カールマルクスと資本論

まるくすタン―学園の階級闘争 (A‐KIBA Books Lab)まるくすタン―学園の階級闘争 (A‐KIBA Books Lab)
(2005/11)
おおつ やすたか

商品詳細を見る


http://cruel.org/books/kapital/kapitalband1.pdf
http://cruel.org/books/kapital/kapitalband1.pdf のHTMLバージョンです。
G o o g l eではファイルを自動的にHTMLに変換して保存しています。
Page 1
資本論第 1 巻
Das Kapital, Band I
カール・マルクス*1 訳:山形浩生*2*3
2004 年 6 月 10 日
*1 cOPublic Domain
*2 http://www.post1.com/home/hiyori13/
*3 cO2003 山形浩生 プロジェクト杉田玄白正式参加作品。本翻訳は、この版権表示を残す限り
において、訳者および著者に一切断ることなく(ちなみに、えらきゃ著者に断ってごらん)、
商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められる。(「この版権表示を残す」んだ
から、「禁無断複製」とかいうのはダメだぞ)詳細は http://www.genpaku.org/ を参照
Page 2
Page 3
i
訳者口上
これはマルクス『資本論』の翻訳だ。ドイツ語を見てはいるけれど、まあ読む速度の問
題から英語からの重訳に近いな。他の翻訳と同じで、単に自分の勉強のために訳してい
る。が、一方で代々木や日本のねじくれまくった○経方面公認のニュースピーク翻訳じゃ
ない、政治的な意図のないフラットな翻訳だから*1、変な洗脳や我田引水なしに読みたい
人には役にたつんじゃないかな。
もう一つ、訳した理由としては、20 年前に(日本語訳で)読んでよくわからなくて投げ
出した最初の部分を今読むと、別にオレの頭が悪かったわけじゃなくて、マルクスがここ
で悪質な仕込みをやってるからわからないんだ! というのがよくわかったから。勝手な
インチキ前提おいたら前提通りの結果になった、というだけじゃん。○経の人たちって、
こんなのがわからないくらい頭悪かったの? たぶんそんなことはないだろう。でも、高
校生のぼくに理解できなかったということは、たぶんあの邦訳がそこをごまかしてるんだ
と思う。で、それが高校生にもわかるように訳した本があってもいいんじゃない? とい
うわけ。
翻訳方針は、いつもと同じ。でも、さすがにクルーグマンの文みたいにはいかないけれ
ど。こんな具合だ:
くだらない序文やエンゲルスの解説のたぐいはとばす。 資本論の翻訳はたいがい、英語
版への序文、フランス語版への序文、xxxx 年への序文、エンゲルスの序文、娘の
序文、共産党の序文、なんとかの序文、と序文が 20 個くらいあって、一向に本論
に到達しない。無視。もちろん、そのうち全部終わったら、後から訳したりはする
かもね。いつになるやら。
○経公式用語は無視する。 ○経にはいろいろ特殊な用語があるけれど、そういうのは一
切無視した。そんなのがほしければ既存の翻訳を読めばいいじゃん。それに、そん
なのが必要な人がこんな翻訳見て何してやがる。それにその手の公式用語って変わ
るんでしょ。やだよ、そんなの調べるなんて。
*1 もちろん政治的な意図がないというのも一つの政治的な意図だ、といわれればそれまでだけど。
Page 4
ii
訳者口上
というわけだ。全訳、できるかはまあ仕上げをごろうじろ。ぼくはとりあず、まず最初
のところだけでも見せて、かつての高校時代の自分のリベンジをしたかったのだけれど、
でもしょっぱなからこの調子じゃその後のところもたぶんつっこみどころはあるだろう。
それが○経方面でどうつっこまれてごまかされているか、というのも隠居後のイヂワルな
調べモノとしてはおもしろいかもね。ぼちぼち行きます。では、余計な口上はこのくらい
で、早速読んでもらおうか。
品川にて
山形浩生
Page 5
iii
目次
訳者口上
i
第 I 部 商品とお金
1
第 1 章
商品
3
1.1
商品の二つの要素:利用価値と価値(価値の中身、価値の量) . . . . . .
3
1.2
商品に体現された労働の二重の性質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8
1.3
価値の形態、または交換価値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
Page 6
Page 7
第 I 部
商品とお金
Page 8
Page 9
3
第 1 章
商品
1.1 商品の二つの要素:利用価値と価値(価値の中身、価値
の量)
資本主義的な生産様式が広まった社会の富というものは、「商品のものすごい集積」と
いう形で出てくる。個別の商品は、その要素的な形として出てくるわけだ。だからわれわ
れの検討も、商品の分析から始めよう。
そもそも商品というのは外的な物体で、その性質を通じて何か人間のニーズを満たすも
のだ。こうしたニーズがどういうものか、たとえばそれが腹から生じるものだか頭の中か
ら生じるものかは、どうでもいい。その物体が人のニーズをどういう風に満たすか、つま
り直接の生存手段、消費の対象としてそれを満たすのか、それとも間接的に生産の手段と
してそのニーズを満たすのかは、これまたどうでもいいことだ。
すべての役にたつモノ、たとえば鉄や紙は、質と量という二つの観点から見ることがで
きる。すべての役に立つモノは、多くの性質から成る総体だ。だからそれがどんなふうに
役に立つかというのも、いろいろある。こういう役に立ち方の発見、つまりはモノのいろ
んな使い方の発見というのは、歴史の働きだ。また、こうした役に立つ物体の量を量るた
めの、社会的に認知された計量尺度の発明も歴史の働きだ。商品の計量の仕方がいろいろ
あるのは、計量されるべき物体の成立が多様だということもあるし、また慣習からくる部
分もある。
モノの有用性は、その利用価値を構成する。でもこの有用性というのは、別になにやら
勝手に湧いて出るものじゃない。それはその財の物理的な性質によって条件付けられてい
て、そういう条件と切り離しては存在し得ないものだ。だから利用価値とか、役に立つモ
ノとかいうのは、鉄とか小麦とかダイヤモンドとかいう商品の物理的実体そのものだ。商
品が持つこの性質は、その役にたつ性質を利用するのに必要な労働の量とは関係がない。
利用価値を検討するときには、われわれは必ず絶対量を検討しているものと想定する。た
Page 10
4
第 1 章 商品
とえば、時計が 10 個とか、リネンが 1 ヤード*1とか、鉄が 1 トンとか。商品の利用価値
は、特殊知識の一部門、つまりは商品の商業的な知識のために材料を提供する。利用価値
が実現されるのは、利用または消費の中でだけだ。それはその社会的な形態はどうあれ、
富の物質的な形態を構成する。ここで検討されるべき社会の形態の中にあって、それらは
また交換価値を物質的に担うものでもある。
交換価値はまず何よりも、ある種類の利用価値が、ほかの種類の利用価値と交換される
ときの定量的な関係、つまり比率として現れてくる。この関係は、時と場所に応じて絶え
ず変わる。だから交換価値は、なにやら偶発的で、純粋に相対的なものに見える。結果と
して、内在的価値、つまりはその財と不可分に結びついて、その中に内在しているような
交換価値、なんてものは、ことばの矛盾みたいに思える。この点をもっと細かく見てや
ろう。
ある商品、たとえば小麦 1 キロは、x の靴磨きクリームや、y の絹や、z の金とかと交換
される。つまり、それはありとあらゆる比率で他の商品と交換される。だから小麦という
ものには、たった一つの交換価値があるんじゃなくて、たくさんの交換価値がある。でも
x の靴磨きクリームや、y の絹や、z の金等々というのは、すべて小麦 1 キロの交換価値
を示している。だから x の靴磨きクリームや、y の絹や、z の金というのは、それぞれお
互いに交換できる、あるいは同じような量を持っているにちがいない。するとそこからま
ず、ある商品の適正な交換価値というのは何か同じものを表現しているんだということ、
そして二番目に、あるモノの交換価値は、それとはちがった中身のものの「出現形態」と
いう表現様式でないと表現できないんだ、ということがわかる。
じゃあここで二つの商品を例にとろう。たとえば小麦と鉄にしようか。その交換の関係
がどうなっているにしても、それは必ず、一定の量の小麦が何らかの量の鉄と同じだ、と
いう等式の形で表現できる。たとえば小麦 1 キロ = 鉄 x トンという具合。この等式はど
