ドイツZDF ナチスが強制収容所という地獄を創設し、そこで医師たちが医学的人体実験を行っていた事はよく知られている。だが、白衣をまとった殺人者はヨーゼフ・メンゲレが最初ではなく、また最後でもない。日本は科学が支配する死の帝国を築き、生体解剖など計画的に人間を実験物として扱った。



http://kingo2.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

ドイツZDF「殺人医師たち」動画と和訳文

2014/11/23
11:11


スポンサードリンク


DOCTOR OF DEATH
殺人医師たち

00:02
Josef Mengele, the notorious Doctor of Death.
死を呼ぶ医師として悪名高きヨーゼフ・メンゲレ。

00:07
We know the Nazis created the hell of the concentration camps, where physicians carried out medical experiments on human beings.
ナチスが強制収容所という地獄を創設し、そこで医師たちが医学的人体実験を行っていた事はよく知られている。

00:17
But Josef Mengele was not the first killer in a white coat. And he wouldn’t be the last.
だが、白衣をまとった殺人者はヨーゼフ・メンゲレが最初ではなく、また最後でもない。

00:24
Japan had a murderous empire of science, that systematically used people as experimental objects. By dissecting alive.
日本は科学が支配する死の帝国を築き、生体解剖など計画的に人間を実験物として扱った。


湯浅 謙(元陸軍軍医)
00:37
苦しい声を上げてましたね。・・・・
They groaned with pain.
So the cause of death was... they died writhing in agony.
・・・・・悶絶死ですね。
00:47


00:49
Japanese scientists perfected biological weapons in occupied China.
They infected entire villages with plague, in preparation for an attack on the United States.
日本の科学者たちは、占領した中国において生物兵器を完成させた。
彼らはアメリカ合衆国攻撃のために村全体を細菌に感染させる実験を行った。

01:00
They were warned:
彼らは次のような警告を受けていた。


ラビ・エイブラハム・クーパー(サイモン・ヴィーゼンタール・センター副所長)
01:02
If you attack our soldiers with this kind of weapon of mass destruction, we will blow you all up to smithereens.
もし我が将兵に対してこのような大量殺戮兵器を使用するならば、木っ端微塵に吹き飛ばすぞ。
01:12


01:13
The Japanese get the message. The atom bomb is dropped anyway.
日本はこの警告の意味を理解したが、原子爆弾はいずれにしろ投下された。

01:22
For the America its' an opportunity to gather data on radiations poisoning.
アメリカにとって放射線障害に関係する情報収集の絶好の機会だった。

01:30
After 1945 Japanese experiments will find the needed by the victors.
1945年以降、日本軍の人体実験結果は戦勝国に利用されてきた。

01:36
Now secret services on both sides of the Cold War pursue a new scientific goal, like mind control.
冷戦時代、両陣営の秘密情報機関は洗脳などの新たな研究目標を追求した。

01:45
In the battle for world domination there’s no room for morality. What counts are results.
世界支配をめざす闘争においては人としての倫理を顧みる余地はなかった。成果を得る事がすべてだ。

01:51
The scientists experiment with poisons and drugs.
科学者たちは実験に毒物と薬物を使用する。

01:56
Open your eyes.
Do you want to halt the experiment?
眼を開けてください。
実験を中断しますか?

02:02
The unleashing of scientists and doctors to do pretty much whatever they wanted. They can play God.
科学者や医者を束縛しないで、やりたい事を何でもさせておくと、神になったかのごとく振舞います。
02:07

02:09
Lethal experiments were carried out on both sides behind of the Iron Curtain.
致死実験は、鉄のカーテンを隔てた両陣営で行われていた。

02:15
Josef Mengele is dead. Experiments on human beings continue, to this day.
ヨーゼフ・メンゲレがこの世を去っても、人体実験は今日まで続いている。

02:25
DOCTORS OF DEATH
殺人医師たち


02:34
A german concentration camp in world War II.
第二次世界大戦時のドイツの強制収容所。

02:39
Under the cover rule behind barbed wire, second-rate doctors and scientists decided that victims of the Nazi regime could die useful, death contributing to the War effort.
表向きは規律正しさを装っていたが有刺鉄線の内側では、二流の医師と科学者が戦果に貢献するとして、ナチ政権の犠牲者たちを殺していた。

02:53
What's happened to human in icy water, how effective is a new medicine, how could a man survive at high altitudes.
凍った水中では人体はどうなるか、新しい薬物の効果はどうか、人体はどの高度まで耐えられるか。

03:07
Academics like Josef Mengele could worked as professorship.
ヨーゼフ・メンゲレのような医学者は指導教官として働いた。

03:13
They could test poisons, or satisfied private in perversions, by collecting human tattoos, or making shrunken heads.
彼らは毒物の投与実験をしたり、刺青のある人間の皮膚の収集や人体頭部の収縮処理などの倒錯的な趣味に耽った。

03:38
Mengele himself temporary spared prisoners from the gas chambers,
especially twins, dwarves, Sinti and Roma.
メンゲレみずから一時的にガス室送りを見合わせた囚人がいた。
それは特に双子、小人、シンティ・ロマ人たちだった。

03:50
It's not always clear exactly what he was trying to find out.
彼が発見しようとしていたものが何なのかは必ずしも明確ではなかった。

03:54
Their files have never been released.
実験記録はついに公表される事はなかった。

03:59
The few surviving victims have never been told exactly what done to them.
生還した数少ない被害者たちも、自分たちが何をされたのか正確には告げられたことはなかった。

04:08
In Dachau soviet prisoners were suffocated in low pressure chambers, testing the effects of flights to the stratosphere.
ダッハウではソ連兵捕虜が成層圏飛行の影響を調査するために、低圧力室で窒息死させられた。

04:18
These experiments were recorded in detail, recounted in Nuremberg trials after the war.
これらの人体実験は戦後のニュルンベルク裁判の起訴状に詳細に記録されている。


ニュルンベルグ法廷の米人弁護士
04:25
The report describes the victim’s reactions.
報告書には被害者の反応が記録されている。

04:28
Spasmodic Convulsions, agonal compulsive breathing, chronic convulsions and groaning, yells aloud, convulses arms and legs. Grimaces, bites his tongue, gives the impression of someone who is completely out of his mind.
痙攣性発作、苦悶に満ちた過呼吸、慢性的発作、手足を痙攣させて大声で叫ぶ苦悶の声。顔は苦痛に歪み舌を噛んでいることから、この人物が完全に発狂してしまった事が分かる。

04:48
But there were doctors of death who were never tried, who never even had to go into hiding.
しかし、法廷で裁かれることも逃亡することもなかった"殺人医師"がいた。

04:59
Japan, today.
For three generations it has looked to the future - the existence of the Unit 731 was only acknowledged in 2002.
現代の日本。
三世代を経て過去は忘れられてしまった。731部隊の存在は2002年に至るまで公式に認められる事はなかった。

05:12
It was the brainchild of General Shiro Ishii.
731部隊は陸軍軍医中将・石井四郎の発想だった。

05:17
After the terrible experiences of World War One, the great powers of Europe had outlawed chemical and biological weapons.
第一次世界大戦における悲惨な体験を受けて、ヨーロッパ列強は化学兵器および生物兵器を禁止した。

05:26
Ishii made sure he was fully informed about the situation in Europe. Then he created Unit 731.
石井はヨーロッパの状況を把握したうえで731部隊を創設した。


西里 扶甬子(ジャーナリスト)
05:34
彼はなぜ細菌戦部隊を・・・・
He came up with the idea of creating the bio-weapon Unit.
After the Geneva Convention was established, the use of chemical-weapons was banned due to their atrociousness.
The use of biological weapons was also banned.
He noted this fact and thought, if Japan would use these weapons, the country would win any war.
・・・・・どんな戦争にも勝てるのではないかと考えたわけです。
06:12


06:14
1931. Japanese troops blow up their own railway line, and use it as an excuse to invade the Chinese province of Manchuria.
1931年、日本軍は自らの鉄道の線路を爆破し、この破壊工作を満洲全土を占領する口実にした。

06:26
The timing is perfect. China is already weakened by civil war.
タイミングは完璧だった。
清朝は内戦によって弱体化していた。

06:38
The Japanese set up the puppet state of Manchuko.
日本軍は満洲国という傀儡国家をでっちあげた。

06:42
Their brutal occupation soon extends to all China, terrorizing the civilian population.
日本の残忍な占領政策は一般市民を震え上がらせながら、中国全土に広がって行った。

06:52
The Japanese despised the Chinese as inferior beings.
日本軍は中国人を劣勢民族として蔑視していた。


西里 扶甬子(ジャーナリスト)
07:05
何でもできる・・・・
There, they could do anything, even thing that were not allowed in Japan.
That was one of the reasons.
Most significantly they could conduct testing on humans with no restrictions.
For that reason it was set up in Manchuria.
・・・・・満州に作られました。
07:23


07:24
Manchuria becomes the testing ground for General Ishii’s Unit 731.
満洲は、石井軍医中将が指揮する731部隊の実験場になった。

07:31
Officially its job is combating epidemics. In fact it has been created to cause them.
この部隊の表向きの任務は防疫活動だったが、実際は疫病を流行らせることだった。

07:38
The Japanese bio-weapons program grows exponentially.
日本の細菌兵器研究は急速に増大した。

07:43
More and more Units are added. Until Dr Ishii controls many employees 10,000 people.
新しい部隊がどんどん新設され、軍医石井は人員1万人を超えるミニ帝国を手中に収めた。


湯浅 謙(元陸軍軍医)
07:52
私たち下の者からすると、彼は怖い人でした。・・・・・
To us, subordinates, he was terrifying figure He was almost mad.
For instance, he visited another Unit to inspect military discipline and morals.
Suddenly he started to attack one of the sentries.
・・・・・衛兵に突然殴りかかる。
08:19


08:20
In Harbin General Ishii opens a research centre with its own prison wing, where the prisoners are prepared for experiments.
石井中将はハルピンに独自の監獄を備えた研究センターを開設した。囚人たちは人体実験のために用意されたのだ。

08:32
His doctors carry out fatal low-temperature and low-pressure experiments just like in Dachau.
ダッハウの収容所のように、ここでも石井配下の医師たちは冷凍や低圧力による致死実験を実行した。

08:39
But above, all his men infect human beings with plague and then dissect them alive – without anesthetics or painkillers, so the results will not be compromised.
しかし、何よりも石井部隊の医師や科学者たちは人間をペストに感染させて、その結果が何らの影響も受けないように、麻酔剤や鎮痛剤なしで生体解剖を行った。

08:51
Ken Yuasa is one of these military doctors. He was born in 1915.
湯浅謙は1915年生まれで、当時の軍医のひとりである。

08:57
He deeply regrets his actions in those days, and is prepared to talk about them.
彼は当時の自分の行為を深く反省していて、それについて語る覚悟を決めた。


湯浅謙(元陸軍軍医)
09:02
講義が終わった後に・・・・・・
After the lecture finished, the first units head military doctor, Hyodo, said,
"Today I'll let you do something interesting",
and told us to meet him at the jail in Taigen.
We gathered there, 40 of us. I had no idea what we were going to do.
My colleagues and I were taken to a room with a dirt floor.
There were two men with their hands tied and blindfolded.
They were squatting on the floor when we entered.
After a while, a man came in.
He seemed to be a civilian employee of the legal department.
"Shall we start?" he said.
He took out a pistol and, before my eyes, shot the two men in the stomach.
Bang bang, bang bang. He shot them each twice.
・・・・・・2発ずつ撃ったんですね。
10:14


10:16
The doctors are to practice operating on gunshot wounds.
医師たちは銃創手術の演習をすることになっていた。


湯浅 謙(元陸軍軍医)
10:22
その撃たれた人は・・・・・
The wounded men were groaning in pain.
Groups of ten doctors dragged one man each to separate rooms and began practicing surgical procedures.
When the man was taken away, the head doctor said,
"Keep him alive until the bullets are removed."
I remember being given the order.
The main procedure in the exercise was to remove bullets.
Those who weren't doing that practiced amputations.
Others opened up the windpipe.
・・・・・気管切開も行っておりました。
11:05


11:08
In May 1945 the eight-man crew of an American bomber are dissected in the same way.
1945年5月には、米国軍の爆撃機搭乗員8名が同様に生体解剖された。


浅浅 謙(元陸軍軍医)
11:17
恐らく数千名の看護婦、衛生兵・・・・
Probably several thousand nurses and medics were involved.
Together with military doctors, ten thousand people in total took some part in the vivisections.
But I'm the only one who talks about them.
・・・・・・私だけなんです。
11:40


11:43
In Harbin the Unit have their own aero plane. They use it to spray biological weapons over villages and towns.
ハルビン郊外の731部隊は細菌兵器を町や村に空中散布するための専用飛行機を所有していた。

11:53
They experiment with anthrax, the plague, cholera and tularemia.
Once the disease has broken out, the Unit examines the dead and the sick.
彼らは炭疽病菌・ペスト菌・コレラ菌・野兎病菌などを使って実験した。
ひとたび疫病が発生すれば、その度に患者であれ死者であれ検査した。

12:10
Unit 731’s experiments claim hundreds of thousands of victims. Estimates range between 300,000 and 580,000 deaths.
731部隊の人体実験と細菌戦の犠牲者は数十万人に及び、死者は30万人から58万人に及ぶと見られている。
(中国側の一説。731部隊 細菌戦資料センターとしては10万人に満たないと考えている。)

12:22
To test weapons like firebombs, cluster-bombs; and ceramic bombs filled with plague-bearing fleas, humans are tied to stakes at fixed distances from the explosion.
焼夷弾にクラスター爆弾、あるいはペスト菌で汚染した蚤を詰めた陶器製爆弾などを試験するために、被験者は爆発地点から一定の距離にある杭に縛り付けられた。

12:41
Ishii’s men must swear never to reveal any details of their activities.
石井部隊に所属する者は、こうした行為のどんな詳細をも秘密にするように誓約させられていた。

12:47
Shortly before the end of the war, he orders all the prisoners to be killed.
終戦間際になると、石井はすべての囚人を殺すように命令した。


西里 扶甬子(ジャーナリスト)
12:51
まず毒ガスで殺され・・・・・
First they used poison gas.
Those who survived were machine-gunned.
Their bodies were "barbecued", that was the expression used by those who did it.
They burned the corpses on iron plates laid in the garden.
With too many to burn, the remaining bodies were thrown into the Sungari River.
・・・・その河に捨てた。
13:17

********************************************

13:20
They’d planned to blow up the building too, but in the confusion of the surrender they couldn’t finish the job.
研究センターの建物も爆破しようとしたが、敗戦撤退の混乱の中、証拠隠滅作戦は不完全に終わった。

13:33
Ishii’s bio-weapons were to be deployed against Russia and the USA.
石井部隊の生物兵器はソ連とアメリカ合衆国に対して使用される計画だった。

13:39
Balloons would carry bombs across the Pacific to the West Coast of America.
爆弾を搭載した気球を太平洋を超えてアメリカ西海岸へ向けて飛ばした。

13:46
Towards the end of the war, the US captured giant Japanese submarines.
終戦直前、アメリカは日本の大型潜水艦を捕獲した。

13:51
These pictures were taken at the surrender. Each of the three completed submarine cruisers carried three seaplanes. これは日本が降伏した際に撮影された写真である。3隻の潜水艦はそれぞれ水上飛行機を3機ずつ艦載していた。

14:07
They were launched by a catapalt on the submarine’s bows.
発着艦するための噴出機が潜水艦の舳先に搭載されていた。

14:17
A few years ago it was discovered that the Japanese planned to use them to launch biological weapons against US troops.
数年前に発覚したのだが、日本軍は対米軍生物兵器戦を開始するためにこれらを使う予定だった。

14:25
The targets were the island of Saipan and even the city of San Diego in California.
攻撃目標はサイパン島とカリフォルニア州サンディエゴ市だった。


ラビ・エイブラハム・クーパー(サイモン・ヴィーゼンタール・センター副所長)
14:35
American Intelligence had found out that this was going to take place and they sent a message to the Japanese War Cabinet.
アメリカの情報機関はこのような計画を察知し、日本の戦時内閣へメッセージを送りました。

14:47
"If you do this we know the bunkers... we know where Hirohito lives. We know where the War Cabinet lives.
「この作戦を実行するなら、我々は皇室の防空壕がどうなっているか、裕仁の隠れ家はどこかを知っている知っている、戦時内閣がどこを拠点にしているか全部知っているけれどいいのか」と。

14:56
If you attack our soldiers with this kind of Weapon of Mass Destruction, we will blow you all up to smithereens.”
もし我が将兵に対してこのような大量殺戮兵器を使用するならば、木っ端微塵に吹き飛ばすぞ」というわけです。
15:05 

15:07
The threat works. The attack never takes place.
脅し作戦は成功して、攻撃されることはなかった。

15:11
The Emperor and the war cabinet survive. Unlike Hiroshima and Nagasaki.
天皇と戦時内閣は生き延びたが、広島と長崎は違った。

15:24
A Nation celebrates, but already the Game has changed.
The Cold War has begun.
戦勝祝いに湧くアメリカ国民。だが、ゲームはすでに切り換わっていた。
冷戦時代の幕開けである。

15:35
When General MacArthur accepted the Japanese surrender, on 2. September 1945, the Americans are not alone.
Another Allies is present.
1945年9月2日、日本降伏文書が連合国軍最高司令官マッカーサー陸軍元帥に受理された調印式には、アメリカ合衆国代表だけではなく、連合軍各国代表も出席した。

15:48
Russia. It declared war on Japan just three weeks before as just occupied Manchuria.
ソビエト連邦が日本へ宣戦布告したのは満洲侵攻のわずか三週間前だった。

15:57
The Sun has set on Japan and its Empire.
大日本帝国に日没が訪れた。

16:01
The nation, that crowded and terrorized all of Southeast Asia, is disgraced.
東南アジア全域に押し寄せ、すべてを震撼させた国の栄光は地に落ちた。

16:07
Supreme Allied Commander General MacArthur promised to deal with them the firm hand.
ダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官は、日本に対し断固として対処すると約束した。


ダグラス・マッカーサー(連合国軍最高司令官)
16:12
While taking all necessary dispositions to ensure that the terms of surrender are fully, promptly and faithfully complied with by Japan.
日本が降伏条件を正確迅速誠実に履行するために必要となるあらゆる措置を取る。
16:25


16:26
General Ishii realized he will very likely be charged with war crimes.
石井軍医中将は戦争犯罪を犯したとして訴追される可能性が高いことを察知した。

16:31
He also knows he has an impressive bargaining chips.
しかし自分には有利な取引条件があることに気づいてもいた。

16:35
The US secret service reports that certain Japanese biological scientists are offering the data from their experiments,
but they're afraid of being prosecuted.
合衆国秘密情報局の文書は、日本の生物学者数名が実験データの提供を申し出ているが戦犯訴追を恐れていると報告している。

16:45
MacArther's staff negotiates.
マッカーサーの部下たちが取引に応じた。

16:51
He has to stop the Russians getting to hold of scientists and their data.
マッカーサーはソ連が細菌戦の研究者および情報を入手することを阻止しなければならなかった。

16:54
US Intelligence is enthusiastic.
合衆国情報局は大乗り気だった。

17:01
This is unique opportunity to learn about biological weapons tested in rigorous experiments.
Experiments on people, not animals.
厳密な実験で検証された生物兵器について知識を得る絶好の機会だ。
しかもそれは動物実験ではなく人体実験によって。

17:11
But there's catch.
The Soviets are preparing their own war crimes trial.
しかし思わぬ落とし穴があった。
ソ連は独自に戦争犯罪裁判を用意していた。

17:17
If they reveal that US servicemen were killed in their experiments – then a deal will be impossible.
ソ連の戦犯法廷が米軍捕虜が人体実験で殺されたことを明らかにしてしまえば、免責取引は不可能になってしまう。

17:29
And in Germany Nazi doctors have just been tried for similar crimes.
More trials are planned.
一方ではナチス・ドイツの医師たちが同様の戦争犯罪で裁かれていた。
継続裁判も行われることになった。


ニュルンベルク国際軍事法廷
17:39
For your said crimes for which you have been and now stand convicted,
Military Tribunal one sentences you, Oskar Schröder, to imprisonment for the full term and period of your natural life.
被告人の告発されし罪状は立証された。
本軍事法廷は被告人オスカー・シュレーダーに終身刑の判決を下す。拘禁期間は死亡するまで生涯にわたる。

17:54
Sentences you to death by hanging.
絞首刑の判決を下す。

17:57
To death by hanging.
絞首刑。

17:59
To death by hanging and may God have mercy upon your soul.
絞首刑。神の慈悲によって魂の救われん事を。
18:02


18:09
The murderers of the concentration camps have been tried and punished.
ナチス・ドイツの強制収容所における殺人者たちは法廷で裁かれ刑罰を受けた。

18:13
Or at least some of them. Here too, deals were done.
いずれにせよここでもまた戦犯の何人かは免責取引をしていた。

18:17
Many of the doctors were able to continued their careers at hospitals and universities for decades after the War.
医師たちの多くは戦後の数十年間病院や大学で医学に従事することができた。

18:27
And the specimens they prepared from the camp victims were used to teach students, in some cases to the present day.
そして、強制収容所の被害者の身体から作成された標本が、場合によっては現在にいたるまでも医学教育に利用されている。

18:39
In Japan, Ishii's data is too tempting to turn down.
日本の場合、石井の研究データはあまりにも魅力的だった。

18:47
1950. War breaks out in Korea. The first proxy war of the superpowers.
1950年、朝鮮戦争が勃発した。大国による最初の代理戦争である。

18:54
The United States considers deploying nuclear and biological weapons.
合衆国は核兵器と生物兵器の投入を検討していた。

19:01
The Communists accuse America of launching biological weapons from Ishii’s arsenal, against China.
石井軍医の軍需工場で作られた生物兵器が中国に対する実戦で使用開始されたとして共産国はアメリカを糾弾した。

19:07
America accuses its enemies of a concerted campaign of disinformation.
The dispute continues to this day.
アメリカは虚偽の情報によるキャンペーンだとして敵国側を非難した。
この応酬は現在も続いている。

19:15
But there are strong rumors that Dr. Ishii is once again active behind the scenes.
石井軍医が暗躍しているという噂も根強くあった。


西里 扶甬子(ジャーナリスト)
19:23
その続きとして石井は・・・
Shiro Ishii continued his work, that in order to lead biologocal warfare, he flew to Korea on a US aeroplane.
There are many people who say this.
They say also say that he received money for his work and shared it around.
You could see it as hush money for the active of Unit 731.
・・・731部隊でやっていたことに対する。
19:53


19:57
An international commission of left-wing scientists investigated the accusations against the Americans.
左翼的な科学者たちで構成された国際科学委員会がアメリカに対する非難を検証した。

20:03
They found traces of the same insects and strains of bacteria used by Ishii in his experiments - bacteria and animals not normally found in China.
国際科学委員会は石井がかつて実験に用いたのと同種の昆虫や細菌の痕跡を検出した。それらの生物や病原体は通常中国にはないものだった。

20:19
In 1998 documents were found in Russia that did point to a communist disinformation campaign against the USA.
1998年にはアメリカ合衆国に対する共産国の偽情報キャンペーンであったことを示す資料がロシアで発見されている。

20:29
But many experts still find the wartime evidence convincing.
それでもなお、専門家の多くは戦時中に発見された証拠には説得力があると考えている。


西里 扶甬子(ジャーナリスト)
20:36
朝鮮戦争で行われたといわれている・・・
In the Korean War there was allegedly biological warfare, the design of the bombs, in particular as well as the insects used there were originally developed as part of Unit 731's research.
This has been scientifically proved. It may have been a form of experiment.
But they did conduct biological warfare. I believe it's a fact.
・・・事実ではないかと私は思っています。
21:11


21:13
The commission spoke to witnesses who claimed to have seen American planes dropping cartons, canisters, feathers and masses of insects.
国際科学委員会は、米軍の飛行機が紙箱や缶や羽毛や大量の昆虫を撒いていたと主張する目撃者と面談した。

21:25
They also questioned American prisoners of war who made confessions while in North Korean hands – and later retracted them when faced with a court martial back in the US:
国際科学委員会はさらに、米軍捕虜にも尋問している。彼らは北朝鮮に囚われ一度は自白したものの、後に帰国して軍法会議にかけられると証言を撤回した。


フロイト・オニール(米軍中尉)
北朝鮮捕虜収容所における国際科学委員会のインタヴュウ
21:39
The second lecture was given at K46, the advanced base of the 18th fighter-bomber group in Korea here.
朝鮮第18戦闘爆撃隊前線基地K46において二回目のレクチャーが行われました。

21:46
This lecture was given on the 22nd of January 1952.
このレクチャーは1952年1月22日に行われました。

21:52
This lecture was much more complete on the bacteriological weapons which we would be using in the strike in approximately 2 hours.
内容は約2時間の攻撃に使用する細菌兵器についてもっと詳細に講義するというものでした。

22:03
Then the only other instruction I received of course was the order to carry out my germ warfare mission.
その他に受けた唯一の指示といえばもちろん私の細菌戦の任務を遂行せよという命令です。
22:09

米軍法会議尋問者
22:10
Lieutenant O’Neal, it has been alleged by Chinese communist forces that you have confessed to participation in so-called germ warfare bombing raids over North Korea?
オニール中尉、あなたが北朝鮮に対するいわゆる細菌兵器爆撃に関与していたと告白したとの共産中国軍による申立てがありますね?

22:20
Would you care to make a statement regarding these charges?
この申立てについて陳述していただけますか? 
22:22

フロイト・オニール(米軍中尉)
22:23
I most certainly would. I would like to state that these charges are false and absurd.
はい、勿論ですとも。わたしはその告訴が虚偽で不条理なものだと言明します。

22:31
I did sign a confession relating to germ warfare, but the statements contained in this confession were false, they were obtained under duress from the Chinese communists.
わたしは細菌兵器に関する自白書に署名しましたが、その自白の内容は虚偽です。中国の共産主義者の脅迫の下に自白したものだからです。

22:45
And by making these statements I deliberately attempted to put in as much as was false and ridiculous as I could possibly get away with.
その陳述を行う際、私は解放されたい一心でできる限り馬鹿げた出鱈目をわざと盛り込みました。
22:57


23:00
It’s very curious. A large number of strange confessions are coming out of the Korean War.
不思議なことに、朝鮮戦争においてはかなりの数の奇妙な証言が明らかにされている。

23:06
The CIA believe they’re being extracted using drugs and brainwashing techniques.
これらの証言を引出すために薬物や洗脳技術が用いられたのではないかと米国中央情報局(CIA)は見ている。

23:12
They begin to fear the Communists are ahead in the development of (mind-altering) psychotropic substances.
彼らは、共産国が人の意識に作用する向精神薬物の開発で優勢なのではないかと脅威に感じ始めた。

23:18
But where could they be getting their expertise from?
だが、そのような高度な研究技術は一体どこから得られたのだろうか?

23:28
The intelligence services have found a brand new field for their work.
各国の秘密情報機関は任務とする最新の分野を見つけた。

23:36
The subject reaches the desk of the new director of the CIA, Allen Dulles.
この件は合衆国中央情報局長官に就任したばかりのアレン・ダレスにも届いていた。

23:45
Joseph Douglass was then a senior analyst, the US goverment intelligence agencies.
ジョゼフ・ダグラスは当時合衆国国家安全保障局の分析官だった。


ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
23:55
Within about three weeks Allen Dulles was appointed Director of the CIA he gave a talk to his Princeton friends which was on brain warfare
アレン・ダレスは中央情報局長官に着任して3週間も経たないうちに、母校のプリンストン大学で脳科学兵器に関わるテーマで講演しました。

24:07
- in which he told about this new phase in warfare in the Cold War - had been entered into,
この講演で彼は冷戦下における兵器開発は新局面に入ったと述べたのです。

24:13
and that the Soviets were involved in the development of drugs which made the people act, as though there were some hidden master whose instructions they were reporting as if they were a phonograph machine.
「ソ連は、見えない支配者の意図どおりにあたかも蓄音機であるかのごとく報告活動を行うように人間を操る薬物の開発を進めている」と。

24:32
And our inability to react in the way we should because it was such a way of thinking that we deplore: something that we don't want to deal with.
「我々にしてみれば対処を躊躇してしまうような嘆かわしい考え方の元に実行される薬物の開発だから、抵抗したいと思ってもそれができない。

24:41
It's like having to go into areas that we don't want to admit even exist.
我々にとってその存在すら容認しがたい領域に踏み込まねばならなくなったようだ。」
24:47


24:49
This new form of chemical warfare has emerged in the Korean War.
この新型の化学兵器は朝鮮戦争をきっかけに出現した。

24:54
A North Korean propaganda film shows the preferred torture methods of those years.
北朝鮮のプロパガンダ映像を見るとこの頃に好んで使われていた

25:01
Including brutal violence......and waterboarding.
残忍な暴力、あるいは水責めを含む拷問方法が分かる。

25:13
Often used in combination, even today, with another interrogation tool: drugs.
しばしばその両方が使われていたが、現在はさらに尋問に別の道具、つまり薬物が加わる。

25:29
In Korea, US forces encounter soldiers from a supposedly neutral nation: Czechoslovakia.
朝鮮戦争では合衆国軍が中立国であるはずのチェコスロヴァキア出身と推定される兵士と出くわした。

25:36
They’re here to run a field hospital, behind North Korean lines, officially for humanitarian reasons.
公式的には人道的支援を理由に北朝鮮の前線にある野戦病院へ動員されていた。

25:43
Unofficially they’re working and to the direct instructions at the Soviet Union; helping them prepare for World War Three.
彼らは非公式に動員されていて、第三次世界大戦を睨んだ配備を進めるソ連を助けるために直接指令を受けていた。

25:53
We know this because in 1968 to Czech General Jan Sejna defected to the west.
そうした動向は1968年にチェコスロヴァキアのヤン・セイナ将軍が西側へ亡命したことで一般に知られるようになった。

25:59
Sejina was then highest ranking officer of the Warsaw Pact ever to change the side.
その当時セイナは、ワルシャワ条約機構の国から西側に亡命した最高位の幹部将校だった。

26:04
He knew exactly what his countrymen were doing for the Soviet masters.
支配国ソ連に従って祖国の同胞が何を行っているのか、彼は熟知していた。

26:10
Sejna claims that Czech field hospital existed to carry out experiments on prisoners of War including Americans.
セイナの主張によれば、米国人を含む捕虜に実験を施すためのチェコの野戦病院が存在しているという。

26:19
Bohumil Eiselt is the only surviving doctor from that hospital.
ボフミル・アイゼルトはこのような病院で働いていた医師の唯一の生存者である。


ボフミル・アイゼルト(旧チェコスロヴァキア出身医師・在北朝鮮)
26:25
"It's a blatant, deliberate lie. Those sort of lies have always been around.
それはとんでもない、念入りに仕組まれた嘘です。そういう類いの嘘はいつも出回っていました。

26:33
It can be said that in essence the purpose behind it was a charitable one."
隠された目的があるとすれば要するに慈善を目的にしたものです。
26:40


26:42
This is the hospital where he worked.
これは彼が勤務した病院です。

26:50
Doctor Eiselt is adamant about what really went on.
医師アイゼルトはその病院で実際に何があったのかということについては頑固に譲らない。


ボフミル・アイゼルト(旧チェコスロヴァキア出身医師・在北朝鮮)
26:56
Those people were prisoners, ordinary criminals, who had been injured. I had pperated on some of them.
その人たちは負傷した囚人で、よくありがちな犯罪者でした。そのうちの何人かを私は手術しました。

27:10
A bunch of murderers, thieves and the like…
人殺しや泥棒といった類いの群れでした。
27:12


27:14
Joseph Douglass debriefed Jan Seina, after he arrived in America
ヤン・セイナが米国に到着した後、情報を聴取したのはジョゼフ・ダグラスだった。

27:18
Sejna gave him more details.
セイナはさらに詳細な情報を明かした。


ジョゼフ・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
27:21
They were doing everything, and there was not ever an anaesthetic used.
彼らはやりたい放題だった。麻酔すら使われなかった。

27:26
They would do amputations and just wait and see how long would take a person to die.
手足を切断して、死亡するまでどの位時間がかかるかを観察したりした。
27:31


27:32
Sean claims that many American prisoners of War died in experiments with bio weapons, drugs and radioactivity.
セイナの主張によると、多数の米軍捕虜が生物兵器・薬物・放射線を使った実験で死亡したと言う。

ボフミル・アイゼルト(旧チェコスロヴァキア出身医師・在北朝鮮)
27:43
There weren’t any Americans among the soldiers. It was a mix of various nationalities.
捕虜の中にアメリカ人兵士はいませんでした。様々な国籍の捕虜が混ざっていた。

27:53
All foreigners. Different types of Negros…
すべて外国人でした。色々なタイプの黒人がいました。
28:00


28:02
Eiselt's confused tales make no difference to the fact that Czechslovakia already had a long history in advanced work on psychotropic drugs.
アイゼルトの曖昧模糊とした話が、チェコスロヴァキアは向精神薬の研究において以前から先頭を切っていたという事実を覆す訳ではなかった。

28:11
And when the Communists took over in 1948, that work would be continued even stepped up,
この研究は、チェコスロヴァキア共産党が政治の実権を握った1948年以後も継続され、そしてさらに強化された。

