西遊記  どんな文学作品でもその時代、その時の社会生活を反映することができます。神と妖怪が数多く登場する西遊記も例外ではありません。西遊記の作者呉承恩は、西遊記を通して当時の社会を風刺し、役人たちの腐敗を暴露すると同時に、貧困に苦しむ庶民たちに同情の気持ちを表しています。西遊記という作品の中で、神であろうが妖怪であろうが、豊かな感情、場合によっては人情も持っています。呉承恩は妖怪ですら人情を持っている中、自分の利益に全てを惜しまない役人たちへの批判と憤慨を西遊記に託して、世の中に訴えたかったのです。作者は自分の気持ちすべてを小説「西遊記」に注ぎました。







西遊記(10冊セット) (岩波文庫)
呉承恩 中野美代子
岩波書店
売り上げランキング: 102,270


西遊妖猿伝 全16巻完結セット
諸星 大二郎
潮出版社
売り上げランキング: 145,616


孫悟空 1~最新巻(劇画キングシリーズ) [マーケットプレイス コミックセット]
小島 剛夕 小池 一夫
双葉社
売り上げランキング: 176,730




http://saiyuten.com/gaiyou/sakusya.html


中国の人で西遊記を知らない人はまずいないと言ってもいいぐらい、中国の人にとって西遊記の存在は大きいものです。中国古典4大名作は、西遊記(さいゆうき)、三国演義(さんこくえんぎ)、紅楼夢(こうろうむ)、水滸伝(すいこでん)と、中国の人は学校で必ず教われます。それぞれの作者、出身、経歴などについても歴史の教科書に詳しく書いています。中国の4大名作(4大小説)は中国のみならず世界でも大変有名で、西遊記と三国演義(三国志)は特に日本で大変人気があります。
-

西遊記



西遊記と呉承恩

中国の人は、西遊記と作者である呉承恩(ごしょうおん)をセットで覚えます。歴史のテストでよく出される問題の一つは、「西遊記の作者は誰ですか」です。西遊記の作者呉承恩は、中国准安府(今の江蘇省准安市)山陽の人で、1500~1510年の生まれとされていて定かではありませんが、無くなった年ははっきりしていて1582年です。呉承恩は民間伝説と当時の歌曲を元にして、また豊かな想像力とテクニックを加え、中国人が世界に誇る文学作品「西遊記」を書き上げました。
-

呉承恩の経歴

呉承恩の曽祖父と祖父は知識人で、県庁に勤めたこともありますが、呉承恩のお父さんの代になって一家は貧乏になり、商人となりました。当時の中国で商人は知識人より下の階級で、また良い職業とされていませんでした。しかし、呉家は読書と勉学の伝統を守り続けました。呉承恩の父呉鋭は、商人ながら読書が大好きで、また政治を論ずるのが好きでした。呉承恩が父から受けた影響は大きいものでした。
-

呉承恩の不運

呉承恩は小さいころから聡明で、幼い年にして学校に通います。勉強ができて大変利口であったので、その村で呉承恩の名を知らない人はいなかったそうです。しかし、成人になってからは何事もうまくいかず不運の連続です。科挙の試験には何度も失敗し、科挙の道と段々遠くなっていきます。40歳になってからやっと大変暇で小さな役職をもらうことになります。西遊記は、呉承恩が中年若しくは晩年に書いた作品と推測されています。
-

西遊記に託した呉承恩の思い

どんな文学作品でもその時代、その時の社会生活を反映することができます。神と妖怪が数多く登場する西遊記も例外ではありません。西遊記の作者呉承恩は、西遊記を通して当時の社会を風刺し、役人たちの腐敗を暴露すると同時に、貧困に苦しむ庶民たちに同情の気持ちを表しています。西遊記という作品の中で、神であろうが妖怪であろうが、豊かな感情、場合によっては人情も持っています。呉承恩は妖怪ですら人情を持っている中、自分の利益に全てを惜しまない役人たちへの批判と憤慨を西遊記に託して、世の中に訴えたかったのです。作者は自分の気持ちすべてを小説「西遊記」に注ぎました。
-

西遊記の作者の願い

西遊記の幻想に満ちた神と妖怪の世界はある意味、現実社会の鏡でもあります。作者の思いと願いが一番こもっているのは、「西遊記」の作品の中でも孫悟空に関する描写だと言えます。如意棒を振るい、どんな敵も恐れず、またどんな悪魔でも撤去できる孫悟空は、庶民の願望と要望の表れです。孫悟空は正義の味方であり、また庶民の味方でもあります。西遊記の作者は何事も恐れず、どんなに大きな困難でも次から次と倒していく孫悟空を通して、苦難の生活から必ず脱出できるという強い信念を表しています。
-

