あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 18








| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 17












| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 16










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 15










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 14






| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 13










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 12










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 11










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 10










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 9










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 8










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー  コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 7









| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 6

1maxresdefault.jpg










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 5










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 4










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 3










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT 2










| 未分類 | コメント(0)

あのジェフグローバー コブリンヤも推薦 一人でも強くなれる 史上最強の柔術トレーニングツール CXT

maxresdefault.jpg

http://www.b-j-j.com/137_12124.html


Combat X Trainer トレーニングボール

種類:トレーニングボール

カラー:ブラック

材質:PVC

サイズ:65cm

重さ:5kg

体重付加容量:500kg

商品説明:ブラジリアン柔術や総合格闘技、グラップリングの為の打ち込みトレーニング用ボールです。

今なら別売りのインストラクションをセットでお付けします。

メーカーからの説明:

コンバットXトレーナーは、練習相手不在でもブラジリアン柔術の技術を練習することが出来ます。

不安定な表面があらゆる方向に不安定性をつくることにより、相手をシミュレートして動かすことが出来ます。

UFCファイターやIBJJFランキングのブラジリアン柔術選手によりテストされ、ブラジリアン柔術のトレーニングに最適と証明されました。

「トレーニングはチャレンジです。CXTはあなたの持つ動き続ける力、バランスを保つ力を試します。このCXTは動き続け、常に現実的な状況を作り出していきます。あなたはあらゆる方向に動きながらプレッシャーをかけ、バランスをキープしなければいけません。」フーベンス・シャーレス“コブリンヤ”

「私はバランスボールでのドリルトレーニングを好みこれまでもよく練習して来ました。このCXTを使うと、より高度でクリエイティブなドリル練習をすることができます。CXTはあなたのトレーニングパートナーとは異なり、疲れることなくあなたの動きを正しい道へと導きます!」ジェフ・グローバー

「多くの選手は派手できらびやかな技を学びたいと思っています。それにはまず最初に基本的な技術を学ぶ必要があります。CXTは基本の底上げをしあたなのゲームをさらに高いレベルにするためのすばらしいアイテムです。」マルコス・ネヴェウ

PV映像はこちら





Combat X Trainer トレーニングボール
Combat X Trainer トレーニングボール
Combat X Trainer トレーニングボール 使用方法
Combat X Trainer トレーニングボール 使用方法
Combat X Trainer トレーニングボール 使用方法
Combat X Trainer トレーニングボール 使用方法
Combat X Trainer トレーニングボール インストラクションDVD
Combat X Trainer トレーニングボール インストラクションDVD
商品番号 cxt-001
商品名 Combat X Trainer トレーニングボール
定価
販売価格 24,800円
税別価格 22,963円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 指定なし
在庫











| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 8







| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 7










| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 6









| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 5










| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 4










| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 3










| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より 2










| 未分類 | コメント(0)

橋本欣也さんの動画より









| 未分類 | コメント(0)

格差社会を強制執行しようとする新自由主義のインチキに騙されるな! デマをばらまく新自由主義者の御用インチキ知識人たち

http://lite-ra.com/2015/05/post-1118.html
都構想の否決を「シルバーデモクラシー」と批判する人の正体
「情弱の高齢者が都構想をツブした」というデマをふりまく知識人達よ、情弱はお前らだ!
【この記事のキーワード】エンジョウトオル, 橋下徹, 老人
2015.05.20

silver_150520.jpg

都構想の否決を老人のせいにする新自由主義者たち(左「堀江貴文サロン」オフィシャルページ/右「小泉進次郎 Official Site」より)


 反対が賛成を上回った「大阪都構想」の住民投票の結果について「これはシルバーデモクラシーだ!」という批判の声が広がっている。またの呼び名を「老害投票」とか言うらしい。

 たしかに各社の出口調査では、70歳以上の投票者だけが「反対」に大きく振れていた。本サイトで既報のとおり、テレビキャスターの辛坊治郎氏が、この数字をもとに「将来の大阪を決めるという意味においては、今後何十年も住んでいく賛成の人たちは圧勝しているんだけども」などと主張し、生活保護者や老人を貶める下劣な負け惜しみを口にしていたが、しかし、なにもこのデータに飛びついたのは“橋下シンパ”の彼だけではない。他にも都構想賛成派や評論家が一斉に「結果は少子高齢化による世代間格差のあらわれ」なる論をもっともらしくぶち上げているのだ。

