太平洋戦争の膨大な戦費は、最終的に国民の預金を強制徴収してカバーされた日本は太平洋戦争に敗北してしまいましたが、この戦争は日本の体力をはるかに超える無理な戦争でした。太平洋戦争には、当時の金額で延べ1900億円もの費用が投入されたのですが、この金額は国家予算の何と70年分という途方もないものです。戦費の多くは、政府が国債を発行し、日銀がそれを直接引き受けることで調達されました。現在、日銀が行っている量的緩和策は、政府が発行した国債を直接買っているわけでありませんが(一部を除く)、今の量的緩和策に近いことを行っていたわけです。日本の敗戦が確定すると、国内では一気にインフレが加速しました。日本政府は、インフレを沈静化するとともに、戦争のために積み上げられた膨大な借金を何とかする必要に迫られ、とうとう非常措置を発動することになります。それが預金封鎖と財産税です。預金封鎖は1946年2月に突然実施されました。その日を境に、必要最小限の生活資金以外は、銀行の預金が引き出せなくなったのです。引き続いて財産調査令が出され、封鎖された銀行預金に関して誰がいくら保有しているのかについて申告が義務付けられました。その後、財産税が公布されることになり、保有している封鎖預金のうち一定割合が強制的に税金として徴収されました。これにはかなりの累進がかけられており、富裕層については90%もの税率となっています。ただでさえインフレで現金の価値が目減りしていたところに、90%の財産税が課されてしまいましたから、当時の富裕層の多くは、ほぼすべての財産を失ってしまいました。つまり、国民が持つお金を強制的に徴収することで、戦争に使った膨大な費用の帳尻を合わせたというわけです。



































http://k-kaya.com/archives/1969




聞き慣れない言葉「預金封鎖」って何?


 2015/02/20

 NHKの9時のニュースで、終戦直後に実施された預金封鎖と財産税が取り上げられ、ちょっとした話題になっているようです。預金封鎖というのはあまり聞き慣れない言葉ですが、これは一体どんな施策だったのでしょうか。

太平洋戦争の膨大な戦費は、最終的に国民の預金を強制徴収してカバーされた
 日本は太平洋戦争に敗北してしまいましたが、この戦争は日本の体力をはるかに超える無理な戦争でした。太平洋戦争には、当時の金額で延べ1900億円もの費用が投入されたのですが、この金額は国家予算の何と70年分という途方もないものです。

 戦費の多くは、政府が国債を発行し、日銀がそれを直接引き受けることで調達されました。現在、日銀が行っている量的緩和策は、政府が発行した国債を直接買っているわけでありませんが(一部を除く)、今の量的緩和策に近いことを行っていたわけです。

 日本の敗戦が確定すると、国内では一気にインフレが加速しました。日本政府は、インフレを沈静化するとともに、戦争のために積み上げられた膨大な借金を何とかする必要に迫られ、とうとう非常措置を発動することになります。それが預金封鎖と財産税です。

 預金封鎖は1946年2月に突然実施されました。その日を境に、必要最小限の生活資金以外は、銀行の預金が引き出せなくなったのです。引き続いて財産調査令が出され、封鎖された銀行預金に関して誰がいくら保有しているのかについて申告が義務付けられました。

 その後、財産税が公布されることになり、保有している封鎖預金のうち一定割合が強制的に税金として徴収されました。これにはかなりの累進がかけられており、富裕層については90%もの税率となっています。ただでさえインフレで現金の価値が目減りしていたところに、90%の財産税が課されてしまいましたから、当時の富裕層の多くは、ほぼすべての財産を失ってしまいました。

 つまり、国民が持つお金を強制的に徴収することで、戦争に使った膨大な費用の帳尻を合わせたというわけです。これだけの荒療治をやったことで、膨大な戦時債務は解消され、インフレもその後、何とか収束に向かうことになりました。

yokinfusa

本当にこのような措置があり得るのか?
 日本政府は、2020年間でに基礎的財政収支を黒字化するという目標を立てています。しかし、今の状態では、消費税を10%に増税したとしても、その目標を達成するのは困難といわれています。

 この基礎的財政収支目標が妥当なのかどうかについては、様々な見解があり、日本の財政はまだ大丈夫だと主張する人もいます。

 ただ、国際比較という意味でも、また歴史的に見ても、政府債務のGDPに対する比率は、かなり高いというのが現状ですから、まったく問題ないという解釈は成立しにくいでしょう。仮に財政が破たんする状況にまでにはならないにしても、財政悪化が懸念され、金利が急騰しただけでも、日本にとっては大打撃です。

 番組のメッセージは、財政規律をしっかりしておかないと、最終的にはこのような非常手段で帳尻を合わせる結果になりかねないということを意図していると思われます。

 ちなみに、これらの非常措置は、日本国憲法が公布される前、明治憲法下で実施されたものになります。今の憲法の下で財産税を課すという場合には、私有財産の権利に抵触する可能性も出てきますから、容易には導入できないでしょう。

 もっとも預金封鎖自体は政令で実施されていますので、現憲法下でも、理論的には国会決議なしで実施することができます。政府が本当にヤル気になれば、こうしたことを実施するのはそれほど難しいことではありません。最近の例では、財政危機を起こしたキプロスが似たような施策を実施しています。

 財政再建をするためには、歳出を減らす、増税する、経済成長させる、インフレで実質債務を減らす、という4つの方法しかありません。

 増税論者の人は増税しかないという言い方をしますし、経済成長論者の人は、経済成長で税収が増えれば財政再建は達成できると主張します。
 しかし現実には、これらの方法をすべて組み合わせ、あらゆる方面で努力を続けていく必要があります。どれかひとつの方法で、魔法のように財政再建を達成することは難しいと考えた方がよいでしょう。

| 未分類 | コメント(0)

戦前・戦中史(1875-1945) 日清・日露戦争から第一次大戦そして第二次大戦に至る戦費の調達、つまり戦時国債の購入に郵貯・簡保の資金が総動員された。政府が全戦費を税金でまかなおうとしたら、いかに軍国主義的に教育された国民でも怒る。大戦争では、全所得を徴収しても足りないからである。戦費は、「借り倒し」を前提とした借金でまかなうしかない。各戦争における総戦費と一般会計歳出(通常の政府予算)の比をとると、日清戦争で 3.74倍、日露戦争で 4.15倍、日中/太平洋戦争で 9.16倍であった。今次大戦では、戦費を郵貯・簡保・年金、銀行・生保からの借り入れと国債の日銀引き受けでまかなった。郵貯・簡保・年金基金はあげて戦時財投にまわされ、すべて消尽した。郵政資金で造った兵器は太平洋の藻屑となり、軍需工場は空襲で破壊された[『数字でみる日本の100年』国勢社、1991、10章]。戦争継続の財政基盤は税金よりも郵貯・簡保に依存していた。そこを経由して、政府が国民に払った金がまた政府に戻るからである。たとえば、兵士の給与が「軍事郵便貯金」に入ると、戦時国債を経て、兵器生産や兵士給与(本人分を含む)に回った。これでは兵士が自費で戦争していたようなものではないか。税金ではこのような二重三重の使い回しはできない。敗戦で戦時財投は当然返済不能になり、郵貯・簡保も破産した。じつをいうと、この「破産」は開戦前、軍需投資にフル動員された時点(1930年頃)ですでに運命づけられていた。政府・軍部は、「返せなくなった」と告白して国民に謝罪するか、戦争拡大というバクチに賭けるか、の二者択一に追い込まれていたといえる。前者なら、国民は預金損失を被るにせよ、命まで失うことはなかったはずである。実際は、破産した債務者(政府・軍部)が、債権者(預金者・国民)に謝るかわりに、「国(政府・軍部)のために死ね」と命令したのである。



































http://eritokyo.jp/independent/nagano-pref/kawamiya-aoki-col001.html

エントランスへはここをクリック   



郵貯・簡保の自然縮小と
国家財政基盤の崩壊

~郵政「民営化」幻想の勝利
-不可避となった財政破綻~

 河宮信郎・青木秀和

掲載日2005.10.9




 
はじめに

 「郵政民営化によって資金を民に回し、経済を活性化する」という小泉・竹中構想が喧伝されてきた。

 いわば「金融民活」論である。この構想に、小泉政権だけでなく、マスコミ編集者、経済評論家から、金融部門を含む財界や経済学者(の一部)まで期待を寄せているようにみえる。

 政権に挑んだ民主党も、本心は民営化に賛成で「預金規模の圧縮を先行させよ」という注文をつけただけであった。

 「郵政民営化」の方針そのものに反対したのは自民の造反組と共・社だけであった。有権者には「民営化反対」の選択肢がほぼ閉ざされていた。

 しかし、この「郵政民営化」構想は救いがたい自己矛盾を抱えている。というのは、もし「官」が「民」の資金を吸い上げるのがわるいとすると、「官の長」である政府が民の資金を吸い上げることもわるいはずである。

 ところが、小泉政権は大量に「民」の資金を吸い上げてきた。在任4年間に、146兆円の国債を発行し、06年度の予定も合わせると180兆円になる(このほかにドル買い用の短期国債を大量に発行した)。

 要するに小泉首相は、「日本一の借金王」と称した小淵恵三元首相以上に「民資」を吸い上げてきた。その当事者が「官(政府)に資金を回すな」と主張している。

 政府は「民資」の大量吸収、すなわち「官の悪」と自分が攻撃する政策をまる4年間続けてきた。なんの「改革」もしなかったのはなぜか。

 現に「実行中の政策」と正反対の方針を、「政策目標」として掲げることが許されるのか。またその「目標」を選挙民が「現実の施政と反対だ」と気づかずに支持してしまったら、政治はどうなるのか。

 要するに、現実の施政は「民資の大量吸収」、改革の目標は「民への資金還流」、そのための手段が「郵政民営化」である。この「三つ巴」が互いに矛盾しているのである。三項の相互矛盾は、なにに起因し、どのような財政・金融問題を惹き起こすのか。

 本稿では、「郵政民営化による経済活性化」論が壮大な共同幻想であり、じつは財政破綻の危機を秘めた「パンドラの箱」であることを明らかにしたい。「郵政民営化」法の成立・施行を待つ間にも、政府の資金欠乏、国債の消化困難が顕在化すると思われる。


Ⅰ部 「郵政」の本質-税外の政府収入 
    「郵営国家」の構造と問題点

 そもそも「郵政」とはなんであり、なぜそれが財政と不可分なのか。これを明らかにするには、「創設以降今日まで、郵政がどのような歴史的役割を果してきたのか」を問わなければならない。折しも、郵貯・簡保の資金収縮が始まった。

 「改革」に先行して「官」への資金供給力が急に細った。このこと自体、郵政130年の歴史的総括を迫る変動である。

 郵政の歴史を、戦前・戦中史(1875-1945)70年の第一ラウンドと戦後史(1946-2016)70年の第二ラウンドに分けて考えよう。

 前者は、明治期の郵貯創設から第二次大戦期の「戦時財投」による壮絶な破産までである。戦後史は、敗戦の灰塵のなか、預金封鎖と破綻処理から再出発してから今回の「民営化」問題決着までである。中間点の破綻・再出発から60年経ったいま、改めて郵政の存亡が問われるに至った。

★1 郵政事業の本質
   「民の貯蓄」を「官の収入」に転化

 「郵政改革」の核心は、資金額334兆円の「郵貯・簡保をどうするか」である。郵政3事業というが、郵貯214兆円・簡保119兆円と郵便事業とでは事業規模に2桁の差がある。

 郵便事業と郵便局窓口は、公共サービスとして市民生活との関連が深いが、事業規模は数兆円、郵貯・簡保からの補助金で成り立つ(郵便事業は、1871年に江戸時代の飛脚制度を取り込んでつくられた)。

 郵貯預金や簡保契約は、本来預金者や契約者(民)の「個人資産」である。この段階では銀行・生保と同じである。しかし、この後の運用が異なる。政府が国債という借金証文を郵政当局にわたし、金は政府が受け取る。政府は得た現金をそのまま税金と同じように使うことができる(財政投融資制度、財投)。

 すなわち、政府(官)にとってはこの金(公的資金)は「税外の国庫収入」になる。

 結局、「郵貯・簡保-財投」のセットは、「民の貯蓄」を「官の収入」に変える変換システムである。このシステムのおかげで、官(政府)は民から「借りた金」を「もらった金」のように使うことができる。

 郵貯・簡保は、戦前から一貫して国債の消化機構であった(簡保の創設は大正時代、1916年)、むしろそのためにつくられたといってもよい。なお、簡保資金は大蔵省への預託を義務づけられていなかったが(「自主運用」制度)、大蔵省の預託金運用をまねた資金運用をしていたので、一括して扱う。

 結局郵政は、債務者の政府が健全であれば成り立つが、不健全であれば破綻する。国家信用のもとは政府の「徴税能力」である。この「能力」の限界は国民の税負担力(対GDPで1/3程度)である。

 ところが、歴史的な困難期には、政府がやみくもに国債を発行して、国民の税負担力を超えるところまで行く。これが、郵貯・簡保破綻の究極の原因である。

★2 創設から「戦時財投」の破産まで
    戦前・戦中史(1875-1945) 

 日清・日露戦争から第一次大戦そして第二次大戦に至る戦費の調達、つまり戦時国債の購入に郵貯・簡保の資金が総動員された。政府が全戦費を税金でまかなおうとしたら、いかに軍国主義的に教育された国民でも怒る。大戦争では、全所得を徴収しても足りないからである。戦費は、「借り倒し」を前提とした借金でまかなうしかない。

 各戦争における総戦費と一般会計歳出(通常の政府予算)の比をとると、日清戦争で 3.74倍、日露戦争で 4.15倍、日中/太平洋戦争で 9.16倍であった。

 今次大戦では、戦費を郵貯・簡保・年金、銀行・生保からの借り入れと国債の日銀引き受けでまかなった。

 郵貯・簡保・年金基金はあげて戦時財投にまわされ、すべて消尽した。郵政資金で造った兵器は太平洋の藻屑となり、軍需工場は空襲で破壊された[『数字でみる日本の100年』国勢社、1991、10章]。

 戦争継続の財政基盤は税金よりも郵貯・簡保に依存していた。そこを経由して、政府が国民に払った金がまた政府に戻るからである。たとえば、兵士の給与が「軍事郵便貯金」に入ると、戦時国債を経て、兵器生産や兵士給与(本人分を含む)に回った。

 これでは兵士が自費で戦争していたようなものではないか。税金ではこのような二重三重の使い回しはできない。

 敗戦で戦時財投は当然返済不能になり、郵貯・簡保も破産した。じつをいうと、この「破産」は開戦前、軍需投資にフル動員された時点(1930年頃)ですでに運命づけられていた。

 政府・軍部は、「返せなくなった」と告白して国民に謝罪するか、戦争拡大というバクチに賭けるか、の二者択一に追い込まれていたといえる。前者なら、国民は預金損失を被るにせよ、命まで失うことはなかったはずである。

 実際は、破産した債務者(政府・軍部)が、債権者(預金者・国民)に謝るかわりに、「国(政府・軍部)のために死ね」と命令したのである。

★3 敗戦後の破綻・清算と再建(1946-1950)

 戦時国債は本来的に「不良債権」である。戦争に使った金を政府に返せと請求しても返せるわけがない。つまり、政府(債務者)は債務不履行に陥る。

 その結果、債権者である郵政、その債権者である預金者は預金を失う。この状況は敗戦前から不可避であった。しかし、戦争中はまだ政府信用の幻想が崩れない。敗戦で政府の無能・無責任が露呈するときに、国債が紙屑であることが白日のもとにさらされる。

 郵貯・簡保の資産は「対政府債権」であるから、その価値は「債務者・政府」の信用(徴税能力)で決まる。もっとも国債額が国民の税負担力を超えると、自動的に(客観的な)債務不履行の状態になる。

 しかし、「政府信用の幻想」が続く間は郵貯・簡保も無事である。郵貯・簡保の「破綻」は、政府の信用というより信用の幻想が崩れた瞬間に起こった。

 あとに残った問題は、政府の「債務切り捨て」、つまり預金者の貯金収奪をどうやるかということであった。日本政府は、旧植民地住民、零細預金者など弱いところにほど重い損失負担、つまり全額ないし高率の不払いを課した。

 他方では、軍需企業など財投資金の借り手に対しては債権放棄(返還免除)という恩典を与えた。零細預金者に不利、高額預金者や財投受益者に有利な破綻処理を企んだ。そのうえで、預金封鎖(引き出し規制)と新円切り換え、インフレによる減価を組み合わせて、ようやく累積債務を清算した[グループKIKI『どうして郵貯がいけないの』北斗出版、1993年、1章]。

 このような理不尽な破綻処理が、敗戦後の混乱と占領軍の強権のもとで強行された。当然ながら、郵貯・簡保の信用も地に落ちた。信用回復・郵貯・簡保再建のために、政府は一般会計からの補償(税金による支払い保証)を含む信用保証の制度を設けた。

 債務者の政府が、債権者である郵貯・簡保の債権を保証する制度である。保証人(政府)の支払能力には保証がないが、ともかくこれで郵貯・簡保は信用を回復した(現在まで継続)。

 なお、占領軍による戦後処理の一環として、郵貯・簡保財政投融資も「民主化」の対象となったが、これが「非軍事化」でよしとされた。

 その結果、旧陸海軍部がもっていた財投配分権を、大蔵省(現財務省)が一手に受け継いだ[竹原憲雄『戦後日本の財政投融資』文真堂 1988]。敗戦日本のなかで大蔵省は唯一「勝利者」であったといえる。もし大蔵省が旧軍部のモラル(の欠如)まで受け継いでいたとしたら、日本の郵政・財投は同じ過ちを繰り返しかねない。

 このときの郵貯・簡保の「破綻処理」はどこがわるかったのか。それは、「債務者」である政府が恣意的な「預金切り捨て」をやったことである。通常の破産処理であれば、「債権者」(預金者・国民)が債務者(政府・旧軍事部門)に対して「破産管財人」としてのぞみ、債権の保全・回収・放棄のやり方を指示する。

 少なくとも、債権者間の平等を確保するだけでも格段に公正な破綻処理になったはずである。「債務者・政府による破産管財」が許されない。この原則を、今後政府破産・郵貯・簡保整理が起こる場合にも適用する必要がある。

★4 郵貯・簡保資金の成長と
   公共投資の拡大(1951-1974) 

 再生した郵貯・簡保は、敗戦後の復興、大規模公共事業、財政赤字の補填、金融破綻の処理など多岐にわたる政府支出を担ってきた。60年代まで、郵貯・簡保は、社会的効用の高い都市基盤、産業基盤の整備に低利の融資金を供給する効果的な金融システムとして機能したといえる。敗戦日本の復興を牽引した功績はある。

 この「実績」に立って「政官業」利権複合体が確立し、やがて壮大な「無駄遣いシステム」に肥大した。最初から「悪」だったらここまで大きくはなれなかったであろう。

 ところが、ダム建設や公団住宅建設、鉄道電化・新幹線網・高速道路網の整備など社会インフラの整備が進むにつれて、こういう公共建設部門は縮小されるべきであった。

 西欧諸国ではこの経過を辿った。つまり公共投資の必要性が減るにつれて、公共工事の規模も縮小された。現在、これらの国では公共投資の対GDP比は日本のほぼ半分である。

(なお、アメリカは特殊で、必要不可欠な公共投資もやめて「軍事投資」に集中した。05年8月のハリケーン被害はその結果である。「民営」主義国家の末期症状である。)

 ところが、日本では逆に、不要不急の大規模公共事業が止めどなく拡大した。なぜか。郵貯・簡保に「過剰な資金」が溜まり、それを「公共投資」に使える制度があり、そのような政策が続けられたからである。

 80年代まで続いた所得水準の向上とそれを標的にした利用限度額の引き上げで、郵貯・簡保は銀行・生保を圧倒する集金力を獲得した。郵貯・簡保と年金基金の3機関に溜まる資金が、民間の銀行に溜まる全資金量と拮抗しうるようになった。

 大蔵省(当時)は郵政資金、つまり税収なみの「税外国庫収入」を得て、これを是が非でも「運用」すべき立場に立った。あり余る金をどう使うかに苦慮することになった。

 しかし、「この金を返済不能な貸し付け」に使ってはならないというのが、戦前史からの教訓であったはずである。しかし、財投運用先の是非が問われることはなく、大蔵省は専権的にこのような運用を続けた。

★5 財政投融資の腐敗から
    地価バブルへ(1975-1990)2005.09.20

 郵貯・簡保に集まる金を使い切るのが財投の役割となると、大規模な建設工事に投じるのが最も能率的である。1980年に18兆円を超え(1人当たり約18万円)、なお増えつづける財投資金を大蔵省の資金運用部(理財局)が使い切るのは大変だったにちがいない。

 建設省(当時)は「大量無駄遣い」の起案能力で他省庁を圧し、大蔵省の“頼もしい盟友”となった。長良川河口堰(1800億円)、諫早湾干拓(2500億円)、徳山ダム(3000億円)など、環境破壊だけで効用ゼロの工事が、もっぱら「資金需要大(高コスト)」という理由で採択されたのではないか。この段階で、「財投使途の有効性や返済可能性を問わない」というモラルハザードが全開になったように思われる。

 ところが、無制限な乱費に耐えると思われた財投が、不採算な建設投資の累積で、「財投対象機関」の財政を圧迫しはじめた。財投対象機関とは、旧国鉄などの特殊法人、地方自治体、ついで政府、つまり大規模な公的組織すべてである。この1980年代初頭の時点で、財投総体、郵貯・簡保のありかたが問われるべきだった。

 個々の財投受け入れ機関は「返済義務」を免れない。だから、不採算な巨大投資をすれば、返済義務で首が回らなくなる。国鉄(旧)が38兆円の累積債務を抱えて倒産したとき、それは「財投という仕組み」総体の破綻を意味していた。

 不採算の巨大建設工事(国鉄の場合は赤字地方線建設)を「政官業」の共謀で推進した。これは経済合理性を欠いており、その欠陥が露呈したのである。国鉄の状況は、すべての財投対象機関の先駆けであり典型であった。したがって、ここでは国鉄1社ではなく「郵政と財投」そのものが問われていた。

 ところが、事態はあるべき方向とは逆に展開した。国鉄だけがわるい、とりわけ「国鉄労組がわるい」かのような攻撃キャンペーンが張られた。なお、これは「郵政民営化」論議における「郵便局員バッシング」の先例である。中曾根政権は、国鉄1社をスケープゴートにして「行革の目玉」とし、その裏で他の財投機関の無駄遣いを隠蔽し免責した。

 国鉄「民営化」(1986年)、「国鉄清算」(1997年)の裏でなにがあったか。「民営化」に必要な資金はすべて財投資金(郵貯・簡保等)でまかなわれた。そもそも国鉄への「過大な不採算融資」自体が、郵貯・簡保資金で行われた。そこで生じた累積損失(国鉄清算事業団の残債27兆円)をさらに、郵貯・簡保の資金で埋めた[河宮信郎・青木秀和『公共政策の倫理学』丸善、2002、10章]。

 要するに、郵貯預金者の金を不採算の投融資に充て、そこで生じた損失をさらに預金者の金で補填したということになる。預金者(真の債権者)からいうと、これは預金の横領であり、取り込み詐欺である。しかし、「これは許せない、あくまで返せ」といったら、JR各社は再倒産に追い込まれる。ここからわかるように「民営化」の核心は「損失転嫁」、累積赤字の「国有化」にある。

 この損失転嫁が累積損失を引き受けるところ(郵貯・簡保)があってはじめて、「民営化」がなりたつ。赤字の国有化によって政府(の債務)規模はその分だけ大きくなる。旧国鉄1社の民営化で、政府は27兆円も大きくなった。

 中曾根政権は、財投全般の無駄遣い体制を温存したうえ、さらに「民活」による「無駄遣い」を誘導した。「不採算な巨大開発」のために、財投資金だけではなく、民間資本も巻き込もうという政策であった。第三セクター方式と呼ばれる公共開発の新しい手段(官民共同出資の企業体)を法的に整備した。これが爆発的な開発ブームを巻き起こし、「土地・株式バブル」にまで突き進むことになった。

 1980年代後半の地価・株価バブルを牽引したのは投機的開発による地価騰貴である。本来、営利・採算にさといはずの民間企業が「採算性のない巨大開発」に殺到したのはなぜか。それは長年にわたり、財投資金が「採算性を度外視した巨大開発」を可能にし、そこで建設関連業界に甘い汁を吸わせてきたからであろう。「官」からの資金補助が出る事業なら、自動的に採算が保証されると思い込んだのではないか。

 じつはその反対である。もともと採算性がないところこそ財投資金の出番だったといえる。採算無視の開発を推進してきた主役は、大蔵省・建設省コンビであった。ところが、この第三セクター方式では自治体に「開発投機」のチャンスが与えられた。全国の自治体がこぞって「三セク」投機に走り、その結末のバブル崩壊とともに財政危機に陥った(cf. 自治体の公債依存率)。

 この損失補填にも財投資金が投じられ、最終的には財投による特殊法人や地方自治体に対する融資の大半が不良債権化しているという指摘がある。

 慶応義塾大学の土居丈朗助教授によると、これら財投機関への融資357兆円のうち、267兆円(75%)が不良債権化しているという[“特殊法人「不良債権」の実態”『文芸春秋』2003年3月号]。なおこれは、国債自体は不良債権でないとみなす範囲での試算である。

 「バブル、つまり協同現象的な過剰投資」は「はじけた」のが悪いのではなく、「起こした」ことが悪い。日本経済の超長期的低迷を運命づけたのは中曾根政権である。

★9 地価バブルの崩壊から
    国債バブルへの転落(1991-) 

 80年代の地価バブルは政府が下地をつくった。財投・民活・低金利政策の三点セットで、政府・自治体が開発ブームを先導し、地価つり上げを誘発した。地価・株価バブルの崩壊で、金融部門総体が壊滅的な打撃を受けた。

 この歴史的な失政で生じた金融不安と長期不況への対策に、政府は無制限と思われるほどの国公債増発で応じた。この「国債バブル」が第二の失政である。とくに2008年から国債返済の負担が破局的な規模に達する。

 銀行・生保・証券会社の動揺を尻目に、90年代の郵貯・簡保は一見順調に資金を増やした。この資金が国債バブルに総動員され、その余得で民間金融機関が救済された。

 「民」(金融・建設・不動産業)が郵政資金(官)に救済を求めたことは、民(金融機関)が自らの非効率的かつ無責任な資金運用の責任をとれなかったことを意味する。自己責任を全うしえない点で「官」と同じなのである。救済に投じられた「公的資金」の実体は、預金者の「私的資産」であり、公的資金の減耗は預金者の資産の毀損であった。

 バブル崩壊以後の財政の実態をみるためには、年々の収支よりも累積した結果をみるほうがわかりやすい。たとえば、国債は1990年166兆円、2005年度末で538兆円である。バブル破綻以後、372兆円増えた。そのうち313兆円は1995年から2005年の間に増えた。地方債を合わせると、ここからさらに4割増える。

 国・地方を合わせた一般政府債務は774兆円になる(05年3月)。10年余でGDP相当の500兆円以上増えた勘定である。このほかに年金支払いの政府債務730兆円のうち、430兆円は財源が確保されていない。そして、すでに積み立てた基金140兆円も財投に回って不良債権化している。

 これだけの資金を「官(政府・自治体)」が「民」から吸い上げた。しかも、郵貯・簡保および年金基金だけでなく、銀行・生保等を通して民間からも吸い上げている。経由する機関が国営であれ民営であれ差はない。実際国債保有高でみると、郵貯・簡保、年金などから213兆円、銀行・生保など民間金融機関から229兆円を借りている。民間金融機関からの借入のほうが多いのである。

 つまり、郵政という資金経路が「民」に転換したら、政府はそこから資金を吸い上げるだけの話である。最終的な資金需要(財政赤字)を満たすために、政府は官民を問わず、あらゆる金融機関を資金調達の対象としてきた。この点では、郵貯民営化は「資金の民間還流」にさえ役立たない。

 問題解決に役立たない。「郵政改革」はあらゆる「構造改革」の要となるどころか、問題解決に役立たない。

 ともかく、歴代政府はこれだけの民間資金を吸い上げており、小泉政権もそれを継続し加速した。政府が実施中の政策とは反対の「政策目標」を掲げることは常軌を逸している。そして、政府が自分の財政基盤となってきた郵政を「ぶっこわす」と叫んでいる。

 しかもそれで人気を博している。要するに、「民の資金を民に回す」という改革目標は、小泉政権の現実の施政と反対である。さらに「郵政民営化」は資金の流れを変えるはたらきをしない。この2点だけでも、政府の政策は整合性を欠いており、意図する政策が実現することはありえない。

Ⅱ部 噴出する矛盾-
    国債バブルの終焉

 2000年以降、国債バブルを支えた郵貯・簡保が資金収縮に転じ、国債消化の機能を失った。この時期に「郵政民営化」を掲げる政権が生まれ、かつ有権者の支持を得た。郵貯・簡保の抑制・縮小は1980年代に行うべきであった。それなら先見の明を讃えるに値した。

 ところが、377兆円(99年のピーク値)にも膨れ上がり、政府を筆頭とする融資先が不健全化したあとで、「民営化」と規模縮小を図るという。これがいかなる財政・金融危機をもたらすか、政府が真剣に検討したとは考えられない。

★11 郵貯・簡保の自然収縮
    -虚構と化した「民営化」

 郵政民営化を掲げて小泉政権が登場する前に、郵政経由で「官に回る資金」に異変が生じていた。郵貯・簡保が資金縮小に転じ、かつてのように赤字財政を補填できなくなったのである。この(1)「資金の縮小傾向」、(2)「過剰な国債保有」、そして(3)「自己資本の不足と高い不良債権比率」の3条件のために、21世紀初頭から「郵政民営化」は実質上不可能になっていた。そして、いまや「名目的な民営化」さえも危うくなった。以下に、この状況を検討してみよう。

(1) 1990年代を通して、郵貯・簡保の資金は、90年の189兆円から99年の377兆円まで、188兆円増えた。うち郵貯は90年に136兆円、1999年に260兆円の頂点に達し、以後毎年6~10兆円の割で減り始めた(この増え方にも問題があった-補論参照)。簡保は90年に53兆円、2001年に126兆円に達して漸減に転じた。今後、後10年余で100兆円以上減ると予測される。(年次データの表)

 資金を得る政府側からいうと、郵政は90年に通算188兆円の収入をもたらし、反対に2000年代の十数年間に百数十兆円の支出要因になるだろう。1990年から2015年で通算すると、300兆円以上の収入減マイナスになる。政府財政はこの衝撃に耐えるであろうか。

 戦後伸び続けた郵貯・簡保がなぜ縮小し始めたか。まず団塊世代が「貯蓄する階層」から「貯蓄を取り崩す階層」に移行しつつある。さらに、金利低下による利子再預金(元加利子という)の減少および不況長期化による所得減・払戻し増も響いている。簡保もまた、新契約による入金よりも契約者の死亡による支払いが増える時代になった。いまや郵政公社は資金の需要者であり、年10兆円規模で「払戻し原資」の現金が必要となった。

 この変動は社会構造上に生じた傾向で、政策で動かせるものではない。そして、この変動が国家財政を根底から揺るがす。過去130年間、敗戦後の異常期を除いて、郵貯・簡保は「税外の政府収入」であった。しかし、「収入」扱いにできたのは増え続けたからである。逆に収縮に転じれば、「支出」になる。すなわち、預金高の純減分は「予算外の政府支出」になる。なぜそうなるか。

 郵政公社は、預金者の預金払い戻しに現金を用意しておく必要がある。このとき、他の預金者から預かる現金を「払戻し原資」に回してすむならば差し当たり問題がない。しかし、新預金をすべて払い戻し原資に充ててもなお足りないときはどうするか。資産(主に国債)を売って現金にするか、借り手の財務省から預託金を返してもらうしかない。しかし、どちらも容易でない。

 まず、郵貯・簡保の国債売却は破滅的である。国債の最大の買い手が、突然年10兆円の売り手に回ったら、国債暴落は必至である。日銀の国債買いつけ(買いオペ)が年14兆円であることを考えれば、郵政だけで買いオペの大半が食われる。

 だから、総務省と財務省はたとえ「郵政を民営化しても、国債の管理を続ける」ことに合意した。これは、民営・郵政会社の資産を政府の管理下に置くことを意味する。「民への資金還流」は不可能、「民営化」は名目だけに止まらざるをえない。

 他方、財務省は「預託金を現金で返す」義務を負っている。しかし、財務省には現金も資産もない。郵政からの預かり金は、国債購入や特殊法人への貸し出し、手元には借金の証文(債権)しかない。その借り手がみな赤字体質で財務省に金を返せない。

 財務省はこの窮地をどう凌ぐのか。じつは財務省は、特異な借り換え方式(次節参照)を案出して当座を凌いできたが、その手法の有効期限が迫ってきた。そこに、政治日程から郵政民営化が重なっている。結局「債務不履行」を免れる方途が見出せない。

 資金縮小は、政府・財務省にとっても郵政自体にとっても危険であり、両者が共倒れになりかねない。この危機が先行したために、いまや名目的な「民営化」でさえ危険を伴う。これが、「郵政民営化」に対する最も基本的な障害である。

(2) さらに、郵政民営化には、過剰な国債保有と関連した制度的障害がある。郵貯・簡保の「資産」は9割がたが国公債と財務省預託金(この金利は国債に連動)である。このように、低金利の債権を主たる資産とする金融機関は本質的に「不健全」である。なぜなら、わずかな金利上昇でも巨額の資産減価が起こるからである。

 国際決済銀行(BIS)は近年この危険性を銀行評価に取り入れることを決めた。BISは従来国債保有に甘い評価を与えていたが、明確にそれを修正した。06年末にBISが導入する新国際ルールでは、「固定金利の債権を大量に抱える銀行」を規格外とみなし、「当局の監視・指導下」に置くよう要請する。

 この新ルールのもとでは、郵政は「民営化・会社設立」と同時に「当局の監視・指導下」に置かれるであろう。しかし、歴代政府は、郵貯・簡保の資金を食い荒らし、国債だらけにした元凶である。この政府に監視・指導を任せられるものか。

(3) また、「自己資本」の不足も深刻である。「不足」などという生易しいものではない。郵貯・簡保には、財政赤字、採算なき公共事業、金融損失、旧国鉄その他の特殊法人の累積赤字など「官・民」のあらゆる損失が流入してきた。銀行業界が自己負担すべき預金保険機構の資金の不足(保険機関としての破綻)さえも郵貯・簡保が負担してきた。民営化するには、まずこれらの損失をきちんと補償しておく必要がある。

 その上さらに総資産(郵貯214兆円、簡保119兆円)に見合う自己資本を「注入」してやる必要がある。郵政公社は総資産3兆ドル、世界最大の金融機関である。そこに溜まった累積損失を埋め、必要な自己資本を提供する機関が現れるか。ちなみに、CitigroupとみずほFG(最大級の銀行)の総資産が各1.3兆ドルの規模である。

 いままで「官・民」を問わずあらゆる失敗に、郵貯・簡保が「救いの神」(公的資金の提供)を演じてきた。郵貯・簡保を「救済」する機関があるとすれば、その数倍の規模をもっていないと危ない。

結局、郵貯・簡保に見合う正味の自己資本調達は非現実的である。「政府保証」という空手形を発行するしかないのであろう。しかし、「世界最大の債務者」である日本政府が、自分の「債権者」でかつ世界最大の金融機関である「民営・郵政」の自己資本を保証するの変ではないか(これで「信用」が成り立つか)。

 以上見てきたように、「郵政民営化」は実質上頓挫した。名目をどう取り繕っても、国営は続く。というより、国営としての存続も危うい。その責任は、「債権者」である郵政公社よりも「債務者」である政府にある。政府が無責任に債務を膨らませ、ついに「債務の返済」どころか「借り入れの継続」自体に困るようになったからである。

 とくに、赤字財政補填の主役であった郵貯・簡保資金の新規供給が止まり、逆に資金を需要する側に回ったことは、政府・財務省にとって絶体絶命のくびきとなった。

 郵政の「長期低落傾向」は、2000年の時点でほぼ確定していた。しかし、「財政危機」は即座には顕在化せず、辛うじて今日まで抑えられてきた。土壇場で危機を「先送り」したメカニズムはなんであったか。それはいつまでもつか。以下でこの問題を解いてみよう。

★12 危機先送りの「からくり」
    -財務省による預託金の食いつぶし

 郵貯・簡保の資金縮小という新事態で、財務省は「郵貯の純増で新規国債を消化する」という伝統的な手段を失った。これを放置すると、予算の執行や編成自体が危うくなる。そこで彼らは新しい手を案出した。

 すなわち、郵貯・簡保に国債を直接に「自主運用」で買わせ、それに必要な資金を預託金から現金で提供(返済)する方法である。その「からくり」は、こうなっている。

1) 財務省は、財投の回収金その他で集めた現金を郵政への預託金返済に回す。

2) 郵貯・簡保は返済された預託金で新規国債を買う。その代金が財務省に行く。

3) 財務省はそれで財政赤字を補填する。

 この操作で財務省は郵政に払った現金を丸々取り戻す。これは、まるで落語の「花見酒」商法である。こうして、財務省は国債を無事消化し、それで予算の編成・執行を行う。 他方、郵貯・簡保が失ったものはなにか。現金請求権(払戻し要求権)である。

 この取引の意味はなにか。もともと財務省は郵貯・簡保から預った資金を「現金で返す責任」を負う(国債で返すことは許されない)。

 郵貯・簡保の側からいうと、「現金を受け取る権利」がある。ところが、上記の「からくり」が一巡すると、郵貯・簡保は国債を得て(もたされて)、現金請求権(預託金回収権)を失う。財務省は国債を売って、現金を得る。この取引、つまり「現金化の権利」の譲渡は郵貯・簡保側にとって断然不利である。

 なぜなら、国債の現金化には大きなリスクがあるためである。郵貯・簡保が手持ちの国債を現金にするとき、「満期までまつか、金利を割り引いて途中売却するか」しかない。「現金化」には時間コストないし金利変動リスクがかかる。

 このリスク負担は、預託制のもとでは財務省にあったが、上記のからくりで郵貯・簡保の側に移される。現在のように引き出し超過(純減)のときには、このリスクは深刻な脅威である。新規の預金をすべて払戻金に回しても足りない。差額分を現金で用意する必要がある。

 この換金コストがとくに郵貯・簡保にとって破滅的なものになる危険がある。なぜかというと、郵貯・簡保は国債購入の最大手である。ここが「買い」を止めるだけでも、国債市場に激震が起こる。まして、そこが国債の売りに回ったら、この売りに立ち向かう買い手が現れるはずがない。買い手がつかないと、現金にはできない。

 他方、財務省の綱渡りにもタイムリミットがある。というのは、財務省が握る「預託金」の残高が底をつくからである。「からくり」が一巡するごとに、預託金が約30兆円減り、郵政の国債保有(直接保有分)が同額増える。今年預託金は80兆円を切った。あと2回半取り崩すと預託金高がゼロになる(預託金制度の清算)。

 このとき、最後の財政トリックが封じられる。このトリックに頼って辛うじて抑えてきた矛盾-国債消化の資金源の枯渇-が一挙に露呈する。「最終期限」は2008年3月である。

 折悪しく、この年は「小淵の呪い」の当年である。1998年度に小淵首相は国債発行を20兆円台から一挙に30兆円超に引き上げた。そのとき大量発行された10年国債の償還期限が来る。現在100兆円を超えて増え続ける借換債がこの年にさらに30兆円増える勘定である。

 じつは「返済された預託金」こそ「官から民に回る」と試算された資金枠であった。これが、財務省の「からくり」財政でそっくり国債購入に向けられている。「郵政改革」は発進前から完全に「官-官」のたらい回し金融にロックされていることになる。

注 2001年の「財政投融資」改革で預託制が廃止され、郵貯資金も「自主運用」になった。この改革は郵政の自主性を高め、財務省の権限を縮小する「改革」、すなわち「郵政に有利な改革」と思われた。しかし、この財政トリックをみると、財務省が財投改革・預託制廃止をたくみに利用(悪用)した形である。

 それでも郵政公社が財務省に唯々諾々と従うのは、「自主運用」になっても有利な運用先が見つからず、それを探す能力もないからである。このうえ「民営化」しても、運用能力が上がるとか投資環境が改善されるとは考えられない。


★まとめ

 以上の考察からわかるように、「郵政民営化による経済活性化」論は現実の経済実態とかけ離れた願望にすぎない。しかし、なぜかこの言説が、政権首脳から、民主党を含む政界、マスコミ編集者、経済評論家、金融業を含む財界などを統べる壮大な「共同幻想」になった。今次選挙の結果は、この共同幻想が広範な有権者に拡がったことを示す。

 じつは2000年以降、郵貯・簡保が資金縮小に転じ、「官」に資金を流すどころか、官(財務省)に「金を返せ」という側に回った。郵貯・簡保を「資金源」と見るのはもはや錯覚である。郵貯・簡保が、資金の供給者から返済資金の請求者に転化したことは、政府・財務省にとっては埋めようのない財政欠損になる。

 さすがに財務省と総務省(郵政の所管省庁)は、この「共同幻想」には与していないようにみえる。しかし、彼らは小泉首相に諫言することも、危機の実態を国民に訴えることもしない。自分たちも責任を問われるからである。

 財務省は、黙々と借り換えテクニックを駆使して、切迫する財政破綻を先送りしてきた。しかし結局、郵政資金の構造的な縮小にもとづく財政欠損を穴埋めすることはできなかった。財務省の財政アクロバットは「2008年の壁」を超えられないであろう。

 根本的な問題は、債務者である政府の「能力」、それも債務返済の資力というより借金を続ける能力にある。これが破断限界に達したのである。これに比べると、政府の「意図」、郵貯・簡保の改組いかんやその際の政府債務の処理法は二次的な問題である。

 実際、政府が対郵政の債務をまともに返済しようとすれば、財政が破綻する。しかし、逆に政府が対郵政の債務切り捨て(国債の政府管理はその第一歩)を図れば、金融危機の発現になる。どちらも、歴代政府の「国債バブル」が弾けるという点では同じで、どちらから始まっても金融・財政の連鎖破綻になる。

 郵政公社が、「BISの新規準に適う健全な金融機関」になる道ははじめから閉ざされていた。日本政府という巨大な債務者を抱えていることが致命的である(巨大債務はつねに不良債務である)。だから、郵政「民営化」には、「郵政の保有する国債を政府が管理する」(自由な処分を認めない)という条件がつく。これは、市場任せでは「国債価値の維持を保証できない」という政府の告白である。

 郵政民営化の国会審議で郵貯・簡保の先行きが不透明になり、新預金・新規契約が止まるとすると、それだけで連鎖破綻への扉が開く。政府は、財政・金融ともに「郵政」に頼り切ってきたから、郵政簡保の単純な資金縮小にも耐ええない。この点でいうと、民主党の「限度額切り下げ」のほうがより過激な「改革」であり、財政破綻を一挙に加速しかねない(「限度額超過分を国債に振り替える」というのでは、「官」への資金固定を深めるだけである)。

 世界最大の債務者である日本政府が、自らの債務履行を棚上げにして、債権者である郵政を「悪玉」扱いにし、その改組・解体に狂奔している。あたかも財政悪化・経済停滞の責任が政府ではなく、政府に資金を供給した郵政にある、といわんばかりである。

補論

1)「郵貯収益」の虚構-利子源泉なき利払いと損失膨張

2)「民営=善」という幻想-金融業における自己責任の放棄

3)「小さい政府」という幻想-民営化の代償に政府の肥大化



1)「郵貯収益」の虚構-利子源泉なき利払いと損失膨張

 90年代に混迷を重ねた銀行・生保・証券に比して、郵貯・簡保は順調に資金を拡大した。90年-99年の間、郵貯・簡保の資金は189兆円から377兆円まで伸びた。民間金融機関には思いもよらない好成績であった。しかし、その実態はきわめて「不健全」であった。

 民間金融機関の危機は、借り手の企業とくに建設・不動産部門が地価バブル崩壊で壊滅的な打撃を受けたからである。借り手が利払いも元本返済できなくなれば、貸手である銀行・生保が預金者・契約者に金を払い戻すことはできない。

 では、郵貯・簡保資金の借り手はバブル崩壊の悪影響を免れ、元利の支払いをしたのか。とんでもない。財投資金の借り手である政府・自治体・特殊法人などはバブルの最中でさえ、赤字であった。利払いのもとになる収益(税収黒字や経常利益)がもともとなかった。

 最終の借り手が利子を払わないのに、財務省は預託金に高い利子をつけ、郵政公社は預金者に高い利子をつけた。郵貯の主力、定額預金は90年代初頭にバブル期と同じ5~6%の利子をつけ、半年複利、10年据え置きで、市中銀行に比して桁外れの高金利を保証した。

 資産運用の実績(借り手の利払い)と無関係に高利を保証し、逆ザヤでも金利を払い続けた。この利子が預金元本に加算され、自動的に預金高が増えていたのである[仁科剛平『郵貯崩壊』祥伝社、1章]。

 財務省に預託された資金の利子は、必要に応じて税金から「利子補給金」が支給された。しかし、税収不足になると、利払い原資も国債でまかない、その国債を郵貯等に買わせるようになった。つまり、財務省(旧大蔵省)は郵政に支払う利子の原資を郵政資金から調達していた。預金者からいうと、預金で預金利子をつけたことになる。

 これはでほとんどネズミ講ではないか。90年代前半には預金自体の増加が合ったが、後半になると元加利子が預金増加の主力になった。こうなると、固定メンバーのネズミ講である。90年代郵貯残高の驚異的な伸びはこのようなからくりの所産だった。簡保もまた採算無視の新契約者サービスを売り物にして客を集めた。



2)「民営=善」という幻想-金融業における自己責任の放棄

 民営化が「望ましいもの」であるためには、私営企業が自己責任を全うする存在でなければならない。公的企業・公的資金を食いものにして存続・営利を図る企業は「官」以上に悪である。

 金融業の自己責任の基本は、金融破綻の救済に当たる預金保険機構に破綻処理に十分な保険金を積み立てることにある。こうすれば、ある銀行や生保が破綻しても、同業者が出し合った保険金で処理され、社会に迷惑をかけないですむ。

 反対にろくな積み立てをしないで営業しているとすると、金融業界全体としては無保険で営業しているのと同然である。いわば無保険で車を運転しているようなものである。銀行・生保・証券会社などが経営業破綻した場合に、政府が「公的資金」でしりぬぐいをすることは、預金保険の機構が機能していないことを示す。

 実際、いま預金保険機構への保険金納入は年5000億円、これでは地銀1行の破綻でも足が出る。同機構は相次ぐ破綻救済の結果、16兆円の債務を抱える。金融システム安定の基盤を支えるはずの預金保険機構が、年収の32倍の債務を抱えて破綻している。

 郵貯・簡保はここにも融資している。つまり、無責任な「民」のしりぬぐいをしている。しかし、もし郵貯・簡保が民営会社になると、預金保険機構を救済する側からそれに救済される側になる。

 いまでさえ破綻している預金保険機構に対して、郵政334兆円の資金が「救済する側」から「救済される側」に回ったらどうなるか。金融部門の自立性・自己責任性はいま以上に破壊される。ここからも、郵政民営化が金融システム総体の不安定をもたらすことがわかる。

 預金保険機構が赤字倒産の状態にあることは、金融業の基本的な「無責任状態」を顕している。というのも、同機構は郵貯や銀行から借りた資金を、破綻行への「自己資金補填」に使っている。しかし、この資金の持ち主は預金者である。その預金が預金保険機構を介して、破綻行の「自己資金」に転化されているのである。

