グレイシー一族モデルの柔術着

ATAMA 柔術衣 キーラ・グレイシー

http://www.b-j-j.com/70_2787.html

ATAMA ホイスグレイシーモデル 

http://www.dougiya.com/syohin/JU-025.html

Rei-Gi 柔術衣 Roger Gracie Exclusive

http://www.b-j-j.com/146_8517.html
http://www.b-j-j.com/2267_8518.html
http://www.b-j-j.com/146_8519.html

Rickson Gracie Conquest Mizuno Gi BJJ
http://www.worthpoint.com/worthopedia/rickson-gracie-conquest-mizuno-gi-bjj-218804603

http://www.ryureviews.com/Gi-detail/mizuno-rickson-gracie/

ヒクソングレイシーミズノはヒクソン個人のモデル柔術衣と言うよりはヒクソンの組織の専用キモノといった感じでしたが結局日本では販売されず海外のみでの専売でしたね
ヒクソンは組織をクロンに譲ったので組織名もクロンに変わってしまいミズノ柔術衣もいつの間にやら生産されなくなりましたので今持っている人はレアですね

Kron Gracie Kimono

http://www.krongraciejiujitsu.com/store/kron-gracie-kimono

後は

グレイシーバッハ専用キモノ

http://www.graciebarrawear.com/store/kimonos
 
グレイシー柔術アカデミーオフィシャルキモノ

http://bjj.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=172535&csid=22

とか

アカデミー柔術衣 組織柔術衣

が大半で

グレイシー一族 個人モデル専用キモノ

というのは何故か少ないですね
調べたらもっと出てくるかもしれませんが…

エリオ・グレイシー生誕100周年 限定版柔術衣

http://bjj.shop-pro.jp/?pid=66262697

他にはグレイシースポーツとかホブソングレイシーの娘でヘンゾグレイシーの姉妹が出しているブランド
グレイシー一族自身が出しているブランドですかね

専門誌グレイシーマガジンモデルのキモノ

KORAL 柔術衣 GRACIE MAGAZINEモデル
http://bjj.livedoor.biz/archives/64927922.html

| 未分類 | コメント(0)

日本柔術界の大学教授 大賀幹夫先生の新作教則DVD

http://8142.teacup.com/newawa/bbs/4419

http://8142.teacup.com/newawa/bbs/4336

「もぐりスイープ」 自主制作DVD発売です 投稿者:おおが 投稿日:2013年11月20日(水)00時57分27秒   通報


柔術独特の動きと言って良い「もぐりスイープ」について
慣れていない方はなかなか習得が難しいようなので、現時点でのまとめを作ってみました。
DVD1枚。3,000円です。

家庭用ビデオカメラで撮影したものですので、
画像や音声が悪いところもありますし、編集も市販品には遠く及びません。
また、パッケージングなどもされていません。
その旨ご了解下さい。

ただ、内容については、大賀ができる限り理論的に説明しておりますので、
理屈がわかったほうが身体が動きやすい、という方には
お役に立てるものになっていると自負しております。

注文方法はこちらです。
http://newaza-world.jimdo.com/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%9B%B8-dvd/

収録時間は145分で、内容は下のとおりです。

===
もぐり
 基本 12分

Xガード
 後に倒す   6分
 入り方    4分
 バックを取る 4分
 補足     4分

もぐりへの入り方
 片袖ガードから1   9分
 クオーターガードから 2分
 片袖ガードから2  10分
 フックガードから   4分

ディープハーフガード
 ディープハーフガードタイプA
  スイープ1 10分
  スイープ2  2分
 ディープハーフガードタイプB
  説明       8分
  バックを取る   6分
  バック取りの応用 6分
  タックル     4分
  スイープ     8分

ディープハーフガードへの入り方
 入り方1 10分
 入り方2 10分

ディフェンス
 もぐられた場合の対応     9分
 Xガードへの防御       4分
 もぐられる前に防御1     3分
 もぐられる前に防御2     2分
 もぐられる前に防御3     4分
 補足             2分
 ディープハーフガードに腕十字 2分
「スイープ2」 自主制作DVD発売です 投稿者:おおが 投稿日:2013年 5月13日(月)23時20分10秒   通報 編集済


2001年11月に行ったセミナーの内容を「スイープ」として発売していました。

ご好評をいただいていたのですが、内容が古いので、
今回、内容に追加と修正を加え、大幅にバージョンアップしました。

DVD1枚。3,000円です。
(前作「スイープ」を購入されたことのある方は、1,000円にサービスします)

家庭用ビデオカメラで撮影したものですので、
画像や音声が悪いところもありますし、編集も市販品には遠く及びません。
また、パッケージングなどもされていません。

注文方法はこちらをご覧下さい。
http://newaza-world.jimdo.com/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%9B%B8-dvd/


収録時間は
本編 259分
指導例 68分
合計 327分です。


内容は概略は下のとおりです。

■山本返し 17分
■草刈 18分
■横帯返しタイプA,タイプB 66分
■たぐり 20分
■クロスガードからの腕流し 21分
■縦帯返し 23分
■手首取り返し 18分
■浅野返し 13分
■腕がらみ返し 7分
■ハーフスイープ 15分
■足抜き返し 7分
■逆足ハーフガード 29分
■スパイラルガードからの後転スイープ 5分
■指導例
 基本スイープ13種指導例 37分
 横帯返し 18分
 たぐり 5分
 後転スイープ 8分


内容詳細は下のとおりです。
===
■山本返し 17分
スイープの大原則
両足の使い方
相手に体重をかけるタイミング
引っ掛け足で跳ねる方向
このスイープの防御法
相手が逆の足を立ててきた場合のスイープ
回転の中心について


■草刈 18分
*相手が片膝を床に付いているとき
自分の位置取り
手の使い方
引っ掛け跳ね上げスイープとの使い分け
起きるときに使う基本ムーブ

*相手が中腰状態のとき
足を引っ掛ける位置
起きるときの足腰の状態

*相手が直立しているとき
相手の足をすくう方向と、返す方向
両腕の使い方


■横帯返しタイプA 41分
相手の腕の流し方。組手、足の使い方
相手の体勢を崩す力の生み出し方
相手が立っているときの崩し方
相手の重心が後にあるときの崩し方
相手が腕を突っ張っているときの崩し方
相手の帯のr取り方。帯がほとけている場合の道衣の取り方
バックを取るケースと、返すケースの違い
お尻を動かす理由、動かし方
相手を跳ね上げるための部分練習。一人ムーブ
相手の腕を抜かせないための左腕の力の入れ方
相手の足でバランスをとらせないための方法
返す途中でお互いの頭を入れ替える方法
返した相手を置く場所について


■横帯返しタイプB 25分
タイプ2の返し方 相手が頭を上げて防ぐ場合
タイプ2で返した相手を置く場所について
タイプ2での相手へ体重をかけるやり方
相手の膝をかかえて返す方法
タイプ2で相手が首をすくってきたときに返す方法
横帯返しに有効な耐え方。それに対するカウンター


■たぐり 20分
位置取り。足の位置。
両腕の使い方
バックを取るときの、手足の位置。指先の方向
相手の腕の固め方
相手の腕を流す力のかけ方
バックキープのための足の位置
引き出しにくい相手への対応
素早くバックを取るための足の形
バックを取った後、落とされないための方法
バックキープをするための手の位置


■クロスガードからの腕流し 21分
相手の体勢の崩し方
相手の腕の流し方
相手を転がせる空間の作り方
相手を逃がさない力のかけ方
相手の対応に応じた変化例
スイープを防ぐ相手に腕関節を取る方法


■縦帯返し 23分
ズボンを握ってきた相手の腕を固める方法
相手を丸めて返しやすくするやり方
後転からの着地のやり方
足の抜き方
縦四方固での抑え方
補足 相手を跳ね上げる自分の足の位置


■手首取り返し 18分
両手のセッティングの位置。返すときの頭の位置
返した後、相手に逃げられないための方法
返しやすい相手の位置、返しづらい相手の位置
ブリッジをするタイミング
ここで間違って撮り続けているところがあるので、消す
相手がバランスを取った場合のガードの戻し方
相手が両膝を強く握り続けている場合の返し方1。両足を上げる
相手が両膝を強く握り続けている場合の返し方2。相手の袖を取る
返すときの、自分の左肘の位置


■浅野返し 13分
身体を起こす方法
相手の身体を固定する方法1。両膝で相手の身体を挟む
首抜き後転の詳しいやり方
相手の身体を固定する方法2。右すねの上に相手を乗せる


■腕がらみ返し 7分
腕がらみを防がれたら、腕を縛って相手の腕を固める
返し1。ヒップスロー風に返す
返し2。向こうに押し倒す
返し3。自分の真後ろに返す
クロスガードに入れて腕を極める


■ハーフスイープ 15分
ニーシールドからのシザーススイープ
返し終わったときの形
※おまけ クロスガードからの変形シザーススイープ
シザーススイープを耐えた相手への後転スイープ


■足抜き返し 7分
足抜きの状態にされてからのスイープ
脇を救ってきた相手の腕を制してブリッジで返す
ふみふみガードからフルガードへ
足抜を抜かれることを防ぐ原則


■逆足ハーフガード 29分
*逆足ハーフガードからの引っ掛け跳ね上げ返し
自分の身体を向ける方向
返す方法
このスイープの防御法

*逆足ハーフガードからバックを取る方法
相手のやりたい事
足のからみ方
足を抜いてバックを取る方法
足が抜けない場合に返す方法
※おまけ 上から相手の脇をすくう方法
相手が順足ハーフから逆足ハーフに変化するときのカウンター
※おまけ 順足→逆足→順足に変化してパスする方法


■スパイラルガードからの後転スイープ 5分
スパイラルをかけている足の使い方


以下、指導例
基本スイープ13種指導例 37分
横帯返し 18分
たぐり 5分
後転スイープ 8分

| 未分類 | コメント(0)

5b0c95f8.jpg

| 未分類 | コメント(0)

秘密保護法 日本で特高警察が復活 秘密警察が圧倒的な権力を行使し民主主義の権利が抹殺される 戦後最悪の時代に日本が遂に突入

BaEXhtZCMAA0_wR.jpg


| 未分類 | コメント(0)

マスコミが日本を戦争へと導いた

そして、メディアは日本を戦争に導いたそして、メディアは日本を戦争に導いた
(2013/11/15)
半藤 一利、保阪 正康 他

商品詳細を見る


http://tanakaryusaku.jp/2013/11/0008221
そして、メディアは日本を戦争に導いた

昭和の暗い時代と似てきたことに二人は警鐘を鳴らす。

 「背筋が寒くなると同時にマスコミに怒り」。歴史に詳しい2人の作家(半藤一利、保阪正康両氏)が対談した『そして、メディアは日本を戦争に導いた』(東洋経済新報社刊)を読み進めるうちに、こうした思いがこみ上げてきた。

