カムイに学ぶ武士道  大河ドラマなどでカッコよく描かれる武士…武士道… しかし、その起源は”足軽”というネトウヨヤクザみたいな連中だったし… 犬や人間を的にして弓の練習をするなどした犯罪集団だったわけです。 いつのまにか、特攻隊や日本軍のご立派な神話ができつつあるわけですが、少し見方を替えれば、犯罪集団となんら変わるところのない実態が、少なからずあったわけです。 武士や軍隊に”幻想”を抱いてはいけません。











http://ameblo.jp/shyusui/entry-11991264556.html

武士道
2015-02-17 23:10:10
テーマ:天空の星

大河ドラマなどでカッコよく描かれる武士…武士道…

しかし、その起源は”足軽”というネトウヨヤクザみたいな連中だったし…

犬や人間を的にして弓の練習をするなどした犯罪集団だったわけです。


いつのまにか、特攻隊や日本軍のご立派な神話ができつつあるわけですが、少し見方を替えれば、犯罪集団となんら変わるところのない実態が、少なからずあったわけです。

武士や軍隊に”幻想”を抱いてはいけません。

それで現実に日本は一度滅びたのです。

憲法9条の”幻想”で滅んだことは、いまだありません。

どうせ”幻想”をみるなら、結果がまだ出ない方に賭けるものでしょう…


結局は、力づくで奪ったモノを法律でロンダリングして正当化し…

そのペテンを悟られないように、タブーを作り、無知無学のままにおこうとする…


いくらカッコよく描いたところで本質は誤魔化せません…

確かに民衆は、無力であり、「秩序」という名の暴力にしたがうしかないのでしょうが、こころまで支配されるのは本人の問題というほかありません。

もっとも、話の通じない輩は健在であって、それを制圧する力が必要だというのはわかりますが、そういう口実で、話もできない”力づく”の「秩序」という無法が形成されてきたというのが、人類の普遍的な歴史とではないでしょうか…

そのような無法に、人々はしたがう義務などありません…


しかし、思考が停止している人は区別しません…

力ゆえに、やむをえずしたがっている場合と、法ゆえに、良心に基づきしたがっている場合とを…

ご都合主義者は、ただ強者にへつらい、自分というものをもたない…


個人主義というのは、自分の良心、自分の道徳の規準をもつということです。

つまり、力に従う場合と、法(良心)にしたがう場合の区別がついているということです。


思考停止している者には”良心”はあるのでしょうか?…


力に屈している場合には、それを覆す気概と戦略が必要なのですが、思考停止者は、考えてなどいないでしょう。

ただ、自分の快楽が満たされていればよいのです。


欲望にしたがう者は、こうしてしばしば力に従い、法や良心を蔑ろにするものです。


このようにしてできる”秩序”にいかなる”正当性”があるのでしょうか?…

そのような”権力”は、無常の風に当たれば雲散霧消する運命にあるのです。

| 未分類 | コメント(0)

歴史は再び繰り返す 安保デモと反原発デモ (  ̄д ̄) それはちょうど安保闘争が、今日の反原発そっくりに高揚していたころのことである・・・(`・ω・´)岸がのぶたに、アイクがオバマに変わっているだけだろ?(#`ε´#) そして核マフィアのビジネスを請け負っているようにこのときも警備を請け負ったってわけだ。((o(-゛-;) いくら警官が少ないと言ったって、市民のデモに対し、ヤクザを雇うか? 自民党の本性が現れているよね。彼らが保守する”国”とか”国のかたち”の実際なんだろうね。 企業は株主総会などで平気で”総会屋”などを雇うけどね。東電では警察が”総会屋”だったらしいが?((o(-゛-;) いくら警官が少ないと言ったって、市民のデモに対し、ヤクザを雇うか? 自民党の本性が現れているよね。彼らが保守する”国”とか”国のかたち”の実際なんだろうね。 企業は株主総会などで平気で”総会屋”などを雇うけどね。東電では警察が”総会屋”だったらしいが?((o(-゛-;) いくら警官が少ないと言ったって、市民のデモに対し、ヤクザを雇うか? 自民党の本性が現れているよね。彼らが保守する”国”とか”国のかたち”の実際なんだろうね。 企業は株主総会などで平気で”総会屋”などを雇うけどね。東電では警察が”総会屋”だったらしいが?右翼がヤクザに頭を下げて頼みごと。”お国のため”だそうですよ!動員数一万人!!静岡と神奈川のバスをすべてチャーター! (゙ `-´)/ アメリカの大統領をデモ隊から守るためですね・・・ (#`ε´#) アメリカの大統領を守ることが”国のため”らしいですよ・・・よくわかんないけど・・・(  ゚ ▽ ゚ ;) おお!”反原発デモ”そっくりじゃねえか! ( ̄□ ̄;)!! 「維新行動隊」という右翼130人がトラックで国会裏側のデモ隊に突っ込んだってさ! ∑(-x-;) 何から何までいまそっくりじゃのう! ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ これでまだ自民や右翼の正体がわからないようなのは「国民」なんかじゃないよ。























http://ameblo.jp/shyusui/entry-11410003789.html

堅気は家畜、ヤクザは人間
2012-11-21 22:47:26
テーマ:マネー

たとえば宝くじを、買おうとするのは家畜。売ろうとするのは人間・・・・

という基準で”仕分け”をしてみたところ、どうもこの基準でいくと、常にヤクザは”人間”のようである。


(* ̄Oノ ̄*)このことは、世の中の仕組み、真の姿を示唆しているような気がしてならない。


(-"∀"-;)b 一般庶民は、自分たちがやくざより上位であるかのように思っている。

(ノ゚ο゚)ノ だが、マネー中心に現実の”支配-被支配”関係を見てみるとそうではない。


(-。-;) ちょうど江戸時代、”士農工商”と言われて、農民の身分は第二位であった。

川-。-川 しかし、それは農民が武士の”家畜”、すなわち”財産”だったからである。

(゙ `-´)b 身分は高くても”工”や”商”を支配しているわけではなかった。



( ̄∩ ̄# セレブの”飼い犬”は、並の人間よりよい生活をしているが、あくまで”犬”である。


((o(-゛-;) 別に「支配する側がエライ」などとは思わないのだけどね・・・

(ノ´▽`)ノ 「民主主義」だ「国民のみなさま」だのと言われるが、現実は百姓・・・ただの家畜・・・

┐( ̄∀ ̄)┌まあ、おめでたいものだね!事実が伴わなくとも言霊だけで信じていられるのだから。


( ̄▽ ̄)=3 さて、そしてその”人間”ヤクザだが・・・昔から右翼や自民党と縁が深いのだ・・・

(  ̄д ̄) それはちょうど安保闘争が、今日の反原発そっくりに高揚していたころのことである・・・

バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇ バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇

(`・ω・´)岸がのぶたに、アイクがオバマに変わっているだけだろ?

(#`ε´#) そして核マフィアのビジネスを請け負っているようにこのときも警備を請け負ったってわけだ。

バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇ バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇
((o(-゛-;) いくら警官が少ないと言ったって、市民のデモに対し、ヤクザを雇うか?

自民党の本性が現れているよね。彼らが保守する”国”とか”国のかたち”の実際なんだろうね。

企業は株主総会などで平気で”総会屋”などを雇うけどね。東電では警察が”総会屋”だったらしいが?
バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇ バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇

右翼がヤクザに頭を下げて頼みごと。”お国のため”だそうですよ!
バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇ バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇
動員数一万人!!静岡と神奈川のバスをすべてチャーター!

(゙ `-´)/ アメリカの大統領をデモ隊から守るためですね・・・

(#`ε´#) アメリカの大統領を守ることが”国のため”らしいですよ・・・よくわかんないけど・・・
バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇ バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇

(  ゚ ▽ ゚ ;) おお!”反原発デモ”そっくりじゃねえか!

( ̄□ ̄;)!! 「維新行動隊」という右翼130人がトラックで国会裏側のデモ隊に突っ込んだってさ!

∑(-x-;) 何から何までいまそっくりじゃのう!

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ これでまだ自民や右翼の正体がわからないようなのは「国民」なんかじゃないよ。
バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇ バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇
(`・ω・´) そういうなかで死者まで出て、政府はアイクの訪日を断念したのだが・・・

(`(エ)´)ノ_彡 のだはな~んにも”中止”なんかしないみたいだしな!


アメリカに敗北した大日本帝国は、てんで犬ニッポン低国となりはててしまっているのです・・・わんわん!

( ̄へ  ̄ 凸 まあ、”家畜”が何を言おうと騒ごうと”人間”じゃないから関係ないですね。

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 169


| 未分類 | コメント(0)

新日本のプロレスラー2人がアクシス福岡に体験入門





| 未分類 | コメント(0)

権威や権力にひれ伏す右翼とは大違いで、国や大手マスコミの発表だがらと頭から信用するなど左翼ではない。(それは保守である) そもそもアメリカ大統領とか日本国首相の言葉や大手メディアの記事が全部信用出来るなら、この世の中にオルタナティブな『逝きし世の面影』の様な政治ブログなどの余計な物は一切必要ないのである。 それにしても日本のマスコミの劣化が激しい。ほぼ若年性痴呆症状態で、自分が今書いたことを即座に忘れているのであるから情けない。











http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/90162a17099ccf933df50b8ddb4af755

ある出来事がGoogle検索から"消えた"?
2015年02月20日 | 社会
『緊急インタビュー  ISIS(イスラム国)広報部に聞く』(あまりに愉快なので記事全文を掲載します。この問題の核心部分を正確に突いている)

ついに、ここまでやるかという、21人一斉斬首映像事件を受けて、急遽、当ブログでは、極秘ルートを通じて、過激派組織ISの広報部員と接触することに成功した。
以下、その電話インタビューの一部始終をお伝えする。
-----------------------
Q あなたは過激派組織ISの広報部員でしょうか。
A ああ、そうだ。われわれは過激派組織ISだ。言っておくがイスラミック・ステイトなんかじゃねえ。ただのアイスだ。まあ「愛す」と呼んでもらってもいいが。

Q 年明け以来、ISの活躍はめざましいが、広報部としてはどんな印象でしょうか。
A 人使いが荒いってえか、俺たちが今年にはいってから、どんだけの残虐動画を配信したか、分かってるか。残業代も出ねえし。

Q 昨日は、21人の斬首映像を流されましたが。
A あんだけの迫真の動画を撮るのに、どんなに苦労したか、メディアの人間なら分かってくれるよな。カメラ50台、撮影班200人を動員した。しかも根拠地から遠く離れた北アフリカときた。急遽、北アフリカへ飛べってんだから、年明け以来、俺たちは休みなしだぜ。

Q あのような残虐映像を流せば、被害国が攻撃してくることは分かり切ったことで、過激派組織ISにとっては、どんな利益があるのですか。
A 俺もそう思うよ。何にもしなきゃ、あの国は、覇権国の国務長官が訪問した昨年秋も、日本の総理がバラマキを発表した1月も、俺たちを攻撃することには及び腰だったんだ。わざわざ挑発して、攻撃されることはねえと思う。

Q それなのに、どうしてあれほど残忍な映像をあげたのですか。
A そんなことは知らねえ。とにかくできるだけ残忍で派手な映像をあげろと。
敵国は大量死刑をものともしない国だから、半端な映像じゃ驚かねえからと言われた。仕方がないから、21人並べて斬首する壮観なシーンは、俺が考えた。

Q 今月、2月始めには、隣国のパイロットを焼殺する映像もアップされましたね。あそこまでする必要があったんですか。
A だから、できるだけ残忍な映像を作れってのが、上からの指示だって。どう考えたって、パイロットは生死不明の状態にしておいた方が、隣国の国民は動揺して、空爆を控えるはずだ。誰が考えたってそうじゃねえか。だけどお上には逆らえねえ。
イスラムでは遺体は埋葬にすることになってんだから、焼き殺すのはタブーじゃないかって?だから、俺たちは、どこぞの国営放送が言うような「イスラミックステイト」なんかじゃねえって。ただの「アイス」。「愛す」って呼んでくれるともっと嬉しいけどな。

Q 日本人の人質事件では、処刑場面の動画は配信しなかったようですが。
A あんときは、上からの指示が、できるだけおだやかな…

Q おだやかですか。
A ああ、できるだけ穏やかなシーンでないと、日本人は自分の国の国民が殺されるシーンが写っていては、ビデオ自体を見てくれないだろう、と。
恐怖心を植え付けるには、警告メッセージだけで十分だと言われた。静止画だとか、経費も安上がりだしな。どうせ日本はカネのバラマキと『人道支援』をすれば十分だからと。

Q それって何か、覇権国が言っていることと同じに聞こえますが。
A だから、言ってるじゃねえか。上からの指示だって。

Q 日本では報道されませんでしたが、日本人人質事件の直前1月中旬には、旧社会主義覇権国の人質の殺害も配信していますね。
A ああ。情報員2名を殺害した映像を配信した。

Q あらゆる国を敵に回すことになりませんか。
A 上からの指示だって。

Q イスラム国家を建国するということだと、国際社会で承認される必要があるのではないですか。イスラエルも植民国家ですが、公式かどうかはともかく、欧米諸国が、後ろ盾になっているでしょう。イスラム国も植民国家として認知されるためには、後ろ盾が必要なはずではないですか。
A 俺たちの仕事は、上から言われた残忍な映像を配信して、アイスは、残忍だというイメージを世界中にばらまくことだ。それ以上のことは知らない。

Q 覇権国の女性人道活動家の件について、隣国の空爆によって死亡したということでしたが、これまでの手順からすると、少し異例に見えましたが。
A あれは、俺たち動画班は関わっていない。俺から見ても、中途半端だ。残忍さのメッセージ性が欠けている。地上部隊の本格投入か、限定投入か、覇権国自体がはっきりしないってよ。

Q ISに共感する世界中の若者が2万人、渡航していると報道されていますが、実態はどうでしょうか。
A おっと、それは秘密だね。俺たちのサイトが、どこの国でも遮断されずにリクルートできる肝は、そこにあるからな。
ネット遮断なんて、簡単なことだ。
現に民主化運動が本当の脅威だと考えている国では、T事件を完全に遮断しているじゃないか。本当に脅威なら遮断すればすむだけのことだ。そこを秘密にすることが、俺たちの外交戦略というか、監視ネットワークを構築したい奴らとの手の打ち所ってえか。

Q 日本では、謎の「イスラム国」と呼ばれていますが、本当の目的は、何なのですか。
A だから、俺たちは過激派組織「アイス」だって。過激に振る舞うことが俺たちの役割だ。そん先なんて知ったことじゃねえ。俺でもわかるのは、まだイラク戦争は終わってないってことだ。国家を破壊した覇権国に対するイラク国民の抵抗は続いている。それを残忍なイメージに塗り替えるというのは、俺たちに課された任務の一つらしい。

Q 先週、国連安保理で、身代金取引が禁じられ、石油も価格が低迷して、ISは資金難だと報じられていますが。
A 俺は広報部だ。資金の話は、財務部に聞いてくれ。
 ここだけの話、俺たちのおかげで、得した奴らの利益はすごいぜ。
覇権国も日本も過去最高の軍事予算、表現の自由大国も軍削減3カ年計画を見直すし、西側軍事同盟は緊急展開部隊5000名を新設して、緊急即応部隊は1万5000人から3万人に増やす。国連PKO部隊も国連事務次長が21世紀にふさわしい装備に更新すると発表したじゃないか。
そこら当たりで儲ける奴らと、俺たちは持ちつ持たれつというか、共依存ってえか。戦争にウソはつきものだ。だから、そんなとこじゃねえかと俺は思うけどな。

おっと時間だ。次の動画作成にかからねえと。
2015年2月17日 (火)街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋


『グーグルが乗っ取られる??』

2015年02月18日付け『2月2日のある出来事がGoogle検索結果から"消えた"ことが意味することとは?』とのタイトルのハフィトン・ポストの記事では、

『2015年2月2日のある出来事が、存在しなかったかのような状況になっている。
Googleである複数ワードで検索をすると、何も検出されない事態になっているのだ。スマートフォンなどの情報端末を含むインターネット通信が発展した今、検索は情報を得る手段として日常やビジネスにおいて重要な要素となっている。
検索結果の2ページ目以内に結果が表示されなければ、この世に存在しないと表現されるほど、検索上位に出ることは検索エンジン対策(SEO)ビジネスが存在し、企業が躍起になってSEO対策を講じるほど重要なことだ。
2月9日のこと。
メジャーな検索エンジンであるGoogleで、「後藤健二 報道ステーション 2月2日」で検索しても、検索結果が何も出てこないということをSNSで知り、やってみたが確かに何も出てこない。』
という。
この、報道ステーションの2月2日の報道内容とは日本政府(安倍晋三)による後藤健二氏などの日本人2名の人質交渉の対応だった。
具体的には、
『安倍総理は、外務省の進言を無視して日本人2人がシリアで拘束されていることを知りながらもエジプトでISILに対抗するために2億ドルの支援を表明した』である。
2月20日朝に、『何も出てこない』との18日付けハフィトン・ポスト記事が事実かどうか、『後藤健二 報道ステーション 2月2日』で検索して、自分で試してみると、出るわ出るわ。
新聞とかテレビなど既存のメディアでは報道がゼロなのでネットと無関係な一般の市民は誰も知らない。
ところが、『2月2日のある出来事がGoogle検索結果から"消えた"ことが意味することとは?』とのネット記事は大勢が読んでいたのである。
『一つも無い』どころか、逆にてんこ盛り(炎上)状態なのですが、物事の流れとして当然こうなる。
『2月2日のテレビ報道』記事がグーグルの検索エンジンから消えている事実が9日頃にはネットで話題となっていて18日にはハフィトン・ポスト記事で紹介されていた。
日本政府の人質対応の『報道ステーションの2月2日の報道内容』がグーグルでは『検索できない』状態が、2週間程度は完璧に成功していたのである。
それにしても日本国(安倍晋三)の幼児化が凄まじい。
資本主義の社会では金さえあれば何でも可能だが、本来あるべき物が一つも無ければ、余計に目立つのです。
(本来は情報の洪水で目立たなくするアメリカ式なのだが、戦後レジームからの脱却で情報統制も全部を一網打尽に消す70年前に逆戻り。これでは間違いなく失敗する)
安倍晋三ですが民主党の岡田元代表の国会本会議の質問中に演壇上で自分の演説原稿を声を出して練習してい不真面目な映像がテレビで放映されているし、首相なのに予算委員会では野党議員の質問中に、なんの脈略も無く唐突に『ニッキョーソ』『ニッキョーソ』(日教組?)と閣僚席から野次る始末。日本は最高責任者の資質が子供なのです。


『禁止キーワード』

ネット空間では、ある一定の言葉は自働的に排除するようにスパムがあらかじめ設定されているのだが、困ったことに『禁止されたキーワード』が何であるかがの表示が何処にも無い。
以前に反戦塾さんへ日本の国是である対米従属の謎の一つとして、イタリアのニッコロ・マキャヴェッリの『人間というものは、危害を加えられると思い込んでいた相手から、親切にされたり恩恵を施されたりすると、そうでない人からの場合よりずっと恩に感ずるものである。』との君主論の中にある名言の一例として、アメリカのガリオア・エロアを出したのです。ところが、これが禁止用語だったので何度送ってもスパム表示が出てコメントがすべて駄目。最後にガリオア基金に書き換えたらコメント出来たとの御粗末な話も有る。
安倍晋三はクールジャパンの一つとしてアニメなど日本の漫画文化を世界に広める心算なのですが、世界から見える日本製アニメは『ヘンタイ』(変態)と呼ばれていることは知らないらしいのである。
何とグーグルブログでは『ヘンタイ』が禁止用語なのです。漢字やかな文字なら良いがローマ字表記ではブログ記事に書いても機械的に受け付けない設定になっていた。
日本のエロ漫画ですが、世界では『H・E・N・T・A・I』として知られていたのである。
青少年健全育成条例改正案(慎太郎ワールド)2010年12月23日 | 文化・歴史
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/1f64539bc3d7f1dfccdedf6a0381f7e1
日本では『可愛い』(キュート)は全てに優先する価値観だが欧米世界では軽蔑的な意味も含まれている。
欧米白人女性では初めてNHKの朝ドラのヒロインを演じるシャーロット・ケイト・フォックスさんは『アメリカでは女性は、パワフル 、ストロング、セクシー、その三つが合わさって、ビューティフルっていわれる』と日本とは大きく違うビューティフルの意味を指摘するが、キュートは褒め言葉では無くて『大人ではない』(子供である)との隠れた侮蔑の意味が有る。

『ISIS(イスラム国)の宣伝広報活動を、実質的に支援するアメリカのグーグルやマイクロソフト』

公共料金を滞納しても即座に使用停止にはならないが、電話料金の場合は1分1秒でも滞納すれば回線を切断されて使えない。
水道や電気やガスとは違い一々現場に出向かなくても、自由に電話会社がスイッチ一つで勝手に切断出来るのです。
そもそもインターネットはアメリカが軍事用に開発したもので、アメリカのグーグル本社の判断一つで、18日付けハフィトン・ポストの指摘しているように、不都合だと判断すれば即座に切断が可能なのです。(記事自体の削除も簡単だし、ネット上に記事が存在しても誰も検索出来なければ効果はほぼ同じ)
ISIS(イスラム国)が戦闘員のリクルートにインターネットを利用しているとの報道が本当なら、アメリカが空爆する以前にネット切断など簡単に出来る。
マスコミの報道が事実であるとすると、本当ならとっくの昔にスパム認定を行っていてISISのサイトは一般に視聴できない設定になっている。
ところが人質の首の切断など、世界中がこれだけISISの残虐性を大問題としているのに、いまだに一般市民の誰もがISISのサイトへのアクセスが自由に行える不思議。(アメリカの意識的怠慢に業を煮やした世界的ハッカー集団アノニマスがISISのサイトを妨害すると宣言している)
アメリカが、ISISの情報宣伝を野放し状態にして密かに支援している理由には、マスコミでは報道されないが高度な政治的な判断が当然行われているのである。
(アルカイダとはCIAのデータベースの意味だったとの有力な説が有るが、そのアルカイダから分離したISはCIAの宣伝広報部門の一セクション程度の存在)

ジャンル:
政治

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/b18c437f45199af514a091f8645635ad

医者も人間+医療は不確実=間違っても当然だ(何の責任も無い)
2015年02月23日 | 放射能と情報操作
『第一部最終回「がん社会はどこへ」の不気味すぎるタイトル』フクシマの4年目が目前に迫る

福島県での小児甲状腺がんの2人目発症で民主党の野田佳彦は解散を宣言して早々と逃亡したが、2012年末に成立した安倍晋三政権が初めて発表した福島第一原発事故での小児甲状腺がんの発表は衝撃的だった。
北朝鮮の3度目の核実験で日本国では新聞号外が出る大騒ぎの真っ最中の2013年2月13日、百万人に1人有るか無いか程度の極稀な病気である小児甲状腺がんが10人も発症していた。(3人確定7人疑い)
原発事故が起きるの前年の2010年の福島県(人口200万人)では小児甲状腺がんはゼロだったのである。
ところが、福島第一原発周辺の13市町村という極狭い範囲で、極短期間で10人もの発症が確認されていた。
10人が小児甲状腺がんだとの爆弾並の『平成23年度』とのタイトルの調査結果を福島県検討委が発表したのは2年前の2月13日。(検討委の言う『平成23年度』とは時間的範囲を指すのではなく放射能汚染度が最も高い双葉町や大熊町、大館村など13市町村を意味していた)
その福島県検討委の極悪インチキ発表から2年と5日後の2015年2月18日の毎日新聞の『がん社会はどこへ』との連載記事の最終回が何とも不気味である。
何と、新聞見出しが『医師も人間  医療は不確実』と大きく書いていた。
多くの日本人は今まで日本の医療を全面的に信用して医者に依存(判断を丸投げ)していたのに、今さら『医療は不確実』で『医師も人間』と突き放されても うろたえ慌てて意味も無くおろおろするばかりである。
この記事のサブタイトルの一つ目が『特別な治療は無い』、二つめが『両者が意識改革を』、そして最後の三つめの小見出し(結論部分)が『許しあう気持ちを』である。

『唐突に医療の基本は「自己責任」(自分の命は自分で守れ)と言われても・・・』

有識者(専門家)が、自分の専門分野を『知らない』事実を認める(今まで間違っていたことを開き直る)とき。
2月18日付け毎日新聞記事ですが、読んだが感想が『良く分からない』。タイトルは『医師も人間  医療は不確実』と明確なのに中身の記事が不明確。
編集した記者が何が言いたいのかが分からない。たぶん、医療とは、『自己責任』(自分の命は自分で守る)の世界であると言いたいのである。
毎日新聞の記事ですが、はっきりと『医療は自己責任である』(医者の責任では無くて、患者の責任)と書けば間違いなく叩かれるので曖昧にぼかしたと思われる。
医者が匙を投げれば後は坊主の仕事だとは誰でも知っているが、これでは酷すぎる。
毎日新聞ですが、少し前の2月5日(木)同社が発行する医学雑誌編集長・高野聡の『MMJ編集長のコラム記事で『がん検診の利益が不利益より上回るのは(確実なのは)3例だけだった』との衝撃の事実を掲載している。
がん検診や早期発見が『利益だけではなく、実は不利益も伴う。』ことを警告していた。
今までの一般的な常識とは正反対の『がん検診は大切だが、早期発見は万能ではない。』と結論付けている5日の毎日新聞記事だけでも不気味だが、『医師も人間 医療は不確実』との18日記事と合わせて読むと『マスコミが何を主張しているのか』が明瞭で、余計に不気味さが極まるのである。
なんと、『不確実なのだから→間違って当然だ』(今まで『間違っていた』が、どこが悪い)とケツをまくって開き直っているのである。
今までの日本なら決してありえない種類の出来事が、いま目の前で進行しているのですから恐ろしい。

『1年間の記事に書いた2年前の資料のソースとは』ネットウョ的な??工作員ってありなの

福島県の小児甲状腺がんの発表としては3回目だが安倍自民党政府としては初めての、問題の『2月13日福島県検討委発表』(原発周辺の13市町村だけで10人発症)を『逝きし世の面影』がブログに取上げたのは2013年2月15日であり、その衝撃的な内容に対して大きな反響を呼ぶ画期的な出来事だった。(悪質な御用経済学者の筆頭として有名な池田信夫までがこの『逝きし世の面影』に書き込んでいた)
その2年後の2015年2月15日に、1年ほど前に書いた関連記事に対して何とも不思議な理解に苦しむコメントが投稿されている。

いつも読んでいます。 (虎猫)
2015-02-15 22:20:08
『2013年2月の福島県検討委C判定76人のソースを、もしよろしければ、お伝えお願いできませんか?

