柔術プリースト 124

| 未分類 | コメント(0)

柔術&バーリトゥードが長らくリオデジャネイロ ノルデスチ(北東部) でのみポピュラーで海外は愚か国内でもそれら以外の土地ではマイナーだったのは何故か? それは柔術界のボス グレイシー一族とブラジルマスメディア界の支配者 マリーニョとの決定的な不仲が原因だった! ファイトアンドライフ2014年2月号p85~86

Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2014年 02月号 [雑誌]Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2014年 02月号 [雑誌]
(2013/12/24)
不明

商品詳細を見る


MMA いやバーリトゥードが生まれた国ブラジルだが 長らく国内産業としてMMAビジネスは機能していなかった
グレイシー柔術もブラジリアン柔術も 全てはこの国から発信され UFCもグレイシー一族がいなければ誕生していなかった
にも関わらず PRIDE全盛期や主権がUFCに渡ってなお MMA王国はファイターを世界に送り出す 人材育成と派遣を生業とするしかなかった
理由はTVだ
この国最大 比肩する対象がないメディア グループ グローボ
その根幹をなす地上波TV局ヘジ グローボが 王国の礎を築いたグレイシー一族と決定的に不仲だった
理由は諸説あって明確にされていないが ヘジ グローボで絶対的な権力を握っていたオーナーのホベウト マリーニョがエリオと並ぶグレイシーの祖カーロス・グレイシーと不仲となり 1960年や70年代から柔術とバーリトゥードを毛嫌いしていたことだけが 確かな事実として残っている
とはいってもマリーニョもTV屋だ
話題になり グレイシーが彼らのやり方に従うなら その電波と影響力はいくらでも使ってもらっても良い
1991年 柔術×ルタリーブリの命運が掛かったバーリトゥード大会をヘジ グローボでは午後8時のプライムタイムに中継した
一族と柔術の名誉が掛かった一戦に競技面ではカーウソン・グレイシーが陣頭指揮を取り グローボとの交渉はヘンゾやハウフの父ホブソンが担った
そこでホブソンはマリーニョにこの戦いは組技のみで行われると伝えていたのだ
午後8時 TVプログラムの開始とともにヴァリッジ イズマイウが エウジェニオ タデウに頭突きを見舞うシーンがお茶の間に流れた
当然のようにマリーニョは激怒した
この夜を境に 再び柔術やMMAは暴力事件とリンクした場合でしか ヘジ グローボでは取り扱わなくなってしまう
その2年後 ホリオン・グレイシーがUFCを米国で立ち上げ 数多くのブラジル人ファイターが国際的な舞台で活躍するようになっても 彼らの姿勢は変わることはなかった
事態が劇的に変化したのは 2011年になってからだ
北米で大きなブームとなり ブラジル人ファイターが大活躍するようになったUFCが この年の8月でリオで初めてイベントを開催した
その大会を中継したヘジTVの視聴率が10.1パーセントを超える
普段は土曜の夜でも1パーセントほどの視聴率しか得ることができないヘジTVしか得ることができないヘジTVとの視聴率戦争に遅れを取ったヘジ グローボ
彼らが考えを改めるのに 十分な数字をUFC中継は挙げていた
翌2012年1月のリオ大会 ヘジTVとの契約がほぼまとまっていたUFCだが 最後の最後にヘジ グローボとのビジネスに乗ることとなった
イベント単体の契約金はヘジTVの方が高かったというのがもっぱらの噂だ
その噂は事実だろう
ズッファは目の前にある人参ではなく ヘジ グローボの影響力と背後に見えるマーケットを選択した
ズッファが慧眼の持ち主であることは すぐに明らかになった

| 未分類 | コメント(0)

アスリート解体新書 柔道 相撲 剣道

アスリート解体新書 (7)柔道 バランスはパワーを制す


アスリート解体新書 (5)相撲 筋肉という鎧をまとった男たち


アスリート解体新書 (18)剣道 ~その動きと技を探る~

| 未分類 | コメント(0)

まさに白龍 原子力マフィア編 巨大活断層の真上に原発

0832dc9a.jpg

| 未分類 | コメント(0)

アンデウソンタカハシ先生セミナー







| 未分類 | コメント(0)

柔術青帯でも参戦できるサブミッション決着オンリーイベント Baddest Blue




| 未分類 | コメント(0)

アマゾン白木大輔 VS中村大輔 サトシ マルキーニョス兄弟を除いて日本柔術界無差別級最強の二人の対戦が遂に実現! ダブル大輔バトル!


http://bjjplus2013.blogspot.jp/2014/03/vs.html
『第8回全日本柔術マスターズ選手権大会』マスター1黒帯無差別級、中村大輔VS白木大輔

第8回全日本マスターズ選手権大会で、柔術家にとって最大の見所と言えば、“中村VS白木”の試合は実現するのか!?でした。ただし、エントリーした5名はいずれも超強豪!! 柔術は誰が勝ち上がるか解らないし、怪我で実現しないかもしれない。そんな柔術家にとって大注目だし、ゴンカクさんも取材に来てましたよな、マスター1黒帯オープンクラスをレポートします。

以下参加選手です。
マスター1黒帯オープンクラス (5名)
中村大輔 (GRABAKA柔術クラブ)
Rogerio Yoski Suto (IMPACTO JAPAN B.J.J)
白木大輔 (SAD)
上村彰 (パラエストラ東京)
山田悦弘 (ポゴナ・クラブジム)

■マスター1黒帯オープンクラス準決勝 中村大輔VSヨースキ・ストー

山田悦弘選手をアドバン差で破り勝ち上がったヨースキ選手に、中村選手は試合開始と同時に引き込み、潜り込んで膝十字からアンクルに変化! しばし絶えたヨースキ選手でしたが、約一分でタップ! 中村選手が決勝に駒を進めます。

■マスター1黒帯オープンクラス準決勝 白木大輔VS上村彰

白木選手が座り込み、デラヒーバ狙って崩すが不発。上村選手が潰すように上からプレッシャーを掛けるも、体重差のある上村選手を足のフックだけで一瞬浮かし、一気にバックを奪う。そして最後は絞めで一本、こちらも1分足らずで勝利し決勝へ。

■マスター1黒帯オープンクラス決勝 白木大輔VS中村大輔

本日のメインイベント的な試合のため、今回6面で行なわれていた同大会の全試合を一度止めて、大勢の柔術家・観客が見守る中で、中央マットで試合は行なわれました。共に柔道出身の選手でしたが一瞬しか組み合わず、中村選手が引き込みます。前半は中村選手のスイープの仕掛けを、白木選手がどっしり腰を落として絶える展開に。そして後半からは白木選手が得意とするブッコ抜くような強烈パスを狙いますが、中村選手もかわす、かわす。端から見ていれば五分……いや、白木選手のほうがアグレッシブか? いや、中村選手がコントロール!? 6分間の試合が終了し、審判による判定は2:1で白木選手に! 大注目の一戦は、先輩の白木選手に軍配は上がりました。







| 未分類 | コメント(0)

力士惨殺  新撰組の大坂角力乱闘事件

http://id37.fm-p.jp/81/boshin/index.php?module=viewbk&action=ppg&stid=28&bkid=193977&pgno=10&bkrow=0&drmnm%5Bn%5D%5B1%5D=&drmnm%5Bn%5D%5B2%5D=&drmnm%5Bn%5D%5B3%5D=&drmnm%5Bn%5D%5B4%5D=&pw=
大坂角力との乱闘の謎





蜆橋跡


事件の発端

 壬生浪士組が初めて斬り合った敵は、意外なことに尊攘派の志士たちではなく、大坂力士たちであった。

 文久3年(1863)6月1日、大坂で不逞浪士が乱暴を働いているという知らせを受けた壬生浪士組が、同日夜、浪士捕捉のために早速大坂へ下った。
顔ぶれは...
近藤勇
芹沢鴨
山南敬助
沖田総司
永倉新八
斉藤一
井上源三郎
平山五郎
野口健二
島田魁

の10人。

 3日早朝、高沢民部、柴田玄蕃と称する二人の浪士の宿所へ踏み込んだ壬生浪士組は、難なく捕縛に成功し、身柄を大坂東町奉行所へ引き渡した。腕に覚えのある10人の剣客にかかっては、さすがに浪士たちも観念せざるを得なかっただろう。
役目を果たしてほっと一息ついた彼らだった。
...が、事件はその日の午後に起こった。

 あんまり暑いので川で舟遊びをしようということになり、勇と源三郎以外の8人が、芹沢を筆頭に出かけた際、斎藤一の顔色が妙に悪いので、尋ねると、どうも腹痛らしい。
けれども本人が「大丈夫だ」というので 皆飲み続けるが、いよいよ様子が抜き差しならない状態になってきた。
そこで急遽、一行は淀川の鍋島河岸辺りで舟から降り、どこか休める所へ移動しようと歩き始めた。
 其処へ通りかかったのが熊川熊次郎という力士。反対側からやってきて道をふさぐような恰好になった。
 芹沢が「端へ寄れ!」と声をかけたが、壬生浪士組の面々はその時、稽古着に脇差だけの軽装だったので(但し斎藤と他数人は普段通りに帯刀していたという話もあり)、熊川の方もただの浪士とナメてかかったのか「寄れとは何だ!」といって譲ろうとはしなかった。

 これに怒った芹沢は、熊川を一瞬の抜打で斬り捨ててしまった。

 その後進んでゆくと、また別の力士が現れて、熊川と同様の振舞いに及んだ。
今度は8人全員が飛び掛り、その場に引き倒した。
芹沢は、
「武士に向かって同じ無礼をやるとは言語道断。とても命を助けるではないが、特別にそのほうは許してつかわす。先程も無礼した力士を切り捨てたばかりだ。相撲取一同へ以後武士に無礼するなと伝えよ」
と言い捨てて立ち去った。


力士との乱闘

 部屋へ逃げ帰った力士から、事態を知らされた仲間の力士たちは激昂する。みな八角に削った樫の棒を手に取り「浪人どもを打ち殺せ」と息巻いて部屋を飛び出した。
 このとき、住吉楼にいた芹沢らは、表が騒がしいので何事かと思って二階から見下ろすと、20~30人もの力士たちが詰め掛けている。そして口々に「浪人どもを引きずり出せ!有無を言うならこの楼もろともに叩き壊すぞ!」と罵声を浴びせる。
これを見た芹沢は、
「武士に対してまたまた無礼をいたすか!このまま引き取らぬにおいては斬り捨てるぞ!」
と言い返し、二階の窓から地上へ飛び降りた。
 楼上の総司、永倉、山南らも同じく飛び降り、いっせいに腰の刀を抜き去った。

 双方入り乱れての乱闘が始まり、力士たちは自慢の腕力で八角棒を振り回す。その攻撃に、総司は腕を打たれ、平山は頭を打たれて血をにじませている。
しかし、所詮は棒と剣である。
ましてや相手は凄腕の遣い手がそろった壬生浪士組である。本気になれば力士などは敵ではなかった。
 芹沢が脇差を相手の横腹にぐいっとえぐると、大男の力士もたまらず倒れて息絶える。
山南は逃げようとした力士を追いかけ、その背中を一刀両断して即死させる。
永倉は、もっとも屈強と見える力士に、八角棒で腕を打たれて脇差を弾き飛ばされてしまったが、次の一撃を受ける前に拾い上げ、敵の肩先深く斬り付けた。血煙をあげて倒れた力士は、やがてその場に絶命する。

 結局力士たちは総崩れとなり、3人の死者と、14人もの負傷者を出して逃げることになった。

 芹沢は「追うな、追うな」と同志たちを制し、一同は勝利を喜びながら住吉楼へ戻ったのだった。



手打ちの大酒宴

 この知らせを受けた勇は呆れ返りながらも、仕方なく騒動の顛末を大坂東町奉行所へ届け出た。
 また、力士たちがその日のうちにでも復讐を企てることは十分考えられるため、「もし壬生浪士組の宿所に力士たちが襲うことがあったら、ことごとく容赦なく斬り捨てるので、あらかじめご承知願いたい」と勇は届出書に付け加えておいた。

 しかし、この奉行所に内山彦次郎という与力がいて、「あまりに一方的な言い分過ぎる、力士達が一方的に暴れる訳はあるまい、何やら怪しい...」とその真相を暴こうと動き出す。

事件は事件を呼び尾を引くことに...(別項/内山彦次郎殺害の謎参照)

| 未分類 | コメント(0)

剣の闇 幕末の人斬り 剣豪 新撰組によって惨殺され その実行犯近藤から売女として蔑まされた女性がいた  八木邸暗殺事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E6%A2%85
お梅





移動: 案内、 検索


お梅(おうめ、生年不詳-文久3年9月16日もしくは9月18日(1863年10月30日))は江戸時代末期の女性。

お梅の名は新撰組幹部永倉新八が書き残した『浪士文久報国記事』や『新選組顛末記』に新撰組筆頭局長芹沢鴨の愛妾として出ている。お梅の素生や芹沢との馴れ初めは昭和になって小説家の子母澤寛が八木為三郎(新撰組が屯所としていた八木家の子息)からの聞き書き『新撰組始末記』『新撰組遺聞』に詳しく載っている。

為三郎の証言によるとお梅は京都西陣に生まれ、島原のお茶屋にいたらしい。その後、太物問屋(呉服商)菱屋太兵衛の妾になっていた。年の頃は22~23歳ぐらいだった。

芹沢は菱屋から買い物をするが代金を払わなかった。菱屋は番頭を屯所へやって催促するが芹沢は払おうとしない。乱暴者で京の人々から壬生狼と恐れられた相手だけにしつこく催促すると何をするか分からない。そこで菱屋は女ならばあたりも柔らかろうとお梅を催促へやった。

お梅は垢ぬけて愛嬌がよい、隊士たちが評判にするような凄い美人だった。芹沢は二三度追い返すが、ある日、借金の催促に来たお梅を部屋に連れ込んで手ごめにしてしまった。最初は嫌がっていたお梅もそのうちに自分から芹沢の元へ通うようになった。その頃、壬生浪士組では芹沢ら水戸派と近藤勇ら試衛館派との間で主導権争いが起きていた。

文久3年(1863年)9月16日(18日とも)、新撰組は島原の角屋で芸妓総揚げの宴会をする。その日の暮れ前にお梅が八木家にやって来た。そのうち、水戸派の平間重助の馴染みの芸妓の輪違屋の糸里、そして平山五郎の馴染みの桔梗屋吉栄もやって来た。芹沢たちが留守なのでお梅は親しい吉栄や八木家の女中とお勝手で談笑していた。

夜になって芹沢、平山、平間そして副長の土方歳三(試衛館派)が帰ってきた。お梅たちを呼んで酒宴の続きをし、土方は芹沢たちをすっかり酩酊させた。泥酔した芹沢は奥の十畳間にお梅と寝入る。屏風を置いて平山も吉栄と同衾。平間は糸里と玄関口の部屋で寝た。その夜は大雨が降っていた。

深夜、芹沢たちが寝ていた部屋に数人の男たちが押し入った。平山を殺害、芹沢は切りつけられて起き上がるや真っ裸のまま八木家の親子が寝ていた隣室に飛び込むが、そこで刺客たちにずたずたに切り殺された。芹沢と平山を殺すと刺客たちはすぐに立ち去った。

為三郎たちが芹沢の部屋へ様子を見に行くと、中は血の海で平山の首は胴から離れ、芹沢と寝ていたお梅は湯文字一枚をつけただけのほとんど全裸(この晩は芹沢と情交があったわけではなく、泥酔した芹沢がしきりに寒がるために自分の着衣も着せ掛けてやった上で肌で温めていたためだという。事件当夜は日中から雨天であり、ただでさえ気温は低めだった)で血だらけで倒れていた。お梅の死体は首を切られ皮一枚で胴とつながっている状態という悲しい最後だった。

別室にいた平間は逃亡。吉栄と糸里もどこかへ消えてしまった。

長州藩の仕業とされたが、この夜の刺客は試衛館派の土方歳三、山南敬助、沖田総司、原田左之助という説が有力である。

幹部の芹沢と平山の死体は新撰組が引き取ったが、お梅は引き取り手がない。芹沢の思い人なのだからいっしょに葬ってはどうかという意見もあったが、近藤が局長の芹沢とお梅のような売女を合葬することはできないと強硬に反対した。

9月20日に芹沢と平山の葬儀が神式で盛大に執り行われ、近藤が丁重な弔辞を読んだ。

お梅の死体は八木家に3、4日置かれたが夏場のことゆえ長く放置もできず、お梅の旦那の菱屋と交渉したが「暇を出した」と相手にされない。困り果てた八木家が手を尽くして西陣のお梅の里へ引き取らせたとも、無縁仏として葬ったともいう。

| 未分類 | コメント(0)

関西のフルッタフルッタのアサイーバーは潰れましたがハワイに本店を持つボガーツの絶品のアサイーボウルが大阪にあり!

http://www.bogartshawaii.com/jp/Acai_bowl_and_more.php
http://www.bogartshawaii.com/jp/acai_info.php
http://www.bogartshawaii.com/jp/map.php
ショップインフォメーション & アクセスマップ - Shop Information & Access Map

Access map

大きな地図で見る
住所

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム1階
TERRACE on the WATERFRONT DOJIMA

101 DOJIMA RIVER FORUM 1-1-12 Fukushima Fukusima-ku Osaka-shi Osaka, 553-0003 Japan
TEL 06-7664-9600
営業時間

OPEN 8:00〜フードL.O. 20:00/アサイーボウル・ドリンクL.O. 20:30

定休日 不定休
お支払い及び
追加オーダー レジにて事前清算制となっております。

追加オーダーに関しましては、
【レジが空いている場合】ご面倒おかけ致しますが、レジカウンターにて追加のご注文をお願いいたします。
【レジに他のお客様が並ばれている場合】ホールスタッフがご対応させて頂きますので、お申し付けください。
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、UC、AMERICAN EXPRESS、DINERS CLUB)
テイクアウト

現在、ドリンクメニューのみご利用いただけます。
※他メニューのご提供が可能になりましたら、ご案内いたします。
駐車場

無し
※近隣にあるコインパーキングをご利用ください。

最寄りのコインパーキング
1、堂島リバーフォーラム北側の建物「堂島クロスウォーク、ピーコック」の地下駐車場
2、「堂島クロスウォーク、ピーコック」道を挟んだ北側にある三井のリパーク(平面駐車場)
最寄り駅

阪神本線「福島駅」徒歩約5分

JR東西線「新福島駅」徒歩約5分
京阪中之島線「渡辺橋駅」、「中之島駅」徒歩約5分
JR環状線「福島駅」徒歩約8分
最寄りのホテル

ホテル阪神(北西へ366m)
セカンド・イン梅田(北東へ447m)
堂島ホテル(東へ535m)
ホテルビスタプレミオ堂島(北東へ546m)

アパホテル大阪肥後橋駅前(東へ561m)

ザ・リッツカールトン大阪(北東へ558m)

ホテルモントレ大阪(北へ617m)
リーガ中之島イン(南東へ620m)

ホテルエルセラーン(北東へ624m)

ハートンホテル西梅田(北東へ738m)
ANAクラウンプラザホテル大阪(804m)

ヒルトン大阪(北東へ873m)
大阪第一ホテル(北東へ927m)

ホテルグランヴィア大阪(北東へ1km)
ウェスティンホテル大阪(1.2km)
梅田OSホテル(北東へ1.2km)

※当店から距離が近い順に記載しております。
また記載の距離は、直線距離のため、実際に歩く距離とは多少異なります。
店内席 34席 + 60席
テラス席 32席
Wi-Fi あり
アルコール類 あり
車椅子 可
予約 こちらのボガーツカフェ予約ページからご予約頂けます。
予約席はボガーツカフェ奥のWATERFRONT DOJIMAスペースになります。

| 未分類 | コメント(0)

その時歴史が動いた-乱世の英雄編- 兵法の道は人の道~宮本武蔵、『五輪書』完成への苦闘~

その時歴史が動いた-乱世の英雄編- 兵法の道は人の道~宮本武蔵、『五輪書』完成への苦闘~
動画:その時歴史が動いた-乱世の英雄編- 兵法の道は人の道~宮本武蔵、『五輪書』完成への苦闘~

| 未分類 | コメント(0)

ヒーロングレイシーのVine動画 12





| 未分類 | コメント(0)

格闘技界のオウム真理教 ケンカ必殺拳・骨法 マインドコントロールには注意しましょう

p1.jpg

http://www.mandarake.co.jp/information/2010/11/16/21nkn05/index.html
骨法!ゴジラ!風忍!「ケンカ必殺拳・骨法」「THEゴジラCOMIC」 だします!