 同著は半藤氏が自民党の改憲草案に愕然とするところから始まる―

 表現の自由を定めた憲法21条の1項は原行憲法と何ら変わりない。だが「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」とする第2項が新設されている。

 半藤氏はこれを報じた新聞をビリビリと引き裂いてしまった、という。その怒りを次のように説明する―

 「公益」「公の秩序」とはいくらでも広げて解釈が可能である。要するに「権力者」の利益と同義であり、それに反するものは「認められない」。すなわち罰せられる、弾圧されることは明らかだ。昭和史が証明している。

 改元から昭和20年8月15日までの昭和史において、言論と出版の自由がいかにして奪われてきたことか。それを知れば、権力を掌握するものがその権力を安泰にし強固にするために拡大解釈がいくらでも可能な条項を織り込んだ法を作り、それによって民草からさまざまな自由を奪ってきたことがイヤというほどよくわかる。権力者はいつの時代にも同じ手口を使うものなのである。

 改憲草案の9条2項は「国防軍創設」を明言し、集団的自衛権の行使を可能にする。不戦の誓いである憲法9条を戦争ができる条文に変えているのが、改憲草案の真髄だ。安倍政権の真骨頂でもある。

 11日、TVキャスターたちが「秘密保護法反対」の記者会見を開いた。筆者が「遅きに失したのではないか?」と質問すると、岸井成格氏(TBSに出演/毎日新聞特別編集委員)は「こんな法案がまさか通るとは思っていなかった」と説明した。

 ベテラン政治記者の岸井氏が、自民党の改憲草案を読んでいないはずはない。安倍晋三首相のタカ派的性格を知らぬはずはない。
秘密保護法で「もの言えぬ」状態にして、戦争ができる国にするつもりなのだろうか。=写真:島崎ろでぃ=

秘密保護法で「もの言えぬ」状態にして、戦争ができる国にするつもりなのだろうか。=写真:島崎ろでぃ=

 半藤氏と保阪氏はメディアの戦争責任を厳しく追及する。軍部の検閲で筆を曲げられたと捉えられているが、そうではない。新聞は売上部数を伸ばすために戦争に協力したのである。

 日露戦争(1904年~)の際、「戦争反対」の新聞は部数をドンドン減らしたが、「戦争賛成」の新聞は部数をガンガン伸ばした。日露戦争開戦前と終戦後を比較すると次のようになる―

『大阪朝日新聞』11万部 → 30万部、
『東京朝日新聞』7万3,000部 → 20万部、
『大阪毎日新聞』9万2,000部 → 27万部、
『報知新聞』  8万3,000部 → 30万部
『都新聞』   4万5,000部 → 9万5,000部

 いずれも2倍、3倍の伸びだ。半藤氏は「ジャーナリズムは日露戦争で、戦争が売り上げを伸ばすことを学んだ」「“戦争は商売になる”と新聞が学んだことをしっかりと覚えておかねばならない」と指摘している。

 半藤氏はとりわけ朝日新聞に厳しい。満州事変が起きた昭和6年当時に触れ「朝日新聞は70年社史で“新聞社はすべて沈黙を余儀なくされた”とお書きになっているが、違いますね。商売のために軍部と一緒になって走ったんですよ」と。

 『大阪朝日』は満州事変直後までは反戦で頑張っていたが、不買運動の前に白旗をあげた。役員会議で編集局長が「軍部を絶対批判せず、極力これを支持すべきこと」と発言した。発言は憲兵調書に残っている。会社の誰かが憲兵に会議の内容を渡した、ということだ。

 「民主主義のために新聞・テレビが戦っている」などと ゆめゆめ 思ってはいけない。ブッシュ政権のイラク侵攻(2001年)を小泉首相が支持すると、日本のマスコミはこぞって戦争賛成に回った。

 国民に消費税増税を押し付けながら、自らには軽減税率の適用を求める。これがマスコミの実態だ。彼らは部数を伸ばし視聴率を上げるためなら、国民を戦争に導くことも厭わない。

(出典:『そして、メディアは日本を戦争に導いた』より)

| 未分類 | コメント(0)

大賀幹夫先生が語る現在のブラジリアン柔術と戦前の高専柔道のレベルの比較

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10201757487156870&id=1171911472

大賀 幹夫

11月23日
.


これも掲示板にも書きましたが
===
新連載です
高専柔道&七大学柔道に対する考察1

高専柔道&七大学柔道について、世間一般に広がっている通説に対して、
僕なりに考えていることをちょっと書こうと思います。

まず、高専柔道の試合のレベル、特に寝技、はどのくらいの高さだったのか。
これは、簡単に答えられられます。

どう考えても、現在の柔術青帯のレベルより高いことはないでしょう。

高専柔道の選手寿命は、通常2年半です。
当時のシステムから、学校自体が3年で卒業で、試合は夏にありますから。
留年を繰り返していたり、入学前から高校の道場で練習していた、という人はもちろん除きます。

んで、現在、世界中で寝技が最も上達する環境はどこだろうと考えると、
ブラジルの有力柔術アカデミーだと考えられます。

世界トップクラスの指導を受けれて、
これで飯を食べようとかのし上がってやろうと本人のモチベーションも高いところです。
ここより上達できる環境はないでしょう。

そこで、2年半練習してどのくらい強くなるでしょうか。
青帯か、紫帯くらいですね。

5年でムンジアル黒帯優勝したコブリーニャとか3年で黒帯になったカイオとか、
特別なのはいますけど、数は少ないですね。

また、今のブラジルのレベルと、当時の高専柔道のレベルを考えると、
天と地ほどの違いがあると考えられます。
ムンジアルだって、1996年の動画とか見ると単調な試合が多いですから。

だから、始めに書いた
>どう考えても、現在の柔術青帯のレベルより高いことはないでしょう。
ということで、そんなに間違っていないと思います。

念のため書いておきますが、学生さんは3年で卒業していくので、
年々試合全体のレベルは上がっていく、ということはそんなにはないです。

ただ、高専柔道を指導していた方は、何年もそれに携わていたわけですから、
その方の技術レベルは当時としてはかなりのところまで高まっていた、
とは考えれられます。

ついでに書くと、高専柔道の選手は当時の柔道の専門家とも互角に戦った、と伝えられていますが、
それが本当なら、専門家のレベルが今ほど高くなかった、正確に言えば、
一般愛好者と専門家のレベルの違いが今よりは無かった、というだけのことではないでしょうか。

まあ、一般の柔道に関しては、僕はあんまり知見はないのでこの辺は詳しい人に教えてもらいたいものです。

続く

| 未分類 | コメント(0)

日本が軍国主義に戻る日 安倍晋三が日本を民主主義から国家主義にする日

http://tanakaryusaku.jp/2013/11/0008248
【秘密保護法】 全国14か所で反対集会 83歳男性「戦争になるかもしれない」


2013年11月21日 23:31 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップ Clip to Evernote


入場制限がかけられ中に入れなかった人々は、身を乗り出すようにして国会議員の演説を聞いた。=21日午後6時過ぎ、日比谷野音 写真:島崎ろでぃ=
入場制限がかけられ中に入れなかった人々は、身を乗り出すようにして国会議員の演説を聞いた。=21日午後6時過ぎ、日比谷野音 写真:島崎ろでぃ=

 特定秘密保護法案は みんなの党、日本維新の会が賛成に回ったことで急速に法案成立の可能性が高まってきた。「軍国主義者」を自ら任じて恥じることのない安倍晋三首相の薄ら笑いが目に浮かぶ。

 「子どもを戦争に行かせたくない」「日本を再び戦前・戦中の暗い時代に戻してはいけない」…危機感を募らせる人々がきょう、全国14ヵ所で、秘密保護法案に反対する集会・デモを行った。

 日比谷野音での集会は午後6時30分からの開会だったが、6時を少し回った頃には超満員となり、入場制限がかけられた。会場の外も人で埋め尽くされた。
 
 主催者(STOP!「秘密保護法」大集会実行委員会)発表によると、参加者の数は1万人だが、それでは効かなかったのではないだろうか。内も外も立錐の余地がないのである。日比谷の森には背筋が寒くなるような殺気がみなぎっていた。

 「再び戦争と暗黒政治を許すな」と書いたゼッケンをつけ野音の入り口に立っているのは「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」の人たちだ。

 メンバーの一人である70代の女性(都内)の父親は、昭和初期、反戦を唱えて治安維持法違反で逮捕され、9年間も獄中にいた。「治安維持法を復活させてはいけない」。女性は唇を結んだ。

会場の日比谷野音は通路まで参加者で埋め尽くされ、移動が困難な状態だった。=写真:島崎ろでぃ=
会場の日比谷野音は通路まで参加者で埋め尽くされ、移動が困難な状態だった。=写真:島崎ろでぃ=

 きょうの集会のために大阪門真市から足を運んだ男性(83才)は、同級生の中に志願兵となる友人が少なくなかった、という―

 「この法律が通ったら先輩たちが死んだ先の戦争が繰り返される。法案が通ってしまうかもしれない。戦争になるかもしれない。けれども権力者のすることを指をくわえて見過ごすわけにはいかない」。喉頭ガンを患いスムーズに発声することができない彼は、声を絞り出すようにして話してくれた。

 戦争を知らない世代も危機感で一杯だ。きょうは年若い参加者が目立った。

 「こんな法案が通ったら皆が委縮して本当に怖い世の中になる。止められないかもしれないが、止めなくてはと思い来た」。30代の女性(イラストレーター)は一気にまくし立てた。

請願を受け付ける野党議員たち。=参院面会所 写真:島崎ろでぃ=
請願を受け付ける野党議員たち。=参院面会所 写真:島崎ろでぃ=

 参加者たちは2手に分かれてデモ行進した。銀座パレードと国会への請願デモだ。衆院と参院の議員面会所では、法案に反対する野党議員たちが待ち構えた。与党にすり寄った みんなの党と日本維新の会の姿はなかった。

 「秘密保護法案反対」「国民の知る権利を奪うな」……国会議員とデモ隊が一体となったシュプレヒコールが、暗闇の国会議事堂に吸い込まれて行った。

| 未分類 | コメント(0)

とりあえず国家権力 大企業 と癒着しているマスゴミを疑う事を覚えよ 日本に住む全ての人々よ 世界じゃマスコミを完全に信用している人間は少ない

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=268782&g=132204
共認運動をどう実現してゆくか?

268782 日本人のマスコミ「鵜呑度」は先進国ダントツ⇒どうする?
 