 この資金は、渡し切りになるのであれば預金者の資産の詐取になるし、返済を要するのであれば「自己資本」ではない。他人の資金を本人の承諾なしに、自己資金にすることは業務上横領である。

 たとえ救済を受けた銀行等が返済できなくても、形式的には預金保険機構が責任をもって「預金者に資金を返す」ことになっている。だがしかし、同機構にはこの支払い義務を果たす能力(資金力)がない。返すためには別の所から借りるしかない。というわけで、預金保険機構が、預金者の金を破綻行の自己資本に流用する事態が続いている。



 この現状は正常ではない。しかし、問題は、民間金融機関が自己責任を全うせず、公的資金(郵貯・簡保)に救済を依存する点にある。金融機関の自己責任性の基盤は、預金保険機構に十分な倒産対策金を積むことである。

 本当は保険料を数倍にするのが正道であるが、銀行がその負担に耐えられない。民(銀行・生保等)が自己責任を全うし、社会に不当な負担をかけないで営業する状態にならないかぎり、「民営化」が組織の改善になる保証がない。現状では「民善・官悪」論や「金融・民活」論もまた現実離れの幻想である。



 民営の郵貯会社・簡保会社ができたとしても、「資金運用」の知識・経験・能力を欠いている。大量の専門家を急遽雇ったとして、それで運用成果が出せるであろうか。じつは、本来の運用プロである銀行・生保がいまや日本国債という極端な低利債権を大量に買っている。このこと自体、ろくな運用先がないことを示している。

 いくら資金運用のノウハウをもっていても、投資機会が不足している。そこに郵貯資金が、流れ込んできたら銀行も困る。現状でも、有利な運用先がないのに、郵貯からの流入する資金と競合させられたらますます苦しくなる。「金融民活」どころか「金融共倒れ」が必至である。



3)「小さい政府」という幻想-民営化の代償に政府の肥大化

 「巨大な公社や公団を民営化すると、行政改革になる」であろうか。かつて中曾根元首相はそう主張し、いま小泉首相が同じ発想で道路関係公団や郵政公社の民営化を進めている。これが事実に反するというより、巨大な財投機関が民営化されるごとに政府が肥大化する、といえばだれでも驚くであろう。しかし、これまでの事例はこれが事実であることを示す。

 政府レベルにおける「民営化」の先例は、国鉄、電電、専売の3公社の民営化である(といってもJR東日本、西日本以外は、財務大臣の株保有で半国有のままである)。

 このうち国鉄は、37.1兆円と大きな累積赤字を抱えて行き詰まった。その赤字を抱えたまま「株式会社」にした場合、債務返済に窮して即刻倒産する。

 そこで、政府は「国鉄清算事業団」と「新幹線保有機構」という二つの財投機関(財政投融資から融資を受ける機関)を新設し、債務の大部分をそこに移し替えて返済に当たらせた。これによってJR各社は過酷な債務負担から免れることができ、兎にも角にも「株式会社」としての経営が成り立つようになったのである。

 さて、財投機関として残った「国鉄清算事業団」はどうなったか。これは赤字を膨らませたあげく、「再国有化」された。結果として、政府はその分肥大化したのである。

 すなわち、「国鉄清算事業団」は累積債務の2/3、25.5兆円を引き受けた。この国鉄処分では、収益力の乏しい清算事業団(非稼働部門)になんと利払いを命じた。当然、この組織は借金で利払いを続け、債務を減らすどころか10年後の解散時には逆に約28兆円にまで膨らませた。政府は、この大半23.5兆円を一般会計で引き受け、結局国債に引き継いだ。「旧国鉄赤字の再国有化」である。

 残りのうち4.3兆円(年金等負担金分)を「新幹線保有機構」を吸収した「鉄道建設公団」に引き取らせた(現在では独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」)。JR各社の追加負担はたった1800億円であった(実質免除)。旧国鉄が残した累積債務は、最終的にその大半が「再国有化」されたのである。それも公社有から純国有になった。



 この国鉄「民営化」の核心は、官(国鉄公社)から官(政府)への債務移転にある。この債務移転には、通常の破綻処理と異なる点がある。というのは、清算と銘打ったにも関わらず、旧国鉄には債務の減免とくに利払い停止がなされていない。だからこそ「清算事業」で赤字が増えたのである。

 通常の破産処理では真先に、利払い停止をかけ、続いて債務減免の協議に入る。これが「破産処理」の核心である。それをしないと、無為に赤字が膨らみ、すべてのひとが損をするからである。だから国鉄の「清算事業」は、利払いを継続させ債務減免をさせないための制度、つまり国鉄の清算をさせないための制度であった。

 なぜこのような異常な制度がつくられたか。それは、財投制度を(社会の批判から)守るためである。国鉄破産と対照的に、英仏を結ぶ「ユーロトンネル」社が破産したときは、利払い停止、銀行等の出資者の債権カットが整然と行われた。それなしには、真の再建はありえないからである[河宮信郎・青木秀和『公共政策の倫理学』丸善、2002、10章]。

 なぜ、国鉄清算では通常の破産処理が行われなかったのか。通常の破産管財をすると、出資者である財投、その出資者である郵政に損失が出る。そうなると、財投による無責任投融資の制度自体が批判にさらされる。それよりも、利払いの継続・赤字の膨張を放置し、すべて財投で裏から補填するほうが「有利」と「官」は判断したのであろう。

 「財政投融資」は「官から官へ」の債務移転を財投の矛盾隠蔽にまで容易にしたのがである。この国家金融システムが、無責任な「投融資」を続け、そこで生じた損失の膨張を温存し、その責任を回避することを可能にした。この官による浪費システムの資金源が、郵貯・簡保「年金」、つまり国民が政府を信用して預けた「貯蓄」であった。

この債務の「官から官」への債務移転(不良債権の純国有化)を財投システム全体に拡大したのが、じつは「財投改革」だった。「改革」を利用して財務省は、資金運用部が負っていた預託金債務を、そのまま国債・地方債にすり替えたのである。ここで政府は市中金融機関への財投債売却を進め、したたかに「民の資金」を財投システムに取り込んだ。しかし、政府財政が郵貯・簡保、年金基金を不可欠の基盤とする状況が続いているのはいうまでもない。

 さらに、政府は新しく「官から官へ」の債務移転を行おうとしている。05年10月に始まった道路4公団の「民営化」に当たり、東日本高速道路会社など5つの「株式会社」は、ほとんどの累積債務を免れる。わずかに引き継ぐ債務はサービスエリアなどの資産継承の見返りの部分だけである。

 そして、総額37.4兆円の「有利子負債」は、新設される「独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構」という「財投機関」に引き継がれることになっている。ここでも「赤字の国有化」が行われた。道路公団「民営化」というのは、小泉「構造改革」のもう一方の目玉であるが、国鉄「民営化」の寸分違わぬ焼き直しにすぎない。「破産機関の利払い継続」という異常な措置も国鉄清算のときと同じである。



 もし、郵貯・簡保という「官」に張り付いた資金を、預金者という「民」に戻そうとするのなら、まず財投機関がきちんとした税収や収益を計上して郵貯・簡保に債務を返済する必要がある。それをせずに「民営化」するなら、現在の郵貯・簡保が政府に貸し付けた金融資産をすべて買い取ることが出来る、もう一つの、さらに巨大な郵貯・簡保を用意するしかない。

 ところが、小泉政権は、郵貯・簡保を単純に「民営化」して、その縮小だけを図ろうというのである。郵貯・簡保は純減時代に入り、財政を下支えする能力を急速に失っている。

 巨大な借金を抱えた「大きな政府」のままで、資金源の枯渇を加速させたら、財政上の資金繰りは瞬く間に行き詰まって財政崩壊に一気に向かってしまう。宰相が「ぶっ壊わす」のは自民党ではなく、わが国の財政なのである。

公明党を含む連立政権に全議席の2/3という絶対安定多数を得た小泉政権は、おそらく「郵政民営化」の動きを早めなければならなくなるはずである。しかし、それは早期の財政破綻を確実に招き寄せる。それをきっかけに現政権若しくはその後継政権は崩壊することになろう。

| 未分類 | コメント(0)

創設から「戦時財投」の破産まで ~ 戦前・戦中史(1875-1945) 日清・日露戦争から第一次大戦そして第二次大戦に至る戦費の調達、つまり戦時国債の購入に郵貯・簡保の資金が総動員された。政府が全戦費を税金でまかなおうとしたら、いかに軍国主義的に教育された国民でも怒る。大戦争では、全所得を徴収しても足りないからである。戦費は、「借り倒し」を前提とした借金でまかなうしかない。各戦争における総戦費と一般会計歳出(通常の政府予算)の比をとると、日清戦争で 3.74倍、日露戦争で 4.15倍、日中/太平洋戦争で 9.16倍であった。今次大戦では、戦費を郵貯・簡保・年金、銀行・生保からの借り入れと国債の日銀引き受けでまかなった。郵貯・簡保・年金基金はあげて戦時財投にまわされ、すべて消尽した。郵政資金で造った兵器は太平洋の藻屑となり、軍需工場は空襲で破壊された[『数字でみる日本の100年』国勢社、1991、10章]。戦争継続の財政基盤は税金よりも郵貯・簡保に依存していた。そこを経由して、政府が国民に払った金がまた政府に戻るからである。たとえば、兵士の給与が「軍事郵便貯金」に入ると、戦時国債を経て、兵器生産や兵士給与(本人分を含む)に回った。これでは兵士が自費で戦争していたようなものではないか。税金ではこのような二重三重の使い回しはできない。敗戦で戦時財投は当然返済不能になり、郵貯・簡保も破産した。じつをいうと、この「破産」は開戦前、軍需投資にフル動員された時点(1930年頃)ですでに運命づけられていた。政府・軍部は、「返せなくなった」と告白して国民に謝罪するか、戦争拡大というバクチに賭けるか、の二者択一に追い込まれていたといえる。前者なら、国民は預金損失を被るにせよ、命まで失うことはなかったはずである。実際は、破産した債務者(政府・軍部)が、債権者(預金者・国民)に謝るかわりに、「国(政府・軍部)のために死ね」と命令したのである。
































http://gijutsu.exblog.jp/2501924/


戦争は最後の不況対策


この年表は、とある帝国の簡単な近代史です。

1941-45 第二次世界大戦
1950-53 朝鮮戦争
1960-75 ベトナム戦争
(1979-89 アフガニスタン危機)
1991- 湾岸戦争(イラク)
2001-03 同時多発テロ・イラク侵攻

このように、この帝国にとっては「だいたい10年に一度は戦争をしないと国が持たない」であるかのように、戦争をする(させる)ことが運命付けられているのが印象的です。

では、なぜ戦争をする(させる)ことがこの帝国にとって必須なのでしょうか?

それは、「戦争」は、「財政政策(減税、財政支出)」「金融政策(金融緩和、金利低下)」に続く、最後の不況対策だからです。戦争は、単なる消費で、生産的な設備投資を伴わないので、景気対策・デフレ対策にはもってこいだと指摘する意見もあります。

1991年、2001年と来て、帝国が次の戦争の舞台として選ぶのはどこでしょうか?そして、いつでしょうか?

よく、考えてみてください。思い当たるフシは、ありませんか?

ナチスのヒトラーは、最初は民主的な通常選挙で選ばれたのです。その支持が当初あまりに大きかったため、憲法を改正させ、そして結果的に独裁を許してしまったのです。それは昔の話かもしれません。でも、歴史は繰り返すという観点から見て、「カリスマ的な指導者が、民主的な選挙で圧倒的な支持を受けて、憲法を改正しようとする」、そんな国が、最近、世界のどこかにありませんでしたか?

---

日本は、戦争をすべきではありません。なぜなら、戦場に行くのは、「これを読んでいるあなた」であり、「あなたの家族」であり、「あなたの大事な人」だからです。そして、前線の兵隊は、必ず、何割かは死にます。

大事なことなので、もう一度書きます。

戦争になれば、徴兵されます。徴兵されるのは、あなたであり、あなたの兄弟であり、あなたの子供です。そして、前線で命の危機にさらされるのは、「一番安い歩兵」と相場が決まっています。イラク戦争でも、最前線に送り込まれて、よく分からない方角から飛んできたロケット弾に被弾して死ぬのは、一番安い歩兵(州兵)なのです。この構造は、ベトナム戦争当時から変わっていません。

まだ理解されない方の為に、もう一度書きます。

もし、日本が戦争する(させられる)ことになれば、戦争に借り出されるのは、自衛隊だけでは済みません。必ず一般市民が徴兵されます。そして、あなたの財産はすべて召し上げられるだけではなく、命まで取られます。

そして、その戦争でトクをするのは、誰ですか?「あなた」でないことだけは、確かです。

---

もう少し、歴史的な実例を挙げて説明しましょう。以前も紹介した論文「郵貯・簡保の自然縮小と国家財政基盤の崩壊」の一部を掲載します。

(引用開始)
★2 創設から「戦時財投」の破産まで ~ 戦前・戦中史(1875-1945) 

日清・日露戦争から第一次大戦そして第二次大戦に至る戦費の調達、つまり戦時国債の購入に郵貯・簡保の資金が総動員された。政府が全戦費を税金でまかなおうとしたら、いかに軍国主義的に教育された国民でも怒る。大戦争では、全所得を徴収しても足りないからである。戦費は、「借り倒し」を前提とした借金でまかなうしかない。

各戦争における総戦費と一般会計歳出(通常の政府予算)の比をとると、日清戦争で 3.74倍、日露戦争で 4.15倍、日中/太平洋戦争で 9.16倍であった。

今次大戦では、戦費を郵貯・簡保・年金、銀行・生保からの借り入れと国債の日銀引き受けでまかなった。

郵貯・簡保・年金基金はあげて戦時財投にまわされ、すべて消尽した。郵政資金で造った兵器は太平洋の藻屑となり、軍需工場は空襲で破壊された[『数字でみる日本の100年』国勢社、1991、10章]。

戦争継続の財政基盤は税金よりも郵貯・簡保に依存していた。そこを経由して、政府が国民に払った金がまた政府に戻るからである。たとえば、兵士の給与が「軍事郵便貯金」に入ると、戦時国債を経て、兵器生産や兵士給与(本人分を含む)に回った。

これでは兵士が自費で戦争していたようなものではないか。税金ではこのような二重三重の使い回しはできない。

敗戦で戦時財投は当然返済不能になり、郵貯・簡保も破産した。じつをいうと、この「破産」は開戦前、軍需投資にフル動員された時点(1930年頃)ですでに運命づけられていた。

政府・軍部は、「返せなくなった」と告白して国民に謝罪するか、戦争拡大というバクチに賭けるか、の二者択一に追い込まれていたといえる。前者なら、国民は預金損失を被るにせよ、命まで失うことはなかったはずである。

実際は、破産した債務者(政府・軍部)が、債権者(預金者・国民)に謝るかわりに、「国(政府・軍部)のために死ね」と命令したのである。
(引用終了)

国家財政の破綻であれば、まだ対策の打ちようもあります。ですが、戦争に対しては、どうしようもありません。「命あってのモノダネ」なのです。

| 未分類 | コメント(0)

自殺にされたけれど他殺濃厚な、   エイチ・エス証券・野口副社長は「安晋会」理事だったってこともあったし。       とにかく、黒い噂が立つことが多すぎて覚えきれないねぇ、。。。

ca2eb4ed.jpg
a208bba0.jpg
16b67cfb.jpg
8e202723.jpg


http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52058742.html


安倍晋三氏:黒い交際写真 → 逮捕された「山口組の金庫番」と一緒の写真発覚。(工藤会に狙われたり、昔から893との噂が切れたことが無い政治家だよね、。。)


2012年10月15日 22:07
カテゴリ:アベ&アベ嫁社会

.


s-今日も元気だカツカレーが美味い(アベシ)


      当  ブ  ロ  グ  へ  の
      皆様のご支援に感謝致します! ありがとうございます!


  今じゃぁ~
  「カツカレーが旨い」、なんて言ってられるバヤイではなくて、。。。
  マ、黒い噂隠しに、10万円ぐらいのカツカレーを食べて話題をそらすか???
  ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

  メモ帳には、
  アベシが官房長官だった時代の
  私的後援会組織「安晋会」に関しての資料を多数保存してあります。
  耐震偽造が大問題になった頃に悪い方で注目を浴びていたし、  

  自殺にされたけれど他殺濃厚な、
  エイチ・エス証券・野口副社長は「安晋会」理事だったってこともあったし。    
  とにかく、黒い噂が立つことが多すぎて覚えきれないねぇ、。。。

  アベシの弁明、。。。
  ご存じの通り、政治家は各界各方面の様々な方にお会いして、お話をうかがい、
  社会に横たわる様々な政治課題をとらえることが仕事の基本のひとつです。
  今回の自民党総裁選の例を出すまでもなく、私は全国各地での演説や、講演、
  パーティーに出席しております。
  その際にお会いする方によっては、写真撮影をお願いされることも、しばしばあります。
  また、移動中の駅のホームや飛行場で、みなさんに「安倍さん」と
  声をかけていただくこともあります。
  そして「一緒に写真を」と頼まれることも良くあるのです。

  なんだって?
  今回は議員会館の部屋の中で写真を撮っているわけで、
  街中や、駅のホームや、飛行場で、撮った写真と分けが違うジャン!!!

  第一、危なかっしくって、
  議員会館の部屋には名前を知らない人物を入れるわけないよなー



s-2012年10月15日

■時事通信
暴力団関係者と「深い関係ない」=安倍氏、週刊誌報道を否定
自民党の安倍晋三総裁は15日午前、同日発売の「週刊ポスト」が安倍氏と指定暴力団山口組の関係者とされる人物とが一緒に写った写真を掲載したことについて、「写真撮影時の1回しか会っていない。その後、会ったり連絡を取ったりすることはなく、深い関係には全くない」とのコメントを発表した。
 
安倍氏は撮影の経緯について「米大統領選の共和党予備選候補者のハッカビー元(アーカンソー州)知事から会いたいとの要請が地元後援者を通じてあり、お目にかかった際、5~6人が同行。当該人物はその一人だったと思う」と説明。「求められて写真撮影に応じた」とした。 
 
週刊ポストによると、写真の人物は今年3月に貸金業法違反容疑で逮捕され、山口組系組長との交際などがあったと指摘。2008年6月に衆院議員会館の安倍氏の事務所で撮影されたとしている。(2012/10/15-12:07)


  「私や私の秘書が犯人や暴力団と関係があるのであれば、
  直ちに首相も衆院議員も辞める考えだ」
  本人がこう言っていたんだから、
  マ、そのうち議員を辞めるんじゃぁ~ないの、。。。

■2007/04/24 12:59 【共同通信】
首相、週刊朝日に憤り 暴力団との「関係」報道で
安倍晋三首相は24日夜、長崎市長射殺事件で容疑者が所属していた暴力団と首相サイドの「関係」を指摘した週刊朝日の報道について「私や私の秘書が犯人や暴力団と関係があるのであれば、直ちに首相も衆院議員も辞める考えだ」と述べ、強い憤りを示した。さらに「いくらなんでもだまっているわけにはいかない」と、法的措置を取る意向を明らかにした。  首相は「一切関係ない。まったくのでっち上げで捏造だ」と強調。  その上で「この記事を書いた(週刊)朝日の記者、あるいは朝日(新聞関係者)の皆さんは恥ずかしくないのか」と不快感を示した。  また「いくら私が憎くて私の内閣を倒そうということでも、まったく事実に基づかない、いわば言論によるテロだ。報道ではなく政治運動ではないか」と指摘した。  官邸で記者団の質問に答えた。

| 未分類 | コメント(0)

歴代最強の柔術家ホジャーグレイシーvs現役世界最強の柔術家ブシェシャ レビュー



ムンジアル
柔術の世界大会が1996年にスタートし様々な選手が出てきましたが2000年代で間違いなく最強の柔術家はホジャーグレイシーでしょう
80年代90年代の最強柔術家はヒクソングレイシーでしたが
ヒクソンは90年代の競技柔術 ムンジアルなどには一切出ずムンジアルがスタートした時にはVTの世界で活躍していました

でホジャーなんですが
この人はヒクソンとは違い競技柔術でもノーギでも(ムンジアル ADCC)でも無差別級で優勝
殆ど全ての相手に一本勝ちするなど全盛時の強さがけた外れでしたんで未だに歴代最強の称号がついてまわったほどなんですが

MMA転向してからはキングモーにノックアウト負けしたりUFCデビューするも減量に失敗しポイントで負けてパッとしない選手時代を送りました

そんな中ムンジアル ADCCの戦績でホジャーを凌駕する実績を持つことになるブシェシャがホジャーグレイシーと20分一本勝負をする事に…

公式結果は引き分けに終わったものの
ホジャーはスタミナ切れを起こし一時はブシェシャにアブミッションの形を取られるなどブシェシャに押されていたという見方は否めず

柔術魂のネットの記事ではホジャーが負けたと描かれる始末(フェイスブックより 実際は引き分けなのに…)

そんなホジャーでしたがMMAでもアジア最大のMMA ONEの世界タイトルを獲得!

そして満を期してブシェシャと15分一本勝負をする事に

| 未分類 | コメント(0)

映画「Satyavati」 同性愛者の子どもを親が強姦…インドで広がる「矯正レイプ」が衝撃的



https://ja.wikipedia.org/wiki/2012%E5%B9%B4%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E9%9B%86%E5%9B%A3%E5%BC%B7%E5%A7%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2012年インド集団強姦事件





移動先: 案内、 検索



2012年インド集団強姦事件

Silent Protest at India Gate.jpg
抗議者がデリーのインド門で政府を訴えていた。


時刻
午後9時54分 (インド標準時)(UTC+05:30)

日付
2012年12月16日

場所
インドデリー

死者
(2012年12月29日)1 (Jyoti Singh Pandey)

罪状
強姦、殺人、誘拐、強盗、暴行[1]





ニューデリーのデモの様子




デモ隊に向けて、放水と催涙ガスを放つ警察
2012年インド集団強姦事件(にせんじゅうにねんインドしゅうだんごうかんじけん)は、2012年12月16日にインドのデリーで発生した強姦事件。



目次 [非表示]
1 経過
2 逮捕と裁判
3 背景
4 インド国内の反応
5 報道 5.1 日本での報道

6 関連項目
7 注脚


経過[編集]

2012年12月16日、ニューデリーで被害者の女性医者実習生Jyoti Singh(当時23歳)[2]は友人男性と無認可のバスに乗った際、6人の男性からレイプされた上、さらに鉄パイプで女性器に激しい性的暴行を受け、友人男性とともに鉄パイプなどで殴られ、車外に放り出された。

女性は内臓に重傷を負い、市内の病院で腸の摘出手術などを受け後、シンガポールの病院で手当てを受けたが、同月29日に死亡した。友人男性は現地の病院を退院した[3][4]。被害者の女性は、死亡する前に一度、意識が戻ったという。その時、「犯人たちが焼き殺されるのが見たい」と言い残した[5]。

2013年3月11日、ニューデリーのティハール刑務所に勾留されていた容疑者の1人が、首を吊って死亡。警察は自殺と判断しているが、容疑者の両親は殺されたと主張している[6]。

2013年5月16日、被告の1人が勾留施設内で収容者らから暴行を受け重体になった事が発覚した。暴行の他、食事に毒が入れられていた疑いも浮上している[7]。

2013年9月13日、ニューデリーの裁判所は4人全員に死刑判決を下した。厳しいインド国内外の世論を背景とした判決となった。被告人の弁護士は、今回のような犯罪では、元来は終身刑が妥当であり、例外的な場合にのみ死刑が適用される事態に懸念を示している[8]。容疑者の少年1人は3年間の矯正施設収容処分となっている。死刑となった容疑者たちは、高等裁判所への控訴を表明している[9]。

2015年3月4日、英BBCによって撮影された死刑判決を受けた男のインタビュー映像が、その内容の過激さによりニューデリー警察によって、混乱を避ける為に放送の禁止が命じられた事が裁判所へのインタビューで明らかになった。[10]。

逮捕と裁判[編集]

地元警察は容疑者の男5人を殺人や強姦などの罪で訴追した。残る1人は未成年と確認され少年院に送致された。地元弁護士会は人道的な立場から、加害者の弁護は担当しないと表明した[11]。

2013年8月31日、少年審判所は未成年の少年の行為を有罪認定し、矯正施設入所3年の判決を出した。なお、今回の事件を担当した裁判長は、以前に担当した強姦事件で、DNAなどの証拠があるにも関わらず、無罪とした経歴がある[5]。

背景[編集]

インド国内には現在も出自の問題(カースト制度)が根強く、階層の高い男性による性的暴行が多く見られ、また当局による関心の低さが背景としてある[12]。

インド国内の反応[編集]





コルカタで、横断幕を掲げてデモを行う人々(2012年12月29日)




バンガロール市庁舎に向けてデモを行う人々(2012年12月29日)
事件をきっかけとして、性犯罪に対する刑事罰の強化や治安対策、犯人に死刑を求め、政府に対する大規模な抗議デモが連日行われた。24日にはマンモハン・シン首相(当時)がテレビ演説で、性犯罪取締り強化を表明、平静を呼び掛けた。30日のシンガポールからの遺体帰国時には、シン首相、ソニア・ガンジー総裁などが空港に出迎え、哀悼の意を表した。各地で行われた抗議集会では、国民がろうそくに火を点して被害者の冥福を祈った[13]。

この事件を受け、2013年2月3日、プラナブ・ムカルジー大統領は強姦罪の罰則を強化する大統領令に署名した。これによって強姦の最高罰則を死刑とする法律が成立した[14]。

この事件を含め、インドで続発する強姦事件や、世界的な景気後退を背景に、インドの観光業は打撃を受けているとの指摘がある。インド商工会議所連合会は、2013年、インドを訪れた外国人観光客が昨年比で25%減少したと発表した。ただし、インド観光当局は昨年比で微増していると発表しており、インド観光事業連合も、インド商工会議所連合会の調査を疑問視している[15]。

報道[編集]

レイプに関してインドの法律は、被害者本人の承諾がない限り実名報道を禁じている。被害者死亡の場合は家族の同意が必要。今回、被害者の父はレイプ被害の苦しみと闘う女性たちに勇気を与えたいとして、娘の実名での報道を求めた[16]。

ショッキングな内容から、欧米や日本のメディアもこの事件に注目し、取材した結果、インドの女性蔑視ともいえる社会情勢が明らかとなり、インドのイメージが低下した。ニューヨーク・タイムズの調査では、2012年にデリーで被害が届けられた事件のうち、犯人の男性が起訴されて有罪になったケースは1件のみだった。また、2011年の調査では、インド男性の4人に1人が性暴力を行ったという結果もある[5]。

日本での報道[編集]

日本の『日刊スポーツ』は、「国内人口の約8割を占めるヒンズー教の戒律では、男性は結婚するまで性行為が禁じられている。外国人観光客も年々増加。外国人女性の薄手の服装が、性犯罪に影響を及ぼしているとの見方もある。」[17]、『朝日新聞』は、「蔑視されがちだった女性の社会進出が進み、大都市では深夜に出歩くことが増えたのも増加の一因だとされる。」[18]と、それぞれ、インドの男性中心社会から女性に原因を帰す主張(セカンドレイプ)がなされていることを紹介した。

関連項目[編集]
インドにおける性に関する問題
インドにおける死刑

注脚[編集]

1.^ Gardiner Harris (2013年1月3日). “Murder Charges Are Filed Against 5 Men in New Delhi Gang Rape”. The New York Times. 2013年1月3日閲覧。
2.^ India gang rape victim's father: I want the world to know my daughter's name is Jyoti Singh Pandey(英語)
3.^ 「姉の名で病院建設を」インド強姦事件被害者の弟が語る
4.^ レイプされたインド女性死亡 入院先のシンガポールで
5.^ a b c 伊吹太歩 (2013年9月19日). “伊吹太歩の時事日想:日本人も要注意、集団レイプ判決から見るインドの闇”. Business Media 誠 (ITmedia) 2013年9月23日閲覧。
6.^ “バス集団強姦事件の被告が自殺、両親は殺人と主張”. CNN. (2013年3月11日) 2013年3月12日閲覧。
7.^ Abhaya Srivastava (2013年5月16日). “インド集団強姦事件、被告1人が重体 勾留中に暴行か”. AFPBB News 2013年5月25日閲覧。
8.^ “インド集団レイプ殺害事件、4人に死刑判決”. CNN. (2013年9月13日) 2013年9月13日閲覧。
9.^ “インドレイプ事件 被告4人全員に死刑”. 産経新聞. (2013年9月13日) 2013年9月13日閲覧。
10.^ “強姦事件の被告、「女は黙ってレイプされろ」”. CNN. (2015年3月4日) 2015年3月4日閲覧。
11.^ 2013年01月04日Worldインド集団強姦事件、男5人を殺人罪などで訴追 死刑求刑も
12.^ インドの女性がレイプされ死亡、高まる抗議運動 下層階級への性犯罪はどうなる? IB Times 2013-1-8
13.^ 殺人容疑で5人訴追 インドの女性レイプ事件
14.^ “インド大統領、レイプの罰則強化-最高刑に死刑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年2月4日) 2013年3月13日閲覧。
15.^ Rachel O'Brien (2013年4月2日). “性的暴行事件相次ぐインド、女性観光客が激減 国際ニュース”. AFPBB News 2013年4月2日閲覧。
16.^ 娘の実名報道と死刑求める 印レイプ事件被害者の父
17.^ 偽バスで集団レイプ、女学生死亡 インド日刊スポーツ2012年12月30日8時23分配信(紙面から)、2013年9月14日閲覧
18.^ 朝日新聞、2012年12月30日付紙面




カテゴリ: 性犯罪事件
インドの事件
デリーの歴史
2012年のインド
2012年12月

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%80%A7%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%95%8F%E9%A1%8C

インドにおける性に関する問題





移動先: 案内、 検索



インドにおける性に関する問題(インドにおけるせいにかんするもんだい)については下記で述べる。



目次 [非表示]
1 男女共同参画
2 婚姻・家庭に関わる問題 2.1 結婚持参金「ダヘーズ」の問題

3 「名誉殺人」の問題
4 強姦の問題 4.1 強姦の厳罰化
4.2 ムンバイの病院で発生した強姦事件

5 インドのフェミニズム運動
6 脚注・参照
7 関連項目


男女共同参画[編集]

世界経済フォーラムの「男女格差報告2013年」によれば、インドは対象国136か国中101位。アジアでは中国が69位、日本が105位、韓国は111位で、日本同様にインドは下位圏であった。

婚姻・家庭に関わる問題[編集]

インドの特別婚姻法においては、男性は満21歳、女性は満18歳から結婚できるとしている。近親婚については、3親等以内の直系血族・姻族、および4親等以内の傍系血族との婚姻が禁止されている。また、インドの離婚率は低い事が知られている[1]。

インドではお見合い結婚が主流である。インドでお見合い相手を探す代表的な手段は新聞広告であったが、最近は、インターネット上のお見合い相手探しサイトが大繁盛している。インド人の結婚相手選びの特徴は、カースト・学歴などの諸条件が、同等であることである[2]。

近年、中流層中心に女児中絶や女児堕胎が急増している。性別が判明し次第、出産は男児のみにとどめ、女児の場合は中絶または堕胎するという夫婦が少からず存在するからである。

結婚持参金「ダヘーズ」の問題[編集]

詳細は「ダヘーズ」を参照

「名誉殺人」の問題[編集]

名誉殺人とは、女性の婚前・婚外交渉(強姦も含む)を女性本人のみならず「家族全員の名誉を汚す」ものと見なし、この行為を行った女性の父親や男兄弟が家族の名誉を守るために女性を殺害する風習のことである。

詳細は「名誉の殺人」を参照

アムネスティ・インターナショナルは、名誉殺人が行われている国および地域として、バングラデシュ、トルコ、ヨルダン、パキスタン、ウガンダ、モロッコ、アフガニスタン、イエメン、バングラデシュ、レバノン、エジプト、ヨルダン川西岸、ガザ地区、イスラエル、インド、エクアドル、ブラジル、イタリア、スウェーデン、イギリスを挙げている。

名誉殺人は、主に中東のイスラーム文化圏を中心に行われているため、イスラーム教と関連した風習と見なされることが多い。しかし、実際にはイスラーム教とは無関係で、イスラーム教徒以外の間でも行われており、専ら地域の因習によるものであるとされる。

ヒンドゥー教の伝統において、異カーストでの結婚・性的関係を持つことは固く禁じられていたが、特に経済成長が著しいインドでは、近年異なるカーストの男女が恋愛関係になることが増えている。インドでは、異なるカーストで関係を持ったカップルを親族らが殺害する「名誉の殺人」が相次いでいる。社会学者プレム・チョードリーによれば、インドの名誉殺人の犠牲者数は、あくまでも推計であるが年間数百 - 千人で、近年は増加傾向にあるという。インド政府は、これまで罰則のなかった名誉殺人の「教唆」に罰則を設ける刑法改正案を準備中である[3]。名誉殺人そのものにも厳罰を下せるよう法改正を検討している[4]。

なお、名誉殺人の被害者の性別は圧倒的で男性である。[要出典]

強姦の問題[編集]

強姦の厳罰化[編集]

強姦はインドにおいても凶悪犯罪であるが、年々増加傾向にある。インドでは、2012年に首都ニューデリーで起きた女学生の集団レイプ殺害事件がきっかけで性暴力に抗議するデモが相次ぎ、強姦事件の厳罰化につながった。

12億人の人口大国ゆえに強姦数が多いが、2008年から2012年の期間にわたって人口10万人あたりの強姦の発生件数は1.9件から2.0件であり、欧米やアフリカ諸国、中南米、東南アジアや韓国に比べはるかに少ない[5]。カースト別の強姦件数は解らないが、留保制度や指定カーストの虐待防止法などの優遇政策対象の指定カーストへの強姦件数は国家犯罪記録局によって記録されている。2010年の2万2172件のうち、指定カーストへの強姦は1374件である[6]。

ムンバイの病院で発生した強姦事件[編集]

1973年11月27日に、インド・ムンバイの病院で、病院に勤務する女性看護師が強姦の被害に遭った。看護師はその際意識を失い、以後40年近くに渡って意識を取り戻さないまま、2015年5月18日に死去した(参照)。犯人の男は7年間の服役の後釈放されている。[7]

インドのフェミニズム運動[編集]

インドのフェミニズム運動は独立前から盛んであった。インド政府は、労働環境の中の女性と子供の問題を解決するための、政策と法律の策定に着手した。労働省内の特別チームが、女性の労働条件・賃金・技能の向上を目指している。均等報酬法に基づき、政府委員会が女性の雇用について中央政府に助言を行っている。また人的資源開発省の女性児童開発局が出来たり、女性の経済的自立を応援し、また、国際的なNGOと組み女性団体が様々な権利を勝ち取っている。

これに対してインド男性の権利運動(英語版)のSave Indian Family(英語版)が逆差別だと運動をしている。

脚注・参照[編集]
1.^ http://www.nattoku-rikon.com/read/world-divorce/002.php
2.^ http://indonews.jp/column/column_fuyuno_01_03.html
3.^ 階級差カップルの悲劇 インド「名誉殺人」続発 (1/2ページ) - MSN産経ニュース 2010年7月20日
4.^ “名誉殺人が増加するインド、刑法改正を検討”. AFPBB News. (2010年2月10日) 2013年5月20日閲覧。
5.^ http://knoema.com/atlas/ranks/Rape
6.^ 国家犯罪記録局[リンク切れ]
7.^ CNN.co.jp 性暴力被害の女性 42年間昏睡の末に死亡 印

関連項目[編集]
家父長制
インドの結婚式(英語版)
持参金禁止法(英語版)
インド女性の堕胎(英語版)
インドの女性(英語版)
インドのフェミニズム運動(英語版)
インド男性の権利運動(英語版)
Save Indian Family(英語版)
ヒンドゥー教徒間での結婚に関する法律(英語版)




カテゴリ: インドの社会

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%AD%BB%E5%88%91

インドにおける死刑





移動先: 案内、 検索



このインドにおける死刑では、インドにおける死刑について解説する。

死刑制度は2017年現在も継続中で死刑執行は増加傾向にある。



目次 [非表示]
1 歴史
2 執行方法
3 死刑執行人
4 関連項目
5 注脚


歴史[編集]

インドでは、1975~1991年に約40人が死刑執行された。1995年以降は2004年8月のw:en:Dhananjoy Chatterjeeの一件だけだった。

1947年のイギリスからの独立以降、インドで死刑執行された人数の正確な数字は不明で、論争になっている。政府の公式発表では、独立以降55人が死刑執行されたとされている。

しかし、w:en:People's Union for Civil Libertiesは1,422人の処刑が1953年から1963年まで16のインドの州で起こったとのw:en:Law Commission of India報告を上げている。そして、いくつかの資料は独立以降の死刑被執行人員数が4300人を超えている可能性を示唆している。

インド最高裁判所は1983年に死刑が科せられる犯罪を以下の通り示した。

「国家反逆罪」、「強盗殺人」、「子供や障害者に対する殺人」、「テロ活動」40人(女性3人を含む)が救命嘆願書により終身刑に減刑されたが、その後は死刑判決は減少傾向となっていった。

西ベンガル州では1993年を最期に死刑停止状態になり、インド全体では1995年以降死刑停止状態が続いて いる。

モハンマド・アフザルw:en:Mohammad Afzalは2001年のインドの議会攻撃と関連して陰謀の有罪判決を受け、死刑を宣告され、その後インドの最高裁判所は死刑判決を確定させた。

アフザルの死刑は2006年10月20日に執行される予定だったが、延期され、アフザル事件は不安定な政治問題のままとなっている。

しばらくは死刑執行停止状態が続いていたが、近年は1990年の少女強姦殺人の容疑で翌1991年に死刑判決を受け、13年間独房に拘禁されていたw:en:Dhananjoy Chatterjeeの死刑が2004年8月14日に執行され、2008年11月またムンバイ同時多発テロの実行犯で2010年5月に死刑判決を受け死刑が確定したムハンマド・アジマル・カサブが2012年11月21日に執行され、死刑判決も増加傾向にある。

2005年には23人 、2006年には77人 、2007年には40人が死刑判決を受けていると発表したが、政府公式統計は発表されていない。

2007年12月にインドは死刑執行停止を求めている国連総会決議に反対票を入れた。

2012年に発生した集団強姦事件を受け、2013年2月3日、プラナブ・ムカルジー大統領は強姦罪の罰則を強化する大統領令に署名した。これによって強姦の最高罰則を死刑とする法律が成立した[1]。これを受け、2013年にムンバイで発生した集団強姦事件では、犯人5人のうち3人に死刑判決が下された[2]。

執行方法[編集]
絞首刑
斬首刑(現在では執行例はほとんどないという)

死刑執行人[編集]
詳細は死刑執行人#インドを参照

関連項目[編集]
死刑存廃問題
死刑

注脚[編集]
1.^ “インド大統領、レイプの罰則強化-最高刑に死刑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年2月4日) 2013年3月13日閲覧。
2.^ “レイプ事件2件で3人に死刑判決、法改正を初適用 インド”. CNN. (2014年4月5日) 2014年4月5日閲覧。



[隠す]

­表 ·
­話 ·
­編 ·
­歴

世界の死刑
東アジア
­日本 ·
­中国 ·
­韓国 ·
­北朝鮮(en) ·
­モンゴル(en) ·
­台湾・香港(en) ·
­マカオ(en)

東南アジア
­シンガポール ·
­フィリピン ·
­マレーシア(en)

南アジア
­アフガニスタン ·
­インド・スリランカ(en) ·
­ネパール(en) ·
­パキスタン(en) ·
­バングラデシュ・ブータン(en)

中央アジア
­タジキスタン(en) ·
­トルクメニスタン(en)

西アジア
­アゼルバイジャン(en) ·
­アルメニア(en) ·
­イスラエル(en) ·
­イラク(en) ·
­イラン ·
­キプロス(en) ·
­グルジア(en) ·
­サウジアラビア ·
­トルコ(en)

東欧
­スロバキア(en) ·
­チェコ(en) ·
­ハンガリー(en) ·
­ブルガリア(en) ·
­ベラルーシ(en) ·
­ポーランド ·
­ルーマニア(en) ·
­ロシア(en)

南欧
­アルバニア(en) ·
­イタリア ·
­キプロス(en) ·
­ギリシャ(en) ·
­クロアチア(en) ·
­サンマリノ(en) ·
­スペイン ·
­スロベニア(en) ·
­セルビア(en) ·
­バチカン ·
­ボスニア・ヘルツェゴビナ(en) ·
­ポルトガル(en) ·
­マルタ(en)

西欧
­ヨーロッパ(en) ·
­アンドラ(en) ·
­イギリス・オーストリア ·
­オランダ(en) ·
­ドイツ ·
­フランス ·
­ベルギー

北欧
­アイスランド(en) ·
­スウェーデン(en) ·
­デンマーク(en) ·
­ノルウェー ·
­フィンランド(en) ·
­エストニア(en) ·
­ラトビア(en) ·
­リトアニア

北中米
­アメリカ合衆国 ·
­アルバ(en) ·
­カナダ(en) ·
­キューバ ·
­グアテマラ(en) ·
­ジャマイカ(en) ·
­メキシコ(en)

南米
­エクアドル(en) ·
­スリナム(en) ·
­ブラジル(en) ·
­ベネズエラ(en) ·
­ペルー ·
­コロンビア

オセアニア
­オーストラリア(en) ·
­クック諸島(en) ·
­トンガ諸島(en) ·
­ニュージーランド(en) ·
­パプアニューギニア(en)

アフリカ
­ウガンダ ·
­エジプト(en) ·
­カーボベルデ(en) ·
­サントメ・プリンシペ ·
­ジンバブエ ·
­セネガル ·
­ソマリア(en) ·
­トーゴ ·
­ナミビア ·
­ベナン ·
­南アフリカ共和国(en) ·
­モーリタニア ·
­レソト






カテゴリ: インドの死刑
各国の死刑
インドの法
インドの人権

http://archive.fo/L2IBz


同性愛者の子どもを親が強姦…インドで広がる「矯正レイプ」が衝撃的



大航海
大航海


読者になる















シェア

4





ツイート





Bookmark 1




2015年06月04日 17時05分

2015年06月04日 17時05分





タグ

LGBT , インド , コレクティブ・レイプ , 家族



YouTube/Satyavati Tadanki
YouTube/Satyavati Tadanki


「コレクティブ・レイプ」というのをご存じだろうか。これはゲイの男性やレズの女性を、矯正させようとして行われる強姦のこと。実は今、インドではこのような行為が問題化しており、映画まで制作されているという。

娘の性的嗜好を変えるため親戚がレイプ

その映画「Satyavati」は、インド中南部のバンガロールという町で、実際に起こった出来事をモチーフに作られている。

内容は、レズのカップルと共同生活をしていた成人女性が、父親に疑われ、性的嗜好を変えさせるために、頼まれた叔父たちによって強姦される、というものだ。

家庭内の犯罪のため表面化されない

「コレクティブ・レイプ」では、父親や母親、兄弟、親戚まで関わるとされている。だが家族内での事件のため、なかなか表面化しなかったようだ。

映画を手掛けたDeepthi Tadankiさんも、制作資金を募る動画の中で「インドではこのような事件はほとんど報告されません。この事実を知らせるために、自分にも何かすべきことがあると思い(映画を作ることを)決心しました」と語っている。

ゲイの息子を無理やり母親とセックス

被害者は家族との絆を断ち切るため、家から逃亡する。そして支援団体に助けを求めたことがきっかけで、少しずつ詳細が明らかにされているが、それでも闇は深いようだ。

Deepthi TadankiさんはTimes of Indiaの取材でも「調査の時、2つの驚くべき話を耳にしました。1つはゲイの少女を矯正させようとして、いとこがレイプしたこと。もう1つは家族が、ゲイの少年に無理やり母親とセックスをさせたことです」とコメント。

無論、文化や伝統に良い面はあるが、負の面があることも理解し、何が良くて、何がいけないのかを皆で考える態度を身につけることが大切なのかもしれない。







Adobe Flash Player or an HTML5 supported browser is required for video playback.
Get the latest Flash Player
Learn more about upgrading to an HTML5 browser
・出典元:Satyavati – Description - INDIEARTH(5/1)

| 未分類 | コメント(0)

インドの女性の為の護身術 mission prahar 動画見た感じ使えそうにないなぁっていうのが正直な感想… ですがこんな役立たずの護身術にさえ頼らなきゃいけないほどインドの女性の環境は過酷!  強姦殺人が日常茶飯事の国です! そういえばビートルズのヨガのグルも強姦魔でしたっけ… そういうお国柄です… 















https://www.facebook.com/naoyuki.taira.9/posts/1581193411954633

平 直行
昨日 8:35 ·



今朝ニュースでインドの女性たちが
護身術を学んでるって流れてた。
インドは本当に女性の被害が多いらしい。

なので、本当に護身術を使う為に
やっている映像。

一日2時間の練習それを毎朝。
やってるのは学校の先生。

インドは普通の女性でも危険らしい。

警察が護身術を教えに来てる映像もあった。

教えてるのはペンで相手を突く
針みたいので相手を突く

この映像も激しい訓練をやっている。
技だけじゃなく基礎体力も鍛える。

本当に女性が護身をやろうとすれば
ここまでやる必要がある。

前から分っていたけど
実際に使う必要がある護身術を見て納得

日本はそこまで危険じゃない
女性の立場もそれ程弱くない。

色々考えさせられる内容でした。


http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/08/prahar-new-martial-art-helps-women-_n_6642376.html

インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)



HuffPost India | 執筆者: Rituparna Chatterjee

メール







投稿日: 2015年02月09日 17時08分 JST 更新: 2015年02月09日 17時08分 JST







シェア
186


ツイート










コメント
1

印刷







女性に対する暴力犯罪が都市部で急増しているインド。この問題への対策として、首都デリーの警察は、さまざまな護身武術のテクニックを組み合わせ、簡単に習得できる新しい護身術を作り出した。この護身術は、武器を持っていない女性が自分の体格より2倍大きい相手に素手で対抗するための助けになるという。

ハフポスト・インド版の取材に対して、デリー市北部地区の副警視総監マドゥール・ヴェルマ氏は、この護身術は「Prahar」という名前で、女性が体格の大きい相手に対して素手で防御できるように、研究と実践を重ねて開発したと話してくれた。

この護身術は、合気道、柔術、テコンドー、空手のほか、タイのムエタイや、イスラエルのクラヴ・マガといった各種格闘技の良いところを組み合わせたもので、すばやい動作を基本としているという。

開発にあたっては、護身術をするとき関節の動きと、護身術の物理学的な原理を研究し、各種格闘技を元にして96種類のテクニックを開発、改良。その後、さまざまな試みをしていくなかで、体重40kgの女性が106kgの男性を倒すことができる36種類のテクニックが選び出され、体系化された。

Praharのテクニックを使えば、「弱い人」でも、攻撃してくる相手の弱点、具体的には、襟首・下顎・鎖骨・頸静脈・手根骨・手首関節・足の後ろの突起・みぞおちといった部分を狙って、相手を振りほどけるようになる。

Praharは、関節技と生体力学を利用していて、防御と攻撃のどちらにも使える。また、正しい構え方といったものはない。

習得が簡単なことから、Praharへの関心は非常に高い、とヴェルマ氏は言う。そして、「Praharをする目的は、女性たちに技術を習得してもらうことだけでなく、自信をつけてもらうことでもあります」

現在、デリーでは空手の黒帯保持者を含めた14名の警官が、20の学校で5500名の学生を対象に初級・中級・上級の訓練を行っている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3070627


インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年

2015年12月17日 18:38 発信地:アーメダバード/インド

ライフ


このニュースをシェア










検索


メールで送る
.





