江戸時代、武家は非人を組織して、隠密や死刑執行人などの”汚れ役”の一切をやらせました。 そのせいか、いまでも被差別部落でヤクザがやたら多い地域があるようです。 非人は掟で縛られ、武士の手先となって百姓を締め上げ、百姓の怨みを引き受けてきたのでした。 いまでも、大企業は”汚れ役”をヤクザにやらせて、自分たちは暴利を貪っています。 日本という国の…薄汚い生々しい現実… それにしても、日本の支配層はヤクザをビジネスパートナーにしていて、ヤクザはヤクザで堂々事務所を構えて市民権を得ている…これ、ほんとうに”犯罪組織”なんでしょうかね?…












http://ameblo.jp/shyusui/entry-12026670984.html

貴族とヤクザと虎の爪
2015-05-14 21:37:20
テーマ:日蒙開拓団

江戸時代、武家は非人を組織して、隠密や死刑執行人などの”汚れ役”の一切をやらせました。

そのせいか、いまでも被差別部落でヤクザがやたら多い地域があるようです。


非人は掟で縛られ、武士の手先となって百姓を締め上げ、百姓の怨みを引き受けてきたのでした。


いまでも、大企業は”汚れ役”をヤクザにやらせて、自分たちは暴利を貪っています。


日本という国の…薄汚い生々しい現実…


それにしても、日本の支配層はヤクザをビジネスパートナーにしていて、ヤクザはヤクザで堂々事務所を構えて市民権を得ている…これ、ほんとうに”犯罪組織”なんでしょうかね?…

しかし、そういうことで「暴対法」などでヤクザを締め上げております…


日本という国が法治国家なんかではないヤクザ国家だと理解すれば不思議でもなんでもありません。

国民が新聞やテレビをみて、「日本は民主国家」などと”お花畑”にも信じ込んでいただけのことでしょう。


つまり、日本は法ではなく、暴力で統治されている…

勝ち組のヤクザが貴族であり、負け組のヤクザが”汚れ役”を引き受ける被差別ヤクザなんです…


そもそも武士とは、”足軽”と呼ばれた強盗殺人集団で、犬や通行人をつかまえては矢の的にして練習していたという鬼畜集団…

貴族はそれを利用して、警備や隠密をやらせ、人民統治もさせていたが、いつのまにか武家の方が貴族より強くなってしまって武士の時代がやってきた…

その武士も、人民統治のときには自分たちに人民の怨みが向かわないように非人たちを使ったというわけですが、やはり、この被差別者のなかから”立身出世”してくる者たちがやはりいるんですね…


日本の歴史は、そうした”下剋上”の繰り返しだったわけです…


だから、いまのヤクザもいずれは、どこかが”立身出世”して、晴れて貴族になっていくのですよ…


多くの王朝が、有能な家臣に乗っ取られたり、倒されたりしてきたように、いまの日本の支配層も、いつ立場が逆転して、いまのヤクザの前に屈して、靴にキスをしなければならないときが、こないとも限らない。

だから、ヤクザをいつも締め上げておく必要があるのですね…


『キツネが虎に従うのは、虎に爪があるからだ』(韓非子)


支配層はカネでヤクザを雇いますが、”虎の爪”をもっていなければ、ヤクザに喰われてしまいます。

それで、警察を使い、法律で締め上げて、逆らえないようにしているわけです。

ビジネスパートナーですから、ヤクザを消滅させることはしないのですね…


ヤクザのおかげで、人民の憎悪はヤクザに向き、警察をヒーローのようにもてはやすようになります。


けっきょく、ひつじ国民は自分たちを追う番犬に憎悪を向けて、その番犬をけしかけている張本人には尻尾を振るわけです…

…この…なんと…おまぬけな図なのでしょうか…


ヤクザとの”共存共栄”…

これが、日本の支配の仕組みってわけです…


さて、ついでにもうひとつ…

ルネッサンス期のイタリアでは、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロが活躍しました。

壊れた彫像の修理にミケランジェロがボルジア家に呼ばれました…


チェーザレは、まだミケランジェロと面識がなく、唐突の出会いとあいなります…


ピサの祭りで、カラクリ細工に興味津々だったチェーザレは、ここでもミケランジェロの仕事に興味津々…

質問しては感心することしきり…ミケランジェロも得意になって話します…


職人は、”無”から人間の使うものすべてを作り出す…

そこへいくと貴族なんて、なんにもできない!…とミケランジェロ…ちょっと、むっとするチェーザレ…

しかし、優秀な人間に囲まれて、切磋琢磨されて育ってきたチェーザレは、優秀な人間の扱い方を知っているんですね…

優秀な人間ほど気位も高く、扱いにくいもの…しかし、自分より優秀な家臣と仕事ができなければ、優秀なリーダーではないのですね…

『金持ち父さん』も、「自分より優秀な人間と仕事をするのが資本家だ」と言ってましたが、チェーザレもそこは心得ているわけです。


怒るどころか、気前よく褒美を与える…ですが、これが貴族のディスプレイなんですよね…

ヤクザの親分さんも、ポンとカネを出して、カネ払いのよさを見せつけたりしますが…

こういうところをみると、やっぱり似てますね~…貴族とヤクザって…
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2188-9ccf0bfb