雪竹恭一 ( 50 大阪 営業 ) 12/09/18 PM00 【印刷用へ】


日本人のマスコミ「鵜呑度」は先進国でもダントツに高いらしい。

>いわばマスコミ報道の「鵜呑度」を国際比較すると、日本人は、先進国中ダントツに「鵜呑度」が高く70%、最も低い国民は英国で14%です。その他の主要欧米諸国(ロシアを含め)は20-35%です。
リンク


原発、消費税、TPP、ACTA、領土問題等、重要な問題が目白押しであるにも関わらず、相変わらずマスコミは肝心の事実を伝えない。大衆はマスコミに共認支配されたままだ。

マスコミ報道の「鵜呑度」の高さは、日本人の共認収束力の高さ故とも言えるが、逆の面から言えば、青山教授の指摘通り、思考停止して付和雷同しているとも言える。マスコミの共認支配をどう突破するか?

マスコミの嘘と事実との闘いになるが、いつまでも嘘を貫き通すのは不可能。マスコミがいかに嘘つきで何が事実かが分かれば、共認収束して世論は一気に逆転する。
⇒ネットでの事実拡散が基本戦術。マスコミ不信は年々高まっており、いずれネットの世論形成力がマスコミを凌駕していく可能性もある。
⇒しかし、未だネットをやっていない人も多い。職場や家庭、仲間で話合う場を拡げることが必要。
⇒その中核は、日々大半のエネルギーを費やしている職場。職場が共同体的企業に変わっていき、何が事実かを話合う場が広がっていけば、間違いなく人々の認識は変わっていく。

しかし、マスコミの嘘を見破るのは意外と難しい。実はマスコミの嘘は、マスコミが伝えたことより何を伝えないかということに隠されている。マスコミが伝えない事実を知るには情報収集力と判断力⇒認識力が必要。
⇒そのためにはやはり勉強が必要。一人では分からないことでも仲間と勉強すれば分かる。

勉強を深めるためには、マスコミがなぜ嘘をつくのか?を見破る認識が必要。
⇒マスコミは電通に支配されており、電通は米国に支配されている。米国支配は日本近代(明治維新)に遡り、近代は大航海時代に遡る、更に・・・そのような歴史構造・社会構造を分析する構造認識=新理論が武器。
⇒最終的にはマスコミが依拠する近代観念(個人、自由、民主主義→新自由主義、市場拡大絶対等)を覆す共認闘争となる。そのための理論として近代観念に代わる新理論が必要。

| 未分類 | コメント(0)

柔道ムラこと柔道マフィアに反撃の狼煙 溝口紀子 性と柔 女子柔道史から問う

性と柔: 女子柔道史から問う (河出ブックス)性と柔: 女子柔道史から問う (河出ブックス)
(2013/11/12)
溝口 紀子

商品詳細を見る


http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309624648/
はじめに
金メダルしか認められない日本柔道界/「女性らしい柔道」とは何か/体罰と戦後柔道/社会と柔道のつながり

<第一部 柔道史から社会を見つめる>
●第1章 正史と秘史
「正しき柔道」「悪しき柔道」/大日本武徳会――「学士さまの柔道」/武徳会と講道館の対峙/前期武徳会――武勇を尊ぶ精神性/中期武徳会――行き過ぎた興亡/後期武徳会――東條武徳会、そしてGHQによる解散/段位制度/警視庁柔道/高専柔道/技術史としての柔道/「形」とは何か/武道のイベント化/徒手格闘技と交じり合う柔道/柔道と柔術/JUDOとJUJITSU

●第2章 柔道の社会的価値
勝利至上主義の規範/暴力を容認してきた柔道界/文化としての柔道を見定める/GHQの狙い/異種格闘技としての柔道/「遊び」としての柔道

<第二部 女性と柔道>
●第3章 女子柔道の歴史
女子スポーツの扱われ方/禁止された女子の柔道/「令嬢」の柔術/女であるというだけで/海外の女性柔道

●第4章 いかに蔑視されてきたのか
諸外国の事例から/アメリカとYMCA/出遅れた日本の基準/世界女子柔道選手権大会/男女雇用機会均等法と女子柔道の消費化/五輪への参入と実業団柔道/現在における女性柔道/女子柔道強化選手の暴力・ハラスメント告発/全柔連の助成金不正受給/全柔連理事のわいせつ事件/上村体制化における勝利至上主義の促進/エロチシズムと大衆文化

●まとめ .
.

著者

溝口 紀子 (ミゾグチ ノリコ)

1971年生。スポーツ社会学者。92年、バルセロナオリンピック女子柔道52㎏級銀メダリスト。フランスナショナルコーチ(2002~04年)を経て、現在は静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科准教授。

バルセロナ五輪柔道銀メダリストにして気鋭のスポーツ社会学者が、女性史と柔道史をロジカルにかけあわせる。不祥事が相次ぐ柔道界、その根にある古びた性差を歴史の縦軸から解き明かす。

★上野千鶴子さん推薦★
「柔よく剛を制す…柔道は女のためにある? 目からウロコが何枚も落ちた!」

オリンピック銀メダリストにして、気鋭の社会学者。
「男たちのムラ社会」に挑む、衝撃のデビュー作!

『嘉納治五郎が掲げた柔道の目的は「精力善用」「自他共栄」であるが、今日の暴力や公金不正使用、といった相次ぐ全柔連の不祥事をみると、現在の柔道は皮肉にも「精力悪用」「自他共犯」と置き換えることができる。
 反面、15人の女子選手の告発は、本当の意味でスポーツの民主化、オリンピズムが浸透してきたことの何よりの証左である。』(本書より)
著者

溝口 紀子 (ミゾグチ ノリコ)

1971年生。スポーツ社会学者。92年、バルセロナオリンピック女子柔道52㎏級銀メダリスト。フランスナショナルコーチ(2002~04年)を経て、現在は静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科准教授。

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト 107

| 未分類 | コメント(0)

Budo Videos の柔術配信番組 Rolled up





















































































| 未分類 | コメント(0)

ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会2013

ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会2013
アダルト・黒帯・レーヴィ級
決勝戦
細川顕(ALIVE)vsハファエル・メンデス(ART OF JIU JITSU)

アダルト・黒帯・ぺナ級
決勝戦
加古拓渡v(GSB)sギリェルミ・メンデス(ART OF JIU JITSU)














| 未分類 | コメント(0)

ヒクソン・グレイシー 心との戦い方

http://www.shinchosha.co.jp/blog/special/506531.html
506531.jpg

| 未分類 | コメント(0)

安倍普三&自民党&CIA&CSISの本音が見える安倍晋三&CIA自民党bot




























































































































































































































































































| 未分類 | コメント(0)

731部隊の遺伝子は今も生きている 医療マフィアの実体

よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ! いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら)よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ! いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら)
(2013/06/17)
船瀬 俊介、ベンジャミン・フルフォード 他

商品詳細を見る


http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2d38da067faacdf29fbac8ffb16a7fca
人殺し医療サギ]の実態>医療は世にも不思議な失敗報酬の世界!失敗する医者ほど儲かる/治す医者は失業

2013-11-11 01:22:25 | 放射能汚染



<[人殺し医療サギ]の実態>

医療は世にも不思議な失敗報酬の世界!

失敗する医者ほど儲かる/治す医者は失業

    よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!
    いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)]
    船瀬 俊介 (著), ベンジャミン・フルフォード (著) より

14. 2013年6月23日 12:45:27 : Gj0mbNw7Cc
新刊のようです。一度は知っておくべき事実。内容だけでも恐ろしい。

仁と徳の医術施術、町医者は、旧きよき時代のこと。

今は匪賊が、堂々と大手を振り、医者面している。

政府援助を受けている大学は、ことごとく汚染されているとみるべきと。

手下は当然、今や悪人の代名詞「官僚」と、

御用学者と医療産業の悪の三位一体というところでしょうか。

伝統医学は殺され、現行医学の悪魔的横行への経緯。

その前から続いていたが、決定的になったのは、やはり明治維新。

律令体制、近代の殻をかぶって、より残虐性を加味して復活してからなんですね。

『「よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!』 
内容一瞥だけでも、ほとんどの人が思い当たる節があるのではないでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/dp/4864711291/ref=as_li_qf_sp_asin_til?tag=benjaminfulfo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4864711291&adid=0RBNXKRB4J0YM8NGCTMS&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fbenjaminfulford.typepad.com%2F

商品の説明
内容紹介
◎ がん患者1000人殺して一人前!

◎ 日本の内科医は1人平均1000人のがん患者を殺している

◎ 命を奪う、カネを奪う! 医者は完璧に白衣の殺人鬼、白衣の詐欺師!

◎ 日本の近代医学はどこをほじくり返しても詐欺とペテンと強盗と殺人だらけ

◎ 欧米医療というのは基本的に軍隊の医療

◎ 足を切断するとか伝染病の治療には欧米医療はいいが、糖尿病とかがんといった慢性病のときは絶対に関わらない方がいい

◎ 漢方も鍼灸も食事療法(ナチュロパシー)や整体療法(オステオパシー)も弾圧された

◎ マッサージもカイロプラクティックもサイコセラピーもホメオパシーも弾圧された

◎ 自然治癒力をサポートして病気を治す伝統的なテクノロジーは全部弾圧され、薬物療法(アロパシー)だけが生き残った

◎ 伝統療法は、金融マフィアによって保険対象外にされた

◎ 強制的に保険料を取って、自分たちの息のかかった殺戮医療マフィアにだけおカネを回すシステム

◎ 医療の問題は上に行くとラムズフェルド、ブッシュ、ロックフェラーらに行き当たる

◎ ここに現代の悪魔がいる!

◎ 医者に金も命も投げ出す崖っぷち日本人よ! 今こそ、自分の脳を疑いなさい

◎ 薬漬け、検査漬けの放射線大量照射に生物兵器の毒物注入まで

◎ 失敗する医者ほど儲かる/治す医者は失業

◎ 医療は世にも不思議な失敗報酬の世界!

◎ 一番高い抗がん剤ペグイントロンは1グラム3億3170万円する

◎ 抗がん剤は元々は廃棄に困った化学兵器の原料

◎ マイクログラムまで薄めて使っても1回当たり何十万円、利益率は何万%にもなる

◎ 白血病はがんではない

◎ 団十郎を殺した!?マイロターグという白血病の治療薬は、1グラム4800万円

◎ マイロターグは投与した患者の90・5%が死ぬ!

◎ 輸血は人命を助けていない、むしろ殺している!?

◎ お年寄りが死ぬとわかるとここぞとばかりに点滴、投薬をバンバンやる香典医療というのがある。稼ぎどきならぬ殺しどき!

◎ 「現代医学の神は、唯一1人しかいない、それは死神である」とベストセラー書籍『医者が患者をだますとき』の著者ロバート・メンデルソンははっきり言っている!

◎ だから病院が営業停止中には死人が減る!?