今回紹介するのは風忍先生の「ケンカ必殺拳・骨法」「THEゴジラCOMIC 」です。

風忍先生といえば凄まじいまでにカルト的な人気を誇る漫画家の一人。
その最大の特徴はエキセントリックでどこかアートの香りをさせる画面構成にあるといえるでしょう。
普通漫画にとってコマ割りは物語をスムーズに説明するための手段に過ぎませんが、風忍先生はその概念に完全と立ち向かった勇気ある作家の一人といっても過言ではないでしょう。

意味があるのかないのかわからない、怪しげな装飾や左右対称の宗教画のごときコマ割りはもはやストーリー以上のなにかを秘めている、非常に良い意味で怪しすぎる代物。
漫画というよりもポップカルチャーに近い存在といえるでしょう。
そんな風忍先生は永井豪先生のアシスタントだったそうです。
ゲッターロボの石川賢先生といい、やたらシリアスグレートマジンガーなどで著名な桜多吾作先生などといいダイナミックプロ出身の漫画家は非常に強い作家性をお持ちのようです。


そんな風忍先生ですが、残念ながら手がけた作品はそう多くはありません。
代表作の「地上最強の男 竜」はもちろんですが、それ以外にはかのQJ選書から出ていた「ガバメントを持った少年」や「バイオレンス&ピース」等。
他にも小説の挿絵などがちらほらといったところ。
そんな決して多くない作品の中でも今回は珍しい実録物 (というには怪しすぎる) 「ケンカ必殺拳・骨法」とアンソロジー「THEゴジラCOMIC」を出します!

「ケンカ必殺拳・骨法」はその名のとおり骨法を題材にした作品。
骨法とは、掻い摘んで説明すると堀辺正史が編み出した独自の拳法とのこと。
よく漫画に出てくるような一子相伝暗殺拳法的なものをイメージしていただければ間違いないかと。
堀辺正史自身もヒゲ面の怪しいおっさんでイメージどおりです。
作品は一応実録漫画という形式をとっているため、他の風忍作品と比べると描写などは抑え目。基本的には骨法の歴史や紹介が主となっています。

p2.jpg

p3.jpg
アミバしか思い出さない愉快なシーン

骨法によって健康になって喜びを訴える家族などが風忍先生の繊細かつ精密な絵で描かれております。そんな漫画の途中で骨法で健康になったと訴えられても困るぞ!雑誌裏広告でやれ!

ただ、やはり風忍先生らしさも健在で、油断すると飛び交う骸骨や仏像が画面を盛り上げてくれます。
前半は、一話数ページぐらいで骨法を紹介しているのですが、中盤からは突然堀辺正史本人の人生について語りだすというインチキぶり。

p5.jpg
日本はワシが育てた

それによると骨法は大昔の日本から伝わる格闘術なんだそうで。どっかの特撮で聖徳太子がロボットを作ってましたが、 意外に古代日本はアグレッシブかつ世紀末なのかもしれません。


p4.jpg
若き日の本部以蔵・・・じゃなくて堀辺の前にどっかで見たことのある人が…
どうみても某超有名漫画原作者じゃねぇか!

そんな「ケンカ必殺拳・骨法」、風忍先生が一冊出しているというだけでも貴重なものなので、 この機会にあなたの本棚に加えてみてはいかがでしょうか?

また今回は (ごく小規模に) 風忍先生フェアとして、先生も執筆されている「THEゴジラCOMIC」も出します。



同人誌的色が強い本ですが、そんな中でも風忍臭は健在。というか健在しすぎて異臭と化しています。 内容については結構語られている感もあるのでここではあえて説明をしないでおきましょう。 ネタばれ覚悟で気になる人は「Gからの警告」とかで検索してみてください。

p8.jpg
p9.jpg
なぜかクロスオーバーを果たす骨法とゴジラ
実は風忍先生の中には石川賢先生の「虚無戦記」ばりの壮大な世界があったのかもしれない・・・

なぜかゴジラに骨法で挑むという、「ケンカ必殺拳・骨法」を知ってるとより楽しめるという読者サービスが!是非併せ読みしてみてください!


風忍先生の作品では有りませんが面白かったので 土下座・・・なんかそんな漫画がゴラクで始まってたような気が・・・

おまけ

意外とフランクな先生の自己紹介

http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/50250944.html
おれの前世は・・・ゴジラだ!「THEゴジラCOMIC」

こいつら(ゴジラ)100%伝説・・・「THEゴジラCOMIC」




おれの前世は・・・・ゴジラだ!
こんにちはJ君です。あなたの同僚が、友人が、恋人が、突然こんなカミングアウトをしてきたらあなたならどうしますか?・・・はい、病院に行くことをお薦めしますよね、普通。しかもカミングアウトをするのはなんと、生まれたばかりのマイベイビーだったら・・・むしろ自分が病院に行きたくなりますね。しかし、そんなマンガが実際に存在するのです。

というわけで、本日ご紹介するのはいわゆるゴジラをトリビュートした短編マンガ集「THE ゴジラ COMIC」。こちらでその存在を知ったのですが、一読した時そのあまりにアレ過ぎる内容にJ君は開いた口が塞がりませんでした。ゴジラを愛しすぎたが故の狂気の宴をとくとご覧ください。

さて、「ゴジラを愛しすぎたが故」などと冒頭に言ったのをいきなり覆すようで恐縮ですが、このトリビュート短編集の最も凄いところはあんまりゴジラをトリビュートしていないところにあります。掲載されているマンガの大半が単にギャグのネタとしてゴジラをいじっているだけか、チョイ役でゴジラが登場するだけといった内容。むしろ「ゴジラ縛りうぜえ」などというような作家陣達の本音が伝わってきそうな本末転倒感に溢れています。


こんなゴジラは・・・見たくなかった

そもそも表紙からして萌えキャラとゴジラの組み合わせですからね。狙いどころがさっぱり分かりません。・・・とにかく、この「THEゴジラCOMIC」に収められているマンガは本当にゴジラをトリビュートする気があるのか疑わしいものばかりなのですが、いくつかご紹介してまいりましょう。

まず、コミック冒頭に登場する「ゴジラ2」というマンガは、東京湾に上陸したゴジラに対抗するために地球防衛軍に招聘された斎藤由貴がゴジラに向けて「探し物はなんですか~、見つけにくいものですか~」と歌うと、ゴジラが海に帰っていくという・・・つまり、斎藤由貴が地球を救うマンガです。コミック冒頭からゴジラファンに対していきなり鈍器で襲いかかるかのような衝撃の内容でお出迎えです。



斎藤由貴が地球を救う


大御所、安永航一郎先生の「ゴジラ対盆栽娘」は、体が盆栽になってしまった女性が地球を救うためにゴジラと闘うかどうか苦悩するという内容で、こうしてあらすじを紹介してもさっぱり意味不明なのですが、実際読んでも全く意味不明です。ちなみに作品中に出てくるゴジラといえば、ゴジラのシルエットがひとコマのみ。ゴジラへの愛は微塵も感じられません。

これだけ


なんと時代劇物も収録されています。時は元禄十四年、赤穂浪士がゴジラと対決するというベルリン忠臣蔵ならぬゴジラ忠臣蔵のようなマンガも収録されています。「吉良の首とった!」というセリフとともになぜか浪士がゴジラの脳天に日本刀をブッ刺すラストシーンが圧巻です(吉良じゃないけど)。

吉良じゃねーよ


その他、千葉に上陸したゴジラよってまだローンの残るマイホームを粉々に破壊されたサラリーマン一家の悲哀を描いた「ゴジラ対山田係長」は、おそらく世界ではじめてサラリーマンの視点でゴジラを描いた秀作ですし・・・

マイホームローンの敵、ゴジラ


剣士として擬人化されたゴジラがファンタジーの世界で活躍する「GODZILLA 怪獣戦士」は、エロカッコいい鎧を着て、右手に剣を持ったゴジラが悪い人間を殺しまくるという違和感度マックスの作品。しかもこのように・・・


エロカッコいいゴジラ

ゴジラのラブシーンもあります。まさに愛に生きる男、ゴジラ。

などなど、ゴジラ縛りの中でいかに好き勝手にマンガを描くかをコンセプトにしている作品が多い中、明らかに異質のオーラを放つ作品が1つだけ掲載されていたのでした。それが、かの「地上最強の男 竜」を世に送り出した風忍先生が描く短編「Gからの警告」です。


当然「G=ゴジラ」です

タイトルからしてこの迫力。そもそもゴジラを勝手に「G」と略すセンスからして只者ではありません。まるで「日本でGといえばゴジラかゴルゴだろ!」とでも言いたげな思い切りのよさ。さすが風先生です・・・。


一目で分かる風忍節

このように画を見ただけでも短編ながら「地上最強の男 竜」とまったくテンションが同じであることがビンビン伝わってきます。

ストーリーをご紹介しましょう。突然街に現れ、破壊の限りを尽くすゴジラ。そこに立ちつくす一組の夫婦がいました。自衛隊の攻撃をまったく寄せ付けないゴジラに絶望感が漂う中、夫の方が突然とんでもないセリフを言い放ちます。


ゴジラとやる気です

「明子、おなかの子供をたのむ・・・」
どうやら、妻は妊娠している模様、それよりなにより、夫の方がどう考えてもゴジラと闘う気でいます。


ゴジラにありますかね?

「骨法でいう『クラ』があるはず、そこを打てば・・・」
えぇっ!まさか・・・ゴジラに・・・一人で・・・?


一人でゴジラに特攻

いったー!(しかも生身で)


急に詳しすぎ

ここで急に骨法についての詳しい解説が入ります。どうやら骨法は風忍先生のイチオシ格闘技の模様。骨法については同じ風忍先生画の「ケンカ必殺拳骨法」が嫌になるほど詳しいので解説は割愛しますが、どうやら人間がゴジラを倒せるのは戦車でもミサイルでもなく唯一、骨法だけだ!と言う主張のようです。そして巨大なゴジラに生身で立ち向かう骨法使いの夫・・・。


ゴジラ対個人

「ルール無用のケンカ必殺拳、これが骨法の熟瓜打の秘法だ!」
ゴジラ相手にそういう問題でもないような気がするんですが(そもそもケンカじゃないし)。しかし・・・!


骨法すげー

なんとゴジラと相打ち!!!骨法強えぇ!!
・・・そして時が経ち、男の忘れ形見となった赤ちゃんが妻のお腹から無事生まれたのですが、この赤ちゃんの挙動がいちいち何かおかしいのです。




悪のオーラ出過ぎ

「スッ」 「ビクッ」
あまりに不自然な赤ちゃんの動きに異変を感じ取る母親。するとこの赤ちゃんがとんでもないカミングアウトをはじめます。


お前はまさか・・・

「俺の魂はこいつの体をのっとってやったんだ!」


衝撃の告白

「人間として生まれ変わったおれの前世は・・・ゴジラだ!」
・・・もうスピリチュアルカウンセラーの江原先生もビックリの爆弾発言ですよ。


器用ですね

手近な小石を投げて母親を攻撃する「前世ゴジラっ子」。とても前世がゴジラとは思えない細かい攻撃です。


ひひひひ

さらに岩でガンガン母親の頭部を攻撃する「前世ゴジラっ子」。とても前世がゴジラとは思えないアクションで母親を襲います。


母親、万事休す

そして、母親がピンチ。岩を持った「前世ゴジラっ子」が上から襲いかかる!しかし・・・!


虐待スレスレの画

母親の掌底がカウンターで炸裂。夫婦で骨法マスターかよ!そして「前世ゴジラっ子」は天空のかなたまで吹っ飛んでいきました(んなアホな)。そんなワケで母親の掌底一閃で地球の危機が救われたわけですが、話はこれだけでは終りません。なぜか話が突然霊界へ。母親が霊界で夫と成長した息子と語り合うという誰もついていけないスピリチュアルワールドへ展開します。


必要ねー

「霊界で父さんから骨法も習っているんだ」
え、霊界で!?


強引なメッセージ性

最後は、地上に突然現れたゴジラは、今の腐った地球に対する霊界からの警告だった!(Gからの警告)という誰も理解できない強引なメッセージを主張するという風忍先生ならではのオチで終了します。よくよく考えるとこのマンガもゴジラである必然性は全然ありませんでしたね。

というわけで、ゴジラを徹底的にいじり倒した全14作品が収録された「THEゴジラCOMIC」をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?この作品に出会って、J君のゴジラに対するイメージは180度変わりました。とりあえずゴジラを倒せるのは、戦車でもミサイルでもなく骨法。イザという時のためにこれだけは覚えていた方が良さそうです。

| 未分類 | コメント(0)

原子力空母と原子力潜水艦の恐怖

Q&A 原子力空母の危険性
http://www.asyura2.com/0403/genpatu2/msg/112.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 3 月 14 日 17:39:50:dfhdU2/i2Qkk2



















Q1 米海軍が横須賀基地を、原子力空母の母港にするという計画があるって、本当ですか?
 現在、米海軍は、横須賀基地を、海外で唯一の通常型空母(重油が燃料のボイラーで蒸気を発生させ、タービンを回して動く航空母艦)の母港としています。
 しかし現在米海軍には現在3隻の通常型空母しかなく、残る空母は全て原子力空母です。また1998年10月9日に、国防総省は今後建造される空母は全て原子力とすることを認める決定をしました。そして現在横須賀を母港としているキティホークは2007年度頃、コンステレーションは2002年度頃に退役する予定で、残る1隻のJ・F・ケネディは練習艦で現役ではありません。従ってキティホークが退役する2007年度頃までに、米海軍の横須賀基地の空母母港が終わりになっていない限り、横須賀基地に原子力空母が配備され、その母港として提案されるという事態が、必然的に来るのです。
 1998年3月30日に国防総省のベーコン報道官は、将来の原子力空母の横須賀母港化を認める発言をしました。98年11月9日付米軍関係紙『スターズlアンド・ストライプス』は、第七艦隊のキーティング少将が『キティホーク』の退役後、横須賀基地に原子力空母を配備する方向で日米が作業に入っている、との発言を報道しました。
 そして米議会会計検査院の報告書によって、現在進行中の日本政府による横須賀基地12号パースの延長整備計画は、まさに原子力空母の横須賀母港化のための施設改善であることが明らかになりました。このように、私達市民の知らないところで、原子力空母の横須賀母港化のための準備が着々と進められているのです。

 

Q2 そもそも原子力空母ってどういうものですか。今横須賀を母港としている通常型空母と、どう違うのですか?

 通常型空母とは、重油を燃料とするボイラーで蒸気を発生させ、その蒸気でタービンを回して動く航空母艦です。
 これに対して原子力空母とは、原子炉を搭載し、原子炉でウラン235の核分裂連鎖反応を起こし、原子炉の中と蒸気発生器の間を加圧した一時冷却水を循環させ、発生した蒸気で夕一ビンを回し、運航するというものです。
 つまり原子炉を搭載し、それを動力として動く航空母艦なのです。




Q3 原子力艦船と原子力発電所はどう違うのですか。どちらが危険なのでしょうか?
 原子力空母は原子炉を搭載し、それを動力としている空母であり、その原子炉は加圧軽水炉という形式で、原子力発電所の原子炉(日本では関西電力の原発の使用しているもの)と、原理は同じものです。つまり原子力艦船は、船の上の原発なのです。
 ニミッツ級原子力空母の出力は熱出力90万キロワット、発電炉に換算すると約30万キロワットと推定され、これは関西電力の福井美浜原発一号炉に相当する大規模なものです。
 原発の安全神話も、事故の多発の実態が明らかになって、完全に崩壊していますが海軍の原子力艦船の原子炉は、陸上に設置された原子力発電所の原子炉と比較して、1.狭い船体内に設置するため、炉心設計に余裕が少ない。2.放射能防護のための格納容器が不十分である。3.船の上のため絶えず炉心が振動衝撃にさらされる。4.海難事故による原子炉や付属設備の破壊、破損がありうる。5.寄港、作戦等により無理な炉の出力調整を強いられる。6.核ミサイルの高性能火薬との同居。7.交戦による炉の破壊、故障。等々、数多くの、陸上の原子炉にはない、原子炉事故の危険性を増大させる要素をもっているため、陸上の原発に比べ、事故の危険性が非常に大きいと指摘されています。

 

Q4 原子力艦船はこれまでにどのような事故を起こしてきたのでしょうか?