孫悟空は作者の分身

小説「西遊記」の中で、三蔵法師は西への旅の中で九九八十一の苦難を経験しますが、それを助ける主な役割は孫悟空、猪八戒、沙悟浄の3人の弟子が果たしています。孫悟空の役割と功労は言うまでも無く一番大きなものです。孫悟空無しの西遊記はまず存在しません。三蔵法師と3人の弟子たちの長旅で現れる妖怪と自然災難は、当時人民を苦しませている悪官僚の象徴でもあります。西遊記の作者は孫悟空に全ての願望を託しつつ、自分が孫悟空でありたいという強い願いを作品で表現しています。こういった意味で、孫悟空は作者の分身だと言えます。



西遊記 第01話「石猿誕生す」 投稿者 tv-files


西遊記 第02話「長い旅の始まり」 投稿者 tv-files


西遊記 第03話「三兄弟・天竺への誓い」 投稿者 tv-files


西遊記 第04話「妖怪夫婦・金角、銀角」 投稿者 tv-files


西遊記 第05話「反抗期の妖怪」 投稿者 tv-files


西遊記 第06話「悟空破門! 三妖怪の罠」 投稿者 tv-files


西遊記 第07話「日照り妖怪の子守唄」 投稿者 tv-files


西遊記 第08話「悟空危うし! 鱗青魔王の逆襲」 投稿者 tv-files


Watch MM_09 in エンターテイメント | View More Free Videos Online at Veoh.com


西遊記 第10話「哀しき王妃 二人の玄奬」 投稿者 tv-files

http://dre-ap118.papy.co.jp/sc/view_flash/0a257cafa6f9d4d38b/9-189364-84/FIX001/index.html

http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/searchdiary?word=%C0%BE%CD%B7%CD%C5%B1%EE%C5%C1

■[漫画]中国史オタによる『西遊妖猿伝』の楽しみかた(大唐篇)CommentsAdd Start-hirosakaindow

諸星大二郎『西遊妖猿伝』が講談社から新版で出てますね。『西遊記』を再構成した漫画ですが、隋末唐初の歴史を多少知っていると、3倍楽しめるような作品です。いやあなんと言っても唐がダークですね。以下に挙げるような不要な知識を踏まえると、諸星大二郎は白土三平の正統後継者だと思えるかもしれません。
•斉王李元吉(李淵の四男)

f:id:nagaichi:20090304084644j:image

この人は昔からこういうイメージなので驚くには値しませんが。
•秦王李世民(のちの唐の太宗)

f:id:nagaichi:20090304084645j:image

野心家な上に尊大で傲慢です。
•地湧夫人(尹徳妃)

f:id:nagaichi:20090304084646j:image

地湧夫人の名は歴史に伝わっていませんが、尹徳妃は唐の高祖李淵の妃として実在の女性です。こんな色魔にしちゃっていいんでしょうか。ちなみに尹徳妃の子は李淵の八男の李元亨のはずですが、作中ではナタ太子が地湧夫人の子に。
•魏徴

いちばん注目すべきは魏徴であろうと思います。諫官・史官として有名なかれも、作中でのダークさはまた格別です。

f:id:nagaichi:20090304084647j:image

良からぬことを皇太子李建成に勧めています。このときの魏徴は太子洗馬で李建成の部下ですね。

f:id:nagaichi:20090304084648j:image

ここは驚愕。魏徴が李建成を刺しています。作中の玄武門の変のくだりは、フィクションがかなり入ってるものの、おおまかな正史の流れを押さえており、李世民が李建成を射たり、尉遅敬徳が李元吉を斬ったり、おうおう作者分かってるじゃんと中国史オタがほくそ笑むところなのですが、ここで美事にひっくり返されてしまいます。

