ブラジルの柔道世界王者ラファエラ・シウバはなんと柔術道場出身! 五輪金メダリスト松本薫をサブミッションで下した動きの数々はまさに柔術の動きでした!『しかし敗者復活戦で見せた片手絞「一本」など 柔術道場出身 のこの選手らしい危険さも垣間見せた。』 e judoより



http://www.ejudo.info/newstopics/002400.html
芳田司が素晴らしい内股「一本」で優勝決める、松本薫は世界王者シウバに苦杯で入賞ならず・グランドスラム東京57kg級レポート
(2016年1月17日)






※ eJudoメルマガ版1月17日掲載記事より転載・編集しています。

芳田司が素晴らしい内股「一本」で優勝決める、松本薫は世界王者シウバに苦杯で入賞ならず

グランドスラム東京57kg級レポート

eJudo Photo
2回戦の世界王者対決、ラファエラ・シウバが松本薫を腕挫十字固「一本」に仕留める

eJudo Photo
eJudo Photo
アスタナ世界選手権で完璧なまでの強さを見せつけた王者・松本薫(ベネシード)が2回戦敗退の波乱。曲者ラファエラ・シウバ(ブラジル)を相手に大内刈「有効」に「指導」2つと圧倒的にリードしながら1分59秒奇襲の「跳び十字」を食って一本負け。会場は騒然となった。

シウバは13年リオ世界選手権で金メダルを獲得している実力者だが、アスタナでの松本の出来と今年度中盤以降のシウバのパフォーマンスの悪さを考えればアップセットの可能性は薄いと考えるのが事前評としては当然。まさしく番狂わせのこの事態から引き出すべき評価は以下2つ。

1つはシウバの危険さ。シウバは一言で言って情緒不安定な選手で、天才的な技の冴えを見せるかと思えば、精神的な幼さから自滅してまったく成績を残せないことも多々。弾けるような小外刈で強豪を次々撃破するかと思えば、初めて人前に引きずり出された動物のように視点定まらずそもそも試合に集中していない姿を晒すことも当たり前、野から拾われてきたばかりのような選手だ。戴冠後2年間のワールドツアーでこれぞという出来を見せたのは15年2月のグランプリ・デュッセルドルフ1大会のみ(ただし本当に素晴らしい出来であった)、以後特に酷いパフォーマンス続きで今大会直前のグランプリ済州も2敗を喫して5位。いかに地元の五輪を控えるとはいえもはや上がり目を期待するのは難しいかに思われたが、やはりこの人は只者ではない。シウバは次戦でエレン・ルスヴォ(フランス)を相手に浮落「技有」を得ながらわずか15秒後に内股「技有」を失い結果序盤に貰った「指導1」差で優勢負け、3位決定戦もドルジスレン・スミヤ(モンゴル)の機関車ラッシュを止める集中力がなく左背負投で「技有」を失い優勢負け、噛み合わない試合が気に食わなかったのかドルジスレンが求めた握手をあっさり拒否するなどムラ気ぶりは相変わらず。

しかし敗者復活戦で見せた片手絞「一本」など

柔術道場出身

のこの選手らしい危険さも垣間見せた。

決して規律に厳しいわけではないブラジルチームがこの選手に短時間で「確実に勝てる」ような精神性を得させることは難しいかと思うが、その爆発力はやはり階級最大の不確定要素だ。


http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/421380/









柔道男子日本代表がブラジリアン柔術との“異種格闘技戦”で収穫

2015年07月14日 16時00分






ブラジル遠征を終えて帰国した海老沼

 柔道男子日本代表が13日、トラブル続きのブラジル・リオデジャネイロ遠征を終えて成田空港に帰国した。



 経由地のドイツ・フランクフルトが悪天候で飛行機の運航が乱れたため、リオ滞在はわずか2泊に短縮された。さらに選手のほとんどが「ロストバゲージ」に遭うなど、さんざん振り回されたものの、収穫はあった。



 合宿ではブラジル代表の主力が不在。その代わり、練習相手になったのはブラジリアン柔術の猛者たちだった。柔術は下半身への関節技が許されるなど柔道と異なるが、柔道ルールでぶつかり合った。



 これが大成功。選手たちにとっては新鮮なスパイスになった。66キロ級の海老沼匡(25=パーク24)は「技術は、すごくたくさん持っている。知っておくだけで防御にもなる」と刺激を受けた。初めて柔術の選手と肌を合わせたという81キロ級の永瀬貴規(21=筑波大)も「いい経験になった。今まで食らったことのないような返し(技)があって、こういうのもあるんだと思いました」と素直な驚きを口にした。



 井上康生監督(37)は「我々にとっては、すごい刺激になる。軽いクラスなんかは、いろいろ学べたと思う」と総括。遠征中のトラブル処理に翻弄されたことを嘆きつつ、“異種格闘技戦”の成果に手応えを示した。現地では建設中の会場や選手村も視察。1年後の五輪に向けて、全員がモチベーションを高めた
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2871-1660593a