英国一家、日本を食べる

力士サイズになる料理

※ここでは再生出来ません
ひまわり動画で視聴してください



http://aganism.com/sumou/taishibou-rikisi-bod-pod/

力士の体脂肪率と筋肉ってどうなってるの?大相撲で活躍する関取の強さの秘密とは

公開日: 2015/02/16 : 最終更新日:2015/04/16 相撲 体脂肪率, 力士, 大相撲, 筋肉, 肥満

terao大相撲力士の強さを測る目安となるものに体格(形態)があります。

他の多くの競技のように体格によるクラスわけが存在せず、無差別級である大相撲においては、体の大きさは勝利に結びつく重要なファクターとなります。
とりわけ体重は増やしたほうが良いというのが大相撲の通例です。

その主な理由としては、

力士にとってけっして広くはない土俵上で、立ち合いに当たり負けして吹っ飛ばされないように
投げ技をくらって腰が浮かないように
押し出されたり寄り切られないように

などでしょう。
画像引用元:相撲茶屋 寺尾

一見やや受け身な理由から体重は増やすものと捉えられがちですが、体の大きさは前へ出るパワーとも密接に関係していることがわかっています。たとえ脂肪のみであったとしても前へ出るパワー=圧力はかけられます。

肥ることは力士にとって大切な仕事なんですね。
tyanj

じゃあ、とりあえず食べまくって脂肪だけ増やせばいいのかっていうとそんなわけはなく、力負けしないように筋力も十分に備えていなければなりません。

「力士ってのはほとんど筋肉の塊で体脂肪はすごい低いらしいよ」

今回はそう言われる理由について書いてみようと思います。

目次 [閉じる]

1 力士の体型
1.1 あんこ型
1.2 ソップ型
2 日本相撲協会診療所による体脂肪率測定
2.1 力士の除脂肪体重と筋肉がすごい

SPONSORED LINK
力士の体型

ちょっと相撲が好きな人ならば聞いたことがあると思いますが、力士の体型は角界独特の言い回しで「あんこ型」「ソップ型」と大きく二つに分けて語られます。
あんこ型

terukunimanzou
写真引用元:BOOK asahi.com

写真は典型的なあんこ型と言われた三十八代横綱、照國萬蔵です。
まるまるとしたお腹が、魚のアンコウに似ているためにそう呼ばれます。太り方の程度によっては中あんこ、筋肉質なあんこ型を硬太りあんこなどと呼んだりもします。相手を腹に乗せることができるのもあんこ型の特徴ですね。

過剰な皮下脂肪を蓄えたあんこ型は運動機能の低下をもたらすとされ、近代相撲では通用し難くなっていると言われています。足への負担が大きくなることが主な理由として挙げられます。
しかし、昭和の大横綱である北の湖は、あんこ型であるにも関わらず「憎らしいほど強い」と言われ、強靭な下半身に加え、スピードもありました。これは、脂肪が一定の割合を超えなければ、パワーとスピードを維持できることを物語っています。
ソップ型

musasiyama
写真引用元:とうよこ沿線

写真は三十三代横綱である武蔵山武。
あんこ型に対して、細身で筋肉質な力士をソップ型と呼びます。鶏ガラ出汁のちゃんこを「ソップ炊き」と言いますが、この鶏ガラのように痩せているということから連想されたものであると言われています。
ソップ型に定義があるわけではないので、みる人によってはソップ、ソップじゃないと意見が分かれることもあります。まあ、通常は横綱に対してソップ型とはあまり言いません。

怪力、俊敏、豪快、技巧派など、ソップ型が大相撲で生き残るだけのことはある、と思わせる何らかの特徴を備えているのが常であり、気迫あふれる力士も多いことから、土俵を沸かせる立役者となることもあります。

