福昌堂 倒産 書泉ブックマート 閉店に思う事

ツイッターでも描いたが
福昌堂の倒産はショック

貴重な本の数々が絶版になっちゃんですもんねぇ…
ヒクソンを日本に呼んだ最大の尽力者がフルコンの山田英司氏だったわけですからねぇ…

その山田氏が今やホリオンのグレイシー柔術をディスりまくって業界の良心ならぬ悪意 谷川貞治氏とつきあってんですからなぁ

まぁ
殆ど空手しか扱っていなかったしね…
今のフルコンと空手道

個人的にはカールゴッチの裏話を公開したマットフューリーの連載が良かったんですが
プロレスのバックにいる人を怒らせたんでしょうか?
何の前触れもなくいきなり中断
ゴッチがテーズを潰し シュートを仕掛けたとかやばすぎて他じゃ描けないネタばっかだったしね

あ~あ…

柔術ナードとか和儀 格闘技探検隊とかマニアックな書が置いていた神田の書泉ブックマートも閉店しちゃったし…

今後も格闘技 武道を扱う出版社 書店が潰れていくんでしょうか…
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(11)

コメント

No title

西田さんはご承知のことと存じ恐縮ですが書泉グランデの方に格闘技コーナーが移行したんですね。今でも柔術ナードもグレマガもありますね。
格闘技探検隊なんてなつかしいですね。UWFの八百長をバンバン書いててあの当時は衝撃的だったもんです。アレ見て今はもうない大沢食堂に行ってカレー食べましたけど味は普通でした笑
荒井勉さんでしたっけ?もうどこに行っちゃったんでしょうね笑
確か西宮の方の出版社でしたよね。他にも猪木がカッターで自分の足切ってたとかバンバン書いてた本もあったりしましたね~。
山田さんがヒクソンを呼ぶのに尽力したんですか。。それは知らなかったですね~。最近の山田さんはどうかと思いますけど格闘技風プロレスの八百長を告発した功績は大きいかもしれませんね。

2016年|03月|12日|17:30 |from 竜二| URL

No title

そういえば昔のフルコンタクト空手にプロレスの大会でニールセンがシャムロックに負けた記事があって、その時にニールセンが「今日は本当に負けた」ってインタビューで答えててはからずも他の試合が全部八百長だったことをカミングアウトしてたことが掲載されてましたね笑
あの当時にプロレス雑誌には絶対に載らないコメントが新鮮でした。
格闘技通信もRIZINのおおみそか大会の増刊がでてましたけど、もうコンビニで格闘技雑誌を売る時代はこないかもしれませんね。。

2016年|03月|12日|17:42 |from 竜二| URL

No title

そういえば書泉グランデも格闘技武道プロレスものが豊富なんでしたっけ
確か昔ブックマートに無いオールドタイマーのプロレスラー本 ウィリアムマルドゥーンからソラキチマツダが紹介されていた本を探していてそこでゲットした覚えがありますね

2016年|03月|13日|17:00 |from 西田大作| URL 【編集】

No title

書泉グランデ情報ありがとうございます
わたしゃ
リアルでもネットでもこの手の情報をやり取りするお仲間がいない ぼっちですんで
そういった情報は助かります

格闘技の道場行っても
こんな話は出来ませんからなぁ

格闘技探検隊 和儀は在りし日のブックマートで購入しました

いわゆる今の格闘技人気なるもんは
第一次UWFブーム
格通 ゴン格 フルコン創刊時にスタートしたもんで
そん時に昔ながらの昭和のストロングスタイルプロレスが好きな人はUWF サンボに そしてUWFからUFC グレイシー プライド MMA 柔術へとファン層が移ったんじゃないでしょうかね?

そして空手バカ一代とかブルースリー キックの鬼が好きな人はKー1へとファン層が移った

そういう風にわたしゃ見ています

現にプライドとかUFCを苦々しく感じている山田英司はK-1には好意的でしたしね

2016年|03月|13日|17:16 |from 西田大作| URL 【編集】

No title

格闘技探検隊は同人だけじゃなくて商業本 単行本も1冊出てましたっけ

関西柔術草分け時代にお世話になった巻口さんの投稿文が振るっていたんで当時は単行本も買いましたね
当時はイマイチわからなかったグラウンドでの密着という意味が今ではフツーに理解出来ます
寝技知らなかったですからねー

ロープエスケープのパンクラスがヤヲだとハッキリ公言したんは
レスリングの太田章先生くらいでしたっけ
多分客の反応見て試合やってたんでしょうなぁ
プロレスというかエキビジョンのように…

当時はアランゴエスとフランクシャムロックの試合だけが異常に緊迫した感じだったですし

大沢食堂は一度は行ってみたかったですが
格闘技目的で東京行ったのって全くなくて一度も行ってないです…
第2回のUVFの時
たまたま東京に行っていたのでNKに立ち寄っただけなんですよねぇ

ブックマートは当時の私には刺激が強かったですねぇ(確かUWFブームの頃か)

格闘技通信 ゴング格闘技 フルコンタクトカラテのバックナンバーが全てそろっていて
マニアからしたら
これは天国か?
とか思っちゃいましたもん

まー
そん時も格闘技ではなく別用
たまたま仕事で東京行ってただけで興味があって立ち寄っただけなんですよねぇ

和儀なんつー平上氏の古流柔術の同人も販売されてて
興味があって購入したんですよ

いやはや
懐かしい

2016年|03月|13日|17:35 |from 西田大作| URL 【編集】

No title

おっしゃるとおりグランデが格闘技関連では一番充実してる気がしますね~。
バックナンバーもソコソコあります。
神保町では武道・格闘技・プロレスとか取り扱う店は
グランデの他にも沢山ありますけど
http://www.jimboucho-vintage.jp/07_sports.html
とか雑誌系のバックナンバーが比較的多かったですね。