1/9
前へ

次へ

インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年

インド・アーメダバードのマウント・カーメル高校で護身術を習う女子高生たち(2015年12月16日撮影)。(c)AFP/Sam PANTHAKY




インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年



インドの女子高生が護身術訓練、集団暴行事件から3年

..
▶ メディア・報道関係・法人の方向け 写真購入のお問合せ .


【12月17日 AFP】インド・ニューデリー(New Delhi)で女子学生が集団性的暴行を受けて死亡した事件から3年となる16日、同国西部アーメダバード(Ahmedabad)で、約1500人の女子高校生が護身術の訓練を受けた。

 インドの格闘技術インストラクター「シフジ(Shifuji)」氏が行っている、インド全土の女性100万人に護身術を教える「ミッション・プラハル(Mission Prahar)」の一環として、1週間の日程でワークショップが開かれた。(c)AFP

https://matome.naver.jp/odai/2142388724855713201


106kgまで倒せる?!覚えておきたいインドが開発した護身術
インドでの性犯罪は22分に1回という恐ろしい頻度で発生しています。被害は現地住民にとどまらず、観光客である私たち日本人、外国人にまで及んでいます。自分の身は自分で守らなければと感じます。そこで、インドで開発された護身術。ここではこれらについてまとめています。

更新日: 2015年02月16日


nickeltankさん










164

お気に入り

118764

view
お気に入り追加

この記事に関するお問い合わせ








止まらないインドでのレイプ被害・・・









出典
www.preorganic.com















インド西部ラジャスタン州の観光地ジャイプール近郊で日本人女子学生(20)が観光ガイドを名乗った男に性的暴行を受けた



出典
日本人女子学生に性的暴行、インド警察が25歳男逮捕 懸賞金かけ追跡 (産経新聞) - Yahoo!ニュース



















昨年11月には、日本人女性旅行者(22)が仏教の聖地ガヤ近くの町で約2週間監禁され、複数の男に集団暴行される事件が起きている。



出典
日本人女子学生に性的暴行、インド警察が25歳男逮捕 懸賞金かけ追跡 (産経新聞) - Yahoo!ニュース



















インド西部マハラシュトラ州ムンバイの工場地で報道写真家の20代の女性が取材中に5人の男に集団レイプされ、病院に収容された。女性は雑誌の仕事で、男性の友人とともに取材中だった。



出典
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1377231136/l50











こちらは2013年の事件







被害は日本人だけではない










アフロ

Police try to stop supporters of India's main opposition Bharatiya Janata Party (BJP) as they march towards the residence of the chief of India's ruling Congress party Sonia Gandhi during a protest r… by 写真:ロイター/アフロ















2014年の初頭には、北部のウッタル・プラデシュ州で2人のインド人の少女がレイプされた後に殺され、マンゴーの木に吊るされた。



出典
【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)



















2歳の娘を連れたポーランド人女性(33)が乗車したタクシーの運転手にレイプされる事件があった。



出典
タクシー車内で子連れポーランド女性レイプ被害、インド 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News











今年1月2日の事件







車内で薬物の入ったスプレーを顔にかけられ、意識を失っている間に暴行されたとみられる。



出典
タクシー車内で子連れポーランド女性レイプ被害、インド 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News



















恐怖と怒りに震える現地住民






娘をレイプされた父親が犯人を殺害


出典
www.afpbb.com




娘をレイプされた父親が犯人を殺害










インドで、14歳の娘をレイプしたとされる隣人の男を拷問の末に殺害した父親が警察に自首した。娘の母親によるとこの父親は、レイプ犯はその報いから逃れることはできないというメッセージを伝えたいと願っていたという。



出典
娘レイプした隣人を拷問・殺害し自首、「メッセージ」だと父親 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News











まさに悪循環。







隣人の男は一家が信用している借家人で、「家族の一員のように付き合っていた。信頼を裏切られショックを受けた」と父親は供述している。



出典
娘レイプした隣人を拷問・殺害し自首、「メッセージ」だと父親 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News











旅行時はインド人は信用するなとよく言われますが、現地人ですら誰を信用すればいいか分からなくなってきている。







その場にいた人々の大半は、父親の行動を全面的に支持していた。1人が「レイプ犯にふさわしい報いだ」と主張すると、他の人々もうなずいた。



出典
娘レイプした隣人を拷問・殺害し自首、「メッセージ」だと父親 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News











レイプ事件が罰せられないことが頻繁にあり、被害者が社会的な汚名を着せられることの多いインドで、この父親の行動は現地の人の賛同を得たようです。








バスで痴漢行為を受けた2人の少女の事件では・・・


出典
www.huffingtonpost.jp




バスで痴漢行為を受けた2人の少女の事件では・・・










事件が起こっている間、誰も姉妹を助けようとしなかった。乗客の1人は「(少年たちを)放っておきな、そうしないと、お前たちがレイプされるか酸を浴びせられるぞ。そして殺されて遺体が放置されるぜ」と言ったという。



出典
【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)











現地住民も関われば殺されるという恐怖を抱いているため、助けることができない。







姉妹の父親は当局からこの件を追及しないように圧力を加えられたとも述べている。



出典
【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)




















拡大する抗議デモ


出典
www.cnn.co.jp




拡大する抗議デモ










インドの性犯罪は「22分に1回」という割合で発生。



出典
【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO



















「このような悪行を私たちが力を合わせて撲滅する必要性を改めて示した」と表明した。



出典
CNN.co.jp : インド5歳児強姦事件、抗議デモ拡大











シン首相の表明







性的暴行の社会実験が行われた





インドで行われたある社会実験。その結果がなんともやるせないものだった。



出典
【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO



















夜、ワゴン車の中から突然女性の悲鳴が聞こえる。そう、これはレイプの現場を再現したもの。通行人の反応をみているのだ。



出典
【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO



















「声をあげる人」はいても、「行動できる人」は、ほんの一握り。



出典
【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO











実際に現場に遭遇したら勇気をもって行動できるでしょうか。










2:50




YouTube


Women Abuse | Sahil Bedi










もう自分で身を守るしかない・・・新しく護身術を開発!






護身術の指導は以前からあったが


出典
www.afpbb.com




護身術の指導は以前からあったが










インドでの女性に対する暴力犯罪への対策として、首都デリーの警察は、さまざまな護身武術のテクニックを組み合わせ、簡単に習得できる新しい護身術を作り出した。



出典
インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像) | Buzz - Yahoo!ニュース



















この護身術は「Prahar」という名前で、女性が体格の大きい相手に対して素手で防御できるように、研究と実践を重ねて開発



出典
インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)





出典
www.huffingtonpost.jp







こちらが訓練の様子

お気に入り詳細を見る





開発にあたっては、護身術をするとき関節の動きと、護身術の物理学的な原理を研究し、各種格闘技を元にして96種類のテクニックを開発、改良。



出典
インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)



















その後、さまざまな試みをしていくなかで、体重40kgの女性が106kgの男性を倒すことができる36種類のテクニックが選び出され、体系化された。



出典
インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)




















訓練風景


出典
www.huffingtonpost.jp




訓練風景










現在、デリーでは空手の黒帯保持者を含めた14名の警官が、20の学校で5500名の学生を対象に初級・中級・上級の訓練を行っている。



出典
インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)



















護身術の練習を義務化している学校も増えてきている








3:33




YouTube


Debi Steven shows real self defence techniques in India


インドでの護身術の練習風景。今回インドが開発した護身術とは別のものです。







サウスデリーでは548校の公立学校の女子学生や女性教師を対象に、護身術の訓練を行うことを決めた。



出典
インドの女性暴行22分間に1件 地方政府が護身術教育











こちらは2011年の決定事項。











出典
www.afpbb.com







インド西部のグジャラート州アーメダバードの学校











出典
japanese.china.org.cn







政府は安全部隊を学校に派遣し、女性学生に護身術を伝授している







女性のための護身術の動画も配信されている。








1:17




YouTube


Women Self Defense Techniques


それほどインドの女性にとって、護身術は最も知っておかなければならないことの一つのようだ。

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/9855

インドにまつわる、知られざる10のびっくり豆知識














学生の窓口編集部NA

2016/07/23


海外旅行


あとで読む


インドにまつわる、知られざる10のびっくり豆知識
大学生のみなさんは、インドを訪れたことはありますか? その文化や価値観は他の国とは一線を画していて、独特の魅力がありますよね。人口が多いこともあり、インドでは他の国ではありえないような不思議な出来事も数多く起こっています。今回はインドにまつわる奇想天外な10の豆知識をお伝えします。

1. 21人のインド人が10000人のアフガニスタン兵に決死の攻防
1897年に少人数ながら死ぬまで要地を守りつづけたという戦いがありました。

2. ほうきをもった女性ギャング団が活躍
暴力をふるう夫を痛い目に合わせるために結成された女性ギャング団。ほうきで悪い男どもを懲らしめていきます。また護身術の指導もしており、インド女性には心強い存在となっています。

3. 1人の男に妻39人、子ども94人
一夫多妻制だからこそできるこの規模。彼の邸宅には100の部屋があり、1回の夕食で30羽の鶏が必要になるそうです。

4. 願掛けで37年間お風呂に入らない男性
息子を授かるための願掛けで37年間お風呂に入っていない男性は、汚い上に臭いも強烈。65才の彼にはすでに7人の娘がいますが、息子はまだ…。奥さんが60才になっても夢は捨てていないというのだから願いも強烈です。

5. バレンタインに妊娠すれば 出産は「子どもの日」
インドの子どもの日は2月14日のちょうど9ヶ月後。偶然にしてはできすぎていますよね。

6. アメリカで一番リッチなインド人女性は人気のエネルギードリンクの開発者
アメリカのエネルギードリンク市場で幅をきかせている「5-hours energy」を作ったのはインド女性です。彼女は収入の90%を慈善事業に寄付しています。

7. 現在もなお魔女狩りが行われている
2000年から2012年の間で、魔法を使った疑いで2000人が処刑されています。

8. 1人の兵士がナイフ1本で40人を負かす
暴行された女性を救うために、8人を負傷、3人を殺害して、一軍を退却させるという事件が起こりました。

9. 持参金問題で1時間に1人の女性が死亡
2012年にはなんと持参金がらみで8233人の女性がなくなっています。

10. 予想では2050年に人口4億人
中国を抜いて人口1位になる日はそう遠くないかもしれません。

https://socialnews.rakuten.co.jp/link/138333


護身術を学ぶインド人女性(写真)

元記事を見る - www.chinanews.com



フィーリング 1


コメント 2


お気に入り登録





0


0


0

はてなブックマーク ミクシィ


amuro001

amuro001

2013年01月05日 21時13分


 私は基本的にこうした付け焼き刃のものがどれだけ役に立つのか懐疑的です。

 しかし、今のインド人女性の置かれた状況を見ると、こうしたことをしたくなる気持ちが大変よくわかります。

http://ameblo.jp/shibaracu/entry-12138367073.html


106kgまで倒せる?!覚えておきたいインドが開発した護身術


2016-03-12 13:54:42

テーマ: 政治
http://matome.naver.jp/odai/2142388724855713201



インドでの性犯罪は22分に1回という恐ろしい頻度で発生しています。被害は現地住民にと どまらず、観光客である私たち日本人、外国人にまで及んでいます。自分の身は自分で守らなければと感じます。そこで、インドで開発された護身術。ここでは これらについてまとめています。

更新日: 2015年02月16日
止まらないインドでのレイプ被害・・・
「インド西部ラジャスタン州の観光地ジャイプール近郊で日本人女子学生(20)が観光ガイドを名乗った男に性的暴行を受けた」


出典日本人女子学生に性的暴行、インド警察が25歳男逮捕 懸賞金かけ追跡 (産経新聞) - Yahoo!ニュース






「昨年11月には、日本人女性旅行者(22)が仏教の聖地ガヤ近くの町で約2週間監禁され、複数の男に集団暴行される事件が起きている。」



出典日本人女子学生に性的暴行、インド警察が25歳男逮捕 懸賞金かけ追跡 (産経新聞) - Yahoo!ニュース






「インド西部マハラシュトラ州ムンバイの工場地で報道写真家の20代の女性が取材中に5人の男に集団レイプされ、病院に収容された。女性は雑誌の仕事で、男性の友人とともに取材中だった。」



出典http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1377231136/l50




こちらは2013年の事件

被害は日本人だけではない
「2014年の初頭には、北部のウッタル・プラデシュ州で2人のインド人の少女がレイプされた後に殺され、マンゴーの木に吊るされた。」



出典【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)






「2歳の娘を連れたポーランド人女性(33)が乗車したタクシーの運転手にレイプされる事件があった。」



出典タクシー車内で子連れポーランド女性レイプ被害、インド 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News




今年1月2日の事件




「車内で薬物の入ったスプレーを顔にかけられ、意識を失っている間に暴行されたとみられる。」



出典タクシー車内で子連れポーランド女性レイプ被害、インド 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News



恐怖と怒りに震える現地住民




娘をレイプされた父親が犯人を殺害




「インドで、14歳の娘をレイプしたとされる隣人の男を拷問の末に殺害した父親が警察に自首した。娘の母親によるとこの父親は、レイプ犯はその報いから逃れることはできないというメッセージを伝えたいと願っていたという。」



出典娘レイプした隣人を拷問・殺害し自首、「メッセージ」だと父親 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News




まさに悪循環。




「隣人の男は一家が信用している借家人で、「家族の一員のように付き合っていた。信頼を裏切られショックを受けた」と父親は供述している。」



出典娘レイプした隣人を拷問・殺害し自首、「メッセージ」だと父親 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News




旅行時はインド人は信用するなとよく言われますが、現地人ですら誰を信用すればいいか分からなくなってきている。


「その場にいた人々の大半は、父親の行動を全面的に支持していた。1人が「レイプ犯にふさわしい報いだ」と主張すると、他の人々もうなずいた。」



出典娘レイプした隣人を拷問・殺害し自首、「メッセージ」だと父親 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News



レイプ事件が罰せられないことが頻繁にあり、被害者が社会的な汚名を着せられることの多いインドで、この父親の行動は現地の人の賛同を得たようです。




バスで痴漢行為を受けた2人の少女の事件では・・・




「事件が起こっている間、誰も姉妹を助けようとしなかった。乗客の1人は「(少年たちを)放っておきな、そうしないと、お前たちがレイプされるか酸を浴びせられるぞ。そして殺されて遺体が放置されるぜ」と言ったという。」



出典【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)




現地住民も関われば殺されるという恐怖を抱いているため、助けることができない。


「姉妹の父親は当局からこの件を追及しないように圧力を加えられたとも述べている。」

出典【インド】痴漢に襲われて抵抗した姉妹、集団で殴られ運転中のバスから放り出される(動画)







拡大する抗議デモ




「インドの性犯罪は「22分に1回」という割合で発生。」



出典【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO






「「このような悪行を私たちが力を合わせて撲滅する必要性を改めて示した」と表明した。」



出典CNN.co.jp : インド5歳児強姦事件、抗議デモ拡大




シン首相の表明




性的暴行の社会実験が行われた




「インドで行われたある社会実験。その結果がなんともやるせないものだった。」



出典【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO






「夜、ワゴン車の中から突然女性の悲鳴が聞こえる。そう、これはレイプの現場を再現したもの。通行人の反応をみているのだ。」



出典【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO




「「声をあげる人」はいても、「行動できる人」は、ほんの一握り。」



出典【映像】ついに、「レイプ被害」の実験動画を公開。インドで性犯罪が減らないワケ | TABI LABO



実際に現場に遭遇したら勇気をもって行動できるでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=9Dms1FCc4hc



Women Abuse | Sahil Bedi

もう自分で身を守るしかない・・・新しく護身術を開発!



護身術の指導は以前からあったが




「インドでの女性に対する暴力犯罪への対策として、首都デリーの警察は、さまざまな護身武術のテクニックを組み合わせ、簡単に習得できる新しい護身術を作り出した。」



出典インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像) | Buzz - Yahoo!ニュース




「この護身術は「Prahar」という名前で、女性が体格の大きい相手に対して素手で防御できるように、研究と実践を重ねて開発」

出典インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)


こちらが訓練の様子




「開発にあたっては、護身術をするとき関節の動きと、護身術の物理学的な原理を研究し、各種格闘技を元にして96種類のテクニックを開発、改良。」



出典インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)




「その後、さまざまな試みをしていくなかで、体重40kgの女性が106kgの男性を倒すことができる36種類のテクニックが選び出され、体系化された。」

出典インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)







訓練風景




「現在、デリーでは空手の黒帯保持者を含めた14名の警官が、20の学校で5500名の学生を対象に初級・中級・上級の訓練を行っている。」



出典インドで自分より2倍大きい相手を倒す護身術が開発される(画像)



護身術の練習を義務化している学校も増えてきている

http://www.youtube.com/watch?v=mQpGm1cSI7U




Debi Steven shows real self defence techniques in India


インドでの護身術の練習風景。今回インドが開発した護身術とは別のものです。


「サウスデリーでは548校の公立学校の女子学生や女性教師を対象に、護身術の訓練を行うことを決めた。」



出典インドの女性暴行22分間に1件 地方政府が護身術教育



こちらは2011年の決定事項。


インド西部のグジャラート州アーメダバードの学校



出典www.afpbb.com
政府は安全部隊を学校に派遣し、女性学生に護身術を伝授している


出典japanese.china.org.cn
女性のための護身術の動画も配信されている。
http://www.youtube.com/watch?v=DGjJ1MDPbIA


Women Self Defense Techniques

それほどインドの女性にとって、護身術は最も知っておかなければならないことの一つのようだ。

| 未分類 | コメント(0)

本場ブラジルの柔術道場の少年柔術家の身体能力



流石は本場ブラジル
こんなんが子供のうちからゴロゴロいるとか…

| 未分類 | コメント(0)

安倍政権(生長の家原理主義&神社本庁)、愛国リスト 住民基本台帳で違憲判決を出した竹中省吾裁判官が自殺 平田公認会計士 りそな銀行を監査中に自殺 鈴木啓一 朝日新聞記者 りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺 石井誠 読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書く 事故死 斎賀孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺  松岡農水相、議員宿舎で首吊り自殺  松岡事務所の地元秘書、熊本の自宅で首吊り自殺 緑資源機構の山崎元理事、マンションから転落死  加賀美正人内閣情報調査室参事官 外務省ロシア担当キャリア 練炭自殺 UR所管国交省職員 甘利大臣が入院した後、合同庁舎3号館より飛び降り自殺  自民党山田賢司議員の不正を週刊誌に告発した秘書、「検察に行く」と言い残し、練炭自殺 自民党神戸12人の政務活動費不正取得 取りまとめ役の大野一市議が急死、捜査終了 ガチャ規制を推進していた消費者庁審議官、妻と一緒に飛び降り自殺 特定秘密保護を治安維持法と批判した神原内閣参事官、屋久島の岩場で死体で見つかる 原発と闘った四代正八幡宮の宮司・林晴彦氏突然死(2007年3月) 森友学園、疑惑の小学校から残土搬出を請け負った、田中造園土木の秋山社長自殺











































http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/7789d0878b1df9163634595690c11e60
★ 安倍政権(生長の家原理主義&神社本庁)、愛国リスト

住民基本台帳で違憲判決を出した竹中省吾裁判官が自殺
平田公認会計士 りそな銀行を監査中に自殺
鈴木啓一 朝日新聞記者 りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺
石井誠 読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書く 事故死
斎賀孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺 
松岡農水相、議員宿舎で首吊り自殺 
松岡事務所の地元秘書、熊本の自宅で首吊り自殺
緑資源機構の山崎元理事、マンションから転落死 
加賀美正人内閣情報調査室参事官 外務省ロシア担当キャリア 練炭自殺
UR所管国交省職員 甘利大臣が入院した後、合同庁舎3号館より飛び降り自殺 
自民党山田賢司議員の不正を週刊誌に告発した秘書、「検察に行く」と言い残し、練炭自殺
自民党神戸12人の政務活動費不正取得 取りまとめ役の大野一市議が急死、捜査終了
ガチャ規制を推進していた消費者庁審議官、妻と一緒に飛び降り自殺
特定秘密保護を治安維持法と批判した神原内閣参事官、屋久島の岩場で死体で見つかる
原発と闘った四代正八幡宮の宮司・林晴彦氏突然死(2007年3月)
森友学園、疑惑の小学校から残土搬出を請け負った、田中造園土木の秋山社長自殺

| 未分類 | コメント(0)

RIZIN パンクラスといったジャパニーズMMAの公式動画が無料配信中です

RIZIN
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11087/v00003/

パンクラス
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00895/v00012/

リンク先で動画を無料で配信中
再生ボタンで視聴出来ます

| 未分類 | コメント(0)

七帝柔道記最新刊発売中

七帝柔道記 4 (ビッグコミックス)

小学館 (2017-06-30)
売り上げランキング: 15,159

| 未分類 | コメント(0)

JBJJF西日本新人選手権2017動画








| 未分類 | コメント(0)

プロの格闘家 トップの格闘家が引退後太るわけ リバウンド

01_081.jpg


http://second-fitness.com/column/asadamao

浅田真央選手の引退から考えるアスリートのリバウンドとは

2017.04.11 (火)














フィギュアスケートの浅田真央選手が引退となりました。人気選手の引退報道を見て残念な気持ちもありますが、同時に私が気になるのは、アスリートの競技引退後のリバウンド(体の衰え)です。





特にサッカー選手や野球選手などのアスリートが競技引退後に、体がブクブクと太ってしまうケースもよく見かけます。選手時代はかっこ良かったのに最近テレビで見ると「あれっ、どうしちゃったの?」と思うような選手もいます。浅田真央選手をはじめ、女性アスリートはキレイな方が多いので、引退後も美しいスタイルを維持してほしいと思います。





アスリートが引退後に太ってしまうのにはいくつかの理由があります。まずは現役時代に食事制限などをしていたのが、競技引退後には体作りから解放されてたくさん食べることです。これはダイエットのリバウンドと同じ状態になります。格闘家などの食事制限による体重管理を必要とする競技の選手に多いです。





また、運動量が減ったのに食事量が変わらないのもリバウンドの原因の1つです。一般の人でも、社会人になってからも学生時代と同じような食生活を続けて太ってしまった経験がある人もいるでしょう。太るか痩せるかは、「摂取カロリー」と「消費カロリー」のバランスです。食べた以上に動いていれば、基本的には太ることはありません。





アスリートが引退後に太ってしまうのは、練習や試合などの運動がなくなったにもかかわらず、現役時代と同じ食生活をしているからです。摂取カロリーが上回り、太ってしまうのです。アスリートの体作りも、メカニズムは一般人のダイエットと同じです。





しかし、引退後も体をキープできている選手もいます。筋肉には「マッスルメモリー」というものがあるからです。過去の筋肉の状態を体が記憶しています。そのため、引退後も適度な運動をしていれば、一般の人以上に体作りは簡単に行えるのです。





その証拠に、テレビCMでも有名なライザップでは、元アスリートを起用しています。長い期間トレーニングをしている元アスリートは、体がトレーニングや筋肉を記憶しているので、このマッスルメモリーの効果が発揮されやすいのです。





一般人のダイエットでいえば、学生時代に運動部だった人がこれに当てはまります。社会人になってから運動する機会が減って太ってしまった方も、もう一度トレーニングを始めればすぐに体が元に戻ります。





私がダイエットをしている女性に筋トレを勧める理由はここにあります。ただ痩せるだけなら糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットでも痩せられます。しかし長い目で見たときに、スタイルを維持するには筋肉を引き締めておく必要があるのです。





ダンベル何キロ持てる?

http://urasunday.com/dumbbell/

| 未分類 | コメント(0)

伝説のイワンゴメスvsウイリアムルスカのシュートマッチが収録 壮絶!喧嘩マッチ烈伝 DVD-BOX

壮絶!喧嘩マッチ烈伝 DVD-BOX
ビデオ・パック・ニッポン (2010-03-15)
売り上げランキング: 85,466


20050609.jpg
429_341-02.jpg
Ivan.jpg

| 未分類 | コメント(0)

世界柔道銀メダリスト レシェコを極めたプロレスラー ミレ•ツルノの元祖アンクルホールド!





















910.jpg
ajp005.jpg


アンクルホールドの源流ミレ・ツルMile Zrnoと
世界中にアンクルホールドを普及させたMMAのパイオニアの一人でありプロレスラーの船木 誠勝

元祖である船木誠勝のアンクルホールド教則動画は3分45秒辺りから

| 未分類 | コメント(0)

Gスピリッツ 月刊秘伝レビュー

月刊 秘伝 2017年 08月号

BABジャパン (2017-07-14)


神戸のあこう堂の畠山先生(高専柔道 七帝柔道の継承者)の記事が掲載されています
あと那嵯涼介氏の連載記事も今号は掲載しています

Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック)

辰巳出版 (2017-06-28)
売り上げランキング: 3,626


1984年のUWF
1984年のUWF
posted with amazlet at 17.07.17
柳澤 健
文藝春秋
売り上げランキング: 14,366


Gスピリッツ最新号は佐山聡と北原光騎のインタビューが面白い!
話の内容は決して表に出さないけれども

1984年のUWF

をハッキリ意識しまくった内容です!
1984年のUWFが格闘技よりの内容だという事で急遽対抗して出した記事なんでしょうか?
まー佐山はチョークスリーパーで組んだようなアキレスは自分が考案したって思っていたけれどもイワンゴメスがずっと前からやっていたのを知って自分がパイオニアではないことを知ったようですが
確かにヒクソンも前からそれをやっていた画像がありましたっけ(格通とかフルコンとかで初登場した時に)
草柳先生がそのやり方をディスっていた思い出が‥
実はエリオグレイシーも昔からやっていました
教則本でもありましたね チョークスリーパー式アキレス
ちなみにエリオが昔の新聞で見せたチョークスリーパー式アキレスがこれ↓
helioNoPe.png

有名な柔術家 谷幸雄のチョークスリーパー式アキレス↓
日本の明治時代はこういったロックの仕方の方がポピュラーだった模様
明治の時代から既にチョークスリーパー式アキレスは存在していてパイオニアはイワンゴメスでも佐山聡でもないってことですな
15d3p6b.jpg

ちなみに佐山聡が見ただろうゴメスのチョースリーパー式アキレスの写真はグレイシー柔術の一冊p115に収録されてます
藤原喜明戦で使ってましたね

| 未分類 | コメント(0)

【ありがたい劉暁波語録】 「香港は100年間植民地になってこれだけ発展したが、中国はあれだけ広いのだから300年くらい植民地になってこそ発展する」

http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20170714/

劉暁波について

詐欺師列伝 사기꾼 렬전
2017年07月14日


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000024-asahi-int
「中国政府に重い責任」 劉暁波氏の死去、各国から反応

「中国の人権活動家」という事になっている劉暁波が死んだそうだ。重い肝臓ガンなのに中国当局が出国を許さないのどうのと日本でも韓国でもやかましい報道がここのところ相次いでいた。そして本当に死んでしまうや「市民の権利と表現の自由のための勇気ある闘士だった劉暁波氏」の大合唱である。予想はしてたけど。
だが本当に劉暁波という御仁はそんなに素晴らしい「人権活動家」だったのであろうか? 中国の台頭を面白く思わない国からすれば利用価値のある人間だったかもしれないが、そうでない側からすれば「劉暁波? 誰なのそいつ?」の一言であろう。ダライ・ラマと同じである。西欧型民主主義以外の政治体制を認めたくない、あわよくばそうした国々の体制を転覆して自分らの都合の良い国に変えてしまいたい、という邪悪な帝国主義的野欲を持った国々は依然として多い。アメリカはもちろんそうだし、西欧のほとんどの国はそうだ。要するにNATO加盟国の事である。日本と韓国がアジアの中でもそうした動きに無条件で盲従する、最も自主性のない国である事は言うまでもない。劉暁波をアジアで最も礼賛している国が日本と韓国なのだから。こうした国々からすれば劉は実に使い道のある存在であった。
実際に当人の発言を見るのが一番であろう。

【ありがたい劉暁波語録】

「香港は100年間植民地になってこれだけ発展したが、中国はあれだけ広いのだから300年くらい植民地になってこそ発展する」

ひいいいいいッ! い、意味が分からねえええええッ! 

…このセリフを沖縄でも朝鮮半島でも中南米各国でも、とにかく帝国主義国家の植民地や被支配国にされた国々にあてはめて言ってみな。そうすりゃこの男の本性ってもんが分かるだろう。
「朝鮮半島は300年くらい植民地になってこそ発展する」
「キューバは300年くらいアメリカやスペインの統治下にあった方が発展する」
「ベトナムは300年くらい植民地になってこそ発展する」
「沖縄とアイヌは永遠にヤマトの統治下にあった方が発展する」
欧米や日本の支配層なら涙を流して喜んじゃうのではないか。これのどこらへんが「人権活動家」なんだ? 中国の悪口言ってりゃメシが食えて、おまけにノーベル賞までもらえるとか気楽な商売ではないか! 劉暁波の言ってるセリフ、筆者には国を日帝に売り飛ばした李完用のそれと同じものに聞こえる。1860年の第2次アヘン戦争に敗れて以来、欧米列強と日帝の侵略に晒されながらも約90年にわたる革命闘争でそれをはねのけて新国家を建設した中国人民の歴史を、他ならぬ中国人である劉暁波自身が知らないか無視してるとは恐れ入るではないか。歴史に対する無知(無視)ここに極まれり。まあこの手の輩、在日の社会でもデイリーNKやコリア国際研究所辺りにゴロゴロしてはいるが…。

中国は卑下するがインドは美化する。チベット問題は大騒ぎするがカシミール紛争の虐殺はほとんど言及すらしない。中国は共産党体制だがインドは西欧式民主主義体制に倣っているのが最大の理由であろう。だからこそ劉暁波のようなしょうもない人間が西欧(とその追従国)でもてはやされるのである。日本における劉暁波の存在意義とは「嫌中右翼のアイドル」以外の何者でもない。


http://www.geocities.jp/ishidanz/11_01_01.htm

◎今年も日本の政治には余り期待が持てない。そこで新年早々中国人劉暁波のノーベル賞に何故中国があれほどまでに反感を抱くのかを解説したタリク・アリ氏の解説を紹介する。それによると劉氏は我々が考えているような民主的人物ではない。彼は中国をアメリカ式の「民主国家」に変革しようとしたのであり、ブッシュのイラク侵略にもオバマのアフガン戦争にも反対していない。その辺のことをとくとお確かめ下さい。

ご一読の程を!


劉暁波はノーベル平和賞に値するか

タリク・アリ(作家・歴史家)

【編集ノート】「『中国を米国の模造品』にする08憲章」をARC通信220(11月)号に掲載したところ、大手メディア関係者からは「左翼のアジ演説」、「中国共産党保守派の代弁」、会員からは「中国の人権問題は指摘しないのか」という声が寄せられた。しかし、この原文(左翼紙)の読み方は、アキシス・オプ・ロジック紙の編集者レス・プローが解説している通り、08憲章の狙いが「14・財産権の保護15・財政・税制改革」条項にあり、米国民主主義基金(NED)の役割、中国共産党と劉暁波との関係を「資本主義の道を歩んできたことにあるのではなく、資本主義の道を十分に歩み切れていないことにあるのだ」という指摘が現代中国を理解する上で欠かせないとの判断から掲載に踏み切った。

 08憲章は末尾で「中華連邦共和国」の建国を呼びかけている。それを知ってか知らずか、「民主化」、「一党独裁の否定」と一方の立場から一色になって報道するマスメディアの姿勢は少なくとも中国の現状を客観的に伝えているとはいえない。中国政府の過剰ともいえる対応に組するものではないが、なぜ彼らが反発するかを考える必要があるのではないか。
 1980年代後半、ソ違でゴルバチョフ書記長がペレストロイ力を推進していた際に、「ソ連でさえ改革しているのだから、中国にも改革が必要だ」と述べた。天安門事件前夜の中国では、共産党指導部にも改革を巡る議論があった。しかし、ゴルバチョフの手法の特徴でもあったが、異なる意見を闘わせ相手を尊重する民主的準備の全くなかったところで、マスメディアを動員しながら反対意見によって世論を煽る形をとったことにより、国内が大混乱に陥り、様々な介入を招き、反革命勢力に政権を乗っ取られる形でソ連邦が崩壊した歴史を中国共産党指導部は目撃していた。                                                                                  


 タリク・アリは、一色となったノーベル平和寛報道にオルタナティプの立場から原則論をのべている。オバマだけでなく、歴代の平和寅受賞の政治性は露骨なばかりだ。それを抜きにした人権の大合唱は天に唾するだけではないか。(森広泰平)                      

 昨年のノーベル平和寛受貧者オバマは、受賞後間もなく、アフガニスクンでの戦争を拡大させた。賞は、当のオバマにさえ驚きだったのだ。
 今年は、中国政府が愚かにもネオコン(新保守主義)の劉暁波を受難者にしてしまった。彼は逮捕されるべきではなかったが、ノルウェー・ノーベル寛委員会を構成するヤーグラン委員長(同国元首相)らノルウェー人政治家は、中国を懲らしめようとした。そこで彼らは、白分たちの英雄、劉暁波の意見を無視した。あるいは、無視したのではなく、彼ら白身の意見が同じなのかもしれない。ノーベル寛委員会は、イラクを侵略したことでブッシュとブレアに共同平和寛を授与しようと考えたが、激しい抗議でやめたことがあったのだから。                      

 はっきりさせておくが、劉暁波は公に次のように述べている。                                                  
a)中国の悲劇は、欧米や日本に少なくとも300年間、植民地にされなかったことだ。されていれば、中国は明らかに文明化きれただろう。
♭)朝鮮戦争とベトナム戦争は、米国の全体主義に対する闘いであり、米国の道徳的威信を高めた。 
 c)ブッシュがイラク戦争を始めたのは正しかった、ケリー上院議員が行った批判は名誉棄損だ。 
  d)アフガニスタン戦争?驚きはない。NATOの戦争を全面的に支持する。

 彼はこうした意見を持つ権利がある。しかしノーベル平和寛を受賞するものだろうか。                                                                          

 ノルウェー人の学者,フレドリック・ヘッファメールは、ダイナマイトの発明者、ノーベルの遺志が侵害されている、と主張している。     
 ノーベル賞委員会は賞金を自由に使えるわけではない。平和を生みだし、軍備拡大競争や軍部の権力争いの悪循環を断ち切る重要なものに与えるために賞金を預けられているのだ。この観点からすると、2010年のノーベル賞は再び、違法な委員会によって授与された違法な賞となった(了)                                                                               

翻訳舟越美夏
原文Does Liu Xiaobo Really Deserve the Peace Prize? By
TARIQ ALL 13 Dec 2010
http://www .counterpunch.org/tariql2132010. html
「アジア記者クラブ通信」(11年01月号より)

| 未分類 | コメント(0)

100回に99回はレスラーが勝つだろう ボクサーが勝つ唯一のチャンスは 最初のゴングが響きが消えないうちにKOパンチで打つことだ それが当たればボクサーが勝つ しかし 当て損ねたらそこでおしまい ワンパンチKOがピュージリズム(競技ボクシング)では奇跡に 近いことをボクシングファンならみな知っているbyボクシング2代目世界ヘビー級王者ジムコーベット  20世紀初頭史上最強のボクシングヘビー級世界王者ジャックジョンソンがレスラーとの他流試合で敗れる動画も!









































アリ対猪木――アメリカから見た世界格闘史の特異点
ジョシュ・グロス
亜紀書房
売り上げランキング: 9,629



https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://en.wikipedia.org/wiki/Mixed_martial_arts&prev=search

総合格闘技


ウィキペディアから、無料の百科事典


移動 : ナビゲーション 、 検索



芸術を組み合わせた戦闘スタイルについては、 ハイブリッド武術を参照してください。

ここでは「NHB」がリダイレクトされます。 他の用途については、 NHB(曖昧さ回避)を参照してください。

混合武道(MMA)

2011年6月11日にブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのUFC 131のメインイベントでMMAの試合中にジュニア・ドス・サントス(白いショーツ)とシェーン・カーウィン(黒いショーツ)
2011年6月11日にブリティッシュ・コロンビア州 バンクーバーのUFC 131のメインイベントでMMAの試合中にジュニア・ドス・サントス (白いショーツ)とシェーン・カーウィン (黒いショーツ)


フォーカス
様々な

硬度
フルコンタクト

オリンピックスポーツ
いいえ - IOCによって認識されない

Mixed Martial Arts ( MMA )は、他の戦闘スポーツや武道の技法を使用して、立っているか地面にいるかにかかわらず 、 打撃とグラップリングの両方を可能にする完全接触型の戦闘スポーツです。 混合武道という用語の最初の使用は、1993年にテレビ評論家Howard RosenbergによるUFC1のレビューであった。 [1]この言葉は、スポーツをカバーする最大のウェブサイトの1つであるnewfullcontact.comが主催し、記事。 [2]誰が実際にその言葉を作り出したのかという疑問は、議論の対象となる。 [3]

20世紀初めには、 日本 、 台湾 、 環太平洋の各地でさまざまな混合スタイルのコンテストが開催されました。 1980年、 CV Productions、Inc.は米国でTough Guy Contestと名付けられた最初の規制されたMMAリーグを制作し、後にSuperfightersの戦闘に改名しました。 同社はペンシルベニア州で 10のトーナメントを制裁した。 しかし、1983年にペンシルベニア州上院はスポーツを禁止する法案を可決した。 [4] [5]

グレイシー家は1993年に、 Ultimate Fighting Championship (UFC)のMMAプロモーション会社を設立し、1920年代からブラジルで開発されたバード・ツードーを米国に持ち込んだ。 [6]

もともと、実際に非武装の戦闘のための最も効果的な武道を見つけるための競技として昇進したが、異なる戦闘スタイルの競技者は、比較的少数のルールで競技会を行った。 [7]その後、個々の戦闘機は、彼らのスタイルに複数の武道を使用した。 MMAのプロモーターは、競技者の安全性を高め、スポーツ規制を遵守し、スポーツの主流の受け入れを拡大するための追加規則を採用するよう圧力をかけられました。 [8]これらの変更に続き、スポーツはボクシングおよびプロレスに匹敵するペイパービューのビジネスの増加した人気を見た。 [9]



内容
1 男子競争 1.1 初期の歴史

2 モダンスポーツ 2.1 「MMA」の起源
2.2 規制
2.3 MMA組織 2.3.1 プロモーション
2.3.2 ジム
2.3.3 メディア

2.4 戦闘機の開発

3つの ルール 3.1 勝利
3.2 ファイターランキング
3.3 服
3.4 戦闘エリア

4つの 共通分野 4.1 ボクシング
4.2 ムエタイ/キックボクシング
4.3 ブラジルの柔術/グラップリング
4.4 カポエイラ
4.5 柔道
4.6 レスリング 4.6.1 キャッチ

4.7 空手
4.8 テコンドー
4.9 Wushu Sanshou / Sanda

5つの 戦略 5.1 スプロール・アンド・ボクシング
5.2 地面とポンド
5.3 提出先を探す
5.4 スコア指向の戦い
5.5 クリンチファイティング

6 女性の混合武道 6.1 歴史

7 アマチュア混合武道 7.1 国際複合武道連盟
7.2 世界的な格闘技協会 7.2.1 WMMAA汎アメリカ部


8 安全 8.1 傷害率
8.2 傷害パターン
8.3 メンタルヘルス
8.4 致命的

9 プロコンクールの合法性 9.1 オーストラリア
9.2 バーレーン
9.3 ベルギー
9.4 ブラジル
9.5 ブルガリア
9.6 カンボジア
9.7 カナダ
9.8 中国
9.9 デンマーク
9.10 フランス
9.11 インド
9.12 アイルランド
9.13 日本
9.14 マレーシア
9.15 ノルウェー
パキスタン 9.16
9.17 ポルトガル
9.18 ルーマニア
9.19 ロシア
9.20 シンガポール
9.21 スウェーデン
9.22 南アフリカ
9.23 台湾
9.24 タイ
9.25 米国

10 も参照
11 参考文献


男子競争 [ 編集 ]

初期の歴史 [ 編集 ]





ギリシャの像 パンクラティウム 、ローマのコロシアムで展示され、アレキサンダー大王によって戦闘で使用されたイベント。 中世の初期の時代になっても、ローマと他の都市には、ローマの著名なパンクリマリストを称えるための彫像が置かれていました。




古代ギリシャのファンクライストラストの戦いの場面。 もともとPanathenaic amphora、Lamberg Collectionにありました。
6,000年以上前には、 中国の 武漢将軍やShuai jiaoという兵士によって古代中国で最も初期の複合武術が発明されましたが、現代では「中国のレスリング」と呼ばれていましたが、古代中国の軍隊が殺すために使用した蹴り、打ち抜き、投げ、関節のロック、指のロック、脚の掃引、脚のロック、近接範囲の捕捉技術と組み合わせた現代の柔道と柔道の最古の古代先駆者であるグラップリング技術を取り入れた戦場にいる敵の兵士たち。 ヨーロッパでは、 古代ギリシャのスパルタ 、 アテネ 、近隣の都市国家には、古代ギリシャオリンピックの 「 パンクレトレーション 」というスポーツがあり、現代のMMAに見られるような格闘技と著しいスキルを組み合わせていた。 Pankrationは既に確立されたレスリングとボクシングの伝統の組み合わせによって形成され、オリンピックの言葉では、オリンピック第33回オリンピックで648年に最初に特集されました。禁止されていた噛んだりガウジングを除いて、 戦闘機はまた、戦闘機が提出されるまで戦った。 ラウンドはありませんでした。 [11] E. Norman Gardinerによると、「陸上競技の支店はパンクレーションよりも人気がありませんでした」 [12]古代ギリシャの起源から、pankrationはローマ人に後で渡された。 [13]

19世紀半ばには、新しいスポーツの卓越性が戦闘スポーツ界で賞賛されました。 その時、フランスの戦闘機はその時代の伝統的な戦闘スタイルに対してスポーツをテストしたかったのです。 1852年、フランスの野蛮人とフランスの戦士ランボー・​​エイリアス・ラ・レジスタンスがイギリスの戦闘機ディキンソンと戦い、彼のキックを使って勝利したフランスの野蛮人と英語のナックルボクサーの間でコンテストが開催されました。 しかし、英国チームはまだコンテスト中に4つの他のマッチアップを獲得しました。 [14]それ以来、他の同様のコンテストは、19世紀後半から20世紀半ばにフランスのサバティアと他の戦闘様式との間でも起こった。 例としては、フランスの野蛮人ジョージ・デュボワと柔道開業者Re-nierandとの間の1905年の戦い、フランスの野蛮人とプロのボクサー Jacques Cayronと1957年のボクシング選手、 HirooはCayronがHirooをフックでノックしたときに終わった。 [14]

伝えられるところによると、1880年代後半には、スタイルを代表するレスラー、 グレコローマンレスリングなどがヨーロッパ全土のトーナメントや音楽ホールの試合で出会った。 アメリカでは、現代のボクサーとレスラーの最初の主要な出会いは、 ジョンL・サリバン 、その後ヘビー級の世界ボクシングチャンピオン、彼のトレーナー、グレコローマンレスリングチャンピオンウィリアム・マルドゥンとリングに入った1887年に行われ、 2分間でマットに叩きつけられた。 次の公表された出会いは、将来のヘビー級ボクシングチャンピオンのボブフィッツシモンズがヨーロッパのグレコローマンレスリングチャンピオンアーネストローバーを取った1890年代後半に発生しました。 1901年9月、サリバンのボクシングタイトルのための候補者だったフランク "パディ"スラヴィンは、 ドーソンシティ 、カナダで将来の世界レスリングチャンピオンフランクゴッチをノックアウトした。 ジョージ・デュボアを倒して名声を得た柔道家Ren-nierandは、ウクライナのレスリング選手Ivan Poddubnyに対するもう一つの同様のコンテストで再び戦い、失われた。 [14]

混合武道の別の初期の例は、 Edward William Barton-Wrightが1899年にロンドンで創設したBartitsuであった。 柔道 、 柔術 、 ボクシング 、 セービング 、 レスリング 、 カンヌ・デ・戦闘 (フレンチ・スティック戦)を組み合わせ、Bartitsuはアジアとヨーロッパの戦闘スタイルを組み合わせ、 [16] 、イングランド全土でMMAスタイルのコンテストを見て、ヨーロッパと日本のチャンピオンを様々なヨーロッパのレスリングスタイルの代表にピットインしました。 [16]

主要イベントのタイムライン

古代中国 、6,000年以上前
- Shuai jiao(古くからのカンフースタイル)
2000年以上前の古代ギリシャ
- パンケレーション
19世紀後半
- ハイブリッド武道
1880年代後半
- 初期のNHBとコンクールのコンクール
1899
- バートン・ライトとバーティツ
1900年代初め
- メリカンコンテスト
1920年代
- アーリー・ヴァル・テドーとグレイシー・チャレンジ
1960年代から1970年代
- ブルース・リー 、 ジック・クーン・ドゥ

1970年代
- アントニオ・イノキとイスフカクトゥギ・セン
1985
- シュートフォーム
1989年
- 第1回プロショットイベント
1991年
- First Desafio ( BJJ vs. Luta Livre)イベント
1993年
- パンクレースフォーム
1993年
- UFCフォーム
1990年代後半
- International Vale Tudo
1997年〜2007年
- プライドFCとUFC時代
2000年
- ニュージャージー州のSACBが統一ルールを策定
2001年
- ZuffaがUFCを購入する
2005年
- 究極の戦闘機デビュー
2005年
- 米軍がMMAの制裁を開始
2006年
- UFCの支配と国際成長
2006年
- Zuffa、 WFAとWECを買収
2006年
- UFC 66は、100万を超えるPPV購入を生み出す
2007年
- Zuffa、PRIDE FCを買収
2008年
- EliteXC:PrimetimeがCBSの 650万人のピーク視聴者を獲得
2009年
- Strikeforceは女性のメインイベントで第1のメジャーカードを保持
2011年
- WECとUFCが合併
2011年
- ZuffaはStrikeforceを購入する
2011年
- FoxのUFCがFoxの視聴者数880万人を獲得
2016年
- WMG / IMG、 UFCを40億ドルで買収

現代MMAの競争の歴史は、1900年代初頭にヨーロッパ、日本、環太平洋の混在したスタイルのコンテストに遡ることができます。 日本では、これらのコンテストは "アメリカの戦い"のための日本語スラングからのメリカンとして知られていた。 Merikanコンテストは、ポイント決定、3つのスローまたはノックダウンのベスト、ノックアウトまたは提出による勝利を含む、さまざまなルールの下で戦った。 [18]

プロレスの人気が第一次世界大戦後に衰退したので、スポーツは戦闘機が実際に競争し、現代のプロレスに進化した「 ショー 」の2つのジャンルに分かれました。 [19]

1936年に、ヘビー級ボクシングの候補者キングフィッシュレヴィンスキーとベテランのプロレスラーレイスティールは、スティールが35秒で勝利した混合試合で競い合った。 [19]

1963年には、 " 柔道 " ジーン・ベルは、 ホールド禁止の試合でプロボクサーミロ・サベージと戦った。 LebellはHarai Goshiによって裸のチョークを後にし、Savageを無意識のままにしました。 これは、北米での戦闘スタイルの戦闘で初めて放送されたものです。 故郷の群衆はとても怒って、彼らが鳴り出し、Lebellで椅子を投げ始めました。 [20]