ういう意味だろう? それは、同じ量を持った共通の要素がまったく別のモノ二種類、つ
まり小麦 1 キロと鉄 x トンの中にある、ということだ。つまりどっちも第三のものに等し
い。その第三のもの自体は、小麦でもなければ鉄でもない。だから鉄も小麦も、その交換
価値に関する限り、この第三のモノに還元できるはずだ。
単純な幾何学がこれを示してくれる。多角形の総面積を求めて比較するには、まずそれ
を三角形に切り刻む。それからその三角形が、その目に見える形とはまったくちがった
式、つまり「底辺×高さ÷ 2」に還元される。同じように、商品の交換価値も共通の要素
*1 訳注:ここで従来の書は、リンネルが一エレ、というマルクスが使った通りの単位を使うんだけれど、こ
れを読む人々のほぼ 100 パーセントは 1 エレというのがどのくらいの量なのか、それがそもそも重さな
のか長さなのかもご存じない(ぼくも知らない)。そして、それはまったくここでの本質とは関係ない。
混乱のもとだ。だからみんなの知っている量に直す。
Page 11
1.1 商品の二つの要素:利用価値と価値(価値の中身、価値の量)
5
に還元できて、それぞれの商品が表すその要素の量が多かったり少なかったりする。
この共通の要素は、幾何学的、物理的、化学的等の商品の自然な性質ではあり得ない。
こうした性質は、それがその商品を役にたつものにする範囲、つまりは利用価値に変換で
きる限りでしか検討対象にならない。でも明らかに、商品の交換関係は、まさにそれが利
用価値から抽象化されていることが特徴だ。その交換関係の中で、ある商品の利用価値
は、別の商品の利用価値とまったく同じだけの価値を持つ(それが適正な量だけあるとす
れば)。あるいは、かつてバルボンが言ったように「ある商品は、価値さえ同じなら別の商
品とまったく等価だ。同じ価値を持つもの同士にちがいも区別もない。(中略)価格 100
ポンドの鉛や鉄は、価格 100 ポンドの金や銀と同じだけの価値を持つ」
利用価値としての商品は、なによりも質の点でちがっているけれど、交換価値としての
商品は、量的にしかちがわず、だから利用価値はまるっきり含んでいない。
ということでもし商品の利用価値を無視すれば、性質は一つしか残らず、それは労働の
産物としての性質だ。でも労働の産物でさえ、われわれの手の中で変換されてしまってい
る。利用価値から抽象化するってことは、それを利用価値たらしめる物質的な構成物や形
態からも抽象化するわけだ。それはもはや、テーブルとか家とか毛糸とか、その他役にた
つものじゃなくなる。その感覚的な特徴はすべて消される。またそれは、指物師や煉瓦職
人や紡績人など、特定の生産的労働の産物ではなくなる。労働の産物の役に立つ性質が消
えると、その中に宿った各種労働がどんな風に役に立ったかというのも消える。ひいて
は、労働の各種具体的な形態が消えることになる。それらはもはや区別がつかず、すべて
は同じ種類の、抽象的な人間の労働に還元されてしまう*2。
じゃあ労働の産物で何が残ったかを見てやろう。どの場合にも、残っているのは同じお
化けじみた客観性だけだ。それは均質な人間労働が集まった量でしかない。つまり、人間
の労働力が費やされたものだけれど、どれがどういう形で費やされたかはまったく関係な
くなる。そういういろんなものは、人間の労働力がその生産に使われて、人間の労働が中
に蓄積されているということしか物語っていないわけだ。それらすべてに共通する、この
(労働という)社会的な中身の結晶こそが価値――財の価値なのだ*3。
これまで見てきたのは、財が交換関係の中にあるときには、その交換価値は利用価値と
*2 訳注:ここの議論で、すでになぜか「労働」だけ特別扱いされていることに注目。ある商品が何でできて
いるか、たとえば紙だとか、プラスチックだとか、鉄だとか、というのは交換価値においては捨象される
ことになっている。だったら、それが労働の産物である、ということも捨象されているはずなのに、マル
クスはここでそれを「労働の産物」と言い続ける。労働価値説という変な議論をひねり出すための伏線が
すでにここにあるわけだ。
 さらに、ここの部分とその後の部分で、労働であることは捨象されないくせに、どんな労働であるかは
捨象されて、無視していいことになってしまうという恣意性にも注目。
*3 訳注:前節のインチキの結果として、労働 = 価値という労働価値説が早速出てきてる。恣意的に労働と
いうのを残すという勝手な前提があるから、恣意的な労働価値説が導かれているだけだ。
Page 12
6
第 1 章 商品
はまったく独立したものとして出てくる、ということだ。でもその利用価値を捨象すれ
ば、そのに残る価値はいま定義した通り。したがって、交換関係での共通の要素、あるい
は商品の交換価値の中にある共通の要素は、その価値だ。この先、検討を続ければ、価値
の必然的な表現様式としての交換価値、あるいは価値の出現形態としての交換価値という
ものに戻ってくることになる。でもここでは、価値というものの性質をその出現形態と独
立して考える必要がある*4。
利用価値、あるいは便利なモノが価値を持つのは、抽象的な人間労働がそこに客体化さ
れている、あるいはそれがそこに物質化されているからだ。では、この価値の量はどう
やって量ればいいだろうか? それはそのモノに含まれている「価値を作る中身」、つま
り労働の量を使えばいい。この労働の量は労働期間によって計測され、そしてその労働時
間は、時間とか日とかいった具体的な尺度で測られる。
もし商品の価値が、それを生産するのに使われた労働の量で決まるなら、作った労働者
の技能が低くてぐうたらなほうが商品の価値が高くなりそうに思える。そのほうが、同じ
モノを作るのに時間がたくさんかかるからだ。でも、価値の中身となる労働というのは等
価な人間労働、つまり均一な人間労働力の支出だ。社会の総労働力は、商品の世界の価値
にあらわれる。でもそれは、ここでは一つの均一な人間労働力のかたまりと見なされる。
ただしそれは無数の個別な単位労働力で構成されてはいる。こうした単位労働力のそれぞ
れは、それが社会的な労働力の平均単位としての特性を持ち、平均単位として機能する限
りにおいて、他の単位労働力とまったく同じだ。つまり、その単位労働力は、ある商品を
作り出すのに平均的にかかるだけの労働時間――あるいは言い換えると、社会的に必要な
だけの労働時間――しか要さない。社会的に必要な労働時間というのは、その社会におい
て通常の生産条件のもと、その社会で通例となっている平均的な技能水準と労働の集約度
のもとでそのモノを作り出すのに必要な労働時間のことだ*5。イギリスへの動力織機の導
入は、一定量の毛糸を織り生地に変えるための必要労働を半減させただろう。実際には、
毛糸を生地にするためにイギリスの手動織機の労働者が必要とする労働時間は前と変わら
ない。でもかれの労働一時間の産物は、社会的な労働の 30 分にしかならないので、その
結果としてその労働時間はそれまでの半分の価値しかなくなってしまったわけだ。
つまりどんな財でも、その価値の量を絶対的に決めるのは、社会的に必要な労働の量、
あるいはその生産に社会的に必要とされる労働時間だ。個別の財は、ここではその種類の
財の平均的なサンプルとしての意味しかない。同じ量の労働を含む商品、あるいは同じ時
*4 訳注:いつの間にか、利用価値、交換価値以外の第三の価値が出てきているので表現がとても混乱してい
るけれど、その第三の価値というのは上のインチキで出てきた労働価値、なのだ。
*5 訳注:ここでの「平均」とか「通例」という物言いで、マルクスは市場というのをなあなあでごまかそう
としているのに注目。
Page 13
1.1 商品の二つの要素:利用価値と価値(価値の中身、価値の量)
7
間で生産できる商品は、したがって同じ価値を持つ。ある商品の価値が、その他あらゆる
商品の価値に対して持っている関係というのは、前者を作るのに必要な労働時間と、後者
を作るのに必要な労働時間との関係と同じだ。「交換価値として見れば、すべての商品は
単にそこに業種された労働時間の絶対量でしかない」。
だから、もし作るのに必要な労働時間が一定のままなら、その財の価値も一定のままだ。
でも後者は、労働の生産性がちょっと変わればすぐに変動する。労働生産性は、いろんな
状況に応じて決まる。いろいろあるけれど、たとえば労働の平均技能水準とか、科学やそ
の技術的応用の発達水準とか、生産プロセスの社会的な組織形態とか、生産手段の量やそ
の有効性、自然環境の条件なんかにもよる。たとえば、豊作期には小麦 8 ブッシェル作れ
る労働で、凶作期には 4 ブッシェルしか生産できない。同じだけの労働をかけても、豊か
な鉱山ではやせた鉱山よりもたくさんの金属が得られる。ダイヤモンドは地表面ではとて
