ボクシングの発勁 ジャックデンプシーとショベルフック 個人的にはデンプシーロールと言えば はじめの一歩よりもナックル№1かな

knj128.jpg
knj130.jpg
knj131.jpg
knj132.jpg











https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC

ジャック・デンプシー





移動先: 案内、 検索



曖昧さ回避 同名のアイルランド出身のプロボクサーで世界ミドル級チャンピオンについては「ジャック・デンプシー (ミドル級)」をご覧ください。

ジャック・デンプシー

Jack Dempsey 1.jpg
1920年頃の写真


基本情報


本名
ウィリアム・ハリソン・デンプシー

通称
マナッサの人殺し
拳聖

階級
ヘビー級

身長
185cm

リーチ
196cm

国籍
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

誕生日
1895年6月24日

出身地
コロラド州マナッサ

死没日
1983年5月31日(満87歳没)

死没地
ユタ州ソルトレイクシティ

スタイル
オーソドックス

プロボクシング戦績


総試合数
83

勝ち
62

KO勝ち
50

敗け
6

引き分け
9

無効試合
6
テンプレートを表示

ジャック・デンプシー(Jack Dempsey、男性、1895年6月24日 - 1983年5月31日)は、アメリカ合衆国のボクシング世界ヘビー級王者。ジャック・デンプシーはリングネームであり、本名はウィリアム・ハリソン・デンプシー(William Harrison Dempsey)。「マナッサの人殺し」(The Manassa Mauler)、「拳聖」などの異名を取った。



目次 [非表示]
1 人物
2 来歴 2.1 生い立ち
2.2 トレドの惨劇

3 引退後
4 生涯戦績
5 関連項目
6 外部リンク


人物[編集]





夫人を肩に
身長185cm、体重85kgとヘビー級としては決して大柄と言えない体ながら、並みいる対戦相手たちを戦慄的なハードパンチで次々とマットに沈めていった。闘志剥き出しの激しいファイトと圧倒的な強打とで、1920年代に全米を熱狂の渦に巻き込んだヒーローであり、当時、「大統領の名は知らずともジャック・デンプシーの名を知らぬ者はいない」とさえ言われた。

デンプシーは、ボクシング史上初めて前傾姿勢の構えで戦ったボクサーとされる。彼以前にもジョン・L・サリバンなど豪腕と謳われたボクサーは存在していたが、彼らは極端に重心を後ろに掛ける構えをしていたため、一撃で試合を終わらせるパンチを持つにいたらなかった。一方、デンプシーは重心を前に掛けることで体重の乗ったパンチを打つことが出来、当時としては常識外れのパワーを誇っていた。前傾姿勢のまま上体を∞の字を描くようにウィービングして防御するとともに、振った上体の反動を利用して左右の連打を叩き込むデンプシー・ロールは、彼が初めて使った戦法である。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1895年、コロラド州マナッサにモルモン教聖徒である貧しい靴屋の息子として生まれ、ウェストバージニア州、ユタ州で育つ。ジャックも1903年8月2日に洗礼を受けモルモン教徒になっている。家庭が貧しかったことで働きに出るため小学校を中退し、16歳の時に家を出ている。炭鉱夫として働いていた頃、その腕っぷしの強さと、野獣のようにギラつく目をジャック・カーンズに見込まれボクシングにのめり込むようになる。

初期のころは偽名を使って試合をしていたため正確な戦績はわかっていない。

トレドの惨劇[編集]

1919年7月4日、年初からの5連続初回KO勝利で勢いに乗るデンプシーは、ジェス・ウィラードの持つ世界タイトルに初挑戦する。ウィラードは黒人初の世界ヘビー級王者ジャック・ジョンソンを破ったことにより国民的英雄との誉れを受けていた。デンプシーが試合開始の数分前、初回KOで勝たなければファイトマネーはないとカーンズに告げられたことから、この試合の初回は「トレドの惨劇」と呼ばれ、ボクシング史上最も凄惨な戦いのひとつとなった。デンプシーは2m近い体躯のウィラードを徹底的に殴り続け、初回に7度ものダウンを奪う。当時のルールでは対戦者がダウンしてもニュートラルコーナーには下がらずに間近で待ち、両膝がマットを離れるとすぐにまた攻撃を仕掛けることができた。7度奪ったダウンのうちの何度かは、ウィラードが立ち上がろうとしていたときに追撃して奪ったものである。レフェリーはラウンド終了のゴングまでは試合を止めないというスタンスであった。最終的に試合はチャンピオンのウィラードが4回開始のゴングに応じられず3回終了TKOでデンプシーの勝利となったが、デンプシーにこの試合のファイトマネーが支払われることはなかった。一方のウィラードは顎を7か所も砕かれた上、肋骨、頬骨、歯を数本折られ、さらには片耳の聴力が著しく低下してしまった。

晴れて世界王者となったデンプシーだったが、国民的英雄であったウィラードに勝利してしまったことと、そのときの余りにも獰猛で凶暴な試合ぶりからアンチヒーローとのレッテルを貼られてしまう。