 原子力舶『むつ』が放射線漏れ事故を起こして、日本中の大問題となり、入港が拒否されて、とうとう廃船になったことを、覚えていられる方は多いと思います。
 米海軍の原子力潜水艦も、過去二回にわたって、原子炉ごと沈没するという事故を起こしています。
 また1971年には原潜ウッドロー・ウィルソンが、グァム島で、炉心溶融の一歩手前の冷却水の圧力低下の事故を起こしています。
 1975年には、潜水母艦プロチュウスが、グァム島で、原潜からの放射能の強い冷却水を、大量に放出する事故を起こしています。
 1988年には、英国の原潜レゾリューションが、母港のドックの中で、一次冷却水がとまり、あわや炉心溶融という事故を起こしています。
 原子力空母も、1979年ニミッツが原子炉部分で一次冷却水漏れ事故を、1989年にはリンカーンが放射能を帯びた冷却水を川に放出する事故を起こしています。
 さらに原潜と原子力空母の母港である米ピュージェット造船所では、1977年、二週間に四件の放射能汚染事故が発生し、大気中に漏れ出た放射能のために三人の労働者が被曝したといいます。
 旧ソ連では、原子力艦が、炉心溶融の事故を起こしたり、原潜が原子炉事故によって沈没したりする大事故が起こっています。
 このように原子力艦については、大事故に繋かりかねない事故のみでなく、港内での冷却水もれによる放射能汚染等が、日常茶飯事であることがよくわかります。

 

Q5 横須賀にも原子力潜水艦が度々入港しているようですが、放射能漏れなどはなかったのですか。情報公開や安全性のチェックはされているのですか

 日本でも過去に以下のような異常放射能が、原子力艦船寄港時にたびたび測定されてきました。
 1967年 横須賀港で原潜スヌーク号の異常放射能事件
 1968年 佐世保港で原潜ソードフィッシュ号の異常放射能事件
 1968年 那覇港でコバルト60の検出
 1980年 沖縄ホワイトビーチで原子力巡洋艦ロングビーチ号の異常放射能事件 最近でも1996年11月15日午前、原潜カメハメハと原潜トビカが横須賀基地に寄港中に通常の約3倍の放射能が計測されました。
 また1998年になってからも、横須賀港内で、異常放射能が3回計測されています。7月11日深夜には通常の3倍以上の放射能が計測されましたが、この時も横領賀港内には原潜トピカと原潜バットフィッシュが停泊していました。
 しかし実は米海軍は、日本政府に対して、原子力艦船の事故についての情報を公開しようとせす、日本政府も、立入って調査や、安全性の審査ができないのです。
 そのため異常放射能は度々計測されても、本当のところ何が起こったかは、日本政府も分からす、また原子炉の安全性もノーチェックという、前時代的な、そら恐ろしい状態が続いているのです。

 

Q6 横須賀基地が原子力空母の母港になると、現在の状況とどう違ってくるのですか?

 現在横須賀基地は、通常型空母が母港としており、また原潜がしばしば-時的に寄港しています。しかし原子力空母が横須賀を母港にするということは、現在の状況と比較しても、
1 発電炉にして約30万kw扱の大規模の原子炉をもつ空母が、
2 年間の半数近く私たちの住んでいる市街地から僅かの距離の場所に停泊し、
3 空母の原子力推進システムの一定レベルの修理点検活動を行う、
という意味において、今までとは違う格段に高い原子炉事故、放射能汚染等の危険に私連市民がさらされることになることを意味します。
 特に空母の原子力推進システムの修理点検活動とは、原子力推進システムの放射能的に管理された設備の一定レベルの修理、変更、検査作業であり、それによってそこから放射能を帯びた機材、放射性廃棄物、放射性物質を含む一次冷却水、放射性物質の洗浄水、用具類等が搬出されることとなります。その結果、放射能を帯びた冷却水漏れ、放射能汚染物質の搬出等による放射能漏れ、作業労働者の被曝等の危険性が日常的に起こる可能性は大きいと言わねばなりません。
 原子力空母の修理維持活動を行うことに伴い、大事故の起こる確率の高いと言われる原子力推進システムのテスト等が、修理後に行われる可能性も考えられます。
 さらに横須賀基地に寄港する原潜も、原子炉の修理施設の出現によって、頻繁に構須賀基地で修理される事態となるでしょう。
 また作戦航海の途中で原子力空母、原潜の原子炉が事故を起こした場合、それを修理するために、事故を起こした状態のまま、横須賀基地に帰港することも考えられ、そのような填合の横須賀基地への放射能汚染等の被害も考えられます。

 

Q7 放射能の人体、環境に与える影響はどのようなものですか?

 広島、長崎の原爆によって被曝し、その後も長いこと、そして二世、三世の世代まで苦しめている放対能障害の被害の実態を、みなさん、ご存じでしょう。
 放射性物質が体内に入ると、その種類によって体内の特定部分に止まり、蓄積されていき、体の内部から長期間、放射線を出しつづけてまわりの細胞を破壊するため、急性の、あるいは何十年もの時間をかけて白血病、甲状腺ガン、肺ガン、白内症等を起こします。その影響は年齢が若いほど、胎児や乳幼児ほど受けやすく深刻です。
 さらに放射線は人間の染色体遺伝子を傷つけて遺伝障害を起こし、胎児、子供や孫等次の世代にまで被害は及ぷのです。
 また放射性物質が付着した地面、建物、植物、物体は、何十年もにわたって放射線を出しつづけるため、汚染除去作業をしたとしても、長期間そこには住めない状態となります。チェルノブイリ原発事故の場合、放射能汚染のため、今でも周辺の広範な地域で人が住めない状態が続いているのです。

 

Q8 どのような形で、原子力艦船の場合、放射能漏れがおこるのですか?

 原子力推進システムの一定レベルの修理、変更、検査作業をすれば、必然的に原子炉から放射能を帯びた機材、放射性廃棄物、放射性物質を含む一次冷却水が、また放射能を帯びた放射性物質の洗浄水、修理用具類等が搬出されるのです。
 原子力艦船の修理を行っているピュージェット造船所では、1977年に四ケ月に一三件、ニ週間に四件の放射能汚染事故が起こり、大気中に漏れ出た放射能のために三人の労働者が被曝する事故があった、と言います。1978年には原潜から高濃度の一次冷却水が、ドック内にあふれ出て、汚染除去作業のため長時間を要したと言います。この事件に象徴されるような、修理点検作業に伴う小規模な放射能漏れ事故が同造船所では日常茶飯事的に起こっているようです。
 横須賀でも、母港化によって原子力空母の一定の修理維持活動を行われれば、放射能を帯びた冷却水漏れ、放射能汚染物質の搬出等による放射能漏れ、作業労働者の被曝等の危険性が、日常的に起こる可能性は大きいと言わねばなりません。
 またこれら搬出された放射能を帯びた物質を、横須賀の場合、一体どこに貯蔵し、どこに処分するのでしょうか、という不安もぬぐえません。

 

Q9 日常的に起こりうる低レベルでの放射能漏れの影響は、どのようなものが想定されますか?

 原子力空母が常時横須賀に停泊し、原子炉の修理維持活動を行うことによって、横須賀でも日常低レベルであっても放射能漏れが多発する恐れが大きいと言えます。
 ガンの発生数は、放射線を浴びた人数×放射線を浴びた量に比例すると言います。
従って低レベルではあっても、遠くない距離で、長期間放射線を浴びれば、その放射能の影響は徐々に時間をかけて蓄積され、人体に現れてくるのです。
 また大気中や海水に放出された放射能物質が、魚や野菜等を通じて数百、数千倍に濃縮されて、人間に摂取されることの影響も無視できません。
 また放射能が人間の染色体遺伝子を傷つけて遺伝障害を起こし、胎児、子供や孫に障害等ももたらすということも、周辺に生む私たちには大いに懸念されることです。
 さらに基地労働者、下請労働者が、原子炉の修理、放射能を帯びた物質を取り扱うことにより、原発労働者と同じように被曝する危険性も無視できません。

 

Q10 どのような形で、原子力艦船の原子炉事故かおこる可能性がありますか?

 原子炉は、非常に微細な構造かつ過酷な条件におかれているため、過去に同タイプの原子炉(福井美浜一号炉)等も、燃料棒の腐食、折損事故、蒸気発生器の細管の腐食、損傷事故等が起こっています。
 海軍原子炉はQ3に指摘した振動衝撃、出力調整、衝突爆発等によって、さらに原子炉の損傷、異常が起こりやすい条件となっています。
 これらの異常がさらに進行すると、次のような大事故によって、死の灰等の放射性物質が、広範囲の大気中に拡散されるような事態が、起こりうるのです。
1. 何らかの要因で原子炉内の一次冷却水か循環しなくなったり、喪失したりして、炉心の温度が高騰して、炉心溶融、爆発、放射能物質の拡散に至るというもの。
    ----スリ-マイル島の原発事故がこのタイプに属します。
2. 何らかの要因で炉心での核分裂反応が制御不能になって連鎖的に起こり、炉心溶融、爆発、放射能物質の拡教に至るというもの。
    ----チェルノブイリの原発事故がこのタイフに属します。

 

Q11 もし横須賀で、原子力艦船の原子炉事故が起こったら、どのような被害が想定されますか?




もし、原子力艦船が横須賀基地に寄港中に、原子炉事故が発生した場合、どのような被害が発生するかについて、カリフォルニア大学のジャクソン・デイビス教授は、1988年にアセスメントを行いました。
 それによると、炉心にたまっていた放射能物質は、放射能雲(ブルーム)となって風にのって運ばれて分散し、風下の数十キロの住民は放射能を帯びた空気を吸入し、また死の灰が降下して地表を汚染し、さらに食料や水道の汚染も発生し、都市活動、市民生活は完全に麻痺状態に陥ってしまうといいます。
 そしてこれら拡散され降下した放射能の被爆による人体への影響は、
1. 事故中および事故直後に放射能と接し、被爆することによっておきる癌死。
2. 被災地に一週間留まったとして、放射線の地上照射によっておきる癌死。
3. 被災地に一年間留まったとして、放射線の地上照射によっておさる癌死。
4. さらに放射能被爆による遺伝性障害による癌等の死。
等が想定され、その条件により、控えめに見ても、事故の影響による死者は、遺伝障害も含めて15万人にのぽるだろうと推定しています。これは熱出力10万kwの原潜の事故を想定したものですから、熱出力90万kwの原子力空母の場合は、被害はさらに大きくなると考えられます。
 さらに放射能で汚染された土壌、建物、物質の汚染除去作業のため、長期間の時間と空前の費用がかかり、それが完了するまでは、汚染地帯には人が住むことはできなくなるといいます。
 即ち、一旦このような原子炉事故が横須賀で起こったら、私たちの市民生活は、回復のできない人命と経済的被害を被ることになってしまうのてす。
Q12 原子炉事故が起こったら、私達はどうしたらよいのですか。どのような対策が立てられているのてしょうか?

 カナダ西海岸の米原子力潜水艦が使用している、ナヌース湾のDNDという運動団体の資料によると、『原子力潜水艦の事故か起こったら、全てのドアや窓を閉め、暖炉やエアコンを切り 致命的な甲状腺への被害を避けるため、すぐ臭化カリのピルを飲みなさい。そして安全な受け入れ施設に避難しなさい。』と指摘しています。
 横須賀市は国に対して、繰り返し原子力艦船の事故対策について
『特に周辺住民への被害が予想され、「立入り制限等、周辺住民の安全確保」措置が 必要となる段階では、住民に無用な不安を与え混乱を起こさないような周知内容・方法、さらには避難誘導対策のほか、放射性ヨウ素の人体への蓄積を妨げる効果があるという「ヨウ素剤の配備・配付」などを含めた全般的な事故対策、安全確保策を具体化することについて」回答を求めていますが、国からは今日まで全くそれに対する回答はなく、対策が立てられていない状態です。
 しかし原子炉事故の危険性をリアルにみるなら、原発周辺と同様に緊急避難訓練、各家庭へ臭化カリのピルの常備、汚染地帯の隔離、被爆者の汚染除去と手当の医療体制、放射能から防護された避難施設の用意等をしなければならないはずです。
 しかし問題の本質は、私たちが本当にそのような危険と、将来に渡って同居していかなければならないか、ということなのです

| 未分類 | コメント(0)

御用学者が垂れ流す週刊新潮掲載のアホ丸出しの持論を小出 裕章先生があっさり看破! 科学大国日本のトホホな現実

原発ゼロ (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-3-3)原発ゼロ (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-3-3)
(2014/02/20)
小出 裕章

商品詳細を見る
http://kaze7yoi.blog107.fc2.com/blog-entry-1534.html
奈良林直(北大)、澤田哲生(東工大)、いまだに(いまだからこそ、か?)バカを垂れ流し続ける原発御用学者たち。。。
 おはよう。


 
 ドリカム、デビュー25周年、らしいね。
 昨日、ラジオの番組に中村ナンチャラがゲスト出演(電話)していてた。

 ま、好きにしてくれ、って話なのだが。。。




 で、今、京都大学原子炉実験所小出チェンチェイの2月に出た新刊『原発ゼロ』(幻冬舎ルネッサンス新書)を読んでいるんだけれど、原発御用学者2人のあまりにもバカ過ぎる言説が取り上げられていたので、孫引き&直引用混在のかたちになるが、ここに紹介し、晒しておきたい。同書、P131-134からの孫引き&直引用。。。

 一人目は、奈良林直(北海道大学大学院教授)。
 東芝出身、バリバリの原子力マフィアである。

 『週刊新潮』で、小泉純一郎の脱原発路線を批判する目的でバカなコトをしゃべっている。

***************************
 (六ヶ所高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターでは)廃棄物をガラスに溶かし込んだガラス固化体をステンレス容器に入れ、密封して並べている。40年間冷やしてから埋設する計画です。放射性廃棄物には半減期があり、40年たてば放射線も発熱量も1000分の1になり、安全に埋められるからですが、とにかく実績として保管できているのです。(中略)
 ガラス固化体にすれば10万年保管できる、というのが「10万年」の根拠で、10万年の保管が必要なわけではないし、保管できる技術があるのも小泉さんは知らないのです。3000年も経てば放射能の強度は100万分の1程度、人間が手で握れるウラン鉱石の10倍程度に落ちることも知らないようです。

『週刊新潮』(2014年1月2・9新年特大号)掲載記事
 「小泉元総理『原発ゼロ』発言は致命的に幼い」より
***************************

 これに対して小出チェンチェイは。

***************************
 奈良林さんは、福島第一原子力発電所の事故後から、「もともと自分ならば簡単に自己を収束できる」とウソを言っていた方ですが、いまだにこんなウソを言い続けているのを知って愕然としました。まず、ここで言う「ガラスに溶かし込んだ廃棄物」というのは、使用済み核燃料をフランスで再処理してもらい、ウランとプルトニウムを取り除いた残りの核分裂性生成物のことです。この中には比較的短い半減期のものが混じっていますので、40年も経てば、放射能が1000分の1程度になるというのは本当です。しかし、1000分の1になっても、人が近づけば簡単に死んでしまうほどの放射能がまだ残っているのです。安全に埋められる道理がありません。
 さらに、ガラス固化体を10万年保管できる技術があるのだということについて、残念ながら、10万年という時間の長さを保証できる科学も学問もありません。だからこそ、日本学術会議が高レベル放射性廃棄物を埋め棄てにするのは正しくないと答申したのです。
***************************

 ひょっとしたら、小泉の場合、ガラス固化体に保管する技術のことを知らないということはあり得るが(笑)、フツーの反原発・脱原発陣営の人間は、そんなことは知っている。そのうえで、反原発・脱原発を主張しているのである。保管できる技術はあっても(10万年は無理)、最終処分場がないのは事実である。小泉も最終処分場がないことを一番の問題としている(いた)。そして、最終処分場を確保できたとしても、そう簡単に埋められない、埋めていいってものではない(物理的にも、学術的にも)という点は、小出チェンチェイが指摘しているとおりである。

 六ヶ所村の貯蔵センターとて、安心・安全が保証されているわけではない。今はとりあえず保管できている、というだけの話である。直下の地震に襲われたらどーなってしまうのか、想像しただけで恐ろしくなってしまう。地震が来ないよう天に祈りながら保管しているのである。そんな程度のコトを威張ってどうする! っつー話である。ったく。。。

 >3000年も経てば

 あのなぁ、3000年って、軽く言うなよ。私たちの歴史さえ、まだ2000年ちょとだぞ。天皇フェチのイッてしまってる系の人たちが使う皇紀でも2670年ちょいだ(笑) 3000年って、どんだけぇ~って話だろ。どーやって管理してくのよ、そんな長期間? ちゃんと考え持って言ってるわけ?



 もう一人、東工大の澤田哲生助教。
 私の記憶が確かならばぁ~(古いか、笑)、「自分は御用学者じゃない!」とか吠えている野郎である。

 これまた『週刊新潮』に、核のゴミの処分について、頭の中がお花畑だと言わざるを得ないアホな見通しをしゃべっている。

***************************
 最近、中学生に原子力のゴミ問題を話しました。原発から出るゴミは、国民1人当たりだと手のひらサイズになるけど、その捨て場がないと話したら、いろんなアイディアが出ました。宇宙に捨てる、海底に捨てる・・・・・・・。そんなに小さいなら各家庭が引き取ればいい、という子もいました。それは難しいにせよ、原発で作られた電気のほとんどを使ってきた首都圏で引き取って一括管理する、というアイディアにつながると思う。この中学生のような公共心があれば、解は見つかるはすなんです。

『週刊新潮』(2014年1月2・9新年特大号)掲載記事
 「小泉元総理『原発ゼロ』発言は致命的に幼い」より
***************************

 これに対して小出チェンチェイ。

***************************
 中学校での出前授業か何かはわかりませんが、原子力のゴミを首都圏で引き取るという考えには同意します。しかし、原発のゴミが、手のひらサイズの小さなものだと説明するのならば、手のひらに載せたとたんに人が死んでしまうくらいの毒物であるということまで説明しなければ、子どもたちには放射能についての正しい知識が伝わりません。このような不十分な説明をしたのでは、子どもたちを洗脳していると言われても仕方がないと思います。
***************************

 放射性廃棄物、核のゴミをどーするのかは、1942年に初めてアメリカが原発を動かしたときから、技術者たちが考えてきた。考え始めて70年が過ぎた。だけれども誰もナニも、解を出せていない。

 >公共心があれば、解がみつかる 

 なるほど、原子力分野の専門家として「解をみつけられない」でいる澤田、貴様自身には「公共心がない」ってわけだ(笑) そーゆーことだろ、ちがうか、あん?


 奈良林、澤田、二人に対して。

***************************
 奈良林さんも、澤田さんも、これまでずっと「原子力発電は安全だ」、「破局事故は起きない」と宣伝し続け、間違いと言うには許し難いほどのウソの情報と知識を流してきた人たちです。そして、実際に福島第一原子力発電所の事故が起きてそのウソが実証されたにもかかわらず、その事故で被災した福島の人たちの苦難を横目に、できもしない放射性廃棄物の処分が簡単にできるかのように、いまだに言っているわけです。同じ科学に携わる者としては、大変、困った人たちだと思います。この人たちに対しても、その責任と罪の重さを、法的手段も含めきっちり追及しなければいけないと思います。
***************************

 なんて言うのかなぁ。

 自国についてプラスのことを言っていないと精神のバランスを保てない系の人たち(笑)が、日本はスゴイ! 日本の科学技術はスゴイ! って、さかんに叫んでるじゃない。

 でもさぁ、奈良林とか澤田のような科学者の言説を見聞きしてると、トホホ、というか、あぅあぅ、というか、膝の力が抜ける、というか、そんな感じになってしまうよね。大丈夫か、ニポン? 心配しちゃう。


 政治経済評論家の佐高信チェンチェイに、御用学者に関する秀逸な文句がある。

「よく、専門分野のことしか知らない学者のことを”専門バカ”と言ったりしますが、今回の原発事故で、彼らは”専門もバカ”であることが、明らかになりました」

 奈良林直、澤田哲生らも、”専門もバカ”の系統に属すると言って過言ではあるまい。

 ほんに、「困った人たち」である。

 調査兵団に駆逐してもらうしかない。イェーガー!!







