本性をさらけ出した読売新聞 違憲判断した憲法学者をパッシング 戦争を煽る異常な読売新聞

http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/302.html

103042.jpg


「すごく恐ろしい人が総理大臣になっていると思うの」ピーコさん
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/302.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 07 日 10:20:05: igsppGRN/E9PQ
   

 



「すごく恐ろしい人が総理大臣になっていると思うの」ピーコさん
http://ameblo.jp/takumiuna/entry-12035968201.html
June 07, 2015 かばさわ 洋平


「21世紀になれば戦争がない世界になると思っていたのにね」


なんだかこの言葉がぐさっと胸に突き刺さりました。ファッション評論家のピーコさんが戦争法案に関して、安倍政権に関して痛烈に批判しています。やがて徴兵制も出てくるだろうと。自分には関係ないしって思ってる人もいるかとは思いますが、やはり子どもや孫、未来世代へ多大な影響を与える問題です。今きちんと考えてNOの声を拡げましょう。



赤旗 6/7


すごく恐ろしい人が総理大臣になっていると思うの。安倍さんはよく「総合的に判断する」と答弁するけれど、判断するのはその時の政府で、今でいえば安倍さんでしょ。野党に痛いところを突かれれば感情的になり、やじまでとばし、国会を無視して自分の思い通りにしたい人が判断する。ファッショね。


中略


安倍さんの言う平和ってなんなんだろうね。「南シナ海で埋め立てしている国がある」なんて言って、まるで中国を名指しして、戦争したいと言ってるよう
なものじゃない。


私が生まれたのは敗戦の年の1月、横浜です。5月に空襲され、親たちが逃げ回って助かった。3歳くらいまでは焼け跡のバラックに住んでました。駐留軍もたくさんいたし、傷痍軍人はお金の無心をしていたし、友達の御父さんが戦病死したり、戦争未亡人も大勢いた。そういう時代だったわね。


今度の法案では自衛隊が弾薬まで提供できるようになっているでしょ。弾薬を製造しておおもうけしたい人たちがいるのよ。戦争の裏には金もうけがあり、もうける人たちは兵隊にはならない。まず戦争に行かされるのは若い人たちよ。


法案が通れば、自衛隊員から戦死者が出て、志願する人は少なくなるだろうから、やっぱり徴兵制が出てくると思う。防衛予算もどんどん増やして、ますます年よりのために税金を使わなくなるでしょうね。今だって、医療費を値上げしたりして、長生きさせないようにしているんだから。


私は「戦争反対」ときちんと言おうと思ってテレビやラジオの仕事をしてきたし、今もそう思っています。ただ、政治について話せる番組は、どんどん少なくなっています。


21世紀になれば戦争がない世界になると思っていたのにね。ずるずるとここまで来てしまったけれど、本当に今、私たち一人一人がきちんと考えてこの法案に反対しなければいけないと思います。


http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/284.html

悔しがる読売新聞、地団駄踏んで学者達が出した「違憲」を批判(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/284.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 6 月 06 日 22:46:44: EaaOcpw/cGfrA
   

 



http://31634308.at.webry.info/201506/article_6.html
2015/06/06 22:31

昨日、『負け惜しみの高村氏悔しがる「違憲」判断、勝手な解釈で合憲という防衛相』と書いた。当然、自公が推薦した憲法学者にまで、「違憲」と言われ、滑稽を通り越して、自公にとっては悲劇の事態だ。今は、いろいろ強がりを言っているが、ボクシングのボディブローのように、じわじわその効果が出て来る。3人が3人とも「違憲」と言ったことに意味がある。100%「違憲」と出た事実は決して消えないということだ。

この状態に政府、自公とも目論見が否定されたが、もう一つ悔しがっている機関がある。それは読売新聞社である。原発再稼働でも、他紙の主張と正反対な主張を行っているが、憲法においても、学者が違憲と言っているのに「違憲ではない」と主張する。憲法学者に「首をかしげたくなる」と不平たらたらである。政府がこんな失態を起こしたのは「人選ミス」と断じ、もっと緊張感を持って法案を通せと主張している。