も珍しいので、その発見には平均すると労働時間がいっぱいかかる。結果として、少量の
ダイヤでもたくさんの労働が表現されるわけだ。ジェイコブは、黄金に対してその十分な
価値だけ支払われたことがあるだろうかと問うている。ダイヤモンドならなおさらだ。エ
シュウェーゲによれば、1823 年までの 80 年間でブラジルのダイヤ鉱山から生産されたダ
イヤの量は、同じブラジルの砂糖・コーヒー農場の平均生産高一年半分の価格にも相当し
なかったけれど、でもダイヤモンドのほうがずっと多くの労働を表現しているので、その
価値もずっと大きい。鉱山が豊かなら、同じだけの労働を表すダイヤモンドの量も増える
から、その価値は下がる。もしあまり労働をかけずに炭素をダイヤに変換するのに成功し
たら、ダイヤの価値は煉瓦以下になるかもしれない。一般に、労働生産性が高ければ、モ
ノを作るのに必要な労働時間も少なくなって、そのモノに結晶した労働量も減り、その価
値も減る。逆に、労働生産性が低ければ、そのモノの生産に必要な労働時間も増えて、そ
の価値も上がる。だから商品の価値は、その商品の中に具現化された労働の量と直接的
に比例して、労働生産性とは反比例する。(これで価値の中身がわかった。それは労働だ。
その量の尺度もわかった。それは労働時間だ。価値を交換価値に仕立てる形態は、これか
ら分析する。でもその前に、ここまで見つけた特徴をもうちょっと広く発展させる必要が
ある)。
あるものは、価値にならなくても利用価値になれる。これは、そのモノの人間にとって
の効用が労働を媒介としていない時にはすべて生じる。空気、処女地、自然の野原、原生
林等々はこの区分におさまる。あと、モノは役にたって人間の労働の産物であっても、商
品ではないこともある。商品を生産するには、人は単に利用価値を生み出すだけでなく、
他人にとっての利用価値、社会的な利用価値を生み出す必要がある(そして単に他人に
とっての利用価値、というのでもダメだ。中世のお百姓さんは、封建地主のために小麦で
Page 14
8
第 1 章 商品
地代を生産し、神父のために穀物で十分の一税を支払った。でもこの小麦による地代も、
小麦による十分の一税も、他人のために生産されているけれどそれだけじゃ商品になって
いない。商品になるには、そのモノが利用価値を持つだれかに、何か交換の媒体を通じて
移転される必要がある)。最後に、役に立つモノになれないものは、価値をもてない。そ
のものが役に立たなければ、そこに含まれた労働だって役に立たない。その労働は労働の
数に入らず、だから何の価値も生み出さない*6。
1.2 商品に体現された労働の二重の性質
最初、商品は利用価値と交換価値の両方を持つ、二重の性質をもったモノとして登場し
た。後で労働もまた二重の性質を持つことがわかった。それが価値として表現される限
り、それはもう利用価値を作るものとしての性質とは別の性質を持つようになる。これを
指摘して、商品に含まれた労働の二重の性質を批判的に検討したのはわたしが最初だ。こ
の部分は経済の理解にとってとても大事なので、もうちょっと説明が必要だ。
二つの商品を例に取ろう。上着とリネン 10 ヤードにしようか。そして前者の価値は、
後者の価値の二倍ってことにしよう。つまりリネン 10 ヤード = W なら、上着 = 2W
ということになる。
上着は、あるニーズを満たすような利用価値だ。それが存在するようになるには、特定
の生産活動が必要とされる。この活動は、その目的、活動のあり方、対象、手段と結果で
決まってくる。われわれは、産物の利用価値によって効用があらわされる労働、つまりそ
の産物が利用価値だということで効用が決まる労働について、手短に「役に立つ労働」と
いう表現を使おう。これと関連して、われわれは労働の役に立つ効果しか考えない。
上着とリネンは、質的に異なる利用価値だし、それが存在するに至るまでの労働の形態
も質的にちがっている――上着は仕立て作業だし、リネンなら布織りになる。利用価値が
質的にちがわず、つまり質的に異なる役にたつ労働の産物でないなら、両者が商品として
対峙することはまったく不可能になる。上着は上着と交換できないし、ある利用価値は、
同じ利用価値とは交換できない。
ありとあらゆるちがった利用価値または物理的な商品が存在するのは、役に立つ労働
が同じくらいありとあらゆる形で存在するということを反映している。役に立つ労働は、
Gattung, Art, Familie, Unterart、多様性の点でちがっている。要するに、これは社会的
な分業だ。この分業は、商品生産の必要条件だけれど、その逆は成り立たない。商品の生
産は、社会的な分業を必要とはしない。労働は原始的なインディアンのコミュニティでも
社会的に分けられているけれど、でもその産物はそのせいで商品になったりはしない。あ
*6 訳注:じゃあさっきのダイヤは?
Page 15
1.2 商品に体現された労働の二重の性質
9
るいは、もっと身近な例を挙げると、労働はいろんな口上で体系的に分割されているけれ
ど、でも労働者たちはその個々の生産物を交換することでこの分業を実現するわけじゃな
い。孤立して実施される、相互に独立した労働行為の産物だけが、商品となって相互に対
峙できる。
じゃあまとめてみよう:すべての商品の利用価値は、役に立つ労働、つまり明確な目的
を持った明確な生産行為を含んでいる。利用価値は、そこに含まれる役に立つ労働がそれ
ぞれ質的にちがう場合でないと、商品として相互に対峙できない。生産物がふつうは商品
という形を取る社会、つまり商品生産者の社会では、個々の生産者が独立して個別に行う
役に立つ労働の形の質的な差は複雑な体系を作り上げ、これが社会的な分業となる。
それと、その上着を着るのが仕立て屋さんかそのお客さんか、というのはどうでもいい
ことだ。どっちの場合にも、上着は利用価値として機能している。それと仕立てが特殊な
商売、つまりは社会的分業の独立した一部門となっても、上着とそれをつくる労働との関
係そのものは変わらない。人は何千年も、衣服が必要だという衝動で服を作って着たけれ
ど、だれ一人として仕立て屋になったりはしなかった。でも上着やリネンや、その他もと
もと自然が提供していない物質的な富のすべての要素は、常にその目的に応じた個別の生
産活動が仲立ちする必要があった。そういう生産活動は、ある自然の材料を特定の人間の
ニーズにあてはめる活動だ。つまり労働、それも利用価値を作るものとしての労働、役に
立つ労働としての労働は、社会のあらゆる形態とは独立して存在する人間存在の条件だ。
それは人間と自然との代謝を仲立ちする、永遠の自然ニーズであり、だからそれは人間の
生そのものだ。
上着やリネンといった利用価値、つまり商品の物理的実体は、自然が提供する材質、そ
して労働という二つの要素の組み合わせだ。上着やリネンなんかの中に含まれた、いろん
な役に立つ労働の総量を差し引けば、必ず残るのが物質的な下層部だ。この下層部は人間
が手出しせずとも自然が提供する。人が生産をするときは、自然がやるのと同じようにし
かできない。つまり、材料の形を変えることしかできない。さらに、この改変作業でも、
人は絶えず自然の力に助けられている。だから労働は物質的な富、つまりそれが生み出す
利用価値の唯一の源ではない。ウィリアム・ペティも言ってるように、労働は物質的な富
の父親であり、地球がその母親なのだ。
じゃあ今度は、効用をもたらすモノとしての商品から、商品の価値に話を進めよう。
上着はリネンの二倍の価値を持つと仮定した。でもこれはただの量的な差なので、ここ
では問題にならない。だからもし上着の価値が、リネン 10 ヤードの二倍ならば、リネン
20 ヤードは上着と同じ価値を持つ、ということだけ頭に入れておこう。価値という意味
では上着もリネンも同じ中身を持っている。それは均質な労働の客観的な表現だ。でも、
Page 16
10
第 1 章 商品
ある社会状況では、同じ人が服を作るのと布を織るのを交互に行う。この場合、二種類の
ちがった労働の様式は、同じ個人の労働の変形でしかなくて、ちがう個人のそれぞれに固
有な固定関数じゃない。ちょうど我らが仕立て屋の今日作る上着と、明日かれが作るズボ
ンとでは、かれが自分個人の労働を変えればいいだけだというのと同じだ。さらに、われ
われの資本主義社会では、一定割合の労働が一部は仕立て作業、一部は布織りという形
で、労働需要の向きの変化に応じて交互に供給されることがわかる。この労働の種類の変
化は、摩擦なしには起きないけれど、でも起こらざるを得ない。
生産活動の決定的な質を無視し、つまりは労働の役に立つ性質を無視すれば、残るのは
人間の労働力として支出されるという性質だ。仕立て作業と布織り作業は、質的にはち
がった生産活動だけれど、人間の頭脳、筋肉、神経、手等々の生産的な支出となるので、
