21世紀のタイで古式ムエタイの試合が復活!

Thai+Fight+2013+dYzXmvXxF-ux.jpg
image-2da68.jpg







Thai Fight
日本でも大々的に行われたこのイベント
ムエタイマニアなら知っている人は知っているでしょう
しかし日本で行われた時は通常の競技ムエタイルールでしたが
2013年以降?
から古式ムエタイのルールを採用
グローブではなくなんと



を使った古式ムエタイが型演武ではなく試合で復活です
ちなみにミャンマーのラウェイと違いやはりタイだけあってムエタイスタイルですね
闘い方のスタイルは

http://dic.pixiv.net/a/%E5%8F%A4%E5%BC%8F%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%82%A4


古式ムエタイ

こしきむえたい
古式ムエタイ(日本語:こしきムエタイ、タイ語:มวยโบราณ 、正式名称:ムエボーラン)

pixivで「古式ムエタイ」のイラストを見る

pixivで「古式ムエタイ」の小説を読む
目次[非表示]
1 概要
2 解説
3 流派
4 動画
5 関連タグ
概要

正式名称はムエボーラン。伝統的にはパフユッ(シャム拳法)と言い、ルーツとされるインド武術のカラリパヤットにおける素手武術=パーフユッダからきているとされる。
タイの国技ムエタイが、競技化される以前から存在したタイ王国の古武術。

解説

インドの古典文学ラーマーヤナ(※タイでは「ラーマキエン(ラーマの栄光)」と呼ばれ、内容も若干違う)の主人公であるラーマ王子が始めたと言われる武術で、戦場での白兵戦でも使用された格闘術にムエタイを纏めたのが、アユタヤ王朝のナレースワン王だったと言われている。祖国を侵略者から護るために兵士が使用していたとされており、数々の伝説が存在する。

当時のムエタイは現代的なグローブ等全く無い時代だった為に、縄を腕や拳に巻いてグローブの代用にした。此方のグローブを別名「ムエチュクル」と呼ぶ。

ムエチュクルは萌え装備(違)



又、近代になってキチンとしたグローブを使う前のムエタイは「ムアイ・カート・チュクル(縛る格闘技)」と呼ばれていた。
ちなみに、ムエチュクルや二の腕に巻いている腕飾りの様な紐には自分の母親や妻や恋人の衣服の切れ端や髪の毛を「遠方に居ても互いに守りあっている」と言う意味を含め、お守りの様に、それらの装備品に巻き込んで使用する事も多い。

同様に近代的なムエタイで見られる冠の様な頭飾りは「戦いの精霊を宿している」為、決して足元等に置く事は無い。K-1等でも殆どの場合「肩に引っ掛けている」場合も多い。

又、ムエタイをする前に「ワイクルー」と言う踊りを踊るシーンが見受けられるが、それらは師匠や戦いの神への「感謝や戦闘に勝てる様に等の祈り」を表現すると同時に、近代の戦争等で接近戦でムエタイを使う必要が無くなった世では完全にタイでのムエタイは公営ギャンブルの一つになっている為、観客は「選手のコンディションをワイクルー時に見極める」のもポイントにもなっている。

余談だが、ムエタイが時に優美さを持って見られる時があるのはフランス等で発達した踊り・バレエの動きとリンクする場合も多い為である。

また、競技におけるムエタイと同じく、仏教との結びつきも 強い。

タイ人アクションスター、トニー・ジャーが映画内で使っていたことでも有名。

流派

各地域に特有の構えとワイクルー(上述)、その他に技術の特徴があり、特にワイクルーは互いの流派の確認に重要で、同門同士の対決は禁じられた。教伝は軍人が出家し僧となって各寺院で行なわれていた。

ムエ・コーラート(東北タイ)
ムエ・チャイヤー(Chaiyaa-rat)(南タイ)
ムエ・パーックラ(バンコク拳法)
ムエ・ロッブリー(ロッブリー拳法)
ムエ・マーヤーン(馬歩拳法)
ムエ・アユタヤ(アユタヤ拳法)

https://ja.wikipedia.org/wiki/THAI_FIGHT

THAI FIGHT





移動先: 案内、 検索






リング
THAI FIGHT(タイファイト)は、2010年からタイでスタートした大規模なムエタイの大会である。日本総責任者はセンチャイジム会長であるセーンチャイ・トングライセーン。



目次 [非表示]
1 概要
2 試合形式
3 その他
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク


概要[編集]





THAI FIGHT 2012 final at Royal Plaza
2000年代に入って以降、経済成長が著しいタイでは、もともとは賭けの対象で、貧困層のスポーツとみなされていたムエタイから一般層が離れている傾向がある。そこで、国技であるムエタイの隆盛を目指すため、タイ政府も協力し(大会の記者会見にはタイの副首相も出席した)、より広い層にエンターテインメントとして楽しめる競技を国を挙げて目指してTHAI FIGHTは発足された。大会の様子はタイのテレビ局である3チャンネルで生中継され、トーナメントの優勝者には賞金200万バーツ(約550万円)とスポンサーであるISUZUのピックアップトラック1台が与えられる[1] 。

2011年には日本を含む世界5カ国で大規模な興行を実施する予定である[2]

試合にはタイ人だけでなく、世界中のナックモエが出場している。

試合形式[編集]

通常のムエタイは3分5ラウンド制だが、THAI FIGHTでは3分3ラウンド制を採用。そのため、通常のムエタイよりもパンチの打ち合いなども多く、試合がアグレッシブなものとなっている。THAI FIGHTのプロモーターであるアカポン・アンマニーは、「THAI FIGHTではTHAI FIGHTのスタイルで試合をすべきであり、通常のムエタイスタイルの試合は嫌いだ。そういう試合をする選手は試合後に呼び出して注意する」と言う旨の発言を日本のメディアのインタビューでしている[3]。

選手は黒か白のいずれかの色の同じデザインのトランクスと、黒か白のグローブを着用して闘う。

その他[編集]

大会の開会式では古式ムエタイの舞や、タイの音楽の演奏などもあり、エンターテインメント性が高い大会となっている[4]。

脚注[編集]

1.^ 【ムエタイ】世界16カ国が参加したビッグトーナメントで日本の宮越がMVP獲得!格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月29日
2.^ 【ムエタイ】タイの副首相も出席、首相官邸で記者会見!世界5カ国でThai Fight開催格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月5日
3.^ イサミ公式カタログ&マガジン "Guts to Fight" 2012 Autumn Vol.18 p.33
4.^ 【ムエタイ】世界16カ国が参加したビッグトーナメントで日本の宮越がMVP獲得!格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月29日

関連項目[編集]
ムエタイ
タイ石油公社 - 大会の冠スポンサー

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、THAI FIGHTに関連するカテゴリがあります。
THAI FIGHT公式サイト(タイ語)・(英語)
THAI FIGHT公式YouTubeチャンネル




カテゴリ: ムエタイ
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2636-4b325f23