 たとえばツイッター上では、経済評論家の池田信夫氏が「これが日本の諸悪の根源。老人の老人による老人のための政治」といちゃもんをつけ、また、ブロガーのちきりん氏は「今日負けたのは、橋下さんじゃなくて、日本の若者だよね」「票の価値を平均余命とリンクさせるべきだよね」とあからさまに世代間の分断を煽るツイートを投稿。

 ホリエモンも自分の衆院選に出馬した際のことを示唆しながら「なんだかもっと大阪都構想本気で応援してりゃよかった」とつぶやいたし、KADOKAWA・DWANGO取締役の夏野剛氏も、「結果的にはシルバーデモクラシーだと思うが」と投稿。そして「敗因は生活保護受給者や貧困層を見捨てたことにある」とフォロワーにつっこまれると、「橋下さんっていう何と正しい感覚の持ち主なんだ!」と橋下擁護のリアクションをしている。

 若手論客の宇野常寛氏にいたっては「今に始まったことではないけど、選挙とは情弱高齢者をいかに騙すかで決まるゲームになってしまってるのだな、と改めて痛感した次第です。はい」と、“老人=情報に疎いバカ=反対派”とまで言い切っている。

 さらに政治家の小泉進次郎氏はトークイベントで「よく、シルバー民主主義って言われることもある。高齢者の意向に左右されているような日本の構造、そのことの象徴的なものだったのかも」と発言しており、あたかも今回の住民投票が“世代間格差”を浮き彫りにしたという分析が定説みたいになっているのだ。

 だが、普通に考えてみれば、これらの言説は論理的に破綻していることがわかるはずだ。彼らの論拠は出口調査の賛成票と反対票の“年代別のパーセンテージ”なのだが、ここではそもそも母数、つまり“年代別人口”に対する勘案がまったくない。

大阪市の26年度人口統計によれば、70歳以上の人口は約48万人。これに対して、20代の32万人と30代の38万人をあわせただけでも、70万人と大きく上回り、さらに40〜60代を足せば約176万人と4倍近くになる。つまり70代以上の人間が全員投票に行って、出口調査通り61%(朝日・ABC共同出口調査より)が都構想に反対したとしても、それ以外の世代の半分が投票に行き56%賛成に回るだけで逆転できるのだ。これのどこが「老人による老人のための政治」ということになるのか。

 こう言うと、彼らは若年層の投票率が著しく低いから彼らの意見が反映されないと言う。じゃあ聞くが、棄権した若年層が投票に行ったとして、実際の投票者と同じ比率で都構想に賛成するという根拠はなんなのか。ちなみに5月はじめに産経新聞社が実施した世論調査では、20代の男性で賛成33.3%に対し、反対が46.4%。20代の女性となると、賛成17.1%に対し反対はなんと60%! 全世代の中で20代女性がダントツに反対意見が強かったのだ。

 この数字をベースにすれば、むしろ、投票に積極的に行ったのは賛成派が多く、20代の投票率が上がっていれば、逆にこの世代でも反対派が逆転したと考えることもできる。

 しかも、投票所に実際に足を運んだ若い世代にかぎっても、70%とか80%が賛成しているわけでなく、20代は賛成61%。つまり39%が反対を表明しているのだ(前出・出口調査より)。

 ようするに連中は、自分たちが支持する橋下市政と「都構想」が否決された腹いせになんの根拠もない印象批評で世代対決があったとのデマをふりまき、高齢者に責任を押し付けているだけなのである。

 実際、「都構想否決は老人のせい」とわめいている知識人や評論家は、ほとんどが橋下市長と同じ構造改革派、新自由主義者だ。

 ホリエモンや池田信夫氏はいわずもがな、小泉進次郎氏の父親は構造改革派の中興の祖ともいえる存在だし、ちきりん氏も大手金融、外資系コンサルを渡り歩いてきたそういうショーバイの人だ(唯一、宇野常寛氏の場合はたんに“世代間断絶”を煽ってメシの種にしているだけで、明確な新自由主義者とはいえないが)。

 富める者はもっと富み、貧しい者はさらに貧しくなる弱肉強食社会こそが経済を活性化すると考える彼らは、規制緩和を進め、教育や医療、福祉の予算を削り、カジノなどの富裕層向けのプロジェクトに金を投入しようという橋下に、改革という名の格差助長政策を進めてもらいたくてしようがなかった。

 そう考えると、今回の住民投票の背景にあったのはシルバーデモクラシー=世代間対決ではなく、むしろ弱者デモクラシー=格差対決だったというべきだろう。経済的勝ち組が賛成に回り、貧困にあえぐ経済弱者が反対票を投じた、その結果なのではないか。