1960年代後半から1970年代初めにかけて、複数の武道の要素を組み合わせるというコンセプトが、 Bruce LeeによってJeet Kune Doのシステムを通じて西側に普及しました。 リーは、「最高の戦闘機はボクサー、空手、または柔道の男ではない」と信じていた。最高の戦闘機は、あらゆるスタイルに適応でき、無形で、個人のスタイルを採用し、 UFCのダナ・ホワイト会長は、2004年に「武道の父」と呼んでいる。 ブルース・リーが訓練した方法、彼が戦った方法、そして彼が書いたことの多くを見るなら、完璧なスタイルはあなたはあらゆるものから小さなものを取っていきます。あなたはあらゆる異なる規律から良いものを取って、うまくいくものを使い、残りを投げ捨てます。 [21] ブルース・リー 、 Wing Chunの開業医であるWong Shun Leungの現代は、様々なスタイルの他の中国の武道家に対して60-100件の違法ビーモの戦いで目立つようになった。 彼のキャリアの中で、ウォンはまた、西の戦闘機や他の戦闘スタイル、例えばギコと呼ばれるロシアのボクサーとの試合[22] 、 フェンサーとのテレビ放映[23] 、 台湾の クン=フーマスター呉明Jeet。 ブルース・リーのように、Wongはボクシングとキックボクシングを彼のカンフーに組み合わせた。

1963年2月12日、「空手とムエタイの戦い」がありました。 大山道場からの3人の空手の戦闘機は、タイのLumpineeボクシングスタジアムに行き、3人のムエタイ戦闘機と戦った。 3人の空手道中空手の名前は、 中村正 、黒崎健次、藤平昭夫(大沢昇)。 ムエタイチームは、本物のタイ戦闘員が1人しかいなかった。 [25]日本は2-1で勝った:タイと戦った黒崎健司がエルボーによってKOedされた間、中村正と藤平昭夫がパンチでKOed相手を獲得した。 これは、日本の敗者である黒崎健次選手だけが選手ではなくむしろ選手権選手だったことに留意すべきであり、臨時選手の代用として一時的に指定された。 同年6月、カラテカと未来のキックボクサーの沢村正は、タイ王者のサマーン・ソー・アディソンに面し、サワムラは16回ノックダウンされ、敗れた。 [25]澤村は、その試合で学んだことを、進化するキックボクシングトーナメントに組み込むために使うだろう。

ムハンマド・アリ対アントニオ・イノキは、1976年に日本で開催された。両方の戦闘機は、他のスタイルに従事することを拒否し、15ラウンドの膠着後、それはドローと宣言された。 猪木は試合の間、背中に浮かんで、アリの足を蹴った。 アリは足にかなりのダメージを与え、3日間入院させた。 [26]

1988年、 リック・ルーファスは、 チャンピーク・キアツングリットに、 ムエタイ対キックボクシングのスーパー戦いにタイトルをつけなかった。 リックRoufusは当時無敗のキックボクサーだったとキックスーパーミドル級世界タイトルとPKCミドル級米国タイトルの両方を開催しました。 Changpuek Kiatsongritは、競争力のある試合が低い体重になる傾向があるタイでは、体重(70kg)が典型的ではないため、タイでの戦いがますます困難になっています。 ルーファスはチャンプエクを第1ラウンドでパンチで2回ノックアウトし、チャンプエクの顎を破ったが、準備ができていなかった低キックの頂点のために第4ラウンドでノックアウトで失った。 [27]

モダンスポーツ [ 編集 ]

アメリカと日本の混合武道のシーンの創造につながった動きは、2つの相互接続されたサブカルチャーと2つのグラップリングスタイル、すなわちブラジルの柔術とシュートレスリングに根ざしていました。 最初はブラジルのヴァルドゥードイベント、日本のシュートスタイルのレスリングショーでした。

Vale tudoは1920年代に始まり、 Carlos GracieとHélioGracieによって発行され、その後Gracie家の子孫によって支持された " Gracie challenge "で有名になりました。Gracie 家族のガレージとジムで "Gracie Challenges"が開催されました。 人気が高まったとき、これらのタイプの混合した試合はブラジルのカーニバルでの主なアトラクションでした。 1970年代のアントニオ・イノキ ( Antonio Inoki )は、異種格闘技戦(異種格闘技戦)と呼ばれる日本初のミックスマッチ武道プロの試合が文字通り「異種戦闘スポーツ試合」として人気を博した。 猪木は陸道山の弟子であったが、多くの日本人レスラーを苦労して訓練したカール・ゴッチの弟子だった。

調整された混合武道競技は、 CV Productions、Inc .によって米国で最初に導入されました。 タフガイコンテストという最初のコンペは、1980年3月20日、ペンシルベニア州ニューケンジントンの Holiday Innで開催されました。 その年の間、同社はブランドをスーパーファイターに改名し、 ペンシルバニア州の 10の規制されたトーナメントを認可した。 1983年、ペンシルベニア州上院は、「厳しい男コンテスト禁止、またはBrawlersコンテストの戦い」という法案を可決し、スポーツを終了しました。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.bloodyelbow.com/2013/2/18/3993346/martial-chronicles-sam-mcvea-MMA-Australia-Ju-Jitsu-Boxing&prev=search


マーシャル・クロニクルズ:オール・イン・ダウン・アンダー・サム・マクベア


37 コメント

米国にMMAが登場する前は、ブラジルにヴェール・チュード(Vale Tudo)がいました。 そしてそれの前に? まあ、ボクシング伝説のサムMcVeaはオーストラリアでは "オールイン戦い"に参加していた。

John S. Nash 2015年5月26日、東部午後1:00



つぶやく




シェア




ピン




Rec











この記事は、排他的な血まみれの肘の機能のゲストの列です: ジョンS.ナッシュ




著者の注記 :現代の情報源には、さまざまな民族グループに関する言葉が含まれていますが、その中には軽蔑的および/または攻撃的なものがあります。 私もこのサイトでも、使用目的で表現された視点を許してはいませんが、そのような感情が存在していないと思わないでください。 その理由から、彼らは残っています。うまくいけば、彼らはあなたの読書経験を損なうことはありません。

サム・マクベアの「松任野玉野」との武道の融合は、前回の「 騎士騎士団」(L'Idole de Paris vs. London Fraud)を参照してください。

1913年11月6日の木曜日の夕方、ボクサーSam McVea(交互に綴られたMcVey、MacVea、またはMacVey)は、オーストラリアのLismoreのRink Hallで、彼の歴史的なキャリアの中で最も挑戦的で奇妙な試合の1つに参加しました。 彼はジャックジョンソンと世界のヘビー級タイトルのチャンスのために連邦に来ていたが、下にも見つかりませんでした。 代わりに、その夜、彼は時代の最高の「オールイン戦い」コンテストの1つで、異なるチャンピオン、いわゆる「オーストラリアの柔術チャンピオン」に直面しました。 歴史によってほとんど完全に忘れられたコンテスト。

それは今までです。

Sam_20mcvea_20ticket_medium




McVeaは、現在の世界のヘビー級チャンピオン(彼は2年前にオーストラリアで優勝した)とアフリカ系米国人ボクサーのJack Johnsonと、現在の「色のついた」ヘビー級チャンピオンのSam Langfordと一緒に、1911年の8月にオーストラリアに到着した。 当事者はプロモーターとマネージャーD.マッキンタイッシュによって組み立てられました。マッキンは、季節ごとのツアーを計画して、マクベアに対するジョンソンのタイトル防衛を終えてから、勝者とサム・ランフォードとのマッチを行いました。 [EN1]

Sam_mcvea_medium

過去4年間、彼はユーロピエで過ごし、McVeaは29勝(混合戦ではTano Matsuda以上の勝利を除く)、2回の抽選、1回の敗北を記録し、実質的に止まらなかった。 彼の一人の損失は1909年4月17日、ジョー・ジンネッテに対して、「ジョン・L・サリバンがチャーリー・ミッチェルと戦って以来、フランスで目撃された最大の戦い」と報道された。 [EN2]その年の初期の試合では、McVeaはJoeを "色のついた"ヘビー級王冠を要求するように敗北させました。 再戦は38のノックダウンを報告している一部の情報源との厄介な事件であり、そのうち27件はジーンネットに対するMcVeaのものだった。 最終的には、バルーンをいっぱいにして酸素を競技者に与えて、継続させる必要がありました。


秒に達すると酸素に汲み上げられたため、JeannetteとMacVeyは今夜ここで残酷で厄介な戦いの48ラウンドで巻き返して互い違いにしました。 第49ラウンドのMacVeyのオープニングで、彼の顔は完全に非人間的な苦悩の表情を残していたが、彼のフィーチャーのまま残っているものを歪曲し、彼が続行できなくなったことを示し、審判はJeannetteを勝者と宣言した[EN3]

2人は1909年12月11日に3度目に出場し、「唯一の」20ラウンド後の試合で終了し、Jeannetteはチャンピオンシップを維持することができました。 タイトルを取り戻さなくても、この間のMcVeaのレジュメは、ジョンソンにとって最も明白な候補となった。


「パリのアイドル」と呼ばれるサム・マクベア氏は、アメリカの有力な専門家によって次世代のチャンピオンになると考えられています。すでにジョンソンに3回出会いました。第3ラウンドでは、19ラウンドを勝利した後、第20ラウンドの最後に不利な打撃を受け、カウントされた。その後、彼は会った世界の最高のボクサーをすべて敗北させ、パリでラングフォードとの最後のコンテストは20ラウンド後に引き分けに終わった[EN4]。

残念ながら、McVeaにとって、観客は、2人のアフリカ系アメリカ人がそのタイトルのために戦うのを見るのに熱心ではなかった。 ジョンソンのための戦い£18,000、McVeaのための£6,000およびLangfordのための£1,000それらのパーセントに加えて約束された財布をカバーするために十分に大きい群衆を引き出すことができなかった - 戦いは断念された。 代わりにジョンソンは米国に戻って別の「白い希望」を迎えましたが、今回はFireman Jim Flynnによってこの時間が満たされました。


AD

McVeaとLangfordがJohnsonに会う機会を見て、それに付随する金は彼らの把握の中から抜け出し、彼らは彼らの状況を最大限に活用しようとしました。 彼らは現在、シドニー、ブリスベン、パースで、Langfordが開催している「色のついた」ヘビー級チャンピオンシップのための一連の試合を予約した。 McVeaは1911年12月26日に最初の戦いを勝ち取ったが、翌年には「Boston Tar Baby」に4連敗した。 1913年3月24日に行われた彼らの最後のコンテストはドローで終わりましたが、マクベアの引き分けの力が損なわれました。 ラングフォードはその後、オーストラリアを見学し、彼の勝利の映画をナレーションすることができたが、マクビエは彼が誓った戦いのスタイルに戻った: "オールイン" [EN5]













「オールイン」の戦いは、「何かが行く」と「禁止されていない」という別の名前でした。 それは後でブラジルで知られるように、「ヴァル・ツド」と呼ばれています。 オーストラリアに関しては、McVeaの訪問時には、おそらくオールイン戦の世界の中心地でした。 [EN6]

それは数年前には大抵主義者、福島隆吾、PWスティーブンソン教授のおかげで人気を集めました。 この2人の間での公式の試合のほかに、彼らは積極的にレスラーとボクサーとのコンテストに参加し、「オールイン」戦いの新しい「スポーツ」に対する熱狂を呼び起こした。 [EN7]

McVeaと彼の仲間が現れる時までに、jujutsuka、レスラー、そしてボクサーの間の試合は一般的な出来事でした。 事実、1911年初めには、クラレンス・ウェーバーという名前の「チャンピオン・レスラー、重量挙げ、物理的カルチャー」が、「ジャック・ジョンソンのすべての戦いに挑戦して、白いレースの肉体的覇権を証明しよう」[ EN8]



ヴェーバーによると、この「オールイン」コンテストは、古代ギリシャのパンクレト派のラテン語であるPancratiumのルールの下に置かれていました。


その中には、刺青、眼球運動、特定の重要な場所への攻撃を除いて、何も禁止されていません。 他のすべては受け入れられます。 腎臓パンチ、絞首刑拘束、ダブルネルソン、および違法行為の違法行為は、すべて行動に移される可能性があります。

メルボルンのプロモーターEF Bakerが少なくとも5000ポンドでチャンピオンに約束した後、Johnsonはこの種の試合でWeberと出会うためにケーブルで意欲を表明しました。 [EN9]何らかの理由で(おそらくウェーバーが彼の感覚に)、試合は決して行われなかった。 [EN10]






もう一つの、より深刻な命題は、先に言及したPWスティーブンソン教授からすぐに来た。 ジョンソンが州に戻ることで、彼の挑戦はMcVeaとLangfordに向けられた。


"私は1時間でサム"マクベアかサム "ラングフォードのいずれかを破ることができると思う。 教授は、ボクシングは、そのような指導者の手にさえ、ボクシングが自衛の手段としての日本の芸術と同等ではないことを示す彼の能力を確信しているので、2色のボクサーのうちの1人を満たすことに非常に熱心である。 彼はMcVeaかLangfordのどちらかに賭ける準備ができています.150ポンドはそれぞれ12分で5分で、相手は十分に7回泣き叫ぶことができます。
「彼らは自分の試合で素晴らしい人だが、私はずっと同じ意見が残っているが、ジュジッツではどんなボクサーにも負けることができる...私は彼らに何の制限もなく不可能にする私は普通の衣装で前に出るだろう....事実、私はボクサーが着用する手袋は気にしない。警察が彼を許すならば、すべて」[EN11]

_22the_gladiator


誇らしげなウェーバーや詐欺師のマツダと違って、彼の資格がある程度疑わしい場合でも、 "教授"は非常に熟練した戦闘機でした。 オーストラリアのニューサウスウェールズにあるSconeで生まれた彼は、日本に旅行すると主張しています。


...しかし、日本人は白いレースにそれを知ることを拒んだ。 しかし、日本を離れることを余儀なくされたKatama Agusia(sic Katsukuma Higashi)は、スティーブンソン教授がMadison Square Gardens、Newのホテルでブルドッグが心配されていた時の人生を救ったことを受けて、ヨーク。 [EN12]

彼はまた、マジソンスクエアガーデンで "ホワイトジュウジツの世界のチャンピオンゴールドメダル"と他の多くの賞を受賞したと主張した[EN13]彼の不条理な再開にかかわらず、彼は "首相ゴードスは軍隊に指示し、大いに心配した後、ガーバン長官がNSウェールズ警察に指名するよう指名された[EN14]有能な先生であることに加えて、彼はおそらくおそらく世界中のすべてのオーストラリアで最も経験豊富なオールイン戦闘員です。

Professor_stevenson_and_his_police_pupils_medium



ここ数年、ジュー・ジツカ、レスラー、そしてボクサーにも数多くの試合に出場していたが、彼のライバルの福島に対するシリーズを除いて、彼は常に上に出ていたようだった。


スティーブンソン教授はブロークンヒルのヘビー級ボクシングチャンピオンである "ソン"レイノルズを打ち負かした。 条件は、それぞれ3分の9試合で最高の "オールイン"でした。 第2試合は落ちることはなかったが、スティーブンソンは2分6秒、30秒で3分、2分30秒で4分、50分で5分、レノルズを残した「アームグリップ」 17秒で関節の肘が外れる。 [EN15]

スティーブンソン教授の当初の挑戦では、当時の彼らの一連の試合に夢中だったマクベアとラングフォードの両方で無視されたので、何も来なかった。 しかし、1913年の秋までに、Sam McVeaがニューサウスウェールズ州リズモアに到着し、彼のトレーナーPeter FelixとRink Hallでのエンゲージメントのためのボーデヴィーアーティストの一団と一緒に、別の機会が開かれました。 ステージではMcVeaとFelixの両方がデモンストレーションを行い、展覧会の試合で地元のボクサーに会いました[EN16]運命と同じように、Stevenson教授もその時に同じ劇場で公演を行っていました。 [EN17] 10月28日、彼は公に挑戦を更新した。


昨夜、Rink HallでのSam McVeaのエンターテイメントの間に、duskyボクサーは、地元ではよく知られているJu jitsuチャンピオンのStevenson教授のコンテスト、ジュジッツとボクシングに公に挑戦されました。 挑戦は£25のために置かれたが、これは拒否され、合計は結局£100に増加し、受け入れられた[EN18]。



Sam_mcvea_and_staff_medium


McVeaのマネージャー、アルバート・モロー氏は、その夜11時にロイヤル・ホテルでwthスティーブンソンと会って、来月の第1週の開催に同意した試合の詳細を打ち明けた。 それは "柔術カーペット"(マット)に争われ、10分の5分のラウンドを3分の休憩時間で割って構成されます。 各ラウンドは個々の試合として扱われ、コンテストの優勝者はラウンドの大半を占める者によって決定されることになりました。 各戦闘員は「それぞれの科学のルールに準拠する」ことが合意された。McVeaは手袋を着用するのに対し、giを着用する教授のためには。


McVeaは、立っているか、ひざまずいているか、横たわっているかどうかなど、積極的な目的のために何らかの立場でスティーブンソンを襲う権利があります。 スティーブンソンは、心臓とストレートボディキックのために蹴飛ばされています。 [EN19]



現時点でほとんどの労働者に大量の100ポンドのサイドベットがあったが、McVeaのような賞品選手への手ごろな額は、当時のレスラーとボクサーの間で共通の関心事だった。 そのような試合での本当のお金はゲートからのもので、コンテストが起き上がらないことを示唆していました。 1つの新聞がそれを置く


この筆記者は、家には何百万円もあることを知り、描かれたコンテストを行います。[EN20]



ボクシングと柔術の2つのチャンピオンの間のコンテストは木曜日の夜11月6日にリンクホールで開催されました。 地元のリズモアの戦闘機を含む展示会のボクシングの試合のペアは、9時の直後に開始されたメインイベントに先行していました。 Stevenson(彼の助手と弟子、Jack Ross)は11石未満の体重だった。 柔術指数に50ポンドを超えるMcVeaには、彼のトレーナーPeter Felixが出席した。 審判はスイスのレスリングの元チャンピオンであり、リズモアの技術者はガース・ヒルマンの名前であったが、ジェリー・マホニー氏はタイムキーパーとして行動した。

Mcvea_vs_stevenson_medium




ありがたいことに、現地の書類には徹底した説明がありました。 [EN 21]


最初のラウンドを開始する信号で、スティーヴンソンはリングの周りに宙返りを投げつけて倒れ易い。 彼はMcVeaの足首をつかんだ.McVeaはStevensonの解剖学的構造のどこかで叩きつけられたかのように見えたが、McVeaの足首が徐々にねじれているのを見ることができた。 彼は相手を打つことができなかっただけでなく、立ち上がることさえ不可能であることが分かった。 彼は最終的に落ち、Stevensonは体の上で彼の握りを右に働かせ、右腕をつかみ、McVeaは軽くたたいた。

スティーブンソンは2分以内に第1ラウンドを終えた。 次の数ラウンドでも同じようなパターンが続くだろう。スティーヴンソンはMcVeaを地面に引き寄せ、2分ほどで提出を得るだろう。 第2ラウンドでは、スティーヴンソンは「スティーヴンソンが首をつかんで、マクベアを抑えていたかもしれない位置にいるように見える。 3位では、スティーブンソンが後退し、彼と一緒にMcVeaを引っ張って、「激しい腕の握り」を確保し、「最終的にMcVeaはもう一度道を譲った」。 第4戦では、「スティーブンソンが地面に落として攻撃を誘った。マクベアは彼に怒りを覚え、スティーブンソンは腕をつかんで相手を怒らせた。」そこで、ハリウッドはハリウッドの頭にハサミを固定し、 。








今度は4つのラウンドを外し、マッチを失う危機に直面して、多くの観客はMcVeaがそれをすべて与えているかどうか疑問に思った。 教授がほとんどすべての努力をしていたことは明らかだった。彼は激しく汗を流していたが、マックビーアはマッチが始まったときと同じように新鮮なものを見た。ボクサーはいくつかの犯行を管理し、はさみに閉じ込められたときにスティーブンソンの中間部にいくつかの激しい打撃を当てたが、意味がないか脅かされるものはなかった。


試合中、どちらの男の仕事もうまく受けられなかった。 散発的な拍手はいつも不満の叫びによって落ちた。 しかし、McVeaは、彼が簡単に彼の担当者を派遣したときに、多くの機会を逃してしまった

何人か、おそらくもっと賢明な目撃者は、McVeaの一見貧弱な見せ方をもっと許していた。


しかし、McVeaは、慎重に正当化された 熟練した柔術の指導者に対して敗北する。

McVeaの批判があったとしても、第5ラウンドの「センセーショナル」では無視された。


スティーブンソンは簡単にマクベアの首を掴んだ。 しかし後者はこのために準備されているようだった。 彼はまっすぐにスティーブンソンを足から揺らし、彼がそこにたどり着いたところで、マクベアは腹を打たせた。彼らは非常に売れていて、スティーブンソンを運転した。 その後、M'Veaは本格的に働き、遠距離でスティーブンソンの頭を攻撃した。 彼は重い左手で顎に送った。 3回連続してスティーブンソンを4秒4秒8秒間ボードに送りました。 スティーブンソンは非常に不機嫌になり、マクベアは彼を仕上げるためにインに行った。 しかし、スティーブンソンは彼の男をアガルンで引きずり、両方が床に落ちた。 McVeaは体と顔に強固なパンチを送り続けました。 スティーブンソンがひっくり返って、McVeaはすぐに首の後ろに3つの強力な打撃で運転し、スティーブンソンは出ていた。

次のラウンドのために時間内に彼を復活させることができないスティーブンソンのコーナーは、タオルを投げることに決めました。 これは、主にスティーブンソンの支持者から、彼が1つに4ラウンドアップしていたにもかかわらず、敗者と宣言されようとしていたことから、群衆からの打撃によって満たされました。

その後、McVeaは彼の戦略を説明した(スティーブンソンは報道に話すことが何もないと報告された)。柔術に精通しているので、意図的に過度に慎重で、小さなスティーブンソンを強制的に自分自身を危険にさらす。 最終的に第5ラウンドでオープニングが現れ、彼はそれをフルに活用し、彼の戦略は健全であることを証明した。

サム・McVeaは、再び、彼の残りの日をボクシングに集中させることなく、直感的な指数に直面することはなかった。 彼はスポーツで65-16-12の記録で殿堂入りのキャリアを終えた。

「オールイン」で2-0となった。



Sam_mcvea_paris-226x517_medium




イメージ

"La Boxe SAM MACVEA"経由でikusa.fr

champspandp.jalbum.net経由でSam McVeaのレセプションチケット

Barrier Miner(NSW州Broken Hill)の「SAM McVEA」、1914年6月15日

「ALL IN。」 Wanganui Chronicle、Volume L、Issue 12734、1911年4月21日、paperspast.natlib.govt.nzからの他の新聞クリップ

"栄誉" Barrier Miner(Broken Hill NSW)、1910年12月14日から

1910年1月22日、クロニクル(アデレード、SA)の「プロフェッサー・スティーヴンソンと彼の娘たち」

1912年10月8日、カルグーリー西部アーガスからの "SAM McVEA AND STAFF"

1913年11月6日、北スター(Lismore、NSW)の "SAM Mcvea v。PROF。STEVENSON"

"Sam McVea"経由www.joejennette.com

最後の注意:

EN 1: 「ボクシング」 西オーストラリア州(パース)、1911年8月30日

EN 2: 「JEANNETTE BEAT McVEY」 ニューヨークタイムズ、1909年4月18日

EN 3: 「酸素中の酸素」 ニューヨーク・サン、1909年4月18日

EN 4: 「ボクシング」 西オーストラリア州(パース)、1911年8月30日

EN 5:Clay Moyle、 "Sam Langford:ボクシングの最高の無冠のチャンピオン"(2008年)


サムは、聴衆にその行動を説明し、彼の訓練方法を実演し、友人とスパーリングのパートナー、ジョン "リヴァー"デイビスと鳴り響く。 "教授"スティーブンソンと追加の戦いの映画として知られているjujitsuの専門家の外観を含むボーデヴィルツアーは、うまく受信され、彼の次の試合を待っている間、有利な雇用をサムを提供した。

EN 6:シドニーのヘビー級ボクサー、「ジャック・ハワード」が、日本の柔術の専門家、竜巻さんと出会ったときのことです。 "BOXER V. WRESTLER" 1911年7月13日西オーストラリア州パース。ブラジルのヴェール・チュードーの起源については、これまでの2つの武装騎士団でカバーされていた: 柔術はブラジルに混合武道を 、ブラジルにはMMAの起源をもたらした 。

EN 7:jujutsuの初期の頃の徹底的な見方とオーストラリアでの "all-in"の戦いについては、 The Martial Chronicles:Jiu-Jitsuがオーストラリアを征服するのを見てください。

EN 8: 「ジョンソンに対するウェバーの挑戦」 クラレンスとリッチモンド審査官(グラフトン、ニューサウスウェールズ州)、1911年4月13日この記事では、「オールインワン」試合の説明も掲載しています。


先週のアテナエウムでのウェーバーの健康と筋力トレーニングの年次デモで、最も注目を集めた項目はボクサーとレスラーの間の試合であった.W.MeseskeとMr.Warringtonは、自己防衛のよりよい方法であるかのいくつかの考えを形成する。 唯一のヒットを許可され、保持することができなかったボクサーは、試合のすべての最悪を得た。 一度だけ彼は、レスリングをすることに成功したレースラーに多くの印象を与え、何度も彼を大きく投げた。

EN 9: "笑いとボクシング" Barrier Miner(Broken Hill、NSW)、1911年5月15日

EN 10:どのように試合が行われたかについては、私たちは推測することができますが、ジョンソンが後で参加したレスリングマッチが示唆を提供します。 "ジャックジョンソンレスラーをノックアウトします。 ニューヨークタイムズ、1913年11月30日

EN 11: "ボクシング。ジュズや手袋?" Northern Advocate、1912年1月12日

EN 12: 1913年8月25日、北スター(Lismore、NSW)の "JU-JITSU"

EN 13:彼のキャリアの間、彼は他の多くの賞を集めました。


そこにはオーストラリア柔術選手権大会があります。 それは、ブロークン・ヒル・シルバーの装飾を施したオーストラリアのワニの皮でよく作られています。 センターピースは細かく追跡されたオーストラリアの地図を表しており、Broken Hillを代表する貴重なルビーが置かれています。 それは1910年にセントクリーム(カナダチャンピオン)、パンサーディック(南アフリカチャンピオン)、カマダ(日本チャンピオン)の3つの大会で教授から得られたもので、カナダの柔術チャンピオンベルトトムSayors '、イギリスのボクシング選手権ベルトのレプリカ。 それは銀の7つの部分を持っていて、1910年にSt. Cryとのコンテストで教授によって獲得されました。そして、ハンターの金メダルが2つあります.Pinher Dickを打ち倒したときにH. Ninkeyによって彼に提示されました。 1909年にWlrth Brosがフランスの強盗であるMonierを倒した時に提示したもの。また、Seppeltfields(SA)のSeppeltaが提示したSedina Challenge Cupを含む他のトロフィーの写真もあります。彼はTunundsのHill教授を倒した。

1913年11月4日、ノーザンスター(リズモア、ニューサウスウェールズ州)、「ジュー・ジス・チャンピオン」

EN 14:警察と軍の仕事の例は、1906年3月7日のオーストラリアのタウン・アンド・カントリー・ジャーナル「ビクトリア兵舎での柔術 」と、クロニクル(アデレード、SA)の1月の「プロフェッサー・スチュワーソンと彼の警官隊」 1913年8月25日、 北スター(Lismore、NSW)、1913年10月1日の「JU-JITSU」北スター(Lismore、NSW)

EN 15: "ジューツ・トライク・ボクサーは簡単にビー・エイ。" アーガス、1910年6月24日

EN 16: 「リッチモンドリバーノート」 クラレンスとリッチモンド審査官(Grafton NSW)、1913年11月6日。

EN 17: "STEVENSON V. MCVEA。" Northern Star(リズモア、ニューサウスウェールズ州)、1913年10月29日。

EN 18: 1913年10月1日の北スター(ジュネーブ、NSW州リズモア)の「JU-JITSU」

EN 19; "STEVENSON V. MCVEA。" Northern Star(Lismore、NSW)、1913年10月29日。 「ボクシング・ジ・ジューツ」。 Norther Star(Lismore、NSW)、1913年11月4日

この時代のオールイン戦では、「ボディーへのフロントキック」の禁止がよく見られます。 これは、 クーデター・デ・フッド・ドゥ・フロントが競争から禁止されている、セイヴァートから来ている可能性が最も高い。 (これは部分的にセイヴでハード・ティップのブーツを使用していたためです)。

EN 20: "リッチモンドリバーノート" クラレンスとリッチモンド審査官、1913年11月6日 。

EN 21: "マクベアとスティーヴンソン" 1913年11月11日 、 "ボクシング。マクベア対スティーブンソン"北スター(リズモア、ニューサウスウェールズ州)、 1913年11月11日 、 "ボクシング" 、バリアマイナー(ブロークンヒル、NSW) 。 クラレンスとリッチモンド審査官(グラフトン、ニューサウスウェールズ州)、1913年11月8日 、および " マクベアビートスティーブンソン。 北部鉱夫(Charters Towers、Qld。)、1913年11月25日。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.cagesideseats.com/2012/12/1/3669774/the-forgotten-golden-age-of-mma-part-i-the-golden-age-of-wrestling&prev=search


John S. Nash:ゲストコラムニスト




MMA:混合武道




ビデオ



MMAの忘れられた黄金時代 - パートI:レスリングの黄金時代とアメリカのキャッチアズキャッチ缶のロストアート


1 コメント

ケージサイドの特色ゲストコラムニストのJohn S. Nashは、BelleÉpoqueの間に存在していた、忘れ去られた黄金時代の混合武術にガスライトを照らし出す魅力的な4部構成シリーズの一部を紹介します。

John S. Nash 2012年12月1日午前9:00(米国東部標準時)



つぶやく




シェア




ピン




Rec








これは最近改訂された記事で、当初は仲間のSBNation Blog、 Bloody Elbow.comでクロス投稿されました ケージドの特徴ゲストコラムニストJohn S. Nash - 2010年12月4日 [†]

__________________________



「1993年からの武道の進化(UFCが登場して以来)は、過去700年以上の進歩を遂げていますが、実際には2人の戦士が戦っている現実の状況で、ちょうど投機だった。

- ジョー・ロガン

最初のアルティメットファイティングチャンピオンシップがMMAの「黄金時代」を迎えたのは、混合武術のファンの間では一般的な知識です。 確かに、それはブラジルのVale Tudoと日本の "シューティング"レスリング試合の前身を持っていたが、それは単に何を追うべきかのプロローグだった。

デービーとロリオン・グレイシーがUFC 1で打ち出したのは、非武装の戦闘では目に見えないものでした。実世界の戦闘シナリオのシミュレーションで、2つの異なる分野から自分自身とその芸術をテストする世界最高の戦闘機の機会。

もはや、レスラーとjudokaの間の仮説対戦で誰が勝つか想像しなくてはなりません。あるいは、野蛮人、ボクサー、またはkaratekaの間でより効果的な打撃を採用した人を計算しようとします。 今私たちは決定的な答えが与えられるからです。

古代ギリシャ人がパンクレーションに参加して以来、武術は哲学を越えて経験的に移動するだろう。 こうして、「黄金時代」が生まれました。

残念ながら、上記のどれも当てはまりません。

MMAのファンのほとんどが気づいていないのは、混合武術の以前の「黄金時代」です。私たちが現在楽しんでいる進歩の多くが行われ、多くの質問に答えられました。 この前の時代は、古代の分野における比類なき進歩、新しいハイブリッド戦闘スタイルの登場、無制限の戦闘での異なる分野の穴あけ、そして歴史の最も大きな非武装の戦闘員の存在を見た。

このすべては、最初の戦闘機がオクタゴンに足を踏み入れる前の1世紀前に存在しました。 BelleÉpoqueだった "黄金時代"の間に。

_____________________


米国で言及されているベルエポック(BelleÉpoque) 、または金色の時代(Gilded Age)は、20世紀の頃(フランコ=プルシア戦争の終結とともに1870年に始まり、大戦争の最初のショットまで)。

それは世界が激減するのを目の当たりにした素晴らしい時でした。 自動車、飛行機、巨大なオーシャンライナー、電話、 シネマグラフの紹介は、大きな社会的変化をもたらし、科学、芸術、技術、文学の未曾有の進歩をもたらしました。

武道の分野は変わりません。

Pgs-77-78_large


"...男が背中を転がすようにするためのより強力な影響がある、または単に完全に辞める...それは痛みです。"

- Frank Gotch

最初のアルティメットファイティングチャンピオンシップ以来、2つの分野は、混合武術のスポーツで最も効果的であることが一貫して証明されています。レスリングとジュジュツ(または「柔術」)。

これらのジャンルの両方は、 ベルエポックで達成された最大の業績を見ています。 実際に、何千年もの歴史があっても、アメリカ南北戦争から始まった状況の合流により、この時代には絶頂に達するでしょう。

米国では、レスリングは常に市民の間で普及したスポーツでした。 その関心は、戦争の間の長い間の緩みの中で混乱を捜している兵士が退屈を相殺する手段として取り組むことを取り上げて、国家の内戦の間に指数関数的に増加した。

連合軍の兵士たちの間では、アイルランドとバーモントの軍隊に既に非常に人気があったので、「首輪と肘」が好ましいスタイルになりました。 したがって、容易に理解される規則は、異なる連隊のメンバーが互いに競争しやすくした。

戦後、戻ってくる退役軍人たちはスポーツに対する情熱を保持し、彼らの関心と新たな知識を土地に広げました。 まもなく、無数のリーグ、郡トーナメント、国家会議が競争上の無効を埋めるために誕生したのは、国家の娯楽でした。

興味深いのは、最初の全国的に認められたヘビー級チャンピオンが1880年、ウィリアム・マルドゥーンがニューヨーク市の3000人の前でテーバー・バウアーを破ったときに戴冠したようなものでした。 奇妙なことに、彼らは「首輪と肘」ではなく、「グレコローマン」という形式になっています(新しいスタイルのより正確な名前は「フランスのフラットハンドレスリング」となります)。

マルドゥーンの勝利により、彼はおそらく国の最も有名な選手となり、グレコローマン・レスリングへの関心が高まり、すぐに優秀なスタイルになったと言えるでしょう。 しかし、そのポジションは続くことはありません。

この新しく発見されたすべてのものに関心を持つために、土地を旅したバーンストーマーとカーニバルは、「アスレチックショー」(または「ATショー」として知られていた)の一環としてプロレスの展示を開始しました。 "ATショー"の重要な部分は、彼らを最も良くすることができる地元に、挑戦と現金賞を提供するカーニバルレスラーの関与でした。

ポストベルムの移民の大流入によって使用されている多くの民族のスタイルに適応するために、必要がGreco-Romanまたはcollar-and-elbowの他に何かを使用する必要がありました。 バーンストーマーはインスピレーションのためにLancashire Catch-as-Catch-Canの「all-in」スタイルに変わって、さらに「無制限禁止」と呼ばれる、もっとゆるやかなルールを思いついた。

国の多くの地域で共通していた自由の女神(荒れ狂った荒れ狂った、または「規則なし」)に似ている、国民に非常に人気があることが証明された。

At-show5_large

「AT Show」のもう一つの重要な側面は、投手としてのCatch-as-Catch-Canレスリングであり、しばしば譲歩と呼ばれる提出の形で勝利を許した方法でした。

下級クラス(1人の男が辞めるときに終わった大まかな試合で成長した)の間で投げ(ピン)よりも投書や譲歩が人気があっただけでなく、レスラーに「フック」を使用します。

「フック」とは、一般の人には知られていなかったり、ほとんどのルールでは技術的に違法な技術を使用する技術でした。 「フック」は、2つの理由から有用であった:第1に、これらの技法に精通していないレスラーよりも有利な方法を用いたレスラーを与えた方法である。 これは重要な武器である。 特に、危険なほど危険であることが証明されている可能性のある才能のある地元に直面したとき、まっすぐなレスリングの試合に参加する。

第二に、フックは、レスラーが彼らの挑戦者を排除することをより容易にした。 可能な限り迅速に試合を終えることによって、カーニバルレスラーは潜在的に負傷することから身を守っただけでなく、一日で多くの挑戦者を通過し、より多くの収入を得ることができました。 したがって、フックする方法を学ぶための自然なインセンティブがありました。

「ATショー」は、アメリカのCatch-as-Catch-Can(アメリカン・キャッチ・ア・キャッチ・カン)の開発のための完璧な環境を提供しました(しかし、皮肉なことに、それはまた正式なプロレスを放棄するショーマンシップとヒッポドロミングを導入しました)すべての挑戦者を受け入れる "。

ショーをやっているレスラーたちは、無限の競争に直面していました。 1日に1ダースの挑戦者に直面することは珍しいことではありませんでした。 挑戦者は、酔っ払いの司令官や地元のタフ、様々な民族様式に熟練した郡のチャンピオン、そして時折恐ろしい鳴き声に変わった。

バーンストーマーのために、その日の挑戦者は本当に豚を街に連れてきた若い農夫ではなく、面白​​い探しのヨーケルが引き出しに、フィリピンの暴動のベテランがフランク・ケネディと呼ばれていたが、本当にマーティン・バーンズ、フレッド・グラブマイヤー、またはフランク・ゴッチ(Frank Gotch) これらの「リンガー」は、「ATショー」のレスラーに、仲間の「娼婦」に対して自分のスキルをテストするチャンスを与えました。

このような環境で、アメリカのCatch-as-Catch-Canレスリングはダーウィンの進化を経て、新しい世界と古い世界の民族の合併を急速に融合させました。 このように、イギリスのランカシャー、カンブリア、ウェストモアランド、コーンウォール、デヴォンシャー、そしてスコットランドのバックホール、アイルランドの首輪と肘、コラリオ、ドイツ/フランスの奴隷の "ノックとキック"オーストリアのkampfringenとringkampf、フランスのla luttesはメインプラット(またはフラットハンド)です。

19世紀の終わりには、多くの「娼婦」のレパートリーに日本の祭典が加わりました。

Turkticket_large

様々なレスリングチャンピオンシップを統一するために、エヴァンの "Strangler"ルイスのオデッセイがアメリカの初のレスリングスタイルとして捉えたCatch-as-Catch- Can Wrestlingの優位性は、最も象徴的だった。

彼は1887年、イリノイ州シカゴでジョー「ザ・リトル・デーモン」アクトンから「キャッチ・ア・キャッチ・キャン・チャンピオンシップ」を捕獲したときに初めてタイトルを獲得した。州。 数ヶ月後、同じ風の強い都市のBattery D Armororyで、彼はCornishレスリングチャンピオン、Jack Carkeekを混ぜ合わせたCatch-as-Catch-CanとGreco-Romanスタイルのマッチで倒した。

最後に、彼は非常に予想される試合で、ウィリアム・ムンドーンのプロテストであるアーネスト・ロバーに直面しました。 まず、1890年には、「Collar-and-Elbow Championship」のために、そして1893年には、ルイスの「Catch-as-Catch-Can Championship」とRoeberの「Graeco-Roman Championship」の両方で、 2つのスタイルが交互に5回一致します。

「Strangler」はこれらの対決​​の両方を獲得し、その時点から「Catch-as-Catch-Can Champion」はヘビー級チャンピオンになるでしょう。 リチャード・フォックスの国立警察官によって大きく推進されたこれらの混合レスリング・マッチは、 「 他のどのものよりもゲームを一般化するためにもっと多くの努力をしました 」。

エヴァン・ルイスは、1895年、アイオワン・マーティン「ファーマー」バーンズの称号を失うことになり、アメリカのレスリングの発展に深い影響を与えるレスラーである。 Burnsのスポーツへの最大の貢献は、彼が1897年にDan McLeodへのタイトルを失った後になった。

バーンズは、膨大な知識を共有することから業界を作りました。 ジム・ジェフリーズがトレーナーとして彼を雇い、「レスリング・フィジカル・カルチャーのレッスン」という人気のある通販コースを執筆し出版していると評価されたエクササイズ・プログラムを開発しながら、 Earl Caddock、Joseph "Toots" Mondt、Ralph Parcaut、そして最も有名なのがFrank Gotchです。

Burnslogo_large

バーンズの成功は、全米のアマチュアレスリングへの関心が高まったことに起因している可能性があります。これは、部分的には、バーンズのような専門家の関心が高まっています。 国の都心が成長するにつれて、運動は産業労働者のレクリエーションとしてスポーツを組織化し始めた。

1888年に、アマチュア・アスレティック・ユニオンは最初の全国大会を制定し、その後すぐに米国でのアマチュアレスリングの統治団体として認められました。 競技大会は全国で開かれ、レスラーたちに訓練と競争の場を提供した。

20世紀初頭、大学はレスリング・ミーティングを開催し始めました。 数十年の間に、地元の2人のタフがお互いに挑戦していたスポーツから、何百人ものプロスポーツ選手が自身を支えていたスポーツ、そして広大なアマチュアネットワークが何万人もの参加機会を与えたところから、



RagingBull1935経由でCatch-As-Catch-Can(1903年頃)




1904年1月24日、ワシントン州ベリングハムで、トム・ジェンキンスとフランク・ゴッチのタイトル試合で表記されたように、彼らのほとんどが参加したレスリングは、頑丈で暴力的なスポーツでした。

1時間以上、何もストリートの戦い以上に説明することができるものでは、頭が浮かんで、肘を張って、ひっくり返し、ひっくり返し、血まみれのパルプにお互いを叩きました。 最後に、彼の鼻と口から血液を持ってきた頭のはさみから生き残ったFrank Gotchは、Jenkinsをマットに叩きつけ、顎を開いて鼻をすくめて呼吸ができなくなった。

絶望的なジェンキンスは最終的に、乾かされた審判による失格の結果となった乾草をGotchに打った。 リングサイドに座っている血まみれの観客の歓声に、Frank Gotchはチャンピオンとして宣言されました。

そのような試合の野蛮さは、怪我や死亡さえ知られていなかったということでした。 プロレス選手のチャールズ・オルセンは、 彼のキャリアで は 一度 も 二度 も相手を殺しませんでし た 。 (少なくともジェイムス・ヒラム・マクラフリン大佐は、2人の相手を殺して3番目の麻痺を残した後、キャッチ・ア・キャッチ・キャンを誓うことが良い感覚を持っていた。)

最終的には、より危険で罰せられる保留がアマチュアゲームから排除され、フリースタイル(そして最終的には大学生)のレスリングが生まれました。

0000-1263_large

一方、ヨーロッパはそれ自身のレスリング・ルネッサンスを経ていた。 大陸では、「古代の価値」とプラトンのレスリングであるという誤った信念に新たな関心が寄せられているため、Greco-Roman(フランスのフラットハンド)レスリングスタイルは非常に人気が高まっていましたナポレオンの怒りの記憶がまだ残っている大陸からフランスの起源を隠すため)。

大都市のオペラとミュージカルホールでは、ヨーロッパ全土で、高プロファイルの国際グレコローマントーナメントが開催され、優勝者に大きな金銭賞が与えられました。 これらのトーナメントから、最初の真のグローバルレスリングスター、ジョージ・ハッケンシュミットが登場しました。

ハッケンシュミットが知られていたロシアのライオンは、人間よりも大理石から刻まれたギリシア神に似ている身体文化運動の熱烈な信者でした。 彼は身長175cm以上、体重99kg、身長132cm、ウエスト89cmで、平均的なロンドン人は周りにいた身長170cm、体重66kg。

彼の功績は、彼の体格と同じくらい神話的でした。 彼は「ハックスクワット」の発明家であり、世界で最も強い男性の一人で、片腕で122kg( 269ポンド )持ち上げることも 、肩に馬を持ち上げて持ち運ぶこともできます。

さらに、彼は専門的なサイクリストであり、優れた運動選手でもあり、1.22m [ 4ft。 ]障害物100回 - 連続して。 さらに、彼はハイパー・マルチグロットであり、知的であり、哲学と物理的文化に関するいくつかの本を書いています。

1901年のウィーン・パリ世界選手権大会で優勝した後、今やヨーロッパのグレコローマン・チャンピオンとして認められたロシア・ライオンは、ロンドンとキャッチ・ア・キャッチ・カンに注目しました。

当時、ランカシャーの外では、レスリングは英国の人々にはほとんど関心をもたなかった。 いくつかの専門家がストーリーマンの行為と共にミュージックホールでライブパフォーマンスを行っていましたが、トム・コナーズやジョセフ・アクトンなどの最高のレスラーは、しばしば米国で受け入れやすい聴衆を見つけました。

ロンドンで成功を収めた人は、コーンウォール・アメリカン・ジャック・カーケークだった。 1902年3月2日、ロンドンのアルハンブラ劇場での彼の "パフォーマンス"の間、彼は彼を脅かした唯一のキャッチレスラーが大西洋の反対側に安全にいることを知って、世界のどんなレスラーにも挑戦しました。

彼と聴衆の驚きに対して、ジョージ・ハッケンシュミット(George Hackenschmidt)は、夜の疲れを癒して、挑戦を受け入れるためにステージに飛び乗った。 傑出したロシアのライオンを認め、Carkeekは即座に彼の提案をジヤースの合唱団に撤回しました。

イベント全体がジャーナリストの狂乱を引き起こし、ハッケンシュミットは一晩の感覚になりました。彼はすぐに大文字にしました。 1902年、彼はまだアメリカのチャンピオンを満たす必要があったにもかかわらず、英語のヘビー級チャンピオントムキャノンを破った後、世界チャンピオンと宣言された。

彼は1905年にこれを修正し、ニューヨーク市で2度目のストレートで「ラフ」トム・ジェンキンスを打ち負かし、最初の真のチャンピオンになりました。 プロのレスリングは、Catch-as-Catch-canのルールの下で、世界のチャンピオンの一員となりました。

1491280_f260_large

Hackenschmidtの成功はロンドンのレスリングで活気を呼び起こし、アルハンブラ劇場は最も有名なイベントの多くに選ばれました。 1908年には、世界ランクのナショナル・スポーツ・クラブ・キャッチ・ア・カッチ・トーナメントが開催されました。そこには、ウィガン(ランカシャー・レスリングの伝統的な家)の大物を含む世界中のレスラーが参加しました。

これまでの「ATショー」のように、このロンドンの音楽ホール「Catch-as-Catch」は、参加者の多くのグラップリング技術をレパートリーに取り入れ始めました。

スイスのシュヴィンゲン (Armand Cherpillod、John Lemm)、インドPehlwani (Gulam、The Great Gama、Iman Bux、 Gobar Goho )、 Turkishyağlıgüreş (The Terrible Turks:Youssuf Ismael、Hassan Nouralah、Ahmed Madrali)日本のスモモリ (松田彰一、富尾、浜田倉吉)、そしておそらく最も重要なのは、 九十九と柔道 (三谷太郎、谷幸雄、前田光正、ツタタイ「ラバーマン」樋上)。

Jujutsuは1909年の彼の著書「Compete Science of Wrestling」の中で 、George Hackenschmidtがレスラーを勉強するように取り組んでいたことから、 それは脚の掃除、旅行、そしてレスリングが欠けているチョークを含んでいた。 それと同時に、Len Laniusは、彼の「柔術攻撃をチェックするための防衛スタイルを完成させる」目的で、彼のYankee Jiu Jitsuを開発し始めた。

これらの多くの分野の影響を受けて、新しいスタイルが開発されました。最も重要なのは、「脚」レスラーであり、脚を使って相手をコントロールし、耐え難い立場に追い込んでいます。

だから、20世紀初頭のプロのCatch-as-Catch-canアーティストたちが、レスリングをどのように効果的に発展させたのでしょうか?