 たとえば、今年メジャーデビューするアーティストがいたとして、彼・彼女らが25周年を迎えるころ、フクイチの後始末は完了しているのかというと、それは絶対無理なわけで。溶けた燃料棒の取り出しが出来ていない。取り出しなんて出来っこないから、”石棺”作業が進んでいるかもしれない。。。



原発ゼロ小出裕章

『原発ゼロ』
(小出裕章/著、幻冬舎ルネッサンス新書、2014年2月)

[目次]
第1章 福島第一原発では今、何が起きているのか
     ―止められない放射能汚染水
第2章 もはや東京の一部も放射線管理区域
     ―拡大する放射能汚染
第3章 果てしなき廃炉への道
第4章 放射能から身を守るためのQ&A
第5章 これでも原発を続けるのですか
第6章 これ以上過ちを繰り返さないために

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 123 シンガポールから来た弱冠19歳 シェインスズキが日本のトップたちを打ち破る! アンデルソンタカハシと1勝1敗! 七帝柔道出身の重量級トップ加藤隆弘らも破る!(反則負けですが…)(敬称略)

| 未分類 | コメント(0)

七帝柔道記コミック版連載スタート

http://big-3.jp/bigoriginal/yokoku/index.html
01.jpg

| 未分類 | コメント(0)

武術武道の裏話暴露話が読みたい方はこちら

武術武道の裏話暴露話満載の長野峻也氏のブログ
http://yusin6.blog77.fc2.com/blog-category-1.html
そんな長野峻也氏の裏話&暴露話
http://krakuchin.exblog.jp/i10#

| 未分類 | コメント(0)

原子力マフィアが製作したプロパガンダの駄作映画 パンドラの約束

http://onodekita.sblo.jp/article/91285051.html#more



2014年03月22日
1038.フクシマでいぶし出されてきた原発推進派のスパイたち-パンドラの約束
 入社3-4年ほどたった頃でしょうか、2F(福島第二原発)に配属された学卒(大学卒、院卒)新入社員10人が集まって、伊豆の保養施設で同期会をしたことがあります。(社内の保養施設ですので、豪華食事の一泊二食で2500円ほど)私は当時原発に勤めていましたが、東京の研究所に辞令をもらった人もいました。誰がこの同期会のお膳立てをしたのかは、もう覚えていません。全員がそろった最初で最後の同期会だったように記憶してます。
 「原子力にはもう将来性がない」と全員が口をそろえて話したことを昨日のことのように思い出します。原子力に夢を持っていた新入社員はもうどこにもいなくなり、全員が20代だというのにあきらめきった中年社員になりはてていました。原子力に長くいればいるほど、夢も希望もなくなり、ただ生活のために原子力の仕事をするようになる。だまされて入って、(生活のために)仕方なしに続ける。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  
全社員がそうだといっても言い過ぎではないと今でも感じています。つまり、自分で考える頭があれば、原子力推進派から、原子力否定派になるのはごく自然な流れなのです。それは、総理の時に原発推進派だった、小泉の変身ぶりを見てもわかるでしょう。知れば知るほど反対派になる-それがしがらみのない人間がたどることのできる自然な道筋というわけです。
 しかしながら、実際に原子力村から抜けられる人は残念ながら、ほとんどいません。私が会社を辞めるといったときに、「いいなあ~」と感想を述べた人は一人ではありませんでした。そして、引き留める際にも
「原子力は将来性のある素晴らしいエネルギーだから一緒にやろうよ」
といった説得は皆無で、
「東電より、楽でそれなりの給料をもらえる会社はほかにないよ」
というものばかりでした。入社7年の社員に嘘は通用しませんからね。

 ところが、この自然の流れに反する-原発否定派から賛成派に変わる-といった映画が公開されました。その名も「パンドラの約束」

原子力エネルギーに異を唱えながらも、主張を180度転換させた人々の声を集めた映画『Pandora‘s Promise(パンドラの約束)』は、米国で開催されたサンダンス映画祭2013で上映。観客の75%が原子力反対者であったにもかかわらず、映画終了時にはその8割が原子力支持に変わったという。


この映画に、「原子力反対派から、賛成派寝返った人たち」が出てきます。それも、全員が例の環境問題を理由にして、放射性廃棄物など怖くもないと主張するわけです。核廃棄物がこの世に生まれて、70年たっているのに、未だに最終処分ができていないにもかかわらずです。

スチュアート・ブランド Stewart Brand
2014032201.jpg アメリカにおける環境保護運動の“巨頭”として、あまりにも有名な存在。第二次世界大戦後の反戦運動が環境運動へと展開していった仕掛け人で、60年代後半から70年初頭にかけてアメリカ中心に活発化した国土回復運動のバイブル「全世界カタログ」の発行人として知られる。(
(略)
環境プラグマティストの教祖ともいうべきスチュアート・ブランドが、旧来の環境保護派が最も嫌う原子力推進派となったのは21世紀に入って間もなくのことであった。2003年、政府による「気候変動に関する研究会」に請われて参加し、ユッカマウンテンの核廃棄物貯蔵所などで新エネルギーに関する真剣な検討を行ううちに、原子力こそが“地球温暖化の解決手段”であり“人口増加に対応できる新エネルギー源”であることを確信。「数十年にわたって環境保護派たちをミスリードしてしまったと後悔した」という。彼は未だに環境保護派たちに影響を与え続けていることからも、この映画に出演することで自分の主義・主張を改めて確認してもらいたいとしている。

マーク・ライナースMark Lynas
2014032202.jpg イギリスの作家・ジャーナリスト。環境活動家としても有名で、気候変動に関しては専門家である。著書『温暖化する地球での私たち』は王室科学賞を受賞するとともに、22の言語に翻訳出版されている。2005年にオックスフォードでの代替エネルギー会議に出席し、原子力が温暖化ガスを排出しないことを初めて自覚、あわせて太陽光や風力はエネルギー供給量において未だ微弱であると認識する。その後の論文で「環境保護派は原子力を見直さねばならない」と述べ、大論争を引き起こすことになった。だが、2009年のコペンハーゲン気候サミットでは、モルジブの気候変動アドバイザーとして「太陽光発電をもとに2020年までに化石燃料から完全脱却する」と表明。ここから分かるように気候変動への解決手段としての原子力を支持しつつ、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの推進を実践している。

マイケル・シェレンバーガー (Michael Shellenberger)
2014032203.jpg 1990年代にナイキ従業員によって始められた、アジア地域での森林保護運動のリーダーとして活動したことが、環境活動家としてのスタートになった。その後、テッド・ノードハウスとともにオークランドにブレイクスルー研究所を設立、エネルギー・気候・安全保障などに関する研究を行っている。2004年に『環境保護主義の死』を上梓。それまでの環境保護主義が“気候変動に対して何の有効対策も持てないことが証明された”と述べ、若手の環境保護主義者に多大な影響を与えることになった。07年出版の『環境保護主義の死から、可能性の政治へ』は、環境論の発端となったレイチェルカーソン『沈黙の春』以来の名著とされている。シェレンバーガーは、スチュアート・ブランドの原子力推進への転換に影響されているだけでなく、独自の調査によって“再生可能エネルギーは90億人にもなる将来世界には適さない”として、自他ともに認める次世代原発のスポークスマン的存在となっている。

グイネス・クレイヴンズ
2014032204.jpg 雑誌編集者・ジャーナリストで作家。彼女の専門ジャンルは多岐にわたり、フィクション・ノンフィクションの両面でベストセラーを生んでいる。「New Yorker」所属の時代から気候変動についても興味を持ち、当初は筋金入りともいえる反原発派だった。しかし、自然派科学者であるリチャード・アンダーソン博士夫妻と行動をともにするうち、原子力関係文献の調査や原子力発電所の訪問をもとに『原子力の真実』を発表。それ以降、原発賛成派のスポークスマンとして“気候変動危機の解決手段としての原子力”についての講演をアメリカ内外で行っている。

リチャード・ローズ(Richard Rhodes)
2014032205.jpg 作家。これまでに24点の著作を発表しているが、最も有名なのがピューリッツァー賞ノンフィクション部門受賞作の『原子力爆弾の製造』(1986)。ヒロシマ・ナガサキ原爆の研究となったマンハッタン・プロジェクトに関する歴史と関係者を描いたもので、核時代の始まりを書いたものとして歴史学者・原子力学者からも評価を得ている。原子力発電に関しては当初、反原発の立場で記事を書いていたが、科学者やエンジニアが原子力の高いエネルギー変換効率に着目していることから考えを変えた。1993年発表の『エネルギーの常識』では、アメリカ原子力産業内での問題を日本とフランスの状況と比較検討した。また、一般市民がいかに核爆弾と原子力エネルギーを混同しているかについて強調。最終的に、原子力こそが最もクリーンで安全なエネルギーであると結論付けている。

 御用学者は、日本だけではないことがよくおわかりでしょう。これらの人の主張を見て、おわかりでしょうか。原発に賛成する理由が「気候変動」ただ一つしかないのです。環境問題から原発賛成を主張するにはこの論点しかない。
 原発、核エネルギーに反対する人たちが、遺伝の問題や、生命自体の問題、最終処分場の問題など、各人様々な理由があるにもかかわらずに、推進派の理論は非常にうすっぺらのペラペラ。
 国連に署名を出せば、日本を救ってくれると運動していた人たちは、世界には日本の御用学者などとは比べものにならないような御用学者が世界にはたくさんいることをきちんと勉強するべきです。

 そして、この映画の紹介文に書かれている「75%の人が原発推進派になった」という宣伝文句も深く受け止める必要があります。裏を返せば、原発反対運動にどれだけの根があるかが、問われているのです。ヒロシマ、ナガサキの被爆者の生き様を本当に知っている人、世界の被爆者たちの苦しみ、そしてフクシマの人の苦しみを本当に知っていれば、原発推進になることなどあり得ませんが、たんなる「流行」で原発に反対している人たちは、うまいプロパガンダを見せられると、原発賛成に変わる可能性があるともいえます。

 このパンドラの約束でググりますと、いやはや、これまで出てきたご用メディア、ご用文化人にことごとくつながります。
反原発を放棄した人々 冷厳な事実描いた「パンドラの約束」 湯浅博2014.2.11 13:02
2014032206.jpg(前略)
 だが、ブランドさんやライナースさんは石油など化石燃料を燃やしていれば、世界で年間300万人が大気汚染で死んでいると強調する。原発は風力についで安全な上に、太陽光は日照時間が足らない。米国の電力の20%が原発で賄われ、その半分がロシアの核兵器廃棄から再利用されるという。

 原発の怖さは誰もが知っている。できれば避けたいが、貧困地帯に病院ができ、エアコンで快適な生活が広がれば、エネルギー使用量は増していく。「核の廃絶」を望まぬものもまたいない。だが、良心的な開発者が手を引いたとして、そうでない核開発者が携われば事態はかえって悪化する。評論家の福田恆存氏は「悪魔は一度地上に出現してしまった以上、二度と地下に戻らぬよ」という過酷な現実を語った。原発も核も、英知と技術を結集してどうコントロールするかにかかる。

 いったい何がどうなっているのか、さっぱり要領を得ない記事です。嘘を書いていることが記者もわかっているんでしょう。

櫻井よしこ講演会×「パンドラの約束」特別先行試写会(日本エネルギー会議)
2014032207.jpg皆様ご存じ、櫻井よしこ解説は不要でしょう


パンドラの約束2014年02月19日18:24 池田信夫
2014032208.jpg「原発推進映画」として話題のドキュメンタリーの試写を見た(4月19日から上映)。率直にいって、教科書としてはよくできているが、映画としてはおもしろくない。監督の主張が表に出過ぎていて、観客を引き込む力がない。
ばりばりの推進派から、酷評されています。これで、観客の75%の意見が変わったと書く米国のジャーナリスト。下手をすると日本よりも上手かもしれませんよ。

映画「パンドラの約束」(上)【改訂】- 米環境派、原子力否定から容認への軌跡
2014032209.jpg石井 孝明
原発事故を経験し、人々がそれに不安を抱き続けている日本では、原子力をめぐる合意形成は難しいだろう。私は原子力の利用が必要と思うものの、日本国内での合意形成はあきらめている。その点で、手放しで原子力の未来を訴える、この映画に違和感を感じた。
推進派で著名な石井氏でも酷評せざるを得ないほどの映画のようですね。記事中には、

「現地の日本人に聞くと、米国の映画館での客の入りは多くなかったそうだ。一般市民レベルでの反響が大きいかといえば、それは違うという」

と書かれています。こんな売れもしていない、原発推進派からも酷評される映画が日本各地で公開されるのはなぜでしょうか。

 冒頭に書きましたとおり、原発反対から原発推進に変わることは普通はありえません。
「環境を守るために原発を推進する」と恥知らずに述べている世界のご用活動家たちに比べれば、核エネルギーへの葛藤を訴える池田信夫氏、石井孝明氏の健全さが逆に素晴らしく思えるほどです。フクシマを経験した日本人には、譲れない一線があることが伝わってきました。今回のちょっとした収穫です

| 未分類 | コメント(0)

日本の格闘技と武道に巣食う闇 日本の格闘技の黒幕 日本武道の黒幕 朝堂院大覚 松浦良佑 こんな連中がのさばってるわけですから亀田が未だにボクシング界ででかい面しているわけですなぁ おそらくこれらの人物は亀田のスラップ訴訟 亀田対戦相手怪死事件にも関与していると思われる 滅茶苦茶批難されたマイケルジャクソン空手黒帯にもこの人物が関与している つかこのおっさんが元凶

最後の黒幕 朝堂院大覚 昭和、平成事件簿最後の黒幕 朝堂院大覚 昭和、平成事件簿
(2011/04/07)
大下 英治

商品詳細を見る




201403151611353e0.jpg

20140315161136c19.jpg

2014031516113582c.jpg


よくもこんな糞記事を描けたもんである
980726_newspaper-sponichi_big.jpg

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/boxing/1270558104/

朝堂院大覚 松浦良佑

山口組だけでなく、その他広域指定暴力団と密接な関係。仕掛屋であり示談屋であり、裏のクローサーでもある影の実力者。
ボクシングや格闘技だけでなく角界、芸能界にも大きな影響力を持つ。人脈は政界や経済界、建設業界、不動産業界など多方面多岐にわたる。
朝青龍を痛烈に批判した例の内〇〇子氏を横審に推薦した。ボクシング業界内部の反亀田勢力に圧力をかけているのもこの人物。
素人の史郎氏が強気でいられるのもすべてはこのお方のおかげ。ハシゴを外された時点ですべて終了、等々。
あくまでも噂話しと言う事で、くれぐれも取扱い注意で願います。

http://plaza.rakuten.co.jp/maou2006/diary/200604030003/
2006.04.03
楽天プロフィール XML
史上最弱ボクサー 亀田興毅・大毅 史上最弱ボクサー マッチメークは史上最強
テーマ:☆ボクシング☆(4571)
カテゴリ:NEWS


史上最弱ボクサー 亀田興毅・大毅
マッチメークは史上最強


史上最弱&史上最年少の
東洋太平洋フライ級王座
タイの殴られ屋に連勝の
ハリボテチャンプ亀田興毅
「サンスポ.COM」
天下茶屋中卒業後、17歳の誕生日にプロ転向し、グリーン
ツダジムに入門。5月、協栄ジムへ移籍金3000万円で移籍。
8月、日本人年少2位の18歳9カ月で東洋太平洋フライ級王座
獲得も世界戦準備のため返上。11戦11勝(10KO)
(以下はサンスポのサイトへ)




史上最弱ボクサー 亀田興毅・大毅のHPはこちら(w


史上最弱ボクサー誕生の立役者(対戦者)一覧
連戦連敗の弱小・ロートルボクサーばかりです

亀田興毅用噛ませ犬
1、デンナロン・シスソバ(0勝2敗、2KO負け、一年以上のブランクあり)

2、プラカルン・ツインジム(0勝4敗、全KO負け)

3、サミン・ツインジム(0勝4敗、全KO負け)
  *デビュー戦のときに世界奪取前の高山に3回KO負けした人!
   亀田との試合2ヶ月前に日本のキックのリングでKO負

4、ダオチャイ・KTジム(0勝5敗、4KO負け)

5、ノパデッチレック・チューワッタナ
 (デビュー戦。ちなみにその後の成績も全敗)

6、ヨードゲン・シンワンチャー(0勝4敗、全KO負け)
  *発表では6勝4敗だが、6勝の記録は見当らず

7、サマン・ソー・チャトロン(46勝7敗1分、元ライトフライ級世界王者)
*元世界王者だが昨年2月まで3年のブランクがあり復帰後は2連敗

8、ワンミーチョーク・シンワンチャー(12勝2敗)

9、ノエル・アランブレッド(21勝4敗1分、元ミニマム級世界王者)

10、カルロス・ボウチャン(16勝5敗)

11、カルロス・ファハルド(15勝6敗1分)


「姑息な世界戦の亀田より、本物の名城」というのが、
業界の常識のようです。


亀田大毅用噛ませ犬
1、サマート・シットサイトン(0勝3敗、全KO負け。
 *弱すぎるため、今年度の招請禁止選手
 *全KO負けで5ラウンドまで立っていた経験無し。

2、サマート・ツインジム(0勝5敗、全KO負け)
 *全KO負けで、前回の亀田戦が初の判定負け。
   亀田戦のために練習したのはたった5日の空港職員

3、キティポップ・サンディジム(2勝3敗2分、全KO負け)
 *過去3回の来日で三谷将之、相澤国之(当時Sフライ級5位)、
  小松則幸(現東洋王者)に3KO負け。
  うち2回は1ラウンドKO負け。

次戦、ヨッピー・ベヌー(21勝(6KO)5敗4分 東洋7位)

大毅次戦のヨッピー・ベヌー(インドネシア)は相澤国之戦で
一度来日済みの選手。来日時は東洋7位で戦績は21勝(6KO)
5敗4分けというデータがあったのだが、その内容は不明で本
当かは謎。03年夏にインドネシア国内王座を獲っているが、
翌04年3月のKO勝利を最後に6戦して勝ち星はゼロ(4敗
2分け)。うち元東洋王者で世界挑戦経験を持つフセイン・フ
セインに5回KO負け、相澤に7回KO負けを含み、昨年11
月がラストファイトでドロー。ロートル感漂う経歴だが、デビ
ュー4戦目とあればこの程度が妥当か。


早い回での強烈なKOばかりがクローズアップされる亀田だが、
よく見ると相手は全員タイ人選手。それも、自国のランキング
にさえ入っていなさそうなボクサーばかりなのだ。
 ちなみに日本ボクシングコミッションには連続して負けすぎ
る外国人選手を一定期間招請禁止にするルールがあって、今年
の招請禁止ボクサーは10人全員がタイ人。
 このため、ついには今年春、亀田と同じフライ級の日本王者
・内藤大助から試合ポスターで「亀田君、たまには日本人とや
ろうよ…斬り!!」と波田陽区風に挑発されてしまう始末――。


ただし、亀田三兄弟後援会の「全国青少年健全育成会」は最強!!