<著書>
よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!
いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら)
船瀬 俊介 (著), ベンジャミン・フルフォード (著)
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4864711291/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1 

カスタマーレビューから(引用開始)

一食抜いてでも読むべき!狂った医療の真実!  2013/7/9
By 奇跡のゴリラ
かなりオススメです。

これを読めばどれだけの病人が薬と医者に殺されないで済むことか。

自分の身はもちろんのこと、家族や友人の一生を変えるかもしれない
そんな情報が満載だった。

ベンジャミン・フルフォードは経済や金融が専門だが、
医療関係も最近詳しくなったそうだ。
船瀬さんと対等に話し合っている。

抗がん剤がただの毒であること、大麻は実は古来から重宝された治療薬であること、
携帯電話の電磁波、フッ素の害、ワクチンのウソ、
遺伝子組み換え食品、

そういった個別の話だけでなく、なぜこのような狂った世界が作りあげられたか?(答え→優生学)
という歴史的、本質的な話まで網羅している本はとても珍しいはずだ。
ベンジャミン・フルフォードの視点が貴重なのだ。

この本の中でも紹介されている
船瀬さんの「五大検診は病人狩りビジネス!」と「モンスター食品が世界を食いつくす!」(遺伝子組み換え)、
そして
ベンジャミン・フルフォードの近著「殺人医療」も必読だ。




儲ける医者は・・。 2013/10/1
By carpenters tellin
知人の外科系の医師の言葉。

今の医療制度はおかしい。いっそ自費診療にすれば、みんな慎重に医師を選ぶだろう。

彼がそういう理由は、手術が下手な医師ほど、時間がかかる→出血が多くなる→輸血が必要・・というように、下手ほど儲かる仕組みになっているから。

腕のいい医師は、さっさと終わってしまうので、儲からない。術中の開腹時間が短いので、術後の感染症も起きる確率が少ない。つまり、術後に高い抗生剤を点滴することが、激減するということ。薬を使わないので、儲からない。

こんなの、医師本人から聞くまで、夢にも思いませんでした。

真実を暴露する本の出版が、ますます増えますよう祈ります。



この世の中、本当のことは隠されてるんだって  2013/7/28
By 胸組いすず
痛感したのは、医者が、医者に洗脳されてる事や、薬に対しての知識のなさや、メーカーからの賄賂で自分さえもうければ良いというお粗末さ、人道的モラルの欠落、しかし笑える話では無いけれど、自分の無知さを思うと笑えてくるやら何が真実かを見極める、知恵と、知識が必要

(引用終了)

| 未分類 | コメント(0)

日本のマスゴミが決して報道しない事実 福島の残酷な素顔 原発をゼロにするのは現実的ではないという馬鹿はこの現実を見ろ 棄民政策ばかりが横行し国家とマスゴミが人権よりも国家を優先する 結論 ネトウヨの考えとは違い現実は国民と国家は同一の代物では全く無い

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/30db3aab0a84194b545df1639f735732
【福一】三ヶ月間、原発で働いてた人 ”体に黒いアザが多数” 彼は自分で 『俺はもう先は長くはない』と

2013-11-13 00:05:51 | 放射能汚染



【福一】三ヶ月間、原発で働いてた人 ”体に黒いアザが多数”

彼は自分で 『俺はもう先は長くはない』と

三ヶ月間、原発で働いてた人は普段の意識が飛んだり、体に黒いアザが多数できたり、もう、体調が尋常じゃないんだそうだ。

その人は内部外部被曝合わせて、500ミリシーベルト。

肺にはプルトニウム。原発作業員の通常の被曝上限線量は50ミリ。

・・だけどその人は最初の爆発には福一におらず、3,4号機の爆発の時から福一にいた。そして外内部合わせて500ミリシーベルトの被曝。

彼は自分で 『俺はもう先は長くはない』と言っている。

今は4300人だとしてもこの先、死者がもっと増えるのは容易に予想できる。

この事実を国は知ってるの?

もし知ってたら、自ら作った法律を犯している国家レベルの犯罪です。

・・・・

双葉町では人から人へと二次被曝するほどの高汚染だった

衆議院議員 徳田毅氏のブログより


3月12日の一度目の水素爆発の際、2㎞離れた双葉町まで破片や小石が飛んできたという。そしてその爆発直後、原発の周辺から病院へ逃れてきた人々の放射線量を調べたところ、十数人の人が10万cpmを超えガイガーカウンターが振り切れていたという。それは人から人へ二次被曝するほどの高い数値だ。

・・・・

福島に派遣された警官が被曝し、何人も亡くなってるのは本当

筆者は最近気になる噂についてきいてみた。

「福島に派遣された警官が被曝し、何人も亡くなってるのは本当ですか」

男性はすぐに答えた。

「本当だ。私の実家も福島だ」

園さんが口を挟む。

「なら、逮捕する相手が違う。(経産省を指差し)あいつらを逮捕しろ」

男性はうつむくと、立ち去ってしまった。

・・・・・・

福島第一で命を落とした作業員、『放射線障害研究用検体』として徹底的に管理

東京電力は、福島第一原発で作業員百数名が行方不明となっていると報告していますが、あれは嘘です。

実際は、放射性物質の廃棄に伴って強い放射線に曝され、心筋異常を起こしてしまい命を落としています。また、その方々は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として徹底的に管理されています。

・・・・・



http://sekaitabi.com/canadanews.html より全転載 (リンク切れ)

カナダのニュースサイトで「福島に派遣された日本の警察官が被ばくにより死亡」と
報じられていたことがわかりました。

はなゆーさんのブログにて知りました。

カナダ「The Canadian National Newspaper」より

福島にて警官が被ばくにより死亡


Fukushima: Police officers die from radiation exposure
(福島:警官が被ばくにより死亡)

A Japanese journalist Terasawa Yu had public security confirm that police officers sent to Fukushima die of radiation.
日本人ジャーナリストのテラサワ・ユウ氏が、福島に派遣された警官が被ばくにより亡くなったことを公安警察に確認した。

Police we sent when Fukushima women demonstrated around Ministry of Economy, Trade and Industry on October 27, 2011.
2011年10月27日、経産省前で福島の女性たちがデモを行なっている時に、警官は派遣されていた。(police were sent?)

When he was interviewing an activist, Sono Ryota, a public security approached them and Mr. Terasawa got a chance to ask him.
彼が活動家の園良太氏にインタビューをしていた時に、公安警察が彼らに近づき、テラサワ氏は公安警察に質問をするチャンスを得た。

He asked if it’s true that a lot of police officers ,who were sent to Fukushima, die of taking too much radionuclides.
福島に派遣された警官の多くが、多量の被ばくによって亡くなっているというのは本当なのかと彼は公安警察に尋ねた。

The man answered, that is true, his parents are in Fukushima too.
公安警察の男性は答えた。それは事実だと。彼の両親も福島にいるという。

このカナダのニュースの元記事となっているのが、こちらのサイトのようです。

(追記:どうやらこのカナダのサイトは、Fukushima Diaryさんのこの記事を参照した模様)

経産省前の座り込みに姿を現した公安警察官に、あの噂の真偽を尋ねた


10月27日午前10時から「原発いらない福島の女たち〜100人の座り込み」が始まった。経産省前の歩道には、福島県外からの応援の女たちも集まり、約660名が座り込んだ。

幼い女の子を連れたお母さんや「孫が心配」と言う白髪のおばあさんもいる。手にするのは段ボールに書かれた抗議文だ。

そこへアクティビスト・園良太さん(写真)が現れた。園さんは9月23日の差別・排外主義に反対するデモで公務執行妨害容疑で逮捕され、10月4日に釈放された。さっそく筆者は園さんに話を聞いた。

「福島第1原子力発電所の事故は政府と東京電力の責任。きちんと被害者に補償しなければならない。そのためにも、被害者がどんどん抗議の声をあげるべき」

急に園さんの顔つきが険しくなり、筆者は人の気配を感じふり向いた。

「公安、こっち来るな!」

園さんが怒鳴りつけた相手は、紺色のスーツ姿の中年男性。小太りで身長170センチぐらい。手ぶらで立っていた。

「あなた、公安(警察)の人?」

筆者は尋ねたが、男性は無言だ。

「勝手にぶつかってきて、(公務執行妨害容疑で)逮捕しやがって」

園さんが怒りをぶつけると、男性は「何だ、その言い方は」と応じた。
どうやら2人は顔見知りらしい。

筆者は最近気になる噂についてきいてみた。

「福島に派遣された警官が被曝し、何人も亡くなってるのは本当ですか」

男性はすぐに答えた。

「本当だ。私の実家も福島だ」

園さんが口を挟む。

「なら、逮捕する相手が違う。(経産省を指差し)あいつらを逮捕しろ」

男性はうつむくと、立ち去ってしまった。

sono
(アクティビストの園良太さん)

「噂の真相」とあるくらいだから、警官の方を始め、多くが亡くなっていることは
一部の筋ですでに噂となっていたということでしょう。

以前にも「多くの人々が亡くなっている」という噂、または未確認情報は私も目にしました。川内村村議の方が書いているブログからです。

デマか?真相は不明だが「多数が亡くなってる」噂?告発?

情報源不明、だがあり得る話として、、、私の見解 より一部抜粋

「多数が亡くなっている」告発とされた発言


東京電力は、福島第一原発で作業員百数名が行方不明となっていると報告していますが、あれは嘘です。

実際は、放射性物質の廃棄に伴って強い放射線に曝され、心筋異常を起こしてしまい命を落としています。また、その方々は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として徹底的に管理されています。

もちろん、一企業が作業員を殺したとなれば大問題となる。だからといって作業員の数が減ったことを隠す訳にはいかない。その狭間で出された結論が『行方不明者多数』というものです。

行方不明と処理された作業員の家族には、莫大な額のいわば口止め料が支払われています。そのために公言する方がいないのです。これは一種の脅しだと思います。私もこれをmixiで発言するべきなのか考えました。しかし、事実をお知らせするのも私の役目であると考えました。

この日記は、多分に即刻削除されると思います。また、転載をされますとその方にも何らかの制約がかかるものと思います。

しかし、情報統制に屈し真実を隠してしまっても状況は良くなりません。

これを見た、川内村議(現在は元)ちかちゃんの見解


東電マジ怖い。私は今日、この話を福島の人間から聞くまで、自分でゆーのもなんやけど、結構広い人脈があるので、まーまー色んな話は把握できてるかと思ってた。でも私の希望的観測に基づいた妄想は、凄く甘いことを今日、思い知った。

今日、ある内部関係者の方とお話した。『原発作業員が百数名、亡くなっていて、遺体は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として管理されている話。 福島第一原発で作業員百数名が行方不明は嘘。