昨年(2014年)引退したチェコ出身の隆の山は身長185センチ、体重は91キロであったことからソップ型の典型と言われました。

日本相撲協会診療所が実施した体脂肪率測定では8.7%を記録したことでも有名です。
日本相撲協会診療所による体脂肪率測定

写真は日本大相撲協会の公式ツイッターのものです。1年以上前のものになりますが、力士の体脂肪測定方法が未来的!と話題になりました。

カプセル様の密閉空間に入り、空気の圧力変化から体脂肪率を測定するという、「空気置換法」に基づいて作られたBOD PODと呼ばれるものです。からだの体積を測定して、体密度を求めることで体脂肪率を測るんですね。

平成11年から常設されているようで、現在までにのべ 2300 名の力士の体脂肪率を測定したといいます。

この測定によって、

体脂肪率
体脂肪量
除脂肪体重

が、わかります。※大変高価なものらしく、一般人向けに測定してくれるところはおそらくないと思われます。

この機器を使って慶應義塾大学スポーツ医学センターが幕内力士25名の体脂肪率測定を行った結果では、平均体脂肪率は32.5%でした。
幕内力士での1位は日馬富士23%で、2位が松鳳山の24%、次いで妙技龍25%でした。白鵬は29%。体脂肪率が高かったのは、1位 碧山39% 2位 魁聖 38.9% 3位 舛ノ山 38%。
力士の除脂肪体重と筋肉がすごい

興味深いのは除脂肪体重の数値です。平均体重161.2kgに対して脂肪を除いた体重は108.3kg。3人の横綱に至っては、入門時からの除脂肪体重が35~45kgも増加しているという、常識では考えられないような驚愕の数値をたたき出しています。

上位力士と下位力士に身長差がさほど見られないのに対し、体重の差は歴然であることは見た目からもすぐにわかると思います。しかしそれは単純に脂肪が増えたからというものではなく、骨格筋や内臓諸器官の著しい発達によるものでもあることがうかがい知れます。上位力士と下位力士では、体脂肪率に大きな差はみられず、除脂肪体重にこそ大きな差がみられるのです。

「お相撲さんの体は筋肉の塊!」と言われる理由はこのあたりにあるのでしょう。好角家が「体が出来上がっている」という言葉を口にすることがありますが、これは脂肪以外にも体幹部や四肢の周径を見てるんですね。

隆の里_ポパイ-minポパイと呼ばれた隆の里の凄まじい僧帽筋

話題の逸ノ城は力士としてとても恵まれた体格をしていますが、強さの秘密は太ももにあると言われています。
しかもただ脂肪により太いのではなく、ハムストリング(太ももの裏の筋肉)の発達が抜きん出ています。これは競輪選手を彷彿とさせるものです。

一般成人男性の胴以上(97㎝)もある太ももが筋肉の塊なのですから、恐れ入ります…。
iti
力士にとって体が大きいことは利点となりますが、それだけでは上位に食い込むことはできません。脂肪もさることながら強靭な筋肉も手に入れなければならないわけですね。

だらしなく肥満している一般の人とは全く異なる特殊な形態と機能を持った超人、それが力士なのです。

http://www.futoru.com/article/14834304.html

日本で唯一、何百年もかけて太る方法を築き上げた集団は相撲部屋

こんにちは^^;。
最近私は大相撲関係の本にはまっちゃってますf^^;。
やはり、『太ること・身体を大きくすることも仕事のひとつ』としている力士の生活は参考になることが多いです^^;。何せ、ほぼ100%身体を大きくしている集団ですからね^^;。

しかし痩せている人が力士と同じようにすれば太るかというと、そんなうまい具合にはゆきません^^;。
ストレッチや酵素摂取と組み合わせながら、運動後の食事するタイミング、昼寝するタイミングなどを取り入れてゆけばいいのです^^;。

ではまず力士の1日を覗いてみましょう^^;。
これらは、大相撲関係の本に書かれていた内容を要約したものです^^;。


力士の生活^^;

