安倍と統一教会を通じて仲の良い北朝鮮以外は輸入前面禁止 日本全国の食品の放射能汚染データーを台湾が公開

201505161607547a6.jpg
201505161607562ba.jpg
20150516160758652.jpg
20150516191047bc7.jpg
2015051619104916d.jpg
20150516191050cff.jpg


http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-2591.html

香港と韓国を追記 「台湾の輸入日本食品測定値の生データが毎日出ていたとは」


台湾衛生福利部食品薬物管理署、日本産の放射性物質含有リスクが高い食品の検査は引き続き行われている旨公表
引用 2015(平成27)年2月5日
台湾衛生福利部食品薬物管理署は2月4日、日本産の放射性物質含有リスクが高い食品の検査は引き続き行われている旨公表した。概要は以下のとおり。
 同署は2011年3月26日から福島県、栃木県、茨城県、千葉県、群馬県の5県からの食品の輸入申請の受理を停止している。日本のその他の産地から輸入されるリスクの高い食品については放射性物質含有量の検査を行い、検査結果は同署のホームページ上で毎日公表している。同署の統計では、2011年から2014年までに放射性物質含有量の検査をした日本産食品は63,972ロットに達し、そのうち205ロットから微量の放射性物質が検出された。検出数が最も多いのは茶類であるが(茶類の約3.4%、全食品の約0.21%を占める)、その検出値は台湾の「食品中の放射性降下物又は放射能汚染基準」に適合しており、日本の基準にも適合している。

また各年度の検査結果の統計によると、放射性物質の検出率は減少傾向にある(検出ロット数は2011年が65ロット(検出率:0.38%)、2012年が75ロット(検出率:0.47%)、2013年が52ロット(検出率:0.37%)、2014年が13ロット(検出率:0.08%))。


同署は、放射性降下物又は放射能で汚染され、かつ基準値を超過した食品は輸入してはならないと食品安全衛生管理法で明確に規定されている旨再度強調した。同署は今後も引き続き日本産のリスクの高い食品に対して放射性物質の検査を行っていく。




台湾

台湾2


ヨウ素131の365Kevのところを示している

こんなところにデータがあった



最新食品輻射監測專區

毎日調べて更新しているようだ


台湾3

2015年5月14日は89検体調べて、出たら、測定値とともに公表


最初の頃の


台湾4


台湾までヨウ素入り食品が輸出というか流通していたのには驚きだ。

(2011年には知っていたがもうすっかり忘れていた、この台湾のHPもどこへ行ったやらで再検索だったが)


包装されているものまでが微量汚染となっているのにも、


大大大 ビックリ!!!



中は飛ばして


台湾5


いまは209点の検出ということだろう。

全体にお茶が多いようだ、それと水産物、あとは加工食品、翻訳がうまくいけばおもしろい食品測定値が分かると思うが、

お茶は出るのが当然だろう。


測定するのに産地がおかしいことに気がついたので日本のでたらめを指摘したのだろう


台湾輸入規制強化で影響懸念
引用 NHK 05月16日 13時39分
台湾の当局が、日本から輸入食品に関する規制を強化したことを受けて、全国有数の茶の産地、静岡県でも輸出を行う問屋などから影響を懸念する声が出ています。
台湾では、ことし3月、福島第一原発の事故のあと、輸入を停止している福島など日本の5つの県からの食品が流通していたことがわかり、台湾の当局が15日から規制を強化しています。
具体的には、日本からのすべての輸入食品に都道府県ごとの産地証明の添付を義務づけるとともに、茶などについては、静岡県などで放射性物質の検査を義務づけるとしています。
こうしたことを受けて、茶を台湾に輸出している県内の問屋でも新茶のシーズンを迎えるなか、影響を懸念する声が出ています。
このうち、掛川市の茶の問屋は、台湾への茶の輸出をおよそ10年前から行っていますが、規制が強化され、これまでは必要のなかった検査結果の書類をそろえるなどの対応に追われています。
この問屋では、台湾が求める書類をすべてそろえたうえでこれまでどおり輸出を続ける方針です。
茶問屋の海外事業部の橋本尚之部長は「輸出した茶の現地での審査がどの程度で終わるのかが分からないのも懸念のひとつです。輸出は今までどおり続けられると思いますが、国どうしでよく協議をして早急に解決策を見つけてほしいです」と話していました。
台湾の輸入規制の強化をめぐっては、日本側は「科学的根拠がない」として撤回を求めており、意見が対立しています。

-----------------------

不思議にも静岡産掛川茶などの頂き物があったので新茶の測定を開始だ、出るかな?


高濃度が減ってじわじわと微量汚染が続いて気が付いたら、


松戸市の甲状腺検査


今日はこれを千葉のヨウ素汚染からの続きで書くはずが、台湾問題になった、データを発見したのでよかった。

あるならきちんとデータと共にマスコミは発表して教えてくれるべきなのだが、当てにならない。

朝日の動画を持って来ようとしたらなかった、知らせたくないのだろう

----------------------------------------------------------------------------------


ついでながら香港も調べたら、あった、台湾の方が詳しい、お茶が多い

核事故与食物安全
香港



韓国は2011年から2013年までの検査で不検出で止まっているようだ、検出限界がわからんが

輸入食品監視結果
引用
韓国不検出


さらにさらにターゲットにされている静岡県のお茶

農畜水産物の放射性物質検査について
引用
静岡茶

乾しいたけは、5.7倍に水戻しをしたものに、
茶は、30倍量の重量の熱水(90℃)で60秒間浸出し、40メッシュ相当のふるい等でろ過した浸出液に、


これを見ると万全の鉄壁の体制で「しいたけはもういい、しかし、お茶は絶対に出すな」の意気込みが感じられる。

台湾の測定値でバレバレだが


さて、新茶は出るのか?
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2201-f238189e