作者は魏徴になにか恨みでもあるのかとばかりの悪っぷりですが、作中の魏徴は決して小悪党ではなく、寡黙で剛胆な怖い人物なのです。

ほかにも魏徴は宮中で暴れ回る大猿を射たり、紅孩児の顔面を斬ってみたり、悟空と一騎打ちしたり、武将のような活躍をしています。この魏徴は正史のような文官ではなく、『西遊記』で竜王を斬った魏徴により近いと言えるでしょう。
•尉遅敬徳

f:id:nagaichi:20090304084649j:image

戦場で傷を負ったことがないとされる唐随一の猛将も、作中ではヤラレ役です。あまり格好良くないので、読み流してしまいそうですが、この人を軽視してはいけません。かれのことを胡敬徳と呼んでいるシーンもあり、作者も分かった上でやっているわけです。
•李勣

f:id:nagaichi:20090304084650j:image

李勣(李世勣)は唐の名将とはいえ、作中の位置づけから言ってもかなり優遇されています。というか、唐の武将の中では最もイケメンに描かれています。格好いいシーンも多いです。『西遊記』とは関係が深いはずの李靖が目立たないのに、なぜ李勣がここまで描かれるのか。作者は李勣が好きなんでしょうか。この贔屓っぷりはすがすがしいです。

さて、玄奘ほか坊さんたちについても言及すべきですが、力尽きたのでこのへんで失礼します。『西遊妖猿伝』の登場人物は、原典としての『西遊記』や、漢籍の史書や仏典になんらかの典拠をもつ人物ばかりなので、重箱の隅つつきはいくらでも可能です。そんなやついたっけ史万宝とか、名前だけ出てきた執失思力とか解説するのも楽しいかもしれませんが、誰も読まないでしょうからやめときましょう。次の機会があれば、河西回廊篇…ではなくて、坊さんたちについて書きましょうかね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%8F%E3%81%86

ぼくのそんごくう





移動先: 案内、 検索



漫画



関連項目[表示]



『ぼくのそんごくう』は、手塚治虫の少年漫画作品。中国・明代の小説『西遊記』を翻案して漫画化した作品である。1952年から1959年にかけて、秋田書店の少年漫画誌『漫画王』に連載された。初出時のタイトルはすべてひらがなであるが、後の単行本化の際には『ぼくの孫悟空』と改められている。



目次 [非表示]
1 概要
2 初出
3 単行本
4 アニメ化
5 舞台 5.1 キャスト
5.2 スタッフ

6 脚注
7 外部リンク


概要[編集]

東勝神州は傲来国の花果山山頂の石から生まれた孫悟空が、須菩提祖師の下で修行を積み、天界に入って大暴れの後に幽閉され、仏門に入って三蔵法師のお供となり取経の旅行を続ける…という『西遊記』のストーリーに沿いながら、以下のように当時の世相を取り入れたりした漫画らしい脚色を加えている。
天界で暴れた孫悟空を退治に現れた二郎真君はターザンのような姿。また、連載開始当時は朝鮮戦争に国連軍が派遣されていたことから天界側の軍勢には国連軍の旗をかざした人物がいる。
三蔵が孫悟空を戒める緊箍呪は童謡「お猿のかごや」。
車遅国の国王の姿や口癖(「あ、そう」)は昭和天皇がモチーフ。
牛魔王の子供である紅孩児は、大人も手を焼く「ティーンエイジャー」。
妖怪に捕らえられた三蔵を、妖怪の子供が「ユール・ブリンナー人形」といってオモチャにする。
正月の初夢という設定で、手塚が三蔵と入れ替わって旅行をする話が存在する。

また、いわゆる「八十一難」についてはエピソードの入れ替えや省略もあり、原作では火焔山のエピソードよりも前に登場する紅孩児は、本作では後から出てくることになっている。

原作の性格もあり、当時の雑誌連載漫画としては異例ともいえる7年にもわたる長期連載作品となった。手塚は、手塚治虫漫画全集(講談社)の本作の「あとがき」で自由奔放に執筆したことを記している。

その一方で孫悟空はこの当時、日本ではニホンザルに似せて尾が短く描かれることが珍しくなかったが尾が長い姿をしており、実在のモデルとされるアカゲザルの特徴を反映している。また、沙悟浄も河童ではなく、「登場時には首からされこうべを通した紐をぶら下げている」という点が除かれた以外は、明代の「李卓吾先生批評西遊記」の挿絵に見られるような中国で刊行された刊本に見られる姿に近い。 さらに、『西遊記』の翻案作品においてはしばしば人格をなくされたり、人間形のキャラクターにされる玉龍の化した白馬も手塚のお遊びで馬になっても龍のひげが長く伸びた姿をしており、性別は女性に設定されているがきちんと「人格を持った馬」として描かれているなど原作の設定を押さえて描かれている一面がある。

これは、手塚が本作の執筆に際して、以前に見た中国のアニメーション映画『西遊記 鉄扇公主の巻』(1941年。原題は『鉄扇公主』)から影響を受けていることも関係していると見られる。この点について手塚は「特に火焔山のエピソードについては、『鉄扇公主』と似たものになってしまった」と上記の「あとがき」で記している。

