若者の反乱が世界に連鎖した


NHKスペシャル#若者の反乱が世界に連鎖した 投稿者 nnol2016

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160221

新・映像の世紀
第5集
若者の反乱が世界に連鎖した



twitter
facebook
mixi
share
close
google
hatena

help

※NHKサイトを離れます





初回放送

総合 2016年2月21日(日)
午後9時00分~9時49分

関連ジャンル
歴史・紀行











1960年代末、既存の政治体制にNOを突きつける若者たちの反乱が、まるで示し合わせたかのように、同時多発的に巻き起こった。西側で巻き起こったのは、ベトナム戦争反対の声だった。アメリカ、フランス、ドイツ、日本。そして東側でも、自由と民主化を求める声が沸き上がった。チェコスロバキアでは、プラハの春という民主化を求める動きが起こっていたが、急激な民主化を警戒するソビエトが弾圧した。若者たちを団結させたのは、テレビだった。衛星中継が実用化され、東西の壁を越え、あらゆる出来事が世界に瞬時に伝わるようになっていた。パリの学生が警官に投げつけたレンガの音は世界中に鳴り響き、プラハの若者が戦車に立ち向かう表情を世界が見ていた。その爆発的なエネルギーは、それまでの価値観を壊し、カウンターカルチャーと呼ばれる新たな文化を生み出した。もうひとつ、若者たちを突き動かしたものがある。その時代、若者たちの多くが、ふたりの革命家の肖像を掲げた。キューバ革命を起こしたチェ・ゲバラ、中国を建国した毛沢東である。

1960年代、ふたりの革命家とテレビによって突き動かされた、若者たちの反乱の時代を見つめる。

http://hastasiempre.blog104.fc2.com/blog-entry-624.html

2016.02.21 国境を超えて報道されたゲバラの映像~NHK新・映像の世紀~
チェ・ゲバラ
きょうNHKスペシャルで放送された新・映像の世紀「第5集 若者の反乱が世界に連鎖した」では、ゲバラがいかに60年代の若者に影響を与えたかが紹介されていました。後記でも触れますが、毛沢東の文化大革命の映像は初めて観ただけに衝撃的でした。ワイルド・スワンなど書物を通じて、あの文化大革命の狂気の沙汰を知っていましたが、映像からはまた違った印象を受けますね。

番組では具体的に紹介されませんでしたが、ゲバラの映像が若者を刺激した事例としては、61年ウルグアイのプンタ・デル・エステで開催された米州機構経済サミットでのゲバラの演説を挙げることが出来る。この時の演説はユネスコ記憶遺産のアーカイブなどで視聴可能。合衆国がキューバ革命に対抗するためラテンアメリカの団結を企てたのに対し、ゲバラが強い調子で抗議している演説は観る者をも熱くさせます。


ゲバラがこの演説で声高に述べているように、キューバ革命のメッセージは国境を超えて世界へ行き渡りました。映像に関してはテレビなどあらたな媒体が、これに拍車をかけたことは言うまでもありません。

この映像は主にラテンアメリカの若者を刺激し、ケネディの対キューバ策「進歩のための同盟」に反対する抗議デモが各地で起きました。各国政府は合衆国の方針に追随しますが、ゲバラが暴く合衆国の偽善に多くの若者が同調しました。その熱狂ぶりは米州機構経済サミットで滞在中のウルグアイの大学でゲバラが行った演説の記録音声からも感じ取れるのではないでしょうか。

一方で、閉鎖的な中国の情報については、正確に欧米へ伝わっていなかったことも、今日の番組を通じて改めて感じさせられました。ヨーロッパでゲバラと毛沢東のポスターが並べて掲げられている映像が紹介されていましたが、欧米ではゲバラ同様、毛沢東も若者を虜にしていたという。狂気の文化大革命の映像、少なくとも毛沢東体制に不都合な映像は欧米へ伝えられることはありませんでした。

ゲバラはあの有名な写真のイメージが先行しますが、彼の影響力を”映像”という視点から見つめ直すのもなかなか面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2801-eb7d0310