28:21
but now on the instructions and new master: Stalin's Soviet Union.
だがそれは新しい支配者、スターリンが最高権力者であるソビエト連邦の指図の下に行われた。

28:32
As long ago as the 1930's Czech scientists have been experimenting with mescaline and other truth (interrogation) drugs.
さかのぼって1930年代にはすでにチェコスロヴァキアの科学者はメスカリンなどの幻覚剤や自白剤の実験を行っていた。

28:39
They could be especially useful to a small country.
この研究は小国にとっては特に有益だった。

28:42
Milan Kunc was a chemist working for the Czech medicine.
ミラン・クンスはチェコスロヴァキアの医療薬研究者だった。


ミラン・クンス(チェコスロヴァキアの薬学研究者)
28:47
An army uses chemical weapons against large numbers of troops, whereas experimentation... or rather the secret services uses them against individuals.
軍隊は大群の将兵に対して化学兵器を使います。一方人体実験とか、秘密情報機関は個人に対して化学兵器を使います。

29:05
Then there's also the question of application. In the case of troops, they don't stand face to face. There is a physical distance.
それからどういう場面に応用するかという問題があります。軍隊の場合は間近に向い合うことはないから物理的に距離があります。

29:16
The secret service always targets an individual... by putting something into their food or somehow directly into their body.
しかし秘密情報機関は常に個人を狙います。食べ物に混入したり直接的に体内に取り込ませたりします。
29:30

29:31
The Czech secret service started to use poison and drugs in the non-Communism villages and wealthy prague suburbs.
チェコスロバキアの秘密情報機関は非共産党員や首都プラハ郊外の富裕層の居住地区で毒薬と薬物を使い始めた。

29:41
And they worked in a very similar way to the shady Communism-part in the Soviet Union: Laboratory 12.
そして彼らはソ連共産主義の暗部・第12実験室と非常に似たやり方で活動していた。

29:49
All we know about that is that was created in 1921 for years after the Russian Revolutions.
この研究所について分かっているのは、ロシア革命から数年後の1921年に設立されたということだけだ。

29:56
It is a secret center for the KGB like the Czech hospital in Korea is tried out methods on thieves and murderers.
それはソ連国家保安委員会(KGB)の極秘施設で、北朝鮮にあったチェコの病院と同様に、窃盗犯や殺人犯を使って人体実験を繰り返していた。

30:06
That is best time that has investigated story.
当時は諜報活動の最盛期だった。

**************************************

ヴァディム・ビルシュタイン(『知の堕落』著者)
30:11
There was general order through the system, I mean, through the Commissariat, this kind of, about the creation of a secret laboratory.
極秘研究所を作るというような案件はソ連共産党の組織つまり中央委員会からの命令として末端に伝わりました。

30:25
What that laboratory did, very few persons knew.
この研究所が何をしていたのか知る者はごくわずかしかいません。

30:30
The decisions about, that people were used, was of course made by only the highest level – Politburo.
人間を実験に使ということはもちろんソビエト連邦共産党政治局の決定でした。
30:41


30:43
The laboratory developed deadly poisons for the secret services.
研究所は情報機関や秘密警察が使う猛毒を開発した。


ヴァディム・ビルシュタイン(『知の堕落』著者)
30:50
Then there was decision that only sentenced to death, to their understanding useful usage of this material.
死刑判決を受けた者だけを実験に使うという決定がなされました。どうせ死刑なら実験材料になる方が有益だという彼らの考えなのです。
31:02

31:04
In Laboratory 12 were killed enemies of the state, and also German prisoners of war.
第12実験室では国家反逆者の他にナチス・ドイツの捕虜などが殺害された。

31:09
The files is also recalled the justifications given by the executions.
提出された文書ファイルには死刑執行人による正当化のための弁解が並んでいる。


ヴァディム・ビルシュタイン(『知の堕落』著者)
31:14
All of them said some excuses, like “It was necessary”, they didn´t think about it, “ They were not people for us, they were animals and destined for destruction, the State needed to destroy them”
それはみんな言い訳なんです。例えば「彼らは我々と同じ人間ではなく動物であり排除されるべき存在であって、国家としてそれらを殲滅する必要があった。」

31:34
and this is all, didn´t matter if they would be shot or died of poison.
ただそれだけです。射殺か毒殺かは問題ではないのです。
31:43


31:44
Has policies changed in the Kremlin, the Laboratory was closed and reopened under different name.
クレムリンの政策が変更になると、第12実験室は閉鎖され、やがて名前を変えて再開された。

31:50
The London umbrella murder and the polonium poisoning of Alexander Litvinenko were probably carried out from this Laboratory.
雨傘殺人事件として知られるブルガリアの亡命作家マルコフのケース、アレクサンダー・リトビネンコのポロニウムによる毒殺事件、ロンドンでのこの二つの事件に使われた毒薬はこの研究所で製造されたと見られている。

31:59
Backing 1940's and 50's special use for the drugs was to extract confessions for special trials,
1940年代から50年代にかけて使用された薬物は特別な裁判のための自白を引出すためだったが、

32:05
as here in Czechslovakia, some of the victims died of poison, long after their trials were gone.
チェコスロヴァキアではそうした薬物の被害者らは裁判が終了して長い時間が経った後に死亡している。
31:11

31:17
Emil Svec was a political prisoner for 15 years and repeatedly interrogated.
エミール・スヴェチは15年間政治犯として服役し繰り返し尋問を受けた。


エミール・スヴェチ(旧チェコスロヴァキア反体制運動家)
32:26
I had realized that something was going on.
何かが私の身に起きていることは感じていました。

32:30
A certain darkness descended on me.
暗闇が自分の中に降りてくるという感じです。

32:34
There was sadness and hopelessness.
悲しくて絶望的な感じもありました。

32:40
I couldn't see a way out. I was disoriented.
方向感覚を失い、出口がどこかもわからなくなりました。

32:45
All sort of things...
色んなことが起りました・・・

32:47
I would cry, or rather tears were running down my face,
私は泣いた、というより涙が頬を伝って流れていました。

32:51
and they continued questioning me:
すると彼らは私に立て続けに質問しました。

32:54
Who where, how, and so on and on.
誰と、どこで、どうやって、などと次々に。

32:58
I don’t know what I told them. I tried to hold on.
一体何を語ったのか覚えていません。私は必死に耐えました。

33:03
I don't know how much control I had.
一体どのくらいの自己抑制力が残されていたのか定かではありません。

33:08
It was like having a bad dream from which I couldn't wake.
それはまるで覚めることのない悪夢を見ているようでした。

33:15
It was spilling over into reality and I couldn't cope with it.
それは現実感のない世界で、どう対処してよいのかわかりませんでした。

33:22
Your personality starts falling apart and there you are not knowing how to go on.
自分の人格がバラバラに解体して、その先どうしていいかわからなくなってしまうのです。

33:29
Then they called a female comrade, and she brought in a coffee with something –
それから彼らは女性職員を呼んでコーヒーを持ってこさせました。

33:39
There was something in the coffee.
そのコーヒーには何かが入っていたようです。

33:42
I drank it, and the effects slowly went away.
私がそれを飲むと薬物の効果ががゆっくりとおさまっていきました。
33:45


33:37
Parallel with these chemical and biological tests, both super powers were secretly building up their knowledge of the murderous radiation effects of the atom bomb.
東西の両大国は化学兵器と生物兵器の開発実験と平行して核爆弾による放射線の殺傷効果についての知識を密かに集積していた。

33:57
The Americans had a head start they not only built the first bomb. But they had tested on people.
アメリカは初の原子力爆弾を製造しただけでなく人間への実験も行って優位に立っていた。
34:04

34:07
As soon as they could the American sent in teams of doctors and cameramen to observe and record the medical effects of the blast to city Hiroshima and Nagasaki on adults, children and infants.
広島と長崎の大人や子供そして乳幼児にみられる原爆の医学的影響を観察して記録するために、アメリカは可能な限り迅速に医師団とカメラマンを送った。

34:21
They discovered radiation burns and opened wounds and refused to heal.
彼らは放射能による火傷を見つけては傷口を広げておきながら治療は拒絶した。

34:27
They offered no medical care to the survivors. They were collecting data for use in fighting future wars.
生存者の治療はしなかった。次の戦争に備えてデータを収集していた。

34:37
Decades later the Americans themselves were judged, this chapter has one dubious morality.
数十年後になって、アメリカ自身この時期の行為のモラルを疑うという判断がなされている。

34:49
Peace time atomic tests continue.
平和な時代にも原爆の実験が続いていた。

35:01
The US military expose their own soldiers to radiation and the experts are particularly interested in the civilians who live in the fallout area: the so-called downwinders.
アメリカ軍は自国の兵士を放射能で被曝させ、専門家たちは死の灰が降る地域の住民、いわゆる風下住民に強い関心を持った。

35:16
They never explain the dangers to the troops.
兵士たちには危険性が伝えられることはなかった。

35:29
The Soviet military had even more careless with their soldiers’ lives so that desperate to catch up.
アメリカに追いつこうと必死なあまり、ソ連軍はさらに輪をかけて自国の兵士の命をぞんざいに扱った。

35:36
At the Totskoye atom bomb test, some 45,000 soldiers and prisoners are deliberately exposed to radiation.
南ウラルのトツコエでの核実験では、4万5千人の兵士や囚人を動員して故意に被曝させた。
35:44

35:58
Thousands died there and then from the after effects.
数千人がその場で死亡するか後に後遺症で死亡した。

36:04
This test was, and remained, top-secret.
この実験は未だに極秘となっている。

36:08
The files was later destroyed or altered.
記録ファイルは後から破壊されるか改変された。
36:11

36:17
At Totskoye also used animals chained precise distances from the epicenter of the blast.
トツコエの実験では他にも、爆心地から正確に測った位置に動物を鎖に繋いでおいて観察した。

36:34
In CIA debriefing Czech defector Jan Sejna claimed to have seen in Soviet army film depicting a nuclear test and in it human being took the place in animals like these.
CIAによるチェコスロヴァキアからの亡命者ヤン・セイナの尋問では、ソ連で核実験の記録映像を見たが、このような状態で繫がれていたのは動物ではなく人間だったという。

36:50
Joseph Douglass was remembered his description.
ジョゼフ・ダグラスはセイナの表現をよく記憶している。


ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
36:54
The Soviets using were prisoners, political prisoners particularly they would love to use Hungarians that opposed them in Hungary and U.S. POW’s as guinea pigs
ソ連が使ったのは囚人、特に政治犯で、ソ連の支配反体制に逆らったハンガリー人とアメリカ兵捕虜を好んでモルモットにした、

37:10
in testing the affects of nuclear weapons radiation, thermo, blast the whole thing, a real explosion.
核兵器の放射能・熱・爆風など、実際の核爆発のあらゆる影響を実験したそうだ。
37:17


37:25
And at spaced intervals from the Ground Zero, they would have man chained so they could see the effects of the weapons on the men at different distances.
そして、人体への核兵器の影響を観察できるような離れた距離に、人間を鎖に繫げて配置した。

37:37
Sejna claimed to have seen the film as special showing for the Czech General Staff.
チェコスロヴァキアの参謀たち向けに特別に上映されたフィルムも見たとセイナは供述している。

*************************************

ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
37:49
It went from people who were incinerated almost instantly to out at the extremes were what they would be dazed,
ほとんど即死状態で焼却された人間に始まり、極端な場合は薬を飲まされた人です。

they had a hard time regaining balance, they were writhing in agony obviously they didn't have long to live, and he said,
彼らは平衡感覚が回復できずに苦しんでいて、極度の苦痛に身悶え、臨終まで長くはかかりませんでした。

38:08
it was the most revolting thing that they had ever seen any place.
そして彼はこう言いました。「いまだかつてどこでも見た事のない最悪に忌まわしい光景だった」と。
38:13


38:14
After 15 years of tests and analysis this audience had caught up with the Americans.
このような実験と分析を15年繰り返し、映像を視聴した者たちは遂にアメリカに追いついた。

ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
38:21
But by 1965 it became evident to all of them that chemical biological warfare, munitions and the pharmaceutical line of that, were ultimately far more important than nuclear weapons
しかし、1965年までには核兵器よりも、化学兵器や生物兵器・弾薬・薬物などの系列の方が結局ははるかに重要だということが誰の目にも明らかになりました。

38:41
because that could be used without destroying the world.
なぜならそれらは世界を破壊することなく使用できるからです。
38:44


38:46
And to get her supplies with chemical and pharmaceutical weapons the Russians turn once again to the experts the Czechs.
だから、ロシアは化学兵器や薬物兵器の供給を受けるために再びチェコスロヴァキアの専門家に注目した。

38:52
Money was thrown at the experiment. Top state talents made movies about to work for the government bosses.
そのような実験には多額の費用が投入され、国民的人気俳優が主人公を演じて、国の高官のために働くという映画が制作された。

39:00
It was the late 1960s the drug of choice was LSD.
1960年代終盤に好んで使われたのがLSDだ。

39:05
It takes a while to take effect.
効果が現れるまで少し時間がかかります。

39:08
First we'll record your brain activity.
まずは脳の機能を記録します。

39:11
Close your eyes.
眼を閉じて下さい。

38:18
Open your eyes.
眼を開けて下さい。

*************************************

39:23
On both sides of the iron curtain doctors and scientists experimented with an ever growing arsenal of chemical weapons.
鉄のカーテンの両側で、医師や科学者たちは増加する一方の化学兵器を使って人体実験をやっていた。

39:30
Today some of them would be turned into medicines to treat mental.
それらが今日では精神病の治療薬として使用されている。

39:33
Do you want to halt the experiment?
実験を中断しますか?

39:37
In their real experiments behind-the-scenes the Czechs believe they can disable whole enemy units by putting a LSD in the drinking water.
チェコ人の科学者たちは極秘で人体実験を行いながら、LSDを飲料水に混入してしまえば敵国の全軍を無力化できると信じていた。

39:50
These volunteers, senior officers, attested on the decision making skills after taking LSD.
幹部将校が志願者となってLSDを摂取した後の能力判定実験が行われた。

40:00
How will the Fed in the fictional crisis.
架空の危機状態で、連邦政府がどうなるかといった実験だった。

40:16
At this time Czechoslovakia is the world's biggest producer in LSD for military use.
この当時、チェコスロヴァキアは軍需仕様LSDの世界最大の製造国だった。

40:24
Jan Sejna told Joseph Douglass the drugs were an important and permanent part of communist military strategy.
ヤン・セイナはジョゼフ・ダグラスに、薬物は共産国の軍事戦略にとって重要で、永久的な要素だと語った。

40:32
He heard Soviet Premier Nikita Kruschev say so himself.
彼はソビエト連邦共産党書記長ニキータ・フルシチョフが自らそう語るのを聞いたという。


ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
40:39
“Deception and drugs are our first two echelons in the war against capitalism.
「陰謀と薬物は、我々にとっては資本主義と戦う際の最初の二段階だ。

And when those two echelons have done their job then will be the time for us to use our tanks.”
この二つの段階が終わってからが戦車の出番なのだ。」

40:53
He was sort of chiding Marshall Malinovski, who wanted to use his tanks today.
今日にでも戦車を使いたいマリノフスキー元帥をたしなめるフルシチョフは次のように言った。

40:59
And Khrushchev said: "No, no Marshall: Sergei, to you today is important. To me tomorrow is sufficient."
「いや違うぞ、元帥。セルゲイよ、君にとっては今日こそが大切だ。私にとっては明日が満足できるものになるかどうかだ。」
41:07

41:09
For the Soviets the Czechs developed a range of powerful drugs for all purposes to induce fear, to cause pain, to make people trusting, aggressive or talkative.
ソ連に請われてチェコスロヴァキアは、恐怖心を起こさせたり、痛みを感じさせたり、人間を信じ込みやすくしたり、攻撃的で多弁にさせるなどのあらゆる目的の薬物を次々に開発した。

41:19
Jan Sejna claimed that the substances were mixed into the food for foreign diplomat.
ヤン・セイナによれば、薬物は他国の外交官の食事に混入されたという。

41:26
LSD produces the most powerful sense of paranoia.
LSDは偏執病的な強い妄想を生み出す。

41:53
That's enough. I feel sick.
もうやめて、気持ちが悪い。

41:56
Calm down.
落ち着いてください。

42:02
The Czechs said they could produce any state, “From Tears To Madness”.
チェコ人の研究者は、”悲嘆から狂気まで”、どんな状態でも作り出せるという。

42:08
Stay seated and calm down.
座って落ち着いて下さい。

42:10
Let me go.
離して。

42:13
By now the Americans could see the potential too.
これまでにアメリカもまた潜在能力を認めている。

42:17
They overcame their distaste a mind-altering drugs.
彼らは向精神薬物に嫌悪感を抱かなくなった。

42:21
They tested LSD sometimes on people who didn't know they were being given hallucinogenic substances.
ある時は、幻覚誘発性のある薬を服用させられたとは人々に知らせずにLSD実験を行った。

42:27
There were death often course through paranoia.
恐怖症が原因となって死に至る場合もあった。

42:35
The CIA wrote wish list as what they wanted to achieve.
CIAは研究目標となる薬物の希望効能リストを作った。

42:41
Mind control, take illnesses, truth serum, and implanting raising memories.
マインド・コントロール薬、病気にかかりやすくする薬、自白剤、そして埋め込み式の記憶増量薬。

42:48
When Joseph Douglass debriefed Czech Jan Sejna, he discovered that the Soviet had something similar.
ジョー・ダグラスはヤン・セイナを尋問した際に、ソ連側が似た様なものを持っているのに気づいた。

***************************

ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
42:57
It almost corresponds item by item with the CIA list. You know, amazing!
それはCIAの薬物希望効能リストと各項目が一致していたのです。驚きですよ!
43:03

43:05
When American go to something is sometime to make it public.
アメリカが何かに着手する時、それを公表することがある。

43:13
This film shows how drugs can be used for military purposes.
この映像は薬物がどのように軍事目的に利用されうるかを紹介している。

43:21
Here a volunteer GI is testing his coordination before taking LSD.
ある米兵の志願者がここでLSD服用前に筋肉の協調性を検査している。

43:43
... and after.
そしてLSD服用後は…。

44:00
This soldier is a volunteer too.
この米兵も志願者である。

44:06
But not everyone was.
だが、誰もがそうではなかった。

ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
44:12
The actual experiments on humans conducted by CIA were very numerous and believed very damaging to many people.
CIAが行った実際の人体実験は相当な数にのぼり、多数の人々に深刻なダメージを与えたと思われます。
44:20

44:22
Experiments like this: in sense deprivation.
このような実験は正気を失わせる。

44:27
The withdrawal of sensory input can lead to hallucinations and madness.
知覚伝達を遮断すると、幻覚と狂気を引き起こす。

44:32
These were reports of experiments that ended fatally.
被験者を殺してしまう結果となった実験の報告も存在した。

44:38
The CIA has destroyed most of the files.
CIAは報告書ファイルのほとんどを破壊してしまった。

44:42
Some journalists have tried to get them released.
何人かのジャーナリストがそれらを公開しようと努力した。


ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)
44:47
But nobody in the intelligence community wants to do that or the government
しかし情報機関や政府の誰一人としてそれを望む者はいません。

44:51
because of what it would reveal and that leads to United States war crimes and possible murder and a very very messy, very messy picture.
公表すれば、アメリカ合衆国を戦争犯罪・殺人容疑などを暴露する結果となるからです。この上ない混乱状態を招いてしまいます。
45:06

45:08
CIA carries out brain operations and attempts to influence consciousness.
CIAは脳の手術で意識を操作することを試みた。


科学者の声
45:13
And when the Electrodes touch the brain with a electrical current.
It is as if the electrodes touched a wire recorder or a clip of film and they relived a period of time.
電極からの電流が脳に接触すると、まるで録音機か一片のフィルムが動き出すように、ある一定期間を脳が追体験します。
45:29

女性の声
45:30
I have a certain feeling you know I lived through all this before.
過去にあったことをもう一度体験しているみたいな感覚です。
45:36

男性の声
45:37
Now I see them, they are laughing, my friends, and I am with them in a house in South Africa. They are my old friends.
見えて来た、皆が笑っている、友だちだ、私は皆と一緒に南アフリカのある家にいる。
彼らは懐かしい友だちだ。
45:45

45:47
The aim experiments like this is to produce suicide bombers, who have no idea what they have been programmed to do.
このような実験の目的は、そうするように仕組まれていることが本人に分からないような自爆兵士を作り出すことだ。

45:55
The search continued for personality changing drugs, new nerve poisons and antidotes to defenses against the drugs enemy invent.
人格を変える薬物と神経に作用する新しい毒物、そして敵側が発明した薬物に抵抗する解毒剤などの研究開発が続けられた。

46:07
And humans are needed for all these experiments.
これらの実験のすべてに人体が必要となる。

46:11
The scientists at the intelligence community reject experiments with animals.
情報機関に属する科学者は動物実験を拒絶する。

46:15
Not have some sense the animal welfare because they know the animal reaction is been no resemblance to the effects of the drug on humans.
動物保護の観点からではなく、動物の反応は人間の薬物反応とまったく違うことが分かっているからだ。

46:26
That's why the ideal guinea pigs is a fit and healthy enemy prisoners.
理想的なモルモットは元気で健康な敵国捕虜だという理由はここにある。

46:32
The US has never gone up it far.
アメリカはそこまでのことはやっていない。

46:35
In the Vietnam War they allowed the 7th day Adventists who refuged to fight, to volunteer for medical tests instead.
ヴェトナム戦争では、プロテスタント教会のセブンスデーアドヴェンティスト派の信者は兵役を免除される代わりにこのような人体実験に参加することに同意した。

46:45
At a high security unit at Fort Detrick, they were exposed to anthrax, plague and tularemia.
フォートディートリックの厳重な警備下にある実験室で、彼らは炭疽菌・ペスト菌・野兎病菌に曝された。

47:07
Immediately afterwards they were given the same antidotes that soldiers would receive in time of War.
その後は直ちに戦争中兵士たちが服用する解毒剤を投与された。

47:21
It could be a painful recovery but the US authorities consider this the perfect ethical experiment.
健康を取り戻すにはかなりの苦痛が伴うが、アメリカ当局は完璧に倫理基準に添った実験だとしている。

47:33
According to Jan Sejna the Soviet had no qualms about using the disposing US soldiers that nice captured in Vietnam the first new blood since Korea.
ヤン・セイナによれば、朝鮮戦争以来となる流血の地ヴェトナムで捕獲した米兵を人間モルモットとして利用し処分したことに、ソ連は何ら良心の呵責を感じていないという。

47:46
Sejna said, they flew the Americans first to Prague where they could be quarantined against tropical diseases.
セイナによると、米兵捕虜はまずプラハへ空輸され、熱帯地域の伝染病予防ために隔離された。

47:53
That's where he saw them.
そこでセイナは彼らを目撃したわけだ。


ジョー・ダグラス(『赤のコカイン』著者)

47:57
He met a lot of the planes and saw the Americans getting off so you know they weren´t the John Wayne types
彼は多くの飛行機を目にしていて、アメリカ人が降りてくるのを目撃してるわけです。
彼らはみんなジョン・ウェインのようなタイプというわけじゃなかったと言っていました。

48:03
They were all stumbling a little bit and figured that they had been drugged and they didn´t know where they were or where they were going or they were in for.
みんなちょっとふらついていて、薬漬けにされていることが分かったそうです。どこにいるのか,これから何のためにどこへ行くことになるのか何もわかっていない様子だったそうです。
48:14


48:16
The collapse of the Soviet Union in the end of communist block might to put the end the competition between the powers.
共産圏が終焉を迎える中、ソ連の崩壊によって大国同士の競争も終焉へと向かうように思われた。

48:22
But it has not been quite that simple.
だが現実はそう簡単にはいかなかった。

48:28
The new Czech and Slovakian Republics have now joined the European Union and NATO.
新しいチェコとスロヴァキアの両共和国は今は欧州連合と北大西洋条約機構に加盟している。

48:36
In the first Gulf War Czech chemical and biological experts fought side by side with theAmericans against Saddam Hussein's armies.
第一次湾岸戦争で、チェコの化学兵器・生物兵器の専門家たちはアメリカに協力してサダム・フセイン軍と戦った。

48:46
Maybe this is right they would be certainly at the hand in training the enemies.
彼らが過去に現在の敵の軍隊を訓練したという考えは恐らく正しいだろう。

48:53
The Czech and Russian archives remain tightly closed.
チェコとロシアの公文書館はいまだに固く門を閉ざしている。

48:58
Gulf War Syndrome, the Moscow theater seize, development, stock piling and testing continue on all sides.
湾岸戦争症候群、モスクワ劇場占拠事件。研究開発とその成果の蓄積、そして実験はあらゆる国々で続けられている。


ヴァディム・ビルシュタイン(『地の堕落』著者)
49:07
The mentality of this Secret Service people: they are gods and everything they are doing is really good for the State.
自分たちは神であり最も重要な存在だ、自分たちがやる事は国家のための正義なのだ。それが秘密情報機関の人間の思考方法です。

49:19
It goes on, right now, the same thing, this mentality and these ideas.
そうした心理や思想は今でも変わっていません。
49:26

49:27
Written and directed by Dirk Pohlmann
脚本・監督:ダーク・ポールマン

49:30
in collaboration with Eva Gruberova
共同制作:エヴァ・グルベロワ

49:32
Camera
Ulrich Kleiner
Michael Goldmann
撮影:ウルリヒ・クライナー / マイケル・ゴールドマン

Produced by Ilona Gundmann Film Production
for ZDF
in Association with ZDF Enterprise
イロナ・グンドマン・フィルム・プロダクション
ZDFエンタープライズ 共同制作

ZDF(ドイツ国営第2チャンネル)作品

Copyright ZDF 2010

| 未分類 | コメント(0)

ブルースリー ヒクソングレイシー クロングレイシーの膝関節蹴り ストップキック動画





| 未分類 | コメント(0)

グレイシー一族の膝関節蹴り ストップキックはブルースリー 詠春拳が源流である!?








































































| 未分類 | コメント(0)

明治時代最強の柔術家にして講道館柔道が最も恐れた男 田辺又右衛門の必殺技 足がらみはサンボの中で生き続ける


























| 未分類 | コメント(0)

乱取り稽古を行い寝技のある合気道 養正館 嘉納治五郎門下で植芝盛平門下の望月稔



http://www.dou-shuppan.com/aikido_w/2011/10/13/an013/

◆ 試合の効用と問題点

――望月先生は嘉納治五郎の弟子でもありますけど、合気道に試合は取り入れていませんね。

オージェ はい。先生は試合が目的になってしまう危険性を知っておられました。試合は稽古の一手段であるべきです。
 試合をめぐっては二つの問題があります。まず、試合をまったくしないとした場合、関心は組織の会員集めばかりに向けられるようになる。一方試合オーケーとした場合、一般の稽古生を犠牲にしてまでも、わずかなスターを作ることに一生懸命になってしまう、これは嘉納治五郎の言う“自他共栄”の精神に反することです。

――乱取りはやられますか?

オージェ ええ。稽古の一手段としてやります。まず安全第一を心がけます。それから、より競技的なものをやる場合は、その時々によってルールを変えます。生徒がそのルールに精通してしまって、勝つための手段としてルールを利用するのを防ぐためです。ただしこの乱取りの場合は必ず指導者が立合うこと、私は自分がいない時は生徒にはやらせません。
 試合はそれが真摯になされた場合、やはり効果があります。試合への充分な準備と心構えをするからです。わずか数分の試合でも、数ヶ月分くらいの稽古に該当するものが学べます。試合をすることで、何が足りないか何に気をつけなければならないかを学ぶからです。

http://www.dou-shuppan.com/aikido_w/2012/01/13/an016/

[会見] 望月稔師範の理念と技の継承へ
       正風会 吉田信正氏に聞く

投稿日時: 2012年1月13日


(季刊『合気ニュース』 139号 2004年冬号より転載)
※各師範の所属や肩書きは当時のものです。


「日本の文化の魅力として武道が注目されるのは、弱者救済という非常に明解な目標をもっているからだと思うんです。」
師・望月稔の教え、それは柔道家であり教育者でもある、嘉納治五郎の理念「自他共栄」であった。
望月の技と稽古法とともに、武道家のあるべき姿を語る。

取材/編集部
2003年11月8日 渋谷区スポーツセンターにて



●吉田 信正 (よしだ のぶまさ)
昭和16年生まれ。昭和34年、養正館入門。国際武道正風会副会長・東日本総括師範 合気道8段、日本柔術8段、養正館奥伝免許允可、古武道6段。





◆ 使えるための稽古体系

――前号(138号)の望月先生の追悼特集では、望月先生の武道理念を中心に振り返ってみました。今号では、その理念がどう正風会に引き継がれているか、また先生が体系化された技の流れとその特徴、稽古体系についてお伺いしたいと思います。
 望月先生が体系化された養正館の技は、一般の合気道のように攻撃の種類で分けるというより、足技、手技、といったように技を施す身体の部分でまとめられている感じですね。

吉田 そうですね。先生の考え方は、非常に合理的でわかりやすいのです。
稽古体系ですが、まず受身をやり、それから手解きをやります。これは相手に掴まれたのを、どのようにとるかという稽古です。この手解きには6本あります。こういった手解きの説明は望月先生が最も得意とするところでした。普通一般には、技を自分がやって見せて、それを真似てもらうというものですが、望月先生の指導の仕方は、なぜこういうふうにすると手がとれるのか、といった形で、特に初心者の人達に説明をする。合理的で非常に理解しやすいんですね。これだけで実は護身術の講習会にもなります。まったくの初心者にもこの方法を教えるとできるんです。
 手解きのあとは、手を掴まれた時にどう握り返すかという、握り返しをやります。目的は、腕力の養成という点が一つと、掴まれた時に相手の手をとるだけではなくて、自分のほうが技を掛けるために握り返して、自分が有利な形にもっていく必要がある。そういう目的があります。

――返し技に通じるわけですね。

吉田 そういうことですね。その次は体捌きの稽古です。例えば小内刈り、これは柔道の技であり、合気道では一般にやらないですが、この柔道の技を入れて体の捌き方を学び、また捌くだけじゃなくてそれに対しても技を掛ける。例えば、相手が突いてきたのを一本背負いをかけようとしたが相手が抵抗してきた、グルッと回って相手の足をとり、それでタックルを掛ける、といったような訓練をしています。こういったものは、稽古の前のウォーミングアップみたいな形でやっています。

――必ず稽古では体捌きまで一通りやるのですか?

吉田 だいたいやります。その後は初心者と経験者、または有段者のグループにわかれ、それに適したような技を稽古します。
 一般の合気道では、基本稽古の時に、受けと取りに組んで、技の繰り返しをやりますね。攻撃方法も、打ちなら打ちだけ、掴みだったら掴みだけという具合に決まっています。我々の場合は、一人を真ん中にグルッとほかの者が囲み、それぞれが攻撃する形をとります。同じ技の稽古でも人によって攻撃が違いますから、掛ける技も違ってくるという、その訓練になるわけですね。つまり攻撃する人によって同じ打ちでも、力のある打ちとそうでない打ち、全部違うわけです。さらに、人の性格でも体格でも、力の加減が全部違うわけです。

――初心者の段階からこのような稽古をされるわけですか?

