもわかる。

「原因としてどちらが先かはわかりませんが、貧困と不健康はセットになっていることが多いですね。逆に、稼いでいる人は、健康への意識が高いものです」(ファイナンシャルプランナー・藤川太氏)



出典
病気や予想外の出来事をきっかけに困窮 アクシデント型貧困の実態 - ライブドアニュース



















また、約7割が「自分はお人好しだと思う」と答えている。お人好しほど、「連帯保証人になって借金まみれ」(43歳・飲食)というようなアクシデントに巻き込まれやすいのかも。

 体を壊す、うつ病になる、金銭トラブルに巻き込まれる……こういったアクシデントが起きたときに、備え(貯金)がなければ一発アウトになるのが厳しい現実なのだ。



出典
病気や予想外の出来事をきっかけに困窮 アクシデント型貧困の実態 - ライブドアニュース



















■安保法案反対デモで上京した“ブサヨ”主婦が抱える貧困と不安





「安保法案は欠陥法案ですよ! だってそうでしょう? 自衛官は海外の戦場に派遣されるという契約で入隊しません。それを海外に派遣するなんて民間企業なら労働協約に反する行為です。絶対に許せません」

 国会前や都内繁華街周辺で行なわれている安保法案反対のデモに、地元・大阪から駆けつけたパート主婦・Tさん(44歳)は安倍政権が推し進める“右傾化”した政策に深い憤りを覚えると言う。

 大阪から東京まで、片道3200円の深夜バスに乗ってやって来るというTさんだが、安保反対デモに参加する“普通の主婦”はどういった人たちなのか。筆者は何人かの女性をつかまえて、話を聞いた。



出典
安保法案反対デモで上京した“ブサヨ”主婦が抱える貧困と不安 (1/3ページ) - デイリーニュースオンライン


Tさんは経済的事情から大学への進学を断念。高校を卒業後、大阪市内の信用金庫に入職した。当時、初任給は約15万円だったという。世はバブル景気の時代、好景気といわれていたがその実感はなかった。

「その頃、流行していたラルフローレンのスウェットひとつ買うにも財布の中身を気にしなければいけませんでした。1万円ちょっとだったと思います。でも20年前、私のお小遣いは1か月2万円です。お財布状況は厳しいですよね」(Tさん)

 働けど働けど楽にならない生活で見出したのが労働組合での活動だった。そこには自分と同じような疑問を持つ仲間がいる。それが心地良かった。

「資本主義社会だと稼ぐ力がある人はいいでしょう。でも、そうではない人も世の中にはいます。今、パートで1日働いても8000円にもなりません。これこそ安倍政権、橋下市政の“圧政”ですよ」(同)



出典
安保法案反対デモで上京した“ブサヨ”主婦が抱える貧困と不安 (1/3ページ) - デイリーニュースオンライン













お気に入り詳細を見る





こうした思いを、Tさんは2ちゃんねるやTwitter、ヤフー掲示板に書き込みをしてきた。もちろん実名ではなく、HNでの匿名の書き込みだがネトウヨからフルボッコにされても怯んだことはない。

「ネットユーザーの多くは、どうもただ時流に乗っているだけで自分の頭で考えているとは思えません。特にネトウヨと呼ばれる人は、世間で伝えられているよりも収入面でも恵まれている人が多いといいますよね。だから国とか社会とか自衛隊とか言えるんです。『今日の夕食代を200円以内に抑えるには?』とか、そんな家事や家計とは無縁の人ではないでしょうか」(同)



出典
安保法案反対デモで上京した“ブサヨ”主婦が抱える貧困と不安 (2/3ページ) - デイリーニュースオンライン



















心情的には「反原発」だが夫は原発作業員





Tさん同様、安保法案反対のデモの様子を見に来ていたアラサー、アラフォー主婦たちのなかには、ネット上で左翼的な発言を繰り返す人が多かった。ネット上では“ブサヨ”と呼ばれる人たちだ。静岡県からやって来たというMさん(39)もその1人だ。

「Twitterでの書き込みでトラブルになると、ネトウヨの人は自分たちの仲間がいるんでしょうね。すぐに連帯して攻撃してきます。もちろん1人がいくつものアカウントを持って大人数に見せかけているのでしょうけど。やり方が姑息ですよね。似たようなことがリアル社会でも起こっているように思います。『大勢で徒党を組めばそれが正義』というネット社会と同じような風潮が現実社会でも定着しつつある。恐ろしい」



出典
安保法案反対デモで上京した“ブサヨ”主婦が抱える貧困と不安 (2/3ページ) - デイリーニュースオンライン



















Mさんの夫は飲食店を経営していたが、リーマン・ショック後の不況で廃業した。以来、建設作業員として働いているという。最近では福島県内で原発作業員をしている。日給月給の仕事で、収入は日給8000円だ。

「うちの稼ぎが悪いといえばそれまでです。危険な仕事に従事して、この日給と思うこともあります。でも、我が家では原発の事故は、正直、“働き場”を与えてくれたというところもあります。それまで不安定な日雇いばかりでしたから」(Mさん)

 心情的には“反原発”だが、福島原発の事故以降、募集された作業員の職があったからこそ生活が安定したという。そんなMさんの目には安保法案は、「働き口のない人たちへの雇用の場作り」にみえるという。



出典
安保法案反対デモで上京した“ブサヨ”主婦が抱える貧困と不安 (2/3ページ) - デイリーニュースオンライン



















■老後破産 32歳娘と64歳の母親がともに風俗店で働くケースも





老人問題に詳しく、『老人たちの裏社会』(宝島社刊)の著書もあるノンフィクション作家の新郷由起氏は、こうした2世代にわたる困窮生活の驚くような事例を紹介する。
 
「32歳の娘と64歳の母親がともにデリヘルで働いているケースがあります。娘は離婚し、男の家を転々としたあげく、実家に戻ってきた。当時、母親はドラッグストアでパートをしていましたが、足を痛めて働けなくなってしまった。

 今、女性が60歳を過ぎて雇ってもらえる仕事は、清掃業務か性風俗だけといっても過言ではない。でも、清掃業務は長時間労働で肉体的にもきつい。娘も最初はキャバクラで働いていましたが、32歳という年齢もあって十分に稼ぐことができない。結局、親子一緒にデリヘルで働くことにしたんです」



出典
老後破産 32歳娘と64歳の母親がともに風俗店で働くケースも│NEWSポストセブン



















新郷氏がこの母親に「体を売ることに抵抗はないか」と聞くと、「この年になったら別に……。とりあえず、生きていければいい」という言葉が返ってきた。『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新書)の著者でNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典氏は、こうした老後破産は誰にでも起こり得ると警鐘を鳴らす。
 
「現役時代に年収400万円あった人でも、年金受給額は月20万円を下回ります。それ以下の年収であれば、生活保護基準を下回るケースも当然出てきます。もしそんな状況に追い込まれたら、地域包括支援センターや役所の福祉課などに相談してほしい」



出典
老後破産 32歳娘と64歳の母親がともに風俗店で働くケースも│NEWSポストセブン



















■遺骨捨てる人が増加 永代供養墓の3万円さえ払う余裕がない





火葬した後、墓に納骨せず遺骨を「置き去り」にする事例が増加している。遺骨をしかるべき保管場所以外に放置すると「死体遺棄」にあたり、3年以下の懲役に処されるが、経済的な事情などもあり、「忘れ物」という形で放置される例が後を絶たないのだ。放置される場所は、電車の網棚の上や神社等の施設内など様々だ。関東在住の住職は、自身の経験をこう話す。

「檀家でない男性が訪れてきて『お墓を買う費用もなく、遺骨をどうしたらいいかわからない』という相談を受けました。冬場なのに着ているのは穴の開いたシャツ1枚で生活費もままならない様子でしたので、通常は身元保証人がいないとやらないのですが、一時的に遺骨を預かることにしたんです。ところがその後、男性から電話で『ごめんなさい』とだけ告げられた後に連絡が取れなくなってしまって……結局遺骨はこちらで弔いました」



出典
遺骨捨てる人が増加 永代供養墓の3万円さえ払う余裕がない│NEWSポストセブン



















遺骨の埋葬先の相談・支援を引き受けるNPO法人「終の棲家なき遺骨を救う会」の柿崎裕治・理事長はこう話す。

「多くの遺骨は布や風呂敷で丁寧に包まれ、目立つところに置かれるのが特徴です。せめて見つけてくれた人に丁重に弔ってほしいという、切なる思いが込められているのでしょう。悪意や憎しみを持って捨てていく例ばかりではありません」

 親や兄弟の遺骨を捨てる──行為自体は咎められて然るべきだが、捨てる人々の事情や思いを考えると、やりきれない気持ちになる。

 やむにやまれず遺骨を捨てる大きな理由には、前出の例のように「経済的困窮」がある。日本エンディングサポート協会理事長・佐々木悦子氏の話。

「都内でお墓を買うとすれば、標準的なものでも130万円から140万円、それに年間維持費で数千円から1万円程度かかります。最も安価な永代供養墓だと3万円から5万円程度で維持費もかからないのですが、実はそれすら払う余裕がないという方が増えています」



出典
遺骨捨てる人が増加 永代供養墓の3万円さえ払う余裕がない│NEWSポストセブン



















そのためか、遺骨を自宅などで保管している人は意外に多い。首都圏だけでも100万柱あるといわれており、墓に納められないまま時が経過し続けている“放置予備群”は年々増加している。老人ホームなど施設に入居する際に遺骨を持ち込めなくて困っている、といった相談も少なくない。何らかの契機で保管者に金銭的余裕がなくなり「下流老人」化すれば、それらの遺骨が「忘れ物」と化すおそれがあるのだ。



出典
遺骨捨てる人が増加 永代供養墓の3万円さえ払う余裕がない│NEWSポストセブン



















■下流老人 娘が離婚し子連れで実家に戻った場合はさらに大変





「老後破産」は長寿社会の深刻な社会問題となりつつある。8月30日放送のNHKスペシャル『老人漂流社会 親子共倒れを防げ』は80歳の父と、リストラされた45歳の息子が生活に窮する厳しい現実をレポートして反響を呼んだ。

 息子の失業だけでなく、“結婚しない娘”も親にとって大きな負担となる。30~34歳女性の未婚率は2010年時点で34.5%。しかもこの数字は今後さらに上昇する可能性が高い。
 
『Nスペ』にも、老夫婦と37歳の失業中の息子、36歳独身の娘が同居する4人家族が登場した。子供たちはアルバイトしかできないため、父親は69歳になっても働き続けている。本人は70歳を過ぎても働き続けるしかないと思っているが、もし働けなくなったら家族はどうなるのか。父親は「希望なんてない」と暗い表情でつぶやいた



出典
深刻な社会問題となりつつある老後破産 生活に窮する実情 - ライブドアニュース



















娘が離婚し、子連れで実家に戻ってきた場合は、さらに大変だ。社会学者で放送大学副学長の宮本みち子氏がいう。
 
「年老いた親が娘だけでなく孫の生活まで見なければならなくなり、3世代が共倒れしてしまうケースもあります。高度経済成長期には、親の役割はある時期で終わるとされていました。ところが今はそれが成り立たない。やがて親が介護が必要な年齢になると、状況はますます困難になってしまいます」
 
 こんな事例がある。嫁いだ娘が夫のDVに耐えかねて、12歳の孫を連れて実家に戻ってきたのは2年前のこと。娘は軽いうつ状態で働きに出ることができず、家族4人の収入は72歳になる夫婦の国民年金、月13万円のみ。それでは育ち盛りの孫まで養うことは不可能で、なけなしの貯金を取り崩しながらの生活が続いた。



出典
深刻な社会問題となりつつある老後破産 生活に窮する実情 - ライブドアニュース



















幸い、娘の体調が上向いてスーパーでパートができるようになり、夫と離婚が成立して養育費が入るようになったため、どん底の生活からようやく脱出することができた。だが、この安定がいつまで続くのか、一家は不安にかられ続けている。



出典
深刻な社会問題となりつつある老後破産 生活に窮する実情 - ライブドアニュース



















■夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態





湿気が多く夏は蒸し暑く、冬は隙間風が入ってくる。だから外のほうが夏は涼しく、冬は暖かい。床にはゴキブリが這い、天井からネズミが走る音がいつも聞こえる老朽化著しい昭和の香り漂う集合住宅である。



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















人は住めば都、家族一緒に肩寄せ合って暮らせば、それだけで幸せだという。だがそれも程度問題ではないか。日々の不満は募るばかりだ。

 そんなケイコさんが日々の生活の不満をぶつけるのはTwitterや2ちゃんねる掲示板、Yahoo!知恵袋といったサイバー空間だ。ネット上で彼女は“鬼女”になりすまし、政治家や芸能人、マスゴミ関係者、女性芸能人を攻撃したり、揚げ足取りをして鬱憤を晴らす。

「いい加減な情報を流すマスゴミは大嫌いっ! なぜって? 顔と肩書きだけで男にチヤホヤされて高いギャラを貰っている女子タレントがいるからよ! だからtwitterで芸能人が美味しそうな食事とかをアップしていたら、即攻撃してアカウント閉鎖に追い込むの。何か幸せそうな雰囲気を醸し出している。それが腹立たしい!!」(ケイコさん)

 何の関係もない女性芸能人にとってはとんだとばっちりである。



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















ケイコさんが最近、とくに敵視しているのが女子アナだ。先日、彼女の子どもが通う小学校のママ友から、元局アナというフリーランスの女子アナを紹介された。今は結婚式の司会やインフォマーシャルと呼ばれるCMなどに出演しているという。

 近所に住んではいるが子どもは私立の学校に通っているので接点はない。聞けば夫は大手損害保険会社勤務で年収は1200万円くらいだという。ケイコさんの夫のゆうに4倍の年収額だ。だが、許せないのはそのフリーの女子アナが仕事をした際に貰うギャラの額だ。



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















「気になってたので聞いたのよ。そしたらね、『結婚式の司会だと5万円から10万円くらいかしら。失敗できないし大変なのよ』って! はあ!? わたしなんて近所のスーパーにパートに出て8時間労働、9時間拘束で時給850円、1日6800円よ。結婚式って丸1日もないでしょ? わたしが7日間働いてようやく得られる5万円、それを1日で稼ぐのよ。 失敗できない? はあ? わたしだってレジ打ち間違えたら客と店長にドヤされるわよ!」(同)



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















こうして、その女子アナが許せなくなったケイコさんは、2ちゃんねる等で彼女の悪口を書き込み、誹謗中傷に勤しむようになったという。しかし、彼女にとって週4日働く近所のスーパーは、自らの生活防衛をかけた戦場でもある。

「ほかのパートさんが旅行に行った際のお土産や、お取引先が持ってきたサンプル、廃棄食材などを頂くの。『これ、うちの子どものために持って帰っていい?』と聞けば誰も文句言わないわよ」

 もちろんケイコさんの生活防衛戦はこれだけではない。パート先で慰労目的の納涼会や、BBQ、ビッフェ形式の食事会と聞けばかならず参加、タッパーを持参、余ったものを詰めて持ち帰り冷凍保存、家族の食卓に並べる。すべては節約のためだ。



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (2/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















「ご近所で“タカれる”裕福なお宅があれば、『お子さんの誕生日のお祝いを言いたい』とか何だかんだ理由をつけて食事時に伺う。でも知り合って1か月で5回目に通ったときは、さすがにそこのご主人から注意されて出入り禁止になっちゃった(苦笑)。稼いでいるのにケチくさいわよね」(同)



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (2/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















東京都郊外のとある住宅地──ここに10年前から住む主婦のケイコさん(仮名・43歳)は4人家族で暮している。社員数5人の零細塗料卸会社で営業マンとして勤務する夫(40)と小6・小3の娘たちだ。夫の年収は夏・冬のボーナスを合わせて300万円程度。ケイコさんは近所のスーパーにパートに出ているが、これを足しても世帯年収は400万円前後だ。2人の子供をいることを考えると、生活は決して楽ではない。

 ケイコさんたち一家が暮らす住居は1LDK・築50年、月の家賃3万円のアパートだ。



出典
夫の年収300万円…ネットで憂さを晴らす貧困鬼女の哀れな実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















■月収も貯金も10万円以下で、頼れる身内も友人もなし。目標はスイスでの“安楽死” ~安藤健二さん(仮名・60歳) 日雇いバイト~





「最近、この先のことを考えると本当に不安になるんです」と力なく笑う安藤さん。35歳頃からずっと日雇いのバイトで生計を立てているという安藤さんの貯金は、わずか10万円以下。なぜ25年も定職につかなかったのか?

「大学卒業後、伯父の経営する会社で働いていたんですが、伯父が亡くなって会社を畳むことになり、転職した設備会社は経営が傾きクビになってしまって。一年ほど頑張って就職活動しましたがどこにも採用してもらえず、仕方なくいったん日雇いのバイトを始めたんですね。そこで、『日雇いでも一人なら十分に暮らせるな』と思ってしまったんです」



出典
月収・貯金が10万円以下の“下流老人”「夢はスイスで安楽死」 | 日刊SPA!



















当時は日雇いの需要が多く体力もあり、月に30万円以上稼げていたというから、そう思っても仕方ないのかもしれない。しかし、ここ数年は仕事自体の本数も減り体力もなくなり、月に10万円稼ぐのがやっと。20年近く住み続けているという、家賃2万8000円の風呂なし木造アパートでのつましい暮らしを余儀なくされている。

「食費は一食100円で抑えたいので、野菜はキャベツや玉ねぎ、肉は鶏皮や内臓系くらいしか買えません。ただ、もともと食に興味がなく、酒もタバコも好きじゃない。性欲も減退してここ10年以上女性にも興味がないし、孤独と貧乏は苦痛じゃないんですよね」

 そんな安藤さんが唯一恐れているのが、“孤独死”だという。



出典
月収・貯金が10万円以下の“下流老人”「夢はスイスで安楽死」 | 日刊SPA!



















「就職せずフラフラしてる時期に勘当され、親とは絶縁状態。友達もいません。“人に迷惑をかけない”が信条なので生活保護も申請したくない。となると、働けなくなる=孤独死ですよね。でも、腐乱死体になったりしたら、それこそ大家さんに迷惑ですし……」

 そこで辿りついたのが、“安楽死”という選択だ。

「スイスには外国人の安楽死をほう助する団体あり、70万円出せば死体の始末までしてもらえるんです。この情報を知って安心しましたよ。早くお金を貯めないと!」



出典
月収・貯金が10万円以下の“下流老人”「夢はスイスで安楽死」 | 日刊SPA!



















■奨学金延滞者の半数「低所得」理由に返せず





日本学生支援機構の遠藤勝裕理事長は2015年8月3日の参議院安保特別委員会に参考人として出席し、奨学金返納延滞者の約半数が「低所得」を理由に延滞しているとの調査結果を紹介した。

生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の山本太郎氏が「経済的徴兵制」といわれる問題を掘り下げる中で質問した。

遠藤氏によると、26年度末の奨学金延滞者は25歳未満で6万200件、25歳以上35歳未満が21万4751件、35歳以上45歳未満が5万7176件、45歳以上1万7848件。



出典
奨学金返納延滞者 約半数が「低所得」を理由に延滞していると判明 - ライブドアニュース


延滞理由別の全体調査は行っていないそうだが、25年度のサンプリング調査によれば「本人の低所得」が最も高く51.1%にのぼったという。また、親の経済的困窮に対し延滞者が支援しているというケースが17%ほど。他に「本人が失業中」が15.1%、「本人が病気」が5%だったとした。

山本氏は、日本学生支援機構の運営評議会委員・前原金一氏が延滞者を対象とした「自衛隊へのインターンシップ」の推奨とも受け取れる発言をしたことを受け、延滞者情報を防衛省等に提供したことがあるかを質問。これに遠藤氏は「個別の延滞者の情報について、前原委員、防衛省や他省庁に提供したり、問い合わせを受けたということはない」と説明した。



出典
奨学金返納延滞者 約半数が「低所得」を理由に延滞していると判明 - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





■明日は我が身の“アラフォー貧困”7つのキッカケ





プライベートでも仕事でも、30代までならやり直しがきくけれど、40過ぎたら厳しそう――そんな危機感を持っている人は多いのではないだろうか。実際、40代で生活が破綻して「貧困」に陥る人が増えているという。

 体を壊したり、転職しようにも求人がグッと減ったり、婚活でも諦めの境地になる年代、40代。今、40代で生活苦に悩む人が増えている。40~44歳の「貧困率」は男性13.2%、女性15.6%(平成25年※)。30代より一段高い貧困率で、年々高くなっている。



出典
明日は我が身の“アラフォー貧困”7つのキッカケ - エキサイトニュース



















◆キッカケは「転職失敗」と「給与カット」

 以下は、「40歳を過ぎてから困窮し始めた100人」(全国の41~49歳男性)に、そのキッカケをアンケートで聞いたもの。女性からすると、夫または自分自身の身に起きるかもしれないリスクだ。

==========

40歳を過ぎてから困窮し始めた100人に聞いた

「あなたの生活が困窮した理由は?」



出典
明日は我が身の“アラフォー貧困”7つのキッカケ - エキサイトニュース



















(複数回答可)

1位 転職に失敗した 32人

2位 給与カット 27人

3位 肉体的な病気やケガ 18人

4位 リストラされた 16人

4位 メンタルの病気になった 16人

6位 浪費をやめられない 10人

7位 教育費がかさんで 8人



出典
明日は我が身の“アラフォー貧困”7つのキッカケ - エキサイトニュース



















3人に1人は「転職に失敗」し、4人に1人は「給与カット」をキッカケに生活苦に陥ったと答えている。女性なら、これに「離婚」が加わるだろう。

 夫が転職に失敗したり給与が減ったことで、家庭もろとも生活苦に叩き込まれることも当然ある。

「貯金がないと、ちょっとした臨時出費にも耐えられないんです。生活費を補填するために数万円キャッシングしたことがきっかけで、多重債務者になってしまうケースも後を絶たない」と言うのは、数多くの家計相談にのってきたファイナンシャル・プランナーの藤川太さん。

 20~30代からの備えがないと、40代で何かあったときにすぐ破綻してしまうというわけだ。耳が痛い……。



出典
明日は我が身の“アラフォー貧困”7つのキッカケ - エキサイトニュース



















■低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず





所得、学歴の低さで不健康になるのが「健康格差」だ。低所得の下流老人は上流老人に比べ、死亡率は3倍、うつ状態のリスクは5倍に跳ね上がるという。さらに格差を感じることで上流老人でさえ不健康になるという。

 実は1980年代中盤以降、日本人の所得格差は広がっており、経済協力開発機構(OECD)加盟の先進国のうち高いレベルにある。日本人の約16%が貧困状態にあると言われ、なかでも66歳以上の下流老人は約19%にのぼる。では、下流老人のほうが不健康になりやすい理由は何だろうか。

「社会階層と健康」を調べた東京大学などの研究グループは、所得や学歴が健康に影響するメカニズムを提案している。



出典
低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず〈週刊朝日〉 - エキサイトニュース(1/2)



















まず、そもそも「お金がない」ことが、直接健康に影響する。食事やサービスを十分に受けられなかったり、医療機関の受診をためらったりするからだ。

 1万5千人の高齢者を対象とした調査では、過去1年間に医療機関の受診を控えたと回答した人は、高所得層では8.1%だったのに対し、等価所得が年160万円未満の下流老人では12%だった。

 貧困問題に詳しいジャーナリストのみわよしこさんはこう言う。

「生活保護を受けてはじめて、持病の治療を開始した人が数多くいます。それまでは、たとえば虫歯で激痛があっても、貧困のために医療機関を受診できなかったのです」

 だが、お金の問題だけでは解決できないという。みわさんは続ける。

「貧困状態にあった人が生活保護を受けるなどして一定の生活ができるようになっても、それで解決するわけではなく、しばしば、お金ではどうにもならない問題が表面化します」



出典
低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず〈週刊朝日〉 - エキサイトニュース(1/2)



















所得や学歴が低いことは、さまざまな心理的なストレスをもたらす。

 東京大学などの研究からは、常にストレスを感じている人では、柔軟に物事を考えて行動するための脳の働きが悪くなっていることがわかっている。ストレスが直接健康に影響するだけでなく、脳の機能を変化させて、酒やたばこといった健康に悪い生活習慣も改めにくくなっているという。ほかにも、周囲との人間関係が乏しいことや、貧困家庭で育つと子供のころの低栄養や逆境などの体験によるストレスが、大人になっても影響することなどが指摘されている。

 では、所得も学歴も高い上流老人であれば、健康に生きられるのだろうか。そうではないと、健康格差に詳しい東京大学の近藤尚己准教授は言う。

「周りの人と自分の暮らしぶりを比べることで、不健康な状態になることも知られています。



出典
低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず〈週刊朝日〉 - エキサイトニュース(1/2)



















■親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態





高齢者による年金不正受給の背景には、言うまでもなく“貧困”がある。無職の中高年にとって、親の年金は生命線だ。冒頭で紹介した岐阜県の事件では、約50年前から受給していたというから、被告が36歳の頃から常習的に行ってきた犯行であることがわかる。

 もっとも親の年金が収入源とまではいかずとも、今、親が死ぬと困るという中高年層はすくなくない。預貯金など目ぼしい資産を持たない中高年にとって、親が死ねば急な出費を余儀なくされる──そんな不安もある。



出典
「遺体をレンタカーで火葬場に」親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















では親が死んだ場合、いったい子はいくらの出費を余儀なくされるのか。

 仮に病院で親が死亡したとしよう。まず必要となるのが「死亡診断書」だ。これは病院によって差があるが一般的な相場は5000円から1万円程度だという。

 最近、80歳の父親を看取った山本涼太さん(仮名・50歳)は、自宅で介護していた父親の死亡時、もっとも気になったのがやはり「人が死んだ際のコスト」だったと話す。

「うちは病院で亡くなりました。死亡診断書代7000円かかりました。正直、ちょっと高いな、と。でも仕方ないですがね」(山本さん)

 母親を早くに亡くし、認知症の進んだ父の介護のため地場食品会社の営業職を辞め、アルバイトで生計を立てていた山本さんの年収は200万円にも満たない。預貯金は自身の離婚、親の介護費用、入院代で使い果たした。父親の年金は足立さん自身の「生活費」でもある。カネへの不安は拭えない。



出典
「遺体をレンタカーで火葬場に」親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態 (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















「死亡したとなるといつまでも病院にはいられません。まずは自宅へ連れ帰らなければなりません。その際、カネの不安からレンタカーでも借りてと思いました。でも遺体を運ぶとなると法的には問題ないそうですが、やはり気が引けて。看護師さんに相談して事なきを得ました」(同)