読売新聞社説:集団的自衛権 限定容認は憲法違反ではない
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150605-OYT1T50136.html

昨年7月の政府見解で決着したはずの憲法問題が今、蒸し返されたことに違和感を覚える。

参考人の長谷部恭男早大教授は「従来の政府見解の基本的論理で説明がつかないし、法的安定性を大きく揺るがす」と述べた。首をかしげたくなる見解である。

看過できないのは、政府提出法案の内容を否定するような参考人を自民党が推薦し、混乱を招いたことだ。参考人の見識や持論を事前に点検しておくのは当然で、明らかな人選ミスである。
 法案審議は重要な局面を迎えている。政府・与党は、もっと緊張感を持って国会に臨むべきだ。

読売新聞以外の他の新聞社はどうかと言うと、憲法学者の違憲見解を支持し、政府は矛盾していて、もうゴリ押しはしない方がいいと述べている。その姿が、正常なマスコミの姿と思うのだが、読売新聞の主張は異様である。昔の読売は、ここまで酷く無かった。しかし、今や正常なマスコミとは言えない。その原因が老害のせいとすれば、それを読む読者は不幸の極みであり、他の国民も大迷惑である。


朝日新聞社説:「違憲」法制―崩れゆく論議の土台
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

 およそ法たり得ないものが国会で論議されているという根本的な指摘に、政府と与党は耳を傾けるべきだ。

 衆院憲法審査会で憲法学者3人がそろって「憲法違反」との見解を示した。ほかの多くの憲法学者や日本弁護士連合会も相次いで声明を出している。

 
 内閣の提出した法案が、国会の場で次々と「違憲」の烙印(らくいん)を押されるのは異常事態と言うほかない。もはや論議の土台が崩れつつあるのではないか。

 ところが、中谷防衛相ら政府側は「行政府による憲法解釈の裁量の範囲内」と言い切る。

 根源的な問いかけを無視し、なにごともなかったかのように国会審議を続けるとしたら、法治国家の体をなさない。



毎日新聞社説:安保転換を問う 「違憲法案」見解
http://mainichi.jp/opinion/news/20150606k0000m070164000c.html

 ◇根本的な矛盾あらわに

 集団的自衛権の行使は、憲法上「許されない」としてきた解釈を「許容される」へと逆転させる。こんな解釈改憲を認めれば、憲法の規範性は損なわれ、憲法に対する国民の信頼は失われかねない。安全保障関連法案がもつ根本的矛盾が改めて突きつけられたと言えよう。

小林節・慶応大名誉教授も「後方支援は日本の特殊概念で、戦場に後ろから参戦するだけだ」と語った。

 関連法案の根幹をなす集団的自衛権と後方支援の2分野で、重大な違憲の疑義が示された。与野党は、憲法との関係について、集中審議を開くなど徹底的に議論すべきだ。



東京新聞社説:安保法制審議 違憲でも押し通すのか
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015060602000141.html

 やはり憲法違反との疑いは免れない。集団的自衛権の行使を可能にする安全保障法制である。安倍内閣は憲法学者の指摘を重く受け止め、「違憲法案」を強引に成立させることがあってはならない。

長谷部氏ら三氏以外にも、全国の憲法学者二百人近くが法案に反対する声明を出している。

 政府は法案撤回に応じるか、せめて今国会成立は断念すべきだ。憲法学者の警告を無視し、国会での議論も尽くさず、「夏までに」という米国との約束を盾に、違憲法案の成立を急ぐべきではない。


信毎新聞社説:安保をただす 政府の法案 憲法違反の指摘は重い 06月06日(土)
http://www.shinmai.co.jp/news/20150606/KT150605ETI090007000.php

 そもそも今の憲法の下で許される法案なのか―。政府が今国会で成立を目指す安全保障関連法案には根本的な疑問がある。

 条文以前に問うべき点が専門家の指摘であらためて鮮明になった。衆院の憲法審査会に参考人として招かれた憲法学者がそろって法案を「憲法違反」と明言している。政府、与党は重く受け止めるべきだ。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2277-3b90c281