吉田 初心者の場合は、基本稽古ではひとつの技を一対一でやりますが、その技ができるようになったら、一対複数の人を相手にして稽古する。攻撃も突きや掴みや後ろからの組みうちなどを相手にして。そういう乱取に近いような、どのような状態に攻撃されても自分が習得した技が発揮できるようにという訓練を初心者のうちから繰り返し繰り返しやるんですよ。

――常に「使えるように、使えるように」を念頭に訓練しながら基本技を練習すると。

吉田 そうですね。最初はひとつしかマスターできませんよね、そのひとつの技をいろいろな攻撃方法でいろいろな人を相手に稽古をやりますね。そうすると早いですよね、二つ目の技にしても、三つ目の技にしても。そういった稽古でいろいろな技ができるようになれば、自由乱取でどんな技を使ってもよろしいという段階に進みます。


◆ 望月師直伝・山下選手が得意とした“もたれ込みの技”

吉田 このもたれ込みの技は、柔道の山下選手が9連覇したあの現役の時に、山下選手が養正館の望月先生に習いにきた技です。望月先生は、これがきっかけで東海大学の柔道部に門人をつれて講習に行っていたわけです。
 山下選手は引き手で持てば自分の得意の技があるのですが、外国の選手、とくにソビエトの選手たちはなかなか引き手を持たせてくれなかった。それでどういう技があるだろうっていうことで、このもたれ込みの技ができたんです。片方の引き手を持たせてくれなくても、柔道の寝技にもっていける技なんですね。今は正式に柔道になっていますね。
 もたれ込むっていうのは、自分の体重を有効に使うんですね。相手の腕に自分の体重をこう、もたれ込む。その場所は相手の弱点となるところです。弱点というのは両足で立った時の、三角形の頂点です。真ん中のこの位置が一番相手が不安定になる状態です。だからそこへもたれ込んで自分の体重で相手の重心を相手の弱点であるところに誘導するんですね。生体力学ですね。そういう説明を望月先生はされるんですよ。ですから非常に合理的な方なんですね。

もたれ込み


◆ 捨身技について

――捨身技は望月先生の技体系では一番特徴とするところですが、これはどういった経緯でまとめられ、またいつ頃から研究され始めたのでしょうか。
吉田 柔道はもちろん、古来の玉心流も含めた柔術などから総合して自分なりに整理して作られたものだと思います。望月先生が玉心流をおやりになっていらした頃は、まだ十代の後半ですから、玉心流の理念を理解できたのは後年の40過ぎてからということです。 理念がわかった時点で、いろいろご自分なりに考えて、また柔道の三船久蔵先生の影響もあったと思います。
 ちょうど僕が入門した頃には研究していたと思います。昭和30年代前半ですか。ちょうどヨーロッパから帰られた頃ですよね。僕が大学を卒業した38年、40年ぐらいには全部じゃないですが、さかんに捨身をやってました。一番最初の捨身技は、筈押し捨身だったと聞いております。
 捨身には、半捨身、横捨身、真捨身があります。半捨身は投げるほうが半身の形で投げるもの、横捨身というのは敵に対して自分が横に位置して横隅に投げる方法、真捨身というのは相手が仰向けかうつ伏せの状態で「真っ向う」に投げる方法を言います。
 当時に較べると一つひとつの技の変化はありますね。本来、半捨身技というのは、投げるほうが片足ついて、一緒になって倒れないのですが、一つひとつの効果を考えると、一緒になって転んだほうがいいということで、そういった形への変化がありますけどね。
 捨身技というのは腕力でやるのではないんですね。自分の体の捌きでもって相手を崩しながら、なおかつ自分の体重を効果的に使って投げる技です。ですから弾み車のような動きが必要になる。うまい人のを見ていると技が決まったかどうか、すぐにわかります。今は、柔道でも捨身技をやっていらっしゃる先生方は少ないですよね。


 真捨身 大入身腕巴
  ふつう足でやる巴投げを腕で行なう。しかも相手の外へぐるっと一回転してまわり込んで技を掛ける。
  望月師範独特の発想の技という。


◆ 柔道にはないバラエティに富んだ技体系

――吉田先生ご自身は柔道をやってらして入門されたわけですが、道場での柔道以外の様々な技をご覧になって、最初の頃は印象はどうでした?

吉田 柔道といっても私の場合は試合柔道ばかりやっていましたから。柔道の稽古ではバラエティのある技をどんどんやるわけじゃなくて、試合に勝てるような得意技だけしかやらない。ところが望月先生の道場では、技が非常にバラエティに富んでますでしょ、まずそれにビックリしましたね。
 しかし、当時の養正館では、柔道、合気道と稽古の時間帯が分かれていまして、柔道ばかりやってきた私は合気道のほうはあまり興味がありませんでした。柔道の稽古が先で望月先生も一緒になって稽古をしていましたが、それが終わったら私はすぐ帰っていたんですよ。しかし、ちょうど昭和39年にオリンピックで柔道が負けましたね。それで、もう少し根本的に総合武道というのを望月先生に教えてもらおうという気になったわけです。
 我々の技は今日ご覧いただいたように、手技は手技だとか、バラバラじゃなくて全部連続技になってるんですね。手技で攻撃してだめな場合は、すぐ体技に、体技でだめな場合は足技も使う、足技もだめならば、場合によっては捨身でいくとか。そういった乱取稽古を我々は非常に重視しているんです。
 稽古ではいろんな攻撃で投げる、というところまでですが、本来はすぐに寝技に入って関節を極める、首を締めるとか、相手がまいったというところまでいくのが目的なんです。そういう稽古が一番重要なんだということですね。
 我々は足技や寝技など柔道に似た技を多く取り入れているので、一般の合気道の人たちからは“あれは合気柔道”じゃないか、といったように見られているようですが。

――あくまでも望月先生が実戦に使うことを想定して研究された結果、現在のような一連の技を残されたということですね。

吉田 そうです。実戦ということになるとそこまでやらないとダメだということです。そうすると最初につくった技も、基本は変わりませんが、応用技がどんどん膨らんでいくわけです。これで効かない場合はこうだった、相手がこういうふうに抵抗したらこういうふうに変化しようとかね。そういう形でかなり応用のほうがどんどん発展してきました。だから乱取りをやりますと、馴れ合いにはならないのですよ。
 望月先生は馴れ合いの稽古を非常に嫌ったんですね。そしてまた晩年70を過ぎた頃から技や稽古の仕方がだんだんリアルになってきました。効かないような技をやってたってしょうがないという考え方ですね。それで偽物の技をやっちゃいかんということをしょっちゅう言われました。やっぱり表の技と裏の技というのがありますが、一般的に昔から柔術にしても古武道にしても裏の技は人に見せなかったんです。しかし望月先生にとっては表も裏もないと、裏でなきゃいかん、本物でなきゃいかんということでした。


◆ 武道家は社会教育者

――望月先生の理念、心を継承するということについてはどうでしょうか。

吉田 これはもう名前が変わっただけで、正風会の理念ではなくて、望月先生の理念そのままですね。嘉納イズム、これを我々は継承しなくてはならないわけです。自他共栄、精力善用を大事にしていきたいということです。
 現在日本では、K1などに代表されるように、試合が主流になっていますね。僕は外国などで現在武道が非常に盛んなのは、それに対してかなり疑問があるからだと思うんです、いわゆるスポーツの勝った負けたですよね。合理主義の国だからこそ彼らは日常生活の中に疑問を感じているんじゃないでしょうか。
 その中で、日本の文化の魅力として武道が注目されるのは、弱者救済という非常に明解な目標をもっているからだと思うんです。強い者には何も技は必要ない。力がない人が自分の身を守るという技術、だから望月先生は弱者救済の道だとおっしゃっています。今日も受身から稽古しましたね。負ける技から稽古します。そんなスポーツはないですね。負け方の稽古からするようなものというのは。
 武道のそうした理念を一般社会に活かしていかなきゃならんという考え方があるわけです。どう活かしていくかというのはそれぞれの立場で考えていかなければならないと思いますね。自分の職業をいろいろもっているわけですから。社会生活の中で少しでも活かせればね。そういった意味では、俺は俺ではなくて、人と人と仲良くやっていくっていうことが絶対大事なことなんですね。

――136号で望月先生の門人のパトリック・オージェさんに取材したのですが、外国人ではありますけど、自分の師である望月先生の心がほんとによくわかっているという感じでした。いいお弟子さんを育てられたなと思いました。

吉田 僕の知るかぎり門人同士で喧嘩したり離反したりしたっていうことがないのは、望月先生の理念だと思いますよね。自他共栄という。望月先生の考え方は、武道家は社会教育者にならなきゃならないということなんです。教育というのがものすごく好きだったんですよ。それは日本人であろうが外国人であろうがね、心は一緒ですからね。それにみんなひかれてるんですね。
 今回はたまたまフランスの組織と分かれる形になってしまったのですが、敵対しているわけでは決してないのです。お互いの発展のために協力し合うということが、これからの課題ですね。ですから名前は正風会と変わったにしても、やはり望月稔の門人のひとつのアンブレラの中に入っているわけですから、それを大事にしようということはいつも話しています。第三者は独立したというふうに見るかもしれませんけど、実際にはそうじゃないということですね。それはこれから見ていていただきたいと思っています。

望月 稔 もちづき みのる
1907(明治40)年 静岡市出身。5才の時に柔道を始め、1926年講道館に入門。柔道の修業に励むかたわら嘉納治五郎主宰の古武道研究会に参加、数々の武道を修業する。1930年嘉納の命により植芝盛平に入門。1931年11月に静岡市に道場を開いた。柔道、合気武道、空手、居合道などの要素を総合した武道を創始、養正館武道として知られる

晩年の望月稔師範

| 未分類 | コメント(0)

たとえ米兵が日本の少女を強姦しても、日本の大学にヘリが墜落しても一義的捜査権は米国にあり日本の警察が直ちに手を出してはいけなかったことからも言えるし、分かりやすい。つまり治外法権が認められているのだから日本は完全なる独立国でないというのも69年かわらぬ「事実」であるのだ。対米従属一辺倒の日本のメディアしか信じない日本人の大半はロシアを犯人だと疑い続けており、それがアメリカ主導の経済制裁の「理由」となっていたのである。 しかし どう考えても民間機を撃墜することがウクライナ(アメリカ傀儡)政権にとってもロシア軍にとっても何の益にもならないし、あえてお互いに国際世論を敵に回す理由などどこにもない。したがって当初から「誤爆」による何らかの「事故」であるけれどもこれを奇貨としてロシア悪人説を流すのだと正直に吐露していた「西側」のメディア関係者もいたぐらいであった。 その真実がついにに明らかになったのはつい最近のことである。











http://blog.livedoor.jp/shunzo480707/archives/4798523.html

影の総理=日米合同委員なんて糞喰らえ!!
2013111617291422eca
僕は陰謀論には、組しないというより組できないというのは、自分自身で見聞きし確かめたことでないと信じられないからであろう。

つまり疑り深く、想像発展の能力が著しく欠けていると自覚せざるとえない。

しかし

誰も言いたくないけれども信じたくない「事実」もある。その一つが「日米合同委員会」である。

これは内容が明かされることがない機密ではあるが、その日米の出席者が決めた「意思」はあらゆるものを超越した権威をもち、総理大臣であろうが、「憲法」であろうが、それに関与したりまして反対など絶対にできないものである。まさに戦前の「神聖にして侵すべからず」という不文律がこの国の根幹に存在しているのだ。

たとえば

実際に六本木のど真ん中にも米軍のヘリポートがあり、東京だけでなく日本の空を外国(アメリカ合衆国)の軍隊が自由に飛び回れることは周知の事実である。もとより事実上の制空権がアメリカにあるのだから旅客機といえども日本の上空を許可なく飛び回ることは禁じられているのは当然であろう。

そのことは

たとえ米兵が日本の少女を強姦しても、日本の大学にヘリが墜落しても一義的捜査権は米国にあり日本の警察が直ちに手を出してはいけなかったことからも言えるし、分かりやすい。つまり治外法権が認められているのだから日本は完全なる独立国でないというのも69年かわらぬ「事実」であるのだ。

かばかりか、

国内法や条例よりも国際法や条約、国際的な取り決めが優位にあるのは日米安保「条約」や日米地位「協定」をみても明らかであるが、その国の「憲法」をも超越できるというのは世界の独立国では珍しい。おそらく先進国では日本だけであろう。

かって起きた「砂川事件」で一審が「違憲」としたにもかかわらず最高裁が「日米安全保障条約のように高度な政治性をもつ条約については、一見してきわめて明白に違憲無効と認められない限り、その内容について違憲かどうかの法的判断を下すことはできない」としたものだから、それ以来、判例重視の日本の法曹会では「憲法も触れない」というのが長年の「常識」となってきたのである。

また

建前として総理大臣はすべての行政の権限を持ちかつ「軍」の最高司令官であるのにもかかわらす、「日米合同委員会」の意図も知らされず、たとえば鳩山由紀夫などは辺野古の問題で「国外移転」などといって総理を辞任させられたわけであり本人も「そうだったこと」を証言し認めている。

ことほど左様に

「日米合同委員会」はすべの上位に立ち、絶対的な権力を持ち、漫画などでよく散見する「影の総理」とは実は「彼ら」のことである。

しかし、だからといって

アメリカが「すべて」牛耳っているというのは間違いであって「対米従属」の姿勢を頑として変えたくないのはそのことで「神の声を」伝えることにできる日本側のメンバーであり、そのことで己の権益を高め逆らうものを退ける権限を持つのである。

具体的には

法務省のトップである事務次官のなかに、日米合同委員会の元メンバーが占める割合は、過去17人中12人。そのうち9人は、さらに次官より格上とされる検事総長になっており、言うまでもなく「それ」に逆らった政治家の政治生命を奪っているのである。東京地検と角栄、検察審査会と小沢など国家権力の恣意的行使のれいは枚挙にいとまないからこの構造も実に分かりやすいとおもわれる。

そこで

問題なのはアメリカが問題ではなくあくまで「対米従属」を堅持している日本の問題であるということだ。

しかも

政治家は積極的に従おうと(集団的自衛権「いのち」の安倍晋三とか)疑問を持とうと(国外移転を言い出した鳩山由紀夫とか)関係なくただ「日米合同委員会」の決定に従うしかないのである。

が、

これを覆せるのはやはり「政治家」でしかない。

そして

そういう政治家を醸成できるのはやはり「国民」でしかないのだ。


沖縄の「民意」が典型的保守政治家・翁長を辺野古基地反対に「追い込んだ」のであり、総選挙も争点は辺野古だけに絞って「民意」を貫いたのだ。いかに軍産複合体のつよいアメリカであっても「民意」を無視することはできないはずだ。

誤解しないでほしい。辺野古の是非を論じているのではない。

ただ、

日本を民主主義「国家」にしたい
                                 
                             、、、、、、、、、、、といっているだけである。

僕は陰謀論や左右のプロパガンダはきらいであるから、、、。

http://blog.livedoor.jp/shunzo480707/archives/4799618.html

都合の悪いことは言わない、、、お前は猿か!
9RIAN_02539275_HR_ru
前回に引く続き僕はしつこく根拠のない「陰謀論」には組しないと言い続けている。

そのことは

今年「偶然?」立て続けに起きたマレーシア旅客機の事故でも言える。僕は発生当時から何らかのアメリカの「意図」を感じ取ってはいたが、最初のディエゴガルシア説にもそれなりの根拠があったけれどあくまで「蓋然性」に留めておいた。しかし二回目のウクライナで起きた「事故」については事故発生「後」にプーチンに対する積年の恨みのためアメリカが意図的にロシア犯人説を「でっち上げている」ことを批判したが、「どちら」が結果的に民間機を撃墜することになったのかは「当時は」以前として判然としていなかったのである。

ところが

対米従属一辺倒の日本のメディアしか信じない日本人の大半はロシアを犯人だと疑い続けており、それがアメリカ主導の経済制裁の「理由」となっていたのである。

しかし

どう考えても民間機を撃墜することがウクライナ(アメリカ傀儡)政権にとってもロシア軍にとっても何の益にもならないし、あえてお互いに国際世論を敵に回す理由などどこにもない。したがって当初から「誤爆」による何らかの「事故」であるけれどもこれを奇貨としてロシア悪人説を流すのだと正直に吐露していた「西側」のメディア関係者もいたぐらいであった。

その真実がついにに明らかになったのはつい最近のことである。


コムソモーリスカヤ・プラヴダ紙の報道によると、その証言者は現在、ドネプロペトロフスク市アヴィアトルスコエ区に存在している人物であるということらしい。

彼の証言によれば、ウクライナ「政府?」軍機は当時定期的に、出撃し、爆撃を続けていたという。ゆえに襲撃機Su25のパイロッもドネツク、ルガンスクあたりを「通常業務」として爆撃し続けていたのだというのだ。

そして、

7月17日午後、マレー機撃墜事件のほぼ1時間前、その日も3機の襲撃機Su25が通常通り飛び立っていったが、そのうちの1機は空対空ミサイルを搭載していたという。そして、そのミサイル搭載機はしばらくして基地に戻ったが、戻ったときにミサイルは積まれてはいなかったというのである。

さらに、

証言者がいうには、当該襲撃機Su25のパイロットに直接聞きただしたところによると、その時のパイロットは非常に驚いた状態にあり、「、、、航空機はそれではなかった、、、、」と答えたという。

ということは、

証言者が、パイロットはマレー機を軍機と取り違えた可能性もあると指摘しているということに他ならない。


プラウダといえばソ連時代を連想して信憑性を疑う日本人もいると思うがコムソモーリスカヤ・プラヴダ紙はロシアのれっきとした新聞社であり共産プロパガンダのいわゆるかっての「プラウダ」とか「人民日報」とは異なる。

そうでなくても

なぜ日本のマスコミは○○紙はこう伝えたと「すら」報道しないのだろうか。

いつも「人民日報」や「労働新聞」ですら「こう伝えた」と伝えているに、かってロシア非難はアメリカのマスコミをそのまま伝えていたにもかかわらずなぜ最近になってぱったりマレーシア機に関して沈黙するようになったのであろうか。

都合の悪い「真実」をいくら覆い隠してもジャーナリストはそれをあきらかにして晒すことをなりわいとしているはずである。ただちにこのことを天下に顕すべきであろう。

もとより、

今やマスコミだけがジャーナルの機能を果たしているとは思えないが、認可事業でないことをいいことにネットでの根拠なき「陰謀論」の反乱はかえって御用マスコミの価値を高めていることは残念でならない。

取材しない、外報を読まない二次情報専門ブロガーこそが「実は」御用マスコミの応援団なのかもしれない。

| 未分類 | コメント(0)

(-。-;)b あべのおじいさまである岸信助は、ヤクザと関係があった人です… (ノ゚ο゚)ノ 警察官の数が足りないからと、安保反対のデモ隊抑圧のためにヤクザを雇いました… 日本の正体は、この公営ヤクザではないでしょうかね… 武士の時代、明治と引き継がれて、今日まで、そのまま続いている…鬼畜の牙城… 国家公務員!! 暴力支配の階級社会である反人権的なお役所が、なぜ「人権教育」をやっているのでしょう? もっとも似合わない、ふさわしくないお役所ではないでしょうかね? 刑務官も、法務省の管轄なんですが、これも軍隊や警察と同じ暴力支配の階級社会です。 ヤクザは、殴って「調教」しますが、そのDV体質は、まったく変わりません。  (`(エ)´) 「日本は虐殺などしていない」なんて言ってる人たちが、こんな発言を、ストーカーみたいに絡んでやっているようでは、日本無罪説の信憑性を問われることになりますね? (`Δ´) 実際、『はだしのゲン』の記述にある通り、当時の日本人は、狂っていたわけで、大陸で悪いことをしてなかったって言ったって、全然説得力ないですよ。 ( ̄∩ ̄# しかも、軍隊はヤクザに仕切らせて、ヤクザ流で殴って兵隊を調教しましたし… (▼ヘ▼;) 戦争犯罪をしていないって話の方が信憑性がない!! (ノ゚ο゚)ノ 実際、小野田少尉なんてフィリピンの現地人を、犬をけしかけられたからと言って撲殺… (-。-;)b 大陸の日本兵は中国人の娘をみつけては”身体検査”…











http://ameblo.jp/shyusui/entry-11965474905.html

人間を破壊する”法務省”というシステム
2014-12-16 23:06:09
テーマ:紙の爆弾

(-。-;)b あべのおじいさまである岸信助は、ヤクザと関係があった人です…

(ノ゚ο゚)ノ 警察官の数が足りないからと、安保反対のデモ隊抑圧のためにヤクザを雇いました…

(-。-;)b アメリカの大統領を警備するためだったと仰るのですがね…


∑(-x-;) ヤクザを…

(-з-) 総理大臣が…

( ̄^ ̄) 市民に対して…

(=`(∞)´=) 雇いますかね?…


(°Д°y-~  そうやって、さらにロッキードだグラマンだで、防衛利権で儲けていらしたとか?…

(-_-;) なんで大政治家みたいに言われてるのでしょうね~?



(ノ゚ο゚)ノ しかし、ヤクザを雇って違和感がないってところが、この国の恐ろしいところで…

( ̄^ ̄) 警察も、よくヤクザになぞらえられますが、階級制で、暴力支配という点で確かに同じです。

(◎`ε´◎ ) 自衛隊でも、よく”いじめ”(シゴキ、シオキ)があり、自殺者が出ています…

(  ゚ ▽ ゚ ;) 相撲取りの弟子が死んだら、「殺人」の疑いもあって親方逮捕ですが、国家公務員は特別扱いのようですね~

(=◇=;) なぜ???


検察官なんて、荒れた底辺校や、そこらのヤクザより常識がなくって、ほとんどプロの犯罪者…

たまに、マトモそうな人がいるかと思えば、多分でっちあげなのでしょう、”わいせつ”事件で依願退職って記事がでるのです…

ホント、怖い国ですね~、日本は…嫌中嫌韓のようなGがいても、全然違和感がないっす!!


日本の正体は、この公営ヤクザではないでしょうかね…

武士の時代、明治と引き継がれて、今日まで、そのまま続いている…鬼畜の牙城…

国家公務員!!


暴力支配の階級社会である反人権的なお役所が、なぜ「人権教育」をやっているのでしょう?

もっとも似合わない、ふさわしくないお役所ではないでしょうかね?


刑務官も、法務省の管轄なんですが、これも軍隊や警察と同じ暴力支配の階級社会です。

ヤクザは、殴って「調教」しますが、そのDV体質は、まったく変わりません。


(ノ゚ο゚)ノ だから、一度できた序列は一生変更されません…

(。・ε・。) 支配のために、下をいじめてますから、上下関係が変われば仕返しされます…

(`×´) そうでなくとも、部下だった者の「下」につくなど嫌だと思うらしい…

(-""-;) 組織ですから「上下関係」はあるにしても、屈辱を強いるDVは違法ではないでしょうか?


(`ε´) こういう荒れた底辺校より非常識な社会ですので、刑務官もまた離職率が高いそうです。

(-""-;) 40代、50代の下っ腹の異様に膨れたひねた中年オヤジやジジイばかり残って、ずいぶんといびつな年齢構成になってしまっているとのことです…


「示威的な上意下達」がまかり通っているうえに、熱心に見える刑務官募集も恰好だけ…

…とまあ、これは希望をもって就職したものの幻滅して離職した若者の弁…

反論もあるでしょう…しかし、どうなんでしょう…

組織の風通しは極端に悪く、非常識な「常識」がまかり通っている世界という指摘は、まんざら間違いではなさそうに思えるのですがね~

「法務省の刑務官募集なんて、表面だけです。

”努力次第で、矯正管区長の椅子も夢ではない”なんて言うのですが…

夜勤に回されて、二時間の勤務中は15分ごとに三回の舎棟の両端の電動式巡回ボタンを押しに行かねばならない。

夜勤明けで空腹なのに、朝飯も喰えない。官舎に帰って寝るのが精いっぱいですよ…」

だから…ここは日本だ…”うまくやる”んだよ…地獄の沙汰もなんとやら…( ̄∇ ̄+)


法務省矯正局の部長以上は、年収約700万という国会での答弁があったそうです。

彼らは、朝、出勤するとソファーに座り、女性職員が注いでくれたコーヒーを飲み、新聞や週刊誌を読むのが日課だった。

日本では、日本の国家公務員組織では、”窓際族”が”お偉いさん”なのです。


それとも支配者気取りなのですかね?…


しかも、刑務官の組織には”裏組織”というものがあり、下士官と兵隊のように、「支配する側」と「支配される側」の大きな二分があるという。

それは2006年8月に大阪拘置所で発覚した贈収賄事件で白日の下にさらされた…

もっとも、マスゴミはこういうことでは騒がないので、知らない人も多いのだろう…


未決、確定の死刑囚を初め、暴力団組長や政財界の大物クラスを収容する最重点看視舎房の二舎四階主任看守、当時37歳が、指定暴力団五代目山口組の直参組長から、乗用車や金品を便宜を図らった見返りとして受け取っていたとして、大阪府警に逮捕された。

その後も、同僚刑務官が次々と逮捕されて、取り調べを受けた…

┐( ̄ヘ ̄)┌まあ、これも主流派の”虎の尾”を踏んだ、ある派閥の粛清の可能性もあるんだけどね…

( ̄∇ ̄+) なんせ…日本ですから!…


懲罰を受けた主任看守は、元右翼の世話になり…、副看守長は行方知れず…

相当深い闇がある感じですね~


ヤクザ以上にヤクザらしい日本の国家公務員組織…

そこにこの組織の本質が現れているのかもしれませんね~

http://ameblo.jp/shyusui/entry-11965117456.html

収されないGたち…
2014-12-16 02:18:10
テーマ:紙の爆弾

やきそばにGが混入したとなると大騒ぎで回収するのに…

あべGみんは、なぜ”回収”ではなく、 ”選挙”だったのでしょう?…(T_T)


しかも…


このGみんを、わざわざ選ぶ人がいる…

人権もいらない…

自由もいらない…

平和も自衛隊もいらない…

…ってことですわな…


さらに「アベノミクス」なんて、「いうだけ」の「詐欺ノミクス」で成果がないのに支持するなんて…

景気回復も、財政再建もいらないという…日本を滅ぼしたい人々がいるということですね…


さらにノダ元総理に投票したウソツキ大好き国民もいるらしい。


ウソツキを選ぶということは、民主主義はいらない、自分たちは家畜でいいという意思表示…

どうぞ、その人たちの願いが、永久に叶えられるように、心からお祈り申し上げます…


これからは、やきそばも”回収”ではなく”選挙”にすれば?


つまり、店に並べて、客に選ばせればいい!…


圧倒的多数でG入り焼きそばを国民は選択して、おいしくめしあがっていただけるでしょう…


カサコソカサコソ…きょうも閣議で悪法づくりのゴキブリ内閣…

あべもゴキブリなら、支持者もゴキブリ…


在特会のゴキブリ日本人と、あべの主張は、瓜二つですから…

日本国民は、在特会と同じ考えを持つゴキブリを総理大臣に選んだのです…


犬のウンチみたいなコメントをつけて、「尖閣守れ~」だの「ミンスが~」だのと吠える犬どもがネットにはいますがね…それと同類なのでしょうか… 「日本人」の身分と特権をふりかざす連中は…


『紙の爆弾』の記事より、編集してお届けいたします…



ある女性が妊娠の経過をツイッターで友人に報告していた時のこと、

見知らぬ相手から突然のメンションが飛んできた…


「チョンがガキ産んでウジャウジャ繁殖してんじゃねえよ。腹の中のガキ道連れにして死ねよ」


女性は在日朝鮮人で30代。ショックで一時入院を余儀なくされた(妊婦だよ…)

彼女は、当時の心境を語る…


「この子はこんな汚い世界に生まれなきゃならないのかしらと考えてしまい、とても苦しい思いを味わいました。無事生まれたものの、いまでもときどき、記憶がよみがえってきてしまいます」


また別の30代女性、朝鮮学校出身であることを明記し、アイコンには自分の顔写真を使っていた…

(-""-;) これはちょっと無防備すぎるけどね…


日本の政策や差別事件についてつぶやくと、やはり見知らぬアカウントから…

「文句を言うなら、日本が嫌いなら祖国へ帰れ」

「朝鮮人が日本に意見するな」

「朝鮮人がなぜ差別されるのか考えてみろ。犯罪者が多いからだ」

 


( ̄Д ̄;; そーゆーゴキブリ日本兵の子孫だから、在特会みたいなのが生まれて繁殖してんだろ?


(=`(∞)´=) 戦争犯罪人を、もっと徹底して殺しておくべきだったのでしょうかね?


彼女はいまでは、アイコンもアカウント名も変えたが、誰かが以前の彼女のアカウント名で性的なツイートを自動で流しているという。顔写真のコラ写真まで使って…

( ̄∩ ̄# まさに日本人らしい卑劣な行動ですな~


(-∇-;) さて、もっと続きがあるんですがね…

ちゃんと議論しなきゃいけない部分もあり、またマスコミなどは事実の一端しか伝えず、肝心なことを伝えません。

双方の誤解や反感を煽ってる感すらあるわけで…

何が問題なのかすら、よくわからない…


それに当ブログでも言ってきましたが…

人権を掲げて主張するとき、気をつけないと反感を買うだけなんです。

「権利」といえば、人は”所有権”のことだと思うからです。

人権の主張が、特権の主張に聞こえてしまう…


これは活動家の人権理解に問題があるからです。

在日朝鮮人に特権があり、日本を支配しているなどと信じ込むようなオツムの足りない人には、下手な人権の主張は誤解を与えるだけになります。

彼らは、人権の何たるかを知らないし、この国の支配構造もわかってはいないか、知らないふりをしているのですから。

「人権を守れ」ではなく「法を守れ」と言わねば伝わりません。

人権は”守るもの”ではなく、「法を守れ」といって”行使するもの”ですから。


人権というものは、相手との間に法を結ぶために行使するわけですから、こちらの主張を押し通して相手を黙らせるような態度ではいけません。むしろ、相手の主張を尊重しなければなりません…

人権とは、他者を尊重することですからね…


活動家が人権をある種の特権と考えているから、誤解が大きくなってしまう。


「人権派弁護士」なんてのは騒がれましたが、「人権ヤクザ」というのもありました…

「差別落書き」などみつけて、「人権侵害だ!どうしてくれる!」と相手を吊し上げる…

この行為こそが、「人権侵害」というか、暴力でしょうに放置されてきたのです。


人権を、正義としてふりかざし、相手を吊し上げたり、黙らせたりしてはいけません。

人権の法刀をふりかざして切るときは、暴力や大きな権力に対してです。


法を結ぶ相手を斬ってしまってはいけません。

女権運動は、「差別だ~」と言って男を斬ってますでしょ?

そういうのは”人権ファシズム”です。


嫌中嫌韓ゴキブリ繁殖の遠因に、”人権ファシズム”があるように思えます。


ついでに申せば、「人権問題」といえば、第一に裁判や警察のありかたが問われねばなりません。

しかし、法務省や文科省は、そこをタブーにして骨抜きで「人権教育」をやっております。


人権侵害の最右翼である法務省が、人権教育をやったり、人権センターなどを運営するとは…

ドロボーに現役のまま警備させるようなものでしょう。

人権侵害省がインチキ人権教育をやっていること自体が、”人権ファシズム”が発生する理由の大きなひとつではないかと思います。


ということで、もっとヘイトスピーチや議論を並べようかと思いましたが、先の話で止めておきます…

http://ameblo.jp/shyusui/entry-11966281864.html

”刑務官”という病気
2014-12-18 22:59:02
テーマ:紙の爆弾

「アホウ!何をサラしとんのじゃ、こら!」

勤務二日目で、いきなり、こんな具合に怒鳴られました…

「お前らは、お客さんではないんやぞ。ボケッとしやがって!」


ですから、まだ勤務し始めて二日目ですよ。本部で研修を受けていた最中ですよ…

研修中、突然、本部の非常ベルが鳴り響き、休憩中の職員らが「○○工場!」と叫んで全速力で駆けて行ったのです。わけのわからないまま先輩たちの後を追いました。

新しく着任したのは、私以外にもうひとり…しかし、ふたりが駆け付けたときにはケンカの規律違反をした被収容者の二人は、すでに取り押さえられていました。

それで、再び研修を受けようと踵を返そうとした瞬間、副看守長に怒鳴られたのです…


「ほんまに銭にならんやっちゃのう!


ええか?処遇という仕事は、頭で覚えるもんやのうて、体で覚えるもんや。


よう覚えとけ!このドあほうが!」


自衛隊にせよ、警察にせよ、甘いところではないですから、厳しいのはわかります…

しかし、こういうのは「厳しい」ではなく、「野蛮」なのではないですかね~?

それにしてもガラが悪い。

「厳しさ」を履き違えて焼いませんかね?


数字が何より物語っていると言います…

新任1年未満の刑務官の定着率はワースト1…法務省自体がダントツで悪いのです。

これは、組織に重大な欠陥があるとしか言えないのではないでしょうか?


法務省の前身は、内務省で、特高警察、憲兵を監督したところ…


定着率のみならず、不祥事も件数で法務省はダントツ。自殺も多いのだそうですよ…

施設によっては、5人中4人までもが半年以内に退官したこともあるそうです。


マスゴミなどは、「最近の若いのは、ひ弱で務まらない」と宣伝してますがね…


仕事に誇りが持てない、完全密閉の組織風土に嫌気がさしてという理由が大半のようです…


そりゃ、ヤクザの親分や政財界の大物に便宜を図る”裏組織”ができているくらいですからね~

先の新任早々怒鳴られた刑務官、秋口には退官届を出して12月下旬には制服を脱いだそうです。

袖を初めて通したときには、うれしさで鳥肌がたったほどだったのに…

「おう、お前、もうケツ割るんや。冬のボーナスをもらってか…


そりゃ、収容者からも税金ドロボー言われても、しゃあないわ…」


(-""-;) だいたい公務員というのは、身内には優しいもんですが、法務省は違うのですかね?

(ノ゚ο゚)ノ こういうときは、先輩の方から、いついつまでは努めて、ボーナスをきちんともらうんだよとアドバイスされるもんですけどね~


仕事の厳しさというより、組織や先輩のガラの悪さ、非常識さ、DVが原因での離職ですわね~


刑務官って、昔は岡っ引きでしょ?


こういう世界なのですな…この漫画では大塩平八郎が登場しておりますが…


日本の中に”北朝鮮”が、そのまんま存在しているんですね…

ところで、公務員は60歳で定年なのですが、検事総長は65歳、検事は63歳と別格…

( ̄_ ̄ i) …ってか、年寄りでもできる仕事なんだな、きっと…

(-。-;)b 証拠は捏造すりゃあいいし、裁判官とは、ツーカーだし…被告人は脅して黙らせばいいし…


ヾ( ̄0 ̄;ノ それが、この3月に国家公務員の再任精度が閣議決定されて、ただちに施行…

…と、思いきや、実はすでに02年から段階的に実施されていたんですな~、これが…


大阪矯正管区長というポストがありまして、これは総務課長か局付審議官に匹敵する高ポスト。

大阪矯正管区長の官舎は、なんと法務省ではなく、財務省所管という”特別待遇”…

そのポストのAが定年退職すると思っていたら、宮城刑務所長に天下ってきたのです…


驚いたのは、仙台管区長のT氏。自分より”格上”のお方が部下のポストに降りてきたのですから…

∑(-x-;) だいたい、こんなもの回されてきても使えね~じゃん!!!