 実際、大阪市はマンションなどの新住民が多い北部と、古くからの住民が多い南部で経済格差があり、北は高所得者層が、南は低所得者層が多いと言われているが、住民投票は北に賛成が多く、南に反対が多い結果となった。また、高齢者を含めた貧困層の多くが反対に回ったのも明らかな事実だ。

 前述の辛坊氏はそれをとらえて、“都構想否決は生活保護受給者のせい”と言わんばかりのいやしい意見を披露したが、そもそも、都構想では大阪市が解体され、財源も権限も不十分な特別区に分割されることで、事実上の“格下げ”になる。巨大開発のために特別区は権限や財源を吸い取られる。つまり、地方自治権が弱体化し、福祉などの行政サービスが低下する。介護事業など、福祉に関する事業の一部を事務組合でやることになるので、窓口も担当職員も住民から見えにくくなり、住民と自治体の距離が遠くなる。国保や介護保険料の値下げも事実上できなくなる。

 となれば、こうした福祉の低下を恐れて貧困層や低所得者層が反対するのは当然ではないか。それをあたかも、「生活保護を不正受給できなくなるから」「ただでバスに乗れなくなるから」といった理由で反対しているかのように矮小化する新自由主義者の下劣さには反吐が出る。

 しかも、である。こうした「勝ち組」の新自由主義者たちはもうひとつ、大きな勘違いをしている。

 彼らは都構想によって大阪市の財政が健全化され、民間の経済が活性化し、経済成長が見込める、だから改革を止めるな、と言う。まさに構造改革派の典型の物言いなのだが、仮にその理論に乗っかったとしても、橋下の提唱する都構想では彼らが言うような結果が得られないことが判明しているのだ。

 たとえば、財政の健全化。橋下は都構想により二重行政が解消され、「年間4000億円が浮く」と謳っていたが、最終的な効果額は結局、年間1億円しかないことがわかった。さらに行政移行に伴う初期費用は600億円もかかると試算されており、継続費用も年間20億円。都構想は逆に赤字を増すことになる。

 では、経済成長はどうか。橋下はニューヨーク、ロンドン、パリ、ソウル、上海などとの都市間競争のために大阪都をつくり、財源と権限委譲によって大規模開発するという大風呂敷を広げているが、実は、どこをどう見ても、経済成長につながるような具体策は見当たらない。

 大阪の場合は中小企業を活性化するような施策をしないと、なかなか効果が得られない。すでに東京の二番煎じのような大規模開発に取り組んでいるが、ほとんど経済活性化につながっていない。他にも、カジノ構想、万博誘致とか、橋下たちが言っているのは都構想とはなんの関係もない、他人頼みで、昭和の高度成長期やバブルの幻を追うような政策ばかりなのだ。

 そもそも、橋下徹の構造改革=緊縮財政政策は経済成長にとってマイナスの結果しかもたらさないという見方もある。2008年の府知事戦で橋下は「大阪府は破産会社」と宣言し、財政の立て直しを公約にしたが、緊縮財政がなにかを変革しただろうか。むしろ、それがどんどん経済を悪化させてきた。大阪市は他の政令指定都市と比較して経済成長率も低く、人口流出も止まらないままだ。

「都構想」によりこの緊縮財政が加速すると、大阪はむしろ貧困層が増大して経済的に低迷していくという見方さえあるのだ。

 こうした“情報”を無視して賛成に回った新自由主義者たちが、反対票を投じた人たちを「情弱」と呼ぶのはジョークとしか思えない。

 むしろ、「情弱」というのは、橋下の「改革」という言葉に釣られ、都構想の実体を見極められなかった自分たちのほうではないか。なんとなくフレッシュなイメージ、なにかが変わるという漠然とした期待、そんなものは心象にすぎず、まんまとイメージ戦略に乗せられているだけなのに、さも自分たちは、知識があって既得権益を解体する改革の志をもっているかのようなポーズで弱者を「既得権者」に仕立てて、口撃する。

 しかし、騙されてはいけない。むしろ、彼らこそがこの格差社会の既得権者であり、それを守ろうと必死なのだ。だから、その守護神である橋下にはなんとしても生き残ってほしかったのだろう。
 
 そして、投票結果が出たあと彼らが「シルバーデモクラシー」「老害投票」などと言って世代間格差の問題にすり替えたのは、その自分たちの邪な動機を隠蔽しようとしたからに他ならない。

 もう一度繰り返しておく。改革者のふりをした意識高い系=新自由主義者には騙されてはいけない。

(エンジョウトオル)

| 未分類 | コメント(0)