「全国青少年健全育成会」が“応援”してます。

「東京アウトローズ」によると、
【雑誌「政財界」オーナー恩田葉一郎、事件屋・小早川茂と
指定暴力団・山口組との接点】
というタイトルで
「警視庁は、「全国青少年健全育成会」なる団体の動向に注目して
いる。」という記事を書いてます。
その内容は以下の通り。
『同団体は、昨今の若者の犯罪増加などは、戦後教育の荒廃の結果
と見て剣道、柔道、空手、また書道、華道などわが国の伝統的な武
術・文化を青少年に習得させ、青少年の健全育成を図ろうという目
的のもとに00年9月に結成された。
 現在、総裁には皇族を戴き、特別顧問にはアントニオ猪木、朝堂
院大覚(松浦良佑氏)が就いているが、設立時、同団体総裁に就任
していたのは政財界出版(当時は政界出版)代表の恩田貢氏だった。
 要するに、山岡編集長を月刊雑誌『政財界』で誹謗中傷し、山岡
に名誉毀損で東京地検に刑事告訴されている恩田葉一郎の父親だ。
 恩田貢氏は03年1月31日、がんのため死去した(享年73歳)
。そこで、総裁を皇族が継いだわけだが、そういう経緯から、現在、
恩田葉一郎(名簿上は通称名の恩田将葉となっている)は同団体の
顧問に就いている。ちなみに、代表理事には元相撲取りの荒勢、初
代タイガーマスクの佐山聡などが就いている。
 警視庁は以前から、政財界出版社の裏の守りは山口組系英組(大阪
府の直参組織)と見ているとのことであったが、なぜ、そんな見方
をするのか不明だった。だが、同団体の存在を知りその疑問が解け
た。
 実は同団体を恩田貢氏と共に設立したのが他ならぬ、山口組英組
の英五郎組長その人だったのだ。
 そのため、当局は同団体は「恩田と英組が仕事をするための隠れ
蓑として設立した」と見ている。
 同団体のHPを開くと、こんな記述が目に入る。
「今更申し上げるまでもなく、当会の初代総裁は『内外タイムス社
』会長の故・恩田貢氏であり、二代目総裁は恐れ多くも伏見宮博明
殿下でありました。また今般、堤清一郎氏が理事長に就任致してお
ります。尚、念のため申し添えますが当会の代表発起人でありまし
た英五郎氏は、あくまで発起人としての分を弁え、発足当初よりハ
ッキリと一線を画くし、今は、その任を全うされておられます。従
って現在、当会名簿に英五郎氏の名前は存在致しません。当会は国
家社会のため『青少年健全育成』に身を挺して取り組んでおります。
何ら、やましい事など一点たりとも御座いません事を茲に謹んで申
し添えまして御報告申し上げる次第でございます」

 青少年健全育成を掲げるすばらしい団体のようですので、亀田兄
弟の絶妙なマッチメイクも褒めてあげましょう。

「佐藤立志のマスコミ日記」でも、
「亀田兄弟」と「全国青少年健全育成会」が取り上げられてます。、

http://warudakumiabaku.blog100.fc2.com/blog-entry-141.html

亀田史郎ボクシング界“永久追放
亀田史郎ボクシング界“永久追放”

怒り狂った右翼が日本ボクシングコミッション安河内事務局長の自宅へ銃弾テロか?

街宣車の嫌がらせに事務局長は沈黙!

ボクシングの亀田3兄弟の父、亀田史郎が3月27日の世界ボクシング(WBC)フライ級王座統一戦の後、日本ボクシングコミッション(JBC)安河内 剛事務局長や関係者を恫喝した問題で、JBCは13日、都内で倫理委員会を開き、亀田史郎のセコンドライセンスを取り消す処分を決めた。

今後ライセンスが申請されても受理しないことや、リングサイドなどJBCが管理する場所への立ち入り禁止も決定。

事実上、亀田史郎はボクシング界からの永久追放となった。

そんな中、この裁定に不満を持つ右翼がJBCを束ねる安河内剛事務局長を標的にしたテロ行動を起こすのではないかと噂されている!?

20100414_1309279.jpg


というのも、先月あたりから右翼団体の街宣車が安河内事務局長の自宅周辺に出没して不穏な動きを見せている。

そして朝堂院大覚こと在日朝鮮半島民族系といわれている在日右翼?の松浦良右が亀田興毅の世界戦の前から日本ボクシング振興会という怪しい団体を名乗りそこの総裁・朝堂院大覚として、JBC安河内事務局長を名指しで誹謗中傷する「提言書」と書かれた怪文書(写真)をボクシング関係者に送っているからである。

内容は名指しでとにかくJBCの安河内事務局長をボクシング協会から追放せよというもので論理性に乏しくとにかく感情論で書かれている。

「以前から亀田家の用心棒は山口組です。ところが最近では右翼の松浦良右が表の用心棒になっています。ということはその繋がりから山口組系右翼が安河内事務局長を襲撃する可能性も十分に考えられます・・・。ところが安河内事務局長の方は自宅に街宣をかけられても怖くて訴えられないそうですよ…。」(右翼関係者)

ボクシング賭博で史郎のケツに火がつき暴言か!

亀田史郎がいかにバカでも日本ボクシングコミッション(JBC)の実力者で同団体を実質主導する安河内事務局長に対して「おのれの首とったる・・・」などといって脅かせばボクシング界で生きていけないのは分かっていたはずだ。

それではなぜ控室で安河内事務局長や関係者を恫喝したのか。

あくまで推測であるが賭博がらみだという噂がある。

昔からボクシングは賭博の対象になっている。

亀田史郎はボクシング賭博のハンデをつける胴元の山口組に興毅のほうが相手より優勢であるかのような情報を流した。

そして自分のスポンサーやヤクザの親分衆にも興毅へお金を賭けるよう勧めたのです。

動いた金も100億単位ではないのだろうか。

ところが試合の結果はボコボコにやられてしまった。

あんな無様な負け方をした興毅の優勢情報を流した亀田史郎は青くなってしまたのだ。

もしいい加減な情報を流したとイカサマの疑惑が深まればヤクザから殺されるからだ。

ボクシング賭博では1Rづつの採点の結果で勝ち負けが決まるらしい。

だから試合が決まっているのにバッティングの反則1点の採点をめぐって興奮して詰め寄ったのだ。

そして、損をさせたスポンサーや親分衆のためにもう一度、亀田興毅の世界戦ボクシング賭博を開帳するため早期に再戦を促そうとJBC安河内事務局長に強要したのである。

今後、在日右翼の朝堂院一派が亀田興毅の再戦を快く思わない安河内事務局長にどのような攻撃を仕掛けてくるのだろうか!?

http://www.sponichi.co.jp/battle/special/kameda_brothers/2009_05_13_daiki/KFullNormal20090414067.html
亀田大毅対戦相手が死亡…滝修行中に転落か
05年1月、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジム(左)に挑戦し、TKO負けした小松則幸選手
Photo By スポニチ

 プロボクシングの元東洋太平洋フライ級王者で、現在日本同級4位の小松則幸=こまつ・のりゆき=選手(29=グリーンツダ)が13日、滋賀県大津市の比良山系三ノ滝の滝底で死亡しているのが見つかった。小松選手は5月13日に東京・後楽園ホールでWBA世界スーパーフライ級12位・亀田大毅(20=亀田)と対戦予定で、精神修行のため同地を訪れていた。試合1カ月前の対戦相手急死に、亀田大もショックを受けているという。

 小松選手は5月13日の亀田大毅戦へ向けた合宿で、11日から京都市内の寺に座禅を組みに行っていた。その際に寺から「精神修行に適した滝がある」と聞き、この日、トレーナーら4人と滋賀県大津市の葛川坊村(かつらがわぼうむら)町にある比良山系の三ノ滝へ向かった。

 三ノ滝は幅約2メートル、落差約20メートル。滝付近は足場が急で、小松選手は滝伝いに1人で崖を下りたあと、姿が見えなくなったという。午後4時15分ごろ、トレーナーが地元住民を通じて滋賀県警大津北署へ通報。同6時25分ごろ、駆け付けた署員や消防隊員が滝の底に沈んでいるのを見つけて引き揚げたが、すでに心肺停止状態だったという。滝のそばには小松選手の上着が残されており、同署は誤って滝つぼに落ちたとみて、詳しい状況を調べている。

 小松選手はプロ36戦のベテラン。05年1月にはWBC世界フライ王者ポンサクレック(タイ)相手に世界初挑戦して5回TKO負けしたが、強打が持ち味で打撃戦を得意としていた。しかし、最近は打たれ弱さが目立ち、今年2月には元IBF世界ミニマム級王者ラタナポン(同)に1回TKO負け。それでも、次戦で亀田大毅に勝てば世界再挑戦へのチャンスが開けるとあって陣営の意気は上がっていた。

 小松選手が所属する大阪・東成区のグリーンツダボクシングクラブでは、ニュースを聞いて駆け付けた同僚らがぼう然とした表情を浮かべた。ジムには試合のポスターが張られ、小松選手の写真には「津田(ツダ)魂」のフレーズも。前田和久チーフトレーナーは「とにかく練習するやつで、スタミナはピカイチだった」と振り返ったが、精神修行としての合宿は今回が初めてだったそうで「普段そういった練習はしない」といぶかった。また、グリーンツダ時代に世界2階級制覇を果たした井岡ジムの井岡弘樹会長も「ええ子やったのに。落ち込んでます」と言葉を失っていた。

 ◆小松 則幸(こまつ・のりゆき)1979年(昭54)4月21日、大阪府寝屋川市出身。97年にプロデビュー。02年9月に東洋太平洋フライ級王座に就き、5度の防衛に成功。05年1月29日、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)に挑戦し、5回TKOで敗れた。06年12月、エディタウンゼントジムからグリーンツダジムへ移籍。戦績は36戦24勝(10KO)6敗6分け。1メートル66。

 ◆三ノ滝(さんのたき) 滋賀県大津市北部の比良山系にある。別名は不動滝。国道367号から明王谷林道に入って約1・5キロのところにあり、地響きとともに落差20メートルの滝つぼに落ちる直瀑(ばく)。比叡山回峰行の始祖相応和尚が入峰し、生身の不動明王を感得したといわれる。修行のための小屋が滝が流れる崖の上にある。滝つぼまでは険しい崖に阻まれて容易に下りることはできない。


http://okwave.jp/qa/q7597525.html
一個人が大マスコミを黙らせる事なんてできるのか?
私は、お恥ずかしながら最近になって初めて、朝堂院大覚氏の事を知りました。
朝堂院氏は、これまで後藤田正晴氏に資金援助したり、金丸信とニカラグアに運河を作ろうとしたり、石原慎太郎氏とフィリピンのアキノ氏を救出しょうとしたり、右翼団体の尖閣上陸を支援したりと、国内外で日本の顔役として数々の活動をされてきました。
ちょっと変わった活動としては、マイケルジャクソンとの共同の事業などもあります。

このような大人物でありながら、私はこれまで朝堂院氏関連の報道を一度も観た記憶がありません。
大人物はマスコミに圧力をかけて、自分に関する報道をさせないという事ができるのでしょうか?

事情通のみなさん、どうなんでしょうか?
投稿日時 - 2012-07-18 16:53:04
通報する
ブックマーク▼
メールで紹介

回答 (3)

並び替え (
新着順 /
回答順 /
支持数順 )

回答No.2

rikukoro2
いぁ元々大人物ではないでしょw
>金丸信とニカラグアに運河を作ろうとしたり、石原慎太郎氏とフィリピンのアキノ氏を救出しょうとしたり

 全部『したり・・・』ですよね。結果がないし、そこまでの実力もない
第一しょせんは凱旋右翼上がりの総会屋です。
 あくまで自分を大きく見せたいだけの小物です。

例として
 本人は『世界空手道連盟(WKA)』総裁とかいってますが、空手の日本最大の団体である世界空手道連盟 (WKF) に比べればちっちゃな団体です。

朝堂院大覚は
以下諸団体の総裁。
世界空手道団体連合
空手オリンピック国際委員会
世界格闘技団体連合
以下諸団体の名誉会長。
法曹政治連盟
全アジア政治連盟
医療政治連盟
日本議員連盟
日本経営者同友会
日本中小企業団体連合会

どれも聞いたことのないような団体であることに気づきませんか?
どれも実態のないペーバーカンパニーです

| 未分類 | コメント(0)

柔術五輪化問題と同門八百長もしくは同門棄権試合について 橋本欣也さんと柔術新聞岩井洋一さんが猛討論! IBJJFはオリンピック種目化には否定的であった事が発覚! カーリーニョス率いるIBJJFではなくジョアオシウバ率いるNABJJFとアブダビ王族がバックのUAEJJがオリンピック種目化に熱心だったようです!























































































































| 未分類 | コメント(0)

ヒクソングレイシーが筋肉番付に挑戦 体力ではプロ野球選手に及ばず













| 未分類 | コメント(0)

木村政彦の直弟子にして拓大柔道部OB守山竜介先生の怪死事件 そういえばロシアのパコージンやホクソン ハイアン プライドの黒幕百瀬博教 森下直人社長もおかしな亡くなり方をしていますね

何故!?怪しすぎる守山竜介さん怪死事件と怪しすぎる関連性/小野寺

何故!?怪しすぎる守山竜介さん怪死事件と怪しすぎる関連性


このような事件が起きたのはご存じだろうか。軽くニュースになった。
6月6日午後8時ごろ、東京都中央区佃2丁目50番45(地番)の高層マンション「センチュリーパークタワー」(54階建て)で、地下駐車場へ向かう坂道に停車していた江東区亀戸3、会社員、春原(すのはら)大志さん(33)の3トントラックが後退。
練馬区練馬4、会社員守山竜介さん(46)をはねた。守山さんは7日朝、搬送先の病院で死亡。
ちなみに、この守山竜介氏は総合格闘技 和術慧舟會東京本部の代表であり、数々の格闘技興業に無くてはならない存在だった。

事故現場となったセンチュリーパークタワーには、戦極、Dreamなどの関係者、テレビ関係者などが多く住むと言う。
その高級マンションの駐車場へのスロープにて停めていた無人のトラックにはねられたという記事だが、おかしい点が多すぎる。
以下にその問題点を列記して行く。

○サイドブレーキの掛かりが甘い??
警視庁月島署の調べでは、2人は車の買い取りのためマンションを訪問。
坂道の上で春原さんが降車後、トラックは坂を下っており、
サイドブレーキが十分にかかっていなかったとみられる   (産経新聞)
バックで下がり始め、約18メートル後ろにいた練馬区練馬4、会社員守山竜介さん(46)をはねた。守山さんは7日朝、搬送先の病院で死亡。月島署はトラックのサイドブレーキが十分に掛かっていなかったとみて、(読売新聞)

サイドブレーキの掛かりが甘かったとのことだが、それ以前に何でわざわざ坂道でクルマの搬入を行うのか。
本来、車の積み込みは安全確保のため、平地の路上で車を積み込む作業を行うはずなのだが?
納車を行えるような広いスペースは現場マンションになかったのか?

まず、駐車場に降りるにはこの事故現場となったスロープを下って行くしかないのだが、駐車場地下1階は、同マンションと繋がっており、送迎車も停車できるロータリーになっている。高級ホテルフロントのイメージと言えば解るだろうか。
かなりの広さがあり、別にスロープの途中に車を停めなくても、荷物の上げ下ろしをするスペースはたっぷりある。

そもそも、業者用に荷おろしのための駐車スペースが設けられており、敢えてスロープに車を停めるのは不自然。


警備員もスロープ近くに2名常駐しており、スロープで納車など安全基準がどう考えても低いことを行った時に注意1つしないなど有り得るのだろうか。
中側からの映像
スロープの長さは15~20メートルほど。傾斜もそんなにきつくなく、サイドブレーキを引かずにパーキングに入れておくだけでも、人が死ぬようなスピードで下り続けるとは考え難い。読売新聞には約18メートル後ろに居たとあるが、何故、格闘技のトレーナーになるほど運動神経が長けている人間が気付かないのだろうか。

○何故か、車種が発表されない
通常、このような事故が起きた場合は車種が発表されるのだが、発表されない。サイドブレーキを引いていても下がって行ったのなら、確実にリコールの対象となるから発表されないのは不自然極まりない。

これだけでも本当に事故なのか??と疑いを持つには十分なのだが・・・以下のような噂話も出ている。
トラックの持ち主である春原氏は、先日自殺したフリーアナウンサーの川田亜子さん(29)の第一発見者と面識があるとのこと。最初に練炭自殺をした川田さんを発見して通報した男性会社員は日吉紫光さん(61)という方なのだが、この方は現在なんと失踪中!事件発覚直後、現場に直行した報道媒体の取材に対応した後の行方が解っていない。会社関係者は「出社していない」と答えるなど、現在各メディアは日吉氏の行方を追っているとされる。
川田さん自殺に関しても怪しい点が非常に多いため、何らかの繋がりが有るのではないかという憶測も。
ちなみに、川田さん自殺に関しての怪しい点は現在こんなにもある。
自殺するまで
・身辺整理が全く行われていない
・仕事場に連れてくるほどの愛犬家なのにペットを放置
・最愛の肉親への最期の別れの挨拶が無い
・自殺当日も外人のボーイフレンドと食事デートを楽しんでいる
・鳥越と30日に食事の約束をしてる
・爆笑問題にも今後もよろしくと挨拶してる
自殺の状況
・練炭自殺なんて面倒な作業を女が一人でやるのだろうか?
・都内で女性が車の中で一人で練炭自殺など聞いたこと無い
・サンダル履いて?重い練炭焜炉を運ぶ姿などマンションのカメラに映ってないのか
・そもそも練炭焜炉をいつどこで買った?
・服装、自殺場所、時間帯全てが不自然
自殺後
・記者会見すら開かない。所属事務所の冷たい対応
・事件を幕引きしたがる警察副署長の言動
・急に突如持ち上がるストーカー問題
・守秘義務を守らない自称カウンセラーの登場
・責任者である事務所幹部Tが姿をくらます
・ブロクの不可解なコメントの殺到
・意味ありげな日のブログ削除&ブログ閉鎖告知
・テレビは自殺と簡単に報じた以降、この件をスルー
・緘口令が引かれたかのように口を噤む関係者
・父親が憤慨してるその原因(告発するという噂)
・第一発見者が行方不明
・自殺場所や死亡時間が変わっている

この両者の関係はハッキリしない点が多いが、数ヶ月の間に連続して起きる怪死に繋がっているのは、偶然と言い切るには余りにも不自然。
事件の全容解明が望まれると共に、良き指導者であったと後輩やジム生からの声も高い、守山氏に深くお悔やみ申し上げます。



小野寺

守山氏怪死事件、その続報!/小野寺


守山氏怪死事件、その続報!