ヾ( ̄0 ̄;ノ 年寄りでもできる検察が拾ってやりゃ~、いいじゃないか!!!


(-"。"-;) 刑務官、とくに処遇なんか夜勤があって変則だし、年寄りではからだがもたない…

(`ε´) 事務だったら、ベテランなら拾ってもいいってんだが…


( ̄へ  ̄ 凸 再任する方も、屈辱感があるそうで、それが妻とか家族にはわからない…

(▼ヘ▼;) 国民が思ってるほど、甘い…つか…マトモな職場じゃないんスよ…


(#`ε´#) それでま~結局、遊んでいてもらうことになったそうで…

8時20分に官舎から出勤、特権の執務机に座って。まずお茶を飲む…

それから、壁にかかった掲示板で、一日の予定を確認する…そして、朝礼。


夜勤明けの職員に「ご苦労さん」といい、それから新聞を広げる…

最初こそ出廷する被告人を連行して裁判所に出向いたが、程なく担当看守部長にお任せ。

次長格の副看守長いわく…

「お茶飲んで、新聞読んで、昼飯食って、敷地内一巡して、本給38万7千円なり!」

(´0ノ`*) やってらんね~って言ってやした…


再任用でも、期末勤勉手当は2.1か月分出るとすれば、60歳で年収546万円!!

所長のときの半額とはいえ…


(  ̄っ ̄) モノのリサイクルでも、資源は2~3倍余分に浪費することになるのだが…

( ̄^ ̄)b 人事でも同じではないのかな?…

(`(エ)´)ノ_彡再任制度で人材の活用どころか、浪費と非効率を生んでいる!

( ̄∩ ̄# ったく、どうでもいいこと、やってはいけないことばかり、熱心にやるあべ政権だよ…


せっかく無罪で助けた貢をお上はでっち上げでキリシタンに仕立て上げ極刑…

大塩平八郎の目を覚ました…

その執念は、いずれ爆発することになる…



守るべきものを破壊し…


破壊すべきものを犠牲を払ってでも守り続ける…



それが昔から…「御公儀」とか「国家」の習性、本性のようですね…

| 未分類 | コメント(0)

日本刀の闇 百人斬り事件

http://d.hatena.ne.jp/claw/20041002

2004-10-02 南京大虐殺と「百人斬り(の真相)」 まとめページ 
claw2004-10-02

↑クロウです。

この「お下品」で「こんじょーわる」なブログにようこソ。

「萌える反戦運動」と称しておきながら、まいにちまいにち殺伐とした文章ばかり書いている代表者・九郎政宗にかわって、今日はわたしがご案内いたしマす。

なお「クロウ」というのは本名ではなく、リバーベンドお姉さん(http://www.geocities.jp/riverbendblog/)と同様の、ハンドルネームとしてご理解くだサい。


ところで、本サイト『CLick for Anti War』では、2004年9月末から、本宮ひろ志せんせいの漫画『国が燃える』、それに週刊ヤングジャンプ編集部(集英社)を支持する立場でキャンペーンを開始していマす。

▼【提案】本宮ひろ志『国が燃える』に「グッジョブ!」を

http://d.hatena.ne.jp/claw/00010110

※事態の経過や各種リンクも豊富にそろえております。


でもまー、もうすでに70年ほども前のできごとですから、「えーでもボク歴史とかのことはよく知らないしー」というヒトも多いですヨね。

日本の政府も、文部省(当時)も、さらに最高裁判所も、「南京虐殺」があったことはとっくに↓認めているというのに・・・

▼外務省は南京事件での虐殺の存在を認めている。

※外務省で「南京事件」を検索すると・・・

http://www2.mofa.go.jp/

※たとえば「外務省報道官会見記録」平成11年5月14日より

>また、いわゆる南京事件については、その事実関係をめぐり種々の議論が存在していることは承知しているが、日本軍の南京入城後、非戦闘員の殺害あるいは略奪行為等があったことは否定できない事実であると考えている。いずれにせよ、過去の一時期植民地支配と侵略により多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、戦争は二度と繰り返さず平和国家としての道を歩んで行く決意であることは従来より繰り返し申し上げている通りである。


▼在中国日本国大使館の南京大虐殺に関する見解 

http://www.cn.emb-japan.go.jp/jp/jinfor6.html

>(イ)日本政府は、いわゆる「南京事件」に関しては、その事実関係を巡り種々の議論が存在していることは承知しているが、1937年の日本軍の南京入城後、非戦闘員の殺害あるいは略奪行為があったことは否定できない事実であると考えている。


▼磁石と重石の発見  

http://d.hatena.ne.jp/dokusha/20041003

・・・いまだに「なかった!」と言い張る人がいて、またそれを信じこんじゃう人がいるのも、つまりは「基本的な情報に触れる機会が不足している」からでしょウね。

ちなみに、サイト管理人・九郎政宗の祖父は、1937年当時、京都第16師団の兵士として南京攻略に参加していまス。戦争を知らない子供たちが、小林よしのりを真にうけて、「南京大虐殺は中国の捏造」などと言うのを聞くたび、九郎政宗は失笑を禁じえないようでス。

現実の戦争はマンガとは違いまス。虐殺も強姦も、それどころか略奪も拉致も監禁も虐待も被災死も餓死も発生するのが戦争デす。南京においても同じことが起こった・・・ということでス。ただ、年の若い人たちは、なかなかそういう現実を知る機会がないかも知れませン。


そんじゃあ、若い人が南京事件についての「基本的な情報に触れる機会」を作っちゃいまシょう!

ということで今日は、ネット上で利用できる、「南京大虐殺」や「百人斬り事件(の真相)」の基礎資料をご紹介したいとおもいマすー。

「このページも紹介してよ」というご意見があれば、コメント欄に書き込んでいってくださイね。

では、はじめマす。
■「南京大虐殺なかったで厨」を百人斬りするQ&AAdd Star


 まずは南京大虐殺に関する記録や史料についテ。「えー、南京大虐殺はなかったんじゃないのう?」というヒトたちは、下のサイトで示された文献をちゃんとチェックしてからにしたほうがいいと思いマす。内容は濃いけど、文章はやさしいので、「はじめてでも安心」デすよう?

▼『半月城通信』 http://www.han.org/a/half-moon/

南京事件60周年(1)、犠牲者数

http://www.han.org/a/half-moon/hm043.html#No.287

>家永教科書裁判を支援する目的で1984年に発足した南京事件調査委員会に参加して、南京事件の研究に取り組むようになってから13年になる。

>日本ではこれまで南京事件の事実を否定ないし過小に見ようとする主張が、政治的意図をもって展開されたため、南京大虐殺論争がセンセーショナルな様相を呈した結果、歴史学の分野では、このテーマを研究することを敬遠する傾向にあった。そのため、南京事件を歴史研究のテーマにして、歴史学的に論ずる作業が十分なされてこなかった。

>近年になって、わたしが証言に立った家永教科書裁判第3次控訴審では、南京事件記述にたいする文部省検定を違法とする判決が出され(93年10月)、文部省が最高裁に抗告しなかったため、さきの最高裁判決で国側の敗訴が確定した。現在では、高校の日本史教科書と中学校教科書のほとんどに南京事件が記述されるようになっている。

笠原十九司著『南京事件』(岩波新書,1997)

南京虐殺60周年(2)、ラーベの日記(1)

http://www.han.org/a/half-moon/hm043.html#No.288

南京虐殺60周年(3)、ラーベの日記(2)

http://www.han.org/a/half-moon/hm043.html#No.289

南京虐殺60周年(4)、米国の論調

http://www.han.org/a/half-moon/hm043.html#No.290

南京虐殺60周年(5)、捕虜の処置

http://www.han.org/a/half-moon/hm044.html#No.291

南京虐殺60周年(6)、中国の主張

http://www.han.org/a/half-moon/hm044.html#No.292

南京虐殺60周年(7)、南京レイプと慰安所

http://www.han.org/a/half-moon/hm044.html#No.293

南京虐殺60周年(8)、虐殺の背景

http://www.han.org/a/half-moon/hm046.html#No.303

南京虐殺(9)、「ニセ写真」

http://www.han.org/a/half-moon/hm067.html#No.440

南京虐殺(10)、死体の行方

http://www.han.org/a/half-moon/hm067.html#No.441

南京虐殺(11)、黒客事件

http://www.han.org/a/half-moon/hm067.html#No.442

・・・「在日韓国人としてさわやかに生きたい」というスタンスから、ネットで発言された内容を整理して収録しテおられるサイトです。

基本的には朝鮮・韓国の歴史や日本との関係についてのサイトなのですが、南京大虐殺のおはなしもありまス。冷静な論調、大量の文献資料の提示、どこをとってもスばらしいですよ?

・・・たとえば中国の示す「犠牲者30万人」という数字にしても、そういう主張があるということは知っていても、いったいどういう文献で、どういう論拠からそう主張されているかは知らないひとが多いデすよね。でも、このヒトはそういうのをちくいちチェックして、議論の流れを検証していくのデす。(ご本人は研究者ではないようなので、犠牲者数に関しては断定は避けておられマす。)


・・・インターネットで、うンざりするほどよく見かける「南京大虐殺なんて無かったんでしょ?だって***なんておかしいじゃん」というご意見。

じつは、この「***」の部分に入る「素朴な疑問」というのは、とうの昔に明らかになっていることがほとんどデす。

「素朴な疑問」を連発して、ほかのみなさんを困らせないように、まずここを読みましょウね。

▼アンチ『ゴー宣・戦争論』FAQ @日の出講芸

http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/anti_faq.html

同、参考資料 南京大虐殺事件 (被害者推計、日本側・中国側の記録、第三国の報道など)

http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/antigo.html


▼南京事件 小さな資料集

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/

「犠牲者数」は?日本人は「南京事件」をどう見たか?捕虜の試し斬りはあった?マギー証言やスマイス報告をめぐる議論は?民間人殺害命令はあったのか?城外と農村部の住民被害はどうなってる?日本軍の暴行記録は「49人」か?またその中身は?「通州事件」が発生した事情は?等々。           

(以下のサイトは、けっこうよかったんですけど、今は再建中です。)

▼南京事件FAQ

http://www5.tok2.com/home/JOHNVOID/nankin_faq.html

「日本軍が30万人も殺せるはずがない」「虐殺があったら市民は南京に戻らないはず」「民間人には証明書を出していた」「そんなに一度に殺せるわけがない」「南京事件を報道したメディアがないのはおかしい」「日本人の記者が虐殺を見てなかったのはおかしい」「そんなに殺したのなら、死体はどこへいったのか。おかしい」等々。

(内容を見たければ、グーグルキャッシュでどうぞ。おおよその内容は以下のとおり)

http://d.hatena.ne.jp/claw/20060121#p1


・・・「本宮は捏造写真であると証明された写真を資料にして、しかも書き直して漫画に使った」というヒトがいマすね。

その写真が「捏造であった」という根拠はなんでしょウか?まずは以下のサイトをご覧くだサい~。

▼問答有用掲示板

http://bbs2.otd.co.jp/mondou/bbs_plain?base=30102&range=1

※『国が燃える』で「捏造」呼ばわりされた写真の鑑定投稿。比較対照用の写真つき。

この鑑定では、別の写真をもとに「これはマフラー等を首にまいた日本軍兵士であろう」という説です。


▼the掲示板

※ 「これはマフラー等を首にまいた日本軍兵士であろう」という説その2。比較対照用の写真つき。

http://pic4.ten.thebbs.jp/1089644978/x1341


▼笑い顔の謎 @『南京事件の真実』

http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/ryojoku.htm

※この鑑定では、以下の資料を参考しつつ、「女性の服を奪った日本兵であろう」という説です。

>南京での敵の蛮行目撃記   筆者不詳      『漢口大公報』1938年2月7日付  

>(捕らえられた)二日目の早朝、私はまた洗面用の水をはこばされたが、敵兵の一人が水を裏庭に運ばせ、また室内に運ばせた。よくのみ込めないと、彼は蹴ったり殴ったりしてわからせた。私は室内に運ぶしかしようがなかった。部屋に入るやいなや、二人の女の同胞が一枚の毛布に体を隠し、凶悪そのものの顔つきをした二人の「皇軍」将校が、それぞれの女の服を来、向き合って獰猛に笑っているのが見えた。私は素早く水桶を放し、頭をふらつかせながら出ていった。

・・・ということであれば、本宮せんせいの漫画が、あの写真を参考資料に使うことはまったく問題がありませんし、「軍服を描きなおした」ことに関しても、それは「事態をより正確に説明するための情報の再構成を行った」ということにすぎないわけデす。どんな服を着ていようが「中のヒト」は同じなのですから、「中のヒト」の属性を明示する服装をさせたほうが、読者に対しては親切というものデす。


 なお、写真という資料のあつかいについては、次のようなことに注意しなければなりませんデしょう。

▼歴史家はなぜ、写真を歴史資料とはしないのか@『南京事件の真実』

http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/zanshu_hen.htm

>1.写真はその場で起こった事象のうち、空間的、時間的にほんの一部分を切り取ったものであり、かならずしも事件全体を表現しているわけではない(記録空間、時間の限定性)。例えば安全区で日本兵が子どもらにお菓子を配っているのを日本人カメラマンが撮影する間、別の日本兵は女性を強姦していたが、日本の記者はそちらの方は一枚も取らなかった事例をマッカラムは報告している。

>2.写真はその映像の中に現れている人物、物体、事象が誰であり、何であるかについて確定的な情報を常に与えているわけではない(対象指示能力の欠如)。写真に現れているものが何であるかという、対象指示能力については文献資料の方が優れている。

>3.写真映像は誰が見ても一定の見方、読みとり方しか出来ない場合もあるが、多くはもっと多様な解釈を許している(写真の多義性)。それに対する判断は彼らがすでに得ている知識・経験によって少しずつ異なる。

>したがって、写真単独が持つ歴史資料としての資料価値は決して高くない。写真資料は資料の由来を示す文献に裏打ちされて始めて写真内容の解釈が可能となる。さらに他の文献資料および包括的な歴史像と対照させてはじめて正しい解釈が可能になることは他の文献的資料と同じである。にも関わらず、一般人は写真の訴えかける力のために単独で決定的な証拠になりうると考えている人が多い。

・・・こうなると、日本軍による捕虜殺害や強姦の写真については「捏造」と言いきる人たちが、当時の新聞が報じる「平和を取り戻した南京」の写真を疑いもなく受け入れるのは、ちょっとフシギです。


■「百人斬り」事件・・・「実は二百人斬ってました」?!Add Star


・・・「『国が燃える』は、あたかも「百人斬り」があったかのように描いているからけしからん!」というヒトがいマす。

http://yanagi774.easter.ne.jp/ronsetu/shuuei640929.html

>現在、でっち上げの「百人斬り」で処刑されたご遺族が名誉回復を掛けて毎日新聞、朝日新聞を相手取り裁判を闘っている最中である。

これもヘンな話デす。

『国が燃える』では「百人斬り」などという言葉は出てきていませんし、実在の人物を思わせる人名も登場しマせん。

「便衣兵への見せしめ処刑」という名目で、捕縛された中国人の殺害が競争のように行われていた描写があるばかりデす。

この人たち↑は、漫画の内容をむりやり実在の人々に関連づけようとしてませンか。そのほうがむしろ故人の名誉毀損にあたる気もしマす。

ちなみに、実際に行われている裁判は、新聞報道による「名誉毀損」があったかどうかを問うもので、「百人斬り」の事実認定を問うものではありまセん。

ありませんけドも、「百人斬り」に関するいろんな新資料が、こんな風に出てきたりしていマすよ~。

▼事実.com http://web.sfc.keio.ac.jp/~gaou/jijitu/


・この裁判はどういう裁判なのか

http://web.sfc.keio.ac.jp/~gaou/jijitu/abst.html

・裁判で示された新資料:本人が自認していた話を報道して「名誉毀損」が成り立つか

http://web.sfc.keio.ac.jp/~gaou/jijitu/sato_shogen.html

・裁判で示された新資料:本人の手紙

http://bbs2.otd.co.jp/mondou/bbs_plain?base=27727&range=1

南京入城まで百五斬つたですが、その後目茶苦茶に斬りまくつて二百五十三人叩き斬つたです、おかげでさすがの波平も無茶苦茶です、百や二百はめんどうだから千人斬りをやらうと相手の向井部隊長と約束したです、

戦友の六車部隊長が百人斬りの歌をつくつてくれました・・・(中略)・・・まだ極楽や靖國神社にもゆけず、二百五十三人も斬つたからぼつぼつ地獄落ちでせう

・当時の部下による手記

http://andesfolklore.hp.infoseek.co.jp/intisol/hyakunin2.htm

>このあたりから野田、向井両少尉の百人斬りが始るのである。野田少尉は見習士官として第11中隊に赴任し我々の教官であった。少尉に任官し大隊副官として、行軍中は馬にまたがり、配下中隊の命令伝達に奔走していた。

この人が百人斬りの勇士とさわがれ、内地の新聞、ラジオニュースで賞賛され一躍有名になった人である。

「おい望月あこ(※2)にいる支那人をつれてこい」命令のままに支那人をひっぱって来た。助けてくれと哀願するが、やがてあきらめて前に座る。少尉の振り上げた軍刀を背にしてふり返り、憎しみ丸だしの笑ひをこめて、軍刀をにらみつける。

一刀のもとに首がとんで胴体が、がっくりと前に倒れる。首からふき出した血の勢で小石がころころと動いている。目をそむけたい気持も、少尉の手前じっとこらえる。

>戦友の死を目の前で見、幾多の屍を越えてきた私ではあったが、抵抗なき農民を何んの理由もなく血祭にあげる行為はどうしても納得出来なかった。

>その行為は、支那人を見つければ、向井少尉とうばい合ひする程、エスカレートしてきた。

>両少尉は涙を流して助けを求める農民を無残にも切り捨てた。支那兵を戦闘中たたき斬ったのならいざ知らず。この行為を連隊長も大隊長も知っていた筈である。にもかかわらずこれを黙認した。そしてこの百人斬りは続行されたのである。

この残虐行為を何故、英雄と評価し宣伝したのであらうか。マスコミは最前線にいながら、支那兵と支那農民をぼかして報道したものであり、報道部の検閲を通過して国内に報道されたものであるところに意義がある。

・・・さて、この裁判の一審判決は以下のとおりデす。

▼「百人斬り」報道、旧軍少尉遺族の損賠請求を棄却 (@読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050823-00000004-yom-soci

>1937年に旧日本軍が中国の南京へ侵攻した際、2人の少尉が中国兵を競って切り倒す「百人斬(ぎ)り競争」を行ったとする記事で名誉を傷付けられたとして、少尉の遺族が毎日新聞社(当時の東京日日新聞)、朝日新聞社、柏書房の3社と、本多勝一・元朝日新聞編集委員に計3600万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。

>土肥章大裁判長は「真偽について見解が分かれ、歴史的事実としての評価は定まっておらず、明白な虚偽とは認められない」と述べ、請求を棄却した。原告は控訴する方針。

・・・

>判決は、初めて百人斬りを報道した東京日日新聞の記事について、<1>2人が記者に話したことが契機となった<2>1人は報道後、百人斬りを認める発言をしたことがうかがわれる――などの点から、「虚偽、誇張が含まれている可能性が全くないとはいえないが、記者の創作とまで認めるのは困難」と判断した。


▼元将校遺族の請求を棄却 「百人斬り」訴訟で東京地裁 (@朝日新聞)

http://www.asahi.com/national/update/0823/TKY200508230181.html

>原告側の「死者への敬愛追慕の情を侵害した」との主張について、判決は「表現行為が違法となるのは『一見して明白に虚偽』である場合」との基準を示したうえで、記事は「両少尉が記者に百人斬り競争の話をしたことがきっかけで掲載された」などと認定。「本多氏が論拠とした関係者の著述なども一概に虚偽とは言えない」などとして、書籍の記述が「一見して明白に虚偽だとはいえない」と判断した。

>原告側の「死者や遺族の名誉を棄損した」との主張についても、「死亡によって名誉などの人格権は消滅する」「記述は遺族の生活状況などについて言及していない」などとして退けた。

>〈原告側代理人の話〉 明白に虚偽だとの証明を原告に求める不当な判決。控訴して争いたい。

>〈朝日新聞社広報部の話〉 当社の主張を認めた判決と受け止めています。




それにしても、ネットの上でたまたま見かけたページ(たとえば↓コレ)を信じ込んで・・・

▼『国が燃える』捏造事件?

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/page044.html

・・・「南京大虐殺なんか中国の捏造だ!」とかゆー人もいタりします。


実際に資料の原典にあたったわけでもなく、当事者の話を聞いたわけでもなイのに、

どうしてそんなに自信満々なんでしょうか・・・?


せめて、ネット上に存在する基本的な資料には、最初に目を通すようにしましょウよ。

そうすれば、

「ああ、グースさんのサイトが『百人斬り裁判』の資料↓を引用してないのは・・・

http://web.sfc.keio.ac.jp/~gaou/jijitu/sato_shogen.html

http://bbs2.otd.co.jp/mondou/bbs_plain?base=27727&range=1

・・・『民間人殺害の事実があった』『本人も人を斬ったことを自慢してた』ということを、必死で隠しているんだなあ」と、

すぐにわかっちゃうワけです。


・・・すべての歴史資料には、人間が記録したものである以上、欠落や誤謬や矛盾が含まれています。だからこそ、複数の資料をつきあわせて、事象の全体像を構成しなければなりまセん。

 この機会に、グースさんのページを練習台にして、「『虐殺なかった派』のみなさんが何を隠そうとしているのか」をチェックしてみてはいかがでしョうか?


▼あるインタビュー

>(南京大虐殺について)最近の新聞などで議論されているのを見ますと、なんだか人数のことが問題になっているような気がします。辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません。私が戦地で強いショックを受けたのは、ある青年将校から「新兵教育には、生きている捕虜を目標にして銃剣術の練習をするのがいちばんよい。それで根性ができる」という話を聞いた時でした。それ以来、陸軍士官学校で受けた教育とは一体何だったのかという懐疑に駆られました。

>また、南京の総司令部では、満州にいた日本の部隊の実写映画を見ました。それには、広い野原に中国人の捕虜が、たぶん杭にくくりつけられており、また、そこに毒ガスが放射されたり、毒ガス弾が発射されたりしていました。ほんとうに目を覆いたくなる場面でした。これごそ虐殺以外の何ものでもないでしょう。

>しかし、日本軍が昔からこんなだったのではありません。北京駐屯の岡村寧次大将(陸士十六期・東京出身)などは、その前から軍紀、軍律の乱れを心配され、四悪(強姦、略奪、放火、殺人)厳禁ということを言われていました。私も北京に行って、直接聞いたことがあります。

・・・三笠宮崇仁(聞き手 中野邦観・読売新聞調査研究本部主任研究員) 


▼以上、『日本人の著作に見る「南京事件」』↓より。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/nihonjin.html

・・・



(以下、適宜情報を追加していきます。)


■一兵卒の見た南京事件:軍事郵便と祖父の記憶Add Star

・・・九郎政宗からのお勧めはこちらデす。

▼小池善之『南京大虐殺と軍事郵便』

http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/asaba.htm

※静岡県磐田郡浅羽町に残されていた軍事郵便。第三師団第二陸上輸卒隊に所属していた人が残した手紙。

1937(昭和12年)、天津にて。

>[今いるところは天津であるが、毎日天津より南西の二十里位の所の列車警備に行くのですが、実弾がビューと音立てて走って来るのですこぶる気持ちが悪いよ。(中略)天津でも毎日毎日便衣隊が我々の手に捕われるのですが、道路上で皆銃殺してしまいます。幾日も幾日も置いて紫色にくさった様を見て、初めは食事もとれませんでした。しかし今は何とも思いません。故郷の方でも相当騒いだことでしょう。天津の戦いは、大きな建物は我が空軍の為に全部破壊されまして見るも哀れな姿です。今いるところは金坊という会社である。此の会社でもやられて非常なる損害を受けたそうです。]・

>[このころは毎日、保定永定河近くに自動車にて残兵狩に出ています。今いる自分等のところから近いので、自分等の夜も安心するように毎日出ていくのです。毎日五人や十人くらい殺して帰ります。中には良人も殺しますが、何分気が立っているので、いる者は皆殺しす。哀れな者さ、支那人なんて全く虫だね。]

同年、第十軍(柳川兵団)に転属し、天津から中支へ。杭州湾から上陸し南京に向かう。

>[自分等のいるところは此の城外である。城外でも揚子江の沿岸で中国銀行。家は五階であるが、三階までは焼けている。自分等のいる隊は乙兵站部で、隊長は青木少佐であって良い人です。兵站部は食糧等の分配をして各部隊にやるところである。揚子江を船で来る全全部の荷物が自分等の所に来るのです。沢山な荷物を五十人足で歩哨に立つのでなかなか苦労は多いよ。去年の三十一日まで支那兵の捕まえたのを、毎日揚子江で二百人ずつ殺したよ。川に、手を縛って落としておいて、上から銃で撃ったり刀で首を切ったりして殺すが、亡国の民は実に哀れだね。まるで鶏でも殺すような気がするよ。十二月二十七日の夜は、兵站部に食糧を盗みにきたので七人捕まえて銃剣で突き殺したが面白いものだったよ。全く内地にては見られない惨状だよ。](1938年1月の年賀状)

(九郎政宗註:太字で示した殺害方法は、祖父に聞いた話と酷似している。私の祖父の場合、「捕虜」を数珠つながりに縛って川に放り込んだという。彼らは放置しておいても溺死するのだが、死に切れない者には銃弾が打ち込まれ、浮かんできた者には刀で斬りつけた。また、暴れださないように手足を針金で縛ったこともあったという。上記の手紙の事例といい、こういう方法が当時は一般的だったということなのか。)


・・・ついで、日本軍占領後の南京の状況。

>[平和になった南京市には南京市民が続々と帰ってくるよ。来てもだね、夜が来ても寝るところも無し。此の寒さにふるえて死んでいく者も一日に何百人ですよ。哀れな支那人ですね。]・

>[俺達の居る南京地方は、此の頃は暖かになりました。一週間前は雪が降っていたが、此の頃は毎日春だよ。襦袢一枚で毎日暮らしているよ。もう支那兵の死人が暖かになって腐るので、悪臭が鼻を切るように匂ってくるよ。全く戦地だね。揚子江の隅には死人の山で□の如くだよ。一寸内地の人が見たら驚くね。腐ってどろどろになって居るよ。]・

※詳細については、「南京事件を追う」(『静岡県近代史研究』第24号、1998年)、あるいは『浅羽町史』通史編(2000年3月刊行予定)。

※以上のコンテンツは『田村貞雄のページ』http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/index.htmより。

| 未分類 | コメント(0)

400戦不敗の伝説 再び クロングレイシーMMAというかVTデビュー!2

| 未分類 | コメント(0)

400戦不敗の伝説 再び クロングレイシーMMAというかVTデビュー!




| 未分類 | コメント(0)

祝!キューバ アメリカ国交回復! おめでとう カストロ! それとは裏腹に日本で小児がん:治療歴登録制(機密漏洩が懲役2年のがん登録法)の恐怖政治がスタート!

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/b2e24cf0ca450ecde32e1d693d4f98d8

オバマ大統領の「チェンジ」コペルニクス的政策転換が始まった

『半世紀ぶりの正常化、米キューバ国交回復』

アメリカ政府は12月17日、キューバとの国交正常化を発表。オバマ大統領はテレビで演説して、『この50年以上で最も重要な変革として、我々は国益を促進できなかった時代遅れの手法を終わらせる。代わりに、両国の国交正常化交渉を開始する』と述べる。
マスコミ発表する前日の16日、オバマ大統領はキューバのラウル・カストロ国家評議会議長と約1時間電話で会談した。(1961年の国交断絶後、両国首脳が正式対話したのは初めて)
来月、国務省の代表団がキューバを訪問して国交正常化交渉を始め、できるだけ早く、数か月以内にも双方が大使館を設置し、外交関係を再開する方針。
オバマ大統領はケリー国務長官に「テロ支援国家」解除を指示。外交関係回復に関するキューバ指導部との交渉を即時開始するよう命じた。
米国はキューバとの貿易関係拡大や両国高官の相互訪問だけでは無くオバマ大統領自身のキューバに行くことも示唆した。

『新聞号外が出るほどの驚愕的な大ニュース』

中間選挙で大敗したオバマによる苦し紛れの、地球も凍るオヤジギャグ 『急場しのぎ』だったとの説も有るが、これは大きな間違いであろう。
もしも、昨日東京とピョンヤンで同時に、安倍晋三と金正日の国家のトップ同士が、日朝国交樹立をテレビ演説で発表したら、と想像して下さい。
これはもう、大騒ぎどころの話ではない。世の中が大きく変化します。
キューバのカストロ国家評議会議長もオバマ大統領と同時にテレビ演説し『オバマ大統領との電話会談などで問題解決に向けて前に進むことができた』と歓迎した。
長年にわたり対立している米国とキューバの国家元首のオバマとカストロの初めての接触は1年前の12月10日南アフリカ・ヨハネスブルクでのマンデラ元大統領の追悼式会場で、オバマ米大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長が握手する一幕があった 。(国交回復が発表されたのは17日だが以前から周到に準備していたと思われる)

『EU、ハマスをテロ組織リストから除外』

53年ぶりのアメリカとキューバの国交正常化が発表された17日には、欧州司法裁判所パレスチナのイスラーム原理主義組織ハマスを、テロ組織リストから除外したと、欧州司法裁判所が文書で発表する。
ハマスは2007年7月からは合法的な選挙で選べれたガザ地区政府でもある。(ハマスの軍事部門にはエゼディ・カッサム旅団がある)
EU諸国以外でも、ハマスをイスラエル、カナダ、アメリカ、日本がテロ組織として認定、EU内ではオーストラリアと英国ではハマスの軍事部門だけがテロ組織として認定。ヨルダン、エジプトも活動が禁止している。
今回のハマスとEU諸国との関係正常化ですが、EUとパレスチナとの全面国交正常化への第一歩であることは間違いないであろう。

『欧州とパレスチナの国交樹立(正常化)』

ハマスのテロ組織認定解除と同じ17日にはEU議会でもパレスチナの国家承認を決議している。
すでにスウェーデン政府は10月30日、パレスチナを正式に国家として承認。イギリス議会などEU各国ではハレスチナの正式承認の動きが相次いでいるのでEU諸国とパレスチナの国交正常化は目前に迫っている。
ガザの大虐殺に象徴されるようにイスラエルの病的な右傾化が顕著であり、アメリカやEUとしては今までの様なイスラエル全面支持では共倒れになる危険が有る。(EUによるハマスやパレスチナの承認は、自動的に欧米白人社会の恥部、最後の植民地主義の残滓であるイスラエル問題の解決をも意味している)

『9・11事件から始まった「対テロ戦争」の総決算が始まったのか』

米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が2001年の同時多発テロ以降、ブッシュ前政権下でテロ容疑者らに過酷な尋問を行っていた問題についての報告書を公表した。報告書は拷問が横行していたことを指摘し、その実態を明かしたうえで、CIAが主張してきた成果を否定している。
アメリカの民主主義が健在だったとの前向きな評価もあるが、中間選挙でオバマの民主党が大敗した影響で、上院委員会の構成が変わる来年には折角出来上がっていた報告書が握り潰されるとの予想で、大慌てで、一般公開されたのが真相らしい。
今回の公開ですが、全部では無くて『一部公開』だったのですね。(6000ページ中、10分の1以下のの500ページ分だけが公開される)
たぶん全部公開すると、アメリカ自体が崩壊するのですよ。
世界を舞台にしたCIAの拉致や拷問ですが、これは以前から全員が良く知っていたが、公式には認めない都市伝説(タブー)なのです。
オバマは調査することを公約して6年前に大統領に当選しているのに、公開を渋っていた。
ところが今回の選挙で共和党に敗れたので、『共和党のイメージをダウンさせる』との、なんとも政治的な判断で一部公開に踏み切ったようです。
『チェンジ』のスローガンで当選したオバマ大統領ですが、6年間は優柔不断で支持者の期待を裏切り続けていたが、最後の中間選挙の大敗で吹っ切れたのでしょうか。

『2年間も選挙が無い、モラトリアム状態のアメリカ大統領オバマの強気』


アメリカの議会選挙は2年ごとに、大統領選は4年ごとに行われ、2回に1回は双方が重なる仕組みである。
大統領選と重なると投票率が高くなり、民主党のオバマが初当選した2008年の61・6%、再選された2012年は58・2%だった。
ところが議会選挙だけの中間選挙では2010年が39・9%、2014年はもっと下がって3人のうち1人しか投票しない36・3%の低投票率で、何れも野党の共和党が勝利する。
(オバマの支持層とは女性の55%、ヒスパニックでは71%、黒人では91%なので、投票率が高ければオバマの民主党が勝ち、逆に2014年の中間選挙のように女性やヒスパニック、黒人層が棄権して投票率が低くなると共和党が勝つ)
議会の解散が無いアメリカでは2年後の2016年の大統領と議会の選挙までは、一切の国政選挙が無い。
11月4日の中間選挙の敗北で上下両院での小数与党が確定したオバマ大統領は、演説で、『大統領権限の行使』を明確に宣言していたのである。
(大統領の拒否権を覆すには上下両院の3分の2以上の賛成票がいるが、ハードルが極めて高くて議会は大統領の強権に対して非力である)
11月4日の中間選挙の結果、任期を2年残して議会与党が小数派になったのが、大統領のオバマはレームダックどころか、政策決定では選挙への影響を考慮することなくフリーハンドで大胆な判断が行える利点が有る。

