実は日本以外では殆ど行われていない女子レスリング 競技人口は全世界でも、1万人未満 競技人口は、1000名そこそこ

http://plaza.rakuten.co.jp/123manglove/diary/201302130000/
マイナー競技での金メダル・・・女子レスリング


カテゴリ:社会


・・レスリングが五輪競技から外れそうだ。 私は、吉田さおりの国民栄誉賞は全く賞に値しない。 止めろ。と言って来た。 これは、メダル至上主義への警告です。 日本は、メダルだったら何でも良い。との風潮が主流になりつつある。 これは良くない。 皆、楽してメダルがとれる安易な方向へ流れる。 メディアの話題作りには良いだろう。 また、多様性などと言う人もいるが、それは違う。 全てが公平に評価された上での多様性が求められる。 例えば女子レスリングの競技人口は、世界で見れば殆どいない。 マイナーの中のマイナー競技なのです。 金メダルを取ると言う事は、例えば水泳などと比較すれば、国体に優勝した程度だろう。 今回を契機に、もう一度、金メダルの価値について考え直す必要があるだろう。 メダルの色で、同じ評価をして良いのか?  女子レスリングで金メダルを量産したことで、少しはしゃぎ過ぎたと思う。 競技人口は、1000名そこそこ、女子柔道の10分の1にも満たない。 全世界でも、1万人未満だろう。 競技人口からすれば100分の1、いや1000分の1にも満たないと思う。 さらに階級ごとに3つも4つもメダルを与えられると言う事は、中立な目で見れば、五輪から外されても致し方ないとも言える。 

女子レスリングについては、日本には柔道と言う世界的にも競技人口も多いメインな種目があるのだから、そちらで活躍して欲しいものだ。 柔道は競争が大変だ、女子レスリングは五輪出場も楽で、メダルにも近いからと言う理由で、レスリングを選択した選手も多いだろう。 であれば考え直す良い機会です。 一番悪いのは、マイナー競技であるのに、そのことを度外視してメディアが騒ぎすぎたことです。 世界選手権10連覇も、冷静に考えれば超マイナーな競技であったから成し遂げられたのであって、国民栄誉賞についても、どう考えても浮かれすぎの選択であったと考えざる負えない。 こんなことが、まかり通れば、五輪に出ることだけが目的になり楽な競技を選ぶ人ばかりとなってしまうだろう。 バレーボールで代表から漏れた人が、ビーチバレーに走りますが、ビーチバレーがメダルを取ったとしても、そう騒ぐ人は少ないと思う。 サッカーも、フットサルで例え優勝しても、サッカー程は騒がない。同様に女子レスリングでメダルを取っても、そう騒ぐことではなかったのです。

http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/olympic/1348891904/

★★★世界の超マイナー競技 女子レスリング★★★

1 :クーベルタン男爵さん:2012/09/29(土) 13:11:44.97 '12 世界選手権出場人数
48㌔級 16人
51㌔級 14人
55㌔級 17人
59㌔級 13人
63㌔級 19人
67㌔級 16人
72㌔級 16人

*地域・大陸予選なし
4 :クーベルタン男爵さん:2012/09/29(土) 15:09:56.22 2011年 レスリング世界選手権(女子)参加国数

ー48㌔ 38カ国
ー51㌔ 24カ国
ー55㌔ 41カ国
ー59㌔ 21カ国
ー63㌔ 45カ国
ー67㌔ 14カ国
ー72㌔ 31カ国

http://china7e.sakura.ne.jp/?p=1211


羽田空港の看板 オリンピックと日本女子レスリング
02_エレクトロニクス

上海-東京を往復する人は、見たことあると思うのですが、
羽田空港の出国ゲートを過ぎた所に、
「東京オリンピック誘致」の宣伝アピールの看板があります。
————————————————————
2013年9月7日、開催都市ついに決定!!
2020年オリンピック・パラリンピックを日本で!
————————————————————

先日も国際オリンピック委員会(IOC)選考委員が、
東京を視察に来てましたね。

安倍首相が
「より速く~、より高く~、より強く~」と
1964年の東京五輪に向けて作られた歌の一節を歌い、
テレビで何度も映像が流れました。

猪瀬東京都知事が「有明テニスの森公園」のテニスコートで
車いすテニスの国枝選手とラリーする「サプライズ演出」もありました。

しかし、
羽田空港の宣伝看板に起用されている女子レスリングの吉田選手と伊調選手は、
微妙な気持ちでこの報道を見ていたのではないでしょうか。
(ALSOK綜合警備保障のテレビCMでも有名ですよね)

ご存知のように、国際オリンピック委員会は2月12日、
「2020年五輪の中核競技から女子レスリングを除外」する理事会結果を公表しました。

2020年の五輪誘致の宣伝の主役自らが、
誘致できても晴れの舞台がなくなる・・・そんなショックな状況です。

日本のレスリング競技人口は約9000人。
米国やカナダ、ロシア、ウクライナも強く、競技人口は100万人以上。
とはいえ、男女比は8000対1だそうで、女子での人気は著しく低い。

世界的にはメジャーな競技とも言えるけれど、
欧州での人気はイマイチ・・・で、メジャーでないとも言える。
このあたりも大きく影響していると言われています。

考えようによっては、世界中で女子レスリング選手が出てきたら、
日本もメダルは取れなくなるかもしれない・・・。

判定がわかりにくいとか、いろんな指摘があると思いますが、
やはりマーケットニーズが商品を決めるのと同じ。

日本のお家芸と持ち上げられて、日本では人気が高いところは、
女子レスリングも日本の電機業界も似たような所があるようで、
どちらも「ガラパゴス問題」に直面しているのかもしれません。

他にも五輪から消えそうになる競技の協会は、
国際オリンピック委員会に対するロビー活動をして、
ルールの整備など国際標準化づくりにも力を入れていたそうです。
これも、日本が不得意な部分です。

羽田に着いた瞬間に、
このような考えがアレコレと去来しました。

五輪誘致には是非がんばって欲しいところです。
オリンピックの誘致活動でも競技でも、
「海外勢と揉まれて勝利を勝ち取る」
そういう成功体験を日本全体でもう一度手に入れたいと願っています。■

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2437-fee15ff5