私に調査能力が欠如しているためか、検索で見つけることができません。どうかよろしくお願い致します。』

虎猫さん、はじめまして (宗純)
2015-02-16 16:35:24
『ソースも何も、福島県立医大の行っている健康調査ですが、福島県検討委の発表以外では、環境省が、3県調査なるものを発表しているだけなのですね。根気良く公式ホームページを丹念に調べてください。必ずどこかに見つかるはずです。
それにしてもこの記事は1年近く前の2014年6月1日付けですよ。何の目的でコメントをしたのかが不明。???
多分、この小児甲状腺がんの健康調査とは、何かの重大なタブーに抵触しているのでしょうね。』
とコメントしたが、その後、何とも不思議な?マークの展開になる。
縞柄の猫では無くて悪賢いドブネズミ(ネット工作員?)の可能性が高い。(そもそも『ソースを出せ』とは、頭が空っぽで目が節穴のネットウョの不真面目な口癖である)

『折角の新発見なのに、もったいない』

『2013年2月の福島県検討委C判定76人』ですが、別の福島県検討委の資料によれば、二次検査の細胞診の検査人数76人とぴったり一緒だった。
これは、大発見ですよ。
これは、私も今まで気が付きませんでしたが、ただ、良く考えれば、福島県立医大としては(最悪の)C判定が出たので、大慌てで(最終的ながん判定として)細胞診断を実施したと思われ、C判定の数字と細胞診の数字が同一になったとしても不思議は無い。有る意味では当然です。
日本政府とか福島県検討委ですが、極悪非道にも日本人をモルモットにしているのですね。
しかも丸っきりの『大本営発表』であり、事実を隠すだけでなく、発表する『言葉』自体を巧に言い換えていて、『意味を勘違いするように』と善良な日本人を騙して混乱させているが、今回新しく発覚したこともその一つである。
2年前の検討委発表の悪事が暴かれた意味は大きいでしょう。
本来なら虎猫さんの大功績なのですが、逆にこの『逝きし世の面影』ブログの記事を何となく信用ならないとの印象操作を行うとは片腹痛い。
この大馬鹿者が。
それは政府や検討委がいかに悪質であるかの証明にはなるが、この『逝きし世の面影』ブログ記事の信用度は逆に高まります。
検討委のホームページですが、色々と(不必要と思えるほど)細々書き込まれているのです。
ところが、そもそもの目的が『真実を広く世間に知らしめる』ではない。
話は逆で政治家とか高級官僚の答弁と同じで、なんとかして目の前の『真実を誤魔化す』との目的で書かれているのですね。(検討委が一々細かい数字を出すのは、人々を混乱させるのが主目的)
多くの人々が何とか勘違いするように間違うようにと思って作られている『とんでもない』代物なのです。

『改めて、今回もう一度福島県検討委のホームページを確認すると』

自分の目を疑った。エ!エーエエエ!!
何と極悪で大嘘つきの破廉恥な福島県検討委の公式資料によると、A2判定やB判定などの一巡目の二次検査の人数は2000強である。その中で小児甲状腺がんだった子供達はは平成23年度15人24年度56人25年度38人(合計109人)なのです。
ところが、そのうちC判定は1名だと書いている。C判定の上のD判定(がんの疑い)は109人なのですよ。
もう無茶苦茶。恥を知れ。!
福島県の子供達29万6千人を調べて、『C判定は一人だけだ』と真面目な顔で冗談を飛ばすとは呆れ果ててもはや絶句するしかない。
このような統計数字では必ずピラミッド型になり、何も無い健康なA1判定よりもA2判定が、A2判定よりもB判定が、B判定よりもC判定がの順番でだんだんと小さくなる。
もちろん小児甲状腺がんのピラミッドの一番上部に位置する『確定、疑い』(109人、朝日新聞は110人)の数値が一番小さいのである。
C判定76人など、二年も前の2013年2月13日に発表した昔話なので、今では誰も覚えていないとでも勘違いしているのだろうか。
福島県検討委ですが世間をなめるにしても程が有る。笑えない悪い冗談は止めて欲しい。
これでは、あまりにも不真面目すぎるであろう。

『ある出来事がGoogle検索結果から消えた』

ハフィトン・ポストの2015年02月18日付け『2月2日のある出来事がGoogle検索結果から"消えた"ことが意味することとは?』では、
いくら大事な真実であっても『検索結果の2ページ目以内に結果が表示されなければ、この世に存在しない』扱いになるとのネットの厳しい現実を指摘している。
このハフィトン・ポスト記事では検索最大手のグーグルとヤフーから、安倍晋三の中東歴訪時の問題発言が2週間程度『消されていた』との驚きの事実を明らかにしている。
福島県検討委の発表ですが、何故か既存のマスコミはC判定の人数の公表を嫌っていて2年前の2月13日発表に有るだけで、それ以後の新聞記事では書かれない。実は2年前の発表当時でもC判定の人数を書いていたのは毎日新聞などごく一部に限られていて、検索してもなかなか出てこなかったのである。二年が経過した現在なら大量のコピペの深海に埋没して多分出てこない。
権威や権力にひれ伏す右翼とは大違いで、国や大手マスコミの発表だがらと頭から信用するなど左翼ではない。(それは保守である)
そもそもアメリカ大統領とか日本国首相の言葉や大手メディアの記事が全部信用出来るなら、この世の中にオルタナティブな『逝きし世の面影』の様な政治ブログなどの余計な物は一切必要ないのである。
それにしても日本のマスコミの劣化が激しい。ほぼ若年性痴呆症状態で、自分が今書いたことを即座に忘れているのであるから情けない。
毎日新聞は2月18日『ウクライナ東部』『親露派攻勢で緊迫』はドネツクとルガンスクを結ぶ要衝のデバリツェボが『去年9月の停戦合意時に親露派が支配下に置いていた、その後、政府軍が奪回していた。』事実をはっきりと書いている。ウクライナ(ポロシェンコ)は自軍が壊滅状態に陥るたびに停戦合意をして一息入れてから軍事紛争を拡大していた。
今回も前回9月の停戦合意と同じでデバリツェボのウクライナ政府軍が壊滅状態になったので停戦合意で逃げ切る算段だった。ポロシェンコには東部の親露派との対話の意思はなく、最初から最後まで一貫して軍事解決一本やり路線だったのである
ウクライナで『何が起きているか』の真実ですが、毎日新聞の18日記事が示すように、実は全員が知っているのである。
もちろん日本国内の『フクシマで何が起きているのか』の真実は、遠いウクライナ以上にもっと知っているのである。

『無責任国家、日本の不幸』

2012年、ウクライナのチェルノブイリ原発事故以外では唯一のレベル7の未曾有の福島第一原発の原因を調査した政府事故調の報告書のうちで、日本語版には存在しないが、英語版のみに存在する、キヨシ・クロカワ委員長の的確な事故原因の指摘は、マスコミや有識者、右も左も日本人の全員から袋叩きにあっている。
当時は冷静な判断は無理でも、4年が経過した今なら逆にクロカワ委員長の言葉は注目である。
何しろ毎日新聞は、医者も人間で医療は不確実→間違っても当然だ(責任者には、何の責任も無い)と言い出したのである。
この独立委員会の英語版のみに存在するキヨシ・クロカワ(黒川清)委員長は総括報告として、
『日本の誰も、事故の責任を負っていない。
その職務上の地位の上で、形式的に責任を負うべき人たちでさえ、である。
こうした状況は日本らしいものである。つまり、日本の文化は消極的体制順応主義であり、不平、不満を言うのが一般的でない。
事故の根本原因は、根強い日本の文化的伝統に求められる。
日本人の病的な聞き分けのよさ、政府との係わり合いを忌避する傾向、与えられた仕事をただこなすことのみを事とする傾向、異常発達した集団主義、閉鎖性云々・・・』
とフクシマの事故原因として、個人個人としては善良で有能でも集団(組織)に埋没して主体性を失い周りの空気に影響される日本人の不幸をあげている。(世間とか組織が有るが、個人が無い)
しかも、その肝心要の大事な『集団』(組織)の中身が、組織として最も大事な中央部が空洞化していて何も無い。世界基準とは逆に日本では『責任者には責任が無い』のである。これではフクシマは想定外どころか必然であった。
キヨシ・クロカワは、不思議な無責任国家である『日本の不幸』の核心部分を正しく指摘していたのである。

ジャンル:
政治

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/bafe7ac7e45aeb677bf00cf0893d74ff


日本警察の前で米軍警備員が日本人を暴行、拉致監禁のやりたい放題
2015年02月24日 | 政治
米軍の警備員3人に両足をつかまれ、ゲート内に引きずられていく山城博治議長=22日午前9時5分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

『日本の敗戦から70年。米軍占領下の沖縄の現実』

市民らがシュワブの新ゲート前で県民大会で抗議行動中、米軍の日本人警備員ともみ合いになり山城議長ら2人が同警備員に足を引きずられて基地内に連行された後、後ろ手に手錠を掛けられ事務所内に監禁。
山城さんらは基地内で約4時間拘束され、午後1時すぎに名護署に引き渡された。
米軍は午前9時30分ごろに県警に「男の身柄を拘束した」と連絡した。
県警は米軍の山城議長らに対する対応について、「(米軍が)確保し、拘束した」と発表。在沖米海兵隊報道部は「米海兵隊施設に侵入したとして日本人警備員が『逮捕』した」と発表。

今までも度々海上保安庁(国土交通省が管轄する国家警察)による名護市辺野古の米軍海兵隊基地の建設に抗議する沖縄県民の抗議行動に対する危険な過剰警備が地元のマスコミによって報道され、翁長沖縄県知事からも是正が申し入れられていたのである。
本土のマスコミでは米軍の拘束と報道されているが、実態は日本国が雇用する日本人警備員であり、米軍(最高指揮官はオバマ大統領)が主導したものでは無くて安倍晋三(日本政府)が暴走した可能性の方が高いと思われる。
日本国の警察組織は自治体警察が基本で警察官は地方公務員だが、海上保安庁職員は国家公務員である。
今回は、『米海兵隊施設に侵入したとして日本人警備員が「逮捕」した』との在沖米海兵隊報道部の発表が示すように、日本の安倍晋三の『日本軍は悪くなかった』との歴史修正主義と、それと対になった対米従属の売国奴路線が益々エスカレートして凶暴化している兆候であろう。

『付け火して 煙よろこぶ 田舎もの』山口県の田舎ものが引き起こした恐怖の大量連続放火殺人

場所は米軍海兵隊基地前の道路上。しかも沖縄県の県民大会の開催中で国会議員やマスコミなど大勢が注視する中で逮捕拘束すれば大騒ぎなるが、わざわざ、これ見よがしに両足を持って数十メートルも引きずるなど、国家権力といえどもやりすぎ。
過剰警備にも程が有る。警察官が今回と同じことを行えば特別公務員暴行陵虐で7年以下の懲役刑は間違いない。
安倍晋三ですが、わざと騒動を煽っているのである。なんとかして沖縄県人を怒らそうと必死なのですから不思議だ。
いよいよ放射能被害が本格化するフクシマの4年目を目前にして、機密保護法や自衛隊の海外派兵など安倍自民党政府の動きが急であるが、たぶん、全部が目くらまし。
確かに安倍晋三とかそのお友達の言動は目に余るし、手足の海上保安庁とか米軍日本人警備員の暴走は危険が一杯である。
勘違いした、日本国内の善良なリベラル派や左派、反戦団体、有識者は『子供達を戦場に送るな』と言う。
尖閣諸島や辺野古の海兵隊基地の問題が大きく取上げられて、将来の戦争を心配している。
日本ですが残されていた猶予期間を使いきりレベル7の原発事故から4年目に突入する。日本の戦場とは放射能汚染地域であり、日本の首都の東京にも戦線は迫っている。
安倍晋三ですが、わざと人々の目を逸らす目的で騒動を引き起こしているが、このまま放置すれば、日本国は必ず滅びます。
反戦だとか憲法9条を守る前に共産党や左派勢力にはやる事が有る。武器輸出だとか集団自衛、国防軍など目眩ましのショーであり大した事では無い。

『市民の逮捕送検 米軍の弾圧は許されない』
琉球新報2015年2月24日 社説

名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で普天間飛行場の移設に向けた新基地建設の反対行動をしていた山城博治沖縄平和運動センター議長と男性1人の計2人が刑事特別法違反の容疑で逮捕され、送検された。
2人が逮捕された22日はゲート前で基地建設に抗議する県民集会が開催された。開催前に山城議長らを逮捕し、米軍が長時間拘束したのは抗議行動への弾圧以外の何物でもない。
 
そもそも山城議長らは基地内に侵入しようとしていたわけではない。
抗議する市民と県警とのもみ合いを制止しようとしていた。しかもゲートの詰め所よりも国道側に近い場所の地面に引かれた基地内の境界線を示す黄色い線に立っていただけだ。
突然、米軍の警備員が山城議長を引き倒して両足をつかんで基地内に引きずって拘束している。
こんな乱暴な拘束が許されるのか。
 
この行為に在沖米海兵隊報道部は「米海兵隊施設に侵入したとして日本人警備員が『逮捕』した」と説明している。警備員の逮捕は私人逮捕だ。現行犯逮捕なら司法警察職員に限らず誰でも行えることが刑事訴訟法に定められている。
 
現場には当時、約30人の警察官もいた。私人逮捕の場合、現場に警察官が到着するまで身柄を確保することはあるが、現場にはすでに大勢の警察官がいた。すぐに身柄を引き渡せばいいはずだ。
 
しかし警備員は警察官のいる方向とは逆の基地内に山城議長らを引きずり込んだ。後ろ手に手錠を掛け、基地内の建物に入れてから手錠を解いたようだが、その後約4時間も拘束を続けている。刑事特別法を逸脱した人権弾圧だ。
 
米施政権下の1957年の伊江島で、強制接収された射爆場内に入ったとして、住民5人が逮捕される事件があった。米兵が境界線を示す木製看板を5人の後ろにそっと置き、無断立ち入りで逮捕するという不当逮捕事件が起きている。今回の事件と何が違うというのか。
 
復帰前の米統治下で繰り返された米軍による人権蹂躙(じゅうりん)の記憶を呼び起こす事態だ。暗黒社会に逆戻りさせてはいけない。山城議長らは23日夜に釈放された。本来ならば逮捕、送検するべきではなかった。
辺野古への基地建設に反対する意思表示は県民の民意だ。米軍は抗議行動をする市民に指一本でも触れることは許されない。

『釈放された山城議長との一問一答』

釈放された沖縄平和運動センターの山城博治議長と記者団との一問一答は次の通り。
 ―2人目も釈放されたが、知っている人か。初めてシュワブゲート前に来た人か
「誰だろうと思った。初めて来て、初めて拘束されてびっくりした。警察署の中でもカーテンで仕切られて、ほとんど顔も会わせることができなかった。米軍の建物の中で一緒になって以来の再会だ」
 ―不当逮捕と言った理由は。
「認識があれば、ある程度用意もできるが、機動隊とのせめぎ合いが厳しくなった時、これ以上関係が悪化すれば不測の事態がないとも限らないので、いったん下がろうと言っているところを、後ろから羽交い締めにされて連れて行かれた。基地の侵入というなら分かるが、侵入していない。それをみんな見ているはずだ。黄色いラインから出ようというわけでもなくて、逮捕されて引きずられるのはほとんど理解できない。全くの嫌がらせ逮捕だと思った」
 ―倒されてどうなったのか。
「いったんどこかに座った気がする。そのあと両脚を引っ張られて、フェンスまで引っ張られた」
 ―どれくらいの距離か。
「20~30メートルぐらいかな」
 ―手錠を掛けられた。
「『フェンス沿いに腰を下ろせ』と言われ、立ったまま手錠を掛けられた。脚を引っ張ったのは米軍の警備員で、手錠を掛けたのは迷彩服を着た海兵隊員だった。海兵隊員に建物の中に連れて行かれた」
 ―警察と地検に何を聞かれたか。どれぐらいの内容を聞かれたか。
「軍の中に呼び出された時には逮捕状も示さない。逮捕状もないから、弁護士呼べとも言えない。向こう(米軍施設内)で『これは一体何の拘束なんだ。不当拘束もいいかげんにしろ』『一体何時間たってるんだ』とずっと言っていた。逮捕とも言わないし、ただの嫌がらせかと思った。機動隊がちょっと拘束することと同じと思って、やがて帰されるだろうと思ってたら、身柄を警察に引き渡すと言われたとき、また外されていた手錠を掛けられて、車に乗せられた。(ゲート前で)赤嶺政賢議員が演説の最中だったから、2時間くらいだったと思うが、その時も逮捕状は示さない。刑特法の何条違反で、身柄を送致されたので、名護署に連れて行くという簡単なコメントがあった。その時も逮捕状はない。名護署にも地検にも、逮捕状を示さないで逮捕はあり得ないと伝えた」
 「ここ(名護署)で取り調べられたのは、身上調書、それから事件の調書。午前中と午後の早い時間の取り調べは一切黙秘をした。不当逮捕だから答えられないと言った。その後、弁護士接見があって住所氏名くらは言った方がいい、と言われたので住所氏名を言った。また、自分の言いたいことは言った方がいいという弁護士のアドバイスがあったので、私はみんなを下げるために中の方にいたのに、回り込んで皆さん下がろうと言ったまでだ。その際に後ろから襲い掛かってきた軍の警備員との押し合いの際に脚を引っ張られて、引きずられるように基地の中に連れて行かれた。これが真実だと言った。それ以上のことは分からないと警察には伝えた。地検の方でも同じことを伝えた」
 「特に地検が問題にしたのは、軍側が刑特法違反だと伝えたので、私たちがどこに立っていたのか、黄色いラインだったのか、それが内側だったのか、それを盛んに強調していた。私が伝えたのは、機動隊と最初、仲間が押された時に激しく抗議した、その際確かに抗議の際に、1歩ほど、半歩ほど中に入ったのは事実だと伝えた。しかし2回目は道路側の内側には立っていない。直接の容疑になった際には中には入っていないと伝えた。警察に確認をして一応の取り調べを終えたところだ。とにかくラインの内側だったか外側だったかを気にしていた感じだ。運動としてラインのことは気を付けますかと聞かれたので、ラインのことは気を付けますと答えた」
 ―県民集会の日に拘束されたことについて。
「嫌がらせだと思う。軍の海兵隊や軍警が出たのは初めて。きょうは県民大会だから警備がやたら厳しいとしか思わなかった。県民が基地の中に乱入するのを止めるためにいるとは思わなかった。まさか引っ張るとは夢にも思わなかった。結果としては、憤る県民の怒りに恐れをなして、もう先制攻撃で、黙らせるようにという行動だったと思うけれど、それはそういかない。ますます怒りに火を付ける。何にもしてないのに襲い掛かるなんて、あり得ない。軍側がやっぱりよっぽど恐れているとしか思えない。そういう思いがあらためて強くなった」
 ―引きずられた時にけがは。
「頭だけ気を付けた。ガリガリ引っ張られるので、頭だけ押さえていた」
 ―手錠をされた場所はどこか。
「基地に向かって左側のフェンス。連れて行かれました」
 ―プラスチックの手錠か。
「金属製の手錠だ」
 ―地検が勾留請求をしない理由について、何か言っていたか。
「勾留する必要がないからだ。書面に勾留する理由がない 釈放と書かれていた。私と彼は一緒にいたんですよ。拘束された後もずっと私が、何をするにも先に行動していた。彼も別々に連れて行かれた。別での聴取もあったようだ。彼の取り調べが終わるまで、ずっと部屋にいた。大変なことがあったと思う」
 ―あらためて今後の運動の展開の仕方は。
「米軍がしゃかりきになってることがよく分かった。つまり私たちの抗議が効いているということだ。第3ゲートでのフェンスの囲い込みから始まり、米兵らが出てくるのは今までにない。よっぽど警戒しないと、いつテントに襲いかかるか分からない。昨日捕まった時に、もしかしたら私がいないうちに襲い掛かるのではと気掛かりだった。運動はさらに警戒が必要だ。用意周到に、彼らに付け込まれない運動が必要だと思う。合法的にかつラジカルにしっかり声を上げて運動していきたい」
(2015年2月24日 琉球新報)

『拘束された沖縄平和運動センターの山城博治議長の勘違い』

2月24日付け琉球新報の『釈放された山城議長との一問一答』から分かることは、
『これ以上関係が悪化すれば不測の事態がないとも限らないので、いったん下がろうと言っているところを、後ろから羽交い締めにされて連れて行かれた』と、山城議長は県民集会の集団に向かって、一旦下がるように指示していた。
この時に、後から突然襲われているのである。
しかも、御丁寧にも獣並みに両足を3人が押さえて地面を引きずっている。これでは正常な逮捕とは到底言えないであろう。
単なる暴力とか嫌がらせ。あるいは公衆の面前で、組織のトップであり沖縄の反対運動の象徴的人物に対して『恥をかかせる』との目的しかない。
県民集会の日に拘束された意味は大きいでしょう。
『軍の海兵隊や軍警が出たのは初めて』のことなのです。
山城さんは、『きょうは県民大会だから警備がやたら厳しいとしか思わなかった。県民が基地の中に乱入するのを止めるためにいるとは思わなかった。』
と言うが、県民大会の抗議の集まっている大勢の沖縄県民の目の前で、沖縄平和運動センターの山城博治議長を羽交い絞めにして引き倒して、その後3人で両足を持って動物のように地面を引きずってアメリカ軍の海兵隊基地内に連れ込んでいる。
合理的に考えられる、この前代未聞の暴行拉致監禁事件ですが、目的はただ一つである、
余りに露骨な日本政府(安倍晋三)の挑発行為に、怒った沖縄県民が基地のゲートを越えて米軍基地内に雪崩れ込む騒動を誘発することで、日本国内の読売や産経などマスコミの報道での大騒ぎの引き起こす為だったと考えられる。

ジャンル:
政治

| 未分類 | コメント(0)

ヒーロングレイシーのvine動画

| 未分類 | コメント(0)

鉄風 2次創作 pixivより  何故 他キャラは表紙になっているのに早苗だけが表紙になっていないのかその辺納得いきませんわ

| 未分類 | コメント(0)

日本の柔道 フランスのJUDO

日本の柔道 フランスのJUDO日本の柔道 フランスのJUDO
(2015/02/19)
溝口 紀子

商品詳細を見る

性と柔: 女子柔道史から問う (河出ブックス)性と柔: 女子柔道史から問う (河出ブックス)
(2013/11/12)
溝口 紀子

商品詳細を見る


http://www.koubunken.co.jp/0575/0562.html

日本の柔道 フランスのJUDO
溝口紀子著
●四六判・192ページ
●2014年2月19日発行
●本体価格1700円
●ISBN 978-4-87498-562-5

柔道愛好者60万人、子どもの重大な柔道事故ゼロを誇る柔道大国フランス。
一方、日本の柔道家は17万人、30年間(1983~2013年)で118人の中高生が学校柔道で死亡している。
日仏の柔道を経験した五輪銀メダリストによる、日本柔道界から重大事故・暴力・体罰・セクハラを根絶するための具体的提言!

2012年末、女子柔道強化選手15人が、全日本女子ナショナルチーム監督をはじめとした指導陣による暴力行為やパワーハラスメントを受けていたことを告発した事件をきっかけに、全柔連の助成金不正受給、全柔連理事のセクハラ、名門大学柔道部の暴力事件などが次々に明らかにされ、日本柔道界は危機的な状況に陥った。

著者・溝口紀子氏は、バルセロナ五輪(銀メダル)・アトランタ五輪に連続出場した、山口香選手と並ぶ、女子柔道選手のパイオニア的存在で、上記の事件に関しても、当事者である女子柔道選手たちからの相談を受け、積極的に発言し、リーダーシップを発揮した。


本書の【第1部】は、溝口氏が柔道との出会い、強くなるにしたがって気づいていった、暴力・利権・タテ社会でがんじがらめになった「柔道ムラ」の存在、「柔道ムラ」を拒否したがゆえの激しいいじめと闘いながら、頂点を極めた現役選手時代。
さらに、今の日本柔道界を覆う勝利偏重主義がなぜ生まれたのか、その歴史的背景を読み解きながら、日本柔道の宿痾を取り除く方策を考える。

【第2部】は、現役を引退して、フランスナショナルチームのコーチとなって知った「フランスのJUDO」の魅力を、日本柔道と比較しながら考察する。

特に、ロンドン五輪でチャンピオンとなったフランスの選手が語った柔道観は、硬直した日本柔道に風穴を開ける、衝撃のインタビューとなっている。

※参照終了

ハナカク最新刊が出たので虎の穴まで買いに梅田に…
丁度某大型書店でもルタリブレのDVDが有ったのでついでに購入
そして格闘技武道コーナーまで行って下見をしたら思わぬ掘り出し物が有ったのでさっそくこれも購入

以前 性と柔 という名著を出した柔道の溝口紀子先生の 日本の柔道 フランスのJUDO というブツがあったのでさっそく内容を確認!
前作も面白かったですが今回も面白い!

是非とも柔道関係者全員に読んでもらいたいのですが何故か

溝口先生は日本の格闘技関連 日本の柔道関連には嫌われているのかあんまし宣伝されてないんですよねぇ…
まあ…そんだけ日本柔道が閉鎖的保守的であることの現れでもあるんですが…

指導に関しては柔術関係者も勉強になることが多いと思いますので日本の柔術 格闘技関係者全員に読んでもらいたいですねぇ

ちなみにわたしゃハナカクと鉄風 七帝柔道記 KIMURAは毎回欠かさず読んで買っていますので皆さんにもお奨めします

ハナカク 3: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)ハナカク 3: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)
(2015/02/20)
松井勝法

商品詳細を見る

ハナカク 1: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)ハナカク 1: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)
(2014/02/20)
松井勝法

商品詳細を見る

ハナカク 2: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)ハナカク 2: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)
(2014/09/20)
松井 勝法

商品詳細を見る

鉄風(6) (アフタヌーンKC)鉄風(6) (アフタヌーンKC)
(2014/06/06)
太田 モアレ

商品詳細を見る

鉄風 1 (アフタヌーンKC)鉄風 1 (アフタヌーンKC)
(2010/03/05)
太田 モアレ

商品詳細を見る

鉄風 2 (アフタヌーンKC)鉄風 2 (アフタヌーンKC)
(2010/03/05)
太田 モアレ

商品詳細を見る

鉄風(3) (アフタヌーンKC)鉄風(3) (アフタヌーンKC)
(2010/10/07)
太田 モアレ

商品詳細を見る

鉄風(4) (アフタヌーンKC)鉄風(4) (アフタヌーンKC)
(2011/06/07)
太田 モアレ

商品詳細を見る

鉄風(5)鉄風(5)
(2012/11/05)
太田モアレ

商品詳細を見る

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 168


| 未分類 | コメント(0)

懐かしの名勝負 ブラジレイロ2001無差別級決勝 メジオ級テレレがムンジアル黒帯無差別級世界王者のペジパーノ(ペサディシモ級)を破る!


imge03adda0zik5zj.gif

| 未分類 | コメント(0)

人類史上最悪の虐殺 テロ国家イスラエルの支援企業 マクドナルド コカ・コーラ スターバックス・コーヒー ネスレ エスティ・ローダー アイ・ビー・エム マイクロソフト  インテル

640x445x7a2ed506910852de42e98e2c.jpg
552x546x7dfce273f73212d0bb6a6f39.jpg
436x324x030104bcd203944d67e7553c.jpg


http://matome.naver.jp/odai/2135320428633731001

平和のための「買ってはいけない」イスラエル支援企業
イスラエル(シオニスト、戦争=ビジネス)によるパレスチナへの「封鎖・占領」・攻撃が続いています。女性や子供達が、今も殺されています。このような非人道的行為に反対だが、時間や余裕がなく何もできない、何をしたらいいのかわからない人の参考になればと思います。

更新日: 2014年07月13日


wakeupsheepleさん









79

お気に入り

166304

view
お気に入り追加







買ってはいけない!





イスラエルの人権侵害行為を肯定したり、それにより儲けているイスラエル支援企業の製品をボイコットしましょう。
「買わない」という活動ならいつでも、誰にでもできます。逆にいえば「買う」ことであなたも人権侵害に加担していることになるんですから。
みんなに広げていきましょう「人権侵害につながる製品は買わない運動」を。


窪田写真事務所の「みどり通信」
風に語りて kubotaphoto502.blog.fc2.com/blog-entry-10.html 
より引用


















欧米の主要諸国はイスラエル企業のあまりにも巨大なマネー権力に取り込まれてるので、無視、傍観の状態です。





































イスラエルは巧みな広報テクニックで、いかにも自分たちが正当防衛かのように装ってますが、明らかに違法侵略です。







Israel-Hamas 'Open War' — RT Picture galleries


http://rt.com/online-exclusive/galleries/israel-palestine-situation/


VERSIONS: روسيا اليوم NOTICIAS FREEVIDEO ИНОТВ RTД FIND US ON: FaceBook YouTube Twitter --> Welcome back, ( log out? ) LOG IN SIGN UP RT live Schedule Where to Watch News Today Sci-Tech Features Top …


http://rt.com/files/online-exclusive/galleries/israel-palestine-situation/gaza-movement-strike-head/i95c1fbcd7d02a4dfca53f467960de990_000_nic-12297.st.jpg


見てください!! 日本のメディアでは流さない現場の写真

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/gaza-crisis-israels-prime-minister-promises-to-increase-the-assault-on-hamas-until-it-desists-from-firing-rockets-9596014.html







イスラエル支援企業リスト:スターバックスなど:パレスチナ情報センター


http://palestine-heiwa.org/choice/list.html


イスラエルの政策を支援する企業のリストです。注意深くお金をつかうために


http://palestine-heiwa.org/muji/img/stop-muji-logo.gif










激化するガザ情勢、高まる批判の声と対するイスラエルのソーシャル戦略 - NAVER まとめ


http://matome.naver.jp/odai/2135317391331614601


ガザを実効支配するハマスとイスラエルとの戦闘が激化する中、イスラエルの爆撃と危惧される地上戦に批判の声が高まっています。対するイスラエルのWebサービスを駆使し...


http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20121118/28/238438/20/549x688x25d77d724c0ee9eda3f41366.jpg










これがイスラエル支援企業の製品だ!
