瀬戸教授の精一杯の内部告発。たけど現実は、もっと酷かった。

作業員死亡者数 約4300人
一遺族への口止め料 3億円
口外したら全額没収

3億以上、払う約束をされた人もいるらしい。これまでに福一原発で作業した作業員人数、のべ10万人。その4パーセントが現時点で死亡。そのほとんどが現場で死亡するのではなく、作業が終わった人が家で亡くなる場合がほとんど。死因は心筋梗塞、とか。遺族も口止め料を貰っているので、葬式も出せない。

これだけネットやメディアにも告発が出てこないのは口止め料を没収されるのが怖いのだと思う。

三ヶ月間、原発で働いてた人は普段の意識が飛んだり、体に黒いアザが多数できたり、もう、体調が尋常じゃないんだそうだ。その人は内部外部被曝合わせて、500ミリシーベルト。肺にはプルトニウム。原発作業員の通常の被曝上限線量は50ミリ。それが今回の事故で250ミリまで引き上げられた。

250ミリでも無茶苦茶だと批判を浴びた政府と東電。だけどその人は最初の爆発には福一におらず、3,4号機の爆発の時から福一にいた。そして外内部合わせて500ミリシーベルトの被曝。彼は自分で 『俺はもう先は長くはない』と言っている。今は4300人だとしてもこの先、死者がもっと増えるのは容易に予想できる。この事実を国は知ってるの? もし知ってたら、自ら作った法律を犯している国家レベルの犯罪です。

もう一つ、自衛隊が64名、警官が300人弱亡くなってる話。私も4月に川内村などに行ったからわかるけど、20kmの所などには警察官が立ってたりする。原発周りにはもっと警備の警官達が立ってる。

彼らは特別に日当3万円。そしてそこからの任務が終われば、飛び級の出世を約束されているという。そこに立っている警察官は皆、ほぼ25歳以下の若者達。年配の警官はなぜかいない。そして勿論マスクなどもしていない。

要は高給、出世を約束するかわりに、未来ある若者を組織ぐるみで死亡させてるということ。だって300人だよ?そんなに死んでるのに何故やり方を変えない?これは勿論、国に報告はあがってると思う。警察は国家の機関なんだから。

そして福島の病院では 7ヶ月の早産などで、片手がない奇形児などが産まれ始めている。(病院の医療事務から直接聞き出す)でも、この件をネットで散々ググってみたけど何もでてこない。

(後略)

コメントなどを受けた、その後の川内村議(現在は元)ちかちゃんの追記


このことをそのままアップしましたが、今東電が隠蔽に隠蔽を重ねてきたことから、嘘、と言えるかどうかです。原発作業員行方不明数も公表されていますが、隠蔽のことを考えればかなりの数になると言うことは普通に捉えることができます。

またネット情報によると国は使えるお金が600兆円以上もあると言うことを考えれば、嘘とも言い切れないのです。その数だけを問題としてホントかウソかと言っていることは問題の本質を見ていないということではないでしょうか。

問題は今、福島県政が、国が放射能汚染に晒されていることを放置していることです。4300人どころか、日本全国死者、病人が増えることが問題です。

またTPP問題などもあり事態の深刻さはこの死者の数、口止め料の問題どころの話ではないのです。と言って問題にしないということではなく。国と東電は今、県民200万人近くを危険に晒し、補償と責任を回避しようとしていることを問題にするべきです。

そして来年は避難解除になり帰還すると言う川内村がこれでいいのか皆さんの問題として国政の在り方を問うべきではないでしょうか。

私個人は、1人に対して億以上の口止め料というのは信じ難いものの、「実際に亡くなっている方々の数はもっといて、それが隠蔽されている」という部分に関しては、十分にありえることだと思っています。

発表された作業員の死に関しても「因果関係ない」などふざけたことを発表してましたが、そのような形で亡くなっている作業員は、他にもたくさんいるだろうと思うのです。発表されているものは氷山の一角で。

公安警察の方が認めたということで信ぴょう性は高く(上記シチュエーションという状況で嘘は言わないと推定できるという意味)、やはり私達が知らされてない多数の死者が出ているのではないでしょうか?

逆にこれだけの放射能漏れが起きていながら、あまりにも死者の数も少な過ぎることに関して、隠蔽がされているのではないかという疑いが常にあります。

「内部被ばく検査を行なっていない作業員と連絡が取れず」「作業員が行方不明」といった報道記事がいくつも出ていたのも不審に思いました。

12月には、作業員13人と連絡取れず

東電、連絡取れない作業員公表=早急な内部被ばく検査呼び掛け


東京電力福島第1原発事故で、東電は14日、6月までに働いた作業員のうち、内部被ばく検査を受けないまま連絡が取れなくなっている13人の氏名をホームページで公表し、心当たりのある人に連絡を呼び掛けた。

このうち外部被ばく線量が判明している8人の最高は約4.5ミリシーベルトだが、作業時に全面マスクを正しく装着していない場合は内部被ばくが懸念されるため、東電は「早く検査を受けていただきたい」としている。

11月には、作業員16人と連絡取れず

行方不明の原発作業員16名 民間調査会社に調査依頼へ


厚生労働省は30日、東京電力福島第1原発事故後に同原発で新規に作業を始めた後、行方が分からなくなっている作業員16人について、東電に対し、民間調査会社などに依頼して行方を捜し出し、連絡を取るよう指導したことを明らかにした。

東電側も指導を了承、12月末までに調査結果を厚労省に報告する。

6月には、作業員69人と連絡取れず

東電ずさん労務管理…作業員69人連絡とれず


東京電力が福島第一原発で3月中に作業をした作業員を対象に行った被曝(ひばく)量調査では、未調査の作業員125人のうち69人といまだに連絡が取れないなど、ずさんな労務管理も浮かび上がった。

東電は作業員に線量計を貸し出した際に作った名簿をもとに、作業員を特定したが、名簿に記載のあったうち、協力企業の三十数人は、下請け企業にも該当者が見つからなかった。

厚労省は「危機管理の意識が低い」としており、東電に対し、ホームページなどで該当者がいないか呼びかけるよう指導した。

「連絡が取れない・行方不明」が、過去にここでわかっているだけでも3回。
それぞれ2桁の人数。

犯罪企業東電が、内部被ばく検査を「作業員の安全」という目的だけのために、本当にしようとしてるなどと思います?私にはそうは思えません。

作業員として2ヶ月従事したライター、鈴木さんの会見によると、「死んでもいい人間を集めろ」と指示をした、と話されていました。

福島原発の実態と東電の正体 元作業員・鈴木智彦氏


「震災直後、(福島第1原発の)水素爆発直後、『死んでもいい人間を集めてくれ』と東電は各社に指示した。その際には原発の敷地内に入るときに必要な放射能管理手帳も必要なかった」

その「連絡が取れなくなった・行方不明」とされる作業員が、実は亡くなっているのでは?とも思えたり。東電ならそのくらいの隠蔽などするのではないかと思えるのです。なんてったて、福島第一原発の現場で働いていた作業員の死亡について「被ばくとは因果関係がない」と言ってしまう企業です。

「川内村議ちかちゃん」のブログに出てきた話が本当かどうかは確かめようがないのですが、怪しいと思える事象は上記のようにいくつか出てきています。情報の信ぴょう性は不明でありながらも、その内容の何割かは(ひょっとしたら全部)、本当ではないかと思うのです。

福島の小学生が急性放射線障害で死亡した?

このような「意見映像」とする動画も出ていましたので、ぜひ。


坂本龍一氏のTweeterで福島の小学生が避難先で急性放射線障害の症状を呈して死亡したとの噂が流れました。

事実は確認されていないようで噂の域を出ないようですが、­うp主には気になる事がひとつあるんですよね。原発爆発による急性放射線障害で相当数の死者がいるんじゃないかという疑念が、どうしても消えない。

この件は最大のタブーみ­たいですが、とりあえず映像を作ってみました。どう思われますか?

http://www.youtube.com/watch?v=XWc_cT2kVvQ&feature=player_embedded (動画)



双葉町では人から人へと二次被曝するほどの高汚染だった

衆議院議員 徳田毅氏のブログより


3月12日の一度目の水素爆発の際、2㎞離れた双葉町まで破片や小石が飛んできたという。そしてその爆発直後、原発の周辺から病院へ逃れてきた人々の放射線量を調べたところ、十数人の人が10万cpmを超えガイガーカウンターが振り切れていたという。それは人から人へ二次被曝するほどの高い数値だ。

裏付けることに繋がるであろう事象をここで、いくつかあげてみました。

これらの状況からしても、カナダ新聞社が冒頭で取り上げた、そして公安警察の方が語った「警官も何人も亡くなっている」の証言は、信ぴょう性の高いものだと私自身は思っています。

どう思われるかは、読んでいる皆さまのご判断ですが。



--------------------------------------------------------------------------------

http://onodekita.sblo.jp/article/62160695.html からの情報

徳田毅の オフィシャルブログ から
2011-04-17 22:28:05
避難区域の苦悩
遅くなりましたが、15日の報告です。
朝6時30分からTMATの出発式、8時から仙台徳洲会病院の朝礼に出席後、車で移動し、福島県立医科大学を訪問。
大学病院内に設置されている原発対策本部で、原発被災者及び原発対策従事者に対する除染室や処置室を視察。
その後、南相馬市へ向かう。
津波により死者456人、行方不明者1018名を出した被災現場を視察。
津波に飲み込まれ100人以上の犠牲者を出した特別養護老人ホームで手を合わせ、ご冥福をお祈りする。

南相馬市立総合病院の及川友好副院長を訪ねた。
及川副院長は原発事故後、南相馬市が国からの自主避難、屋内待機の指示を受けてからも、一日も病院から離れることなく医療を続けている。
顔色が異常に黄色く疲労が極限に達していることがすぐに見てとれる。.
そして短い時間であったが、南相馬市が置かれている極めて過酷な現実を話して下さった。
原発事故後、この地域は自主避難、屋内待機だけではなく、
病院や福祉施設においては入院及び施設利用者を30㎞圏外に出すという国の指示を受けた。
人口約7万人の南相馬市の住民は一時1万人ほどにまで減ったが、
多くの住民が地域に戻り始め、現在は約3万人くらいが生活をしている。
住民が地域に戻り、街は動き出したことから、医療のニーズが高まっており、病院の外来には多くの患者さんが来られるが、医師、看護師、スタッフが大幅に減ってしまったことからパンク状態になっている。
残念ながら、この地域が原発から30キロ圏内であることから、応援の医療関係者からも敬遠されており、県や国からも派遣されていない。
そして、新たに計画的避難区域に指定されたことから、現在も重症患者さんの入院が認められておらず、その上、緊急避難地域ではドクターヘリが飛行禁止になっているそうだ。
何故、救急車はよくてドクターヘリは駄目なのか、私にも理解が出来なかった。
そして政府がこの地域を計画的避難区域に指定をして入院を認めないのであれば、30キロ圏から出来るだけ近くに入院患者を引き受ける拠点病院を設置してほしいと強く望まれていた。
そして及川副院長の話から驚愕の事実を知る。
3月12日の一度目の水素爆発の際、2㎞離れた双葉町まで破片や小石が飛んできたという。
そしてその爆発直後、原発の周辺から病院へ逃れてきた人々の放射線量を調べたところ、十数人の人が10万cpmを超えガイガーカウンターが振り切れていたという。
それは人から人へ二次被曝するほどの高い数値だ。
しかし、そこまで深刻な状況だったとは政府から発表されていない。
病院に立ち寄ることなく、被ばくしたことも知らずに、家に帰って子供を抱きしめた人もいたかもしれない。