 最初、父親の死亡が確認された際、レンタカーを借り、火葬場へ直行しようかと考えたが、それだとワンボックスカーのレンタカー代金・約7000円がまずかかる。だがレンタカーにそのまま父の亡骸を乗せるのは難しい。自宅へ連れ帰るにせよ、火葬場へ連れて行くにせよ、棺、いわゆる棺桶が必要だ。棺桶の代金はスマホで急ぎ調べると安くても5万円だという。



出典
「遺体をレンタカーで火葬場に」親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態 (2/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















「看護師さんの話では“直葬”といって8万円程度で病院から自宅への運搬、自宅から火葬場への運搬。自宅での簡易な祭壇の設置まで賄える葬儀会社のプランがあるとかで。それを個人的に教えて頂き申し込みました」(同)

 その後は火葬だ。民間火葬場だと火葬料は約6万円が相場だという。もし親類縁者や友人など関係者を呼ぶならば待合室の使用料もかかる。これは、「2万円から5万円程度」(大手葬儀会社)だ。火葬後の骨壷代は1万5000円程度である。

「民間業者だと高いので公営火葬場にしました。自治体のものは火葬料も待合室料も0円、タダで済みました。骨壷は葬儀会社に用意して貰いました。その額は5000円と消費税だったと記憶しています」(山本さん)



出典
「遺体をレンタカーで火葬場に」親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態 (2/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















[父親の死亡時にかかった出費]
•死亡診断書(病院) 7000円
•葬儀会社に支払ったサービス代金 8万円
•公営火葬場での火葬料 0円
•骨壷 5000円

合計 9万2000円

 ここまでが「人が死んだ場合に最低限度必要なコスト」だ。約9万円といったところか。探せば5万円からもあるというが、これは火葬時、公営自治体によってそのコストが異なるからだろう。10万円程度、用意しておいたほうがいざという時、安心だ。



出典
「遺体をレンタカーで火葬場に」親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態 (2/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















火葬の後、遺骨は自宅にずっと安置していてもいい。かならず埋葬しなければならないということではない。ただし、海や山に遺骨を勝手に埋めてはいけない。近年、よく耳にする海や山などへの散骨も自治体などの許可を得て行なっているものだ。

 遺骨を埋葬するならば市区役所で「埋葬許可証」を発行して貰う。その額は300円というのが一般的だ。墓ならば最低50万円以上、納骨堂なら1年間で10万円から、海への散骨ならば5万円から20万円程度が相場である。

 これ以外にも戒名をつけて貰うなど、費用をかけようと思えばいくらでもかけられる。

「ひとまず親が亡くなった際、10万円で済みました。戒名も墓もありませんが。でも正直、父が亡くなった今、父の年金収入も途絶え、これから再就職といっても年齢的にも厳しいです。経済的不安が尽きません」



出典
「遺体をレンタカーで火葬場に」親の葬儀代すら払えない貧困中高年の実態 (2/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















■月額2万円の年金は家賃にしかならない





大阪市西成区に住む吉田勝市さん(仮名・73)は、6月の東海道新幹線放火事件の林崎春生容疑者(71)と同じく、若い頃、歓楽街で流しの歌手として活動していた時期もあるという。いわゆる会社勤めの経験はない。年金支給の区分でいえば「自営業者」にあたる。

 15歳から歓楽街を中心に仕事をしてきたが、不安定な収入でもあり貯蓄もままならず。好きな女性もいたが生活基盤がないことから同棲はしても結婚までには至らなかった。だがそんな不安定な生活のなかでも、漠然とした将来の不安から年金への納付は可能な限り行なってきた。



出典
70代貧困老人の年金生活…食費月5000円で野宿する人も (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















しかしその年金支給額は月額2万円だ。西成区内に住むアパートの家賃(管理費込み)で1万8000円を支払うと2000円しか残らない。

「どうにか年金支給されるだけ、若い頃の一時期、年金を納付してたからまだマシや。これで年金なかったら6000円の日雇いをもう3日増やさなならん。この歳ではきついわな」(吉田さん)



出典
70代貧困老人の年金生活…食費月5000円で野宿する人も (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















毎月、吉田さんは食費を月5000円程度で押さえている。酒は若い頃の無茶で体を壊したため飲まない。タバコも吸わない。

 朝食は近隣のスーパーで買う120円の食パン6枚切りの1枚を半キレ。これを冷凍し12日間で食べる。昼・夕食はアルバイト先の工場で出る弁当で済ませられれば浮く。しかし休日は激安スーパーで買う70円のカップラーメンだ。せいぜい250円の惣菜と100円のお握りがご馳走だ。

 月に5000円で遣り繰りするとなるとこれ以上の贅沢は望めないという。

「もともとそんなに食うほうではなかったからな。でも、この歳でこんなもんしか食えない境遇は、自分にも責任があるとはいえ情けないところはあるな」(同)



出典
70代貧困老人の年金生活…食費月5000円で野宿する人も (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















仕事は、今、清掃や解体業に日雇いとして出ている。年齢が年齢なので、せいぜい週に3日も働ければいい。日給は6000円ほど。朝6時半から18時半まで、約12時間の拘束時間だが、食事が出るので文句もいえない。第一にこの歳でも使ってくれるところがあるのが有り難い。



出典
70代貧困老人の年金生活…食費月5000円で野宿する人も (1/2ページ) - デイリーニュースオンライン



















■無戸籍の子、全国142人=経済難深刻、未就学は7人-文科省調査





文部科学省は8日、出生届が出されていない無戸籍の子供が全国の小中学校で少なくとも142人おり、現在も学校に通っていない1人を含む7人に未就学期間があったと発表した。生活保護に相当する割合は約12%と全児童・生徒の平均の8倍以上で、深刻な経済状態が浮かんだ。
 無戸籍の小中学生の実態調査は初めて。同省は「未把握の子供もいるとみられ、よりきめ細かい支援と調査に努める」としている。

 法務省の集計を基に、全国の教育委員会を通じて今年3月10日時点の状況を調べた。無戸籍は小学生116人、中学生26人。このうち学校に通っていなかった1人は、小学校に入学せず約5年が経過していた。教委などが通学に向け保護者と協議している。過去に未就学だった子供は6人。期間は1カ月から7年半にわたり、うち2人は小学校に全く通わなかった。



出典
時事ドットコム:無戸籍の子、全国142人=経済難深刻、未就学は7人−文科省調査



















経済的理由で学費などを補助する就学支援を受けている子供は3人に1人。このうち生活保護基準に相当する「要保護」に認定された子供が12.1%、自治体の支援基準に当たる「準要保護」が22.7%で、全国平均の1.5%、14.1%より大幅に多かった。法務省によると、無戸籍の理由は、7割が離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子と推定する民法の規定による。文科省は、就学支援を受けている割合が高いことについて「性質上、母子家庭が多いことが原因」と分析した。
 個別のケースでは、育児放棄の疑いや家庭不和、給食費の滞納など養育環境の課題や、「九九ができない」「漢字は読めるが書けない」など学習状況の問題が報告された。文科省は、個別の学習計画作成や関係機関と連携した生活支援など、きめ細い対応を各教委に通知した。



出典
時事ドットコム:無戸籍の子、全国142人=経済難深刻、未就学は7人−文科省調査



















■生活「苦しい」、過去最高62.4%=平均所得は1.5%減-厚労省調査





2013年の1世帯当たりの平均所得が前年比1.5%減(8万3000円減)の528万9000円となったことが2日、厚生労働省の国民生活基礎調査で分かった。生活が「苦しい」と感じている世帯の割合は14年7月時点で過去最高の62.4%に上り、同省は、同年4月に消費税率を8%に引き上げたことなどが影響していると分析している。
 1世帯当たりの平均所得はここ10年で最も低く、データが残る1985年以降では4番目の低さ。非正規雇用の増加などが背景にあるとみられる。



出典
時事ドットコム:生活「苦しい」、過去最高62.4%=平均所得は1.5%減−厚労省調査



















世帯種類別の平均所得は、65歳以上の人のみか、65歳以上と18歳未満で暮らす「高齢者世帯」は2.8%減の300万5000円。18歳未満の子供のいるすべての世帯で見た場合は3.4%増の696万3000円だった。
 生活意識は、「大変苦しい」が29.7%、「やや苦しい」が32.7%。両者の合計が「苦しい」で、今回までの最高は11年7月時点の61.5%。一方「普通」は34.0%で、「ややゆとりがある」3.2%、「大変ゆとりがある」0.4%だった。



出典
時事ドットコム:生活「苦しい」、過去最高62.4%=平均所得は1.5%減−厚労省調査



















■女性に「貧困男子」認定されてしまう男性の特徴4つ





■食生活が頼りない
・「お金がなくて、食事を抜く行為が毎月給料日前に発生する。貯金どころか生活が成り立っていないということだから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「安いお弁当ばかり買っている。自炊する力もなく、お昼も安いお弁当にしか頼れないから」(32歳/その他/クリエイティブ職)



出典
女性に貧困認定されてしまう男性の特徴「食生活が頼りない」 - Peachy - ライブドアニュース

身なりに何かが表れている
・「靴が汚い。靴はある程度値が張るので、汚い靴を履いているとお金がないのかと思うから」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「着ている服がいつも同じ。服を買うお金もないのだと思うから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)



出典
女性に貧困認定されてしまう男性の特徴「食生活が頼りない」 - Peachy - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





■小さなお金もすべて割り勘
・「小さなことも割り勘。向こうから誘ってきたし、全額おごってくれるのかと思ったら割り勘だった食事」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「1円単位で全部割り勘。全額出してとは言わないし、割り勘でもいいんだけど、男なら少し多めに出してほしい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)










■趣味・飲み会にお金を払えない
・「生活費で手一杯。趣味を楽しむ余裕がないくらい生活費で手一杯だと、そう感じる」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「お金がないのを理由に飲み会を頻繁に断る。せっかくのコミュニケーションの場なのに、お金がないのを頻繁に理由にするのは切羽つまっていそうだから」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)



出典
女性に貧困認定されてしまう男性の特徴「食生活が頼りない」 - Peachy - ライブドアニュース



















■高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン





「老後の貧困は、ひとごとではないのです」

 そう警鐘を鳴らすのは、生活困窮者支援のNPO法人「ほっとプラス」の代表理事で社会福祉士の藤田孝典さんだ。6月半ばに出版した新刊『下流老人』(朝日新書)で、「このままだと高齢者の9割が貧困化し、貧困に苦しむ若者も増える」と書く。

 藤田さんは貧困高齢者を下流老人と名付けた。普通に暮らすことができず下流の生活を強いられる老人という意味で、日本社会の実情を伝える造語だという。



出典
高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 - エキサイトニュース(1/2)



















藤田さんは、『下流老人』の中で高齢者が貧困に陥るパターンを五つに大別した。
【1】本人の病気や事故により高額な医療費がかかる
【2】高齢者介護施設に入居できない
【3】子どもがワーキングプアや引きこもりで親に寄りかかる
【4】熟年離婚
【5】認知症でも周りに頼れる家族がいない



出典
高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 - エキサイトニュース(1/2)



















関西で生活困窮者の支援をする生田武志さんは、貧困から人が落ちていく様子を、「カフカの階段」として図式化した。

 労働、家族、住居を失い、金銭を失い、ついには野宿という究極の貧困状態に。生田さんによれば、落ちるときは一段、一段落ちるが、最下段まで落ちると、簡単には上に上がれない。住所がないとハローワークで職も得にくく、生活保護を受けるのに時間がかかることも。

「生活保護の申請をしなかったり、申請しても追い返されて野宿になる高齢の方にもたびたび出会います」(生田さん)



出典
高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン〈週刊朝日〉 - エキサイトニュース(1/2)



















■リーマンショック後、ドヤ街が低年齢化





13年前、東京都台東区の泪橋の交差点を渡り、路地に入った。簡易宿泊施設が並ぶこの一帯は、ドヤ街でホームレスの在宅ホスピスケア施設「きぼうのいえ」を設立した山本雅基さんは言う。

「ドヤ街はいま、過渡期にきています。戦後の高度成長期に金の卵として地方から来て日本の底を支えた労働者が高齢化し、もう働けないがドヤで暮らす。そんな方々が亡くなり始め、入れ替わるように新たな世代の人が入ってきています」

 とくに2008年以降は、リーマンショックなどで失業した40~50代の人がこの地に多く移ったという。



出典
ドヤ街が低年齢化&女性増加 リーマンショックで失業した人々 - ライブドアニュース



















「女性のホームレスも増えたし、山谷は日本の未来の縮図です。皆が老い、貧しさ、心細さと闘いながらつながっている」(山本さん)

 経済協力開発機構の調べ(12年)によれば、日本の全世帯のうち、約16.1%が相対的貧困(所得の中央値の半分に満たない状態)にある。とくに高齢者の相対的貧困率は一般世帯よりも高い。内閣府の「男女共同参画白書」(10年版)をみても、65歳以上の相対的貧困率は22%と高め。男女別にみると、高齢単身男性のみの世帯では38.3%、高齢単身女性のみの世帯では52.3%にも及ぶ。高齢者の単身女性の半分以上が貧困下で暮らしていることになる。



出典
ドヤ街が低年齢化&女性増加 リーマンショックで失業した人々 - ライブドアニュース



















■独身44歳の介護職男性に見る給与面での待遇の悪さ





「40代でも月収20万円も貰えれば好待遇でしょう。年収350万円もあれば福祉業界では“高給取り”です。社会にとって重要な仕事なので給与面から何とか是正したいところですが、現状では厳しいものがあります。このままだと福祉に人材が集まらなくなってしまう」(厚生労働省関係者)

 実際、40代でも月収20万円を切るのが福祉業界ではさほど珍しいことではない。正職員といえども身分は不安定、かつ低収入だ。

「20年前、地場メーカー勤務から福祉の世界に転じました。人に喜んで頂ける仕事がしたいなと。でも当時で月収は13万円でした。収入はメーカー時代の半分以下です。今では昇給しましたがそれでも月収は16万円です。ボーナスは冬に1か月分、夏に1か月分、年収は約230万円です」



出典
「お昼にコンビニ弁当食べるのが夢」年収230万円・独身44歳の介護職男性の嘆き (1/2ページ) - DMMニュース



















こう話すのは関西で主に認知症罹患者を預かるデイ・サービスや24時間体制の有料老人ホームを展開している福祉法人で勤務する山藤啓治さん(仮名・44歳)だ。シフト勤務だが週休2日、月に2度の夜勤もあるが、職場への不満はさほどないと語る。



出典
「お昼にコンビニ弁当食べるのが夢」年収230万円・独身44歳の介護職男性の嘆き (1/2ページ) - DMMニュース



















「お世話させて頂いている人生の先輩方と接することで自分も元気をわけて頂いていますから。やりがいは半端ないですよ」(山藤さん)

 だが、給与面となると不満は募る。山藤さんの大学同級生で一番の高給取りは年収1300万円の外資系金融機関勤務、在京キー局勤務の年収1200万円が後に続く。かつて勤務していた地場メーカーの同期でも年収650万円だ。外資系金融、在京キー局に比して約半分の年収だが、福祉業界に転じた山藤さんにとっては、かつての職場の給与はとてつもなく高額所得に映る。正直、職場を離れたことに多少の後悔の気持ちもある話す。

「大学の同級生たちと飲んだ時など、皆、『お前、大丈夫か? ここは俺が持つから』と気を遣ってくれます。自分たちの先輩のなかには、『福祉という崇高な仕事に携わっているのだから遠慮するな』という人もいます。でも自分はそこまで開き直れません」(同)



出典
「お昼にコンビニ弁当食べるのが夢」年収230万円・独身44歳の介護職男性の嘆き (1/2ページ) - DMMニュース



















年収230万円では、日々の生活も厳しい。結婚したくとも収入面で難しい。かつて2人ほど交際した女性もいたが、同じ福祉業界で働く者同士でも実家という壁が立ちはだかった。

「10年程前に交際した女性のご両親からは、『もっと年収のいい業界に転職するならば』という条件をのまなければ結婚は認めないと。5年前に交際した女性のご両親もそうでした。あまりにも年収面で不安があると。実際、60歳を超えた両親と同居。親がかりでの生活なので、あまり偉そうなことはいえませんが……」(同)



出典
「お昼にコンビニ弁当食べるのが夢」年収230万円・独身44歳の介護職男性の嘆き (2/2ページ) - DMMニュース



















山藤さんのこうした状況をみかねた両親は、地元の結婚相談所に相談した。だが結婚相談所からは、こう言われたという。

「とても大事なお仕事をされていらっしゃることはわかります。でも年収350万円以上はなければお世話することは難しいです。いくら正社員でも厳しい……」


 結婚も出来ず、かといって40歳も半ばを迎えた年齢で今さら転職も出来ない。小遣いは毎月2万円。休日はスマホで無料映画三昧だ。年に2度、スナックで2万円程度の予算で酒を飲み、指名料込みで1万5000円ほどのファッションヘルスに行き、憂さを晴らす。それが楽しみだ。

 毎日の食事は、昼は激安で知られるドラッグストアで買ったカップラーメンかパンで済ます。昼食代は200円以内。夜はスーパーの半額になった弁当や惣菜で腹を満たす。今の夢は、ワンコインのコンビニ弁当を昼に食べること、だという。



出典
「お昼にコンビニ弁当食べるのが夢」年収230万円・独身44歳の介護職男性の嘆き (2/2ページ) - DMMニュース



















■入学金を“ドタキャン”する親も…底辺校教員が語る「子どもの貧困事情」





国や自治体からの経済支援(就学援助)を受けて学校に通う児童・生徒の割合は、年々増加傾向を辿る一方。2011年には、およそ6人に1人が就学援助をうけて学校に通っている。

こうした状況を改善すべく、2013年に成立した「子どもの貧困対策法」は、国がこの問題にようやく本腰を入れ始めたひとつの契機と言える。



出典
入学金を“ドタキャン”する親も…底辺校教員が語る「子どもの貧困事情」 | 日刊SPA!



















関東圏にある、偏差値30代のいわゆる「底辺公立高校」に勤務する土田哲哉氏(仮名・25歳)。

 高校3年生の担任を務める彼は、貧困家庭で育つ生徒たちを見ていて、その深刻さを痛感する毎日だという。

「うちの生徒には貧困家庭の子供が多いです。学校指定のシャツを買う余裕がなくて、指定外の安いシャツを着てくる子がいます。本来、指導しなければいけないのですが、家庭事情を考慮すると、黙認せざるを得ないんです」(土田氏)

 制服のシャツすら満足に揃えることができない生徒たち。深刻な経済状況は、彼らの進路にも影響を及ぼす。



出典
入学金を“ドタキャン”する親も…底辺校教員が語る「子どもの貧困事情」 | 日刊SPA!



















「子どもの貧困を再生産させる原因と感じるのが、三者面談のときにわかる親たちの金銭感覚です」(同氏)

 貧困状態にある家庭の場合、子どもの進学費用を想像できないケースも少なくないという。驚くのは、それを「ドタキャン」でしてしまうこと。

「大学や専門学校など、生徒の進路が決まっても『うちはそんなに払えない』と、学費を払わない親がいるんです。もちろん、面談では事前に学費について説明しているのにですよ」(同氏)

 また、貧困家庭の親が持つ経済感覚は、こんなところにも現れる。

「三者面談のときに、こんな親御さんがいました。『正社員になって手取りで月12万円をもらうより、アルバイトで月20万円稼いだ方がよいから、娘には夜の仕事をさせる』と。単純に正規雇用がよいというわけではありませんが、額面だけで子どもの仕事を決めさせるのも問題ありです」(同氏)



出典
入学金を“ドタキャン”する親も…底辺校教員が語る「子どもの貧困事情」 | 日刊SPA!



















子どもの貧困をめぐって将来的に懸念されるのは、やはり「貧困の再生産」だ。貧困家庭で育った子どもが、親となって再び貧困家庭をつくる。この負のスパイラルは、子どもたちに困難な就労環境をもたらすだけでなく、医療費を中心とした国の財政を圧迫することにもつながる。

 これを防ぐ方法として、同氏は政府の手厚い対策を継続することに加え、生徒たちに金融リテラシー教育をすすめるべきだと説く。

「底辺校の生徒たちにこそ、お金の教育をしなければなりません。自己責任論はいけませんが、子どもたちの周囲が『自己責任』として彼らを突き放さたときに、自分で動き出す力を持っているかが大切です。私ができることから生徒たちには教えていきたいですね」(同氏)



出典
入学金を“ドタキャン”する親も…底辺校教員が語る「子どもの貧困事情」 | 日刊SPA!



















■宝くじ徹夜購入の男性「生活はギリギリ。野球観戦も困難に」





日本一の宝くじ売り場と呼ばれるのが、東京・中央区の「西銀座チャンスセンター」。2014年だけでも当せん総額は約32億円となっている。

 1等前後賞合わせて7億円があたるドリームジャンボ宝くじが発売された5月13日には、「西銀座チャンスセンター」には徹夜組を含めて朝から長蛇の列ができていた。その先頭集団に話を訊いてみた。

 埼玉県から来たAさん(男性・55才)は、前日の夕方4時から並んでいたが、意気込みを聞くと、うつむいてしまった…。

「買うのは10枚か20枚のどちらかですが、まだ決めてません。でも、きっと当たらないと思います。これまでの人生も、ずっとツキがない感じだし。たぶん、おれみたいな人間は一生当たらないんですよ…」



出典
宝くじ徹夜購入の男性「生活はギリギリ。野球観戦も困難に」│NEWSポストセブン



















それでも、Aさんは20年もの間、宝くじを買い続けている。

「昔はドリーム、サマー、オータム、年末ジャンボを3万円ずつ年間12万円買っていたんですが、全然結果が出なくて…。それでも諦められずに、枚数は減らしましたが10枚か20枚は買いに来ちゃうんです。今、調理師の仕事をしてるんですけど、生活はギリギリで、贅沢なんて一切できません。趣味の野球やプロレス観戦もままならないんです。でも、心のどこかで一攫千金を求めているんですよね。どうせ今回も、抽せん日になったらまたガッカリするんでしょうけど…」(前出・Aさん)



出典
宝くじ徹夜購入の男性「生活はギリギリ。野球観戦も困難に」│NEWSポストセブン



















同じく埼玉県から来たBさん(男性・80代)は、家具店を営んで60年になる。

「20才からこの商売一筋です。そりゃあ、景気がいい時もあったんですよ。でも最近は大型家具店が幅をきかせていて、おれたちの出る幕はないよ。だから宝くじに頼るしかないんだよ(笑い)。店はこのままおれの代で終わりだよ。家具店なんて先がねえから、子供も継いでないしな。でももし宝くじが当たったら、ずっと商売してえなぁ…」(Bさん)



出典
宝くじ徹夜購入の男性「生活はギリギリ。野球観戦も困難に」│NEWSポストセブン



















■貧困から犯罪へ走る女性たち――置き引き団を結成している19歳のケース





中学時代の同級生3人と、そしてなぜか中国人女性2人と組み、6人の「混成置き引き団」をやっているというのは埼玉県在住の向井直実さん(仮名・19歳)。

「置き引き始めたのは中学の頃。プリクラ機で撮影してる人の荷物を盗んでた。その後、3人とも高校中退して、年齢ごまかしてセクキャバで働くようになったんだけど、稼げなくて……。それで週末の夜に飲み屋街で倒れてる人の荷物を引こうって話になったんです」

 奇跡的に逮捕歴はない。ターゲットは男も女も関係なかったが、何度か怖い目にも遭った。犯行現場を見た客引きたちに囲まれ、事務所で監禁されこともある。



出典
貧困から犯罪へ走る女性たち――置き引き団を結成している19歳のケース | 日刊SPA!



















「その後、多国籍パブで働き始めて、チャイニーズ2人と知り合った。そいつらはめっちゃ不良ですよ。私らだけなら現金しか盗らないけど、中国人はカードとか免許証とか何でもカネに変えてきちゃう。今は婆さん専門ですね。カードとか使う習慣ないから見かけによらず現金持ってる。ジャージ姿の婆さんが50万円とか財布に入れてたりします。どんな場所を狙ってるか? それは絶対秘密です」

 6人で月に80万円は平均して稼ぐというが、長くは続くまい。そして、そんな彼女が置き引きを始めたきっかけは「食費」だったという。



出典
貧困から犯罪へ走る女性たち――置き引き団を結成している19歳のケース | 日刊SPA!



















「私らは中学時代に3人で一緒に住んでた。友達の1人が親から家賃払ってもらってアパートで一人暮らしてたから。溜まり場的な感じ。親たちは学校にさえ行ってれば何も言わない的な感じだった。でも中学生だけで生活してたら、食費が困るじゃないですか……」

 収入源はその家主の少女が親から与えられる月3万円の食費のみ。援交相手を紹介すると言う先輩もいたが、彼女たちが選んだのはもっと手軽な置き引きだった。

「中学生の着る服、食べるご飯だから、たいした金額が必要なわけじゃない。3人が仲良くなった理由も、中学1年生の林間学級に行けなかったから。私の場合は単に親が貧乏すぎた。あとは親子関係の破綻と父親のDV。DVのほうのコは中学2年生の時に、一時的にその子のお母さんも一緒に住んでたくらいです」

 もちろん犯罪の誘惑に負けず、真っ当に生きる女性たちのほうが多いのは言うまでもないが、貧困から犯罪に走る女性が増えているというのは、考えさせられるテーマだ。



出典
貧困から犯罪へ走る女性たち――置き引き団を結成している19歳のケース | 日刊SPA!



