『稀代の策士ニクソン以上のオバマ大統領の知略』

半世紀以上続いたアメリカのキューバ封鎖は、『人権問題』(アメリカ式の民主主義)を最大の根拠にしていたが、今回の国交正常化交渉では一切問題としないことがすでに決まっている。
今回のオバマ大統領ですが、1週間前の12月9日にCIAの拷問の暴露で先手を打って『世間をあっと驚かせて』、キューバとの国交回復の公式のマスコミ発表で予想される共和党強硬派の反対をあらかじめ封じたのです。(発表されたCIAの拷問は共和党のブッシュ政権下の対テロ戦争の一環として行われていた)
CIAは大統領直属の機関であるが、拉致や拷問と言う禍々しい犯罪行為の暴露で『肉を切らせて骨を切る』捨て身の作戦で共和党強硬派の反対を粉砕するという、アメリカ大統領として悪名高い、稀代の策士であるといわれているニクソン大統領以上の策略を駆使しているのである。
無敗神話の大日本帝国と同じで、世界帝国で唯一の超大国で有るアメリカにおいては『敗戦を認める』ことは絶対にありえない最大のタブーなのである。
その意味では今回『キューバ封鎖の半世紀の失敗』を素直に認めたオバマは、異色の大統領だった。(今回のキューバとの国交回復と1週間前のCIAの拷問の暴露は別々の出来事では無くて、一体構造であることは、ほぼ間違いない)

『最後に残った「冷戦の残滓」としてのキューバと北朝鮮』

半世紀以上続いたキューバ封鎖は第二次世界大戦の英雄(連合国欧州軍最高司令官)のアイゼンハワー大統領の残した最後っ屁の様な不思議な政策だった。(ケネディ政権初期に起きたキューバ武力侵攻もアイゼンハワー時代に立案されていたものが、次期政権時代に実行されたもの)
共和党大統領のアイゼンハワーは任期満了での退任演説さえ歴史に残るほどの大人物である。(今でも有名な軍産複合体を告発して、アメリカの軍事偏重と覇権主義を憂いていた)
共和党大統領の最後っ屁といえば民主党のクリントンが当選した後で、ブッシュ(父)は退任直前の最後の仕事として解決不能の宿題を残して(米軍のソマリア派兵を行って)、新しく成立する民主党政権(アメリカ政府)に大打撃を与えたが、同じことをアイゼンハワーも行った。
半世紀後の現在も続くキューバ封鎖である。
(キューバはアメリカの経済封鎖で数兆ドルの損害を出したと主張しているが、ナポレオンの大陸封鎖の失敗例が示すように、『経済封鎖』での損害は片一方だけでは無くて、原理的に必ず双方に損害が出る)
53年前の共和党アイゼンハワー大統領の残した解けない『アメリカの宿題』を、今回オバマ大統領が解決する意味は限りなく大きい。

『アメリカ政府の宿題がキューバなら、日本政府の宿題は北朝鮮』

『拉致問題だけで手に入れた摩訶不思議な第一次安倍政権』
安倍晋三ですが、第二次世界大戦のA級戦犯で満州三スケといわれた昭和の妖怪岸信介の孫という出自以外、そもそも到底首相の器ではない気の弱い口先男程度である。
普通ならこの程度の人物では、絶対に最高責任者(首相)などになれなかったが、偶然にも2002年の小泉訪朝以来の拉致問題フィーバーで人気が出た。
北朝鮮バッシングの嵐とバブル崩壊以後続く消費不況の閉鎖感から、日本国は極端な右傾化してしまう。
この右傾化する世情の流れに便乗して安倍晋三は、拉致問題一本で首相になったといっても過言ではない。
そもそも日本人拉致事件は30年前の歴史的事件(事実)であり小泉政権の前の森首相当時に北朝鮮当局と日本側が話し合い『シンガポールやオーストラリアなど第三国で偶然見つかる』との解決シナリオで、北朝鮮は面子を保ち日本側は全員無事帰国で実を取るとの合意(日朝で政治決着する)が既に出来ていた。
ところが田中真紀子外務大臣罷免で支持率急落の小泉純一朗が訪朝して、日朝首脳会談でのピョンヤン宣言(日朝国交回復)が結ばれる。
此処で金正一総書記は拉致問題を認めて謝罪しているが日本人拉致被害者で生きていたのは特務機関に勤務していたとか脱走米兵の妻とか、普通なら絶対に日本には帰国出来無い事情がある人だけだった。
大手を振って日本に帰国できる人は全員が死亡していたのですから、小泉の日朝会談で北朝鮮は謝罪して国家としての『面目』を失い、日本側が被害者の返還という『実』を失った。
日本側にとって、拉致問題は基本的に、被害者の人権が最大問題なのである。
それなら森首相や中山正輝拉致議連会長の目指した(拉致を曖昧にした)政治決着の方が正しかった。
何も相手に謝罪してもらうのが最大目的ではない。
もしも、小泉が政治的な理由で徒に謝罪を求めなかったら、今頃は何事もなく拉致被害者全員が無事帰国していて、日朝の国交も回復していた可能性が高い。

『マスコミ総動員の北朝鮮バッシングの深刻な後遺症に苦しむ日本』

2002年、稀代のトリックスター小泉純一郎の行った日朝首脳会談では国交正常化が決められている。
ところが国交回復(ピョンヤン宣言)どころが日本は北朝鮮への全面経済封鎖に走って、政治的に動きが取れない状態に陥った。
丸っきり冷戦時代のアイゼンハワー大統領の残した解けないアメリカの宿題『キューバ封鎖』の二の舞(二番煎じの愚行中の愚行)なのである。
12年続くマスコミ総ぐるみの北朝鮮バッシングの結果は恐ろしい。日本は病的に極限まで右傾化して最早末期症状。経済の疲弊も凄まじいことになる。
今年春には欧州での予備会談を始めていて、現在は北京の北朝鮮大使館内での日朝両国の協議が開始されているのですが、何か様子が変である。
この『逝きし世の面影』ブログに掲載した写真に有るように、『笑う金親子の巨大な肖像画』の下で、日朝の高級官僚による実務協議が行われているのである。

(外交交渉ではサッカーの試合以上にホームとアウェーの違いがあり、今回の様な北京の北朝鮮大使館内では日本側が圧倒的に不利)
この『日朝協議』ですが、日本国内での報道では安倍晋三首相が主導しているかに報じているが、今回の半世紀ぶりの対キューバ経済封鎖の解除(国交回復)と同じで、6年間辛抱していた(満を持した)アメリカのオバマ大統領の主導した『チェンジ』(今までとは180度正反対になるコペルニクス的大転換)の日本バージョンである可能性が高い。
12年続いた北朝鮮バッシングは恥ずかしいヘイトスピーチに代表されるように病的な日本の右傾化を招いたが、実は半世紀続いたキューバ封鎖でも同じで、アメリカ国内に深刻な副作用が出て仕舞ったのである。
(全米一治安が悪いのはキューバ系の武装難民が住むフロリダ州で、他の州のコンビニ強盗はピストルだがフロリダでは自動小銃で重武装しているとのブラックジョークのネタになっている)

『今までの正誤や善悪が180度引っくり返った1945年8月15日(玉音放送)』

社会的地位(面子)とか知識や経験が有る大人の場合には100%自分の間違いが明らかになった後でも、何やかやと理屈を捏ね回して『誤りだった』と認めたくない。
ところが一番感受性の高い思春期の青少年では事情が違う。
1945年8月15日の『玉音放送』(日本の敗戦)では、 今まで絶対だと思われていた正義が180度逆になり『人類に対する犯罪』とまで貶められるのである。
動かない筈の、正誤や善悪が玉音放送(敗戦)で一夜にして180度引っくり返った経験は恐ろしい。
野坂昭如などの焼け跡闇市世代などの日本で一番シニカルで左翼的な集団が生まれた日本国では、憲法9条の絶対平和主義が熱烈に歓迎されたのである。
ところが日本の様な敗戦国とは違い、戦勝国の欧米では、この『一夜にして正誤や善悪が逆転する』経験をしていないのである。
そもそも超越的な正義や善悪を基本とする一神教の欧米世界では150年前のダーウィンの進化論やもっと前のコペルニクスの地動説ぐらいしか、正誤の逆転を経験していない。(ローマ法王庁がダーウィンの進化論の正しさを認めたのは、つい最近の出来事)

『成り行きしだいでは、十分にありえるオバマのちゃぶ台返し』

今回のオバマのチェンジ(キューバとの正常化)ですが、すんなり進ます、間違いなく共和党などの国内保守派の大反発(逆風)が予想されるのである。
公的医療保険(オバマ・ケア)の様な誰が考えても『それ以外に解決方法が無い』政策でも国内の各州が大反発して連邦政府を訴えている。(日本の様な『敗戦』以外では、基本的に180度の大転換は無理なのです)
それなら、今後の成り行き次第ではオバマによる『玉音放送』(アメリカの資本主義経済の敗北宣言)まで、考えられるのである。
(オバマ大統領の役割ですが、『ジリ貧』の最後の将軍徳川慶喜になるのか、それとも劇的な『玉音放送』のラストエンペラー、ヒロヒト天皇なのかは興味深い)

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/9f4f673755da26a3d875737278ab231d

御名御璽、THE END、FIN、終、完


『マスコミ(読売)主導の2014年12月14日総選挙の摩訶不思議な顛末』

史上最低の52%の投票率で終わった衆議院総選挙であるが、色々な前代未聞の珍しい出来事が連続していた。
一番の驚きは矢張り『唐突感』であろう。(前回野田義彦の中学生レベルの理屈『嘘つきと言われたくない』との自民党公明党民主党の三党合意解散の2012年12月16日総選挙も唐突だったが、この日は福島第一原発の冷温停止の記念日)
今回の総選挙では、一般国民は言うに及ばず肝心の国会議員の誰もが予想していない時期に突然解散風が吹き始めて、あれよあれよと言う間に解散になり最短の選挙期間での投票日が来てしまったのである。
今回の大義が無い(争点が不鮮明な)『解散』を一番最初に言い出したのは読売新聞 (ナベツネ)の11月9日である。
首相の安倍晋三が正式に口に出す18日よりも9日早い。(今回の解散総選挙の仕掛け人は読売のドン、ナベツネで有る可能性が高い)
選挙結果の総括ですが、マスコミ各社の意見(第一面の見出し)が違っている。
将来の予想が別々は有っても、本来なら最後の結果が出た後の最終判定が、『バラバラ状態』は有り得ない(あってはならない)椿事である。
最終判定が各社別々だった原因は安倍晋三と各新聞社との距離が、 そのまま一面の『見出し』(最終判定)として掲載していると見れば分かりやすい。
安倍政権に近い読売新聞、産経新聞は一面大見出しで『圧勝』としたが、読売や産経や安倍晋三に激しくバッシングされ社長の首がとんだ朝日新聞はワンランク下の『大勝』である。
日本国に吹き荒れた日本軍従軍慰安婦騒動の埒外に居た毎日新聞や東京新聞の場合には、極めて冷静で、小さく『現状維持』の見出しであった。


『安倍自民党の勝利は、圧勝なのか、大勝なのか、現状維持なのか』

マスコミは全員が『自民党勝利』と大合唱するが、自民党は議席を減らしているのですよ。
議席を増やしたのは共産が最多で+13であり、他は民主党+11、公明+4である。(みんなの党は消滅し維新などのインチキ第三極は半減する)
今回の総選挙で、安倍晋三の自民党は、主要な他の政党が議席を増す中で、唯一議席数を減らした政党なのである。
それなら、毎日や東京の『自民微減』、『現状維持』が、真っ当な報道機関としての『見出し』である。
安倍自民党の御用新聞の『圧勝』はともかく、『大勝』と書いた朝日新聞の政治姿勢は負け犬そのもの、従軍慰安婦で叩かれて屈服した挙句に安倍晋三の御用新聞への道をまっしぐらに突っ走る。
見かけ上は自公で引き続き3分の2を確保して圧勝したかに見えるのは事実であるが、中身が無い。
全有権者比で見る自民党支持はたったの17%の少数派なのである。小選挙区制のマジックと史上最低の投票率52%に助けられた自民党勝利であることは間違いない。
2年前の総選挙時の自民党公認候補が295人、非公認などを入れた最終的な当選者は298人である。今回当選者は291人で公認では4人、全体では7人も当選者が減っている。
読売産経がいうよな『圧勝』などとは到底呼べない薄氷の勝利であった。
一番近い国政選挙で投票率がほぼ同じだった去年の参議院選挙(比例)票と比べると、自公の退潮(反自民の増大)がもっと分かりやすい。
今回の総選挙で自民党は80万票減であり、議席が若干増えた公明党でも25万票も減っている。
得票数がマイナスになった自公両党と対照的なのが3倍近く議席が増えた共産党の90万票増、民主党は26万票、生活の党は8万票、社民党は6万票と、安倍晋三や自民党を批判した政党は全員が得票数を増やしているのだ。
選挙の度に毎回毎回議席と得票を確実に減らし続けて消滅寸前だった社民党の場合、今回総選挙の得票増は特筆に価するだろう。(共産党にも言えるが、社民党に沖縄からの『南風』が吹いたのである)

『御名御璽』

今回の史上最低の記録的な投票率ですが、自然発生では無くて間違いなく政府(安倍晋三)やマスコミが誘導した人為的な低投票率ですよ。
(自民党一の人気者でマスコミへの露出が一番多い小泉進次郎政務官は『選挙に大義が無い』を連発していた。身内の自民党議員さえ『大義が無い』と思うぐらいだったら、一般有権者から見ればもっと『解散の大義が無い』白け選挙)
浮動票の動向では、投票日の2日前の12月12日の一番大切な日に、マスコミは一斉に『自民単独でも3分の2超え』との自民党の圧勝を宣伝していた。
これは報道とか世論調査などでは無い。マスコミ全員の意識的な『大誤報』である。
今回の52%の歴史的な低投票で、自民党は条件的に圧倒的に有利でも、安倍自民党は291議席の確保がやっとだった。
12月12日以前のメディアや有識者全員が行っていた『自民党は前回勝ちすぎたので今回は数十議席減る』の予測の方が正しかったのである。
マスコミ各社が投票日の2日前に行った『自民単独で3分の2超え』との大宣伝は、『真っ赤な嘘』で有り、民意を惑わすデマの流布である。
このマスコミの『動き』が無ければ、案違いなく、もう少し投票率は高かった筈です。それなら自働的に自民党の得票率も下がり今の様な7議席減では無くて、数十議席減の『地すべり』現象が起きていた。

甲子園球場の熱烈な阪神ファンでも大差だと9回になれば、試合を最後まで見ずに続々と帰ってしまうのです。(接戦だから面白いのであり、見る値打ちがるが、結果が分かっている大差の試合では熱狂的なトラキチでも興味を失う。ましてや無党派層ならもっと興味を失って選挙には行かない)
そして、今回の低投票率こそが、コアな組織票が有る共産党とか公明党の議席増に繋がったし、自民党の291議席の勝利をもたらした。
マスコミの結果発表ですが、本来なら現有議席との対比では無く、前回総選挙の当選者数の対比であるべきなのです。
現有議席は解散時点の報道には良くあるが、今までの例なら、投票日に行うのは前回獲得議席なのです。それなら自民党は298で、4議席減では無くて7議席減です。
今回の解散ですが、色々な事柄が今までとは大きく違っていた。
解散の少し前の新聞報道で各党本部の政治資金の順位が自民が5年ぶりに首位を奪還したとの記事では恒例の、共産党など2位以下の『表』が無い。(解散、総選挙が終わるまで、野党や一般有権者などが異変に気が付かないように、出来る限り静かにしている隠密作戦なのか)
今回の解散劇では前代未聞の椿事中の椿事だったのは、赤っ恥の衆議院議員の万歳三唱のやり直しでしょう。

『21日の衆議院解散での御粗末なハプニング』

伊吹文明衆議院議長が、『万歳はここ(のタイミング)でやってください』と、先生が小学生に対するかのごとく、偉そうに国会議員を叱りつける。
御名御璽ですが、普通は解散の本会議で読まないのです。
『間違えた』のは議員では無くて、議長の伊吹文明の方だったのである。(議会の職員から解散詔書を受け取る伊吹議長ですが、緊張の余り手がぶるぶる震えて上手く受け取れない)

過去の例を調べると、60年前の朝鮮戦争の時に、何と、GHQのレッドパージで共産党議員が衆議院議会でゼロだった時にだけ、例外的に、『御名御璽』を読んでいた。(日本共産党は、今まで国会開会式の天皇臨席を違憲であるとして一貫して出席していない)
天皇の署名捺印の意味の御名御璽ですが、実は別の意味があり、映画の最後に出てくる『終』『完』『THE END』『FIN』『FINE』などのエンドマークと同じで、『これが最後。終りです』との、裏の隠れた意味がある。

『はからずも、思わず露出した日本の真実』

我が日本国ですが、『御名御璽』。もう終りなのですよ。たぶん。
(御名御璽とは天皇の署名と捺印の意味ですが、当たり前ですが本物の天皇の解散詔書には御名御璽とは書いていない。
それなら伊吹文明衆議院議長が読み上げた『御名御璽』とは、理研の特許利権騒動のSTAP細胞論文で散々小保方博士をマスコミがバッシングしたコピペ『本物の写し』である)
敗戦直後の1946年の食料メーデーでは、『国体はゴジされたぞ 朕はタラフク食ってるぞ ナンジ人民飢えて死ね ギョメイギョジ』とのプラカード事件が発生し、時代錯誤の不敬罪と言う明治憲法の罪状で起訴されるがGHQが介入して起訴自体を無効とする免訴となっている。
小児甲状腺がんの前回の発表が8月24日、総選挙後の首班指名の特別国会が12月24日で福島検討委発表の10回目、4ヶ月遅れの発表が翌日の12月25日に設定されている。
安倍晋三ですが、報道によると下痢を止める目的で何年も前から大量のラドンガスを毎日吸入しているらしいですよ。何とも恐ろしい話である。
ニホン国の二度目の敗戦は一度目の敗戦よりももっと悲惨であり究極の悲劇なのです。(井上ひさしによると悲劇が極限まで極まると喜劇へと変化するらしい)
『僕ちゃん、放射能を毎日タラフク吸ってるぞ。ナンジ国民、仲良く死ね。子供も妊婦も全員知らない間に放射能を吸ってるゾ。ギョメイギョジ』 。

平成二十六年十二月二十四日 内閣総理大臣安倍晋三

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/7e3b530fc20bc1736462fcf0267fcb0c

自民党最後の「宴」 アベネズミ講ミクスの終焉(詐欺師が真実を語る時)

2014年12月15日 | 政治



『日本のメディア この1年』(時代の風)

12月14日の総選挙投票日当日の毎日新聞第二面に掲載された中西寛京大教授のコラム『時代の風』が素晴らしい。
インターネットによる『社会メディア』の影響で凋落が著しい既存の活字メディア(新聞)の『報道 問われる存在意義』との、ほぼ『自虐ネタ』なのである。
『日本のメディア この1年』を振り返れば、年の初めから聾唖の作曲家の河内の守の笑い話で始まっている。
ベートーベンの逸話は有名作曲家の耳が聞こえなくなった悲劇だが、和製ベートーベンの方は聾唖者が有名作曲家になった奇跡のウルトラ超スーパーシンデレラ物語である。似ているのは『口先の印象』だけで中身はまったく無関係な詐欺か手品ペテンの類。
和製ベートーベンと同時進行したのが、マスコミ主導の『世紀の大発見、ノーベル賞確実のSTAP細胞』との奇跡のシンデレラ物語である。
和製ベートーベンは罪の無い『子供騙しの勘違い』であるが、対照的にSTAP細胞の方が日本が誇るES細胞の世界的権威の科学者の自殺に発展したのですから大損失。マスコミの傍若無人な常軌を逸した振る舞いは目に余る。
まさに 『報道、 問われる存在意義』の1年間だった。これ等の日本の『腐敗したメディア』ですが、存在するよりも、『存在し無い』方が余程社会のためになる。
極めつけは矢張り朝日新聞の吉田証言と吉田調書の『誤報認定』、『記事取り消し』、『謝罪訂正』 によって引き起こされた日本国のすべてのマスメディア全体を巻き込んだ大騒動であろう。(和製ベートーベンやSTAP細胞の馬鹿騒ぎは朝日誤報騒動の予行演習だったのだろうか)
朝日新聞誤報騒動は、もう無茶苦茶。日本を代表する有名メディアが売国奴やら非国民やら、『何でもあり』なのである。

『報道 問われる存在意義』

中西教授は『これ等の事例を通じて浮かび上がってくるもの』として新聞に代表される既存のメディアの衰退、弱体化を指摘しているのですが、その原因として一番目(最大要因)にインターネットなどの『社会メディア』を上げているのです。
インターネットの無かった時代では『情報』は既存のマスメディアが独占していた。 ところがネットの誕生によって今までの独占体制が崩れ去った意味は大きい。
学者らしく『 インターネットなどの「社会メディア」による情報流通が既成メディアの正当性を弱め。・・・』
『社会メディが登場する前には批判されることの少なかった既成メディアも、社会メディアの登場は無数の発信によって報道の過誤が繰り返し検証され、非難されることになった。』
と小難しい説明をしているが、一言で簡単に説明すれば『マスコミによる情報独占が崩れた』に尽きる。今までのローマ法王を頂点とするカトリック教会『絶対的』な権威(正誤や善悪の判断基準)が、ルターやカルビンのプロテスタントの誕生により相対化してしまった宗教改革の様な話なのである。
ところが我が日本国では世界基準とは大違いでインターネットの様な双方向のソーシャルメディアの信用度や普及度は低く、圧倒的なカトリック(普遍的な正当)メディアが強い。
我が日本国が何故既存メディアの権威が未だに健在な原因とは、世界的に珍しい巨大新聞の存在と記者クラブ制度と違法なクロスオーナーシップのお蔭で、テレビも新聞も一言一句同じ内容のニュースしか流さない。
何処を見ても『同じ』『少しも違いが無い』ことから、基本的に善良な日本人の一般市民は『みんなが一人の例外もなく「正しい」といっているのだから→たぶん「正しい」のだろう』と判断する。
結果的に、日本人では世界一日本の新聞社の信用度は高いのである。

『アベノミクスは「ネズミ講」だった』

日本国のマスコミですが、挙国一致で全員で同じことしか言わない『大本営発表』である事実に、何時日本人は気が付くのだろうか。
旧ソ連とか東欧の市民は自国のメディアが不都合な真実を流さないことを熟知していたのでBBCなどの国外の情報の入手に努力していた。
ところが、我が日本国ではマスコミの信用度が高すぎる。
アベノミクスが日本政府が始めた『ネズミ講』であることは、安倍晋三が解散総選挙を 宣言した11月18日に海外では報道されている。
ところが『アベノミクスが選挙の争点だ』といいながら、腐敗堕落が著しい日本国 のマスコミは誰一人も安倍晋三が怖いのか報じるものが無い。
基本構造がネズミ講である アベノミクスで美味しい思いをするのは少人数で短期間であり、最後は全員が地獄を見ることになるが、アベノミクスの終焉は面前に迫っている。自民党の最後の宴が今回の総選挙であり、安倍晋三のネズミ講ミクスの終焉の『墓碑銘』なのである。

『大嘘つきの詐欺師が「真実を語る」以上の恐怖は無い』

自民党の応援団長で御用経済学者の見本の様な池田信夫が、同じく安倍晋三の経済ブレーンの浜田宏一の『アベノミクスはネズミ講』との爆笑主張を補強する論を唱えているのですが、共産党の志位和夫か不破哲三が生霊として憑依したかのような、驚くべき内容なのです。
これは例えるなら、今まで散々極悪非道な残虐行為を繰りかえしていた悪魔とか鬼とかが、もみ手をしながら満面の笑みでお世辞を言っているかのような『ありえない』出来事なのである。
あまりにも不気味すぎる。
池田信夫の唐突な手のひら返しの原因ですが、たぶん、信夫君が今まで応援していた自民党が、『もう終わっている』のである。
自民党だけでは無く、自民党に寄生された宿主の日本国自体も『終わっている』可能性が高い。

『財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか』2014年11月19日(水)

安倍首相は18日夜に記者会見し、消費税の増税を先送りして衆議院を解散することを表明した。彼は財政健全化目標については「来年夏までに達成に向けた具体的案計画を策定いたします」というだけで目標を示さなかったが、彼のブレーンである浜田宏一氏(内閣官房参与)は、ロイターのインタビューに次のように答えている。

[政府債務は]実現可能なネズミ講システムだ。普通のネズミ講はどこかで終わって破綻するが、どこの政府でも次の納税者は必ずあらわれる。政府が自転車操業でお金を借りまくることはいいことではないが、政府と民間を合わせれば、消費税を先送りしても信頼が崩れることはない。

「ネズミ講」は原文ではPonzi schemeとなっており、バーナード・マドフなどの行なった出資金詐欺をさす。これは出資者に高い運用利回りを約束するが、実際には運用益は上がっておらず、新しい出資者の資金を利益として分配し、その元本を食いつぶす犯罪である。政府関係者が「詐欺をやっている」と認めるのは珍しい。

 ここで既存の出資者を現在の年金受給者、新しい出資者を将来の納税者に置き換えると、このしくみは納税者が無限に増えれば維持できる。国債を返済しないで借り換え、その金利負担を将来の納税者に先送りすればいい。つまり浜田氏は「自転車操業」を永遠に続ければ、財政健全化は必要ないと言っているのだ。

 政府債務が膨張しても、日銀がその国債を買えば金利上昇は防げる。極端な話、日銀が国債を100%買い占めれば、税金は必要なくなる。これが「バーナンキの背理法」と呼ばれるもので、論理的には正しい。もしそれが可能なら、中央銀行が財政を維持する「無税国家」が可能になる。

 もちろん、そんなことはありえない。国債の残高が増えると金利負担が増え、インフレになる。どこかで納税者が負担に耐えられなくなると、ネズミ講は終わる。終わったとき清算すると、年金生活者などに分配してしまった金は返ってこないので、財政には大きな穴があく。問題は、このネズミ講がどこで終わるかである。

 日本の政府債務は1038兆円だが、これをすべて返済する必要はない。政府債務が一定の水準で安定すれば、金利が大きく上がらない限り借り換えることができる。その基準をプライマリーバランス(基礎的財政収支=PB)と呼び、これを黒字にする目標が中期財政計画の財政健全化目標だ。

 今の目標では2020年にPBを黒字にすることになっているが、これは名目成長率3.3%という非常に高い成長を想定しても実現しない(過去20年の平均は約1%)。今年はマイナス成長とみられているので、消費税8%ではPBの赤字は増え、政府債務は発散する。それはいつごろまで維持できるだろうか。

 歴史上、GDP(国内総生産)の2倍を超える政府債務を(政権が倒れないで)返済したのは、イギリスだけである。特に第2次大戦でGDPの2.5倍の借金を抱え、これを0.5倍まで減らすのに30年以上かかった。

これは金利を規制で低く抑えるするととともに通貨を大量に供給し、人為的インフレでマイナス金利にする金融抑圧のおかげだ。このため1970年代には、図のように国債の金利は15%を超え、20%を超えるインフレが起こって、イギリスはヨーロッパの最貧国になった。

 いま日銀のやっているのも、ゼロ金利のもとでマネタリーベース(資金残高)を膨張させ、実質金利をマイナスにする金融抑圧である。このように国債を引き受けて財政を支える財政ファイナンスは中央銀行のタブーだが、別に違法ではない。「これは財政ファイナンスです」と宣言して行なわれることもない。

 このまま日銀が国債を買い続けると、来年はマネタリーベースがGDPの70%を超え、2030年にはGDPの4倍になる。そこまでに必ずインフレが起こり、円が暴落して金利が上昇するだろう。これによって日銀も金融機関も多額の評価損を抱えるが、これも最終的には税金で穴埋めされる。

 ただ日本国債は90%以上を国内の金融機関が保有しているので、円安でも対外債務が膨張せず、コントロールしやすい。日銀は金融抑圧のシミュレーションもしており、消費税を10%に上げれば徐々に国債を売って退却できると計算していたのだろう。ところが安倍首相は、その増税を先送りしてしまった。

 黒田総裁は19日の記者会見で「財政規律が失われると、財政の重要な機能である公共サービスの提供、所得の再分配、景気調整機能、すべてについてさまざまな問題が生じうる。財政規律はきわめて重要。それを守っていかれることを強く期待する」と懸念を表明した。政府と日銀の歯車が狂い始めた今、ネズミ講の終わりは意外に近いかも知れない。
(エコノMIX異論正論 池田信夫)

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/3fb54e234630b063a259c10597eec8f2

籾井NHKの「チェンジ」コペルニクス的転換(ちゃぶ台返し)が始まるのか

2014年12月20日 | 放射能と情報操作





『一度お蔵入りしていた「原発の放射能汚染物質(HP)」番組が再復活する』

安倍晋三のお友達の籾井NHK会長や百田経営委員の脳内には『フクシマの放射性微粒子』は決して存在しない。
3ヶ月も前の9月21日放映予定のNHK『サイエンスZERO』の『シリーズ原発事故 13』が急遽放送中止に追い込まれ、以前の再放送に差し替えになって仕舞う。
『サイエンスZERO』では無く、サイエンスがゼロだったNHKや日本。いや~ぁ。ここまで分かりやすい展開だと怒りを通り越して、愉快、爽快、実に楽しいですね。
何とも嘆かわしい時代錯誤の『売国奴』だの『非国民』だとの政府やマスコミ総がかりの朝日バッシングですが、たった半年前には朝日新聞も鼻血をバッシングしていたのですから、大笑い。笑い事では済まないのですが。
(自業自得と言うか自己責任と言うか因果応報と言うか。当然な結果ですが)漫画の鼻血でも叩かれるのですから、朝日新聞の従軍慰安婦とか原発からの9割逃亡なんかはもっと叩かれて当然なのです。

半年前の狂気の鼻血バッシング当時ですが、朝日新聞は暢気に自分でも『鼻血叩き』に参加して、漫画『美味しンぼ』に描かれていた福島第一原発事故後の放射能の被害の一つの『鼻血の原因』であるHP(ホット・パーティクル)によるアルファ線の内部被曝を否定していた。
3ヶ月前のNHKは朝日新聞と同じで『美味しンぼ』の『鼻血の原因』である福島第一原発事故 HP(ホット・パーティクル)によるアルファ線の内部被曝の『サイエンスZERO』『シリーズ原発事故 13』をお蔵入りさせていた。

『ボカシを入れて誤魔化すか。全部モロ出しするか。何れか一つですが凄そう』

HNKのホームページによると、
『福島第一原発の事故で大量に放出された放射性物質・セシウム。放射線量などをもとにその汚染状況が調査されてきたが、実際の化学的形態はよく分かっていなかった。しかし、電子顕微鏡を用いた巧みな調査で、不溶性の球形粒子として存在するものも多いことが明らかになった。従来想定されていた水溶性粒子とは体内や環境中でのふるまいが異なるため、健康影響の推定などにも違う考え方が必要だ。どのくらいの影響が懸念されるのか。』

HP(ホット・パーティクル)が水に溶けると思われていたのに、『不溶性の球形粒子として存在するものも多いことが明らかになった。』とすれば大気中に長期間浮遊する可能性も高くなるし、その分肺の奥まで吸い込むので被害も大きい。当然鼻の粘膜などにも影響して鼻血の原因ともなるし口内炎も影響する。
原発事故の発生で、人間どころか犬まで鼻血を出し、声が出なくなったと漫画『今日もいい天気』パートⅡの山本おさむが描いている。

『放送』2014年12月21日(日) [Eテレ] 夜11時30分~
『再放送』2014年12月27日(土) [Eテレ] 昼0時30分~
はボカシ、モザイクも無しで、間違いなく行われるでしょう。(安倍内閣は2年間必死に放射能被害を隠し続けていたが、幾ら何でも長すぎるのである。現実は隠しきれないので何時かは明らかにする必世がある)

フクシマの10回目の小児甲状腺がんの発表が行われるのが12月25日である。
衆議院選挙の結果をうけた首相指名が前日の24日である。
検討委は9回目が、8月時点で『県内を一巡した』と発表しているのですから、それなら今度の25日発表分の内容とは、最も汚染が酷い原発周辺の13市町村ですよ。
周辺13市町村の前回発表はメルトダウン事故があった平成23年(2011年度)の数値。
今度の25日発表分とは平成26年(2014年度)分ですよ。
2年間も色々な手品を使って隠し続けていたのですから、本来なら(一巡したので最初に戻り最悪の被曝被害の原発周辺13市町村の結果は)発表出来ないのですよ。しかし、発表しないで済ます訳にもいかない。
(安倍内閣は小児癌の発症を全摘出手術済みの『確定』と手術前に『疑い』に分けるとの姑息な手段で誤魔化したが、稼げる時間は数ヶ月程度の短時間)
25日に原発周辺の13市町村の2014年度の結果を発表に追い込まれた日本政府としては、進退窮まった絶体絶命の状態なのである。
インチキ手品のネタが尽き果てて、もう逃げれない。(自民党政府は国民に土下座して謝るか、それとも開き直って『ちゃぶ台返し』を行うか。二つに一つである)