☆McDonald's Restaurant(マクドナルド)

「買ってはいけない」常連のファストフード大手、マクドナルドは、ここにも登場。
同社は、様々な活動や資金援助を通じてイスラエルを支援するJewish United Fund(ユダヤ人基金)およびJewish Federation(ユダヤ人協会)の主要な企業パートナー。この基金と協会は、イスラエル政府がパレスチナ人を追放して略奪した地域を開発するための資金も提供している。さらに、アメリカ政府が、2001年のアフガニスタン攻撃時にプロパガンダとして行った「上空からの食糧ばらまき作戦」にも参加していたとのこと。

☆Coca-Cola(コカ・コーラ)

コカ・コーラ社は、イスラエルへの様々な形での援助に対して、イスラエル関連団体やイスラエル政府から表彰されている。また、イスラエル政府がパレスチナ人から略奪した土地に工場を建設する予定。
コカ・コーラ社の製品は
コーラ、ファンタ、スプライト、爽健美茶、ジョージア(コーヒー各種)、リアル・ゴールド、アクエリアス、紅茶花伝、Qoo、ミニッツ・メイド(フルーツ・ジュース各種)など。

☆Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)

アメリカ、スターバックス会長のハワード・ツュルツ氏は、イスラエル軍がパレスチナのジェニン、ナブロス、ベツレヘムなどに侵攻し破壊と虐殺をほしいままにしていた、2002年4月、シアトルのシナゴーグにおいて、パレスチナ人を非難しイスラエルへの支持を訴えるスピーチを行った。
また、コーヒー豆生産者に対する容赦ない搾取ぶりによって批判されている。
同社に出資・展開しているのは、株式会社サザビーリーグ(旧社名・株式会社サザビー)。代表取締役・鈴木陸三氏は、石原慎太郎東京都知事の学生時代からの友人であり選挙参謀でもあったという経歴の持ち主。同社は、スターバックス・コーヒー・ジャパンの他に、
SAZABY(サザビー)、Afternoon Tea(アフタヌーン・ティー)、アニエス b.なども手がけている。

☆Nestlé(ネスレ)

大手食品メーカーのネスレ(スイス)は、その多額の投資がイスラエルへ多大な貢献をしているとして、ジュビリー賞(イスラエルを支援してくれた企業に与える賞)を授与された。ネスレ製品の代表的なものは、
Nescafé(ネスカフェ)、KitKat(キットカット)、Maggi(マギー)、Buitoni(ブイトーニ)、Perrier(ペリエ)、Vittel(ヴィッテル)など。

☆Estée Lauder(エスティ・ローダー)

化粧品ブランドとして有名なエスティ・ローダー(アメリカ)の会長レナード・ローダーは、イスラエルによるパレスチナの軍事占領への強硬な支持を広言してきた。また、パレスチナ難民の故郷への帰還も許してはならないとの立場を貫いているとのこと。エスティ・ローダーの関連ブランドには、
Clinique(クリニーク)、DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク)、Origins(オリジンズ)、Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)など。

☆IBM(アイ・ビー・エム)

IBM(アメリカ)は、イスラエルがパレスチナ人を本格的に迫害し始める以前は、自社のパンチカード・マシンをナチスに売り込み、ユダヤ人の判別とユダヤ人を収容所に連行するための鉄道の効率的な運行を容易にすることでナチスに多大な貢献をし、密かに巨利を得ていたことが明らかになっている。
1948年にイスラエルが建国を宣言すると、IBMはすかさずイスラエルに進出し、現在に至るまでイスラエルでの事業展開に多大な投資を行っている。
IBMの商品は多岐にわたるが、最も身近な商品はパソコンだろう。そのほかの身近な商品としては、
「ホームページ・ビルダー」、「インターネット翻訳の王様」、「デジカメの達人」などのソフトウエアがある。


























☆Microsoft(マイクロソフト)

イスラエル軍によるジェニンへの侵攻と虐殺が行われていた2002年4月、マイクロソフトは、テルアビブ付近の高速道路脇に「心からイスラエル国防軍への感謝を捧げます」と書かれた広告を多数掲げた。ブッシュ共和党政権への献金は、毎年トップ5。
マイクロソフト製品Windowsの代替品としては、LinuxやBSDなどの基本ソフトウエア(OS)があり、そのほとんどは無料で使用できる。Windows以外のOSを使うのは非常に高度な技術が必要だというのは悪意のあるデマで、WindowsやMacが使えている方なら、すぐにでもLinuxを使う事ができる。市販されているパソコンの多くはWindowsがすでにインストールされ、Windowsの料金が価格に上乗せされる形で販売されている。LinuxやBSDなどをインストールしてみようとお考えの場合は、Windowsがインストールされていない商品を購入することをおすすめする。「マイクロソフト・オフィス」(ワードやエクセル)の代替品としては「OpenOffice」(無料)などがある。パソコンをMacにするという考え方もあるが、販売元のAppleComputerは、マイクロソフトから出資を受けており、MacのCPU(中央演算処理装置)にインテルの製品が採用されているので、状況に大差はない。

☆Intel(インテル)

「インテル、入ってる」のCMでおなじみの半導体メーカー、インテル(アメリカ)は、主にコンピュータの主要な部品であるCPU(中央演算処理装置)を生産販売している企業。製品名は、Pentium(ペンティアム)、Celeron(セレロン)など。インテルは、最も大きなイスラエル支援企業の一つで、イスラエル政府によって略奪されたパレスチナ人の土地に工場を建設し,そこから大きな利益を得ている。インテルの工場が建つal-Manshiyya村では、300軒あった家が全て破壊され2000人のパレスチナ人が追放された。インテルのCPUは、市販されている多くのパソコンに内蔵されているが、インテルが入っていない商品も一般的な店舗で買うことができる。代替品としては、AMDが販売しているAthlon(アスロン)やSempron(センプロン)などのCPU。新品のコンピュータを購入する際は、インテルが入っているかどうかをカタログで確認するか、店員に「インテル以外のものを」などと相談してみることをおすすめする。

☆その他、イスラエルの経済に大いに貢献している主な企業

ダノン:日本でダノンを販売しているのは、「カルピス」と「味の素」の合弁会社であるダノン・ジャパン株式会社。関連商品/ダノンシリーズのほか、キリン アルカリイオンの水、evian(エヴィアン)、volvic(ボルヴィック)など。

ロレアル:関連ブランド/POLO/Ralph Lauren(ポロ/ラルフ・ローレン)、Giorgio Armani(ジョルジオ・アルマーニ)など多数。

ジョンソン&ジョンソン:関連商品/ワンデーアキュビュー、ジョンソン綿棒、リーチ、バンドエイドなど多数。


参照文献/週刊「金曜日」
情報提供/パレスチナ情報センター



























イスラエル支援企業一覧






イスラエル支援企業一覧











イスラエル支援企業一覧






イスラエル支援企業一覧

| 未分類 | コメント(0)

懐かしの名勝負 ヘンゾグレイシーvsフランクトリッグ 判定を盗まれたとトリッグが試合後に洩らしたエピソードの試合

| 未分類 | コメント(0)

経団連は製造業での単純労働の解禁を言うが、海外移転で国内産業、特に製造業を空洞化させた張本人である。製造業でも介護では無いとしたら、何が目的で『労働不足による海外移民の推奨』なのだろうか。少し前には1日3000人だったフクシマの原発作業員は今では6000人を超えている。放射能被曝の上限値の為に人間の使い捨てなので、新たな原発労働者の確保は待ったなしなのです。たぶん、フクシマが危ないのである。












http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/ce7366ce58da1331bd5ee572fd303f9e

思えば遠くへ来たもんだ

2015年02月16日 | 政治


『目指す理想はアパルトヘイトの南ア連邦だった』本気で日本を潰す心算の産経新聞と安倍晋三のブレーン曽野綾子


曽野綾子氏コラムに「アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる」海外メディア報じる
作家の曽野綾子氏が『日本でも移民を受け入れた上で、居住区を分けた方がいい』と2月11日付の産経新聞コラムで主張した件について、ロイターやウォール・ストリート・ジャーナルといった海外メディアが、批判的に報じている。
曽野氏はコラムで人種隔離政策(アパルトヘイト)を実施していた南アフリカを引き合いに出し、日本も移民を受け入れ、人種ごと居住区を分けたほうが良い、と主張していた。

『もう20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。』(産経新聞 2015/02/11付 7面)
このコラムを受けて、刺激的な論説で知られるアメリカのウェブメディア『デイリービースト』は、『新聞コラムニストが日本にアパルトヘイトを望む』という見出しで、曽野さんが安倍晋三首相の教育再生実行会議に加わっていた、いわば首相のブレーンだったことを詳細に記述。
取材に対し、『曽野綾子さんのコラムはいつも掲載している連載もの。多様な意見があるべき、と考えるのは自然』と産経新聞はコメントしたという。
ロイターも『政府のブレーン、アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる』との見出しで報じ、
政治評論家の感想として、『日本にダメージを与える発言。(オリンピックを控えた)東京は海外からのイメージダウンを避けようと必死になるだろう』と書いている。
また、アメリカの大手経済紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』はブログで、『もし記事に誤りがあるなら、私はそれを正します。私も人間ですから、過ちを犯します。しかしこの記事について、誤りがあるとは私は思いません』という曽野さんのコメントを掲載している。
メディアだけでなく、アフリカに関する活動を行っているNGOアフリカ日本協議会も、コラムに抗議する声明を発表。曽野氏に謝罪と記事の撤回を求めている。

このコラムが掲載された2015年2月11日は、故ネルソン・マンデラ氏が釈放されて、ちょうど25年目にあたる日でした。
その記念すべき日に、南アフリカの人びとが命をかけて勝ち取ったアパルトヘイトの終焉と人種差別のない社会の価値を否定するような文章が社会の公器たる新聞紙上に掲載されたことを、私たちはとても残念に思います。
曽野綾子氏と産経新聞社には、当該コラムの撤回と、南アフリカの人々への謝罪を求めます。また、このような内容のコラムが掲載されるに至った経緯、および人権や人種差別問題に関する見解を明らかにすることを求めます。
The Huffington Post 2015年02月13日

『極限まで右傾化した日本の劣化が止まらない』 

ロイターやウォール・ストリート・ジャーナルなどの欧米主要メディアが報じたとは、それ以外の世界中のメディアも報じているとの意味であり、産経新聞社や曽野綾子個人の恥程度では済まない。これは日本国の恥ですよ。
どこの世界でも何時の時代でも同じように、救いがたい愚か者は存在しているし、はた迷惑でお馬鹿なヘイトスピーチも繰りかえされている。
ところが、今の日本は故大宅壮一が喝破したように『人の恥部は股間に付いているが、 日本国の恥部は額に付いている』のである。
もしも少しでも産経新聞の社長とか編集部の幹部、曽野綾子らに最低限の羞恥心とか愛国心の欠片でもあれば、(デビィ夫人流にいえば)日本の名誉を守る為に潔く自決するべきであろう。

『思えば遠くにきたものだ』

産経新聞11日付朝刊の曽野綾子コラムに対して、南アフリカのモハウ・ペコ駐日大使は『アパルトヘイト(人種隔離)を許容し、美化した』との抗議文を出している。
モハウ・ペコ南アフリカ大使は『(アパルトヘイト)政策は人道に対する犯罪。21世紀において正当化されるべきではない』などと抗議したが、産経新聞側は、『曽野氏の意見として掲載した。産経新聞は人種差別などあらゆる差別は許されるものではないとの考えだ』との口先だけの無責任な釈明を行った。
他のメディアならともかく、今回の産経新聞の日本国の名誉や評判を根本から破壊するお馬鹿記事ですが、常軌を逸した30年前の従軍慰安婦報道での朝日バッシングの張本人の言葉とは到底思えない無責任なダブルスタンダード。
産経以外ならともかく(自分の今まで行った発言を取り消す気が無いなら)産経新聞社に、その言い訳は通らない。
産経新聞ですが、自説が正しいと言い張って切腹して自決するか、今までの言動を土下座して謝るか。選択肢は二つに一つ、何れかである。

『最悪の人種差別推進コラムのタイトル(趣旨)は「労働力不足と移民」だった』

それにしても今回の曽野綾子による時代錯誤も甚だしい最悪の人種差別推進コラムのサブタイトルが『労働力不足と移民』だった。
曽野綾子ですが介護労働者の不足を理由にして、経団連などが主張する『外国人労働者の解禁』を主張して、つい筆が滑りうっかりと本音『人種隔離政策』(アパルトヘイト)を語って仕舞ったのである。
今のアメリカにおける黒人問題や欧州におけるイスラム問題も出発点は何れも同じで、過去の安易な労働力不足の解決策(国外からの労働力の輸入)が、解けない難問を現代に突きつけている。
介護労働者の不足問題ですが、今の日本人の有能な若者の志願者は多いが長続きしない。その原因は簡単で報酬が低すぎて熱意があり働き続けたくても、生活の為に続けられないのである。
労働に見合った報酬さえ払えば、今の日本の抱えているデフレ経済など大問題の全ては簡単に解決する。
機械相手の製造業とは違い、そもそも『介護』など人間相手の仕事は、気心が知れた同じ日本人の方が間違いなく上手くいく。
経団連は製造業での単純労働の解禁を言うが、海外移転で国内産業、特に製造業を空洞化させた張本人である。
製造業でも介護では無いとしたら、何が目的で『労働不足による海外移民の推奨』なのだろうか。
少し前には1日3000人だったフクシマの原発作業員は今では6000人を超えている。放射能被曝の上限値の為に人間の使い捨てなので、新たな原発労働者の確保は待ったなしなのです。たぶん、フクシマが危ないのである。

『日本国内では大成功でも、アメリカの教科書出版会社に圧力をかけた日本政府の愚行』

米出版社、従軍慰安婦記述巡る教科書訂正を拒否
2015年1月、数研出版が、教科書から従軍慰安婦と強制連行の記述削除を文科省に申請した。この申請は認められ、新年度から使われる高校公民科の教科書で反映される。同社は訂正の理由を『客観的事情の変更等』としている。
米国の公立高校向けの世界史教科書に対しても、日本政府(外務省)は、従軍慰安婦の強制連行問題で『重大な事実誤認がある』として、アメリカの大手教育出版社マグロウヒル(本社・ニューヨーク)に訂正を申し入れていた問題で、同社は『執筆した学者は慰安婦の歴史的事実に基づいており、我々は疑う余地なく著者の記述、研究と説明を支持する』と訂正を拒否した。
いくら日本国内の教科書出版会社で大成功し、朝日新聞も屈服させたからといって、アメリカでも同じ手法が成功するなど絶対に有り得ない妄想中の妄想である。
アメリカの教科書出版会社に対して、従軍慰安婦の記述を書き換えさせよとした日本国政府(外務省)ですが、21世紀の世界でアパルトヘイトを賞賛した曽野綾子以上の井の中の蛙『夜郎自大』状態である。

慰安婦=性奴隷・教科書「いかなる修正にも応ぜず」 米歴史学者19人が声明

米国の公立高校で使われている世界史の教科書での、日本軍慰安婦強制連行について米国のコネティカット大のアレクシス・ダデン教授ら歴史学者19人が吉見義明中央大学教授の研究などを根拠に『いかなる修正にも応じない』との声明を出した。
声明は、『日本軍の性的搾取という野蛮なシステムによって苦痛を強いられた慰安婦に関し、日本と他国の歴史教科書の記述を抑圧しようとする最近の日本政府の試みに驚きを禁じえない』とし、安倍晋三首相を名指しで批判している。
さらに、『日本政府の文献を通じた吉見義明教授の研究と(元慰安婦の)生存者証言は、性奴隷システムの本質的な特徴をみせており、議論の余地はない』ともしている。
外務省は昨年11月と12月、マグロウヒル社に表記是正を申し入れていた。
安倍首相も1月29日の国会答弁で、教科書の記載内容に『愕然とした』と、国際発信の強化を表明していた。
そこに駄目押しで対米従属命で売国右翼の産経新聞が2月11日、曽野綾子のアパルトヘイト賞賛コラムを掲載して仕舞ったのである。
これ等は海外から見れば、別々の事件では無くて『極限まで暴走する極右の日本』との一つのキーワードで括られる。二度目の敗戦へと挙国一致、一億玉砕まっしぐら。

夜郎自大の見本であり、丸っきりの『蟷螂の斧』である。幾ら安倍晋三が国内では無敵を誇っても自分の力量もわきまえず、アメリカ(世界)に歯向かうなど日本を亡ぼす。我が日本国は一億玉砕70年ぶり2回目の敗戦に向かって挙国一致で突き進んでいるのだろうか。何とも恐ろしい話である。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/3da1e71ac70504d156878d927c0f59ae


事件裏読み「永遠の0」作家百田尚樹の大失敗 やしきたかじんと橋下徹

2015年02月19日 | 社会


『やっとマスコミが一部報じた和歌山県小学生刺殺事件の不可解』

悲劇の舞台となったのは田舎町。
父親は空海の研究では第一人者と目されていた高野山大学の教授で天台宗の高僧で母親は教育委員なのですが子供は落ちこぼれのプー太郎。就職にも勉学にも失敗してぶらぶらしていれば、近所では間違いなく面白ろ可笑しく全員で噂する。都会とは違い視野の狭い田舎では当然そうなる。
田舎の過疎化が進む原因の一つが、鬱陶しすぎる都会に無い濃密な人間関係(日本独自の絆)なのです。無いのもねだりで、都会人は絆に憧れるが逆に田舎の若者は嫌って故郷を出て行く。(和歌山市は近畿では唯一人口が減少している県庁所在地である)
心無い大人の噂話を聞いた、(普段は大人しいので反撃しないので)小学生の子供たちは面白半分でからかいの対象にするのは当然な成り行きです。
新聞には書いていないが、悪がき集団によるイジメがあったのでしょう。
これでは、何時かは爆発する時限爆弾だったと、最悪の事件が起きてから気が付いたのですが、時すでに遅し。
今回の事件の発生原因ですが、集団では無くて、小学生一人で単独でからかったので反撃にあった。子供にからかわれてかっとなったなど到底22歳の大人とは思えないが、逆に考えれば今までの長い間の鬱積がいっぺんに噴出してしまったのであろう。
『付け火して煙よろこぶ田舎もの』の台詞で有名になった、岡山県の山村での連続放火殺人事件の様な、特異な背景がある事件だったのでしょう。(長崎県佐世保市高1少女殺害事件では弁護士だった父親など事件が起きた背景が報道されたが、今回はゼロに近い)

『連続する高齢者相手の結婚詐欺』

首都圏連続不審死事件では木嶋佳苗被告(事件当時は34歳)が2012年­­4月に埼玉地裁から死刑判決を受け現在最高裁で審理中。鳥取連続不審死事件では、上田美由紀(2009年当時、35歳)の周辺で6人の不審死で2012年12月4日、鳥取地裁で死刑判決を受け現在は最高裁で審理中である。
関西連続不審死事件では筧千佐子容疑者の周辺では結婚(交際)相手など、関わりのあった大阪京都兵庫奈良の男性が不審な死を遂げていた。複数の結婚相談所を介して結婚相手4人、交際相手4人。最初の結婚を除けば、いずれも短期間に死別している。これ等の後妻業で得た遺産総額は10億円以上といわれている。

『鉄面皮の百田尚樹がNHK経営委員が辞めた訳とは』

安倍総理主導で行われたNHK人事で右翼国粋主義の籾井勝人会長と百田尚樹氏、長谷川三千子氏の両経営委員が報道の私物化を行っていたが、毎日新聞2015年1月31日に『NHK経営委員:百田氏が退任』と二月末の任期満了での辞任を報じている。(途中で退任した前任者の任期が2月一杯)
今までの数々の汚い暴言の連発では、何をどう言われようが、人間のくずの百田尚樹は平気の平左、
『「NHKの経営委員がそんなことをツイートしていいのか?」という非難のリプライが多数寄せられた。
まとめて答えてやる。いいんだよ!!』
と、かえるの面に小便状態。どのような批判でも何とも無い。ところが、唐突に1月31日に退任が決まったから驚いた。何が起きていたのだろうか。

『永遠のバカ、「後妻業」を天まで持ち上げた百田尚樹』

2014年1月5日に64歳で死んだタレント『やしきたかじん』と32歳年下の新妻・さくら夫人との愛を綴った(実の娘など身近な関係者を思いっきり罵倒した)百田尚樹渾身のノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)は初週で6万部を超える売り上げを記録したが、発売直後から『ウソくさい』と非難が殺到。実の娘からは出版差し止めや名誉毀損での損害賠償の訴訟を起こされて万事休す。
これが百田尚樹が折角手にいれたNHK経営委員の返上(退任)へと繋がったらしい。
『殉愛』に書いていることが余りにも口から出まかせ、出鱈目であり事実とは違いすぎたのである。
ノンフィクションでは無くて、同じようにゼロ戦を描いた宮崎駿監督がズバリ見抜いたように百田尚樹が日本軍の自爆テロを賞賛した『永遠の0』も良く似た構造の『殉愛』も、単なる御粗末なナルシズムであった。
作家のフィクション(創作)であるとすれば事実と違いがあっても何の問題も無いが、仮名ではなく実名を出して『ノンフィクション(事実)である』と言ってしまったらアウトなのです。
食道がんで闘病中であった死亡2年前の「やしきたかじん」と出合った当時はイタリア在住の夫と婚姻中であり、『殉愛』に書いているように未婚を装っていたとすれば、これはもう立派な結婚詐欺である。
「やしきたかじん」には色々な不動産などを除いて、現金だけでも10億円の遺産が有るが実子には残さず6億円の寄付の残りは全額独り占めするとの『言葉』が書かれたのは死ぬ5日前の201312月29日、死因は餅を喉に詰まらしたから。
何回もの離婚歴の有る32歳離れた女性が結婚(入籍)してたった3ヶ月で莫大な遺産を独り占めしたら普通なら『遺産目当ての結婚だ』との疑いを持たれても不思議は無い。癌の末期で大量のモルヒネを常用して、激しい痛みを緩和していた「やしきたかじん」ですが、知性や判断力運動能力に大きな疑問が有る。
健康な年寄りでも毎年毎年大勢が正月の雑煮の餅で死亡しているのである。緩和ケアで大量のモルヒネを服用していた「やしきたかじん」が餅を喉に詰めたらひとたまりも無い。
葬儀や遺体の火葬には実母や実子など身近な関係者を誰も呼ばず、立ち会ったのは5人だけだっとと言う。3ヶ月の結婚で膨大な遺産を独り占めした後妻は火葬された「やしきたかじん」の遺骨を見て涙するどころか『マカロンみたい』と笑顔で冗談を飛ばしていたというが、これでは疑われて当然である。
(百田尚樹が主役を演じたらしいこの事件も新聞など大手メディアではタブーを恐れて誰も報道しない)

『百田尚樹の東京テレビ版「永遠の0」視聴率が最下位』

テレビ東京は開局50周年特別企画として、百田尚樹のデビュー作で販売部数が400万部を超えたといわれている『永遠の0』を、映画版に続き、大作テレビドラマにして1月11日から15日の3夜にわたり放送した。
テレビ東京が異例の広告宣伝費をつぎ込んで前宣伝を行った勝負作だった。
『視聴率20%を狙っています』と期待したが視聴率は第1夜9.0%第2夜7.5%第3夜9.9%と、開局50周年特別企画として大量の制作費と広告費を使ったが民放最下位と惨敗する。
岡田准一主演の『永遠の0』映画版は興行収入87.6億円の大成功。
テレビ放送前に百田尚樹は『映画「永遠の0」は最高の映画だったが、テレビ東京のドラマ「永遠の」』も、それに劣らぬ傑作』、『2時間半の映画では描かれなかったシーンがふんだんにある』、『ドラマは原作をなぞって丁寧に作られたもの』と大絶賛していた。
ところが「やしきたかじん」の『殉愛』(幻冬舎)でのノンフィクション作家百田尚樹の化けの皮が剥がれて視聴者が反発、テレビ放送前にネット上では『百田だから見ない』という書き込みで炎上状態になる。
今回大失敗したテレビ東京の開局50周年特別企画を決めたのは「やしきたかじん」の『殉愛』騒動発覚前だったが、それにしても余りにも超短命でお粗末過ぎるあぶくの様な流行作家の顛末だった。
大阪出身の百田尚樹(58歳)は大学中退で長く放送業界の裏方である放送作家を続けていたが(関西では有名な『探偵ナイトスクープ』のライターを25年以上勤めるなど、厳しい『下積み』を経験していた)、2006年に念願の作家に転向し2012年には処女作の『永遠の0』が100万部を突破。翌2013年11月にはNHK経営委員に就任していた。
百田尚樹が半生を捧げたともいえる『探偵ナイトスクープ』ですが、大阪など関西では有名な番組でノンフィクションのように装う、吉本新喜劇風の罪のないヤラセのお笑い番組であるが、作家百田尚樹の原点として見れば面白い。
処女作の『永遠の0』も「やしきたかじん」の親族に訴えられた『殉愛』も、その基本構造が『探偵ナイトスクープ』とまったく『同じ』なのである。(そもそも他愛ない『お笑い』なのですから、視聴者の誰一人『嘘くさい』とは突っ込まない)

『社会全体に対するルサンチマン』やしきたかじんと橋下徹、ついでに百田尚樹

実の父親が『在日朝鮮人1世』なのに母親の性を名乗り、表の顔(芸能界とかマスコミ)では逆に日本人の国粋主義者であるかの如くに精一杯装っていた「やしきたかじん」の不幸。
同じく実の父親がヤクザで同和だったが本籍地を偽り(大阪府八尾市生まれなのに東京都に変え)実名を偽り(元のハシシタをハシモトに読み変える)西日本一の売春街である飛田新地の管理売春業者の顧問弁護士となった橋下徹。
やしきたかじんと橋下徹と百田尚樹、この不愉快な3人の主張が瓜二つだったのは偶然ではない。
この3人の持つ不思議なパワー(他には無い強烈な個性とか魅力)ですが、自分の出自や経歴に由来する社会全体に対する強烈なルサンチマンだったのである。(『右翼』を装っているが本物ではない)
「やしきたかじん」の言葉を初めて聞いたのは今から25年以上前だが、この時に「やしきたかじん」は『土地や株は一度も値下がりしたことはなく、買えば必ず大儲け出来る』ことを得々と説明していたのである。その放送を聞いた私は、即座にバブルの崩壊が目前に迫っていることを確信した。
「やしきたかじん」ですが、マスコミで無知で善良な一般大衆に向かって株や土地での大儲けを主張した一方で、自分ではバブルが崩壊する前に『持ち株』を高値で売り抜けることに成功したのだろう。(放送で主張していたことを自分でも実行していれば歌手の千昌夫のように破産している)
橋下徹が国政に出馬せず大阪府知事や大阪市長をしているのは、何かの主義主張など『政治に興味があるから』では無くて、単に自分が上に立って下になった人間を合法的にいじめることが出来るからなのである。(国会議員とは違い、知事や市長は組織のトップであり、何万人もの部下に対して思うがままに偉そうに出来る)
今まで自分を差別してきた社会や一般大衆の無知な連中を逆に不幸にすることで復讐心が満足出来るとの歪んだ自己満足。ルサンチマンの権化なのです。

『反権力反常識アンチ中央の大阪の伝統に上手く便乗したやしきたかじんや橋下徹』

日本人の特徴であるが、体制に忠実で建前を重視してなかなか本音を言わない。礼儀正しく従順で大人しい。(2011年の東日本大震災での日本人の遵法精神の高さに世界のマスコミは驚嘆している)
ところが大阪人は今東光の小説『悪名』の八尾の朝吉のようにアンチ中央で反権力反常識、反知識層、反正統派。遵法精神に欠け目立ちたがりで実利を重んじる。1958年の売春禁止法で禁止された遊郭を残しているのは大阪市西成区の飛田新地だけ。
歴史を遡れば蘇我氏や聖徳太子など正統派と争って敗れた物部氏の重要拠点が大阪八尾市であったし、南北朝時代にも南朝方が城を築いて京都の北朝に戦いを挑み抵抗するが負けている。
乙巳の変(大化の改新)で7世紀に飛鳥から大阪(難波宮)に遷都したが短期間で中大兄皇子や間人皇后は飛鳥に帰って仕舞う。大阪を首都にすることで伝統を否定して改革を目指した孝徳天皇(反主流派)は失意のうちに崩御する。
他にも豊臣秀吉の大阪城などの、『大阪の都』構想は何度か成立するが何れも短期間で崩壊している。
下品で非常識なやしきたかじんや橋下徹がなぜか大阪では熱烈に支持される不思議の背景ですが、歴史的に大阪人が持つ反中央、反正統派の伝統が大きく影響しているのだろうか。

| 未分類 | コメント(0)

柔術史上 最もパスガードが優れた柔術家は?!










http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.bjjheroes.com/bjj-news/top-guard-passers-in-jiu-jitsu&prev=search

柔術のトップガード通行人
BJJニュース
SHARE
ホーム BJJニュース 柔術のトップガード通行人

グラップリングは、陰と陽のメタファーによって定義されていた場合、 ガードは最も可能性の高い陽、明るい側になります。 陰、パッシング、ガードは常に武道にブラジリアン柔術の最大の貢献と考えられてきたが、それはその駆動対抗する力のためではなかった場合は、ガードの開発が起こったことはなかっただろう。

guardeirosとpassadores間のこの陰と陽の関係の偉大な例は、柔術の発展の胚の段階で見られるエリオ·グレイシーと、彼は生産の戦闘機の一族。 エリオは、ガードゲームの開発者の一人として賞賛され、ガードからの彼の画期的なレバレッジの仕事はまだ賞賛に今日見ている、まだ彼の学校は、世界が見た最高のガード通行人のいくつかを開発したことで知られており、 カールソングレイシー 、エリオの直接の学生がスポーツの歴史の中で、通行人の最強ラインを作成するために起こって通過ゲームに革命をもたらしました。

この共生存在は私たちが、(結局、私たちは人間だけである)、ここでは個人的な経験に主観的、と私たちは好む通過のスタイルに、おそらくバイアスされ、運動を提示し、この「運動」に起源を与えたが、真剣に、私たちは正直保つために最善を試してみましたとの事実に固執する。
ブラジリアン柔術のベストガード通行人
20。 サウロ·ヒベイロ

サウロ·ヒベイロ
マナウスの傑出した、サウロ·ヒベイロは警備員を潰しキャリアを作った。 必ずしも最大の男はマットの上に、リベイロは戦い、トップの制御や圧力に基づいて、清潔で整然としたアプローチで4異なる重量クラスでの世界選手権を獲得した。 彼はいつもそのようなムリーロ·ブスタマンチ、ファビオグルジェル、Roleta、SchembriのまたはPEデ·パノとして偉大なチャンピオンに対する彼の戦いのために記憶されます。
19。 Riganマチャド

rigan-マチャド
多くはRiganマチャドの通過試合だっただけでどのように強力な忘れているかもしれないが、今までに最初のグレイシーバラ黒帯は強圧の短い何もなかった。 Riganの黒帯のキャリアは短いませハイレベルの競技会が一度に入手できなかった1980年代後半、米国への彼の動きに起因して住んでいたが、彼はまだ1996柔術パンAMS、(のみ2とで彼の価値を証明週間の準備)彼は今までに知られている最も困難な警備員のうちの2つを渡すことができた。 オープン重量部門の第1回スポーツへの彼の途中でロベルトRoletaとエドゥアルドJamelaoのもの、。
18。 フェルナンド「Pinduka」ギマランエス