相も変わらずのブーメラン効果!  佳子内親王を脅迫した犯罪者の正体は行動する保守支持のネトウヨ!! にもかかわらず2ちゃんなどのネトウヨ御用達掲示板で犯人は在日朝鮮人だのデマをばらまいた事実 流石は関東大震災で在日朝鮮人の大虐殺を行った国だけのことはあるわ

http://lite-ra.com/2015/05/post-1124.html
「佳子さま脅迫犯は“在日”」はデマ! 容疑者は安倍首相を支持するネトウヨだった!
【この記事のキーワード】ネトウヨ, 小杉みすず, 皇室
2015.05.22

kakosama_150408.jpg

「2ちゃんねる」上で脅迫された佳子内親王(YouTube「FNNnewsCH」より)


 巨大ネット掲示板「2ちゃんねる」上で佳子内親王を脅迫したとして、20日夜、東京・大久保在住の男(43)が逮捕された。佳子内親王を名指しして「逆らえないようにしてやる」「ICUには同志の仲間がたくさんいる」と書き込み、皇宮警察の警備を強化させるなどした偽計業務妨害の疑い。報道によれば、男は調べに対して「警察の業務を妨害するとは思わなかった」「スレッドを盛り上げるための悪ふざけだった」と話しているという。

 警視庁の対応もやや過剰だと思うが、もっと唖然としたのは、この犯人逮捕の報道後、すぐさまツイッター上にこんなカキコミがあふれたことだ。

「新宿区大久保在住で皇族を脅迫って…朝鮮人しかいないだろ…」
「佳子様を脅迫した犯人を 日本人かのように報じてますが 通名報道の可能性が高いかも 住所→新大久保コリアンタウン 無職→彼らの3分の2は無職」
「佳子さまを脅したのは、新宿新大久保の日本人成りすましの在日朝鮮人らしい。乗っ取られ日本マスゴミは通名報道」

 しかし、本サイトが容疑者のものとみられるツイッターアカウントを調べてみると、そのプロフィールには「行動する保守運動支持」との自己紹介が。さらに、頻繁にこんなツイートを投稿した形跡が見られたのである。

〈これ迄、日本人の無関心、日本人の和を尊ぶ国民性につけこんで、どれだけ反日在日、外国人、サヨク、メディアが跋扈していたか! こいつ等は弱者を騙る敗戦利権既得者共だ〉(2013年1月16日)

〈結局暴力反原発、不逞在日、慰安婦と ぜーんぶ繋がってますがな〉(13年2月18日)

〈韓国や在日韓国朝鮮コミュニティが嫌いな最大の原因は、彼等の社会に日本に関して『反日』というキーワードで思考停止し自浄能力が全く働いてないところ。強制連行や従軍慰安婦など次から次へと嘘の上塗りをして、日本人が怒らないと思っているのは正気の沙汰ではない。そこんとこわかってる?〉(13年4月2日)

〈朝日新聞はもはや新聞ではない。というかずっと前からだか。
朝日新聞は単なる反日原理主義者の機関紙にすぎない。反日原理主義で有ることが利である団体、個人が崇拝しているだけ。カルト宗教と全く同じ。
彼等は自分に異を唱えるものは全て敵対視し攻撃を加える〉(14年8月22日)

(沖縄の反基地運動として他のユーザーが提示した写真を引用しながら)〈沖縄の朝鮮左翼? いや、支那人に行動が似てるな。人の車に勝手にのっかり、勝手な主張。悪い奴らだ。”うわぁ〜(; ̄ェ ̄) 仮に同じことされたら間違いなくマジギレしてこの婆ブン殴ると思う…〉(14年6月30日)

 実際、男は、行動する保守系のデモに何度も参加希望を表明していた。在特会前会長・桜井誠氏についても賛同の姿勢を示し、〈異常反日国家に対して、日韓友好を呼びかける者は精神異常者か犯罪者かのどちらかです〉というツイートをリツイートしたり、また、こういう投稿をしたこともある。

〈私は闇雲に朝鮮人は全員悪という主張は賛成できない。しかし在特会の会長である桜井さんは筋が通っていると思う。在特会の活動自体は是々非々があるものの、彼の著書を読んだことがあるが朝鮮人や朝鮮文化、在日問題に関しては造詣が深いと感心するしその行動力は見習うものがある〉(14年7月16日)

 一方、サヨクは生理的に嫌いだったらしい。

〈純粋にサヨクの人に聞きたい なんでお風呂に入らないの? もしくはお風呂に入れないの? 先日サヨクの集会を偶然見たけど、もうクサイ、クサイ、クサイ 煽り抜きで、本当に臭い。・°°・(>_<)・°°・。〉(12年11月30日)