放射能は『安全・安心、心配ない』と真っ赤な嘘を言い続けた日本政府(安倍晋三)ですが、今度はどんな面白い手品を見せてくれるか、今から楽しみです。
可能性としては低いが、69年遅れの二度目の玉音放送(日本の無条件降服)を日本人が聞くことになるかも知れません。(69年前の玉音放送には『日本が負けた』とか『敗戦した』との直接的な言葉が一切なく『ポツダム宣言を受諾する』と有るだけなのですが、全員が日本敗北の事実を理解した)
御名御璽(ギョメイギョジ)。最後の『THE END』が目の前に迫っている。

『2014年12月21日(日曜日)のNHK放送』

チェンジのスローガンで大統領に当選したオバマですが半世紀ぶりのキューバ封鎖解除(国交回復)を宣言していますが、これは間違いなく日本の北朝鮮封鎖解除とも連動している筈です。
14日の総選挙が終わるのを待っていたように、突然世の中が動き出したが、たぶん、とうとう、『終り』が始まったのだろう。
突然、世の中の動きが早くなる。
NHKのETV特集とは、福島第一原発の放射能被害、放射性汚染物質HP(ホット・パーティクル)の実態を科学的に解明する心算だった。
この『ETV特集』とは、毎週土曜日夜11時から教育テレビにて放送。ひとつのテーマをじっくりと 時間をかけ、徹底的に取材し、深い視点で読み解いていくドキュメンタリーです。
ところが、何と、いつもの土曜日では無くて、今度は日曜日(21日)である。
しかも時間が夜の9時半と言うゴールデンタイムの時間枠で、今までのタブーであるHP(ホット・パーティクル)を放送するらしいのです。

一度安倍晋三のお友達のNHKの会長とか経営委員の介入で、お蔵入りしていたのに、急遽復活して放送が決まったが、(放送前なので誰も見てないが)内容が放射能汚染物質HP(ホット・パーティクル)の拡散を扱ったものらしいのですね。
NHKのホームページでは『放送2014年12月21日(日) [Eテレ] 夜11時30分~』とある。
しかし、これとは違い12月17日(水) [Eテレ] の歴史ヒストリア終了時の番組案内ではゴールデンアワーの放送で9時半ですよ。
放送時間ですが、ホームページと、NHK放送での宣伝と、どちらが正しのかは不明だが、何か、NHK内部で大混乱しているらしいのです。
(NHKの総合放送では9時半で、Eテレでは11時半に放送するとの意味なのだろうか。
それとも同じ21日の日曜日に、福島第一原発の放射能汚染物質の拡散を扱った別々の内容の二つの番組を両方で流すのだろうか。いずれにしても不思議である)
何れにしろ、2014年12月21日(日曜日)のNHK放送であるが、見逃す訳にはいかない、
10回目の(福島県を一巡した)原発周辺の一番汚染が酷い13市町村の小児甲状腺がんの発表も、25日に迫っている。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/85b30dc34e0d1285cfbdb5c138a2dbd2

小児がん:治療歴登録制(機密漏洩が懲役2年のがん登録法)

2014年12月21日 | 放射能と情報操作



『同一記事なのにネット上のタイトルと違う毎日新聞(紙)の見出し』

ウェブ上に有る記事のタイトルは『小児がん:治療歴登録、後遺症対応に活用…拠点病院が検討』毎日新聞 2014年12月21日 08時00分である。
ところが毎日新聞(大阪本社)21日朝刊の第一面に有る一番大きな見出しは『小児がん治療歴登録制』となっている。(タイトルの中間にある『:』が無く、その代わりに見出しの最後に『制』が余分に有る)
紙の新聞の小見出しが『後遺症に対応』である。 (ウェブ上のタイトルと新聞見出しが微妙に違うが、中身の記事は大部分が同一)
記事が同じなのにタイトルが違っているネット記事では最後に(紙の新聞では左上に)掲載しているのが小児癌の同一の説明文である。
◇小児がん◇
『一般的に15歳以下で発症するがんのこと。白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫、神経芽腫などが多く、年間約2000人が発症していると推定される。1980年代から90年代にかけて抗がん剤や放射線を使った治療法が進歩し、現在は約8割が治癒するようになった。』
この、毎日新聞の小児癌の説明文ですが、丸々の誤報とは呼べないが『アメリカ小児がん学会』のホームページを丸ごと『コピペ』したものですよ。(STAPで散々マスコミが叩いた小保方博士の真似である)
手品と言うか、詐欺と言うか、ペテンと言うか。
手品の種明かしをすると、この◇小児がん◇は、何と日本国の小児がんを説明したものではないのである。(日本国の新聞に、何の説明も注釈も無く◇小児がん◇と掲載すれば、誰でもがアメリカではなくて日本国内の小児がんの説明文だと勘違いする)

『とうとう特定秘密保護法(がん登録法)が発動した』

『小児がんの患者は、成長段階で抗がん剤や放射線、手術など負担の大きい治療を受けることから、がんの治癒後もその影響が身体に残りやすいとされている。』

掲載する文字数に制限が無いウェブ記事とは違い、紙の新聞には物理的な限界があるので、大事でない部分が省略される場合があり、同一記事なのに若干短い場合が有る。
ところが、この毎日新聞12月21日付けのウェッブ記事には、重大な部分で意識的に欠落がある(短く省略して、隠している)のである。
紙の毎日新聞には書いて有る、
『 2013年に成立した癌登録法に基づき、国はすべての種類のがんに付いて、患者の発生状態を全国規模で把握刷る仕組みを16年に整備する。
これは成人のがん予防や生存率の向上に主眼を置く施策のため、小児がんに特化したがん登録体制をどう構築できるかが注目される。』
の部分を、丸ごとネット記事では空欄にして隠しているのである。

我が日本国ですが、マスコミ全員で『2013年に成立した癌登録法』を、特定秘密として隠しているのだろうか。

『不吉な12月21日のマスコミの動向と、籾井、百田、長谷川、NHKの三悪人』

NHKの原発メルトダウン事故関連番組、それも同じ『知られざる大量放出』放射能汚染物質の拡散を初めての報道なのです。
しかも、総合とEテレと同じ21日に二つも(2時間差で)同時に放映するというから驚きである。
しかも、両方ともが1時間物の豪華版ですよ。
特にEテレのサイエンスZEROは3ヶ月前に籾井会長が介入して放送中止にした、曰く因縁言い難い代物である。
3ヶ月遅れで、NHKは不都合な部分を全部黒塗りして『安全・安心。大丈夫。何の心配も無い』番組に書き換えて放送する可能性も十分にある。
否、十分に有るどころか、今までの流れなら必ずボカシや修正が加えられて、何がなにやら意味不明の無害な内容に成っていたのです。
ところが逆に、(総選挙が14日に終わっているので)モロ出し(69年遅れの玉音放送)の可能性も有るのですよ。
籾井天皇の玉音放送なら、家族一同が全員姿勢を正し、勢ぞろいして、テレビの前に正座して聞く必要があるでしょう。

それで朝一番に起きて、毎日新聞を大急ぎで取りに行って、恐る恐る確認したのですが、何と、毎日新聞の第一面にあったのは『小児がん治療歴登録制』、『後遺症に対応』ですよ。
記事を読むと、小さく小さく一行だけ、『2013年に成立した癌登録法に基づき、国はすべての種類のがんに付いて、患者の発生状態を全国規模で把握・・・『と書いてある。
籾井、百田、長谷川、NHKの三悪人の目論みですが、これが本命ですね。たぶん。

動かない筈の森が動き、女が産まなかった(死人が生んだ)子供が復讐を果たす為に殺しに来るとの、シェークスピアの三大悲劇のマクベスに出て来る不吉な予言をする3人の魔女を連想するような禍々しい話である。
何れにしろオバマのチェンジには夢や希望があり未来は明るいが、マクベスの不吉な3人の魔女と同じで籾井、百田、長谷川の三人組み、NHKを私物化して牛耳る三悪人のチェンジは、夢も希望も未来も無い。有るのは破滅の先送り(被害の極大化)だけなのである。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/db733f07c06913f180e7a568a4d78889

フクシマのA級戦犯 安倍晋三首相を逮捕せよ

2014年12月23日 | 放射能と情報操作





(1883年7月29日生まれの第40代イタリア王国首相ベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニは国家ファシスト党による一党独裁制を確立したが連合国軍に敗北してドイツに逃亡途中にパルチザンに捕まり1945年4月28日に処刑されミラノの広場に吊るされる)

『8年前の、2006年12月22日の安倍晋三首相の無能ぶり』メルトダウン発生の4年3ヶ月前に想定されていたフクシマの惨劇

『原発事故に対する国会答弁があまりにも酷すぎる』
安倍晋三首相が第165回国会で共産党の吉井英勝衆議院議員からの『大津波による全電源喪失』(ブラックアウト)の発生についての質問に対して、答弁しているのですが無知無責任の極み。正真正銘の亡国の非国民、反日分子である。
『日本の原発は安全・安心』で、メルトダウンはしない、全電源喪失も起こさないとした上で、『原子炉施設の安全を図る上で重要な設備については、法令に基づく審査、検査等を厳正に行っているところであり、こうした取組を通じ今後とも原子力の安全確保に万全を期してまいりたい。』と答えている。

極悪利権集団の原子力ムラを半世紀も批判し続けた小出裕章京大助教と同じ京大原子力工学科卒で国会議員(議会)一の原発問題のスペシャリストとして知られた吉井英勝衆議院議員の指摘する数々の具体的な危険性に対して、以後は念仏の如く『・・法令に基づく審査、検査等を厳正に行っている・・こうした取組を通じ今後とも原子力の安全確保に万全を期してまいりたい。』との一字一句同じコピペの『棒読み答弁』を繰り返した安倍晋三首相。
安倍晋三総理大臣の無責任答弁の4年3ヶ月(1540日)後の2011年3月11日、吉井英勝議員の指摘した事例に極めて近い福島第一原発事故が起きている。
世界で初めて原子炉4基が同時に暴走するフクシマのメルトダウン事故ですが、想定外の未曾有の事故どころか、5年前の2006年12月22日に具体的に国会で指摘されていた事故だったのである。
ところが亡国の輩の安倍晋三とか自民党政府、東京電力が頭から想定することを拒否した結果がフクシマのレベル7のメルトダウン事故なのであるから(自然災害では無く)人災中の人災だった。
十分に予想されていた範囲の出来事が起きているのですから、これは重大な過失によって起きた過酷事故では無い。
事件事故では無く、フクシマは未必の故意による凶悪犯罪なのですから、最高責任者である安倍晋三の罪は万死に値する。犯罪者である安倍晋三や自民党、東京電力幹部は即刻逮捕するのが正しい物事の筋道であろう。
ところが何故か凶悪犯罪の犯人(A級戦犯)が逮捕されず、反性もせず、未だに最高責任者の椅子に座っている不思議の国『日本』ですが、無責任国家として世界の物笑い、恥ずかしい限りである。

『フクシマから3年9ヵ月後の世界(ロスト・ワールド)』

未曾有のレベル7の原発事故の悲劇から4年近く経過した12月21日(日)に安倍晋三のお友達の籾井、百田、長谷川の3悪人に乗っ取られたNHKは総合とEテレと、別々に二つの放射能汚染物質の拡散問題を扱った特別番組を放送している。
チェルノブイリ事故発生から3年目までは放射能被害を国民に隠していたソ連と同じで、我が日本国でも3年間完璧に隠蔽して日本人を騙していたが、 (矢張りソ連と同じように)4年目を目前にして軌道修正を図っているのである。
現在の日本ですが、チェルノブイリ原発事故から5年目に崩壊したソ連と同じ軌跡を忠実に辿っているのであるが、小児甲状腺がんの発症数から推測すれば放射能被害はベラルーシの数百倍の絶望的な数値になっている。
これでは、いくら日本人が善良で権威に弱くとも、マスコミが挙国一致で隠しても、最早隠しきれない。
沈没するまでの3時間『安全・安心。心配ない』との船内放送を繰り返して乗客の救助を行わなかった韓国旅客船セウォル号船長や乗員は全員が逮捕され裁判では厳罰に処されているのである。(未必の故意の殺人罪は免れたが懲役30年が言い渡されている)
沈没寸前の我が日本丸の安倍船長や籾井、百田、長谷川の3悪人も、とうとう怖気づいたのか、真実の断片を僅かに語りだしたから恐ろしい。
間違いなく、沈没までの時間的余裕が無くなったのでしょう。 (時間があれば今までのように徹底的に隠し続ける)

『驚くべき内容だったNHKの特集番組』

『驚くべき内容だった』とは1年前の今頃、安倍晋三首相に会った途端に、唐突に今までの『最低でも県外』の公約を投げ捨てて米軍海兵隊基地の辺野古移設に賛成した沖縄県知事の言葉であるが、札びらと恫喝に転んだ仲井眞ではないが、21日のNHK放映の特集番組も同じで、『驚くべき内容だった』としか言葉が無い。
特にEテレのサイエンスZEROは3ヶ月前に籾井会長が介入して放送中止にした代物である。
今までの例なら、3ヶ月遅れで、NHKは不都合な部分を全部黒塗りして『安全・安心。大丈夫。何の心配も無い』番組に書き換え、ボカシや修正が加えて、何がなにやら意味不明の無害な内容に成っていたのである。
ところが逆にボカシ無しの『モロ出し』の可能性(69年遅れの玉音放送)もある。籾井天皇の玉音放送なら、家族一同全員姿勢を正しテレビの前に正座して聞く必要がある。
21日夜11時半のEテレのサイエンスZEROですが、オリジナルが不明なので一概には断定出来ないが、モロ出しではなかったがボカシも無い『驚くべき内容だった』。
そもそも我が日本国は先進国では唯一の『モロ出し』(ハードポルノ)は厳禁であり、違反すれば即座に逮捕拘留するとんでもない『モロ出し禁止国』なのである。
69年前のヒロヒト天皇の本物の玉音放送でも同じで、我が日本国では肝心の『敗戦』も『降服』も、言葉として一切無かった。ところが、当時の日本人は即座に日本が負けたことを推測した。(あの有名な『たえがたきを耐え、しのびがたきを忍び』の言葉の主語は腹立たしいことに国民では無くてヒロヒロ本人なのですよ)
『もうフクシマは駄目だ』とか『日本が負けた』の言葉が一切無かった2014年12月21日のNHKの特番放送ですが、たぶん、あれは劣化した69年遅れの二度目の玉音放送だったのでしょう。

『NHKサイエンスゼロ シリーズ 原発事故(13)謎の放射性粒子を追え!』

2014年9月21日(土)午後11時30分放送だったNHKのサイエンスZEROが、3ヶ月遅れで12月21日の日曜日夜に放送されている。

9月時点でのNHKの内容説明では、

「セシウム内部被ばくに迫る」サイエンスZERO シリーズ 原発事故(13)

『福島第一原発の事故で大量に放出された放射性物質・セシウム。これまでは放射線量などをもとに調査されていたが、その実際の形態はよく分かっていなかった。しかし、電子顕微鏡を用いた巧みな調査で、セシウムは不溶性の球形粒子として存在するものも多いことが明らかになった。この粒子が肺に入ると、従来想定されていた水溶性粒子に比べて長くとどまるために、内部被ばくの影響が強くなるのではないかと危惧されている。』だった。

ところが、現実のNHKの放送内容は、もっともっと凄まじい。籾井会長が放送中止にしたのが『なるほど』『放送中止も当然だ』と納得する。

まさに『驚くべき内容』なのである。

今まで知られていた、水溶性の放射能汚染物質が体内に入っても、100日程度で半減してしまいセシウムの被曝の影響は比較的小さい。

ところが12月21日の『3ヶ月遅れサイエンスZERO』が存在を証明した、水にも熱にも酸にも溶けないガラス化した不溶性セシウムは(食べた場合には排泄されるが)肺胞に入った場合には半永久的に出て行かず、極めて有害なベーター線を出し続けるのである。





『既知の水溶性汚染物質(中国のPM2・5)とは全く違う、未知の不溶性セシウムの恐怖』




NHKのサイエンスZEROの、『不溶性のセシウム』ですが、(発見されたばかりで、まだまだ未解明な部分が多いが)人体への致命的なダメージは計り知れないほど恐ろしい。

『不溶性セシウム』とは鉱物として非常に安定しているアスベストと同じで、一度人体に取り入れると肺胞の奥から出て行かない。
物質として、まったく無害なアスベストでも30年後には中皮腫が発症する。

ところが、ガラス化した不溶性セシウムは電磁波であるガンマ線よりもはるかに強力で電離作用も大きい(電子の流れである)ベータ線を出すのである。
もしも不幸にも不溶性セシウムを吸い込んだ場合には、『30年後の中皮腫』のアスベストの被害など問題にもなら無い程の、短時間で甚大な被害が予想されるのである。

NKH放送では『IAEAの専門家』の言葉として『不溶性セシウムのベーター線で付近の細胞が死滅するので安全だ』との、吉本新喜劇の池野めだかのギャグの低級なパクリを真面目に語っていた。この大馬鹿者が。不真面目な冗談は止めてほしい。

もしも21日放送の『3ヶ月遅れサイエンスZERO』が正しければ我が日本国ですが、もう終わっているのです。(少なくとも安倍晋三のお友達の籾井、百田、長谷川の3悪人に乗っ取られたNHKは終わっている)

安倍晋三首相ですが本来ならパルチザンに捕まって愛人もろとも処刑され逆さ磔にされたイタリア王国首相のベニート・ムッソリーニのように、怒り狂った群集に殴り殺されているのが相応しいが、日本人の一般大衆は死んだネズミの如く大人しく誰も何も言わない。

スポコン漫画『巨人の星』の星一徹のちゃぶ台返し以上の、あっと驚く、凄まじいちゃぶ台返しを籾井NHKが目の前で行っているのに、誰も気が付かないとは面妖である。

(本当に誰も目の前のちゃぶ台返しに気が付かないのだろうか。
それとも全員気が付いているのだが恐ろしすぎで、『気が付かないふり』で誤魔化しているのだろうか。
いずれかは不明だが、それにしても不思議だ)



『NHKの定時ニュースとNHKスペシャルと、』



事前に番組の宣伝放送まで行った2014年12月21日の『NHKスペシャル メルトダウンFile.5 知られざる大量放出』 (2014年12月21日 午後9時15分から1時間放送)ですが、NHKでは夜7時の定例ニュースの枠で、『知られざる大量放出の事実を3年9ヶ月ぶりに発覚した』と報じていたのである。

(内容的にサイエンスZEROとNHKスペシャルが相互に補完する関係にある)

ところが何故か同じ日に放送されていた(11時半放送の)サイエンスZEROの不溶性セシウムの方はNHKニュースとして報道しない。
1時間の『 NHKスペシャル メルトダウンFile.5 知られざる大量放出』の内容ですが、驚きと『?』が交互に混じる摩訶不思議な、禍々しい代物だったのである。

『メルトダウンから3年9ヶ月目に分かった事実』でなく、政府やマスコミが4年近く隠し続けていた事実を、隠しきれなくなって12月21日に白状したのが真相である。
NHKスペシャルで、メルトダウン事故から3年9ヶ月ぶりに認めた『知れれざる大量放出』の『事実』とは、

事実その一、

メルトダウン事故では原発が爆発した3月11日から15日までの4日間では無かった。放出された放射能は4日間では25%で、75%はその後の2週間の間に福島第一原発から大量放出して東京など首都圏や静岡県まで汚染していた。
事実その二、

一番大量の10%もの放射能を放出していたのは一般市民に『原発が爆発する。100キロ圏から逃げてください』と言い残して自衛隊が全員逃亡した15日夜だった。

事実その三、

4号基の燃料プールの冷却を優先したのは、首相官邸にいたアメリカの原子力規制委員会(NRC)の意向だった。

事実その四、

消防車による原子炉への給水は圧力容器内にはほぼ届かず他に流れていた。、吉田所長ら原発職員等の行った小量の給水では冷却効果は無く、逆に水蒸気との化学反応で燃料棒が高温に成りメルトダウンを止めるどろか逆に促進していた。
事実その五、
放射性セシウムの大量放出が起きた原因とは、東京電力の吉田所長ら原発作業員が格納容器を守る目的でベント作業を繰り返した結果だった。





『余りにも恐ろしいNHK放送の「知られざる大量放出」と「知られざる未知の放射能汚染粒子」の複合効果の内容』




今回のNHKスペシャルの内容ですが、メルトダウンから3年9ヶ月ぶりに明らかにする真実と、それとは逆の責任逃れのための嘘八百の禍々しいグラデーションなのである。
サイエンスZEROが明らかにしたガラス化した不溶性セシウムの存在ですが、 (21日放送のNHKスペシャルで明らかになった)3・11のメルトダウン発生からだらだらと2週間以上もも続いた圧力容器への小量の水の補給で、核燃料の超高温状態が続いた結果生まれた、今までの例がどこにも無い特殊な(たぶん、世界で初めての)あまりにも危険過ぎる新種の放射能汚染物質なのです。
人類にとって、新発見のガラス化したセシウムは水にも熱にも酸にも溶けない不溶性の放射能汚染物質なので、被害がどれ程出るかは不明だが、間違いなく恐ろしい。

| 未分類 | コメント(0)

カーリーニョス ホリオン グレイシー一族裁判詳細

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%BC

ホリオンは法学士の学位をもっている。1999年から2000年にかけて、従兄弟のカーリー・グレイシーを相手取って商標権侵害をめぐり法廷で争った。ホリオンは最終的にこの裁判に勝訴し、三角形のロゴの商標権を侵害したとして賠償金108,000ドルと弁護士費用620,000ドルをカーリーに支払わせたが、陪審団は「グレイシー柔術 (Gracie Jiu-Jitsu)」という名称についてホリオンが連邦法上有効な商標権をもっていないとする、カーリーに有利な認定を下した[4]。

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 160

| 未分類 | コメント(0)

JUDO NEWAZA続報 ルールはなんと足関節あり 抑え込みで決着ならず 絞め 関節でのみ一本が決まるルール?

| 未分類 | コメント(0)

不正選挙がやりたい放題の北朝鮮同然の独裁国家ニッポン 秋葉原は戦前の全体主義 ネトウヨたちが集まる不気味な空間に

http://tanakaryusaku.jp/2014/12/00010459

【衆院選】 有権者の観覧を事実上禁止する開票所 許されるのは記者クラブ


2014年12月15日 00:10 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップ Clip to Evernote


制服警察官を伴った選挙管理委員会の職員(左)は有権者の男性に「ロープの外から出て行くよう」迫った。=14日夜、都内開票所 写真:筆者=
制服警察官を伴った選挙管理委員会の職員(左)は有権者の男性に「ロープの外から出て行くよう」迫った。=14日夜、都内開票所 写真:筆者=

 この国では自分の選挙権が正確に行使されているのかを確認できないことがあるようだ。

 筆者は14日夜、自分が選挙人名簿に記載されていて、自分が投票した東京都内のある開票所を参観しようとした。

 開票所の玄関で、氏名、住所、生年月日を書いて入場し、開票作業の観覧席のある4階に行った。

 ところが前方にはロープが張られていて『立入り禁止』の大きな札が懸かっていた。後ろから見るしかない。

 傾斜のついている観覧席があれば、双眼鏡で投票用紙を見ることができる。ところがこの開票所の観覧スペースは平板だった。これでは肝心の投票用紙が見えない。

 投票用紙の処理をめぐっては疑念が絶えない。コンピューター処理されるため、実際の投票数とコンピューターが弾き出す数字が違うのではないか、などだ。

 有権者が投じた票が正しく処理されているか。それを確認するのは当然の権利だ。公職選挙法(第69条)によれば、開票の参観を求めることができる。

 筆者はロープの内側に入った。ある記者クラブメディアの男性記者が筆者を けげん な目で見ていた。

 男性記者の姿が消えて1~2分もしないうちに選挙管理委員会の職員が制服警察官を伴ってやってきた。

ロープが張られ「立入り禁止」「報道機関以外・撮影禁止」の札が。=14日夜、都内開票所 写真:筆者=
ロープが張られ「立入り禁止」「報道機関以外・撮影禁止」の札が。=14日夜、都内開票所 写真:筆者=

 職員は「ロープの内側に入らないで下さい。入れるのは報道機関(記者クラブ)だけです」と、事務的に告げた。さも当然のような口調だった。

 ここの住民ではない記者クラブ員は入れて、税金を払い選挙権のある住民が入れない。あまりに理不尽だ。
  
 「有権者がロープの内側に入れないのは、何の法律に基づくのですか?」。筆者は問い質した。

 選挙管理委員会の職員は「一般の方は外側で観て頂くことになっております」の一点張りだ。

 筆者と同じように観覧に来た男性がいて、同様に職員から「ロープの外に出るよう」強く要請された。

 彼も「法的根拠のない退去要請には応じられない」として、ロープの内側に居続けて、ビデオカメラを回し続けた。

 記者クラブが権力の一角を占めていることは、疑いようのない事実だ。事実上、記者クラブ以外の観覧を認めないというのであれば、不正選挙はやり放題となる。

http://tanakaryusaku.jp/2014/12/00010449
【衆院選】 安倍ファイナルはやっぱりアキバ


2014年12月14日 00:23 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップ Clip to Evernote


安倍首相が会場に到着すると人々は日の丸の小旗を振って歓迎した。=13日午後7時30分頃、秋葉原 写真:筆者=
安倍首相が会場に到着すると人々は日の丸の小旗を振って歓迎した。=13日午後7時30分頃、秋葉原 写真:筆者=

「今回もこのアキハバラで締めくくりたいと思います」。

 衆院選最終日の13日夜、安倍晋三首相が「マイクおさめ」の場所に選んだのは、またしても秋葉原だった。オタクの聖地である。

 安倍首相の左手後ろには「AKB48カフェ」、真後ろには「ガンダムカフェ」。安倍首相の知的レベルにふさわしい場所だ。マンガ好きの麻生副総理を伴っている。

 「雇用が増えた。賃金が上がった」…選挙序盤戦で安倍首相は、アベノミクスの成果を吹聴していた。

 「雇用は非正規が増えただけ。労働者全体の実質賃金は減少した」。野党などからウソを指摘された安倍首相は終盤、夢を振りまくようになった。

 「中小企業、小規模事業者にも景気回復の暖かい風をお届けしていく。来年の4月、経済界は賃金を上げると約束しています。
 賃金は上がって行きます。そして再来年の春、翌年の春もしっかりと賃金を上げていけば、消費税に対応できる強い経済力を手に入れることができる」。

安倍首相の演説が終わっても、聴衆は日の丸を振り続けた。=13日午後8時前、秋葉原 写真:筆者=
安倍首相の演説が終わっても、聴衆は日の丸を振り続けた。=13日午後8時前、秋葉原 写真:筆者=

 演説会場の秋葉原駅前では、有志7~8人が日の丸の小旗を配って歩いた。Twitterの呼びかけで集まった即席の同志だ。1千本余りの小旗の費用は誰が出したのか、分からない。

 打ち振られる日の丸の小旗を前に、安倍首相は聴衆を くすぐる ことを忘れなかった―
「これまで円高のため、いくら(日本が)良い製品を作っても中国や韓国に負けていたんです」。

 聴衆からは「そうだっ!」の掛け声があがった。安倍首相は彼らの「嫌中・嫌韓」感情を刺激したのである。会場には殺気さえ漂った。

 「安倍さんガンバレー」とかん高い声を飛ばしていた女性(30歳・主婦)は、「熱烈安倍ファン」という。

 「『(日本を)こういう風にしたいから、こうしたんです』-夢と現実と希望を語ってくれるのは安倍さんだけ」。彼女は安倍首相の魅力をこう分析した。
 
 現実を粉飾して単純なロジックで夢を振り撒く。不況の時代、国民を熱狂させる独裁者はいとも簡単に登場する。

| 未分類 | コメント(0)

グレイシーのストップキックはブルースリーのストップキックが源流か?

http://plaza.rakuten.co.jp/bewater/diary/200908160000/
ヒクソン・グレイシーとジークンドー
(2)
テーマ:格闘技・プロレスを語ろう(15300)
カテゴリ:渡米日記

ヒクソン

昨日、誰かに聞かれた。

最強の日本人って誰ですか?

…最強って何?

総合格闘技の中での最強?日本人全員の中での最強?

わかりません。1億人以上も人間がいるので。

まあ、自分じゃないのは確かだけど。

1対1が強くても、武器に弱い人もいるだろうし、多人数が苦手の人もいるだろうし、リングで戦うのが全てじゃない。

名前の知られていない猛者、ケンカ十段、達人は、探せば相当いるだろう。

昔、最強と呼ばれていたヒクソン・グレイシー。

どう考えても強い人だけど、最強論争が好きな人は、いまだに彼をリングに上げたがる。

ヒクソンの道場で柔術の練習している時、弟子の誰かが聞いた。

「ケンカの時は、どうするんだ?」

ヒクソン曰く「膝を蹴れ!」

?!それってジークンドーじゃん。

ヒクソン曰く「以前、駐車場を歩いていたら、2人のチンピラにケンカを売られた。一人が襲ってきたので、膝を蹴ったら、倒れて泣き出しやがった。もう一人はさっさと逃げて行ったよ。ハッハッハッ!…だから膝を蹴れ!」

あとで中村頼永師父に聞いたところ、ヒクソンの愛読書は、ブルース・リー師祖の「Tao of Jeet Kune(ジークンドー)」と宮本武蔵の「五輪書」らしい。

あまり知られていることではないが、ヒクソンの柔術には、ジークンドーが取り入れられている。それは、バーリ・トゥードの試合でも見ることができる。

そういった、自分の得意分野以外のところからでもいろいろ研究し、吸収して、実際に使うというのが、ヒクソンの凄さだと思う。

また別の日、別の弟子が聞いた。

「ブルース・リーって強いのか?」

つづく…

http://plaza.rakuten.co.jp/bewater/diary/200908170000/

ヒクソン・グレイシーとブルース・リー
(5)
テーマ:格闘技・プロレスを語ろう(15300)
カテゴリ:渡米日記

8/17(月)20:40頃 地震があった。揺れの具合からすると震度2~3。

仕事場にいたが、壁が震えて、地面が揺れた。こわれものがたくさんある店だが、幸い何も壊れなかった。

久々に感じた揺れだったので、4年前の福岡西方沖地震を思い出した。

************************************************

アメリカのヒクソン・グレイシー柔術アカデミーに行ってた時のこと。

ある日、弟子の一人が言った。

「ブルース・リーは強いのか?どう思う?」

ヒクソン曰く「彼は、すばらしい哲学者だ。もちろん強い。彼のジークンドーは最高だ。」

と、とにかくほめまくり。それだけ研究しているのがわかる。

弟子「じゃあ、ヒクソンとブルース・リーが戦ったら?」

ヒクソンがこっちを指差し聞いた。

「お前は何kgだ?」

俺「?…55kgです。」

ヒクソン「ブルース・リーは確かに強いけど、体重はこいつくらいしかないんだ。ハッハッハ!」

(ブルース・リー師祖の体重は、約56~65kg)

ブルースは軽いから俺が勝つ!みたいなニュアンスだったが、勝つとは言わなかった。しかもこの会話は着替えながらやっていたので、着替え終わったら皆帰ってしまった。

間近で見たヒクソンの大胸筋はものすごかった。半ケツピチピチブリーフ(色は黒)もすごかった。

確か、何かのビデオでヒクソンがブルース・リー師祖を褒めていたのを見たことがある。もし戦ったら?というインタビュアーのセリフには、

「俺が勝つ!」と自信満々だった。

対照的に同じビデオの中で、ジェロム・レ・バンナは、「勝つのはブルースだ。俺は勝てないよ。」と言っていた。

ブルース・リー師祖は亡くなっているので、戦うことは不可能だが、もし戦ったならば、ヒクソンはかなり打撃をくらうと思う。

しかし、ヒクソンがいったん寝技に持ち込むと、ブルース・リーは逃げられないだろう。だが、かみつきや金的、目潰しが許されるなら…あるいは場所がどこか、グローブがあるかどうか、…とにかくいろいろな要素で、どう転ぶかわからない。

| 未分類 | コメント(0)

犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病


イギリス 犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起... 投稿者 tvpickup

CS放送・ヒストリーチャンネル 特集「今、そこにある危機」 2013.6.25.