グレコローマン、フリースタイル、または大学のバックグラウンドを持つアマチュアレスラーとマッチした場合、彼はどれほど熟練していても、アマチュアはほとんどチャンスを持っていないことが明らかです。 ジョンペサックがオレンジメダリストナット・ペンドルトンを2度のストレートで倒したか、45年前のクラレンス「オクトパス」エクルンドが軽戦からヘビー級までオクラホマA&Mの1933年全米ナショナルチャンピオンシップチームをわずか15分。

ノーホルムで禁止された試合では、プロのキャッチレスラーによって何年にもわたって開発された技術が、彼らには明確な利点をもたらしました。

この時まで、レスリングは、旧世界と新世界の両方で、そのピークに達し、対決は2つのキャンプの間で順番に行われました。 ヨーロッパを代表するのは世界チャンピオンのジョージ・ハッケンシュミット、アメリカのチャンピオンはマーティン・バーンズの学生、「アイオワ・プラウボーイ」フランク・ゴッチです。

ゴッチでは、バーンズは5'11 "、190ポンドのグラップラーで、敵の痛みを味わうように見える、最大の生徒を見つけました。

アメリカの多くのベストのように、ゴッチはカーニバル・サーキットを通ってきた。 彼は多くの人が、世界が見た科学的な苦闘の最大の開業医であると見なされました。 彼は相手を強要する手段として「トウ・ホールド」を使用したり、激しい痛みや衰弱した怪我を負ったりすることで最も有名だった。

Matchprogram_large

1908年、イリノイ州シカゴの8000人の観客の前で会合が行われ、2時間のグラップリングの後、Hackenschmidtが辞退したときに最終的に終了しました。 ハッケンシュミットは、ゴッチが目を逸らすことで不正行為をしたと非難し、彼がグリップを得るのを防ぐために自分自身に油を注いでいると非難した。

1911年に再戦が計画され、当時の歴史上最大の賞品だった。 イリノイ州シカゴにあるComiskey Ball Parkでフィルムカメラが3万人以上も出席したことで、世界では、負傷した外形のGeorge Hackenschmidtが2度目のストレートで簡単に負けてしまったことから、

Hackenschmidtが戦いを放棄し、GotchがHackenschmidtの脚を傷つけるためにAd Santelを雇ったことが告発された(後者は簡単に間違っていた)。 公衆はプロレスを嫌い、固定マッチに加えて長い退屈なマッチを疲れさせる。

S057251_large

国民の不満は最後になるだろうか? 残念ながら、私たちは決して知りません。 その後、1914年6月28日、フェルディナンド大砲が撃墜され、ヨーロッパの大戦が始まりました。 当時、銃は沈黙し、1918年11月11日午前11時に停戦協定に調印され、Catch-as-Catch-Canレスリングの「黄金時代」はそれ以上のものではなかった。


次の週に続きます:「MMAの忘れられた黄金時代 - パートII:柔道の台頭と新時代の夜明け」

~~~~~~~~~~~~

MMAの起源と初期の発展に関する追加の歴史については、「 ジェームス・フィグとミックスド・マーシャル・アーツのスポーツの喪失の起源 」を参照してください。


____________________________________________


† - 私たちのケージサイドフィーチャーゲストコラムニストJohn S. Nashによる 最近改訂された記事 は、 今日Cagesideseats.com(2012年12月1日)に「クロスポスト」されました。 ケージサイド席のレスリングの過去を掘り下げることに加えて、ナッシュ氏 私たちの仲間であるSBNation Blog: BloodyElbow.comで 、この記事の原案が2010年12月4日に投稿された、忘れられた混合武道の歴史を定期的に記録しています。 ケージサイドシートは、あなたの喜びのためにこの専用ゲストコラムに記事のアーカイブ全体をクロスポストすることを誇りに思っています。 ナッシュ氏のより魅力的な記事を読むには、 このリンクをブックマークして新しいコンテンツを頻繁にチェックすることを忘れないでください。

____________________________________________





ADTLソース:
• ミロスからロンドスへ:ナット・フライシャーによる時代のレスリングの物語
• 太陽の上の血:グラハム・ノーブルの湯生幸雄
• 初期の柔術:グラハム・ノーブルによる挑戦
• グラハム・ノーブルの恐るべきタークの生涯と死
• グラハム・ノーブルのパンジャブのライオン
• タグにより、 すべてのお客様がお気に入りの商品の整理と確認を行うこと ができます 。
• 第2ラウンドをキャッチする:プロ・レミングの初期の時代からのもっと野性的で愚かな話 Mark S. Hewitt
• 秋の男たち:マルカス・グリフィンによるバウナムのバウンス
• ナイン・フランク・ゴッチ/トム・ジェンキンスのレビュー Steve Yoheのマッチ
• Ed "The Strangler"ルイス:神話の中の事実 Steve Yohe
• ジョーStecherスティーブYoheとジョンウィリアムズ

画像:
• embodiedstrength.comによる "Frank Gotch Toe Holdの適用"
• "ローバーとクレーンブラザーズボーデヴィル - アスレチック株式会社" 議会図書館を経由して
• "YoussoufとLewisのチケットスタブ" via ringmemorabilia.com
• "ファーマーバーンズレスリングスクール" via sandowplus.co.uk
• img2.allposters.comで 「カジノ・ド・パリ」
• "Gotch- Hackenschmidtポスター" via intermatwrestle.com

特別なおかげで: トマスナッシュ



このStorystream

MMAの忘れられた黄金時代:4つのパートシリーズ
MMAの忘れられた黄金時代 - 第4部:ベルエポックの究極の戦い
MMAの忘れられた黄金時代 - パートI:レスリングの黄金時代とアメリカのキャッチアズキャッチ缶のロストアート
すべての4話を見る

ケージサイド席 からさらに
WWE生のプレビュー(2017年7月17日):あなたは父ではありません!
毎日開いているスレッド:7月17日、2017
Rumor Roundup(2017年7月17日):Reigns vs. Joe、Kurt Angleの秘密、Vince McMahonの存在、さらに!
WWE生の結果、ライブブログ(2017年7月17日):ローマの支配とサモア・ジョー
New Japan G1 Climax 7月17日(月)のライブ結果:Ibushi vs. Naito、Sabre vs. Tanahashi、その他
#FTRの動きで側面を選ぶ


MMAの忘れられた黄金時代 - パートII:柔道の台頭と新時代の夜明け


5 コメント

ケージサイドの特色ゲストコラムニストJohn S. Nashは、BelleÉpoqueの間に存在していた、忘れ去られた黄金時代の混合武術にガスライトを照らし出す魅力的な4部構成シリーズの一部を紹介します。

John S. Nash 2012年12月8日午前8時30分(EST)



つぶやく




シェア




ピン




Rec










これは最近改訂された記事で、当初は仲間のSBNation Blog、 Bloody Elbow.comでクロス投稿されました Cagesideの特集ゲストコラムニストJohn S. Nash - 2011年1月21日 [†]

これは、BelleÉpoqueの間に存在していた混合武道の忘れられた黄金時代のガスライトを照らし出す4部構成のシリーズの第2部です。

このシリーズの前回の記事では、「 パート1:レスリングの黄金時代とアメリカのキャッチ・ア・キャッチ・アントのロスト・アート 」をチェックしてください。


レスリングとジュジュツの2つの異なる武道は、何年にもわたって複合武術のスポーツで最も成功した2つの分野であることが証明されていますが、 ベルエポックとして知られる時代の最高の業績を見せました。

この間、世界の反対側のレスリング(ヨーロッパとアメリカのレスピルが絶頂に達していた)は、自分の黄金時代に向かって平行した道を歩んでいた。 ちょうちゅうの成功の歴史は、長年のライバルのものよりも驚異的なものになったのは、絶滅の危機に瀕したこの時期に入ったということです。

しかし、何とかそれは生き残るだけでなく、繁栄するでしょう。

短期間で、それは地球の四隅に広がり、同時に無数の破片を生み出します。 さらに注目すべきことは、この成功のほぼすべてが1人の男の仕事とビジョンに起因することができるということです:KangoJigorō。

0036_medium


「努力があれば、常に達成される」

- KanōJigorō

KananoJigorōは1860年に生まれ、激変した日本を経験しました。 これまでの200年間、幕府の幕府は、社会的秩序の崩壊を阻止しようとしていた。




外国人との接触が極端に制限され、入国した外国人や死亡した日本人に死刑を命じて、封建制度に支配されて停滞した国家となってしまう。 この孤立は1853年に突然終了しました。マシュー・ペリー(Matthew Perry)と彼の「黒い船団」が江戸湾に蒸した時です。 大砲の砲弾が指摘されたので、彼は日本に外界に開放を要求した。

この強制的な「開放」は、幕末の崩壊に拍車をかけた反乱と戦争の時代を引き起こし、徳川家の混乱のもとで国民がどこまで落ちたかを民衆に明らかにした。 1868年の明治天皇のその後の修復などが含まれる。

Kanofam_medium

Kanoは、教育の力と近代化の支持者をしっかり信じていた父親によって提起された、この激動の時代の中で育った。 彼は、若いKanoは、古典的な日本の研究とyogaku 、または西洋の学習の両方で指示を提供する私立のヨーロッパの学校に出席したことを見た。

Kanyoは教育に熱心で、教育に熱心ではあるが、小柄である - 14歳で、身長が5ポンド以下で100ポンド以下であった。彼は自分の仲間が彼をいじめるのを止めることができなかった。 彼のジレンマを聞いて、家族の友人は、jujutsuをお勧めします。 Kanoはすぐに彼の解決策としてこれを奪った。 唯一の問題は、誰から彼が学ぶことができたかであった。

江戸時代には、武士だけが武力や非武装の戦闘で法的に訓練されていたが、カトリックは1871年に皇帝の条例によって効果的に禁止され、武士のすべての特権が廃止された。適切な敬意を示さなかった庶民( キリストゴメ )。

これは、かつて侍の唯一の特権だった九十九が廃止され、過去に無関係の国民からの絶滅の脅威にさらされていることを意味していた。 日本に医学教授、皇帝補佐教授として在住していたドイツのDr. Erwin Von Baelzは、 この現象を直接観察しました 。


「近代の時代の1870年代には、日本の歴史、自分の宗教、自分の芸術など、日本の話題にはならないような気がした。あるいは恥じるようなものと見なされることさえある」

彼は17歳で東京大学に入学した後、本格的にインストラクターを探すようになり、Baelzの声明の真実をすぐに学びました。 それは、カノー自身が述べたように、当時の九十九は「流行っていて厄介で、有名な師匠だけが守っていた」と言っていたのは難しいことでした。

最終的に、絶望して、彼は地元の骨の医師に向かい、骨粗しょう症のためにリセットされなければならなかった骨の数から彼らのスキルを学んだ多くの骨粗鬆症(または骨形成)が旧十九十日であると聞いた。 これは事実であると証明され、骨粗鬆症者は天神新ヨ九十九の師匠福田八之助に彼を紹介した。

Kanuはすぐに福田に登録し、彼の熱意と努力のために、彼はShihan-Dalのタイトルを獲得した高校生を上回った。 1879年の8月、ユリシーズ・グラント(Ulysses S. Grant)のジュジュツのデモンストレーション中に、彼は実際に深田と彼の道場を代表しました。

残念なことに、金曜日の福田との時間は短かった。その後、福田は病気になり死亡した。 Kanoyは別のTenjinShin'yō-ryūに取り込まれた インストラクターはMasatomo Isoと名付けました。 金は道場で2年間過ごし、21歳で天神新ヨ九十九の師になりました。この時、伊藤はあまりにも急に病気になり、死んでしまったので、Kanoは新しい先生を探しに行くようになりました。 彼はすぐにKitō-ryūJujutsuで彼に指示する井上恒俊を見つけるだろう。


AD

Kanoshのsenseiの '不幸は、彼が3つのグランドマスターの教授法を経験し比較することを可能にしたので、神の恵みであることが判明しました。 Kanosが最初に学んだTenjinShin'yō-ryūはatemi-waza(打撃)とkatame-waza(グラップリング)で特に知られていたが、Kitō-ryūはnage-waza(投げ技)で優れていた。

これらの技法に加えて、彼の家族や学歴のおかげで、好奇心をそそられ開放的なKanoは、TenjinShin'yō-ryūを超えて見ていたとしても、彼が学んでいた方法を変えて改善する方法を見出し始めました とKitō-ryūJujutsu。

彼は道場の大きな学生に何度も迷子になり、小さい身長を補う方法が必要だったので、彼は相撲と西洋のレスリングをレパートリーに加えました。 彼はまた、彼の革命的な「くずし」のコンセプトを開発し始めました。





1882年、22歳の金野さんは9人の学生を連れて自分の道場を設立しましたが、彼は依然としてMaster likuboの学生でしたが、指示を助けるために1週間に数回訪問しました。 ここで、彼は、彼自身のバージョンのジュジュツを教え始めました。これは、彼が他の分野から開発した、またはクスシと一緒に開発した新しいテクニックとともに、多くの異なるルーのブレンドを提供します。

彼はまた、それがどのように練習され、教えられたかを改革して、柔術の教授法に焦点を当て始めた。

Kanozの改造版のjujutsuの有効性は、彼がrandori(無料の練習)の間に彼のマスター井川俊俊を破った日に証明されました。 KanōはKitō-ryū学校に所属していて、投球にとても熟練していたIikuboを投げることはできませんでしたが、Kanoは彼が作ったすべての動きをブロックし、彼のテクニックの2つ、ukewazaとsumiotoshiを適用しました。ジュジツマスターは3回以上。 "私はあなたにもっと教えることが何もないと思う"と井上さんはその後Kanoに語った。

Kanoは今や彼自身の師匠でしたが、彼は何を教えていましたか?


答えは、後に説明するように、「さまざまな学校のすべての良い点をまとめ、私自身の発明や発見を加えて、身体文化と道徳的な訓練のための新しい体系を考案しました。これを私はKōdōkan柔道と呼ぶ。 Juは "pliancy"を意味し、doは "way"を意味し、したがって柔道は "pliancyの道"または "優しい道"と解釈します。

柔道龍によってKanoの250年前に使用されていたため、道を勉強するためのホールを意味するKōdōkanが追加され、2つを区別しました。

Jujitsu__28and_rifles_29_in_an_agricultural_school_medium


AD

Kanoの柔道はJujutsuへのアプローチで画期的でした。 第一に、それは柔道の包括的スタイルであり、多くの学校の技法を組み合わせたものであり、柔道は1つの技能学校に限らず、グラップリング、スロー、ストライキに精通していました。

また、Kanoは、経験的な証拠を残していたので、柔道は、実際に働いていたものに焦点を合わせることができるように、これらの技法を試験に加えることを余儀なくされた。 Kanoのモットーは「最小の労力で最大の効率」でした。

第二に、指導の原則としてランドリーとカタを保持しながら、柔道は柔道での使用を改訂した。 Kanoyは長い間、katasの機械的な掘削と比較して、randoriすなわち自由な練習がより効果的な教授方法であることを観察しました。 ランドリの問題は、一般的にすべての技法が許可されて以来、生きている訓練中に学生が負傷するという事実に嘘をついた。

Kanoのための解決策は、柔道で使用されるすべての技術を通過して、どのものがrandoriで使用するのに十分安全であり、どれが危険すぎるか危険であると判断され、カタとして教えられるように降格されることでした。 このことは、柔道師が知っていたように、柔道師がもっとランドフォリを使うだけでなく、他の柔術師を傷つけることなく速く学び、進歩するが、それでもカタを介してより致命的なスキルの知識を保持していた。

Kanoyはまた、ランキングのkyu / danシステムを導入し、ボードゲーム「Go」からそれを借用し、学生が自分の進歩を測ることができ、次の順位に達する動機付けをしました。 最終的に、これは色付きベルトの導入によって象徴的に視覚化されました。

ランドリでより頻繁に練習できることと、モチベーションのインセンティブが加わることの組み合わせは、同時期の伝統的なジュジュツよりも早く進んでいます。

最後に、そしておそらく最も重要なことに、Kanoは、日本の最初の現代武道、すなわち現代の武道になるための哲学とスポーツの側面を組み込んだ、伝統的な武術である柔術をより柔道にした。 Kanoは、英語のスポーツという概念、運動、倫理的価値の付与、クラスの平等を提供する手段に影響を受けたようです。

1882年に公立教育の主な4つの原則は、身体的運動によって強い憲法を形成すること、学生の心に忠誠心と愛国心を捧げること、教えてもらうことを決定した日本政府の利益と並行して、必要な知識を身につけ、軍人に必要な力を発揮する。 この新しい日本では、柔道は受容的な聴衆を見つけるかもしれない、それがする必要があるのはジュジュツの他の学校に対して生き残ることだけであろう。

ほぼすぐに、Kōdōkanはjujutsuの他の学校の攻撃の下にそれ自身を見つけた。

これらの学校は元々武士を率いていたが、その多くはソノノ・ジョイ(「天皇を崇拝し、野蛮人を追放する」)の主唱者であり、金星の柔道と「現代」と「外国」のアイデアの取り込みを嫌っていた。 ジュジュツは、彼らのカーストの誕生の権利として、外国人(1885年にアメリカ人博士FW Eastlakeが最初であった)、そして女性でさえも含めて、柔道がすべての人に開かれるというKanoyの考えに公然と憤慨していたKōdōkanの生徒は1893年に芦屋寿子でした。Kanoはその年の前に柔道で妻と家事を指導していました。

Hanegoshi1904_medium


AD

Kōdōkanがドアを開けばすぐに、jujutsuの他の学校からの挑戦者は彼らの目の前で整列し始めました。 Kanoはその後、この期間についての回想録に「Kōdōkanが日本全体を取らなければならないように思われた」と書きました。

注目すべき出来事の1つは、1883年、初めてのダングレードを志田史郎(西郷史朗として知られています)と冨田常二郎(当時初めて鼓道館の生徒の栄誉を授かりました)に授与された時でした。 横須賀桜次郎という熟女が祝いを中断した。 恐ろしいサイズと戦いのスタイルのために「鬼」と呼ばれる「鬼」と呼ばれていたサクジロは、金野に挑戦し、天津義信の優位を証明した。

残念なことに、彼のために、Kanoは最近、これらの課題に参加することを撤回したので、Shida ShiroはKōdōkanを代表するように選ばれました。 当時、西郷は17歳で、師匠のように身長は小さかったが、鼓道館には忠実であり、 会津藩の秘密戦いである柔道士を柔道を取り入れる前に勉強していた。


「史郎の技は、対戦相手に触れるとすぐに、相手はバランスと強さを完全にコントロールできなくなってしまい、容易に投げられるようになった。誰かが自分の目でそれを見た」

- 有馬住友の「有馬柔道九ホン」1904

「鬼」は志郎に敗れたことに驚きましたが、相手が実証したテクニックにとても感銘を受け、すぐにかのこに誓い、柔道の学生になりました。

すぐに、彼は1884年8月に志田史郎、冨田恒次郎、山下義昭と一緒に「 弘道 書院 」や「五代の四人の守護者」と呼ばれるようになりました。 Kōdōkanの天国の王たち)。 彼らは多くのコンテストやシャイア (shi-ni-alから派生した、「死に至る」)に挑戦している間に、柔道の擁護者として有名になるだろう。

横山桜二郎が後に思い出したように、「優しい道」にはこのようなチャンピオンが必要です。


「当時、コンテストは非常に荒く、参加者の生活に多大な負担をかけることがあったため、いつでも私がそのようなことに参加するたびに、帰国すべきではないという確信がなかったので、生きている "

Heaven2_medium

1886年、東京都警察委員会は、金剛の鼓道館と弘法師の戸塚の枝の間の武術大会(武術大会)を手配するのに適していた。

これは、4歳の柔道クラブがこの機会に提供される大きなクーデターであった。中国では、東須賀の礼拝は大きく(Kanoyの数十人に比べて約3000人の学生がいる)、2人の2年前、両大学は東京大学の盲導犬で行政を代表して出会い、柔道家は容易に優遇されました。 バールズがその時に述べたように、コンテストは:


東京で勤務していた青年全員が、金野氏ではなく、千葉県の戸塚で訓練を受けた警官に対処できたからです。 "

その最初の出会いの後、Kōdōkanのjudokaは彼らの工芸品に自分自身を再奉仕し、千葉のライバルと一緒に彼らが認識されるまで、東京エリアの他の主要な九十九里の大部分を撃退し、 2つのベスト。

これは、柔道(教育省)が教育目的のために柔道の可能性を示したことと相まって、 警察庁第5班の三島氏に、彼らの警官に非武装の防衛技術を教える。

大海にとっては、各陣営が十人の男性を選び、義信師大十代の代表者が時代の最も有名な宗派であった。 対照的に、Kōdōkanの若者は悲惨な経験をしていないようでした。 Kanoとして、自分自身が対戦相手を議論するときに書いた:


(息子)エミが学校の名を連ね、秀逸なジュジュッカを訓練していたのですが、トツカの側には強力な戦闘員がいて、吹き飛ばされていませんでした」と戸塚彦之助は言いました。あなたが戸塚という名前に言及したとき、あなたはその時代の最高の九十九人の巨匠たちを意味していました。幕末の新羊と喜代流の先生たちは、幕府の小見堂道場で戸塚九十九の師匠たちに立ち向かい、

仏像の多くは失われていますが、私たちはShiten'nōがどのように奇妙であるかを知っています。 冨田恒二郎の場合、対戦相手の名前は失われているが、記録は彼が勝利したことを示している。 山下義昭も同様に、妖精竜塚塚の指導者であり、師匠の仁木耕太郎を西門に投げ込んで敗れた。


AD

大海の最も期待される試合は、横山佐久路と中村阪介の間にあった。 中村は実際には義信礼の生徒ではなく、戸塚が彼に代わって頼んだことがあった亮一神道礼の先生であった。 彼はまた、176センチの高さと94キロで、痛みを感じることなく木から首に吊り下げる能力で有名な、日本で最も酷い男とも呼ばれました。

169cmと95kgで3年目に4番ダンを獲得した「悪魔」佐久路郎は、敵対者以上のものになるだろう。 試合自体は残酷で厄介な出来事で、最終的に引き分けと呼ばれるまでには55分を要した。 最終的には、審判は両手でグリップを離すように指を離していなければならなかった。

最後の試合は志田史郎とテルシマ太郎が関わっており、柔道の歴史のなかで最も有名になった。 20歳のシロは、高齢者(27歳以上)(シローの58kgに83kgと表記されていた)に対して、多くのチャンスを与えました。テルシマは、戸塚彦子の好きなジュジュツカであることが知られていて、リュウ。

しかし、15分後、テルシマは間違いを犯して自分自身を開放し、出席者の驚いたことに、シロは大乱を襲って大打撃を受け、試合から引退することを余儀なくされた。 彼が使った技法は「山嵐」や山嵐と呼ばれ、それ以来昔に失われてきました。 多くの人は、「西郷の前には山梨はなく、西郷の後には山梨はありません」と言っています。

史郎の勝利で、最終的にはコドカンに有利に9勝1勝を挙げた。 東京警察の武道を柔道にしただけでなく、将来の日本の地位を確認したのは、鼓道館にとって圧倒的な勝利だった。

1888年には、Kōdōkanの15人のメンバーを含む別の太鼓が開催されました。 ヨスチュリ・トツカ・ハの10人の擁護者を含めて、彼らには数多くの十九十九の反対に立った。トスカー彦助(警察競争直後に亡くなった)の名誉を喪失し、 今回は、山下が妖精師匠の指導者に就任したテルシマに直面し、西郷は江藤耕太郎に対して殴られたが、結果は変わっていない。 2度目のドローを除いて、Kōdōkanは相手を席巻した。

この最後の勝利と堅実な地位のKōdōkan柔道で、Kanoは教育者としての彼の真のキャリアにもっと焦点を当て始め、彼はまだ柔道柔道を日本の民衆に拡大し、彼のジュジュツの成立のビジョンが実現しました。 すでに多くのジュズュリュは、その成功を目の当たりにした後に、かなジゴロの革新を組み込んだ方法を改革し始めました。

1895年には、全国的な規律を制定し標準化することを目的として、「大日本酪農会」が九十九の統治機関として設立されました。 1899年に武道競争規則を策定し、1900年に法政院柔道柔道柔道法院が制定し、1905年までには九十九頭の統一規則が制定されました。

Images_large

シエイの時代は過ぎ去っていたが、依然として戦うための戦いが残っていた。 1900年に、Kōdōkan柔道は、それが特産品の学校であるFusen-ryūJujutsuへの挑戦合戦を失ったとき、大きな衝撃を経験しました。 Kanoshの信用のために、彼はjujutsuの最高を取って柔道に組み込む彼の理想を無視しなかった。

ネワザの恩恵を認識して、彼は奉賢師を集め、彼の師匠たちのいくつかに師匠法を教えさせました。 これらの新しい地上戦judokaは、Kosen柔道の基礎を形成しながら、他の人を教えるために続くだろう。

Kanoは彼の他の責任にもっと焦点を当て、彼はKōdōkanの実行をShiten'nōに残し始めました 。 初めは、志戸さんの就任父親であった彩乃田野さんの姓を取った志郎さんになりました。 これは長続きしませんでした。なぜなら、1891年に西郷史郎は急に退去したからです。


AD

彼の去るための物語はたくさんあります。 多くの人は飲みすぎたり、戦ったりします。 警察が城から怪我をしたり川に投げ込まれたりすることをやめようとした近距離攻撃の後、Kanoは彼を追放することを余儀なくされた。 もうひとつは、200cm、140kgの相撲選手(アラウミ)との決闘で、史郎が胸に打撃を与えて殺した。

最も可能性があり、より詩的な、志郎はKanoと彼の養子の父親の間に彼の最初のマスターの間に感じた紛争だった。 自分が先生に誓ったとき、それはギリと呼ばれる奉仕の強い義務を負った。 志郎は祖父母を抱いている彼のビジョンを持っていた田野紗吾さんによって育ち、おききちぎを教えられました。

同時に、彼はKanoとKōdōkan柔道に専念していた。 彼は両方に専念することはできませんでしたが、彼は他を裏切ることなく1つを選ぶことはできませんでした。

Saigo_large

シロの解決策は、長崎に移り、記者になり、その過程でおしまちと柔道の両方を放棄することだった。 このように、史郎は二人の師匠のいずれかに自分のギリギリを壊さなければならず 、自分を九州に捧げるか、弓と矢の道に捧げたのではない。

数年後、冨田恒雄の息子、冨田恒二郎の「 菅田三四郎 」のタイトルキャラクターとして永遠に残され、1943年黒澤明監督による映画として発売される。

史郎の「魔神」横山は、最終的には「未来柔道」の三越九三氏にとどまらず、武道館監督となりました。 一度、 Shiten'nōの恐れがあった、 Sakujiriは高齢化した、彼はより多くの外交、Kanoyの非公式の結婚禁止を尊重彼の能力の最高に育った。 ミフネと一緒に食事をしている間に、彼のジャケットを盗んでしまったラフアンと十数人のコホートは、50歳にも及ぶ7代の若者が、食事をしているゲストの半分を残して賢明だった。



1911年、最初のダンの式典を中断した横山さく次郎は、現在の階級以上の人たちの集まりを作りました...

30年未満で、Kōdōkan 'は最初のダンに向かって働いている十数人の学生から成長していました、今は2日7日(7度黒帯)3日6日、6日5日、30日4日、120日3日、300秒、750回の最初のダン 。 同年、日本の全国学校のカリキュラムに柔道が加わると、さらに大きな勝利が記録されました。

柔道の成功がどれほど信じられないのかを知るためには、1870年代には、バエルツ博士が体育の恩恵を支持していたことから、ジュージャーが素晴らしい演習方法をとると千宝知事から言われましたが、 "それは完全に使い切ったはずです"。 今、学童が勉強することは必須でした。


AD

ジェントルウェイのメリットと成功は、日本に限られるものではありません。 1903年、山下義昭はシアトルで初めてアメリカに到着し、全米で最も古い柔道クラブであるシアトル道場という、独自の柔道クラブを始めるために日本の住民にインスピレーションを与えた柔道展を行った。

その後、山下は東にワシントンに行き、翌年の早い時期にセオドア・ルーズベルト大統領に紹介されました。 レスリングとボクシングの愛好家だったルーズベルトは、柔道に平等に夢中になり、山下からのレッスンを受けた。

実は、彼はUS海軍のアカデミーで教えるために彼を雇っていたことを実証した山下のスキルにとても感銘を受けました。 1905年と1906年の2年間、山下は日本に帰国することを辞職する前に"レスリング"コーチだった(彼の代用は元アメリカヘビー級キャッチ・ア・キャッチ・ア・レス・レスリングチャンピオンのトム・ジェンキンス)。

Trshowingjujitsu_medium

米軍は、1904年12月にニューヨークに到着した守田恒次郎氏(守田氏)の後任で、前田三代さんと一緒にアメリカに渡った。 2人はすぐに、富田が柔道と柔道を区別するのが早かった米国の公衆に展覧会を出すことを約束した 。


「柔術は殆ど絶滅した芸術であり、野蛮なものであり、絶滅の危機に瀕している。自己防衛の真の芸術はジュドー」

大部分は、プリンストン大学への訪問など、成功を収めました。ウェストポイントの生命士候補者のデモンストレーションは、 何か必要なものが残っていましたが 、サッカーチームの何人かのメンバーを投げました。 2人は1905年にニューヨークに柔道クラブを設立する。

その後まもなく、両者は会社の一部となる。 富田は1910年までニューヨークに滞在し、残りの日を生きるために日本に戻った。 前田はプロレスを取り、アメリカやヨーロッパを旅し、「Conde Koma」や「Count Combat」と名付けられた時代のトップ戦闘員を務めました。

結局、彼はブラジルに引退し、カルロス・グレイシーと呼ばれる若者にジュジュツの芸術を教えるだろう。

他の柔道選手は、しばしば柔道の哲学を広める機会を見たKanoの要請で、西に旅した。 小泉純二、上西貞和、谷内幸雄、河内幸之助 、伊藤徳悟など、多くの人がジュジュを世界に紹介したり、アメリカ大陸やヨーロッパ全域に学校を開かれたり、プロレスに参加したりしていました。

柔道は日本を征服しただけでなく、世界を植民地化しようとしていました。 Kanoの創造は彼の崇高な目標をはるかに上回っていた。


AD

一人の人間が出来事や歴史に及ぼす影響を誇張するのは簡単ですが、KanōJigorōの場合はそうするのがほとんど不可能です。 Kanōがなければ、Kōdōkan柔道を持っていないだけでなく、jujutsuがキャッチとしてキャッチすることのできる道があり、曖昧な、ほとんど忘れられた規律になる可能性が高い。

さらに、KanoyJigorōがなければ、前田光夫、WE Fairbairn、Vasil Oshchepkov、またはBill Underwoodが存在しない可能性が高いため、ブラジルのJiujitsu、Defendu、SAMooborona Bez Oruzhiya、またはCombatoは存在しない可能性が高い。 そして、これらの理由から、金城ジゴロを生み出す時期は、「黄金時代」と名付けられなければならない。


Jigoro Kano(via martialwarrior540 )


~~~~~~~~~~~~

次の週に続きます: 「MMAの忘れられた黄金時代 - 第3部:シャーロック・ホームズ、レ・アパチェス、紳士的自衛の芸術」

MMAの起源と初期の発展に関する追加の歴史については、「 ジェームス・フィグとミックスド・マーシャル・アーツのスポーツの喪失の起源 」を参照してください。

____________________________________________


† - ケージサイドフィーチャーゲストコラムニストJohn S. Nashによる この最近改訂された記事 は、 今日Cagesideseats.com(2012年12月8日)に「クロスポスト」されました。 ケージサイド席のレスリングの過去を掘り下げることに加えて、ナッシュ氏 私たちの仲間であるSBNation Blog: BloodyElbow.comで 、この記事の原案が2011年1月21日に投稿された、忘れられた混合武道の歴史を定期的に記録しています。 ケージサイドシートは、あなたの喜びのためにこの専用ゲストコラムに記事のアーカイブ全体をクロスポストすることを誇りに思っています。 ナッシュ氏のより魅力的な記事を読むには、 このリンクをブックマークして新しいコンテンツを頻繁にチェックすることを忘れないでください。

____________________________________________




ADTLソース:
• Muromoto、Wayne。 「柔道の決定的な戦い:鼓道柔道の4人の天主と大師マスターズの間の大会」、 フリュウ:武道館 、3 節 。
• 狩野、地獄、リンゼイ、「柔術と柔道の起源」、 日本アジア学会第15巻 (1887)
• シド・ホアレ、「柔道の歴史」、 BPR出版社 (2009年)
• Kevin Casey、「柔道」、 Rourke Publishing Group (1994)

イメージ
• umjudo.comによる 「かの地獄の家族」
• wikimedia.orgによる 「農業学校の柔術」
• judoinfo.comから " Kodokanの 4人のガーディアン"
• 「斉藤史郎」 www.zenbudokaieast.net
• judoinfo.com経由の「柔道教室」
• ejmas.jpで 「ルーズヴ​​ェルトはいくつかの柔術を実演する」
• "Kano Jigoro"( www.japanfocus.org)
特別なおかげで: JudoとJeet Kun Doのパリの愛好家、Thomas NashとCowboyが貴重な意見をくれました。


このStorystream

MMAの忘れられた黄金時代:4つのパートシリーズ
MMAの忘れられた黄金時代 - 第4部:ベルエポックの究極の戦い
MMAの忘れられた黄金時代 - パートII:柔道の台頭と新時代の夜明け
MMAの忘れられた黄金時代 - パートI:レスリングの黄金時代とアメリカのキャッチアズキャッチ缶のロストアート
すべての4話を見る

ケージサイド席 からさらに
WWE生のプレビュー(2017年7月17日):あなたは父ではありません!
毎日開いているスレッド:7月17日、2017
Rumor Roundup(2017年7月17日):Reigns vs. Joe、Kurt Angleの秘密、Vince McMahonの存在、さらに!
WWE生の結果、ライブブログ(2017年7月17日):ローマの支配とサモア・ジョー
New Japan G1 Climax 7月17日(月)のライブ結果:Ibushi vs. Naito、Sabre vs. Tanahashi、その他
#FTRの動きで側面を選ぶ


忘れられたMMAの黄金時代 - 第3部:シャーロック・ホームズ、レ・アパチェス&紳士的自己防衛アート

ケージサイドの特色ゲストコラムニストのジョン・S・ナッシュは、ベルエポックの間に存在していた、忘れ去られた黄金時代の混合武術にガスライトを照らし出す魅力的な4パートシリーズの第3部を紹介します。

John S. Nash 2012年12月15日8:30 am EST



つぶやく




シェア




ピン




Rec










ル・プティ・ジャーナル - L'Apache Estラ・プラヤ・デ・パリ - wordpress.com



これは最近改訂された記事で、当初は仲間のSBNation Blog、 Bloody Elbow.comでクロス投稿されました ケージド特集ゲストコラムニストJohn S. Nash - 2011年8月22日 [†]

これは、BelleÉpoqueの間に存在していた混合武道の忘れられた黄金時代のガスライトを照らす4部構成のシリーズの第3部です。

このシリーズの前回の記事では、「 第1部:レスリングの黄金時代とアメリカのキャッチ・ア・キャッチ・カンのロスト・アート 」と「 パートII:柔道の勃興と新時代の夜明け 」を参照してください。 。


_______________________________



アルティメットファイティングチャンピオンシップが1993年に登場した当初は、どの武術がすべての戦闘芸術の中で最高のものかを見ることでした。 要するに答えはブラジルの柔術であった。 当時最高の指揮者はRoyce Gracieで、最初の4つのUFCのうちの3つのチャンピオンになっていました。

今日では、最高の芸術は、特定の規律ではなく、2〜3の芸術の最高の組み合わせです:特にボクシング、レスリングと柔術。 そして、UFCは世界中の武道を改良するのに役立っています。 伝統的な武道家が飲み込むのはちょっと難しいですが、1つのシステムがそれをしないためです。 あなたは多くの異なるシステムでクロストレインする必要があります。

- ダナ・ホワイト

アルティメットファイティングチャンピオンシップの人気の爆発から生まれたより興味深い副産物の1つである混合武道は、以前は非武装の世界の中で支配されてきた伝統的な学問分野を超えたクロストレーニングとハイブリッド戦闘システムの登場でした-防衛。 MMAのスポーツの本質は、参加者が単一の分野に焦点を絞ることができなくなったが、その代わりに、戦闘が起こった場所、または手をつけて戦闘が行われたときに、それは立っているのか地面にあるのか。




面白いことに、ダナ・ホワイトは、この革命を起こすために、武道やUFCの功績を認めていません。 代わりに伝説のブルース・リーに「武道の父」というタイトルとともに、その名誉を与えました。


ブルース・リーが訓練した方法、彼が戦った方法、そして彼が書いたことの多くを見ると、完璧なスタイルはスタイルではないと彼は言った。 あなたはすべてから何かを取る。 あなたはあらゆる異なる規律から良いものを取り、何が効いているのかを使い、残りのものを投げ捨てます。

彼は1967年にJeet Kune Doを設立したときに、ブルース・リーが展示した先見性と革新性に驚嘆することはできませんでした。ここでは、レスリング、ボクシング、カンフー、フェンシングなど、東西のさまざまな分野の多くを組み合わせた武術でした。空手、そしてもっと多くのことを学びました。 そのアプローチでは非常に分析的な武術で、長距離蹴り、中盤打ち、近距離捕獲、地上戦闘の4つの範囲の戦闘を紹介し、戦闘のさまざまな領域を完全に記述した混合武術の中では、この部門は現在も一般的に使用されています。

UFCの最初のイベントが開催されるまでに、25年以上前のことを考えました。

さらに驚くべきことは、他のいくつかの武道がこのすべてを遂行しているということです。ブルース・リーがジック・クーン・ドのことを想像するまでに、およそ70年前にそうしました。




New-art-header-2_medium

1898年、38歳のエドワード・ウィリアム・バートン・ライトは、スコットランドの母親とノーサンブリア人の父親の故郷に戻り、1880年代の数年を除いて、彼の生涯を過ごしました。 彼はインドのバンガロールで生まれ、ドイツとフランスで教育を受け、スペイン、ポルトガル、エジプト、東南アジアの海峡集落などで鉄道と鉱業の譲歩を行った。 彼が武道で広範な知識を習得したのは、長い間旅行された外国人だった。


私はいつも自衛の芸術に関心を持ち、ボクシング、レスリング、フェンシング、セーブ、そして師匠の下でのスティレットの使用など、さまざまな方法を学び、実践に満足するまで自分自身を訓練しました。

- E. Barton-Wright、 小泉総理、「事実と歴史」Budokwai Quarterly Bulletin、1950年7月


このような実用的なアプリケーションの例としては、 「ナイフや6フィート四分の一の職員を持つポルトガルの長い住居中に何度も攻撃され、すべての場合自分の敵を傷つけることなく武装解除することに成功した時」などです。

英国に戻る前は、日本帝国のEH Hunter Company(1895年、1896年、1897年の初めに日本語簿に掲載されている)のアンチモン精錬専門家として働いていました。

Barton-Wrightによれば、 「3年間私がそこに滞在していたので、神様の地方の先生のもとで、金型を専門にした塾を勉強しました。レッスン "

このジュジュツの紹介の後、バートン・ライトは、東洋と西洋の両方の武道における広範かつ折衷的な背景を持ち、彼自身が すべての国家の自己防衛を、適切に取得された場合、銃器以外の何かを無視することができるシステムや、暗闇の中で突然刺すシステムに組み合わせる明るいアイデアをつかんだ。 そして、1898年11月26日に、ロンドン貿易委員会(London Board of Trade)に「Bartitsu」Ltd.を「Company 59684」として登録しました。


AD

ミューゲート・イン・ロンドン色201x300_medium

Peripatetic Barton-Wrightは、1900年12月のBlack&White Budgetによると、市民権が自衛の新しい芸術に非常に受け入れやすいイングランドに戻っていた。 「平和的に処分することに配慮するために考案された男性は凶悪犯や凶悪犯に対して自分自身を守る科学をする 。 イギリス諸島全体がフーリガン主義のパニックに陥っていたからです。

ロンドン、ダブリン、リバプール、マンチェスターのすべての紳士と女性は、すべての版で宣言されている毎日の紙とタブロイドの鋭い見出しに住んでいたフーリガン、コルネーゲン、ガロット、スクトラーの恐怖に住んでいました。

それは、ロンドン警察裁判所長官がその全部を「プレス製造フーリガン主義」と述べたか、またはスコットランドヤードの元メンバーであったパトリック・マッキンタイアが1898年8月27日のサウス・ロンドン・クロニクルに語ったところによれば、 "愚かな季節"とフーリガンに焦点を当てていた"現在の柱を満たすための適切かつ賢明な手段として。 全般的に、フーリガンはあらゆる場所に潜んでいた。

この恐怖の気候を生かすために、Barton-Wrightは急いでPearson's Magazineのスタッフのデモンストレーションを行いました。ここでは、CumberlandとWestmorelandスタイルのアマチュアチャンピオンであるErik Chipcaseにいくつかの課題がありました。 彼の主張の合法性を確信して、出版社は彼のマガジンのページを開いた。彼は " 強者としての姿勢 "を書いた後、1899年3月と6月に一対の記事を書いた。 自己防衛の私の新しい芸術を構成する、私はBartitsuという名前を与える。

そして、この "Bartitsu"は何でしたか?