■街全体にシラミが大発生の極貧生活…! 川崎火災でみえた「ドヤ街事情」


川崎市川崎区で9人の死者を出した火災。

 未明の業火で焼け落ちた建物2棟は、日雇い労働者や行き場をなくした人々が集まる、いわゆる「ドヤ」と呼ばれる簡易宿泊所だった。東京・山谷や大阪・西成ほどの知名度はないが、火災があった「日進町」も同じような「ドヤ」が集まる「ドヤ街」として知られている。

 火災の原因はいまだ明らかになっていないが、「出火直前に付近の住民が男の怒鳴り声を聞いている。男は何者かとケンカしている様子で、『ぶっ殺すぞ』『火をつけてやる』などと叫んでいたといい、放火の可能性も出てきている」(捜査関係者)。



出典
街全体にシラミが大発生の極貧生活…! 川崎火災でみえた「ドヤ街事情」|TOCANA













お気に入り詳細を見る





火元の簡易宿泊所はどんな所だったのか。

 出入り業者は、「かつては定住先のない日雇い労働者が多かったが、現在は生活保護受給者が利用者の大半を占める。トイレと風呂は共同で、3階まで3帖ほどの個室がびっしりと並んでいる。看板には『1泊2000円』とあるが、利用者の多くが長期滞在者で生活保護費から“家賃”として月額6万円程度を宿に払っている」と話す。

 付近には、こうした「ドヤ」が軒を連ねるが、そこで暮らす人々の生活は過酷だ。

「個室にエアコンはついておらず、夏はうだるように暑く、冬は寒い。テレビは課金制で、1時間100円。着替えも満足にない人が多いため、不衛生な環境で、街全体にシラミが大発生したこともあった」(事情を知る区政関係者)

 よりひどい生活を強いられているのが、「高齢者住宅」と呼ばれる施設の入居者だ。



出典
街全体にシラミが大発生の極貧生活…! 川崎火災でみえた「ドヤ街事情」|TOCANA



















精神疾患を抱えて職に就けない人や、持病がある高齢者など、「ドヤ」でも生きていけない人たちの最後の拠り所となっている。その反面、弱者を徹底的に搾取する「貧困ビジネス」が横行する場所ともなっている。

「宿泊費は簡易宿泊所の相場よりも安くて月額5万円程度。ただ、居住スペースは1.5帖ほどしかなく、カーテンとパーテーションだけで仕切られた半個室みたいな部屋がほとんどだ。宿泊費と別に、2食分の食費として約3万円を徴収されるが、出てくるのは食パンひとつに豆腐とか、ひどいものばかり。支給された生活保護費も管理人に取り上げられて自由になるカネは、月々1万円ぐらいしかない」(同)



出典
(2ページ目)街全体にシラミが大発生の極貧生活…! 川崎火災でみえた「ドヤ街事情」|TOCANA



















そんな環境だから、利用者同士のトラブルも絶えない。

「カネの貸し借りで揉めることが多い。ある入居者は、小遣いで馬券を買って、100万円当てたが、次の日には死体となって見つかった。施設の中で息絶えており、病死で処理されたが、みんな『誰かに殺されてカネを持ってかれたんだろう』と噂し合っていた」と話す。

 首都圏のベッドタウンとなっている川崎では高層マンションの建設ラッシュが続いている。

「日進町」のドヤ街に住む人々は、真新しいビルやマンションの影で、今もひっそりと日々の営みを続けている。



出典
(2ページ目)街全体にシラミが大発生の極貧生活…! 川崎火災でみえた「ドヤ街事情」|TOCANA



















■奨学生の半分以上が借金学生、奨学金ならぬ借金の実態が明らかに





日本学生支援機構が奨学金の実態調査を発表している。
調査は3年ごとに行っているもので、大学、高校などの学校や地方公共団体、奨学金事業団体など、3877団体から得た回答を集計している。

これによると、2013年度の奨学金制度は8644、奨学生数は42万8103人、奨学金総額は約1210億9635万円とのこと。



出典
奨学生の半分以上が借金学生、奨学金ならぬ借金の実態が明らかに - IRORIO(イロリオ)



















奨学金には、返済の不要な「給付」と、一定条件の元に返済の必要な「貸与」がある。

奨学生数(42万8103人)における給付の利用者数は20万1930人(47.2%)、貸与は22万48952人(52.5%)、併用は1221人(0.3%)となっている。

金額ベースでは、約459億円(37.9%)が給付で、約746億円(61.7%)が貸与、約5億円(0.4%)が併用だ。

人数ベースで半分以上が貸与であり、金額ベースで貸与の割合がより高いことから、高額の奨学金を受けている人に貸与が多いと推測できる。



出典
奨学生の半分以上が借金学生、奨学金ならぬ借金の実態が明らかに - IRORIO(イロリオ)



















貸与と聞くと、どこか耳触りが良いかもしれないが、要するに借金だ。

奨学金によっては、一定期間の返済が猶予されていたり、利息が低かったり、場合によっては利息がゼロだったりするものがある。それでも借金には変わりなく、借りた分の返済をしなくてはならない。

学校を卒業後に、十分な所得が得られず、奨学金の返済に困る人が出ているとの報道を見聞きした人もいるだろう。

先日、国立大学の授業料を値上げするとの話題が飛び出した。現在でも学費の捻出に苦労する家庭や学生が少なくないにもかかわらず、これ以上の負担増となれば奨学金(借金)に頼らざるを得ない人が増えそうだ。

社会人としてのスタートが、ゼロならぬマイナスから始まることに、不安を覚える人も多いのではないだろうか。



出典
奨学生の半分以上が借金学生、奨学金ならぬ借金の実態が明らかに - IRORIO(イロリオ)



















■高齢者に牙をむく!「子どもの貧困」の実態 先鋭化する特殊詐欺の風景





2014年の年間総被害額が550億円を超えた、いわゆる振り込め詐欺などの特殊詐欺犯罪。触法行為・犯罪に手を染める加害者側の少年少女の取材を続ける中で、詐欺の加害者取材もこなしてきたが、そこで20代を中心とする現場プレーヤー(被害者に直接電話をかける架電要員=カケ子)に共通する証言が、詐欺でターゲットとする高齢者が「何でこんなにも払える金を持っているんだろう」と驚愕したという経験だ。

 その驚きはそのまま、詐欺組織側がプレーヤーに行う「ふんだんに金を持っている高齢者から多少の金を奪うことは最悪の犯罪ではない」という洗脳教育の正当化につながり、彼らは罪悪感どころか半ば義侠心をもって詐欺に加担するようになる。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















この犯罪を「再分配」として肯定することはとてもできないが、それでもこの犯罪が横行する背景に現代日本の世代間格差があるということは否定できない。なぜなら取材してきた若き詐欺加害者たちが、幼い頃「子どもの貧困」の当事者だったケースが非常に多かったからだ。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















毎日つるんで遊ぶのは、8人のグループ。M君より年下もいれば、既に中学校に上がっている先輩もいたが、それぞれの家のことなども自由に話した。服を買ってもらえない子。週に1度しか親が家に帰ってこない子。電気代を滞納しがちで、年じゅう家が暗闇という子。家に帰ると殴られるという理由で、小学校4年生の頃から家出をしては連れ戻されて殴られるという子もいた。

 毎日の500円があっただけで「まだうちはマシだったんだ」とM君は思ったという。

「自分自身の家もなんかヤバいって感じはしてたけど、普通の家の同級生にそんな話できない。けどその友だちになら普通に話せた。友だち……っていうより兄弟ができた!って感じですね。中学3年生までは毎日そいつらとつるんでたから、実際家族とかより一緒にいる時間長かったし」



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















現在19歳だというM君は、最近詐欺のリクルーター(人材斡旋者)をしている先輩から、誘いを受けている。日当の出る研修を受け、使い物になるようならば「月給50万円保証+歩合(詐欺の成功額の15%)」をもらえるプレーヤーに。この候補から外されれば「日給5万円保証+歩合(詐欺の成功額の3%)」のウケ子(集金役)になるという条件。既に引ったくりで少年院を経験し、退院から1年経って保護観察も取れた現在は、建築の型枠職人をやりつつ、仲間内で建築系工具や自動車などの窃盗の「バイト」をしているというM君。その生い立ちは、「ワンコイン児童」だった。

 M君には父親の記憶はない。一人っ子で、小学校時代は母親とアパートでの2人暮らし。毎日深夜に帰る母親は自炊を一切しなかった。M君は小学2年生の頃から、毎日母親からもらう500円玉1枚で食いつないだ。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















そんなある夜、万引きでもするかと夜中にブラブラしていたところ、自販機前の明かりにたむろする隣の学区の小中学生と行き合ったのだという。小学5年生の時のことだった。

 全員が喫煙をしており、初めは「狩られる」と思った。案の定絡まれた結果、「なにお前、チャリ(自転車)乗れないの? じゃあ教えてやるよ」という話になった。実はその年まで自転車の乗り方を教わったこともなく、自分の自転車も持っていなかった。ほんの数時間で自転車に乗れるようになり、さらにその夜に無施錠の自転車を窃盗。なぜか全員で隣町まで自転車で遠征し、集団万引きをしたのだという。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















中学時代は、その「週に1度しか親が帰らない」友人宅に5人ほどで住み込み、自販機を破壊しての釣銭窃盗、海水浴場の駐車場で車上荒らし、スクーター盗とやりたい放題をした。中学卒業後は「高校行けなかった組」でつるみ、いつしか近隣の同じような境遇の少年のつながりで数十人規模のグループになっていた。

 仲間内には、ヤクザになった者、ホストになった者、バンドをやっている者、そして詐欺に従事している者。そんなつながりから今回の詐欺のリクルートを受けているM君だが、話を受けるかどうかはまだ五分五分だ。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















●富める者への敵意





「ウケはハイリスクなバイトですけど、モシモシ(プレーヤー)は一回やると、目つきからして変わっちゃうんですよ。結局、俺らみたいにガキの頃から荒ぶってなくても、高校行けたヤツも、大学まで上がったヤツも、稼いでるとか努力が報われたとかの話は全然聞かない中で、詐欺周りのヤツだけがダントツで羽振りいい。それで『詐欺は頑張ったら頑張っただけ結果がある。捕まったらロング(長期刑)食らうけど、そのリスク込みで1年で一生分稼ぐ』とか真顔で言うんで。ちょっとカッコイイと思う半面で、意識高すぎで痛い感じもするし、『俺たちはお前らとは違う』って感じが鼻につくときもある。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















俺だって金持ってのうのうと暮らしてるジジイババアについては、こいつら金持ってても使い切んねーだろうから取っちゃってもいいんじゃね?って思うけど、やるならやるで本気で腹据えて取れる限り取り尽くすぐらいで行く。じゃないと、その先輩にも簡単には返事できない感じなんです」 今はまだ逡巡の中にあるM君だが、これまで取材に応じた現役詐欺プレーヤーたちは、その逡巡を突き抜けた者たちだ。親の経済的事情で大学を卒業できなかった者、中学卒業後に「出社と同時にスクワット100回」というブラックな営業代行会社を経験した者、M君同様に少年院を経験し、その中でスカウトを受けた者。同級生の親や祖父母に生活保護受給者が何人もいるという「地域そのものが貧困」なエリアの出身者もいた。カバンの中に、中学生用の学習参考書を忍ばせていた20代もいた。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















痛感するのは、まず子どもの貧困が今に始まったことではなく、それを見過ごし放置し続けた結果がこの世代間対立構図なのではないかということだ。現在詐欺の現場を支える世代は、そのローティーン時代を2000年代に過ごしているが、当時から今に至るまで「日本に子どもの貧困なんてあるの?」という声は絶えない。

 そしてもうひとつは、子どもの貧困には親の放任と育児放棄がセットになっていること。放任された子どもたちは、寂しさを抱えた自らの居場所を、福祉や支援者に求めるのではなく、自助的に自ら作り上げるということだ。

 例えばM君のケースなら、地元で問題を抱えた児童が集団化していたわけだが、周囲の大人は彼らを貧困の中にある子どもではなく、あまつさえ犯罪者予備軍として扱った。なぜ彼らを幼い頃に救い上げてやることができなかったのか。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















「犯罪のルーツに子どもの貧困がある」と発言すれば、必ず返ってくるのが「貧困の中で育った子どもの全てが非行に走るわけではない。それは差別を助長しかねない」といった反論だ。しかしそれは本来支援の対象だった子どもたちを、「道を外れた」時点で支援対象から外すと言っているに等しい。その代替として、非行や犯罪に繋がる自助的グループが彼らのセーフティーネットとして、居場所や飢えを満たすものになっているというのならば、いっそう彼らは明確な反逆の意思を持って社会に牙をむくだろう。

 詐欺の現場で働く若者たちは、総じて非常に優秀で、正常な教育と環境を与えれば社会に大きく貢献できたであろう者が多い。将来の社会を支えるはずだった人材を、社会から奪う犯罪者に変えてしまう。それが子どもの貧困を「無きもの」にしてきた結果ではないのか。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















ワンコインの夕食代を使って食べていたのは、コンビニの肉まんや駄菓子。夜遅くまでゲームをするかテレビを見ているため、朝に起きられず毎日遅刻で、給食を食べるために学校に行くという生活。500円はなるべく使わないで、貯めた金でゲームソフトを買っていたために、年じゅう腹を空かせていた。母親が不在がちであるゆえに学用品なども揃わないことがあり、体操服や書道道具もなかった。書道のある日は学校をサボった。 同級生からイジメを受けるようなことはなかったが、明らかに浮いていたという自覚はある。

「お前んとこは自由でいいな」と言われることもあったが、小学生にとって一人きりの夜は長かった。兄弟でもいればまだしも、一人でゲームを続けるのは寂しいというより、飽きるし、腹は減るし、退屈だった。



出典
高齢者に牙をむく若者が急増 背景に貧しかった自らの生い立ち - ライブドアニュース



















■都会の片隅で“見えないホームレス”になる貧困女性たち





早朝の新宿歌舞伎町。出勤する会社員に交じり、足早にネットカフェに入る一人の女性がいた。名前はユミ(27歳)。彼女に自宅はなく、ネットカフェなどを転々とする生活を、なんと5年間も続けている。

「この時間は空いているから広い部屋に入れるんだ。これから夕方まで寝る。デイユースのパックで1000円くらいかかるけど、ホテルとかに比べたら安いから」

 所持金は3000円。口座残高はゼロなので正真正銘の全財産だ。持ち物もバッグ一つで、洋服はコインロッカーに預けてあるという。

「よく延滞して業者に持っていかれちゃうけど、そのたびにGUとかで安い服を買うしいいかなって。今日は少し熱っぽいんだよね。保険証もないから気合で治すけど」



出典
「見えないホームレス」になる女性たち…ネカフェなどを転々とし暮らす - ライブドアニュース



















昨夏からネットカフェを常宿とし始めたアケミ(32歳)の場合、もともとは保育職に就いていた。だが薄給なうえ激務で体を壊して退職。しばらくは貯金で凌いでいたがそれも底をつき、ネットカフェで寝泊まりする生活を始めた。

「最初は次の職場までの繋ぎのつもりだったんですけど、住所もないのでまともな会社は雇ってくれない。でも、ここにはシャワーやコインランドリーもあるし、なんとか暮らせますから」

 そのうち、同じような境遇の女性たちと知り合いになったという。



出典
「見えないホームレス」になる女性たち…ネカフェなどを転々とし暮らす - ライブドアニュース



















そう笑う彼女は一見、普通のOLのようだ。小奇麗な服装にきっちりしたメイク。容姿を見ただけで放浪生活を送っていると気づく人は恐らくいないだろう。

 生活困窮者を支援する側のなかで、彼女のような存在は「見えないホームレス」とも呼ばれている。住居を持たないにもかかわらず、路上で暮らす男性ホームレスのように目につくことが少ないからだ。

「生活に困窮する若年層の女性の場合、多くは家庭の貧困やトラブルが発端です。そして、そういうコは出産が早くなる傾向がある」

 そう話すのは自立支援団体「インクルージョンネットよこはま」の鈴木晶子氏だ。



出典
「見えないホームレス」になる女性たち…ネカフェなどを転々とし暮らす - ライブドアニュース



















「そうなると正規雇用にも就けず、大学を出たコに比べて、その後の数年間で人生が決まるほどの差ができてしまう。そして社会からも孤立する。私たちとしても彼女たちの支援は課題で、そういった女性と繋がることは難しいのです」



出典
「見えないホームレス」になる女性たち…ネカフェなどを転々とし暮らす - ライブドアニュース



















「住んでいる人はスウェット姿とかでいるからすぐわかる。なかには50代くらいの人もいますね。そのうちの一人の若いコと話すようになって、彼女から教わって“ワリキリ”もするようになった。出会い系で連絡を取って、ネカフェブースまで来てもらってエッチしたり……。でも、少し前にそのコから『病院に行きたいから保険証を貸して』と言われたけど、悪用されるのが怖いから断ったんです。それから気まずくて会ってない」

 困窮した女性はどうしても売春という手段をとりがちになる。だがそんな生活が長く続くわけもない。NPO法人「もやい」の大西連氏によれば、年間3000件ほど来る同団体への相談のうち、女性からのケースは約2割。年齢層は20代から70代まで幅広いという。



出典
「見えないホームレス」になる女性たち…ネカフェなどを転々とし暮らす - ライブドアニュース



















「かつては相談者のほとんどが野宿者でしたが、今では4割ほどに減り、ネットカフェなどで暮らす人に変わっている。女性の相談者の場合、精神的疾患を持つ方も多いですね。DVから逃げてきた人もいて、そういった場合、役所から家族への照会を恐れて生活保護を拒否する人もいます。また若い人などは、そもそも自分が生活保護を受けるべき生活水準だということに気づいていないこともある」



出典
「見えないホームレス」になる女性たち…ネカフェなどを転々とし暮らす - ライブドアニュース



















■食費を削って服を買う…アパレルの女性店員が貧困化





~前島知美さん(仮名・28歳)/アパレル関係~

 若い女性が多く働くアパレル業界。華やかに見えるが、実は低賃金で過酷な労働を強いている面がある。契約社員としてショップ店員を務める前島さんの年収はおよそ150万円。休みはほぼなく、もちろん、福利厚生など皆無だ。

「19歳のときに『カリスマ店員』に憧れて飛び込んだものの、現実は華やかな世界どころか、若いコを倒れるまで使い潰すのが当たり前のブラックな業界でした。徹夜で残業をしたり、休日出勤も当たり前なのに手当ては一切出ない。一人当たりの売上げノルマもあるのに、13万円しかない月給のなかから自腹で自分の店の服を買わないといけない。食費を削って服を買うコも多いので、ガリガリに痩せて病気になったり、みんな常に大量の薬を持ち歩いています」



出典
アパレル業界で働く女性たちの貧困…「食費を削って服を買うコも多い」 - ライブドアニュース


同じ職場の10代の女性は劣悪な環境に耐え切れず、ストレス性の糖尿病で倒れたという。

「『アパレルには健康なスタッフはいない』というのが業界のあるあるネタです。若いコは生活苦や体を壊してどんどん辞めていく。それでもアパレルに憧れたコはどんどん入ってくるから、ブラックな体制は何も変わらない。私も数年単位でお店を転々としていますが、どこも似たりよったりで、生活は全然楽になりませんね」



出典
アパレル業界で働く女性たちの貧困…「食費を削って服を買うコも多い」 - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





時折、ふと疲れた顔を見せる彼女もまた、精神的にギリギリの状態で働いていた。

「資格を取る時間もないし、みんな目の前の仕事をこなすことしか考えられない。それに職場は10代や20歳そこそこの若いコばかりなので、法律の知識がないから辞めた後も泣き寝入りするしかない。業界もそれを知ってて利用してるはず。人を追いつめて使い潰す業界の体質そのものが、貧困女子を量産しているんだと思います」

 他業種へ転職できるようなスキルも身につかず、心と体を壊せば再起するにも時間がかかる。きらびやかな世界の闇は異様に深い。



出典
アパレル業界で働く女性たちの貧困…「食費を削って服を買うコも多い」 - ライブドアニュース



















■30代独身で実家生活 男性の悲哀





三重県で派遣の製造業をしている松尾俊則さん(仮名・39歳)。彼は40代を目前としながらも、低すぎる年収のために実家暮らしを余儀なくされているという。

―これまで実家を出ようと思ったことってないんですか?

松尾 もちろん、ひとり立ちしたいと思ったことはありますよ。ただ、金銭的に無理なんですよ。30歳までは正社員だったんですけど、リーマン・ショックでリストラされて。それからは派遣業を転々としてきました。配送や製造業の肉体労働系の仕事が多いんですが、まず稼げないですよねぇ。昨年の年収は230万円でしたし…。



出典
30代独身で実家暮らしをする男性たち…ツラくてもやめられない - ライブドアニュース



















―それだとひとり暮らしはキツイですね。正社員への転職を考えたりしたことは?

松尾 このままじゃダメだとは思いますけど、動けないんです。最近、正社員だと残業代なしで深夜まで働かされたりするっていうじゃないですか。ブラック企業でしたっけ、そこに当たるのが怖い。それに、正社員時代も含めて年収が300万円を超えたことがないから「結局、就職しても同じなんじゃないか」と思っている部分もあります。

―じゃあ、転職で失敗するより、とりあえず現状維持という。

松尾 もちろん、派遣の仕事だって居心地がいいわけじゃない。雇い止めがあるから、数ヵ月から数年ですぐに職場が変わってスキルアップなんてできないし、最近は年下の上司も増えてきて正直、やりづらいですし。



出典
30代独身で実家暮らしをする男性たち…ツラくてもやめられない - ライブドアニュース



















―でも、動けないんですね。

松尾 はい。もう39歳なので年齢的に転職は厳しいだろうなって、冷静に認識してもいて。

―田舎社会って独特の閉塞感があるじゃないですか。両親や周囲の人たちは、この状況について何も言わないんですか?

松尾 これは都会の人にはわからないかもしれませんが、僕の田舎だと未婚男性が実家に残るのは常識なんです。35歳のいとこや50歳の叔父も自分と同じように実家暮らしですし。「長男は家を守るものだ」という考え方もまかり通っているので、実際、長男の僕はこのまま実家に住み続けると思います。



出典
30代独身で実家暮らしをする男性たち…ツラくてもやめられない - ライブドアニュース



















多数の高校中退者が出るなど子供の貧困と学力低下が問題となっている東京都足立区は30日、子供の貧困対策を検討する有識者会議の初会合を開いた。

 同区は生活保護受給世帯の子供の増加傾向が顕著で、全国学力テストの結果も東京23区で最低水準。出産前の母親支援から児童生徒の学習指導まで世代ごとにきめ細かい対策を検討し、貧困世帯の子供の「負の連鎖」を断ち切りたいとしている。



出典
子供の貧困深刻・学力最低…足立区初の対策会議 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



















■子供の貧困深刻・学力最低…足立区初の対策会議





この日の「子どもの貧困対策検討会議」は、政府の「子どもの貧困対策に関する検討会」座長を務めた宮本みち子・放送大副学長ら有識者6人や区の教育、福祉部門の担当部長らがメンバーで、近藤弥生区長は、「連鎖する貧困解消に向けた対策を一日も早く実現したい」とあいさつした。

 同区は、貧困と学力を示す多くの指標が、東京23区最低水準となっている。



出典
子供の貧困深刻・学力最低…足立区初の対策会議 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



















区によると、2013年の18歳未満の生活保護受給者は3428人と、2000年の約1・5倍に増加した。小中学校の給食費などの就学援助制度を利用している世帯も13年度は37%と全国平均の2倍程度となっている。さらに区内の都立高校中退者数(314人)も、23区全体の1割以上を占めている。



出典
子供の貧困深刻・学力最低…足立区初の対策会議 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



















■生活苦のため38歳でシェアハウス暮らし「精神的にも苦難の道」





インフレに賃金上昇が伴わなかった結果、日本では年収500万円の平均所得層にも「生活苦」が及んでいる。SPA!が年収500万円サラリーマン1011人に実施したアンケート結果によると、45%が「昨年よりも生活が苦しい」と回答。なかでも、固定経費である住居費は最も生活を圧迫しやすい。アンケートでも、78%の人が「家賃が重荷」と回答しており、生活苦の現状を浮き彫りにしている。



出典
シェアハウスに住んでいるアラフォー独身者が心情を吐露 - ライブドアニュース



















負担を少しでも軽くするために家賃の安い郊外に移住するという手もあるが、独身者であれば、住み方を抜本的に変えて家賃を下げ、都心に住み続けるという手段もある。入居者数70人という北千住のシェアハウスに引っ越した福留裕一さん(仮名・38歳)もその一人だ。

「勤めていたPR会社が経営不振で給料が減らされました。残業代も出なくなり、毎月家賃を支払うのが精いっぱいだったので、今年に入って引っ越しを決意。今は家賃4万円で初期費用のかからないシェアハウスに住んでいます」

 風呂・トイレは付いているものの、部屋は3畳一間。ビジネスホテルを改装した同ハウスにはシアタールームや入居者が交流できる広めのリビングも完備されている。



出典
シェアハウスに住んでいるアラフォー独身者が心情を吐露 - ライブドアニュース



















「シェアハウスでは『今日、肉じゃが作ったので暇な人集まれ~』みたいなノリがあるって入居時に管理人から言われ、これは食費が浮いていいな、と思ったんです。でも、よく考えたら38歳のオジサンが20代の若者の輪に入るには相当の勇気が必要。交流する勇気もなく、今では3畳の狭い部屋に引きこもって寝るだけです。早くここから出たいのですが、給料が上がる見込みもない。一生この暮らしかと思うと、夜も眠れなくなりますね」

 最近、唯一できたシェアハウスの友達は、売れない地下アイドル。手売りのチケットを大量に売りつけられ、困っているという。



出典
シェアハウスに住んでいるアラフォー独身者が心情を吐露 - ライブドアニュース



















「入居者同士のグループLINEがあって、その中で仲良くなることもあります。ただ、大半は『俺のシャンプーを勝手に使うな』『誰か化粧水使ったでしょ』とかのケチくさい話ばかり。学生が多いので、仕方ないとは思うのですが、38歳にもなって僕も同じレベルの人間なんだな、と思うと悲しくなってきます」

 アラフォーになってのシェアハウス暮らし。金銭的な苦しさの果てには、精神的な苦難の道が続いている。



出典
シェアハウスに住んでいるアラフォー独身者が心情を吐露 - ライブドアニュース



















■年収500万円サラリーマン「昨年より生活が苦しい」。45%が回答





週刊SPA!が年収500万円サラリーマン1011人に実施したアンケート結果によると、「昨年よりも生活が苦しい」と45%が回答。円安や賃上げの恩恵を受けているのは大企業の社員のみであり、一般的なサラリーマンはむしろ「生活苦」を感じ始めていたのだ。



出典
年収500万円サラリーマン「昨年より生活が苦しい」。45%が回答 | 日刊SPA!



















被服費は家計が苦しくなった際、最も削りやすい部分の一つだ。生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏も「浮いたお金を食費やほかに回したり、子供の洋服代に充てる人が多い」と言うとおり、アンケート(下記)では43%の人が「服自体を買わなくなった」と回答している。

穴の開いたジーンズと破けたTシャツを恥ずかしそうに見せながら「家ではボロボロの恰好という人は多いはず」(青山さん)と話す 通信機器メーカーに勤める青山陽一さん(仮名・36歳)は実家の借金の肩代わりを強いられ、手取り32万円の給料から月々15万円を返済に充てている。
そんな状況のため、3年ほど前から洋服は買っていない。部屋にあるジーンズはどれも股擦れで穴が開き、ボロボロに破けたTシャツがクローゼットに何着もかかっていた。



出典
年収500万円サラリーマン「昨年より生活が苦しい」。45%が回答 | 日刊SPA!



















