ゲイの巣窟であるジャニーズ事務所のジャニー喜多○がいくら未成年の美少年たちに性的虐待を繰り返そうと、また、裁判で証明されようとも、警察がいっさい動けないのは、この元総理大臣だった大物の権力で止めているからだという。この人はそこから少年を斡旋してもらうこともある。ゲイの固い結束がそこにあるらしい。

http://anarchist.seesaa.net/article/113415062.html

そろそろ中曽根○弘のホモ話でもしようじゃないかw
あと3年以内に死ぬだろうから、そろそろ本人からバラシテモいいんじゃないかなw

■1918年生まれ。政治家。
■政界一の真性ゲイと称される。特に若い美青年が好き。



以下、鹿砦社『ゲイ能人 勝手にカミングアウト』より


■海外での回春行為も多数。白人の美青年の巨根好き。

もう忘れられていると思うが、彼の回春行為は週刊誌や雑誌の記事として何度も取り上げられている。

『週刊文春』1989.7.13「エッ中曽根さんがホモ? 米国版ピンクの霧事件のチン脈とキン脈」
『テーミス』1989.7.19「アメリカ・ホモ醜聞のスペンスと中曽根元総理の「親密写真」が語るもの凄い真相 クレイグ・J・スペンス」



■社交の席上で美輪明宏がこの人に挨拶してもそっぽを向かれて深くキズついたと告白したが、彼は女っぽいゲイボーイは好きではなく、ノンケの美青年しか愛さない。また、近親憎悪でもあり、立場上、嫌同性愛の支持者を装っているため。
注)ノンケ…ホモ気のない異性愛の男性

■若いころの沢田○二にぞっこん入れあげていて、彼を愛人にしていたといわれる。

■芸能界とも癒着があり、2丁目住人の東郷○と懇意で、彼から俳優の卵や若い歌手を斡旋してもらっていた。この人のアメリカ、ロスの外交出張と、ジュリーのレコーディングでの渡米がいつも同じ時期に設定されていて、むこうで逢引を重ねていた。

この頃のジュリー↑ 中曽根にオカマ掘られていたんかいな?

■若いころの森進○ともできていた。

■GSのタイガースが解散し、ソロとしてジュリーをナベプロが売り出そうとしていたころ、後援会にもこの人が関わって、バックアップをしていた。

■ゲイの巣窟であるジャニーズ事務所のジャニー喜多○がいくら未成年の美少年たちに性的虐待を繰り返そうと、また、裁判で証明されようとも、警察がいっさい動けないのは、この元総理大臣だった大物の権力で止めているからだという。この人はそこから少年を斡旋してもらうこともある。ゲイの固い結束がそこにあるらしい。

■政治家の深谷○司とは愛人関係。
http://www.fukayatakashi.jp/
・1953年生まれ。
・彼は新宿2丁目で働いていたとき、三島由紀夫に寵愛を受けて、そこから政界までのし上がってきたという。
・中曽根派に入り中曽根にかわいがられた。現在の愛人は運転手らしい。

■椎名素夫(中曽根康弘首相とレーガン大統領による「ロン・ヤス会談」の成功などに貢献)とともに、ワシントンで高級男娼を買いあさっていたことが発覚した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8E%E5%90%8D%E7%B4%A0%E5%A4%AB

『週刊新潮』1989.7.13「米高官『ホモスキャンダル』で浮かんだ椎名代議士の『30万ドル』」
『フォーカス』1989.7.13「国際派代議士の〝落とし穴〟ワシントン〝ホモ売春醜聞〟と椎名素夫氏が『貸した』30万ドル」
『週刊ポスト』1989.7.21「レーガンの愛読新聞はなぜ『ホモ売春と日本の有力代議士』を執拗に追及するのか ロビイストへの資金提供者として名指しでスッパ抜いたワシントン・タイムズ」



■かわいがっていた稚児の青年に貢ぎ、フランスに留学させていた。

..........................................................

それから「中曽根 ホモ」でぐぐったら、こんなの出てきたよ。

N響小澤事件について知りませんか
1 名前: サトル 投稿日: 2004/07/06(火) 09:35
先日中曽根康弘氏の「自省録」を立ち読みしました。
この本は、不思議なことに、三島由紀夫とプラザ合意に関しては全く記述がないという特徴を持っています。
ホモ関連の話題なんですが、「小澤事件」(N響が小澤の演奏を拒否した事件。浅利慶太の演出により有名になった。小澤征爾というのは 一般的には人気があるが、音楽ファンの間では著しく評価が低い。カラヤンも同様)について中曽根さんが書いているんですよ。
それ(同書)によれば、小澤事件勃発後、浅利、安倍寧、三浦甲子
二(朝日の中曽根番の大物記者)と中曽根氏の4人が、赤坂の料亭「金龍」に集まって、対策会議を練ったそうです。
ここで不思議なのは、なぜ、中曽根氏が小澤を擁護するのかという
ことなんですが、藤原肇氏などによると、「中曽根氏には女装癖があったことがある」そうです。NTTの真藤恒さんもこのネットワークのつながりらしいですよね。
それで小澤征爾も、業界では、指揮者のバースタイン(有名なホモ指揮者)にカマを掘られたというのは、有名な話。バーンスタインの弟子の佐渡裕(フランス国立管弦楽団指揮者)が著書で「私は、誘いには乗らなかった」という含みのある発言を残しているんでね。
その他、私の知人の音楽関係者はかつて、私に向かって、「小澤はサバティカル・イヤーとなった九〇年代後半にユダヤ人の血に輸血して入れ替えた」というおよそ信じがたい事を教えてくれました。音楽業界もユダヤ系ビジネスに牛耳られているというのは有名な話で、CAMIというマネジメント会社がよく批判されます。
要するに、小澤氏と中曽根氏もそういうつながりではないか?と私は勝手に疑っています。
小沢氏はN響を外されてから、フジサンケイが当時所有していた、日本フィルハーモニーの音楽監督をつとめています。日フィルというところも面白いです。日フィルはその後分裂して、現在は日フィルと新日フィルに分裂。日フィルは左翼色のある庶民派オーケストラとして、新日フィルは鹿島建設などから資金を援助されているハイソなオーケストラとして存続しております。


話は変わるが、この記事は当無礼ログの1000番目の記事となりました。
これからも下品に書き続けますわw
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2076-6ffb1351