Pinduka
多くは自然の力として「Pinduka」を記載している。 1970年代と1980年代で最も有名なカールソングレイシーの黒帯の一つは、フェルナンドは体格とハード鼻のメンタリティーを課すとの自然なガード通行人だった、彼を助けたの属性は柔術とバーリトゥードで1968から1985年無敗のまま。
17。 Crolinグレイシー

crolin-グレイシー
しばしば言及されていないもう一つの図は、Crolinグレイシーです。 彼は競争を見たものはCrolinが先ヒクソン·グレイシーの家族のチャンピオンとしたが、残念ながら、彼は原因制約健康状態に短い彼の初期の20年代の彼の競争力のキャリアを切った。 そうであっても、彼が今まで住んでいたことが最高の間であるとしてマスターマルシオStambowskyとマリオTallaricoを含め、多くの人に指摘されている。
16。 ロドルフォビエイラ

ロドルフォ·ビエイラ
この記事の最年少男、ロドルフォビエラは間違いなく、今から多くの世代を記憶されますグラップラーです。 なし、そのゲームプランは、人間のようなゲームプランに従っする能力を有する:>マウン​​ト/取り戻すテイクダウン>ガードパス>を提出し、スポーツで彼の提出率はわずか彼のガード渡す成功によって突破され、それはに興味深いものになる彼は予見可能な将来のために柔術を続けることを選択した場合、GFチームメダルキャビネットは行くことができますどのように深い参照してください。
15。 フェルナンド「テレレ」アウグスト

テレレ
間違いなく彼の世代の最大の柔術スター、フェルナンドのカリスマは彼に多くのファンを獲得しているかもしれないが、それは彼の競争の成功に基礎を築いたマットの彼のハードワークだった。 男は先に自分の時間の、テレレは、そのような動きtoreando腰に脚ドラッグ、または手などの高速かつ爆発的なガード通行人、今日の最も一般的なポジションの多くを導入した最初の競争相手の一つであった。 テレレのキャリアは短いものだったが、それはまだ彼に二度の世界タイトル(と世界選手権での2第2箇所)だけでなく、名前に2ワールドカップのタイトルの成果の彼の豊富なリストの唯一の4を獲得した。
14。 マリオクラウディオTallarico

マリオ·クラウディオ
ロールス·グレイシーが開発した最も多作学生として多くの人に見なさ、マリオクラウディオTallaricoはカッシオカルドーゾに、彼の記録上の唯一の1(かみそり薄い)損失が、1970年代と1980年代初期後期の間に黒帯で信じられないほどの実行を持っていた。 ロールスロイスは、マリオの指導の中で信じられないほど重要な人物であり、彼の死はTallaricoの競争願望にに早期に終止符を打つ。 マリオクラウディオはロールスロイス「不幸な事故の後、完全に競争を落としたが、それでもこのスポーツは今まで知られているトップガード通行人の一つとして記憶されています。
13。 レオナルド·ヴィエイラ

レオナルド·ヴィエイラ
多くのスポーツの歴史の中で最も才能のある軽量としてLeozinhoビエラを言及している。 レオは、それも同じ標準に到達しようとするほとんどの男性に数の寿命を取る柔術にそんなに提供してきました。 部門は才能が溢れたときの位置と彼の創造と彼のグラップリング風にアレンジした彼のコーチング能力の両方を一致させることができます見事なインストラクターの作成者は、レオナルドは、当時の柔術の軽量部門のトップにあった。 ビエラのスタイルは彼の世代のより静的/圧力通過に多少異なっていた、とビエラのアクロバティックな性質は、将来の格闘と今日マット上に表示される多目的なスタイルにトーンを設定。
12。 アンドレ·ガウヴァオン

アンドレ·ガルバウン
アスリートと自然競技者は、アンドレ·ガウヴァオンの流体でありながら強力なガードの受け渡しは、特にアンドレのキャリアの初期段階で、彼の元講​​師、テレレの少数のニュアンスで、彼自身のレベルにある。 ガルバウンはガードには見知らぬ人ではないが、彼の通過は確かに彼の最強の資産、最高レベルで、GIととせずに、何度もその価値を証明した資産です。
11。 ロブソンモウラ

ロブソン·モウラ
それはどこに行っモウラの試合で多くのギャップ、直感的なガードプレーヤー、アスレチックガード通行人が存在しない、ロブソンは、黒帯で彼に5世界タイトルを獲得した汎用性を戦いました。 ロブソンモウラの最大の成果の一つは、アメリカで彼のチームを構築し、長年離れて大きな柔術競争力のあるシーンから過ごした後、ロビーニョは壮大な方法で金を取るために戻った彼の2007年の世界タイトル(彼の5位)だった彼はまだできることを証明する新しい群衆でハング。
10。 ファビオ·グルジェル

ファビオ·グルジェル
世界でもトップクラスの柔術コーチの一人として知られている今日では、グルジェル一度完璧なガード通行人とした。 強力なグリップ、不動のベースとめったに彼はミスがアライアンス一般的な4世界タイトルを獲得したことが許さない詳細は鋭い目と名声のIBJJFホールで言及。
9。 ホイラー·グレイシー

royler-グレイシー
フェザー級の最初の本当の王、Roylerは完全な戦闘機だった。 ほとんどの移行戦闘機として見られる、Roylerは自然のままの記録とCBJJおよびADCC日に予備CBJJ時代から行く、グラップリングルールの完全なスペクトルに秀でることができた。 Roylerは彼の膝スライディングガードパスは、おそらく彼が永遠に知られているであろうそのための武器になりますけれども、ゲームのあらゆる側面において上記と超えていた戦略家だった。
8。 アモリーBitteti

アモリー-bitteti
ブラジリアン柔術で2開いた重量の世界タイトルを達成するための最初の男は、ガードの彼の愛のために知られていなかった。 真の圧力通行人アモリーは、心臓、決定に基づいて、コアにカールソングレイシーのアカデミーのスタイルを表現する、1990年代のスポーツの主要な人物の一人としての地位を確立し、スタイルをトップゲーム彼の家を作り、圧力を(我々が言及している) 。
7。 アレクサンドル"Xande」リベイロ

xande-リベイロ
プライムガード通行人の柔術を議論するハードを両方リベイロ兄弟を参照することなしに提供してきました。 両方のは非常に効率的トップのゲームを持っていたものの、Xandeはあまり保守的に果たし、より積極的な通行人として知られています。 スポーツで彼の一貫性が無敵であり、彼が「MMAの事」で彼の運をしようとして数年を過ごしたにもかかわらず、彼は6苦労して稼いだ世界タイトルを蓄積した。
6。 ロナウド「Jacaré」ソウザ

ロナウド、ソウザ
多くのテレレのように、柔術でロナウドの時間は短いが、意味のあるだった。 柔術に出場したのは最も強力な個人の一つは、Jacaréのトレードマークは、スローと彼のライバルのガードゲームのための無謀な無視は、少数を示すためにそのようなブラウリオエスティマとファブリシオ·ヴェウドゥムなどの格闘の信じられないほどのガードを通過した、比類のないでした。 アマチュアスポーツで生計を立てるのに苦労。 Jacaréは、彼が3世界タイトル、絶対的な部門の2を達成した黒帯、2年と競合する唯一の2つの完全な年で柔術を残した。 彼はスポーツで継続した場合、それは今まで(ロジャー·グレイシーとBuchecha 3Xそれぞれが保有するタイトル)を最も開いた重量のタイトルの記録を保持している彼を想像するのは難しいことではありません。
5。 Zéマリオ·スペーヒー

スペリー
カールソングレイシーの最も熟練した黒帯、ZéMaquinaの一つは、3の世界タイトルと5 ADCCトップスポットで彼の全盛期で止められない力となった。 それは、スペリーは1つの点を有することなく、青色から茶色のベルトに行ってきましたか、彼に得点利点と言われています。 黒帯で、彼は彼の時間の伝説の多くを終え、彼の破砕トップゲームで、スーパーヘビー級とオープン重量部門を恐怖に陥れ。 スペリーのキャップ上の最大の羽の一つは、彼がムンディアル(1998)絶対分裂の最終のクロックチョークでキャッチロベルトRoleta、だったかもしれない。 タップは審判の目でキャッチされなかったものの、スペリーは少なく、タイトルnoneを獲得した。
4。 ロジャー·グレイシー

ロジャー·グレイシー
彼の世代で最も支配的な戦闘機、ロジャーグレイシーは記録を破るからキャリアを作った。 冷血競技者は、ロジャーは通過を守るために彼の "ぬれた毛布」アプローチ、少数を示すためにそのようなロムロBarral、ロバート·ドライスデール、フェルナンドmargaridaさんのように驚異的なガードの選手に対してスコアボードに彼に彼の有名な3ポイントを獲得したアプローチで歴史を作った。 整然としたと正確な、彼のガードは、多くの場合、バックロジャーの致命的なマウント/につながっ取り、タップで仕上げ渡します。
3。 カールソングレイシー

カールソン·グレイシー
柔術は谷であること、カールソングレイシーが彼のゲームの上にあったほとんど異なる武術だっ競合しながら、そうであっても、彼のトレーニング哲学の真の懸念をTUDO、カールソンは、柔術のためのゲームチェンジャーだった。 エリオ·グレイシー(前任者)はガードの開発に焦点を当てていた場合には、カールソンは、強力なトップの位置に戦いのゲームの要を変更し、新しい家族のチャンピオンになることに成功した。 ヴァルサンタナに対する彼の勝利は、家族の名誉を救った、ブラジルで生きているグレイシートーチを保持し、彼のガード通過の考え方は、彼のチーム、無類の1980年代と1990年代初頭の間にスポーツを支配していたチームに渡されました。
2。 ヒクソン·グレイシー

RICKSON-グレイシー
「熊」とエリオ·グレイシーによって記述、ヒクソンは永遠にすべての意欲的なチャンピオンはミラーリングしたい伝説的人物になります。 不滅グラップラーの縮図は、ヒクソンは信じられないほどの重量配分、バランス、タイミングと技術とガード通行人として彼のキャリアを作った。 自信と魅惑、ヒクソンの遺産は、多くの場合であっても、15年の彼の最後の競争力の出現後記憶されています。
1。 ロールス·グレイシー

ロールス·グレイシー
ホイス·グレイシーがかつて言った: "ロールスロイスの前に時間があるし、彼の後に別のがあります」。 彼のグラップリングのスタイルを完璧に彼の定数の探求は、可能性と革新の世界に柔術の扉を開いたが、この記事ではそのことについてではありません。 創造性、好奇心やリーダーシップがこの選択とは何の関係もない。 ロールスロイスとの接触を持っていた誰もが、彼は無類のアスレチック機能を備えた完璧なガード通行人だった、あなたに同じことを教えてくれます。 およそ70キロ(154ポンド)をなので、ロールスロイスは戦ったと、一度だけはるかに大きい相手に対して、黒帯での彼のキャリアの中で裁判官の決定に連れて行かれた、彼の信じられないほどのテイクダウンと彼の通過する流体を利用して、簡単に絶対的な部門を受賞しました決定は彼が勝った。

| 未分類 | コメント(0)

ブラジル サンパウロ最大のブラジル料理の名店 バルバッコア 大阪梅田にオープン



http://barbacoa.jp/umeda/

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000007752.html

4/16、バルバッコア 梅田店オープン

本場ブラジルのシュラスコ料理とサラダバー


株式会社ワンダーテーブル
2015年2月16日 10時07分









4
ツイート


0
google+


0
はてな



Evernote



メール


画像DL



2015年4月16日(木)、株式会社ワンダーテーブルは、大阪・梅田の「ハービス PLAZA ENT」 に、  『バルバッコア 梅田店』をオープンします。大阪での展開は、心斎橋店についで2号店目となります。








「バルバッコア」は、1990年、ブラジル・サンパウロに誕生した、グローバルな人気を誇るシュラスコ料理専門店です。日本では、1994年、表参道にオープンし、その後、丸の内、渋谷、新宿、心斎橋に開業し、2014年12月、六本木ヒルズにもオープンしました。メニューは、希少価値の高い牛肉の 部位を楽しめるシュラスコ(ブラジリアンバーベキュー)や、ブラジル独特の食材を味わえるサラダバーなど、全50種類近くあるお料理をブッフェスタイルでお楽しみいただけます。梅田店も、他店同様にグレードの高いシュラスコとサラダバーを提供します。



また、同施設で既に運営しているアメリカンローストビーフ専門店『ロウリーズ・ザ・プライムリブ 大阪』も拡張し、リニューアルオープンします。メインダイニングと個室が充実され、より開放的な雰囲気でお食事をお楽しみいただけます。



どちらも梅田を拠点とする方々をターゲットとしています。梅田の新たなスポットを目指す両店に、ぜひ  ご期待ください。

【シュラスコ料理】

シュラスコ料理とは、ブラジリアンバーベキューのことです。塊のまま串に刺し岩塩のみで焼き上げたジューシーなお肉を、「パサドール」と呼ばれるスタッフがそのままの状態でテーブルまでお持ちし、お客様の目の前でお好きな部分をお好きなだけ切り分けてご提供するスタイルのバーベキューです。岩塩のみのシンプルな味付けで、油を一切使わずに焼き上げる為、肉の余分な脂も落ちてとてもヘルシーです。



【メニュー】

シュラスコ15種類と約50種類のサラダバーが食べ放題の『シュラスココース』が、バルバッコアのメニューです。『デザートブッフェ』も追加でご用意し、キンジン(ブラジル風プディング)やベイジンニョ(ブラジルで人気の練乳スイーツ)等といったブラジルのデザートをお楽しみいただけます。



<ディナー>

・シュラスココース 4,800円(税別)

・デザートブッフェ 700円(税別)



<ランチ>

・平日シュラスコランチ 3,200円(税別)

・平日ブッフェ・ランチ 2,200円(税別)

・休日シュラスコランチ 3,600円(税別)

■フード

シュラスコは、色々な牛肉の部位や鶏肉、豚肉、リングイッサ(ソーセージ)、野菜など、常時15種類取り揃えています。お肉は岩塩でしっかり味がついているので、そのまま食べても十分に美味しいのですが、さっぱり味の“野菜モーリョ”と醤油ベースの“和風モーリョ”の2種類のソースを用意しており、お好みでお楽しみいただけます。サラダバーには、約50種類の新鮮野菜やデリなどを並べ、パルミット(ヤシの新芽のボイル)などのブラジル独特の素材や、フェジョアーダ(煮込み豆料理)といったブラジル料理もお楽しみいただけます。



■ドリンク

ドリンクのオススメは、砂糖キビから作られるブラジルの代表的なお酒、ピンガを使ったブラジリアンカクテル。ピンガとライム、お好みで砂糖を合わせるブラジルで人気No.1カクテルの「カイピリーニャ」や、ピンガとココナッツミルクを合わせた甘くて口当たりの良い「バッチーダ・デ・ココ」が人気のカクテルです。その他、ビールやスタンダードカクテルなど、多彩なアルコールメニューを用意しています。また、今回、巨大なワインセラーを設置し、南米を中心としたワインを豊富に取り揃えます。ソフトドリンクも、ブラジルを代表する炭酸飲料の「ガラナ(ブラジルではコーラより人気)」や「マラクジャジュース(パッションフルーツ)」、マテ茶などを揃え、ブラジルのレストランの雰囲気を味わえます。



【インテリア】

梅田店のインテリアデザインは、木のぬくもりとレンガを基調とした、どこかなつかしいアットホームな造りとなっています。入口から続く通路の両側には、バーカウンターと約600本入るワインセラーがあり、その先には、「シュラスケーロ(シュラスコ専用のグリル)」を設置し、お肉を焼いている様子を覗くことができます。奥の中央には、巨大なサラダバーが置かれ、それを囲うように広大なダイニングが広がっております。



【バルバッコア 梅田店】

住所: 〒530-0001

大阪府大阪市北区梅田2-2−22

ハービス PLAZA ENT 5階

TEL: 06-6343-2900

参考URL: http://barbacoa.jp/

規模: 110坪

113席

想定客単価: ランチ  3,200円

ディナー 6,300円

営業時間: 11:00~15:00(LO14:00)

17:00~23:00(LO22:00)



【ロウリーズ・ザ・プライムリブ 大阪】

住所: 〒530-0001

大阪府大阪市北区梅田2-2−22

ハービス PLAZA ENT 5階

TEL: 06-6343-3344

参考URL: http://www.lawrys.jp/

規模(リニューアル後):210坪

239席

想定客単価: ランチ  3,800円

ディナー 8,000円

営業時間: 11:30~15:00(LO14:00)

17:00~23:00(LO21:30)

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 167

| 未分類 | コメント(0)

カプリコン・1 また、アポロ計画では非常に多くの怪死が相次いでいるがその中でも航空宇宙専門家トム ・バロンはアポロ計画は危険な計画だと米議会に訴えたのだが「証言のわずか4日後に列 車事故で死亡」さらに、宇宙飛行士3人が不可解な死を遂げている。 その中には、1967年に起きたカプセル内火災という「怪死」したガス・グリソムがい る。 グリソムは兼ねてからアポロの安全上のトラブルについて不満を公言しており、米議会へ の告発をしようと考えていた。 そのことを知ったDIAが告発者を黙らせるために「事故を仕組み、他の飛行士関係者の見 せしめになったとビル・ケイシングは語っている。











61DhguB7aeL.jpg

img_0.jpg

動画:カプリコン1

http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/CAPRICORN%20ONE.htm

「カプリコン・1」予告編


カプリコン・1 1977・英  


製作:ポール・N・ラザルス3世
監督:脚本:
    ピーター・ハイアムズ
撮影:ビル・バトラー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演:ジェームズ・ブローリン
    エリオット・グールド
    ブレンダ・バッカロ
    サム・ウォーターストン
    O・J・シンプソン
    ハル・ホルブルック
    テリー・サバラス
    カレン・ブラック







物語

アメリカ・ヒューストンのNASA(米航空宇宙局)では、今まさに人類初の有人火星宇宙船が打ち上げられようとしていた。その名は「カプリコン・1」だ。
管制センターには巨大なスクリーンがカプリコン・1の勇士を映し出していた。管制センターの周りは副大統領をはじめ各界の名士が世紀のショーに沸き返っていた。

カプリコン・1のクルーは3人。チャールズ・ブルーベーカー空軍大佐(ジェームズ・ブローリン)、ピーター・ウィリス空軍中佐(サム・ウォーターストン)、ジョン・ウォーカー海軍中佐(O・J・シンプソン)だ。
発射5分前、最後の点検を済ませた時、突然一人の男がハッチを開けて入って来た。「緊急事態が発生した、直ちに出てくれ」 
3人は男に従い極秘の通路を抜けて、外に待たせてあった車に乗り込んだ。

しかし、カプリコン・1は皆が見守る中、火星に向け発射された。世紀の一瞬に沸く歓声。
一方、3人のクルーが連れていかれた場所は、ヒューストンを遠く離れた砂漠の中の格納庫だった。出迎えたのはNASAの所長ケロウェイ博士。彼は言った。「カプリコン・1の生命維持装置に故障が発見された。だが、国内世論の宇宙計画の無関心ぶりを、アポロ11号の月面着陸当時の興奮を再燃させるためにも、カプリコン・1を火星に着陸させねばならない!」

一体、博士は何を言っているのだろうか?3人のクルーは驚愕した。格納庫の別のステージには映画のセットのような火星表面の巨大な空間が作られてあった。そこで火星着陸の演技をしろというのだ。3人は拒否したが、家族に万一のことがあってもかと逆に脅迫された。全てはNASA,それもケロウェイ博士の手中にあった。

一人の職員がコンピュータデータの不整合に気付き、友人の新聞記者コールフィールド(エリオット・グールド)に話した。コールフィールドは独自の調査を始めたが、何か目に見えない巨大な力が動いているのを感じた。彼の車のブレーキが壊されており、死ぬ目にあう。

カプリコン・1が火星に着陸したニュースに世界中が沸いた。いまや3人は英雄だった。砂漠の中のセットからの中継が世界に流れた。3人の宇宙飛行士達は、何ヶ月ぶりかで家族と会話を交わす。
ブルーベーカー・ジュニアは「お父さんを尊敬してる。嘘を言ってはならないというお父さんの言葉を守るよ」と言うとブルーベーカーは答えた。「地球に戻ったら去年のようにヨセミテに行こう」と。 その時、夫人が一瞬戸惑いの表情を見せたのをコールフィールドは見逃さなかった。

無事に火星着陸の大任を果たしたカプリコン・1が地球への帰途についたが、大気圏突入の際、耐熱装置の故障が原因で消滅するというアクシデントが起きた。世界中が悲報に包まれた。
悲しみに暮れるブルーベーカー夫人をコールフィールドが訪ねた。その時、一家が昨年行ったのはヨセミテではなくフラット・ロックだったことを知る。そこは本物ソックリに西部の町を再現したセットで決闘シーンなどを見せてくれるのだ。ブルーベーカーの謎めいた言葉の意味をコールフィールドは悟った。
あの宇宙中継は芝居だ。彼等はこの地球上にいる!!

カプリコン・1の消滅は同時に3人の宇宙飛行士の死を意味する。この世に存在していてはならない。3人はジェット機を奪い脱出を謀った。しかし、燃料が切れ砂漠の真中に不時着した。3人は別々の方角に逃げることにした。一人でも生き延びて世界に真実を伝えるのだ。もし敵に見つかったら信号弾を合図にしよう。

ケロウェイ博士達は3人の脱出を知り、捜索を開始した。
容赦なく照りつける太陽。飢えと喉の渇き。捕らえられる不安。砂漠のサソリとの対決。3人の必死の逃避行が続く。
やがて南の空に信号弾が一つ打ち上がった。そして北の空にまた一つ。

その頃、コールフィールドはあらゆる調査と推理を重ね、ついに宇宙中継をした砂漠のセットを発見した。彼は空中農薬散布の複葉機の操縦士アルバイン(テリー・サバラス)の協力を得て、宇宙飛行士の捜索に飛び立った。

ブルーベーカーは無人のガソリンスタンドに潜んでいると、2機のジェットエリがやって来た。侵入して来たパイロットを殴り倒して逃げようとした時、複葉機が滑り込んできた。コールフィールドが手招きする。翼にしがみ付くブルーベーカーを乗せた旧式の複葉機が飛び立つ。それを追う2機のジェットヘリ。凄まじい空中のチェイス。ジェットヘリから銃弾が飛んでくる。
アルバインの操縦は確かだった。荒野に切り立った絶壁の寸前で上昇した複葉機を追ってきたジェットヘリはそのまま絶壁に追突して爆発した。

一方、アーリントン墓地では、3人の宇宙飛行士の偉業を称えて葬儀が行われていた。演説するケロウェイ博士。やがて、その博士の視界に以外な人物の姿が・・・・  ブルーベーカーだ。彼が走ってくる。皆はその方角を見た。
映画館主から

これほど面白い映画はそうざらには有りません。意表を突いたSF的着想。スリルとアクション。目的の為には個人の命も抹殺してしまう国家権力と、それに立ち向かうジャーナリスト。

配役は地味ながら芸達者を揃え、エリオット・グールド「M★A★S★H」’70や、テリー・サバラス「刑事コジャック TVシリーズ」、その後、妻殺しの罪で殺人犯としての裁判で無罪になった米プロ・フットボールのスーパースター、O・J・シンプソンの出演も話題でした。

アポロ11号による人類初の月面着陸から8年後にこの映画が公開されました。NASAは、この映画のために宇宙飛行機器の貸与をはじめ科学技術の全分野にわたり援助を惜しまなかったそうですが、撮影後半になってラッシュ・フィルムを見せられてからは、態度を硬化させたそうです。
それもその筈、映画はNASAの陰謀のストーリーなのですから。

私の??? 火星に降り立った宇宙飛行士と地球の家族が会話を交わすシーンがあります。それがあたかも地球上同士の会話のようで、時間のズレがないのです。地球と火星の間は、約7,800万キロメートルあります。光速が毎秒30万キロメートルですから、通信の片道に4分以上掛かる筈。
もちろん、映画ではそんな悠長なことはできませんから、映画的な処理でリアルさを出して欲しかったのです。それだけで、インチキと解る筈なのに・・・

 番外編 
ところで、「アポロ11号は実際には月面に着陸していなかった」という衝撃的な内容のテレビ番組が2001年秋にアメリカで放映されたとのこと。この内容を紹介したテレビ朝日の「これマジ!?」(2002年1月12日、19日放映)を見ると、確かに???となります。
?1. 月面は真空状態なのに星条旗が揺れている。
?2. 月面着陸船の影と岩の影の方向が違う。
?3. 被写体の後にあるスチール写真の十字マークが被写体に隠れている。
・・・・などなどです。果たして正に映画を地で行く真相は如何に・・・

 番外クイズ
ここに、0.1mmの紙があります。この紙を二つに折り、又それを二つに折り・・・と、50回折ったとします。50回目に紙の厚さはどの位になりますか?
(とんちではありません。インスピレーションで考えて下さい)



http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/426.html

人類は月には行っていない!【捏造されたアポロ計画】
http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/426.html
投稿者 スーパー珍米小泉純一郎 日時 2004 年 1 月 28 日 20:04:46:k5Ki8ZfJP9Ems










最近は、テレビや週刊誌あるいは書物にも「人類は月には行っていない!」という趣旨の
内容を取り上げたものが多く放映あるいは出版されている。
そういうわけで我々、人類は本当に【月に行ったのか?】という趣旨の説得力がある説を
唱えているビル・ケイシング(Bill Kaysing)氏の説を紹介します。
http://www.weirdvideos.com/kaysing2.html
*****************************************
人類は月に行ってない!【捏造されたアポロ計画】

1969年7月20日、二ール・アームストロングは左足で月面の砂を踏みしめ、人類初
の月面歩行者になった。
しかし、残念ながらその歴史的快挙が実は、地球から24万マイル離れた”月面”ではな
く、カリフォルニア州ラスベガスから90マイルのところにある極秘映画スタジオだった
可能性がある。
米国民をはじめ世界中の人たちがアームストロングとエドウィン・パズ・オルドリンJrの
この二人が月面の上を歩行していると信じ込ませていたが実際は、”二人の俳優”が政府
直属の映画プロダクションで大げさな演技をしていただけなのかもしれない。

「そんなバカな!」と思うことだろう。だが人間が月面を歩行している光景を疑惑の目で
見ていた多くの専門家に言わせれば、まだ【人類は月には行っていない(We Never Went to the Moon)】と答えが返ってくるだろう。ちなみにビル・ケイシングは自費出版してい
る。ロックウェル・インターナショナル(疑惑の「月面任務」追求に貢献した)
http://www.weirdvideos.com/kaysing2.html
ケイシングの面白いところはNASA(米航空宇宙局)のごまかし行為そのものに関しての
関係者の暴露あるいは供述などがきっかけで「月面の嘘」を調査したわけではなく「政府
とは国民を騙すスペシャリスト」という思いから「月面の嘘」を調査したと言う。
さらにケイシングは次のように断言している。
「アメリカ政府が行った300億ドルのペテン(詐欺)」は、さらにその後5回にわたる
偽りの月面着陸を演じ切り「精巧な偽写真」だの「月の岩石」だの「訓練された宇宙飛行
士」だのを生み出したと。
また、その疑問に対してNASAと元宇宙飛行士は「詐欺師が警察から身をかわすように答え
をはぐらかしている」とも述べている。

▲それではビル・ケイシングが追求した月面での疑惑です。

その一:月面から見た空の写真には、」何故星が写ってないのか?また宇宙飛行士たちが
「星を異常に避けている」のは何故か?
宇宙空間には邪魔のものは何にもないのだから、大空の写真こそ「この世の人間にとって
またとない貴重な写真だのに」と疑問を呈しており、その答えとしてケイシングは撮影の
ためのセットを作った米国政府機関の職員(多分NASAの職員を指している?)が、背景に
星を散りばめたら「天文学者を到底騙しきれない」と考えていたからだろうと述べている

そのニ:月面の表面が粉末状だったために足跡が深くついた(有名な足跡の写真)とする
と月面着陸ロケットのエンジンが穴をあけなかったのは何故か?
また写真では月面着陸船の脚部に砂がついていなかったがこれは何故なのか?

その三:アポロによる最初の任務により、月は【無菌状態】だということが証明されてい
るなら、その後任務についた宇宙飛行士たちがあんな長く隔離されたのは何故か?
ケイシングは「1、やましい気持ちを取り除くため(マインド・コントロール実験されて
いた)2、月に関するデーターを勉強したり覚えたりするための時間稼ぎだった。3、あ
らゆる質問に対する答える練習のための時間稼ぎだった」のためにエアストリーム社製の
長距離トレーラーの中で特別な時間を過ごす必要があったのではないのか?と述べている

その四:多くの宇宙飛行士が任務を終えたら「巨大企業の重役」に就任したのは何故か?