「部屋着ならこれで十分。真っ裸で過ごすときも多いですし、近所のコンビニで買い物するときは仕事用の作業着を着ればいい。ただ、後輩と飲みに行ったとき『青山さんっていつも同じ服ですね』と言われ、恥ずかしいくらいかな」

 衣料品は今のところ、食料品に比べてインフレの影響が少なく、値上げの動きも鈍い。

「その理由としては、化学繊維の原材料である原油価格、綿花の相場がともに下がっていることが影響しています」(柏木氏)



出典
年収500万円サラリーマン「昨年より生活が苦しい」。45%が回答 | 日刊SPA!



















とはいえ、生活苦サラリーマン愛用のユニクロはすでに一部商品の5%程度の値上げを実施。今年の秋冬物も約2割の商品を対象に10%の値上げを行うと発表している。「ユニクロは以前に比べて割高。今は、より価格帯が安いGUやFOREVER21で買います」と話すのは、建設会社に勤務する木村悟さん(仮名・41歳)だ。

「スーツも当然、より安くがテーマですね。一昨年はイオンで上下1万円のスーツを購入しましたが、先日新調したのは西友の8800円スーツです。ただ、恥ずかしいので買ったお店と金額は人には言えませんけど」



出典
年収500万円サラリーマン「昨年より生活が苦しい」。45%が回答 | 日刊SPA!



















■清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀





「年収ですか? 180万円です。これは大学の非常勤講師としての収入です。もちろん生活は成り立たちません。だから運送店の仕分けのバイトもしています。それで何とか年収350万円です。でも、ここから奨学金の返済や、家賃の支払いもしないといけない。もうどうしたらいいか……」

 こう話すのは都内の中堅私立大学から東京大学大学院で文学を専攻し、博士課程まで学んだ笹本智子さん(仮名・44歳)だ。修士、博士課程と順調に進んだ笹本さんだが就職は順調にはいかなかった。

「大学院に入ることを“入院”という人もいます。博士課程に進まず、修士課程修了時に“退院”していれば、今のような生活を送らずに済んだかも。正直、後悔してます」(笹本さん)



出典
清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀 - DMMニュース



















一般に官公庁、一般企業への就職が間に合うのは大学院修士課程修了までといわれている。賃金構造基本統計調査(厚生労働省<平成23年度調査>)によると女性の大学院修士課程修了者の初任給は女性24万5900円と男性の23万3900円よりも多い。

 これは大学院進学率が男性が15.4%、女性が6.2%と男性のほうが高い(内閣府<平成24年度調査>)というのが理由だ。男性の場合、専攻は理工学系に著しく偏っており就職する業態も製造業、IT系企業が多いのに対し、女性の場合は専攻が幅広い。就職する業態も男性同様、製造業、IT系企業の他、金融機関、公務員(小・中・高校の教員含む)、マスコミなど多岐に渡っている。



出典
清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀 - DMMニュース



















とりわけ金融機関、マスコミ各種といったいわゆる“文系職種”は、理系大学院卒業生が就職する製造業に比してその初任給はやや割高傾向にある。一例を上げると、理系職種である国内大手情報系メーカーでは大学院修士課程修了者の初任給は22万8500円(2014年入社)、対して国内大手広告代理店では同じく24万円とその初任給に1万円以上の差がついている。そのため女性の大学院修士課程卒業生のほうが男性よりもその初任給は割高ということになる。

 だがこれは大学院修士課程を修了して一般就職した女性大学院生の話だ。大学院とはそもそも学位取得を目指す研究の場なので、「一般就職をほのめかすと指導教官から嫌われ途中で退学を迫られることもしばしば」(笹本さん)だ。

「学部生時代、就職活動に失敗したので進学しました。そのうちにずるずると博士課程に進学。オーバードクター(3年で満期退学できる博士課程に4年以上在籍すること)となり大学を放り出されました」



出典
清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀 - DMMニュース



















東京都内にある国立の女子大学で社会学を専攻していた北澤優子さん(仮名・41才)は、大学院へ進学した事情をこう明かす。北澤さんは今もアカポス(アカデミックポスト)と呼ばれる大学教員の職がないまま今日まで至っている。

 博士課程まで出た北澤さんの年収は現在250万円ほど。大学非常勤講師としての年収は100万円弱、単発の派遣バイトで年間150万円を稼ぐ。東京郊外の家賃3万円のアパートで1人暮らし。日々の生活は厳しい。



出典
清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀 - DMMニュース



















「研究活動もありとても定職に就けません。だから単発の派遣バイトを。若い頃は引越しの手伝いもしていました。最近は掃除婦の仕事をしています」(北澤さん)

 同い年で自分よりもできの悪かった大学院の同期は、今では関西の有名私大の準教授として教壇に立つ。その年収は約850万円と聞いた。

「自分の研究が認められれば、そのうちポスト(大学や研究機関の研究職)に就けると信じて頑張るしかありません」

 こう話す北澤さんは大学非常勤講師の授業が終わってから今日も清掃のバイトに行くという。



出典
清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀 - DMMニュース



















■「ペットショップで108円のパンの耳を買う」貧困シングルマザーのリアルな食卓





月収13万円未満で、賃貸暮らしのシングルマザー

「田舎なんで、団地の1区画ごとに少しだけ庭のスペースがあります。夏場はここで菜園ですね」

 そう語るMさん(静岡県・33歳)は、離婚から4年。菜園を始めた最初の年は「スーパーで野菜を買ったほうが安かった」と言う。

「素人でも、ほぼ放任してても育って、保存が利くものがいい。冬の野菜は素人には難しいので、夏に作って大量保存してます。例えばニラなんか一度根付いたら雑草と同じ。シソも毎年放っておいても生えてくる。あとオクラ、トマト、ジャガイモ、カボチャ。この辺を所狭しと作って、業務スーパーで売ってる海外産の激安ひき肉と合わせて、自作の皮で餃子や春巻き、ハンバーグにします。他はミートソースやポタージュにして、秋までに冷凍庫一杯に作っておくんです」



出典
貧困シングルマザーの厳しい実態 ペットショップでパンの耳を購入 - ライブドアニュース



















この“菜園作戦”で、M家の食材のレシートは「ほとんど卵とひき肉ともやしとお米」だという。
ドンキやアマゾンで激安食材を大量に買っておく
 一方で「子供が食べたいものを安く作る」というコンセプトに特化しているのは、Tさん(東京都・37歳)。

「仕事がとても忙しいので、ドン・キホーテのおまとめレトルトが重宝してます。5食300円のカレーとかパスタソースとか。これをベースに肉とか野菜を増量。ゼロから作るよりは随分安いんです。結局、調味料とか香辛料って高いんですよね」

 そんなTさんの最大の工夫は「子供と一緒に作る」だ。



出典
貧困シングルマザーの厳しい実態 ペットショップでパンの耳を購入 - ライブドアニュース



















「お米がない時用に常に小麦粉だけは常備しておいて、子供と一緒に手打ちうどんとかパスタも作ります。あと娘が気に入ってるのがホットケーキの粉を使ったケーキとか、クレープもどき。これはアマゾンで1キロ1000円ぐらいの安い粉があるんで。貧乏だなとは思うけど、大事なのはふれ合いだって思ってますから」(Tさん)

 こう並べると、あまり「貧困」を感じさせる悲壮感はない。



出典
貧困シングルマザーの厳しい実態 ペットショップでパンの耳を購入 - ライブドアニュース

2013年に離婚し、小学3年生の息子と暮らすHさん(埼玉県・29歳)は「息子には食べさせるけど、私は食べないことが多い」と言う。

「空腹に慣れてしまい、食べると吐くようになったんです。整腸剤の『エビオス錠』とスポーツドリンクをたくさん飲むと、健康でおなかが減らなていいですよ。あとはお酢を飲んでいる」

 家計を聞けば、食費を圧迫しているのは賃貸の家賃と、Hさん自身が通っている精神科とカウンセラーの医療費だ。



出典
貧困シングルマザーの厳しい実態 ペットショップでパンの耳を購入 - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





「解離性パーソナリティ障害とパニックと鬱です。薬を飲まないと仕事(ホームヘルパー)ができないけど、薬を飲むと朝が地獄なんで……。家にいるときは寝ていることが多いから、自然と子供の食事は仕事帰りに買うマクドナルドとかが多くなりますね。朝ご飯はシリアルと牛乳です。それでも給料日前は厳しいから、ペットショップで108円で売られているパンの耳を買ってます。パン屋さんだと50円でもっと大量にくれるけど、恥ずかしくてあまり行けないんです。パンの耳は100円ローソンで買ったスープの素に浸して食べさせます。これだけだと切ないんで、やっぱり100円の冷凍食品を砕いて入れたりするのが息子のお気に入りです。3年生にもなれば、自分でいろいろと食材の組み合わせを工夫してくれるんで、助かってますけどね」(Hさん)



出典
貧困シングルマザーの厳しい実態 ペットショップでパンの耳を購入 - ライブドアニュース



















取材を通じて痛感したのは、実は貧困シングルマザーの食卓は、本人のメンタルの状況によって大きく左右されるということだ。同様にメンタルを失調しているシングルマザーからは「食事は作れない。子供が勝手に買い置きのレトルトで済ませてくれている」「子供の食事は毎日近くに住んでる実家に食べに行かせている(でも本人と親は関係が悪く実家出入り禁止)」「朝は食べさせず、夕食は毎日300円渡して自分で買いに行かせている」と言った声がゴロゴロ出てくるのだ。

「食事作る時間があったら寝るか仕事しないと」(Hさん)という声が、何よりも追いつめられたシングルマザーの本音を感じさせたのだった。



出典
貧困シングルマザーの厳しい実態 ペットショップでパンの耳を購入 - ライブドアニュース



















■アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由





狭き門を潜り抜け、難関大学を卒業したというのに、希望の職に就けなかったり、転職を繰り返すうちに収入がシュリンクしていったりといった理由で300万円以下の低年収に苦しむ人たち。「高学歴ワーキングプア」という属性が注目されるようになって久しいが、なぜ高学歴にもかかわらず貧困に陥ってしまうのか。労働社会学を専門とする甲南大学文学部准教、社会学者の阿部真大氏に聞いた。



出典
アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由 | 日刊SPA!



















「高学歴にもかかわらず貧困に陥っている人には、世間的には一流とされる企業に就職したとしても『これは自分のやるべき仕事じゃない!』と後先を考えずに転職してしまったり、『大学院まで出たんだから中途半端な職に就くくらいならバイトしながら研究を続けたい』と理想を貫いてしまったりする人が多い。カネにもならないプライドを優先してしまう『プライド固執型』とでもいうべきでしょうか」

 なかでもアラフォー世代は貧困に陥りやすい傾向があるという。



出典
アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由 | 日刊SPA!



















「いまのアラフォー(36歳~44歳)はバブル崩壊直後の93年から01年に就職活動をした、就職氷河期ど真ん中世代。高学歴とはいえ、採用自体が絞られれば、学歴や資質を生かした職に就けない、正規雇用にありつけないといった『ミスマッチ型』も増えた。さらに、90年代は大学院教育が重点化され、大学院進学者が一気に増えた時代でもあります。そのせいで『質の低い大学院生が増えた』と言われ、企業には相手にされないわ、少子化で教員のポストが減るなか、大学にも職はないわで踏んだり蹴ったり。大学院卒の貧困者が多いのもこの世代です」

 親の介護や突然の病気などで貧困に陥ってしまう『青天の霹靂型』もいる。



出典
アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由 | 日刊SPA!



















「昔に比べて、高学歴者でも、突然ふりかかる介護や病気にも対応できる経済的余裕がある人はごくわずか。共働きで年収1000万円あるような家庭でも、無理な住宅ローンを組んでいたり、どちらかが働けなくなったときのことを考えずに生活設計をしているような人たちは、一気に貧困化するリスクを抱えています」

 上の世代のように終身雇用に甘えて逃げ切ることもできないし、不況下で育ったがゆえに高望みをせずにほどほどの働き口で満足できるアラサー世代のように割り切ることもできない



出典
アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由 | 日刊SPA!



















■年収1200万円の生活が一転





「まさかこんなことになるなんて……」

50代の男性はそう嘆く。彼はかつて誰もがうらやむエリートビジネスマンだった。外資系IT企業を渡り歩いてキャリアアップ。ピーク時の年収は1200万円に上り、充実した生活を送っていた。ところが、現在の年収は約300万円と4分の1に。一時は生活保護の申請に足を運ぶなど、生活に困窮していた。彼の身に一体何が起こったのか。

最初のきっかけは病気だった。2005年頃に大手通信会社系企業に転職。その後、スマートフォンの新商品発売に向けた連日の激務がたたり、脳の病気で倒れた。3カ月で復帰すると、今度は職場でパワーハラスメントを受けた。「いつ倒れるかもわからない人に年収1000万円ものコストをかけたくないから、早くやめさせたかったんじゃないか」と男性は振り返る。



出典
多くの日本人が貧困に沈むのは、なぜなのか 「6人に1人が貧困状態」という不都合な真実 - Infoseek ニュース



















さらに不幸は重なる。しばらくして今後は母親が心臓の病気で倒れた。都内のマンションから東京郊外にある実家に戻り、看護をしながら通勤する生活に。通勤時間は片道2時間半。終電に間に合わず、週の半分はサウナに寝泊まりしていたという。それでも親の看護と仕事の両立は簡単ではない。自分が倒れたときに有給休暇を使い切っており、欠勤扱いになる日が増加。2011年末に会社を解雇されてしまった。

解雇と同じくして母親は他界。さらに父親にも肺がんが見つかり、母の死から数カ月後になくなった。精神的にはどん底だったが、それでも働かなければ生活できない。実家暮らしで家賃負担はなかったが、希望の仕事を見つけるのは難しい。コンビニのバイトを始めた。生活保護の申請にも行ったが、持ち家と数十万円ほどの貯金があるから認められないと担当者はにべにもなかった。



出典
多くの日本人が貧困に沈むのは、なぜなのか 「6人に1人が貧困状態」という不都合な真実 - Infoseek ニュース



















その後、家を300万円で売却。友人たちの誘いなどもあり、貯金を元手に都心に戻ってきた。現在はITの知識を生かしてフリーのコンサルタントとして生計を立てている。だが病気などで働けなくなったらどうなるのか、老後はどうするのかを考えると不安は募る。



出典
多くの日本人が貧困に沈むのは、なぜなのか 「6人に1人が貧困状態」という不都合な真実 - Infoseek ニュース



















■年収600万円以上の8割が、生活に「余裕なし」理由は? 「ローン」「1000万はないと」





国税庁の発表によれば、平成25年度におけるサラリーマンの平均年収は「414万円」だそうです。みなさんはこれより高いでしょうか? 低いでしょうか? 今回は生活に余裕がありそうな、平均年収の約1.5倍以上である「年収600万円以上」の方々を対象に以下の質問をしてみました!



出典
年収600万円以上の人にアンケート 75%が生活に余裕なしと回答 - ライブドアニュース



















■生活に余裕はありますか?
ある 25.0%
ない 75.0%


質問の結果、8割が生活に余裕がないという結果に。それぞれの理由を見てみましょう。


【生活に余裕がある!】
•生活に困らないし、貯金もできる(男性/48歳/建設•土木/年収601~700万)
•特に節約などはしていないから(男性/31歳/食品•飲料/年収1500万)
•多少ぜいたくをしたり好きなことをして過ごしても余裕があるので(女性/28歳/情報•IT/年収1020万)
•ぜいたくをしていないから(男性/31歳/運輸•倉庫/年収601~700万)



出典
年収600万円以上の人にアンケート 75%が生活に余裕なしと回答 - ライブドアニュース



















【生活に余裕など無い!】
■ローンに追われる日々......
•学費、住宅ローンで余裕はない(男性/47歳/建設•土木/年収1000万以上)
•専門学校や自動車等のローンがあるので(女性/23歳/その他/年収1500万)
•両親に仕送りをしているし,保険料なども馬鹿にならないため(男性/43歳/学校•教育関連/年収601~700万)


年収が世間と比べ高くとも、家や車は現金ではなかなか買えません。かさんだローンの支払いに毎月追われる人も多いようです。ですが、それらを購入しているだけあって生活レベルは低くは無さそうです。



出典
年収600万円以上の人にアンケート 75%が生活に余裕なしと回答 - ライブドアニュース



















■家族のためにお金を使うため......
•家族四人だといっぱいいっぱい(男性/42歳/自動車関連/年収601~700万)
•子供が3人いて全員が私立校に通っているから(男性/49歳/情報•IT/年収701~800万)
•こどもの教育関係にかなりの出費(男性/50歳以上/商社•卸/年収801~900万)


未婚の人と既婚の人では出費は大きく違います。子供が成長するにつれ、学費などで出費はかさんでいきます。一家の大黒柱としてこれからも家族を支えてあげてください!



出典
年収600万円以上の人にアンケート 75%が生活に余裕なしと回答 - ライブドアニュース



















■まだまだお金が足りない!
•東京は生活費が高い。(男性/49歳/通信/年収601~700万)
•1000万円くらいないと余裕が出ないと思う(男性/32歳/電機/年収601~700万)
•何が原因かわからないが、毎月あっぷあっぷ(男性/50歳以上/情報•IT/年収701~800万)
•人はあるだけ使ってしまうので(男性/48歳/電機/年収1000万以上)

収入が比較的多くとも、まだまだお金が足りないと思う人が多いようです。なにかあったときのために少しは備えておきたいものです。



出典
年収600万円以上の人にアンケート 75%が生活に余裕なしと回答 - ライブドアニュース



















■都心部サラリーマン、世帯年収800万円でも家計は火の車





総務省の「全国消費実態調査」によると、東京都で世帯年収800万~900万円の層は上位30%に入っており、本来なら恵まれた境遇にあるはず。しかし、リアルな世間の声を集めてみると、「世帯年収800万円でも家計は火の車」だというサラリーマンが急増しているというのだ。

「ウチは普通よりも上」という慢心が、破たんへといざなうのか? 世帯年収800万円の家庭では、“予想外の出来事”や“大きな買い物”ですぐにひっ迫してしまうのだ。ここで、ひとつ実例を紹介しよう。



出典
都心部サラリーマン、世帯年収800万円でも家計は火の車 | 日刊SPA!



















「子供が産まれただけでこんなにも家計が傾くとは思いませんでしたよ」と漏らすのは、杉並区在住の加藤慶介さん(30歳・仮名)だ。システム系ベンチャー企業のSEとして働く彼の年収は約500万円。一方、アパレル企業で働く妻は約300万円。京王線沿線にある賃貸マンションで新婚生活を送っていたが、妻の妊娠・出産を機に生活が一変してしまったという。

「妻が休職して収入が一時的に減るのは想定内だったのですが、痛かったのは出産後、復職した妻が正社員ではなく、契約社員になってしまったこと。100万円近く収入が下がってしまいました」

 さらに、都心部特有の“保育園問題”が夫妻にのしかかる。



出典
都心部サラリーマン、世帯年収800万円でも家計は火の車 | 日刊SPA!



















「杉並区は保育園の激戦区で、ゼロ歳時からどこかに預けた実績がないと、安い認可保育園にはなかなか入れないんです。だから僕らは妻が予定よりも早く復職して、ベビーシッターを雇うことにした。けれど、シッター代を調べたらあまりの高さに驚きましたね。専門業者に頼むと月に25万円ですよ。そんな額、払えるわけない」

 そこで、加藤さん夫妻はマッチングサイトを使って自力でシッターを探すことに。時給交渉が可能な個人営業者を探し、「10人以上と面談をした」という。

「少し前にベビーシッターが子供を虐待死させた事件もあったので心配でしたが、なんとかいい人を見つけました。それでも月に15万円。家賃と合わせて毎月の固定費が28万円ですから、ベビー用品代とかもあるし、キツイです」

 それでも残業を増やしてわずかな手当を費用に充てていた加藤さんに、さらなるトラブルが……。



出典
都心部サラリーマン、世帯年収800万円でも家計は火の車 | 日刊SPA!



















「実は、雇用状況で上司と揉めた妻が、僕に言わず勝手に辞表を出してしまったんです。産後のストレスもあったようであまり問い詰めませんでしたが、正直、『なんてことをしてくれたんだ』と……」

 なんとか転職はできそうとのことだが「子供が成長して私立に行ったら、間違いなく我が家は破たんする」と、将来に怯える日々だ。



出典
都心部サラリーマン、世帯年収800万円でも家計は火の車 | 日刊SPA!



















■長時間労働でも年収は3分の1に…急増する中高年フリーターの悲劇





「日給7000円です。一応、8時間労働です。でも昼休みは45分。休憩は午前15分、午後15分の30分。学生バイトよりも条件はきついですよ……」

 一昨年、大阪市内の地場機械メーカーを早期退職した平川芳雄さん(仮名・50歳)は、現在、大手ショッピングモールの派遣アルバイトとして勤務している。仕事内容は買い物カゴ、ショッピングカートの整理、駐車場内の清掃、その他ショッピングモール内での雑用の一切を担う。

 雇用条件は、朝9時から夕方6時までの9時間拘束・約8時間労働。昼食時の休憩時間中は時給換算されない。時給875円で休憩時間30分を除き7時間半働く。



出典
長時間労働でも年収は3分の1に…急増する中高年フリーターの悲劇 - DMMニュース



















機械メーカー勤務時代は、「年収700万円程度」(平川さん)で、営業職として接待費も「2万円までならノーチェックで毎日でも使えた」という待遇に比べると厳しいものがある。

「条件面ではまだこのバイトはいいほうです。食事は社員食堂が使えるし、交通費も出る。前にいたバイト先は朝7時から夕方7時まで拘束。労働時間は9時間程度。食費なし、交通費込みで8000円でしたから」(平川さん)



出典
長時間労働でも年収は3分の1に…急増する中高年フリーターの悲劇 - DMMニュース



















今、こうした中高年を対象としたブラックバイト問題が表面化しつつある。企業側にとって40代後半から60代を対象とした非正規雇用の担い手は「企業側にとってはウマみのあるマーケット」(都市銀行調査役)だからだ。

「とにかく多少条件が悪くとも中高年は文句も言わず黙々と働く。収入が途絶えるのが怖いですからね。この傾向は男性・女性に違いはない。若年年齢層だと条件が悪ければすぐに辞める。こじれると労働行政に訴え出たりもする。中高年ならそうしたリスクは少ない。企業側もそうした中高年のフリーター層の心理につけ込んでいる節がある」(同)

 そんな40代後半から50代、60代のシニア層を対象とする“中高年ブラックバイト”の実態に迫ってみたい。



出典
長時間労働でも年収は3分の1に…急増する中高年フリーターの悲劇 - DMMニュース



















中高年ブラックバイトにハマるのは、意外にもかつて正社員などの職に就いていた者、とりわけ営業職などのホワイトカラー職にあった者が多い。雇用制度、コンプライアンスがきちんとしていた企業に長年勤務していた者ほど企業側の「安く人をこき使いたい、使い倒したい」という希望とピタリと符合するからだ。

 警備員のアルバイトをする吉田光明さん(仮名・57歳)は、大卒後新卒で勤めた印刷会社を53歳で退職勧奨後、ヘッドハンティング業者の斡旋で再就職した企業に馴染めずすぐに退職。仕方なく現在の警備員のアルバイト職に就いた。

 再就職先企業を退職して現在のアルバイトに就くまで1年かかった。60歳を前にしての就職はおろかアルバイト採用もままならなかったからだ。



出典
長時間労働でも年収は3分の1に…急増する中高年フリーターの悲劇 - DMMニュース



















苦労して採用が決まったアルバイトだが条件面はいいとは言い難い。日給は7000円、夜勤だと8000円だ。食費などは出ない。交通費も出ない。食費、交通費を除くと手取り6000程度になってしまう。他に職がありそうに思えるが辞めるに辞められない。週に6日間働く。それでも月収は20万円にも満たない。印刷会社時代の年収は650万円程度だったというから、今の境遇はとても厳しいものがある。

「シニア層歓迎とハローワークや求人広告でも出ています。しかし会社側は若い人を採用したがる。今の職を探す際それは痛感した。だから他の仕事をまた探すとなるとかなり厳しい。使って頂けるだけでも有り難いので」(吉田さん)



出典
長時間労働でも年収は3分の1に…急増する中高年フリーターの悲劇 - DMMニュース



















■「家族との無縁・地域との無縁・制度との無縁」という貧困女子

「3つの無縁」について1,000人以上の女性を13年間にわたって、インタビューしてきたライターの中山美里氏

私が取材した女性たちの中でも、自分以外に頼る相手がいないこと(無縁)から、最貧困女子に陥ったというケースは多くありました。特に多かったのは、以下の2つの原因によるものです。



出典
“売春は幸せ!?“最貧困女子の意外な声 - Infoseek ニュース













お気に入り詳細を見る





■シングルマザーのケース

 「ホームヘルパー2級」の資格を取得している20代の介護福祉士の女性ですが、月給は12万円程度と薄給。2人の子どもを女手ひとつで育てていくには、この金額ではとても生活をやりくりすることができません。そう思って始めたのが個人売春。SNS、出会い系で男性とやりとりをして、1回当たり1~2万円の援助をしてもらい、ホテルに行く。それ以降、愛人というほどではありませんが、親密な間柄となると、5,000円に値下げをする。新たに売春する相手を探すよりも、手間が省けるからです。



出典
“売春は幸せ!?“最貧困女子の意外な声 - Infoseek ニュース



















■身寄りのないケース

 高校を中退後、現在、派遣社員として働く女性ですが、毎日働いても給料は月給12万円。幼い頃に母親が家を出ていき、父親は数年前に死亡、兄とも疎遠状態にあり、誰も頼る相手がいません。唯一、悩みを相談できるおばさんが近所に住んでいるようですが、資金の援助をしてもらうことはさすがにできないと、派遣の仕事と掛け持ちで個人売春をしています。



出典
“売春は幸せ!?“最貧困女子の意外な声 - Infoseek ニュース



















中山氏はいずれも10~20代後半の女性に多いと指摘する。しかも、セックスワーカーに従事したところで貧困の問題は解消しないどころか、半永久的に風俗で働かなくてはいけないというスパイラル状態に陥る可能性が高いという。その理由は、デフレの影響で男性客が減少傾向にあり風俗全体が安売り状態となっているため、よっぽど容姿やスタイルが良くなければ稼ぐことは難しい。更に、最近、主流になりつつあるスマホやSNSを利用して行う個人売春や援助交際の相場も、年々、下がる傾向だという。