また、孫悟空は仏門に帰依してからは正義を愛するキャラクターとなり、三蔵法師に対しても「お師匠(さま)」と敬意を持って接している。この点は後に虫プロダクションが制作したテレビアニメの『悟空の大冒険』とは大きく異なる。

当初の連載時は毎回巻頭のカラー4色刷で掲載され、手塚自身が色鉛筆で色指定を行った。後の単行本では白黒となったが、2006年にジェネオンエンタテインメントから初発表時を再現したフルカラー版の単行本が限定3000部で刊行されている。

初出[編集]

『漫画王』1952年2月号~1959年3月号

単行本[編集]
『ぼくの孫悟空』(秋田書店、1953年~1957年、全3巻)
手塚治虫漫画全集『ぼくの孫悟空』(光文社、1960年、全3巻)
手塚治虫漫画全集『ぼくの孫悟空』(講談社、1977年~1980年、全8巻)- 8巻に「リンリンちゃん」を収録
秋田文庫『ぼくの孫悟空』(秋田書店、2001年、全4巻)
オールカラー版『ぼくのそんごくう』(ジェネオンエンタテインメント、2006年)
手塚治虫文庫全集『ぼくの孫悟空』(講談社、2010年~2011年、全3巻)

アニメ化[編集]

原作に知名度があることから、何度かアニメ化の題材となってきた。

最初のアニメ化は、連載終了からまもない1960年に東映動画が制作した劇場アニメ『西遊記』である。キャラクターデザインやストーリーは大幅に改変され、オリジナルに近い作品に仕上がっている。

この作品には手塚もスタッフとして加わり、自らストーリーボードを描くなどしている。ただし、途中からは多忙で顔出しできなくなり、自分の代わりに石ノ森章太郎とアシスタントだった月岡貞夫を助手として現場に派遣した。手塚にとっては原作者という側面と、アニメ制作の勉強という目的もあっての参加であったが、制作の進め方を巡って東映動画側のスタッフと齟齬が生じた面もあった。この経験が自ら虫プロダクションを創設するきっかけにもなった。

一方、東映動画の側からは、感動を得ようとドラマ上の必然性がなくヒロインを死なそうとした手塚の手法に疑問を呈する発言があったと、スタッフからの伝聞として宮崎駿が述べている[1]。当時のスタッフで、このアニメ化企画を立案した白川大作は、宮崎が述べている点についてもっとも手塚に反対したのが自分であったと、後年のインタビューで証言した[2]。大塚康生は、アイデアを並列に配置しラストもあっさりした手塚の構成が、起承転結をがっちりと組み立てた劇映画で観客を満足させる東映の作風と合致せず、東映動画側は手塚の絵コンテを改変して使用せざるを得なかったと説明している[3]。

また、この公開に連動して、この映画で孫悟空の恋人として登場するリンリンを主人公とした漫画『リンリンちゃん』を秋田書店の『ひとみ』に連載した。

虫プロダクションの設立後、1967年に杉井ギサブローを監督として本作をベースとしたテレビアニメ『悟空の大冒険』が虫プロダクションが制作、フジテレビ系で放映された。この作品は杉井が手塚から大胆な改変の了解を得たことから、思い切ったスラップスティック作品となり、キャラクターデザインも含め「ぼくのそんごくう」から離れたものとなった。

1989年8月27日には、24時間テレビ 「愛は地球を救う」で毎年恒例になっていた手塚治虫のテレビスペシャルアニメの1作として『手塚治虫物語 ぼくは孫悟空』を手塚プロが制作し、日本テレビ系で放映された。これは本作の孫悟空の宇宙版で、病床の前年の秋に手塚治虫がシノプシスを提供したが、完成を見ずに放送年の2月に手塚は死去した。『西遊記』の部分は波多正美が監督し、手塚が死去したことで手塚の自伝風漫画をアニメ化したパートをりんたろう監督が追加製作し、「かつて西遊記のアニメを見て感銘を受けた手塚少年が、やがて大人になって自分なりの『ぼくのそんごくう』を企画し、それを語る」という形で、1本の作品として放送された[4]。

手塚没後の2003年に本作をベースとした劇場アニメ『ぼくの孫悟空』を手塚プロが制作し、松竹系で公開された。過去のアニメ化作品の中ではもっとも原作に近いものになっている。



[表示]