 このように男は、明らかに在特会ら行動保守にシンパシーを感じ、ヘイトデモに賛同し、「サヨク」や朝日新聞を嫌悪し、「在日特権」というデマを信じ込む、ネット右翼の典型のように見える。

 そして、気になるのは、安倍首相に関連するツイートだ。安倍首相のTPP交渉に関するブログらしきものを読み〈これは絶対によんだほうがいいよ!いかに安倍さんがいかに凄いかがわかる。賢い人だ!〉と絶賛するユーザーに対して、〈この方とほぼ同じ見解です〉という返信をしている。

 またニュース記事を引用し、〈最高!! 安倍首相演説会..中国や韓国の記者も参加を希望したが、認められなかったという〉というツイートに対しては、男は〈やっぱりね、一度挫折して這い上がってきた経験はでかいね〉と好意的な感想を述べている。

 13年2月の日米首脳会談については、こう安倍首相を評価。

〈安倍首相ですが予想以上の成果でしょう。なにしろ日本のTPPを参加する場合の基本姿勢を反映したことだ。これで他の交渉国は「日本だけ例外を認めるのか?」という声が出るのは想像に難くない。大きなアドバンテージ。緒戦は日本が先手取ったとみていい〉

 こうなってくると、男の安倍首相像が気になるところだが、古い投稿を読んでいくと、それはおぼろげながらも見えてくる。

〈椎間板ヘルニア、鈍痛続いて拉致があかないんで、ブロック注射してきました。職場に行きたいが、先ずは治さなきゃ。早くバリバリ仕事したいけど回り道なんないようにしなきゃ。正直安倍さんには今の自分の姿、投影してちょぴり勇気をもらった〉(12年12月17日)

 また、他のユーザーとの会話で、安倍自民党支持を表明したこともある。

〈お初です。(朝日新聞は)完全にアタマいかれてますな。取り敢えず、今は安倍さん初め保守派に選挙で勝利するよう国民で護り、時が来たらこいつら売国奴を根絶やしにしなけりゃね〉(12年11月30日)

 はたして、こうした安倍首相へのシンパシーはどう分析すればよいのか。やはり、我が国の首相には、ネトウヨを惹きつけてやまないものがある、ということだろう。

 と、そういうふうに言うと、かならず返ってくるのが、「なんでもかんでも安倍首相に結びつけるレッテル貼りだ」という台詞だ。もちろん、そんなことはわかっている。安倍首相を支持してる者が全員ネトウヨというわけではないし、皇族を脅迫するわけでもない。

 しかし、その「なんでもかんでもレッテル貼り」をやっているのはまさに、安倍首相を支持するネトウヨのみなさんである。今回の佳子内親王脅迫の件で出頭した男を「通名を使った朝鮮人」などとデマを振りまいた人々のことを考えてもらいたい。その論理は、「新大久保に住んでいる」「無職」だからと、まったくもって無茶苦茶。しかも、男がネトウヨ的思考を持っていたことが判明しつつあるにもかかわらず、それでもなお「皇族脅迫は、ネトウヨになりすました朝鮮人の仕業だ」などと言っているのだ。

 こうしたトンデモデマがネット上ではびこり、鵜呑みにする者が出てくることで、また新たなネトウヨが誕生する。そして、自ら“敵”を捏造して、デマを流し、憎悪を煽っていくようになるのである。

 この負の連鎖を断ち切るためには、ひとつひとつのデマを徹底的にツブしていくしかない。
(小杉みすず)

| 未分類 | コメント(3)

柔術プリースト 182 バリカタ柔術RADIO 10

Jiu Jitsu Priest #182


生田誠のバリカタ柔術RADIO #10

| 未分類 | コメント(0)

日本民族は戦前も戦後も非常に残念な事に支配者階級に都合のよい家畜でしかない現実

overtime-work-comparison-e1431917061549.jpg
slave-2.jpg
Nagasaki-cremation-boy.jpg


http://m-hyodo.com/education-7/

家畜の国から

2015年5月18日 [教育]

ツイート

(「家畜の国から」は、長くなったので、2回に分けて配信する。2回目の配信は、1週間後の日曜日(24日)を予定している)

Togetter(トゥギャッター)に「黒人奴隷の労働状況を知り、嘆かずにいられない現代日本の社畜たち」というまとめが載っている。

東京の大手メディアに愚民として洗脳された日本人を、わたしは奴隷とは呼ばずに「99%の家畜(抵抗しない、考えない羊)」と呼ぶことが多い。

少なくとも奴隷は言葉をもっている。追い込まれると抵抗する。逃亡する。しかし、家畜は言葉をもたない。したがって考えることをしないし、抵抗もしない。

このTogetterに、そういった問題意識はないのだが、結果的に、日本の奴隷以下の家畜の現実がリアルにまとめられていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュース批評