ケイシングはこれらの疑惑や疑問に対して大半には答えを出しているが中でも何故、アポ
ロの月面写真をわざわざ捏造したのか?という疑問に対して明快な答えを出しているので
紹介しよう。

NASAは長い間、技術的、政策的な失敗を繰り返したために1960年代末までに人間を月
に送ることは不可能だと悟り、手の込んだ策略(でっち上げ)に走ることにしたらしい。
国際的にばつの悪い思いをしないように、NASAと国防総省の秘密組織、それに国防情報局
(DIA)はケイシングが【アポロ・シミュレーション・プロジェクト(ASP)】と呼ぶとこ
ろの極秘作戦(チームを編成したらしい)を展開した。
ASPチームが作戦の秘密基地に選んだのは、ネバダ州にあるS4と呼ばれる場所(エリア
51?)で原子力委員会が核実験に使用していた土地のすぐ隣だった。
この地域は地図上にも存在しておらず人々の好奇の目をかわすには絶好の場所であると当
時のアメリカ政府は考えていたらしい。
ASPはラスベガスのマフィア「コーザ・ノストラ」との結びつきがあり、この秘密犯罪組
織が愛国者ぶって宇宙船(アポロ船)の場所が命取りとなるような着水時の訓練をバラス
という騒ぎもあったらしい。
しかし、ASPはそのネバダ州の砂漠の要素で地下壕を堀り「完璧な月面セット」を作り上
げた(月面疑惑のでっち上げセット場所には他にアリゾナ州、ニューメキシコ州などがあ
るらしい)
また、事もあろうに映画監督スタンリー・キューブリック自身が「月面でっち上げ着陸」に手を貸し、寛大にもキューブリックの映画「2001年宇宙の旅」を使ってハリウッド
流特別効果を生み出し、NASAの捏造を騙されやすいアメリカ国民を信じ込ませた)と言っている。関連http://www.asyura2.com/0311/bd32/msg/699.html

▲ケイシングによればASPの手順は次のようになる

手順一:無人のサターンVロケットをフロリダで打ち上げる。公開の形をとることにより
「でっち上げの真実味」を持たせる。
しかし、視界から消えた時点で、幻のロケットは南極の海に不時着させる。

手順ニ:「宇宙飛行士たち」はネバダ州にあるASPの施設に空輸され、そこで「ラスベガ
スえり抜きのショーガールを含むあらゆる贅沢」を満喫する。
「当然のことながらショーガールたちは、秘密保持のために仕事が済んだら消される」。
アームストロングをはじめとするプレボーイの役者たちは時期が来るまでスロットマシー
ンで遊んだりして時間をもて遊ぶ。(ケイシングの報告では宇宙飛行士の一人が「ピーチ
・キーン」と名乗るショーガールのことでASP職員と喧嘩になり、殴り合いの喧嘩になったと言う)

手順三:いよいよ、幕が開き特殊撮影チームとテレビカメラマン、それに「ASP月面歩行
監督」がほとんど完璧なパフォーマンスアートを作り上げ、アームストロングで世界的
有名な【小さな一歩(詐欺師の一歩)】を作り上げる。
偽ビデオの台詞はすべて「失敗、失敗」などというジョークに至るまで【細心の注意が払
われて考えられ、宇宙飛行士たちが即興で話しかけているように見せかける】。
一方、NASAはこのでっち上げ放映時間の間、「月の岩石」をハイテク・セラミックで作り
上げ中には、月面ではなくネバダ州で拾った石を加工したりした。

手順四:地球への勝利の帰還に当たっては、宇宙飛行士たちはラスベガスのショーガール
から引き離され、ハワイ島の南にある秘密の空軍基地に手際よく運ばれる。(ケイシング
は「タウラモト群島」と明記している)
ここで宇宙飛行士たちは「偽のスペース・カプセルの中に乗せられC5-A輸送機から海に落
とされる。

以上の筋書きが【火星へのインチキ飛行に関する陰謀ドラマに仕立てた1977年の”カ
プリコン・1”という映画と非常に似通って見えるのは、ビル・ケイシングによればハリ
ウッドがアイデアを借用したからだそうだ。
また、アポロ計画では非常に多くの怪死が相次いでいるがその中でも航空宇宙専門家トム
・バロンはアポロ計画は危険な計画だと米議会に訴えたのだが「証言のわずか4日後に列
車事故で死亡」さらに、宇宙飛行士3人が不可解な死を遂げている。
その中には、1967年に起きたカプセル内火災という「怪死」したガス・グリソムがい
る。
グリソムは兼ねてからアポロの安全上のトラブルについて不満を公言しており、米議会へ
の告発をしようと考えていた。
そのことを知ったDIAが告発者を黙らせるために「事故を仕組み、他の飛行士関係者の見
せしめになったとビル・ケイシングは語っている。

| 未分類 | コメント(0)

同時期のチェルノブイリよりも数十倍~百倍以上悪い日本のフクシマ

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/4b1547945d2eedec32902ce8fd74ff0b
メディア・リテラシー(B層向けの嘘八百の荒唐無稽なフィクション)

2015年02月04日 | 政治





(中東のアルジャジーラが、日本のTwitterで起きている「#ISISクソコラグランプリ」を報じる)




『ダイ・ハードの最終版』アメリカ人の地理や放射能に対する知的レベルを疑う(B層向けの嘘八百の荒唐無稽なフィクションにしても限度が有る)

27年まえの1988年に公開されたハリウッド映画ダイ・ハードは日本企業のハイテク高層ビルを占拠した凶悪な武装テロリスト対ニューヨーク市警のマクレーン刑事の壮絶な戦いを描いて、アクション映画として大成功した超娯楽作。脚本が素晴らしく絵空事には見えない手に汗握る臨床感があった。
当時のブルース・ウィリスには髪の毛がふさふさしていたが時間の経過は残酷で今は完全なスキンヘッドである。
ダイ・ハードの最終作が2月1日(日曜日)に地上波でも放送されたのですが・・・モスクワを舞台にしたカーチェイスが延々と続き車を大量に意味無く潰す場面には途中で飽きてくる。何事にもほどほどと言うものがあり、アメリカ的な大量生産大量消費にも限度が有る。
ロシアのモスクワから軍用ヘリで逃亡した悪党を追ってウクライナのチェルノブイリ原発の跡地に自動車で追いかけるが、何と同時間に到着している。アメリカ人の頭の中では、自国のアメリカ以外は地球儀が数十分の1以下の大きさなのです。
最後の悪党との対決場面は放射能に汚染されたチェルノブイリの原子炉なので、フクシマでお馴染みになった宇宙服の様な防護服を着用している。
ところが幾らハリウッドの娯楽映画とは言え、安直な『中和剤』なるものが登場して恐ろしい放射能が霧散して完全無害化する設定なのです。
原子の崩壊過程で出てくるヘリウムの原子核のアルファ線や電子の流れであるベーター線、電離作用が有る電磁波のガンマ線などの放射能と、能天気にも単なる毒物を混同しているのですから無茶苦茶。批判する言葉も無い。
こんなものを厚かましくも、アメリカの映画館ではよくも金を取って平気でアメリカ人に見せられるものだと感心する。



『#ISISクソコラグランプリ』


ISISがネットで公開した映像が合成のクソコラだったかどうかと、『実は生きている』などの後藤健二氏の生死とは無関係であり『結論』を早計には断定出来ないし、するべきでない。
たぶん戦場で武器を持っているところを捕まった湯川氏は、早い段階で殺されていた可能性が有るし、救出に向かった後藤氏も同じです。
多分殺害自体は本物です。ただし、ISIS映像は限りなくニセモノ(クソコラ)に見えます。
2人の主張ですが、普通の常識ならスパイ以外の何ものでもないのですから、一番危険な立場なのです。スパイなら、殺される確率は普通の兵士以上である。今回のように戦場で拘束されるとほぼ殺されます。
ところが日本国内では2月1日にISISが殺害ビデオ(クソコラ?)発表で新聞号外が出て、首相官邸には半旗が掲げられる大騒動。余りにもうそ臭いのである。

『愉快な大槻義彦早稲田大学名誉教授』

2015-02-01 大槻義彦名誉教授は『月の石』と題して、『アメリカの月探査について・・大槻先生は、人類は月に行っていない事を肯定するかのように、地球に持ち帰った月の石について、地球に持ち帰った月の石は、地球の石となんら成分が変わらないので、アポロ計画は、捏造であると、言っておられましたが、そのことについて、大槻先生の考えを教えてください。』
との質問に対して、
『アポロ計画の月着陸はねつ造だ、などと一口も言っていません。私の発言の内容は『月から持ち帰ったと言われて当時東大にも配られた月の石は東大物性研究所で研究されたが、地球の石と比較して何も特別な目新しいことはなかった。
したがって当時の大学院生たちはアメリカから世界に配ら得れた月の石は、はたして本物だったのか、という疑いを持った』というものです。
実際私の大学院の仲間も数人この物性研で月の石の研究をして、何の成果も出ず、大事な大学院の研究時期を浪費させられました。
TVでは執拗に私が月着陸そのものまで否定させようと誘導尋問しましたがこれについてあからさまなねつ造を発言したことはありません。』
と真面目にこたえている。
この大槻氏の『ニセモノだった月の石』発言ですが、確かにアポロ11号月着陸映像はニセモノだったとは、『一言』もいわなかったのです。
それにしても、大槻さんは何時も愉快ですね。
この『月の石』記事が投稿された日は2月1日ですよ。余りに発言がぴったりな時期なので大笑いです。
(月と地球の表面の組成は同じ玄武岩ですが、46年前のアポロの時代の科学知識とは大違い。月と地球が分離してから46億年の時間の経過で『月の石』が明確に違っていたことが現在では判っている)

『写すアングルが違うと、まったく別の景色が見えてくる』

日本にとっては大事な1月17日の阪神淡路大震災の20周年の記念式典をすっぽかして、たったの4日間の駆け足でイスラム教の予言者ムハンマドを正面から笑い飛ばした不愉快なシャルリ・エブド社の風刺画で苛立つ最悪の時期に中東に外遊した『飛んで火にいる冬の安倍』ですが、愚か過ぎる。、
17日にエジプトで安倍晋三が語った言葉ですが、日本語でも『人道支援』との表現は一つも無い。
安倍首相の国会答弁での『人道援助だ』は余りにも人を馬鹿にした嘘八百である。
(何時もの例ならアリバイ作りに一ヶ所ぐらいは『人道援助』とか『非軍事』の文字を入れるが、今回はゼロだった)
エジプトでは、対イスラム国で戦う有志連動の諸国への財政支援であることを強調していたのですが、この外務省の英語訳は日本語表現よりも、もっと過激に翻訳していたらしい。
丸っきり挑発行為なんですが、この悪事の主役は安倍では無くて日本国の外務省なのです。
日本政府が支援を約束した今のエジプト政府なるものですが 、選挙で選ばれた正当な政権(穏健なムスリム同胞団系)を軍事力で倒した軍部であり、旧政権側の昨年3月に529人、4月に683人に死刑判決を出した軍事独裁であるだけでは無く、欧米国籍のジャーナリストまで拘束している。
(日本が2億ドルの援助を表明したエジプトの政権は、イスラム国に捉えられていた後藤さんが殺害されて、大慌ててエジプト軍事政権は収監していたオーストリラリア人のジャーナリスト3人を釈放した)

1月20日のイスラエルのネタニエフとの会談の後のエルサレムの安倍談話がもっと最悪。まさに『飛んで火にいる冬の安倍』で、完璧に日本が相手側に嵌められているのですよ。
そもそも安倍晋三の立っている演壇には左右後方に日の丸とイスラエル国旗が飾られているのですが、フランスが世界に配信したAFP通信の記事には、安倍の後ろは巨大なイスラエル国旗しか映っていない。
イスラエルをバックにして日本の安倍総理が喋っている風に描いて、世界中に配信しているのですが、これではイスラム過激派に『日本人を殺してくれ』と言っているのと五十歩百歩。

『後藤健二ジョゴ氏の妻の「口封じ」をした外務省の悪事』

毎日新聞の社説ではISIS(イスラム国)の最後のビデオ声明での日本の安倍晋三首相が対イスラム有志連合を支援したとの事実はなく、『日本の場合は人道援助だ』十字軍への参加など『こじ付けだ』と恥ずかしげも無く言い放つ。
『こじつけ』との毎日社説はメディア・リテラシーの低いB層向けの無責任な放言である。正しくは、安倍晋三の『あとづけ』の言い訳に過ぎない。
17日のエジプトの声明でも20日のイスラエルでの発言でも同じで、今までの例ならあった『人道援助』、『非軍事』などの言葉は一つも無い程度は一目で判る。
あまりにも白々しい嘘八百を垂れ流す今の大手新聞などのマスメディアですが、社会の木鐸ではなくて安倍の男芸者をやっているのである。
『後藤さんの兄「非常に残念です』との NHKニュース 2015/02/01 ですが、後藤健二JOGO氏の兄の名前が純一氏であることは伝えるが何故か本名(苗字)を伝えない。健二JOGO氏が実の母親や兄弟で苗字が違う事実を大手のマスコミは伝えたくないのである。
(他のメディアでは後藤純一と実名を正しく書いているところもあるのですから、今回のNHKの態度が余計に不思議)
極限まで右傾化した日本では比較的規制がゆるい女性週間紙とかエロ系のプレイボーイ、日刊ゲンダイなどの主流でないメディア情報が少しは健全であり、面白い情報が書いてある場合が有る。

後藤健二さん 外務省が妻にしていた「総選挙12日前の口止め工作」女性自身 2月3日(火)

大手マスコミと同じで女性週間紙の表現でも『後藤さんの妻』となっており実名は極秘事項なのですが、『妻は、幼児2人を抱えながら独立行政法人で働く、東大大学院修了のキャリア女性だ』と他よりも一歩踏み込んだ重要な情報を伝えている。
しかも記事では、
『この12月2日という日は、衆議院総選挙の告示日でした。12月14日が投票日ですから、その12日前という状況です。じつはこのとき、外務省が後藤さんの奥さんとシリア人の現地ガイドに、厳重に“口止め”をしていたのです』
選挙直前に“日本人人質事件”が発覚すれば、選挙に影響が――。万一にも事件が表沙汰にならないよう、外務省が口止めをしていたというのだ。
・・外務省からの“口止め工作”について、現地ガイドがはっきりと証言しています。外務省は『後藤さんを守るためだ』と言ってきたそうですが、選挙前にこの話が出たら、安倍首相にプラスにはなりません。譲歩して助けても、助けられなくても批判されますから。でも、選挙前に拘束の事実が明らかになっていたら、日本政府はもっとまじめに助けていたかもしれませんね。』
との新聞では絶対に書かれない汚い裏事情を語っている。


『最悪の愉快犯 安倍晋三』

日本政府(菅官房長官)は記者会見で、身代金を用意していたかについて『それは全くない。100%ない』と明確に否定している。
記者の質問に対して、菅官房長官はイスラム国と交渉する気は『全くなかった』と断定している。
それならヨルダンに設置された対策本部は何をするためのものだったのだろう。
日本政府ですが、実際に日本人人質を押さえているISISとの一切の交渉を否定しているのですから、それが真実なら『殺されても仕方がない』人質は『見殺しにする』と決定していたことになる。
そもそも人質を何とかして救い出したいという気持ちが少しでもあれば、今回のような微妙な時期に中東諸国に行こうなどとは考えなかったし、例え行ったとしても無神経に『イスラム国対策』と明言しての2億ドル拠出は躊躇する。
中東は歴訪しても、イスラエルとの親密な関係を誇示する愚かな態度はとらない。有志連合の一員でISを空爆するヨルダンに現地対策本部を作っらない。
安倍首相は拘束されている日本人人質の命の危険どころか、この機会を絶好のチャンスだと捉えて世界に自分を売り込むことができる良い機会だと考えていた。
『週刊ポスト』2月6日号(1月26日配信)の『安倍首相中東訪問 外務省は時期悪いと指摘も首相の反応は逆』では安倍首相の邪まなどす黒い思惑が見えてくる。


『付け火して 煙よろこぶ 田舎もの』

1月17日~21日の4日間の予定での安倍晋三首相は中東4カ国の駆け足訪問ですが、出発直前の1月7日にフランスでは週刊紙銃撃テロ事件が起き、外務省内から『タイミングがあまりに悪い』と中止や延期の声が上がっていた。
ところが、安倍首相の反応は逆で『フランスのテロ事件でイスラム国がクローズアップされている時に、ちょうど中東に行けるのだからオレはツイている』。『世界が安倍を頼りにしているということじゃないか』と大喜びだった。
安倍総理は総額25億ドル(約3000億円)の中東支援についても、『日本にとってはたいしたカネではないが、中東諸国にはたいへんな金額だ。今回の訪問はどの国でもありがたがられるだろう』と自信満々で、常人の感覚とは180度違っている。

『安倍晋三の、戦う人道支援』

テロは対岸の火事で、自国民の人質には一顧だにしないのが『積極平和外交』の実態だった。
自衛隊の活用といっても海外に出かける日本人は年間1000万人をはるかに越えているのですよ。世界一の軍事大国アメリカでも無理なものを日本が出来るなど、狂気の沙汰である。
低脳ネットウョのアイドルである安倍晋三は、国会で『非道、卑劣極まりないテロ行為に強い怒りを覚える。テロリストたちを決して許さない。その罪を償わせるために国際社会と連携する。日本がテロに屈すること は決してない。』と勇ましく宣言したが、その後の続きに、
『食料支援、医療支援といった人道支援をさらに拡充していく。』と、なんとかして、今までの自分の愚かしい挑発行為を誤魔化そうと必死である。(あるいは人道支援だ』との言い逃れに必死である)
世界は広いが、何処の世界のNGO団体でも同じで、怒り心頭で、人道支援する考えの人間は一人もはいませんよ。
安倍晋の言うような、怒りに任せて突っ走る、『戦う人道支援』など、余りにも支離滅裂。こんな気持ちの悪いものは見たことも無い。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/77d12387c0e521e294a614f2fc7e8b40

本物(真実)なら、もう少し速く言って欲しかった

2015年02月06日 | 社会

『がん検診の利益が不利益より上回るのは(確実なのは)3例だけだった』


毎日新聞2月5日(木)朝刊で同社が発行する医学雑誌編集長・高野聡の『MMJ編集長のニュースな医学』(11)『がん検診 年齢、間隔も需要』とのコラム記事では、
『受験シーズン真っ盛りだ。準備万端整え、その日を迎える人もいれば、「もっと早くから準備すればよかった」と思いながら試験に向かう人もいるだろう。「先んずれば制す」という言葉のように、日本では早めのスタートを尊ぶ気風が強いようだ。では、「早期発見」が強調されるがん検診はどうだろう。』
『がん検診は、がんの早期発見という「利益」だけをもたらすと考えがちだが、実は不利益も伴う。』との当然の指摘をした後で、
『現在、利益が不利益を上回る信頼できる根拠が有るのは、乳がんのマンモグラフィー、大腸がんの便潜血検査、子宮頸がんの細胞診。』の三つしか医学的に証明されていないと明確に書いているのです。
高野聡MMJ編集長は続けて、『厚生労働省はこのほか、胃がんのエックス線検診、肺癌のエックス線検診・喀痰細胞診なども死亡率を下げる、として推奨する。』と書いている。
全部合わせても早期検診が有効なのは、たったの5例である。
前立腺がんのPSA検査などは逆に利益よりも不利益が大きいとして厚生労働省が中止を勧告しているし、肺癌のCTスキャンなども有効性よりも放射線被曝の不利益が大きいとの意見まで有る。
高野編集長は、
『検診年齢や間隔も重要だ。乳がんは20代から増えるが、20~30代の女性では擬陽性や過剰診断、放射線被曝などの問題があり不利益が上回る。』
今までの一般常識とは正反対に『がん検診は大切だが、早期発見は万能ではない。』と結論付けているのですが、・・・(がん学会などに喧嘩を吹っかけているのだろうか)これが真実ならとんでもないことですよ。
医学総合雑誌編集長の高野聡の『がんの早期発見は万能ではない』が、本物の『真実』なら、もっと速く言って欲しかった。


『今までの常識がコペルニクス的に180度引っくり返る』


前立腺がんのPSA検査程度は知っていたが、それ以外も問題だとは初めて聞いた。
『がんを理解し、向き合い方を考えることも重要だろう。』との、最後の言葉がなんとも不気味である。
日本では大量死時代の到来で火葬場が足らない『10日待ちも』とのNHKスペシャルが真面目に報じられている昨今である。
去年、福島県検討委は『3年で一巡したが、全県で同じ比率だった』とのインチキ発表ではマスコミ総がかりの『組織的な隠蔽工作』が行われている。
ただ、どれ程素晴らしい隠蔽工作を行っていても、今のようにフクシマを隠し続けることは無理。
『自虐史観』などの、過ぎ去った『過去の話』では無くて、『これから起きる話』ですよ。放射能は直ぐに健康に影響しない。
原発事故の放射能被害が本格化するのは『これから』なのですから、口先だけで『無かったことにする』ことは絶対に無理。今の日本ですが、これは寝小便した幼稚園児が濡れた布団を隠すのに似ていて、ほんの少しだけ、発覚を遅らすことが出来る程度の、なんとも些細な話。誤魔化せるのは、極々短時間だけ。
政府がマスコミを総動員しても、絶対に隠しきれ無い。
隠せば、余計に被害が大きくなるだけなのです。
ところが、何とも不思議な話だが、低脳の安倍晋三は無理やり隠している。しかも、安倍以上に、もっと不思議なのは、高偏差値の日本共産党(志位委員長)までが、アホの安倍に協力して、目の前の誰にでもわかる放射能被害を隠しているのですから、到底合理的な説明が付かない。
この、難問中の超難問の答えですが、実は日本丸は丸ごとセオゥル号だったとの身も蓋もないとんでもない答えしか出てこない。
日本人の全員が、薄々知っているのだが、余りに恐ろしいので、目の前の現実を認めることが出来無いのです。
今や自民党機関誌と化している体制べったりの読売新聞 は人質事件の後藤健二ジョゴ氏の死亡ビデオで2月1日に新聞号外を出しているが、今の日本の正しい現状を報道したくないための目暗まし(猫だまし)である可能性が一番高いのである。(何かを報じるとは、別の何かを報じない最善の方法であり、余りにもインチキ臭いのである)

『今の日本では「正しい意見」はデビィ夫人の一人だけ』


誰がどう考えても因果応報、自業自得の自己責任である。(それ以外の答えは出てこない)
毎日新聞が発行する医学総合雑誌編集長なのに、『早期発見は万能ではない』と世間の風向きとは正反対の意見を、たった一人で言った高野聡ですが、もしも正しいとすれば『立派』の一言。見上げたものである。(逆に『真実では無い』としたら2万個ぐらいの?マークが付く)

民間軍事会社のCEO(最高経営責任者)を名乗って武器を持ってシリアの戦場で捕まった湯川遥菜氏や、その湯川氏を単身で救助に向かって捕らえられた後藤健二ジョゴ氏ですが、 常識有る日本人の全員同じで、誰がどう考えても因果応報、自業自得の自己責任である。
もしも『同じこと』を他の人がやった場合ですが、湯川氏や後藤氏と99・9%同じ結論しか待っていない程度は大人なら誰でも分かる。
成功するのは漫画とかドラマなどの架空世界だけ。(007やランボーの真似をすれば100%死ぬ)
今頃はスーパーマンの真似で風呂敷を首に巻いて屋根から飛び降りるような馬鹿なことは小さな子供でもしない。(報道されている事柄が事実であるなら湯川氏や後藤氏は頑是無い子供以下の判断力しかないことになるが、これは有り得ない。余りにも嘘くさいのである)
ところが薄々全員が思ってるのだが自己規制して誰も口に出さない今の日本で自称セレブタレントのデビィ夫人が『自己責任である』、『自決しなさい』とネットで超おバカ発言。フェイスブックで1万もの『いいね』が付いたとイギリスのBBCまでが報じているのに、日本のマスコミは誰も報じない。
余程この日本人人質事件が、今の日本にとって最も高度なタブーに触れているのだろうか。
日本人の全員が薄々『因果応報、自己責任だ』と思っているのだが人前では絶対に口に出さず、無理やり『自己責任ではない』と横並びで主張する日本の現状ですが、これは70年前の敗戦直前の姿に酷似しています。
今回の人質事件が『自己責任でない』なら、そもそも、この世に自己責任などと呼べるものは一つも無い。

『麻薬の運び屋として今の中国で死刑になる多数の日本人旅行者』

高齢者とか主婦など社会性が薄い日本人が犯罪組織に騙されて軽い気持ちで麻薬の運び屋になり、運悪く中国当局に捕まった場合には間違いなく死刑になる。(外務省がこれ等の可哀想な日本人死刑囚の救出に動いた例など、今まで聞いたこともない)
中国はアヘン戦争での敗北でイギリスによる麻薬売買によって国家存亡の危機に陥った経験から特別、麻薬犯罪には厳しい。
民間軍事会社のスキルアップの為と称して短期間に中東と日本を往復していた、湯川遥菜氏ですが、これが戦場のシリアでなければ麻薬の運び屋だと疑われるような不思議な行動なのです。(2ヶ月毎に往復を繰り返すが、経験を積むにしては、現地での滞在が短すぎるのである)
これは場所が内戦中のシリアなので、人々の注意が『麻薬』や『覚醒剤』には向かないとの、高度の擬装の可能性が有る。
しかしISIS(イスラム国)は捕虜になったシリア政府軍兵士の首の切断などの残虐行為では麻薬とか覚醒剤の常用がマスコミでも報道されているのですよ。
マスコミ報道が事実で、ISIS兵士が戦場の恐怖を麻薬の常用で誤魔化しているのが真実なら、組織としても資金源として麻薬の密売を行っている。(ところが、この当然の結論を指摘するマスコミがゼロ)
ISIS(イスラム国)の目を覆う残虐さも、抜きん出た豊富な資金源(軍資金)の存在も、『麻薬の売買』と関係しているとしたら目から鱗で、数々の『謎』は一気に解ける。
いまマスコミは全員で『石油の密売だ』と言っているが、1日数億円も密売するためにはパイプラインかタンクローリーのコンボイで無いと無理なのです。
石油収入だとすれば、サウジとか欧米の大企業の支援が無いと不可能である。(資金源を断つなら、空爆よりも銀行取引を制裁するだけで簡単に解決する)
同じように後藤健二ジョゴ氏が単身で救助に駆けつけた原因の『謎』も、日本外務省やマスコミ関係者が全員何故か真相を報道したくない『謎』も、デビィ夫人以外には誰も当然の『自己責任』を言わない『謎』も、すべてまとめて一気に『全部の謎』がISIS(イスラム国)の麻薬の密売のピースを加えるだけで、あまりにも簡単に解けるのである。
なるほど。相手が悪すぎるので全てのマスコミが最も恐ろしいタブーとして全員で秘密にして当然だった。

『岸信介と満州浪人の里見甫(阿片王)、ニクソン大統領とバンパオ将軍、レーガン大統領とノリエガ将軍』

150年前のイギリスのアヘン戦争の例を出すまでもなく戦争と麻薬は切っても切れない密接な関係があり、70~80年前の安倍晋三の祖父で改革派官僚といわれていた岸信介と阿片王の里見甫の関係は余りにも有名である。
他にも50年前のベトナム戦争時のラオスの山岳民族メオ族特殊部隊のバンパオ将軍とか、30年前のレーガン大統領時代のイランとニカラグアのコントラ、コロンビアの三国の『武器と麻薬』の三角貿易のパナマのノリエガ将軍など、腐敗した現地の武装組織とCIAがらみの麻薬取引は公然の秘密である。

数十年前の昔話では無くて、今に続くブッシュ大統領の対テロ戦争でも麻薬がらみの汚い戦争なのです。
アフガニスタンのタリバン政権は国内に蔓延る麻薬の撲滅に取り組んで、ほぼ成功した2001年時点で麻薬業者で山賊集団で有る北部同盟を支援して空爆して崩壊させている、
アメリカの支援で成立した今のカルザイ政権では、アヘン栽培が復活してアフガニスタンは世界一の生産地になっているのである。(アメリカや欧米の民主主義は、アフガンでは悪質な麻薬業者を育成しただけだった)
今回日本のタモ神将軍は、今回の日本人人質事件にどれだけ深く関係しているのだろうか。 あるいはタモ神本人が否定していることが真実で、まったく関係していないのだろうか。

フリー・ジャーナリストの後藤健二ジョゴ氏であるが、満州浪人の里見甫は敗戦後には阿片王などといわれ『麻薬の密売人』の悪名が立つが、満州国時代には、日本の国策会社である満州国通信社(「国通」)の初代社長兼主筆に就任していて、れっきとした大物ジャーナリストの表の顔を持っていた。
(日本国内の『国通』は1945年の敗戦後にGHQにより共同通信と時事通信、広告専門の電通の三社に分割されている)
今回の人質事件の報道で不思議なのはデビィ夫人が指摘しているように、実名や年齢がはっきり出ているのは結婚した事実も孫が生まれていた事実も知らない音信不通の高齢の母親だけである。後藤健二ジョゴ氏に近いほど、何故か不鮮明になり実名が出ないばかりか年齢さえ隠されている。