6月17日の記事にて、守山竜介さんが怪死としか思えない事故死を遂げたとの記事を出した。

事故現場とされるスロープ

詳細は過去記事は見て欲しいのだが、どう考えても普通は起きない状況で起きているこの事件・・・今回、守山さんが代表を務めていた和術慧舟會に深く関わっている方からの話を聞けたので掲載する。

A「どこの人間かっていうのは話せません。特定されると危ないんで。何でかって言うとですね・・・守山さんは絶対事故死じゃないですから。怪死どころじゃない、殺されたと私は思っています」

―殺された!?
A「守山さんの遺体を引き取りに何人か行ったんです。そしたら・・・顔がぐちゃぐちゃだったそうです」

―轢かれたからですか?
A「違います。殴られてぐちゃぐちゃの顔していたんです。それも半端じゃなく。守山さんを知る人が、これは守山さんだよって言われてようやく気付くレベルでぐちゃぐちゃになっていました」
A「またある程度『修復』された後のお葬式の時棺を見た人もこれはおかしいと。なんせ警察の発表では『胸を強く打って死亡』なのに顔面がぐちゃぐちゃなわけですからね」
A「それで“いくらなんでもこれはおかしいんじゃないか”と話していると、ある人が“これは事故だからっ!事故なの!いいなっ!”って言ったそうです。どこが事故なんですかね!」

―でも、発表自体は事故死と・・・
A「だからおかしいんです。未だに発表されない車種に状況の不自然さ。だいたい持ち主の春原って、愚連隊みたいな所にいる素性の怪しい人物ですからね。誰かが絡んで誰かが庇っていることは間違いない。いずれにせよ、あんないい人を殺すなんて許せません。絶対、許さない」

ますます怪しい点が浮き彫りになってきたこの事件。
これからも追うが、真相はだいぶ深くどろどろしている気がしてきた。
これと似たような事件に、時津風部屋で起きた17歳少年力士の相撲リンチ死がある。
明らかに全身傷だらけなのに、発表は病死。この事件は真相が究明されたが、守山さんの事件は果たして――



小野寺

| 未分類 | コメント(0)

木村政彦先生の直弟子 拓大柔道部OB西良典先生 守山竜介先生がエリオグレイシーを破ったキムラ式大外刈り キムラ式キムラロックを指導  木村政彦と高専柔道の達人平田鼎は犬猿の仲

SRS 木村政彦








平田鼎先生は木村政彦先生とか牛島辰熊先生とかの軍隊式の訓練のような柔道には完全否定の考えの先生ですからねぇ
そういった点で全く合わなかったんでしょうねぇ
俺も体育会系の暴力とかは大嫌いですしね

| 未分類 | コメント(0)

メタモリス3予告 ノーギ世界最大のイベント アブダビADCC王者 ディーンリスターvs ルタリーブリエスポルチーバの創世記の大御所ホベルトレイタオンの高弟にして柔術の名門グレイシーバッハの黒帯ヘナートババル

Metamoris 3: Renato "Babalu" Sobral VS Dean Lister (Official Countdown)

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 122

| 未分類 | コメント(0)

日本のTVでは全く報道されず海外のTVで報道される これが日本のみならず世界を放射能で汚しているニッポンの現実 フランスFR3「フクシマ・地球規模の汚染へ」



http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-1639.html
フランスFR3「フクシマ・地球規模の汚染へ」 和訳全文


スイスの決意 それは20年後に 原発をゼロにすること
日本で福島原発が大事故を起こした直後の決定である
“福島原発では今日も新たに2回の爆発が同時に起こりました“
津波の後 福島原発が、連続爆発してからというもの、スイス人は放射能に対してひときわ敏感になった
「“日本の汚染魚にノー!”韓国は福島産のすべての海産物を輸入禁止しました」
バーゼルの研究所が昨年10月に発見をした
スイスのスーパーで売られていた魚が、放射能汚染をしていたのだ
太平洋産のマグロからセシウム134と137が検出された
福島原発事故由来の汚染である証拠だという
「ご覧のようにセシウム134と137の両方を含有してました」
「どれくらいの量?」
「0.1から0.5ベクレル/ Kgです」
所長によれば 基準値以下のため、健康には危険はないということだ
われわれのために別のサンプルも分析してくれる
「この魚は何ですか?」
「タラです」
「太平洋産タラ…バーゼル市内の店で買いました」
「セシウム検査をするために…」
(マルクス・ツェーリンガー バーゼル研究所放射能研究チームリーダー)
「二つのセシウムが同時に検出されたら、福島が汚染の原因だと言えます」
分析の結果 タラも福島の放射能に汚染されていた
行政の基準によれば、危険はない量とのことだが…
しかし国境の向こうのフランスには、別の意見の専門家もいる
(クリラッド測定所)
ブルーノ・シャレロン 核物理学エンジニア
“放射能が無害”などという発言は、非常識だと彼は言う
「被ばくには“しきい値”というものは、存在しないのです」
「体が最少量のベクレルでも、ガンマ線やベータ線を外部や内部から受ければ
後年それがガンになっていくキッカケになりえます」
だから 被ばくとは、闘わなければいけない
終わりのない戦争だ
それが地球の裏側では、3年前から猛威をふるっている
日本…
その日 マグネチュード9の大地震が日本の沿岸部を襲った
数十分後 巨大な水の壁が、太平洋岸一帯を飲み込む
犠牲者は2万人を超えた
5千人が行方不明だ
津波は 福島第一原発も壊滅させた
これが運命の瞬間である
巨大な波が施設を襲う
冷却用タービンは 水没して壊れ
原子炉はメルトダウンを始めた
次々に爆発が起こった
世界はチェルノブイリ以来、史上最悪の原発事故を目の当たりにした
:原発から放射能雲が発生し、国土の大きな面積を覆った
政府は3万人の住民避難を決定
原発周辺に最初は20km
やがて30kmの閉鎖区域を設けた
3年が過ぎた… 福島周辺では、今でも津波の爪痕が生々しい
見渡すかぎりの瓦礫の山
家や家具の残骸
壊れた車 トラック
この地方全体が、巨大な除染作業の現場と化した
放射能雲はいたる所を通過した
たくさんの作業隊が表土を5cm掻き取り
巨大な黒い袋に詰めている
別の作業員がそれを積み上げる
処分法がないからだ
日本政府によれば“現場はコントロールされている”
しかし現地の住民は安心できず
自分たちで何とかする決意をした
例えば原発から20km の南相馬市
事故の翌日に避難を命じられた町だが
2012年4月 閉鎖区域から外された
住民は放射能という“毒”を自ら計測することにした
事故後 独立した団体が数多く結成された
「仮置き場が見えますよ」
「放射性物質が貯蔵されてる所です」
「積み上げられて ゴミの山になります」
こうした団体の代表者は、ガイガーカウンター持参で住民のSOSに駆けつける
丘のふもとの立派な家に呼ばれた
家は市の除染を受けたばかりだ
しかし家主は安心できずにいる
「全部 測りましょうね」
日本政府の定めた許容基準値は、毎時0.23マイクロシーベルト
つまり年間1ミリシーベルト
国際的な基準によれば、それ以上の被ばくは危険である
「素敵なお宅ですね」
「放射能がなければ、もっと素敵ですよね」
家主は名のある陶芸職人だ
調査を始めると、たちまち測定器が鳴る
基準値の20倍…
「ここの除染は完了しています」
「放射性物質はすべて除去したと、行政は主張してますが
このコンクリートの上など5マイクロシーベルトあります」
「普通は年間1ミリシーベルト以上放射能を受けてはいけません」
「ここの年間の被ばく量は4.3ミリシーベルトです」
「チェルノブイリなら避難地域に指定される量です」
「居住禁止のはずです」
「ここは誰も住んではいけない場所なのです」
彼は、妻と3人の子供を300km遠い場所に移住させた
しかし自分は残るつもりだ
大山弘一さんは 原発事故以来、ここに一人で住んでいる
「15年前にここに来て、チェーンソーで土地を切り開きました」
「この家は自分で建てました」
「庭も家も全部、自分で設計しました」
大山さんの家計は、惨憺たるものだそうだ
補償はなく、顧客もないので、収入はゼロ
しかし税金は今でも毎年取られる
テラスの線量は強烈だ
基準値の40倍を超える
「素敵な家ですから、売りに出してはいかがですか?」
「誰も買いたがりませんよ」
「どうして?」
「だって、放射能汚染してますもの」
「放射線管理区域内です」
「ここの家を買う人なんていません」
南相馬はどこも、放射能だらけだ
政府は、地域の学校すべてに、モニタリングポストを設けた
保護者を安心させるために、リアルタイムの線量が示される
0.13マイクロシーベルト/時 
基準値よりずっと低い
しかし数メートル離れた道端の数値は、0.8マイクロシーベルトまで上がる
学校前の公式数値の五倍だ
「学校は除染されましたから」
(吉田邦博 市民放射線測定所(CRMS)代表)
「当然 数値も低くなっています」
「でも10メートル離れただけで、数値は変わります」
「4倍から5倍に上がります」
「10倍に上がる所もあります」
「私に言わせれば モニタリングポストは、何の役にも立ちません」
「税金の無駄遣いです」
「これは自然放射線なんですか?」
「もちろん違います」
「自然放射線だったら、0.05マイクロシーベルトくらいです」
地域のすべての学校が、行政によって除染された
いわき市 福島原発の南40km
この日、小学校では、みんな熱狂していた
地元野球チームの人気選手を迎えたのだ
そしてグラウンドの片隅では、気ぜわしい様子のお母さん3人…
彼女たちも公式数値をチェックするグループを結成したのだ
1メートルごとに、グラウンドを測定する
「そこの場所が、学校では一番高いです」
(千葉ゆみ 主婦)
「0.18マイクロシーベルト以上です」
「グラウンドにしては高いですね」
「健康にはまったく害がないと、保証されている数値です」
「でも原発事故前と比べると、3倍から4倍 高いですね」
グラウンドの次は校庭だ
子供の健康を心配して、お母さんたちは、天任せにはしない
「このタブレット GPS機能が付いていて 直接線量を記録するんです」
学校責任者は万事順調だと主張するが、動揺を隠し切れない瞬間もある…
「学校の除染は済んでますか?」
「はい、人が来て学校の裏の木やあそこの木を切りました」
「でも、正式の除染はされてません」
「子供が遊んでも安全なのですか?」
「私、個人としての意見ですか?」
「それならノーコメントです」
教頭の後ろには、モニタリングポストが2台も立っている
1台目の数値は0.09マイクロシーベルト
2台めはずっと高い数値を示している
毎時0.14マイクロシーベルトだ
「長い話になるのですが、私の聞いたところでは
1台はある会社で作られたのですが、性能を満たしていないということで
文部科省が契約を解除したそうです」
「その後、新しい機械が設置されました」
「裁判になってると思います」
「同じ数値が出ますか?」
「こっちの方が良くないようです」
「性能が満たされていないそうです」
妙な話だ
われわれは取材旅行中ずっと、隣り合わせのモニタリングポストに出会った
政府が設置したモニタリングポストは、隣りの計器より低い線量のことが多い
この差はどこから来るのか?
東京に戻る
この倉庫は、契約解除された計器のメーカーのものだ
彼が社長の豊田氏
「これが文部科省が発注したものです」
(株式会社アルファ通信社長 豊田勝則)
「省は600台 このリアルタイムの計測システムを注文し、福島県に設置しました」
ところが使用が始まった数週間後
省は計測値を補正するように要請した
“計器の表示する値は高すぎる”という理由である
省の通知は厳しい口調だった
「省から届いた通知です」
二〇一一年十月二十六日付け
「ここに“表示値が高すぎる”とあります」
「彼らは、6基のモニタリングポストを、現場で検査し
省のガイガーカウンターに比べて、私どもの計器の値は、はるかに高いと」
「従って、表示値の補正が必須であると」
「即座に調整を行なうように要請されました」
しかし豊田氏の計測器は、国際基準に従ってアメリカで製造されていた
そしてアメリカの製造者は、補正を拒否した
「アメリカ側とコンタクトを取り、数値を下げてくれと頼みました」
「“機器は国際基準に則している”という返答でした」
「“なぜ日本の基準に合わせる必要があるのかわからない“と
補正を拒否されました」
放射線量というのは不確定であるため
20%程度の振れ幅が適用される
しかしほとんどの国が慎重をきして、最高値を採用している
日本の官庁は、われわれの問い合わせに応じなかった
豊田氏との裁判を控えているためという口実である
国民の不安をあおるのを恐れて、危険を最小限に見せる
事故当初から 国のこの態度に、日本人は苛立っている
安全発言を告発するために、隠しカメラの使用を辞さないジャーナリストもいる
日本では普通ほとんど使われない
そのため、このジャーナリストの顔を公開することはできない
“桐島 瞬”は彼の筆名だ
この3年間、原発内部を撮影するため定期的に作業員として働いている
この日は、東京のある労働組合で、目撃したことを報告した
集まっているのは原発労働者
クビになる恐れがあるので、顔は公開できない
「海を見るとすごく綺麗だけど、原発内部は、メチャメチャです」
「これは?」
「一号機のタービンです」
「汚染水用のホース 破れたものです」
原発内の仕事は、キツくて危険だ
5千人の作業員はみんな志願者だ
桐島 瞬は写真をとることは、自分の義務だと考えている
「危険は承知です」
「48歳 もう若くないですから、構わないです」
「本当のことが知りたかったんです」
「何が一番大切か、考えました」
「危険を冒すほかない」
「原発内で起こっていることを、本当に知るために…」
彼は、私が福島原発に接近する手助けをしてくれることになった
2012年以来 閉鎖地域は、原発周囲の円状ではなく
放射能の広がりにほぼ沿っている
許可なしで入ることは、不可能だ
報道陣に許可の出ることは稀で、非常に規制されている
しかし彼は通行許可を持っているのだ
私は彼の車のトランクに隠れて、 閉鎖区域に入ることになった
「チェックポイントです しばらくジッとしていて!」
「こんにちは!」
「申告することはありませんね?」
「はーい どうぞ!」
数キロ先 人目のない場所で
トランクから出る
だが顔を隠すようにアドバイスされた
「こうやって、日本人っぽくして、外国人だとわからないようにしました」
「日本人っぽく見える?」
「ああ これなら目立たない」
原発に向うと、ガイガーカウンターが鳴り始める
許容基準値0.23μを超えている明らかな証拠だ
「10.4」
「危険?」
「ああ 高すぎる」
「10.4? 高すぎる 危険だ」
「ほら ここを左折すると 1キロ半で原発だ」
双葉小学校の駐車場に案内してもらう
政府のモニタリングポストには、標準の50倍の線量
桐島 瞬は激怒する
「バッテリーを地面に置いてある!」
「ガンマ線はブロックされてしまいます」
「計器は、バッテリーと鋼鉄板の上に設置されてます」
「ガンマ線は、センサーに届きません」
「公式の線量は少なくなります」
その証拠に二メートル離れた草の中では、21マイクロシーベルト/ 時
公式線量の2倍に近い
校舎の裏では測定器は狂ったようになる
「ほぼ40マイクロシーベルト」
「地面に置くと、単位が変わります」
「ミリシーベルトになりました」
「0.32ミリシーベルト つまり 320マイクロシーベルトですね」
安全基準の1300倍を超える
日本政府は、双葉町が何十年も住めないと宣言した
「10年 50年は 帰れません」
「ここに住んだら 許容基準の50倍の線量を浴びることになります」
「年間50ミリシーベルト以上… 不可能です」
「あまり長居しない方がいい… 行きましょう」
「ここによく来るのですか?こんな危ないのに…」
「私は福島原発で長く働いたので、もういいんです」
「でも あなたみたいな普通の人は こういう場所に長居しない方がいい」
閉鎖地域の線量は、 基準値をはるかに超える
原発の周りの村では、2011年3月の震災の爪痕もそのままに時間は止まってしまった
しかし日本政府はいつか 住民を帰還させる希望を失わない
そもそも家を捨てることを拒否した人も多い
この農夫は原発から14kmの場所に住んでいる
「私はレジスタントです」
「神風」
「牛のテロリストです」
吉沢正巳さんは、300頭の牛と一緒に暮らしている
みんな被ばくをしている
「茶色い牛は日本特有で、黒いのとは全然違うんです」
「出荷できませんし、食べることもできません」
「譲渡も 売買も、よそに持ち出すことも、政府に禁じられています」
東電からは2千万円の賠償金を受け取った
「7.9マイクロシーベルト…」
「7.6マイクロ この辺りは高いです」
吉沢さんは 危険にもかかわらず ここに残る決意をした
「人生の最後まで、群れにエサをやる 牛飼いでいたいんです」
「牛を売れなくても、もう関係ないです」
「原発事故があった… 仕方ないんです」
「原発が爆発してしまったんだから…」
「何が起ころうと 最後まで、生き物たちの世話をするんです」
「残りの20年」
しかも、牛たちは病気だ
事故から一年 皮膚に白斑が現われた
「2012年8月から、白斑が出はじめました」
「黒毛牛ですが、首や背中や体のあちこちに、白い斑点が出ています」
「すこし減りましたが、こっちの牛にも出てます」
「被ばくをしているせいだと思います」
「皮膚や色素の変異みたいなものでしょう」
事故以来 200頭以上の牛が死んだ
原因は不明だ
政府は獣医を派遣して調査を行なったが
結果は一度も送られて来ない
「この牛は突然死にました」
「健康に見えたのですが、突然元気がなくなって、原因はわかりません」
「子牛も一緒に死にました」
「原因不明です」
「元気だったのに…」
一頭ずつ死んだ牛のために、慰霊碑を建てている
しかし自分自身の体調については語りたがらない
「DNAの検査を二度ほど受けました」
「大丈夫だと言われました」
「少し心配な部分もあるけれど、 標準の範囲だと言われました」
「若い人ほど心配だそうです」
「私は来年60歳になるので…」
「そんな年だから もう心配ないんです」
それでも われわれに 診断書を貸すことを承知してくれた
検査によれば、彼のDNAは損傷を受けていた
問診をした日本の医師は、手で書き込みをしている:
“やや高めですが心配ありません”
しかし別の医師はこの記述に憤慨した
チェルノブイリ事故後 ウクライナで、長く働いた医師だ
「ある畜産家が検査でDNAの損傷を認められましたが
医師は問題ないと言っています」
「それはお医者さんが言ったんですか?」
「とっても危ないですね」
(河田昌東 分子生物学者)
「上昇がどういう意味を持つのかは、わからないのです」
「わかるのは、体内で何か大変なことが起こっているということです」
「DNAが損傷すると何が起こるのですか?」
「発癌リスクが非常に高まります」
「しかしチェルノブイリでは癌も増えましたが、他の病気も多く現われました」
「実は、癌はチェルノブイリ事故後に 現われた病気の10%に過ぎません」
「多かったのは心臓病です」
「セシウムは体内に入ると、すい臓と心臓に溜まるからです」
「それから体全体に広まることが、わかってきています」
福島では、こうした健康被害リスクが、011年3月以来、現実にある
原子炉建屋が次々と爆発し、高濃度の放射性プルームが放出されたから
甲状腺癌の蔓延を恐れて、日本政府は大規模な健康調査を実施している
0から18歳の36万人の子供が、 ホールボディーカウンター測定と
甲状腺の超音波検査を受けなければならない
しかし保護者にとって 検査は良識的とは言えない
郡山市 原発から50Km
ここも放射能雲が通過したため ひどい放射能汚染をしている
住民は子供の心配をしている
「見て まだ毛があるよ」
「うん 僕 毛があったの」
野口とき子さんは、二児の母親だ
十三歳のユメちゃんと 九歳のダウン症児 リンタロウ君
リンタロウ君は、原発事故直後に髪の毛を失った
医者によるとストレスが原因だ 
「一番危険だったのは、3月15日だったと思います」
「爆発後 何時間のタイムラグがあって
放射能が風に乗ってきたのが、15日だと思います」
「それが15日の雪雲で、郡山市に降り注いだのです」
昨年 ユメちゃんとリンタロウ君も、県民健康管理調査に参加させられた
甲状腺の超音波検査を受けたのだ
「甲状腺検査を受けるためには、保護者はサインと捺印をします」
「結果は子供の名宛で郵送されます」
「“野口リンタロウ様”とあります」
「封筒には“親展”とあるので、彼しか開けられません」
「まだ小学校四年の身障者なのに!」
「それで私たちが開封しました」
「結果は、20ミリ以下ののう胞があると、それだけです
数もサイズも図も無しです」
「最後に“A2判定”だとあります」
「次の検査は二年後だそうです」
「信じられません!のう胞があるのに 二年も待つなんて!」
「ショックもありますが、 怒りの方が大きいかな…」
とき子さんの子供は、二人ともA2判定だった
保護者に渡された書類によれば
検査結果は次のように分類されている
A1判定=甲状腺に異常は見られませんでした
A2判定=のう胞 または結節がありますが 問題はありません
BとC判定は二次検査 または 手術を必要とする
この不十分な情報に 保護者は安心することができない
すでに75人の甲状腺癌と疑いが、発見されているだけに、なおさらだ
通常の発症率の十五倍だ
各地で、真実を探るための協会が動き出した
その一つ 三春村も 放射能雲の影響を受けた地域だ
この日 学校の体育館で、たくさんの家族が順番を待っていた
「ここの黒く見えるシミが、のう胞と呼ばれるものです」
この医師は甲状腺癌のスペシャリストだ
ボランティアで検診を行なっている
「甲状腺の左側に結節があります」
「サイズは 8.2×3.6ミリ…」
福島県の甲状腺検査は、信頼できないと、彼は言う
そして権威機関の主張とは逆に、日本で癌が多発する恐れがあると言う
「15年か20年後には、大変な状況になる可能性があります」
「今の日本では 地上1mの線量が、年20mSv になる場所に人が住んでいます」
(西尾正道 北海道がんセンター院長)
「チェルノブイリの基準ならば、住民を移住させなければいけません」
「年間3mSv以上で移住でしたから」
「しかし日本は年20mSv まで、居住を許しています」
「このままでは大変なことになります」
およそ100家族が、西尾医師の診察を受けに来た
「結果はいかがでしたか?」
「問題ないそうです」
「安心しました」
政府が沈黙する中 こうした協会が、人々にわずかな安心と希望をもたらす
「特別なことをやってるわけではありません」
(鈴木薫 いわき市市民放射能測定室事務局長)
「私たちのまわりは、放射能だらけです」
「いつ次の爆発が起こるか、わかりません」
「私たちはそういう状況に生きてます」
「そんな中で、子供たちを放射能から守るには
…私たちは殺されかかっているようなものなので…
何かしなければなりません」
「とっても受身な姿勢ですが、闘わなければなりません」
日本政府は信用ならないと評価されている
その政府を相手に、闘うすべのない保護者たち
事故後 政府はこのアドバイザーを任命し、すべてが始まった
このビデオはインターネット上でも拡散された
山下医師の発言は、日本中を震撼させた
「放射能の影響は、ニコニコしている人には来ません」
「クヨクヨしていると来ます」
「これは明確な動物実験でわかっています」
山下医師は、われわれの取材依頼に応じなかった
その代わり、後任者に会うことができた
鈴木医師だ
“保護者が不安に思う必要はない”と 彼は言う
「二人に一人の子供は、医療措置を受ける必要がありません」
「のう胞があるのに?」
「はい 問題ありません」
甲状腺癌の数もまったく異常ではない と、鈴木医師は言う
一番危険なのは、不安をあおることだそうだ
「放射線は目に見えません」
(鈴木眞一 福島医科大学付属病院病院長)
「放射線による被害は、すぐには現われません」
「ですから事故当初、みなさんが心配をされたのは普通です」
「しかし、私の個人的意見ですが、放射線よりも放射線への恐怖の方が
日本人に大きな影響をもたらしています」
「放射線を怖がるのが、一番いけません」
「わかりますか?」
だが疑いがあるのか、福島大学は 巨大な放射線影響研究所を建設中だ
2016年に開業予定だ
日本は、暗い時代の到来に備えているわけだ
御不可能なモノの制御を、試みるため日本政府は
原発から60kmの福島市に原子力災害対策本部を設置した
すべての関連省庁がここに集まっている
そして原発を所有する東電もいる
広報班長の木野正登さん
事故当初から、本部を指揮している
彼の任務はまだまだ続くだろう
「もう三年近くここにいます」
(木野正登 原子力災害対策本部(経済産業省))
「今のところ、後どれくらいここに、いなければいけないかわかりません」
「放射能がなくなるまでは 30年 40年かかるでしょう」
「ですから、まだ長い間、ここで働くことになるでしょう」
原発を解体するのに40年
しかし目下、メルトダウンした原子炉を冷却しなければならない
常時 水を掛け続けるのだ
非人間的な仕事だ
漏水ばかりしている
何百人もの作業員が危険にもかかわらず 
リレー作業を続ける
汚染をなんとか遮蔽しようと、応急処置をしている
毎日300トンの高濃度汚染水が、太平洋に流れている
「みなさん 環境の心配をされています」
「高濃度汚染水が海に流れていますから」
「当然です、特に漁業の方は心配されています」
「一日も早く、汚染水の問題を解決しなければなりません」
原発から海に漏れる汚染水が、 魚を汚染させている
昨年水揚げされたこのアイナメは、基準値の2500倍の汚染をしていた
漁業は沖合い40kmまで禁止されている
いわき市のトロール船は、外洋まで操業に出なければならない
捕獲が許可されているのは、約四十種類の魚だけだ
その一部は検査に出さなければらない
港では、県の役人が待ち受けている
「魚は研究所に持って行きます」
「放射能の検査をするためです」
この数ヶ月 県の検査結果は、魚を売ったり食べたりするのに
安心な値になってきている
「食べるんですか?」
「もちろん タコ」
「生で?」
「もちろん 食べるよ 汚染ないもの」
(鈴木みつのり 漁師)
「放射能ゼロだもの」
「これも放射能ゼロ」
タコやイカは、放射能に敏感ではなく
漁を許されている数少ない魚種だ
しかし漁師たちは、全面解禁を願っている
「常時モニタリングしていると、基準値超えの魚も見つかります」
「100ベクレル以上ということです」
「でも検査のたびに、値は下がってます」
「政府は、とても慎重なんです」
「だから、何百回も検査して、はじめて漁の許可を出します」
日本政府は、汚染の続く限り、漁業を監視・制限すると宣言している
日本気象研究所も、モニタリングに参加している
青山道夫は、2011年以来政府の委託で、太平洋の放射能の拡散を観察している
そして安心できる見解を表明した
「福島原発から流出した放射能は、まず黒潮に乗ります」
「そして東に進みます」
「ただしそれほど東進しません」
「2011年冬から2012年春にかけて、汚染は東に流れました」
「そこで冷やされて沈みます」
「深く沈んだ後、方向を変えて南に向います」
「そして西に戻ります」
「日本に帰ってくるのです」
「こうして一部は日本に帰ってきます」
「福島から2500~3000キロに、運ばれた放射能は
「水深400mまで沈んでしまっています」
青山教授によれば太平洋の生物には、まったく危険はないということだ
「絶対ですか?」
「太平洋の魚はまったく問題ありません」
(青山道夫 気象庁気象研究所)
「危ないのは、福島原発に接する海域の魚だけです」
「ここで育つ魚の遺伝子は、放射能でほんのすこし傷ついています」
「けれど外洋の魚は、浅い所でも、深海でも、まったく大丈夫です」
「放射能が蓄積していも関係ありません」
「魚は食べて大丈夫なんですね?」
「大丈夫です 私も食べてます」
この青山教授の説は、東京のある科学者を困惑させた
崎山比早子さんは、この日、放射能情報センター(原子力資料情報室?)に招待されていた
放射線科学研究所の所長である崎山さんに
青山氏の説を話してみると…
「魚が高濃度汚染水の中を泳いでも、まったく問題ないそうです」
ほんとに!?」
(崎山比早子 福島原子力発電所事故調査委員会委員)
*崎山氏より海洋学は専門外と断りがありました
「そんなこと聞いたことありません」
「海洋学の青山先生ですよね?」
「魚が出られないように、網は張ってあるけれど
汚染水は自由に流れるから…」
「セシウムは砂や泥について、水の底に沈むけれど
それを食べる魚だっているし、回遊してくるから もちろん影響はあります」
「影響がないなんて、あり得ません」
「(私は専門外なので)何故、彼がそんなことを言ったのか わかりません」
日本政府は大丈夫と言っているが、太平洋汚染の危機は現実ということだ
太平洋の向こう側では、その危機感が広まっている
アメリカ…
サンフランシスコ
毎週ボランティが達が、流れてくる津波の瓦礫を清掃する
環境を守ろうとする彼らにとって、 今回の汚染は大惨劇だ
「海は私たちの命です」
「地球の70%が海です」
「原発事故は、もちろん、海に影響を与えます」
「悲劇です」
「日本からアメリカまで、生態は被害を受けるでしょう」
津波による瓦礫の大部分は、今年の春、アメリカ沿岸に届くはずだ
しかし科学者が一番心配しているのは、生態への影響だ
ニューヨーク州ストーニーブルック大学
この海洋学者は放射能汚染したマグロの切り身を保存している
太平洋産のマグロです
サンディエゴ沖15~150キロの海域で捕獲されました
分析の結果 福島原発由来のセシウム134と137が検出された
「このピークは、福島の放射能でなければ現われません」
(ダニエル・マディガン ストーニーブルック大学生物学研究者)
「セシウム134がとび抜けている以外には、目立ったところはありません」
カリフォルニア沿岸中で、科学者グループは動き出している
ダニエル・ハーシュ教授は、リフォルニア大学で原子力政治学を教えている
福島原発事故は、地球規模の被害をもたらす大惨事だと言う
「放射能に、安全なしきい値のないことは、わかっています」)
(ダニエル・ハーシュ カリフォルニア大学原子力政治学教授)
「海に流された汚染水によって、被ばくの危険は上昇しました」
「どの程度かはわかりませんよ」
「福島原発事故は世界規模の事故でした」
「被害はグローバルに出るでしょう」
「どのようなものかはわかりませんが、人類に現われる健康被害は 
膨大でないにしてもゼロということもありません」
太平洋汚染への不安からカリフォルニアでは、人々は警戒を怠らない
ヨーロッパはどうだろう?
海は影響を受けなかったが、放射能雲は届いていた
その大きさは?
フランスの科学者達は、それを突き止めようとした
パリ近郊
「大事故… そう 大惨事でした」
IRSNは福島由来の放射能雲の通過コースをシミュレーションした
これがその結果だ
「プルームは太平洋に広がり、北米大陸に向かい
合衆国とカナダの間 そしてカリフォルニアの
アメリカ沿岸に達しました
そのまま北米大陸
特にアラスカに広がりました
ボストンから大西洋に抜けます
北極圏からも広がっています
そしてスエーデンから北欧に入ります
東欧に達し 南北と東西に流れながら
徐々にフランスにも広がりました」
「フランス人に危険はなかったのですか?」
(オリヴィエ・イスナール  フランス放射線防護原子力安全研究所・放射線防護課副課長)
「ありません。十分に低いレベルでしたから」
「ヨーロッパに住む人には 健康被害は出ません」
だが独立の立場の専門家は、そんなに簡単な問題ではないと言う
確かにヨーロッパの放射能汚染は、少なかったが
リスクは現実だったと、クリラッドの専門家は言う
「フランスの住民も、福島の放射能をある程度受けました」
「呼吸と食物を通してです」
「幸い、 チェルノブイリの時の1000分の1程度でしたので
例えば安定ヨウ素剤の服用と言った勧告を行なう必要はありませんでした
とはいえ、あらゆる追加被ばく量は、健康リスクを上昇させます
ですから、長期的な目で見て、影響がないと断言することは不可能です」
「これは日本以外の世界中の人に言えることです」
ふたたび日本
南相馬市 福島原発から20km
いわもとてるおさん 退職者
三歳の時から、地元の川で釣りをしている
祖父に教えてもらった
彼の生活スタイルなのだ
「ナマズ」
「食べられますか?」
「いいえ」
「どうして?」
「放射能に汚染されてます」
「たぶん1000ベクレル近く」
「危険ですか?」
「ええ 今の日本の基準が、100ベクレルです」
「太田川は900とか、1000ベクレル出てます」
いわもとさんは鰻釣りの名人だ
日本人の大好物だ
しかし高濃度汚染しているので、もう食べられない
自宅に戻って、検査するために鰻を切り刻む
原発事故以来
彼の趣味は終わった
「定年退職して、人生を、これから楽しもうと思っていました」
「まさにその時 原発事故が起こったんです」
「こんなこととは、関係なく生きたかった」
「放射能測定なんてこととは…」
「いつかまた川の魚を、食べられる日が来ますか?」
「私の生きている間は、来ないでしょう」
いわもとさんは自主的に、放射能測定を行なっている
それが義務なのだと言う
未来の世代が、この悲劇を繰り返さないように
故郷の川と…
これほど多くの人生を
破壊してしまった悲劇