1921年7月2日、試合直前の会場(左)。試合後には号外を求めてニューヨーク・タイムズ本社に1万人以上が殺到(右) 1921年7月2日、試合直前の会場(左)。試合後には号外を求めてニューヨーク・タイムズ本社に1万人以上が殺到(右)

1921年7月2日、試合直前の会場(左)。試合後には号外を求めてニューヨーク・タイムズ本社に1万人以上が殺到(右)


1921年7月2日に行われた3度目の防衛戦は、フランスのジョルジュ・カルパンチェとの試合だったが、米国での試合にも関わらず、観衆はそのボクシングスタイルの優雅さから「蘭の男」の異名を持つ異国の二枚目挑戦者を応援するという始末だった。デンプシーは、3回にカルパンチェの右を食ってダウン寸前に陥るが、カルパンチェはこの時右手を骨折してしまう。続く4回、デンプシーは戦闘力を失ったカルパンチェに猛烈な連打を浴びせてKO勝ちを収める。この後、デンプシーとカルパンチェは親友となり、長く交友が続いたという。なお、この試合の総入場料は史上初の100万ドル超(ミリオンダラーゲート)となっている。

この試合以降、デンプシーは実力に見合った評価を受けるようになり、名実ともにヒーローとしての栄誉を得た。





1923年9月14日のルイス・アンジェロ・フィルポ戦
1923年9月14日、ニューヨークにおけるルイス・アンジェロ・フィルポとの試合では、この闘牛のようなアルゼンチン人選手との対戦を観ようと、会場には8万5000人が詰めかけ、さらに2万人が入ろうとしていた。フィルポに対して繰り返しダウンを奪いながら自らも2度のダウンを喫し、その2度目のダウンではロープの間からリングサイドの記者のタイプライターの上に頭から落下したが、リングに戻されて試合を続行、2回KO勝利を収める。この試合は注目度が高かったため、ラジオでブエノスアイレスへ生中継され、通りには試合を聴くために大勢の人々が集まった。

1926年9月23日、ジーン・タニーに判定負けで王座を失ったデンプシーはちょうど1年後にタニーと再戦。7回にタニーから強烈なダウンを奪ってみせるが、ルール改正によりニュートラルコーナーへ行くことを忘れていたためレフェリーに注意を受け、その間カウントが数えられず、タニーはカウント8(実質20カウント程)で立ち上がってしまった。結局この時点でKOできなかったデンプシーは8回にダウンを奪い返され再び判定負けを喫した。この試合はロングカウント事件としてボクシング史にその名を刻んでいる。

引退後[編集]

引退後は一時期プロモーターを務めていたが、現役時代から付き合いのあったアル・カポネの一味が八百長試合をけしかけるなど、試合に口を出すようになったことでデンプシーはプロモーター業に見切りをつける。しかし、その後もユダヤ系のマイヤー・ランスキーと手を結び、マイアミ・ビーチで「デンプシー=ヴァンダービルト・ホテル」を経営するほか、ニューヨーク州マンハッタンに「ジャック・デンプシー・レストラン」を経営するなど、裏組織との交際は続いた。

1960年代から1970年代にかけ、モハメド・アリ、ジョー・フレージャーらの世界ヘビー級タイトルマッチのリングサイドにデンプシーはよく姿を表していた。1975年10月、現役時代のライバルであり、長年の親友だったカルパンチェの訃報に接したジャックは、壁の方を向くと、眼を閉じたまましばらく動かなかったと言う。1983年5月31日、病により87歳で死去。

生涯戦績[編集]
プロボクシング:83戦 62勝 50KO 6敗 9引分け 6無効試合

関連項目[編集]
世界ボクシング協会世界王者一覧
国際ボクシング名誉の殿堂博物館
世界ボクシング殿堂
ジャック・デンプシー (ミドル級)
ジョシュ・ゴームレイ(ジョジー・デンプシー)
デンプシー・ロール

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ジャック・デンプシーに関連するカテゴリがあります。

ジャック・デンプシーの戦績 by BoxRec

前王者
ジェス・ウィラード 第9代世界ヘビー級王者

1919年7月4日 - 1926年9月23日
次王者
ジーン・タニー



典拠管理

­WorldCat ·
­VIAF: 75048341 ·
­LCCN: n79064938 ·
­ISNI: 0000 0003 6845 6429 ·
­GND: 133671801 ·
­SUDOC: 078696844 ·
­BnF: cb148867949 (data) ·
­NDL: 00437663






カテゴリ: アメリカ合衆国のボクサー
アイルランド系アメリカ人
ネイティブアメリカンのボクサー
ヘビー級世界王者
プロボクシングプロモーター
ボクシング殿堂
コロラド州の人物
1895年生
1983年没
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

デンプシー・ロール





移動先: 案内、 検索


デンプシー・ロール(英: Dempsey roll)は、ボクシングの元世界ヘビー級王者ジャック・デンプシーが編み出した技。

概要[編集]