朝稽古・・・・・・・・・・・・・朝食抜きの激しい稽古を2時間半~3時間

風呂・・・・・・・・・・・・・・稽古後に入る

朝・昼兼用の食事・・・・・・・・11時ごろより、ちゃんこ鍋を食べる

昼寝・・・・・・・・・・・・・・13時~16時くらいまで

夕食・・・・・・・・・・・・・・17時~18時ごろ。夕食は軽めに食べるらしい。

就寝・・・・・・・・・・・・・・・朝が早い取的たち(付け人)は、21時頃には寝る


相撲部屋が築きあげた太る食事法のポイント

* 1日3食よりも、2食のほうが確実に太る
* 極めて栄養のバランスがよいちゃんこ鍋を食べる(肉・魚・野菜)
* 稽古の後に熟睡することで、成長ホルモンの分泌が促され、身体の発達に効果がある
* 力士の摂取カロリーは、1日約7.000キロカロリー


前回のある健康番組で、『飢餓スイッチ』の原理をうまく利用したのが相撲部屋の食生活とやっていましたが、それはどういうことかというと、

* 空腹を我慢し続けると、食料にありつけないと脳が判断し、生存のためカラダにエネルギーを備蓄するモードに切り替える。

* すると、脂肪細胞が脂肪を溜めようと活発化し、その状態になってから食べたモノの栄養は、なんと脂肪細胞が優先的に溜め込んでしまう。

* 空腹が長引くほど、脂肪を溜める身体になると考えられている。


この原理はどこかで聞いたことのあるような話ですがf^^;、どこかのホームページの『ステップ1食事法』に酷似していますよねf^^;。
私も健康番組はよく参考にさせて頂いてますが、まさかあるあるの企画担当・スタッフの方が、『究極の太る方法』を参考になさってるってことはないですよねf^^;?これまで何度もピーンとくる時があったのですがf^^;・・。

冗談はさておき^^;、まぁ、『3食のほうが私には合います』という方もいらっしゃいますし、これは人それぞれだと思うのですが、歴史ある相撲部屋の太る方法は、一度は一定期間やってみる価値はあると思います^^;。

ただ運動もせずにこれらを真似しても、痩せている人にはあまり効果はないでしょう^^;。
朝から身体を鍛えながら、1日2食・栄養のバランスを考えた食事・そしてお昼寝(成長ホルモンの分泌)、この3つを健康的に太る方法として一度チャレンジしてみてください^^;。


※ これで効果があった方はお便りください^^;。今後の参考にさせて頂きます^^;。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93%E9%8D%8B

ちゃんこ鍋
曖昧さ回避 「ちゃんこ」はこの項目へ転送されています。その他の「ちゃんこ」については「ちゃんこ (曖昧さ回避)」をご覧ください。
ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋(ちゃんこなべ)とは、大相撲における独特の鍋料理[1]。

目次

1 概要
2 調理法
3 起源
4 語源
5 ちゃんこに由来する言葉
6 脚注
7 参考文献
8 関連項目
9 外部リンク

概要

「ちゃんこ」とは本来、相撲部屋において力士(ちゃんこ番)の作る手料理をすべて指すが[2][3][4]、その中でも特に広く知られているのが、このちゃんこ鍋である。

明治末、横綱常陸山谷右エ門以降、相撲部屋で鍋料理が広く取り入れられ、鍋料理は相撲部屋の食事の代名詞となっていった(ただし、常陸山以前にも力士が鍋料理を食べることがまったく無かったわけではない[5]。江戸時代までの力士の食生活については記録がなく、明らかではない[4])。一度に簡易かつ大量に調理できるうえに栄養のバランスが良く、材料を加熱しているために伝染病や寄生虫などの心配も少なく、鍋を囲むことで連帯感も生まれるため、力士の食事に適している[4]。町の料理屋で食べられるちゃんこ鍋は、相撲部屋の伝統の鍋料理を引退した力士が一般向けに提供し、広まっていったものである[6]。相撲部屋では1種類の鍋だけが食べられているわけではなく、ちり鍋やソップ炊きなどさまざまな種類や味付けの鍋料理が作られている。それら相撲部屋で作られる種類の鍋をまとめて「ちゃんこ鍋」という。一般向けに出されているものは寄せ鍋風が多く、魚も肉も一緒に入るものがあるが、相撲部屋で作られる鍋料理には本来、魚と肉を一緒に入れる鍋は無い[6]。昭和40年代の角界において褌担ぎの力士は大抵、ちゃんこの残り汁と漬物だけで米を掻き込んだといい、蔵間竜也の著書によると新弟子時代に米すら残っておらず煎餅で空腹を紛らわせていたところ、兄弟子に「煎餅を食べるならチャンコを食べろ」と注意されたそうであり、この時代においていかにちゃんこが重要視されていたかがうかがえる[7]。