『実体も名称も、違和感が有りすぎる「イスラム国」の不思議』

ISISの主張する最高権威としてカリフが支配する1400年ほど前のムハンマドの時代の政教一致の神聖国家ですが、これは昔の歴史教科書ではサラセン帝国といっていたが、今ではイスラム帝国に名称が変わっている。
そもそも、ISISの英語訳が変で、主権が有る国家の意味のステーツでは無くて、正しくはエンパイア(帝国)ですよ。(イスラム教の筈が、変に基準が欧米キリスト教的なのである)
ただ、それだと今の教科書のイスラム帝国と同じ名称になるので、ISISが避けたのでしょうか。
この『イスラム国』の表記ですが、考えると結構面白い。
アメリカ(USA)との対抗上はイスラム国(IS)よりも、ユナイテッド ステーツ オブ イスラミー(USI)が一番ぴったりではないでしょうか。
去年6月に建国宣言をして、マスコミ各社が一斉に『イスラム国』と呼び出したのですが、何か違和感があリ気持ち悪い。
他に、この○○国と呼ぶ類似例が、一つも無い。(だから違和感がある)
我が大日本帝国が造った、13年間しか存在しなかった『満州国』程度ですよ。まあ、『日本国』と呼ぶ例は有るが、普通は『国』をつけずに日本だけ。
ロシア国とか、インド国など、何とも不自然であり、語呂が気持ち悪い。
『国』付きの『イスラム国』の名称表記ですが、もしも日本のマスコミが国策として麻薬の密売を行っていた『満州国と同じだ』との意味をこめていたとしたら、政治的な判断が立派、見上げたものなのですが、どうもそこまでは考えていないようです。

『テレビスタジオ的なISISの人質脅迫ビデオの出来上がり』



アメリカ人ジャーナリストの人質ですが、拡大すると何とテレビ撮影用のピンマイクを装着している。
日本や欧米のテレビ撮影では、このピンマイクが常識であるが使用目的は音声をクリアに録音するためなのです。
もっと具体的にいえば、カメラ側の音声を録音マイクが拾わないようにとスタジオ録画では個別のピンマイクが使用される。
ネット上のビデオ映像には被害者と加害者の2名しか映っていないが、撮影には数台のカメラと照明や音響などの撮影スタッフが大勢カメラの後に控えていることが分かる。
これは基本的に偽造映像である。
本物のサウジアラビアやISISの斬首は『見せしめ』とイスラム原理主義過激派の唯一の『娯楽』が目的なので、大勢の見物人の前での公開処刑が原則である。
ISISのビデオのように非公開では見せしめにも娯楽にもならない。ただし、現地での本物の斬首刑は公開でも、その映像を外部に持ち出すのは御法度であり、ISISのようにネットで世界的に公開して大宣伝するなど狂気の沙汰である。(間違いなく、何か別目的の政治的なプロパガンダの一種である)

ISISが制作したネット上にある非公開で見物人が無い映像は、本物とは全てが逆さまであり、そもそもがインチキ映像なのです。
(もしも、このアメリカ人ジャーナリストをISISが解放することがあれば、スタジオでビデオを撮影していた時の事情が何もかも明らかになって仕舞う。
擬装を隠し通す心算なら、ISIS(イスラム国)としては撮影した人質を解放したくても出来ないのである)

『最も違和感が有るのはイスラム国の人質処刑映像の手抜きのクソコラ』



余りにも真実から遠く、嘘くさいのである。
欧米人が欧米人向けに作ったクソコラですね。こんなゲテモノをじっくりと見る物好きがいないと最初からなめてかかっている手抜きである。
頭部の重量は体重の8分の1程度だが血液量では4分の1も消費する一番血液の多い場所なのですが、この頭はわざわざ血抜き作業が施されているのですよ。 背中に置かれた頭から血が流れていない。
胴体ですが、地面に首を突っ込んだように不自然に前に大きく歪んでいて、背中の肩甲骨が突き出している。これは首の切断面をクソコラ技術では表現出来ないので隠すためだと思われる。


『最初のアメリカ人以上に不自然な出来上がりなのが後藤健二ジョゴと称するクソコラである』

これでは完全に頭を地面に突っ込んだ姿勢なのです。
もう無茶苦茶。後藤健二氏ですが、死因は首の切断では無くて、地面との激突によるものですよ。笑い話にもならない駄作中の駄作である。
唯一褒めるとしたら、口が開いていることぐらいであろう。死ぬと筋肉が弛緩するので普通は自然に開いてしまうのです。(最初の作品のアメリカ人の首は丸っきりのインチキである)
地面に首をめり込まして死んだ後藤氏やアメリカ人ジャーナリストは礼儀正しく目を閉じて、御丁寧にも手の10本の指を組んでいる。
誰かが死んでいるように加工しているクソコラ映像であることは明らかなのですが、ライブ映像を装うISISの欧米人の世間をなめきった態度は腹立たしい。もっと真面目にやれ。
人間が死ぬ時は結構忙しいので目や口は開けっ放しで閉じるのを忘れる。ISISが作った写真のような行儀良く目を瞑る死体はドラマの中だけのフィクションなのです。
(私が今までに出あった全ての死体は全部が例外なく目や口を開いているので、この『イスラム国』の目を閉じている礼儀正しい綺麗な死体よりも余程ギョッとするし、もっと恐ろしげにも見える)


http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/115873156da87b17b119bf35338d531e


十分な検証ないまま「対テロ非難決議」 山本議員のみ退席

2015年02月09日 | 政治





『素晴らしい出来上がりの2月6日付け田中龍作ジャーナルの記事とタイトル』

『十分な検証ないまま「対テロ非難決議」 山本議員のみ退席』
山本太郎議員はきょう午後、参院本会議で採決された対テロ非難決議を退席した。決議は山本議員の退席後、出席議員の全会一致で採択された。

安倍政権のお先棒を担ぎ同調圧力を強める記者クラブメディアは色めき立ち、山本議員の事務所に押し掛けた。
山本議員は記者会見を開き、次のように退席理由を説明した- 
「テロ決議案すべてに反対というわけではない。だが後段で納得いかないというか、足りない部分があるんじゃないか・・・(国対経由で)議運の方に『代わりとなる文言』を伝えたが反映されなかった・・・(後略)」。
山本議員が提案した代わりとなる文言(修正案)は以下―

1、(「イスラム国」を生んだイラク戦争の総括を含めた)人質事件の十分な検証が必要。
2、特定の国名(ヨルダン)を削除する(特定の国名が入ることで有志連合との距離が取れなくなるから)。
3、英訳文もつけるべき。

対テロ非難決議案は全会派共同提案とはいえ、言い出しっぺは与党だ。内容は安倍政権を利するものとなっている。
人質事件をめぐる政府のズサンな対応についての検証は不十分で、このままウヤムヤにされそうだ。
イスラム国を生んだのは米国のイラク攻撃(2003年)で、日本は自衛隊を後方支援と称してサマワ(イラク)に派遣したのである。
国際社会の誤解を招かないように、決議案には英訳を入れておかなければならない。
イスラム国への報復攻撃を本格化させているヨルダンと関係諸国(つまりは有志連合)と連帯すれば、ズルズルと戦争に引きずり込まれる恐れがある。
決議案は懸念される事態への配慮を欠く。衆参両院はこれを全会一致で採択したのである。
「対テロ非難決議、全会一致で採択」。メディアも麗々しく囃し立てる。翼賛体制はできつつある。
2015年2月6日 18:11田中龍作ジャーナル

『山本太郎ひとり孤塁を守る』

山宣の愛称で親しまれた山本宣治は1929年3月5日、治安維持法改悪の緊急勅令に全国会議員中で山本宣治一人が反対するが、東京神田の宿舎に戻ったところを刺殺される。39歳の若さだった。
墓碑銘は大山郁夫が揮毫した『山宣ひとり孤塁を守る だが私は淋(さび)しくない 背後には大衆が支持してゐるから』。
山宣なきあと、浜口首相襲撃事件、血盟団事件、5.15事件など首相や蔵相、財界人が襲撃されるテロルの嵐が吹き荒れ、日本は満州事変から日中全面戦争、第二次世界大戦に突入して1945年に無条件降伏して滅亡する。
1929年の『山宣ひとり孤塁を守る』から1945年の8月15日の『玉音放送』まで日本はほぼ一直線。破滅の道を挙国一致、全員でまっしぐらに突き進んだ。

『1年半前の2013年10月15日の再来(デジャブな山本太郎ひとり)』

今回のように全国会議員中で『山本太郎ひとりが反対』には前例があり、衆参両院は2013年10月15日、2020年東京五輪成功決議に、722人の全国会議員中ただ1人、山本太郎参議院議員(当時38歳)だけが反対した。(衆議院は満場一致の賛成)
『元気な日本へ変革する大きなチャンスとして国民に夢と希望を与える』と、目の前の福島第一原発の惨状を完璧に無視する。
原発事故から9年後の2020年のオリンピック開催など悪い冗談である。『放射能でお・も・て・な・し』など、ブラックジョークにしても不真面目すぎて到底笑えない。
一字違いで大違い。『おもてなし』ではなくて、『ひとでなし』である。
原発には反対しながらオリンピックには賛成した共産党社民党などが考えているらしい、『日本政府は五輪成功の為に福島原発を真面目に頑張るだろう』は机上の空論で、現実には成り立たない夢物語である。
日本にとっては原発とオリンピックは、一方が良いなら他方が悪くなるトレードオフの対立関係にあるのは誰の眼にも明らかな事実である。
オリンピックで全世界から大勢のアスリートや観光客を呼ぶ予定なら、大本営発表の情報隠蔽は良くなる事はなく、今よりももっと悪化する。
フクシマか、オリンピックか。どちらか一方の成功が、必ずもう一方の足を引っ張る。

『フクシマの4年目が近づき、ますます悪化する日本』

事態は1年半前の山本太郎一人以外が全員東京オリンピック賛成だった時よりも悪化している。
日本人人質2名の殺害で発覚した事実ですが、国民も国会も、誰も知らない間に去年の10月に日本国がアメリカの主導する『イスラム国と戦う有志連合』 に入っていることが分かった。
その最悪の時期に、能天気に全会一致での『国会決議』など、宣戦布告に近い軽率な行為である。(日本は、有志連合に参加するかどうかの国会論議を経ず、国益に資するかどうかの判断もなく自働的に加盟していた)
しかも山本太郎が指摘するように、人質事件の経緯がまったく不明である。
十分な検証作業無しに、なし崩し的にイスラムとキリスト教との(日本人から見れば同一の)一神教同士の仲間割れの不毛の争い(ブッシュが始めた対テロ戦争)では、無関係な第三者の日本が『終りの無い戦争』に参戦する理由が無い。 悪戯に日本人を危険に晒すだけの愚挙であリ、悪影響は計り知れない。
最低でも、山本太郎が指摘するように世界から誤解されないような、『正しい英語訳』を添付する義務が存在している。
(正規の英訳付でない今回の決議ですが、そもそもの動機が内向きすぎる。海外の目を少しも考えていない証拠である)

『日本人人質事件の解決や検証を妨害する日本政府の怪』

『「イスラム国」交換目前で交渉決裂か 後藤さんと死刑囚』とのタイトルがついた、毎日新聞 2月8日(日)記事では、イスラム過激派組織イスラム国(ISIS)による人質事件で、フリージャーナリストの後藤健二さん(47)救出では、ISISのメンバーでヨルダンに収監中だったサジダ・リシャウィ死刑囚との交換交渉が1月28日ごろに成立目前だったと報じている。

毎日新聞の記事では、『後藤さんの妻に対する身代金要求メールを受けたIS側との交渉には、英国の危機管理コンサルタント会社が関与していた。秘匿されている事件のプロセスが判明した。』
【「命かかってる」】後藤さん妻初めて声明
『日本人の人質がトルコとの境界付近に連れて行かれたが、その後(シリア北部の)ラッカの拘束場所に戻されたと聞いた。』(ISISの動向に詳しいラッカ在住の貿易商の証言)
◇英コンサルも関与
後藤さんの妻は昨年12月、ISとみられるグループから届いた1500万ユーロ(約20億円)の身代金要求メールを開封後、英国に本部を置く危機管理コンサルタント会社に依頼し、救出に向けた交渉が始まっていた。
日本政府は「返信していない」と、ISISの身代金要求メールについて無視している。

しかし、後藤健二の妻やコンサルタント会社はISISと交渉していて、その内容や経過を外務省に報告、日本政府としても把握していた。
毎日記事が正しいなら、後藤氏妻とか英国のコンサルタント会社の努力で1月28日に人質交換に成功して、後藤健二氏は解放される寸前であったらしい。
日本政府は去年8月の湯川遥菜氏の拘束時点でヨルダンのアンマンに現地対策本部を立ち上げていたと発表しているが、実体がまったく不明。


川内 博史は、
『 「イスラム国」による邦人殺害事件。昨年の8月16日、ヨルダンに現地対策本部を設置した、という総理の国会答弁がある。その根拠となる、外務本省から現地大使館に宛てた指示文書(公電)の公表を求めたが「有るとも、無いとも言えない」という回答。知らしむべからず、寄らしむべしということか。』と発信している。

1月20日のISISIの衝撃的な人質ビデオ以前のヨルダンの『現地対策本部』なるものは名目だけで、日本政府や外務省の口先だけの姑息なアリバイ作りの可能性も十分考えられる。




『一人目の人質(湯川遥菜)解放を妨害したのも日本の公安(政治)警察だった』


チェチェンやウクライナ、シリア、アフガニスタンなどを取材してきた戦場ジャーナリストの常岡浩介さんは2015年1月22日に日本外国特派員協会にて『ISIS(イスラム国)の日本人人質解放を妨害したのは公安警察だった』との重大な証言を行っている。
イスラム法学者の中田考・元同志社大学教授や戦場ジャーナリストの常岡浩介さんの証言によると、
ISIS(イスラム国)の地方司令官ウマル=グラバーから2014年8月に常岡さんに、『湯川遥菜さんを拘束したのだが、同氏が英語もアラビア語も出来ないために意思の疎通が出来ない。』

『裁判に日本語通訳と、イスラム法に基づく公正な裁判を行うので立会人・公証人になる人』が必要とのメールが届けられる。

ISISのオマル司令官が招待したかたちで、常岡さんと中田考さんは去年9月3日に日本を発ち、6日にISIS(イスラム国)の支配領域に入り、イスラム国の拠点都市・ラッカでオマル司令官と再会。
この時司令官は『湯川氏を身代金の材料にしない、(日本人を)見せしめのための処刑をしないというのがイスラム国の方針である』と説明したとされる。

しかも、『ウマル司令官と上官は湯川さんと常岡さんらをあわせる調整をした』とも証言している。

しかし、運悪くラッカへの大規模な空爆で二人はやむなく一時帰国。

常岡さんらは再度10月7日に日本を発ち、イスラム国に入って、湯川さん奪還の交渉をしようと準備を進めていた。
ところが離日する前日の10月6日に常岡さんらは北大生の私戦予備・陰謀容疑で公安警察(警視庁の公安外事3課)の捜査を受け、取材のために準備したカメラやパソコン、スマートフォン、ハードディスクなどが押収され渡航を断念。

常岡さんの持つイスラム国関係者の連絡先をすべて押収されて取材源の秘匿・保護が不可能になったと判断した常岡さんはイスラム国の関係者に捜査を受けたことを伝え、それ以後は盗聴される恐れから、連絡もとらないようにしてきたという。
もしも、戦場ジャーナリストの常岡浩介さんの行った2015年1月22日の日本外国特派員協会での発言が正しければ、『私戦予備 ・陰謀』と言う前代未聞のとんでもない法律による公安警察の捜査さえなければ、今頃は湯川遥菜さんは無事解放されていた可能性があったのである。

もちろん湯川解放が実現していれば、その後の単身で湯川遥菜の救助に向かった和製ランボーのフリージャーナリスト後藤健二ジョゴ拘束も無い。そもそも日本人2人の殺害事件は起きていないのである。









『人質事件を時系列で整理すると、』




国安正昭ベネズエラ特命全権大使や元茨城県議で自民党水戸支部事務局長の木本信男やその長男の木本信太郎自民党市議を顧問に日本で初めての民間軍事会社を立ち上げた湯川遥菜氏は短期間でレバノンやシリアと日本の間の渡航を繰り返していた。

この民間軍事会社は実体が無く、シリア支援募金の右翼グループ『アジア維新の会』の別称であり、ご存知元航空幕僚長の田母神俊雄とも(彼は知らないと言っているが)何らかの関係が有るのは明らか。

自動小銃などを誇らしげに『自分のもので、護身用に絶対に必要』と シリアの戦場で語る姿が自身のブログに投稿されている。
去年だけでも3回もシリア入りしていて、その何れにもフリー・ジャーナリストの後藤健二氏の姿があった。(湯川氏の通訳兼現地ガイドであった可能性が高い)

去年8月にシリア反政府軍同士の戦闘に巻き込まれた湯川氏は武器を所持した状態で反対側の武装勢力(ISIS)に拘束される。
去年8月時点ではマスコミ発表では湯川氏と後藤氏の関係は4月に武装勢力に拘束された湯川救出を後藤氏が行って1日で解放されたと報じられていたが、意識的な誤報である。

10月に湯川救出に向かった後藤氏がISISに拘束されるが、公表されるのは3ヵ月後の今年1月20日の脅迫ビデオによって発覚している。

しかし、後藤健二氏ですが、拘束される3週間前にもトルコからシリアに密入国してISISに追い返されたと、トルコの出入国係官が証言しているのです。ところがマスコミは何故か、この不都合な事実の検証を行った気配が無い。

10月に拘束された後藤健二氏が、9月にもシリア入りしていてISISに追い返されたのが事実なら、マスコミが描く正義の後藤健二像(不幸な誤解による偶発的な事件)と大きく違ってくる。

『不幸な。』までは正しいが、ISISの誤解でも偶発的でもなく、必然で『当然な結果』である。

日本ではデビィ夫人しか言わない自己責任ですが、このトルコの出国係官の証言が正しいなら、より後藤健二氏の自己責任が重くなるので、今のように挙国一致で無視しているのだろうか。

マスコミが必死で隠す後藤氏の拘束の3週間前の9月のシリア入りですが、中田考元同志社大学教授や戦場ジャーナリスト常岡浩介さんの9月6日のシリア入り(ISISによる湯川遥菜裁判の準備が進んでいた)事実から、トルコ側の出国係官の記憶が正しいことが推測されるのです。

1ヵ月後の10月6日に中田考元同志社大学教授や常岡浩介さんが日本の政治(公安)警察に強制捜査を受けISIS関連の連絡先などを押収したが、その事実を常岡浩介さんがすぐさまメールでISISに連絡する。
そこに『飛んで火にいる夏の虫』状態の暢気な後藤健二氏が日本国内の動きを何も知らずにISISの支配地域に、何時ものように、のこのこ出かけて行けば、『江戸の敵は長崎で』とばかり、ISIS側に『待っていました』と拘束されたのは当然だった。
その後は外務省が止めるのも聞かず、安倍晋三首相が最悪のタイミングで中東を訪問して『イスラム国と戦う諸国への2億ドル支援』を約束する。ISISによる1月20日の脅迫ビデオの原因は間違いなく安倍晋三発言である。
安倍晋三(日本政府)の暴走は止まらず、1月28日には後藤氏の妻とイギリスのコンサルタント会社とが模索していた後藤氏とヨルダン人死刑囚との捕虜交換を妨害する。



『因果応報、自業自得の自己責任』偶然では無く必然である



マスコミが実名を出さないで挙国一致で何故か『必死で隠す』ブラックホールのような後藤氏の妻ですが、ヨルダンの帰国子女で東大卒で東大大学院を修了したキャリア官僚であり、国連難民高等弁務官を10年間も国際協力機構理事長を10年務めた世界的に有名な超大物外交官の緒方貞子の秘書官の城後(ジョゴ)倫子さんだった。

去年ISISに8月に拘束された湯川遥菜氏ですが、経歴からは日本政府(外務省)のスパイだと疑われるに十分な不審な行動をしている。
去年10月に、その湯川救出で捕まった後藤健二ジョゴ氏は湯川以上に不審な(普通の日本人一般市民では絶対にありえない)行動をしているのですから、普通に見れば日本外務省(日本版CIA)のエージェントである。(丸っきりの因果応報。自業自得の自己責任ですが、この場合の『自己責任』は後藤氏本人では無く、外務省など依頼主)

日本政府(安倍晋三)ですが日本人人質がISISに拘束された後で、一番相手を怒らす最悪最低の行為を繰り返したのですから、日本人2名殺害は想定外どころか、これも当然な結果であった。
日本人の人質2名の殺害は偶然では無く必然であり、因果応報、自業自得の自己責任である。(問責決議が無理でも、最低限でも山本太郎が主張するように国会による人質事件の十分な検証作業が急務)

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/18d788f085375e4dbb573be6240c8d9d

もはや臆病なインテリは有害である

2015年02月10日 | 社会

『喧嘩の作法』 山口二郎法政大学教授

本欄でも書かれたように、安倍首相は最近、精神の平衡を失ったようである。しかし、彼の乱心、恫喝をきちんと咎められない野党やメディアはもっと情けない。

 憲法で国会議員は院内の発言について院外で責任を問われないと規定し、さらに言論や学問の自由を保障しているのはなぜか。国会議員、新聞記者、学者の三つの人種に、権力と喧嘩する武器を与えるためである。

 ファシズムの成立過程では、ならず者が大きな役割を演じる。国民に対して情報と思考の素材を提供する報道機関と学者が、ならず者の攻撃対象となる。それらが屈服すれば、世の中は強権支配を受け入れる道を一挙に進む。今の日本では、最高権力者自身がならず者同然の暴言を繰り返している。さらにその周辺には、ペンを持ったならず者がいる。

 権力を批判する者は、すべからく喧嘩をする覚悟を持たなければならない。ならず者を相手にして言葉は無力である。理路を尽くした批判をしても、そもそも理解する能力を持たない。虚偽や不正を指摘されて逆上するような権力者に対しては、しつこく追及を続けなければならない。実際、安倍首相の虚言は枚挙にいとまない。

 もはや臆病なインテリは有害である。メディアも学者も、「表へ出ろ」という気迫を持たなければならない。

東京新聞11月9日

『表へ出ろ』

去年10月20日に、チンピラヤクザの橋下徹と、同じく知性や常識の欠片もないチンピラ右翼の在特会の桜井誠会長が会談(面談)と称する罵倒合戦を繰り広げて、良識ある多くの人々から顰蹙をかっている。
教育委員会とか労働組合、学者相手なら百戦百勝だった橋下徹も、大声で汚らしいヘイトスピーチを繰り返す桜井誠には歯が立たない。
無意味に双方が罵倒を繰り返すだけで、数分でお開きになるが、あまりにも馬鹿馬鹿しい御粗末な成り行きである。
常識に縛られた有識者相手なら無敵だった橋下流の弁舌術も、橋下と同じ手法を駆使する在特会の桜井誠にはすこしも通じなかったのである。
ヘイトスピーチが最高裁でも確定して落ち目の在特会の桜井誠を大阪市役所に呼びつけ、橋下徹(大阪市長)としては言い負かす心算だった。橋下徹の、水に落ちた犬(弱者)を叩いて世間から人気を得る何時もの手法である。
ところが10月20日の見苦しい低級な罵倒合戦では、双方実力が互角で短時間で『引き分け』(勝負無し)に終わる。

『時間はかかったが、やっと橋下徹の正体(橋下流のペテン)に気が付いた山口二郎』

何年か前にまだ山口二郎が北海道大学教授だった時ですが、インターネット空間では『山口二郎が橋下徹にフルボッコされた』との話題で大いに盛り上がっているとの話を聞き、興味を持って、実際のテレビ放送されたものをユーチューブで確認したのですが、話は180度逆さまで、山口二郎の具体的な客観的事実の指摘に橋下徹は一言もまともに答えられない。
山口二郎北大教授は政治学者らしく、論理とか事実を正確に話している。
対して維新の橋下徹のほうは不真面目にも、『学者は現場を知らないのだ』とせせら笑いながら、事実に対しては何も答えない作戦に終始する。
テレビ討論は完全なる山口二郎氏の大勝なのですよ。ただ、何故かネットウ空間では話が180度逆になっているのですね。この不思議の原因ですが、橋下の方は、ハッタリで態度がとんでもなく尊大、喋り方が喧嘩腰で相手を罵倒する作戦なのですよ。相手に向かって意味も無く怒っている風を装って、恰好だけは『勝っている』様に見せていたのです。
ところが学者の山口教授のほうは、理路整然、穏やかであり少しも威張ったところが無い。不真面目な橋下徹を少しも叱らない。
傍若無人、無礼極まる無知蒙昧の橋下徹を『この大馬鹿者の嘘つきが』とたしなめない。それだけでは無く、討論の終りには苦笑しながら(司会者の『迷惑ではなかったのかと』の趣旨の質問に答えて)『面白い経験が出来て楽しかった』と余裕たっぷりに答えている。
そんな、高尚な皮肉やユーモアが通じる相手ではない。
橋下のような低級な悪党に対しては『世間をなめるな』、文句が有るなら『表に出ろ』(はっきりと白黒の決着をつけてやる)ぐらいの迫力ある言葉が必要なのです。
情けない話ですが、ユーチューブを見ていたメディアリテラシーの無い人々は、話の内容の正誤では無くて、喋り方の強弱(表情とかボディランゲージ)で勝敗を判断していたのです。
今回の山口さんの、『権力を批判する者は、すべからく喧嘩をする覚悟を持たなければならない。』
そもそも、『ならず者を相手にして言葉は無力である。』
『理路を尽くした批判をしても、そもそも理解する能力を持たない。』
『最早臆病なインテリは有害である。メディアも学者も「表に出ろ」との気迫を持たなければならない。』ですが、まったく、そのとおり。目の前の不正に怒らない(喧嘩の作法を知らない)インテリなど、最早『害毒』なのである。
10月20日の橋下徹と桜井誠のエゲツナイどつき漫才をみて、やっと橋下徹の正体(橋下流のペテンの手口)に気が付いた山口二郎ですが、もう少し速く物事の本質に気が付いて欲しかった。

『安倍晋三のヨイショ新聞の産経の妄言(橋下流のすり替えの手法)』

日本人の人質2名がISIS(イスラム国)拘束されている微妙な時期に、そのイスラム国を空爆する中東諸国への2億ドルの財政支援を、さも軍事支援であるかのごとく表現した1月17日のエジプトのカイロでの不用意な発言には、一言も『人道支援』との言葉が無い。
日本政府の『人道支援だ』は、日本人二名が殺されてからの後付の屁理屈(姑息な言い逃れ)である。
もしも、人道支援が本心なら、殺されてからでは無くて、日本人が殺される前の1月17日の時点で『人道支援だ』、『軍事とは無関係』と、はっきりと発言するべきであった。
(悪手と名手は紙一重で囲碁や将棋では、どれ程の名手でも手順前後は逆に致命的な悪手になる)
2月3日の参院予算委員会で共産党の小池晃政策委員長は安倍首相のにエジプトで行った1月17日演説が、『拘束された日本人に危険を与える可能性があったのではないか』と再三問い詰めた。
ところが、安倍晋三首相は、
『質問はISIL(イスラム国)に対し批判をしてはならないような印象を受ける。 それはまさにテロリストに屈することになる。』
『テロリストに過度な気配りをする必要は全くない』と声を張りあげた。
その場その場で、口から出まかせ。三百代言の橋下徹そっくりの話のすり替え(ちゃぶ台返し)であり、もう無茶苦茶。
外国人テロリストに気配りが不要でも、命の危険がある日本人の人質には最大限の気配りをするのが日本国首相の役目である。
『一切の気配り不用』は、勇ましくはあるが、これでは日本人の人質の命は到底助からないし、そもそも、小池質問の1月17日のカイロ発言が不必要に挑発的であった事実は否定出来ない。
産経新聞は、
『共産党も含め野党各党はイスラム国を非難しているが、 小池氏のように「イスラム国側に立った視点」も目だつ。』と、日本が軍事解決の有志連合路線に突っ走る安倍全面擁護の姿勢である。
まさに『飛んで火にいる冬の安倍』と産経新聞は心中する心算なのでしょうが、日本や日本人を巻き込むのは止めて欲しい。
意味無く挑発的で腹立たしい17日の安倍カイロ発言を厳しく追及する小池氏と、その小池氏を批判する売国右翼の産経新聞の対比であるが、
なんと、1月26日に『国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権』とTwitterで正しく批判した共産党の池内沙織衆院議員(32歳)に対して、『政府が全力を挙げて取り組んでいる最中にああいう発信をするのは不適切だ』と志位和夫共産党委員長が『叱責』してツイッターを削除した事件が発生している。
左翼の志位和夫と右翼の産経新聞の発想が瓜二つ、違いが無いのですから呆れ返って言葉も無い。これでは日本が滅ぶ。もちろん共産党も滅ぶ。

『当分気が付きそうに無い高偏差値の志位和夫(日本共産党委員長)』


中卒(高校中退)の元タレントの参議院議員の山本太郎に比べて、東大卒のインテリである志位和夫が余りにも愚かなのである。対照的な、この2人の違いとは何なのだろうか。
一口で言えば、山本太郎は周りの全員からバッシングされることをすこしも恐れずに、自分が正しいと思ったことを発言する。(見ていてはらはらするが、説得力があり面白い)
ところが喧嘩になることを極端に恐れる(臆病なインテリの)志位和夫は世間の空気を読んでから発言している。(喧嘩がまともに出来ない共産党など、絵に描いた餅以上に意味が無い)
志位和夫ですが№2の書記局長を10年、共産党のトップの委員長を15年続けている。志位和夫ですが25年間も徐々に衰退していく日本共産党で、少しも責任を取らずに安穏と長く党の役職に胡坐をかいていたツケが回ってきたのだろう。
基本的に今の日本で起きている事は最高責任者である首相(安倍晋三)の責任である.。
同じことが他にも言えて当然日本共産党にも当て嵌まる。良いことも悪いことも最高責任者(志位和夫)には責任が存在している。
志位和夫のような『喧嘩の作法』をまったく知らない、臆病なインテリは共産党にとって有害であるばかりか、社会にとっても有害である。
山口二郎がいうように、『国会議員、新聞記者、学者』などは既存の権威とか権力と喧嘩することにこそ、その存在意義がある。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/511c920d2ae41001ef105dc434377bbe


挙国一致「大政翼賛会」の最後のピース「日本共産党」

2015年02月11日 | 共産党



「我々は自粛しない」 翼賛体制に抗議 言論人1,200人が署名
2015年2月9日田中龍作ジャーナル

イスラム国による人質事件は、湯川さんと後藤さんの殺害が明らかになると、安倍首相の唱える「テロとの戦い」がすべてに優先される風潮をもたらした。翼賛体制の下地が整いつつある。

これでは表現の自由が奪われてしまう。強い危機感を抱く言論人、表現者ら1,200人がきょう「翼賛体制の構築に抗する声明」を発表した。
1,200人のなかには著名な言論人も含まれる。呼びかけ人が本人確認のため、作家の中沢けいさんに連絡を取ったところ、次のようなコメントが返ってきた―
「積極的に名前を連ねたのは初めて。ここで言論人がスクラムを組まないとこの国はダメになってしまう」。
声明に署名した作家、憲法学者、元官僚、ジャーナリストらが、午後、国会内で記者会見を開いた。「I’m not Abeと言おう」…人質事件をめぐる安倍首相の対応をテレビ朝日の番組で批判した、元経産官僚の古賀茂明さんも出席した。
古賀さんは「独裁と戦争へ向かうにはホップ・ステップ・ジャンプがある」として次のように説明した。
「ホップは報道の自由への抑圧。ステップは報道機関自身が体制に迎合する。ジャンプは選挙(勝利)による独裁政権の誕生。今はステップの段階に来ている」。
とはいえ反乱もある。安倍政権に最も近い報道機関であるNHKのプロデューサー1人とディレクター1人が声明に署名した。それも実名だ。明らかになれば左遷は免れないだろう。
ディレクター氏は悲壮なまでの決意を表した。「日本がいかに個人を守らない国かが分かりました。そればかりかこの機会を利用して戦争ができる国になろうとしている。大変危険な局面に来ている。微力でも口を閉ざすことなく言いつづける必要がある」。
声明は次のように謳っている―
「非常時であることを理由に政権批判を自粛すべきだという理屈を認めてしまうなら、原発事故や大震災を含めあらゆる非常時に政権批判をすることができなくなってしまう・・・(中略)
問題なのは、政権批判を自粛ないし非難する人々に、自らがすでに「翼賛体制」の一部になりつつあるとの自覚が薄いようにみえることである」-(声明ここまで)
「人質殺害」に乗じたショックドクトリンに騙されてはいけない。民主主義を守れるのか。それとも軍国主義へと向かうのか。今が分水嶺だ。(2月9日記事全文)

『分水嶺を越えてしまった志位和夫(池内沙織衆議院議員ツイート叱責事件)の顛末』

人質殺害事件メモ [社会]共産党の対応—池内ツイート事件について2015-02-02ペガサス・ブログ版

「オール与党」の状況のなかで,有力野党として責任が重いだけに,またブロガー自身が党員であり責任の一端を担っているので詳述する.
池内ツイートは当たり前のことを言っただけ.志位氏の反応が異常.これでは「一朝有事」に「挙国一致」の一端を担ぐメンタリティーと疑われても仕方がない.
また,報道された志位コメントには「政府が全力を挙げて取り組んでいる最中」と,「全力」と全面肯定する表現があるが,しかし政府の姿勢や対応を疑う見方も多い.
また,報道に「志位氏は『議員本人の判断で削除した』」とあるように,削除は命令や指示によるものではなさそう.であれば池内氏も削除すべきではなかった。
池内氏はツイッターのひとことではなく,なぜ削除したかのきちんとした説明が必要.もちろん志位氏本人にも釈明と自己批判を求めたい.
他の党員の皆さんもこの問題で積極的に発言して欲しい.党規約5条と17条1項を正しく解釈することが重要.
これに党員や支持者が沈黙するとすれば,「共産党が安倍政権と全力で闘っている最中に,不規則に発信することは不適切」ということなのか??

