江戸時代の暗部を描いたアニメ サムライチャンプルー 17話の アイヌエピソード




http://blog.livedoor.jp/catman7/archives/15493118.html




17話のサイドストーリー


Kazumi 「YOU~向日葵~」
Kazumi 「YOU~向日葵~」



17話(1stシーズンの最終話)を改めて見ていて、色々と発見がありました。エンディング曲がこの回はMinamiさんではなく、「Kazumi(produced by:MINMI)」の曲でした。そして、島歌や瞽女(ごぜ)歌のように、日本の伝統的な音楽も挿入歌になっているんですが。アイヌ音楽伝承者の安東ウメ子さんと、民族楽器のトンコリを演奏されるOKIさんによる『ベカンベ・ウク』という曲です。アイヌの民「オクル」が罪人として松前藩から追われるというストーリーの中で、疫病により故郷の人々が死に絶えてしまったという回想シーンで流れている「ほいや~あ ほい~」という曲です。この曲は安東ウメ子さんの アルバム「IHUNKE(イフンケ)」に収録されています。ところが、04年7月15日に大腸ガンで亡くなられたそうなんです。なので、04年9月28日にオンエアーされた17話のエンディングの最後に「Umeko ando. may her soul rest in peace.」といったお悔やみのメッセージがクレジットされています。「安東ウメ子さんの魂が安らかに眠れますように」といった意味かと。さすが、音楽に対する愛のある時代劇アニメです(TÅT)。
◎安東ウメ子さんとOKIさんの詳細は、こちらへ⇒ CHIKAR STUDIO
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2394-f45c5285