この意味でどっちも人間労働だ。どっちも単に、人間の労働力が支出される形がちがうだ
けだ。もちろん人間の労働力は、それがあれこれの形で支出できる前に、ある水準の成長
度を達成していることが必要だ。でも商品の価値は単純明快に人間の労働力、つまり人間
労働一般の支出を表しているのだ。そして市民社会において、将軍や銀行家が大きな役割
を果たすがそうした人個人はごくつまらない部分しか果たさないのと同様に、人間労働に
ついても同じことが言える。これは単純な労働力の支出であって、つまりはすべての通常
人が、平均として、何ら特殊化されずに肉体器官の中に持っている労働力なのだ。単純な
平均的労働というのは、確かに国ごとにもちがうし文化的なエポックごとにもちがうけれ
ど、ある特定の社会を見れば、それは固定されている。もっと複雑な労働は、単純労働が
集約化されたもの、あるいは何倍かされたものとしてのみ意味を持ち、だから少量の複雑
な労働は、大量の単純労働に等しいと考えられるわけだ。経験から見て、こうした還元は
絶えず行われている。ある商品はきわめて複雑な労働の成果かもしれないけれど、その価
値を通して、それは単純な労働の産物と等しいものとされ、結局それは単純労働のある量
を表しているだけ、ということになる。ちがった種類の各種労働が、計測単位としての単
純労働に還元されるときの比率は、生産者の背後で動いている社会プロセスによって確立
される。だからそうした比率は、生産者にしてみれば、伝統によって決まったものとして
伝えられたように見える。話を単純にするために、この先はあらゆる労働力の形を直接的
に単純な労働力として見ることにしよう。こうすることで、われわれは単にいちいち還元
する手間を省いているだけだ。
上着とリネンを価値として見るとき、両者のちがった利用価値を捨象するのと同じよう
に、そうした価値があらわす労働の場合、われわれはその役に立つ形態、つまり仕立て作
業と布織り作業の差を無視する。上着やリネンという利用価値は、一方でははっきりした
目的ある生産活動と、一方では布や毛糸とが組み合わさったものだ。でも上着やリネンの
Page 17
1.2 商品に体現された労働の二重の性質
11
価値は、単に均質な労働が凝集した量でしかない。同じように、こうした価値に含まれる
労働は、その布や毛糸に対する生産関係のために勘定されるわけではなく、単に人間労働
力の支出だから勘定されるだけだ。仕立て作業と布織り作業が、上着とリネンという利用
価値の形成要素になっているのは、それがまさにこの二種類の労働がちがった性質を持つ
からだ。でもいまあげた二種類の品の価値の中身を仕立て作業と布織り作業が形成するの
は、それがどっちも人間労働だという性質を持っている限りにおいての話でしかない。
でも上着やリネンは、単に一般的な価値ではなくて、はっきりした量を持った価値だ
し、仮定によれば上着はリネン 10 ヤードの二倍の価値を持つ。なぜ価値にちがいがある
んだろうか? それはリネンには上着の半分しか労働が含まれず、だから上着を作るため
に支出が必要な労働力は、リネン 10 ヤードを作るのに支出が必要な労働力の二倍必要だ
からだ。
ということは、利用価値から見れば商品に含まれた労働は質的にしか問題にならず、価
値から見るとそれは、純粋単純な人間労働に還元されてしまえば定量的にしか問題になら
ない、ということだ。前者ではそれは、「どうやって」使われた「どんな」労働か、という
話で、後者では「どのくらい」つまり労働の時間的な期間の話になる。商品の価値の量は
そこに体現さえた労働量を表すものでしかないから、すべての商品は、しかるべき量さえ
集めれば、すべて同じ価値を持つということになる。
たとえば上着を作るのに必要な、各種のちがった役に立つ労働の生産性が変わらなけれ
ば、生産された上着の総価値は、生産された上着の量とともに増大する。上着一着が x 日
の労働を表すなら、上着二着は 2x 日の労働を表す等々、というわけ。でもこんどは、上
着の生産に必要な労働期間が倍になったか半分になったと想定しよう。倍増の場合、上着
一着はそれまでの上着二着と同じ価値を持つ。半分になったら、上着二着はかつての一着
分の価値しかない。でもどっちの場合にも、上着の提供するサービスは同じで、そこに含
まれる役に立つ労働の品質は変わらないままだ。でも、変わったものが一つだけある。そ
れはその品物を生産するために支出された労働の量が変わったことだ。
利用価値の量の増大は、それ自体で物質的な富の増大となる。上着二着は、二人の人間
の服となれるが、一着なら一人しか着れない等々。それでも、物質的な富の量の増大は、
その価値の量が同時に低下することに対応する場合もある。この矛盾するような動きは、
労働の二重の性質から生じる。もちろん「生産性」というとき、それは具体的で役に立つ
労働の生産性をいつも意味している。でも実際には、これはある一定時間内で、一定の目
的に向けられた生産活動が持つ有効性を決めているにすぎない。だから役に立つ労働は、
生産性が上がったり下がったりするのに正比例して、大なり小なり産物のたっぷりした源
になるわけだ。これに対して、生産性が変わっても、価値の中に現れている労働そのもの
Page 18
12
第 1 章 商品
には何の影響もない。生産性というのは、具体的で役に立つ形の労働が持つ属性なので、
労働を具体的で役にたつ形から抽象化してしまったら、当然ながらすぐに労働とは何の関
係もなくなってしまう。だから同じ労働が同じだけの時間実施されれば、生産性がどう変
わろうと、常に同じ価値の量を生み出す。でも生産性が変われば、同じ時間で同じ労働が
生み出す利用価値の量はちがってくる。生産性があがれば、生産される利用価値の量は増
えるし、生産性が下がれば、利用価値の量も減る。だから、労働の成果を増やし、つまり
はそこから生産される利用価値の量を増やすような生産性の変化は、それが同じ利用価値
を生産するのに必要な労働時間総量を減らすなら、増えた総量の価値の低下を同時にもた
らす。その逆もまた成り立つ。
一方では、すべての労働は生理的な意味での人間労働力の支出であり、商品の価値を形
成するのは、それが等しい、あるいは抽象化された性質を持つ人間労働だ。その一方で、
すべての労働は特定の形ではっきりした目的を持った人間労働力の支出であり、利用価値
を生み出すのは、それ具体的で役に立つ労働だという性質なのだ。
1.3 価値の形態、または交換価値
商品は、鉄とかリネンとか小麦とかいった利用価値や物質的な財として登場する。これ
はその商品の本来的で自然な形だ。でも、それが商品になるのは単にそれが二重の性質を
持つから、つまりそれが効用を持つ物体であると同時に価値を担う存在だからだ。だか
ら、それが商品として登場するのは、あるいは商品という形態をとるのは、それが二重の
形態、つまり自然の形態と価値の形態の両方を取る限りでの話だ。
価値としての商品の客観性は、『ヘンリー四世』のクイックリー夫人とはまったくちがっ
て「人はどこからそれをモノにすべきかわからない」。価値としての商品の客観性には、
物質は原子一つたりとも入ってこない。この点でそれは、物理的な物体としての商品の、
粗野なまでに官能的な客観性とは正反対だ。ある商品をあれこれ好きなようにひねくりま
わすことはできる。でもそれを何か価値あるものとして把握するのは不可能だ。でも、商
品が商品が価値としての客観的性格を持つのは、それがすべて同じ社会的な中身、つまり
人間の労働の表現である限りなんだ、ということは忘れないようにしよう。そしてだか
ら、その価値としての客観的な性格も純粋に社会的なんだ、ということも忘れてはいけな
い。ここから自明のこととして出てくるのは、価値としての客観的特徴は、商品同士の社
会関係の中にしか出てこない、ということだ。実はわれわれが交換価値(または商品の交
換関係)から出発したのは、その中に隠されている価値を追いかけるためだ。いまやわれ
われは、価値の現れ方のこの形態に戻らなきゃいけない。
だれでも、他の何は知らなくとも、商品というのが共通の価値形態を持っていることは
Page 19
1.3 価値の形態、または交換価値
13
知っている。それはその利用価値の自然形態の雑多さに比べると、実に驚くほど対照的
だ。でもここで、われわれはブルジョワ経済学が決してやったことのない作業をする必要
がある。つまり、このお金という形態の起源を示す必要がある。つまり、商品の価値関係
に含まれた価値の表現の発達を、その一番簡単でほとんど感じ取れないほどの概略から、
魅惑のおかねという形態にいたるまでたどる必要がある。これせすめば、お金の謎はすぐ
に消え去る。
一番簡単な価値関係は、当然ながらある商品と、何か別種の商品との関係だ(どの商品
でも構わない)。だから二種類の商品の価値同士が持っている関係を使えば、ある商品の
