忙しさを理由にブログさぼりまくっていますが 柔術のストリートファイト実用例動画

| 未分類 | コメント(0)

実録 柔道対拳闘(ボクシング)&月刊秘伝のレビューになっていないレビュー


秘伝で紹介されていた日本の柔拳興業の連載が単行本化
興味深い題材と重厚な内容なので買いました
んでもって前書きと後書きに注目

この本と連載の著者である池本淳一 さんは伝統武術家だそうで
グレイシーとUFCのビデオを見て大変なショックを受け

それまでは伝統武術こそがノールールの状況ならば最強
技術に関しても先生 先人から受け継いだノウハウこそ至高
わざわざ創意工夫する必要はない

という

よくある保守的な伝統主義という名の宗教の信者だったそうです

それがグレイシーとUFCのビデオを見てショックを覚え

その考えに疑問を抱くようになったんだとか

その後 池本さんはハードなリアルファイトの格闘技 ボクシングと散打の世界に入り

怪我でリタイアするまで続けたんだとか

現在は怪我をする心配のない敷居の低い伝統武術の修行を再開しているのだとか(ハードなスパーとかしなくて済みますしね)

まー
でもグレイシーが柔術と呼称しているので
池本さんは古流柔術と勘違いしてしまい

ボクサーのジャブを掴んで小手返しでマットに叩きつけるようなものが見られると思ったら

馬乗りになって相手をフルボッコにしチョークで眠らせる衝撃的な内容のリアルファイトでしたからね

そら
ファンタジーファイトの世界にどっぷり浸かっていたであろう著者が衝撃を受けるのも尤もでしょう
(まー でもボクサーのパンチを掴んで投げるって…リアルファイトの世界じゃ不可能ですよ… そんなん そんなん出来るのはファンタジーの世界だけですよ… 植芝盛平対ピストン堀口の与太話じゃあるまいし<爆>)

ああ
でも伝統武術ならばハードなスパーが無いから怪我をしないというのは確かでしょうが

歳を取ったらグレイシーの練習が出来ないとかいうのは全く持って違いますね

MMAならば確かに年を取ったら流石に練習は出来ないでしょうし
道場内もガチ志向の人しかいないでしょうが

グレイシーはガチ志向でない人も練習していますし

心斎橋のグレイシーアカデミーには私よりも

年配の柔術家が何人かいました

それに女性も多かったです

でもレベルも高いですよ

ヒーロンセミナーに行った際
紫帯のインストラクターの先生ではなく青帯の人から丁寧に教わりましたからね
セルフディフェンスの細かいところとか

月刊 秘伝 2018年 06月号

BABジャパン (2018-05-14)

那嵯氏による古今東西のシュート 真剣勝負で強いレスラーたちのリストが遂に紹介
あと中井さんの記事もあります

月刊 秘伝 2018年 05月号

BABジャパン (2018-04-13)

寝技の人間国宝 仁木征輝先生の記事がありますので買い

| 未分類 | コメント(2)

マルクス・エンゲルス シネ・リーブル梅田にて上映中!





https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%B9

マルクス・エンゲルス





移動先: 案内、 検索




マルクス・エンゲルス[1]

(ドイツ語)Der junge Karl Marx
(フランス語)Le jeune Karl Marx[1]

監督
ラウル・ペック[1]

脚本
パスカル・ボニゼール[1]
ラウル・ペック[1]

製作
ニコラ・ブラン[1]
ロベール・ゲディギャン[1]
ラウル・ペック[1]

音楽
アレクセイ・アイギ[1]

撮影
コーリャ・ブラント[1]

配給
ハーク[1]

公開
ドイツの旗 ドイツ:2017年3月2日[2]
フランスの旗 フランス:2017年9月27日
日本の旗 日本:2018年4月28日[1]

上映時間
118分[1]

製作国
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
ベルギー[1]

言語
フランス語・ドイツ語・英語[2]
テンプレートを表示

『マルクス・エンゲルス』は、ドイツの思想家カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの若年期を描く伝記映画、歴史映画である[3]。