| 未分類 | コメント(0)

原発停止で貿易赤字? 現実は震災前と一緒である 原発の嘘がはびこる嘘つきナチスの原子力マフィアの国ニッポン

| 未分類 | コメント(0)

日本のTVでは全く報道されず海外のTVで報道される これが日本のみならず世界を放射能で汚しているニッポンの現実 ドイツZDF番組フクシマの嘘 其の弐

ドイツZDF番組フクシマの嘘 其の弐




http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/569.html
★阿修羅♪ > 原発・フッ素36 > 569.html  

次へ 前へ
〔フクイチ核惨事〕 <ドイツZDFテレビ> 「フクシマの嘘 隠蔽・詭弁・脅迫」 ◎ 日本語字幕・日本語訳版が出た!!! 
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 02 日 12:00:00: igsppGRN/E9PQ

〔フクイチ核惨事〕 ★ <ドイツZDFテレビ> 「フクシマの嘘 隠蔽・詭弁・脅迫」 ◎ 日本語字幕・日本語訳版が出た!!! (拡散希望)
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-8444.html
2014-03-02 机の上の空 大沼安史の個人新聞


 ⇒ http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-1624.html


フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫) 翻訳全文
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-1624.html
2014-03-02(00:47) 放射能メモ



福島第一原発事故発生から三年が過ぎたが、今でも緊急事態である
2020年日本はオリンピックを開催する
日本政府は世界を安心させようとした
「みなさんに保証しましょう 事故はコントロールされております」
首相の宣言がどこまで信用できるのか、われわれは調べることにした
調査はわれわれを犯罪社会の心臓部に導く…
「ヤクザの手先が人を集めて福島に派遣しています」
われわれは惨事の真の大きさが隠ぺいされていることを突きとめた
事故現場から遠い場所の調査を科学者に見せてもらった
「高濃度に汚染されたホットスポットや放射能が集積する場所を発見しました」
すべてコントロールされているのか?
「残念ながらアウト・オヴ・コントロール…」
「…ですから放射能は環境に漏れ、汚染が毎日広がっている状況です」


双葉町は 福島第一原発と目と鼻の先にある
特別許可を得て 数時間だけ滞在が許される
いわゆる“閉鎖区域”だ
ここに住むこととは、おそらく永遠に誰にも許されない
町のキャッチフレーズは、「原子力 明るい未来のエネルギー」
それは別の時代のことだった


元双葉町町長 井戸川克隆さん
古いサムライの家系出身だ
五百年以上この地に続いた家系である
名誉 誠実 責任感が、家訓として代々伝えられてきた
「子孫の私は井戸川家の墓守です」
「ご先祖様の墓を守り世話をする義務があります」
「そして次の世代に伝えなければなりません」
「しかしこの状態では引き継ぐ人は誰もいません」
「一生の間 ご先祖さまに妻としての誇りを伝えたいと思ってました」
「それができないなんて胸が引き裂かれる思いです」
戦争、地震、津波を乗り越えた井戸川家の歴史が、今 双葉で終わろうとしている
「誰も原発事故の責任を取らない恥知らずばかりだ…」
「電気会社がこんなに勝手にふるまえるのは日本だけです」
「彼らは自分のことしか考えていません」
「政府はやりたい放題やらせ政治家は原発ロビーのいいなりです」
「それを世界中の人々に知っていただきたい」


京都大学の原子炉実験所
小出裕章と会える約束だ
40年間 原子力物理を研究している小出氏は、事故発生当時から福島の状況を見守っている
なぜ福島がコントロールされていないか彼は説明してくれた
「一号基から三号基の溶けた燃料がどこにあるのか誰もわかりません」
「けれど冷却は必要なので建て屋に送水を続けています」
「溶けた燃料のせいで水は汚染されます」
「建て屋は割れ目だらけなので地下水が流れ込みます」
「東電はこの水を循環させると言ってタンクに一時貯蔵しています」
「けれど全部の水は回収できません」
「原発敷地一帯が放射性の泥沼のような状態になってしまいました」
「周辺の井戸水からは高濃度の放射能が検出されました」
「もちろん一部は海に流れています」


全面水浸しのフロア
どこかこの下に溶けた燃料がある
最新ニュースによれば 井戸水から500万ベクレル/リットルのストロンチウムを発見していたことを東電は半年間隠していた
今でさえ毎日200トン以上の高濃度汚染した地下水が海に流れている
さらに回収される汚染水40万リットルを毎日タンクに貯蔵しないといけない
総量は今では四億リットルを超えたひどい事故も多い
東電が経費を削減したタンクは放射能に耐えられず、始終水漏れをするからだ
「政府は これまで放出された放射能は、広島原爆たった168発分だと言っています」
「チェルノブイリの五分の一です」
「しかし福島からは常に汚染水が海に流れています」
「私はこれまで環境に放出された放射能は、チェルノブイリと同じ量だと思います」
「しかも福島は現在も進行中です」
しかし何故ここまで放っておかれたのか?
われわれは東京で馬渕澄夫を訪ねる
事故当時の大臣で事故応対担当官だった
事故発生後すぐ 東電が事故の大きさを隠ぺいしていると疑った
「汚染水が流出しているかと聞くと東電はしていないと答えました」
「地下水は? と聞くと心配する必要ないと東電は答えました」
「私は疑惑をもったので専門家に地下水の調査を命じました」
たちまち東電の嘘は明らかになった
馬渕が集めた企業や科学の専門家チームは、一日に10万リットルの地下水が、原発に向って流れることを突き止めた
原発で放射能汚染したその水が太平洋に流れる恐れがある
「早急に阻止しなければなりませんでした」
「時間がない」
「すぐに遮水壁を建設しなければ…」
事故発生から3ヵ月後の六月十四日
馬渕氏は記者会見を行なって、計画を発表する予定だった
原発地下に粘土製の遮水壁を建設する計画だ
しかし東電が反対した
ZDFは記者会見の前日に書かれた東電の機密書類を入手した


“現在有価証券報告書の監査期間中であり
会計監査人が建設の見積もりの記載を
求める可能性が高い“


さらには:


“…市場が厳しい反応を示すことになりかねない。
市場は当社が債務超過に一歩近づくと評価するだろう。
これは是非回避したい。“
裏で工作が行なわれ記者会見は立ち消えた
原発には今も遮水壁はない
「金を出したくなかったのですね」
「私はうるさく要求を続けたので間もなく解任されました」
「私を切れば 私だけでなく専門家チームも全員いなくなりますから」
舞台裏で糸を引く目に見えない強大な原発ロビーとは
企業、銀行、政治家、官僚、科学者、そしてマスコミから成る
この“原子力ムラ“に反抗すると首相でさえ退任に追い込まれる
彼に浴びせられた中傷は、後にすべて嘘だったことがわかった
事故から3年たった今、彼は批判の声をあげる
「背景にあったのは原子力ムラの要求です」
「菅直人を早急に首相の座からおろせという」
「陰謀でした」
「そう思っています」
そして原子力ムラは、この男を担ぎ出した
現在の首相安倍だ
2020年オリンピック開催地を選考する会場で、安倍は日本の新たな信条を世界に向けて宣言した
「福島の心配をされる方もいらっしゃるようですが」
「現場はコントロールされていると保証させていただきましょう」
「現政権は原子力ムラの人員を諮問委員会に登用しています」
「新しい原発の建設を推進する人たちです」
「彼らは今 反撃を始めています」
とあるホテルで放射能汚染の専門家に会えることになった
大きな研究所の責任者だ
しかし大学やホテル、町の名は極秘だ
研究内容も放映できない、素性がバレる手掛りは、いっさい放送しない約束だ
「去年の十月初旬までは普通に話すことができました」
「ところがその後 行政からの指示で、テレビに出たり マスコミと接触することを禁じられました」
「オリンピック開催地の選考で、安倍首相は宣言しました」
「“福島はコントロールされている”と」
「その後に出た指令で私たちは調査結果をマスコミに発表することを禁止されたのです」
「どのような調査なのですか?」
「福島第一原発事故後の現場のあらゆる基礎データです」
「私たちは現場でサンプル採取し汚染を検査しています」
「本当はコントロールなどされていません」
指示に従わなければ 予算は停止し同僚はみんな失業する
それを恐れている
「どっちみち日本のマスコミは、このテーマを避けてます」
と彼は言い足した


われわれを案内するのは、京大防災研究所の山敷庸亮氏
山敷氏たちは海や河川の放射能汚染を調査している
東電や政府の主張では 汚染は原発に隣接する水域に限定されている
山敷氏たちは仙台湾の海水と土を採取する
福島第一原発からは、80キロ離れている
原発から遠い場所の取材は、われわれにとって初めてではない
調査結果は衝撃的だった
「汚染は直接フォールアウトがあった所や原発が水漏れしている所だけだと最初は考えていました」
「しかし阿武隈川流域一帯が、汚染していることがわかったのです」
「私たちの試算では毎年10テラベクレルのセシウムが川から海に運ばれています」
「事故当初に原発から海に流出した量とほぼ同じです」
阿武隈川は原発から遠いだけに、この結果は衝撃的だ
それでも河床は高濃度のセシウムに汚染されているのだ
原因は 雨や雪が降下した放射性物質を洗い流すことだ
それが小川や支流に運ばれて、阿武隈川に集積する
そして川から海に注ぐ
つまり食物連鎖は 今後何十年もセシウム汚染され得るということだ
誰も注意しない汚染源から…
「この二、三年誰もこのテーマに注目しませんでした」
「国や地方行政は市町村の除染に夢中です」
「でも海に汚染が流出してることには、注意を払いません」
「この事実は無視されてるわけです」
日本政府は原発周辺の海では、漁業を禁止した
しかし80キロ北の海域は関係ない
一週間後 京都近畿大学で河口の泥土サンプル分析結果を山敷博士が見せてくれた
海流や地形に応じて太平洋のセシウム汚染レベルは異なるが、場所によって汚染値は、はっきり上昇している
「状況はコントロールされてるのですか?」
「難しい質問ですね…」
「調査結果はいったん置きましょう」
「これは許容基準値の問題だからです」
「日本政府は基準値を改定しました」
「新しい基準値では8000Bq/Kg 以下は危険ではないんですよ」
「でも事故前の基準値は、100Bq/Kgでしたから驚きです」
「調査結果をもう一度確かめましょう」
「どれも8000ベクレル以下でしょう?」
「するとみんな大丈夫だと安心して、忘れてしまうのです」
「でも私とってこれは、とても高い汚染値です」
「人々はもっと注意するべきですね」
「誰もこの結果に注目しなければ、政府は何もしません」
こんな簡単なトリックで政府は窮地を脱しているのだ
許容基準値さえ引き上げれば、問題は解決し 対策もいらない
“臭いものにはフタ”というわけだ


畜産農家吉沢正巳さん
牧場には350頭の牛がいる
視界には原発も見える
閉鎖区域の端だ
かつて畜産は繁盛していた
しかし2011年3月の原子炉爆発で、すべては終わった
牛はもう売れない
そのワケは…
「こういうところの草を食べてるから」
「放射能汚染した草を一年中食べている」
「そのせいで 皮膚に白斑が出るのだと思います」
「牛は外部被曝と内部被曝の両方をしてるんです」
「犬だって被曝してます」
吉沢さんは生き物を見捨てられず、外からエサを入手して与えている
-寄付金も寄せられるが牛には足りない…
牛たちを調査すれば、放射能の影響が突き止められる
すでに影響は確認できると、吉沢さんは信じている
「こんな風な…こういう斑点です」
「昔はなかったのですか?」
「40年牛を飼ってますが、こういうのは初めてです」
「原因は何でしょう?」
「獣医も皮膚病ではないと言いました」
「皮膚病ではないのに、こういう白斑が出るんです」
「どうしてなのか、私にはわかりません」
「昔から牛を飼ってますが…」
「こんなことは初めてです」
「放射能の影響を考慮せずには、原因は突き止められません」
近所の農家の家畜にも同じナゾの現象が現われている
行政から検査チームが派遣された
その結果 緊急指示が出た
「政府は 二度検査を行ないました」
「科学者がたくさん来て何もかも調べました」
「その結果 殺処分せよという指示が出たんです」
「生かしておくと困ることになるから、だから殺処分しろと」
「でも私は殺しません」
「政府が牛が生きていると困るのは、証拠が残るからだと思います」
「だから牛を処分しろと」
しかし汚染しているのは、牛だけではない


双葉町に戻る
かつては住民一万人
ほとんどが原発で働いていた
町は今では原発事故閉鎖区域だ
原子炉が爆発した時、多くの住民が高い被爆をした
井戸川町長もその一人だ
「ちょうど病院を避難中で、患者さんや職員が車に乗ろうとしてました」
「その時 凄まじい爆音がしたのです」
「最初の爆発です」
「直後に灰が降ってきました」
「とても強い放射能だったと思います」
「みんな死ぬのだと思いました」
事故後初めて井戸川夫妻は、双葉町の家に帰る
除草剤を持参した
二度とここに住めないと、まだ受け入れられないのだ
首都圏のこの学校が、つい最近まで二人の仮住居だった
原発事故被害者およそ千人と一緒に…
井戸川さんは死の灰を吸って以来、喉の痛み 頻発する鼻血 目や胃の痛み 疲労感に苦しんでいる
爆発後 行政は内部被曝の検査を実施した
放射性ヨウ素とセシウムが、何十万ベクレルも測定された
しかしその影響については、何も教えてもらえない
「福島医大は 事故の放射能で健康被害の出た人はいないと言っています」
「でも直接被ばくをした私たちは未だに何の検査も受けていないのです」
「真実を知り きちんと治療してほしいと私は思います」
2011年に福島で行なわれた説明会のビデオを見れば
日本政府が健康被害をどのように扱っているか はっきりわかる


福島の医療トップアドバイザー山下教授
彼を任命したのは日本政府
“放射能の被害はニコニコしている人には来ません“
“しかしクヨクヨしていると来ます“
“これは動物実験でも証明されています”
「日本政府は非人間的です」
「それがはっきりわかりました」
「私たちはバカにされているのです」
「色々な思いがありますが…非常に激しい怒りを持ってます」


(テロップ)仙台駅 福島原発から100Km
仙台駅
除染作業員がここで集められていると聞いた
ようやく接触に成功するまで三晩かかった
取材を受け付けてもらうのはとても難しい
身の危険につながるからだ
「もちろん危険ですよ」
「ヤクザの儲けにかかわるから」
「彼らの商売に影響を与えるから…」
地方一帯を除染するという作業は、何十億という利権にかかわる
福島県の大きな面積がフォールアウトで、居住が不可能になってしまった
政府は除染をして、住民を帰還させようとしている
そのために何百万m3 もの土を除去するのだ
県内いたる所で土が掘り返される
多くの労働力が必要だ
しかし仕事は危険だ
そこでヤクザの出番になるのだ
「どういうビジネスなんですか?」
「ヤクザは現場の仕事には関係ない」
「ヤクザの手先が人を集めて福島に派遣するんだ」
「どこで? どうやって?」
「借金のある人や失業者が相手だ」
「稼ぐ口があると声を掛けてくる」
「だが実際に給料をもらってみるといくらもない」
「どれくらい?」
「日当四千から七千円」
「その10~20%がヤクザにピンハネされる」
ホームレスは特に好んでターゲットにされる
それにはワケがあると、今井誠司牧師が教えてくれた
彼は昔から仙台のホームレスの面倒を見ている
震災後ホームレスの数は、明らかに増えた
震災と原発事故で何十万人が、家財一切を失ったからだ


(テロップ 今井誠司・牧師・ホームレス支援者)
「ホームレスは住所も定職もないので、普通の仕事につけません」
「ところが原発産業では働けるのです」
「除染ですとか 原子炉の収束作業です」
「危険で誰もやりたがらないので
一番弱い人間が使われるのです」
ヤクザに雇われた彼らは、下請け会社を通して
危険地域に送られそこで単純作業をさせられる
住所不定で 家族もなく、次の仕事を逃してしまう不安から
福島で働いたことを彼らは隠す
つまり原発産業にとって、これほど好都合なことはない ―
― と今井牧師は言う
「実際に病気になっても何の証拠も残りません」
「“福島には行ってない”と彼らは言いますから」
「嘘をつかざるを得ないのです」
「福島にいたという証拠は何もない」
「ひどいです」
「金が一番大事で、人はどうでもいいんです」
「金だけの世の中です」
われわれの情報提供者も、ヤクザの手先として働いていたが、福島での仕事をやめたくて足を洗った
しかし情報を洩らしたことは、非常に危険だ
「声や顔を出すのは、ものすごく危険だ」
「どんなことが起こりますか?」
「恐ろしい目に遭わされます」
「殺されなかったとしても ―
酷いミセシメに遭うでしょう」
「身柄拘束して拷問とか…」
危険な仕事を請け負ったホームレスは、後に癌で死んでも闇に葬られる
原子力ムラに逆らった首相や大臣は 辞任に追い込まれる
事故の本当の規模は、科学者に圧力をかけてごまかす
何故こんなことが起こるのか?


(テロップ 新潟県 福島から西方220Km)
われわれは答えを求めて、福島の隣 新潟県に向った
世界最大の原子力発電所がここにある
日本が自慢する施設で、町の中心とは目と鼻の先の距離
福島事故の後は停止されているが、政府と東電は再稼動を望んでいる
ふたたび原発を推進する
最も重要な拠点だからだ
われわれは県知事に会った
これまでは与党自民党の支持を受けていたが、いつまで続くのか?
彼は再稼動を拒否しているからだ
「現在の再稼動プランでは事故が起こった場合、銀行も株主も責任を取らないことになっています」
「そのようにプランで決まってます」
「事故が起きたとき犠牲になるのは、またもや住民なのです」
「銀行や投資家が、被害を受けないのならば、彼らはまた危険をおかし、安全確保はないがしろにされます」
「これはモラル・リスク・プランです」
ここでも何千憶単位の利益が、かかっている
東電社長は泉田知事の懐柔をこころみた
“福島の事故はコントロールされている”
つまり事故が起きても、原発は制御できるというメッセージだ
「東電は真実を話しません」
「しかも今まで一切責任を負っていません」
「“コントロールされている”というセリフは、まったく意味を持ちません」
「嘘を繰り返してるだけでなく対処しなければいけない問題とまったく向き合っていません」
「原発ロビーによる嘘や隠ぺいには、理由があります」
と泉田知事は言う
「日本には安全神話がありました」
「日本の原発は絶対安全で、他国のような事故は絶対起こらない」
「それが神話でした」
「今再稼動のための議論を聞くと彼らが新たな安全神話づくりをしている気がします」


新たな安全神話づくり
双葉町元町長を怒らせる政策だ
「再稼動を言っている人々は、この風景を見ていません」
「特に安倍首相は何も見ていません」
「恥知らずとはこのことです」
事故原発の持ち主東電は、現場をどのように評価しているのか?
本当に現場をコントロールしてるのか?
“ウソツキだ!”という非難にどう答えるのか?
これらの質問を取材のため、東電に事前送信したところ
インタビュー予定はキャンセルされた…

| 未分類 | コメント(0)

フクシマ50 これは日本で起きたことであり現在進行形の話である! 彼らの大半は既に亡くなっている!

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/427400a0d8cae5fabf5b6b2badd13dff
原発事故当時、命をかけて現場に飛び込んでいった人たちがいた。半分以上は亡くなっていると思う。
2014-03-18 12:00:05 | 放射能汚染

原発事故当時、命をかけて現場に飛び込んでいった人たちがいた。

半分以上は亡くなっていると思う。

爆発からまだ程ない時期、もう、宇宙服みたいなのを着て行く人たちがいたんだ。酸素ボンベを持って、鉛の服を着て、その上にベストを着て。

2週間で1千万円以上。それを家族に渡して、自分はその仕事に飛び込んで行くと。みんな、一切口外しないという念書を書かされているんだ。

誰かがやらなければ。で、誰がやるんだい?   
――収束作業の現場からⅢ
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-90.html より(抜粋引用開始)

宇宙服の人たちは

【ようやく斉藤さんから話を聞く機会を得たが、約束の場所に来てくれるかどうか不安だった。姿が見えたときはホッとした。が、それもつかの間、席に着くなり、取材に対する不信感を露わにして、まくしたてた。】

斉藤:私らから、何を訊きたいんだい?

マスコミとか、専門家とか、政治家とか、そういう人たちはね、自分ら、線量のあるところにはまず行こうとしないで、外から、どうたらこうたらって言っているけど、チャンチャラおかしいよ。自分ら、安全なところにいて、「汚染水が漏れてるぞ」とか、「これ、ダメじゃないか」とか。

 ダメだって言うなら、お前、一回でもいいから、50ミリシーベルトでも100ミリシーベルトでも浴びに来てみろと。それから言いなさいよと。私ら、言いたくなるよ。

【全く返す言葉がない。さらに現場の衝撃的な話が続いた。】

斉藤:だけどね、私らよりも、もっとすさまじい作業やっている人たちがいたんだよ。

 爆発からまだ程ない時期、もう、宇宙服みたいなのを着て行く人たちがいたんだ。酸素ボンベを持って、鉛の服を着て、その上にベストを着て。

 何をしているのかなんて、そりゃ分かんないよ。私らはそういう作業はやってないから。5~6人で、ダッダッダッて中に入っていくんだ。この人たち、何してんだろうって見てた。

 結局、そういう人らが、メルトダウンした辺りに行って、何かの作業をしてたんだろう。事態はどんどん悪化して行く状況だったから、誰かがそこに行ってやらないといけない作業があったんだと思うよ。

 でも、その人ら、半分以上は亡くなっていると思う。まあ、名目は、心筋梗塞とか、何だとか、とにかく、被ばくで死んだとはなってないと思うけど。

 聞いた話では、だいたい2週間の作業で、1日に80万円から100万円ぐらい、2週間で1千万円以上。それを家族に渡して、自分はその仕事に飛び込んで行くと。その人なりの事情もあったんだろうね。

 みんな、一切口外しないという念書を書かされているんだ。それが国なのか東電なのか、私ら、分からないよ。誰も、口をつぐんで詳しいことは言わないから。

 だから、みなさん、外で空論みたいなことを言っているけど、原子炉がメルトダウンして、どうしようもないときに、誰かがやらないと収まらなかった。そこに飛び込んで行った人たちがいたから、今の状態が保たれているんだよ。

 そう思うと、この人らに、心の中で、こう毎日、手を合わせてるね。あなた方がいてやってくれたから、われわれは今の作業ができてるんですよって。

(引用抜粋終了)





フクシマ50 下請け社長は「死んでもいい人を」と発注受けた
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1468664259 より
sarami19193さん 2011/8/11

フクシマ50 下請け社長は「死んでもいい人を」と発注受けた

菅直人首相が原発対応拠点のJヴィレッジを激励に訪れたその日も、彼は現場で働いていた。その作業服の背中には、「菅直人1回現場に来てみろよ」とある。震災から4か月以上経ち、いま明かされる「フクシマ50」の素顔。

原発でともに作業するフリーライター・鈴木智彦氏の、刮目レポートである。俗にいう「フクシマ50」の定義はひどく曖昧だが、一般的には、「東京電力福島第一原発(以下1F)の1号機および3号機が立て続けに水素爆発をした後、1Fに残った職員・作業員」となる。最初に残った約70人に、事故直後に加わった人たちを含めそう呼ぶ。東電は免震重要棟で指揮を執る吉田昌郎所長以外の「フクシマ50」を、プライバシー保護を理由に公開していない。

東電社員の内訳、協力企業の人数や年齢、支給された危険手当の金額など、よく分かっていない部分が多い。

東電としてはフクシマ50を英雄のまま曖昧な存在にしておきたい。一方のフクシマ50にしても、守秘義務からか、おおかた口が堅い。私はそのうち4人を知っているが、フクシマ50だとカミングアウトすることをためらっている。

そのうちの若いひとりを、佐藤としておこう。彼は3号機が水素爆発した直後、1Fへの“召集令状”を受け取り、地獄絵図の中に降り立った協力会社幹部だ。

「社長は上会社から『死んでもいい人間を用意してくれ』といわれていたらしい。社長、もじもじしてて、なかなか『行け』といわなかったですね。だから志願しました。だってうちの社長、熱い人だから自分が行っちゃいそうだったんで。社長が死んだら社員が路頭に迷うけど、俺が死んでも代わりはいますから」

もちろん佐藤は自殺志願者ではない。これまで原発を生活の糧にしてきた贖罪だったわけでもない。


「居直るわけじゃないけど、誰も原子力や原発が社会的にどうのなんて考えず、普通の会社に就職する感覚でこの仕事に就いてるんじゃないですか? 原発が善か悪かなんて、深く考えたことなかったです。学校もろくに行ってないんで、難しいことは得意じゃないし(笑い)。

最初に1Fへ入ったときは、たしかにドキドキしましたね。不謹慎かもしれないけど、それはどっちかといえば楽しい気持ちで……。これまで威勢のいいこと、偉そうなこといってた人間がビビってたんで、『よし、じゃあ俺が行ってきてやる』みたいな。

1Fに向かうバスの中、みんな青白い顔して泣きそうなんです。話しかけられる雰囲気じゃなかった

| 未分類 | コメント(0)