価値を一番簡単に表現できる。
1.3.1 単純で孤立した、または突発的な価値の形態
x の商品 A = y の商品 B、または x の商品 A は y の商品 B の価値を持つ。
(リネン 20 ヤード=上着 1 着、あるいはリネン 20 ヤードは上着一着の価値を持つ)
(1) 価値の表現の両極:相対的な価値の形態と、等価な形態
価値の形態の謎はすべて、この単純な形態に隠されている。だからわれわれにとって本
当にむずかしいのは、それを分析することだ。
ここで二種類のちがった商品(ここでの例は、リネンと上着)は、それぞれ明らかにち
がった働きをする。リネンは上着の中にその価値を表現する。上着は、その価値が表現さ
れる材料として機能する。最初の商品は能動的な役割を果たし、二番目は受動的だ。最初
の商品の価値は相対価値として表現されている。つまり商品というのは、価値の相対手的
形態だ。二番目の商品は等価性の機能を果たしている。つまり、それは等価な形態になっ
ている。
価値の相対的な形態と、等価な形態は、不可分な二つの瞬間で、それはお互いに所属し
あい、お互いに条件付けあっている。でも同時に、両者はお互いに相容れないか、対立す
る両極、つまり価値の表現の両極となる。それは常に、その表現によってお互いに関係を
持たされた、ちがう商品の間で分割されている。たとえばわたしは、リネンの価値をリ
ネンでは表現できない。リネン 20 ヤード = リネン 20 ヤード、というのは価値の表現に
なってない。この等式があらわしているのは、むしろ正反対のことだ。リネン 20 ヤード
はリネン 20 ヤードでしかないということで、役に立つものとしてとらえたリネンの絶対
的な量を表している。だからリネンの価値は相対的にしか表現できない。つまり他の商品
によってしか表現できない。リネンの価値の相対的な形態は、何か別の商品がそれに等価
な形態で対峙するということを前提にしている。一方、その等価として出てくる別の商品
Page 20
14
第 1 章 商品
のほうは、同時に価値の相対的な形態はとれない。価値が表現されているのは、その後者
の商品じゃない。それは単に、最初の商品の価値をあらわすための材料を提供しているだ
けだ。
もちろん、リネン 20 ヤード = 上着一着、あるいは 20 ヤードのリネンは上着一着の価
値を持つ、というのは、その逆も含んでいる。上着一着 = リネン 20 ヤード、あるいは上
着一着はリネン 20 ヤードの価値を持つ。でもこの場合には、上着の価値を相対的にあら
わすために、等式をひっくり返さなくてはならない。そしてそれをやったら、今度は等価
物になるのは上着ではなくリネンだ。同じ商品は同じ価値の表現の中で、同時に両方の形
態を取ることはできない。この二つの形態は、むしろおたがいを両極端の反対物として排
除しあう。
商品が相対的な形をとるか、それともその反対の、等価の形を取るかは、その価値の表
現における実際の位置に完全に依存する。つまり、それが価値を表現されている商品なの
か、価値を表現するために使われている商品なのかによるわけだ。
(2) 価値の相対的な形態
(i) 価値の相対的な形態の内容
商品の価値の単純な表現が、二つの商品の価値関係の中にどういうふうに隠されている
かを見つけ出すには、われわれはまず、価値関係をその量的な面とまったく独立に検討し
なくてはならない。普通のやり方はこの正反対になる。つまり他のみんなは、価値関係の
中に二種類の商品の絶対量が等しくなるような比率以外の何も見ようとしない。すさまじ
く多種多様なものが量的に比べられるようになるのは、それが同じ単位に還元されたとき
だけだ、ということは見過ごされる。両者が共通の尺度を持ち、同じ基準ではかれる量と
なるのは、両者が同じ単位の表現となったときだけだ。
リネン 20 ヤード = 上着 1 着だろうが、リネン 20 ヤード = 上着 20 着だろうが、リ
ネン 20 ヤード = 上着 x 着だろうが、つまりある量のリネンが少数の上着の価値を持と
うとたくさんの上着の価値を持とうと、その比率はどうあれそこでは必ず、リネンと上着
は価値の量として、同じ単位の表現で、同じ性質を持つものだという含みがある。リネ
ン = 上着というのが等式の基本にあるわけだ。
でもこの質的に等しいとされた商品は、同じ役割を演じているわけじゃない。表現され
ているのは、リネンの価値だけだ。どうやって? コートに対して、その「等価物」また
は「交換できるもの」として関係を持つことで。この関係の中だと、上着は価値の存在す
る形として、価値を物質的に内在させたものとして意味を持つ。というのも、そういうふ
うにしかそれはリネンと等しいものになれないからだ。同じように、酪酸は蟻酸塩プロピ
ルとはちがう物質だ。でもどっちも同じ化学物質、炭素 (C)、水素 (H)、酸素 (O) でで
Page 21
1.3 価値の形態、または交換価値
15
きている。さらに、これらの物質はどっちの場合にも同じ比率で結合している。つまり
C4H8O2 だ。じゃあ、酪酸と蟻酸塩プロピルとを等号で結ぶなら、まず蟻酸塩プロピル
は C4H8O2 の存在形態の一つとしてしか意味をもたない。そして第二に、そこから酪酸
も C4H8O2 でできていると想定される。だから酪酸と蟻酸塩プロピルとを等号で結ぶこ
とで、その人は両者の物理的な構成ではなく化学的な組成を表現していることになる。*7
もし価値としての商品が単に人間労働の凝集した量でしかないと言うなら、われわれの
分析は確かにそれを抽象的な価値の水準にまで還元するけれど、でもそこに自然形態から
はっきり区別される形態を与えたわけじゃない。それはやっぱりある商品と別の商品との
価値関係の中にある。最初の商品の価値の特性が、第二の商品に対する関係を通じて表れ
てくるわけだ。
たとえば、価値あるものとしての上着をリネンと等号で結ぶことで、われわれは上着の
中に埋め込まれた労働を、リネンの中に埋めこまれた労働と等しいとしているわけだ。さ
て上着を作る仕立ては、具体的な作業としてはリネンを作る布織りとは確かにちがったも
のだ。でも仕立てを布織りと等号で結ぶことは、実は前者をこの二種類の労働で本当に等
しいものに還元する。つまりどっちも人間の労働だという共通の特徴に還元しているわけ
だ。これは布織りというのもまた、それが価値を織る限りにおいては仕立て作業と何のち
がいもなく、つまりは抽象的な人間の労働とも何もちがわない、と言うのをまわりくどく
言っているだけだ。価値を作り出す労働の具体的な性質を目に見えるようにするのは、ち
がった各種の商品同士の等価性の表現だけだ。その表現は各種の商品に埋め込まれた各種
の労働を、人間労働一般であるという共通の性質に還元することで実現されている。
でも、リネンの価値を構成する労働の具体的な性質を表現するだけじゃ十分じゃない。
流動状態の人間労働力、あるいは人間労働は、価値は作るけれどそれ自体は価値ではな
い。それは客観的な形で凝集状態となって初めて価値となる。人間労働の凝集した固まり
医としてのリネンの価値は、「客観性」としてのみ表現できる。これは物質的にはリネン
そのものとはちがうけれど、でもリネンやその他あらゆる商品に共通なものだ。問題はす
でに解決された。
リネンとの価値関係にあるとき、上着は定性的にはリネンと同じものとして意味を持
ち、同じ性質のものとして意味を持つ。それは、上着に価値があるからだ。だから上着は
この場合には、内部に価値が表現されているもの、あるいはその形ある自然な形態の中に
価値を表象するものだ。でも上着そのもの、上着という商品の物理的な側面は、純粋に利
*7 訳注:じゃあリネンと上着の場合だって同じ量の繊維でできているいった意味になるだろうに。要する
に、モノにはいろんな性質があって、だから等号で結んだときそれが何をもって「等しい」としているか
はその式を書いた人次第なのだ。恣意的に考えた「価値」を前提の段階でマルクスが負わせたからこそ、
その後の価値形態論が引き出されるだけ。ここもまた、前提がめぐって結論になってるだけだ。
Page 22
16
第 1 章 商品
用価値だ。利用価値としての上着は、お目にかかる最初のリネンと同じく、価値は表現し
ていない。これが証明しているのは、リネンとの価値関係の中で、上着はその価値関係の
外で意味しているものよりも多くを表現しているということでしかない。ちょうど一部の
人が、金モール付の制服におさまった時のほうが、そうでない場合よりも重要人物になる
のと同じことだ。
上着の生産の中で、人間の労働力は、仕立てという形で実際に支出された。つまり人間
労働は上着に蓄積された。この観点からすると、上着は「価値を担うもの」だけれど、上
着がボロボロにむきだしになったときでさえこの「価値を担うもの」としての性質は外に