2015.02.09 『さおりん(池内沙織さん)の Twitter 投稿削除の真相は・・・』
JUNSKY blog2015
昨日の 【ni-hi NET】 で、ISIL人質事件に関する安倍政権の対応に異議申し立てをしたさおりん(池内沙織さん)の Twitter 投稿が志位委員長の意向を受けて削除された件についてフロアから質問が出ました。
これについては、同僚議員である仁比聡平さんが言葉を選びながら丁寧に回答。
ます、質問に答える前に、池内沙織さんは、度胸の座った素晴らしい人であること、去年の総選挙で当選した人々はこれまでとは全く違ったフレッシュで多彩な人びとであることをひとしきり説明されました。
そして質問に答え、結構長い説明でしたが要約すると以下のようだったと思います。
1) 池内さんが、その投稿をされた時は、まだ後藤さんが拘束中であり命が掛かっていた。
2) 交渉の唯一の窓口は政府組織であり、全力で対応させるべき時期であった。
3) 仁比さん自身も安倍政権の対応に怒り心頭であったが、発言は控えた。
4) 志位委員長が池内さんに投稿を削除するように指導した事実は無い。
5) 志位氏の記者会見の折に産経新聞が池内さんの投稿について感想を問われた。
6) 志位氏は、上記のような状況からして「適切ではない」旨、回答した。
7) 池内沙織さんが自らの意志で投稿を削除し、遺憾の意をコメントした。
と云う、流れだったとの御説明でした。
私も誤解していて、『顔本』 やブログ記事で間違った投稿をしてしまいました。
 申し訳ありません。
2015年2月9日(月)

JUNSKYさんは何か勘違いしているようだが、この流れでは志位和夫は日本でも最も腐敗した対米従属命の産経新聞とか安倍晋三に同調して日本共産党の魂を売ったことになりますよ。最悪の反党分子が共産党の委員長をしていたなど笑い話にもなりません。
(10日にもう少し穏便な表現のコメントを送って一旦は公開されたのだが現時点では掲載されていない)

『最も大事な日本人人質脅迫事件の検証作業』

山本太郎が言うように、最低でも人質事件の顛末の検証作業は欠かせない。産経新聞や志位和夫が考えているように『安倍政権が頑張ったから日本人の命が助かった』事実は何処にも無い。現実に起きた事柄ですが、安倍政権の愚劣な言動が日本人2名の命を奪った可能性が高いのである。
事実経過を素直に見れば日本政府(公安警察や安倍晋三)が何もしなかったら、湯川氏も後藤氏も無事解放されていて今頃は何も無く日本に帰国している。
政府が全力で対応したから、逆に日本人の2名がISISに殺されているのが現実である。
ISISに殺された日本人二名ですが日本政府と無関係な純粋な民間人では無くて、与党自民党など右翼勢力や外務省などとの密接な関連性がうかがわれる裏人脈(満州浪人もどきとかJCIAのエージェント)であった。政府外務省の自業自得の自己責任である。
安倍政権に最も近い報道機関であるNHKのディレクター(実名)の指摘のとおりで、『日本がいかに個人を守らない国かが分かりました。そればかりかこの機会を利用して戦争ができる国になろうとしている。』のである。
今、日本が極限まで右傾化した関係でNHKを筆頭に全てのマスメディアが安倍晋三の暴走を傍観しているだけで、誰も真相を報じない。
挙国一致の大政翼賛会が日本国内では、ほぼ完成しているのです。
決して超えてはならない分水嶺を今回越えてしまった志位和夫ですが、日本共産党を潰す心算なのだろうか。
(志位本人にその気が無くとも、愚かで軽率な言動が日本共産党に致命的な大打撃を与えている事態は間違いない)

『山口二郎法政大学教授の「喧嘩の作法」 もはや臆病なインテリは有害である』

極右で低脳の安倍晋三を全力で頑張っているから『批判を止めろ』と言う共産党など、笑い話にはなるが、到底現実の話とは思えない。
物分りが良すぎる(喧嘩をしない)穏健保守の志位共産党ですが、それでは挙国一致の大政翼賛会が完成して終う。御名御璽。
共産党というブレーキが効かなくなった日本は一億玉砕、無条件降伏に向かってまっしぐらに進んでいて短時間で間違いなく崩壊する。
志位和夫の特徴を一言で説明すれば、『喧嘩の作法』を知らないと言うか、そもそも誰かと喧嘩になることを極力避けている(恐れている)のである。
今の様な左翼政治家ではなくて東大出のキャリア官僚になっていれば優秀な役人になっていたであろうと思われるのに残念。道を根本的に誤った結果が現在の25年間も穏やかに死につつある共産党の悲劇であった。
政治家として成功するためには小泉純一郎とか橋下徹、縁起物の熊手で転ぶ前の渡辺善美のように単純明快に『○○だ』と喋る必要があるが、志位和夫は正反対。
志位和夫は、決して『○○です』と断定的には言わず『○○では無いでしょうか。?』と二重否定で『肯定』表現する。その為に、他の共産党政治家も志位和夫の口真似をして、この気持ちの悪い『○○では無いでしょうか?』を連呼する有様。『○○ではない』なら否定形だが、それに『でしょうか』との疑問形を続けることで元々の『○○だ』との結論になる。
政治家としては最悪な優柔不断の見本の様なこの『・・・ではないでしょうか』ですが、基本的に出来る限り結論を曖昧にして、相手と喧嘩をしたくないとの意思表示なのですよ。多分。
政治家なのに喧嘩を避ける、この情けない志位和夫に対する処方箋としては山口二郎の『喧嘩の作法』が最適であろう。
要約すると、
『安倍首相は最近、精神の平衡を失ったが、乱心、恫喝をきちんと咎められない野党やメディアはもっと情けない。
憲法で、国会議員、新聞記者、学者の三つの人種に、権力と喧嘩する武器を与えているのは何のためか。
ファシズムの成立過程で、ならず者が大きな役割を演じ、報道機関と学者が攻撃対象となる。今の日本では、最高権力者自身がならず者同然の暴言を繰り返し、その周辺にペンを持ったならず者がいる。
権力を批判する者は喧嘩をする覚悟を持たなければならない。
もはや臆病なインテリは有害である。
メディアも学者も(もちろん政治家も)『表へ出ろ』という気迫を持たなければならない。』

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/cbef3c6f63a1677127586df57cbf9365

同時期のチェルノブイリよりも数十倍~百倍以上悪い日本のフクシマ

2015年02月12日 | 放射能と情報操作





2巡目で初のがん確定診断 福島の子ども甲状腺検査 









 2巡目で初のがん確定診断








 福島県の全ての子どもを対象に東京電力福島第1原発事故の放射線の影響を調べる県の甲状腺検査で、事故直後から3年目までの1巡目の検査では「異常なし」とされた子ども1人が、昨年4月から始まった2巡目検査で甲状腺がんと診断が確定したことが11日、関係者への取材で分かった。また、がんの疑いは7人になった。


 2巡目でがんの確定診断が出たのは初めて。12日に福島市で開かれる県の検討委員会に報告され、放射線の影響かどうか慎重に見極める。


 チェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がんが急増した。2015/02/12 04:41 【共同通信】


2014年12月14日に投開票された安倍晋三らが『アベノミクスを問う』とのスローガンの総選挙の終わった直後の12月25日、東京電力福島第1原発事故の県民健康調査の検討委員会で驚愕する事実が明らかになる。子どもの甲状腺検査で事故直後の1巡目検査では『問題ない』とされた4人が、4月からの2巡目で『がんの疑い』と診断されていたことが発覚する。


極悪人の安倍晋三とその一味(福島県検討委)による『がんの確定』の意味とは、子供の甲状腺の全摘出のことなのです。(確かに幾ら外から検査しても摘出しないと100%確実にがんであると確定出来ない)
同じく、『がんの疑い』とは 、エコー検査やCTI検査MRI検査血液検査、直接甲状腺に注射針を刺して細胞を抽出して行う細胞診断などで陽性と判断されたもの。
最終的な医学判断である細胞診の陽性では手術の手続きに入る。
この段階で医師から患者にがん告知が行われるので、通常のマスコミの報道なら『がんと確定』なのですが、我が日本国のフクシマだけは『がんの疑い』と曖昧に意味を薄めて発表されている。
これは多分『手遅れで助からない』の意味ですよ。がんが助からない昔は医師による正しいがん告知はタブーだった。(がん告知が常識になった現在でも、助からない末期がんの場合に例外的に本人に告知されない場合がある)
安倍政権成立直後の2013年2月の『3人確定、7人疑い』とは、『米空母3艘撃沈、我が方の損害は軽微』との嘘八百だった70年前の政府やマスコミ総ぐるみの挙国一致、一億玉砕の大本営発表の 二番煎じ。
御粗末な茶番劇。姑息な印象操作なのです。
(安倍晋三とかマスコミですが、こんな人を馬鹿にした子供だましの御粗末な手法で時間稼ぎしていれば、そのうちに神風が吹いて絶体絶命の日本が助かるとでも思っているのだろうか。乗客のほぼ全員が死亡した韓国旅客戦セウォル号の船長の判断とまったく同じで愚劣で残酷で自滅的な判断である)





『一巡目』の104人に今回発表の『二順目』の8人を加えると112人であるが、人口が福島県の5倍の1000万人ベラルーシの同時期の小児甲状腺がんは、たった6人ですよ。
人口が200万人の福島県で、福島第一原発事故の前年の2010年の小児甲状腺がんはゼロだった。もしもフクシマがチェルノブイリと同じ軌跡を描くとしたらメルトダウン事故から4年目の今年は小児甲状腺がんは去年の5倍に跳ね上がる。
安倍晋三が懲役2年の罰則の『がん登録法』とか何が秘密かが秘密の『特定秘密保護法』、共産党(赤旗)を含む挙国一致の『大本営発表』など、どのような悪どい手品を使おうと、放射能汚染の深刻な被害はもはや誰にも隠せないのである。




福島県当委の言う『平成23年(2011年)度』とのタイトルで発表された検査数値(発症者の人数)とは、福島第一原発周辺の双葉町や大熊町、飯館村など最悪の放射能汚染の被害が見込まれる13市町村の意味だった。
同じく『平成24年(2012年)度』とのタイトルで発表された数値とは、次に汚染が酷い福島市や郡山市などの『中通り地区』の意味だった。
同じく『平成25年(2013年)度』とは、福島県内では汚染が比較的低いとされている会津若松市とかいわき市などの結果だった。
丸っきり国家ぐるみの詐欺か手品である。
日本政府ですが、露骨に恣意的に検査の対象を選別して順番をずらし、挙国一致のマスコミとの二人三脚で、放射能と小児甲状腺がんの発症数の因果関係を誤魔化して、善良な日本人を騙していたのである。

ジャンル:政治

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/23cfbe8f35dc800d7b47894254e98538


言葉よりも如実に真実を語る写真

2015年02月13日 | 政治




『難産だったがウクライナ停戦合意が成立』

ロシアのプーチン、フランスのオランド、ドイツのメルケル、ウクライナのポロシェンコの4首脳は16時間にも及ぶ休憩なし睡眠なしのマラソン会談を行い、12日朝にようやくウクライナ東部での停戦合意が成立する。
報道されたところによると、会議開始から14時間が過ぎたころ『首脳会談の終了』(停戦合意)がマスコミ陣に伝えられたが、ウクライナのポロシェンコ大統領が直後に『いいニュースは何もない。ロシアの条件は受け入れられない』と言い出して、4首脳の協議は振り出しに戻り『やり直し』となった。だが、結局はロシアのプーチンに押し切られた形(ねばり勝ち)となった。
ロシアのプーチン大統領は『私の人生で最良の夜ではなかったが、朝は穏やかだった。重要な問題で合意に達することができた』と記者団に語っている。
会談の場所を提供し自ら珈琲と食べ物を運んだベラルーシのルカシェンコ大統領は4カ国首脳が『卵を食べた。チーズを食べた。乳製品を食べた。バケツ数杯、珈琲を飲んだ』が休息をとることが出来なかったという。
4者協議の成果として、4ページからなる宣言が出された。また、並行して行われていた連絡グループ協議でも、成果文書が得られた。
ミンスクの独立宮殿を舞台に11日夕方始まった4者協議は16時間後に終結を見た。

『頭を抱えるポロシェンコ』
ウクライナの停戦合意成立を伝える2月13日朝刊ですが、多くの新聞が上に示したような写真を掲載していたが、西日本に配られている毎日新聞大阪本社版の写真は傑作。ロシアのプーチンは他のメディアと同じ写真なのですがウクライナのポロシェンコの方は頭に手を当てて憔悴しきった写真を掲載していた。

『アメリカ抜きの停戦合意』
北欧バイキングの終末神話『ラグナレくの日』の2014年2月22日に起きたネオナチの無差別銃撃により選挙で選ばれた親ロシア派政権が崩壊し、その後にキエフに成立したポロシェンコ政権は東部のロシア語圏での独立運動をテロリストと断定し大規模な武力衝突に発展するが、即座に安保理は『停戦』を決議していた。
その後も何度も停戦は決議されるし、去年9月にはベラルーシのミンスクで正式な停戦合意も成立していた。
ところがキエフ政権(ポロシェンコ大統領)などがアメリカの支援を当てにして武力解決を模索するので、戦闘が激化して収拾がつかない。
今回の4カ国首脳会談での停戦合意であるが、もしも停戦に成功すれば『アメリカ抜き』(欧州だけ)でこれだけの合意が出来た意味は大きいだろう。


『規制区域でもない海域で船長に暴力をふるう辺野古の海保』


米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設をめぐり、名護市議会の屋比久稔議長ら名護市議は12日、第11管区海上保安本部(秋本茂雄本部長)、県警本部(加藤達也本部長)、沖縄防衛局(井上一徳局長)を訪れ、過剰警備への抗議と名護市辺野古沖の埋め立て作業の中止を求める意見書(1月29日に可決)を手渡した。
議員らは『現場では命の危険を感じるようなむちゃくちゃなことが行われている』市街地の真ん中で、11管区と県警で、過剰警備でけが人が出ていることなどを指摘した。

辺野古のある名護市の議員や報道関係者の乗る現地視察の船の船長に傍若無人に法律を無視して暴力をふるったり監視船を転覆寸前にまで追い込むなど海上保安庁(国家警察)の過剰警備は目に余るが報じているのは地元沖縄県の地方紙だけ。全国紙は見て見ぬふりで報じない。権力の暴走を監視するマスメディアとしての自分の役割を忘れた全国紙ですが、職務怠慢にもほどが有る。
シリアのように、死人が出てからでは遅すぎるのです。

| 未分類 | コメント(0)

世界の柔術セレブ道場

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.bjjee.com/articles/jiu-jitsu-heaven-top-10-most-beautiful-bjj-academies-in-the-world/&prev=search

柔術天国:世界のトップ10最も美しいBJJアカデミー

2015年2月11日 Gile 記事 、 特集 17
柔術天国:世界のトップ10最も美しいBJJアカデミー

ギヨーム(Gile)フニ、BJJ黒帯とのヘッドインストラクター木村ブラジリアン柔術アカデミーベオグラード、セルビアで。

柔術の天...素敵なマット、素晴らしい施設、素晴らしい場所、素晴らしいスパーリングパートナーを想像してみてください。 今、世界中からのこれらの美しいBJJアカデミーのいくつかをチェックアウト:

10。 アクシス柔術アカデミー (東京、日本)

1997年に設立され、拳は孝昌渡辺により、グレイシー日本と呼ばれる、それが日本のグレイシー柔術学校の最初の公式だった。 2000年には、グレイシー日本はもっと大きな施設に移動し、軸柔術アカデミーに社名を変更し、ヒクソン·グレイシー柔術協会への日本の公式代表となりました。 渡辺は、まだアジアで唯一のブラックベルトフォームヒクソンです。 最大限の保護のための2つの層を持つ特殊マット、アンチ細菌キャンバス

lesson_space1

lesson_space2

lounge1

9。 クロン·グレイシー柔術アカデミー (カルバーシティ、カリフォルニア州、米国)

あなたが取り組んで世界チャンピオンと素晴らしいインストラクターからBJJを学びたいのであれば、これは場所です。 クロン·グレイシーは、有名なヒクソン·グレイシーに息子です。 クロンは、大きなマット面積、ロッカールーム、シャワー、あなたはBJJを学ぶために必要なすべてのギアと素晴らしい施設を持っています。 ヒクソンもクラスのカップル週を教えている。 マットはバネ仕掛けである。 怪我を防ぐために、タイヤの数百の上に置いた。 そしてあなたの体に身に着けると涙。

ステファンKocevによる写真撮影

ステファンKocevによる写真撮影

印刷

8。 ヘンゾ·グレイシーアカデミーNYC (ニューヨーク、米国)

ヘンゾ·グレイシーアカデミーは3階建てをカバーする広々とした15、000平方フィートのアカデミーで、美しくレイアウトされ、便利なペン駅から1ブロックに位置しています。 アカデミーは、ゼブラマットとマットされています。 彼らは、更衣室、日のロッカーとシャワーがそれぞれを提供しています。 施設は、気候制御されている。

renyoグレイシー

Renzo_Gracie_academy

7。 アライアンス柔術リオ (リオ·デ·ジャネイロ、ブラジル)



リードアライアンスによる創業者アレクサンドル「ジジ」パイヴァ、アライアンスは、リオ·デ·ジャネイロの素晴らしいマットスペースを提供しています。 過去からの古いアライアンスリオジムははるかに小さい場所にされていた。 今、彼らは最終的にそのような強いチームをサポートすることができアカデミーを持っている。 彼らは、(下記参照)アライアンスサンパウロの彼らの大きな妹と同じ薄緑色のマットを使用します。

提携リオ

提携RIO1

ヨガ4 BJJ

6。 EvolveのMMA極東支部 (シンガポール)



EVOLVEは、​​シンガポールの4トップの場所を持っています。 すべてのシンガポールのトップデザイン会社の一つによって設計されて進化ファーイースト·スクエアは、アジアでは、その種の最高品質、最先端の、プレミアム研修施設です。 シンガポールに本社を置き、EvolveのMMAは世界チャンピオンインストラクター、現代の最先端の施設、武道クラスの総合的な選択、およびアジア最大のクラスのスケジュールを持っています。 それは誰のために、安全で楽しく、協力的な環境を提供しています。

EvolveFESBJJRoom

EvolveFESLockers

019タンプ

5。 コパカバーナBJJアカデミー (ワルシャワ、ポーランド)

ヨーロッパで最大のBJJマットスペースの1つ。 BJJ、ムエタイ、柔道とパーソナルプラグインの戦闘スポーツを提供しています。

copacabana1

コパカバーナ

4。 ADCC(アブダビコンバットクラブ) 、アブダビ、アラブ首長国連邦





クラブ選手権の戦い競争ADCC世界提出はUAE国民シェイクTahnoonビン·ザーイド·アル·、その後UAEの指導者シェイク·ザイードの息子のアイデアと創造た。 シェイクTahnoonは、ADCC(アブダビコンバット·クラブ)を作成しました。 シェイクTahnoonは格闘技クラブにアブダビの遊休設備を変換。 彼は様々な武道のトップインストラクターを雇う、ブラジリアン柔術、柔道、レスリング、サンボ、ムエタイなどと大臣にそれらに彼らのクラスを世界クラスの施設を与え、トッププロの戦闘機を訓練することから始めました。 すぐにADCCはアラブ世界における学習や訓練BJJとMMAのトップ施設となりました。

ADCC

adcc1

3。 グレイシー柔術アカデミー (トーランス、カリフォルニア州)



それは、柔術の天国として知られています。 1925年、カルロス·グレイシーは、ブラジルでの最初のグレイシー柔術アカデミーを設立。 1978年には、ホリオン·グレイシーは、米国にグレイシー柔術を持ってきて、1989年に彼はトーランス、カリフォルニア州に北米の地に最初のグレイシー·アカデミーを設立しました。 今日、この場所は、附属学校と196カ国でオンライン学習60,000以上の家庭学習の学生数百のグローバル組織の本部として機能します。 アカデミーは、博物館、大きな駐車場、トップ施設、巨大なマットスペースがあります。

グレイシーacademz 2

グレイシーacademz

2。 アライアンス柔術サンパウロ (サンパウロ、ブラジル)



サンパウロアカデミーのアライアンスはブラジル、ルーベンス「Cobrinha」チャールズ、ガビ·ガルシア、ベルナルド·ファリア、マルセロ·ガルシア、ルーカスLepri、セルジオモラエス、マイケルLanghi、Tarsisハンフリーズおよび他のような世界チャンピオンのホームでのチームの本社です。 それは、世界で最高の学校の一つとして認識されています。 施設は最高です。

提携SP1

提携SP2

1。 柔術アカデミーのアート (コスタメサ、カリフォルニア州、米国)



この場所は、単純に美しいです。 それは、より多くのBJJアカデミーよりミュージアムのように見えます。 それがすべてのように:クリーンマット、良い人、そして世界クラスの命令(ギリェルメとラファエル·メンデス)。

BJJを学ぶための十分なスペースのための品質マットとの二つのマットエリア。 マットや壁がで訓練するために素敵な雰囲気を作成するためにすべてのきれいな白である。必要に応じて、機器を配置するスポットやロッカーがたくさん彼らのです。 男性と女性のトイレも、それらの複数のシャワーが含まれている。 それとドライクリーニングサービスもあります。 使用後はあなたのGIをオフにドロップすると、あなたが立ち寄るクリーンGI次回があるでしょう。 前のためか、クラスの後に含まWiFiとラウンジエリアがあります。 ジムにはビーチがあります。

| 未分類 | コメント(0)

伝説のカーウソングレイシーvsヴァウデマーサンタナ ヴィンデージ画像

gracie23.jpg
Carlson.jpg
ca20.jpg
CarlsonGraciejpgwidth498.jpg
Hemeterio_HelioCarlsonjpgwidth550.jpg

| 未分類 | コメント(0)

クロングレイシーのモダン柔術観  競技と護身 グレイシー一族のモダン柔術観の違い ヘンゾ曰く「護身やセルフディフェンスとか言うなら、それはMMAで証明しろ」 クロン曰く 「ベリンボロはマジでクソだ。あんなの点取るためのズル技さ。MMAであんな事やってみろよ。マジぶん殴られるぜ?」
















http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871466

クロン・グレイシー、ベリンボロを痛烈批判
クロン・グレイシーがベリンボロを痛烈批判しています。

http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871505

ベリンボロなんてクソだ。ポイントを稼ぐためのイカサマだ。MMAでそのポジションにいたら顔面ボコボコだろ。ベリンボロってものは、たとえば50/50のように、少しは練習するべきだろうし、それも柔術の一部なんだって思えるだろう。でもそれより更に練習を続けたら、使えない技だと気づくだろう。そして練習の時間を間違ったことに使ってしまったと気づくだろう。その技でタイトルを取ってる人もいるけど、それは自分の子供に教えたいような柔術じゃない。俺は反対だ。でも俺は神じゃないし、人にあれをしろとかあれはするなとかは言えない。俺は自分の戦い方に満足している。もし俺みたいにしたい人がいればそれはすばらしいし、ベリンボロがしたい奴はやっとけ。

(http://jiujitsutimes.com/blog/kron-gracie-on-berimbolo-its-a-way-to-cheat-in-order-to-score-points/)

これはベリンボロの使い手からの反論をぜひとも聞きたいところですねぇ。

でもロンダ・ラウジーが柔術家に喧嘩売ったら(売ってないけど)、女子柔術家がアンタなんて倒してやるわよ!と反論してたけど、クロンがこんなこと言っても、ベリンボロ得意な選手が「クロン、お前なんてベリンボロからバック取ってやるぜ!」とか言う人はいるんだろうか?

http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871505

「2015年もMMAに集中するつもりだよ。でもADCCは興味あるな。ムンジアルは興味ない。ムンジアルに出る選手と自分とはゴールが違うみたいだからね。彼らは袖を掴んだりして時間が過ぎるのを待つだけだ。時間稼ぎしてるだけ。こんなのを本当のファイトとは言わないよ。勝つための戦略ってだけだね。俺にとって柔術とはそんなものじゃないんだ」

| 未分類 | コメント(0)

柔術で異種格闘技戦勃発 ヒカルドリボーリオvs欧州 JJIF柔術競技王者レムコパドゥール



かつては欧州でメジャーなJJIF柔術競技の王者として知名度が高かったレムコパドゥールですが
今は柔術は柔術でもヨーロッパでメジャーな柔術競技ではなくブラジリアン系 BJJ系の柔術黒帯として指導者として活躍されているそうです









ちなみにこちらはパドゥールがかつては所属していた欧州の柔術競技の動画
現在は組織名がパドゥールが所属していた時代のIJJFではなくJJIFに改名されたそうです

| 未分類 | コメント(0)

ヨーロッパ大陸 史上最初の柔術黒帯 意外と大きいべーリンギ一族の柔術 フラビオべーリンギの影響力

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.bjjee.com/articles/european-dirty-dozen-the-first-european-bjj-black-belts/&prev=search

