ミャンマーに絞め 関節破壊のグラップリングは実在するのか? 結論 実在しませんでした! 捏造ではなく実在のミャンマーの組み技格闘技とは?

以前ゴング格闘技とかひねリンさんが欧米のサイトでミャンマーの絞め技 関節技ありのグラップリングが日本以外にも存在するという情報を公開しましたが
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.thaing.net%2Fkachin-system-of-burmese-martial-arts%2Fnaban%2F&wb_lp=ENJA

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/blog-entry-2124.html

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/blog-entry-2126.html
それがどうにも胡散臭いというので

調べてきました
欧米のサイトなどではミャンマーにはラウェイといったベアナックルのボクシングと
Nabanという絞め 関節技ありのグラップリングが存在し
実際少数ながらも欧米にミャンマー産のグラップリングとして普及されているようです

しかし

実はこのNabanというサブミッション チョークありのグラップリング
残念ながらミャンマー本国には実在しません!
要は捏造武術ならぬ捏造グラップリングだったようです

もちろんミャンマーにも組み技格闘技は存在します

下に紹介した動画がそれ

ごくごくフツーの立ち技主体のレスリング 相撲でサブミッションもチョークもございません!

てことは

ミャンマー少数民族、カチン族の超過激格闘術をMMAに応用する男、フィル・ダンラップ

はでっち上げの詐欺師だったという事ですなぁ…

グレイシー一族とBJJの大成功にあやかろうと自身が捏造の歴史をでっち上げて作った流派だったということなんでしょうか…

まぁ

日本とかでもよくあることなんですがね…

大東流も戸隠流も日本少林寺拳法も骨法もでっち上げの歴史捏造のパクリインチキ流派でしたし





















スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2873-917eccbb