もともとは、アカウントネーム「beepcap Z3(防水)」の、次のツイートから始まったらしい。(引用するツイートは、ディスプレイ上の読みやすさを考慮して、兵頭の方で読点を増やしたり、句点の打ち忘れを校正したり、顔文字は、文字化けするので削除してある。リンクを辿(たど)れば原文を読むことができる)

「いやこの間黒人奴隷の記録のドキュメント見つけたら、「朝9時から夜21時まで机に座り、綿を糸にし続けなければならず、過酷だった。休息は昼に2時間、夜に1時間しか許されていなかった」とか書いてあってさ…

過酷だなぁ(棒)」

これに対する、おもだった返事のツイートを紹介すると、こんなものがあった。

「タツコマ※喪中

@beepcap 産業革命期のイギリスは、18時間労働。休憩は昼30分、夜30分で一応食事が出たとか。

@tatukoma1987 なるほど…やはり産業化して、人が数に換算されるとおかしくなるんだなぁ…」

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
週3回(月・水・金)の定期配信です。それに、ほぼ週1回の臨時増刊号を加えています。(実質、ほぼ週4回になります)
初回お申し込みの、当月は無料です)
メルマガ登録・解除
兵頭正俊の優しさ出前
>> サンプル
詳細ページへ
powered by まぐまぐ!


(無料メルマガのお申し込みはこちらからです。ほぼ日曜日ごとの、週1回の配信です)
メルマガ購読・解除
兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相
購読 解除

読者購読規約 
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!


このあたりは、まだ勘違いのもとにやりとりがされている。しかし、「タツコマ※喪中」の次のツイートで、黒々とした日本の家畜社会の真相が明らかになってくる。

「@beepcap なお、ワタミはお察しで、都市部小児科医は36時間労働で、休息は食える時に食い、休める時に休む野戦病院状態」

(この国で国民は、働き、税を払うために生まれる)文字を水色にします

(この国で国民は、働き、税を払うために生まれる)

このあたりになると、日本の惨状に少し気付き初め、ワタミとの比較に及んでいる。労働時間の比較から、自分が奴隷以下の労働環境にいることに気付いてくる。

「くますけ

あれ? 奴隷って俺より休憩もらってね?

東雲キョウ

「奴隷」とかはおいといて(すみません)、労働時間とか待遇だけを見るとすっごい優良! 羨ましい。

まさき

現代日本のサラリーマンの方が、奴隷より劣悪な労働環境で働いてるのか。

ひつじのはね

休憩なしで朝から夜も当直でぶっ続けで働いて、3日間家に帰れない職業…お医者さん!! 大丈夫?ってレベルじゃないと思った。休みだ~って、喜んでるから聞いてみたら、仕事終わりから次の日の朝までのことだった。それは休みじゃない!!

beepcap Z3(防水)

黒人奴隷の話700 RTもされてるし、日本の奴隷達多すぎでは」

ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュース批評

労働時間の多い、死のシステムこそ、政治を考える余力を国民から奪い、国民を家畜化する。その結果、体制を固定化する必須のシステムである。

日々、疲弊困憊した状況に国民を追い込むこと。政治や社会問題から国民を遮断し、余計なことを考えさせないこと。せっかくの休みに選挙を設定し、棄権させること。自分の将来さえ考えさせない状況に追い込むこと。情報はテレビ(東京の大手メディア)に限定させること。99%同士を対立させ、高齢者を切り捨てるときは若者を利用し、若者を切り捨てるときは高齢者を利用すること。かくして極東の戦争する家畜ができあがるのだ。
(「或るブラック企業には「365日24時間、死ぬまで働け」という言葉がある)

(「或るブラック企業には「365日24時間、死ぬまで働け」という言葉がある)

もう少し読んでみよう。

「りゅーじんまる

労働時間9時間って、普通にバイトやん(笑)。まぁ、いろいろ大変やったんやろうけど(笑)

橙雪

俺より勤務時間短いんですけど。

ARIKa

朝5時から23時まで、車の運転や現地調査やデスクワークをし続けなければならず、過酷だった。休息は昼は1時間もなく、夜に休息などなかった。

欠陥のツンツル

SEじゃねーか!!!!! というか、黒人奴隷のほうが良い環境だ(白目)