力士は食べることも仕事のうちや稽古のうちとされ、相撲部屋において食事の場であるちゃんこ場は、稽古場の次に大事な場所とされる[8]。ほとんどの相撲部屋において、ちゃんこ場は稽古場の隣に存在する[8][9]。角界には「ちゃんこの味が染みる」という言葉があり、これは入門した新米力士が稽古に励み、精神的にも肉体的にも相撲界に馴染んできた様子を表している[10]。力士が力をつけてくると、「ちゃんこの味が染みてきたな」というのが褒め言葉になっている[11]。また、元横綱・初代若乃花の二子山親方の口癖は「おまえら、まだちゃんこの味が染みていないな」だったといい、力士が強くなるのは稽古とちゃんこの2つだとされている[12]。

相撲部屋ではちゃんこ長の下、ちゃんこ番の力士が作る。ちゃんこ番は大きな部屋では3-4人の班を作っての交代制であるが、小さな部屋では全員で作ることもある[13]。普通は各部屋とも幕下以下の力士の3-4人編成でちゃんこ番が決まっており、稽古に支障が出ないように日替わりで担当する[14][15]。ちゃんこ番は、相撲教習所を卒業したばかりの新米の部屋力士が担当することもある[16]。幕下以下の古株の力士がちゃんこ長をつとめ、献立の決定や買い出し、調理および給仕を取り仕切る[13]。ちゃんこ番は自分の稽古が終わると台所に入り、関取が稽古を続けている間に調理をする[14]。ちゃんこ番として料理の腕を磨いておくと、引退や廃業した後にその腕を活かし、ちゃんこ料理屋を開業する道が開けるとされる[14]。

外国人力士は得てしてちゃんこに馴染めない傾向があり、初の外国人力士である元関脇・高見山大五郎などはケチャップをかけることでようやく問題なく食することができるようになったという。ブルガリア出身の元大関琴欧洲もなかなか米に対応できず、ヨーグルトやチーズをかけて食したと伝わっている。ちゃんこに馴染んだ外国人力士であっても相撲の常識を覆す食べ方をする者が多く、横綱昇進後の朝青龍は自身の希望で部屋の食事に馬乳入りちゃんこを用意させたことがあり、若い衆は同じメニューを食するのに手を焼いたという。

ちゃんこ鍋は増量を行うための料理でもあるが、それ自体が肥満の原因になるのではない。力士の体重が増えるのは、あくまでも空腹で稽古をした後にちゃんこ鍋をスープ代わりにたらふく食べて即、昼寝をする生活が原因なのである。鍋自体には野菜やきのこ類、豆腐、肉魚がバランスよく入り、煮込んでいるために消化が良く、身体も温まって代謝も上がる。このように、ちゃんこ鍋は料理として健康的なメニューと言える[17]。
調理法

ちゃんこ鍋の味としては、ちり鍋風のものと寄せ鍋風のものの二つの系統があるとされる[1]。また、水炊き(ちり鍋)、だし汁あるいはスープ炊き(鶏のそっぷ炊きなど)、塩炊き(寄せ鍋系)、味噌炊き(牡蠣の土手鍋など)の4系統に分類される事もある[18]。