あと新宿ですけど
http://fighter.main.jp/shop/index.html
とかマスターが結構話好きなんで色々な裏話(主に悪口ですが笑)が聞けたり
PPV放映されたのを録画したDVDをこっそり売ってくれたりしましたが
今も営業やってるのかな・・・ここは何年も行ってないんでわからないですね。

格闘技関連に限らず昔見た本でどーしても今見たい本は
もう国会図書館に行くしかないですけど
そこに行ってまで見てみたい本は今のところ無いですね。

太田章さんもパンクラスを糾弾した後に何故か
リングスに関わったりしてましたね。
カレリンが八百長に駆り出されたんだからレスリング関係者なら
噴飯ものじゃないですか笑

2016年|03月|14日|01:16 |from 竜二| URL

No title

お店情報ありがとうございます
新宿ファイターはマニアには懐かしい店ですなぁ
いや
今も潰れてはいないんでしょうけれど…
柔術の映像とか入手しづらい時代に
あちらのお店で幾つかゲットした覚えがあるんですよね
DVDじゃなくてビデオテープの時代です


リングス
ロシアの国民的英雄が何でプロレスなんぞやっちゃったのか?
あれはパコージンが無理やり泣きついて頼み込んだようですね
カレリンも最初は断っていたようですが
パコージンに前田はロシアのスポーツ界の恩人だから

断り切れなかったようですね…

大田先生はリングスに協力することでロシアとか旧ソ連圏のレスリング界とパイプを持ちたいいうのもあったんですかね?

リングスは木村浩一郎もこれまたハッキリ言ってましたが日本人は皆大したことはなかったみたいに公言してましたねぇ~

リングスで純粋培養された前田門下生は皆大したとことなくて

海外修行していた高坂や外様の田村 金原
元々強かった横井くらいしかリアルファイトのプロとして強い選手がいないとかいうのが何とも…

2016年|03月|14日|12:49 |from 西田大作| URL 【編集】

No title

店情報と言えば
http://portalmie.com/agenda/evento/inauguracao-do-sport-bar/

http://www.hyogo-tourism.jp/1000hyogo/report/?id=1011

神戸に柔術バーがあったんですが
2014年以降全く聞かなくなりましたねぇ~
バッハ門下生のエリアス・サンチアゴさんがやってたんですが…
一度は私も行ってみたかったです

2016年|03月|14日|20:11 |from 西田大作| URL 【編集】

No title

カレリンは例外中の例外ですが

ロシアなど旧ソ連圏 旧共産圏のサンビストとかレスラー 柔道家 ボクサー のトップ エリートアスリートが飯が食えなくなって日本に流れてきた時代がありましたよねぇ

ペレストロイカ時代に

ヘビー級ボクサーのヤコブレフとか日本に来たけど
日本じゃヘビー級ボクサーを育成できる環境じゃなくて
スパーパートナーにも不足していたようで
何故か中量級の平直行先生がパートナーをやっていたことも…
当然ボコボコにされたそうですが…

レスリングのレッドブル軍団なんかはその点八百長プロレスのやられ役 引き立て役とはいえ結構稼いだそうですねぇ

日本でサンボの世界選手権開けたのも前田とプロレス団体 リングスの支援があったからだそうで

そういった意味では

プロレスは食えない格闘家 武道家 力士の飯の種
潰しの効かない格闘家たちの第2の就職先だったんでしょう

実際 木村政彦も 力道山も柔道や相撲で飯が食えない その世界にいても未来がない
という状況でプロレスやったわけですからねぇ

他にも旧ソ連圏と言えばプロレス団体FMWとか女子プロレスでベリチェフ グンダレンコなんて人たちがやって来て八百長プロレス リアルファイトでVTで八百長やってたくらいですからなぁ

2016年|03月|14日|20:34 |from 西田大作| URL 【編集】

No title

太田さんは俺なら首を折るとかインタビューで答えてたので山田学とか高橋義生に色々言われた時に戦って欲しかった気もします。ま、あの当時のパンクラスの試合が真剣勝負にはとうてい見えなかったのは事実なんですけど笑
グンダレンコなつかしいですね。確か桜庭あつこの相手もロシアの人でしたね。あの試合は技術はともかく桜庭あつこの根性は凄いと思いましたね。

2016年|03月|15日|14:20 |from 竜二| URL

No title

亀レスです

当時
レスリングの太田章先生がパンクラスにリアルファイト 現在のオープンフィンガーグローブのルールで出ていたら間違いなく

リングスにKOKルールで出ていた現役サンビストトップと全く同じ運命を辿るでしょう

正直MMAの世界はぽっと出のレスラーが勝てるほど甘くはないでしょうしw

まぁ
太田先生がグレイシーがレスリングをやりこんでいるという指摘を以前ゴン格の記事で読みましたがそれ自体はボブアンダーソンが教えていたことが後に発覚していますし

太田先生の評論自体は間違ってはいないでしょうね

あと桜庭あつこさんの相手の柔道選手は
相手がタレントだという事もあって一瞬で破壊するようにサブミッションをかけるのではなく

怪我させないようにゆっくりと極めていたのが

印象に残っていますw
相手が素人だということでかなり気を使ってたんでしょうな

相手が素人と言えば近年に行われた五輪でイスラム原理主義の国の
女子柔道の選手が初出場したんですが
とても五輪に出られるようなレベルではなく

あからさまにド素人

相手の選手がこれまたケガさせないように気を使って投げていたのが印象的でしたね(w爆)

多分巻き込みなんてやった時には大変な事態が起こっていたでしょう(汗)

2016年|03月|21日|19:45 |from 西田大作| URL 【編集】

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2771-cd122c95