Bartitsu_medium

毎晩(Bartitsuの)紹介者によってステージで説明したように:


「知られており、非常に秘密裏に練習されている、日本では秘密の方法があります。それは、柔術と呼ばれ、自由に翻訳され、「終わりまで」という意味です。

"Bar"は、この科学的な自衛を発明したEW Barton-Wright氏の名前の一部として、世界中のほぼすべての地域でレスリングの学校から無限のポイントを適応させています。 日本では、彼に見せかけることを許された独特の日本の芸術を、最も希薄な賛成として適応させた。 私はそれを「何か」と呼べるほど包括的でとても複雑です.Barton-Wright自身の心と個性に内在しています。

- 「The Bartitsu Club」健康と強さの雑誌、1901年1月

当時、Barton-Wrightによって一般に発表されたBartitsuは、別の名前(および貧しい翻訳)によって、ちょっとだけjujutsuのように思えました。 彼のPearson's Magazineの記事に示されているほとんどすべての方法は、唯一の例外として、コートを使って相手を武装解除するパリのストリートファイティング技法であった。


AD

Bw1d_medium

さらに、2つの記事の2番目に詳述されているように、Bartitsuの原則は、Kodokan柔道から大きく借りていました。


(1)あなたの加害者の平衡を乱す。 (2)バランスを取り戻し、力を使う時間がある前に彼を驚かせる。 (3)必要に応じて、首、肩、肘、手首、背中、膝、足首など身体のあらゆる部位の関節を、解剖学的および機械的に抵抗することのないように歪ませる。

彼は新しい "敵対的"(ビクトリア朝とエドワード時代に知られていた武道と戦闘スポーツという用語)を導入するときには、熟練に重点を置くべきであると驚くべきことではない。 当時、それは知られておらず、エキゾチックであり、国民の想像力を捉えるための完璧な組み合わせでした。 しかし、実際には、ジュジュツはBartitsuの構成要素であり、全体ではありませんでした。 まもなく、Barton-Wrightは、彼の執筆と生きたデモンストレーションを通して、本当に "あらゆる形の自己防衛"を必要とするものにまで拡大していった。


彼がBar-titsuの話をしたとき、彼はそれゆえに、特定の枝ではなくあらゆる形で本当の自衛を意味しました。 "Bar-titsu"の下では、彼はボクシング、または打撃媒体としての拳の使用、攻撃的および守備的な意味での両足の使用、そのような自己防衛手段としての歩行スティックの使用指にぶつかるのを実質的に不可能にする方法。 日本のレスリングの秘密のスタイルであった珠洞と朱uは、自衛に適用されるクローズド・プレイと呼ぶだろう。

- 「ジュツジとジュド」、日本社会学会論文集、ロンドン、第5巻

Bartitsuはこのように東西のいくつかの異なる分野から借りる折衷的な武道だった:イギリスのボクシング、フランスのsavate 、日本のjujutsu 、ヨーロッパのレスリングとla canne 。

ボクシングは主に科学的なボクシングから、 "ジェントルマンジム"ジェームズコーベット、パンチはまっすぐで、拳は地面に平行に保たれ、ジャブは自由に使用されています。 ストライキは、距離を近づけ、客観的なものでパワーを得るために、前方への勢いを利用して「行進」または「シフト・パンチング」しながら打撃を受け、打撃を受けないで投げられました。

救済隊はボクシングフランセーズとラ・ ルッテ・パリシエンヌ 、または「ストリート・ファイティング」とそれに伴うすべての「ダーティ・トリック」の両方であった。 使用されたキックは、Barton-Wrightによれば、 「フランス人がそれを採用する方法で行われると、自己防衛の手段としては全く役に立たない」という 救済隊で使われたものから、おそらく変更されたと思われる。 しかし、この声明は実際の事実よりも英語の偏見に頼っているかもしれない。

九州は初めに、新館風堂流で、鼓道柔道を散らしていたが、多くの宇宙服技術が含まれていた。 その後、天神新流、大東流、ふせん流がレパートリーに加えられました。

レスリングは、競技者同士が競争し、お互いを投げようとしていることで、オールイン、「何かが行く」スタイル、そしてスポーツとして柔道に似ているシュワンゲンのキャッチ・ア・キャッチ・キャンとピンのために働く代わりに、地面。

Barton-Wrightが、歩行スティックと傘を採用した自分の守備ラ・カーンを開発したフランスの紋章を手にしたピエール・ヴィニーに紹介されたのち、最後にはスティックファイティングが同化されました。 これらはすべて個々に教えるだけでなく、包括的な武道に統合されるべきものでした。


それが可能な限り、臆病な攻撃や喧嘩での傷害に対する免責を確実にするために、(1)ボクシングを理解して、適切な打撃の危険性と迅速性を徹底的に評価し、身体の特定の部分科学的に攻撃された。 柔道やスティックの使用にももちろん当てはまります...柔道と柔術は、ボクサーやあなたを蹴る男に対する攻撃と防御の主な手段として設計されていませんが、ボクシングと足の使用を理解することは絶対に必要です。

- Barton-Wright、 "柔術と柔道:イギリスの運動の観点から見た自衛の芸術"、1901年2月




Bartitsuは「ボクシング、フェンシング、レスリング、セイヴァイト、または他の認識された攻撃や防御の形を取ることを意図していなかったが、これは主張されている - これらの方法の全ての点を妥協する」 代わりに、 黒と白の予算 (1900年12月29日)によると:


Bartitsuはこのためにこれを解決します:もし誰かが列に並び、認識されたスタイルの英語のフェアプレーで - 拳で - 試合をプレイすると、相手は突撃を避けるために突入して閉じる可能性が非常に高いでしょう。 その後、秘密の日本の方法で取り組む瞬間が来る。 即座に、不注意な人は捕まえられ、激しく投げ込まれて戦場に立たされ、野外から引退するのに十分な力が残らずに済む。

これと他の作品からの示唆は、戦闘では、状況が正当なものとして、個々のコンポーネントのそれぞれを使用し、戦いが進行するにつれてそれらの間を切り離すことでした。アンタゴニストが閉じ込められ、そして最後には「じゃっつつ」して「クローズドプレイ」のために闘う。


AD

エドワード・バートンはまた、身体的な文化や療法に強い関心を持ち、体操やダンベル、アイアンワンド、インディアンクラブの演習の連合とともに選挙治療をしばしば勧めていました。 その結果、 「Bartitsuは、自己防衛の芸術ほど完全で徹底的な体文化の体系を構成しています。

バートン・ライトは、1899年の夏までに、Bartitsuの武器と身体文化アカデミーを開設した初期の成功と熱意を見いだし、 Bartitsuの大統領になることに同意した早期改革派のWF Grenell氏クラブ。"

著名なメンバーのリストには、王のドラグーンガードのアルフレッド・ハットン(Alfred Hutton)隊長が含まれていました。このグループは、歴史的なフェンサーのグループを率いて、クラブでの舞台闘いを教えました。 サーズコスモダフゴードン、後でRMSタイタニックの沈没の少数の成人男性の生存者の1つであるために不名誉を得た; 将来のオリンピック選手のキャプテン・スタンスン・クック・オブ・ロンドンライフル・ブリゲード・スクール・オブ・アームズ; 第12ベンガル歩兵のキャプテンFCラーニングは、後に1923年のマニュアル「 歩行スティック法自己防衛 」を書いた。 女性はまた、ボクシングを除外している間に、 セイヴァン 、ヴィニーのスティックファイト、 ジュジュツの指示を含む、彼らに特別な自衛コースを提供して、クラブに入院した。

ソーホー地区の67bシャフツベリーレーンにあるBartistu Club自体は、 Health and Strength MagazineのページでMary Nugentによって 「巨大な地下のホール、すべて光り輝く、白いタイルの壁、そして電気です虎のようにその周りを徘徊している「チャンピオン」との光。

クラブに付属しているクリニックでは、メンバーの皆様にご利用いただいている、Nagelschmidt装置、Ultra-Violet Rayランプ、Light Baths、Thermo Penetration Machineなど、電気治療技術で最も先進的なサービスをメンバーに提供しました。

Sketch-1901_medium

Bartitsuクラブの最も印象的な特徴は、Barton-Wrightがインストラクターだけでなく、様々な " Assault-at-arms "に参加して、何の効果を実証するために集結した "チャンピオン"の集まりでした。彼は、 「自己防衛の紳士的な芸術」と称した。

これらの「チャンピオン」の中には、フランスの腕時計教授(Mon。 ピエール・ヴィニー、「リトル・スイス」のアーモンド・シェリルポルド。

Vignyは自己防衛の折衷主義理論を彼にもたらし、クラブのチーフ・インストラクターを務め、自らのla canneのシステムを教えてくれ ました 。 彼は 「ジュネーブやその他の最悪の地方に行きます。地元のタフは「彼が望むほどの自由な戦いで彼を義務づけた」と語った 。 大陸のスイスチャンピオンとしてよく賞賛された巨大なCherpillodは、物理的なインストラクターとレスリングのコーチとして雇われ、現在は彼の元々のシュヴィンゲンとキャッチ・アズ・キャッチ缶に集中していた。 これらの2人は、いくつかの日本の司教によってスタッフに加わりました。

1899年後半に、Barton-Wrightが「ある種のレスリングでインストラクターを確保するために日本に行っていた」とThe Daily Iowa Capitalが報告しました。 実際には、彼は旅行をしたことはありません...代わりに、適切なjujutsuの開業医を見つけるための援助を求めるために教授かの地獄に書き込みます。 彼は1900年秋に到着した3人の仲間で、山本さん、谷さん、そして19歳の弟の谷由紀夫さんをロンドンに旅行する手助けをしました。


AD

山本と高齢者のタニは、エドワード・バートンがBartitsuを演奏するのに使った演奏会に参加したくない日本へ帰還するまでに1年もかかりませんでした。 若手の谷由紀夫は、明らかにそのような心配はなく、すぐに彼の出身の同胞を置き換えるために到着した20歳の上西禎一が加わり、

彼のPearson's Magazineの記事が登場した直後に、Barton-Wrightは懐疑的な人たちのために "Assault-at-arms"を始めた。 典型的なそのような「パフォーマンス」は、通常、強烈な技でバートン・ライトの知識から得られた強烈な強さ( 通常はTaniによるもの )と、時代のさまざまな「拮抗」を代表する戦闘機に対するいくつかの挑戦試合であった。

1901年11月30日にThe Illustrated London Newsがそのような出来事の記述をしました:


11月23日、イギリスとコンチネンタルのレスラーとボクサーが反対したときに、 "Bartitsu"システムのフォロワーが採用したさまざまな自衛方法が彼らのスクールオブアームズで実演されました。

コーンウォールとデヴォンシャーのプロレス選手と大阪の軽量レスラーである上西さんのコンテストに大きな関心が寄せられました。 日本は3つのスローのそれぞれを獲得した。 プロボクサーは、学校の「セイヴァイト」に対して自らを擁護し、決定的な結果をもたらした。



ほとんどの競技には外国の戦闘機が関わっていたが、バートン・ライトは時には自分自身に参加した。 セント・ジェームズ・ホールで行われたこのようなイベントで、彼は「自分が選んだ形で私を攻撃する誰にも挑戦した」と報じたが、 私は3分間で7回連続して勝利した。エドワード王7世から (小泉、1950)

残念なことに、バートン・ライト氏のために、彼のロイヤル・パフォーマンスは、ケンタッキー州の海岸への自転車旅行中に2人の泥棒と出会い、手の怪我の形で脱線しました。 2人の男は自分の道を邪魔しようとしていましたが、最初の攻撃者に肩のストライキを巻きつけ、もう1人をパンチで倒して自転車に乗せ、自転車に乗り込んだ。

この時期のある時点では、Bartitsuは世俗と定期刊行物に大きな注目を集めていたが、最も有名な開業医、「世界最高の探偵」Sherlock Holmesを得ることになった。


Mor01_medium


彼は武器を全く持っていなかったが、彼は私に急いで、長い腕を私の周りに投げつけた。 彼は自分のゲームがアップしていることを知っていて、自分自身に復讐することだけが心配でした。 私たちは秋の瀬戸際に一緒に大騒ぎしました。 しかし、私にはいろいろなことがありましたが、私にはいろいろな知識があります。 私は彼のグリップを滑り、恐ろしい叫び声で数秒間狂って蹴られ、両手で空気を掴んだ。 しかし、彼のすべての努力のために彼はバランスを取ることができず、彼は行きました。

- シャーロック・ホームズ、サー・アーサー・コナン・ドイルによる空の家の冒険


アーサー・コナン・ドイル卿が何らかの形で「t」を間違えたとしても、彼がバートン・ライトのバーティツを指していることは明らかです。 DoyleがPearsonの雑誌に「自己防衛の新しい芸術」の記事が出版されたのと同時に書いていたので、彼がそれに精通していることは驚くべきことではないはずです。 したがって、誤ったスペルは簡単な間違い、または潜在的な著作権違反をバイパスする手段のいずれかに簡単に起因する可能性があります。


AD

シャーロック・ホームズがBartitsuのようなものに精通していたことは、驚くべきことでもないはずです。探偵は熟練した戦闘員であることについての長い歴史を持っており、「Scarlet in A Scarlet」で「専門の一人の選手、剣士 " 。 彼は、Holmesが一人でいくつかの対戦相手を巻き込んでいる "Illustrious Clientの冒険"と、 "孤独なサイクリストの冒険"の両方で、これらの能力を実証しています。 あなたが私を見て私は浮かんだ。ウッドリー氏はカートで家に帰った。 "

実際には、ホームズのボクシングのスキルは、以前はアマチュア試合で彼と抱きしめていたチャンピオン賞の戦闘機は、 "四のサイン"で、彼は間違った職業に入ったと宣言するので、素晴らしいです。 "あなたはあなたの贈り物を無駄にした人です、あなたは持っています!

皮肉なことに、1903年に「空の家の冒険」を出版したことで、「バリツュ」が文学的不滅を得ていたため、バーティッスは武術としてこれ以上のことはありませんでした。 多くのインストラクターとメンバーが別々の方法で行ってきました。 Barton-Wright自身は、物理療法事業に注目し、 疑わしいメリットの治療法を提供していましたが、以前の治療法 よりも成功しなくなりました 。 結局、彼は90歳で無死で死ぬだろう。 マークされていないpauperの墓に埋葬される。

Bartitsuの失敗には多くの理由があります。 ライバルのウィリアム・バンキエは、バートン・ライト自身の崩壊を非難し、彼は彼が「遠慮している」展覧会やノックアウト・コメディアンとしてのデモを描いた貧しいプロモーターであると主張した。 Bankierは1901年12月にSt. James Hallで開催されたイベントとそれ以降ロンドンで受け取ったひどい書き上げを証拠として引用した。

元学生のPercy Longhurstと他の人によって与えられたもう一つの理由は、Barton-Wrightが、そのような高価なクラブとその高価なスタッフをビジネスに維持するために必要な大きな手数料を支払う意思のあるロンドン人の数を大幅に過大評価していたことです。

理由が何であれ、自己防衛の一形態としてのBartitsu(Barton-Wrightは他のベンチャーの名前を引き続きリサイクルするだろう)はもはやありませんでした。 しかし、人生がとても短く、まもなく世界が忘れられるようになっても、それは深くて永続的な影響をもたらしたと証明されます。 元学生のPercy Longhurstが何年も後に書いたように、 "それはMr. Barton-Wright"である。最初に英国にシステムを導入したのは、最初の音楽を与えた二人の日本人TaniとUyenishiを最初に持ち込んだのは、芸術のホール展示会。

Barton-Wrightによって始まったこの遺産は、彼の元教授と学生によって継続され、さらに拡大されるだろう。

物理的なインストラクターのArmand Cherpillodはクラブを離れるときにプロレスに挑戦し、仲間の教授が教えてくれた柔術を、キャッチ・ア・キャッチ・アン・レスリングの大成功に取り入れました。 結局、彼はスイスに戻って、ヨーロッパ大陸の他の国と同様に、ドイツにジュジュツを紹介するための重要な役割を果たしました。

Cherpillod_1_medium


AD

1903年、Bartitsuクラブが閉鎖されてからわずか数ヶ月後、Pierre Vignyはロンドンのナンバー18ベルナーストリートに最初に位置し、2番のHinde Squareに移動する前に「自衛隊新スクールアカデミー」を開きます。 ここで彼は1912年にジュネーブに戻って別の学校を設立するまで、 "ボクシング、ラセイバース、フェンシング、ウォーキングスティック、トリックとカウンターでの指導"の武術への折衷的なアプローチを続けました。

ピエール・ヴィニーがアカデミーを開校してから数ヶ月の間、上西貞和は、ピカデリー・サーカスのゴールデン・スクエア31番地で、自分の道場 「日本の自衛学校」を開設する前に、師匠として働いた。 彼はAldershot軍事学校の手と戦闘の指導者としてM. Vignyと一緒に雇われ、教師としての優れた評判を得ただけでなく、 」

Vigny氏は、彼の学生、EH NeslonとJu-Jutsuのテキストブックを共同編集した時に使用した別名 "Raku"の名前の下で、専門的に取り組んで名声を得るでしょう。

Uyenishiは1908年に帰国し、大学の物理的な文化訓練者でBartitsuクラブの前のメンバーだったWilliam Garrud氏に就職しました。 Garrudはまた、1914年にThe Complete Jujitsuanを書くために続いた英国柔術会の創立メンバーでもあり、 今後数年間イギリスの標準参考書になるでしょう。

ウィリアムの妻や同僚のBartitsuクラブ会員、ウイニシの生徒、 Edith Garrudはゴールデン・スクエア・スクールの女子生徒指導者を務め、いくつかの記事を書いたり、ライブ展示を行ったりして大衆流行を助けました。 彼女は短編小説「 フットパッドの下の柔術」にも関わった 。 彼女は獣医師の訓練を受けている選挙運動で彼女の一番の記憶に残っているかもしれません - 猫とマウス法の時に女性社会政治連合のリーダーシップを暴行や逮捕から守ると宣誓された25人の女性。

チャンピオンズ最年少の谷木谷は、タニが任命できなくなったバートン・ライト氏によれば、閉幕する前にバーチツク・クラブを去った。 Taniは先に述べたウィリアム・バンキエ(William Bankier)と仕事をすることになるだろう。ウィリアム・バンキエ(William Bankier)は強盗者「アポロ、スコットランドのヘラクレス」としてよく知られていた。 Bankierをマネージャーにして、Taniはプロレス分野の大スターとなり、ロンドンの様々なホールで十分な成功を収めました。

アポロ - タニ_9_メディア_メディア

Taniはまた、彼の暇な時間にジュジュツのインストラクターとして働き 、多くの学生が著名なキャリアを持ちました。 ペルシー・ロンハースト(Bartitsu club)の元メンバーでもあり、英国柔術会の創設メンバーであり、 柔術やその他の自衛方法 (1906年)の著者でもありました。 ビル・アンダーウッドは、 コンボと防衛の非武装の軍事的闘争システムを見つけることになるだろう。


AD

1905年と1906年の夏に、毎日、時には2日に一度過ごしたフランス人の防衛官であるジャン・ジョセフ・ルノーが、「日本の自衛隊」で師匠を勉強していました。

その後、彼は伝説の戦闘訓練の革命を扇動するロンドンフーリガンの脅威よりもさらに恐ろしい戦いに駆けつけて、チャンネルを横断してこれらの新しい技術を彼と一緒に戻した。新しい折衷的な武術の開発。

Apaches-lyon-republicain-illustre-22-31-05-1903-1_medium

19世紀後半と20世紀初頭のゲイ・パリーは、ヘミングウェイ、シュタイン、フィッツジェラルドよりもはるかに暗くて危険な場所でした。 人口は、貧しい農村部の労働者が街とその工場に移住し、ほぼ一晩中スラム地区を作り出し、産業革命の結果として爆発しました。

さらに悪いことに、パリコミューンを転覆させたセマンヌサンラントの影響で、 アナーキーと無法の雰囲気が広がり 、労働者階級とブルジョアとの緊張が大幅に悪化した。 この環境では、 Victor HugoのLes Miserablesのゲインが育ち、後に「 les Apaches 」と呼ばれる惨状になりました 。

BelleÉpoqueの間にパリの犯罪組織に " Apache "という名前がどのように適用されたかについては、いろいろな話があります。

1つは、 「2人の男性と女性の間の騒々しい出来事の怒りは、戦争中の凶暴なアパッチインディアンの凶悪状態に襲われました」と書いた、モンマルトル地区での新聞報道の報道から始まった。 別の例では、Faubourg du Templeで非常に残酷に拷問された男の発見に続いて、その事件には「BellevilleのApacheによって犯された犯罪」という見出しが与えられました 。 あるいは、 3つ目の可能性として、ベルヴィルの警察署で、「テロ」と呼ばれる若い騒動家の話を聞いた後、彼のギャングによって犯された長い落胆を暗唱した。怒られた質問者は「あなたはアピックスのように振る舞う! " 若いフードラムは「 Apache it!」という名前に満足していました。 その後「 パリ ・デ・ベルヴィル」として知られるようになりましたが 、まもなくパリの周りにアパチ族の部族が生まれました。

Img1181_medium


AD

起源とは無関係に、 「 Apache 」という言葉は無法者に迅速に受け入れられ、 警察、新聞、一般大衆に採用されました 。La VilleLumièreに感染した犯人と、 " Apaches Terrorize Paris "、 " Paris Gang of Murderers "、 " パリの中心部での血行の執行 " 。

典型的なApacheはポン引き、詐欺師、そして泥棒だった。彼らの主な獲物は " noctambules "だった。 当局には理解できない通りのスラングの言葉や潜在的な法律を守っている犠牲者の言葉を話し、 悪意のある メンバーに厳しい刑罰を要求する司法規定を持っていました。 彼らは彼らの好みのアンサンブルによって識別されました:殺す価値のある金色のボタンが付いている新鮮な磨かれた黄色のブーツのペア、 彼らの首の周りに色のついたスカーフがあり、彼らは忠誠を誓ったバンドを示しています。 ベナード(Bénard )として知られている、膝の上でぴったりとし、底に広がったズボンのペア。 それ故に「 アパッチシャツ」として知られるようになった彼らの服と同義だったストライプのセーラーシャツ。

アパッチ - プチジャーナル - illustre - rencontre - apaches - 警察 - 14-08-1904-1_medium

そして、 レ・アパチェスにとって、犯罪はあまりにも凶悪ではありませんでした。それは、高齢者の未亡人の強盗殺人 、キャンプマンの殺害、そして広い昼間の2人の警官への襲撃 、あるいは放火火災を消し去ろうとした消防士の攻撃でしたか彼らは点灯した 。

おそらく彼らの最も悪名高い事件では、 「バスティーユ広場は、これまでに夢見ていたものを上回る、彼らと警察との真の戦いの場でした」。 それはApachの 2つの対立するバンドが出会ったときに始まりました:

「ナイフやリボルバーとの戦いが繰り広げられ、その間に3つのアパッチが殺され、7人が負傷した。戦闘は近隣の通りやカフェに広がった」
"恐ろしい店主が徴収した8人の警察官は、彼らを分けようとしたが、いつも何が起こったのだろう。

パリ市内のバスティーユ広場(Place de la Bastille)は、警察が出血した血まみれの戦闘場であり、十数個の厳しいバーから、Apachへの援助が行われた」

間もなく、100人以上が戦闘で仲間に加わったと報告されました。

"8人の元警察官のうち、6人が最終的に聖アントワーヌ病院に運ばれ、その中のどこかに銃弾がついていた;そして戦闘は、義務を果たしていない警官、普通の服装の男性、探偵査察官、兵士と消防隊員が救助に来る。9人の傷ついたアピスたちが逃げ出したバンドによって地面に残った。

ニュージーランドのウェリントンのイブニングポスト 、 ル・プティ・ジャーナル・イラストレ の 国立警察官 報 より抜粋 。

レ・アプレは危険な相手だったが、疑いはない。彼らが戦闘に入ったとき、彼らはユニークで致命的な武器を幅広く取り揃えていたからだ。


"彼らはブラックジャック、リードキャン、剣杖、リボルバーで"アメリカのパンチ "と呼ばれるナックルダスターで戦うが、彼らの本当に好きな武器は、彼らが扱う"ザリン "と呼ばれる長く細い鋭いナイフである。ストロークをリッピングする。

" surin "の他に、ボドキンやスカーフなどの一般的なアイテムを暴力の道具に変えるための巧みさがあり、 "thorn puncher"と呼ばれる特別なデザインが魅力的で独創的にデザインされたスタッドリングを身に付けました 。


AD

Deady_flower_medium

彼らのもっとも悪名高い武器は、銃、ナイフ、または真鍮製のナックルとして働くことができる、 Apache Revolverと呼ばれる特有の銃、または彼らの魔法使いの 「デイジー」(花のように開いたので)でした。 武装勢力は 、 時には兵士も同席した。一人の兵士が「真鍮の袖と袖口」を身に着けて逮捕されたため、警察官は彼を没収しようとしただけで怪我を負わせた。

武装解除されていない時、 レ・アパチェスはわずかに危険が少なかった。彼らは救助隊とラ・ ルッテ・パリシエンから発展した自分たちで編成された路上戦闘システムを練習した。 サバット (元のスペルは「古い靴」を意味する)はスラムの古くからの戦闘スタイルであり、その起源はフランスの法律に基づいているとされていたが、拳銃はどんな襲撃でも致命的な武器とみなされていた。

法律を迂回するために、タフは、握手、バックハンズ、アイポークを拳の代わりにして、開いた手足を使って、靴の尖ったつま先や硬めのかかとを武器として使用して、たくさんのキック、ストンプ、そして引きずる。 有名な犯罪者で犯罪学者であるヴィドクク(Vidocq)によって、より広い世界に紹介されました。彼は1797年にブレスト刑務所でブレスト刑務所への移送を待っていました。

最終的に、パリの警察は、路上で手足を使って戦った人に即座に軍の長期入隊を宣告する新しい法律を要求し、取得することによって、 救出隊に踏み込むように試みました(現在知られています)。 再び法を迂回するために、 la lutte parisienneが開発されました。 それは、頭痛、スロー、チョーク・ガウジ、ねじれ、関節や手足の捻挫、耳や鼠径部の痛みやけがを誘発するために使用されたグラップリングの一種で、場所。

Tumblr_kw4e31imy01qaz1hso1_500_medium

また、レ・アプレッションのレパートリーには、多くの「 ダーティ・トリック 」が含まれていました。 多分これらの中で最もよく知られているのは、 " Coup dePéreFrançois "であり、その使用方法の1つは:


"後ろから強奪される人に近づき、頭の上にループ模様のスカーフを掛け、手で締めて片手で首を回して、他の拳を肩甲骨の間の背中に挟む。彼の貴重品の犠牲者を取り除く。

Apache-miss-dearly-copy-214x300_medium

レ・アパチェスも独自のスタイルのダンスを練習しました。暴力的な行為は、暴力的な「通り道」で再現され、重傷を負ったり、悪いことに、バーやテーブルに投げ込まれたり、時を過ぎた打撃で 理論的には、 パリのカポエイラに類似していました。これは、 アパッチの戦いの方法と技法を獲得してシミュレートできる手段でした。

マックス・ディアリーとモーリス・ムーベは、パリの地下街での騒ぎの夜のあと、ポンと売春婦の間の暖かい通りの出会いを再現した「 タン・アッ 」の一種である " le danse Apache " 1908年にマキシムとムーランルージュに招かれ 、 アパッチの流行が始まりました。

労働者階級とブルジョワ人は「都市の疫病」に対して寛容ではないことが証明されたが、3万人のApachの軍隊に対してわずか8,000人の警察官しかいなかったため、救済策はほとんどなかった。

結局のところ、ジョルジュ・クレメソー首相は、現代の警察と手での戦闘で訓練された兵士の亀裂部隊であるレ・ブリゲード・デュ・ティグレの形成を認めましたが、 アップスの抑圧を和らげることさえできませんでした。 すぐに、市民は野蛮人を守るために独自の「 フーリガン・ハンター 」パトロールを構成し、野生の人々は自衛のためのさまざまな芸術を取り入れた。

Histoi9_medium

Savateは、強く押されたパリジャンの中で最も人気があり一般的な自己防衛の形であることが判明しましたが、Vidocqの時代からサルで教えられている「古い靴」は根本的に変わっていました。

19世紀初頭のある時点で、 セイヴァンは、地中海のアビニョン、トゥーロン、マルセイユの都市で人気のある非常に似通った武術である、 シャオソン (スリッパ)やジュール・マルセイユ ( マルセイユのゲーム)フランス海軍の船員の間で行われた。 それも自分の足で戦っていました。おそらく、船の甲板のバランスを取るために手や手すりをつかむことができるようになっていましたが、より運動的で軽快なハイキックをより多く使用しました。

この新しい救済者の最も大きな指摘者は、自己防衛の方法よりもスポーツとして上位クラスに昇格させようとしたMichel Casseuxでした(頭を突き抜けて眼のガウジング)。 後で、彼の生徒チャールズ・レクールは、英語のボクシング選手との出会いの後、 セイヴァーのスポーツ、または「 ボク・フランセーズ 」として知られるものを創り出すためにボクシングの注目を集めました 。

また、 ラ・キャンネは自衛隊として、また後にはスポーツとして、 セーブ隊に組み込まれたのは、この初期の時代であった。 歩行棒はフランスの紳士によって武道として使用されていたが、ルイ8世の決闘の禁止に続き、剣を自分自身または彼の名誉を守るための優先手段として取り替えた。 フランスの農村地域の一般的な武器であるル・バトン ( le baton )のスタッフや教職員のカリキュラムに参加しました。

Charlemont_medium

世紀の半ばまでに、いくつかの野生の野生保護者は、スポーツセーバートから非武装の戦闘および自己防衛に目を向けるようになっていました。 とりわけ2人の救出 隊員 、Hubert Le BoucherとLouis Vigneronは、 投手の使用、眼のガウギング 、ローキック、鼠蹊部のストライキを含むセイバンの処方にラ・ ルッテ・パリシエンヌの技術の多くを融合させました 。 ル・ブーシェは、窒息と首が壊れる様々な方法に焦点を当てていたが、彼の行為は彼の肩に600ポンドの大砲を吊り上げる彼の行為は、強力なスローとスラムを強調したので、ビンネロン、 "ロンム​​ - キヤノン"

1871年にビンネロンが死に至った後(粉末による誤算のために大砲が爆発した)、彼の仕事は彼のプロテスタント、ジョセフ・シャレモントによって続けられた。 Charlemontは、既存の救出方法を体系化し、さらにフェンシングのフットワークとテクニックを導入して拡張しました。 これらの追加要素は、彼の1899年の本「L'Art de la BoxeFrançaiceet de la Canne」に含まれていました。そこでは、打撃とグラップリングが互いに関連して使用される4つの戦闘範囲を構築したシステムについて説明しました。

彼が概説したように、フェンシングで見られる姿勢を採用している野蛮人は 、彼と彼の対戦相手の距離を制御するために、 クローザー 、突風、 戦闘 、シフト、またはドロップステップを使用して、パンチまたはキックを開始し、敵の手の届かないところに。 さらに、優秀なストライカーに直面した場合、 野蛮人はいくつかのテイクダウン(シングル、ダブルレッググラブ、スロー、スローを含む)を使用して、相手を頭に、壁に、または身体を地面に押しつけることができます地面との戦いに続いてチャレモントが推奨したものではなかった)。

これらの追加によって、 セイブリットは「4肢のフェンシング」を得るでしょう。

19世紀末までに熱狂したパプア・レ・アプレッショフが誕生したとき 、チャールモント(Charlemont)や他の武装勢力であるマスター・アームズ(Master at Arms)は、自分自身とそのサービスを高い需要で見つけました。 パリのサルでは、さまざまな巨匠が、今ではそれらを買う余裕がある人たちに、多くの自衛方法で授業を提供していました。 これらのマスターの多くはCharlemont、Vigneron、Le Boucherの作品の影響を受けており、新しい戦闘技術を救い主に統合しようとしていました 。

そのような腕のひとつは、若い時にシャルルモント・モスクのもとで学んだ彼自身の折衷的なスタイルを開発し、最終的に旅の前にシャルルモントの自らのスタイルのラ・キャンケーンをブレンドした、Bartitsuの名声のピエール・ヴィニーであったロンドンに行き、エドワード・バートン・ライトで同情心を満たす。



他のマスター・アームズは、 ル・コウトー (ナイフ)、 ラージア (カットラスまたはボウイ)、 ル・ラサワ (ストレート・カミソリ)、 ル・ フーエホイップ)、およびリルボーバー 。 いくつかの人は、戦闘中の日常的な物や衣服であろうと、手元にあるものを使用する方法であったパナッシュを研究しました。

多くの攻撃的で守備的な技法が、 ラ・チャーズ (椅子)のような無害の物体から開発されました。それは、ピンチで優れたシールドとして、または群衆に対して鈍い道具として働く、 ル・マンタウ (コート)盲目的な攻撃で鞭打ちを受けたり、前腕を包み込んで青銅器や肩甲に傷つけないようにした。 教授の中には、敵の技法を直接学ぶために、 Apacheを雇うようになった人もいました 。

Histoi8_medium

最後の世紀に渡って、 救い主は非常に徹底的な戦闘システムになるために多くの分野と統合され、信じられないほど適応性が高く包括的なシステムであることが証明されました。 したがって、Edward Barton-Wrightがヨーロッパの人々に均等に適応し包括的なjujutsuを宣伝し始めたとき、少数の人はすぐに2つを合体させることによって潜在的な可能性を認識しました。

その結果は、最終的には、時代の最も発展したハイブリッド戦闘システム、 DéfenseDans la RueまたはStreets in Defreetsになります。

彼の祖国に実行可能な形の自己防衛としてジュジューを提示する最初のフランス人は、1899年に100クーデス・ジュジュ書を書いて出版したエミール・アンドレだったかもしれない。実際には、 100クーデットのほとんどが実際にはジュジュツアンドレは実際のジュジュツをほとんど知らなかったからです。 代わりに、Andréが実演した方法の大部分は、 savateとlutte libre (Catch-as-Catch- Canレスリング)から取られました 。

Andréはすぐにその後のjujutsuの研究を取り上げて、彼の既存の専門知識にフェンシングと救済に参加して、知識の赤字を直ちに是正します。 彼はまた、自衛隊の手引書を書き続け、1900年頃、 100クーデス・ジュウジツを100人のデフェンデル・ダンス・ラ・ラ・アヴェ・アルメスと続けた 。

長年に渡ってより多くが続くでしょう、そして1910年に彼はディフェンス・ダンス・ラ・ルー( L'Art DeDéfendeDans La Rue)の詳細な論文を完成させました。

Histoi22_medium

ディフェンス・ダンス・ラ・ルーのもう一人の擁護者は、1906年にフランスのジュジュツァ・アーネスト・レグニエに挑戦して挑戦した後、日本の芸術を取り上げた熟練した選手であるジョージ・デュボアです。 彼は最終的に、自分の思考に重きを置く 1つの特定の脅威を伴って、現実世界の自己防衛の多くの方法を詳述した「 コメント・デ・フェンデル 」または「守る方法」という本を出版した。


「人生では、危機は犯罪者やApacheだけではなく、ここ数年で命名されたことで喜んでいます。他の危険性もありますが、それらは数多くあります。 [Apaches]。

一方、1906年、デュボアとアンドレの現代的なジャン・ジョセフ・リノーはロンドンから戻ってきて、 「ミヤキ、谷野幸雄、平野の指導のもとで、ロンドンの日本学校で2つの夏を勉強していた。多くの場合、1日に2回」。 彼はすでに救済隊 、英国のボクシング、 ラ・カンヌ 、フェンシング、さらには「 Apache street fighting」でも高い評価を受けていましたが、Renaudは日本の武道がもたらした利益をすばやく把握しました。 1912年に彼は本の決定的な仕事に最も近い、 デフェンス・ダンス・ラ・ルー(DéfenseDans la Rue)の本を発表した。

1912-renaud1_medium

ジョセフ・シャレモントが大勢の影響を受けていたことに加えて、3人の男性が共通して持っていたのは、 セイヴァン 、フェンシング、 ジュジューの広範な背景でしたが、これらの個人的な戦闘スタイルはすべて役に立つだけでなく(ボクシングとレスリング)、しかし、彼らはお互いに関連して使用されたときにさらに有用であった。 Jean-Joseph Renaudが説明したように:


「さまざまな防衛スポーツを別々に訓練する必要がある場合は、それらを統合して、英語ボクシング、フランスボクシング、柔術、杖の動きからなる戦闘の段階を実行することがしばしば適切です。

彼はこれについて詳述し、 DéfenseDans la Rueの哲学は、他の分野より優れた学問ではないと説明した。

"英国のボクサーはキックで行動しないのですか?英国の方法は無駄です。反対に、フランスのボクサーは敗北を犯すのですか?このフランスのボクシング、どのような茶番です!柔術者は、ボクサー、柔術はだいたいですが、逆の場合は日本の方法だけですが、残りは冗談です!しかし、これらの3つの防御システムはいずれも優れており、完全に援助を受けなければなりませんすべての状況に対応することができるスポーツマン」

3人はまた、教えられ使用された技法が経験的証拠に基づいて述べられるべきであるという信念を共有した。 3人はテストの一形態として競争を強く信じていた。 セーベート 、イングランドのボクシング、ラ・カンヌ 、レスリング、またはジュジュツの試合のいずれかを通して。 または2つの異なる戦闘スタイルが互いに対になる混合競技を介して行われる。 また、3人はすべて、 アパッチ自身との街の交渉でその方法をテストし、その結果に基づいてレコーディングと調整を行いました。

Point_kick_medium

DéfenseDans la Rueの開業医にとって、非武装の戦闘は通常、パッシブまたはガード・ポジションから開始されます。そこでは、突風、フェイント、またはシフト・ムーブメント(優れたフットワークはプレミアムで開催されます)がクーデター・ド・ポイントパンチ)とクーデター・ディ・パイ (キック)。

蹴りはセイヴァートから取られ、高いキックがストリートエンゲージメントでは危険なものと見られたので、通常、相手の脛、足、膝、胃、または鼠径部に対して低いキックであった。 パンチはベアナックルボクシングから大きく借りたもので、近代スポーツで見つかった手袋をかけたストライキよりもストリートファイティングに適していると考えていました。

防衛は、パナソニック、カバレッジ、反撃で構成されていたが、


"柔術はクリンチで防衛の芸術であり、ボクシングはクリンチを避け、敵を足や拳で撃退する術です。"

戦いがクリンチや「 軍団 」(近くの四分の一)に入った直後に、「彼らは合格する柔術の男」であれば、

"...九辻の"スロー "の一つで地面に敵を激しく投げ入れれば十分でない場合は、彼に従って無数のロックのうちの一つを適用するキック、パンチ、またはヘッドブーツは相手を戦いから外していない怪我だけを作りますが、ロックは誰にでも仕上げられます。

また、 クーデター (頭突き) クーデター (肘打ち) クーデター (目の根 )とクーデター (膝打ち)のような「深刻なストライキ」を使用することもできます。

裁判所や近距離にいたときは、地面やクリンチの中にいて、そのような絞首刑やデブラ (腕)の様々なロックや捻転 、 des (足)、 des doigts (指)、またはde la tete et du cou (首)である。 いくつかの汚れたトリックもあり、対戦相手の鼠径部、耳または鼻を描く手段 (例えば、 海岸の凍りつき 、 圧迫、ねじれなど )を可能にしました。

遭遇全体から、打撃からクリンチ、さらには地面に移動するにつれて、戦闘のさまざまな段階の間をシームレスに移動する能力が強調されました:

1つの防御方法から他の防御方法へ、最小限の恥ずかしさを伴わずに通過しなければならない。 そのための戦闘の日を待たずに。 「そのような状況では、私は柔術と杖とボクシングを混ぜるだろう」と言ってはいけません。 深刻な事件では、反映する時間がなく、本能的な動きだけを有用に実行することを思い出してください。

もともと、Apachの「夜間攻撃」を避けるために設計されていたので、ナイフ、カミソリ、歩くスティック、リボルバー、コートや帽子などの一般的な通りの武器の指示が含まれていましたレジメンで。

しかし最終的にはデファンス・ダンス・ラ・ルー(DéfenseDans la Rue)やフランスの当局がレ・アパチェスを終わらせたのではなく、 ヴェルダンの丘やソンムとマルヌス川のほとりにあった最終的に消滅した。

Savateはまた、大災害時にはほとんどなくなりました。多くの開業医がGrande Guerreで失われたためです。 Comte Pierre Baruzyの努力のおかげで、それは感謝して救われました。 彼が保つことができたのは、主にボクシングのフランセーズ 、フランスのキックボクシングのスポーツであって、 セイヴ・デ・ラ・ルーの完全な戦いの芸術ではなかった。

それでも、その残党は、半世紀後に "自己防衛の貴族の芸術"の哲学と実践の多くを取り入れ、彼自身の規律を見つけるために武道家を刺激するのに十分だった。 これには、東と西からの学問分野との結びつき 、「これらの方法のベストポイント」だけを使って、戦闘を段階や「範囲」に分解し、 クーデターをリードサイドキックと改名し、彼自身のマニュアルでセイヴァートに関する1893年の記事からの様々なイラスト。

結局、Bruce LeeのJeet Kune Doは、救済の技術のいくつかを生かしていただけでなく、 彼はまた、BartitsuとDéfensedan la Rueの実践的な折衷主義の遺産を続けてきた。