2014年現在では当たり前となっている「前傾姿勢における体重の乗った重いパンチ」という技術だが、元々はデンプシーが用いたものであり、この他にも多くのインファイト・テクニックを編み出している。「デンプシー・ロール」という呼称は現実のボクシングでは全く見かけなくなっているが、当時のボクサーは小柄なデンプシーが自分より大柄の相手を倒すところを目撃し、その技術を取り入れるのに躍起になっていた。

この技術に関して言えば、主に相手がグロッキーとなったところに自分の軸を相手の軸の向こう側に出るように死角へ回り込み(この動きの効果的な要素自体も、ファイターのセオリーとして多分に取り入れられた)、左右のウィービング(上体の動き)で勢いをつけたところへ体重の乗ったスピーディーなフックを叩きつけるというテクニックである。2014年現在、この技術は「真面目にインファイトを練習していればどんなボクサーでも知らない間に習得できる基礎中の基礎」としてどのジムでも採用されている。フックに隙が多く、カウンターで倍返しということも少なくないため、主に相手に止めを刺す時に用いられることがほとんどである。

日本で最初に使いこなしたのは、エディ・タウンゼントに教えられた藤猛である。

ボクシング漫画におけるデンプシー・ロール[編集]

1979年の『ナックルNo.1』(安紀宏紀)にデンプシー・ロールが登場している。

1989年から連載中の『はじめの一歩』の主人公、幕之内一歩も使用。「上半身を∞の軌道で振り続け、身体が戻ってくる反動を利用した左右の連打。ボクシング技術の発達した近代では『規則正しい振り子運動でカウンターを合わせ易い』という欠点があり、恐るべき破壊力を持ちながらもいつしか使用者がいなくなり、次第に歴史の闇へと消えていった諸刃の剣」とされている。

関連項目[編集]
ジャック・デンプシー
はじめの一歩


http://kameda-1ban-suki.seesaa.net/article/39695977.html

ボクシング名勝負、話題、ジャック・テンプシーのテンプシーロールとショベルフック

ボクシング名勝負、話題、ジャック・テンプシーのテンプシーロールとショベルフック

ジャック・テンプシーは、1919年から26年の世界ヘビー級王者。少年時代から炭鉱夫として労働し、のちにかけ試合のボクサーや用心棒としてアメリカを放浪。ジャック・カーンズに拾われてから芽が出て、19年に巨漢のカーボーイ、ジェス・ウエラードを3回TKOで羽振りヘビー級チャンピオンに。史上初の100万ドル興行の、フランス第一次世界大戦の英雄ジョルジュ・カルパンテイエ戦は有名。26年に王座を陥落。

引退後は、プロモータやレストランのオーナーとして活躍。

テンプシーはその破壊的強打と激しい妥当本能により「マナッサの屠殺者」と呼ばれた。デンプシーは185cm、体重85kgとヘビー級としては軽量だった。テンプシー自身がその強打の秘訣を語る
「パンチに自分の体重を思い切りかけ、フォロースルーをきかし打ちぬくことだ。パンチのエネルギーは肩から腕を通りこぶしの小指に伝達し相手の急所に当たって爆発する」

キーポイントは以下
①手打ちではなく、肩、腰を連動させて打つ
②打つ前にパンチの伸びが相手に最もダメージを与える距離まで自分の体を移動して打つ
③パンチの軌道は一直線
④パンチが目標にあたるまでは力を入れず、こぶしが目標に触れてから力を入れ、打ちぬく
⑤パンチの軌道の方向と同じ方向に体重を移動する

http://d.hatena.ne.jp/hann3+history/20140819/p1

ジャック・デンプシーさんのパンチの秘密“パワーライン”は、逆立ちして自分の体重を腕で支える感覚?[ストレートリード ブルース・リー創始ジークンドーの核心技法/テリー・トム]

虎之巻



読書書籍:ストレートリード ブルース・リー創始ジークンドーの核心技法







パワーラインの考え方の原型は、ジャック・デンプシーによって提唱された。ブルース・リーが所有している“Championship Fighting”の9章には、非常に多くのアンダーラインが引かれている。


デンプシーはパワーラインを「肩からまっすぐに拳のナックル底部」と定義している。



『ストレートリード ブルース・リー創始ジークンドーの核心技法』より








与えた衝撃の反動を弱い部分で受け止めないパンチの打ち方。それが“ショベル・フック”や“デンプシー・ロール”で知られるプロボクサー“ジャック・デンプシー”さんの“パワーライン”のようです。



パンチの加速に体重が乗ればのるほど、殴った反動(自分のダメージ)も大きくなる。打撃の威力を自分の弱い部分に戻さないように力を逃がす(流す)感覚みたいですね。



“攻撃”というと相手に与えるダメージばかりに注目していまいますよね。“自分に跳ね返ってくる反動”という視点が興味深いです。


パワーラインの意識は、逆立ちして立つときのように、自分の体重を腕の筋肉で支える感覚に近いように思われる。パンチが当たる瞬間に、パワーラインで“体の傾きを支える”イメージがポイントでしょうか。パンチというよりも、拳で体当たりするような感覚なのかもしれないですね。

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2739-29e18e59