そこで爆発から2時間後の枝野官房長官の会見を読み直してみた。
水素爆発は起こったが、格納容器が破損していないことを確認した。
従って原子炉格納容器内の爆発ではないことから、放射線物質が大量に漏れ出すものではない、と述べている。
13日での会見では、バスにより避難した双葉町の住民の皆さんのうち、9名が測定の結果、被ばくの可能性があることを発表した。
この9名のうち4名の方が少ない方で1800cpm、多い方で40000cpmの数値。
その上で専門家の判断によると、こうしたものが表面に付いているという状況に留まるならば、健康に大きな被害はない、とも述べている。
南相馬市立総合病院で確認されているだけでも十数人が高い数値を示していた深刻な状況が、政府には情報として上がっていなかったのだろうか。
もし情報が上がっていなかったとしたら、官邸の情報収集能力と危機管理の観点から問題であり、情報が上がっていたのに意図的に正確な情報を伝えなかったのであれば、、それは政府による隠蔽であり、犯罪に近い行為と言える。
南相馬市に対し政府が自主避難、屋内退避と中途半端な指示をした結果、物資が完全に途絶え、完全に孤立。
その上、人々の生活や医療支援などについて何の手だても尽くさなかったことから深刻な混乱を招いた。
その混乱は震災から一カ月以上経った今も続いている。

 10万CPMを超えた人が、3月12日の1号機の爆発後にいたという事実を実際に現地の人に聞いて、きちんとブログに載せています。ここまで活動している政治家は、ほとんどいません。しかも、現在の自民党は再稼働に大賛成ですから、すくなからぬ被曝をした人がいたことを認めるはずがありません。だから、大昔のハニートラップで辞任させられたのだろうということも想像しすぎとはいえないでしょう。この嫌がらせにめげずに、がんばっていただきたく思います。



--------------------------------------------------------------------------------

被爆状況:文部省・原子力安全・保安院資料より

『10万cpm以上の値を示した者が102名・・』

福島県に立ち寄っただけで、原発で作業したわけではない、
原発作業員がホールボディカウンターによる内部被曝測定で
精密検査が必要な被曝量1500cpmを越えた例は4766件、10000cpmを越えた例は1193件
という数値を政府は国会答弁で認めている
http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/e786220c49ce759722f8fbbc516b4de3

| 未分類 | コメント(0)

Stephan Kestingがゾンビとの戦い方を伝授 アメリカ版東京ゾンビ とりあえずゾンビとの戦いではiPhoneはマナーモードにしておきましょう

Stephan Kesting

| 未分類 | コメント(0)

ワールド柔術エキスポ



| 未分類 | コメント(0)

道着屋さんのダミー メディシンボール マット

サブミッションマンダミー(ブラック)
http://www.dougiya.com/syohin/GPD-001.html

フリースタイルダミー(ブラック)
http://www.dougiya.com/syohin/GPD-002.html

グレコスタイルダミー(ブラック)
http://www.dougiya.com/syohin/GPD-003.html

メディシンボール
http://www.dougiya.com/syohin/MED-bk.html

カスタムメイド日本製マット
http://www.dougiya.com/syohin/custom-made-mat.html

| 未分類 | コメント(0)

ワールド柔術エキスポ キーナンコーネリアスvsルーカスレイチ

| 未分類 | コメント(0)

結論 日本共産党は御用組合ならぬ御用野党であり自民党と同じ原子力マフィアである

http://kaze7yoi.blog107.fc2.com/blog-entry-1493.html
革共同全国委機関紙『前進』

今回の件で天皇制の問題が前面に登場してきている。「資本家的政治支配、階級支配が解体的動揺に陥る中で、天皇制は帝国主義ブルジョアジーの反革命的結集のシンボルとなる。労働者階級はプロレタリア革命の一環として、天皇制の一切の形態を粉砕し、根こそぎに一掃する」(革共同綱領草案)。このような立場だけが、労働者階級が天皇制に対してとるべき原則的で路線的な立場であり回答である。もともと天皇の園遊会など、労働者人民は徹底的に拒否し、粉砕し、怒りで蹂躙(じゅうりん)し尽くすべきものである。
 ところが日本共産党を含め、すべての与野党やマスコミがまたしても天皇制のもとにひれ伏し、山本氏への非難と攻撃を行っている。
 ・・・・・・・・
 そもそも「天皇の政治利用」を一貫して行ってきた常習犯は、日帝・政治委員会と自民党だ。最近でも沖縄圧殺の「主権回復の日」式典(4月)、福島視察(7月)、東京五輪誘致活動(9月)、水俣訪問(10月)と、天皇・皇后や皇族を頻繁に登場させてきた。自民党改憲案で天皇を「元首化」しようとしていることこそ最大の政治利用ではないか。
 ・・・・・・・
 危機の中で日帝ブルジョアジーと自民党が最後にすがりつこうとしているのが、超階級的な装いをとる天皇制とその反革命イデオロギー、国家主義的な「虚偽の共同性」「国民融合」のイデオロギーであり、それをテコとして労働者人民を動員することだ。日本共産党スターリン主義はこれに完全に屈服し、山本氏への攻撃で反動的役割を果たしている。共産党は今や「憲法にある制度として、天皇制と共存するのが道理ある態度」だと言い、象徴天皇制の擁護者と成り果てている。

| 未分類 | コメント(0)

グレイシー一族とバラエティTV











レジェンドオブヒクソングレイシー 闘神我が道に敵なし


最強伝説ヒクソングレイシー


ヒクソン ホイラー 柔術デモ


http://youtu.be/NfZtyFu4VoE

| 未分類 | コメント(0)

ヒクソン・グレイシー 無敗の法則 ディレクターズカット版映像

| 未分類 | コメント(0)

日本の人口が激減 福島は激減 沖縄は人口激増

pop.gif


http://matome.naver.jp/odai/2136611944583253401
★日本の人口減が凄まじい★ by 総務省統計局、etc

更新日: 2013年10月22日

[4_sea_さん] 4_sea_さん

21 お気に入り 68749 view
お気に入り追加

平成24年2月からの落ち込みが激し過ぎる

出典www.stat.go.jp

平成24年2月からの落ち込みが激し過ぎる

総務省統計局・人口推計より
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

平成25年8~9月の落ち込みが例年より激しくないか??

※23年3月の落ち込みは出国者が41万6千人もいた影響だけど、その翌年以降の影響は、やはりアレか?

2013年10月報、遂に縦軸の尺度を変えるはめに・・・

2013年10月報、遂に縦軸の尺度を変えるはめに・・・

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

落ち込むばかりなので
これまでの尺度だと収まらなくなってきたようで・・・

平成23年3月、約41万6千人が日本を出国した

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201306.pdf

外務省統計局資料

2011年3月、日本の人口は22万2千人減った。
約41万6千人が日本を出国したからだ。415,609人。
ちなみに震災死者数は約1万6千人。

"【平成25年10月1日現在(概算値)】"

出典統計局ホームページ/人口推計/結果の概要

<総人口> 1億2730万人で,前年同月に比べ減少 ▲22万人  (▲0.17%)

"【平成25年4月1日現在(確定値)】"

出典統計局ホームページ/人口推計/人口推計(平成25年(2013年)4月確定値,平成25年7月概算値) (2013年7月22日公表)

<総人口> 1億2731万人で,前年同月に比べ減少  ▲21万2千人 (▲0.17%)
・0~14歳人口は 1646万5千人で,前年同月に比べ減少 ▲15万3千人 (▲0.92%)
・15~64歳人口は 7935万5千人で,前年同月に比べ減少 ▲122万9千人  (▲1.52%)
・65歳以上人口は 3149万人で,前年同月に比べ増加  117万人  ( 3.86%)
<日本人人口> 1億2575万4千人で,前年同月に比べ減少 ▲24万3千人 (▲0.19%)

人口増減率

出典www.stat.go.jp

人口増減率

1年で28万4千人減。過去最大の減少。2年間で48万6千人減。

http://ameblo.jp/kaito000777/

リンクの概要を入力

http://stat.ameba.jp/user_images/20130409/23/kaito000777/56/0b/p/o0225094312494867211.png

福島は1年で2万6千人減、2年で5万5千人減、3年で6万5千人減。
社会減(海外との出入差)は日本人2万3千人、外国人5万6千人。いずれも10月1日時点。

福島が突出してマイナス、沖縄が突出してプラス

福島が突出してマイナス、沖縄が突出してプラス

あとは概ねマイナス

ウクライナよりひどい

ウクライナよりひどい

院長の独り言 http://onodekita.sblo.jp/article/69487221.html

ウクライナ、ベラルーシでもチェルノブイリ事故5年後から人口が減少に転じたが、
日本はそれより早い・・・

福島県郡山市は8年後に赤ちゃんほぼゼロ?チェルノブイリの人口減少と類似

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-267.html

http://blog-imgs-58.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/o0240018012410276215.gif

パンダロウ@pandasukidesu

フォローする

2013年5月5日(日)道新より。総務省によると4月1日時点の人口推計で、15歳未満の子供の数は前年比15万人減だそうです。子供の減少が目立ったのは福島県と大阪府の1万1千人、北海道と千葉県の1万人。 @onodekita pic.twitter.com/r5RgRnY27g

返信 リツイート お気に入りに登録 2013.05.05 21:04

4-Sea 太平洋が死んだ311に黙祷を@4_Sea_

フォローする

沖縄タイムス | 県内の子ども 前年比千人増加 article.okinawatimes.co.jp/article/2013-0… 東京電力原発事故に伴う県内への避難、移住者が押し上げた可能性

返信 リツイート お気に入りに登録 2013.05.06 13:59

今後の人口推移試算

出典boppo20110311.blog.fc2.com

今後の人口推移試算

実に、今後25年間で、日本の人口の約3割が失われる、大変ショッキングな結果。
一番酷い2026年には、1年間で約270万人が犠牲に。
また、2018年から急変する事も分かります。