表・話・編・歴
24時間テレビ 「愛は地球を救う」アニメ






































































舞台[編集]

『GOKÛ』(ゴクウ)のタイトルで、2016年2月にAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。主演は喜矢武豊、脚本・演出は児玉明子が担当[5]。

千秋楽公演は全国でライブビューイングも開催[6]。

キャスト[編集]
孫悟空 - 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) [6]
玄奘三蔵 - 月船さらら [6]
猪八戒 - みのすけ [6]
沙悟浄 - 土屋裕一 [6]
紅孩児 - 佐々木喜英 [6]
金角 - 塩田康平 [6]
銀角 - 佐伯大地 [6]
観世音菩薩 - 真田怜臣 [6]
羅刹女 - 大沢逸美 [6]
牛魔王 - 西岡德馬 [6]

スタッフ[編集]
原作 - 手塚治虫『ぼくの孫悟空』
脚本・演出 - 児玉明子

脚注[編集]
1.^ 宮崎駿『出発点 1979~1996』徳間書店、1996年、p.234。当時宮崎は東映動画入社以前であり,これは入社後の伝聞に基づく発言である。
2.^ 東映長編研究 第10回 白川大作インタビュー(2)手塚治虫と『西遊記』] - WEBアニメスタイル2004年11月15日
3.^ 大塚康生『作画汗まみれ 増補改訂版』徳間書店、2001年、pp.108-109
4.^ 「ビデオラボ 愛は地球を救う手塚アニメ 武井英彦PDにインタビュー」『アニメージュ』1990年2月号、徳間書店、pp.198-199。
5.^ “手塚治虫「ぼくの孫悟空」原作の舞台「GOKU」主演は金爆の喜矢武豊”. コミックナタリー (2015年12月24日). 2015年12月25日閲覧。
6.^ a b c d e f g h i j k “手塚治虫×喜矢武豊の舞台「GOKU」キャラビジュアルと配役が明らかに”. コミックナタリー (2016年1月28日). 2016年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]
手塚治虫公式サイト内作品ページ(マンガ)
手塚治虫公式サイト内作品ページ(アニメ『西遊記』)
手塚治虫公式サイト内作品ページ(アニメ『ぼくの孫悟空』)
手塚治虫公式サイト内作品ページ(アニメ『悟空の大冒険』)
舞台『GOKÛ』公式サイト



[表示]

表・話・編・歴
手塚治虫































































































































































































































































カテゴリ
ポータル






カテゴリ: 漫画作品 ほ
手塚治虫の作品
1989年のテレビアニメ
西遊記を題材とした漫画作品
24時間テレビのアニメ
手塚プロダクション

http://www5.big.or.jp/~monsters/gallery/picture/takes062.html



斉天大聖孫悟空




私たちは自分のことを堕ちた天使と考えたがるが、実は舞い上がった猿なのである。

──デズモンド・モリス



干支えとが申さるだから孫悟空というあまりに安易な発想ではありますが、それは別として西遊記が大好きなのはたしかである。

最初の出会いは子供の頃に買ってもらったダイジェスト版だ。その後漫画も含め、色々な『西遊記』を読んだが、やはり岩波文庫の全訳版(小野忍/中野美代子訳)が一番面白い。ただし、後半は同じような話の繰り返しでいささかだれるのが難と言えば難。もっともその繰り返しにも道教の数秘学的意味があるらしい。そのへんは中野美代子『西遊記』(岩波新書)に詳しい。

漫画だったら諸星大二郎の『西遊妖猿伝』が図抜けている。早く第二部が始まらないものか。他には小池一夫/小島剛夕版のエロさも捨てがたいがこれも後半がだれる。手塚治虫の『ぼくの孫悟空』は別格。『ドラゴンボール』は面白いが西遊記とは言えないだろう。

孫悟空のキャラクタ自体は、三蔵法師の弟子になって西天取経さいてんしゅきょうに出かけてからより、その前、天上界で桃を盗み食いしたり八卦炉はっけろをぶち壊したり、やんちゃしてる暴れん坊時代が大好きだ。今だと朝青龍みたいな感じか。

京劇だと『大閙天宮おおいにてんぐうをさわがす』なんていう題名になってるあたり。絵はその時代の悟空をイメージしているのだけど、頭の輪っか(緊箍児きんこじ)を描かないと悟空らしさがでないしヘアスタイルにも似合う。だから考証的には五行山ごぎょうざん禁固刑以後西天取経途中ですな。残念。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2774-4ab1bb6f