は見えてこない。リネンとの価値関係の中で、上着はこの側面でしか意味を持たない。つ
まり宿された価値として、価値の実体としてのみ意味を持つ。上着はご立派な外見ではあ
るけれど、リネンはそこにすばらしい仲間としての魂、価値という魂を見て取るわけだ。
それでも、上着はリネンに対して価値を提示するとき、同時に上着という形を取らなけれ
ばならない。たとえばある個人 A が別の個人 B に対して「陛下」になるには、B の目に
おいて陛下が A という人物の肉体的な形を取るしかないし、さらには、「臣民の父」が新
たに出てくるたびに顔の特徴や髪やその他多くのものを変えなければならない。
だから上着がリネンの等価物になるような価値関係では、上着の形態は価値の形態と見
られる。リネンという商品の価値は、つまりは上着という商品の物理的実体によって表現
される。片方の価値はもう一つの利用価値によって表現されることになる。利用価値とし
てはリネンは上着とは明らかにちがっている。価値としては、それは上着と同じで、だか
ら上着のように見える。だからリネンは自然の形態とはちがった価値形態を得ることにな
る。リネンの価値としての存在は、その上着との等価性に表現されている。ちょうどキ
リスト教徒のヒツジ的な性質が、その神の子ヒツジと似ているところに示されているよ
うに。
では、リネンが上着という別の商品との関係の中に入ったとたんに、商品の価値につい
ての分析でこれまでわかったことが全部、リネンそのものの中に反復されるということが
わかったわけだ。ただしその思考は、それ自身だけがわかることば、商品のことばでしか
明かされない。それは上着が等価物として意味づけられる限りにおいて、リネンと同じだ
けの価値を持つ労働で構成されるということを語り、それを通じて労働が人間労働だとい
う抽象的な性質だけからその価値を作り出す、と語る。価値としての崇高な客観性が、そ
の物体としての硬く糊付けされた存在とはちがっていると告げることで、それは価値が上
着という外見を持っていて、したがってリネンそのものが価値を持つ物体である限り、リ
ネンとコートはうり二つだ、と物語っている。ちなみに、商品の言語もヘブライ語以外に
山ほどの、そこそこ正しい方言を持っている。たとえばドイツ語の Wertsein (価値を持
Page 23
1.3 価値の形態、または交換価値
17
つ)は、ロマンス語族の動詞 valere, valer, valoir よりも自然なかたちで、商品 B を商品
A と等しいものと見ることが、商品 A に属する価値の表現だと言うことを示してくれる。
Paris vaut bien une messe!
だから価値関係という手段を通じて、商品 B の自然形態は、商品 A の価値形態とな
る*8。つまり商品 B の物理的な実体が商品 A の価値の鏡となるわけだ。つまり商品 A
は、商品 B と価値対象(人間労働の実体化)としての関係に入ることで、利用価値 B を、
それ自身の価値表現をするための材料にする。商品 A の価値は、つまりは商品 B の利用
価値で表現され、相対価値という形態を持つ。
(ii) 価値の相対的な形態を定量的に決める
価値が表現される商品はすべて、ある量を持った役に立つ物体だ。たとえば小麦 15
ブッシェルとか、コーヒー 100 ポンドとか。どんな商品であれ、ある量には人間の労働が
絶対量だけ含まれている。だから価値の形態は、一般的な価値を表現するだけでなく、定
量的に決められる価値、つまり価値の量を示さなきゃいけない。商品 A と商品 B との価
値関係、たとえばリネンの上着に対する価値関係では、上着という商品の種類がリネンと
定性的に、そうした価値を持つ物体として等しいものとされるだけでなく、価値を持つ物
体または等価物の絶対量(たとえば上着一着)がリネンのある絶対量(たとえば 20 ヤー
ドのリネン)と等しいとされる。リネン 20 ヤード = 上着 1 着、あるいは 20 ヤードのリ
ネンは上着一着の価値を持つ、というのは上着 1 着の中に、価値を持つ中身が 20 ヤード
のリネンの中にある価値を持つ中身とまったく同じ量だけ存在しているのだ、ということ
を含意している。だからそれは、ここで提示された二つの商品の量は、同じだけの労働量
または同じだけの労働時間がかかっている、ということを意味している。でもリネン 20
ヤードまたは上着 1 着を作るのに必要な労働時間は、織り手や仕立屋の生産性がちょっと
変わるごとに変動する。こうした変化が価値の量の相対的な表現にどう影響するかを、こ
れからもっと詳細に検討しなければならない。
1. 上着の価値が一定だとして、リネンの価値が変わると考えよう。リネンを作るのに
必要な労働時間が倍増したら(たとえば綿花を作る土の肥沃さがどんどん下がった
りして)、リネンの価値もまた倍増する。リネン 20 ヤード = 上着 1 着ではなく、
こんどはリネン 20 ヤード = 上着 2 着になるだろう。というのも、上着 1 着はリ
ネン 20 ヤードに比べて半分の労働時間しか含んでいないからだ。一方、リネンを
作るのに必要な労働時間が半減したら(たとえば織機の改良など)、リネンの価値
*8 訳注:訳しててうんざりするんだが、マルクスはここで同じことを何度も何度も、ちょいと語順を変えた
りしてくどくど言い直しているけれど、何も新しいことを言っていないのだ。何かちがいがあるんだろう
と思いこんでそれを読み取ろうとすると、深読みして重箱の隅つつきに堕するはめになるのでご注意を。
Page 24
18
第 1 章 商品
は半分になる。これにともなって、さっきの等式は今やリネン 20 ヤード = 上着
1
2
着となる。商品 A の相対価値、つまり商品 B で表されたその価値は、B の価値が
一定なら、A の価値と比例して変わる*9。
2. リネンの価値が一定だとして、上着の価値の方が変わるとしよう。この状況で上
着を作るのに必要な労働時間が倍増したら(たとえば羊毛の質が悪いとか)、リネ
ン 20 ヤード = 上着 1 着ではなく、リネン 20 ヤード = 上着
1
2
着となる。もし逆
に上着の価値が半分に下がったら、リネン 20 ヤード = 上着 2 着となる。つまり
商品 A の価値が一定なら、商品 B で表現されたその相対価値は B の価値の変化と
反比例して下がる。
いまの 1 と 2 で検討した各種のケースを比べてみると、相対価値が同じ規模で
変化しても、その原因は正反対の場合がある、ということがわかる。つまりリネ
ン 20 ヤード = 上着 1 着がリネン 20 ヤード = 上着 2 着になるのは、リネンの
価値が倍増したからかもしれないし、上着の価値が半減したからかもしれない。リ
ネン 20 ヤード = 上着
1
2
着となるのは、リネンの価値が下がったからかもしれない
し、上着の価値が上がったからかもしれない。
3. リネンの生産に必要な労働の量と、コートを作るのに必要な労働の量が、同時に同
じ方向に同じ割合だけ動いたとしよう。この場合、それぞれの価値がどう変わろう
とも、前と同じようにリネン 20 ヤード = 上着 1 着となる。両者の価値の変化が
わかるのは、価値が変わらなかった第三の商品と比べたときだけだ。もしすべての
商品の価値が同時に同じ割合で上がったり下がったりすれば、その相対価値はまっ
たく変わらない。その実際の価値の変化は、同じ労働時間内で生産される商品の量
の増減にあらわれる。
4. リネンと上着のそれぞれに必要な労働時間、つまりはその価値は、同時に同じ方向
に変化する場合でも、その程度がちがうかもしれないし、または変化の方向がち
がったりすることもある。この種の組み合わせとして可能なものがそれぞれ商品の
相対価値に与える影響は、単純に上の 1, 2, 3 のケースを適用すればいいだけだ。
だから価値の量の実際の変化は、その相対的な表現(または言い換えれば相対価値の大
きさ)に文句なしに表れるわけじゃないし、もれなく表現されるわけでもない。商品の相
対価値は、その価値が一定でも変化するかもしれない。価値が変化しても、相対価値は一
定のままかもしれない。そして価値の大きさの同時的な変化と、その変化の大きさの相対
*9 訳注:こんなのを「分析」と称して悦にいってるのは恥ずかしいんだけど。くどくど説明してる分、か
えってわかりにくくなってるんだけれど、A の価値が倍になったら、他の商品との相対関係で表現しても
A の価値は倍になったことになります、と言ってるだけだ。
Page 25
1.3 価値の形態、または交換価値
19
的な表現とは、あらゆる点でまったく対応するものではない*10。
(iii) 等価な形態
商品 A(リネン)は、その価値を別種の商品 B(上着)の利用価値で表現することで、
