凄くて愉快な拳豪たち

新・凄くて愉快な拳豪たち 海外篇―知っておきたい波瀾万丈のボクサー20傑
草野 克己
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 85,557


新・凄くて愉快な拳豪たち 国内篇―知っておきたい波瀾万丈のボクサー21傑
草野 克己
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 97,876


凄くて愉快な拳豪たち
梶間 正夫
ベースボール・マガジン社
売り上げランキング: 445,003


かの名作 凄くて愉快な拳豪たちが復活
わたしの好きなボクシングライターは技術論と精神論のジョー小泉さんですが
梶間さんの

凄くて愉快な拳豪たち

はそのどちらにも属さない完全なファン目線 マニア目線の作品
伝説の無感の帝王サムラングフォードのエピソードなんですが
梶間さんの記事が古い研究資料を基に得られた記事だとすれば

草野さんのは現在得られた証言とか研究資料を基に得られた新事実です

つい最近まで古いファンやボクシング関係者たちは梶間さんの記事をそのまんま信じたんでしょうが(いや 確かに面白いんですけど)
かつて信じられていた事実が実は違っていたという面白い話が満載です

ちなみに梶間さんは海外の知られざるマニアックな伝説のボクサーエピソード専門書ですが
草野さんのは海外のみならず日本のマニアックな伝説のボクサーエピソード専門書も描いているのが特徴でしょうか

もちろん老いてなお強かった怪物にして達人アーチームーアーのエピソードについても描いています
黒人ジャックジョンソンから逃げ回っていた白人王者トミーバーンズが実は逃げ回ってなどおらず
レイシストだというイメージも大間違いで人種差別などしない実力主義の男で
ボクシングでの実力が近年まで過小評価されており現在になってその評価が見直されていることなど
も見所です
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2146-a5a796f3