出典
“売春は幸せ!?“最貧困女子の意外な声 - Infoseek ニュース



















「最貧困に陥る女性については様々なケースが考えられますが、女性の給与面や雇用の問題については国や企業が見直すべきだと思います。

 ただ、"性産業に従事する"ことを選択すること自体は、個人的な問題です。なぜなら、取材を続けていくうちに、たとえ最貧困女子と呼ばれようと、彼女たちなりに一生懸命、逞しく生きているというメッセージが多くあったからです。風俗や売春をしている女性の中には、"集団生活を強いられたり、社会に出てイジめに遭うよりも売春する方がよっぽどマシ"とハッキリ言う女性や、やりがいを見いだす女性もいた。つまり、その子たちにとっては生きるべき場所なんです。ただし、生きるためにセックスワークを選ばなければならなかった女性、つまり、「望まない売春」をしている最貧困女子には手を差し伸べるべきだと思います。
 ただし、病気にならない、妊娠しない、ケガをしない、ツラい目に遭わない、危険にさらされないようにする、などといった点に気をつけてほしいと思います」



出典
“売春は幸せ!?“最貧困女子の意外な声 - Infoseek ニュース



















■30代後半で派遣先が激減…アラフォー“おひとり様”貧困女子のリアル





学歴の低さと貧困の相関性だが、「あながちそうとも言い切れない」と言うのは、広告代理店幹部のK氏だ。

 K氏はナイトワーク全般の求人サイトの運営をしているが、同サイトの登録者の中には、学歴のある女性が貧困から登録してくる者もいるという。

「人妻風俗店などへの入店を希望するのは、30代の女性です。もともと僕自身、4年前まで人妻デリヘルの経営をしていましたが、当時はギャンブル狂、買い物依存症、ホスト狂、元AV嬢や元風俗嬢、シングルマザーと、分かりやすく属性のお金に困った女性が多かったんです。今でもナイトワーク求職者が30代の生活資金難の女性というのは変わらないんですが、最近妙に目立つのが、結婚歴も子どももいない、風俗未経験者。元一般企業の正社員や派遣社員、大卒という属性なんです」



出典
30代後半で派遣先が激減…アラフォー“おひとり様”貧困女子のリアル - DMMニュース



















いわゆる「おひとり様」の属性。結婚や育児出産に煩わされず人生を謳歌する、悠々自適な印象が強い層だ。「まさにナイトワークのカジュアル感覚化かもしれない」と言うK氏だが、実際にこうした属性に該当する当事者女性に話を聞き進めると、おひとり様女性の実態が見えてきた。



出典
30代後半で派遣先が激減…アラフォー“おひとり様”貧困女子のリアル - DMMニュース



















返済金額だけでも月に最低12万円が必要





「8か月前にそれまで勤めていた会社を職場の人間関係のトラブルでやめてから、ずっと求職活動はしているんですが、全滅しています」

 そう語るのは、都内人妻系デリヘルの新人嬢として働くTさん(38歳)。未婚で風俗店の経験など一度もない。地方から大学進学のために上京して、そのまま東京で就職をして現在に至るが、バブル後世代にもかかわらず20代は派手だった。



出典
30代後半で派遣先が激減…アラフォー“おひとり様”貧困女子のリアル - DMMニュース



















「20代前半は毎週末、六本木通い。その後はダンスにハマってかなり本気でやってましたね。年に3回は海外旅行もしていました。ずっと同棲してる彼氏もいたんですが、最終的に結婚するほどじゃないってお互いが結論出して、5年前に別れました。大学は社会学部卒ですが、当時の友達で連絡が取れるのは1人しかいないです。もともと友達少ないんで。入店の理由は、生活費を減らせないのと、貯金が半分になったので……。貯金が尽きるまでに必ず次の仕事を見つけて、この仕事は辞めるつもりです」

 Tさんの現在の貯金は80万円。生活費を減らせない理由は、5年前に彼氏と別れた際に「ほとんど自棄」で購入した1LDKのマンションのローンや、カード会社のリボ払いの返済があるから。その返済金額だけでも月に最低12万円が必要だという。派遣会社にも登録しているが、担当からの連絡はこちらからしない限りない。



出典
30代後半で派遣先が激減…アラフォー“おひとり様”貧困女子のリアル - DMMニュース



















「断捨離ですね。働いてたときに買ったアクセサリーとか、海外旅行のお土産とか、片っ端から売ったし、習い事もやめちゃいました。それでも月に20万円はないと生きていけない。夜のお仕事は稼げるかと思ったけど、先月でちょうど20万円でした。でも、それは『新人プレミアで指名がついてるからだ』って店長に言われて、今月はたぶん16万円に届くか届かないかです。やれる仕事(プレイ)を増やせとも言われてるんですけど、未経験者にはけっこう厳しいですよね。……ダンス、結構本気だったんで、続けてれば良かったな。それで先生とかやれれば良かった。でも今は、再就職できないなら自営業で独立かなって考えています。何の仕事かはいろいろ調べているところですけど……難しいですかね」



出典
30代後半で派遣先が激減…アラフォー“おひとり様”貧困女子のリアル - DMMニュース



















■貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観





東京都下・八王子──20代前半のある男女のグループが話を聞かせてくれた。地元で育ち、幼いころからお互いを知る男性2人と女性2人の4人組だ。いわゆるマイルドヤンキーを絵に描いたような存在だ。彼らはともに、サラリーマンや自営業、公務員の両親のもと、平均的な中流家庭で育ったごくごく平凡な若者たちだ。

「10代の頃にオレオレ詐欺で捕まったことがある」

 まず、こう話してくれたのは仲間内でもリーダー的存在のA君だ。顔も幼く、身なりも素朴。性格も温和で明るく、犯罪に関わっていた過去があるとは、まず想像できない。現在は、都内の知人の宝石店に勤務しており、結婚して家庭も築いているという。



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















「貧乏だから詐欺をしたかというと、そうでもない。ただお金があれば楽しいことはほとんどやることができたし、将来、貧乏になるのも嫌だった。一時はオレオレ詐欺で小遣い稼いで、何か商売でもはじめようとも思っていた。実際、警察に捕まっても罪が軽い10代の頃に悪いことをたくさんやって、自分の店を構えた友だちもいる。当時は、自分が汗水たらして働く姿は想像できなかったし、逆に真面目に働くヤツは頭が悪いと思っていた。働き始めた今でも、真面目に働くことと、儲けることは別だなといつも感じている」

 オレオレ詐欺について罪の意識はなかったのかと問うと、A君はきっぱり「ない」と言い切る。すると、A君の旧友であるB君が、同世代の若者の現状を次のように話しはじめた。



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















「正直、儲かるなら犯罪ギリギリのことをやる友だちは少なくない。昼はスーツを着て仕事をしてるヤツが、副業で脱法ハーブの店を経営しているなんて話はゴマンとある。最近、流行しているのは、電子タバコ関係かな。電子タバコ用にマリファナをリキッドにして売るのが流行っているらしい。真面目に働いても給料はたかが知れているから、仕方ないとことだと思います」

 A氏やB氏にとって、オレオレ詐欺や危険ドラッグの販売はそこら辺に転がっている話だという。ふたりはまた、自分でリスクを背負って違法行為や犯罪を行う人間はまだマシで、友だちを平然と裏切る行為こそ本当の“悪”だと話す。グループの女性Cさんが口火を切った



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















「私が通っていた大学では、学生の間でネズミ講が流行っていました。電化製品とか、いろいろなものを売っていましたね。私はセミナーによく誘われたけど気味が悪いから無視してた。ただ、ハマっちゃった子も多くて。幹部になった子がラスベガスで豪遊している写真をフェイスブックにアップしていたこともあったし、反対に騙された子のなかには友だちに嫌われて二度と姿を現さない子もいました。似たような話は、他の大学に行った子からもしょっちゅう聞かされていた。友だちを騙してお金を儲けするのも、当たり前で珍しくないというか。そういうことって、あんまりテレビとかでやりませんよね」



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















社会の善し悪しの基準は、私たちを守ってくれない





最後に話を聞かせてくれたDさんの父親は警察官だそうだ。父親とそりが合わなかったDさんは、家を飛び出し中学校も中退。10代の頃から風俗店に勤務しながら、店の寮で暮らすようになったという。

「中学生の頃に、お父さんと同じくらいの年齢の男の人と付き合ったことがありました。未成年に手を出したことが怖かったのか、いきなりいなくなっちゃいましたけど。当時は、そのくらいの年齢の男性に惹かれることが多かった。理由はよく分かりません。大人と付き合っていたせいか性行為にも拒否感が少なかった。10代の頃はお金もなかったし、若いうちに体を使って、稼げるだけ稼ごうと思ってます」



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















Dさんの両腕の外側には、バラの刺青が彫られている。そして、その刺青と皮膚の間には、無数の自傷行為の跡が。「少しだけ後悔している」とDさんはそう小さな声でつぶやくと、腕を大きく広げ、明るい笑い声でその場の雰囲気をごまかした。

 話を聞きながら気になったのは、4人がことあるごとに「自分の周りにも似たような子がたくさんいる」と洩らしていたことだ。経済的な意味で、4人が平均的な過程で育ったごくごく普通の若者だということはすでに述べた。そんな彼らが、「似たような子がたくさんいる」と実感しているということは、4人と同じような環境、同じような人生を歩んでいる若者が、他にもたくさんいるということにはならないだろうか。



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















おそらくそのような若者たちは、この4人と同じように、貧困に直面する前に自分なりの価値観でアクションを起こしていくだろう。時に他人を、そして時には自分自身を傷つけたとしても、貧困から逃れるためにあがくはずだ。その時、社会の善し悪しの基準は、彼らにとって不必要になる。というのも、社会の基準は彼らを守ってくれないからだ。

 若者の貧困化とともにやってくるもの。それは、大人の世界では“モラルの崩壊”と呼ばれるであろう、若者の価値観の変化なのかもしれない。



出典
貧困を恐れる「マイルドヤンキー」独自の価値観 - DMMニュース



















■奨学金返せず自己破産、40歳フリーター 月収14万円「283万円払えない」





男性は父親が事業に失敗した影響で、1990年の高校入学時から大学卒業まで日本学生支援機構から無利子の奨学金を借りた。高校時は毎月1万1千円、大学時は同4万1千円で、当初の返還期間は93年12月から2012年9月。多いときで年約16万円を返還する計画だった。

 だが、大学3年時に精神疾患を患ったこともあり、大卒後に就職できず、計9万2千円を支払っただけで滞納。アルバイトをして生計を立てる生活で、返還期間の猶予も受けたが、返せなかったという。昨年8月、返還を求めて機構が提訴。同11月、未返還の奨学金と延滞金の計約283万円の支払いを命じられた。

 男性は現在、二つのアルバイトをしており、収入は手取りで月約14万円。光熱費や家賃、家族への仕送りなどを差し引くと、生活費は2万円ほど。貯金はなく、返還のめども立たないことから、自己破産の申請に踏み切った。開始決定は今月4日で、債権者から異議申し立てなどがなければ4月にも破産が決まる。



出典
奨学金返せず自己破産、40歳フリーター 月収14万円「283万円払えない」 (qBiz 西日本新聞経済電子版) - Yahoo!ニュース



















学識者や弁護士などでつくる「奨学金問題対策全国会議」(東京都)によると、奨学金返還のために消費者金融から借金するなどして多重債務に陥り自己破産にいたるケースは以前からあったが、最近は奨学金だけで自己破産するケースが出始めているという。



出典
奨学金返せず自己破産、40歳フリーター 月収14万円「283万円払えない」 (qBiz 西日本新聞経済電子版) - Yahoo!ニュース



















高校、大学時代に借りた奨学金を返還できないとして、北九州市小倉北区のフリーターの男性(40)が福岡地裁小倉支部で自己破産の手続き開始決定を受けたことが分かった。男性には延滞金を含めて約283万円の返還義務があるが、「奨学金のために消費者金融などで借金しても返せない。そもそも多額の金を貸してくれない」と説明。識者は、非正規雇用などで若者の貧困が拡大すれば、今回のように奨学金返還のみでの自己破産申請が増える可能性を指摘している。



出典
奨学金返せず自己破産、40歳フリーター 月収14万円「283万円払えない」 (qBiz 西日本新聞経済電子版) - Yahoo!ニュース



















■Fラン大学生は貧困への入り口なのか!?





最底辺と言われるFラン=Fランク大学の卒業生

「入学時に四則演算がまともに出来なかったり、小学校で習う常用漢字が書けないというのが、Fラン大学生の実情です。でも、大学生全体の就職率の中で言えば、Fラン大学が特化して悲惨とは言えない」

 こう語るのは、当のFラン大学で講師を務めるD先生。意外な実情を話してくれた。

「例えばある程度以上のランクの大学卒業生は、その大学を卒業『するからには』ということを意識してエントリーシートを出していくため、そもそも過当な競争の中で『お祈りメール100通』といった事態が起きてくる。専門性の高い学部の卒業生についても、選択する職種の幅が狭いためにそうなりがちです。ですが、例えば入学時の偏差値が40付近といった最底辺の大学でも、福祉系の短大なら介護系求人などが充実しています。一方で、国際○○学部、総合○○学部といった何の専門性があるのか分からない学部の生徒については、在学時代の専攻とはまったく無関係な就職先に入っていく傾向がある」



出典
先生のコネでパチンコ店に…ド底辺Fラン大学生の就職事情 - DMMニュース



















そもそも就職先を選り好みしないFラン大学生は、意外にも逞しく生きているようだ。

 では実際にFラン大学卒業生の声を聞いてみた。2年前に東京郊外の某大学・総合情報学部を卒業したJ君は「同級生で就職浪人は一人もいなかった」と言う。

「在学中は、学校内でエロゲーやり放題だし、ほぼ全員ネットジャンキーでパラダイスでしたけど、就職先は見事にバラバラですね。おそらく最強の勝ち組は、警察官になった奴かな。安定してますしね。本丸の情報通信系に行った奴はいわゆるITドカタ(底辺SE)になれた人間はまだ優秀で、僕なんかは同じ情報系でもネット通販の会社で、メールの送受信をするだけの簡単なお仕事と、あとはひたすら梱包発送のお仕事」

 その他の同級生の就職先は、携帯電話会社の販売、サポセン、システム系の子会社孫会社あたりが情報系では多く、あとは居酒屋から不動産、電気工事屋、介護、工場内軽作業などざまざまだ。



出典
先生のコネでパチンコ店に…ド底辺Fラン大学生の就職事情 - DMMニュース



















「とにかく学校でやったこととはほとんど関係ないところに就職している奴が大半です。親が金持ちの奴はニート化しているけど、それはほんの一部でみんな働いている。フェイスブック情報によれば……ですけどね。だいたいみんな、月収は手取り15万円程度じゃないかな? この間、同窓生の何人かでサバゲー行ったとき、月収18万円宣言した奴がいて、周りのみんなが『殺していいですか』みたいな感じだったし」



出典
先生のコネでパチンコ店に…ド底辺Fラン大学生の就職事情 - DMMニュース



















基本的に、非常に低所得。だが就職に挫折したり、昨今の『就活に挫折し続けてうつ病に』といった悲壮感は、いまいち感じない。前出D先生は、その理由を「Fランの割り切り」と言う。

「Fランとバカにされますが、 彼らはしたたかで逞しいです。その理由は、第一に彼らの親に経済的な余裕がないから。実際に就活相談を受けても、常に出る言葉が『親のこととか考えると遊んでられない』という言葉で、学費や大学在学中の生活費を『親からの借金』と捉えて卒業後に『返済していく』という意識の学生もこの5年ほどで一気に増えた感覚があります。



出典
先生のコネでパチンコ店に…ド底辺Fラン大学生の就職事情 - DMMニュース

以前の高卒就職先がFラン大学にシフトしているというご指摘はその通りで、彼らは就職先に選り好みをしないし、在学中もよく働くし、一昔前の『大学生のモラトリアム』は、いまのFラン大学生には当てはまらない。確かに信じられないほどバカですが、働かなければ生きて行けないという感覚が非常に高い彼らは、ある意味高偏差値の大学に通う学生よりも『目覚めている』って印象を受けるんですよ」

 大学に進学している時点で、たとえ親が低所得でも、卒業後すぐに親に金を返していかなければならなくても、本人に学力がなくても、少なくとも「家族の縁」が断絶しているわけではない。貧困というものが単に無職や低所得に加えて、様々な縁を絶たれて孤独であるために「そこから抜け出せない」ことを意味するのなら、彼らはこの格差社会の中で生き抜くことに目覚めたニュータイプなのかもしれない。



出典
先生のコネでパチンコ店に…ド底辺Fラン大学生の就職事情 - DMMニュース













お気に入り詳細を見る





■アラフォー貧困バツ女の現実





シングルマザー、毒女(独身女性)など貧困女子の生態が話題になるなか、貧困のスパイラルに陥る女性として今、最も急増しているのが子無しのバツイチ女性だ。3組に1組が離婚すると言われる時代、今やバツイチなどさほど珍しくもなく、ましてや子どもがいないのであれば、貧困に陥ることなどないと思うのだが……。バツイチ女性はなぜ貧困に陥ってしまうのだろうか。



出典
30代貧困バツイチ女性の厳しい現実 婚活パーティーでも男性は敬遠 - ライブドアニュース



















「5年前に結婚しましたが、夫の浮気がひどくて離婚しました」と語るのは、大手食料品メーカーで派遣社員として勤務する皆川聡子さん(仮名・36歳)。結婚当初はアパレル系商社の総合職で働いていたが、“妊活”を理由に退職。専業主婦になったという。

「不妊治療をしながら、夫婦二人三脚で子づくりを頑張っていたんです。でも、まったく妊娠することができなくて……そのうち、義務化された性行為に夫が辛くなったんでしょうね。浮気されてしまったんです」



出典
30代貧困バツイチ女性の厳しい現実 婚活パーティーでも男性は敬遠 - ライブドアニュース



















妊娠できない自分に苦しんでいる最中での浮気。聡子さんは夫を許すことができなかった。話し合いの結果、離婚へ。だが、30歳をすぎた彼女に正社員の道はなく、現在の会社で派遣社員の経理事務として働くことになった。

「元夫からもらった慰謝料50万円は、すぐに底がつきました。財産分与といっても、たかだか知れています。離婚後、すぐにリクルート活動を始めたんですが、30代の女性を正社員として雇ってくれる会社は少なく、なかなか就職できませんでした」

 現在の手取りは19万円。都心のマンションから引っ越し、今は千葉県内のワンルームアパートで独り暮らしをしている。ここで気になるのが、再婚の可能性だ。子どもがいないのであれば、結婚する道もあると思うのだが……。



出典
30代貧困バツイチ女性の厳しい現実 婚活パーティーでも男性は敬遠 - ライブドアニュース



















「やっぱり子どもが欲しいので、合コンや婚活パーティには積極的に参加しています。でも、バツがついた女性って敬遠されるんです。男性だとバツがつくとモテるとか言うじゃないですか? 女性の場合はまったく逆。まず条件から削除されてしまうんです。みなさんが想像する以上に“バツイチ”の肩書に世の男性は厳しいんですよ」

 今年で37歳になるという聡子さん。そろそろ子どもを作りたいと願う一方、その前に結婚すらできない現状がある。ましてや、今の派遣社員という境遇にもいい知れぬ不安を感じているという。

「いつ派遣切りにあってもおかしくない状況なのに、貯金もできない。実家の親も頼れるような経済状況ではないので、このままこの生活から脱け出せないのではないか、と今にもうつ病になりそうです」



出典
30代貧困バツイチ女性の厳しい現実 婚活パーティーでも男性は敬遠 - ライブドアニュース



















離婚した場合のリスクは、男性よりも女性のほうがはるかに大きい。そこには一度、正社員の道から外れた人が再度復帰することが困難な日本の現実も一因としてあるのだろう。それが女性なら尚更だ。安倍政権の雇用政策「女性の活用」で、こうした女性が貧困へ陥るリスクが回避されることに期待したい。



出典
30代貧困バツイチ女性の厳しい現実 婚活パーティーでも男性は敬遠 - ライブドアニュース



















■貧困女子をダマす「資格ビジネス」の手口





現在、働く単身女性の3分の1が年収114万円未満で、なかでも10~20代のそうした女性は「貧困女子」と呼ばれている。貧困女子の存在が社会問題化する中、彼女らを食い物にする資格ビジネスが跋扈しているという。

 そのような悪質な資格ビジネスの被害者は法律で守ることはできないのか。消費者問題に詳しい弁護士の高木篤夫氏は言う。



出典
貧困女子をダマす「資格ビジネス」。被害者を減らすには? | 日刊SPA!



















「男性と異なり、女性は具体的な対価が見えないサービスの被害に遭う傾向が強い気がします。女性を標的にした詐欺は『自信をつけたい』とか『不安を解消したい』という漠然とした欲求につけ入ります。目に見えるリターンも曖昧なため、被害状況を見極めるのが困難。この種のサービスによる被害は女性のほうが多いのでは」



出典
貧困女子をダマす「資格ビジネス」。被害者を減らすには? | 日刊SPA!



















では、どうすればいいのか。

「法律で対処するには、個別に勧誘状況や契約内容を精査する必要があります。事前に説明されたサービスが提供されなければ詐欺の疑いもありますし、事前の説明と異なるサービスの提供しかない場合、またスクールが途中で閉鎖されてサービスが中断した場合は債務不履行にあたるでしょう。後者の場合は契約解除や損害賠償請求が可能です。特定商取引法によって指定された取引類型によっては中途解約やクーリングオフをすることもできます」(高木氏)

 ただ、実際に支払ったお金を取り戻すのは難しい。相手が破産した場合はなおさらだ。

「やはり重要なのは契約時に説明を鵜呑みにせず慎重に契約内容を検討すること。契約者本人が印鑑を押さなくても、契約が成立してしまう場合もある。言葉巧みに迫られても、簡単に承諾しないようにしてください」(同)



出典
貧困女子をダマす「資格ビジネス」。被害者を減らすには? | 日刊SPA!



















■貧困に苦しむ50代女性の半生「気づけば自宅はゴミ屋敷に」





現在無職の立花薫さん(仮名・50歳)が住む、板橋区内家賃5万3000円のアパートは、4.5帖2間の境目も見えないほどのゴミ屋敷。

「猫を5匹飼っていて、餌を適当に置いてるから腐ったのもかも……。どこにでもおしっこをしちゃうからこんなニオイになったのかな(笑)」

 こんな状態の部屋に住みながら、少し前までは熟女風俗で働いていた。

「若いころは保険屋で働いてたけど、歩合で全然稼げない、今でいうブラック企業。生活費が足りず借金をして、返済のために風俗に流れました」



出典
貧困に苦しむ50代女性の過酷な生活 自宅はゴミ屋敷化 - ライブドアニュース



















宵越しのカネは持たぬ性分で、稼いだ分はキレイに使い切った。実はゴミの大半も趣味で集めた高価な古書が積み重なったものだとか。

 ゴミと年齢を重ねるうちに、風俗でも稼げなくなり、体にもガタがきた。

「片足がちょっと不自由になってしまって。体にも無理が利かないし、今後は在宅で仕事ができたらいいんだけど」

 ……ゴミ屋敷の住人は異常な環境に対して無頓着な特徴があるというが、貧困と隣り合わせの状況で生き延びるために心をマヒさせた結果なのか。



出典
貧困に苦しむ50代女性の過酷な生活 自宅はゴミ屋敷化 - ライブドアニュース



















■44歳、月収10万円の貧困女子「夢は風呂つきのアパートに住むこと」





江戸川区内の築40年のアパートの2階に住む河原さんは現在44歳。ドラマーとして参加している音楽ライブの収入が月に2万円、ボイストレーニング講師のアルバイトで4万円、イベントの着ぐるみバイトで4万円、月に10万円いくかいかないかの収入で暮らしている。



出典
44歳、月収10万円の貧困女子「夢は風呂つきのアパートに住むこと」 | 日刊SPA!



















整理整頓され、スッキリした部屋に見えるのは、河原さんがかなりのきれい好きだからというのもあるが、それ以上に最小限の日用品しか買う余裕がないからだ。洋服はここ数年買っていないという。

「1階に住んでいる大家さんの厚意で、光熱費含め月3万4000円の家賃で住まわせてもらっているので何とか生活できています」

 1年前までは音楽仲間の彼氏と同棲していたが、別れてしまい、一人暮らしを余儀なくされる。

「この収入で一人暮らしは本当に厳しいので、お酒は一切飲まないし、食事はほとんど松屋の一番安い牛丼。お風呂もないから基本は銭湯通いですが、銭湯代も惜しいので、近所に住んでいる元彼の家にお風呂だけ借りに行くこともあります」



出典
44歳、月収10万円の貧困女子「夢は風呂つきのアパートに住むこと」 | 日刊SPA!



















40歳過ぎて独身でこの状態では、ご両親も心配なのでは?

「心配を通り越して今は応援してくれてます。いまさら、音楽の仕事できちんと食べていけるようになれるとは思っていないけど、何とかこのまま続けていきたいです。でも、体力的にそろそろ着ぐるみの仕事はキツいかな……」

 カツカツの収入のなかで、老後への不安から生命保険に加入し、月7000円を積み立てていたが、それも先日音楽機材購入のために半分使ってしまった。目下の夢は、「風呂つきのアパートに住むこと」だが、夢をかなえる収入を得られる日は訪れそうにない。



出典
44歳、月収10万円の貧困女子「夢は風呂つきのアパートに住むこと」 | 日刊SPA!



