技術屋!BOPPOのブログより
http://boppo20110311.blog.fc2.com/blog-entry-1069.html

労務費高い日本人を減らして、安い移民で補う作戦との見方も

porepore-mizuki@akitamizuki

フォローする

最新のバンダジェフスキー(4月発売)の冊子を送ってきた人と話した。ウクライナ、ベラルーシロシアの人口激減は、日本もそうなると、そしてそのことは 日本の政財界も知っている。手を打たないのは人口減になり働き手を移民で賄う、労働賃金の高い日本人は減っていいと考えている。と嘘のような話。

返信 リツイート お気に入りに登録 2013.05.06 11:22

本まとめを引用されている記事

米国、日本で見られ始めた人口減少: 院長の独り言

http://onodekita.sblo.jp/article/69487221.html

米国、日本で見られ始めた人口減少,2011.3.11以降、原発問題について主に論じています。

米国でも東京電力原発事故の影響が出ていることが紹介されています。

黄金の金玉を知らないか? 日本の人口減少がすさまじい件

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1160.html

http://blog-imgs-60.fc2.com/g/o/l/goldentamatama3/20120728235110d10.jpg

2036年までの日本の人口シミュレーション結果が紹介されています。
ショックです・・・・

参考

元データ→総務省統計局ホームページ

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2012np/index.htm

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2012np/img/05k24-3.gif

onodekita@onodekita

フォローする

日本がこのままの暫定基準で食事をとり続けた場合の平均寿命 ウクライナ保健省が出した数値 2012年 男 79 女 86 2017年 男 63 女 72 2022年 男 48 女 55 2027年 男 40 女 43 2032年 男 35 女 31

返信 リツイート お気に入りに登録 2013.10.06 17:32

福島原発事故後の葬式急増、火葬場混雑状態に関するツイートまとめ(葬儀急増発言まとめ) - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2133439387261475101

福島原発事故後の葬式急増、火葬場混雑状態に関するツイートまとめ(葬儀急増発言まとめ)のまとめ

4-Sea 太平洋が死んだ311に黙祷を@4_Sea_

フォローする

ロンドンに移住した布袋寅泰・今井美樹夫婦&娘さん、娘さんがロンドンで登校拒否と報道されるも「全部嘘。くだらない週刊誌の記事を本気にしないで。娘は頑張って登校してる」と真っ向否定。 blogs.yahoo.co.jp/kyotonara7/747… 海外避難牽制で人口流出防ぐ目的か?

返信 リツイート お気に入りに登録 2013.09.07 23:39

| 未分類 | コメント(0)

柔術プリースト106

| 未分類 | コメント(0)

日本の平均寿命の未来予想 byウクライナ保健省 原子力マフィアの真の狙いは人件費の高い日本人労働者を口減らしさせること





| 未分類 | コメント(0)

原子力マフィアの正体

BX9yka1CYAEPKe7.jpg


http://ameblo.jp/kimito39/entry-11408180220.html
【原発は金だ。放射能汚染で生まれる子供達が、障害者でかまわない】原発ムラの基本理念!!
2012-11-19 17:51:00
テーマ:脱原発

【原発は金だ。放射能汚染で生まれる子供達が、障害者でかまわない】

原発ムラの基本理念!!

■原発は、たなぼた式の金だ。放射能の汚染で

■生まれる子供がみんな障害者でもかまわない。

==1983年に、この信じ難い暴言を発したのが==

◆当時の全国原子力発電所所在市町村協議会会長 ・高木孝一です。



(高木毅現衆院議員が、その息子です)

……原発ムラの人間の基本理念です。。

……今も変わらない、鬼畜の如きです。。

……大飯原発再稼働前の阿修羅ブログより

……福島原発事故を予想、反原発の旗手、広瀬隆氏の

……記事を、再び。。


阿修羅ブログより
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【広瀬隆さんより】大飯再稼動が決定に際して

多くに拡まって欲しい広瀬隆さんよりのメール

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56524419.html
2012年06月17日 日々雑感

色々な方とのご縁があって、

日々雑感管理人は広瀬さんと

少々御縁を持たせて頂いております。

広瀬さんに許可いただき、頂いたメールを、

要拡散の為、転載公開させていただきます。

ツイッター、ブログでの転載全て自由の許可も頂いておりますので、

多くの方の目に留まればと 思います。

添付のPDFも転載ご自由に


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

東京の広瀬隆です。

大飯原発の再稼働について、

福井県の西川一誠(いっせい)知事が

自ら「安全論」を語りだしました。

ご承知のことと思いますが、私は、

西川知事がどのような人格であるかを知りながら、

昨年の福島原発事故のあと先月までは、

彼の言動が「原発再稼働を直ちに容認せず」であることから、

批判を控えてきました。むしろ、賞讃することによって、

引っ込みがつかなるように西川 発言を引用して、褒めてきました。

しかしここに来て、その正体を現わした以上、

黙っているこ とはできません。

福井県内の自治体首長たちにまつわる

原発業界からの利権は、すさまじいものであります。

一昨年2010年3月7日の朝日新聞の報道にあるように、

西川一誠・福井県知事、河瀬一治・敦賀市長、

高木毅(つよし)衆院議員の三人は、その代表者です。

金のことだけなら、目をつぶっても構いません。

しかし、長い間にわたって原発利権によって危険性が隠蔽される

事実を目にし てきた、私たちは、

彼らがトンデモナイことを考えてきた人脈であることを、

現在の日本国民に伝 える義務があると感じます。

「原発は電源三法交付金や

原発企業からの協力金があり、たなぼた式の金だ。

放射能の汚染で5 0年、100年後に

生まれる子供がみんな障害者でも心配する時代でない」

1983年に、この信じ難い暴言を発したのが、

当時の全国原子力発電所所在市町村協議会会長 ・高木孝一です。

この発言は、毎日新聞の報道にあるような、

なまやさしい表現ではなく、

ここ に全文の引用を憚るほどの恥ずべき言葉でした。

この協議会が、全国の原発立地自治体の総本山として、

54基の原発を建設させてきたのです。そ

して昨年、朝日新聞に報道された高木毅衆院議員が、その息子なのです。

福島原発事故の前に報道されていた通り、

西川一誠は原発立地県の最高責任者として、

住民の 生活を生命を守るにふさわしくない人間です。

そのような人物が、大飯原発の再稼働を容認する ことは、

報道界にとって、取り上げて深く論証すべき、

重大な問題ある事実でありましょう。

これからも私たち日本人は、

こうした人間集団に命を預けるのか。

子供たちの命を、西川一誠らの福井県内自治体に預けるのか。

このまま、原発が動き出してもいいのか。

2012年6月16日 広瀬隆

西川一誠ら福井県自治体の正体・金の亡者.pdf http://ok-life.sakura.ne.jp/sblo_files/hibi-zakkan/image/E8A5BFE5B79DE4B880E8AAA0E38289E 7A68FE4BA95E79C8CE887AAE6B2BBE4BD93E381AEE6ADA3E4BD93E383BBE98791E381AEE4BA A1E88085.pdf

http://livedoor.blogimg.jp/heart_ikki/imgs/3/a/3a18ee4c.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/heart_ikki/imgs/d/9/d9f3fcc8.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/heart_ikki/imgs/b/d/bdf82b2c.jpg

本当に広瀬さんからのメールかよ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

後日ちゃん と広瀬さんと、ご縁があることは、表したいと思いますので、

「今は信じとけ!」と言っておきます。

それにこのメールは広瀬さんが、

お知り合いの方に沢山送ってるメールかと思いますので、

他で も掲載あるかもです。


阿修羅ブログ 2012・6・17 より引用
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/757.html

| 未分類 | コメント(0)

柔術黒帯 花くまゆうさく原作 柔術をテーマに掲げたカルト作品 東京ゾンビ



http://blog.goo.ne.jp/imapon1960/e/0cf29f5865078e1c12dda343385360e6
映画「東京ゾンビ」~柔術の魅力
2006-01-26 | 映画(DVD)

やっと、「東京ゾンビ」を見に行きました。
久し振りの劇場映画鑑賞です。(去年は0だったなぁ)
何のかんの言って、劇場まで足を運んで見る映画はこういう作品になってしまう。

ご贔屓マンガ家、花くまゆうさく原作の実写映画化です。
特にこの「東京ゾンビ」という作品。私のHNのimapon・・・このponは主人公アフロのポン・フジオから取っているのです。いや、ホント。
発刊当時、ちょうどインターネット・デビューしてポン・フジオに感銘して付けました。当時ポストペットで飼っていたうさぎの名前がポン・フジコ。
だから、見に行かないわけにはいかんのです。

もっとくだらなくてバカバカしい映画を期待(?)していましたが、なかなかどうしていい映画ではないでしょうか。
アフロとハゲの友情映画、本格柔術映画、日本のゾンビ映画、ロードムービー・・・
いろいろな側面がありますが、私としては柔術映画としての価値を認めたい。柔術の地味な側面と強さが表現され花くまゆうさくの思いが伝わります。
花くまゆうさくが映画化の条件として、自ら柔術指導をする事を上げたそうです。
柔術に詳しくないので、技の表現等、パレストラあたりで柔術に励んでいる方に見ていただき評価を聞きたいところ。
知人の柔術の試合を応援に行くと、よく花くまゆうさくを見かけました。(花くまゆうさくって強いのかしら?)

話が逸れるけど、私と同年代の現役格闘家さんに聞くと、柔術は流行っているけど、小さい子を習わせようとする親は少ないようです。皆、空手、柔道へ行くと言う。それは柔術のマイナー性のみの原因ではないそうで。礼儀を身に付けるのも格闘技を習う大事なファクター。空手などに比べて柔術は友達の試合を観戦するにも胡坐OK、寝そべり観戦OKで親たちに敬遠されるそうです。
流石!ブラジル!

浅野忠信がいいです。数少ない劇場映画鑑賞の中、不思議と浅野忠信の映画は劇場で見る機会が多い。(「ねじ式」、「鮫肌男と桃尻女」など)
今回もポン・フジオ、とってもチャーミング!