Sdmoveiv_medium

~~~~~~~~~~~~

来週も続きます: 「MMAの忘れられた黄金時代 - パートIV:究極の闘い エポック。

MMAの起源と初期の発展に関する追加の歴史については、「 ジェームス・フィグとミックスド・マーシャル・アーツのスポーツの喪失の起源 」を参照してください。

____________________________________________


† - ケージサイドフィーチャーゲストコラムニストJohn S. Nashによる この最近改訂された記事 は、 今日Cagesideseats.com(2012年12月8日)に「クロスポスト」されました。 ケージサイド席のレスリングの過去を掘り下げることに加えて、ナッシュ氏 私たちの仲間であるSBNation Blog: BloodyElbow.comで 、この記事の原案が2011年8月22日に投稿された、忘れられた混合武道の歴史を定期的に記録しています。 ケージサイドシートは、あなたの喜びのためにこの専用ゲストコラムに記事のアーカイブ全体をクロスポストすることを誇りに思っています。 ナッシュ氏のより魅力的な記事を読むには、 このリンクをブックマークして新しいコンテンツを頻繁にチェックすることを忘れないでください。

____________________________________________




ADTL SOURCES /謝辞:
• パートIIIのソースは、記事内にリストされているかリンクされています。 しかし、多くのサイトや研究者が、ここで使用されているイメージを含めて、材料にとって非常に貴重であることが判明しました。
• 感謝と謝辞:グラハム・ノーブル、トニー・ウルフ(と彼の バーティツ・コンパンド )、 バーティツ・ソサエティ 、 バーティツ・フォーラム 、 防衛ダンス・ラ・ルー 、ホームページ、エレクトロニック、 リニアック防衛学校 。 また、Thomas Nash氏とSBNationメンバーである「Cowboy」に感謝しています。彼らの多くのご意見、アドバイス、提案をいただきました。



このStorystream

MMAの忘れられた黄金時代:4つのパートシリーズ
MMAの忘れられた黄金時代 - 第4部:ベルエポックの究極の戦い
MMAの忘れられた黄金時代 - 第3部:シャーロック・ホームズ、レ・アパチェス&紳士的自己防衛アート
MMAの忘れられた黄金時代 - パートII:柔道の台頭と新時代の夜明け
すべての4話を見る

ケージサイド席 からさらに
Rumor Roundup(2017年7月17日):Reigns vs. Joe、Kurt Angleの秘密、Vince McMahonの存在、さらに!
WWE生の結果、ライブブログ(2017年7月17日):ローマの支配とサモア・ジョー
New Japan G1 Climax 7月17日(月)のライブ結果:Ibushi vs. Naito、Sabre vs. Tanahashi、その他
#FTRの動きで側面を選ぶ
ケージサイドは話す! 「マリネ・ナイト・オン・ナンバー版」
Shine 44のライブ結果:Nova Championship Tournament終了、Kay / LuFisto、その他


MMAの忘れられた黄金時代 - 第4部:ベルエポックの究極の戦い

ケージサイドの特集ゲストコラムニスト、ジョン・S・ナッシュは私たちに4部を紹介し、ベルエポック時代に存在していた忘れられた黄金時代の混合武術のガスライトを輝かしい魅力的なシリーズに仕上げました。

John S. Nash 2012年12月22日午後1:00 EST



つぶやく




シェア




ピン




Rec










これは最近改訂された記事で、当初は仲間のSBNation Blog、 Bloody Elbow.comでクロス投稿されました ケージド特集ゲストコラムニストJohn S. Nash - 2011年10月31日 [†]

これは、BelleÉpoqueの間に存在していた混合武道の忘れられた黄金時代のガスライトを輝かしい4部構成のシリーズの最後の章です。

このシリーズの前回の記事では、「 第1部:レスリングの黄金時代とアメリカのキャッチ・ア・キャッチ・カンのロスト・アート 」と「 パートII:柔道の台頭と新しい時代の夜明け 」を参照してください。 「 第3部:シャーロック・ホームズ、レ・アパチェスと紳士的自衛の芸術 」。

________________________________

著者の注: 現代の資料からの引用のいくつかには、様々な民族集団に関する言葉が含まれていますが、その中には軽蔑的および/または攻撃的なものがあります。 私も、このサイトでも、その使用法で表現された視点を許してはいないが、そのような感情が存在していないと偽っていない。 その理由から、彼らは残っています。うまくいけば、彼らはあなたの読書経験を損なうことはありません。

________________________________

バック・ストラングル・ホールド・メディア


「アルティメットファイティングチャンピオンシップが創設されたやり方は、テレビの連中が集まり、「戦闘スタイルが最高の年老いた質問に答えよう」と言った。 ボクサーはレスラーを打つだろうか?カンフーの男は空手の男を打つだろうか?

- ダナ・ホワイト

______________

「事実は、私たちがこれを始めたとき、それが存在しなかったことです。私たちはそれを始めました...彼らはそれが何であるかを知らなかった...」

- Bob Meyrowitz

1993年の秋は戦闘スポーツの歴史の中心的なシーズンとなりました。 その年の9月に、Funaki MasakatsuのPancraseは、覚えている初めてのプロレス競技大会が現実のために争われた就任式イベントを開催しました。




それはちょうどその時、ピケの古代ギリシャのスポーツ、何でも行くコンテストでボクシングとレスリングを組み合わせたスポーツにちなんで命名されたプロモーションは、今これらの試合をホストしていた。 スラム、キック、パンチ、膝、エルボー(ただし、手が開いている人を除いて頭にストライクはない)、そしてすべての「寝台握り」、レッグロック、および「仕事をした」プロレスリングのその他の提出フックが最終的に「本物」のために使用される。

数週間後、11月12日には、初期のUltimate Fighting Championshipという重要なイベントが開催されました。

「相撲」、「セクレタリーチャンピオン」、「キックボクサー」、「空手」スペシャリスト、「ジュージャー・ウィズ」、「クルーザー級プロボクサー」、「シューティング・ファイター」、「テコンドー・エキスパート」のコンテストを「究極のファイター"。


「人々はスタイルとスタイルのコンセプトに興味を持っていた。人々はそれをずっと議論してきた。レスラーがボクサーや柔術の男と戦ったらどうなるだろう?

- Dave Meltzer

このイベントは、1500年前にパンクレーションが絶滅して以来、世界中で見られなかったようなスポーツである、総合格闘技と呼ばれるものを、世間の想像力を引き出し、生み出すことで成功を収めています。

もちろん、ギリシャ人やローマ人と一緒に死ぬことはなかったが、ボクサー、レスラー、savateur、judoka、その他の分野間の戦いはすでに終わっていて、究極の戦いに関するすべての質問に答えていた。 これはベルエポックと呼ばれる時代に発生しました。

無題-2_メディア


ボクサーとレスラーの間で誰が勝つのかという「年上の質問」は、20世紀まではめったに尋ねられなかったものです。

その前に、ロンドン賞の戦いの時に、このような議論は無意味なものと見なされていただろうという2つの分野が絡み合っていた。多くのボクサーがレスラーであり、多くのレスラーがボクサーであった。

レスリングに熟練しているということは、実際にはボクサーにとって不可欠とみなされていました。多くの勝利は、ストライキの力や精度よりも相手を激しく揺らして相手に投げたことによって得られました。 証拠のためには、1つは、 "クロスボックス"のような "ボクシング"テクニックに専念している8つのイラストを含むCelebrated Pugilist(匿名)の1825トレーニングマニュアル " ボクシングのアートとプラクティス " 「投げる」、「ロックする」などがあります。

Cd1888wskimballmuldoon_large

レスラーとボクサー(より厳密には、レッスンをしたボクサーやボクサーの間のレスラー)が混在していたが、その後の規律と規律のマッチアップとはまったく異なっていた。 代わりに、彼らはしばしば、レスラーが2つ以上のスタイル(キャッチオールキャッチ缶、首輪と肘、グレコローマン、コーンウォール、カンバーランド、ウェストモーランド、さらには相撲)で競争する時間の混合レスリング試合に似ていた。 3回戦、または5回戦のベスト戦でも交代する。


AD

1つのそのような混合ボクシングとレスリングの試合は1888年6月25日にボルティモア市のウィリアム・マルドゥンとオーストラリアの教授ウィリアム・ミラーとの間で調整されました。残念なことに、ボクシングの最初の試合だけが完了しました(ミラー教授は12月、警察が違法賞品を停止する前に、「固体男」マルドゥーンの周りに4オンスの手袋を着用した)。

897670507_5dcb218bb6_medium

一年後にグロスター、メイン州で、彼の生徒、この期間の最高の記憶ボクサー対レスラーコンテストで、 "すべてのチャンピオンのチャンピオン"、裸ナックルボクサージョンサリバン、Muldoonは、直面した。

マルドゥーンはJake Kilrainとの今後の試合で「Boston Strong Boy」を訓練していたが、彼の方法は感情的であるが、この時までにJohnはMuldoonを軽蔑するようになった。

試合自体は2アウトオブ3の落ちで、サリ​​バンは最初の秋に好調を見せた。 最終的に、 The New York Sunが報告したように 、 「レスリング・グラディエーター・ウィリアム・マルドゥーンは、プジストの剣闘士ジョン・L・サリバンを投げた」

第2ラウンドに勝利した後、マルドゥーンは3番手に進み、秋になると「彼はサリーを拾って彼をカーペットに叩きつけた。秋は地球を震わせるほど重く感じた」 彼の敗北の後、サリバンは彼の拳を上げ、彼の拷問殺人犯であるMuldoonを脅したが、この時までに2000人の観衆の群衆がリングを急いでいた。

1888年にフィラデルフィアのウィリアム・ミラー教授に直面しただけでなく、将来の世界ヘビー級チャンピオンのロバート「フリーク・ドゥー・ワンダー」フィッツィモンズに直面したキャッチ・ア・キャッチマスターのジョー・アクトン(Joe Acton) 1891年にサンフランシスコでも開催されました。

アンサンブルズ ・タイムズは、後者の結果を「1人の秋に警官が守る」と報告したが、「小さな悪魔」は2つの他の試合で彼にとってあまりにも多くのことを証明している。

その後、ボブ・フィッツシモンズは、自身が、レスリング、ボクシング、交互に行われる混戦、さらには報復的なボクサー対戦を含む一連の試合で、グレコローマン選手権のアーネスト・ロバー選手に選ばれたウィリアム・マルドゥーンの相続人に出会うことになる「フィッツはパンチを2回奪った。そして、ロバーは彼をつかんで結び目をつけ、ショーは終わった」 。

フィッツシモンズは、1901年のマディソン・スクエア・ガーデンでのレスリング・マッチで、仲間のボクサー・グース・ルーリンと出会うことになった。 2人は 、フィッツシモンズが勝利を証明したグローブドボクシング試合で前年に会い 、第6ラウンドでルーリンを無意識に打ち負かした。 しかし、暫定的な年には、再びニューヨークで賞金の戦いが禁止され、2人がマットゲームをフルタイムで利用するようになった。


AD

彼らの間のコンテストは 、 「ボクシングの戦術を自由に採用したので、特にボクシング選手が関与したときに、「レスリングの試合」の定義がどれほど緩やかであるかを示した。そして、彼らは彼らの握りこぶしを閉じなかったことを除いて、あらゆる方法でボクシングの試合に似ています。 ルーリンは、直前の敗北に復讐し、ストレートで勝利した。

クイーンズベリーのルールのマルケスの上昇で、ボクシングは純粋に印象的なスポーツに戦って重い格闘ロンドン賞から変わった。 この相違は、2つの分野の間にはっきりした対比を生み出し、「どちらがレスラーとボクサーの間の戦いにおいてより良いチャンスを持つだろうか?

この質問に答えることとチケットを売ることを期待して、すぐにプロモーターは2つの異なる種類の試合のいずれかでボクサーに対してレスリング選手をピッチングしていた。 最初は、閉鎖拳が投げられない限り、ボクシング戦術が許可される「オールイン」のプロレス競技でした。 元ボクサー "デンバー"エドマーティンは彼の戦略が構成されている "ロシアの巨人"ジャックレオン、 "彼が急いでしようとしたときに手にロシアを顔で叩いて"とのそのような試合に参加した。

第二の種類は、レスラーが彼のスポーツのルールに従って自分自身を実行している間、ボクサーはクイーンズベリーの侯爵のルールに従って、真のボクサー対レスラーの試合だった。

Martin-de-22_medium

この種の一致は米国に限られていませんでした。

イギリスでは混同された賞品が法律で禁止されていましたが(展示会の試合は許可されましたが)、残りの帝国では禁止されず、オーストラリア連邦で特に人気がありました。

このような試合の例は 、ボクサー、W. Meeske、レスラー、Warringtonが互いに対戦した1911年、メルボルンで開催された。


"それが存在する人が自衛のより良い方法だったいくつかのアイデアを形成するかもしれないので、ヒットすることができ、保持していないボクサーは、試合の最悪のすべてを得た。レスリング選手は、何度も抱き締めて何度も彼を投げた。

これらの種類のミックスマッチの多くはオーストラリアで開催されました。 ある時点で、 "チャンピオンレスラー、ウェイトリフター、および物理的なカルチャー"として書かれたクラレンス・ウェーバーは、世界ジャック・ジョンソンのヘビー級ボクシングチャンピオンにも挑戦して、「オールイン」戦いに挑んだ 。

欧州でもプロの試合に出場していたジョンソンは、明らかにこの挑戦を受け入れた 。 それにもかかわらず、何らかの理由で(おそらくウェーバー氏が彼の感覚になった)、それは実現しませんでした。

ウェーバー・ジョンソンの決闘が中止されたとしても、1918年のミドルウェイト・インターアライド・チャンピオンのポール・プレン(Paul Prehn)氏は次のように説明しています。


レスラーとボクサーの混戦の結果については、後半に多くの議論がありました。 著者は、この種の多くの試練を軍の内外に行って、他の多くの人に見られて聞いたことがあり、ボクサーの勝利を覚えています。

無題-3_medium


AD

偉大な "ボクシング対競争論争の議論は"レスリングの好意ではなく、すぐに終わった間、もう少し熱情的な議論は、すぐにボクシングの支持者と外国の新興企業、jujutsuの間で最前線に来た。 エドワード・バートン・ライトは、「自己防衛の新しい芸術」を宣伝するのを手伝うために、ロンドンに谷幸雄、荒井禎一を含むいくつかの日本のチャンピオンをロンドンに輸入した直後に始まった。 2人は、彼らがヨーロッパに紹介したエキゾチックなジュジュツと一緒に、公衆の間でセンセーションとなり、彼らの音楽ホールの出現は活発な議論を呼び起こした。

1906年には、「Health and Strength」誌に一連の記事と手紙が掲載されました(この2年を扱う一対の教科書マニュアルの年に雑誌の公開を公表するよう調整された可能性があります)。 "男らしい英国の芸術"を使用してボクサーは規制されたコンテストでjujutsukaと彼の "有用なトリックのアーセナル"を打つことができます。 WHホールから "Health and Strength"の編集者までの手紙は、Jujutsuに関するボクシングサポーターの考えのサンプルを提供しています:


これまでにボクシングvのjujitsuコンテストの結果について表明された疑いがありました。 柔術は自己防衛の手段としてボクシングよりも効果的であるという誤った考えの下、かなりの数の人々が働いているようです。 しかし、この考え方はまったく根拠がありません。なぜなら、柔道が勝利を収めた例は決して記録されていないからです。

まさに今年の谷由紀夫は、マルク・ゴーシェとサーカスボストーでボクサー対ジュジュツの試合に出場するためにパリを訪れました。「一番有名なパリの一人英語ボクシングのマスターズ。 彼らの試合のルールはゴーシェ自身によって書かれており、以下の通りであった。


1.試合は2分の10ラウンドで戦われなければならず、その間に1分のブレークがある。

2.谷由紀夫がこの10ラウンドで私をあきらめないと、私は勝者になるはずです。

3.指のねじれと他の目や性器の引っ張りは禁止されています。 打撃はガードルの上にのみ着陸することが許され、柔術の通常のグリップのみが許可される。

4.私のために、8オンスの重さの手袋。 が決定される。

1906年2月11日、ウィーン・アルゲマイネ・スポーツゼットゥン

谷子優子は、試合は第10ラウンドはもちろん、第3ラウンドを決して見ないだろうと見ていた。 第2ラウンドでは、ゴーシャーが頭の側に右に彼を打った後、彼は彼の相手を押収し、彼はすぐに試合を終了するために絞首刑を適用地に彼をもたらした。

シャルルモント・ヴィ・ドリスコール


AD

このような混在した大会は、レスリング( ラ・ルーテ・パリシエンヌとラ・ルッテ ・ リブレの両方)、 ラ・ボレ・アンレーズ 、そして1850年代にかけて行われた セーブの間でのコンテストで、パリの人々にとって新しいものではなかった。

これらの試合の復活は、ボクシングの試合対ボクシングの試合から始まるフィンデールで始まります - ボクシングのフランセーズに対するイギリスのボクシング。

1899年10月28日、ジョセフ・ピエール・シャルルモントの息子であり、偉大な野蛮人のひとりであったチャールズ・シャレモント (ビクター・キャステレス人でイギリスのボクサーを倒した人)昨年、QueensburyのMarquisによって個人的に判断された試合で )、王立海軍の元チャンピオンと反対の英国スタイルのジェリー・Driscollの代表に直面した。

試合そのものは、ほんとうに残っていました 。 ほぼすぐに、DriscollはCharlemontが彼に噛まれたと主張した。 英国の証人から、タイムキーパーがフランス人を何度も救ったという報告がありました。

レフェリーは数多くのストップ・アンド・スタートをしていたが、彼らはある時点で試合を続けることを拒否したが、進めるように説得された。 最後に、第8ラウンドのシャルルモントからの蹴りを受けて、ドリスコルが地面に落ちて、腹部または鼠径部のいずれかを握っているという結論が出ました。 出席した英国人は、勝利したストライキが股間にあり、したがって「ファウル」であると主張した。

フランスの観客たちは、勝利はフエットメジアンによるものであると報じた。 フランスの報道陣はラ・セイセイとフランスのスタイルの勝利を主張していたようだが、英国の報道機関は結果を無視したので、 決着を決めるためにはこのようなラ・セイヴ・ボクシングコンテストが必要になるだろう。



ボクシングやセービングの議論は未定であったが、フランスの公衆(または少なくとも定期的な「 講演会 」)はすでに動き出していたため、「 柔術オヴ・ボク・フランセーズ 」の問題に注目した。 議論を解決するために、1905年にラセベットとフェンシングのマスタージョージデュボアとジュジュツカアーネストレグナーとの間でコンテストが開催され、 Decatur Daily Heraldによると、


彼の喜びで、フェンマンが蹴ってパンチすると、ジャップは彼のレパートリーですべての骨折りのホールドを使用することが許されている。ユーモアのクラウニングビットは、 '審判がそれが残酷になるならばコンテスト。

この論文では、Ernest Regnierが日本人であると誤解しています。 実際には、RegnierはフランスのGreco-Romanレスラーで、パリの身体文化学者とBartitsu Club Edmond Desbonnetの元学生がjujutsuに紹介された後、三宅太郎とYukioの指導のもとにOxford Street Dojoでアートを取り上げたTani。

011a_medium

コンテストは1905年10月26日、工場のテラスにある屋外で「氷の風の中で」リングで開催されました。 それは招待だけで著名な群衆を描いたプライベートな出来事でした。

スポーツのパリ全体が存在しました。 ボクシングの有名人、自動車の王たち、有名なフェンサーがアリーナの周りに押し付けられ、スポーツ報道のほとんどのメンバーがイベントを記録するためにそこにいました。

2人の戦闘員がイブニング・ジャケットで正式に服を着ていたのに対し、現在の帽子を着た人はほとんどが帽子をかぶっていた。

1905年11月4日のL'Illustrationの L. Sauverocheによると、この試合は簡単なことでした:


デュボアはレニー・ドッジが右の低いキックを試みる。 デュボアは同じ足でサイドキックを試みるが、同時に、臨時のタイミングでレニーは蹴った猫のように飛躍し、腰の周りのデュボアをつかむ。 デュボアはヒップトスをしようとする:レニーのブロックと彼の相手の右への動きは、彼の右手をデュボアの腹部に置き、同時に彼の左手を腰に押し、右の腿に膝を送る。 デュボアは転倒して肩の刃に倒れ、Re-Neiは彼を追い払い、右手の手首をつかむ。 Re-Nieはその後、左に奥に向かってDuboisを回し、左脚を喉に通します。 これは、彼は相手の腕の関節に対して激しく引っ張る。 肘を脱臼することができる握りは、デュボアが一秒間立てようとした後、慈悲を求めて苦しみを引き起こす。

戦いは約26秒で終了しました。


AD

011b_medium

試合後、アメリカのアトランタ憲法から遠く離れた新聞、ニュージーランドのフィールディングスターが結果を報告した。 Regnierの守護隊Desbonnetは、彼の勝利の時に、 「直ちに、パリジャン貴族のすべてが九十九の授業に参加した」と書いた。

おそらく最も広範な結果は、デュボア自身が後にレニエの学生になったことであり、 護衛 、フェンシング、レスリングの知識を持つジュジュツを組み込んで 、 防衛隊の開発を支援し、最終的には自衛の手引書を執筆した、 コメントseDéfendre 。

Index_php_medium

1908年12月31日にパリで開催された偉大なアメリカのボクサー、サム・マクビーが、松岡敬三と出会ったとき、非常に異なる結果を出した類似の試合がパリで開催されました。

将来の「カラーヘビー級チャンピオン」 McVeyは、「パリのL'Idol 」という神秘を得ていたので、彼と相手の間のイベントを取り巻く多くの関心と大邸宅がありました。じゅうじゅ "。

実際には、松田は日本人ではなく、 Payton という英国人で 、技能が限られていても(もしあれば)、jujutsuであり、McVeyには競争を提供しませんでした 。


"McVeyは試合の開始時にリングを横切って充電し、彼の左に松田を心配し、柔術マスターを平らにした顎に右アッパーカットを裂いた。

戦いの時間はすべて8秒でした。

これらの混合大会の関心はすぐにラインの間に広がりました.Gaucherに対するTaniの勝利のわずか数日後、ベルリンのZirkus Schumannで別のjujutsu-versus-boxing試合が行われました。

ジューチュツを代表するのは、ニューヨークとロンドンでのスティントを受けて来た東方勝子だが、ロバート・フィッツシモンズの古い手はボクシングチャンピオンになるだろう。 結果は出席者には失望していた。


サーカス・シューマンは昨日大きな一日を過ごしました。 日本の戦闘スポーツの代表である東は、最終的にアメリカのボクサーであるR.フィッツシモンズとの対決を決めました。 家はあふれていましたが、日本人とアメリカ人の戦いが短かったので、群衆はお金の価値をあまり得ていませんでした。 4分後、フィッツシモンズは疲労のために自分自身を言い訳しなければならなかったので、敗北と宣言された。

- "Jiu Jitsuの勝利"、Berliner Tageblatt、1906年2月9日

このフィニッシュは、フィッツシモンズがかなり激しい寒さに苦しんでいたことを理由にして、最高のパフォーマンスを出すことができなかったでしょう。 それとも、聴衆が感知できなかった絞殺手法を使って東に信じていた。 いずれにせよ、戦いの驚くほどの不足に対する一般の不満は、同様の静脈の将来の一致が起こることを妨げるものではなかった。

まさに翌年、ベルリンでは、ボクサーのポール・マスケ(別名「ジョー・エドワーズ」)と自己スタイルのジュジュツカ・エドモンド・バリーの間で、別の混合大会が開催されました。 Maschkeはその年後半に再戦を設定し、ボクシングのための勝利を得るだろう。 ドイツの有名なjujutsuと柔道の先駆者であるEric Rahnは、この戦いのためにVaryを追い出し、後でその経験を語った:


会議はサーカスブッシュで行われた。 私はVaryが最後の瞬間として機能するように最後の瞬間に尋ねられ、彼の能力について全く知らなかったが、私は喜んで奉仕していたと説明した。 戦いは、いわゆる "柔術のマスター"のために悲惨だった。 その結果、力と才能のない彼は前進し、鼻にまっすぐなパンチで倒れた。 彼は地面にいる間に彼の相手を旅行しようとしたが、ボクサーは単にこれらの試みを逃れた。 彼は勝利の見通しがなく、彼が敗北したと宣言しました。

- 「50年の柔術と柔道、エリック・ラーンと見えない武器」エリック・ラーン、1950年

このような混血はその後数年間、ドイツとウィーンで違法ではあるが継続した。 エリック・ラーンは、大戦争の直後にいくつかのボクサーにチャレンジされ、従事するだろう。

Jujutsuまたは柔道対抗コンテストはヨーロッパに限られていませんでした。 彼らは太平洋諸国の間で著しく人気を博し、アメリカ戦闘のための日本の俗語「メリカン」として知られていました。 「メリカン」コンテストは、早ければ1890年代に実際に行われたかもしれませんが、最も古いアカウントはフィリピンの1909年のマニラカーニバルからのものです。


試合は、3つのうち2つの落下またはノックダウンされることでした。 ジャップは、アメリカ人が手袋を着用していた間、ある種の柔術衣を着用していた。 ジャップはヒットすることが許されなかったが、すべての柔術の保持は許可された。 アメリカ人は苦労したり握ったりすることは許されませんでしたが、すべてのきれいな打撃は許されました。

ゴングは鳴った。 あなたは「Sap」と言うことができます。ジャップは右腕の筆記者をつかんで、十五フィート先のニュートラルコーナーで私たちの耳の上で捻って私たちを投げました。 Japのための1つの秋。 我々は樹脂を耳からうまく取り除いた後、我々はちょうど私たちの上に小さな茶色の兄弟を再び見つけるために起こった。 しかし今度は、内側と上の甘い右手で彼を叩きました。 小さな雄牛は98ポンドの重さでしたが、私たちはその時に124人を移しました。 だから、私たちは、[東京]の新婦が、アラブのように自分のテントを折り畳み、静かに盗んだことを信じていません。 彼はキャンバスへの3回目の旅行を打ち切り、彼はヒットすることを期待していなかったと説明し、手袋は体重の差のハンディキャップとしてのみ使用されていたという印象を受けました。

- Harvey "Heinie" Miller、 "今はあなたに教えて!" リング、1922年12月

"メリカン"の戦いは、フィリピンで開催されるだけでなく、環太平洋地域全体に広がるだろう。 オーストラリアでは、 ボクシング対jujutsuの議論が新たに浮上し、両者はすぐにお互いに挑戦する( 人種差別主義を理由にして主張を支持する)。

1912年にメルボルンで「志摩」福島と「ジャック」ハワードの間で最も興味深いものがあったかもしれません。出版物によると、


ハワードは8オンスの手袋を着用し、志摩は握手で殴られず、そこには守護神がいないという条件がありました。蹴ってはならない」

この試合は、ボクサーのハワードが3人目のコンテストの第1戦で福島をノックアウトし、日本の相手が「 ハサミのグリップ 」で足をつかんで、それぞれに降伏させた次の2つのコンテストの


AD

サム・マクベイも、オーストラリアの「オールイン」混戦の流行を他のどのものよりも導いたと思われる疑いのある「柔術チャンピオン」のスティーブンソン教授との試合で、個人。 マッチはスティーブンソンのノックアウトで勝利する前にラウンドの2つをタップしてボクサーと、マクビーの最後よりもはるかに競争力が証明されます。

ハワイでは、初の記録マッチは1916年12月30日にホノルルで行われ、プロレス選手と審判の三宅太郎がボクサーのベン・デ・メロを破りました。 その後数年間、ジュジュツ対ボクシングコンテスト(他の混乱した訓練の戦いと共に)が島で開催されるでしょう。

その中でも最も注目されたのは、1922年の春、英国のボクサー・カール「カヨ」モリスを巻き込んで、スピードの高橋教授とヘンリー・セイシロ・オカザキ教授に対するものでした。 モリスは高橋との試合を1分28秒でノックアウトし、3回目の再試合では高橋がモリスをキャンバスに強打し、ヘッドホールドを適用した。

それからちょっと後に、Kayoはルールで岡崎教授に会いに行きました:


モリスはノースリーブのジャケットと6オンスのボクシンググローブを着用しました。 6分、3分のラウンドがあります。 岡崎がマットに落ちれば、モリスは中立的な角に行く必要があります。 Morrisが落ちれば、岡崎は彼を地面で働かせることができた。 岡崎は両手を使って絞首刑を適用し、顔にチョッピングし、つま先(ツマサキゲリ)で蹴り、指で目を撫で、握手でパンチすることを禁じられていた

- 柔術とレースとボクシング:Charles Goodin(2005年)によるハワイでの3ヶ月間の混合戦闘

試合中、モリスは開幕前に岡崎の鼻を破るだろう。


岡崎は相手をマットに投げつけ、腕のロックでモリスの右腕の筋肉をひきつけ、スポンジを投げつけた。 一見、モリスの腕が壊れているかのように見えましたが、聴衆にいたDr. SR Brownの検査の結果、筋肉がひどくひどくひどかったことが判明しました。

- 1922年5月19日、ヒロ・デイリー・トリビューン、「ジュリエス・エキスパートに対してモリスはチャンスがない」

また、「メリカン」の試合は、香港の西洋人と日本人の間でも報告された。 1923年の春、劇場のロイヤルでは、オーストラリアのボクサー、ニック・ボイルは、6分の2分ラウンド、またはフィニッシュのいずれかになるコンテストで、jujutsu開業医富川に対してピットインされました。 トミカワはマニラのジェームス・ペッツに直面し、ジャパン・タイムズ紙は「仲間は大だが、ジュツツの男にとっては仲がいい」と報道した。

Naitovsmith1913_sm_medium

これらの「メリカン」の戦いは、日本のジュジュツの母国のように、より一般的ではなく、無数に上演されたこともありませんでした。 日本時間の1913年の記事は、夜間に12回の試合を開催し、毎晩ヤラクザでフルハウスを描く展覧会を報告しました。

マッチのために与えられたより興味深い結果の中で、


"7回ボクシングチャンピオンのCallyは、日本人の少年に無敵に敗れただけで、彼の柔道選手川島に勢いと熱意をもって臨んだ。"

もう一つの試合では、「内藤とスミスの間の緊密な戦いが別の魅力だった」と説明した。スミスもドイツのボクサーは不幸にも日本のバナーに匹敵するものではないことを示した。


AD

ジャパンタイムズは1924年5月10日と11日に東京で「柔道のコンテスト」と日本の専門家との間のボクシングが行われることを発表したアメリカ人 "に参加し、各参加者は最大で12人いる。

一年後、ヨコハマ市の関係者は、ボクシング対ジュジュツの試合のディスプレイを組織して、アレクサンダーシンクレア副大統領と英国のアジア艦隊の旗艦であるHMSホーキンスを歓迎した。



VS.



ボクシングとジュジュとの間の競争、そしてボクシングとレスリングの間の競争は、ジュジュとレスリングの2つの異なるグラップリングの間に生じた不和によってすぐに覆われた。

エドワード・バートン・ライトがロンドンに到着してからの最初の数年間、ジュジュツは成功を収めていた。 音楽ホールのステージからは、民族的なレスリングの民族スタイルに対するデモが行われました。 必然的に、観客は、これらの小さい外国人が巨大なレスリングの英雄を倒すことができる明らかな容易さに驚いた。

図2_メディア

1933年の自伝「 ラ・ビー・ドゥ・アン・チャンピオン」 (アベル・ヴォッチュの共著者)のArmand Cherpillodが述べたように、Sadakazu "Raku" UyenishiとロシアのレスラーとKlemskyという強盗の遭遇は、彼の首を主張した彼が無意識に窒息するほど強すぎた。


日本人はロシアに飛び乗って、首の両側に手首を横切ってジャケットの襟をはさみ、頸動脈に有名な圧力をかけて窒息させた、そして無意識さえ。 ホールドは、単に観客に微笑んだロシア人には何の影響も与えなかったようだ。

この抵抗に驚いて、日本のレスラーの目は悪意をもって目をつぶった。 彼は、彼の握りを維持しながら、ロシアを抜けて地面を転がって、首にかかる圧力を強めるために、彼の2フィートをKlemskyの胃の穴に植えた。 これはグリップをしっかりと締めつけて、クレムキーの口から血液の網が逃げ出し、顔を振った。 Yanichi [Uyenishi]が彼の握りを解放し、ロシアの明らかに生命のない身体の彼の横に落ちるようになったのはその時だけだった。

国民はクレムスキーが死亡したと信じていた。 彼らは彼らの怒りと谷内への不満を語った。 勝利したこの後者は、国民の敵対的な惨めさに鈍感であったようだ。 彼は彼の下の足を横切ることによって、職場のテーラーのやり方で、彼の同胞の横の傍らに座って行った。

観客が彼らの叫び声を倍増させている間、私たちの2人の日本人は、活気のある会話に入り、一緒に笑って、人生の兆候を与えなかった犠牲者を熟考しました。 突然、彼らのうちの1人は、春に動かされたかのように上昇し、Klemskyに近づいた。 彼はロシアの身体に身を委ね、心臓部に何らかの振動やマッサージを与え、徐々に被害者を復活させた。


AD

そして、今息苦しさを感じていた聴衆に大きな驚きをかけて、Klemskyは目を開いてどこにいるのか聞いた。 これは魔法のように思え、以前よりも、柔術は最も謎の戦いのようだった。

誰かがKlemskyにイベントの印象を聞いたとき、彼は意識を失っている間に鐘の音を聞いていたと言いました。

すぐに無敵のオーラが見事に優雅なウネイシシと彼の仲間を覆いましたが、ほとんどの試合は国内グラップラーがほとんど理解できなかった柔道コンテストであり、成功の可能性はさらに低いと言わざるをえません。

オッズを均等にするために、両方の競技者がジャケットを着用していたにもかかわらず、修正されたCatch-as-Catch-Canルールが使用されることがありました。 これらのよりバランスのとれたルールの下でさえ、UyenishiとTaniは通常勝利を証明した。

Tani-vs

この成功は、ルールが彼らの好意で大きく傾いていたマッチだけでなく、英語自身のCatch-as-Catch-canルールに基づいて競合する場合にも限定されませんでした。 前のチャンピオンのジョー・アクトンからの数ヶ月の指導の後、谷由紀夫は、1904年にチボリで尊敬されたレスリング選手ジェム・メラーから「世界の軽量選手権」(またはそれの少なくとも1つのバージョン)を獲得することさえした。

スポーツ生活は、試合後コメント、


「小さなジャップは、彼自身の試合で英国人を打ち負かすことが何の不思議なのかを示した.Taniに与えられた落ち込みは多くの人に疑問を呈したが、決断は2つに落ちた」

従って、勝利後の勝利が5フィートの9ストーン戦闘機のために積み重ねられたように、ロンドンの一部の市民は、ほとんど奇妙な特性を有するものとしてジュジュツを見るようになりました。

Pcpodubny3_medium


AD

この見解は、アーネスト・レグニールがまだジョージ・ドゥバイスを勝ち抜いて勝利したことで、彼の傲慢さが彼のより良いものになり 、ロシアのIvan Paddubnyに挑戦したときにわずかに減少した。

100ポンドを上回り、彼の時代の最も偉大なグレコローマ人のレスラーの1人に直面して、Regnier は徹底的に大げさにされ 、その後、公的な目から消え去った。

しかし、到着した他の日本人の「レスラー」が TaniとRakuと同じ成功を収めているように、jujutsuはロンドンでしばらくの間その威信を保っていました。

最終的には、ジューチュツは米国の海岸に向かうだろうが、何らかの理由で、一部の地域で行われている「何かが起こっている」というスタイル、人口の大部分に広がるジャケットの広範な親しみ、 (またはその他の「罰」が成立している)という事実が、一般的に行われている米国警察官報規則の下で許可されていたという事実によって、米国は日本の輸入にとってはあまりあまり理にかなったものではないことが判明した。

このトーンは、米国でプロのグラップラーとジュジュツカとの間で最も初期の対立ではないにしても、直ちにそうなったものの1つによって設定されました。 試合は1904年9月5日にベーリングハムワシントンで行われた。

この試合では、おそらく歴史の中で最高のCatch-as-Catch-Canレスリング選手であるフランク・ゴッチが、32秒でK.青木を3回投げた。

jujutsuのより多くの試合そしてより多くの敗北はすぐに続いた。 1905年2月27日のソルトレイクシティで、エディ・ロビンソンは「各人が自分のスタイルのレスリングを使用することが許されていた」 という試合で、カドゥラ・ムラヤマを簡単に2回倒した。

図7_メディア

数週間後、ボルチモアでは、フェザー級レスリングチャンピオンのアンソニー・コロンブス・ワレノファー(Anthony "Wallanofer")が、ハコ、「柔術専門家」とフィニッシュマッチ(ピンまたはサブミッションのみ)で出会う予定でした。


コプラウスはクラブでライバルを殴ることを除いて、何かをする権利があるのに対し、ジャップは彼の最も恐ろしい、そして最も不思議なものをすべて使用することが許されます。

試合は3アウトオブ3であったが、ハコがコンテストを支配する規則についての苦情を表明した後、2対1の背後に止まった時点で終了した。

それからまもなく、セントルイスでは、ジョージバプティストは「ホッとした柔術と争われていない」と謳われていたが、ジョージバプティストは「 アメリカの体系が柔術よりも優れていることを証明した 」合計時間5分以内で、2度目のストレートでArata Suzukiを打ち負かした。

この時代の最も有名な試合であり 、最初にこのような出会いとして誤って列挙されていたのは、George Bothnerと「Catch-as-Catch-canスタイルで優勝した軽量レスラー」と、ニューヨークのセントラル・グランド・パレスで1905年4月6日に「アメリカの東洋の科学」と題された。

多くの予期された試合は、イベントに至るまで大いに報道され、 「小さな男が両手の骨を壊すのを見る」と期待されていましたが、他の人はBothnerが日本人の自慢を否定することを楽しみにしていました。 試合に入って、東は一夜に最大5人の警察官を投げ 、他の防衛体制より優位を宣言して展示することで 、自分自身の名前をつけた。 特に格闘しているサポーターには、


「私は数多くの西洋レスラーと出会ったが、彼らはジュジツの芸術に反する女の子ほど無力で、ジュジツの芸術に精通した人は他に何も期待できないほど怒っている」

両者の間のコンテストは、合意されたルールとそれを規定している最高の5つの組み合わせのジュジュッと/レスリングの試合でした:


「芸術家は、自分の芸術に属する芸術のいずれかを自分の守備に使うことができます。また、コンテスト中に行なわれた行為や出来事によって引き起こされたいかなる怪我や負傷に対しても責任を負わず、マッチ中に受ける可能性がある影響または負傷」

各人は「着物のようなショートジャケットからなるレスリング・コスチューム」を着用することになっていた。 ピンの長さや飛行の落下をどのようにカウントするかについては混乱があったようですが、 試合終了後、合意されたルールが守られているかどうかについては大きな不一致があります。

ニューヨーク・タイムズ紙は 、


Bothnerは、14:33(分と秒)のクイックタイムと1:31:18の秒で最初の秋を得ました。 最高の3人の条件は5人から落ちるが、3人の試合が呼び出される前の真夜中からずっと長い。 Bothnerはこれと12分で試合に勝った。

東と彼の支持者たちは 、 「合意したルールを遵守しなかったことに関して不公平に扱われた」と 激しく訴え たが 、これは正しいかもしれない。 以前の報告によると、柔道では一般的な「飛行機の墜落」がカウントされていましたが、試合から提出された口座は勝利のために10秒後、5秒後のピンが必要だったようです。

いずれにしても、多くの人は、早くも酒蔵の優位性を誇示していただけでなく、多くの致命的な罠を残していたので、東の苦情をぶどう酒で眺めていました。 "結果は失望しました。有名な柔術では珍しい」

勝利はBothnersのキャリアのハイライトであると証明されるだろう。彼は1914年に別れた試合で三田雄郎の柔道家に直面して敗北したときに再現しようとするだろう。彼はボブ・フィッツシモンズとの出会いのためにドイツに向かう前に、パリのジュジュツの試合でユキオ・タニに直面して失った。

Ono_20raicevich_medium

ジュジュツのアメリカでの成功の欠如は、より才能のある柔道師がアメリカの土地に到着し、プロのマットゲームで彼らの手を試し始めたときに変わり始めるだろう。

そうするための初期の熟女の熟達者の1人は、第4代の小野秋太郎でした。 1905年5月に米国に到着した直後に、ノースカロライナ州アシュビルに着いた(アナポリス海軍アカデミーのジュジュツインストラクターとして働く)彼はすぐに6'5 '305ポンドを打ち負かし、トム "フリスビーは絞首刑で"ジャケットマッチ "をしています。

彼の勝利で、5インチ7インチ、206ポンドの小野は、アシュビルの人々に即興感覚となり、彼とジュジュツを無敵と見なした。残念なことに、この新しい人気はチャールズ・オルソンの好きな人を誘って挑戦した彼は試合に出る。

彼が開催した評判に気づかずに地元の人からの賭け金を払うことができる "お金のマッチ"を設定して、国を旅した時代の初演者の一人である "Olson" その後、 シアトル・デイリー・タイムズ紙は彼にこう述べた:


オルセンは罰ゲームの過去のマスターです。 彼は真に敵対しているすべての敵を恐れている。 すべてのスポーツのこの最も拷問の骨折、神経破壊、心臓術のトリックはすべて彼の命令にあります。 オルセンはずっと自身の光の中にレスラーとして立っていた。 彼は「茂み」のエイリアスの下で闘い、幸運を逃した。

彼は、フランク・ゴッチのような権威の下で、「 アメリカのキャンバスで最も危険な男性のひとり 」と名付けられました 。 それはメリットがないわけではない主張だった。彼のキャリアの2度、 彼はそのような「お金の試合」中に相手を殺した 。

オルソン教授と小野教授のコンテストは、各試合者が柔道を身につけなければならないことを「何かが行く」というルールで、「血の試合」と呼ぶことになるだろう。

オソンの顔が片側に血まみれのパルプに殴られ、目が腫れて閉鎖され、試合を認められた( ニューヨークタイムズ紙は、小野氏が自分のジャケットで10分間絞殺された後にしか寄付しないと報じているが)。

小野氏の敗北は外交的な行為を生み出し、日本の領事館は結果に抗議し、オルソン氏の行動も犠牲にした。 レスリングは、アメリカではまだジュジューを打ち破った。

Mitsuyomaeda_judo1_1-205x300_medium

試合から回復した小野は、前田松代として知られていた日本の仲間であり、仲間の審査員でもある井田前田が訪問した。 前田正道を派遣するという使命を果たした前田恒二郎と里高須代と共に、前田は米国に来た。 前田さんのアシスタントを務めていた前田は、このような機会に、展覧会を行い、いくつかの「 レスリング・マッチ 」に参加しました。 前田は最近富田と別れ、小野さんの訪問後、プロレスの世界に入ることを約束しました。

前田は、1905年12月18日、ジョージア州アトランタのグランドシアターで、 「重量級のアメリカの最も賢いレスラー」と命名されたサムマーバーガーとの最初の確認されたプロレス戦に出場する。

マデルカが「ジャパンスタイル」(ジャケット付き)とマッチの両方を獲得したのに対し、Marburgerは単一のCatch-as-Catch-Canが落ちることができ、コンテストの結果はベスト3でした。

アトランタジャーナル紙 によると、 「前田先生が蒸気を浴びている時には、グリースを塗った雷を「rans」と分類するべきです。 彼の敵でもあるマールブルガーは、会議の後に彼のために賞賛しただけだった。


"もしあなたがJapをすぐに他の人と混ぜることを聞くなら、私に知らせてください。私はこの無敵の現象にすべてのお金を入れたいです!

勝利、そしてより重要なことに、勝者の財布で、前田はキャリアとして賞金獲得を取りました。 彼は現在回復しているオノと共に、ヨーロッパに旅をして、「何でも」の試合だけでなく、まっすぐなCatch-as-Catch-Canレスリングでも成功を収めました。

ロンドンでは、1908年初頭に、彼はヘンリー・イズリンガーと強く争われた2つの試合を分割し、権威ある「アルハンブラ・ワールド・レスリング・トーナメント」のヘビー級部門で2位を獲得しました。

今年の終わりまでに、両国は中南米に進出し、今後数年間、地域を旅して戦うことになるだろう。 キューバのハバナでも、前田はボクシングとレスリングのチャンピオン、ジャック・ジョンソンとフランク・ゴッチのチャンピオンとの混合スタイルの試合を手配しようとしましたが、何もそれにはなりませんでした。 また、ハバナでは、2人の他の日本の柔術師、前田の仲間である佐竹眞二郎と伊藤徳五郎という別の師匠が参加した。 一緒に、彼らは「キューバの四王」として知られるようになりました。

今後数年間、キューバ、メキシコ、エルサルバドル、カナール・ゾーン、ブラジル、ペルーなど、数多くのジュジュッとレスリング、そして「何でも行く」コンテストに参加します。

Ono_satake_ito_and_maeda_medium

「四王」のなかでも、おそらく、熟女とレスリングの戦いには積極的な役割を果たした人はいなかったでしょう。 伝記は、27歳の伊藤は、1907年に東京インペリアル大学で柔道の先生としての地位を奪われ、地元の日本人の呼びかけでワシントン州シアトルに旅行することを伝えました。中国のギャングスター)。

真実が何であれ、伊藤はアメリカで最も古い柔道道場であるシアトル道場で講師の地位を占め、5番に昇格した後すぐにプロの戦いで手を差し伸べるだろう。

1909年9月2日、シアトルのグランドオペラハウスで、サンフランシスコのプロレス選手、エディ・ロビンソンとの初の大会に参加しました。

コンテストのルールは、両方の男性がキャンバスジャケットを着用し、噛んだり、噛んだり、蹴ったり、閉じた拳で打つことを禁じられていました。 それ以外は許された。 1人の男が他の人に無条件に降伏した後でのみ、試合は終わるだろう。

この試合には、1905年に村山康朗を片手にして戦っていて、1909年の6月にロサンゼルスでショシャー・ヨヤマを倒して、すでに戦っていたジュジュツカに挑戦して成功したアメリカのエディ・ロビンソンがいたようだ伊藤はレスラーに匹敵する経験はなかった。 それは問題ではない。

シアトル・ポスト・インテリジェンサーは、出会いを文書化しました:


ロビンソンは伊藤を顔に3回まっすぐに突き刺した。最初の試合が2分前に伊藤の鼻から血が流れていた。

伊藤は白人の人の周りに脚をロックし、彼を「はさみ」するようになった。 次に、彼は止血帯としてRobinsonの首の布を使用して絞首刑を執行され、絞殺の過程で徐々にアメリカ人を提出させた。 時間は10分55秒だった。

2回目の試合は3分続きました。また、日本人はタニケットに縛られ、ロビンソンの顔は赤と黒になりました。 彼は彼のコーナーに助けられました。彼らが徹底的に戦ったにもかかわらず、日本人はロビンソンを支援する最初の人でした。 それは本当のスポーツマンシップです。

伊藤さんの勝利は、サンフランシスコのジョージ・ブラウン(George Braun)がカリフォルニアで最高のジュジュー男を殴ったと主張していました。しかし、彼の唯一の記録は、九十九人の男 - Shosha Yokoyama - ブラウンの場合)。

ブラウンは1909年11月12日のカスタムメイドのジャケット(この試合では袖は肘にしか通らなかった)を着て試合に出ました。生きている日本人。

伊藤はブラウンの衣服に激怒し、怒っている衣服の代わりに戦闘が遅れた。 マッチがついに始まったとき、 シアトルタイムズはアクションを記録するためにそこにいた:


最初の試合のために形作られた男たちが、簡単な姿勢で立って立ったとき、フリスコのチャンピオンは、彼の手で愚かな動きをし、顔を傷つけるのを見ました。 最後に、ブラウンは伊東のジャケットを待ち受けていた。 日本人はホールドを簡単に破って、ブラウンを襟でつかんで、彼は彼の足元から足を蹴り飛ばし、彼をマットに強く叩きつけた。 瞬く間に伊藤が首を絞めて背中をつかんで、彼はブラウンの周りに足を包んで、彼とキャンバスを転がし、静かにブラウンの風が止まるのを待っていた。

最初の秋には伊藤を2分20秒で獲得した。 第二は、伊藤がわずか43秒でブラウンを窒息させたため、競争力がさらに低下しました。

Itopinov61909jpg_medium

伊藤の次の試合は、1908年ノースウエストAAUミドル級レスリングチャンピオン、ノルウェーターナーのレスリングコーチであるジュリアス・ジョンソンに対して、1910年3月16日でした。 この試合はジャケットで再び行われるが、ジョンソンの体重の優位性(160ポンドから143ポンド)は均等ではないと考えられていた。 それは、イトーが「エリジメ」と「ハダカジ」と表現されていたものを使って、2度のストレートで再び勝利したためではありませんでした。

事後情報提供者はまた、これらの種類の試合について以下の意見を述べた。


10周のボクシングや10日間のレスリングよりも、柔術の1分に多くの興奮が詰まっています。 手から手、体から体の戦闘様式、大まかな揺らぎの規則、そして人種的な感情の小さな尺度は、観客の血をかき立てる。 昨夜、2人の戦闘員の激しい仕事によって白人と茶色の男が立ち去った。オペラハウスはパンデモニウムであり、レスラーはキャンバスマットで苦労していた。

次の伊藤は1911年5月18日のジョー・アクトンでしたが、ジョー・アクトンについては混乱がありました。 Mark Hewittによると、 "Young" Joe Actonは実際にはJoeの弟Mattだった。 他の証拠は、ボクサーのボブ・フィッツシモンズとミラー教授を数十年前に雇い、1904年に谷由紀夫と戻っていた「小さな悪魔」であることを示している。

それが二人で有名な高齢者だったなら、彼はこの時59歳だったでしょう。 しかし、彼が直面したジョー・アクトン(Joe Acton)がどんな結果を出したとしても、結果はもっと同じでした。 1911年5月21日にシアトル・ポスト・インテリジェンサに書いたHenry Furukawaによると、


伊藤は相手を「ヒジャグマ」に投げつけ、前にアクトンをジャケットの襟でつかんで3分後に息を止め、最初の試合を終わらせた。 アクトンは実際には眩暈していて、ちょっと無意識に見えました。

2回目の試合は2分で終わった。伊藤は短期間で恐ろしい腕をつかんでいた。そしてアクトンが吹っ飛んだ。シアトルの伊藤教授のすべての試合で、彼は相手を何もないように見えるように決めた。ダブ。

伊藤の次のコンテストはシアトルの外で初めてのものでした。 1911年6月9日の夕方、彼はポートランドのファーマーワトソンと2対3で落ち着きました。 最初の秋は5分33秒後に終了し、伊藤は「腕章の縄張り」を取得し、Watsonはほとんど無意識のうちに1分間無意味になった。 2人目はワトソンが別の絞首刑を逃れることができなかった3分を要した。

この試合の後、伊藤は道場やシアトルに滞在し、ラテンアメリカの広範囲にわたるツアーに出発し、彼は他の「四人の王たち」と多くの時間を過ごしました。 今後4年間、ラテンアメリカ全土を旅し、伊藤によれば「パナマのチャンピオン」との対戦、ペルーの最高ヘビー級選手との試合、一分。 数年のうちにさまよった後、彼はブラジルをツアー中に他の「キングス」と別れる方法を米国に持ち帰ることにしました。

ポスト13-1097020228_medium

彼が帰国したとき、伊藤はサンフランシスコでレジデンスを立ち上げ、素早く賞金を探しました。 彼の最初の試合は、サンフランシスコで1916年2月5日、世界のライトヘビー級チャンピオンシップのための高度に熟練したキャッチ・ア・キャッチング・レスラーと主張者である590ポンドのAd Santelと対戦する。

サンテルは、前年の11月に自己啓発の第8回宗教野口に直面し、敗北した九州について、完全な初心者ではなかった。 試合開始直後に経験を積んだサンテルは、伊藤を掴んで拾い上げ、最初に頭を下ろした。 インパクトはイトーに脳震盪をもたらし、サルテルとイトーの最初の敗北に勝利した。

敗戦は日本のコミュニティで多くを捕らえ、コドカンはこのことについてコメントする必要があると感じた。この試合に関して、鼓童は伊藤さんが何年も日本を離れていたこと、柔道能力の不足の原因となった可能性がある。 さらに、彼の第5度の柔道ランクは、彼の知識が柔道技法の究極のものであるということを意味していなかった。 実際、5度は1度から10度の中間点であった。

そのため、伊藤氏の損失は、柔道技能の有効性に悪影響を及ぼすものではなく、伊藤氏の貧弱な姿勢を反映していると結論づけた。

Itoinjudo1916pp84and85small_medium

1916年6月10日に伊藤は直ちに再戦を計画した。このコンテストの結果は、 ロサンゼルス・タイムズのハワード・アンガス(Howard Angus)

伊藤はサムテルズの袋のようにリングの周りにサンテルを投げた...広告が空気のためにうんざりすると、日本人はヒョウのように彼を振り回し、絞首刑を適用した。 サンテルは、いくつかの騒ぎをして、顔を黒くして床を打ち、彼が十分だったことを示します。

彼の唯一の敗北は、伊藤は、強力なウィルヘルム・ベルン、ギレスラーのGus Kerveras、才能のあるCatch-as-Catch-canのプロデューサーであるTed Thyeの仲間を敗北させ、 1921年後半、あるいは1922年初頭に戦闘ゲームから退いて帰国しました。

彼のために、Ad Santelはjujutsuに対する彼の個人的なオデッセイを始めただけだった。 1917年10月20日、シアトルに戻り、太田雅子と会い、再びスラムを打ち負かし、三宅に落ちた後、30分ほどめまいの呪文を体験させた。 2週間後、坂井大介鼓道館のシアトル道場のインストラクターを相手にして敗北した。

5410_medium

この成功の糸で、サンテルはヘンリー・ウェーバーとマティ・マツダをはじめとするレスラーの一団を結成し、1921年初めに日本を訪れ、その間にコドカン自身に挑戦しました。

そのために、プロスポーツに目をつぶった鼓道館は、その審判員にそのような試合に参加しないよう命じたが、その著名なメンバーのいくつかは勅令を無視することにした。

3月の2日連続で、「薬指対柔道」のカードが薬師如来相撲会場で開催された。 最初の夜、サンテルは永田玲二郎の5than danを抜き出した。次の晩、4th dan Hikoo Shojiとの試合は、3回の20分間の戦いで敗れた。 数日後、サンテルは名古屋市にあって、最後の日本での試合で清水仁志に対面して敗れた。