■子供の笑顔がはじける「トワイライトステイ」





「さあ、ご飯にしよう」

 こたつを囲んでおこなわれていたトランプ遊びの最中、こう声がかかり、卓上は夕食準備に変わった。

 今月8日夜、龍谷大が所有する大津市京町の「町家キャンパス龍龍(ロンロン)」。同大学の学生ら5人と、10代半ばの少年3人が一緒に鍋をつつく。

 「やっぱり寒い日は鍋やね」「この肉、誰か食べなよ」「白菜も食べないと」

 たわいない会話を交わしながら、箸を手にした少年たちは、すぐにご飯を平らげておかわりを求める。鍋の周りで笑顔が弾けた。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(1/4ページ) - 産経WEST



















生活保護世帯や1人親家庭など、生活困窮の問題を抱える家の子供たちと週1回、一緒に夕食を取る「トワイライトステイ」という試みは、厚生労働省のモデル事業として、大津市社会福祉協議会などが昨年3月に始めた。現在では、龍龍など市内3カ所で取り組まれている。

この試みを提案した社会福祉士の幸重忠孝さん(41)をはじめ、龍谷大の学生ボランティア団体「トワイライトホーム」や子育て支援を手がける市内のNPO法人が連携して活動に当たっている。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(1/4ページ) - 産経WEST



















経済協力開発機構(OECD)は、その国や地域の平均的な所得の半分を下回る世帯を「相対的貧困家庭」と規定。これに基づき、厚生労働省が実施した調査では、相対的貧困家庭で暮らす子供の比率「子供の貧困率」は平成24年で16・3%と、過去最悪を記録した。

 子供の6人に1人が、相対的貧困家庭で暮らしている計算。その多くが、1人で夕食を取ったり、必要な栄養が摂取できていなかったりしている。さらに、そうした状況下の子供は、学校の勉強についていけず、それが原因で「いじめ」に遭うケースも多く、「子供の貧困」が深刻な社会問題となっている。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(2/4ページ) - 産経WEST



















トワイライトステイの活動時間は、午後5~9時。夕食の買い出しや調理などを学生や子供たちが分担しておこなったり、一緒に勉強やトランプをしたりして家庭的な雰囲気の中で一時を過ごしている。

 子供たちが帰ったあと、学生たちやNPOのメンバーらは反省会を開く。子供たちについて、その日の様子や以前と比べた変化などの情報を共有。次回の活動時にその子供とどう接するかなどについて協議しておく。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(3/4ページ) - 産経WEST



















メンバーの一人、同大学社会学部2年の長谷川大介さん(20)は「活動に参加するまで『子供の貧困』という問題を知らなかった。取り組みを続けることで、この問題の存在を多くの人に知らせたい」と話す。

 また、同学部2年の長野康平さん(20)は「子供の気持ちを大人が理解してやれる場として価値がある」と活動の意義を強調。子供たちは参加を重ねるごとに心を開いていき、家庭の悩みや将来への不安などを学生たちに口にするようになったという。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(3/4ページ) - 産経WEST



















この活動に、県内約200の社会福祉法人などで構成する「滋賀の縁(えにし)創造実践センター」(草津市)が着目。せっかく始まった試みを県内全域に広げようと、手始めに協力が得られた特別養護老人ホームで来月、不登校児を対象にした居場所づくりを始める。

 一方、課題もある。トワイライトステイの活動は、今年4月に施行される「生活困窮者自立支援法」のモデル事業だったため、今年度の活動資金は全額国の補助で賄えた。しかし、来年度はこの補助がなくなる。

 また、学生メンバー約20人のうち半数は4年で、今年度に卒業してしまうため、新たな担い手の確保が急務だ。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(3/4ページ) - 産経WEST



















東京都豊島区で同じような取り組みに携わる「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」の栗林知絵子理事長は「子供たちと年齢の近い学生が活動に参加するのは重要。活動に学生が入ることで、問題を考え社会を変えるきっかけになるはずだ」とエールを送っている。



出典
学生が差し伸べる温かい「手」 貧困世帯の子供と夕食(4/4ページ) - 産経WEST



















■店にも属さず祖父母も公認。家族の“絆”で稼ぐ母娘売春婦





今や日本国内だけでも100万人を超えると言われるシングルマザー。もちろんそんな彼女たちとて裏稼業の世界と無縁ではない。大阪市在住の石田真奈美さん(仮名・43歳)は高校生である優香さん(仮名・17歳)とともに売春で収入を得るシングルマザーの一人だ。

「もともと、愛人バンクや出会い喫茶で客を取っていた経験があって、今の相手はそこで知り合った上客。数はざっと200人ほどになります。レストランでご飯を食べて、上の階でエッチをするというのがいつもの流れでした」



出典
家族の“絆”で稼ぐ母娘売春婦。店にも属さず祖父母も公認 | 日刊SPA!



















1回5万円。チップも含めればひと月の稼ぎは250万円を超えるときも。しかもこの親子、風俗店などの仲介者を一切介さず春を売る正真正銘の母娘売春婦である。

「お店で働くメリットは身の保障。逆に言えばここだけ。それだけで売り上げの5割を取られるのは割に合わない。年老いた両親も売春を公認しているので、仕事に行くときは必ず相手の名前と電話番号、それにホテル名と車のナンバーを書いたメモを残していきます。少しでも帰りが遅くなれば即警察に通報してもらう約束です」



出典
家族の“絆”で稼ぐ母娘売春婦。店にも属さず祖父母も公認 | 日刊SPA!



















一方、娘の優香さんは母のように本番はせずともデートだけで月に30万~40万円を稼ぐいわゆる「茶飯女」と呼ばれる女のコだ。

「やり始めたのは高校生になってから。この前も某大手レコード会社のお偉いさんとご飯行っただけで5万円もらっちゃった(笑)」

 現在は親子で娘の“処女オークション”の計画を練っている最中。

「お客さんに『私、処女なんだ』って言ってたら『じゃあ、18(歳)になったらいいことしよう』と言うんです。それでお母さんといくらで売ろうかって相談中。でも、本当は実家で同棲している彼氏もいるし、処女も去年に彼氏に捧げちゃったからね(笑)」

 来年には優香さんも晴れて、母と同じ売春婦デビューの予定だ。



出典
家族の“絆”で稼ぐ母娘売春婦。店にも属さず祖父母も公認 | 日刊SPA!


■五輪へ“浄化作戦”進む東京 「貧困女子」はますます行き場失う





今や単身女性の3人に1人が、年収114万円未満の貧困とされる。

 親にも頼れず、就職もままならず……そうした“貧困女子”の受け皿のひとつが風俗業界だったが、今は違う。

「最近は『10人面接して9人落とす』という風俗店もあります。容姿は十人並み以上、就活を経験したおかげで会話も巧みという大卒の風俗嬢が、わんさかいる時代ですからね」(風俗ライター・蛯名泰造氏)



出典
日刊ゲンダイ|五輪へ“浄化作戦”進む東京 「貧困女子」はますます行き場失う



















貧困女子の“就職難”に追い打ちをかけているのが「東京五輪」だ。新宿・歌舞伎町の風俗店店長が、こうぼやく。

「五輪に向け、歓楽街の浄化作戦は激しくなる一方です。夜の営業時間を1分でも過ぎたら、警察から風営法違反で警告される。逆らおうものなら即摘発、廃業に追い込まれていきます」



出典
日刊ゲンダイ|五輪へ“浄化作戦”進む東京 「貧困女子」はますます行き場失う



















店舗型ヘルスは08年に847店あったが、13年は813店(警察庁まとめ)。ソープもアダルトショップも出会い系喫茶も右肩下がりで数を減らしている。“浄化”がジワジワ進んでいるのだ。

「そのぶん無店舗型のデリヘルが増えましたが、過当競争の上に歩合制なので、月収数万円なんてコもいる。それじゃ暮らせないからと、時給制のピンサロに流れていく。ところが、そのピンサロも浄化作戦で激減。風俗嬢の格差を“風俗カースト”なんて言いますが、落ちるところまで落ちることさえ今はできません」(蛯名氏=前出)

 自力で客を探そうにも、出会い系サイトには鬼畜がうようよ。行政に頼るという発想がない貧困女子は、ホームレス状態に。かくして東京五輪に殺される。



出典
日刊ゲンダイ|五輪へ“浄化作戦”進む東京 「貧困女子」はますます行き場失う



















■貧困世帯の子供救え! 龍谷大生らが食事や学習支援などの活動を報告





大津市内で貧困世帯の子供たちを支援する各団体が23日、同市浜大津の大津ふれあいプラザでシンポジウムを開き、それぞれの活動状況を報告した。このうち、龍谷大ボランティアグループの学生らは「活動を通して子供のSOSに気づき、社会を変えるきっかけにしたい」と活動の意義を強調した。

 平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の比率を示す「子供の貧困率」は、平成24年で16・3%と過去最悪を記録するなど、全国で深刻な問題となっている。



出典
貧困世帯の子供救え! 龍谷大生らが食事や学習支援などの活動を報告 - 産経WEST



















この日のシンポで、同大学のボランティアグループは、大津市などの委託を受けて取り組んでいる子供の居場所づくり事業「トワイライトステイ」の活動状況を報告した。

 トワイライトステイは今年3月にスタート。市内3カ所でそれぞれ週1回、午後5~9時の間、学生らが子供たちと一緒に夕食をとったり、勉強をしたり、トランプなどで遊んだりしている。これまでに、延べ125人の子供が参加した。

 学生らは「家庭的な雰囲気を味わうことで、子供たちの表情が柔らかくなった」「学校側には言わないような、家庭の悩みなどを打ち明けてくれた」などと報告。トワイライトステイを通じ、子供たちに変化が生じてきた状況を紹介した。活動に参加する2年の長野康平さん(20)は「貧困家庭の子供たちが、社会に夢を持てる場にしたい」と話す。



出典
貧困世帯の子供救え! 龍谷大生らが食事や学習支援などの活動を報告 - 産経WEST



















貧困世帯の子供の支援を続けている「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」(東京都)の栗林知絵子理事長は「こうした活動に学生たちが参加し、問題について考えることが、社会を変える一歩になる」と評価している。



出典
貧困世帯の子供救え! 龍谷大生らが食事や学習支援などの活動を報告 - 産経WEST



















■年収90万円ダウンで、マイホームを手放した40代サラリーマンの事情





●岡野行雄さん(仮名・45歳)
電子部品メーカー
年収510万円

[家計簿]
家賃    5万円
水道光熱費 1.5万円
通信費   1.5万円
食費    4.5万円
養育費   20万円
雑費    4.5万円



出典
リーマン・ショックで一変 年収90万円ダウンで破綻した40代男性 - ライブドアニュース



















マイホーム購入の際、多くの人が利用する住宅ローン。だが、払いきれずにローン破綻してしまう40代が急増している。

「もし手放すのがあと1年遅かったら、ローン破綻で家は競売にかけられていたと思います」

 そう振り返る岡野行雄さん(仮名)は、’99年に4300万円のマンションを都内に購入。そのときに組んだのが35年3000万円の住宅ローンだった。



出典
リーマン・ショックで一変 年収90万円ダウンで破綻した40代男性 - ライブドアニュース



















「私の収入なら十分払える金額でした。でも、’07年のリーマン・ショックで状況が一変。当時600万円だった年収がたった2年で510万円まで下がったんです。月給はほとんど減らなかったため、月々の住宅ローン7万2000円を払うことは可能でしたが、夏冬のボーナスは60万→15万円となり、ボーナス時の支払い20万円が苦しく、不足分を貯金から回さなければならなくなりました」

 しかも、岡野さんには2人の子供がいる。長男を私立小学校に通わせていたため、貯金はリーマン・ショック直後のピーク時でも300万円程度。90万円の年収ダウン分を補填するにはあまりに少なく、’12年に貯金は底尽きた。



出典
リーマン・ショックで一変 年収90万円ダウンで破綻した40代男性 - ライブドアニュース



















「マイホームに執着するあまり、希望的観測を込めて『そのうち元の収入に戻るはず』と思うようにしていました。また、友人や同僚を招いてホームパーティもよく開いていて、周囲から『住宅ローンが払えずに家を処分した』と見られたくなかった。でも、結果的にそのチンケなプライドのせいでマイホームを手放すことになってしまいましたけどね」

 2500万円で家が売れたことで住宅ローンを完済。さらに500万円が手元に残り、長男を私立中学に進学させることができたが、都内から埼玉県某所にある家賃5万円の賃貸マンションに引っ越すハメに。通勤時間はそれまでの30分から80分になってしまった。



出典
リーマン・ショックで一変 年収90万円ダウンで破綻した40代男性 - ライブドアニュース



















「満員電車に長時間揺られるのが嫌で都内に家を買ったんですけどね。この一件以来、みんな憐れむように私に接してくるし、詳しい事情を知らない子供は『前の家のほうがよかった』と文句ばかり言ってくる。私だってこんな家には住みたくないのに……」

 ローンを終えても、地獄の日々に終わりは見えない。



出典
リーマン・ショックで一変 年収90万円ダウンで破綻した40代男性 - ライブドアニュース



















■親と同居する40・50代のシングル、1割強が″収入なし″・4人に1人が″無職″





第一生命保険は18日、「親と同居する40・50代のシングルの実態と課題」に関する調査結果を発表した。それによると、親と同居する40・50代のシングルのうち、1割強が「収入はない」と答えたことがわかった。

調査対象は、自分・親世帯(親と同居する40・50代のシングル)294人、自分・子世帯(子供と同居する40・50代のシングル)121人、単身(別居子無)532人、単身(別居子有)116人。調査期間は2013年11月、調査方法はインターネット。



出典
親と同居する中年のシングル 1割強が収入なし、4人に1人が無職 - ライブドアニュース



















自分・親世帯の年収を聞くと、「収入はない」が12.6%。また、「103万円未満」は19.4%で、年収が300万円未満と答えた割合は計54.8%に上った。

就労状況について調べたところ、自分・親世帯では「正社員・正職員」の割合は35.7%。一方、自分・親世帯における「無職」は約4人に1人に当たる24.1%だった。性別に見ると、男性の無職者の占める割合が自分・親世帯では23.8%と、他の世帯より高くなっていた。

支出項目の見直しに関する意向を見た場合、自分・子世帯は「増やしたい項目」「減らしたい項目」ともに具体的な回答項目が多かった。一方、自分・親世帯は、全体的に自分・子世帯より数値が低くなっていた。

親の介護についての不安を尋ねると、自分・親世帯の人は自分が親の介護をすることになるとの意識が高いことがわかった。



出典
親と同居する中年のシングル 1割強が収入なし、4人に1人が無職 - ライブドアニュース



















生活満足度について聞くと、自分・親世帯は全体的に他の世帯に比べて低いことが判明。また、自分・親世帯のうち無職者のみの平均値を見ると、いずれの満足度も自分・親世帯全体よりさらに低くなっていた。



出典
親と同居する中年のシングル 1割強が収入なし、4人に1人が無職 - ライブドアニュース



















■4人に3人、親と同居=年収200万円未満の若者-民間調査





その結果、親と同居している人は77.4%で、4人に3人が独立していなかった。同年代一般の同居率(2010年国勢調査)と比べ、15.5ポイント高かった。
 無職率は同年代一般の14.3%に対し、調査対象者は39.1%。職がある人でも、正社員は全体の7.8%にとどまった。



出典
時事ドットコム:4人に3人、親と同居=年収200万円未満の若者−民間調査



















ホームレスを支援するNPO法人「ビッグイシュー基金」は17日、低所得の若者の4人に3人が親と同居しているとの調査結果をまとめた。約半数が同居する理由に家賃負担の重さを挙げ、調査を担当した平山洋介神戸大大学院教授(都市計画)は「家を借りて親元を離れ、結婚を機に自宅を購入する従来のモデルが崩れている」と話し、住宅政策の見直しを訴えた。
 調査は8月、年収200万円未満の8都府県に住む未婚男女を対象にインターネットで実施。20~30代の1767人から有効回答を得た。



出典
時事ドットコム:4人に3人、親と同居=年収200万円未満の若者−民間調査



















■『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る





貧困当事者として生活保護を受給するまでの道のりを描いた『失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで~』が話題の大和彩さんと、貧困からセックスワークにからめとられる女性たちを追いつづけ、最新作『最貧困女子』(幻冬舎)に著した鈴木大介さんに、女性の貧困が内包する問題と、今後の課題について語ってもらった。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















大和:女性は男性より非正規雇用で働く人が多いですよね。加えて、現在は男性であろうと、既婚女性、未婚女性、シングルマザーであろうと、誰しもが働きつづけなくてはいけない時代。そんななかで、女性の賃金だけ低くおさえられ、雇用環境の整備が追いついていないことが、一番の原因だと思います。私も失職するまえに正社員として働いていた時期もありましたが、ほとんどは契約社員と派遣。会社の倒産や派遣切りで失職し、その後は〈35歳の壁〉にはばまれ、100社連続不採用……。低所得と貧困は、常に隣り合わせです。

鈴木:僕は貧困女子のなかでも可視化されていない層、差別されている層を取材してきました。家庭に事情があって家出し、セックスワークにからめとられる少女たち。離婚後、子どもを養うために出会い系で売春相手を探すシングルマザーたち……。『失職~』を読んで、彼女らが何に困っているのか、ようやく見えました。大和さんは「文字は読めるのに、それを頭のなかで言葉や文にできない」ときがありましたね。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















大和:生活保護を申請したころのことですね。

鈴木:貧困が思考力や判断力を奪っていく過程がよくわかりました。きっと彼女たちも大和さんと同じ景色を見ていたんですね。そんな状態で生活保護にたどり着くのはとてもむずかしい。とてつもなく空腹のとき、100メートル先においしい御馳走が用意されていても、目の前にあるパンを手に取るようなもので、手近にある脇道にそれてしまいます。彼女たちにとってはそれが、セックスワークなんです。

――その一方で、〈生活保護〉というワードを見ただけで、反射的にバッシングする人たちもいます。

大和:バッシングといっても「貧困は自己責任」「甘え」「仕事をえり好みしているだけ」とパターン化していて、どれも実情を知らずに言っているだけです。仕事も頼れる人もなく、貧困で身動きがとれなくなっている女性に、「困ったら女は体を売ればいい」という言葉が浴びせられることも多いですね。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















大和:働きたくても仕事のない人がどうしても出てくるのが現在の日本社会ですから、自己責任論では片づけられませんよね。私は申請をする前に、「生活保護とは、福祉である」という一文に出会って、目が覚める思いでした。福祉は社会を豊かにするもの。病気になっても貧困に陥っても、福祉に受け止められる。そんなセーフティーネットが用意されているのが、先進国だと思います。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















鈴木:健康保険と同じですよね。貧困に陥った人を切り捨てていくと単純に労働力が減ります。生活保護はそれを防ぐためのものです。その福祉が税収を圧迫しているというなら、乱暴な話、真っ先に切り捨てられるべきは高齢者ですよ。でも、そういうわけにはいかない。

大和:社会保障に充てられている予算は、全部で100兆円強。そのうち生活保護は3兆円程度、つまり3%以下なんです。生活保護が税収を圧迫しているというのはお門違いだし、切り詰めるべきところを切り詰めれば、もっと多くの人を社会保障で救えると思うのですが……。

鈴木:「インフルエンザに罹ったから、ちょっと病院に行ってきたよ」というのと同じ感覚で、「失業して次の仕事が見つからなかったから、ちょっと生活保護を受けてきた」「それで生活立て直して再就職できてよかったなぁ」というふうに利用されるべきものなんですよね。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















大和:現実には、貧困を自覚した瞬間、「誰にも言えない!」と思ってしまいます。生活保護は風当たりが強いので、なおさら……。バッシングの数々を見ていると、受給者が口をつぐむのも理解できます。そして孤立していく。

鈴木:貧困は孤独とセットなんですよね。頼れる家族や地域があるかぎりは、貧乏であっても貧困ではない。すべての縁を失った最貧困女子の行き先が路上での売春であるなら、最貧困男子の最後の受け皿は刑務所です。そう考えると「ちょっと生活保護」ができる世の中のほうがいいのは、考えるまでもありません。

大和:『最貧困女子』では、凄惨な家庭環境で育った少女たちが10代半ばで実家を飛び出し、縁を断たざるを得なかったケースがたくさん出てきますね。私は彼女たちの生い立ちを、「そうそう、ウチもこうだった」と共感しながら読みました。私も中学のときに家出を考えたんですよ。でも、きっとそうやって売春に取り込まれるだろうと考えて、できなかったんです。彼女たちは、もしかするとそっちにいっていたかもしれない〈自分〉だと思いました。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















鈴木:そうやってセックスワーク側に流れていった女性たちは、頭のいい子が上に立って女の子たちだけのチームを作るのが典型です。トップの子は頭も容姿もよく、当事者の気持ちもわかっている。自分と同じ経験を持つ子らをまとめることで、満たされています。所属する少女たちも、そこで共通点の多い同世代の子と初めて出会い、縁を得られるんです。売春を通して初めて友だちができて、初めて親の悪口がいえる……。

大和:ああ、それで安心する気持ちはよくわかります。

鈴木:孤独と貧困のセットから抜け出す方法として、僕は炎上覚悟で〈恋活〉を提案しました。恋愛、結婚によって新しく縁を作り、制度に接続できるシステムがあるといいのではないか、と。でも、貧困当事者のなかには、そもそも家族の愛情を知らないがゆえに、それを求めない人もいる。



出典
“女性の貧困”最前線――『失職女子。』著者と貧困ルポライターが語る | 日刊SPA!



















■30代前半までの若い貧困女子が増えている

単身女性の貧困が注目されてきた背景に、「単身女性増」という現実があります。20代後半の未婚率は1980年が24%でしたが、2010年には60%まで上昇しています。配偶者の収入や夫婦の収入によって生活を成り立たせることができず、一人で生計を立てる女性の割合が増えているのです。



出典
「貧困女子」急増の背景と求められる支援策 - Infoseek ニュース













お気に入り詳細を見る





非正規社員の割合も年々高まり、15歳から24歳までの女性では50%を超えています。働いた時間分しか給与が得られず、体調不良になれば生活が苦しくなるリスクの中に身を置いているのです。

さらに、シングルマザーが増えていることも注目すべき点です。その数は2000年の86.8万人から2010年には108.2万人まで増え、特に未婚のシングルマザーが急増しています。未婚のシングルマザーは30代前半までの若い層が42%を占め、十分な教育や職業経験を積む前に親となり、出産後の再就職に苦労しているケースも多く見られます。



出典
「貧困女子」急増の背景と求められる支援策 - Infoseek ニュース



















シングルマザーには、各自治体の子ども支援課に相談窓口があります。生活や子育ての相談だけでなく、就職やスキルアップの相談窓口を設けている自治体もあります。また、マザーズハローワークは子連れで相談できる機関です。しかし、忙しさから相談に行く時間がない人も多いため、出張相談やイベント等によって相談を受ける側が出向いていくなどの取り組みが求められます。

貧困から脱出するためには、情報収集力とコミュニケーション力が必要です。非正規社員であっても、積極的に仕事に取り組み高い評価を得て正規社員となる例もあります。その経験を評価され、転職できることもあるのです。そのためには、「自分が何に困っている」と周囲に自分から発信することが大切です。受け身では何もかわりません。ちょっとした勇気が、自分の環境も変えていくのです。



出典
「貧困女子」急増の背景と求められる支援策 - Infoseek ニュース



















■生活保護受給家庭高3女子 バイトは「下着姿見せて5000円」





ファストフード店やコンビニよりも割のいい“性的アルバイト”に一見普通の女子高生たちが群がっている。もちろんいつの時代にもそういう少女はいた。しかし今起きている現象は明らかに違う。女子高生たちはなぜ自らの性を安売りするのか。

 その最大の理由は貧困だ。大阪府の高3年生、亜由美(仮名)の家は生活保護を受けている。小遣いを稼ぐために半年前から「仕事」を始めた。「仕事場」は近所にある大型ショッピングモールのトイレ。そこでネットの掲示板で出会った相手に下着姿を見せて、5000円を手に入れる。



出典
生活保護受給家庭高3女子 バイトは「下着姿見せて5000円」│NEWSポストセブン



















「ショッピングモールのトイレなら、何か怖いことがあっても人が多いから叫べばなんとかなるかなと思ったんです」

 月に3万円を稼ぐ亜由美にはまだ性体験がない。

「先輩の紹介でウリ(売春)をやってる友達もいるけど、私にはできない。下着を見せるのが精一杯です。でも、洋服代が多くかかる冬場は、月に3万円では足りなくなるのでなんとかしたい」

 普通のバイトを考えたこともあるというが、

「私が稼ぐと生活保護がもらえなくなるかもしれないので、両親からバイトをするなといわれています。今やっていることも、親にバレるのが一番怖い」



出典
生活保護受給家庭高3女子 バイトは「下着姿見せて5000円」│NEWSポストセブン



















■ホームレスだった48歳女性の生活





現在、路上生活者は約7500人、そのうち女性は3.5%という統計を厚生労働省が発表している。そんな路上生活女性の一人、四国地方の家を飛び出して3年前に大阪・天王寺にたどり着いた吉田正子さん(仮名・48才)は、家に夫と2人の子供を残してきた。

「私はもともと大阪の出身です。結婚して夫の実家がある四国へ移りましたが地方での田舎暮らしがストレスになった。常に見張られているような隣近所とのつきあいがしんどかったのです。夫はそれを理解してくれなかった。耐えきれなくて出てきてしまいました」(正子さん、以下「」内同)



出典
ホームレスだった48歳女性の生活「専業主婦だった私が体売る…」 - ライブドアニュース



















大阪に出てきたものの、正子さんの実家は生活保護を受給しており、とても頼れるような状況ではなかった。家を出てきた時は、ほとんど着の身着のままで、その日の宿にも食事にもありつけない。

「どうしていいかわからなくて立ち尽くしていると、男性が声をかけてきました。『なんぼや? 5000円か?』と。一文無しの私はその言葉に反応してしまったのです。それでホテルに泊まって。5000円で体を売ってしまいました…。地方の専業主婦だった私が信じられないことですが、体を売って生活するようになったのです。家にバレたくないので、役所などに相談に行くことは考えませんでした」



出典
ホームレスだった48歳女性の生活「専業主婦だった私が体売る…」 - ライブドアニュース



















しかし、いつも客が取れるとは限らない。正子さんは、寒さをしのぐためにファストフード店に入り100円のコーヒー1杯で夜を明かしたり、アパートの階段下で雨から身を守ったという。他の客やアパートに出入りする住民の視線を気にし続け心が安まることはなかった。そんな生活をしているうちに正子さんは婦人科系の病を患い、路上で倒れた。路上生活者を支援するNPOが倒れた正子さんを発見し119番通報。救急搬送され、生活保護につなげてもらったのだという。

「女性の路上生活には危険が伴う」と指摘するのは『生きさせろ!難民化する若者たち』(ちくま文庫)などの著書がある作家の雨宮処凛さんだ。



出典
ホームレスだった48歳女性の生活「専業主婦だった私が体売る…」 - ライブドアニュース



















「これまで何人ものホームレスの女性に会いました。20代の若い子から、70代の高齢者までさまざまです。若い人は親から虐待を受けるので家にいられなくなったケースが多い。そうして実家を出て、住み込みの風俗で働く。しかし、仕事がイヤになったり、うつになって働けなくなったりしてネットカフェなどに流れてしまうんです。

 路上生活をする女性もいますが、やはり危険。襲われそうになって怖い思いをしたという女性もいました。なかには同じ路上生活者の男性とつきあって一緒に生活をするという女性もいます。とはいえ、女性のホームレスの場合、体への負担が大きい。支援団体やシェルターなど保護施設は今増えていますし、住所がなくても生活保護を申請することはできるので、そういうところに助けを求めてほしいと思います」

 冬本番が近づき、これからますます寒風は吹きすさぶだろう。その寒空の下、「寝る場所がない」「食べる物がない」と街を彷徨う女性がひとりでも少なくなる対策が求められている。



出典
ホームレスだった48歳女性の生活「専業主婦だった私が体売る…」 - ライブドアニュース



















■「借金漬け」大学院生が急増…その一部が高学歴風俗嬢に!?