ARABIN★香料保存料着色料100%

休日あるのかな? あるなら奴隷になりたい。

44番目

9時間労働に過酷とかナメてるだろ。たかが、残業1時間だろ。

チースケ

二時間も休憩…夜にも休憩…昼飯の時間も取れなくて、9時~22時までの事務職とかあったなぁ…しかもその日の売り上げライン達成してないと、6時でタイムカート押されちゃうの。

マリリン

昨今のブラック企業も似たようなもんですね。

ケスギ 5月末はG2バーキン

それ以上の労働で、「雇用してやってる」と言われる我々現代日本って一体…

kumoyamori(HUTOI)

12時間拘束の3時間休憩…給料と休日しだいでは求人に応募が有るレベル。

ラウラ

@beepcap へ…つまり日本人のサラリーマンは奴隷以下と…カナシイスナ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュース批評

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

http://m-hyodo.com/circumstance-56/

家畜の国から(2)

2015年5月25日 [状況]

東京の大手メディアに、とりわけ衆愚製造機関の犬HKに愚民として洗脳された日本人を、わたしは奴隷とは呼ばずに、99%の家畜(自分が奴隷だと気付けない、考えない、抵抗しない、怒る人を笑う愚鈍な羊)と呼ぶことが多い。

そこで一週間前のメルマガでは、奴隷と家畜との違いを、「少なくとも奴隷は言葉をもっている。追い込まれると抵抗する。逃亡する。しかし、家畜は言葉をもたない。したがって考えることをしないし、抵抗もしない」と書いた。

このメルマガはその続きだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュース批評

ここで起こりうる誤解を解いておきたい。わたしは何も面白がって同時代の日本人を家畜と呼んでいるのではない。わたしとしても、家畜化された鈍感な日本人に対して悔しい思いは人一倍ある。

しかし、遠慮気兼ねをする時期はすでに過ぎた。日本民族は、今や「日本スゲー系」の、1%への同調圧力のもと、誇らしげに戦争にひた走っている。誰かが、はっきりいわなければ、日本民族は自分を知ることもなく、威張り散らしながら滅んでいく。

わたしは最近、体験の大切さを痛切に感じる。人は本で学ぶことはできる。しかし、本で体験することは不可能だ。「読書体験」といい、読書による「追体験」という。しかし、それは言葉による体験だ。匂いや感覚、イメージ、信念といった深部の論理まで、本が人を変えることはできないのである。

現在の戦争に向かう時代状況は、戦争体験者が、国会にも世間にも激減したことによってもたらされている。米国が何をいおうとも、それにだまされない、隷属しない戦争体験者が、日本から消えてしまったのだ。
(妹を焼き場に運んできた少年)

(妹を焼き場に運んできた少年)

敗戦から70年、いよいよ戦争で食っていく国に日本は堕落していく。この70年という年月は、おそろしいまでに体験の大切さを物語っている。

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
週3回(月・水・金)の定期配信です。それに、ほぼ週1回の臨時増刊号を加えています。(実質、ほぼ週4回になります)
初回お申し込みの、当月は無料です)
メルマガ登録・解除
兵頭正俊の優しさ出前
>> サンプル
詳細ページへ
powered by まぐまぐ!


(無料メルマガのお申し込みはこちらからです。ほぼ日曜日ごとの、週1回の配信です)
メルマガ購読・解除
兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相
購読 解除

読者購読規約 
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!


敗戦の年に20歳だった若者は90歳だ。30歳だった者は、もう他界しているだろう。かりに生きていても、戦争の悲惨を語ることはもうないだろう。

日本の政界を嚮導している政治家たちには、すべて戦中体験がない。

菅 義偉 1948年(敗戦から3年後に誕生)

山口那津男 1952年生まれ(敗戦から7年後に誕生)

安倍晋三 1954年生まれ(敗戦から9年後に誕生)

念のために、政界を引退すると大うそを吐いた橋下徹を見てみると、

橋下徹 1969年生まれ(敗戦から24年後に誕生)

こうして並べてみると、若いほど戦争に無頓着で、ためらいがないことに気付かされる。

安倍晋三、山口那津男の、敗戦から7~9年後の誕生といえば、それからさらに7、8年たって、かれらは小学校に入ったわけだ。そのころは、もう少なくとも表面上、日本に敗戦の痕跡はなくなっていた。日本では弁当や給食も立派なものが出てきた時代だ。