帰国後、Santelはコダカンのトップjudokaに直面して殴られ、世界の柔術(柔道)選手権を獲得したと主張して、日本での功績を拡大するだろう。 彼は20代と30代の間の " 柔術の試合 "で他のプロレス選手とのこの想像上のタイトルを守るために行った。

SantelとItoの出会いは、20世紀後半のアメリカで起こっていた「何でも」の試合を代表するものでした。 彼らはjujutuka対wrestlerコンテストから進化し、独自の成文化されたルールセットを開発しました。参加者はjujutsu、Greco-Roman、Catch-as-Catch-canの全範囲を使用することができます痛みやけがを引き起こしたもの; 彼らはジャケットの有無にかかわらず戦うことができた。 彼らは提出または無能によって決定されましたが、ピン落ちによる勝利も時には許されました。 いくつかのケースでは、オープンハンドで蹴ったり、蹴ったりすることが許された。



オーストラリアでは、これらの試合は、ますます普及している混戦競技から直接出てきた「 オールイン 」として知られており、競技者はレスリング、ボクシング、ジュジュツのすべての戦術と技法を使用することができました。 それは新しい戦闘スポーツが形を取っていたように思えますが、実際には全く新しいものではありませんでした。

クラレンス・ウェーバーがジャック・ジョンソンの「オールイン」と戦って白人レースの覇権を証明しようとしたとき、実際には「ギリシャ・パンクレティウムのルールの下で戦う」ことが観察されていたpancratiumは、実際には、ギリシア人がpankrationと呼んでいたローマ字の名前でした)。 レスリングとボクシングの混合物:


腎臓パンチ、絞首刑拘束、ダブルネルソン、その他の違法行為が異なるコードでは除外されていることはよく知られているかもしれないが、その中には噛むこと、目を覚ますこと、特定の重要な場所への攻撃を除いて何も禁止されている。行動に移される」

1500年の休眠の後、古代のスポーツと「すべての力」の武道は、プロレス・レスリング・サーキットで新たな命を奪っていました。



実際、膵臓を実際に復活させる初期の試みがあった。 1883年、サンフランシスコのオリンピック・アスレチック・クラブでは、ローマ・セスタス(鉄の手袋の代わりに残酷な形の剣闘士ボクシング、鉄の手袋の代わりにウールを使用)、裸足のプジョニスト、メカニックズ・パビリオンの「 ローマン・リバイバル 」の一環として、オープンハンドストライクが許可された対戦試合で戦うことができます。 出席者には大成功を収めましたが、大規模な財政難であり、 将来の出来事は放棄されました 。

1898年、 Health and Strength Magazineの R. Logan-Browneは、 " Neo-Pancratium "という名前のスポーツを開発する英国人グループの努力について書きました。


"古代Pancratiumは、適切に適応された、私たちに物理的な文化と運動コンテストの優れた方法を提供するかもしれないと、粗暴と刺客に対する自衛の安全かつ多彩な方法であるという追加の利点...

「現代のPancratiumを再構築するにあたっては、レスリングで合法的に打撃が行われている間、彼らは貿易のボクサーであり、握りと投げはリングで禁止されているが、安全に練習されているどこでもレスラーによって。

「この2つのスポーツを組み合わせることで、Pancratiastの芸術を最も荒れ果てたものに近づけることができ、それによって過度の苦しみを犠牲にすることなく利益を享受することができます。

直立姿勢では、ネオパンクラチウムは、そのモデルとしてボクシングを使用するが、 "ネオパンクラチウムが現代のボクシングと大きく異なるところでは、純粋にボクシングの芸術を愛する人たちはすぐに勤勉なレフリーと分裂する。比較すると、新Pancratiastは単にボクシングからレスリングに挑戦し、彼のコンテストを続けています。

地面にはランカシャーのレスリングが最も適していると決められました。「キャッチホールドの学校は、古代ギリシャの習慣と同じように、手足の関節に痛みを伴う握りを奪われて敵を倒すという選択肢を提供します"

この新しいスポーツを開発する際に著者が指摘した問題の1つは、「現代の手袋は、打撃の力を緩和するために非常に重要なので、レスリング時には絶対的なハンディキャップになる...解決策は、パワフルでグリップ性に優れたスペースで、ナックルを横切るようにしっかりと埋め尽くされています。この革新により、ネオ・パンクロージャーは、特定のコンテストの緊急性の要求に応じて、ボクシングとレスリングの間で首尾よく移動することができます。

「委員会は現在、スポーツ用品の有力な提供者と話し合っており、未知の未来においてこれらの新しい手袋を一般に提供することを望んでいる」

10年後、それはまだ問題であった。ロンドンの日本学校のグリンジャーと "LaDéfenseDans La Rue"の著者であるJean Joseph-Renaudeは、両方とも発明者に手袋のデザインを助けるよう求めていた混合ボクシングとジュジュッとのマッチで使用されます。

Inkersley_3_medium

ネオ・パンクレティウムのものは何もなかったが、「all-in」は、レスリングの確立されたスタイルに向かう途上にあるようだった。 実際には、1930年代のプロレスを支配していたルール、つまり TootのMondtと「Slam Bang Western Style Wrestling」をビジネスに導入したというルールを見れば、彼らは前の時代の「オールイン」の試合。 唯一の違いは、今では「仕事」のレスリングが標準になったため、彼らはもはや本物のために競合していないということです。

この「究極の戦闘の黄金時代」の終わりは、1914年6月28日にサラエボで発砲された最初のショットで始まりました。今後4年間、ヨーロッパは「戦争」に巻き込まれます。 死傷者の中では数年前に人気があった混戦が歴史の勢力によって突然吹き飛ばされてしまいました。

戦争はまた、合衆国での複合大会の終わりを綴るだろう。 多くの理由から、プロのレスリング、混在競争の原動力は、しばしば成功したが、まだ正当なスポーツから純粋なボーイズビルに移行するだろう。 レスリングとボクシングのチャンピオン 、エド "ザ・ストラングラー"ルイスとジャック・デンプシーの間の 100万ドル規模のコンテストは、おそらくこの運命からそれを救済できたかもしれないが、最終的に試合は実現しなかったし、正当なコンテストは問題になった過去の。

アジアでのみ、少なくとも数年は戦闘が続けられました。 1925年7月、広告サンテルはハワイの島々を訪れ、ツタオの「ゴムマン」樋上の別のジュジュツカと会い、ドローをしました。 その年の12月、岡崎誠四郎は、兄弟を犠牲にした元犠牲者の弟であると主張したジョン・モリスを「キッド」と呼ぶボクサーに会った。 試合は3ラウンドの出来事だったし、遠くに行くと、岡崎はアリーナを去り、続行したくなかった。

暴動を避けるために、覇権はモリスとの戦いを続け、2ラウンド後に武器で勝利した。 その後、 The Hilo-Herald Tribuneは、ミックスマッチの終わりを要求しました。


この論文は、日本の柔術専門家と白人のボクサーの間のこの種の混同は、このコミュニティにとっては良いことではないとの意見である。 それは良い目的を果たすものではなく、無用な人種差別を引き起こすだけです。

九九はアングロサクソンが同じボクシングを考えている間、日本人は無敗と思っており、どちらの方法も各クラスの国家の誇りに実際に根ざしているものです。 いずれかが他の人の手で敗北すると、カーストと国の時代的な誇りは覚醒し、良いスポーツマンシップは苦しんでいる...

このようなことはハワイでもなくなり、日本ではもう少し長く続きました。 しかし、最終的には、彼らは人種的な線に沿って誘拐された(1925年7月24日のジャパンタイムズによると、外国人ボクサーを恥ずかしくした後、2人の柔道選手が刺された)または "くんと"実際のボクシング - より大きな人口; これらのコンテストは開催されず、「黄金時代」の終わりを告げた。

幸いなことに、私たちのために、誤って引用されたジョージ・サンタヤナ(George Santayana)の嫌悪感は、「過去を覚えていない人は、それを繰り返すことになる」と言います。



エピローグ

2m5l0mr_jp_medium


ランプはヨーロッパ全土を行き来しています。 私たちは私たちの時間に再び点灯することはありません。

- エドワードグレイ卿

武道の分野では、 BelleÉpoqueは驚異的な業績を上げ、以前は想像もつかなかった業績を見せていた素晴らしい時代でした。 レスリングは、参加者が地元のフォークスタイルで競い合った地域活動から、世界の格闘技のすべての要素が「アメリカンスタイルキャッチ・ア・キャッチ・キャン」として知られるようになりました。

Jujutsuは絶滅寸前から救助され、Kano Jigoroの革命的なKodakan柔道のおかげで、世界中に急速に広がっていくでしょう。 ロンドンとパリでは、東洋と西洋の分野が統合され、Bartitsuと防衛ダンス・ラ・ルーの新しいハイブリッド戦闘スタイルが生まれました。

世界中のさまざまな分野を代表する戦闘員は、戦闘員のスキルと彼らの「芸術」のメリットをテストしながら、混戦とホールド禁止の「オールイン」試合でお互いに対抗するだろう。 真に武道の黄金時代、明るく燃えたものでした。

それは持続しないだろう。

ヨーロッパは最初に暗くなりました。 1914年6月28日から1918年11月11日まで、大戦は「すべての戦争を終わらせるための戦争」によって広大なチャネルハウスに変貌しました。 若い世代の世代は、大戦争である地獄で殺されたり、損なわれたり、傷ついたりしました。 フランスでは4000万人の国家が亡くなり、そのうち3倍の兵士が紛争で負傷した。 すなわち、以前に有能な男性の人口の半数は現在死んでいるか、または麻痺していますが、多くの人は「貝殻」の衰弱の影響を受けています。

英国は、戦場でほぼ90万人が死亡したため、はるかに良くはなかった。 ドイツでは、200万人以上の青少年が駆除されました。 ロシア、オーストリア - ハンガリー帝国、トルコ、ルーマニア、そしてヨーロッパの他の国々からは何百万人も、支配と植民地はもちろん、墓標に名前が追加されました。

スペインのインフルエンザのパンデミックが全世界に広がり、戦争によって引き起こされた条件の助けを借りて、5000万〜1億人が死亡したときに失われました。

武道はこの紛争から逃れることはできないだろう。結局、「敵対的」に大きな関心を寄せていたヨーロッパ人の世代は、広く実践されている人気スポーツになり、日本人のジュジュツレ・アパチェスやフーリガンの夜間攻撃を防衛するための様々な「自衛の芸術」を開発することはほぼ完全に抹消された。

トレンチの恐怖から生き残った人々の間でさえ、我々はそのような経験が彼らに及ぼした心理的影響、そして社会を過小評価することはできません。 マシンガン、ポイズンガス、砲兵、飛行機に直面したとき、レスリング、ジュジュツ、ボクシング、またはセーブするのはどれほど良かったですか?

ほぼ一晩、黄金時代はヨーロッパで暗くなり、池の向こうの波紋のように、波及効果は海を越えて広がりました。

米国は戦争に遅れて参入したため、その理由でヨーロッパの人よりもはるかに苦しんでいたが、それも苦しみ、多くの犠牲者の中にはプロレスがあった。 いつもヒポドロムに陥りやすく、マッチするようになったにもかかわらず、ボクシングや自転車レースのようなスポーツの正当性は、それでもなお多かれ少なかった。 しかし戦争の間、それは単なる「汚染された」スポーツから振り付けられた劇場への完全な変容を経験した。

マシュー・リンデマンが「大戦前の西洋世界のレスリング」をテーマに理論化した理由の1つは、変化が近代化によってもたらされたことである。 自動車、飛行機、映画、無線などの技術的進歩のおかげで、世界ははるかに速く、それを占有する人々はそのペースに合わせてエンターテイメントを望んでいました。 そのため、忙しい5時間の試合を「仕事」の試合に置き換え、スピードとアクションのファンが現在求めていたことを保証することになりました。

この「戦争」が完全に「取り組む」方向に向かうもう一つの理由は、戦争によってアメリカのスターとプロモーターが機会を得て、業界の継続的な支配とヘッドライナーとしての地位を確固たるものにすることができたということでした。 そのような機会は、ヨーロッパのレスラーの喪失とアメリカ人男性400万人の動員によって生まれました。

紛争の間に、才能があるが確立されていないレスラーの数がはるかに少ないことは、すでに働いている人の立場に挑戦することができるということを意味する。 慎重なマッチメイキングを行い、結果を整理することで、これらの「星」はトップに留まり、レスリングが「働いていた」限り、そこにとどまることになりました。正当な自然が死んで、それとともに、北アメリカの黄金時代。

日本と他のアジア諸国は、戦争で最も長い間拘束されていましたが、そこにも後遺症を免れることはできませんでした。 以前は世界が小さくなっていたが、アイデアのオープンな交換だけでなく、西洋にjujutsuの普及だけでなく、プロレス、ボクシング、混合競争 "メリケン"太平洋諸国との戦いの導入の導入で、 突然戦争を起こした時、前に存在しなかった国々の間には大きな隔たりと湾が存在しました。

世界経済は1925年に戦前レベルに達した(そして、大恐慌が世界に降りる前のわずか4年間)紛争中に貿易と旅行(大量の軍隊を除く)が激減した。 突然、外国のアイデアや輸入品は、彼らが滲出した魅力を失ってしまった。 さらに、これらの障壁は、世界が共産主義、民主主義、帝国主義、そしてその後の暗い日のファシズムの両面を選ぶようになり、さらに大きな虐殺が起こったときに終わるにとどまり、さらに悪化しました。

最終的には、東と西の間の戦いの分野と技術の大きな交換がなくなり、前の世代だけ明るく燃えていた炎が消滅しました。 このように、黄金時代は歴史から去り、その成果は無視され、その業績は明らかに世界全体が忘れ去られてしまいます。

1つの例外を除いて。

偉大な権力が戦争になってから4ヵ月も経たなかった1914年11月、前田松代はブラジルに到着しました。 これまでの10年間、柔道選手だけでなく、キャッチ・ア・キャッチ・カンと「何でも行く」大会に参加していた柔道選手は、世界を旅していました。 彼の経験から、彼は西洋のレスリングテクニックと、技能のレパートリーにボクサーに直面する方法を追加するようになりました。

翌年、彼は南米の共和国を通り、仲間の日本人芸術家の一員と一緒に展示し、伝統的な「AT Show」の挑戦を「すべての出会いに顔を向けて」提供するだろう。 最終的に、彼と彼の同胞は、1915年のクリスマスイブで、バルバドスのボクサーAdolpho Corbinianoとの混合競技試合に参加し、数秒で彼を打ち負かしたBelémの北部都市への道を見つけるだろう(Corbinianoは前田は敗北後)。

1週間後、1916年1月3日、MaedaはGreml-RomanレスラーNagblassseをarmlockによって敗北させた。 現在ヨーロッパで死んでいる麻薬はブラジルに持ち込まれていた。

前田は20年代初めの賞金から引退した後もベレンに住み、自らの柔道のブランドを教えました。 ベレムの時代の学生たちの中には、カルロス・グレイシーという若い男がいました。彼はマエダとマットを学び、自分の兄弟たちに教えたことを教えてくれるでしょう...

ブラジルでは、前田と彼のilkによって導入された「何でも」マッチは生き残っただけでなく、ボクサー、ジュジュツカ、カポエリスタ、そしてルタ・リヴァーとグレコ・ローマンのレスラーの両方と一緒に栄えた参加する。 ジオ・オモリ、マヌエル・ルフィーノ、デュドゥ、グラシア兄弟:カルロス、ジョージ、オズワルド、最年少のヘリオ。

ヘリオは、ブラジルでは、北米のプロレス選手Wladek ZbyszkoとTaro Miyake(彼の前者)との試合で注目されるキャリアで、ブラジルでは "vale tudo"または "no rules"として知られるような試合に参加し続けるだろう学生Valdemar Santana、そしておそらく最も有名なのは柔道選手Kimuraです。 ヘリオは彼の戦闘体制を継承し、彼の子供たちとの戦闘は「禁止されていない」戦闘に感謝する。

結局、ヘリオの長男ロリオンは、家族の自己防衛体制を広げるために米国に移住することになりました。 彼はまた、 "究極の戦い選手権"として知られている1993年に開催されたイベントのインスピレーションの役割を果たしたヴァル・ツードーのコンセプトを彼に持って来るだろう。 前田でブラジルに持ち込まれ、カルロス、ヘリオ、そして最後にロリオンに渡されたスパークは、今や世界中に広がっています。 70年前に消滅した炎は、ついに再点灯しました。

混合武術の新しい時代が始まった。

Masahiko_kimura_vs_helio_gracie_ude-garami_medium


これは、「 忘れ去られた混合武道の時代 」 のこの4部構成のシリーズを締めくくります。 MMAの起源と初期の発展に関する追加の歴史については、「 ジェームス・フィグとミックスド・マーシャル・アーツのスポーツの喪失の起源 」を参照してください。

____________________________________________

† - ケージサイドフィーチャーゲストコラムニストJohn S. Nashによるこの最近改訂された記事は、今日Cagesideseats.com(2012年12月22日)に「クロスポスト」されました。 Nashは、Cageside席のレスリングの過去を掘り下げることに加えて、忘れ去られた武道の歴史を定期的にSBNation Blog: BloodyElbow.com (2011年10月31日に掲載)に掲載しました。 ケージサイドシートは、あなたの喜びのためにこの専用ゲストコラムに記事のアーカイブ全体をクロスポストすることを誇りに思っています。 ナッシュ氏のより魅力的な記事を読むには、 このリンクをブックマークして新しいコンテンツを頻繁にチェックすることを忘れないでください。

____________________________________________

ADTLソースと謝辞:
• パートIVのソースは、記事内にリストされているかリンクされています。 しかし、多くのサイトや研究者が、ここで使用されているイメージを含めて、材料にとって非常に貴重であることが判明しました。
• ジョニー・スノーデン(Joseph Svinth)、グラハム・ノーブル(Graham Noble)、トニー・ウォルフ(Tony Wolfe)( Bartitsu Compendiums )、 バーティツ・ソサエティ(Bartitsu Society )、マーク・ヒューイット(Mark Hewitt) Bartitsuフォーラム 、 防衛 、 ラ・ルーのホームページ、 武道の電子ジャーナル 、および防衛のLinacre学校 。
•トマス・ナッシュとSBNationメンバーである「コンチネンタルプ」と「カウボーイ」に感謝します。



このStorystream

MMAの忘れられた黄金時代:4つのパートシリーズ
MMAの忘れられた黄金時代 - 第4部:ベルエポックの究極の戦い
MMAの忘れられた黄金時代 - 第3部:シャーロック・ホームズ、レ・アパチェス&紳士的自己防衛アート
すべての4話を見る

ケージサイド席 からさらに
WWE生のプレビュー(2017年7月17日):あなたは父ではありません!
毎日開いているスレッド:7月17日、2017
Rumor Roundup(2017年7月17日):Reigns vs. Joe、Kurt Angleの秘密、Vince McMahonの存在、さらに!
WWE生の結果、ライブブログ(2017年7月17日):ローマの支配とサモア・ジョー
New Japan G1 Climax 7月17日(月)のライブ結果:Ibushi vs. Naito、Sabre vs. Tanahashi、その他
#FTRの動きで側面を選ぶ

| 未分類 | コメント(0)

プロレスのルーツはグレコローマンでもキャッチアズキャッチキャンでもあらず 悪名高いオールインレスリングでありゴッチやロビンソンのサブミッションもオールインからの裏技だという可能性が考察される!  アドサンテル エドストラングラールイスの動画も!









https://www.youtube.com/watch?v=Wvds8n-Rex8

https://www.youtube.com/watch?v=tsjVHEMP40s

https://www.youtube.com/watch?v=neNToe0DCBY

https://www.youtube.com/watch?v=duHhBAz-SrU



http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-8e47.html

オールインについて




 英国における1930年-1940年のプロレスリング
(http://www.allinwrestling.co.uk/に原文あり)

 オールイン・レスリングが英国で始まったのは1930年の秋である。このとき二人の前世界チャンピオン、ヘンリ・アースリンガーとベニー・シャーマンがロンドンのロイヤルアルバート・ホールで興行を行う予定だった。ところが手続の問題で手間取ってこれは延期された。12月になって、ロンドンのオリンピア劇場とマンチェスターのベルヴューで二つの興行が同時開催された。ロンドンではヘンリ・アースリンガー対ジョージ・モドリッチ戦、マンチェスターではバート・アシラティ対アソール・オークレー戦が行われた。いずれもプロボクシングの試合と一緒に行われた。
「オールイン」とは、要するに当時ひろく行われていた三つのレスリング・スタイル、すなわち柔術(柔道)、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン、グレコローマンを混ぜ合わせたものである。従来よりも刺激的で観客受けする新しいレスリングを作ることが目的であった。二人の巨人がマット上で組み合って何時間も戦い続けるのは時代後れになったのだ。レスリングは組織的なものになった。レスリング監理委員会ができ、ラウンド制が導入され、勝負は2フォールまたは2サブミッションまたはノックアウトで決められた。
 1931年はじめに、ロンドンのベーカー街のレインズ・クラブでオールインの初代ヘビー級チャンピオン決定戦が行われた。決勝戦では、元プロ・ラグビー選手でカンバーランド・ウェストモーランド・レスリングのチャンピオンでもあるハッダーズフィールドのダグラス・クラークがアソール・オークレーを降して初代王者になった。
 以後は、英国各地の競技場でプロボクシングと一緒にこの新しい「オールイン・レスリング」の試合が行われるようになった。
 1930年代終わりごろになると、オールイン・レスリングの評判は悪くなってきた。マッド(泥)レスリング、盲人レスリング、女子レスリング、男女混合レスリングなどが行われるようになったからである。レスリングを規制していたロンドン州委員会は市内のホールにおけるレスリング興行を禁止しはじめた。1939年に戦争が始まると観客は激減しホールも閉鎖された。プロレスリングは、兵士や勤労動員された工員の慰問のために細々と続いた。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.allinwrestling.co.uk/&prev=search


「ALL-IN」

レスリング
戦前のレスリング1930-1940 レスラー



歴史の ルール プログラム ポスターの ポスター



「ALL-IN」レスリングは、1930年の当初、2人の元世界チャンピオンのレスラーによってロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで宣伝が行われ、 アンリ・イルルスリンガー、ベニー・シャーマン。 しかし公式のレッドテープのため、プロモーションは12月に延期され、2つのショーがロンドンオリンピアとマンチェスターのベルビューで開催された。 オリンピアでは、アンリ・イズリンガーはジョージ・モドリッチに反対し、マンチェスターではバート・アシラティがアソール・オークリーと対戦した。 これらの試合はプロボクシングと並行して行われました。


「ALL-IN」という言葉は、柔道(または柔術)、キャッチ・ア・キャッチ・キャン、グレコ・ローマンのような流行の主要なスタイルの合併だけを意味します。 レスリングの新しいスタイルをよりエキサイティングにし、一般の人に喜ばせることを目的としています。 2人の巨大なレスラーが何時間もマットの上で戦闘に拘束される時代はなくなった。

今からの格闘は構造化されようとしていましたが、レスリングボードがあり、タイムラウンドがあり、勝利は2回の落下、2回の応募、またはノックアウトによって得られます。


1931年の初めにヘビー級トーナメントがLanes Club、Baker Street、Londonで開催され、誰が最初の "ALL-IN"ヘビー級チャンピオンになるか決定しました。 前のラグビーリーグの選手であったハダーズフィールドのダグラス・クラークとカンバーランドとウェストモーランドのレスリングチャンピオンの数々の試合がアトール・オークレーを勝利して勝利を収めた。


会場の上下にある場所は、セント・ジェームス・ホール・ニューキャッスル、リバプール・スタジアム、リーズ・タウンホール、オリンピア・ブラッドフォード、スメットウィック・マーケット・バーミンガム、ホワイト・シティ・ハル、ナショナル・スポーツ・クラブなどの場所でボクシングと並んで「オール・イン」の新しいスタイルを見せ始めたミドルスボロー、マデリー・ストリートバスス・ハル、カジノ・ロチェスター、グランビー・ホール・レスター、パビリオン・ホワイトチャペル、スタジアム・クラブ・ホルボーン、リング・ブラックフリアーズ、コロシアム・サザンプトン、スタジアム・ブラックプール、ビクトリア・バス・ノッティンガムなど


「ALL-IN」レスリングは、30代後半に泥レスリング、ブラインドレスリング、男性と女性、女性と女性とのレスリング試合を展開した番組を宣伝した際に悪評を募り始めました。 レスリングを規制していたロンドン郡庁(London County Council)は、彼らのホールでそれを禁止し始めた。 レスリングは第2次世界大戦の勃発まで続けられ、出席が拒否され、ホールは閉鎖されました。 それは、軍隊の娯楽、そして戦争の努力を支援している工場に雇用されていた市民として、再び短期間続けられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3

プロレス[編集]

1920年代にエド・ルイスらが「トラスト」と呼ばれるプロレスラーの組合を結成して以降、プロレスはブックと呼ばれる事前の打ち合わせに基づいて試合が行われるようになった。しかしながら選手間の人間関係の悪化などの理由により、しばしばその打ち合わせを無視して試合が進行する場合がある。このような試合をガチンコやシュートと呼ぶ。この隠語の発祥の地であるアメリカでは、リング内の真剣勝負のみならず、リング外でのストーリー破りもシュートと呼んでいる。また、レスラーは試合をファンによる乱入により妨害された場合には、乱入者に容赦ない攻撃を加えることがあるが、アメリカではこれもシュートと呼ばれる。日本ではリング内はガチンコ、リング外はシュートと呼んでいたが、リング内での真剣勝負もシュートと呼ばれる機会が増えている。

※参照終了
ルール的に見れば昔のレスリングにはサブミッションなどというものは見受けられずピンフォールでの勝敗が目的の競技だった
いわゆるグレコローマンでありキャッチアズキャッチキャンだ

んでもって多くの人間が不思議に思ていたのが一体何時ごろからサブミッションでも勝敗が着くルールが採用されたかってことだ

それがオールインレスリングというものらしい

いわゆるオールイン=異種格闘技マッチではないという事か

当初は前田光世がハッケンシュミットに提案したような3本勝負にして柔術ルールで グレコローマンのルールで キャッチアズキャッチキャンのルールで

みたいなもんだかのかもしんない

それがいつの間にやらサブミッションとか含めた柔術での決め手もピンフォールもどちらもアリにしたんだろう

それがオールインレスリング

しかし年代が発展すると同時にどんどんプロのレスリング=オールインレスリングは八百長ショーと化していったと言うような事は上記に貼ったりリンクした動画を見ても明らか

特に30年代辺りになるとプロとアマチュア グレコローマン キャッチアズキャッチキャンのレスラーたちは完全に別のモノと化しているのがわかる

となるとロビンソンやゴッチ ロイウッド ジーンラーベルのサブミッションは本来キャッチアズキャッチキャンではなく
それよりも
歴史の浅いオールインからのノウハウだという事か
翻訳ブログさんの言う事が的を得ているといえる

実際に20世紀初頭 20年代のレスリング動画見てもサブミッションでの決着はあんまり見られません
露骨に現在の八百長プロレス化してきたのは30年代からでしょうか
オールインレスリングが本格的にスタートした年代です

| 未分類 | コメント(0)

レスリングベアならぬレスリングタイガーなんてもんが昔存在していたそうです



http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/blog-entry-1964.html





レスリングベアの事は極真のウイリーvs熊のヤラセでも御馴染でしよう
要するに訓練された熊が人間と格闘するショーの事です
それの虎版がコレ
訓練された虎が人間と格闘するショー

もちろんヒグマや虎が人間相手に本気でやれば即死は免れませんが

相手は訓練された熊とか虎ですんで一応は安全だという事です

それでも事故が起こる可能性は過去の事件見ても否定はできませんが…

| 未分類 | コメント(0)

カナダ人の中国武術家Pierre Francois Floresがベトナムの空手 中国武術の高名な先生 達人たちとベアナックルファイトのリアルファイト!











lpnmgd.jpg
flores1_dpzp.jpg

カナダ人の中国武術家(詠春拳)Pierre Francois Floresがベトナムの武術 武道の高名な先生をベアナックルファイトでフルボッコにしました

一人はベトナムの空手の高名な先生Doan Bao Chau

二人目はベトナムの詠春拳の高名な老師Trần Lê Hoài Linh

いずれも相手はその流派 門派の偉くて有名な先生だけれども高齢の身体の小さな老人たちと言うところがPierre Francois Floresのあざといところでしょうか(爆)

このPierre Francois Floreなる人物

実はベトナムでも有名な中国武術の門派の出身のNam Anh門派の高弟

なんですなぁ

ただ
Pierre Francois Flore自身は体格もでかくて年齢もこれら対戦したグランドマスターたちよりも全然若い(笑)

当たり前なんですが武術や武道にミョーな幻想持っていなければ

若くて体力のある大男が老人をフルボッコにするのは当然だというのはどんな人間にもわかりますよね?

そんなPierre Francois Floreにも報いを受ける時が来たんでしょうねぇ

自分よりも若くて体力のあるベトナム人武術家tuấn hạc(詠春拳)に逆にフルボッコにされるという末路

因果応報ですなぁ

まぁ

歳を取っても衰えないというのは現実離れした迷信だという事が多くの人に理解できたでしょう

実はこの事件ベトナムではかなり有名になったらしくネットでもかなり賑わっているようです

にしてもカンフーvs空手 カンフーvsカンフーなのにクリンチ状態 膠着状態になるとVT MMA グラップリング状態になるのを見て

伝統的な武術やら武道というのは打撃だけに特化した使えないシロモノなんだなぁってつくづく思うわぁ…

打撃のディフェンスも稚拙ですしね

| 未分類 | コメント(0)

グレイシー一族vs桜庭和志パロディ動画

| 未分類 | コメント(0)

ムンジアル史上最強の柔術家ホジャーグレイシーvs現役世界最強の柔術家ブシェシャ 煽り映像

| 未分類 | コメント(0)

ヒクソングレイシー先生セミナー動画

| 未分類 | コメント(0)

ヘンゾグレイシー先生セミナー教則動画



| 未分類 | コメント(0)

由比忠之進 私が生まれたのは明治27年10月2日、……日露戦争の頃は小学校、その後中学校で忠君愛国の思想を吹き込まれて文字通り愛国者として生長しました。……私は東京高等工業学校を出て、二、三職業を変えたのち南満洲の新興紡績会社に勤め日本の膨脹を謳歌したものでした。大東亜戦争に入るやその緒戦の戦果にすっかり酔わされて有頂点になって大陸での生活が日本の侵略によるものとの反省を全く怠っていました。愈々敗戦と同時に不安のどん底に落され、困難な一年半を大連で過ごしましたが、やっと日本の中国侵略の罪悪に気づきました。……敗戦時の略奪暴行をつぶさに経験した私は、ベトナムに於けるアメリカの止めどないエスカレーション、無差別の爆撃、原爆にも劣らぬ残酷極まる新兵器の使用、何の罪もない子供におよぶその犠牲、ベトナム民衆の此の苦しみが一日も早く解消されることを心から望んでおりますので、此の一文を差しあげる次第です。……





























我が身は炎となりて―佐藤首相に焼身抗議した由比忠之進とその時代



1124manga.jpg


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B1%E6%AF%94%E5%BF%A0%E4%B9%8B%E9%80%B2

由比忠之進





移動先: 案内、 検索



由比 忠之進(ゆい ちゅうのしん、1894年(明治27年)10月11日 - 1967年(昭和42年)11月12日)は、日本の弁理士、日本エスペラント学会会員のエスペランティスト。福岡県前原町(現在の糸島市)生まれ。



目次 [非表示]
1 人物
2 脚注
3 参考文献
4 関連項目


人物[編集]

当時蔵前にあった東京高等工業学校(現在の東京工業大学)を卒業し電線会社やラジオ局など種々の職につく。1921年(大正10年)頃からエスペラント語を学び始めた。1932年(昭和7年)頃には名古屋に住み、名古屋エスペラント会の創立に参加している。 太平洋戦争中は満州の製糸会社に勤務。1945年(昭和20年)の終戦後も中国に徴用され、1949年(昭和24年)に帰国。戦後は名古屋で特許事務所を開いた。

戦後は原水爆禁止運動にかかわり、被爆者の体験記をエスペラント語に翻訳、海外に紹介した。1960年代には、ベトナム戦争の激化を受けてベトナムのエスペランティストと文通で交流、本多勝一の「戦場の村」のエスペラント語訳などに取り組んだ(自殺のため未完)。政治党派に所属したことはなく、エスペラントの仲間や子どもからは政治的な人物とは見なされていなかったという。

1967年(昭和42年)11月11日、世界に先駆けてアメリカの北爆支持を表明した佐藤栄作首相の訪米への抗議行動として、[1]首相官邸前でガソリンをかぶって焼身自殺を図る。その際に携えていた佐藤栄作宛の抗議書には、「当事者であるベトナム、米国人でない私が焼身することは物笑いの種かもしれないが、真の世界平和とベトナム問題の早期解決を念願する人々が私の死を無駄にしないことを確信する」と結ばれていた。[2][3] 救急搬送されたが翌12日に気道熱傷のため死亡した。佐藤訪米阻止闘争のデモが激しく行われた当日、デモの解散後に単独で決行された抗議行動であった。北爆を支持する日本政府に一般市民が自らの死をもって抗議した行為は、当時の日本社会に大きな衝撃を与えた。

脚注[編集]
1.^ AHR Forum, Japan 1968: The Performance of Violence and the Theater of Protest, p. 110ウィリアム・マロッティ著(アメリカ歴史学会機関紙)
2.^ 「自殺の思想」朝倉喬司 p.350、太田出版 2005年
3.^ 「われ炎となりてあるエスペランテストの抗議」(岩垂弘)米軍によるダムダム弾を上回る兵器の使用の残虐性についても言及する抗議文が紹介されている

参考文献[編集]
明日への葬列—60年代反権力闘争に斃れた10人の遺志 - 高橋和巳 編集、合同出版 1970年。
暗殺の哲学 - 高橋和巳 、高橋和巳作品集6 に採録 河出書房新社 1969年。
我が身は炎となりて―佐藤首相に焼身抗議した由比忠之進とその時代 - 比嘉康文、新星出版 2011年。

関連項目[編集]
アリス・ハーズ - 同じく、ベトナム戦争に反対して焼身自殺したクエーカー教徒、エスペランティスト。
東京工業大学の人物一覧




カテゴリ: 日本のエスペランティスト
日本の政治運動家
日本の弁理士
ベトナム戦争の人物
反戦運動家
東京工業大学出身の人物
自殺した人物
福岡県出身の人物
1894年生
1967年没


https://blogs.yahoo.co.jp/satomikimuraoffice/31747784.html


11月11日・・・45年前、由比忠之進さんが焼身抗議した日
記事をクリップするクリップ追加 .
2012/11/9(金) 午前 8:35
政治
その他政界と政治活動
.

facebookでシェア


twitterでつぶやく




0

.












イメージ 1






明後日、11月11日には国会・霞が関大占拠行動が行われますが、45年前のこの日は、由比忠之進さんが、アメリカの北爆支持を表明した佐藤首相の訪米に対する抗議行動として、首相官邸前でガソリンをかぶって焼身自殺を図られた日でした。由比さんは、救急搬送されましたが、翌12日に気道熱傷のため死亡されました。享年73歳でした。



由比さんの佐藤首相に宛てた抗議文。

 『私が生まれたのは明治27年10月2日、……日露戦争の頃は小学校、その後中学校で忠君愛国の思想を吹き込まれて文字通り愛国者として生長しました。……

 私は東京高等工業学校を出て、二、三職業を変えたのち南満洲の新興紡績会社に勤め日本の膨脹を謳歌したものでした。大東亜戦争に入るやその緒戦の戦果にすっかり酔わされて有頂点になって大陸での生活が日本の侵略によるものとの反省を全く怠っていました。

 愈々敗戦と同時に不安のどん底に落され、困難な一年半を大連で過ごしましたが、やっと日本の中国侵略の罪悪に気づきました。

 ……敗戦時の略奪暴行をつぶさに経験した私は、ベトナムに於けるアメリカの止めどないエスカレーション、無差別の爆撃、原爆にも劣らぬ残酷極まる新兵器の使用、何の罪もない子供におよぶその犠牲、ベトナム民衆の此の苦しみが一日も早く解消されることを心から望んでおりますので、此の一文を差しあげる次第です。…… 』



 当時、ヴェトナム戦争への抗議が世界各地で行われており、前月の10月8日には、佐藤首相のヴェトナム訪問に抗議する戦いの渦中で、山崎博昭さんが亡くなりました。由比さんが亡くなった日となった11月12日には、佐藤首相訪米阻止行動が行われ、私も初めてデモに参加しました。

しかし、由比さんの命をかけた抗議にも関わらず、阻止することは出来ませんでした。





由比さんの第一報を聞いた時の木村官房長官の談話

「このような悲しむべき事件が起ったのはきわめて残念だ。由比氏が無事であることを祈っている。民主主義の本質はあくまでも論議をつくし、その結果については、選挙を通じて批判することにある。いかなる形にせよ、直接行動は避けねばならない」



しかし、由比さんにとっては、選挙では何も変えられない、という絶望的な状況の中、最後に残された手段が、焼身自殺という選択だったのだと思います。





自殺直前の由比さんの走り書き(原文のまま)

『今日自殺決行となるとやっぱり興ふんすると見え一晩中抗議書作成その他で一睡もしなかったが少しも眠くなかった。朝出掛けるに当って机上を整理したのだが静(注:由比夫人)は何等疑いをかけなかったので落付いて出掛けられた。死期が迫っているにしては冷静でおられると思って居たのだが虎の門に近ずくに連れ胸がどきどきしだした。

主相公邸に近ずくに連れますますはげしくなった。やっぱり死と云う事は大変な事だ。
愈々公邸の前に来たが通行人が一杯で到底決行が出来ないので素通り、夕方迄待つ事にし遂に山王に来た。石段に掛けて之を書いた。』





その後、由比さんは、議事堂周辺からデモ隊が引き揚げるのを待って、携行したポリエチレンの瓶からガソリンを浴び、抗議文の入った鞄を道端に置いたのち、自らの服に火を点け、一瞬のうちに、上半身が火だるまとなった、といいます。

由比さんの決意は誰一人知らされていなかったため、病院へと駆け付けた家族や友人は、やり場無き怒りと悲しみに震え、茫然と立ち尽くしていたとのこと。





由比さんの遺書から

『私は本日、焼身自殺をもって佐藤首相に抗議する。当事者でない私が焼身自殺するのは物笑いのタネかも知れないが、真の世界平和とベトナム問題の早期解決を念願する人々が私の死をムダにしないことを確信する。』








当時は、南ヴェトナムの僧侶たち、また、米国でも、抗議のための焼身自殺が次々行われていました。由比さんも、一年前から計画を立てての行動だったようです。







昨年の原発事故後の日本の反原発の運動は、世界的にも優れた非暴力直接行動で行われていて、今や現実の政治にもきわめて大きな影響を与え始めていると思います。

由比さんはじめたくさんの人たちの死から、私たちは少しずつ学んできたのでしょう。

もう、抗議のために命をかけたり、命が失われてしまうほどの激しい行動をしなくても、国民が政治を動かせる時代になりつつあるのではないでしょうか。





国家が国民に強いる暴力に対抗し、より良き世界に向かう確かな希望を抱くためには、やはり、蛮性を超える非暴力的行動を貫いていくことが何より大切なのだと思います。





11月11日の行動が、さらにその道を前へ進めてくれることを願っています。





由比さんは、エスペランチストでありましたが、「エスペラント」とは、“希望する者”という意味を持つようです。


http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20110918/1316296778


特攻を絶賛する奴らはアリス・ハーズや由比忠之進をどう思うね?(追記あり)CommentsAdd StarGerard

政治 | 06:59 |

 まあ、俺は自殺という抗議手段を支持しない(手段として有効かという問題があるし、人命は大事ですので)が、特攻という「国から押しつけられた死」よりも「自分で選んだ死」というだけでずっと、まともだと思う。

しかも自殺の理由が反戦平和なのだから、侵略戦争の下請けでしかなかった特攻よりはマシだろう。

つうか特攻絶賛する珍右翼の諸君はチベット仏教僧の中国への抗議自殺(死に方は偶然にもアリスや由比と同じガソリン焼身自殺らしい)を絶賛してなかったかね。でも珍右翼は論理性皆無でサヨ嫌いだから、平然とアリスや由比を否定したりするかもな(毒)


アリス・ハーズ(1882年5月25日~1965年3月26日:ウィキペ参照)

 アメリカの平和運動家。ベトナム戦争に抗議して、焼身自殺した。ベトナムの仏教僧ティック・クアン・ドックの焼身自殺を範にしており、同様に自殺したアメリカ人は8人いたが、彼女が1人目だった(他にノーマン・モリソン、ロジャー・ラポート、セレーン・ジャンコウスキーなど)。ハーズは平和運動家として長年活動した後、1965年3月16日、82歳の時、ミシガン州デトロイトで自殺を実行した。子供とドライブ中に偶然その現場を目撃した人物が燃えさかる炎のなかの彼女を見つけて火を消し止めたため、その場では命を取り留めたが、火傷がもとで10日後亡くなった。ジョンソン大統領がVoting Rights Actへの賛成を議会に表明したことが直接のきっかけになって、ベトナム反戦を行動で示す必要を感じたのだという。残念ながらベトナム戦争はハーズの死後も10年にわたって続けられた。

 (中略)  

 ハーズは自殺の直前、友人たちや仲間の反戦活動家たちに遺書の手紙を投函していた。こうした遺書では主に、当時世界的な話題となっていたティック・クアン・ドックらベトナムの仏教僧・尼たちの抗議自殺に彼女が追随を決意したことが述べられている。ある友人によれば、ハーズはデモ行進、抗議声明、論説記事や公開書簡などあらゆる手段で反戦活動をおこなったが、他にどんな手段がありうるか思案していたという。明らかに彼女は焼身自殺が究極的な抗議行動になると結論したのである。

 日本でアリス・ハーズの名前が知られているのは、もっぱら芝田進午の尽力である。芝田はアメリカの哲学者ジョン・サマビルを介してハーズと知り合い、13年にわたって文通していた。ハーズの死後芝田は、彼女との往復書簡を活字化するとともに、キリスト教民主主義を採るスイスのドイツ語の月刊誌『ノイエ・ヴェーゲ(「新しい道」の意)』に彼女が(中略)継続的に発表していた数々の論文・論説のいくつかを選んで翻訳し公刊した。アリス・ハーズ夫人記念平和基金は、自殺報道の後集まった多額の義捐金にこれらの書籍の印税をあわせて設立されたものである。


ティック・クアン・ドック(1897年~1963年6月11日:ウィキペ参照)

 ベトナムの僧侶。1963年6月11日に、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジェム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に対して抗議するため、サイゴン(現・ホーチミン)のアメリカ大使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した。

 彼は支援者たちが拝跪する中、燃え上がる炎の中でも蓮華坐を続け、一切苦悶の表情や声を出さず、絶命するまでその姿を崩さなかった。その強靭な精神力と威厳のある姿はカメラを通じて全世界に放映された。この衝撃的な事件が世界中に放映され、国内の仏教徒に大きな影響を与えることとなった。

 ジェムの義妹のマダム・ヌーは、アメリカのテレビインタビューでこの事件を「僧侶のバーベキュー」と評し、国民のジェム政権への反発をいっそう高めることになった。11月にはついにクーデターが発生し、ジェムは決起部隊に殺害されたがマダム・ヌーは生き延びた。


由比忠之進(1894年(明治27年)10月11日~1967年(昭和42年)11月12日:ウィキペ参照)

 日本の弁理士、エスペランティスト。福岡県前原町(現在の糸島市)生まれ。

 東京高等工業学校(現在の東京工業大学)を卒業し電線会社やラジオ局など種々の職を転々とした。1921年(大正10年)頃からエスペラント語を学び始めた。1932年(昭和7年)頃には名古屋に住み、名古屋エスペラント会の創立に参加している。 太平洋戦争中は満州の製糸会社に勤務。1945年(昭和20年)の終戦後も中国に徴用され、1949年(昭和24年)に帰国。戦後は名古屋で特許事務所を開いた。

 戦後は原水爆禁止運動にかかわり、被爆者の体験記をエスペラント語に翻訳、海外に紹介した。1960年代には、ベトナム戦争の激化を受けてベトナムのエスペランティストと文通で交流、本多勝一の「戦場の村」*1のエスペラント語訳などに取り組んだ(自殺のため未完)。政治党派に所属したことはなく、子どもやエスペラントの仲間からは政治的な人物とは見なされていなかったという。

 1967年(昭和42年)11月11日、世界に先駆けてアメリカの北爆支持を表明した佐藤栄作首相の訪米への抗議行動として、首相官邸前でガソリンをかぶって焼身自殺を図る。気道熱傷のため翌12日に死亡した。佐藤訪米阻止闘争のデモが激しく行われた当日、デモの解散後に単独で決行された抗議行動であった。北爆を支持する日本政府に一般市民が自らの死をもって抗議した行為は、当時の日本社会に大きな衝撃を与えた。

珍右翼が絶賛するチベット仏教僧の抗議自殺についてのマスコミ報道の例


http://www.asahi.com/international/update/0816/TKY201108160396.html

朝日新聞『チベット僧が焼身自殺 中国四川省、「自由ない」とビラ』

 中国の新華社通信によると、四川省カンゼ・チベット族自治州で15日、チベット僧(29)が焼身自殺した。チベット亡命政府系のラジオ局「チベットの声」(本部ノルウェー)によると、僧侶は地元政府庁舎前で「チベットに自由はない」と書いたビラをまき、自らに火をつけた。

【2014年9/30追記】

さてコメ欄でBill_McCreary さんにご指摘いただいた

■自殺で何かを変えることはできるのか?(みわよしこ)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/miwayoshiko/20140629-00036872/

にブクマがいくつかついてるのでコメントしてみましょう。

まずid:Mukkeさん。


「追い詰める側の人々にとって,弱い立場にある人々の声・言葉・存在には,そもそも価値がありません。価値を認めていないからこそ,死に至るまで追い詰めることができるのです」

ええ?、ですね。Mukkeさんの場合


GEGE

それ、苦しんでいる人に「もっと苦しめ」って言ってるだけだわな

toraba

「「自殺によって変わった」といえる例を見出すのは困難です」自殺しなかったケースでも「変わった」といえる例は少ないけどな

temtex

 生きたまま逃げられればどれだけいいだろうな。試みるべきだが実際はそれこそ不発に終わることが多いのでは?

ponkotukko

 もうちょっと当事者や関連した人達に配慮した書き方があるだろうに

nao0990

 少なくとも青年の自殺によって始まった(注:チュニジアの)ジャスミン革命は腐敗と暴力に塗れた独裁ベン・アリ*2政権を打倒した

などといってみわ氏に「不賛同の意思」を表明してる方々のお仲間がMukkeさんだとばかり思ってましたが違うようです。もちろん俺はみわ氏に賛同しますが。最後に「ベン・アリ」云々についてウィキペ「ジャスミン革命」を引用しておきましょう。確かに「自殺は革命を激化させた」のかもしれませんが「常にそうなるとは限らない」し、「鬱憤がたまっていたこと」が激化の前提ですからね。


ジャスミン革命(ウィキペ参照)

■事件の背景

 チュニジアは2010年の経済成長率が3.8%と決して経済状況が悪いわけではなかった。しかし失業率は14%、若者層に限れば30%近いという高い水準であったため、経済成長の恩恵を受けられない人々に不満がたまっていた。

 加えて、1987年に無血クーデターによって政権を獲得したベン=アリーはイスラーム主義組織及び共産党に対し抑圧を行い、ある程度の経済成長は果たしたものの、一族による利権の独占といった腐敗が進むなど、23年にも及ぶ長期政権に不満がたまっていた。こうした背景が革命に結びついたとみられている。

■事態の推移

 2010年の後半から、革命のきっかけの要素は整いつつあった。11月7日のクーデター記念日、国民的ラップシンガーのエル・ジェネラル(本名ハマーダ・ベン・アモール)はネット上に、政権への抗議を込めた曲「Rais Lebled(国の頭)」を発表した。政治体制、支配層による横暴を糾弾する内容である。

 ウィキリークスも革命の後押しをすることになった。ウィキリークスはチュニジアに関する米国政府高官のコメントを暴露した。その内容は、ベン・アリー政権の腐敗を厳しく批判するものだった。それまで国民は、アメリカが政権の後見人として支えているとみていたが、実際にはアメリカは政権の維持に固執しているわけではない、ということが明らかになり、人々を勢いづけた。

 直接的、かつ決定的な要因は、12月17日、中部の都市シディ・ブジドでおこったと言われる。この日の朝、露天商のモハメド・ブアジジ(26歳)が果物や野菜を街頭で販売し始めたところ、販売の許可がないとして地方役人が野菜と秤を没収、さらに暴行と侮辱を加えた。彼は三回、没収された秤の返還を求め役所に行ったが、引き換えに賄賂を要求された。三回とも追い返された彼は、これに抗議するために同日、県庁舎前で焼身自殺を図った。アルジャジーラで事件が取り上げられ、一人の青年の焼身自殺が全国に知れ渡った。イスラム教は自殺を禁じており、また火葬の習慣もないので、「焼身自殺」が与える衝撃は大きかった。このトラブルがブアジジと同じく、就職できない若者中心に、就職の権利、発言の自由化、大統領周辺の腐敗の罰則などを求め、ストライキやデモを起こすきっかけになった。

 12月28日、ベン=アリーは突如、病院にモハメドを見舞ったが、無菌の治療室にマスクも白衣もつけないで現れたので、外国人の陰謀であると決めつけた直後のテレビ演説も相まって、反発は強まった。

 1月4日、前々から疑われていたモハメドの死が「確認」された。5日に行われた葬儀には数千人が参列した。

 1月13日には、デモに対し戒厳令が発令され、軍に対して出動命令が出されたが、軍はその命令を拒否した。後ろ盾であった軍の離反を招いたベン=アリーは、譲歩せざるを得ないと判断した。カシム内務大臣の更迭を改めて発表し、また、デモにおいて拘束された参加者を釈放する方針を表明した。夜の演説ではベン=アリー自ら、2014年の次期大統領選挙で不出馬、退任すると発表した。食料品の高騰に対する対策、言論の自由の拡大、インターネット閲覧の制限の解除などの政策の履行を約束した。一連の騒乱については「側近に裏切られた」と釈明し、治安部隊に対し、デモ隊への発砲を禁じたと発表した。しかし夜になっても銃声は鳴りやまず、それが14日のデモへとつながった。

 ここにきて政府は内部から崩壊し始めた。メズリ・ハダド・ユネスコ大使が、治安部隊がデモ隊に発砲したことに対して抗議し辞表を提出した。ベン=アリーはデモ隊への実弾使用をラシド・アンマル陸軍参謀総長に迫ったが、逆に「あなたはおしまいだ」と、不信任を突き付けられた。14日午後5時49分、ガンヌーシ首相がテレビで「ベン=アリー大統領は国を去った」と声明を読み上げた。

 ベン=アリーは、旧宗主国フランスへの亡命を希望したがニコラ・サルコジ*3大統領が入国を拒否した。そこでサウジアラビアへ亡命した。

 ベン=アリーはサウジアラビア亡命後、前政権時代の公金横領、また一連の反政府運動においてデモ鎮圧を軍に命じ参加者を多数死亡させた容疑などで起訴され、本人不在のまま軍事法廷が開かれた。死刑が求刑され、2012年6月13日に終身刑判決が言い渡されている。しかし、サウジアラビアがベン=アリーの身柄引き渡しに応じる可能性は低く、実際に刑が執行されることはないと推測されている。カシム内務大臣に懲役15年の刑が下っている一方、主要閣僚の多くが公訴棄却となっている。





*1:ベトナム戦争についてのルポルタージュ。現在、朝日文庫

*2:内務相、首相を経て大統領。現在サウジアラビアに亡命している

*3:バラデュール内閣予算相、ラファラン内閣経済・財務・産業相、ドビルパン内閣内務相などを経て大統領。社会党のオランド氏に大統領選で敗れ、大統領を退任したが「最近のオランド氏の不人気」「保守党内に有力対抗馬が少ない」こともあり「安倍やベルルスコーニのような」大統領返り咲きを狙っていると言われる。

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 289 ムンジアル青帯ヘビー級世界王者&無差別級3位イゴールタナベが他を圧倒して階級別 無差別級オール一本勝ちで優勝!

Jiu Jitsu Priest #289

| 未分類 | コメント(0)

JBJJF全日本マスターオープン2017動画 その2














| 未分類 | コメント(0)

JBJJF全日本マスターオープン2017動画




















| 未分類 | コメント(0)

日本ブラジリアン柔術連盟公式動画 第2回全日本マスター柔術オープン

JBJJF主催 第2回全日本マスター柔術オープントーナメント

| 未分類 | コメント(0)