大学院生の4割以上が奨学金を借り、その4人に1人が借入額500万円以上――。26日に発表された全国大学院生協議会の調査結果が、アベノミクスの現実を物語っている。

 大学院生の数は現在、20年前から2倍増の25万人だ。「末は博士か大臣か」のはずが、目の前の借金にアップアップしている。奨学金を利用している院生の75%が返済に不安を感じているというが、当然だろう。



出典
日刊ゲンダイ|「借金漬け」大学院生が急増…その一部が高学歴風俗嬢に!?



















そのまま講師として大学に残れるのは数%で、非常勤なら、月収5万~6万円という世界。いざ就職しようにも、博士課程修了者の就職率は、正社員に限れば50%だ。

「40歳ぐらいまで続く奨学金の返済のメドが立たない高学歴フリーターがわんさかいる。かといって、滞納を続ければ“ブラックリスト”に載せられる。将来的に住宅ローンを組むのも難しくなります」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)



出典
日刊ゲンダイ|「借金漬け」大学院生が急増…その一部が高学歴風俗嬢に!?



















安倍政権になってから2年で、非正社員は123万人増、正社員は22万人減。年収200万円以下の人は30万人増えた。大阪の中小企業の4割超がボーナスゼロなのに、上場企業約1380社の総利益の半分を上位30社で占めている。

「アベノミクスが広げた格差から這い上がろうと奨学金を借りて進学したものの、就職もままならず。親にも頼れない。それで大学院に進んで、ますます借金を膨らませてしまう。悪循環に陥っている院生が多いのです」(岩波拓哉氏)



出典
日刊ゲンダイ|「借金漬け」大学院生が急増…その一部が高学歴風俗嬢に!?



















借入額が1000万円超の院生も3%いるという。これが現実だ。だから“超高学歴フーゾク嬢”が増えている。

「今や“六大学”出身のフーゾク嬢は珍しくありません。大学院卒というコも結構いる。『最近は奨学金の取り立てが厳しい』なんてこぼしていますね。それを逆手に取って、プレー前に本物の学生証を客に見せるサービスで人気になっている店もあります。『俺はK大卒のコとヤッている』と悦に入るわけです。学生証サービスで売り上げは3割伸びるといいますが、女のコの実入りは1回につき1000円。それでも『お金が欲しい』そうです」(風俗ライターの蛯名泰造氏)



出典
日刊ゲンダイ|「借金漬け」大学院生が急増…その一部が高学歴風俗嬢に!?



















■ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは





東京・新宿にあるネットカフェチェーン「CYBER@CAFE新宿歌舞伎町店」。すべて1.5畳の個室型となっており、フリードリンクやシャワーも完備されているため寝泊まりする利用者は少なくない。全64部屋あるうちのひと部屋に“住んでいる”のは、ユキコさん(仮名・40才)。スレンダーで、しっかりとメイクした姿はとても40才には見えない。

 ユキコさんは山口県出身で、高校卒業後、19才で産んだひとり息子がいる。息子の父とは結婚しなかった。認知もしてもらっていない。

「お互いに若かったし、子供は自分で育てるからいいと彼に言い、シングルマザーになりました。実家には親もいたし妹や友人も子供をかわいがってくれたので、あの頃は幸せでしたね」(ユキコさん、以下「」内同)



出典
ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは│NEWSポストセブン



















子供が2才になった時、故郷には仕事がなかったため、大阪に息子を連れて働きに出た。最初は居酒屋などの飲食店で働いていたが、知人の紹介で風俗店に勤務するようになる。当時の収入は、月に100万円以上にもなっていた。娘に収入があると知った両親は次第にお金を無心するようになったという。

 そして、3年前に母親が亡くなると、家族の絆は途切れ、父親や妹との連絡も途絶えた。息子とは連絡をとり続けているものの離ればなれの生活で過食症と拒食症を繰り返し、不眠症になった。うつ状態で働けなくなり、住んでいた寮から荷物も持たずに飛び出した。



出典
ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは│NEWSポストセブン



















夏場は路上で夜を明かし、風俗嬢時代の常連客とホテルで過ごしたこともある。個室DVDの店やビジネスホテルに滞在したこともあったが、1日6000円以上もかかるため、安価なネットカフェに移った。

「今いるところはたまたま見つけて入った。かつてのお客さんのなかには心配してお小遣いをくれる人がいる。風俗に戻れと勧めてくる人もいましたが、年も年だしいつまでも風俗をやっていられない。でもほかに何もできることはない。どうやって生きていけばいいかずっと悩んでいました」



出典
ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは│NEWSポストセブン



















ユキコさんの“城”は絨毯が敷かれた1.5畳のスペースにパソコンとソファがあるだけ。鍵はかからない。30日以上滞在する場合、前金で一括で支払うと1日1997円になるが、通常料金の2472円を払って毎日更新している。シャワーや洗濯機は1回309円で使用できるほか、屋外に洗濯物を干すスペースがあり郵便物の受け取りも有料でしてくれる。

「今手元にある服は夏物4着と冬物4着だけ。寮を出てから買いました。シャワーはあるけれどあまり使っていません。結構寒いんです。いまだに会ってくれるデリヘル時代のお客さんにスパのお風呂に連れて行ってもらったりします。食事はネットカフェにある206円のカップ焼きそばや、外に出たついでにドン・キホーテで焼き芋を買って食べることもあります。あまり食事をしないほうなので、丸1日何も食べないこともあります」



出典
ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは│NEWSポストセブン



















以前はふかふかの布団にくるまって寝るのが大好きだったが、ここでは店から借りられるブランケットとクッションを敷いて寝る。

「床に横になって寝るのですが、部屋が狭いので寝返りはうてないし最初は体が痛かった。でももう慣れました」

 隣室の人から壁をどんどん叩かれて怯え、他人のいびきが大きくて眠れないこともあったという。

「部屋にいる時は息を殺してじっとしているんです。隣の人がぶつぶつ聞こえるように文句を言ってくることがあって怖くて泣きました」

 風俗店で働いていた時に病院で処方された睡眠導入剤や精神安定剤はなくなり、保険証は盗まれたため病院に行くこともできない。体調は悪化していった。



出典
ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは│NEWSポストセブン



















「これではいけない、もう生活保護を受けたいと1週間前に区役所に相談に行きました。これまでは息子のために働きたいと思って頑張ろうとしていたけれど、これからはちゃんと健康を取り戻し生活を立て直して、両親や子供のためではない自分の新しい人生をやり直したいんです」



出典
ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは│NEWSポストセブン



















■7500人の路上生活者 そのうち3.5%の260人が女性という統計





「今晩寝る場所がない」「今日食べる物がない」「もう自分の体を売るしかない」…生活保護の制度さえ知らず、ひとり闇の中から抜け出せない貧困女性がいる。ネットカフェで寝泊まりしたり、路上で一晩を過ごしたりする彼女たちの実態はどうなっているのか。

 日が暮れたとたん、体の芯まで凍えるような風が吹く。手や足は冷え切り、感覚がなくなってくる…そんな寒さのなか、「帰る家がない」人がいる。「女性が輝ける社会」という言葉が溢れるなか、女性の格差は広がり、貧困に苦しむ女性が増加している。

 立命館大学産業社会学部准教授の丸山里美さんは、「全国で路上生活を送る女性は少なくとも260人」と言う。



出典
7500人の路上生活者 そのうち3.5%の260人が女性という統計│NEWSポストセブン



















「現在、路上生活者は約7500人、そのうち女性は3.5%という統計を厚生労働省が発表しています。単純計算で女性の路上生活者は約260人ですが、これはあくまで統計上の話。私の実感では、もう少し多いと思います。

 厚労省は路上にあるテントを調査して統計をとっていますが、テントに人がいなかった場合などそこに住んでいるのが男性か女性かをきちんと確認していない場合もある。また、路上生活は盗難や暴行に遭うことが多く危険なので男性の格好をして暮らしている女性も少なくない。夫婦で暮らしている場合には男性しか前に出てこないことが多いのです」(丸山さん)



出典
7500人の路上生活者 そのうち3.5%の260人が女性という統計│NEWSポストセブン



















さらに丸山さんは、ホームレスの定義について議論するべきだと指摘する。

「厚労省が調査するのはあくまで路上生活者の数ですがホームレスというのは路上で生活する人だけではありません。ネットカフェで寝泊まりする女性、深夜営業のファストフード店で夜を明かす女性なども含めて調査すべきなのです」(丸山さん)



出典
7500人の路上生活者 そのうち3.5%の260人が女性という統計│NEWSポストセブン



















■貧困の波は年収500万円サラリーマンにも押し寄せている





経済規模を表すGDPこそ世界第3位の日本だが、貧困層は確実に広がっている。まずは、等価可処分所得の中央値の半分の額を「貧困線」(’12年は122万円)といい、それに満たない世帯の割合を示す「相対的貧困率」は16.1%。これはOECDに加盟する34か国のなかで第4位。さらに、大人が一人(つまり母子・父子世帯)に限ってみれば貧困率は54.6%で、これは世界第1位の低水準となる。SPA!本誌が再三取り上げてきた貧困問題は新たな局面を迎えているようだ。



出典
サラリーマンに襲いかかる貧困の波 貧困層確実に広がる日本の現状 - ライブドアニュース



















労働組合東京ユニオンの関口達矢書記長は、現状をこう見ている。

「アベノミクスで景気がよくなったといわれても、それを実感できているのは、一部の富裕層に限った話。雇用の流動化を進める安倍政権が目指すのは、1%の富裕層が富を独占するアメリカのような超格差社会です。すでに、正社員の労働環境も不安定化しており、中間層が下に落ちてきています」



出典
サラリーマンに襲いかかる貧困の波 貧困層確実に広がる日本の現状 - ライブドアニュース


中間層にまで貧困が拡大する現状の流れにはあらがえないのか。労働問題に詳しい人事コンサルタントの城繁幸氏は次のように語る。

「30年後には一人の現役世代が一人の高齢者を支える超高齢化社会が到来することは周知のとおりですが、その流れは企業内にも起きています。たとえば90年代、30代前半だったソニーの正社員の平均年齢が今は42.5歳。パナソニックでは45歳です。40歳で課長なんて『島耕作』の世界だけの話で、現実には50歳になっても平社員のままなんてことが容易に想定できます。新興国が10分の1以下の人件費で参入してきているグローバル化の流れと合わせて、中産階級は貧しくなる一方です」



出典
サラリーマンに襲いかかる貧困の波 貧困層確実に広がる日本の現状 - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





給料頭打ちの閉塞感は、負の連鎖に繋がると見ているのは社会学者の阿部真大氏。

「個々の意識がディフェンシブになればなるほど、経済全体が萎縮していき、それはそのまま収入にも反映してくる。そもそも経済成長とは、自由に元気に活発に、みんなが未来を見て仕事に打ち込むことが大前提。共産主義や社会主義がなぜ失敗したかといえば、その活力を労働者から奪ったからですよね。今の日本社会は、そうした悪循環に陥っています」



出典
サラリーマンに襲いかかる貧困の波 貧困層確実に広がる日本の現状 - ライブドアニュース



















■栄養のバランスが悪い貧困世帯の子供





新潟県立大の村山伸子教授らは昨年、東日本の4県6市町村で、小学5年約900人を対象に調査。低所得世帯の子には
(1)休日に朝ごはんを食べない
(2)野菜の摂取頻度が低い
(3)インスタント麺をよく食べる
-などの傾向があることが分かった。「貧困家庭の子は主食中心で栄養バランスが悪い可能性がある」と村山教授。しかし、こうした実態は外からは見えにくく、学校給食の他には、直接支援する公的な制度がほとんどない。



出典
貧困や親不在の子供に食事を 休み限定「食堂」など提供の場(2/2ページ) - 産経ニュース



















■女性(婦人)相談所に一時保護される女性が増加





生活が困窮し、頼る身内もなく行き場を失って女性(婦人)相談所の一時保護施設に一時保護される女性が増加していると報道されています。

女性相談所の一時保護施設とは、DVの被害者など保護が必要な女性を一時的に保護する施設で、各都道府県に設置されています。「帰住先なし」の生活困窮を理由とする保護を受ける女性は、昨年度3割を超えました。



出典
深刻化する女性の貧困問題、対策は? - Infoseek ニュース



















結婚を前提に「男は稼ぎ手。女は家(家事・育児・介護)。女性は働いても家計の補助」という固定的な性別役割分担意識が根強く残っています。そのため、女性は育児や介護などで仕事を中断しやすい傾向があり、また、税・年金などの社会保障制度(「配偶者控除」・「第3号被保険者」など)の影響で、年収を抑えた働き方を選択することとなり、パート・アルバイトなどの低収入で不安定な非正規雇用に就きやすい構造が見られます。

さらに、このような若い時期からの働き方の積み重ねの結果として女性の年金水準等は低く、特に高齢期の女性は経済的基盤が弱いと指摘されています(65歳以上の単身女性の貧困率は半数を超えています)。

このような背景の中で「結婚して夫が妻子を扶養する」という枠組みを離れてしまうと途端に貧困に陥ってしまうという現実があります。



出典
深刻化する女性の貧困問題、対策は? - Infoseek ニュース



















現在の税・年金などの社会保障制度では、結婚して夫が稼ぎ、妻は専業主婦(又は低年収のパート)である場合、税制面で「配偶者控除」を受けられ、保険料なしで基礎年金を受けられる「第3号被保険者」というメリットがあります。これに対し、非正規雇用の単身女性であれば、少ない稼ぎの割に高負担の国民健康保険料や第1号被保険者の年金保険料を支払っている人も少なくありません。働いているにもかかわらず貧困というワーキングプアの問題も深刻化しています。

雇用対策とともに、ワーキングプアを減らし、手当てを増やすなど所得の再分配について、積極的な対策が急務といえます。



出典
深刻化する女性の貧困問題、対策は? - Infoseek ニュース



















■子どもの貧困率、問題は子育て世代全体の貧困化にある





2012年における、子ども(17歳以下)の貧困率は16.3%(厚生労働省「平成25年 国民生活基礎調査」)でした。2003年の13.7%から徐々に上昇し、過去最悪の値となってしまいました。子どものうち6人に1人が貧困という数値であり、学校のクラスでは平均的に5人程度いることになります。

 貧困率は相対的な指標です。可処分所得の大きさがちょうど真ん中の順位の世帯を中央値とし、その中央値の半分より所得が少ない世帯の割合を貧困率といいます。子どもは世帯に複数いたりするので、世帯とはやや値が異なります。中央値の半分の額を貧困線といい、2012年は122万円でした。貧困線は1997年の149万円から低下し続けているため、子どもの貧困率の上昇(2.6%ポイント)は数字上よりも深刻だといえます。



出典
子どもの貧困率、問題は子育て世代全体の貧困化にある (THE PAGE) - Yahoo!ニュース



















背景として、母子世帯の経済状況が良くないことが多く指摘されています。確かに総務省(「平成23年度全国母子世帯等調査結果報告」)によると、2011年の母子世帯は123.8万世帯で、2006年から8.7万世帯増加しています。およそ4割の母子世帯はアルバイト等での収入に頼っていて、また、2割の母親は就業していません。そのため、母子世帯が増加すると子どもの貧困率は上昇します。

 しかし母子世帯だけでは、子どものうち6人に1人という貧困は説明できません。両親ともにいる世帯でも貧困率が徐々に上昇していることで、子どもの貧困率が上昇してきています。子どもの貧困率16.3%はおよそ200万世帯程度とみられ、そのうち140万世帯程度は母子世帯以外と計算されます。子育て世代全体における貧困化がすすんでいるのです。



出典
子どもの貧困率、問題は子育て世代全体の貧困化にある (THE PAGE) - Yahoo!ニュース



















現在、人手不足で、6月の有効求人倍率(季節調整済み)は1.1倍と求人数が求職者数を上回る状況です。けれども大きく改善しているとはいえません。正社員の有効求人倍率は昨年より上昇したとはいえ0.68倍にとどまっているからです。人手不足でも安定的で高い所得の職はなかなか見つけられない状況です。

 子育て世代の家計が直面しているリスクは、病気、会社の経営不振などで、夫が職を失ったときに次の職を見つけられないということです。低所得(男性)×仕事なし(女性)の組み合わせに変わることで、場合によっては突然貧困状態に陥る可能性があります。



出典
子どもの貧困率、問題は子育て世代全体の貧困化にある (THE PAGE) - Yahoo!ニュース



















子どもの貧困率“上昇”の根本的な要因は、非正規雇用などの低所得層の拡大だと考えられます。しかも、女性よりも男性の雇用問題だと考えられらます。

 例えば、男性の非正規職員の割合は2013年に21.2%(厚生労働省「労働力調査」)で、2002年の15%から約6%ポイント上昇、人数では約180万人増加しました。35~44歳でも同期間に5.6%から9.2%へと上昇しました。

 非正規雇用が多いという点では、女性も置かれている状況は同じですが、男性雇用状況の変化も加わって子どもの貧困”率”が上昇しています。つまり、低所得(男性)、仕事なし(男性)、低所得(女性)、仕事なし(女性)の4つのパターンの掛け合わせです。この4つのすべてに対応する必要があります。



出典
子どもの貧困率、問題は子育て世代全体の貧困化にある (THE PAGE) - Yahoo!ニュース



















しかし問題は、正社員を増やす策がないことです。背景に製造業や建設業の縮小があるからです。とくに減少が加速したここ15年のあいだに、製造業では150万人規模で男性の雇用が縮小したと思われます。新興国でも比較的高度な電気製品が製造されている時代に、かつての日本の産業・雇用構造がよみがえるとは考えられません。

家計がリスクを避けるための策は、次の職を見つけやすくすることでしょう。すなわち、雇用の保護を強めるのではなくより自由な労働市場、あるいは失業なき労働移動です。保護が強ければ、保護されない人も増えてしまい、それが子どもの貧困率上昇の原因となるからです。男性の職が相対的に失われている中で、女性がよりよい環境で働ける整備も必要です。



出典
子どもの貧困率、問題は子育て世代全体の貧困化にある (THE PAGE) - Yahoo!ニュース



















■終電まで働いても生活苦…40代で貧困に陥る人の現実





大野忠明さん(仮名・46歳)は、現在、NPO法人のパートスタッフとして働いている。元々、ボランティアとして参加していたが、有給スタッフとして誘われたという。時給は1000円、月収20万円前後で年収は260万円だ。

「連日、昼前から終電まで働いていて、今が人生で最も働いているくらいです。収入が増えるのはありがたいですが、これでは就職活動もできません。就労条件などは詰めていなかったのですが、たまたま忙しい時期が来てしまったうえに、人員も足りないので、とにかくフル回転しています」



出典
終電まで働いても生活苦…40代で貧困に陥る人の現実 | 日刊SPA!



















そもそも、生活が苦しくなったのは2006年頃、39歳のときに6年勤めた会社を辞めてからだ。ピーク時には月収40万円も稼いでいたが、2002年に病気で体調を崩し、会社を休みがちになった。

「上司は『病気に甘えている』などと嫌味をいうので、こちらも言い返していたところ、忙しい部署に異動させられました。ところが、この部署で仕事を与えられなくて、定時帰宅する状態。当然、同僚からも白い目で見られるし、居心地は最悪でした」

 この状況に4年耐えたが、ある日、限界に達する。業務査定の面接で職務の展望を追求され、「あんな仕事しか与えないで、今後の展望も何も無いだろう!」とブチ切れ。「もう辞めるつもりですから!」とタンカを切って退職した。

「実は当時、知人の会社に誘われていたんです。それを当てにしていたのですが、会社をやめた途端、転職話がご破産に。その会社が買収されてしまい、知人に人事権がなくなってしまったんです」



出典
終電まで働いても生活苦…40代で貧困に陥る人の現実 | 日刊SPA!



















不運といえば不運。しかし、大野さんは「今思えば、確約をとっておかなかったことは、ツメが甘かったと思います」と悔やむ。

 また、生活費に困るようになり、知人数名に借金も。その額、合計190万円に。お人柄のおかげか、無利子で貸してくれたのは幸いだ。

「長いこと借りたままになってしまっているのがつらくて。借金返済に毎月5万円を回しているので、生活はカツカツです」

 せめて貯金をしてあれば状況も違ったのかもしれないが、貯蓄はなかった。というのも、30歳手前で一念発起、調理師を目指して上京し、その学費が必要だったため。学費が高額で有名な超大手専門学校に300万円かかった。「儲かるから」と、とうもろこしの先物取引を持ちかけられ、騙されて250万円損したのも痛かった。



出典
終電まで働いても生活苦…40代で貧困に陥る人の現実 | 日刊SPA!



















時間にも精神的にも余裕がなく、家の管理も放置状態だという。1Kのキッチンには壊れた冷蔵庫のほか、壊れたテレビや壊れたビデオデッキなども積み上がっていた。

「捨てたいのですが、手続きや料金が必要ですし、新しい冷蔵庫を買う余裕もありません。放置したまま2年もたってしまいました」

 おかげで自炊することもできず、もっぱら牛丼屋やラーメン屋をヘビーローテーション。

「お金もかかるうえに、食生活が乱れて体調もよくない気が……」



出典
終電まで働いても生活苦…40代で貧困に陥る人の現実 | 日刊SPA!



















■30~40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」





「貧困」といえば、20~30代の非正規労働者で単身者を指すキーワードだった。それが今、既婚男性にもしのびよっている。今回、「30~40代、年収600万円以下の正社員の既婚男性659人」にアンケート調査をおこなったところ、3割を超える200人が「生活が困窮していると感じる」と回答したのだ。



出典
30〜40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」 - ライブドアニュース



















◆給料カット直前に住宅購入。転職もできず生殺し状態





――――安藤雅一さん(仮名・45歳・教科書販売)の場合

<DATA>
世帯年収:580万円
結婚歴:20年
貯金:0円
子供:1人(15歳)
住居:マンション所有(新築)
ローン:月14万円(残り34年)

 新卒後、大手OA企業を皮切りに転職を繰り返してきた安藤さん(仮名)。6社目となる現在の教科書販売会社に営業職として入社したのは、今から5年前のことだった。

「当時は給料も悪くなかったんですよ。入社2年目には、額面で36万円まで上がりましたから。ところが本業の業績が悪化すると、昨年に入ってから給料も32万、30万とジワジワと下がり始め、現在は28万円。本当に苦しいですね」



出典
30〜40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」 - ライブドアニュース



















安藤さんの場合、貧困に陥った理由ははっきりしている。昨年、新築マンションを3800万円で購入したのだ。頭金500万円、毎月のローン支払い額は14万円(管理費込み)になるという。

「最後のチャンスかなと思い、思いきって買ったんです。そうしたら、その直後から給料が下がり始めた(笑)。家は手放したくないけど、こんなことになるなんて想像もしていなかったです」

 現在、奥さんも契約社員としてメーカーに勤務。月に20万円ほど稼ぐ。だが、月14万円の住宅ローンと月12万円の一家の生活費は夫が出すことになっている。



出典
30〜40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」 - ライブドアニュース



















「つまり最低でも月に26万円は稼がないと、自分が自由に使えるお金がないということなんです。額面28万ということは、手取りで22万円くらいですからね。しょうがないから、今は自分のへそくりを切り崩して生活していますよ」

 こうなると、営業先で入る喫茶店代も出せない。同僚とランチを食べる金もないので、最近は出社前におにぎりを作っている。飲みに行くなんてもってのほか。晩酌は81円の安い発泡酒である。

「息子の教育費も痛いですね。今年4月に私立大の付属高に入ったんですが、授業料が50万円で、そこにいろいろ加わり年間100万円オーバーかな。最近、成績が下がってきたけど、何が何でもエスカレーターで大学まで入ってもらわないと、こっちが困る!」



出典
30〜40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」 - ライブドアニュース



















現在は爪に火を灯すような生活を続けているが、夫婦で老後のことを話すと暗澹たる気持ちなるという。なにせ住宅ローンの完済する78歳まで、貯金できる見込みもない暗い道のりが続くのだ。

「このままではマズいのはわかっているから、ハローワークにも通っています。ただ、今の給料以上の転職先は皆無に近いです……」

 独学で行政書士の資格取得にも乗り出した。生き方、態度は真面目でも、貧困の落とし穴は容赦なく生活に暗い影をおとすのだ。



出典
30〜40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」 - ライブドアニュース



















■子どもの貧困率 過去最悪を更新





平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子どもの割合を示す「子どもの貧困率」が2012年時点で16・3%と過去最悪を更新したことが15日、厚生労働省の国民生活基礎調査で分かった。

 所得の減少が原因で、前回調査の09年時点から0・6ポイント悪化した。深刻化する子どもの貧困問題に対応するため、政府は今月下旬に対策の大綱を閣議決定する。実効性ある対策の必要性が鮮明になった。



出典
子どもの貧困率 過去最悪を更新 老老介護は半数超す — スポニチ Sponichi Annex 社会



















■震災がきっかけでAV女優になった女性たち





東日本大震災をきっかけに、「価値観が変化した」「人生が変わった」と感じる人は多いのではないでしょうか。
 『それでも彼女は生きていく』(山川徹/著、双葉社/刊)は、震災がきっかけでAVの世界へ足を踏み入れたという女性7人のルポタージュです。テレビなどでは取り上げられることのない、彼女たちの現実。これもまた、震災が生み出した一つの現実ではないでしょうか。



出典
震災がきっかけでAV女優になった女性たち - ライブドアニュース


本書で紹介されている小宮さん(仮名)は、震災当時、18歳でした。
 大学入学をひかえ、はじめてのひとり暮らしにワクワクしていた矢先の被災。なんとか授業は始まったものの、実家から電話があり、父親の会社が流され、今後どうなるかわからない、だから仕送りができない、と伝えられました。



出典
震災がきっかけでAV女優になった女性たち - ライブドアニュース













お気に入り詳細を見る





AV女優をはじめて数カ月、結構な金額を貯金できたものの、彼女はAV女優を辞めることはありませんでした。AVに対する抵抗感が大きかった反動か、割り切れたからか、あるいは彼女の性格に合っていたのか……。彼女は、AV女優という仕事にどんどん順応していったのです。
 AV女優を選んだことについて、彼女は「後悔しているわけではない」と言います。
 「あのとき、自分がどんな気持ちだったのか。あまりにも慌ただしすぎて、よく分からないんです。友達に話して自分の考えを整理する機会もありませんでしたから。たしかに震災がなければ、AVには出ていなかった。でも、AVに出たからこそ、今の自分がある。震災で自分の人生は大きく変わったんだなと思います」



