蒙古相撲 ブフ ドキュメンタリー 相撲vsブフ  とモンゴル力士ら外国人力士に対するヘイト 何故 朝青龍が角界から罠を仕掛けられて追放されたのか? 力道山が角界を去らなければいけなかったのか? 角界の反吐が出そうなヘイト 差別に満ちた閉鎖的 保守的社会















http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1073.html

相撲界は終焉 蒙古襲来、外国人を排除せよ! 軍国主義だけが蔓延る社会
2014/05/25
08:46

 相撲界では横綱はモンゴル出身の力士が占めるようになり、多くの外国人力士が活躍する場となりました。
 私が若い頃の外国人力士といえば高見山。大柄で人気もあり、あの頃はよくテレビ中継も見ていました。

 それが現代では日本人での相撲希望者は激減。外国から力士をカネで買ってこないと成り立たないところまで来ています。
 これに対し、相撲界の1人、舞の海秀平氏の暴言が報じられています。
「“昭和天皇万歳”集会で――舞の海氏が排外発言」(週刊金曜日2014年5月22日)
 タイトルにも驚きましたが、内容はもっと驚く内容。
「「昭和天皇と大相撲」と題し“記念講演”をした舞の海秀平氏が「外国人力士が強くなり過ぎ、相撲を見なくなる人が多くなった。NHK解説では言えないが、蒙古襲来だ。外国人力士を排除したらいいと言う人がいる」と語ると、参加者から拍手が湧いた。」

 外国人力士が強くなったのではなく、もともと日本人の相撲に力強さがなく、ただ太った力士がぶつかるだけで、しかも引き技だったりで面白みもなければ、そもそも太ること自体を前提としたスポーツというものに違和感しかなく、魅力がなくなったからだと思います。
 この違和感こそ相撲人口を減らし、敬遠されているのではないでしょうか。
 柔道などもそうでしたが、大柄の選手が小柄の選手を体重で潰すようなものは、もしかするとかつての日本人は大好きだったのかもしれませんが、明らかに現代受けはしません。
 また相撲界では、2007年に起きた弟子に暴行を加え死亡させたという事件まであったわけですが、こうなってしまってはなり手はいなくなるのも当然です。
 この相撲は日本の伝統文化の1つのようで保守・反動派は相撲を持ち上げているようなのですが、相撲界は、暴力やら八百長やら非常に真っ黒な陰湿な体質として知れ渡り、暴力団との関係も指摘さててしまうようでは、このまま衰退するだけでなく、興業として成り立たなくなっていくことでしょう。
 武道の必修化などという愚作をもって対処するようなものではありません。
「武道必修化は愚策そのもの」

 それにしても舞の海秀平氏の発言はNHKでは言えないようなことと知りつつ、堂々と発言されています。これでまたNHK解説者として出演しようというのでしょうか。不適格者として今後の出演は認められるべきではありません。
 しかし、籾井会長や百田尚樹氏、長谷川三千子氏ら保守・反動派が牛耳るNHKでは、このような暴言は、暴言にもならず絶賛されていそうで怖いものがあります。
 百田尚樹氏は先日も自民党岐阜県連での講演で軍隊を持たないバヌアツやナウルをやゆする発言(「家に例えると貧乏長屋で、泥棒も入らない」(読売新聞2014年5月24日))をしたことが報じられていましたが、このような建前では言えないことを堂々と発言できてしまっていることが非常に恐ろしい時代になったといえます。
「NHK経営委員長谷川三千子氏の資質 学級崩壊状態のNHK 安倍総理のお友達人事の末路」

 解釈改憲による立憲主義の破壊もそうですが、建前は守るということで維持されてきたものが、一瞬にして壊されていく、もちろん、このような破壊者たちは暴力的なことが大好きな人たちです。
 軍事力を誇示したがったり、排外主義で喜んだりと非常に偏狭的です。
 暴力と排外主義が結びつくと在特会のような行動にもなり、それはナチスがユダヤ人を暴力的に迫害していった過程とも重なり合います。
「Jリーグ浦和レッズ問題 旭日旗は右翼、差別の象徴!」

 舞の海氏が出席したこの「昭和の日をお祝いする集い」ですが、軍隊が大好きのようであり、軍歌ばかりが流されてそうです。
「最後の拓殖大学吹奏楽部による記念演奏会は“昭和のメロディー”と題されたものだが、「陸軍分列行進曲」「軍艦行進曲」など、軍歌が多かった。天皇のために人々が犠牲となる「海ゆかば」は、筆者を除く全員が起立斉唱していた。」

 それにしても「昭和のメロディー」がイコール軍歌ですか。私も実は「昭和のメロディー」は「東京行進曲」、「旅の夜風」、「誰か故郷を想わざる」など好きでした。
 しかし、軍歌ばかりとは、彼らの発想する昭和というものが天皇を元首とした軍国主義日本、大日本帝国万歳の世界でしかないということです。
 ちなみにこの陸軍分列行進曲、軍艦行進曲は過去のものではなく、しっかりと自衛隊に引き継がれています。
「自衛隊って帝国軍隊なの?」

 非常に恐ろしい時代が来たことを自覚しましょう。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2806-cd5012a3