相撲部屋においては魚系のちゃんこ鍋では8割方がちり鍋で[19]、鶏のそっぷ炊きも相撲部屋でよく食べられる鍋料理である[20]。

大横綱大鵬はちゃんこの基本はそっぷ炊きだと言い、鶏のそっぷ炊きは一例では鶏がらを煮込んでスープを作り、鶏のモモ肉と玉ねぎを入れ、醤油、砂糖、酒で甘めに味をつける。鶏肉と玉ねぎが煮えたら野菜類と油揚げなどを入れる[21]。

相撲部屋では毎日のように鍋を食べるが、日毎に材料も代わり、味付けも様々あるので飽きることはないという[22]。ちゃんこ場では野菜は手でちぎって入れ、肉や魚も大まかに切り、ドバっと入れ豪快に作るのが相撲界ならではという[23][24]。

人間と同じように二本脚で立つ鶏から縁起を担ぐ意味で、肉は鶏が最も多く用いられている。古くは「四つん這い」=「手をついて負け」という連想から、牛や豚などの四足動物の肉を使うことは避けていたが、昭和40年頃からはこれら食材もよく使われるようになった[4]。
起源

明治末以前には力士の食事は一人一人に膳が配られていたが、明治42年の旧両国国技館完成の頃[4]、名横綱常陸山の人気で出羽海部屋への入門者が一気に増えて一人一人に膳を配っていてはとても間に合わなくなったので、その常陸山により、一つの鍋を皆で囲んで食べる形式が考え出された。それ以降相撲界では鍋料理が定番として定着している[8]。
語源

「ちゃんこ」の語源には以下のように諸説ある。

江戸時代初期に中国から長崎に伝来した鍋[27]の唐音あるいは転訛であるとする説[2][4]。当時、長崎へ巡業した職業力士が大鍋料理を「チャンコ」と称したというもの[4]。
中国を指すチャンと、中国語で「鍋」を指すのコ(クオ)が組み合わさったもの。中華鍋の意[28]
座人屋敷の中国人を意味するとの説[2]
父さん・爺さんを意味する「ちゃん」に「こ」が付けられたものであるとする説[2]。かつて若い力士が、炊事番のおじさんを親しみを込めて「チャン」と呼んでいたのが、いつからか「チャンコ」になっていたというもの[25]。
父ちゃん、おっちゃんなどの「ちゃん」に、東北方言の語末に付く「こ」が付けられたものであるとする説[4]。
常陸山は料理番をしていた古参力士を親しみを含め「父公(ちゃんこう)」と呼んでいた事が伝えられている[29]。相撲甚句の歌詞にも「昔、料理の番長は/ロートル力士の受け持ちで/禿げた頭の鉢巻が/鳥や魚を調理する/若い力士がそれを見て/田舎の父ちゃん偲びつつ/父ちゃん詰めてちゃんと呼ぶ/力士の作る手料理が/何時の間にやらちゃんことなる」とある[要ページ番号]。

ちゃんこに由来する言葉

力士の体形を指す用語「ソップ型」は、ちゃんこ料理に由来する。ちゃんこのソップ(スープ)をとるのに用いる鶏ガラに似た、細く引き締まった体形のことである[4][30]。
脚注

^ a b 『料理食材大事典』主婦の友社 p.527 1996年
^ a b c d e 岡田哲著『たべもの起源事典』東京堂出版 p.347 2003年
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、pp.15
^ a b c d e f g h i j 窪寺紘一(1992) 162-164頁
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、pp.20-21
^ a b 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、pp.17-19
^ 蔵馬竜也『大相撲を101倍楽しむ法』(1991年、勁文社)
^ a b c 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.18
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、p.33
^ 金指基(2002) 212頁
^ 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.137
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、p.36
^ a b 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.20
^ a b c 澤田一矢(2001) 123-124頁
^ 金指基(2002) 211-212頁
^ 和歌森太郎 『相撲今むかし』 隅田川文庫、2003年、126-127頁。ISBN 4-434-03261-5。
^ ちゃんこ鍋 太りそうなイメージは大きな誤解と相撲通が力説 2015年1月20日 7時0分 NEWSポストセブン
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、pp.61-63
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、p.61
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、p.26
^ 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.30
^ 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.50
^ 山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年、p.23
^ 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.46
^ a b 澤田一矢(2001) 123頁
^ 金指基(2002) 211頁
^ 鍋の名称については、資料によって「サンコ鍋」[2]、「鏟鍋【チャングォ】」[4]、「チャンクオ」[25]、「砂(沙)鍋【シャーコオ】」[26]とまちまちである。
^ 半藤一利 『大相撲こてんごてん』 ベースボール・マガジン社、1991年、162頁。ISBN 4-583-02896-2。
^ 琴剣淳弥 著『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 、p.14
^ 金指基(2002) 191-192頁