イギリスでは、純血種の犬たちに遺伝性の障害や病気が多発している。血統を守ることを優先するあまり、近親交配が重ねられているのがその原因である。純血種の犬がおかれている過酷な現実を、イギリス・ケンネルクラブの関係者、獣医師、ブリーダーなどへのインタビューを通して明らかにしていく。

 近年、純血種の犬たちが先天的に重い障害や病気をもって生まれるケースが急増している。繁殖力が弱くなってるという指摘もあり、このままではいくつかの犬種は消えてしまう危険さえあるという。最大の原因は、犬の血統を管理する団体、ケンネルクラブが定めている「犬種標準」。犬種ごとに望ましいとされる特徴を記した、いわばブリーダーたちのバイブルだ。犬種標準を満たす犬を作り出し、「よい」特徴を定着させるため、ブリーダーたちは近親交配を繰り返してきた。明らかに遺伝的な問題が起こると予想される近親交配であるが、ケンネルクラブはこれを禁じていない。それどころか、少しでも基準に合わない犬が生まれると安楽死の措置がとられることもある。番組では、2年間にわたる取材で明らかになった、純血種の繁殖の現状をリポートする。

http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/37128d5faed8aeba5660411a3eb08ba3

犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病~
2013-03-10 20:16:13 |  声 な き 動 物 た ち

純血種の多くは健康上の不安を抱えています。

キャバリアは脊髄空洞症。
ラブラドールレトリーバーは間接と目の病気。
スプリンガースパニエルは酵素欠乏症。
ゴールデンレトリーバーは発ガン率が高く。
ウエストハイランドホワイトテリアはアレルギーに悩まされています。
ボクサーは心臓病、ガン、脳腫瘍など、生命に関わる疾患をいくつか抱えています。




BS世界のドキュメンタリー
犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病~ イギリスBBC
2009年5月29日 金曜深夜[土曜午前 0:10~1:00]
 再放送 09年9月23日 水曜 午後10:10~11:00
   10年8月11日 水曜 午前10:00~10:50
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/090529.html

《担当者メモ》
イギリスでの放送後に大きな反響を呼んだドキュメンタリーです。その後、イギリスのケンネル・クラブは犬種標準を見直し、いくつかの犬種については標準を緩和するなど“暫定版”犬種標準を発表しました。2009年6月末まで専門家や関係者からの意見を受けつけ、秋ごろまでに新たな犬種標準を作る予定だそうです。また、近親交配によって生まれた子犬の登録を受けつけないことにするなど、ブリーダーたちに無理のない繁殖への協力を呼びかけています。
人間にとってもっとも身近な動物である犬の現状について考えさせられる作品です。






特定されている犬の遺伝病はおよそ500。
人間より数は少ないものの、罹患率ははるかに高くなっています。
※【罹患率(りかんりつ)】一定期間に発生した特定の疾病の新患者数の、その疾病にかかる危険にさらされた人口に対する比率。普通人口一〇万人当たりの数値で示す。罹病率。疾病率。


ブリーダー(繁殖業者)は言います。
「この犬種はこの容姿じゃないとだめなの。この犬種と認められない犬は安楽死にするよう獣医に頼むの。でも獣医は容姿以外どこも悪くないと言って聞き入れてくれません。だから結局付き合いの長い獣医の所へ行って安楽死させる事になるんです。」





主にドッグショーでの純血種としての容姿を求められ、近親交配をさせられ続けている純血種より、雑種犬の方が健康で寿命も長いと言う調査結果があります。
ペットの保険業界はこの事をよく知っています。
他ならぬケンネルクラブを通して医療保険をかける場合も、雑種犬の保険料は例えばブルドッグの半額以下です。

※例えば日本のケンネルクラブ。社団法人 ジャパンケンネルクラブ http://www.jkc.or.jp/
ドッグショーとは、犬の姿形を審査する「品評会」で、それぞれの犬種の理想にもっとも近い犬を評価する目的で行われるものです。犬種ごとに理想像を定めた文書を専門用語で「犬種標準(Standard : スタンダード)」といい、ドッグショーではこの「犬種標準」が審査の基準となっています。





自らも繁殖(ブリーディング)をしていると言うイギリスのケンネルクラブ会長に尋ねました。
親子の間で交配したことは?「ありません」兄弟姉妹は?「いいえ」祖父と孫は?「・・あります」


想像してみてください。
あなたの娘があなたの父親との間の子供を産まされるのです。

犬のために最大限の努力をすると言っているケンネルクラブは、それについての規制や罰則を設けようとする事はありません。

近親交配は、犬の免疫系に深刻な打撃を与えるため、感染症への抵抗力が非常に弱くなります。
そして最後には、生殖不能になってしまうのです。



純血種だけではありません。
安く大量に作り利益を求める繁殖・販売業者は、見た目の可愛さを重視し、雑種犬でも同じように近親交配を繰り返します。
純血種だと偽り、血統証明書を偽造する事も珍しくありません。


犬のため、動物のためと言いながら、つまりは顧客や観客が欲しがり求める動物を作り出したいだけなのです。



[クリエーター情報なし] 誰も教えてくれない犬・猫ブリーダーの始め方・儲け方―人気ペットの子犬たちが…1匹ウン十万円!!
横山貴史
ぱる出版





苦しんでいる動物を”生かせておきたいと考える”人の意志で生かせ続けることへの疑問が沸いてくる。

「生きていて欲しい」「自分のそばに置いておきたい」と言う気持ちが、「苦しませたくない」「痛みを取り除いてあげたい」と思う気持ちよりも勝ってしまうこと。

手術をして目が覚めるとまた苦痛でのた打ち回る生活を過ごさなければいけない。
それがどれほどの辛い苦しみなのかは想像ができる。

例えば麻酔をされて意識を失う時、その後意識が戻るか戻らないかは関係がなく、ただ眠りにつくんです。

夜眠りについて朝目覚めるか、それっきり二度と目覚めないかの違いです。

もし僕が二度と目覚めることがなく死んだ時、有難いことに悲しみや寂しさを感じてくれる人や動物が少しはいると思う。
けれどもし、目覚める度に腕をもがれるほどの苦痛を味わうとすれば目覚めたいだろうか。
生きていて欲しいと願われたとしてもその願いを叶えることを優先するべきだろうか。
生きていて欲しいからと生涯続く苦痛を味わわせることを選んで良いのだろうか。


人間の決定に従うだけで自分の意志を伝えることのできない動物だからこそ、動物の立場に立って考えられる人、自分の身に置き換え行動できる人が必要なのではないでしょうか。

命を救おう、救いたいと思う心はとても大切です。
死そのものよりも悲惨で辛い現実もあると言う事も頭においておくべきではないでしょうか。

| 未分類 | コメント(0)

韓国武道のインチキ起源を叩く一方で日本武道系ネトウヨたちが触れたがらない歴史の闇 昭和11年、軍国主義の台頭により、「唐手」の文字が問題として取り上げられた。軍部から「唐」の文字を使うのをやめ、「空手」に変名せよとの圧力をうけ、唐手座談会として当時の唐手界第一人者を集め、軍隊・警察関係者の監視のもとに「空手」に変名させられた

http://www.kendougaku.com/section4.html

昭和前期

 昭和11年、軍国主義の台頭により、「唐手」の文字が問題として取り上げられた。軍部から「唐」の文字を使うのをやめ、「空手」に変名せよとの圧力をうけ、唐手座談会として当時の唐手界第一人者を集め、軍隊・警察関係者の監視のもとに「空手」に変名させられた。
 当時の唐手界の状況をみると、本土では東京・大阪の大学・道場で数箇所指導されていたが、広くは知られていない。沖縄では学校での指導以外に数道場が三組織に分かれていた。本土・沖縄ともに、理論大系・段の決定・技の名称・指導方針・練習着など基礎的な事柄から技までまったく整っておらず、統一の試みもなされたが、不成功に終わった。
 昭和20年代後期になり、戦後の混乱から社会が少しずつ落ち着いてくると、青年たちに余暇が生じてくる。ここに、道具が不要なことに、暴力性も加わり、空手に関心を持つ者が現われはじめたが、社会の荒廃の影響で、暴力的な者が好む傾向が強くなる。そこで、空手でも技術的に簡単ですぐに学べるものが流行する。流行に伴ない、指導者が不足し、空手を少ししか知らない者までが金儲けのために無責任な指導を行った。ここに空手の質的低下が著しくなり、社会的にも低く見られるようになってしまった。
 空手の練習は型中心であったが、昭和10年頃から大学で試合を考える者が出始めた。しかし、旧習に押され消えていった。昭和24、25年頃から一・二個所の道場で防具を考え試合を行う指導者が出始める。これがスポーツ化の発芽と言える。しかし、面・手・睾丸の防具の発明ができず、スポーツ化は進まなかった。

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 159

| 未分類 | コメント(0)

現代思想2013年10月増刊号 ブルース・リー 没後40年 蘇るドラゴン p160より ポスト植民地 ポスト帝国の 日本のカラテ 韓国武道を日本武道系ネトウヨが叩く一方で戦前の日本武道の沖縄起源 中国福建省起源を闇に葬った過去には触れたくない理由 唐手から空手に名称が変わった訳とは

今日こそ空手は日本の武道であるというイメージは定着しているが 歴史をたどれば それが自明のことではないことが分かる
中国南部に起源を持つとされる 沖縄の武術 唐手 は船越儀珍らによって日本内地に紹介され 一九二〇年代以降 帯の色による昇段制度など講道館柔道にならった制度を取り入れつつ 大学のサークルなどを通じて普及していく
しかし こうした普及の過程で その起源に関する言説には変化が見られた
船越の一九二二年の著作 琉球拳法 唐手 では 唐手 は沖縄独特の拳法と位置づけられていたのに対し
同じ著者による 空手道教範 では唐手という表記は 支那拳法 と同一視される恐れがあり
沖縄の武術 から手 と言はんよりも 既に日本の武術 から手 となっている今日 においては不適切であるとされ 唐 の字を廃して 空手 という表記に改めるということが記されている
ここにおいて 空手は中国南部の起源のみならず 沖縄のものであることも否定されている
後者の執筆に先立つ一九三五年 空手は大日本武徳会により 柔道の下部単位として承認を受けていたが 船越の後者の著名に 空手道 という 柔道 剣道 にならった 道 という文字が使用されているのはこうした敬意によるものでろう
その一方で 戦中から終戦直後の空手の展開を見れば 大山や 大山が師と仰いだ曹寧柱の他に 防具を着用した直接打撃による空手の試合形式を採用した韓武館を設立した尹曦炳など 戦前 戦中に空手を学んだ朝鮮半島出身者の活躍が目立つ
戦後韓国でテコンドーの創設に関わった者の多くは戦前に松濤館などで空手を学んでいたが そのことも 裏を返せばそれだけ朝鮮半島出身の空手家の存在が際立っていたことを示している
戦前において空手が 日本の武術 となったことは 多民族からなる植民地帝国としての当時の 日本 の要素がそこに混入することを意味しており そのことが戦後直後の空手の展開にも影響を与えていたと考えられてよう 
戦後アメリカのエンターティーメントにおける空手のイメージの浸透過程で大山ら朝鮮半島出身者が活躍したことも こうした文脈から捉えることが可能であろう

| 未分類 | コメント(0)

アメリカーナとキムラの違い キムラロックの由来は木村政彦 ではアメリカーナの由来は??





























| 未分類 | コメント(0)

ゴング格闘技に柔術の記事が皆無な理由 柔術界の大御所ライター橋本欽也氏とゴング格闘技編集長松山郷氏が犬猿の仲





| 未分類 | コメント(0)

サーフィンサイトより

http://waval.net/new/8607

【子供に柔術をやらせるべき9つの理由】プロサーファーにも人気のブラジリアン柔術とは?

驚き

2014/12/05
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマーク

全ての子を持つ親に言いたい。あらゆるスポーツをやる前に、まず何よりも子供には柔術をやらせるべきだ。

Byケリー・スレーター

あのケリー・スレーターも柔術家だ(ブラジリアン柔術とは?)。またロングボード前世界チャンピオン、ジョエル・チューダーも柔術家で、しかも2008年に最上位クラスの黒帯にまでなっている。そして小川和之 (AXIS一宮支部所属)など日本のプロサーファーにも柔術家は多い。

”レッツBJJ 大人の部活『子供に柔術をやらせなさい。』”という良記事があったので恐縮ながら少し編集させて頂き今回、子供に柔術をやらせるべき理由を伝えようと思う。子供を持つ親としては必見の内容となっている。

1.脳が発達し、論理的思考も身に付く

定期的な運動は、脳の発育に非常に良く、また柔術は論理的に構築された格闘技な為、それを学習する過程であらゆる勉強の基礎が自然と身に付く。将棋に似た要素がある。

2.いじめられなくなる

柔術の経験により、学校でのいじめっ子の暴力が怖くなくなる。

3.いじめっ子になり辛い

柔術を通し、どこまでやっていいか、いけないかという”限度”と、やられる”痛み”を知ります。限度と痛みを知る事で相手を痛めようと思わなくなります。また道場で体験する相手を怪我させずに戦う事の大事さを知れば誰かを怪我させようとは思いません。

4.怪我し辛い身体になる

何もしないより怪我するかもしれませんが、身体の柔軟性、筋力、バランス感覚が付きます。普段から怪我しにくい体になるでしょう。 また柔道や空手よりも怪我する機会は少ないです。

5.人への抵抗がなくなる

取っ組み合いのコミュニケーションは人と人の心の壁を簡単に取り払います。 子供時代にそれを体験しておくと、人との対面を恐れない人間になるでしょう。

6.友達ができ、人種や価値観の壁を超え国際的に

試合に出たり、苦楽を共にすることで絆が深まります。また柔術道場は国籍や年齢問わず、色んな人種の方が練習に訪れる為、国際的な人間に成長します。

7.ストレス解消になる

現代の子供はゲームやったりで、外であまり遊ばなくなっています。 そもそも少子化により外で遊ぶ友達も少なくなっています。柔術は子供の暴れたい欲求を解消します。

8.躾(しつけ)となりマナーを覚える

柔術での基本的な教えは 相手がいないと成立しないということです。よって相手を思いやったり、尊重することを学べます。言葉遣い、 掃除片付け、自分より下の者への配慮。あらゆる社会的ルールを学べるでしょう。

9.費用が安い

最初に道着代1万。キッズの月謝は安く3000円~5000円程。

記事参照元:レッツBJJ 大人の部活『子供に柔術をやらせなさい。』

ブラジリアン柔術は本当に奥が深い。”紳士であることと、強さは共存する” 真の紳士に育てるならこれだと思う。
ただ結局親は子供には何かを無理にやらせようとはせず、まずは色々な機会を与える事が親の役目だ。そして子供が自らやりたいと思う習い事をさせるのが一番だ。その親が与える始めの選択肢にサーフィンやグレイシー柔術も入っていれば嬉しく思う。

| 未分類 | コメント(0)

ミズノ ヒクソングレイシーモデル ギの謎 ヒクソンが柔術向けにオーダーメイドした柔道着である

ヒクソングレイシーミズノ


http://www.ryureviews.com/Gi-detail/mizuno-rickson-gracie/

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/budou/1236681261/5

・MIZUNO(番外)
 ヒクソン・グレイシーがミズノ製道衣を使っていることが、時折話題になるので挙げてみました。
 現在、ミズノは柔術衣をラインナップしていませんが、柔道衣の上級モデルが寸法フルオーダーで特注できるので、
 ヒクソンは柔術向けに、細身の柔道衣を特注して使っているのでは?と推定されます。

| 未分類 | コメント(0)

もうだいぶ前になるかと思いますが、私が柔術を始めたころミズノの営業さんに 「柔術衣を出したら絶対に売れますよ」と話したことがあります。 現在でも売り出されていないところをみると、興味が無いのかもしれませんね。 しかしミズノの柔道衣というのは、海外では絶大な人気を誇るブランドです。 日本で買う価格の倍近い値段で売り買いされていますし、下手すると合宿などで盗まれてしまうほどです。 それに海外では柔道も柔術もやるという人が多いでしょうから、ミズノが柔術衣を出したら売れるでしょうね。 実際、日本で売り出されたら私も買うと思います。 そして柔術衣はファッション性があるという点が違いますね。 柔道衣は稽古頻度に合わせ2~3着が平均的だと思いますが、 柔術衣はまず稽古頻度で何着ではなく、かっこいいもの、 欲しいものがあったら何着でも買ってしまうのではないでしょうか。 ただ、さすがに私ごとき柔道家では、巨大企業ミズノは動かせません。 何を言っても一蹴されてしまうのではないでしょうか。











http://letsbjj.jugem.jp/?eid=82
小室宏二先生に聞きたいこと。 第一回
JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

小室宏二が現在の柔道界を語る。編

みなさん、コムロックという技をしっていますか?技というか形なんですが
相手の腕を正面から抱えて、相手の襟を取る形。
ラップトアーム、小手巻き。とも言いますが、コムロックで通じる事が多いですね。
その小手巻にコムロックという名前を付けた張本人、小室先生に今日は登場してもらいます。
わーパチパチ。では、お楽しみください。

黒帯ロングインタビュー第三弾!!今日はコムロック先生をお呼びしました。

6.jpg

「どうもこんにちは、Komlockこと小室宏二です。
Let's Bjjに今日は丸裸にされにきました。どうぞ、お手柔らかに。」

小室宏二先生(こむろこうじ)通称 komlock(コムロック)
めちゃくちゃ強い人。詳しい経歴はコチラ wiki

藤原
まず、先日のアジア柔道形選手権大会優勝おめでとうございます。
Youtube見ましたが、切れがあってかっこよかったです。
あの足を開くポーズ、見事です!!




では、さっそく質問です。


Q.以前当ブログで、柔道と柔術の違いを記事にしたんですが
小室先生は両方の業界の架け橋的存在であると思います。なのでお聞きしたいんですが
柔道界と柔術界の大きな違いはやはり、その普及度だと思います。
柔術は国内では、まだまだマイナー競技です。柔道は学校で学べますが、
柔術はお金を払って学びに行く必要があります。
しかし、柔術の元をたどれば日本人がブラジルにもたらした格闘技なわけで、
小室先生的には、この2つは今後未来、相容れると思いますか?
それとも、柔術は日本ではこの先もずっと海外のマイナーな一(いち)格闘技という扱いをされると思いますか?


komlock
3.jpg

最初から大きなテーマですね。
一流派にしか過ぎなかった柔道が警視庁に採用され、学校体育に採用され、
そしてオリンピック種目になったことはとても大きなことだと思います。
それによって指導者の就職先が広く確保されたわけですから。当時、
武道家の悩みはそれ一筋で食べていくことが困難だったことが挙げられます。

現在でも、柔道の指導者として道場経営専業で生活されている方は殆どいません。
普及の成功と同時に、就職先の広がったことが柔道界にとっては、とても大きなことだったと思います。
その点でも嘉納師範の功績は偉大だと思います。

しかし柔道は登録人口が減少の一途です。
これは昨今の様々なマイナス要因(事故、金、暴力)があるからですが、危機的状況です。

その一方で、柔術は普及拡大のチャンスが充分あるのではないでしょうか。
子供の数が減り、逆に親は子供の教育にお金を掛けるようになっています。
大人が護身や生涯スポーツとして楽しむためのシステム
(年齢別、体重別、習熟度別)が柔術しっかりしていますから。

さて、相容れるかどうかというのもは、どこで判断するかが難しいところです。
以前柔道をやっていたけど、大人になってから柔道をするところが少なく、
柔術を始めたという人もいるでしょう。
選手(現場)レベルでは、相互に技術交流する場面も多くなってきました。

20.jpg

しかし残念な話もあります。
私がトライフォース五反田で柔道クラスに参加するようになってから間もなく4年になります。
今年の春、講道館から「今年度、非常勤指導員として協力して欲しい」という依頼があり、快諾したのですが
逆に講道館の一部から「柔術ジムで指導する人間が、講道館で指導するのはいかがなものか」という異論が出たそうです。
そして結果的に断られました。依頼があって、引き受けたら断られたという。。。

つい最近には国際柔道連盟(IJF)がランキング入りした選手に対して、
他格闘技への出場を制限する通達を出したそうです。(詳しくはここ)
相容れないというのは多くの場合、連盟や指導者が
自分の立場や利権を失うことを危惧したときに隔たりを作ろうとするのではないでしょうか。

柔術は国際的に観れば、すでにメジャースポーツではありませんか?
今後、さらなる発展を望むのであれば「教育」や「護身」「生涯スポーツ」
といったキーワードを強化し、学校体育や警備会社などの職業技術に採用される
といった事柄が必要になるのではないかと思います。


藤原
なるほど。ちょっと柔道界、よくないバイブス出てますね。
利権問題とか難しいこともあるんでしょうけど、やってて楽しい柔術は
これからも、もっと世界で流行りそうなんで、共に手を取って、
このビッグウェーブに逆に乗るべきですよね。








元祖柔術の図

藤原
ところで、読者のみなさんは柔道と柔術の関係性についてご存じかな?
すごい簡単に説明すると、大昔は柔術という武士の近接格闘術の町道場が全国に
点々と存在してたんですが、講道館の嘉納(かのう)さんって人が、スポーツライクにしたのが
今の柔道で、それは非常に世界的に普及したんですよ。オリンピック競技にもなってるし。
しかし、同時に講道館を追い出された、ちょっと乱暴者の前田さんと言う人が、
ブラジルでグレイシーという金持ちに教えてたのが、どっちかというと護身術よりの柔術で、
講道館がやらない寝技をがっつり教えたんですね。
それが今のグレイシー柔術の元になって、競技化してブラジリアン柔術になり、それは現在、
昔の柔道くらい世界に急速に伝播しているという感じなんですよ。まぁでも元をたどれば、
どっちも日本初の武士の戦闘術だったわけですよ。

どっちも元が一緒なんだから仲良くしようぜ



komlock
9.jpg

柔道には嘉納師範が提唱した「自他(融和)共栄」という格言があります。
これは是非、意味を調べて欲しいのですが、柔道の有段者であれば知らない人はいません。
嘉納師範が生きた時代は、世界的に諍いがあり、平和とは言いがたい時代でした。
だからこその言葉だとは思いますが、この言葉自体、多くのことに転用できるものだと考えています。
自分が取り組む武道が唯一無二で、他が下劣なのか、そんなことは無いと思います。
多くの柔道高段者はこの言葉を知り、生徒に説いておきながら、実はそのこと自体を実行できていません。
もしかしたら嘉納師範もそういった経験を踏まえて、この言葉を遺したのかもしれません。


don't forget my word.




続いての質問です。


小室宏二 柔道固技教本 〜寝技で勝ちたいすべての柔道家へ!〜
Q.固め技教本読みました。素晴らしい本ですね。
私はこの手の本を買うと、まずコラムを読みます。
この本はコラムが充実してて、本当にこの本を出すのが長年の夢だったというのがよくわかりました。

・本を出してみてどうでしたか?何か変わりましたか?
・なぜ、DVDなしの書籍を出したんですか?何かこだわりがあったんでしょうか?



komlock
16.jpg

私に高専柔道を教えてくれた平田鼎(ひらた・かなえ)師範が、学生時代に亡くなりました。
実は亡くなってから、あの人はすごい人でDVDなどを出版してる事を知りました。
その中で師範は生前と同じように、技術指導をされていました。この時、技術を形に残すことへの憧れを抱きました。
院生になり、筑波大学の小俣幸嗣(コマタ コウジ)先生のもとでコーチ学を学びました。
そこで

「柏崎克彦氏、(国際武道大学)のあと、寝業師で、もの書ける人間がいない。お前がやるしかないだろ。
筑波大学(前・東京教育大学)にはそういう使命があるんだよ」

と言われました。そこでスイッチ入りました。

とはいえ、私はオリンピックにも出ていないしメダリストでもありません。
当然、出版社から声が掛かるわけもなく、ただ憧れるだけで時が過ぎていました。

そんな時、コンテンダーズで矢野さんかトイカツさんとの試合後、クエストの方から声を掛けて頂きました。

「ズバリ、コムロック!分かっていても極まってしまう。これ出しましょう!」

格闘技の世界でもそれほど大きな活躍していない私ですが、
運良くコムロックと袖車絞という得意技二つが勝手に有名になってくれました。
これによりまず最初にDVDを出版することができました。

小室宏二 ザ・コムロック [DVD]

この時の私は指導者というよりは選手でした。だから指導者向けではなく、俺の技はこれ!という感じで作りました。
技術解説して、試合例を見せて、それをまた解説する。この手法が当時は斬新で、当初の目標を大幅に上回る売れ行きでした。

お陰で数年後、今度は指導者として、DVD固技上達法をリリースさせてもらいました。

柔道固技上達法DVD-BOX
この上達法のために作った相当数の資料を転用したのが、私にとって初めての単独著書「柔道固技教本」です。

これは相当な労力でした。
写真を何度も撮り直し、何度も書き換えました。結果的に、構想から出版まで3〜4年かかってしまいました。
私は柏崎先生の「寝技で勝つ柔道 」に相当な影響を受けました。あの本は格言やコラムが素晴らしいです。
それで拙著にもコラムを多く盛り込みました。もしかしたら遺作になるかもしれない。
そうなっても良いように、出し惜しみせず私の全てを収録しました。

前置きが長くなりましたが本題です。
私が「柔道固技教本」を出版することができたのはクエストのお陰です。大恩あるクエストの商売に、
悪影響を及ぼすことなんてできません。構想の時からDVDの付録は考えませんでした。
商売的に考えると付録にした方が良かったのかも知れませんが、私にはそれはできませんでした。

それで出版したことで変わったこと。
まずは戴いた印税で予定より少し早く奨学金を返還できました。
学生時代、親から独立して進学したので数百万円の借金がありました。
10年くらいかけてコツコツ返還していたのですが、それが少し早めることができました。

また多くの方に私を知ってもらうことができました。一度も会ったことない柔道家でも
「本を見たことがあります」「コムロックの小室先生ですよね?」なんて言われたりします。
柔道界での実績がそれほどある訳ではないのに、知ってもらえた価値というのは大きいと思います。

別件ですが、この柔道固技教本を電子書籍として販売する準備をしています。今回は日本語だけでなく、
英語版も準備をしており、データはすでに揃えています。ただこれをKindleなどで出版するところで、
スタッフが多忙を窮め行き詰っています。どなたか電子書籍の出版でお手伝いできる方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いします。

藤原
技術解説して、試合例を見せて、それをまた解説する。って今じゃ結構あたりまえですよね。
小室宏二 ザ・コムロック [DVD]はその先駆的DVDだったんですね。
そして、小室宏二 柔道固技教本 〜寝技で勝ちたいすべての柔道家へ!〜 がDVD付きではないのは、
クエストさんですでに同内容のDVDを出していたからだったのですね。う~ん。義理堅い!!
そして、柔道のために借金して、柔道で返した。というのはいい話ですね。
柔道の為に苦労して学費を作ってくれた、お寿司屋さんのご両親にも報いたのではないでしょうか。
かっこいいです。

ちなみにkindle版作るのに、どんな技術を持った人が必要なんですか?詳細いただければここで募集しますよ。

komlock
11.jpg

もうデータがあるので、Kindleとして登録、アップするだけだと思うのですが、
それ自体がどうやるのか分かりません。個人でも出版できるそうなのですが・・・(出版元とは話はついています)
柔道のルールは毎年のように変わっていますし、技術にも流行があります。
できるだけ早く出版したいと焦っています。特に英語版は早く世界中に届けたいです。


藤原
ということです。kindle出版に明るい読者の方で手伝っちゃるよ。という方
ご一報を!!


第二回に続く。
http://letsbjj.jugem.jp/?eid=83
小室宏二先生に聞きたいこと。 第二回
JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

熱血教師小室宏二に迫る!!編



Q.小室先生的には我々オジサンの趣味の週末柔術家をどう思いますか?
私はストイックな柔道家の人の本を読んでいると、
正直「何もいえねぇ。」状態になってしまいます。

komlock
7.jpg

私は現役時代、自他共に認める、かなりストイックな選手でした。
悪かったのは他の選手(仲間)に対しても、自分の基準で見てしまったことです。
惰性で過ごしたり、妥協した取り組みをする選手を許せませんでした。
だから現役時代は恐い顔してましたよ、いつも。

アテネオリンピックの最終選考会で敗れ、一線を退いたあとは
生涯スポーツとして柔道に取り組み始めました。
それからは指導法や技術の追求をするようになったのですが、
柔道を楽しいと思うようになったのはそれからです。

だから程度の差はあれ、趣味の週末柔術家の取り組み方もよく理解できますよ。
私だって、その一端だと思っているくらいです。
よく「家庭内予選を勝ち抜ければ~」なんて表現がありますが、本当に、そこは大事なことです。
趣味、仕事、家庭、それのバランスを保つことが大切だと思います。
先に挙げた「普及」という点においても、週末柔術家がいかに楽しむことができるか、
そこがポイントだと思います。

藤原
安心しました。LetsBJJの読者も、ストイックでないことを恥じなくていいですよ!!



Q.ところで、小室先生はドSですか?私最初にFacebookで見た時から
絶対そうに違いない!!と睨んでいたんですが、あたってますか?



komlock
1.jpg

ドSだと思います。(キッパリ)
一方で、現役時代は自分に対してとことん厳しくしていました。
自分の身体をいじめ抜いて、いじめ抜いて・・・
23歳の時、あまりに疲れが抜けきらず「オーバートレーニング症候群」と診断されたこともあるくらいです。
ある意味、これは自分に対してSであり、見方によってはMですよね。
友人が言っていました。「SとMは紙一重」だと。

藤原
やっぱりそうですか。私はそういうのすぐわかるんです。





Q.小室先生は、普段は高校の先生をしてらっしゃるとの事ですが、
どういう先生なんですか?優しいですか?それとも超怖いですか?



komlock
19.jpg

多くの生徒に対しては恐い存在だと思います。
生徒には今、恐い存在なんていませんから、そういう存在にならなければと思っています。
私自身は保健体育科教師ですから、進学指導よりも生活指導が校務では多いです。
そうした中で「最低限の常識を身につけた青年として世に送り出す」ことも仕事の1つだと思っています。
良い大学に入れさえすればいいという風潮にある教育界において、ここだけは崩したくないところです。
そういった意味で、今の生徒には恐い存在がありません。
期限を守る、約束を守る、服装を正す、自由には義務と責任があるということを口を酸っぱくして説いています。
しかし、現実にはなかなか厳しい世界です。




藤原
今時珍しい熱血教師っぷりですね。自ら鬼軍曹役を買っているわけですね。
生徒と友達になりなさい。みたいな軟弱スタイルは小室先生には合いませんね。
教育委員会もPTAも、厳しさは愛情の一つだということを理解してほしいです。
実は、私は学生時代、よく小室先生のような先生にに殴られていました。
殴られるだけのことをしていたのですが
自由には責任と義務がある。ということを理解してなかったんですね。

その後、自由を求めて上京して、色々とうまくいかず苦労してやっと先生の言っていることが
理解できた38歳です。


komlock
18.jpg

進学することはもちろん大切なことですが、人間力、コミュニケーション力、
もっと言えば社会常識だって凄く大切なことなんです。そこを疎かにしても、
社会に出てから必ず躓きます。そういった点を伝えていきたいと思います。
ただ最近はすぐに体罰だと言われてしまいますので、私たちの時代のように手を挙げることはありません。
そういった点でも「怖いものがない」状態なんだと思います。




Q.学校に生意気な生徒はいますか?私の知り合いの体育教師は、
昔と違って最近の子たちは大人しすぎて、面白くない。といっていました。

komlock
15.jpg14.jpg

タバコを吸うとか、他校と抗争だとか、そういうのはもう皆無です。
外見は大人しい一方で、ネット(SNS)でのトラブルが激増していて、対応に苦慮しています。
面白くないとかそういう次元ではないのですが、勤務校では顧問を務める柔道部が廃部寸前です。
柔道が受け入れられないのか、私が恐いのか、おそらくは両方だと思いますが最も苦慮しているところです。

藤原
ネットでトラブル!?悪口書いたりとかですか?
リアルファイトを教えてやらなきゃダメですね。
喧嘩は畳の上でするもんなんだぞ。と教えてやってください。
それよりも柔道部が廃部寸前ってヤバいじゃないですか。
なんのために小室先生が学校にいるかわからない。
これはもう、いっそ、小室先生!!逆に荒れた学校に転勤してみてはいかかですか?
まずは不良どもを、一人づつ極めて、柔道部に入れるんですよ。
そして、スクールウォーズみたいに、柔道で学校を立て直してください。
スクールウォーズ柔道編ですよ。。そして、ドラマ化希望。


komlock
20.jpg

勤務校は東急系列の私立なんです。
他にも同じ世田谷区内に共学の中高があり、こちらも進学校です。
長野県に系列高校がありますが、こちらはスポーツが盛んに行われています。
ただ転勤はちょっと・・・・

しかしスクールウォーズは大好きでした。
何度も何度も見たし、教職を志すきっかけになった作品の一つでもあります。
あんな風に一緒に汗まみれになって、泣きたいです!

そういえばモデルになった伏見工業の山口先生、ラグビー部を立ち上げたときに
練習試合を申し込み、行った先で生徒が1人も来ないことがあったそうです。(生徒のボイコット)
相手校の先生に慰められ、泣きながらビールを飲んだというエピソードがありました。
私も出稽古先で生徒が1人も来ず、私1人で行き稽古をしたことがあります。
このときは生徒が「家庭の事情」だとか「体調不良」だとか理由をメールで伝えてきました。
駅前で本当に涙が出てきました。


藤原
やはり小室先生もスクールウォーズが好きでしたか!!
そして泣き虫先生だということが発覚。
学校のみんな、先生を感動させて泣かせようぜ!!