せめて戦争がもたらした貧しさ、ひもじさの記憶があったらいいのだが、かれらの世代にはそれもない。あるいは少ない。

かれらには、太平洋戦争は完全に過去の本のなかだけの世界だ。体験としての戦争の怖さも平和のありがたさも、かれらにはない。

橋下徹にいたっては、60年安保も全共闘運動も知らない。当時の時代の匂いさえ嗅いでいない。

戦中派が戦争の悲惨を語るとき、よく泣く。二度と戦争をしてはならない、と語って泣く。体験からくる反戦は転ぶことはない。

しかし、人はどのような反戦の名著を読んでも、泣いて反戦を語ることはない。反戦の読書体験は、保身と実利によって変わる。わたしはそう思っている。

現在の戦争に向かう状況では、総体的に知のレベルが落ちてきた。もっとも目に付くのは99%の家畜化である。しかし、政治家も大学教師も、メディアも経済界も、総じて1%全体も家畜化してきた。

戦争は政治の敗北の延長だ。そこでは暴力が権力を握る。知的な世界が背景に退くのは必然である。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュース批評

ひとつの民族を「家畜」として見るのは、「ユダヤの民法」といわれる「タルムード」から見ると、別に変わった見方でも何でもない。少し読んでみよう。

「ゴイム(家畜のこと、ゴイの複数形。ここではユダヤ以外の他民族のこと 注 : 兵頭)は荷馬車のようにユダヤ人たちに奉仕するのだから、かれらの生命及び能力は共にユダヤ人の所有物である。ゴイムの生命とかれの全ての肉体的力とはユダヤ人に所属するものである」

「「わたしはあなたの父上にある物を与えたが、かれは死んでしまった。だからあなたはわたしにそれを返さねばならない」という嘘をついても、あなたが嘘をついているということをゴイ(家畜 注 : 兵頭)が知らない限り、神の名が汚されることはない。ユダヤ人は、はっきりとした意識を持って偽証をなすことを許されている」

「すべての世界はユダヤ人のものであり、すべてのものがユダヤ人に仕えねばならない。とりわけ「人の形をした動物たち」は」

「イエスは私生児で生理中に受胎し、エサウの魂を持ち、またかれはバカで呪師で誘惑者である。そして十字架につけられ地獄に埋められ、死後、かれの弟子たちにより偶像として祭り上げられた」

「このマリアはスターダ、つまり娼婦である。それはバンバディータでいわれているように彼女は夫から離れ、姦淫を犯していたからである」

この「タルムード」の終末論的な暗さ、キリスト教への憎悪は延々と続く。

国家や宗教は、ロスチャイルド一族 = 国際金融資本(米金融ユダヤ)の上に立とうとする。国家や宗教はロスチャイルド家(一族)への、隷属の妨げになるので、いずれTPPでも「撤廃」が目指されよう。

日本民族の家畜化は、大きな絵を描いてみると、TPPによって現実化する。単に、わたしだけが状況論で使う概念ではないのだ。

日本が、99%のみならず1%も家畜化していることを知るには、米国の日本に対する姿勢を知るのがいい。

TPPがまとまれば、これまで以上にモンサントの遺伝子組み換え技術が、大量に日本に入ってくる。モンサントの思想は、人間蔑視の思想であり、農家のみならず、人間を家畜化する思想だ。

品種改良による農業の進歩をモンサントは禁じる。巨大アグロバイオ(農業関連生命工学)企業が生み出したターミネーター技術とは、タネを品種改良して、自殺する遺伝子を組み込むものだ。

農家が1度収穫すると、2回目の発芽時に、種子は自殺している。それで農家は、毎年同じタネをモンサントから買わざるを得なくなる。

つまり、タネをまいて、育てて、実がなって、タネをとることはできる。しかし、次のシーズンにそのタネをまいても、もうこのタネは自殺していて発芽しないのである。

この自殺する種子で、モンサントは世界の農業を、ひいては世界そのものを支配する。

農家は、生きていこうとする限り、必ず、モンサントから新しいタネを買い続けなければならない。農家が飼っていた牛や豚に、農家自体が変えらる。そして新しい主人モンサントに飼われることになる。農業を営み、永遠に富をモンサントにもたらす新しい家畜の誕生だ。

このターミネーター技術は、さらにトレーター技術に発展した。これは植物が自然に備えている発芽や実り、耐病性などにかかわる優れた遺伝子を人工的に破壊する。それで農家に収穫をできなくして、今度は抗生物質や農薬などの薬剤を販売する。

これを散布しない限り、耐病性などの優れた遺伝子は働かないようにしてある。農家としては薬剤も買わざるを得ない。

モンサントの企業思想は、種の保存や人間の健康、農家の幸せを無視して、企業の金もうけだけを考えた思想である。それは徹底しており、農家を人間としてではなく、人間としての自殺、すなわち永遠に使役される動物、家畜に変える。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュース批評

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

| 未分類 | コメント(0)