参考文献

琴剣淳弥 『琴剣の「ちゃんこ道場」』 ベースボール・マガジン社 2003年 ISBN 4-583-03780-5

著者は漫画家でちゃんこ料理店経営者でもある元力士の琴剣、本名宮田登。

山本保彦 著『ちゃんこ風土記』スポーツニッポン新聞社出版局、1976年
窪寺紘一、1992、『日本相撲大鑑』、新人物往来社 ISBN 4-404-01928-9
澤田一矢、2001、『新装版 大相撲の事典』、廣済堂 ISBN 4-490-10552-5
金指基、2002、『相撲大事典』、現代書館 ISBN 4-7684-7051-3

関連項目

ちゃんこ番
ちり鍋
寄せ鍋

外部リンク

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93%E7%95%AA

ちゃんこ番
Edit-find-replace.svg
この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2014年4月)

ちゃんこ番とは、相撲力士が食べる食事を作る当番のこと。

ちゃんことは、相撲力士の食事全般を指す。相撲部屋では一度に大量の食事を作りやすいことから鍋料理を食べる場合が多く、それが広く知れ渡ったのがちゃんこ鍋であるが、相撲の世界では鍋料理以外の食事についても全て「ちゃんこ」と呼ぶ。

相撲部屋でのちゃんこ番は、主に幕下以下の力士が交代で行う。この経験が長い者がちゃんこ長として後輩達の指導をしたりもする。そのため相撲界では、料理がうまいやつは出世できないとも言われている。これは正確には、関取になれずに長く幕下以下でちゃんこ番を務めているうちに料理が上手くなって行くことを表したものであり、結果として出世できない者に料理がうまい者が多くなるという意味である。長くちゃんこ長を務めた力士の中には、相撲部屋で身に付けた調理の技術を活かして、力士引退後にちゃんこ料理屋を開業する者も少なくない。その多くは関取に昇進できなかった力士であるが、中には花田勝などのように順調に出世を重ねて関取になった者もいる。また、そのような関取が引退後に親方になった場合には、所属部屋で弟子達にちゃんこ番指導も兼ねて腕を振るうことも多い[要検証 – ノート] 。

ちゃんこ番の仕事は朝の買い出しから始まり、食事が出来上がるには昼までかかるため、ちゃんこ番を勤める日は稽古を休むことが認められている。そのため、幕下以下の力士たちの中には「ちゃんこ番の日は堂々と稽古を休めるから嬉しい」と言う者も少なくないという(無論、そのように稽古に不熱心な者がなかなか出世できないのは当然とも言える)。一方、特に稽古熱心で将来を期待されている力士の場合、敢えてちゃんこ番に回さず稽古に専念させることもある。ちゃんこ番免除を適用されていた力士として有名な者に保志信芳(後の横綱北勝海)がおり、当時これを知らずにちゃんこ番をさせた者が千代の富士に怒られたことがある[要検証 – ノート]

http://matome.naver.jp/odai/2135813608481243601

相撲部屋別“名物ちゃんこ鍋”【レシピ有】

ちゃんこ鍋の味としては、ちり鍋風のものと寄せ鍋風のものの二つの系統があるとされているらしいですが、各相撲部屋によって様々な味があります。伝統の味・斬新な味・稽古後の濃い塩味・味噌味・さっぱり系・キムチ味・トマト味なんかも。そこで有名な名物ちゃんこをまとめました。

