エリジウム

http://putlocker.is/watch-elysium-online-free-putlocker.html

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=84532

極端な格差社会、そして健康格差~エリジウム









 監督は、地球に暮らすエイリアン難民と人類の対立を描いた2009年のデビュー作「第9地区」で、米アカデミー賞4部門にノミネートされたニール・ブロムカンプ。出演はマット・デイモン、ジョディ・フォスター。そして、どんな病気でもあっという間に治す機械まで登場する――。こうなると、この欄で取り上げないわけにはいきません。

 「エリジウム」(2013年/米国、9月20日全国公開)。エリジウム(elysium)は、英語で極楽とか理想郷、楽園という意味。SFエンターテインメントですが、社会的なメッセージもしっかり込められています。ストーリーを試写会資料などからまとめると――。


 21世紀末から地球は環境汚染と人口増加で荒廃し、一握りの富裕層は、地表から400キロ上空にあるスペースコロニー(宇宙に建造された人工の居住地)「エリジウム」に移り住んだ。しかし、地球に遺のこされた人々は、手を伸ばせば届きそうなのに決してたどり着けないエリジウムを見上げながら、汚染や貧困のなかで生きるしかすべがなかった。

 2154年、ロサンゼルスのスラムに暮らすマックス(マット・デイモン)は、ロボット製造工場でまじめに働いていたが、ある日現場で大きな事故に遭い、余命5日間の宣告を受けた。エリジウムには、どんな病気や傷でもあっという間に完治することができる医療ポッドがある。しかし、防衛長官デラコート(ジョディ・フォスター)は地球からの移民を禁じ、密入国者は容赦なく排除する。それでもマックスはエリジウム行きを決意、コンピューター付きのマシンと体を結合させ、命の危険にさらされながらエリジウムへ向かう――。






宇宙に浮かぶエリジウム


 エリジウムの設定は、幅3キロ、直径60キロのドーナツ状のスペースコロニー。ドーナツはスポークで結ばれ、回転して重力を作ります。このタイプのスペースコロニーは、1970年代にスタンフォード大学で提案され、「スタンフォード・トーラス型」と呼ばれるそうです。

 地球は荒廃し、ほこりっぽく、高層ビルはボロボロ。色彩をひと言で言うと「茶色」です。一方、宇宙に浮かぶこの巨大なドーナツにカメラが近づくと、植物やきれいなビル、水面などが鮮やかに目に飛び込んでくる。このあたりの映像が対照的でおもしろい。





エリジウムの内部。豊かな自然と建造物は今の地球と変わらない


 そして、エリジウムの各家庭(?)にある医療ポッドがすごい!昨年9月、このブログで映画「プロメテウス」を紹介した時、「全自動手術台」について「すごすぎる!」と書きましたが、これはそれどころじゃありません。

 医療ポッドに横たわってパネルをチョチョイと操作すれば、がんはすぐに治すわ、壊れた体の組織もあっと言う間に元通りにするわで、もう、ドラえもんもびっくりの夢の機械。医師は完全に失業しそうです。おまけに、何と「若さ」さえも持続できるらしい。ちなみにデザインは、イタリアのファッションブランドのヴェルサーチだそうな。





ヴェルサーチがデザインした医療ポッドのコンセプトアート


 さて、この映画で医療ポッドは、地球とエリジウムとの「格差」を象徴する極端な一例に過ぎません。でも、経済的に富む人たちが良い医療を受けて健康を維持する一方で、貧しい人たちが満足な医療を受けられずに健康を害してしまうという「健康格差」は、すでに現在の私たちの社会に存在する事実なのです。

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さんがやる「マイケル・ムーアじゃねえよ!」のギャグでおなじみ、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「シッコ」(2007年/米国)では、医療費が支払えず病院に行けないために傷口を自分で縫う人や、指を事故で2本切断して高額な中指の縫合手術はあきらめざるを得なかった人、入院したのに治療費を支払えないために病院から車で連れ出されて路上に捨てられた人などを取り上げ、米国の医療制度を鋭く批判しています。

 国民皆保険制度がしっかりしている日本では、さすがにこうした極端なケースはほとんどありません。でも、経済的な格差が健康の差につながることをうかがわせる調査は国内でも少なくないのです。

 日本福祉大教授の近藤克則さんの著書「健康格差社会」は、収入や学歴、社会的地位の差の拡大が健康状態に悪影響を与えると警鐘を鳴らしています。調査によると、貧しく低学歴の高齢者ほど要介護状態やうつ、不眠、骨折につながる転倒の回数が多く、生活保護を受けている高齢者は、所得が200万円以上の人に比べ、死亡率が男性で3・1倍、女性は2・2倍高かったそうです。

 今年8月24日の本紙夕刊社会面(東京本社版)に掲載された岩永直子記者の記事では、国立社会保障・人口問題研究所の部長の調査で、所得の低い家庭の子どもは入院する割合が高く、病気からの回復力も落ちるなど、所得による健康格差があることが分かった、と書いています。

 これら日本の「経済格差による健康格差」は、医療制度の問題というよりも、食生活や住環境の悪さで病気になりやすいこと、自己管理に必要な知識や病院に連れて行く時間的な余裕がないことなど、複合的な原因が推測されています。こうした格差の解消に向けて、国は総合的な貧困対策を行わなくてはなりません。

 さて、エリジウムに乗り込んだマックスは、あるミッションを遂行すべく、壮絶な戦いに挑みます。ラスト、私は予想以上に感動しました。欲を言えば、児童養護施設で育ち、つらく厳しい生活を送ってきたマックスの「状況」だけでなく、「感情」がもっと詳細に描かれていれば、ラストできっと私は涙を流したでしょう。マット・デイモンは好きな俳優なんですけどね。




「エリジウム」
9月20日(金)から、新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/tb.php/1955-ba57b173