2017年2月12日、ベルリン国際映画祭で初公開され、同年ドイツやフランスで劇場公開された。史劇映画を対象とするフランスの映画賞fr:Festival international du film de fiction historiqueの最優秀映画賞ならびに脚本賞を受賞した[4]。

出演者 - 配役[編集]
アウグスト・ディール[1] - カール・マルクス[1]
シュテファン・コナルスケ[1] - フリードリヒ・エンゲルス[1]
ビッキー・クリープス[1] - イェニー・フォン・ヴェストファーレン[5]
オリヴィエ・グルメ[1] - ピエール・ジョゼフ・プルードン[5]
ハンナ・スティール[1] - メアリー・バーンズ[5]
アレクサンダー・シェアー[1] - ヴィルヘルム・ヴァイトリング[5]
ハンス=ウーベ・バウアー[1] - アーノルド・ルーゲ[5]
ミヒャエル・ブランドナー[1] - Joseph Moll[5](ヨーゼフ・モル、ドイツの労働運動家、革命家)
イバン・フラネク[1] - ミハイル・バクーニン[5]
ペーター・ベネディクト[1] - Herr Engels[5]
ニールス・ブルーノ・シュミット[5] - カール・グリューン[5]
ロルフ・カニース[5] - モーゼス・ヘス[5]
Damien Marchal[5] - パーヴェル・アンネンコフ[5]
Annabelle Lewiston[5] - リディア・バーンズ[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

1.^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z “マルクス・エンゲルス”. 映画.com. 2017年12月30日閲覧。
2.^ a b (英語)“Le jeune Karl Marx (2017)”. インターネット・ムービー・データベース. 2017年12月30日閲覧。
3.^ “生誕200周年!若くして"世界を変えようとした"-20世紀の偉大なる思想家 カール・マルクスとエンゲルスとの出会いを描く『マルクス・エンゲルス』公開!”. シネフィル. 株式会社Miramiru (2017年12月27日). 2017年12月30日閲覧。
4.^ “若き日のマルクスとエンゲルス描く映画 来年4月28日から岩波ホール他で公開”. はめにゅー. 株式会社破滅派 (2017年12月29日). 2018年1月4日閲覧。
5.^ a b c d e f g h i j k l m n o p (英語)“Le jeune Karl Marx (2017) Full Cast & Crew”. インターネット・ムービー・データベース. 2017年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]
公式ウェブサイト(ドイツ語)
DER JUNGE KARL MARX - Offizieller Kinotrailer - 予告編(ドイツ語)
LE JEUNE KARL MARX Bande Annonce (2017) - 予告編(ドイツ語音声フランス語字幕、一部フランス語音声字幕なし)
The Young Karl Marx - Trailer - 予告編(ドイツ語音声英語字幕、一部英語音声字幕なし)

ウィキメディア・コモンズには、マルクス・エンゲルスに関連するメディアがあります。

執筆の途中です この項目は、映画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。




カテゴリ: フランスの伝記映画
ドイツの伝記映画
ベルギーの伝記映画
フランスの歴史映画
ドイツの歴史映画
2017年の映画
マルクス=エンゲルス

| 未分類 | コメント(0)

quintet 公式動画無料配信中

https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/EdZVBb6YTWqDGT

動画を再生クリックすれば無料で視聴出来ます

スマホ タブレットの場合はabema tvアプリの検索画面でquintetで検索すればハイライトカット版ではない

ノーカット版動画

が視聴出来ます

4月18日ま(水)での期間限定の無料ですんで

それまでに視聴して下さい

世界トップのグラップラー クレイグ・ジョーンズはやばすぎる強さ
次元が違いすぎます

| 未分類 | コメント(0)

日本の相撲の女人禁制などの伝統は実は江戸次代からではなく明治時代 それも後半になってから 江戸時代ではエタ 被差別民階級の芸能でしか無く上半身裸の女相撲があったくらい 大相撲の源流の正体は実は神事ではなくただの芸能でしかない 僅か60年前には女性力士が土俵に上がっているという史実!










































































| 未分類 | コメント(0)