「欧州のダーティダース」、まず欧州のBJJブラックベルト

2014年8月31日 Gile 用品 10
「欧州のダーティダース」、まず欧州のBJJブラックベルト

で:ギヨームフニ

「欧州のダーティ·ダズン「ブラジリアン柔術で黒帯を受信するために最初の12のヨーロッパ人である。 私はこの1つを見つけるためにいくつかのハードコア調査研究をしなければならなかった。 私たちはそれを知っているように、ヨーロッパでBJJ、すべてのパリのヒクソン·グレイシーからセミナーで1995年に開始した。 400を超える人はヒクソンに動作するようになりました。 ここに、この詳細については、こちらをご覧ください 。 そこにいくつかは、同じ年に促進されたように14、ここで実際にあるので、我々はそれらを数えることができませんでした。 これは、オランダのことが言及されるべきであるレムコPardoelはまたVacirca兄弟が半ば以来、スイスに存在していた彼はUFCでロイスを戦ったし、その後BJJを受け入れとしてもBJJの先駆者の一人だったが、彼 ​​は最初の14の後に彼の黒帯を取得90年代。

:また見ているオールドスクールを:「ダーティダース」、最初の12非ブラジルのブラックベルト

2001:

クリスチャンDerval(RIP) -フランス(フラビオ·ベーリング)

Derval クリスチャンDervalはガイMialot、フランスと欧州のBJJの建国の父と一緒にいた。 彼は、ヨーロッパ初のBJJアカデミー、パリのル·セルクルティシエのリーダーだった。 フランスの全体を通してBJJを広める動きで、彼は学校の優れたネットワークを持って、非常に強力なフランスの柔道連盟と提携して、BJJコミュニティの間で一度に非常に論争のだった「柔術Neの技」を作成した。 彼は2012年にがんから離れて渡すまで、多くの質のBJJの黒帯を形成していた。

アランNagera·フランス(フラビオ·ベーリング)

nagera もともとはル·セルクルのティシエアカデミー、アランNageraから発行された "教授"は常に柔術でrolingと教育に非常に体系的かつ技術的なアプローチを持っていた。 これは教師としての自分の職業から来ている。 彼は現チャンピオンロドリゴCompridoメデイロスに敗れ黒帯で、2001年にmundialsを戦った。 彼はまだ、パリのSankunoアカデミーで、教えています。



パトリック·ビッタン·フランス(フラビオ·ベーリング)

bittan また、ル·セルクルティシエから発行され、パトリック·ビッタンは、フランス社会の非常にカリスマ的なメンバーです。 彼は、ヒクソン·グレイシーから直接学ぶためにロサンゼルスに行ってきました。 彼はBittanアカデミーの彼のチェーン(フランス、アメリカ、イスラエル、ルーマニアなど)の教育BJJとKravmagaをオープンしました。 彼は彼の下で訓練を受けてきた多くの有名なMMAファイターが彼の素晴らしいスキルについて話しているフランスのBJJ界では伝説です。 彼はコパは2007年にブラックベルトマスターにブラジルでムンドを行いました。

2002

ティエリーRijvas -France(フラビオ·ベーリング)

rijvas また、セルクルティシエから発行され、ティエリーRijvasは彼の非常に良いガードのためknowedされる。 彼は彼のBJJフォントネーアカデミーで教える続けています。


ジョーバンZerjal-セルビアは、またフランスの国籍を持って(フェルナンドPinduka)

zerjal また、セルクルティシエアカデミーから発行された、 ジョーバンZerjalは 30年間フランスに住んでいたセルビア語です。 彼はバルカン半島の最初のBJJアカデミー、Zerjalチームを開くために2000年に戻ってセルビアに来ました。 彼は強いBJJチームを形成していると彼の息子ミランZerjalは米国で戦う新進気鋭のMMAファイターである。

ゴダード スコットGodard-ユナイテッドKingdom-(Riganマチャド)

彼はジョン·マチャドから指示されたセミナーに出席したときスコットはブラジリアン柔術に導入した。 そのセミナーの後、スコットは最高のブラジリアン柔術をマスターすることが決定された。

スコットは、伝説的なRiganマチャド、第8回程度の黒帯の下RCJマチャドブラジリアン柔術を研究するためにカリフォルニアに移動しました。 ちょうど3-1 / 2年の間に、スコットはブラジリアン柔術の黒帯を獲得するイギリスから最初の人になりつつブラジリアン柔術の彼の黒帯を取得しています。

教授スコット·ゴダードは、現在、ジャン·ジャック·マチャド、インストラクターの下BJJ第三度の黒帯で、今日の競争を続けています。

2003

パトリックChaput-ベルギー(フラビオ·ベーリング)

chaput パトリックChaputはベルギーのBJJの先駆者であり、また、ベルギーのBJJのフェデレーションを作成しました。 彼はフランスのセルクルティシエと密接な関係を持っていた。


マリオD'Hoker-ベルギー(フラビオ·ベーリング)

dhoker 彼はまだ彼がハイブリッド道場を実行するベルギーのBJJとアクティブです。


ピーターBlackwell-スウェーデン(レオ·ヴィエイラ)

ブラックウェル 最初のスカンジナビア生まれBJJブラックベルト(第3度)
最初のヨーロッパ人はCheckmat Blackbelt生まれ!
そして、ブラウンベルトとしてマスター/シニア選手権で優勝した後後援された最初のヨーロッパ人の黒帯と名門コーラルチームの正式メンバー、!

4回ヨーロッパチャンピオン(シニア):いくつかのブラックベルトのタイトルを獲得した
そして、二回パンアメリカン選手権(シニア)で決勝までずっと、リカルド「Franjinha "ミラーのようなビッグネームの上に勝利し、唯一のホベルト·トラヴェン(BJJおよびADCC世界チャンピオンとUFCのベテラン)に1利点によって失わ...

ピーターはスウェーデン南部の彼のアカデミーでBJJを教え続け、2001年からのことを行っている。

Arvinのヴィーダー-ボスニア(エドソンカルバリョ)

ヴィーダー 旧ユーゴスラビアボスニア柔道チャンピオン、 アーヴィンヴィーダーは先生エドソンカルバリョとトレーニングBJJを開始しました。 彼はサラエボ、ボスニアで成功BJJチームを実行します。

2004

マイケルHaselein-ドイツ(アリガロ、カーロス·グレイシージュニア)

haselein 彼は、ドイツのBJJ連盟の会長であり、ドイツのグレイシーバーラアカデミーを実行します。

リカード·アンダーソン-Sweden(ヒルティBJJ /ムリーロ·ブスタマンチ)

リカード 彼は強大なヒルティBJJチームの創設者である。

アジズCherigui(カルロスグレイシーJR)

cherigui 彼は今、サウジアラビアでの彼のアカデミーを実行し、北アフリカと中東のBJJを広げる多くの作業を行います。

Marku Juntunnen(アレクサンドルパイヴァ)

マルック 最初のフィンランドのブラックベルト。 彼は、アライアンス、フィンランドを実行します

デビッドGiorsetti、フランス(カルロス·グレイシーJR-グレイシーバラ)

画像 (IBJJF下)フランス語BJJ連盟の会長とグレイシーバラコートダアズールのリーダー。

オールドスクール:「ダーティダース」、最初の12非ブラジルのブラックベルト

| 未分類 | コメント(0)

史上最初のブラジル人以外の最初の黒帯12人 1992年に黒帯を獲得したグレッグキューカックとケンガブリエルソン 日本最初の黒帯 中井祐樹先生は1999年で選考漏れ 日本人で最初にグレイシー柔術を本格的に学んだ男 渡辺孝真先生はヒクソングレイシー以外からの黒帯を辞退したので中井さんより遅れて2002年に黒帯獲得

http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871506

Dirty Dozen: 非ブラジル人黒帯 最初の12人は? ①
ブラジル人以外でブラジリアン柔術黒帯になった人の最初の12人をJiu Jitsu Dirty Dozen(柔術ダーティ・ダズン)というのですが、その12人とはいったい誰でしょうか?

●クレイグ・キューカック(1992年)


1992年、ホイラー・グレイシーより黒帯を授与される。キューカックは柔術における最初の教則である「Renzo Gracie & Craig Kukuk Brazilian Jiu Jitsu」の共著者。

(彼に関しては諸説がありますが、まずはこの説明→http://bjj.shop-pro.jp/?pid=85260031

他にこういう話も → 黒帯はもともとエリオ・グレイシーから授与された。グレイシー・トーランス(初期のグレイシーアカデミー)を離れ、ホリオンと揉めたところにホイスが介入してキューカックから黒帯を取り上げた。その後キューカックはアメリカでの足掛かりを必要としていたヘンゾとつるみ、柔術初の教則ビデオを制作した。)

●Ken Gabrielson(1992年)


Ken Gabrielsonについては、1992年にReylson Gracieから黒帯を授与された、そしてジョン・ローバーに黒帯を出したという以外はほとんど情報がない。現在柔術をしているのかも謎。

●David Kama(1995年)


David Kamaはヒクソン・グレイシーの最初の非ブラジル人黒帯。現在はカリフォルニアのヒクソン・グレイシー・ラグナ・ニゲルで指導。

●ボブ・バス(1995年)


ヒーガン・マチャドの黒帯であり、現在は5段。ボブ・バスはマチャド兄弟の初の非ブラジル人黒帯。1995年に行われたパンナム選手権で、それまで無敗だったマーシオ・フェイトーザに勝利して優勝。現在はカリフォルニアのハモサビーチにあるSouth Bay Jiu Jitsuのオーナーでありヘッドインストラクターである。週5日指導している。

●ジョン・ルイス(1996年)


ジョン・ルイスはMMAの元王者であり、UFCベテラン、MMAのインストラクターであり、MMA界ではレジェンドとされている。UFC元王者であるチャック・リデルを10年以上指導、ティト・オーティズも最初のタイトルを取るまで指導、他にランディ・クートゥア、ケビン・ランデルマン、マット・リンドランド、イーゲン・イノウエ、エンセン・イノウエ、フランク・トリッグ、パット・スミス、リコ・ロドリゲス、ギルバート・アイブル、BJペンなどを指導。ファイターとしては佐藤ルミナやブラジル人MMA王者のJohil De Oliviera に勝利しており、カーウソン・グレイシーJr.と引き分けた。またADCCの最初の2大会にも出場している。

●クリス・ハウター(1996年)


クリス・ハウターは革新的な指導法で知られており、90年代に発展した柔術の技を数々と名付けている。現在はCombat Baseで指導。90年代後半にイギリスに柔術を広めた。また、ブラジルで行われていたムンジアルに黒帯として出場し、勝利したことのある最初のアメリカ人でもある。パンナムでも何度も優勝している。クリス・ハウターの黒帯は15人。柔術以外にもダン・イノサントから直接ジクンドーを習っている。

_______________________________

ということで、Dirty Dozenのうちのまずは半分をご紹介しました。

私の周りで90年代から柔術をやっている人はすべてマチャド系。ヒーガンから指導を受けています。なのでここに出てきたクリス・ハウターなんかはみんながみんな友達のような状態。クリス・ハウターの奥さんも黒帯で、私は2年ほど前にスパーしたことがあるのですが、もうおもしろいぐらいに極められまくって、なんだか快感でした(笑)

ボブ・バスも同じくヒーガン系だからなのか、周りはみんな知り合いという感じです。ボブ・バスのアカデミーを覗いてみたときの記事はこちら→http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871179

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.bjjee.com/articles/old-school-the-dirty-dozen-the-first-12-non-brazilian-black-belts/&prev=search

オールドスクール:「ダーティダース」、最初の12非ブラジルのブラックベルト

2014年9月1日 Gile 記事 、 特集 55
オールドスクール:「ダーティダース」、最初の12非ブラジルのブラックベルト

BJJダーティ·ダズンブラジリアン柔術で黒帯を受けた最初の12の非ブラジル人学生です。 ブラジル柔術で、ほぼ90年前から出回っているが、世界の残りの部分は、最初のGracies単語を広めるために米国に行ったとき半ば80年代の我々の偉大な芸術について聞いて始めた。 正確な最初の黒帯だったと何年に彼らは、たとえばケンGabrielsonまたはクレイグKukukのために促進された方についていくつかの意見の相違はありますか?

これによると、 ソース :「Kukukはエリオ·グレイシー彼自身からの彼の黒帯を得た。 彼はグレイシートーランスを去った後、ロイスは個人的にその後レンゾ(カルロス'#2息子ロブソンの#2の息子(レンゾのでフックアップKukuk、から黒帯を「ヤンク」あるように上って行ったので、彼とロリオンは、使用料をめぐる紛争になった兄弟はあるチャールズとラルフ)。レンゾはアメリカの足場を必要なときにReylson)がロドリゴにカルロス'#4の息子、父だった。 結果として、彼らはかなり最初のBJJのビデオを作った。」

これらの12、しかし一般に認められた12元の汚れたダース以下のとおりです。

1992
クレイグKukuk(ホイラー·グレイシー)

クレイグKukukはホイラー·グレイシーによるブラジリアン柔術の黒帯(1992)のランクを達成するために米国初のネイティブだった。 スポーツがまだ普及していなかった時にアメリカで柔術を宣伝助けたフッテージの歴史的作品 - Kukukはまた、非常に最初の柔術のinstructionalsの1、「クレイグKukukブラジリアン柔術ヘンゾ·グレイシー」の共著者である全国。 クレイグKukukはまた彼自身のオンラインコーチングプログラムの起動中に彼のジムで教え続けた。 ソースBJJ英雄

1992
ケンGabrielson(Reylsonグレイシー)

あまり情報は、彼がReylsonグレイシー(カルロスグレイシーの第3の息子)から彼の黒帯を持っているという事実以外のケンGabrielson約可能です。 彼は黒帯に、ジョン·ロバー、有名なBJJプレーヤーを促進した。 彼は現時点ではまだ柔術でアクティブになっているかどうかは知られていない。

1995

デビッド·カーマ(ヒクソン·グレイシー)

カーマ 彼は、ヒクソン·グレイシーの最初の非ブラジル人黒帯だった。 彼は現在、カリフォルニアのヒクソン·グレイシー、ラグーナニゲルで教えて。 デイブカーマについての詳細情報 はこちらを

ボブ·ベース(Riganマチャド)。

低音 ボブ·ベースは、マスターRiganマチャドの下で彼のランクを獲得ブラジリアン柔術で5回程度の黒帯である。 ボブはマチャド·ブラザーズの下で彼の黒帯を受信する最初のアメリカ人である。 彼はまた、半分のフィリピン人です。 彼はブラジルの前にマルシオ·フェイトーザ無敗を破って、1995年に今までパンアメリカン選手権第1回を獲得する最初のアメリカ人である。 ボブ·ベースは現在、ハモサビーチ、カリフォルニア州サウス·ベイ柔術の所有者と、ヘッドインストラクターです。 ボブ·ベースはまだブラジリアン柔術と週5日のグラップリングなし王を教え続けています。

1996

ジョン·ルイス(アンドレ·ペデネイラス)

ルイス (1968年2月8日生まれ)ジョン·ルイスは、アメリカのかつての総合格闘技のチャンピオン、UFCのベテラン、と人気のMMA /武術のインストラクターが総合格闘技の世界に凡例を考えられている。 コー​​チとして、彼は(彼の最初のタイトルを獲得して)選手権世界チャンピオンチャック·リデル(10年以上)、ティト·オーティスファイティングアルティメットを訓練してきた、ランディ·クートゥア、ケビン·ランデルマン、マット·リンドランド、イーガン井上エンセン井上、フランク·トリッグ、パット·スミス、リコ·ロドリゲス、ギルバート·アイブルとBJペンは、数名に。 戦闘機として、彼は日本の伝説佐藤ルミナとブラジルのMMAチャンピオンJohilデ·オリヴェイラのような有名な戦闘機を破っているプラ​​ス彼はdraw.HeへカールソングレイシーJrのアブダビで開催された最初の2アブダビコンバットイベントでもありました戦った。

クリス·ハウエター(Riganマチャド)

クリス·Haueter-200×200 クリスは最高の彼の革新的な指導スタイルと概念的なコーチング能力と急速に90年代半ばに開発された技術として新たなポジションの命名のために知られている、それがプラットフォームを撮影に関連する用語「戦闘ベース」を造語。 彼は、90年代後半に英国へと米国間でBJJを広げる。 彼はブラジルでMundialsデ·柔術、黒帯の試合に勝つために最初のアメリカの黒帯で競争する最初のアメリカ黒帯です。 長年にわたりクリスは、複数のパンアメリカン、及びスーパーファイトの勝利を獲得した。 彼はまた、直接、ダン·イノサントの下で訓練を受けた非常に尊敬JKDの開業医です。 彼は15の黒帯を推進してきました。

デイビット·マイヤー(Riganマチャド)

マイヤー ダビデは1992年にブラジルの柔術を訓練し始めた、と彼はRiganの学生である1997年に彼のランクを受け、黒帯に到達する最初のアメリカ人の1である、ジャン·ジャック、カルロス、ジョンとロジャーMachado.His多くのタイトルは2007 IBJJFが含ま提出グラップリングブラックベルトシニア2世界チャンピオン、パンナムゲームのシニアブラックベルト部門の2004年の金メダリスト。 彼は両方のGIに地域や国のブラジリアン柔術大会で数々のsuperfightsの勝者なっている1998年にブラジルで黒帯オープン重量級部門で銅メダルを獲得し、BJJ世界選手権での黒帯レベルで優勝し、ノーGI競技を、よく競合他社とインストラクターの両方として尊敬されている。
リックWlliams(Riganマチャド)

リック リックは優れたレスリングの能力を有することで知られているブラジルの柔術黒帯である。

リック·ミンター(Riganマチャド)

ミンター 彼はRiganマチャドからブラジリアン柔術の彼の黒帯を受け取った。 マスターミンターもボクシング​​で単色の背景を持ち、多くの戦闘機を追い詰めています。 彼はInnertruth武道で教えて。

1997

クリス·サンダース(ヒクソン·グレイシー)

サンダース クリス·サンダースはホリオン·グレイシー(UFCの創造主)1984年に訓練グレイシー柔術を始めた。 1986年から1988年の間に、彼は9ヶ月の訓練を過ごし、リオデジャネイロでグレイシーアカデミーでブラジルで競合する。 1992年には伝説のチャンピオンヒクソン·グレイシーと訓練することになった。

1998

ロイ·ハリス(ジョー·モレイラ

ハリス ロイ·ハリスはカリフォルニア州サンディエゴに拠点を置く武道のインストラクターです。 彼は黒帯の雑誌で紹介されており、2007年に彼の注目に値する学生のcommunity.Someがジークンドー権限ダン·イノサント、と元UFCファイタージェイソンランバートをされている武道への彼の先駆的貢献のために殿堂のマスターズ殿堂入りした。 ロイはまた、黒帯までのすべてのベルトランク用のベルトのテストを形式化しているためにいくつかのブラジリアン柔術インストラクターの一つとして知られている。

ジョン·ウィル(RiganとJJマチャド)

意志 ジョン·ウィル(1957年4月16日生まれ)は、オーストラリアから注目すべき武道家である。 ウィルはまた、1997年にRiganマチャドと彼の兄弟、ジョン、ロジャーとジャン·ジャック·マチャドの下でブラジリアン柔術の彼の黒帯を完了し1981.Willにジャカルタで開催された第1回世界シラット選手権で最優秀指数賞を受賞しました。 彼にブラジリアン柔術の黒帯を獲得したのは最初の12外国人の1を作る。 彼はBJJのコミュニティの非常に人気と活発なメンバーです。

リック·ルセロ(ジョー·モレイラ)

ルセロ リック·ルセロはブラジル人柔術と柔道の両方で装飾された黒のベルトである。 彼は、ルセロBJJアカデミーを実行します。

それは、これらの次の黒帯が長くないズ!汚れたダース後に促進されたことに留意すべきである:

1999年ジョン·デ·ラ·Oでレンゾから1999年ニック·セラでレンゾから1999年に「ドク」Baquerizo(ジョー·モレイラ)Riganマチャドから1999クリスPoznikでRiganマチャドから1999年アラン·モーラーでネルソン·モンテイロから1997ショーンアルバレスマット·セラ? ピーター·デは(カルリーニョスから)行った事が。 ネルソンソラーリ(カールソンSR):まずウルグアイ黒帯。 中井祐樹 - (カルリーニョス) - 1999まず日本の黒帯。

「欧州のダーティ·ダズン」最初のヨーロッパBJJ黒帯を見てください

doguerafightwear doguerafightwear

ブラジリアン柔術 汚いダース

| 未分類 | コメント(0)

史上最初のブラジル人以外の外国人黒帯柔術家クレイグ・キューカック 世界最初の柔術教則ビデオを製作販売した男

http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871506

Dirty Dozen: 非ブラジル人黒帯 最初の12人は? ①
ブラジル人以外でブラジリアン柔術黒帯になった人の最初の12人をJiu Jitsu Dirty Dozen(柔術ダーティ・ダズン)というのですが、その12人とはいったい誰でしょうか?

●クレイグ・キューカック(1992年)


1992年、ホイラー・グレイシーより黒帯を授与される。キューカックは柔術における最初の教則である「Renzo Gracie & Craig Kukuk Brazilian Jiu Jitsu」の共著者。

(彼に関しては諸説がありますが、まずはこの説明→http://bjj.shop-pro.jp/?pid=85260031

他にこういう話も → 黒帯はもともとエリオ・グレイシーから授与された。グレイシー・トーランス(初期のグレイシーアカデミー)を離れ、ホリオンと揉めたところにホイスが介入してキューカックから黒帯を取り上げた。その後キューカックはアメリカでの足掛かりを必要としていたヘンゾとつるみ、柔術初の教則ビデオを制作した。)

http://bjj.shop-pro.jp/?pid=85260031

クレイグ・キューカック A-Z of Gracie Jiu-Jitsu ★13枚組教則DVD★
販売価格 11,900円(税込)
在庫数 売切れ間近!
購入数



» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

クレイグ・キューカックはアメリカ人初の柔術黒帯。

キューカックは高校時代レスリングのトレーニングをしていましたが、1980年代にホリオン・グレイシーからグレイシー柔術を習い始め、彼から茶帯までを取得。

黒帯に近いレベルになると、ホリオンからブラジル行きを勧められ、キューカックはヒクソンやホイラーが格闘技を学んだ、リオデジャネイロにあるオリジナルのグレイシーアカデミーでトレーニングし、ホイラー・グレイシーより黒帯を授与されました。

カリフォルニア出身のキューカックですが、アメリカに戻った後は東海岸に渡り、いくつかアカデミーを作りました。

その後ヘンゾ・グレイシーとパートナーになり、ニューヨークにアカデミーをオープン。

「Renzo Gracie & Craig Kukuk Brazilian Jiu Jitsu」という教則ビデオも制作し、当時大人気となりました(後にこのビデオの金銭問題で二人の仲がこじれたのではないかと噂されています)


この「 A-Z of Gracie Jiu-Jitsu」は、DVDのタイトル通り、グレイシー柔術のAからZまで、ノーギ、ギ、そしてMMAに必要なテクニックがカバーされているDVDで、なんと10時間以上にわたって600個以上のテクニックが収録されています。

ただ単にテクニックだけでなく、バリエーションやカウンターなど、これだけ多くのものをカバーしたDVDはほかにありません。

グレイシー柔術を学びたい方には必須の教則DVDです。

http://bjj.shop-pro.jp/?pid=5656641

ヘンゾ・グレイシー Brazilian Jiu-Jitsu ★教則DVD全11巻セット★
定価 11,900円(税込)
販売価格 7,900円(税込)
購入数



» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

ヘンゾ・グレイシーによる教則DVD
「Brazilian Jiu-Jitsu Instructional DVD」全11巻セット
(全11巻の内容がDVD3枚に収録されています)


(収録内容)
Volume 1. Beginning Armlocks.
Volume 2. Advanced Armlock
Volume 3. Escape from the Bottom
Volume 4. Escape from the Headlock
Volume 5. The Guard
Volume 6. Defending the Mount
Volume 7. Beginning Chokes
Volume 8. Advanced Chokes
Volume 9. The Mounted Position
Volume 10. Passing the Guard
Volume 11. Takedowns and the Clinch
(英語)








Escapes from the side/renzo n craig 投稿者 magivcideo









| 未分類 | コメント(0)

競技vs護身 柔術論争勃発 競技柔術を世界中に普及拡大させたグレイシー一族の最大の功労者カーロスグレイシージュニアことカーリーニョス曰く 「柔術は柔術。競技も護身もない。上達度合いによって修得する技術が変わるから、最初の方を護身、複雑な方を競技と呼ぶ人もいるというだけ」 













| 未分類 | コメント(0)

IBJJF競技柔術へのアンチテーゼ!スラムあり!ヒールホールドあり!打撃以外 目潰しとか噛み付き 髪を引っ張るとか以外は組み技何でもあり! ポイントアドバン一切無し!ローズグレイシーのサブミッション決着オンリーイベント!Gracie Nationals ホリオングレイシーの娘婿ハビエル・バスケス vs. 赤丸急上昇中 名立たる大物から連続一本勝ちのゲイリー・トノン!エディブラボーの高弟デニー・プロポコス vs. エディ・カミングス









http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871521

Gracie Nationals: ハビエル・バスケス vs. ゲイリー・トノン


2月7日、8日、ロサンゼルスでローズ・グレイシーが主催する大会、Gracie Nationalsが行われました。

スーパーファイトのハビエル・バスケス vs. ゲイリー・トノンですが、結果は・・・


ゲイリーがトライアングルでハビから一本勝ち!




それにしてもポイントやアドバンがなくてヒールありのノーギの試合はいいわ~~!(でもこの二人だったらどんなルールでやってもおもしろくなるわ)

ハビエル・バスケスは元々は派手なかっこいい動きで有名でしたが、ローズ・グレイシーと結婚して以来、当然ながらグレイシー柔術に。

Gracie Combativesも指導しているのですが、この試合の最初の方でやったエスケープ、まさにCombativesに入ってるエスケープそのままだし!

それにしてもハビ145ポンド、ゲイリー170ポンドということで、かなりの体重差でしたね。


もう一つのスーパーファイト、デニー・プロポコス vs. エディ・カミングスも。

http://cafe.quietwarriors.com/?eid=871074

競技柔術が変化する


これまではIBJJFが柔術界のルールをほぼコントロールし、ポイントだのアドバンテージだの、そしてそれに伴うレフリーの判断ミス、ポイント狙いの選手が多々いたりして試合が面白くない、などといろいろ問題になっていました。

が、それでもIBJJFはどんどん巨大化し、アメリカでもIBJJFの試合に出るためには黒帯と茶帯はIBJJFの登録が必要になり、今年のムンジアルではレフリーがネクタイにブレザー(なのにマットの上だから靴はもちろん履かない。これはかなり笑えました)などと、どんどん規制ができるようになってきました。

しかし、ポイントやアドバン狙いでおもしろくない試合が多いのも事実。

それに加えて格闘技人口、柔術人口の増大。

そこでここのところどんどん新しい団体、大会が出てきている、と前回書きましたが、今日ご紹介するのは、そのうちの一つ、ローズ・グレイシーの大会です。

ローズ・グレイシーはアサイーカフェに何度も出てきてるのでご存知の方も多いと思いますが、エリオ・グレイシーの孫、ホリオン・グレイシーの娘、ハビエル・バスケスの妻であります。

昔LAであったグレイシーの大会(試合時間30分。スラムとかヒールフックもあった大会)がなくなった後、ローズがそれに近いもの作り、毎年LAで大会を行っています(The Gracie US Nationals)

そしてそのローズが今度はカリフォルニア州サンノゼで「Gracie Worlds」を開きます。


http://www.gracietournaments.com/

・試合時間15分
・各階級8人
・ポイントもアドバンもなし
・どちらもタップしなかったら二人とも負け

というとてもシンプルなもの。とにかく極めて勝たなければ、文字通り「負け」です。いくらポジションで圧倒的に勝っていても勝ち進めません。エリオ・グレイシーがもともと柔術の試合で求めていたものを引き継ぐ形でやるそうです。

「私の大会ではストーリングする人なんているわけないわ!」と言い切る通り、極めないと勝てないのでIBJJFの大会とは違う心構えで試合しないといけません。

紫帯からニーバーやツイスターがOK、茶帯からヒールフックOK、黒帯はスラムはもちろん目潰しとか髪を引っ張るとか以外なんでもアリ。(ホリオンの大会では紫帯からヒールフックもスラムもOKだったのでは?まあいいや)

この大会が7月14日15日にサンノゼであるのですが、すでにクロン・グレイシーやヒーロン・グレイシーが参戦決定です。おまけに前回の柔術エキスポでお流れになってしまっていろいろともめたブラウリオ・エスティマがニック・ディアスとのリマッチに意欲的です!

ローズは「今はもう柔術の試合を見ることがおもしろいことではなくなってる。まるで服の綱引きみたい。腹立だしいわ。さっさと極めなさいよ!」と言うだけあって、おもしろいルールの大会をやってくれますね。

これは断然エキサイティングなはず! 

ちなみに参加予定ののぶ焼きさんによると、ステロイド検査もあるらしい? うーん、これは完全にトップ選手が入れ替わりますね(笑)






| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 166

| 未分類 | コメント(0)

正体不明のロシア人強豪がアブダビワールドプロ柔術黒帯無差別級を制したカラザンスを破る! 時間無制限サブミッション決着オンリーファイトでハファエルメンデスがケイシーニョ相手に役者のを違いを見せつけ後三角絞めで一本勝ち!






















| 未分類 | コメント(0)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/budo1968/30/3/30_40/_pdf

変換 ~ image-50
変換 ~ image-3
変換 ~ image-6
変換 ~ image-9
変換 ~ image-12
変換 ~ image-15
変換 ~ image-18

| 未分類 | コメント(0)