出典
震災がきっかけでAV女優になった女性たち - ライブドアニュース



















いままでお金で苦労したことがなかった小宮さんは悩んだ末、AVのオーディションを受けることにします。
 「待ち合わせのホテルに行くか、行かないか。面接までの三日間、とても悩みました。でも、生活を続けて学校を卒業するためには、どうしてもお金が必要だったので……。いま振り返ると、私、まともな状態じゃなかったのかもしれません。お父さんの仕事がなくなって、学校で家や家族を亡くした友人達と出会って……。たぶん、混乱していたんだと思います」



出典
震災がきっかけでAV女優になった女性たち - ライブドアニュース



















本書で取り上げられるAV女優たちは、口をそろえて「あの震災がなければAVに出ていなかった」と言います。
 彼女たちは「自分が被災したとは思っていない」のですが、それでも震災が彼女たちにもたらしたものは大きかったのでしょう。
 もちろん、彼女たちはほかの仕事を選ぶこともできたのかもしれません。ただ、震災によって、いままでは考えもしなかった選択肢があらわれ、彼女たちの背中を押したことは、間違いのない事実です。

 内定先を流されて「何かがプツリと切れ」AV女優になった女子大生。
 家が半壊し、父親の仕事がなくなり、「好きなことだけしていたらお金は稼げない」と言って、処女にも関わらずAVに出演した少女。
 本書ではそんな女性たちの姿を克明に描いています。これまで誰も取り上げてこなかったテーマだけに、貴重なノンフィクションと言えそうです。



出典
震災がきっかけでAV女優になった女性たち - ライブドアニュース



















■外国人の生活保護、受給が急増





厚労省によると、外国人の生活保護受給者は4万3479世帯(2011年)。1980年代以降に中国、ブラジル、フィリピンなどから来日した「ニューカマー」が中心となり、近年は年5000世帯のペースで急増している。

 日本生まれの外国人が増加し、「貧困の再生産」が生じていることも看過できない。

「日本語のできない親元で育った子供(二世)が中学卒業後、定時制高校などに進学しても勉強についていけず、結局、ドロップアウトして親と同じように工場などで単純労働に就く。彼らは日本語もポルトガル語も十分に読み書きできない『ダブルリミテッド』のため、若くして結婚して子供(三世)をもうけても勉強を教えられない。結果、学校に行かず、自宅に引きこもってうつ気味の三世が増えています」(野元氏)



出典
外国人生活保護受給者 近年は年5000世帯のペースで急増 - ライブドアニュース



















「日本人住民が高齢化して自治会が機能しにくくなり、力関係が逆転して日本人がマイノリティになった。昔はゴミ出しや騒音などで自治会が改善を求めたが、今は文句を言うことも少ないので、住民同士の摩擦が表に出ません」

 その半面、水面下で様々な課題が生まれている。その一つが外国人住民の高齢化だ。グローバル人財サポート浜松の堀永乃代表が言う。

「高齢化で介護が必要となった親を心配し、働きに出られない世代が増えています。彼らが『楽だから』と頼るのが生活保護。堅実な日本人と違い、南米人は『今日のカネは今日使う』という価値観が主流で、人生設計を自分で立てられないタイプが多い」



出典
外国人生活保護受給者 近年は年5000世帯のペースで急増 - ライブドアニュース



















将来に希望を持てない一部の若い外国人は麻薬や非行に走ってしまう。

「このまま貧困問題を放置すると、将来的に住民や警察が手を出せない、無法地帯の『外国人スラム』が生じる可能性すらある」(野元氏)



出典
外国人生活保護受給者 近年は年5000世帯のペースで急増 - ライブドアニュース



















政府与党は来るべき人口減少化社会に備え、移民受け入れの本格的検討に入った。しかしすでに国内に多く住む在日外国人との間で、残念ながらトラブルが起きているのも事実。日常的なトラブルを克服して外国人との共生を模索する地域でも、世代の重なりと共に新たな課題が生じている。

 愛知県豊田市の保見団地は住民約7100人のうち、日系ブラジル人を中心とした外国人住民が約3200人。国内で外国人比率が最も高い地区の一つであり、1990年代には右翼の街宣車が押し寄せたこともある。日系人を支援する「保見ヶ丘ラテンアメリカセンター」代表で首都大学東京の野元弘幸准教授(多文化教育)は、「最近、表面上の摩擦は少ない」と言う。



出典
外国人生活保護受給者 近年は年5000世帯のペースで急増 - ライブドアニュース



















■就学支援廃止、扶養義務強化…今後加速する貧困の「悪循環」





厚労省が発表した相対的貧困率は15.7%。子どもの6人に1人、323万人が貧困層にカウントされるのです。破綻した家庭はそこらじゅうにある。2年間、車上で生活していた子や、唯一の食事が給食だった子どももいました。



出典
日刊ゲンダイ|就学支援廃止、扶養義務強化…今後加速する貧困の「悪循環」



















家庭の中のことはナイーブな問題で閉ざされてしまう。自分の経済状況を相談する親も、子どもの状況は隠したがります。子どもたちもけなげなほど親をかばう。だから周囲もなかなか気づきません。不登校、ひきこもり、非行の子どもは分かりやすい。泣いているわけでもないし、友だちとアニメやゲームの話もする普通の子どもが、よくよく見ると靴がボロボロだったり、毎日同じワイシャツを着ていたりするのです。歯の治療ができず虫歯だらけというケースもある。表面化しにくいだけで、実際は深刻なのです。



出典
日刊ゲンダイ|就学支援廃止、扶養義務強化…今後加速する貧困の「悪循環」



















今年1月に「貧困対策法」が施行されましたが、一方で打ち切りや縮小となる支援も少なくないのです。生活保護の基準引き下げに伴い、就学援助の縮小に動く自治体も増えている。支給対象の小中学生は156万人もいて、ギリギリやってきた層がさらに追い詰められていきます。



出典
日刊ゲンダイ|就学支援廃止、扶養義務強化…今後加速する貧困の「悪循環」



















引きこもりの子どもの就学支援を行っている「地域若者サポートステーション」は子どもの貧困対策としても一定の成果を挙げ、全国で160カ所に増えました。ところが行政改革推進会議によると、来年度以降は廃止の可能性が出ている。

 生活保護費の増大を抑えるための扶養義務の強化も事態を悪くしかねません。貧しい家庭に生まれながら、努力してなんとか暮らしていけるようになった人が親や兄弟の扶養義務に縛られ、結局、貧困から逃れられなくなる。そんな事態も想定されます。



出典
日刊ゲンダイ|就学支援廃止、扶養義務強化…今後加速する貧困の「悪循環」



















普通の暮らしが送れている人からすれば、貧困は遠い問題に思えますが、誰もが直面する可能性があります。ちょっとしたことの積み重ねで、気づいたら、どん底に落ちていた。そんな家庭はたくさんあるのです。



出典
日刊ゲンダイ|就学支援廃止、扶養義務強化…今後加速する貧困の「悪循環」



















■「親に復讐したい」…子どもの貧困はお金だけの問題ではない





ある母子家庭の女子中学生は、貧困によるストレスをためた母親から虐待を受けて育ち、不登校になりました。その後は自室に引きこもってリストカットを繰り返しています。誰からも愛されず、誰からも必要とされていないという思いから、死ぬことばかりを考える生活を今も続けています。

 私は、ある支援者を通じて彼女と知り合い、取材のお願いをすると、意外にも快諾してくれました。なぜ、取材を受ける気になったのか。後日、聞いてみると、「メディアを通じて両親に復讐できるから」と真顔で言ったのです。



出典
「親に復讐したい」…子どもの貧困はお金だけの問題ではない | 女子SPA!



















貧困が、将来への希望だけでなく、生きていく気力を奪い、両親や社会への憎悪を膨らませているという現実を目の当たりにし、非常にショックでした。

 子どもの貧困が、「経済的な貧困」だけを指すのであれば、生活保護を始めとして、必要なお金を給付すれば解決するはずです。

 でも実際には、「愛情の貧困」や「心の貧困」、「社会的なつながりの貧困」といったことも含めての「子どもの貧困」だと思います。

 解決策は、お金だけではありません。複数の要因をそれぞれの専門家がひとつひとつほどいていくか、もしくは、この社会の雇用環境や社会保障制度を根本から見直さない限り、本当の意味で貧困に苦しむ子どもを救うことはできないのではないでしょうか。



出典
「親に復讐したい」…子どもの貧困はお金だけの問題ではない | 女子SPA!



















■就学援助の公立小中学生155万人…困窮家庭増-





家庭が貧しく、給食費や学用品代などの就学援助を受ける児童生徒が2012年度、全国の公立小中学校で約155万人に上ったことが、文部科学省の調査で分かった。

 援助を受けた割合は過去最高の15・64%で、児童生徒6・4人に1人。同省は「一人親の増加など、経済的に困窮する家庭が増えている」と分析している。



出典
就学援助の公立小中学生155万人…困窮家庭増 - Infoseek ニュース



















調査は1995年度から毎年実施。学校教育法に基づき、〈1〉生活保護受給世帯(要保護)、〈2〉市町村教委の基準で認定した生活困窮世帯(準要保護)――には、子どもの給食費や修学旅行費が支給される就学援助制度が設けられている。

 12年度は、要保護が公立小中学生の1・54%にあたる15万2947人で前年度から887人(0・03ポイント)増えた。準要保護は全体の14・1%にあたる139万9076人で、前年度から1万6695人減ったが、割合は0・03ポイント増えた。



出典
就学援助の公立小中学生155万人…困窮家庭増 - Infoseek ニュース



















■【高齢者医療費】財政的にはいいが、実質負担が増加、介護格差に





医療機関で支払う医療費の本人負担分は現役世代が3割なのに対し、70歳以上は原則1割。これが’14年4月から70~74歳の負担割合が2割に引き上げられる。現役世代にとっては、「世代間格差」が縮小する朗報かと思いきや、医療・介護問題に詳しいニッセイ基礎研究所の阿部崇氏は「現役世代の負担は、人によっては非常に大きくなる可能性がある」と警告する。

「今後はさらに入院を短期化するなどの方法で健康保険財政の健全化が図られます。ただし、これは現役世代の保険料増加を防ぐ効果がある半面、在宅看護・介護や処方薬の増加などの副作用もあるため、患者がいる家計の負担が重くなるのです」



出典
高齢者医療費負担増で働き盛りにのしかかる「介護格差」 - Infoseek ニュース



















健康保険の受給の中心は実質的には高齢者である。阿部氏によると、現在は1割負担である介護保険の本人負担も、財政健全化のため将来的には一律2割に引き上げられる可能性が高いのだという。

「受けられるサービスも縮減するため、要介護状態になった親が『介護難民』となり、また、その親を持つ現役世代の『介護離職』の問題などが深刻化することも考えられます。これまでの広く薄い保険料負担が、今後は患者や要介護者がいる特定の家計に転嫁されていくことになるのです」

 親が健康なら問題ないが、ひとたび看護や介護が必要となれば自分たちの生活費が削られたり、離職を強いられたりと、世代内での「格差」が広がりかねないのだ。



出典
高齢者医療費負担増で働き盛りにのしかかる「介護格差」 - Infoseek ニュース



















■「家族難民」が増える日本の未来





結婚しない人が増えている。健康で若いときは自由でも、ひとたび病気や貧困に陥るとサポートしてくれる人がいない。中には結婚し、家族を持ちたくても経済事情などからもてない「家族難民」とも言える人々もいる。

 いつ自分が「難民」になるかもわからない。そんな現実を描いたのが、2月に公開される映画「東京難民」だ。些細なきっかけで貧困に陥り、家族も持てず、孤立する人たちが登場する。監督の佐々部清さんは言う。



出典
日本に増える「家族難民」 シェアハウスが救う? - ライブドアニュース



















「パソコンやネットカフェ、24時間営業のコンビニやファストフード店……今は一人でも貧困でもなんとかしのげるツールが溢れている。だからこそ、一度一人の気楽さに慣れると、面倒な人間関係を築いてまで家族を持ち、はい上がろうという意欲さえ失ってしまうようだ」

 佐々部監督は同郷で知り合いでもある安倍晋三首相にこの映画のDVDを送った。好きな人と家族を築く、そんなささやかな幸せを得ることさえ難しい人が急増している現状を知ってほしかったからだ。



出典
日本に増える「家族難民」 シェアハウスが救う? - ライブドアニュース



















「一緒に暮らすという経験の中から、たとえ他人であっても助け合える存在だと気づいていく。人の話を聞いたり、人に明るく接したりすることにも意識が向く。日本は家族神話がはびこり、人間関係が、どこまでも助け合うべき『家族』と、一切助け合えない『家族以外』に分断されている。子育ても介護も、万能装置であるかのように家族に負う部分が大きく、問題も生まれている。学生寮や社員寮などから始め、若いうちからもっと家族以外のつながりの中で暮らす訓練が必要だと思います」

 シェアハウスのマッチングをするNPOや事業者の支援、シェア用住宅の供給なども必要だと訴える。結果的に、今ほど「完璧」な家族を求めない傾向が生まれ、結婚のハードルも下がるかもしれないと予測する。



出典
日本に増える「家族難民」 シェアハウスが救う? - ライブドアニュース



















この現状にどう対応したらいいのか。前出の山田さんは、家族を持ちたいという思いがある独身者なら現実的な「婚活」の重要性を説く。

「年収600万円以上の男性しかイヤ、というような非現実的な条件を見直し、どういう人となら支え合って生きていけるかを真剣に考えるべきです」

 日本大学の久保田裕之准教授は、家族に過剰に頼らない人間関係の構築を訴える。大きなヒントとなるのがシェアハウスだという。高齢になってから突然施設で共同生活を始めるよりも、若いうちから血縁ではない他人と暮らす経験を積むことで、共同生活のスキルが向上するという。久保田さん自身も約10年間、シェアハウスの実践者だ。



出典
日本に増える「家族難民」 シェアハウスが救う? - ライブドアニュース



















■OLや人妻からの“転身組”も 貧困で風俗に

「一番多いのが中小企業に勤めていた派遣OLが派遣切りにあい、キャバクラに入るパターン。周囲に頼れる人がいないため、アパート代が払えずネットカフェに寝泊まりし、カネ詰まりになってキャバクラの求人広告に電話する。採用されたら、その日から寮に入れるので一安心ですが、コミュニケーション能力が低い女性はすぐにお払い箱に。やむなくヘルス嬢やデリヘル嬢に転身し、最後にピンサロ嬢にたどりつくのがよくあるコースです」

風俗ライターの蛯名泰造氏



出典
日刊ゲンダイ|OLや人妻からの“転身組”も…風俗嬢「涙の極貧物語」













お気に入り詳細を見る





それでも月収50万円に達するのは一軒に2、3人程度。売れない子は20万円以下というから厳しい世界。

最近目立つのが“貯金ゼロ世帯”の主婦が夫に内緒でヘルスや性感エステでバイトするケース。子供の学資や結婚式の祝儀・衣装代などの出費に備えて働くのだ。彼女たちの多くが「風俗は保険だ」と割り切っている。

「埼玉から池袋のデリヘルに通っている20代女性は帰りは無人駅で降り、キセルで交通費を節約しています。コンビニ弁当が買えず、自分で弁当を作ってくる子も少なくない。その一方で風俗嬢は増えるばかり。ある大衆ソープは個室が7つしかないのに女の子は30人も待機している。お茶をひく女の子が続出し、ワーキングプア現象に拍車がかかっています。内緒で他店にも在籍している子はごまんといますよ」(風俗店店長)



出典
日刊ゲンダイ|OLや人妻からの“転身組”も…風俗嬢「涙の極貧物語」



















■会社に対する待遇面の格差が犯罪を生む?





アクリフーズ群馬工場で起きた冷凍食品への農薬混入事件。逮捕された契約社員、阿部利樹容疑者(49)の犯行動機として取りざたされているのが、会社に対する待遇面の不満だ。

 報じられている内容では、同容疑者は2005年入社の契約社員。半年ごとに継続雇用の更新が繰り返され、勤務歴は8年に及ぶベテランだった。

 給与・賞与の水準は時給をベースに「年功序列型」になっていたが、2012年4月から業績評価に応じて時給単価やボーナス額が上下する「成果型」の給与体系に改められた。



出典
NEWSポストセブン|アクリ事件「製造現場では10円の賃金格差が軋轢生む」と識者























出典
news.tbs.co.jp















生産目標の達成なども加味される成果主義により、同容疑者のボーナスや手当ては大幅に減額されたという。現在の年収は推定で約200万円。ボーナスが自分より勤務年数の浅い同僚の半分以下だったことを知り、「やってられない」と周囲に不満を爆発させていたとの証言もある。

 アクリ社は会見で、「給与の減額は大きくない」「職場に不満があるとは認識していない」と言及したが、「賃金体系を含めて会社側が労務管理の失態を問われても仕方ない」と話すのは、人事ジャーナリストの溝上憲文氏。



出典
NEWSポストセブン|アクリ事件「製造現場では10円の賃金格差が軋轢生む」と識者



















生産現場に成果主義は合わない





「年収200万円といえば高卒の初任給と同じレベルで、容疑者の49歳という年齢を考えれば、ワーキングプアに等しい。しかも、いつクビを切られるか分からない不安定な精神状態のまま8年も働いて給料が上がらないとなれば、日頃の不満がマグマ的に蓄積されていたとしても不思議はありません」

 そもそも、細かく生産工程が分かれ、ルーティンワークも多いモノづくりの現場において、成果給の導入は「やってはならないことだった」と、溝上氏は指摘する。

「会社にとっては、成果給の導入は人件費や生産コストの削減につながりますが、生産現場にそれを適用すれば、わずか10円の賃金格差によって従業員の志気が低下してチームワークが乱れることがあります。また、何よりも生産目標を厳しく課すことで不良品の発生率が高くなります」










■いろいろな雇用形態が入り混じり格差





製造現場におけるマネジメントの劣化はアクリ社に限った話ではありません。いまや正社員だけの職場はなく、契約社員や派遣社員、業務請負などいろんな雇用形態の人が入り混じっている会社がほとんどで、一人ひとりの勤務状況を把握する機会が少なくなっているのは確かです。

 会社側は身分に関係なく、それぞれの働き方や職場環境に対する声を吸い上げて改善するなど、常に従業員に寄りそった労務管理をしなければ、またいつ同じような事件が起こらないとも限りません。



出典
NEWSポストセブン|アクリ事件「製造現場では10円の賃金格差が軋轢生む」と識者























出典
saigaijyouhou.com















■日本人女性24人が逮捕 「路上売春」で見えた格差社会





最近、路上で売春する“立ちんぼ”が増えているという。警視庁が先月1カ月間、歌舞伎町と池袋の路上で集中取り締まりを行い、18~60歳の24人の日本人女が売春防止法違反で逮捕された。

「捕まった女の大半が、1万5000円前後で売春していたそうです。それが今の相場みたいですね。動機はホストクラブ通いなどの遊ぶ金欲しさや生活費のためだったりと、さまざま。中には『歩いている男の顔が福沢諭吉に見えた』なんて供述している女もいるそうです」(捜査事情通)



出典
日刊ゲンダイ|日本人女性24人が逮捕「路上売春」の泣ける実態



















生活費のために立ちんぼ……とは先進国の話とは思えないが、「フリーの売春婦になるシングルマザーは意外と多いんです」と風俗ライターの村上行夫氏がこう話す。

「子どもがまだ幼くて、長時間は働けない。正社員には絶対なれないし、時給800円のパートでは苦しい。風俗店で働こうにも最近は面接が厳しくて、見た目で落とされる。やっとこさ雇ってもらえても、上がりは店と折半、稼ぎがパートと大差なかったりする。揚げ句、子どもが熱を出して休んだらクビに。やむにやまれずフリーに転じるケースもあるんです」



出典
日刊ゲンダイ|日本人女性24人が逮捕「路上売春」の泣ける実態



















●「愛人契約に切り替えたい…」





立ちんぼが増えた背景には、暴排条例で地回りのヤクザが減り、商売がやりやすくなったこともある。

 それに時間の融通も利く。子どもが熱を出したら休めばいいし、客と直取引だから稼ぎはすべて自分のもの。90分1万5000円で2回転できれば、10日間働くだけで月30万円だ。

「子どもを寝かしつけてから、深夜、路上に立つ女もいる。彼女たちは警察に目をつけられないように、客に引かれないように、地味なOLや主婦のような服装で声をかけます。そういう普通っぽい“ちょいブス”のニーズは結構あって、固定客が付くこともある。彼女たちはよく『週イチの愛人契約に切り替えたい』と言いますね」(風俗業界関係者)



出典
日刊ゲンダイ|日本人女性24人が逮捕「路上売春」の泣ける実態























出典
ameblo.jp















■“あしたが見えない” 10代20代に広がる貧困





さいたま市に暮らす鷲見(すみ)千寿枝さん、19歳です。
朝5時半に向かったのは、アルバイト先のコンビニエンスストア。
通信制高校で学ぶ鷲見さんは、学費を稼ぐために、時給の高い早朝と夜、週平均15時間働いています。
月収は5万円程度だといいます。
母子家庭で、4人兄弟の鷲見さん。
パートで働く母親は、持病を抱えているため、収入が不安定な生活を送ってきました。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















生活費を親に頼れないため、高校生になってからは、食費は自分で負担。
1日分を数百円に抑えています。
さらに、アルバイト代から1万円を、家計に入れています。

鷲見千寿枝さん
「ご飯はカップラーメンだったり、あとはパンとか、そういうの買って、どうにかしています。」



安定した職を得て、今の生活から抜け出したい。
鷲見さんは、保育士になるため、春から夜間の専門学校に通うことにしました。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















専門学校の入学金は、5万円で済むコースを選びました。
しかし、月々の授業料は、毎月8万円かかります。
そのうち5万円は、奨学金で支払う予定ですが、卒業後に返済しなければなりません。

「どう暮らしたい?」

鷲見千寿枝さん
「理想はないですね、基本。
今の生活から脱出して、朝9時くらいからお昼までとか、お昼から夕方までバイトして、夕方普通に家に帰ってという感じが、今1番理想ですかね。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代























出典
b.hatena.ne.jp















■時給650円前後のアルバイトを掛け持ち





青森県から職を求めて上京した、19歳の女性です。
地元では、職種を問わず正規の仕事を求めましたが、かなわず、時給650円前後のアルバイトを掛け持ちして、しのいできました。

青森県出身の女性
「ファミレスに朝10時出勤の4時半までやって、5時からピザ屋さんで9時までやって、9時半にスナック行って、閉店まで2時3時まで働いて、本当に時給安くて、すごく働いた気がしても、やっと10万いったりとか。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代























出典
b.hatena.ne.jp















■8割が貧困状態 20代のシングルマザー





年々深刻な状況に陥っているのが、10代、20代のシングルマザーです。
今、20代のシングルマザーのうち、およそ80%が、年収114万円未満の貧困状態に置かれています。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















広島市に住む、28歳のあさみさんです。
4歳と2歳の息子を育てています。
保育所で、時給800円で働いているあさみさん。
フルタイムで働いて、収入は月10万円ほどです。
母子家庭に支給される、およそ4万円の手当などを加えて、なんとか家計を維持しています。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















あさみさん
「食費をできるだけ、かけずにかけずに、うどん1玉を3人で食べたり、汁を多めに作って、汁で腹いっぱいにさせるっていうのはあります。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















あさみさん
「下の子はよく起きるんです。
いつもこんな感じです。
精神的にも金銭的にも1人なので、自分にもしものことがあったらと、ふと思いますね。
自分が倒れたら、2人とも餓死するんじゃないかとか考えますね。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代





出典
ameblo.jp















■貧困状態に置かれた女性のサポートをうたい文句にする風俗店





風俗店の求人広告です。
寮あり、食事あり。
託児所完備。
シングルマザー歓迎。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















交渉の末、東京近郊のある風俗店が、取材に応じました。
この店には、200人余りの女性が在籍しています
「ご指名がなければですね、90分で1万9,000円ですね。」
客が支払った料金のうち、4割が店に入る仕組みです。
ここ数年、生活の苦しい10代、20代の女性や、シングルマザーが、特に目立ってきているといいます。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















店では、子どもを預ける託児所と提携し、その費用を負担。
風俗店の中には、託児所を自前で運営しているところもあるといいます。

事務所の近くにある寮。
自分で家を借りることができない女性たちのために、去年(2013年)、新たに設けたといいます。

風俗店経営者
「多い時は、満室で空き待ちの時もあります。」

「身寄りがない人?」

風俗店経営者
「いても頼れないって人が多いです。
家庭が崩壊しているってケースも多いんで。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















“風俗店しか頼れない”





この店で、半年前から働いている、21歳のはなさん(仮名)。
1歳8か月の娘を育てる、シングルマザーです。
はなさんがここに来たのは、出産直後から働かざるをえなかったためでした。
一般的に、生後すぐの乳児を預かってくれる保育所は、ほとんどありません。
はなさんには、自前で託児所を利用する余裕も、ありませんでした。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















はなさん(仮名)
「保育園とかも、ちゃんとした仕事をしてからじゃないと入れないってなって。
(ここは)私が頑張ったら、託児所代、全部出るなって思って。
それで、保育園に通わせるよりいいのかもって思って。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















仕事の前には、店が提携する託児所に娘を預けます。
週5日、昼から夕方6時まで働いて、月の収入は30万円。
稼いだお金の大半は、子どもの将来のために貯金しています。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















はなさん(仮名)
「25才になったら潮時かなみたいな。
親にもあんまり言えないじゃないですか。
ちゃんと言える仕事がいいな。」



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代























出典
izuminekonyan.blog129.fc2.com















この日も店には、小学生の子どもを育てる、30代のシングルマザーが、面接に訪れていました。
この女性は20代のころ、生活のために、一度風俗店で働いた経験がありますが、その後は別の仕事に就いていました。
去年、体調を崩して働けなくなり、生活保護を申請しましたが、生活状況を細かく調べるのに時間がかかると言われ、断念しました。
女性は、再び風俗の仕事に頼るしかなかったといいます。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代



















ほかに行く場所がなくて、結果的に、店が用意した生活環境に居心地のよさを感じたり、精神的にも依存するというような女性が、数多く見られました。



出典
あしたが見えない  - NHK クローズアップ現代























出典
togetter.com
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2962-695c5461