後者に独特の価値形態、つまり等価物という価値形態を負わせるということを見てきた。
リネンという商品は、その価値としての存在を示すのに、上着がリネンと等しいモノと見
なせるという事実を使う。そのときその上着は、それ自身の物理的な形態とちがった価値
形態を取るわけじゃないのに。上着はそのままリネンと交換可能だ。このようにしてリネ
ンは実際に、価値としての自分の存在を表現する。だから商品の等価形態っていうのは、
それが他の商品と直接交換可能な形態だ。
もしある商品、たとえば上着が、他の商品(リネン)の等価物としての役目を果たし、
つまり上着がリネンとそのまま交換可能な形態という特徴的な性質を獲得したとしても、
これではまだこの両者を交換すべき比率はまったく出てこない。リネンの価値は決まった
量なので、この比率は上着の価値の規模による。上着が等価物として表現され、リネンが
相対価値として表現されるか、それともその逆にリネンが等価物で上着が相対価値として
表現されるか、いずれにしても上着の価値の大きさはいつも変わらず、それを作るのに必
要な労働時間で決まるモノであって、その価値形態とは関係ない。でも上着が価値表現の
中で等価物の位置を占めるようになったとたん、その価値の規模は定量的には表現されな
くなる。それどころか上着はいまや価値の等式の中で、あるただのモノの絶対量としての
み存在するようになる
たとえばリネン 40 ヤードが「持つ価値」は――なんだろう? 上着 2 着だ。上着とい
う商品がここでは等価物の役割を果たすので、上着という利用価値が、リネンに対する価
値を体現したものとなるので、上着の絶対数でリネンの中にある価値の絶対量を十分に表
現できるのだ。つまり上着 2 着はリネン 40 ヤードの価値の大きさを表現できるけれど、
それ自身の価値の大きさは決して表現できない。ベイリーやその先人たちおよび後継者た
ちの多くは、この事実についてきちんと理解できていなかったために、つまり価値の等式
の中で等価物が常にあるモノ、ある利用価値の単純な量という形態を取ると考えたため
に、価値の表現を単なる定量関係として見るというまちがいに入り込んでしまった。でも
実は、商品の等価物形態は、価値の定量的な決定要因をまったく含んでいない*11。
等価形態について考えてみたとき、真っ先に気がつく奇妙な点は、利用価値がそれと反
対のものである価値の出現形態となることだ。
商品の自然形態がその価値形態となる。でも、よく気をつけてほしいのだけれど、この
*10 訳注:うだうだ書いてるけど、数式で表現すれば一発ですむつまんない話なんですけど。
*11 訳注:それを作るのに必要な労働の量ですべて決まるんでしょ? 上着の中に一定量の労働があると見な
しているからこそ等式で結んだりしたんでしょ? だったら含んでるじゃないの。
Page 26
20
第 1 章 商品
代替が商品 B (上着、トウモロコシ、鉄等々) で起こるのは、他の商品 A (リネンなど) が
それと価値関係に入るときだけだ。そしてその代替は、この関係の制約内でしか起こらな
い。ある商品は、自分自身とは等価物として関係づけられない。だから、それ自身の物理
的な形をそれ自身の価値の表現として使えないので、等価物として別の商品と関連づけら
れなくてはならない。だから、別の商品の物理形態を、自分自身の物理形態に仕立てなく
てはならないわけだ。
これをはっきりさせるために、物質的なモノとしての商品、つまり利用価値としての商
品に適用される尺度を例にとろう。砂糖のかたまりは、物体なので重たく、だから重量を
持つ。でもその重量そのものを見たりさわったりはできない。そこで、事前に重さがわ
かっているいろんな鉄のかたまりを持ってくるわけだ。鉄のモノとしての形態は、それ自
身として見れば、砂糖のかたまりと同じく重さの表現形態じゃない。でも、砂糖のかたま
りを重さとして表現するためには、それを鉄との重さ関係の中に置く。この関係の中で、
鉄は重さだけを表現するモノとして扱われる。だから鉄の量は、砂糖の重さを量るために
機能し、砂糖のかたまりとの関係の中では、純粋な重さの形態、重量の表現形態となる。
鉄がこの役割を演じるのは、この関係の中だけのことだ。つまり、砂糖との、または他の
重さを知りたい各種のモノとが、鉄と取り結ぶ関係の中だけでその役割が出てくる。もし
どっちのモノものも重さがなければ、それはこの関係を結ぶことができないし、だから片
方がもう片方の重さを表現するという機能を果たせない。それぞれをはかりに載せれば、
重量として見た場合にそれらが同じモノで、だから適切な量だけ取れば、両者が同じ重さ
を持てるということが実際にわかる。ちょうど鉄というモノが、砂糖のかたまりとの関係
の中で、重量の尺度としては重量だけを表現しているように、われわれの価値の式のなか
で、上着というモノは価値だけを表現している。
でもアナロジーはここで終わる。砂糖のかたまりの重さを表現するとき、鉄はその重量
という両方のモノに共通する自然の性質を表している。でもリネンの価値の表現の場合に
は、上着は超自然的な性質をあらわしている。つまり、それらの価値だ。そしてその価値
は、純粋に社会的なものだ。
商品、たとえばリネンの相対的な価値形態は、その価値存在を、その材質や性質とは
まったくちがったものとして表現する。たとえば上着と比べられるという性質として表現
するわけだ。だからこの表現自体が、それが社会的関係を隠しているんだよ、ということ
を示していることになる。等価形態の場合には、その逆が成り立つ。まさに物質としての
商品自体、たちえば上着が、日常生活の中でと同じように価値を表現し、したがって価値
形態を自然そのものによって与えられているということから成り立つのが等価形態だ。確
かに、これは価値関係の中でだけ成立するものだ。つまり、リネンという商品が上着とい
Page 27
1.3 価値の形態、または交換価値
21
う商品と等価物として関係している場合にしか成立しない。でも、モノの性質は他のもの
との関係から生じるものじゃない。逆にそれは、そういう関係によって活性化されるだけ
だ。だから上着は、その価値形態(つまりその直接交換可能だという性質)を自然から与
えられたように見える。ちょうど、重さを持つ性質や、われわれを暖かく保つ性質が自然
から与えられているように。そこで出てくるのが、等価形態の謎めいたところが出てく
る。これが経済学者の粗雑なブルジョワ的見方に衝突するのは、その等価形態がその完全
に発達した形、つまりお金という形で経済学者に直面するときだけだ。そうなるとその経
済学者は、黄金や銀の神秘的な性質をなんとかごまかして説明しようと、それをもっと魅
力のない商品と置き換えて、ずいぶんさっぱりした顔で満足げに、これまで等価物の役割
を歴史上のどこかで果たしてきた、劣った商品のカタログをあれこれ並べ立てはじめるの
だ。経済学者は、リネン 20 ヤード = 上着 1 着という実に簡単な価値の表現にさえ、解
明すべき等価形態の謎が示されているということに気がつきさえしない。
等価物として機能する商品の実体は、常に抽象的な人間労働の体現としてあらわれ、そ
してそれは必ず何かはっきりした形で役に立つ具体的な労働の産物だ。上着が単に抽象的
な人間労働の具現化したものなら、その上着の中に実際に表れた仕立て作業は、単に抽象
的な人間労働の形で実現しているだけだ。リネンの価値の表現の中で、上着の仕立て作業
の有用性は、服や、結果的にまた人を作ることにあるのではなく、われわれがすぐに価値
として(つまり凝集された労働の量として)認識する物理的実体を作る、ということにあ
る。*12そしてそこでの労働は、リネンの価値の中で対象化されている労働とまったく区別
がつかないものだ。こういう価値の鏡として機能するためには、仕立て作業は人間の労働
だという抽象的な性質以外に何も反映しちゃいけない。
人間の労働力は、仕立て作業という形でも使われるし、布織り作業という形でも使われ
る。だからどっちも、人間の労働だという一般的な性質を持っていて、だからたとえば価
*12 訳注:説明しよう! マルクスがここで何を得体の知れないことを延々と述べているかというと、要する
に交換価値(お値段ですな)と実用的な価値(そのお役だち度合いですな)とは関係ないと言った一方で、
実は関係ある、というのを言うためにへりくつをこねているのだ。リネンと上着という、布製品を例にあ
げるからなんかもっともらしいけど、本とフライパン、というもので話そうか。本のお値段ってのは、マ
ルクスによれば、それを作る労働時間で決まる。ところが一方でマルクスは、値段は直接ははかれない、
という。で、値段が表現されるのは、何か別のものと交換されるときだ、という。そしてその本のお値段
(有用性とは関係なし)は、交換される対象のフライパンで表されるけれど、そのときはフライパンのお