更新日: 2015年05月02日

[tainoyoさん] tainoyoさん

1707 お気に入り 562434 view
お気に入り追加

ちゃんこ鍋とは

"ちゃんこ鍋(ちゃんこなべ)とは、大相撲における独特の鍋料理。「ちゃんこ」とは、本来、力士(ちゃんこ番)の作る手料理をすべて指す。"

出典ちゃんこ鍋 - Wikipedia

■玉ノ井部屋

塩ちゃんこ

出典www.tamanoi.com

塩ちゃんこ

■鶏ガラスープ(土鍋6分程を目安に)
■鳥モモ肉/300g~400g
■ベーコン/200g
■ウィンナー/200g
■白菜/1玉
■えのき/一袋(量はお好みで)
■しいたけ/一袋(量はお好みで)
■ニラ/一束
■にんにく/生で2~3ヶ
■塩少々(粒の細かい塩がおススメ)

"サッパリとした口当たりでご飯とも良く合うんです♪塩とにんにくの味と、煮込んで少し白菜の甘味の出た汁がなんとも温かく五臓六腑に染みわたります。"

出典Tシャツ屋ドットコム | ちゃんこレシピ|塩ちゃんこ鍋

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20130114/13/1085203/5/150x113xaa217e7b25bfffda4bf2c189.jpg

詳細は▼
http://www.t-shirt-ya.com/tamanoi/chanko.jsp

■貴乃花部屋

貴乃花部屋のちゃんこ鍋

出典ameblo.jp

貴乃花部屋のちゃんこ鍋

■材料■
白菜・長ネギ・ささがきゴボウ・水菜・きのこ・豚バラ薄切り・厚揚げ・切り餅
〈肉だんご〉豚挽肉(150g)・鶏挽肉(150g)・長ネギみじん切(1本分)・白ゴマ(適宜)・卵黄(1個分)・片栗粉(大3)・酒(大2)・醤油(大2)・ごま油(小2)
〈スープ〉だし汁(5カップ)・酒(大3)・みりん(大2)・醤油(大2)・塩(小2)
〈トッピング〉すりゴマ

"鶏挽肉と豚挽肉を合わせる肉だんごがポイントだそうで、鶏と豚を合わせて使ったことがなかったので新鮮な感じがしました。"

出典[育たま]貴乃花部屋のちゃんこ鍋

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20130114/13/1085203/9/132x176xf9f3f54f2bef4043d2194505.jpg

詳細は▼
http://www.ikutama.jp/archives/000932.html

■高砂部屋

ソップ炊き

出典blog.goo.ne.jp

ソップ炊き

材料(約20人分)

●鳥もも肉 3kg ●鳥もつ(玉ひも入り) 500g ●大根 1/2本 ●人参 3本
●しいたけ 2袋 ●ゴボウ 2本 ●玉ねぎ 5個 ●長ネギ 3本
●えのき 2袋 ●厚揚げ 2枚 ●鳥ガラ 3羽 ●こんにゃく 2枚
●キャベツ 2個 ●ニラ 3束 ●ぜんまい 1袋 ●調味料 醤油(薄口・濃口)、砂糖、酒

"鳥ガラでしっかりダシを取るのがおいしく食べる秘訣です。うどんもよく合います。"

出典チャンコの作り方教室

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20130114/13/1085203/16/200x150x876ac9d176a40a8e4e925df0.jpg

詳細は▼
http://www2s.biglobe.ne.jp/~wakamatu/tisiki/soppu.html

■時津風部屋

鶏肉の塩炊きちゃんこ鍋

出典smap.blog.eonet.jp

鶏肉の塩炊きちゃんこ鍋

・スープ
・鶏だんご
・鶏肉
・大根(スライス)
・人参(スライス)
・ささがきごぼう
・うすあげ
・うどん
・すり胡麻
・柚子胡椒

"たっぷりの鶏だんごと鶏肉が決め手の塩ちゃんこ。炊くほどに鶏の旨味が増す、名門部屋の本格派。時津風親方…談 「このスープとだんごは後援会の方々にも好評です」"

