功夫傳奇レビュー

以前エディブラボー門下のジェイソンチェンバーズが格闘技武道レポート番組やってましたが
それの中国版武術レポート番組 

功夫傳奇

をようやく幾つか鑑賞終えました

が結構マニアックな内容で驚きましたね

まず形意拳編
戴氏心意拳なんて中国武術マニアなら誰でも知ってる門派ですが
それが中国じゃTVに出ちゃってるんですもん

まずは形意拳は元々は

戴氏心意拳

という拳法から生まれ

そこから最初の形意拳

宋氏形意拳

が誕生

その形意拳から

沢井健一の大気拳法の源流 王向斉の意拳

が生まれた事まで紹介

技術に鍛錬法から公開スパーリング 練習試合までTVで公開

フツー伝統武術なんてのはスパーとか試合なんてもんはやんないもんですが
それを実践 ガチ試合 ガチスパーまで公開したんですから凄いですよ
あの番組

日本でもある意味最も人気の高い八極拳編も興味深い内容でした

伝統中国武術の共通するのは独特の危険な急所への打撃と崩して相手を地へ這わすというのは共通していて
それは八極拳も一緒でした


ガチスパーではフツーにタックルなんて展開もあったりしましたよ
山田英司さんw

これ見た感じ
幾つもの流派 門派の武術をマスターなんて無理ですなぁ
基本からして別モンですもん

中国伝統武術は意外と合理的なノウハウでかなり奥が深いと感じましたね
まぁ
でも漫画のようなスーパーノウハウではない事が理解出来ました
割と地味で実践的なノウハウ
それが中国伝統武術だということなんでしょう

日本でも有名な八極拳編じゃ
河北省滄州の呉鐘の八極拳
台湾と日本では李書文系の劉雲樵の八極拳
徐紀とか大柳勝のような日本の有名人も出ていましたよ

でもこういう番組
日本のTVじゃ絶対できないでしょうなぁ
マニアックすぎてw

あと
松田隆智さんの動画見ましたが
今見るとやっぱヘッタクソですなぁ
この先生
技術的には正直下手くそな人で才能とか素質はビミョーだったんじゃないでしょうかね?

ただやっぱり

筆が立つ

この人がいなけりゃ中国武術も日本じゃ広がらなかったでしょうから
指導者としても武術家としてもビミョーな立ち位置でしょうが
研究家としての影響力 筆が立つのは凄かった
ということでしょうね

ただ技術を語ればもっと凄い人はたくさんいたでしょうし
もっと強い人はたくさんいたでしょうね
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2679-b7a563de