値段(つまりそれを作るのに使われる労働)は関係なくて、フライパンの実用的価値(が効いてくるんだ、
という。つまり本とフライパンを交換するとき、本を手放す側は「この本につぎこまれた労働量は、この
フライパンの目玉焼き等製造能力と同じだ」という変な判断をする、というのがマルクスの主張。ところ
がその次に、(ちょうどこの注のついている文のあたり)実はそのものの有用性が問題になってるんじゃ
なくて、人はそのフライパンの中に凝集された労働量を一瞬で見て取るんだ、という話をしはじめる。要
するに、価値は労働時間→でもそれは直接は見えないから、交換するとき別のものの実体(有用性)の中
で表現される→でも人は実はその別のものの中にある労働量を見ている→でもその労働量は実は見えない
から→……という無限ループになってるわけだ。
Page 28
22
第 1 章 商品
値の生産といった場合には、この観点から検討されなきゃいけない。これには何も謎めい
たところはない。でも商品の価値表現では、この質問がひっくり返る。たとえば、布織り
作業が価値を作るのは、それが布を織るという具体的な形態によるんじゃなくて、人間の
労働だという一般的な性質からくるのだという事実を表すために、われわれはそれを、リ
ネンと等価なものを生み出す具体的な作業、つまり仕立て作業と対比させる。仕立て作業
は今や、抽象的な人間労働を具現化する、実体的な形態だと見なされる*13。
だから等価形態は、第二の特異性をもっている。等価形態の中では、具体的な労働は、
その正反対である抽象的な人間労働の表現形態になる、ということだ。
でもこの仕立て作業という具体的な労働が、他と何のちがいもない人間労働の表現とし
てのみ捕らえられるから、それは他の種類の労働、たとえばリネンにこめられた労働と同
じモノになるという特徴を持っている。結果として、他のあらゆる商品生産労働と同じく
それは個別個人の労働だけれど、でも一方でそれは直接的に社会的な形での労働でもあ
る。まさにこの理由から、それは他の商品と直接交換可能な製品という形でわれわれの前
に提示されるわけだ。だから等価形態には第三の特異性がある。私的な労働が、その正反
対の形態をとる、つまり直接的に社会的な形の労働となる。
いま展開してきた等価形態の二つの特異性は、社会的・自然的を含め、数多くの思考の
形と同じく、価値形態をも最初に分析した偉大なる探求者に遡るともっとはっきりしてく
る。その探求者とはアリストテレスだ。
まずかれは、商品の金銭形態が価値の単純な形態、つまりある商品の価値表現を、任意
に選んだ何か他の商品で行うという側面をもっと発展させただけのものだ、ということを
とてもはっきりと述べている。というのもかれはこう述べている:
ベッド 5 つ = 家 1 軒
というのは
ベッド 5 つ = ある量のお金
というのと何のちがいもない、と。
そしてかれはさらに、この価値そのものの表現の枠組み自体が、家が定性的にベッドと
同じと見なされることを必要とするんだ、と看破している。そしてこうしたものが、感覚
的には別個のものだから、この本質的な同一性がなければ通約可能な量として相互に比べ
たりできないということも見て取っている。かれは言う。「等価性なくして交換はありえ
ず、通約可能性なくして等価性はあり得ない」。でもここでアリストテレスは息切れして、
価値形態をそれ以上分析するのを放棄する。「しかし現実には、こんな似たところのない
*13 訳注:上の段落で言ったことから一歩後退したことに注意。
Page 29
1.3 価値の形態、または交換価値
23
もの同士が通約できる(つまり定性的に等しい)ということは不可能だ。この種の等価性
は、物事の真の性質とは絶対に異質なものであり、したがってそれは「現実的な目的のた
めの便宜上の措置」でしかない」。
つまりアリストテレスは自分で、それ以上の分析がなぜできなかったかを告げてくれて
いる。価値の概念が欠けていたからだ。ベッドから見て、そのベッドの価値をあらわすも
のとしての家が表象している均一な要素、つまり共通の中身はなんだろう? そんなもの
は、本当は存在し得ないのだ、とアリストテレスは言う。でも、そんなことはないだろう。
ベッドに対して、家は何か等しいものをあらわす。それがベッドと家の両方の中にあって
本当に同じものを表している限り。そしてそれは――人間の労働だ。
でも当のアリストテレスは、価値の形態を観察してもこの事実を抽出できなかった。商
品価値の形態ではすべての労働が同じ人間労働として表現されているということ、つまり
は同じ品質を持つ労働で表現されていることがわからなかったのだ。なぜかというと、ギ
リシャ社会は奴隷労働に基盤をおいていたからで、だから人やその労働力が不平等だとい
うことを当然の偏見として持っていたからだ*14。価値の表現の秘密、つまりあらゆる種
類の労働の平等性と等価性(なぜかというと、それは一般化された人間労働だからだ。そ
してこれが当てはまるのはその限りにおいてのことだ)は、人間の平等性という概念が
固定した一般的な意見としてすでに永続的になったときにしか解明できないものだから
だ*15。でもこれは、商品形態が労働の産物のユニバーサルな形態になった社会、つまりは
支配的な社会関係が、商品の保有者としての人間同士の関係しかないものだからだ。アリ
ストテレスの天才性は、まさに商品の価値表現における等価関係の発見に示されている。
この等価性の関係が「実際には」何で構成されていたのかをかれがつきとめられなかった
のは、かれが暮らしていた社会に内在する歴史的制約のためでしかない。
(iv) 総体として考えた単純な価値形態
商品の単純な価値形態は、別種の商品との価値関係、つまりはそれとの交換関係に含ま
れている。商品 A の価値は、定性的には商品 A と商品 B とが直接交換できることで表さ
れている。これは定量的には、一定量の商品 A と、ある決まった量の商品 B とが交換で
きるということで表現されている。言い換えると、商品の価値はその「交換価値」として
の提示を通じて個別に表現されている。本章のはじめに、われわれはさりげなく商品が利
用価値でもあり交換価値でもあると述べたけれど、これは厳密に言うとまちがっている。
*14 訳注:ここでマルクスはギリシャ社会を不平等社会だと糾弾している。でも、すべてを均質な労働として
みる、というのがどういうことだったか思い出そう。いろいろちがった不平等な労働があるけれど、それ
を平均的な労働に換算してみよう、というのが「同じ品質を持つ労働」だったわけだ。自分の社会につい
ては勝手に平等なものに換算することにしといて、他の社会を見るときには、そこにでこぼこがあると
いって糾弾している。イーンチキ!
*15 訳注:あほくさ。人類平等だとみんなが思ったら、人類の労働も平等だと思う、と言ってるトートロジー。
Page 30
24
第 1 章 商品
商品は利用価値あるいは役にたつ物体であり、同時に「価値」である。その商品は、その
価値が自然形態とはまったく別の独自の表現形態を持ったとたんに、その正体である二重
の姿をすぐにあらわす。その表現形態というのは交換価値だ。商品はそれだけ見ている時
には絶対にこの形態を持たないけれど、でもそれが別種の他の商品と価値関係または交換
関係にあるときにだけそれが姿をあらわす。いったんこれがわかれば、われわれの最初の
言い方も何ら害はない。むしろ手短な言い方として役に立つ。
われわれの分析は、価値の形態、つまり商品の価値の表現は、その商品価値の性質から
出てくるものであり、価値とその大きさが交換価値の表現方法から生じてくるのとはちが
う、ということを示した。この第二の見方は、重商主義者たち(およびフェリエ、ガニル
など重商主義を現代風に焼き直した人々)やその対極にいるバスティアやお仲間たちのよ
うな、現代の自由貿易の旗振り役たちの両方にとって、がっかりするものだろう。重商主
義者は価値表現の定性的な部分に主な焦点をあてる。これはつまり商品の等価形態という
ことで、これはその完成形ではお金だ。一方、現代の自由貿易押し売り屋さんたちは、こ
うした商品をどんな値段でもいいいから叩き売らねばならないので、価値の相対形態の定
量的な面を強調する。つまりかれらにとって、価値や価値の大きさは、交換関係という手
段を通じた表現以外のどこにも存在しない。つまりそれは、証券取引所での日々の時価一
覧の中にしか価値がない、と言っているわけだ。スコットランド人のマクラウドは、ロン
バード街の混乱した考え方を実に博識な洗練度でもって排除したけれど、かれは迷信深い
重商主義者と啓蒙された自由貿易押し売り屋さんたちとの見事なあいのこだ。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/2074-63e43cf9