原作に無い設定もありました。花くまゆうさくのマンガはちょっと風刺やメッセージ性の匂いのする部分があるものの、関係なくただ無意味にバカバカしさを楽しみたいのですが、この映画はこれでいいと思います。

ミツオのハゲは何か不自然。もう少しオヤジっぽいイメージだったけど・・

| 未分類 | コメント(0)

日本在住の全てのブラジル人に捧ぐ警告

http://hibi-zakkan.net/archives/33790257.html
11月5


【広瀬隆さんより】東京オリンピックに対するブラジル向けの警告文完成

カテゴリ:広瀬隆原発・電力






全国のみなさま  広瀬隆です。
 東京オリンピックに対する警告文は、すでにほとんどの主要国向けに翻訳が完成していました(→「日々雑感」サイト http://hibi- zakkan.net/に掲載されています)。ところが、サッカー王国ブラジル向けのポルトガル語が欠けていました。日本人が一番最初に知ったヨーロッパ の言葉が、 1543年に種子島へポルトガル人が来航した時のポルトガル語だというのに・・・

 元日仏学院長のブラジル人が、私の知らないあいだに、ポルトガル語に翻訳してくれたそうです。小生、ポルトガル語は苦手なので、図版は 入っていませんが、添付ファイルをサッカー王国ブラジル向けに広く伝えてください。サンバとボサノバのリズムに乗せて・・・


 この警告文の推奨者(責任者)は以下の通りです。猪瀬直樹、滝川クリステル、石原慎太郎、安倍晋三、寺島実郎、立花隆、浅井慎平、毛利 衛、草野仁(オルニチン)、アントニオ猪木、舛添要一、大前研一、野口悠紀雄、吉村作治、高橋英樹、姜尚中、ビートたけし、養老孟司、森 永卓郎、池上彰、櫻井よしこ、舞の海(世田谷自然食品)・・・






TRADUÇÃO

Carta a todos os jovens atletas que sonham ir a Tokio em 2020, a seus treinadores e às suas famílias: algumas coisas e alguns fatos que devemos saber.

Em 7 de setembro de 2013, durante a 125ª seção do Comitê Internacional Olímpico, o Primeiro Ministro do Japão Shinzo Abe declarou o seguinte: Algumas pessoas se preocupam com Fukushima. Eu posso assegurar-lhes que nós controlamos a situação. Fukushima nunca causou e jamais causará prejuízos a Tokyo.

No futuro, com certeza nos lembraremos desta declaração: uma das grandes mentiras dos tempos modernos. No Japão, diz-se: “A mentira total”. E, com base nela, o C.I.O. decidiu que os Jogos Olímpicos de 2020 ocorrerão em Tokyo. Os porta-vozes do governo japonês sustentam a declaração de Abe nos dizendo que as taxas de contaminação radioativa no Oceano Pacífico ainda não ultrapassaram as normas de segurança. Isso nos faz lembrar a história do velho homem que salta de um prédio de 10 andares e que, durante a queda, ouve as vozes de cada andar repetirem: “Até aqui, vai tudo bem”. “So far, so good”. Lembremo-nos de que, quando se fala do Oceano Pacífico, trata-se do maior oceano do mundo, ou seja, da maior reserva de água do planeta e, até onde se sabe, do universo. Há dois anos e meio que a TEPCO, a Companhia de Eletricidade de Tokyo continua a jogar água nos seus reatores, cujos núcleos centrais derreteram em Fukushima e no oceano, e – até agora – o Oceano Pacífico foi capaz de dissolver essa água mantendo-se dentro das normas de segurança. ATÉ AQUI, VAU TUDO BEM. Mas não há possibilidade – à vista – de estancar o vazamento das águas.

Oito coisas que precisamos saber muito bem:

1. Em um parque de zona residencial de Tokyo, distante 230 quilômetros de Fukushima, descobriu-se e constatou-se que a taxa de radiação do solo era de 92.335 becquerels por metro quadrado. Trata-se de uma taxa perigosa, comparável e correspondente ao nível de contaminação dos locais classificados como zona 4 no mapa que indica as superfícies contaminadas de césium 137, em 1986, no entorno da central de Chernobyl. Uma das razões pelas quais se encontrou na capital do Japão tal nível de poluição é que em Tokyo e em Fukushima não existem montanhas suficientemente altas que pudessem barrar as nuvens radioativas. Na capital, as pessoas que compreendem o perigo evitam, a qualquer preço, comer alimentos produzidos na parte leste do Japão.

2. No interior dos reatores 1 e 3 da central I de Fukushima (Fukushima Daiichi), os encanamentos para a circulação da água de resfriamento se romperam, o que causou o derretimento dos núcleos centrais dos reatores. Isso significa que o combustível nuclear se superaqueceu, derreteu e continua a derreter tudo o que entra em contato com ele. Assim, ele derreteu o fundo do recipiente do reator, em seguida passou através do piso de cimento do prédio e desapareceu no solo, na sua camada subterrânea. Como eu já disse, os operários de TEPCO não pararam de jogar desesperadamente água nos reatores, mas não se sabe se a água derramada chega, atualmente, até o combustível derretido. Se ocorrer um tremor de terra de média intensidade, é provável que ele destrua totalmente o prédio já seriamente avariado. E de fato, durante esses últimos dois anos e meio, os tremores de terra sucessivos não pararam de sacudir as instalações avariadas de Fukushima (outra informação que devo acrescentar: no exato momento em que esta carta é escrita, outro tremor de terra de média intensidade acaba de atingir Fukushima, mas parece que os imóveis ainda conseguiram aguentar o tranco, ao menos dessa vez). ATÉ AGORA, VAI TUDO BEM. Além disso, ainda há o reator 4 que é particularmente perigoso: na sua piscina de estocagem se depositou uma enorme quantidade de combustível nuclear: exatamente como se um outro grande desastre esperasse sua vez.

3. A água de resfriamento que estão jogando nos reatores constitui-se, atualmente, no maior problema, do ponto de vista da informação no Japão. Os jornais e as redes de televisão que, antes, faziam todo o possível para dissimular e calar o perigo do nuclear nos dão informações, a cada dia, sobre o perigo e cobram de Shinzo Abe pela mentira que ele disse ao C.I.O. A questão é que a água altamente irradiada penetra nas camadas subterrâneas e se mistura às águas: nenhuma possibilidade de estancar tal vazamento; essa água se espalha nas águas do oceano. Impossível controlar uma tal situação. Em agosto de 2013 (um mês antes do discurso de Abe no C.I.O.), mediu-se, no interior da central I de Fukushima, uma taxa de radiação atingindo 8500 microsieverts por hora: taxa tão alta que seria suficiente para matar uma pessoa que vivesse durante um mês no local. Isso o transforma num lugar terrível para os operários que lá trabalham e que tentam dar conta de suas tarefas. Na cidade de Okuma onde se situa a central, mediu-se em julho 2013 (dois meses antes do discurso de Abe no C.I.O.) uma taxa de 320 microsieverts por hora. Uma taxa como essa mataria uma pessoa que lá morasse durante dois anos e meio. Assim, em uma área que se estende por vários quilômetros, vê-se cada vez mais cidades totalmente mortas.

4. Um esquecimento que preserva o prestígio dos J.O. 2020 de Tokyo: omitiu-se um fato importante nas informações e relatórios emitidos e dirigidos ao estrangeiro. Somente foi mencionado o fato de que a água irradiada vaza na superfície do solo, em torno do reator. Mas o que ocorre é que, bem abaixo do solo, as águas subterrâneas também foram contaminadas e sabe-se que as águas subterrâneas fluem em direção ao mar e se misturam com a água do mar através de fontes do fundo do oceano. Nesse ponto, não se pode fazer mais nada: muito tarde.

5. Se uma pessoa vai ao grande mercado central de venda de peixes em Tokyo e mede as radiações do ar, o seu marcador indicará um valor próximo a 0,05 microsieverts; valor que ultrapassa bem pouco a norma. Mas, se a pessoa mede as radiações perto do lugar onde foi colocado o instrumento de medição das radiações dos peixes, terá uma taxa duas ou três vezes mais elevada (medidas constatadas em 2013). Os legumes e os peixes vindos dos arredores de Tokyo, mesmo quando contaminados, não são jogados fora. É que a taxa de radiação autorizada nos alimentos (taxa acima da qual a venda é proibida) que o governo japonês fixou, equivale à taxa de radiação segundo a qual as matérias fracamente radioativas são classificadas como dejetos de fraca radioatividade. O que quer dizer, simplesmente, que no Japão de hoje em dia, o país tendo sido inteiramente contaminado, não temos outra escolha a não ser colocar em nossas mesas produtos contaminados. A distribuição em todo o país de alimentos irradiados também ocasiona problemas. Os alimentos provenientes dos locais vizinhos a Fukushima são enviados para outras prefeituras e, na prefeitura onde eles chegam, coloca-se etiquetas como se fossem produtos dessa prefeitura. Além disso, os alimentos distribuídos pelas grandes empresas de alimentação e os alimentos servidos nos restaurantes caros e custosos, raramente são objeto de medições. É necessário ser particularmente atento a esse aspecto.

6. No Japão, o único dos elementos radioativos que vazam dos reatores da Central I de Fukushima que se mede é o césium radioativo. Mas somente grandes quantidades de strontium 90 e de tritium se espalharam e se espalham em todo o Japão. Os raios emitidos pelos strontium e o tritium são os raios beta: daí a grande dificuldade de medição. O strontium pode provocar leucemias e o tritium distúrbios cromossômicos.

7. Ainda mais perigoso: dizem eles que, para se livrar da poluição radioativa que caiu em uma grande superfície do leste do Japão, raspam a camada superior do solo e colocam-na em sacos plásticos que são depositados em locais ao ar livre, como lixo comum. Assim é que, no leste do Japão, pode-se ver, expostos ao ar livre, a mercê de todos os ventos, grandes contingentes de sacos de plástico... podendo ser atingidos pelas frequentes intempéries que, no Japão, são as fortes chuvas e os tufões. Pode ocorrer facilmente que o plástico estoure ou rasgue e, então, o conteúdo do saco se espalha aqui e lá. E, se isso acontece, não existe meio nem local para os confinar novamente.

8. Em 21 de setembro (novamente no mesmo momento em que essa carta é escrita), o jornal TOKYO SHINBUN dá a informação de que Naoki Inose, o governador de Tokyo, declarou, durante uma conferência de imprensa, que o que Abe tinha querido dizer ao C.I.O. era sua intenção de controlar a situação, de alcançar o controle. E o governador acrescentou: “A situação, não a controlamos, agora”.

Os Jogos Olímpicos para quê? Vocês querem vir a Tokyo, uma Tokyo com ar poluído, com água contaminada, e aí se dedicarem às alegrias do esporte? Vocês querem comer alimentos irradiados? Por causa do acidente dos reatores de Fukushima Daiichi, o Japão se encontra, hoje, em um estado anormal: nunca antes a humanidade experimentou uma tal anormalidade das coisas (Por favor, traduzam esta carta nas línguas de seus países e divulguem-na).

Meus melhores votos de longa vida: sigam bem e mantenham a forma.

Takashi Hirose

Takashi Hirose é o autor de

Fukushima Meltdown: The Word’s First

Earthquake – Tsunami – Nuclear Disaster (os centros dos reatores derreteram em Fukushima: o Primeiro Desastre Sismo-Nuclear, Tsunami-Nuclear do Mundo). Publicado no Japão em 2011. Traduzido para o inglês. Pode-se obter o livro em inglês por meio de Amazon, seja como Kindle ebook, seja por encomenda à CreateSpace.

ブラジル語警告文.doc

| 未分類 | コメント(0)

防護服で農作業 福島県


| 未分類 | コメント(0)