出典時津風部屋の名物ちゃんこは? - Yahoo!知恵袋

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20130114/13/1085203/18/245x326xa65564ea11f1e953cc8f0d59.jpg

詳細は▼
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137979746

■尾車部屋

鶏と豚のごま油炒め塩炊きちゃんこ

出典takekaze.cocolog-nifty.com

鶏と豚のごま油炒め塩炊きちゃんこ

・キクラゲ入り鶏だんご
・下味付き鶏肉
・下味付き豚バラスライス
・大根(スライス)
・人参(スライス)
・ささがきごぼう
・うすあげ
・中華麺
・すり胡麻

"胡麻風味決め手のコクのあるあっさり味 。ごま油と胡椒の風味が食欲をそそる。"

出典尾車部屋

http://pds2.exblog.jp/pds/1/200803/14/61/f0156861_9505671.jpg

詳細は▼
http://www8.ocn.ne.jp/~okane-d/page009.html

■友綱部屋

キムチちゃんこ鍋

食べログ 友綱部屋直伝 ちゃんこ 三賀

キムチちゃんこ鍋

・わたり蟹
・豚バラスライス
・鱈切身
・大根(スライス)
・人参(スライス)
・ささがきごぼう
・うすあげ
・うどん
・キムチ

"何でもかんでも一緒には入れないのが友綱部屋の流儀。ごった煮にはせず、鍋を楽しんむために主役はほぼひとつ。脇役も主役に合わせて厳選。"

出典友綱部屋のちゃんこ鍋 - ちゃんこ魁

http://image1-3.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11182/320x320_rect_11182429.jpg

詳細は▼
http://www8.ocn.ne.jp/~okane-d/page010.html

■宮城野部屋

鯵のつみれちゃんこ鍋

出典eruptioetpropagatio.air-nifty.com

鯵のつみれちゃんこ鍋

・鯵つみれ
・海老
・大根(スライス)
・人参(スライス)
・ささがきごぼう
・うすあげ
・うどん
・すり胡麻

"カツオと昆布の絶品あっさりスープ。上品和風だしに、しっかり味の鯵つみれがうまい。"

出典宮城野部屋

http://img.loco.yahoo.co.jp/image/svkwsPcuVAqZkRHoadNcH2wz_mT0gZwWi_J2aIbOADiP7q7a.g2veBlfwedQgJ_Rkvs20tMOpqZMEDFIR3Sz.MoLaAbVole7P_HoIUk-

詳細は▼
http://www8.ocn.ne.jp/~okane-d/page011.html

■伊勢ノ海部屋

ソップ炊き(鶏がら)ちゃんこ鍋

出典ameblo.jp

ソップ炊き(鶏がら)ちゃんこ鍋

・鶏肉(骨付き)
・大根(スライス)
・人参(スライス)
・ささがきごぼう
・うすあげ
・うどん

"最初は甘く、徐々に鶏の旨味が染み渡る 。250年の伝統を誇る部屋の、歴史有る代表的ちゃんこ。"

出典伊勢ノ海部屋

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/12/0000673412/38/imgc1552bf9zik5zj.jpeg

詳細は▼
http://www8.ocn.ne.jp/~okane-d/page012.html

■陸奥部屋

信州味噌ちゃんこ鍋

出典www.shimotsuke.co.jp

信州味噌ちゃんこ鍋

・鶏だんご
・鶏肉
・豚バラスライス
・大根(スライス)
・人参(スライス)
・ささがきごぼう
・うすあげ
・中華麺
・すり胡麻

"スープのコクの秘密は牛脂。 具沢山の贅沢鍋"

出典陸奥(霧島)部屋

http://pds.exblog.jp/pds/1/201109/15/95/c0124895_14421729.jpg

詳細は▼
http://www8.ocn.ne.jp/~okane-d/page018.html
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2158-00ed6df7