Q.生徒指導するときも、つい癖でコムロックや袖車を、かけるんですか?



komlock
12.jpg

生徒はよく言っていますね「コムロックやられるぞ!」と。 以前、新年度最初の保護者会で

「息子が小室先生にコムロックをされるのではないかと怯えています」

という苦情だか要望だか分からない意見がありました。
それで私にどうしろと言うわけでもないのですが、困った経験があります。

またこんな笑えない話もありました。 「小室先生の得意な絞技、掛けてください」 と生徒が言うので、
本当に軽く袖車絞を見せてあげました。 その生徒は家に帰って保護者にこう言ったそうです。

「今日、学校で小室先生に首絞められた!死ぬかと思ったよ」

これは事実ですが、要所で大切な単語がいくつか抜けています。
状況を把握していない保護者が聞いたらビックリする話で、これでは殺人未遂事件です。
当然、すぐに電話が掛かってきましたが、丁寧に事情を説明し、事なきを得ました。

真面目な話では柔道部員には、私の得意技は一切教えていません。
まだそのレベルに達していないというのが主な理由ですが、
私の技は私に私にしかできないと思うので。基本を教えています。



藤原
多分。それ本当に死にかけてますね・・・。



14.jpg

私の柔道の授業を、生徒は恐れるのですが終わってみると好評だったりします。
これまで事故は一つも起こしていません。
その点は専門家なので、他の種目よりもより深く、面白く展開できます。
ただみんないうのは「柔道部に入るのはちょっと・・・」なんですよね。

藤原
生徒のみんな!!柔道やると意外と勉強も捗るぞ!!
こんなに強い先生に教えてもらえるチャンスはそうそうないわけだから
物は試しだ、柔道をやってみよう!!



Q.ところで、学校の柔道をやらない生徒は小室先生が、こんなに強いこと知ってますか?



komlock
11.jpg

知らないと思います。 私が教員大会に東京代表として出場したことや、形の大会で世界一になったことなど、
学校では殆ど知らされません。うまく学校宣伝の1つに利用してくれると嬉しいのですが。
「なんだか柔道の凄い先生がいるらしい、そして恐いらしい」 というのが大方の印象でしょう。


藤原
そう。本にも書いてありますが世界柔道「形」競技大会で世界一になってらっしゃるんですよね。
う~ん。なんかこちらが歯がゆいですね。もし今が格闘技ブームだったら・・。

「え?うちの先生、山本KIDと試合したことあるの?」

とか
「このあいだ、ヒクソンのイベントに呼ばれたらしいぜ。」

とか話題になるのに・・。PRIDEのバカ野郎~!!!


komlock
20.jpg

ウチの生徒は格闘技もあまり興味がありません。
KID選手のようなスーパースターでさえ、知らない生徒も多いと思います。
そういった意味ではPRIDEの終焉は私たちにとっても、不利益だったと思います。
ちなみに、生徒に「先生は山本KID選手と試合をしたことがあるんだよ」と言ったら、
『絶対にウソ!』と誰も信じてくれず、タダのほら吹き先生になってしまいました。
それ以来、そのことは生徒には言っていません・・・。


藤原
泣き虫先生ならまだしも、ほら吹き先生はいただけませんな。
生徒よ。ggrks!!



第三回に続く
http://letsbjj.jugem.jp/?eid=84
小室宏二先生に聞きたいこと。 第三回
JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

変形柔道って何?編



Q.小室先生のような柔道スタイルは、柔道界では変形柔道と言うんでしょうか?



komlock
9.jpg

「変形柔道」「邪道」「せこい」など散々と言われることがあります。
そう考えるとやはり柔道は「投技主体の競技」だと言わざるを得ません。
日本柔道には「正しい柔道」と呼ばれる理想のスタイルがあります。
建前上は「車の両輪」と表現されていて、投技(立ち技)と固技(寝技)
両方取り組むことになっているのですが、半々ではありません。

私が思うに、柔道がオリンピック種目になった時点で、柔道は着衣系組技格闘技の世界標準になったと言えます。
世界中にある様々な組み技競技が数あれど、オリンピックでは柔道を採用している。
オリンピックに参加するならば「柔道のルールに則ってやらなければならない」のです。
だから様々なスタイルがあって当然です。

ルールに則って試合をすれば、どんな技であれ、それは全て「正しい柔道」です。
多くの日本人柔道家が指向しているのは、自分たちにとっての「正しい柔道」なだけで、
世界的に見れば「日本的な柔道」でしかありません。 そしてその「日本的な柔道」は寝技を疎かにしたスタイルです。

柔道を創始した嘉納師範は、本来、もっと広い視野で講道館柔道を起こしたはずです。
それを受け継いだ門弟達が、現代まで頑なに守ってきた柔道はある意味「鎖国的」です。
寝技主体だろうが、サンボスタイルだろうが、柔軟に応じて組み、投げ、極めるスタイルが
本来の柔道ではないかと考えています。


藤原
なるほどぉ~。私自身まったく柔道をやらないですし、見もしないんですが
寝技を疎かにした柔道というのは、全然「車の両輪」ではないですね。
それにしても、「邪道」は、なんとなくわかるんですが・・・「せこい」って・・・。



これのどこが、せこいですかね・・・すごくかっこいいと思うんですが。


komlock
18.jpg

しかし、柔術にも同じことが言えると思います。
ブラジルの真似だけでは、追い越せないと思うんですよね。

藤原
!!といいますと?


komlock
9.jpg

対人競技には、単純比較できない相性というものがあります。
柔道でも「日本的な柔道をする外国人選手」は素晴らしい技術で投げる一方、
日本人選手には軽くやられてしまうことがあります。手が合うのでしょう。
変則的な柔道で、何を仕掛けてくるのか分からないような外国人選手と対戦したときの方が
日本人選手はやりにくそうにします。

私自身も稽古では柔術の技術を学ぶ一方で、柔術家と対戦する場合は敢えて柔術をしません。
「柔術ルールの中で自分の柔道」をします。
私のストロングポイントは「立ち姿勢から寝姿勢への際の強さ」ですから、
その場面をより多く展開するようにします。
野球だって「日本の野球」と「アメリカのベースボール」は違うって言いますよね。

柔術で外国人と渡り合うには、やはり同じことをしていては適わないと思います。
「自分にはこれ」「日本人はこれ」というスタイルを確立しなければ、そう簡単には越えていけないと思います。
柔術のことをあまり分かっていないのに、生意気を言ってスイマセン。

藤原
なるほどぉ~。ブラジルっぽいことしてくる日本人はブラジル人からしたら
「はは。それね。似てるけどちょっと違うんだな。こうやるともっと新しいよ。」
みたいな感じに思ってるんですかね・・。
私たちはブラジリアン柔術に憧れていますし、ブラジル人が作った教科書を元に、
よく学んでるわけですけど教科書を作っている人たちに勝てるか?というとわからないですね。
ブラジル人でも知らない事をやらないとダメなのかもしれません。
モダン柔術も、単なる一流派とも考えられますし、
これからまだまだ、世界で独自のスタイルが生まれる気がします。
戦略として、相手が知らない技で戦うといのは兵法の基本ですしね。(たぶん)
小室先生の弟子が柔術の試合でバシバシ勝つのを見たいです!!

ちょっと違うかもしれないけど、音楽界がそんな感じですね。アメリカやイギリスの
音楽を超リスペクトして、かなり近いところまで持って行っても本場じゃパッとしなくて。
勝手に色々改造して原型をとどめてないものとかが、めちゃくちゃ受けたりするんですよね。


ジャーマンメタル+暴走族+ベタなクラシック=XJAPAN。
Xは日本で流行っている頃、洋楽ファンから演歌メタルとバカにされていた。
しかし時は経ち、昨今世界中のメタルバンドでも、これだけ客を集められるバンドは少ない。


もっと詳しく知りたい→競技の違いを活かす:5669ブログ
変形柔道と普通の柔道の違いが分かりやすい漫画はこちら→ 『Other』カクイシシュンスケ


Q.小室先生の動画漁ってたら、これにたどり着いたんですけど
GI06(2005年)ビビアーノフェルナンデス(柔術世界王者)との対戦。
最後クローズドガードしてるビビアーノに対して、ジャイアントスイングからのスラミングで
小室先生反則負けしてるんですよね。これ、なんでスラミングしたんですか??



komlock
9.jpg

回しただけですよ(笑)
スラミングしようとおもったわけじゃないんですねw
あれよく見てください、奴が手で僕の足を払ってます。
それで僕はバランスを崩してますから

藤原
なるほど。見えてませんでした。


komlock
3.jpg

その数週間前、アブダビの日本予選で三角絞をされて、
バスターして失神KOしてるんですよ。そのイメージも残っていたかも知れませんが
実際、奴はひとつもダメージ受けてないと思いますよ。
とにかく時間が迫って、逃げまくってきたので、予想もできないような展開から突破口を見つけようと思いまして。


藤原
プロレス魂がでちゃったと・・。


komlock
16.jpg

あと以前、村浜さんというシューターがクロスガードされた状態から
ジャイアントスイングして、アキレスを極めたんです。それが頭にありました

藤原
そうだったんですね。突破口を見出そうとしたんですね。
今後行き詰った時には回ってみます。



第四回につづく。
http://letsbjj.jugem.jp/?eid=85
小室宏二先生に聞きたいこと。 第四回
JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

正直あの事件についてどう思いますか?編


Q.小室先生が柔道時代にライバルにしていた、内柴正人さんですけど、
ただいま獄中にいます。内柴さんの獄中手記は読まれてますか?


※内柴獄中手記引用元

komlock
18.jpg
読んでいます。
拘置所にいたときと、刑が確定してからは内容もずいぶん変わった気がします。
開き直ったというか。自分で犯したこととは言え、
自分が無罪と信じて拘置所にいたときは相当なストレスだったようですね。
以前、私と試合したことなんかも書かれていました。
よっぽど返信しようかとも思いましたが、管理者に利用される(フォロワーの増加・拡散)
こともあるかと思い、自重しました。

技術論、指導論を展開しているときはとても参考になります。
指導していた大学は短期間で急速に強くなりました。
選手としてだけでなく、指導者としての才覚も充分にあっただけに、残念ですね。






Q.内柴氏は教え子を準強姦して逮捕されました。
私は、準強姦以前に未成年の教え子に酒を飲ませたり、仮に合意のもとだったとしても
手を出すこと自体に問題がある。と強く思います。小室先生は柔道で強くなることも重要だが、
柔道による人格形成教育の方がもっと重要とおっしゃっていましだが、その辺はどうおもいますか?

komlock
11.jpg
このことについては沢山議論されてきましたが、私自身、一切コメントを発することはしませんでした。
まず整理しなければならないのは、指導者の内柴君が選手と関係を持ったことは、すでに認めていますよね。
このことですでに論外で、指導者として失格です。

私も淑徳大学女子柔道部で指導に携わってから9年になります。
この話を引き受けたときから、責任は重大だと考えていました。
女子選手は男子よりも指導者に頼る傾向にありますので、それだけに適度な距離感を保つように意識しています。

さて、この裁判での争点は「同意」があったかどうかです。
それについては判決が出ていますので、言及は避けたいと思います。
ただ、柔道において類い希な強い精神力を持った選手でしたから、
そんな彼が一歩も引かなかった(同意があったと主張)というのは、彼の中で確信するものがあったのでしょう。
それでも繰り返しになりますが、女子選手との関係は指導者としてのモラルを欠いていると言わざるを得ません。

このことも含め、同時期に話題になった柔道界の様々な不祥事は、柔道界にとっても歴史的な事件だと思います。
我々柔道家が思っている以上に、世間の信頼は大きく失い、それを取り戻すことは簡単ではないと思っています。

柔道は競技として広く普及しましたが、それは柔道修行における一面にしか過ぎません。
競技のみがクローズアップされる柔道では、今後更に先細っていくような気がしてなりません。
嘉納師範は柔道修行の目的として「体育・勝負・修心」を掲げていました。
「修心」とは「心を修め、コントロールする」こと。
「教育としての柔道」が疎かになってしまえば、柔道の未来はないと考えています。

藤原
なるほど。







Q.柔道を含め格闘技は非行防止に役立つと思いますか?

komlock
3.jpg
私自身が相当な、きかん坊だったようです。(未就学児のころ)
小学校に上がる前、私は空手を習いたいと言ったのですが、連れて行かれたのは柔道場でした。
その道場での稽古は大変厳しいものでしたが、練習の前後に館長からの説法がありました。
正座をして10~30分、その説法を聴くのですが、親に感謝しろ、勉強をしろ、ケンカをするなと
そんな内容でした。それが今思うと凄く良かったような気がします。
だからこそ、警察署もほぼ無償で少年柔道に携わっているのだと思います。
(柔道指導を生業にしようとした場合、逆にこれが障害ともなるのですが)
私も結果的にはよい子に育ったのではないかと思います(笑)
地域の柔道場でも、勝負の方法だけでなく、是非そういった指導も行って欲しいですね。

ですから結論から言えば非行防止に「役立つ」と思います。
ザックリ言えば以下のようなメリットがあるのではないでしょうか。
これだけでも充分、効果は期待できると思います。

エネルギーの発散
自我のコントロール
人とのふれあい
人の痛みを知る
礼儀を学ぶ

藤原
人間には、そもそも破壊衝動がありますからね。
地域社会にある程度発散させるシステムがないと、歪んだ方法で発散することが多いんですよ。
それに比べたら武道は健全ですよ。不良も格闘技を始めて更生する人多いですしね。
ブラジルの柔術家は、柔術に出会わなかったら俺はもう死んでた。って人多いですからね。
まぁ向こうは、不良の度合がちょっと違いますけど・・。


ブラジルのストリートギャングは、小学生でも銃をぶっ放す。映画シティ・オブ・ゴッドより。

次回第五回最終回です!!
http://letsbjj.jugem.jp/?eid=86
小室宏二先生に聞きたいこと。 第五回(最終回)
JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

小室宏二はクッキーを焼くのか?編



Q.みんながえっ?って思うような趣味はありますか?クッキーを焼く事とか。







komlock

9.jpg

以前、職員室で趣味の話題になりました。

「小室は酒を飲まない、たばこも吸わない、ギャンブルもしない、ゴルフもしない、趣味はあるの?」

と聞かれ

『柔道です』

と答えたところ、大爆笑されたことがあります。

冗談で言ったわけじゃないんですけどね。柔道バカってことでしょうか。



柔道以外での趣味はAmazonや楽天市場などでの「ネット通販」です。

殆どのものをネットで買います。

服飾関係はサイズが微妙ですから、店舗で試着してから、ネットで買います。

電化製品なども一緒ですね。

毎日のように届けに来るので、クロネコヤマトの配達員さんとも顔馴染みになってしまいました。



そしてネット通販にも通じているのが「マイラー」です。

JALとANA、両方のマイルを貯めています。

楽天のポイントはANAに交換できますし、JALのサイトを経由してAmazonで買うとJALのマイルが貯まります。

JALの方は現在、家族3人がビジネスクラスでハワイまで行けるほどのマイルを持っていますし、

この春にはANAのマイルを使って、ネパールまで教え子を訪ねに行こうと計画しています。

あとJALは全日本柔道連盟のスポンサーになっている関係で、海外派遣される際は必ずJAL便を利用します。

それで余計にJALのマイルが貯まるようになります。



藤原

なんでもネットで買う。というのは、実は私も同じなのでよくわかりますね。

そしてマイル。私も結構貯めてますけど、ビジネスクラスでハワイに行けるほどって

よっぽどですね。上手い事ポイント倍にするテクニックとか使ってそうです。

そういう主婦の知恵的な発言が聞けるとは思いませんでした。









Q.私は小室と言えば、”哲哉”なんですが、コムロックさんはどんな音楽が好きですか?



komlock

3.jpg

え~と音楽にはあまり興味がありません。

興味があるのは、じゅ・・(自主規制)



以前、小室哲哉さんが逮捕された朝、ソッコーでブログを更新しました。

「今回私の親族が大変な事件を起こしてしまい、申し訳ございませんでした。私自身も活動を自粛いたします」

という風に書いたのです。もちろんネタですよ。

そしたらその日のniftyのブログアクセスランキングで1位になり、大変な騒ぎになりました。

困ったのは先輩や、勤務校の保護者からも心配されて連絡があったことです。

あまりにも騒ぎが大きくなりそうだったので、その日の晩に削除しました。



藤原

音楽聴かない人初めて見ました!!音楽聴く暇があったら、柔道の研究するんですね。

本物です。







Q.正直、小室先生は超怖いです。よかったらここらでお茶目な一面をを出して欲しいです

何か面白いポーズをやってください。



komlock

2.jpg

こんなのどうですか?





藤原

あ、ありがとうございます。かなりお茶目です。





komlock

3.jpg

怖いっていうのは、よく言われますね。嫁にも言われます。

多くの人は試合会場での私しか知らないからではないでしょうか?

中高時代はストイックというか、あまりにも柔道に没頭しすぎて、よく「柔道マシーン」なんて

揶揄されていました。とにかく自分に厳しく、人に対しても厳しかったです。

その雰囲気が身体全体から醸し出されていたと思います。

その当時は冗談の利かない、つまらない人間だったと思います。

実際、DVDのジャケットを見比べてみると現役だった「コムロック」の時と「柔道固技上達法」の時では

表情が全然違います。現役の頃は険しい表情ですよね。これは私に限らず、

アスリートなら多くの人がそうなのではないでしょうか。

そんなわけで、現役時代ならともかく、今はそんなに怖くないですよ。



藤原

小室先生の怖さは、やっぱり規律正しい人が放つオーラならではの怖さなんですよね。

それって、ただ怖い顔してたり、喧嘩強いから怖いとは違うんですね。







Q.ミズノの柔道着を愛用されているようですが、柔道着は柔術着よりも袖車がかけやすかったり

着心地もいいような気がします。しかし重さの点でもっと軽量なものがあったら

柔術界にもウケると私は思っています。ミズノにかけあって柔術家向け、小室モデル作ってもらえませんか?

小室先生ならミズノも動くと思います。





komlock

13.jpg

私にとって袖車絞は最大の武器で、それだけに袖の長さや道衣のフィット感には拘りがあります。

現役時代は袖車絞のために、ミズノの「3号上衣のみ袖を+3cm」と特注していました。

大きめな道衣で、相手に組まれてしまうリスクはありましたが、それ以上に絶対的な武器である

袖車絞を外すわけにはいかなかったからです。

柔術衣をあまり着ない理由は、フィット感が違うからです。

単純に柔道衣は私のような典型的な日本人体型に合わせています。

一方で柔術衣は比較的スリムですよね。



ここ最近、国際柔道連盟では「組み合う柔道」を推奨していて、

できるだけ組み手争いをしないようにコントロールしています。

その一環で2015年から道衣の規格も変更になり、大きな変更点では生地の重量がかなり軽くなるようです。

その点、柔術衣くらいの重さになるのではないかと思います。

(全柔連HPより)



もうだいぶ前になるかと思いますが、私が柔術を始めたころミズノの営業さんに

「柔術衣を出したら絶対に売れますよ」と話したことがあります。

現在でも売り出されていないところをみると、興味が無いのかもしれませんね。



しかしミズノの柔道衣というのは、海外では絶大な人気を誇るブランドです。

日本で買う価格の倍近い値段で売り買いされていますし、下手すると合宿などで盗まれてしまうほどです。

それに海外では柔道も柔術もやるという人が多いでしょうから、ミズノが柔術衣を出したら売れるでしょうね。

実際、日本で売り出されたら私も買うと思います。

そして柔術衣はファッション性があるという点が違いますね。

柔道衣は稽古頻度に合わせ2~3着が平均的だと思いますが、

柔術衣はまず稽古頻度で何着ではなく、かっこいいもの、

欲しいものがあったら何着でも買ってしまうのではないでしょうか。



ただ、さすがに私ごとき柔道家では、巨大企業ミズノは動かせません。

何を言っても一蹴されてしまうのではないでしょうか。



最近、イサミ様からキン肉マン道衣(黒)を頂いたのですが、

私にとってキン肉マンはヒーローですから、着たときは浮き浮きしてしまいました。

3学期は柔道の授業があるので、その時に着て生徒を驚かせてやろうと思います。



藤原

なるほど。巨大企業MIZUNOは小室宏二をしても動きませんか。



巨大企業MIZUNOさん。Let'sBJJと組んで、オヤジのための高級柔術着作りませんか?

今なら世界的にも爆発的に売れると思います。







8.jpg

小室先生長い時間ありがとうございました!!!押忍!!



藤原

というわけで、全5回にわたってのロングインタビューを掲載したんですが

皆さんいかがでしたか?かなり突っ込んだ話も聞けましたし

小室さんの色んな一面が見られたのではないでしょうか?

柔術家はもとより、柔道家のみなさんも興味深い内容満載だったと思います。



私個人的な感想としましては、小室先生は非常に筋の通った方で

こちらが筋を通せばきちんとなんでも、お話してくれる気持ちの良い方でした。



格闘の世界は、男の意地と意地のぶつかり合いの世界なので、時として

反目する場合もあるでしょう。しかし、その人たちも、ひとたび実生活に戻れば

社会の一員です。小室先生のように教員をされていたり、皆さんあらゆる社会生活を

送っておられます。そこで必要なものは腕っぷしの強さ以外の強さです。

柔道や柔術がそういう本当の強さをも育める場であってほしいと願います。

では、みなさん。今年も数えるところあと1か月弱ですが、よいお年を。





次回、ロングインタビューは2015年の予定。





撮影場所協力 トライフォース五反田
ありがとうございました。

| 未分類 | コメント(0)

グレイシー柔術の膝関節蹴りの正体 ルーツはブルースリーのジークンドー 詠春拳 のストップキックである




詠春拳のストップキック


ジークンドーのストップキック


グレイシー柔術のストップキック

| 未分類 | コメント(0)

競技柔術ではないグレイシー柔術の帯テスト





http://cafe.quietwarriors.com/?mode=comment&act=captcha

2014.12.14 Sunday
グレイシーウマイタの帯昇格テストには・・・
なんだかまた間が空いてしまいました。

アサイーカフェ、来年から頑張ることを新年の誓いにしますので、今月はサボってても許してください(笑)


さてさてこの映像ですが、サンディエゴにあるグレイシーウマイタ・イーストレイクでの黒帯昇格テストの一部だそうです。



グレイシーウマイタでは帯が昇格する時にはテストがあるらしいのですが、生徒は1時間以上も何人ものハイヤーベルツと各6分間休憩なしでロールして、柔術の知識があることを証明しないといけないそうです。

また、その後で黒帯の人達がパンチをしてくるので、柔術の技術を使って相手をテイクダウンし、コントロールするか、または極めないといけないそうです。

これは子供の白帯レベル(4歳以上)からすべてがやるそうな。

死にそうなほど疲れている時に誰かが攻撃してきても、柔術を使って対処できないといけないそうです。

これってどこのウマイタ支部でもやってるのかしらん?

ここでは普段はホイラーが必ずそのテストを見ているそうですが、この時はいなかったので、代わりにコラル帯のカルロス・ヴァレンチの監視のもとで行われたそうです。

帯昇格テストで「パンチをかいくぐって相手を制圧する」ということをしてるアカデミーってどのぐらいあるんでしょう?

グレイシーアカデミーはGracie Combativesを見た方ならお分かりかと思いますが、パンチをかいくぐるというのは白帯からきちんと練習させてますね。なので青帯になるテストでも当然必要。

そういえばマスターサイクルの Blue Belt Stripe 1オフィシャル・テストDVDに続いて、待望の続編が完成したようです!

来週末?ぐらいにQuiet Warriorsオンラインストアに入荷いたしますので、お楽しみに!

| 未分類 | コメント(0)

VTJ前夜の中井祐樹 七帝柔道記 販売!

| 未分類 | コメント(0)

三国志から学ぶ家畜の安寧 家畜が肉屋を絶賛するが如く 農協がTPP推進の自民党を支持した事を亀井静香が叱り飛ばす! 家畜が肉屋を絶賛支持するが如くネトウヨが自分の労働賃金を激減させる反日売国自民党を支持するマヌケぶり 日本は家畜の国である アジアの封建階級社会が欧米に簡単に支配された背景

http://ameblo.jp/shyusui/entry-11963853011.html

日本アポトーシスのメカニズム
2014-12-12 21:42:25
テーマ:日蒙開拓団

亀井静香氏が、農協を叱り飛ばしていたそうだ。

TPPで日本の農業は壊滅すると、アメさんのレポートもあるそうで…

なのに、TPP推進の自民党を農協が支持していたからである。

自分たちを殺そうとしている者たちを支持するわけだから、確かに”狂気の沙汰”である。


ネトウヨも、自分の賃金が減るというのに、また自衛隊が私物化されようとしているのに、

自分の利益にもならない、日本の国益にもならない反日自民を応援しているマヌケぶり…


人間はサルから進化したと言われてきたが、日本人の多くはサルに進化してしまったようだ…


だが、農協のこうした”家畜化”には思い当るところがないでもない…


だいたい農協さんの会長とかには、地元の議員などがなり…

そのコネで農協に就職している連中が少なくないからである。


マスコミなんかもコネ入社が顕著である。とくに地元のメディアやケーブルテレビ…


コネで入ってくるやつが、無能とは限らないのだが、こういうのは企業風土を腐らせる…

実力で入ってきたわけではない、やりたくて入ってきたわけでもない…

そんなやつがけkっこう混じっていて、親の権威をかさにきて、ブイブイ鳴らしていたりするからだ。


つまり、ここにひとつの”階級”ができてしまっている。

農協貴族やマスコミ貴族ができてしまっているのだ。


そして、貴族の間で社交界が形成され、そこで位階闘争が繰り広げられる…


こうした連中が、農民や地域のことを考えるだろうか?考えてるやつもいるんだろうが…


階級ができて貴族化してしまうと、その精神は”寄生虫”と化す…「ユダヤ」と化す…


”家畜の安寧”に浸るのは、なにも庶民ばかりとはかぎらない…

劉備玄徳の子、劉禅は魏に攻められたときに早々に降伏…酒と女と歌謡の毎日が補償されてご機嫌…

食いたいモノ食って、テレビ見て、ゲームして、好きなこと言ってりゃ満足の一般国民そのまんま…


コネでつながった平成貴族の面々のメンタリティーも、これと同じようなものでしょう…

(ノ゚ο゚)ノ以前は、こんな記事を書きました…権力は無力無能~シッダールタ編

∑(-x-;) 釈迦族は10倍の国力のコーサラ国に脅かされ、いつ属国にされるやもしれぬ境遇…

(゙ `-´)/ そうであるのに、釈迦族たちは飲んで食って抱いてカネ儲けの毎日…

( ̄0 ̄;ノ 城の外では奴隷や貧民が、食うや食わずの悲惨な生活のすえに野たれ死にしていく日々…

(-。-;)b これでは、国が「ひとつ」になりません。これが階級社会に欠点…


(-""-;) 欧米諸国はここの矛盾を突いて、インドなどを植民地にしていったのです…

(`(エ)´)9m 国内の階級的対立を煽っていき、分断を進めていって抵抗力を奪ってしまう…


( ̄∩ ̄# 日本は、明治以来、アメリカの植民地なのですが…

(ノ゚ο゚)ノ 今回はイギリスと清の例を見てみましょう…

日本で”時代劇”といえば、江戸時代ですが、中国では清が”時代劇”の定番なのだそうです…

秀吉の朝鮮侵略の際、明が朝鮮を助けて出兵し、そのときの国力の損耗が祟って弱体化していったわけですが、女真族の後金という国が民を滅ぼします…

「清」と名を改め、北京を都とし、さらに版図を広げていきました…

清の皇帝は、「四つの顔」をもって主要民族を従えたといいます…

中国には、漢民族のほかモンゴル、満州、ウィグル、チベットの主要民族がいます。

清の皇帝は、漢民族の皇帝であり、モンゴルのハンであり、チベット仏教の守護者でもありました…

そうやって五族を従えたのみならず、満漢併用政策を進めて漢民族の力を取り込みました…

日本人が朝鮮人や台湾人を、同化政策を進める一方で取り込んでいったのと同じことです。

満州族も辮髪を強要して、逆らうものを死刑にしたりしていましたからね…

ちなみに、満州」とは、文殊菩薩の名からきているそうです…

日本で、中華料理、台湾料理、朝鮮料理が流行っているように、清国でも”満漢全席”と呼ばれる宮廷料理があったそうです。

乾隆帝の時代には清国は最盛期を迎え、人口も1億から3億にまで増えたのでした…

そして、この豊かな清国に目をつけて開国を迫り、自由貿易を押し付けてきたのがイギリスでした。

当時のイギリス人にとってなくてはならないものになっていたのが紅茶でした。

それは清で作られていました。


ちょうど産業革命で市場を物色していたイギリスは清国に狙いをつけてマカートニーを差し向けたのです。

しかし、清国があっさり受け入れるわけもなく、イギリスは得意の謀略を巡らすのです…

イギリスの薄汚さ、悪どさは、さすが「紳士」の国といえます…

世の連中が「レディーズアンドジェントルマン」と呼ばれて喜んでいるのが滑稽にみえます…

その歴史を知る者、真実を知る者からすれば、侮辱以外の何ものでもないでしょうに…


まずはアヘンをばらまいて…

つぎに、中国の中の民族間の対立、憎悪を煽り、貧富の格差や、汚職など腐敗を進めます…

さすが海賊が祖先のイギリス人…鬼畜ぶりは折り紙つき…清国もひとたまりもありません…

マカートニーが本国に送った情報をもとに、本国は工作を巡らし、清国内の分断と頽廃を進めていって、ついにアヘン戦争で軍事的な決着をつけてしまいます…

鬼畜帝国イギリスによって、その後の清国の苦難の歴史が始まります。

思えば、黄色いサルをけしかけたのも、このイギリスでしたからねえ…

イギリスほど「ユダヤ」な国もありますまい…(金融帝国ですしね~)


かくして清国は、香港を植民地として割譲させられ、港を開かされました…

イギリスはこうして食い物にする相手を探して世界中に進出していったのでした…


日本も豊かな国だったのですが、沖縄を香港のごとくにアメリカに占領され、あちこち開国され、スパイを送り込まれて、分断工作、腐敗工作をしまくられてきたわけです。

ネトウヨみたいなクズを応援することは、まさに鬼畜米英の歴史的常套手段でありまして、一国を侵略し、その生き血を吸う破壊工作の一環というわけです。

ご用心、ご用心…

| 未分類 | コメント(0)

「世の中ってうそ八百で成り立ってるし、ホントのところは新聞も雑誌もテレビも伝えない」



http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3166.html

【マスコミ】報道ステーションの古舘伊知郎が懺悔告白「テレビはウソしか伝えていない」
20140716131156asda.jpg
「報道ステーション」で有名な古舘伊知郎氏が、先日に発売された「AERA」(朝日新聞出版)のインタビューで興味深い発言をしていることが判明しました。インタビューの冒頭では「もうとにかく口にさるぐつわした状態で10年たったわけです」といきなり不満を語っており、その後もかなり強い口調でテレビ業界への批判の言葉が続いています。更にインタビューの中盤では、「世の中ってうそ八百で成り立ってるし、ホントのところは新聞も雑誌もテレビも伝えない」と指摘しました。

報道ステーションはNHK等が報道しなかった官邸前の首相抗議デモや福島での小児甲状腺がん多発などを積極的に報道してくれているので、他のTV局よりはまだマシですが、それでも報道できないことはまだまだ多いようですね。政府が報道ステーションの見直しを示唆しているという情報もありますし、古舘伊知郎氏は潰される前に言いたいことをぶち撒けたという感じなのだと思います。

逆に言えば、これから今以上の報道規制や統制が始まるかもしれないということです。最近はマスコミ関係者の暴露や証言みたいのも出て来ていますが、これでも将来のヤバさを感じ取っての行動なのかもしれませんね。というか、この調子だとインターネットもいずれは危なくなりそうです・・・(苦笑)。


☆古舘伊知郎が懺悔告白“テレビはウソしか伝えていない”
URL http://lite-ra.com/2014/07/post-238.html
引用:
古舘によると『報道〜』では、「言外にある裏側、バックステージみたいなことも、スタッフに嫌な顔をされてもちょこっとは言いたくて」やっているらしいのだが、「ただ場外乱闘までいってない、エプロンサイドぐらいで」とプロレスで自身の立ち位置を表現。「自分の感ずるところ、思うところをなかなか言えない。表の報道をしてて、裏の背景をあんまり言えない」と嘆き、挙げ句には、
「世の中ってうそ八百で成り立ってるし、ホントのところは新聞も雑誌もテレビも伝えないし、たまに言外に漂わせたり、におわせたり、スクープで追及したりってことはあっても、ほとんどがお約束で成り立ってるわけですね。プロレスですよ、世の中。完全にプロレスです」
 と、『報道〜』全否定ともとれるかのような話を展開。しかもそれは、“大人の世界は汚い”と罵る思春期の中学生かと見紛うテンションである。

 しかし、古舘は何もスタッフを責めたいわけではないらしい。むしろ「(裏を)言えないのは僕に勇気がないからなんですよ」と言うように、問題は古舘自身にあると感じているようなのだ。
「番組が今日で終わっちゃうとか、これを言ったらおしまいだなとか思ってるだけで。世の中、糾弾されるじゃないですか。ガリレオ・ガリレイ以降。(中略)見てる人だってそれはお約束だから、毎回何かを言おうとは思わないけど、言おうと決断したときは言えばいい。自分のさじ加減ひとつなんですよ」
:引用終了

☆報道ステーション2014.6.17 "集団的自衛権に反対"デモ参加者5000人

| 未分類 | コメント(0)